したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

■■終末黙示録・携挙−艱難期前空中再臨、千年期前地上再臨説

1 名無しのひつじさん :2009/04/16(木) 15:17:47 ID:s2dcyQG2
わたしたちクリスチャン−キリスト教会には、終末のとき、主のもとに引き上げられる約束があります。
このスレッドでは、この神の真理−「空中携挙」について、聖書の御言葉から解き明かすものです。

■艱難前携挙説をとる先生方

 ●改訂新版 「これからの世界情勢と聖書の預言」 いのちのことば社 高木慶太先生 芦田拓也先生
 ●近づいている世界の終焉  いのちのことば社 高木慶太 先生
 ●「いつキリストは再臨されるか」  エマオ出版 山岸 登 先生
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1224511226/53-57
 ●空中再臨は患難の前にあります。
  http://www.geocities.co.jp/Bookend/4738/when.htm
 ●黙示録の預言   患難時代になにが起きるか?黙示録6章〜19章
  http://www.geocities.co.jp/Bookend/4738/kannan.htm
           ↓
  カトリック教などには、この地上にキリスト教的な平和な時代が訪れたら(平和が完成されたら)
  キリストが再臨されるという教理があります。(無患難時代説支持教会、ミレミアムを祝う関係の教会)
  この反キリストは、患難時代前期に、世界中の多くの問題(多分、和平問題関係)を解決して平和を打ち上げるでしょう。
  そして、自分こそ(無患難時代説を支持している)教会の言っているメシア(神)だと名乗ると考えます。
  つまり、カトリック等の教理とこの反キリストの出現とはイメージが一致しているのです。
 
●再臨(携挙)って何ですか
  http://www.geocities.co.jp/Bookend/4738/QA.htm#1000
 ●教会の空中携挙とは何ですか?
  http://www.gotquestions.org/Japanese/Japanese-rapture.html
 ●再臨とは
  http://www.kingdomfellowship.com/Keywords/2ndadvent.html
 ●終末の予言について
  http://www.kingdomfellowship.com/Topics/prophesy.html
 ☆★☆>>2-13 へつづく☆★☆

2 名無しのひつじさん :2009/04/16(木) 15:18:48 ID:s2dcyQG2
■Rapture(携挙) - End Times
 http://www.godtube.com/view_video.php?viewkey=7e18e50b58eb7e0c6ccb&page=1&viewtype=&category=mv
       
●作品説明
 この動画は聖書が説明しているところの「空中携挙」、つまり、全世界が終末を迎える直前、
 キリストが天から再臨するときに、地上のクリスチャンが一瞬のうちに、
 不死の体になり空中に持ち上げられてキリストに会うという出来事を指しています。
 この動画の最初のほうには、聖書が、現在進行形で説明している世界の終末について様々な状況を取り上げています。
 終盤になって、キリスト教の講演の最中、突如、多くの参会者が忽然と消える模様が表現されていますが。
 これが、近未来に起こる「携挙」状況です。
 無論、こうした講演会だけでなく、道路上でも飛行機でも、船上でも、全世界の至る所で、大失踪事件が起こるはずです。
 キリストの存在も、また復活の事実も信じられない方々にとって、終末に起こる事件はなおさら信じられないでしょう?
 でも、アメリカ人の多くがこの事件についての知識を持っています。あなたはどうお感じになりますか?

■艱難期後携挙説をとる先生方

 ●久保有政先生
  1.キリスト者の携挙−彼らは世の悪が最高潮に達したとき、天に携え挙げられる
   http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/shumatsu04.htm
  2.終末の前兆−「終末」とは、「この世」と「来たるべき世」の境界、世の終わりが間近になったしるしとは何か
   http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/shumatsu01.htm
  3.患難時代−世界が最も末期症状を呈する時代――それが患難時代だ
   http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/shumatsu02.htm
  4.キリストの再臨−それは出口を失なった世界にとって最大の希望である
   http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/shumatsu03.htm

 ●岡山英夫先生
  『子羊の王国』いのちのことば社刊
☆★☆>>1 よりつづく☆★☆

3 名無しのひつじさん :2009/04/16(木) 15:20:26 ID:s2dcyQG2
>>1-2よりつづく
■艱難期前、艱難期(中)後の両説をとる先生

 ●奥山 実先生
  世の終わりが来る! 『ヨハネの黙示録』の私訳と講解 マルコーシュ・パブリケーション刊
 
●聖母マリアは悪魔である
  http://www.geocities.jp/cavazion/es167.html
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1224511226/50
◆マリヤ崇敬が間違いである証拠◆ no.1
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1224511226/72-76

●艱難期前携挙説の根拠について−「いつキリストは再臨されるか」山岸 登先生 エマオ出版刊 P32〜より抜粋

「だれにも、どのようにも、だまされないようにしなさい。なぜなら、まず背教がおこり、
不法の人、すなわち滅びの子が現れなければ、主の日は来ないからです。」(テサロニケ2章3節)
この背教について考えてみましょう。
(この項は、ダラス神学院発行の論文誌ビブリオセカ・サクラ1957年発行
 114巻・第453番・ケネス・S・ウエスト師の論文を参考にいたします。)

「この「背教」のギリシャ語はアポスタシアです。そしてそれには冠詞が付いています。
さてアポスタシアの原形の単数能動態はアフィステミです。これはアポとイステミの合成語です。
イステミの本来の意味は、立たせる、建てる、置く、据える、(役に)任じる、動かなくする、などです。
それにはアポという接頭語が付いて意味が、離して置く、取り除く、遠ざける、移す、となったのです。
この語自体には背教という意味がないのです。」
☆★☆>>1-2よりつづく☆★☆

4 名無しのひつじさん :2009/04/16(木) 15:23:09 ID:tiOWe5Z.
☆★☆>>1-3よりつづく☆★☆
●艱難期前携挙説の根拠について−「いつキリストは再臨されるか」山岸 登先生 エマオ出版刊 P32〜より抜粋

ですからⅠテモテ4章1節「しかし、御霊が明らかに言われるように、後の時代になると、
ある人たちは惑わす霊と悪霊の教えとに心を奪われ、信仰から離れるようになります。」
では、この語は「離れる」と訳されており、「信仰から」ということばを必要としているのです。
この聖句以外でも、このアフィステミという語は新約聖書の次の箇所ですべて「離れる」と訳されています。
ルカ2:32、4:13、13:27。使徒2:10、15:38、19:9、22:29。
Ⅱコリント12:8。Ⅰテモテ4:1、4:2。Ⅱテモテ2:19。ヘブル3:12。
アポスタシアには背教という意味もありますが、
それは本来の「離れる」という意味から派生した二次的なものです。

>>2の動画(携挙)の説明↓
■根拠となっている聖書の箇所
1テサ 4:14〜5:3
 私たちはイエスが死んで復活されたことを信じています。
 それならば、神はまたそのように、イエスにあって眠った人々をイエスといっしょに連れて来られるはずです。
 私たちは主のみことばのとおりに言いますが、主が再び来られるときまで生き残っている私たちが、
 死んでいる人々に優先するようなことは決してありません。
 主は、号令と、御使いのかしらの声と、神のラッパの響きのうちに、ご自身天から下って来られます。
 それからキリストにある死者が、まず初めによみがえり、
 次に、生き残っている私たちが、たちまち彼らといっしょに雲の中に一挙に引き上げられ、空中で主と会うのです。
 このようにして、私たちは、いつまでも主とともにいることになります。
 こういうわけですから、このことばをもって互いに慰め合いなさい。
 兄弟たち。それらがいつなのか、またどういう時かについては、あなたがたは私たちに書いてもらう必要がありません。
 主の日が夜中の盗人のように来るということは、あなたがた自身がよく承知しているからです。
 人々が「平和だ。安全だ。」と言っているそのようなときに、突如として滅びが彼らに襲いかかります。
 ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むようなもので、それをのがれることは決してできません。

5 名無しのひつじさん :2009/04/16(木) 15:24:17 ID:tiOWe5Z.
>>1-4よりつづく
●艱難期前携挙説の根拠について−「いつキリストは再臨されるか」山岸 登先生 エマオ出版刊 P32〜より抜粋

さて次に、そのⅡテサロニケ二章三節のアポスタシアに冠詞が付いていることについて考えてみましょう。
冠詞があるということは、その「アポスタシア」が何か特別なものであることを示しています。
さらにそれはその「アポスタシア」には先行詞があることを、
あるいはその意味を限定する句が先行していることを示します。
その「アポスタシア」に先行している句は
「私たちの主イエス・キリストが再び来られることと、私たちが主のみもとに集められること」です。
すなわちこの「(その)アポスタシア(離れる)」とは教会の携挙のことです。
ですからⅡテサロニケ二章三節は「(教会の)携挙があり、不法の人、
すなわち滅びの子が現れなければ、主の日は来ない」であるべきなのです。

●艱難期前携挙説の根拠について−「いつキリストは再臨されるか」山岸 登先生 エマオ出版刊 P32〜より抜粋

英語のアポスタシィ(背教)はこのギリシャ「アポスタシア」から出て来た語です。
それで英語を使っている人々は、ギリシャ語のアポスタシアに英語の意味を読み込んでしまう傾向があります。
不幸にも英語欽定訳ができたとき、翻訳者はこの語を本来の意味から外れて、背教と訳してしまったのです。
しかし1500年代の他の英語訳聖書にはこの語は「背教」と訳されていません。
さらにこの聖句は、教会の携挙の後に、にせキリストが現われ、その後に艱難時代が始まると教えています。

このように新約聖書の全書簡はキリストの再臨がいつでも、予告なしにありえることを、
しかも艱難時代が始まる前にあることを明瞭に教えています。
使徒たちのすべて、新約聖書の書簡の著者たちすべてはキリストがいつでも再臨しえることを信じ、
キリストの再臨を待望していたのです。

6 名無しのひつじさん :2009/04/16(木) 15:25:32 ID:tiOWe5Z.
>>1-5よりつづく
●艱難期前携挙説の根拠について−「いつキリストは再臨されるか」山岸 登先生 エマオ出版刊 P32〜より抜粋

ではなぜキリストは今まで再臨されなかったのでしょうか。その理由はわかりません。
しかしキリストは再臨することがおできにならなかったのではありません。
今から百年前でも再臨しえたのです。
だが私たちに明らかにされていない何かの理由で再臨されなかったのです。
「主は、ある人たちが遅いと思っているように、その約束のことを遅らせておられるのではありません。
 かえって、あなたがたに対して忍耐深くあられるのであって、ひとりでも滅びることを望まず、
 すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです。」
キリストがいつでも再臨することがおできになるということは、再臨の前に特別な事件が起きる必要もなく、
またそれを予告する前兆も必要ではないということです。
すなわち終末にあるすべての事件に先立って空中再臨(教会の携挙)があることを意味します。
もし教会が艱難時代の一部、あるいは全部を経験するというならば、
キリストの再臨を待望するということは艱難時代を待つことと同じ意味になります。

●艱難期前携挙説の根拠について−「いつキリストは再臨されるか」山岸 登先生 エマオ出版刊 P32〜より抜粋

ということは、今艱難時代が迫っているからキリストの再臨が近い、という論法が成り立つことになります。
しかしもしその論法が正しいと言うならば、艱難時代が未だ迫っていなかった第一世紀のクリスチャンたちが
キリストの再臨を日々待望していたことは間違いであったということになります。
そしてそれは現在でもキリストの再臨を日々待つことの否定になります。
しかも、さらに重大なことは、そのような間違いを教えた使徒たちの書簡は信用ならないということになります。
それは聖書の神のみことばとしての権威の問題となり、私たちは信仰の土台を失うことになります。
使徒たちも、また使徒たちの教えを受けた第一世紀の信者たちも、
この世に神の怒りが注がれる艱難時代の到来を待っていたのではなく、
その前に御自分の民をこの世から救い出してくださる主イエス・キリストが来てくださるのを待っていたことは、
すでに参照した聖句で明らかです。
「神は、私たちが御怒りに会うようにお定めになったのではなく、
 主イエス・キリストにあって救いを得るようにお定めになったからです。」(1テサロニケ5:9)
「というのは、すべての人を救う神の恵みが現れ、私たちに、不敬虔とこの世の欲とを捨て、
 この時代にあって、慎み深く、正しく、敬虔に生活し、祝福された望み、
 すなわち、大いなる神であり私たちの救い主であるキリスト・イエスの
 栄光ある現われを待ち望むようにと教えさとしたからです。」(テトス2:11〜13)

7 名無しのひつじさん :2009/04/16(木) 15:26:51 ID:tiOWe5Z.
>>1-6よりつづく
●艱難期前携挙説の根拠について−「いつキリストは再臨されるか」山岸 登先生 エマオ出版刊 P32〜より抜粋

★★★結論★★★
空中再臨(教会の携挙)は、予告、前兆なしに、いつ如何なる時にもありえることであり、
終末の全ての事件に先立って起こることです。
新約聖書はこのことをだれの目にも見間違うことがありえぬほど明瞭に、明白に教えています。
このことを否定することは神への冒涜であり、不敬虔であるのです。

「ところで、キリストは死者の中から復活された、と宣べ伝えられているのなら、どうして、
 あなたがたの中に、死者の復活はない、と言っている人がいるのですか。
 もし死者の復活がないのなら、キリストも復活されなかったでしょう。・・・
 そして、もしキリストがよみがえられなかったのなら、あなたがたの信仰はむなしく、
 あなたがたは今もなお、自分の罪の中にいるのです。
 そうだったら、キリストにあって眠った者たちは、滅んでしまったのです。
 もし、私たちがこの世にあってキリストに単なる希望を置いているだけなら、
 私たちは、すべての人の中で一番哀れな者です。
 しかし、今やキリストは眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。
 というのは、死がひとりの人を通して来たように、死者の復活もひとりの人を通して来たからです。
 すなわち、アダムにあってすべての人が死んでいるように、
 キリストによってすべての人が生かされるからです。しかし、おのおのにその順番があります。
 まず初穂であるキリスト、次にキリストの再臨のときキリストに属している者です。
 それから終わりが来ます。そのとき、キリストはあらゆる支配と、あらゆる権威、
 権力を滅ぼし、国を父なる神にお渡しになります。」(1コリント15:12〜24)

8 名無しのひつじさん :2009/04/16(木) 15:27:54 ID:tiOWe5Z.
>>1-7よりつづく
●艱難期前携挙説の根拠について−「いつキリストは再臨されるか」山岸 登先生 エマオ出版刊 P32〜 P4〜より抜粋

キリストの復活と再臨は絶対に切り離せない真理です。
それはキリスト信者の信仰の土台であるからです。
もし復活がないならば再臨もなく、再臨がないならば復活も意味がなくなります。
キリストの復活の事実は、私たちキリストを信じる者の肉体が、
キリストと同じ栄光の姿によみがえらされることを保証しています。
聖書は、キリスト者のからだがキリストと同じ栄光の姿に変えられることをからだの贖いと呼んでいます。
主は私たちのたましいの贖いのためだけでなく、からだの贖いのためにも十字架の上で死んでくださったのです。
そしてキリストの再臨の日こそ、私たちのからだの贖いの日であり、勝利の日です。
すべてのキリスト者はこの勝利の日を熱心に待ちわびています。

「朽ちるものが朽ちないものを着、死ぬものが不死を着るとき、
『死は勝利にのまれた。』としるされている、みことばが実現します。
 『死よ。おまえの勝利はどこにあるのか。死よ。おまえのとげはどこにあるのか。』
 しかし、神に感謝すべきです。神は、私たちの主イエス・キリストによって、私たちに勝利を与えてくださいました。」
(1コリント15:54〜57)

さらに、「キリストが御父の栄光によって死者の中からよみがえられた」ように私たちのからだの贖いも神の栄光の表われです。
神を愛するキリスト信者がこの神の栄光の表われを待ち望むことは当然であり、また健全なことです。
どの花婿が愛する花嫁を迎える婚姻の日を待ちわびないでおれるでしょうか。
キリストは御自分の花嫁である教会を御自分の住まいに迎える日を切に待っておられるのです。
ですからキリストを愛するキリスト者もすべて、キリストの再臨を切に待望しているのです。
そしてキリストの再臨を待ち望むキリスト者の心は、ますますキリストへと捧げられ、清められるのです。

9 名無しのひつじさん :2009/04/16(木) 15:28:56 ID:tiOWe5Z.
>>1-8よりつづく
●艱難期前携挙説の根拠について−「いつキリストは再臨されるか」山岸 登先生 エマオ出版刊 P32〜 P4〜より抜粋

「キリストに対するこの望みをいだく者はみな、キリストが清くあられるように、自分を清くします。」(第一ヨハネ3章3節)
 このようにキリストの再臨への待望はキリスト信者の世からの分離、聖別の強力な動機であり、献身への根拠であるのです。
ですからキリストの再臨への待望が薄れた時、キリスト教界は俗化し、キリスト教界が世俗化した時、
キリストの再臨への待望が薄れたことはキリスト教界の歴史が証明しています。
第十八世紀のキリスト教会が、キリストの再臨がいつでもありえること、そしてそれが切迫していることを
聖書によって再発見した時、一大覚醒を経験しました。
そして多くのキリスト者が福音伝道のために故郷を離れて世界の果てを目指して出て行きました。
それによって世界伝道が大いに発展しました。
 さて現在はどのような時代でしょうか。まさに今はラオデキヤの教会が象徴する生ぬるい時代であり、
世俗化の大波が教会の中にまで押し寄せ、多くの教会はすでに飲み込まれてしまっています。
そして再臨の教理が非常に曖昧にされ、再臨が前兆なしに
いつでもありえるという聖書の教えが忘れられています。
この時にこそ、キリストの再臨の教理をもう一度聖書によって
確認することが緊急に要求されていると信じます。

10 名無しのひつじさん :2009/04/16(木) 15:30:08 ID:tiOWe5Z.
>>1-9よりつづく
●艱難期前携挙説の根拠について−「いつキリストは再臨されるか」山岸 登先生 エマオ出版刊 P32〜 P4〜より抜粋
★再臨の教理
近代主義者たちは字句どおりのキリストの再臨を信じません。
しかし真にキリストを信じる者たちの中にも
キリストの再臨について幾つかの異なった意見があることも事実です。
ある者たちはキリストの空中再臨と地上再臨を区別せず、それらを一つの事とし、
艱難時代が終わった時にあると信じています。そして彼らの中にも二種類の意見があり、
キリストの再臨の後に千年王国があると信じる者と、千年王国の存在を信じない者たちがいます。
また教会が艱難時代の幾分かを経験し、その途中で携挙されると主張する人たちもあります。
 この書の目的は、聖書が、キリストの空中再臨が艱難期の前に起きると、
しかもそれはいつでも起こりえるのであり、それには前兆がないと教えていることを、
聖書によって証明することです。

この書が語ろうとしている終末についての見解は、一口で言えば艱難期前空中再臨、
艱難期後千年期前地上再臨説と言えます。
それを詳しく説明すると次のようになります。先ずキリストの空中再臨があり、
その時教会は天に携挙されます。これはいつあるか分かりません。
そのための前兆はありません。それはいつでもありえることです。
その後、艱難時代が始まるまでに艱難時代の準備のしばらくの期間があります。
その長さは、数ヶ月であるのか、数年であるのか分かりません。
しかしその準備の時があることは聖書から判断されます。その準備が終わった時、七年間の艱難時代が始まります。
その艱難期の直後、キリストの地上再臨があり、少しばかりの準備の時の後に千年王国が始まります。
千年王国が終わった時、旧創造の世界は一度、消し去られ、
神は新しい天と地を創造されます。それは永遠の新創造の世界です。
 もしそれらを聖書が語っていないなら、これを信じることは全く虚しいことです。
ですからこれが聖書の教えていることであるかどうかを、
ベレヤの信者のように聖書によって十分にチェックする必要があります。
どこそこの聖書学校の教授がこう言った、だれそれの意見はこうだ、ということは全く無駄なことです。
この学びは時間的順序に従って進めて行きます。

11 名無しのひつじさん :2009/04/16(木) 15:31:11 ID:tiOWe5Z.
>>1-10よりつづく
●艱難期前携挙説の根拠について−「いつキリストは再臨されるか」山岸 登先生 エマオ出版刊 P32〜 P4〜より抜粋
★キリストの空中再臨、教会の携挙
先ず第一に、キリストの再臨には二種類あることを知らなければなりません。空中再臨と地上再臨です。
空中再臨は教会を天に引き上げるためにキリストが空中まで下りて来られる、教会のための再臨です。
ですからこれを(教会の)携挙とも呼びます。地上再臨とは、神がアブラハムと結ばれた契約に基づき、
イスラエルの民のために神の国を実現させるためにキリストが地上に下って来られる、
イスラエルの民のための地上への再臨です。先ずこの二つを混同したために、
再臨についての多くの間違った解釈行われ、混乱を与えています。
 空中再臨では、キリストは御自分の教会を地上から引き上げて、
御自分の住まいに迎え入れるために予告なしに、天から空中まで下りて来られます。
ですからこの再臨を、地上再臨と区別するために、空中再臨と呼ぶことにします。
空中再臨がいつあるかは全く分かりません。
第一世紀のクリスチャンもその後のクリスチャンもすべて、
キリストがいつでも再臨することがおできになると信じ、熱心に待っていました。
空中再臨のために予告も前兆も全くありません。
それでは、空中再臨には前兆がない、
いつでもありえるということについて聖書をしらべましょう。

「わたしの父の家には、住まいがたくさんあります。もしなかったら、
あなたがたに言っておいたでしょう。あなたがたのために、わたしは場所を備えに行くのです。
わたしが行って、あなたがたに場所を備えたら、また来て、あなたがたをわたしのもとに迎えます。
わたしのいる所に、あなたがたをもおらせるためです。」(ヨハネ14章2〜3節)
★解説 
四福音書の中で、主イエスが教会を御自分のおられる所にいつでもおらせるために
再び迎えに来られると約束されたみことばが記されているのはこの聖句だけです。
福音書の中の他の聖句はすべて地上再臨について語っています。
主イエスが教会を天に引き上げるために再び来られるための必要条件は、
御父の家に御自分の花嫁の場所が備えられることだけです。

12 名無しのひつじさん :2009/04/16(木) 15:32:17 ID:tiOWe5Z.
>>1-11よりつづく
●艱難期前携挙説の根拠について−「いつキリストは再臨されるか」山岸 登先生 エマオ出版刊 P32〜 P4〜より抜粋

「あなたがたは、今がどのような時か知っているのですから、このように行いなさい。
 あなたがたが眠りからさめるべき時刻がもう来ています。というのは、
 私たちが信じたころよりも、今は救いが私たちにもっと近づいているからです。」(ローマ13章11節)
★解説
「今は救いが」の救いとは、ピリピ第三章二〇節が語っているように肉体の贖いのことであり、
私たちがこの地上から救い出されて天に引き上げられることです。
そしてその時が「今」なのです。使徒パウロは
キリストの再臨を今にもありえることとして信じ期待していたのです。

「その結果、あなたがたはどんな賜物にも欠けるところがなく、
 また、熱心に私たちの主イエス・キリストの現われを待っています。
 主も、あなたがたを、私たちの主イエス・キリストの日に責められるところのない者として、
 最後まで堅く保ってくださいます。」(第一コリント1章7〜8節)
★解説
コリントの信者たちは、主の再臨を今直ぐにでもありえることとして熱心に待っていたのです。
聖書では「主の日」とは、主日(日曜日)を除いて、
常に「主が支配される日、主のさばきの日」を意味しており、艱難時代の全体、
あるいは艱難時代が終わった直後の主の地上再臨、あるいは主の地上再臨後の千年王国を意味しています。
また「主イエス・キリストの日」、「主イエスの日」
あるいは「キリストの日」は主の空中再臨の日を意味しています。

13 名無しのひつじさん :2009/04/16(木) 15:33:49 ID:s2dcyQG2
>>1-12よりつづく
★正統なキリスト教信仰を継承するプロテスタント福音主義−福音派のスレッドです
            ↓
1.■■日本宣教と天皇制〜皇室に流れるキリストの命
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1215676891/

2.■■古代日本・神道とユダヤ文化の関係−参考文献リスト
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1209102168/

3.■■日本民族とイスラエル民族の関係−遺伝子DNAからルーツ探る
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1217223541/

4.■■神道とキリスト教のつながりについて
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1174878290/

5.■■聖書と日本−ユダヤ・キリスト教とイスラエル皇室・天皇家
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1218510823/66-

6.■■キリスト教−放送伝道番組の紹介
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1212991477/l50

7.■■信仰を深めるキリスト教書籍の良書紹介
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1212654823/l50

8.■■クリスチャンラジオネットワークBBN−キリスト教放送紹介
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1212376512/

9.■■創造論について学ぶ−科学が聖書に近づいた
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1210054784/ ★★>>1-13

14 名無しのひつじさん :2009/04/16(木) 15:34:51 ID:s2dcyQG2
★★★>>1-13よりつづきます

★正統なキリスト教信仰を継承するプロテスタント福音主義−福音派のスレッドです
 どうぞみなさんお読みください
          ↓
10.■■プロテスタント福音派−正統信仰者の集い:レスリスト
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1150940692/1-5
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1150940692/11

11.■■南関東・東京首都直下型大地震−震災被害想定・防災対策
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1226467470/

12.■■米国防総省(ペンタゴン)想定予測−M9超巨大東海地震とは?
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1210736093/

13.■■小氷期到来!?地球は寒冷化する−温暖化二酸化炭素説のウソ
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1231221419/

14.■■プロテスタント福音派−正統信仰者の集い:PART3
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1173947639/

15 でちゅ☆ぺぬえる :2009/04/16(木) 15:42:52 ID:tiOWe5Z.
きょうもいい天気でちゅ〜〜

あたらしいスレッドでちゅね!!!

僕ちゃんたちクリスチャンには世の終わりの時に、聖書の御言葉にもあるように、
イエス・キリストちゃまのもとに、引き上げてもらえることが約束されていまちゅ。
このスレッドでは主に、艱難期前携挙説について、山岸 登先生著作の
「いつキリストは再臨されるか」エマオ出版刊を読みながらお勉強していきたいと思いまちゅ。
みなちゃんもどうじょお読みくだちゃいねぇ〜〜
      ↓
     >>1-14

16 でちゅ☆ぺぬえる :2009/04/16(木) 15:47:36 ID:tiOWe5Z.
>>1-15よりちゅじゅく

今までの僕ちゃんのレスをリスト化していっていまちゅ。
今後、追加していきまちゅ。
どうじょみなちゃん、お読みくだちゃいねぇ。
           ↓
■■プロテスタント福音派−正統信仰者の集い:レスリスト
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1150940692/1-3
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1150940692/5
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1150940692/11
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1150940692/46-47
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1150940692/64-65
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1150940692/69-73

17 名無しのひつじさん :2009/04/22(水) 13:38:47 ID:p7mjrdgY
>>1-16よりちゅじゅく

「聞きなさい。私はあなたがたに奥義を告げましょう。
 私たちはみな眠ってしまうのではなく、みな変えられるのです。
 終わりのラッパとともに、たちまち、一瞬のうちにです。
 ラッパが鳴ると、死者は朽ちないものによみがえり、私たちは変えられるのです。」
(1コリント15:51、52)

★解説 
「私たちは変えられるのです。」というパウロのことばは、彼が生きている間にキリストが再臨され、
 自分が主と同じ栄光の姿に変えられることを期待していたことを示しています。


「主を愛さない者はだれでも、のろわれよ。主よ、来てください。」
(1コリント16:22)

★解説
 「主よ、来てください。」は、アラム語の「マル(主)・アナ(私の)・タ(来てください)」の訳です。
 アラム語の「タ」は、今直ぐに来い、と意味する命令形です。
 第一世紀ではギリシャ語圏の教会でも、ハレルヤなどと同じく、
 この「マラナ・タ」をアラム語のまま使用していたのです。
 それほど初代のキリスト信者が、キリストに今すぐ来てくださいと叫びながら
 キリストの再臨を待望していたことをこのことばが証明しています。

18 名無しのひつじさん :2009/04/22(水) 17:42:25 ID:???

イマヌエル総合伝道団、救世軍、日本イエス・キリスト教団、
日本同盟基督教団、日本福音自由教会、日本ホーリネス教団など、
日本基督教団(福音主義教会)、 日本ナザレン教団といった団体
は、
この糞でちゅがコピペしまくる、日ユ同祖や地球寒冷化等の内容とは
関係無いにのに、さもそれら既存の団体共通の主張であるかのように
宣伝するのは誤解を与えかねない。
というより、そう誤解させるために名前を借用しているのか。

19 でちゅ☆ぺぬえる :2009/04/22(水) 18:17:44 ID:p7mjrdgY
きょうもいい天気でちゅ〜〜

>>13-14のスレッドリストに追加でちゅよ〜〜
どうじょ、みなちゃんお読みくだちゃいねぇ〜〜
             ↓
■■終末黙示録・携挙−艱難期前空中再臨、千年期前地上再臨説 
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1239862667/

■■キリスト教正統信仰−プロテスタント福音派動画音楽伝道紹介
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1235539819/

●こちらは僕ちゃんの過去のレスリスト追加分でちゅよ。
 どうじょみなちゃん、お読みくだちゃいねぇ〜〜
         ↓
■■プロテスタント福音派−正統信仰者の集い:レスリスト
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1150940692/74-82

☆★☆あと>>16にも過去のレストありまちゅ

20 でちゅ☆ぺぬえる :2009/04/22(水) 18:18:48 ID:p7mjrdgY
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ようやくでちゅねぇ、僕ちゃんたちプロテスタント福音主義−福音派が、
信仰の先輩方−弟子や初代教会ー原始キリスト教団の人たちとおんなじ、
正統なキリスト教信仰を継承するまっとうな教派であることが認められてきたようでちゅ。
うれしいでちゅよねぇ〜〜。ほんと誇る者は主を誇れ、でちゅよ!!!

   ☆きょう2009年4月22日の僕ちゃんのレスでちゅ〜〜
               ↓
                >>19

 あんちゃん、ねぇちゃん、そちて僕ちゃんの3兄弟は、正統なキリスト教信仰を継承する
(日本福音同盟所属)のプロテスタント福音派の信徒でちゅ。
 穏健なプロテスタント福音主義の立場に立っていまちゅ。

日本福音同盟所属の教団なら安心でちゅ。
 イマヌエル総合伝道団、救世軍、日本イエス・キリスト教団、
 日本同盟基督教団、日本福音自由教会、日本ホーリネス教団など、
 主だったところでありまちゅ。あと日本基督教団(福音主義教会)、
  日本ナザレン教団、アッセンブリーズオブゴッド教団もよいです。

☆日本ナザレン教団におられた天皇陛下の叔父にあたる方も、
 福音派の牧師先生をしてらっしゃいまちゅ。その牧師先生のお話抜粋他はこちら
               ↓
■■日本宣教と天皇制〜皇室に流れるキリストの命
☆★☆http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1215676891/1-13☆★☆
 救世軍の山室軍平氏などご存じの方もいらっちゃいまちゅよね。
 みなちゃん、どうじょお越しくだちゃいね〜〜
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

21 でちゅ☆ぺぬえる :2009/04/27(月) 22:44:00 ID:s2dcyQG2
きょうもいい天気でちゅ〜〜

こちらにキリスト教正統信仰を継承するプロテスタント福音派の動画音楽紹介していまちゅ!!!
みなちゃん、どうじょごらんくだちゃいねぇ〜〜
神ちゃまを賛美し、信仰を歌いあげるいいお歌ばかりでちゅ!!!
              ↓
■■キリスト教正統信仰−プロテスタント福音派動画音楽伝道紹介
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1235539819/1-3
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1235539819/8-9
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1235539819/14-27

>>16 >>19もどうじょお読みくだちゃいねぇ〜〜

22 名無しのひつじさん :2009/05/04(月) 14:07:37 ID:tiOWe5Z.
>>1-17 >>19-21よりつづく
●艱難期前携挙説の根拠について−「いつキリストは再臨されるか」山岸 登先生 エマオ出版刊 P32〜 P4〜より抜粋

「あなたがたは、ある程度は、私たちを理解しているのですから、私たちの主イエスの日には、
あなたがたが私たちの誇りであるように、私たちもあなたがたの誇りであるということを、
さらに十分に理解してくださるように望むのです。」(Ⅱコリント1:14)

★解説 「主イエスの日」はキリストの空中再臨の日、すなわち教会の携挙の日を意味しています。
使徒パウロもコリントの教会も彼らが生きている間に携挙があると期待していたのです。

「あなたがたのうちに良い働きを始められた方は、キリスト・イエスの日が来るまでに
 それを完成させてくださることを私は堅く信じているのです。」(ピリピ1:6)

★解説 使徒パウロは、ピリピの信者がパウロの伝道を助けるために始めた献金の働きを
主の再臨の日まで継続させてくださると信じていたのです。
すなわち、使徒パウロはピリピのクリスチャンが生きている間にも空中再臨がありえると信じ、
期待していたのです。これはパウロの思い違いでも、錯覚でもありません。
聖霊がそのように教えてくださったのです。

「あなたがたが、真にすぐれたものを見分けることができるようになりますように。
 また、あなたがたが、キリストの日には純真で非難されるところがなく、
 イエス・キリストによって与えられる義の実に満たされている者となり、
 神の御栄えと誉れが現されますように。」(ピリピ1:10,11)

★解説 彼らはキリストが直ぐに来てくださると期待していたのです。

23 名無しのひつじさん :2009/05/26(火) 16:06:47 ID:akX3USsw
>>1-17 >>19-22よりつづく
●艱難期前携挙説の根拠について−「いつキリストは再臨されるか」山岸 登先生 エマオ出版刊 P32〜 P4〜より抜粋

「私は、キリストとその復活の力を知り、またキリストの苦しみにあずかることも知って、
キリストの死と同じ状態になり、どうにかして、死者の中からの復活に達したいのです。」
(ピリピ3:10〜11)

★解説 「死者からの復活」という表現にはいくつかの解釈が施されています。
多くの解説者はそれを死者の中からの復活と表現しえる、
ある種の霊的高度な信仰の高嶺を意味していると解釈しています。
しかしパウロはそのような霊的境地がキリスト信者にあるとは、彼の他の書簡中には語っていません。
むしろパウロは努めて神秘主義的な表現を避けているのです。
「キリストの死と同じ状態になり」の「同じ状態になる」は現在分詞で表現されているので、
それは「同じ状態になりつつ」という動作の継続を意味します。
それで全体の意味は、「キリストが十字架上の死に至るまで御父の御旨に全く従われ、みこころに忠実であられ、
御自身を完全なるささげものとして御父に捧げられて、御父への全き献身を表現されたことに習って、
今、そのキリストの献身のような全き献身を目標としつつ」ということになります。
そして「死者の中に復活に達する」の「達する」は叙想法アオリスト時制で表現されているので、
ある継続した期間を意味せず、特定の一時点に到達するという単発的動作を意味しています。
ですから使徒パウロがこれを「死者の中からの復活」と呼ばれるある霊的境地に到達して
その状態にあり続けると意味していると解釈することは誤りです。
ですから、「死者の中からの復活」とは、
死者がよみがえらされるキリストの空中再臨を意味していることは明らかです。
ここで使徒パウロが語っていることは、自分は「どうにかして」、
何とかしてでもキリストの再臨の日まで生きながら、
神への全き献身を目標として生きつつ、その日に達したいということです。

24 艱難期前空中再臨、千年王国前地上再臨説 :2009/05/28(木) 17:19:03 ID:p7mjrdgY
>>1-17 >>19-23よりつづく
●艱難期前携挙説の根拠について−「いつキリストは再臨されるか」山岸 登先生 エマオ出版刊 P32〜 P4〜より抜粋

「キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、
 目標を目指して一心に走っているのです。」(ピリピ3:14)

★解説 「上に召してくださる」、すなわち「上へ引き上げられる」とは、
キリストの空中再臨の日に天に引き上げられることです。
パウロは、自分が死を経ずに、生きている間にキリストの再臨に達して
天に引き上げられることを神からの褒美と考えていたのです。

「けれども、私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが
救い主としておいでになるのを、私たちは待ち望んでいます。」(ピリピ3:20)

★解説 この「待ち望む」は熱心に待つ、切望する、待ちこがれるを意味しています。
しかもそれは現在形で表現されているので、その当時の信者の全てが
継続的に熱心に待っている状態にあったことを意味しています。
使徒パウロは常習的に、日々、キリストの空中再臨を待望していたのです。
そして現在の私たちも、継続的に、また習慣的に日々主の再臨を待つべきであることを意味しています。

「主は近いのです。」(ピリピ4:5)

★解説 これは主が距離的に近くにおられるとは意味せず、主の再臨の時が近いことを意味します。

「私たちのいのちであるキリストが現れると、そのときあなたがたも、
キリストとともに、栄光のうちに現れます。」(コロサイ3:4)

★解説 キリストの再臨が、この手紙の受取人である、
第一世紀のコロサイのクリスチャンたちの日々の願望であったことが示されています。
彼らは自分たちが生きている間にも主の再臨がありえると期待していたのです。  >>25へつづく

25 艱難期前空中再臨、千年王国前地上再臨説 :2009/05/28(木) 17:25:59 ID:p7mjrdgY
>>1-17 >>19-24よりつづく
●艱難期前携挙説の根拠について−「いつキリストは再臨されるか」山岸 登先生 エマオ出版刊 P32〜 P4〜より抜粋

聖霊は使徒パウロを通してコロサイの信者に、彼らが生きている間に再臨がありえることを信じて、
それを待望しつつ生きるように命じられたのです。
真実なクリスチャンの中にこのことに反論する者はひとりもありません。


★山岸登先生
 (信仰)
 ディスペンセイション主義に立った根本主義者
 すなわち聖書の逐語完全十全霊感を信じ、聖書の理解、寓意的解釈を排除し、
 聖書は文字通り受け入れるべきであると確信している。

とても立派な牧師先生です。
山岸 登先生著作「いつキリストは再臨されるか」については
エマオ出版にお問い合わせください。

26 JohnB :2009/05/30(土) 18:51:39 ID:7Ug3XM.A
あんたら大丈夫か?
ディスペンセイション主義はオカルト起源の異端信仰から生まれた。
カルヴァン主義が正統だ!
馬鹿な事を言うのではない。

27 名無しのひつじさん :2009/06/01(月) 11:52:13 ID:???
8 名前: あんちゃん 投稿日: 01/10/06 17:53
入学資格は、
1.聖書を学び、キリストの救いを求道しようとする方 2.キリストを自分の救い主と信じ、告白している方
3.宣教のわざに、積極的に参加しようとする意欲のある方
入学手続きのさいに、所属教会の牧師の推薦状、承諾は必要です。
基本的にはバプテスマを受けた信者の方なら誰でも受け入れるとのことです。
9 名前: あんちゃん 投稿日: 01/10/06 17:55
所属教団別教団数(卒業生・修了生のみ)
 1.単立 2.日本基督教団
 3.日本バプテスト連盟  4.日本福音キリスト教会連合
 5.日本ホーリネス教団  6.日本同盟基督教団
 7.日本アッセンブリーズオブゴッド教団  8.日本ナザレン教団
 9.イマヌエル綜合伝道団 10.日本福音教会
11.聖書キリスト教会 他、全入学者の内訳として、
日本イエスキリスト教団、日本バプテスト同盟、
日本福音自由教会、日本カトリック教会、沖縄バプテスト連盟、
基督兄弟団、保守バプテスト同盟、日本聖契キリスト教団、
などに所属される方々が学ばれてきてるようです。
10 名前: でちゅ 投稿日: 01/10/06 17:56
あんちゃん、僕たちが通っている教会・教団もはいってるでちゅね。
50 名前:名無しさん@3周年 投稿日:03/04/11 17:16
12 名前: あんちゃん 投稿日: 01/10/06 18:03
召命の確信を抱き真摯な献身の思いに心燃え立たせている方へ。
当神学校は東京都区内に所在します。

28 名無しのひつじさん :2009/10/07(水) 14:49:08 ID:p7mjrdgY
★レフト・ビハインド−近未来「予言」小説
 ティム・ラヘイ/ジェリー・ジェンキンズ 著
 上野五男 訳 四六判 1,890円(税込) 
 http://www.wlpm.or.jp/leftbehind/1/world_k.htm

29 艱難期前空中再臨、千年王国前地上再臨説 :2009/10/19(月) 13:46:21 ID:K7XOtFjk
>>1-17 >>19-25よりつづく
●艱難期前携挙説の根拠について−「いつキリストは再臨されるか」山岸 登先生 エマオ出版刊 P32〜 P4〜より抜粋

「また、神が死者の中からよみがえらせなさった御子、すなわち、やがて来る御怒りから私たちを救い出してくださるイエスが、
 天から来られるのを待ち望むようになったか、それらのことは他の人々が言い広めているのです。」
(第一テサロニケ人への手紙1:10)

★解説 「やがて来る御怒り」とは、キリストの空中再臨の後に来る艱難期のさばきのことです。
テサロニケの信者の、主イエス・キリストの再臨を日々熱心に待ちわびている姿は
外部の人々にも明白であったのです。

「私たちは主のみことばのとおりに言いますが、主が再び来られるときまで生き残っている私たちが、
死んでいる人々に優先するようなことは決してありません。
主は、号令と御使いのかしらの声と、神のラッパの響きのうちに、ご自身天から下って来られます。
それからキリストにある死者が、まず初めによみがえり、次に、生き残っている私たちが、
たちまち彼らといっしょに雲の中に一挙に引き上げられ、空中で主と会うのです。
このようにして、私たちは、いつまでも主とともにいることになります。」
(第一テサロニケ人への手紙4:15〜17)

★解説 「主が再び来られるときまで生き残っている私たち」という表現は、
彼らが生きている間に主が再臨されることを彼らが強く期待していたことを
表しています。

30 艱難期前空中再臨、千年王国前地上再臨説 :2009/10/19(月) 13:50:49 ID:K7XOtFjk

★山岸登先生
 (信仰)
 ディスペンセイション主義に立った根本主義者
 すなわち聖書の逐語完全十全霊感を信じ、聖書の理解、寓意的解釈を排除し、
 聖書は文字通り受け入れるべきであると確信している。

とても立派な牧師先生です。
山岸 登先生著作「いつキリストは再臨されるか」については
エマオ出版にお問い合わせください。

●山岸 登先生 著作紹介
  永遠の地獄
  聖書が示す神の摂理
  これで聖書が解りやすくなる
  聖書の真理によって「聖書的セカンドチャンス論」を斬る
  他
 
いずれもエマオ出版へお問い合わせください。

31 プロテスタント福音主義福音派−キリスト教正統信仰者 :2010/05/14(金) 16:14:05 ID:???



この掲示板は荒らしがひどいので福音派スレッドを順次以下の掲示板に移動させています。
「でちゅ☆ぺぬえる−プロテスタント福音主義福音派」によるレスポンスも移動しています。
           ↓
●Evangelical 福音主義 福音派 キリスト教掲示板
 http://jbbs.livedoor.jp/study/3405/Evangelical.html

32 弥勒菩薩 :2011/07/29(金) 12:05:03 ID:IDRfZDog
2011年 8月18(木) キリスト再臨 救済完成。2011年 8月18(木) キリスト再臨 救済完成。

キリスト再臨 救済完成。2011年 8月18(木) キリスト再臨 救済完成。2011年 8月18(木)

2011年 8月18(木) キリスト再臨 救済完成。2011年 8月18(木) キリスト再臨 救済完成。

キリスト再臨 救済完成。2011年 8月18(木) キリスト再臨 救済完成。2011年 8月18(木)

2011年 8月18(木) キリスト再臨 救済完成。2011年 8月18(木) キリスト再臨 救済完成。

キリスト再臨 救済完成。2011年 8月18(木) キリスト再臨 救済完成。2011年 8月18(木)

33 Seven Days 30 :2012/03/24(土) 16:44:39 ID:GdxaQQ9o0
      11日
11年3月6〜
http://www.ajnet.ne.jp/dairy/
12年3月7で13時
      30日
http://www.youtube.com/watch?v=cNvCovSap8k

34 etarnal :2012/04/03(火) 11:15:51 ID:wASiQHY20
スゴーいの見つけたよ!!
下のサイトに「新生命宣教会」で無料電子ブック&無料図書があります。

聖書を基本とし、三位一体の神を信じているキリスト教超教派の宣教団体です。
本を取り寄せ、聖書と照らして読んでみましたが、間違ったことは言ってないなと感じました。
怪しい感じもありませんし、勧誘もありません。
本は10冊目になりますが、異端的なところはまだ見つかりません。内容は、かなり面白いです。
メールで質問したら、詳しく教えてくれますし、純粋にみことばを広めたいように見えます。
正しい教えで、いい勉強になったと思うし、共感しました♪

新生命宣教会ホームページ
http://www.bjnewlife.org/japanese.html

無料キリスト教電子ブックダウンロード
http://www.bjnewlife.org/japanese/ebook/index.php

36 名無しのひつじさん :2015/01/29(木) 11:10:02 ID:sdkg9Zgo0
8 名前: あんちゃん 投稿日: 01/10/06 17:53
入学資格は、
1.聖書を学び、キリストの救いを求道しようとする方 2.キリストを自分の救い主と信じ、告白している方
3.宣教のわざに、積極的に参加しようとする意欲のある方
入学手続きのさいに、所属教会の牧師の推薦状、承諾は必要です。
基本的にはバプテスマを受けた信者の方なら誰でも受け入れるとのことです。
9 名前: あんちゃん 投稿日: 01/10/06 17:55
所属教団別教団数(卒業生・修了生のみ)
 1.単立 2.日本基督教団
 3.日本バプテスト連盟  4.日本福音キリスト教会連合
 5.日本ホーリネス教団  6.日本同盟基督教団
 7.日本アッセンブリーズオブゴッド教団  8.日本ナザレン教団
 9.イマヌエル綜合伝道団 10.日本福音教会
11.聖書キリスト教会 他、全入学者の内訳として、
日本イエスキリスト教団、日本バプテスト同盟、
日本福音自由教会、日本カトリック教会、沖縄バプテスト連盟、
基督兄弟団、保守バプテスト同盟、日本聖契キリスト教団、
などに所属される方々が学ばれてきてるようです。
10 名前: でちゅ 投稿日: 01/10/06 17:56
あんちゃん、僕たちが通っている教会・教団もはいってるでちゅね。
50 名前:名無しさん@3周年 投稿日:03/04/11 17:16
12 名前: あんちゃん 投稿日: 01/10/06 18:03
召命の確信を抱き真摯な献身の思いに心燃え立たせている方へ。
当神学校は東京都区内に所在します。

37 シャネル スーパーコピー 通販 :2019/04/18(木) 12:39:31 ID:n3HajhYk0
ルイヴィトンスーパーコピー代引き専門店

ルイヴィトンスーパーコピー
ルイヴィトンバッグ コピー
ルイヴィトン腕時計 コピー
ルイヴィトン財布 コピー
ルイヴィトン靴 コピー
ルイヴィトンキーケース コピー
ルイヴィトンマフラー コピー
ルイヴィトンコピー代引き

当店は中国で超一流品質の高いブランド品レプリカ商品を販売するネットショップです。
当店の商品仕入れは中国・香港です。発送元も中国香港です。
取り扱っております商品は全て工場より直送となります。
取り扱い商品はN級のみとなっており、安価なクラスとは違うクオリティとなっております。
N級専門工場にて製造しておりますので品質は必ずご満足頂けると思います。
ホームページ上でのご注文は24時間受け付けております


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

裸にいっぴん - 青山 裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板