したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

聖イエス会姫路教会【カルト・異端的、偶像礼拝、洗脳教育(その2)】

165 名無しのひつじさん :2019/03/24(日) 17:44:58 ID:b/3l/aRQ0
※聖イエス会信徒さんからの入手した資料(情報提供)より
聖イエス会 古い資料集・プリント集より(そのまま引用、抜粋)
▲特集▲ 準備は大丈夫ですか! ※注:古い資料より
◆携挙はいつ起こるか◆ 文:聖イエス会関係者??? 聖イエス会古い教理・見解??
 「もういつ携挙が起こっても不思議ではありません。皆さん、携挙の準備は完了しましたか。私は責任
ある者の立場として、『携挙の準備は大丈夫ですか』とのメッセージを語るのです。もし携挙があって、だ
れかが取り残されても、それは私の責任ではありません。なぜならば、【聖霊をうけること】、【聖化され神
化されること】、しかも携挙が近づいていることを警告しておくのですから。どうかそのことを思って、
厳粛にきょうのメッセージを聞いて下さい。耳ではなく、心で聞いて下さい。そして、万全の備えをして
下さい。」
 以上は、昨年十月、秋季聖会において大槻霊父がメッセージの冒頭に語られたお言葉です。
 きょうは、その切迫している「携挙」という重大な、しかし十分に理解されていないテーマについて、
ロゴス神学院…院長(当時の院長)におたずねしました。

●携挙とは
Q(質問) 「携挙」とは何でしょうか。まず、その言葉の意味から説明してください。
A(答え) 「携挙」という言葉そのものは聖書の中では使われていません。これは神学的用語で、
ラテン語のラピオ(rapio)、“捕らえる”“奪う”に由来しています。この言葉には二つの意味が
ありますが、一つは、有頂天になること、又は、恍惚状態になること。もう一つは、強力な手段によって、
ある場所から他の場所へ移されることを意味します。「携挙」の場合は、主に第二の意味で使われて
います。〈※英語では「携挙」のことをラプチュア(Rapture)と言います。〉
Q 聖書の中では、「携挙」という言葉の代わりに、どのような表現が用いられているのですか。
A それではまず、新約聖書テサロニケ人への第一の手紙第四章十六節、十七節を読んで見ましょう。
 「すなわち、主ご自身が天使のかしらの声と神のラッパの鳴り響くうちに、合図の声で、天から
下ってこられる。その時、キリストにあって死んだ人々が、まず最初によみがえり、それから生き残って
いるわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い、こうして、いつも主と共に
いるであろう。」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX) - 森 薫

アミルさん20歳で既に行き遅れ扱いされてるけど俺ときたら…

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板