したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

■■日本民族とイスラエル民族の関係−遺伝子DNAからルーツ探る

1 名無しのひつじさん :2008/07/28(月) 14:39:01 ID:fSbOUeKM
★「ハーザー」2001年2月号掲載
 小林隆利牧師(明治天皇 内親王 仁様の長男)スペシャルインタビュー
           ↓
■■日本宣教と天皇制〜皇室に流れるキリストの命
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1215676891/1-11

★国際科学振興財団TRACE研究プロジェクト幹事・今井弥生氏は、ルベン・アルカレイ編
 『ヘブル・英語大辞典』(Reuben Alcalay“The Complete Hebrew-English Dictionary")で、
 学んだことをもとに、ヘブル語と日本語の類似性に関する膨大なリストを公表している。
 そして、その中でこう述べている。
             ↓
 「日本語の中心にあるヤマト言葉は主として、ヘブライ語の単語により、
 ウラル・アルタイ系(古代朝鮮語やツングース系)の語順に当てはめて形成されている。」
(『日本語の起源に関する調査研究報告書』国際科学振興財団内、日本語の起源研究会発行)

★遺伝子調査に興味のある方、また、「ぜひ私の遺伝子を調査してほしい」という方は、
 下のウエブサイトをのぞいてみてください。
 アメリカの「ファミリー・ツリー・DNA」という研究所のウェブサイト。
 あなたの遺伝子を調べ、同胞を捜してくれる。
 Y染色体調査や、ユダヤ祭司階級の遺伝子マーク、ミトコンドリアDNAなどを調べてくれる。
        ↓
http://www.familytreedna.com/

★今後、DNA・遺伝子の変異分布から民族のルーツを明らかにしていく分子人類学・分子遺伝学関連のレスは、
 「■■天皇家・日本民族とユダヤ・イスラエル民族の関係−遺伝子DNAからルーツ探る」スレッドへ移行させます。
 宗教学・歴史学・考古学の立場から神道と、
 ユダヤ・キリスト教の関係を考察するスレッドは従来どおりこちらです。
          ↓
■■神道とキリスト教のつながりについて
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1174878290/

★「ハーザー」2001年2月号掲載
 小林隆利牧師(明治天皇 内親王 仁様の長男)スペシャルインタビュー
           ↓
■■日本宣教と天皇制〜皇室に流れるキリストの命
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1215676891/1-11

★国際科学振興財団TRACE研究プロジェクト幹事・今井弥生氏は、ルベン・アルカレイ編
 『ヘブル・英語大辞典』(Reuben Alcalay“The Complete Hebrew-English Dictionary")で、
 学んだことをもとに、ヘブル語と日本語の類似性に関する膨大なリストを公表している。
 そして、その中でこう述べている。
             ↓
 「日本語の中心にあるヤマト言葉は主として、ヘブライ語の単語により、
 ウラル・アルタイ系(古代朝鮮語やツングース系)の語順に当てはめて形成されている。」
(『日本語の起源に関する調査研究報告書』国際科学振興財団内、日本語の起源研究会発行)

★遺伝子調査に興味のある方、また、「ぜひ私の遺伝子を調査してほしい」という方は、
 下のウエブサイトをのぞいてみてください。
 アメリカの「ファミリー・ツリー・DNA」という研究所のウェブサイト。
 あなたの遺伝子を調べ、同胞を捜してくれる。
 Y染色体調査や、ユダヤ祭司階級の遺伝子マーク、ミトコンドリアDNAなどを調べてくれる。
        ↓
http://www.familytreedna.com/

☆★☆ >>2へつづく

2 皇室とキリスト教 :2008/07/28(月) 14:44:29 ID:fSbOUeKM
>>1よりつづく
★ラビ・アビハイル著作『イスラエルの失われた、また離散した部族たち』より
                 ↓
 「日本人が失われたイスラエル10支族と関係があるかもしれないと、
 ユダヤ人に思わせる理由のひとつは、日本神道の神社と、そこでの儀式である。
 神道は日本全国に広がっている宗教で、興味深い独特の特徴がある。
 その特徴は、ほかのどの民族にも見られないもので、ただユダヤの古代神殿にのみ見られたものである。」

★「彼らは異教徒の群れから離れ、人類がいまだかって住んだことのない土地へ行き、
 自国では守ることの出来なかった規則をせめて守るようにとの計画を、
 お互いに持ち合って、さらに遠い国へ進んだ。。。。」『エズラ第四書』第13章から

★「やがて終末の日には、神のうわさを聞いたこともなく、その栄光を見たこともない遠くの「島々」の国が、
 神の栄光を諸国の民に語り告げるようになる」『イザヤ書』第66章19節

★「あなたの家とあなたの王国とは、私の前にとこしえまでも続き、
 あなたの王座はとこしえまでも堅く立つ。」『サムエル記Ⅱ』第7章16節

☆★☆DNA分析とエフライム ・・・ DNA分析による日本人のルーツの究明
http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/00000dna1.htm
☆★☆DNA調査ポイントの青写真  ・・・・ 日本とイスラエルのリバイバルに向けて 
http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/000000sekaiidennsi1.htm
☆★☆ユダとエフライムの合体  ・・・・ イスラエルへの帰還と日本人
http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/0000isuraeru.htm
☆★☆日本人のDNA系統分析の特徴について・・・・・ 日本人エフライム説の裏付け
http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/00000idennsi.htm

★参考「日本人」出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
     ↓    
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA

3 名無しのひつじさん :2008/07/30(水) 10:39:31 ID:p7mjrdgY

面白い部分で酒に対する強さの遺伝も日本人のルーツを知るうえで参考になります。
お酒に強い弱いを決定付けるのはALDH2という酵素の働きであります。
お酒に弱い人はこの酵素の変異型を持っております。
原田勝ニ教授の研究によれば近畿、中部、中国地方で変異型(お酒に弱い)が多くそこから離れるほど少なくなる(お酒に強い)とのことです。
変異型のALDH2はコーカソイド(白人)やニグロイド(黒人)には皆無であります。
日本全体では44%の人が変異型を持ちそれに次いで多いのが中国南部の41%です。
変異型の遺伝子はおそらく中国南部で生まれ呉の滅亡などで日本列島に渡ってきた人々が持ち込んだのでしょう。
縄文人は通常型でありお酒に強かったようです。
ちなみに韓国での変異型の割合は28%と少ないです。

4 名無しのひつじさん :2008/07/30(水) 12:40:21 ID:p7mjrdgY
[編集] 日本人のY染色体の特殊性(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

Y染色体のDNA塩基配列の国際的分類法(YCC2002)によるAからRまでの18種の大分類のうち、
Alu配列と呼ばれる約300個の特定の塩基配列(YAP+因子)を持つのはDグループとEグループのみであり、
DグループとEグループは近縁グループである。
そのうち、Dグループが相当な頻度で存在するのは日本とチベットのみである
(日本で30〜40%、アイヌと沖縄ではさらに頻度が高く、チベットでは約30〜50%)。
他方、Eグループが相当な頻度で存在するのは、
アフリカと地中海沿いの中東からイタリア南端にかけてのみである。
つまり、Y染色体にAlu配列(YAP+因子)を持つ者が相当頻度で存在する地域は、
アフリカと地中海沿いの中東からイタリア南端にかけてとチベットと日本のみであり、
日本人のY染色体の30〜40%については、
DNA塩基配列が近縁関係にあるものは周辺国等にほとんどなく、
チベットやアフリカや中東のY染色体と近縁関係にある。
なお、エチオピアのユダヤ人とされる集団でのEグループの存在率は約50%とされている
(崎谷『DNAが解き明かす日本人の系譜』勉誠出版)。
また、AからRまでのグループについて、アフリカ系のAB以外を大きく分けると、
Cグループ、DEグループ、FRグループ(FからRにかけてのグループ)に分けられるが、
日本人ではC,D,O(OはFRグループに属する)から成り立っており、
Cグループ、DEグループ、FRグループの非アフリカ系3大グループすべてを含む地域は、
世界中で日本しかないとされている。

これに対して、母から娘に伝わっていくミトコンドリアDNAの塩基配列のグループ構成については、
日本人は朝鮮半島や中国東北部のものと構成が似ているとされる(『日本人になった祖先たち』)。
父系のY遺伝子が特殊系で、母系のミトコンドリア遺伝子がアジア特有のものということは、
Dグループとアジア系のOグループが融合した上古代の社会の上層部は、
DグループがOグループより遥かに多かったことを示しているのである。
要するにDグループを祖先とする比較的少数の人々が社会の上層部にいて、
多数のOグループの人々を支配していた事になる。これ以外のパターンはあり得ない。

5 名無しのひつじさん :2008/07/30(水) 12:58:24 ID:p7mjrdgY

日本人はアジア人は絶対に持っていないとされるYAP+遺伝子を持っていることが判明してきている。
本土日本人は全体の75%にYAP+遺伝子を高頻度に持つ人種で、
これは少数民族を除いて アジアで唯一。
ちなみに縄文人の末裔であるアイヌ人はYAP+遺伝子を88%持っている。
この事から日本人全体が他の東アジア人に比べ、かなり異質な民族である事が判明してきている。

http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=pcamera&nid=35278

6 名無しのひつじさん :2008/08/06(水) 11:39:01 ID:taPIsFPg
台湾は通過した可能性はあっても、今の住民は日本人とはY-DNAが全く違う。
極端に古い話だと、今の人類はアフリカ起源では同じと判明してきたが、
「今の日本人」は相当過去に遡らなければ、近いものがない基本的に孤立人種。
古く遡れば、日本人に多いD系統だと、チベット人やスマトラ住民、
雲南、インパール、あたりの少数民族と一番近い。

ウェルム氷期(最後の氷期)の最寒期が2万年前くらいと今では判っていて、
この時期でも北海道からシベリアは陸続きだが、朝鮮半島とはつながっていない。

極一部に、朝鮮半島を通過して日本列島に入った祖先がいるかもしれないんだが。
遺伝学の進歩で、今では人間自体の系統分岐がはっきり判るので、
「現代日本人」と「現代朝鮮人」では、DNAでは構成が全く違うのが判明している。
だからたとえ遺跡とか土器で共通性が高いと認めたとしても、
昔の半島人と現代の朝鮮人が人種が違うことにしかならない。

「現代朝鮮人」に関していうと、「現代中国北部人」や「現代ベトナム人」と先祖が一番共通している。
他には「現代モンゴル人」や「現代台湾人」とも近い。

「現代日本人」は、「現代チベット人」と一番近い。
漢民族系のO3系統が入る前のチベット人はさらに日本人に近かった可能性が高い。

7 名無しのひつじさん :2008/08/06(水) 11:42:06 ID:l6VTH9BU
Y-DNAの他に、先祖の系統が明確に出るものはない。
最近までは、Y-DNAの判定技術が確立されていなかったから、他のもので推測するしかなかった。

過去の文化の伝播や人については、文化や出土物は参考になるが、
「現在の」民族間の違いや近さは、Y-DNAでごまかしなく出る。
これを無視して「現在の」集団間の近さを決め付ける方が、完全に間違い・矛盾になる。
サンプルが今後さらに増えてこれば、もっと詳細な違いが判ってくるだろう。
昔は、日本人は南北のアジア人の混合くらいにしか認識されていなかったわけだから、
最近になって、主に本当の系統があからさまになってきている。

以下は「現在の」種族・住民についてだが、
台湾人は意外な事に、中国北部系(黄河文明系、漢民族系)に多いO3系統が多く、
日本人より中国人、それも華北の中国人に近い。
また日本人よりも、中国人や朝鮮人、ベトナム人のいわゆる「中華文明圏」の種族に近い。

日本人が、北方も南方も含めて、「今の」隣接地域の種族すべてと、
かなり人種が異なってるというのが、科学的な事実だ。

8 名無しのひつじさん :2008/08/11(月) 14:04:33 ID:7Zai7udM
突然ですがY染色体E系統の人々には、
西蔵人や日本人などにしか顕著に現れないYAP+というものがあるのですよね?
彼らはどこから日本や西蔵へ入ったのでしょうか?

また、同系のD系統は、日本や西蔵以外にはアンダマン・ニコバル諸島の
人々に高頻度で検出されるそうですが?
         ↓
アンダマン諸島は除いてですが、
東南アジアでYAP+は、インドネシアはスマトラ島の10%程度が最多だそうです。
あと、同じインドネシアのボルネオ島や、マレーシア、タイとかでも多少はいるらしいです。

日本人のY染色体が、O系統が支配的な東アジアでは例外として
D2ハプログループが多いと判った以上、
東南アジアの詳しいデータが欲しいところですが、
この地域のデータは本当に少ないですね。
日本語の資料は特に皆無に近いような・・・。日本人の学者さんは興味がないのかな・・・。

東南アジアでも東アジアと同じで、ベトナムは言うに及ばず、タイとかジャワとかの
人口が多い水田耕作が盛んな地域では、O系統が多いのは間違いないようだが、
D系統が多い地域とか種族がいくらかでも見つかれば、嬉しいですからね。

9 名無しのひつじさん :2008/08/11(月) 14:33:05 ID:s2dcyQG2
日本人のhaplogroupはバイナリーマーカーではC, D, Oに三大別されるが、内D2bとO2bが66%、
これとは別にY-STRで分類すると99.40%までが分類可能。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17274803

日本人251中YAP+は69人、27.5%、朝鮮人412人中YAP+は12、2.9%、中国人180人中YAP+は 4人、2.2%
http://www.genekotech.com/dnatype/lab/pdf/Shin2000.pdf

アイヌ総人口 約25,000人(調査に応じた人口)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8C

沖縄県人口1,318,220
全国人口126,925,843
http://www.post.japanpost.jp/dmfactory/pdf/data01.pdf

日本におけるD2の遺伝的多様性を精査すると本グループは日本国内において12,000-20,000年間隔離さ
れてきたということになる。日本においてD2の最も多いのはアイヌと琉球人である。
http://www.isogg.org/tree/ISOGG_HapgrpD08.html
「(日本国内において)12,000-20,000年間隔離されてきたということになる。」


【用語解説】ミトコンドリアDNA

 父親から息子にのみ伝わる男系のY染色体DNAとともに、人類や民族集団の
起源探究の有力なツール。現生人類の母方のルーツをアフリカの1人の女性
(ミトコンドリア・イブ)と導き出し、人類「アフリカ単一起源説」の支持を
高めた。日本人全体の祖先は2人の女性だが、人類の拡散途中に各地で生まれた
多様な型を持っていること、南方説が有力だった縄文人のルーツは弥生人同様、
大陸方面が優勢と考えられることなどを明らかにしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080804-00000057-san-soci

10 名無しのひつじさん :2008/08/13(水) 17:44:33 ID:p7mjrdgY
YAP+の起源地はアフリカからペルシア湾あたりまでなんだろう。
そのままインドシナ半島方面に向かった集団と中央アジアに入って
パミール高原を越えて東方に向かった集団と西に向かってヨーロッパ大陸に向かった集団がいただけの事。
           ↑
概観しますと、やはり原始時代の人々にとりましては「海」は非常に大きな
壁となってきた模様ですので、まず大陸と距離的に一番近く、早くから
大陸と繋がった樺太・北海道から流入したサイビリア方面を経由した
人々が、Y染色体で言えばC系統の人々になりますでしょうか。これは
旧石器時代人と言われる人々ですよね。
次に、二番目に大陸と近く、またこちらも後に大陸と繋がったと言われる
朝鮮半島から流入した人々が、D・E系統の人々になりますでしょうか。
この人々の経路は、いわゆる“シルクロード(陸の)”と呼ばれる、
中央エイジャから現在の支那国の大部分を横断する形でやって来たと思われ、
彼らが縄文人と言われる人々ですね。こちらは上記の経路より気候も
厳しくないためか、それより多くの人々が流入した模様。そして彼らは
後の文明化した人々に追われ、高地の西蔵や雲南、または島になった
日本等にしかその遺伝子がほとんど残っていないわけですね。

11 名無しのひつじさん :2008/08/13(水) 17:45:42 ID:p7mjrdgY
>>10よりつづく
最後に日本が大陸と別れてから、もしくは支那地域で文明化が始まった
時代から主に流入した人々がFR系統の人々になりますでしょうか。
このうちのO2(b)系の人々が、いわゆる弥生人と呼ばれ、支那の東部の
主に中北部から主に朝鮮半島を経由して流入した人々であった模様。
その形質は北方新モンゴロイドゥの影響を多少は受けたものであったかと。
彼らは「倭人」とも呼ばれ、その遺伝子は日本では南下して辿り着いた
と思われる、沖縄の先島諸島に、現在でも多く残っていますね。
また別のO3系の人々は、いわゆる古墳時代に流入した人々で、彼らは
もともとO2系の人々より北方に居た集団であり、彼らもまた朝鮮半島を
経由し、後に日本で水稲耕作と文明の力でもって主に関西方面で人口を
急激に増加させ、後のヤマト(大和)政権を打ち立てるわけですね。
その形質は北方新モンゴロイドゥ形質に属する形質であったと。
ただ、ここでわたしが気になる事として、FR系統の人々はもともと
どの辺りから支那方面へやって来たのだろうか?という事があります。
彼らは現在東南エイジャ方面にも多く存在しているわけですが、それは
北方から押し出された結果だと言われていますよね? ですが他方、
そのうちのN系の人々はモンゴリアやサイビリア方面にも多くあるようです。
となりますと、元来C・D系統の人々が居た位置と重なりますし、
元来FR系統の人々は、よく言われる「南方系」とは言えないと
思われますし、いったいどのような存在だったのでしょうか…?
これを明確に説明出来る人がいますでしょうか??
余談ですが、今までの話、結局のところ白馬青牛さんが言っている事が
一番正確であるように思われませんかね…。

12 名無しのひつじさん :2008/08/13(水) 17:48:15 ID:p7mjrdgY
>>10-11に対して。。。

ざっと見たところ、考古遺物と他の遺伝学の知識が浅いせいか、
総合的に俯瞰できる段階にはまだないね。

YAP+がアフリカからペルシャ湾までに発生したと見るのなら、日本に人類が入って来た
最初からDがなければ矛盾してしまう訳だから、CとDはゴビ砂漠南部経由で35000年前の
地続き朝鮮経由でナイフ形石器を持って最初から同時に入って来たと見るべきだろう。

それとアラスカに人類が渡ったのが25000年くらい前だから、地続き朝鮮半島経由で
入ってきた方が先で樺太経由で入ってきたのはその間の30000年くらい前だろう。

それとO2bが弥生時代以降に入ってきたとは限らない。
日本には中華全体にあるKがないから、これも地続き時代の終盤までには
入ってきた因子だと見た方が良いのではないか?

それと何度も何度も口を酸っぱくして言っているが、日本には縄文時代から弥生時代に
至るまで中国土器はない。その影響土器もない。中国金属器もない。
朝鮮半島も楽浪開始頃まで中国土器はない。

弥生人が支那から朝鮮半島を経由して流入した人々であったのなら、
彼らが伝えるのは中国土器か朝鮮無文土器のはずでしょう。

しかし、彼らが最古の水田遺構と同時に伝えたのは中国土器でも朝鮮無文土器でもなく、
口縁部に刻目を持つ当時の沿海州中南部あたりが故郷と見られる土器なのだよ。
輸入したと見られる朝鮮無文土器はわずかに見られるが生産していた集落遺跡がない。
どういう経緯で北方民族である彼らが水田稲作を持ってやって来たのかは一番最初に教えた通り。

13 名無しのひつじさん :2008/08/25(月) 12:32:34 ID:l6VTH9BU
日本人の二重瞼発生率はアイヌ97%・沖縄84%北海道73%・信越70%・京都67%・奈良58%(日本の全地域中最低)
韓国は42%
http://k_matsunaga.at.infoseek.co.jp/routedata.html

14 名無しのひつじさん :2008/10/09(木) 12:54:09 ID:taPIsFPg

↓血液型の遺伝子の分布だが、日本とよその国ではこのように違う
http://www3.mahoroba.ne.jp/~npa/narayaku/image/dna_map.jpg
http://www.iza.ne.jp/images/user/20070518/71692.jpg

15 名無しのひつじさん :2008/10/09(木) 12:55:56 ID:l6VTH9BU
特有のYAP遺伝子を取ってみても、日本人の相当の部分が
メソポタミア地方に源を持つ事が
明白になっている。
YAP遺伝子というのは、アジアでは日本人だけにある遺伝子で、
そもそも朝鮮人にも中国の黄色系にも絶無。


●これは何が原因なんだろ??
      ↓
■アメリカの調査機関による最新の各国好感度調査(2008年)
ttp://pewglobal.org/reports/pdf/260.pdf
24ヵ国中 日本が好きが65%を超える国(自国を含まず) 12ヵ国
24ヵ国中 韓国が好きが65%を超える国(自国を含まず) 00ヵ国

■世界に良い影響を与えている国 日本が3年連続第1位 英BBC
http://ime.nu/www.yomiuri.co.jp/national/news/20080402-OYT1T00195.htm

16 名無しのひつじさん :2008/10/09(木) 12:57:48 ID:taPIsFPg
YAP遺伝子で軽くぐぐると、YAP+は日本とチベットとアフリカにしかないという風に
書かれているが・・・メソポタミアが起源というソースはあるの?

中堀豊・徳島大医学部教授らの研究グループによれば、Y染色体のYAP多型は
東アジアでは日本人にしか見られず、昔から日本にいた人たち特有のものと
考えられている。日本人で数パーセント見いだされ、それもアイヌ人、沖縄人で
頻度が高い。宝来聡教授の研究では、アイヌ民族の88%にYAP+がみられるという。
ところが、韓国をふくめユーラシアでも、この突然変異の遺伝子はほとんど見つからず、
日本以外で唯一見つかるのはチベットだけであるという。世界的に見てもそのほかには
黒人にしかみられない変わった遺伝子型である。このことから、ヤップがあるのが
縄文系男性、ないのが弥生系男性と判断できる。

17 名無しのひつじさん :2008/10/09(木) 13:00:56 ID:taPIsFPg
アジアで最も遺伝子が多彩(顔つきがバラバラ)だという日本の特色は、日本では徹底的な民族浄化が行われなかったという証拠なんだって。

素の中でも、アイヌ系の88%、本土の日本人の40%程度が有するD2系統のY染色体は、韓国人も中国人も全くもっていない。
アジア全体でもD2系統は、殆ど存在しない。
きっとD2系統のY染色体持っている人たちって、気質が穏やかなんじゃないの?
中国大陸や朝鮮半島では、D2系統が皆殺しにされたんでしょうね。
逆に日本で最大多数派のD2系は、日本に流れ着いた渡来人(中国系、朝鮮系、東南アジア系、シベリア系)を虐殺するようなことはしなかった。

朝鮮人の半分以上が持っているO2b系統のY染色体を持っている日本人が25%程度。
漢民族の7割近くが持っているO3系統のY染色体を持っている日本人が20%程度。

18 名無しのひつじさん :2008/10/09(木) 13:09:02 ID:taPIsFPg
アジア人のY染色体タイプ別。
http://www.enjoykorea.jp/tbbs/popup/jprint.php?board_id=teconomy&nid=3719702&start_range=3719696&end_range=3719726

アジア人のY染色体タイプ別。
D型は日本人とチベット人に固有。チベットからの大集団の移動があったことを示す。

ユーラシア大陸のYAP分布
YAPは縄文人固有の遺伝子ではなく中東から発祥したものと分かる。
死海の東からシルクロードを通り抜けて集団の全てが日本へ大移住したことを示している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/pfree/346000/20071111119475664442306800.jpg

19 名無しのひつじさん :2008/10/09(木) 13:25:34 ID:l6VTH9BU
Y染色体DNAにYAP+という余分なDNA配列が挿入されたタイプである
ハプログループD(以後Dと略)を云々している者がいるが、
大量の移動の証拠などいってるが、
Dはまずアメリカ先住民に発見されたわけだ。

つまりDの誕生は約3万5千年前以上前と推定され、
アジア西端から、氷河期にベーリング海峡を渡り、米大陸にいたるまでの、
広範囲に分布していたものが、中国を中心に後に発生したハプログループOに、
駆逐された結果、Dは、秘境チベット高原と、
東端の日本海で隔離された日本に残ったというのが、定説。

20 名無しのひつじさん :2008/10/09(木) 14:13:13 ID:taPIsFPg
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=ptravel&nid=59333&tab=ten

日本人はY染色体DNAのD系統を高頻度で持つ事で有名である。
世界的にもチベット人や中近東の人だけがこのDNAをもっているが、
他の世界のどこにもほとんど存在しない。
さらに日本のすぐ近くの朝鮮半島や中国人がアジア特有のO系統であり、
孤立したD系統を持つ日本人の異質さが際立って見える。

またこのD系統はYAP型とも言われ、
アジア人種よりも地中海沿岸や中東に広く分布するE系統の仲間であり、
Y遺伝子の中でも非常に古い系統である。
東アジアの地域全体にはアジア系O系統が広く分布し、
島国の日本や山岳のチベットにのみD系統が残ったと考えられる。

D2系統はアイヌ人88%、沖縄人56%、
本土日本42〜56%(参考までチベット33%)で、韓国ほぼ0%である。
アイヌにはアジア主流のO系統は無く、完全なD系統であり、
本土日本人と沖縄人にはO系統が混ざっている。
それでも本土日本人のD系統は半数以上である。
つまり事実上アイヌと本土日本人は大差がなく、
アイヌにアジア主流のO系統を足したのが本土日本人となる。

結論として日本人は基本的に共通して、
アイヌ人〜本土日本人〜沖縄人までD系統(北方古モンゴロイド)がベースになっており、
日本人3集団が持つD系統を持たない韓国人は赤の他人と結論できる。

21 名無しのひつじさん :2008/10/14(火) 14:06:24 ID:7Zai7udM
Y染色体DNAの系統を4つに大別してみる。

 [聖書でのハム系らしいもの]
  A系統・B系統 : アフリカ系(聖書でのハム系)
  C系統 : 環太平洋系(聖書でのハム系?)

 [聖書でのセム系の候補]
  DE系統(YAP+) : アラブ・アフリカ・地中海・日本・ヒマラヤ系(聖書でのハム系かセム系)
  F系統(F,G,H,I,J) : 中東・地中海系(聖書でのセム系かヤペテ系)

 [聖書でのヤペテ系らしいもの]
  K系統(K〜T) : ユーラシア・アメリカ系(聖書でのヤペテ系)

日本人には中東・地中海に多い、E系統、I系統、J系統はない。
血統的にセム系の可能性があるのは、D系統(日本人の最大ハプログループ)のみと考えられる。
D2の祖先のDE祖型は、出アフリカ後、アラビア半島南部のイエメンのあたりで繁栄した可能性が高い。
※このイエメンは、セム系(アラブ人やヘブライ人)の起源の地とされている。

もしかしたら民族的にユダヤ人と呼べないかもしれないが、セム族の先祖から
D系統が分かれて、スンダランド、さらには日本列島に入ったと考えられる。

あとこれは可能性に留まるが、アシール地方のかなり古い時代が旧約聖書の初期の舞台なら、
D系統の祖先は聖書の民だったことになり、ヒマラヤ周辺にマナセ族の特徴やD系統のDNAを持つ
少数民族がいろいろ見つかるのは、不思議ではないことになる。

22 名無しのひつじさん :2008/10/14(火) 17:54:23 ID:7Zai7udM
D2はほぼ日本人に固有で、なおかつD2内でも分岐が多いことから
古くから孤立して日本列島に相当の人口として存在したと考えられる。
(ヒマラヤ周辺にもD系統の人口が多いんだが、全てD1かD3系統。)
(あと、インド洋上のアンダマン諸島にD祖型が高頻度で存在し、インドネシアの島々とかでも見られる。)

そんなわけで、ある意味、縄文系の独自性を強調する結果なんだけど、
個人的には古代イスラエルと何らかの共通性があるかもしれないと思う。

そして、最初に発見された場所が起源の場所では必ずしもなく、
縄文人と弥生人のDNAに大差がないということから、
同じDNAをもった人が列島に集結してきたと考えることもできる。
イスラエル十氏族が移動してきたのなら、その集結の一部と言うこともいえる。
このように、ほとんどがO系統など新しい系統のアジア諸国と違って、
(チベット人と)日本人でのみD系統(縄文)が最大のY-DNAってことは、
日本人だけ古い時代の中東(特にアラビア半島)と関係が深いとも言える。

古い時代に後の海のシルクロード(現代のタンカーのシーレーン)を通って、
古代イスラエル人とか(またはその先祖)が日本に来た可能性はあるかもしれないと。

23 名無しのひつじさん :2008/10/27(月) 17:01:30 ID:s2dcyQG2
[海洋移動系]
 C1系統が存在 → 日本人 :日本語族 
 C2系統が多い → ポリネシア人 : オーストロネシア語族
 C3系統が多い → モンゴル人 : アルタイ語族
 C4系統が多い → アボリジニ : オーストラリア原住民諸語

 D1系統が多い → チベット人 : チベット・ビルマ語族
 D2系統が多い → 日本人 : 日本語族
 D3系統が存在 → 中央アジア山岳


[コーカサス発祥系]
 N系統が多い → サモエード人、サーミ人 : ウラル語族

 O1系統が多い → フィリピン人 : オーストロネシア語族
 O2系統が多い → ベトナム人、タイ人、ジャワ人、南部中国人 : アウストロアジア語族、タイ・カダイ語族
 O3系統が多い → 北部中国人、朝鮮人 : シナ語族

24 名無しのひつじさん :2008/10/27(月) 17:20:15 ID:7Zai7udM
異父兄弟である日本人と韓国人
http://kuroneko.blogdns.net/HP/aicient-Japanese/Japan-Koria.htm
        ↑
現状実際に日本男子のほとんどが朝鮮人や漢民族に全く見られないYAP+を示しているという事実は
弥生人がYAP+であるという事実を突きつけている???

25 名無しのひつじさん :2008/10/27(月) 17:21:29 ID:7Zai7udM
・YAP+の変異は、DE系統の祖型によってもたらされたマーカーで、日本列島のYAP+はほぼ100%、D2系統のみです。
 またこのD2系統が日本列島以外ではほとんど皆無である上に、D2には(D1やD3とは異なり)さらに系統が
 内部でいくつも分岐していることから、かなり古い時期に日本に入り大きな人口になり、
 以降他のYAP+から血統的には孤立していました。
 ヒマラヤ周辺のD1やD3と、日本のD2は、古い同じ祖先(D)を持つものの、
 弥生時代に、D1であるビルマ・チベット系集団(チベット人や雲南の少数民族など)が、
 日本に入ってはいません。(D1やD3から、D2系統には変異しません。)

・子孫の数が(薄まるものの)世代を追ってネズミ算式に増加する可能性がある常染色体(X染色体)と異なり、
 父系でのみ(変異の追加を除けば)そのまま受け継がれるY染色体では、何世代もの間に渡って
 多くの側近を持ち子供を増やした場合以外は、一人のY染色体が極端には増加しにくいのです。
 (チンギスカンはその最たる例外ですが。)
 多くの時期を畿内で過ごした日本の天皇家は、後世の武家に見られるような儒教的な厳しい直系主義ではなく、
 江戸時代の大奥のようなシステムを持っていません。
 兄弟間の継承や、場合によっては何世代か遡った天皇の父系子孫に継承されることも何度もありました。
 神武(もしくは崇神)天皇のY-DNAが広まったとすれば、源氏・平家などの皇別氏族によるものが多いと推測できます。
 (常染色体では、現在の日本人の多くがいずれかの歴代天皇の子孫と推測できる。)

・アイヌ人はD2が8割以上、C3が1割強です。
 イヌイットやアメリカインディアンの一部とのみ関連が見られる孤立語ということですが、
 アメリカ先住民は多くが新しいQ系統ですが、他にはベーリング海峡に近い地域に住む、
 イヌイットの3分の1程度、北米のインディアン部族にも低頻度でC3系統が見られます。
 アイヌ語は、言語的にはおそらく(縄文系征服者D2系統の影響を強く受けた)古いC3系統の言語ではないかと思います。

・日本語にも孤立語ですが、O2b系のオーストロアジア語族ではなく、D1のビルマ・チベット語族でもありません。
 日本固有のD2を基層とする言語だと、孤立語なのは不思議ではありません。

26 名無しのひつじさん :2008/10/27(月) 17:24:08 ID:7Zai7udM
パレスチナ人(アラファトとか香具師ソとかヨルダン国王妃のラニアさんとかのことだよね。)の
単体のデータは把握していないけど、大まかに中東・北アフリカ地域では、大体どこでも
E1b1b系統(以前のE3b)とJ系統の2つが主に多くて(Jの方がやや多い)、
なおかつこの全然別の新旧2つの系統の分布が、ほぼオーバーラップしている。
(統計を信用するなら現代ユダヤ人についても、だいたいは周辺のアラブ人と同じです。)

それがこのスレタイなんかのテーマに関わると、興味深い点でもあり、ややこしい点でもある。
(E1b1bとJ系統はある意味、日本人で言うとD2とO2b系統みたいな感じですよね。)

この中東・北アフリカ地域が、ちょうどアフロアジア語族のひろがっている地域に当たります。
この言語系統は、E1b1bとともにひろがったものだとされているようです。
(E1b1bが特に多いベルベル人やアムハラ人の言語の方が、より純粋なE1b1b系と言えるかも。)
(後にシェアを広げたアラビア語なんかは、J系統の影響がより強いのかもしれない。)

27 名無しのひつじさん :2008/10/27(月) 17:25:11 ID:7Zai7udM
それで日本人やユダヤ人の部分にフォーカスしますね。

E1b1b系統とJ系統の内で、日本人に多いY-DNAだと関連があるのは、
古い系統と言って良いD2系統(縄文人)だけですね。
E1b1b系統がD系統と何万年か昔の祖先(DE祖型、いわゆるYAP+の共通祖先)を共有します。
(この両系統は、マラソンでは超優秀ですね!)

旧約聖書に出てくる古代イスラエルのアーロン(モーセの兄、レビ族)の子孫(原則として)とされる
祭祀階級(コーヘン)のDNAについて詳しく調査されたみたいで、多くがJ1系統と判明したらしい。
(一部には、セファルディムにE1b1bがあったり、アシュケナジムにR1aがあったりはしたらしいが。)

J系統全体の保有率は、セファルディム(たぶん中東・西欧系)と、アシュケナジズ(たぶん東欧系)で
あまり変わらないんだけど、ハザール起源だけど祭祀としてレビ族を多く招いたとも言われるアシュケナジズは、
上のアーロンのDNAに当たるJ1系統が特に多いのが興味深いです。
(北東コーカサスのダゲスタンでJ1が多かったのと関係があるのかは、私には判りません。)
(J1と言っても、カズさんとかゴンさんとか遠藤さんとは関係ないです。ラモスさんはもしかして持っていたかもw)
(レビ族は、イスラエル12氏族には数えないとか。でも、旧約聖書ではヤコブさんの息子の一人とも書かれています。)

E1b1b系統の方については、セファルディムの方が4,5割くらい多いです。
といっても住んでる地域の違い以上に有意な違いかどうかは判りません。

全然違う調査で詳細はわからないけど、アシュケナジムに中央アジア起源のY-DNAが多かったって
話もあるようで、このあたりは良く判りません。

つーか私は英語が得意じゃないので、この辺調べるのも大変でした。
誰か興味がある方は、このあたりもっと詳しく調べてなんか書いて下されば、ありがたいです。

28 名無しのひつじさん :2008/11/13(木) 12:03:06 ID:s2dcyQG2
●生れ月と精子濃度 764人のボランティアの結果 「Y染色体からみた日本人」 中堀豊 著

縄文系C・Dは、一月から六月に多く生まれ、弥生系Oは七月から十二月に多く生まれる。

縄文系の精子濃度は、春にはO2b1に比べてずいぶん低い。
O2b1の平均精子濃度は春には高いが、9月ごろに突然下がる。
これを、誕生月と考え合わせると、話が合うという結果が記載されてた。

>>764人か、やっぱり少ないな。

特殊な研究だから、ボランティアも集まりにくいだろな。
精液をその場で、出さなきゃいけないってのは、抵抗あるんだろ。
ここが、
>縄文系C・Dは、一月から六月に多く生まれ、弥生系Oは七月から十二月に多く生まれる。
血液型占いの様に、話のネタフリ程度にはなるかもと、一応出典と人数(俺も少数だと思ったので)カキコしといた。

>>縄文系C・Dは、一月から六月に多く生まれ、弥生系Oは七月から十二月に多く生まれる。

これに関しては、中身の数字(率)によってはそのサンプル数だけでも十分かも

>少ないなって言ったのは DNAの地域分布に関して色々と断定するには、
>少ないサンプル数だなって事でちょっと偏ってる程度だと微妙だけど、
>ハッキリと偏ってるなら(8割以上該当するとか)かなり興味深いデータかと

29 名無しのひつじさん :2008/11/13(木) 12:06:45 ID:7Zai7udM
D系統文化圏がO系統や他系統が進出するまえは、
アフリカ〜アラビア半島〜インド〜東南アジア〜(大陸沿岸部)〜日本〜半島〜大陸内部〜チベット
に広範囲にあった可能性が高いのと、

それがどういう経緯で現在のような状況になったのか。
なぜ日本にだけD2というかなり特殊な系統が集まっているのか、D1、D2、D3の分岐年代と場所は?

O系統が進出後、古墳時代以降に日本に渡来した人たちはそれまでの文化とは違うものを持ち込んだようだが、
遺伝子的には新しい系統が入った痕跡がない。D2系統もしくはそれを含む集団の可能性がかなり高い。
かといってD2保有率の高いアイヌとは必ずしも文化的に同一でない。

30 名無しのひつじさん :2008/11/24(月) 16:50:32 ID:l6VTH9BU
華北人    YAP+無し
華南人    YAP+無し
台湾人    YAP+無し
越南人    YAP+無し
朝鮮人    YAP+無し
モンゴル人  YAP+無し

東インド人  YAP+有り
チベット人  YAP+有り
雲南先住民  YAP+有り
広西先住民  YAP+有り
沖縄人    YAP+有り
日本人    YAP+有り
アイヌ人   YAP+有り

Y染色体で、YAP+があるのは、元々はDE祖型から分岐のDかEのグループだけで、
新しい大陸系グループのO系統とかのそれ以外の系統から、
YAP+のD系統やE系統に変わることはない。
一意に発生の系統がたどれるのが、Y染色体判定の優れているところなわけ。

それからD2系統は縄文時代からの古代からの日本人のDNAであるとともに、
絶滅途上のDNAなんかじゃなくて、現代日本人の最多のY染色体。
最近まで狩猟・採集生活を行っていた縄文系の血を濃く引いているらしいアイヌだけでなく、
関東で北海道に次ぐ高頻度である。(世界最大のYAP+の集積地域。)

D系統は歴代天皇と、源氏・平家などの皇別氏族が持っていた可能性が高いDNAで、
古くからの日本列島の種族であるとともに、時代を経て、繁栄し続けてきたわけだ。
DE系統が淘汰云々は、無知であるか、朝鮮人の願望か脅迫としか思えない。

31 名無しのひつじさん :2008/11/24(月) 16:53:21 ID:l6VTH9BU
日本人に1番多いD2系統が、日本人の古い狩猟・採集民である縄文人。
D2に次いで多いのは、水田農耕民であるO2系統で、弥生人と言って良い。

縄文系も弥生系のどちらのルーツも、ツングースの狩猟民では全くない。
ツングースはC3・O3・N系統で、朝鮮人の多数がこれらの系統だが、
日本人には少数しかいない。

C系統自体は日本人の1割程度を占めるが、ほとんどの地域ではC3系統ではなく
日本人にしか見られないC1系統が多く(四国で最多。ポリネシア系のC2・C4系統に近いらしい)、
C3が顕著なのはアイヌと、大陸への窓口だった福岡くらい。
そのアイヌでも、D系統が圧倒的に多い。

だいたい、C系統はD系統とともに最古の出アフリカ組で、
O系統やN系統よりもずっと古くに日本列島に入った可能性が高い。
またアイヌは典型的な古モンゴロイドの特徴を持つわけで、比較的温暖な時期に
海峡で隔てられた朝鮮半島と違って、アムール川下流域と地続きだった北海道・樺太から
C3の祖先が大陸側へひろがり、その後の寒冷期に寒地適応した。

●●●プレリリース                   独立行政法人 理化学研究所

1人あたり約14万個所のDNA塩基多型を用いて日本人の集団構造を解明
- 病気と遺伝子の関連を調べるケース・コントロール解析のよりよい研究デザインが可能に -  
                                               平成20年9月26日
◇ポイント◇
7,000人以上の日本人の常染色体上のDNA塩基多型情報を解析
ほとんどの日本人は、本土クラスター、琉球クラスターの2つに大別
本土でも遺伝的な地域差があることが判明

http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2008/080926/detail.html

32 名無しのひつじさん :2008/11/24(月) 16:57:25 ID:taPIsFPg
>ほう、眼や唇、耳の形、耳垢まですべてDNAで決まるんか?

 遺伝学、いや科学を全く理解せず、異常な論理を展開している奇怪な人のために、
耳垢の遺伝について簡潔に説明しておく。
 耳垢の原因遺伝子は16番染色体にあるABCC11である。この遺伝子の配列
のうち、180番目がGGGからAGGに変わると、作られるアミノ酸が変わり、
湿型の耳垢から乾型の耳垢になる。塩基一つの変異で耳垢の型が湿型から乾型へ変
化する。ヒトの形質は核DNAによって決定され、もちろん耳垂の形もDNAに
よって決まる。
 耳垢の原因遺伝子について詳しく知りたければ、下記の文献をお読みください。
 
 Koh-ichiro Yoshiura et al.2006.A SNP in the ABCC11 gene is the determinant
of human earwax type .Nature Genetics 38, 324 - 330

33 名無しのひつじさん :2008/11/24(月) 17:00:15 ID:l6VTH9BU
日本人とチベット人は共通した遺伝子を持つ近親民族。
日本人とチベット人は、世界でも稀な古代血統とされる
Y遺伝子D系統を持つ民族である。
http://native.way-nifty.com/./native_heart/images/y_chromosome.jpg
http://www.familytreedna.com/pdf/Karafet_et_al.1997.pdf
http://en.wikipedia.org/wiki/Human_Y-chromosome_DNA_haplogroups
http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/phistory/89000/20070729118570733431677600.jpg
他のアジアの地域全体にはアジア系O系統が広く分布し、日本のすぐ
近くの韓国人や中国人がアジア特有のO系統であり、孤立したD系統を持つ
日本人・チベット人の異質さが際立って見える。
このY遺伝子D系統はY遺伝子YAP+型に含まれ、アジア人種よりも中東や地中海
沿岸等に分布するE系統の近親であり、Y遺伝子の中でも非常に古い系統の一つ
である。かつてE系統と縁が深いD系統は、漢民族属するO系統の進出により
多くが滅ぼされ、結果海に守られている日本列島を最大とし、同じく山岳の
チベットに残り、それぞれ日本人・チベット人として二つに別つ事態に追い込まれた。

ブータン人、チベット人が日本人に1番似ている!
ブータン人は顔も民族衣装も日本そっくりだよ、着物とそっくり!

34 名無しのひつじさん :2008/11/24(月) 17:03:58 ID:l6VTH9BU
●DNAで朝鮮人と日本人はかなり違い全くの別民族である事は判明してる

Y染色体の男系遺伝子Yap+を持つ日本人男性は42%だが中国人韓国人はたった数%
http://native.way-nifty.com/native_heart/2005/11/post_c2e7.html
Y遺伝子は父親から子(男子)に受け継がれる遺伝子。日本人はアジア人は絶対に
持っていないとされる。YAP+遺伝子を持っていることが判明してきている。
本土日本人は全体の75%にYAP+遺伝子を高頻度に持つ人種で、これは少数民族を
除いてアジアで唯一。
ちなみに縄文人の末裔であるアイヌ人はYAP+遺伝子を88%持っている。この事から
日本人全体が他の東アジア人に比べ、かなり異質な民族である事が判明してきている。
http://www.familytreedna.com/pdf/Karafet_et_al.1997.pdf
      ↑
>中国人韓国人はたった数%
違うよ。1%未満か検出されずが普通だよ。

YAP+がはっきりとあるのはアイヌ人、日本内地人、奄美や沖縄の人、
南西中国山地のチワン族やチベット族、ベトナムやタイの北部少数民族、
インド東部山岳地の少数民族。

35 名無しのひつじさん :2008/11/27(木) 13:23:07 ID:p7mjrdgY
一口にYAP+と言っても日本人と東南アジア人と白人黒人では型が違う。
          ↓
http://www.geocities.com/londonross1/china3.png

このリストには、チベット族やインド東部、東南アジア北部、
雲南や四川の山岳少数民族、広西のチワン族のデータが
含まれていない。日本人のYAP+を語るのに一番大切なデータ。

これって本州は青森と静岡だけ、九州は福岡だけで、
アイヌに至ってはたった4人分からのデータだからな
最近ではハマーの研究結果は日本人のY染色体を語るには不完全だから、
色んな研究者が新しいデータ取ってる

36 名無しのひつじさん :2008/12/03(水) 15:25:02 ID:s2dcyQG2
Y-DNA haplogroup(s) mtDNA haplogroup(s)..................................... ..Geographical area and/or peoples
O, N, C3............................... CZ/C/Z, D, G (M types); A (N type); B, F (R types).. East Asia, Siberia
R, I, E3b, J........................ HV/H/V, JT/J/T, U/K (R types)........................... Europe, West Asia
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup
http://img438.imageshack.us/img438/5519/japan9zr.gif

YDNA haplogroup I(P19)は現在の欧州にはいない古い欧州人、これが日本には0.4%
もあり、この手の欧州人のミイラはシルクロード敦煌近辺の小河墓遺跡で発見されている。
その木棺の覆いはアファナシエヴォ文化と同じ。ちなみに秦氏の原郷である、甘粛省礼県はここに近い。

37 名無しのひつじさん :2008/12/03(水) 15:31:02 ID:s2dcyQG2
殷の時代に西方にいた羌族は殷を倒した周に加勢した功績で、
太公望が山東省に封土され斉を建国した。太公望の姓は姜。
これはもともと殷人が山東省を出自とするので残党の制圧の意味もある。
この当時の斉人は大柄なことで有名であり、斉人の特徴でもあった。
wikipediaによると、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%A8%E3%82%B7
「2000年に東京大学の植田信太郎、国立遺伝学研究所の斎藤成也、
中国科学院遺伝研究所の王瀝らは、約2500年前、2000年前の臨淄遺跡から出土した人骨、
及び現代の臨淄住民から得た遺伝子(ミトコンドリアDNA)の比較研究の結果を発表した。
それによると、約2500年前の春秋戦国時代の臨淄住民の遺伝子は現代ヨーロッパ人の遺伝子と、
約2000年前の前漢末の臨淄住民の遺伝子は現代の中央アジアの人々の遺伝子と非常に近く、
現代の臨淄住民の遺伝子は、現代東アジア人の遺伝子と変わらないものであった。」とある。
臨淄(りんし)は斉の首都だった。

ところで、弁辰人が大柄だったと中国古代の歴史書は記録している。
これが斉人であれば列島に渡来している可能性もある

38 名無しのひつじさん :2008/12/09(火) 11:40:54 ID:taPIsFPg
★スペイン人の3割はユダヤ系かアラブ系

紀元711年にジブラルタル海峡を越えて北アフリカから
イベリア半島に侵入してきたアラブ人。既にそれより
以前からイベリア半島に居住していたユダヤ人。

40万人いたと見られるユダヤ人は1492年、カトリック両王の
国土回復により16万人がイベリア半島から追放され、
アラブ人もその多くが1609年に追放されたが、その子孫は
現在のスペイン人の約3割を占めることがDNA解析により判明した。

イギリス、スペイン、ポルトガルの学者らによる共同調査研究によると、
イベリア半島及びバレアレス諸島の18市町村の男性1,140人の染色体情報を
分析した結果、20%はユダヤ人、11%はアラブ人の末裔だった。

カトリック王朝による追放・排斥にもかかわらず、多くのユダヤ人や
アラブ人が自主的あるいは強制的に改宗してイベリア半島に留まった
ことが分かる。そうした末裔の分布を見ると、南北差よりもむしろ
東西差が顕著で、アラブ人の末裔はピレネー山脈地方では0%、
バレンシアやアンダルシアでもわずかだが、ガリシアでは20%、
カスティーリャ北西部では22%に及ぶ。

1609年にフェリペ3世はバレンシアやアンダルシアのアラブ人の
ゲットーは壊滅させたが、ガリシアなどの地方に散在し同化した
アラブ人までは手が回らなかったらしい。一方、ユダヤ人の末裔は
ピレネー地方、カスティーリャ北東部、カタルーニャ地方をのぞいて
ほぼ均一の割合で分布している。この研究は「American Journal of Human Genetics」で発表。

【スペイン マドリッド 12月5日】
http://www.spain-ya.com/Pages/noticia_hoy.htm

39 名無しのひつじさん :2008/12/09(火) 11:45:39 ID:taPIsFPg
●何故他諸国の研究者や歴史学者、神学者までが、
日本のルーツがシュメール(ヘブライ人と親戚関係にあり)だと言っている。
ちなみに、江戸時代のケンペルなど日本学者も指摘しているが、
朝鮮語や中国語は日本語の基層語とは系統を異にしており、音声学系統でも
ルーツが同じであるとはとても思えないと、論じている。
ケンペル書物については日本語でも読めますよ。調べて御覧なさい。

近年の遺伝子研究は、地域により違いはあるが、遺伝学的にも
日本人の半分程度はメソポタミアルーツだと証明してしまいました。

●Y染色体中の3つのDNAの型をもとに、日本人の男性を縄文系と、
タイプの異なる3つの弥生系の4つに分類したYAP+タイプ2の集団は、
都市部では北から南まで均等に分布し、金沢、福岡、大阪、札幌のいずれで
調べても、人口の約25%程度を占める。しかし本州や四国の山間部では
5割を占めていた。弥生人に追われた縄文人という通説にほぼ合致する結果である。
        ↓
http://www.microbes.jp/aimai/kurashi/fl451.htm

●日本人同士の中に黒人と白人の違いくらいの人種差を発見
          ↓
http://www.jsog.or.jp/PDF/56/5609-612.pdf

40 名無しのひつじさん :2008/12/09(火) 11:54:13 ID:l6VTH9BU
●日本人同様、高率にYAP+を持つチワン人
温和な感じのタレ目な女の子
ttp://www.im.tv/vlog/personal/228115/5334040
ttp://jp.youtube.com/watch?v=0g5uVzoXNgY
ttp://jp.youtube.com/watch?v=0Qm2IOHxr7M

広西チワン族自治区 桂林市 生まれ

>チワン族のYAP+の比率は何%か
      ↑
地域によって違うらしいけど、
全体で二千万人の内の2割程度だって。

41 名無しのひつじさん :2008/12/09(火) 12:11:49 ID:l6VTH9BU
●YAP+を持つ縄文人も南回りで日本に来たのだろう。
縄文人の先祖は中国や東南アジア北部を横切り
東進して日本に入ったとみる。日本から海岸伝いに
北米に渡ったと。その方が自然だ。

現在のチベット、ブータン、雲南、四川、
ミャナマーやタイの北部、広西、広東に残る
YAP+と日本列島に残るYAP+とのタイプの違いは
分かれた時期の古さを示しているのだろう。

日本人種のYAP+はht1。
東南アジア・中国南部あたりに微かに残るYAP+はht2。
白人や黒人のYAP+はht3。

◎YAP+マップ

http://www.geocities.com/londonross1/china3.png
http://native.way-nifty.com/./native_heart/images/y_chromosome.jpg

日本人は遺伝学的には、YAP+を持った南中国や東南アジア由来の
南方モンゴロイドが主に存在していて、わずかにHLAでB52-DR15を
持った北方モンゴロイドも少し混成した集団という事が推定されるか?

>国立科学博物館 日本人はるかな旅展 遺伝子によるルーツ研究
>http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-26.html

42 名無しのひつじさん :2008/12/09(火) 16:40:32 ID:???
132 :名無しさん@3周年:2007/03/03(土) 15:02:09 ID:OWBtpOiD
レムナント出版というところが、従来の日本のキリスト教が扱わんかったネタの出版物を
打ち出しています。

   
このレムナント出版の本とかは売れて黒字なんでしょうか?

そもそもプロテスタントのキリスト教なんでしょうか??

ーーーーーーーという質問に対してーーーーーーーーーーーーーーーー
133 :ОРАСЙОН:2007/03/04(日) 09:53:47 ID:bzuQDXCO
>>132
レムナント出版は、実質、久保有政・池袋キリスト教会(単立)牧師による、
個人営業(伝道)みたいなものですね。
毎月『レムナント』を出したり、ハードカバーの本を出版したりしてますが、
経営的にはどうかは分かりませんね。(実質、伝道的にもなかなか浸透している様子は無いかと)

ちなみにレムナント出版は『福音的なキリスト教』と称していますが、

『プロテスタント』と位置づけているということは訊いたことがありません。

実際彼によって展開していることは、プロテスタントどころか、

西方教会の枠を大きく超えていますから、そう言えないのは事実でしょう。

43 名無しのひつじさん :2009/02/12(木) 14:56:30 ID:p7mjrdgY
秦氏は原始キリスト教徒だったから、エフライム(失われた10部族)ではない。
エフライムはユダ2部族の下にイエスが誕生する遥か以前に既に行方知れずだった。
それから、秦氏は、もっと膨大な人口だった。

  記録によると、秦氏一族は渡来人のうちで最大の豪族であり、応神天皇(15代)のとき
120県(あがた)で数千人規模から、欽明天皇(29代)の時の戸籍によれば7053戸、
家族も含めると推定3〜4万人にも増え、当時の人口の10%前後にはなっていたと思われる。
http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/00000dna4.htm

古代日本文化に与えた秦氏の驚異的な影響
(1)驚異的人口比
「人口から読む日本の歴史」鬼頭宏(きとうひろし)著によれば、欽明天皇元年(AD532年)の
秦氏の戸数は7053戸あったので、秦氏の人口は十数万人あったと考えられると述べています。
これは一戸あたりの人数を20人として計算していますので、約15万人と見てよいでしょう。
その当時の日本の総人口は、(北海道と沖縄を除き)約450万人と推定されるので、33人に
1人が秦氏だったことになります。それにこの時期は未だ秦一族は広く日本の辺境に追いやら
れてはいなかったでしょう。多分、彼ら15万人は畿内に住んでいたと思われますので、当時の
畿内の人口は約45万人でしたから、実に3人に1人が秦氏だったことになります。人口比から
見ても秦氏の及ぼした影響は多大であったと思われます。
http://www.christ-ch.or.jp/5_torinashi/back_number/2002/2002.07.pdf

44 日本人の遺伝情報、3年がかりで解読へ :2009/02/18(水) 13:43:08 ID:l6VTH9BU
●【科学】日本人の遺伝情報、3年がかりで解読へ…産総研が計画[01/08]

日本人の全遺伝情報(ゲノム)を解読するプロジェクトが、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)を
中心に2009年から本格的にスタートする。

 今後3年間をかけ、日本人特有の病気やルーツなどの解明に役立てる。

 プロジェクトは、日本人で最も標準的な白血球の型を持つ男性1人を選び、生命の設計図を
構成する4種類の物質(塩基)の配列を解読し、外国人と比較する。外国人とのゲノムの差のデータを
蓄積すれば、日本人に多い病気の解明、体質にあった薬の開発や投与法を突き止めることが可能になる。
プロジェクト代表者の平野隆・同研究所主幹研究員は「人種間のゲノムの違いは約0・1%と
考えられていたが、実際はその10倍以上の差がある。日本人がどのように形成されたかもわかる」と話す。

(2009年1月8日00時33分 読売新聞)
▼ソース
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20090108-OYT1T00035.htm

45 日本人の遺伝子は特殊タイプ :2009/03/25(水) 19:21:53 ID:p7mjrdgY
●日本人特有の遺伝子とは?
      ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/26584569.html

島国であり人の出入りが少なかった日本人は、世界でも稀な古代血統とされるY遺伝子D系統を多く持つ人種である。

日本人はY染色体DNAのD系統を高頻度で持つ事で有名である。
世界的にもチベット人や中近東の人だけがこのDNAをもっているが、他の世界のどこにもほとんど存在しない。

さらに日本のすぐ近くの朝鮮半島や中国人が南方系O系統であり、孤立したD系統を持つ日本人の異質さが際立って見える。
またこのD系統は、アジア人種よりも地中海沿岸や中東に広く分布するE系統の仲間であり、
Y遺伝子の中でも非常に古い系統である。

東アジアの地域全体には南方系O系統が広く分布し、島国の日本や山岳のチベットにのみD系統が残ったと考えられる。
D2系統はアイヌ人88%、沖縄人56%、本土日本42〜56%(参考までチベット33%)で、韓国ほぼ0%である。

アイヌには南方系O系統は無く、完全なD系統であり、本土日本人と沖縄人には南方系のOが混ざっている。
それでも本土日本人のD系統は半数以上である。

つまり事実上アイヌと本土日本人は大差がなく、アイヌに南方系を足したのが本土日本人となる。

46 名無しのひつじさん :2009/04/13(月) 15:19:31 ID:taPIsFPg
西域人は歴史に残る限りでもかなり渡来している

283年、融通王が弓月国(カザフスタン)より百二十縣の民を率いて百済より渡来
587年、蘇我氏が飛鳥寺を建立するため百済から招いた寺工、鑪盤博士、瓦博士、画工らはペルシャ人
 仏師の司馬達等(しばのたつと)親子はペルシャ人
660年、飛鳥時代、トカラ(ペルシャ)人乾豆波斯達阿夫妻は奈良飛鳥に来ていた
736年、遣唐使に従ってきた李密翳(りみつえい)もペルシャ人
751年、インド人僧侶菩提僊那は朝廷の僧正となり東大寺開眼供養をした
754年、鑑真和上に随行して来日した安如宝もペルシャ人
歴史に残らない人数は数倍〜数十倍いたはず

●Human Y-chromosome DNA haplogroup
http://en.wikipedia.org/wiki/Human_Y-chromosome_DNA_haplogroups

47 名無しのひつじさん :2009/04/13(月) 15:26:58 ID:taPIsFPg
●異父兄弟である日本人と韓国人
http://kuroneko.blogdns.net/HP/aicient-Japanese/Japan-Koria.htm

>中国人の位置
>以下はミトコンドリアから見たものである。中国北部(斉の辺り)に幾つかの時代の骨が出土し
>ている場所があった。そこでその遺伝子を調べてみたのである。すると驚いたことに、戦国時代頃は
>ヨーロッパ人に近い遺伝子だったが、漢代あたりから、今の中国人に近い染色体になっているという
>のである。これがこの地域だけのことで、そこに住んでいた人が、どこかヨーロッパか中東あたりか
>ら移民してきた後、どこかへ消えたのか、それとも昔は北部中国全体がヨーロッパ系に近く、
>その後、今の中国系になったのかは今後の研究しだいだろう。

48 【中国】内陸部に「ローマ人村」、観光で村おこし :2009/04/13(月) 15:28:01 ID:taPIsFPg
【中国】内陸部に「ローマ人村」、観光で村おこし 2000年前の遠征軍の子孫[03/29]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1238341087/l50

中国西部の甘粛省永昌県郊外に、くぼんだ目に高い鼻、赤みがかった肌をもつ人々が暮らしている。
およそ2000年前、中央アジアに遠征したローマ軍兵士たちの子孫とされる。彼らは今、「ローマ人村」
として観光業に力を入れるなど、“村おこし”に躍起になっている。(中国甘粛省永昌県、矢板明夫)

甘粛省の省都、蘭州から北へ自動車で5時間のところに、永昌県はある。
人口約25万人のこの町の中心部に、古代ローマ人と古代中国人の石像が立つ。

「ローマ人がこの地にやって来たことを記念するために1994年に建てたもので、
今では永昌県のシンボルとなっている」と現地の観光ガイドは誇らしげに説明する。
中国人像も一緒に建てられたのは、「他民族の軍人も受け入れ、一緒に生活する
中華民族の包容力を世界中のみなさんに知ってもらいたいからだ」という。

石像のある広場から北の郊外へ、舗装されていない砂道を走ること30分。
前漢王朝がローマ人に与えた「驪●(革へんに干)城」の遺跡にたどりついた。城壁の一部が
残るだけだが、1989年に蘭州大学の陳正義教授らの研究グループによって発見されたという。

城名の「驪●」は中国古代の史料にたびたび登場する言葉で、古代ローマの別名とされる。中国語で「リーチエン」
と発音し、ローマ軍団を意味するラテン語の「legion」が語源であることが、その後の研究で明らかになった。

古代ローマの史料などによると、紀元前53年、ローマの執政官クラッススが、約4万人の軍を
率いて中央アジアのパルティア(現在のイラン周辺)に遠征し戦死。その部下約6000人が
敵軍の包囲を突破して東へ逃れ、消息を絶った。

49 【中国】内陸部に「ローマ人村」、観光で村おこし :2009/04/13(月) 15:29:03 ID:taPIsFPg
中国の「漢書陳湯伝」によると、それから17年後の紀元前36年、前漢王朝の国境警備軍が
少数民族を討伐する途中、ローマ軍の装備した部隊と遭遇している。驪●城の遺跡を発見
した陳教授らは、中国側とローマ側の史料を付き合わせ、逃れたローマ軍団が中国に
住み着いたとの学説を発表した。逃れた部隊は漢に帰順し、傭兵(ようへい)部隊として
国境防衛の任務に就き、居住地として驪●城を与えられたのだという。

当初、中国の考古学者の間では、この学説に否定的な見解が多かったが、2003年、
驪●城の遺跡付近で前漢時代の古墳群が発見されて流れが変わった。身長が
180センチ前後あったとみられる、欧州人に似た骨格をした遺骨など約100体が確認されたのだ。

陳教授の学説を証明するもう一つの有力証拠は現地人の顔立ちだ。驪●城の遺跡に近い、
者来塞村にはローマ人の子孫が最も集中しているといわれる。約300人が住んでいるが、
欧州人の顔立ちをしている住民が多い。両親はともにアジア人の顔をしているのに、
青い目をした子供が生まれるケースもあるという。

生活習慣面でも周辺の村との違いがいくつかある。死者を埋葬する際、周りの村は頭部を
北の方角に向けるのに対し、この村だけは西に向ける。欧州への「望郷の念」からきた習慣
ではないかと推測する人もいる。パンの上に野菜などを載せたピザのような食べ物を
正月に食べる習慣もあり、イタリア料理を想起させる。

最近、国内外のメディアの報道で村の知名度が上がり、住民たちは「ローマ人村」を売りに、
村おこしに懸命だ。村の中心部に古代ローマ宮殿を模した建物を作り、観光客やメディアが取材に
訪れると、村の男性たちがローマ軍団の衣装を着て、宮殿の前で写真を撮らせるサービスも始めている。

ソース:MSN産経ニュース 2009.3.29 19:43 中国内陸部に「ローマ人村」 2000年前の遠征軍の子孫 観光で村おこし
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090329/chn0903291949007-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090329/chn0903291949007-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090329/chn0903291949007-n3.htm

50 名無しのひつじさん :2009/04/13(月) 15:47:15 ID:taPIsFPg
●Y染色体マーカーの分布の話
 http://blogs.yahoo.co.jp/amatsukaze1/55092712.html
 チベットと日本でだけ多いDタイプ

●日本人のミトコンドリアのタイプの説明
 http://www.uraoka.jp/news/index.php?e=866
 http://mickey-mo.mo-blog.jp/nutrocker/2008/06/post_475d.html
         ↓
縄文系で北に行くほど多くなり、アイヌと琉球人に多いN9bと、
弥生系と見られるN9aは、ほとんどが日本にのみ分布。
漢民族に特徴的なM8aも1%ほど分布。これは半島の分布の方が少ない?

M7aは主として日本、M7bは大陸沿岸から中国南部、M7cは東南アジアを中心に分布。
合計すると日本人の13%程度。
一番多いD4タイプは、中央アジアから東アジア全域で最も多く分布。
3万5千年前に東アジアで発生。

●日本米の起源は東南アジア?米の大きさ決める遺伝子を発見
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/080707/sty0807070204000-n1.htm
ジャポニカイネの起源をめぐっては「中国長江説」や「アッサム(インド)雲南(中国)説」がある。
今回の調査では、中国のイネもジャポニカイネと同じような遺伝子変化をたどっていることが判明。
井沢主任研究員は「現在、東南アジアで栽培されている『熱帯ジャポニカイネ』が中国に伝わり長江付近で
水田化され、『温帯ジャポニカイネ』が誕生し、さらに日本に伝わったと考えられる」としている。

●Y染色体マーカー拡散ルート図
http://www.fidna.info/pmw/uploads/En/ymap.gif

●ミトコンドリアDNA拡散ルート図
http://www.fidna.info/pmw/uploads/En/mtmap.gif

51 名無しのひつじさん :2009/04/13(月) 15:53:48 ID:l6VTH9BU
C3系統
13% アイヌ
 0% 青森
 2% 東京
 2% 静岡
 3% 徳島
 8% 九州
 0% 沖縄

91% オロチョン(ツングース)
68% エヴェンキ(ツングース)
27% 満州(ツングース)
84% ブリアート(モンゴル)
52% ハルハ・モンゴル(モンゴル)
50% ユカギル(古アジア)
33% コリヤーク(古アジア)
25% チュクチ(古アジア)

74% カザフ(テュルク)
18% ウイグル(テュルク)

12% 朝鮮
 5% 漢族(華北)
 3% チベット

 5% 漢族(華南)
 4% ミャオ
 4% ベトナム
11% マレー

42% タナナ(ナ・デネ系)
16% シャイアン(アメリンド系)

52 名無しのひつじさん :2009/04/13(月) 15:54:49 ID:l6VTH9BU
D2系統
88% アイヌ
39% 青森
48% 新潟
40% 東京
33% 静岡
26% 徳島
28% 九州
39% 沖縄(北琉球)
 4% 八重山(南琉球)

 0% アジア

D1系統
16% チベット
 1% 東京
16% イー
 3% トゥチャ
 7% ミャオ
 2% ヤオ
 3% ベトナム
 3% マレー

D3系統
33% チベット
 0% 東京
 6% ホイ
 1% モンゴル

53 名無しのひつじさん :2009/04/13(月) 15:55:51 ID:l6VTH9BU
O2a系統
 1% 東京

 0% 朝鮮
 2% 漢族(華北)
 0% チベット
 0% オロチョン(ツングース)
 0% ブリアート(モンゴル)
 0% ハルハ・モンゴル(モンゴル)

30% 漢族(華南)
11% ミャオ
68% チワン(タイ・カダイ系)
36% ベトナム
28% マレー
47% タイ

O2b系統
 0% アイヌ
26% 東京
30% 沖縄(北琉球)
67% 八重山(南琉球)

 0% 漢族(華北)
 0% チベット
51% 朝鮮
 4% 満州
 0% オロチョン
 2% ブリアート
 0% ハルハ・モンゴル(モンゴル)

 0% 漢族(華南)
 0% ミャオ
 0% チワン(タイ・カダイ系)
 0% マレー
 1% フィリピン
 6% タイ
14% ベトナム
20% インドネシア

54 名無しのひつじさん :2009/04/13(月) 15:57:18 ID:l6VTH9BU
>>44-53よりつづく
O3系統
 0% アイヌ
15% 青森
14% 東京
20% 静岡
21% 徳島
26% 九州
16% 沖縄(北琉球)

66% 漢族(華北)
33% チベット
38% 朝鮮
38% 満州
 0% オロチョン
 2% ブリアート
23% ハルハ・モンゴル(モンゴル)

33% 漢族(華南)
71% ミャオ
52% ヤオ
16% チワン(タイ・カダイ系)
31% マレー
41% ベトナム

55 名無しのひつじさん :2009/04/14(火) 18:27:42 ID:l6VTH9BU
>>51-54よりつづく
出アフリカしたY染色体

6万8500頃分化
C系統 南アジア・東南アジア・オーストラリア・東アジア・シベリア・北アメリカ
DE系統 Dアンダマン・チベット・日本 Eアフリカ(稀)・ヨーロッパ(稀)
FR系統 ヨーロッパ・モンゴル・北アメリカ・南アメリカ

DとEの分化 3万8300
コーカソイドとモンゴロイドの分化 5万3000

http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/4812207533/sr=1-1/qid=1231350588/ref=dp_image_0?ie=UTF8&n=465392&s=books&qid=1231350588&sr=1-1

56 DNAでたどる日本人10万年の旅 :2009/04/14(火) 19:27:36 ID:l6VTH9BU
●DNAでたどる日本人10万年の旅―多様なヒト・言語・文化はどこから来たのか? (単行本) 崎谷 満 (著)
                      ↓
http://www.amazon.co.jp/DNA%E3%81%A7%E3%81%9F%E3%81%A9%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA10%E4%B8%87%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%97%85%E2%80%95%E5%A4%9A%E6%A7%98%E3%81%AA%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%BB%E8%A8%80%E8%AA%9E%E3%83%BB%E6%96%87%E5%8C%96%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%8B%E3%82%89%E6%9D%A5%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B-%E5%B4%8E%E8%B0%B7-%E6%BA%80/dp/4812207533/ref=sr_1_1/376-0487465-7850618?ie=UTF8&s=books&qid=1239605886&sr=1-1

★商品の説明
内容(「BOOK」データベースより)
DNA多型分析・考古学・言語学の知見を統合して人類の歴史を再現。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
崎谷 満
CCC研究所所長。1954年生まれ。京都大学大学院博士課程修了、医学博士。
専門は分子生物学、血液学(成人T細胞白血病ウイルス研究)であったが、長崎大学、京都大学での研究を経て、
1997年にCCC研究所所長に就任してからは、分子生物学(DNA多型分析)を中心においたヒト集団や文化、言語の多様性の科学的解明という、
理系・文系という枠を超えた幅広い学際研究に進んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

単行本: 193ページ
出版社: 昭和堂 (2008/01)
ISBN-10: 4812207533
ISBN-13: 978-4812207536
発売日: 2008/01
価格: ¥ 2,415

57 名無しのひつじさん :2009/04/27(月) 19:00:53 ID:s2dcyQG2
中東の人種と日本人にだけ共通する遺伝子なんて無いはずだが・・・
      ↑
●YAP lineage のこと?
 http://tak0719.hp.infoseek.co.jp/qanda3/20070415117662333055430800.jpg

58 でちゅ☆ぺぬえる :2009/04/27(月) 22:48:26 ID:s2dcyQG2
きょうもいい天気でちゅ〜〜

こちらにキリスト教正統信仰を継承するプロテスタント福音派の動画音楽紹介していまちゅ!!!
みなちゃん、どうじょごらんくだちゃいねぇ〜〜
神ちゃまを賛美し、信仰を歌いあげるいいお歌ばかりでちゅ!!!
              ↓
■■キリスト教正統信仰−プロテスタント福音派動画音楽伝道紹介
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1235539819/1-3
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1235539819/8-9
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/729/1235539819/14-27

59 名無しのひつじさん :2009/10/07(水) 13:28:35 ID:p7mjrdgY
★アジア・メシアニック・フォーラム2009
 http://www.am-forum.jp/fourum_jp.html
 http://www.christiantoday.co.jp/main/mission-news-1154.html

 イスラエルから3人のメシアニック運動指導者が同時
 に来日。日本を代表するキリスト教界の指導者も応答
 メッセージを語る画期的な集会です!
 韓国、シンガポール、タイからもイスラエル関連ミニ
 ストリー代表者が参加予定(東京)。

 講師:(敬称略)
  エイタン・シシコフ/ピーター・ツカヒラ/ヨセフ・
  シュラム/アリエル・ブルーメンソール/奥山実/
  田中時雄/チャールズ・クリンゲンスミス/
  中川健一/眞鍋孝/行澤一人

 大阪:10月19日(月)〜20日(火)
   大阪コロナホテル  JR新大阪駅すぐ
 東京:10月22日(木)〜23日(金)
   ウェスレアン・ホーリネス淀橋教会 
       JR大久保駅/新大久保駅下車

 主催:シオンとの架け橋
 90以上の教団・神学校・教会・団体などが開催協力、
 大阪会場はCGN−TVが撮影予定。

 ★10月10・11日のハーベストタイムで、大会の
  ビジョンが紹介されることになりました。
   http://www.harvesttime.tv/tvprogram.htm
          「シオンとの架け橋・イスラエルニュース」より

60 名無しのひつじさん :2009/10/11(日) 13:48:47 ID:kMTaiCz.
イエスズ会を通して日本にセファルディムが流入平家や天皇一族と婚姻を結び勢力を拡大

61 名無しのひつじさん :2009/10/11(日) 14:58:16 ID:kMTaiCz.
瀬戸セトや兵庫県の阿草イスラエルのアクサ寺院や大避神社ダビデから
古代エジプトの壁画と太陽信ラーと日本国旗や聖徳太使の冠十二位の冠と古代エジプトの石像や類似性実質国鳥とされているトキと古代エジプトの不死鳥の壁画の類似性 古代のヘブライ人は広範囲に渡り動いていた可能性がある
祇園祭はシオン、ヨサコイ祭ヨシュア記からダンジリ祭ダン族
ある地域に行くと白人のような風貌をした人々
もちろん混血が進んでいる為わかりにくいが
古代ローマから追われペルシャに流れたユダヤ人は秦氏と名乗り弓月二万人が日本に渡来し秦の始皇帝は目が青かったらしいハザール系ユダヤ人は
ユダヤ改宗者らしいがゲットーで混血が進んで白人系ユダヤ人の中にユダヤの面影がある平家であらず者は人にあらずはタルムードではユダヤであらず者はゴイであると類似、河童はキッパであり天狗は赤鼻
鳳凰はフェニックスでありフェニキア人とユダヤ人は地下に潜りカルタゴ滅亡後ヴェネチアでテンプル騎士団後にベニスの商人ホフユーデンのモデルや東の果てJapaneseのJaはヤコブ(ジャコブ)からヤマトはティアマットとからヤマタのオロチの類似性と狛犬とシュメールの壁画の類似性 阿修羅=アスタロト=バアル ゾロアスター教から日本にはシュメール渡来人イスラエル系渡来人フェニキアと混血し渡来エジプト
人明らかに朝鮮人と日本人は顔が違います
朝鮮人はシベリア半島ヤクート地方にいるエベンキ族と文化が似ていてワイ族ポキール族モンゴル人や漢民族の混血です明らかに別人種です

62 名無しのひつじさん :2009/10/12(月) 10:35:53 ID:???
     日本語  ヘブライ語 
歪む  yugamu   agam    
速い  hayai     haya    
外す  hazusu   hazaza   
測る  hakaru    heker  
掘る  horu     horer    
切る  kiru      kara     
流れる nagareru  nigar   
良い  yoi      yae    
軽い  karui     kalil    
垂らす tarasu    tala    
枯れる kareru    karer
拭う   nuguu    nagav
退ける nokeru   nakar
遮る  saegiru    sagar
取る  toru      tol
歩く   aruku     halakh
働かす hatarakasu hatrakha 

★★★漢委奴国王の金印は、倭じゃなく委が使われている★★★
___
| 漢委國|
|  奴王|
 ̄ ̄ ̄
http://www.h7.dion.ne.jp/~spacejam/blog/kinin01.jpg

かつて漢人は、倭(wei)ではなく猶(you)の字を国名にしようとしたが、
最初は委(wei)を当てた。
この委は音読みでは「ユダ」で、かつての候補名「猶」と符合する。
古代において、弥生時代には確実に倭人は自らをユダの人、猶の人と自称したことが確かだ。

63 名無しのひつじさん :2009/10/12(月) 10:52:15 ID:p7mjrdgY
>>62のレス
   ↓
この[委]は訓読みでは「ユダ」で、かつての候補名「猶」と符合する。
古代において、弥生時代には確実に倭人は自らをユダの人、猶の人と自称したことが確かだ。

倭人は、委奴、ゆだやつ、ユダヤを自称していた

当然弥生時代までは漢字が無く、倭言葉、訓読だけだった。
漢字が渡来する以前、文字のない倭語があった。訓読み、やまと言葉。
それはヘブライ語だった。
現在の文法になったのは古墳時代から飛鳥時代。

万葉仮名で使われる漢字が、ひとつの単語に数種類もあるのは試行錯誤の結果だろう
たとえば難波は、naniwaという漢字の無い倭語が基礎にあって、
後に奈邇波、難波と当て字された

委 これを「ユダ」と読める

もうひとつ不思議発見

猶 これを「猶う(たゆたう)」の「タユタ」と読むとすると、「ユタ」が含まれている

古代中国人はユダ、ユタであると知っていて、「委」、「猶」を当てはめた。
偶然か?2つも

日本を表した漢字 倭、委、猶、すべてにユダ、ユタが含まれてしまう不思議
どうだい

64 名無しのひつじさん :2009/10/12(月) 11:00:47 ID:p7mjrdgY
ヘブライ語  ヨシュア・メシャ  イェッホシュア・メシアッハ
アラム語   イシュ・メシャ(サ)
東方アラム語  イス・マシ  イザ・マサ
インド北方アラム語   ユズ・マシャ  ウズ・メシャ・・・

アマテラスはアメン・ラー。天・照と太陽を象徴
両者日本・エジプトの時空を超えて共に太陽神
卑弥呼の時代、前方後円墳も当然太陽円盤と照射する光の束を象った
http://symbolica.com.au/wp/wp-content/su-symbol-egyptian-aten-red.jpg
卑弥呼の一族が明らかなエジプト王朝の流れを汲むもの、その先祖は呉:ウーの始祖太白だったが
呉は遡ればおよそ3000年前のエジプトからの民だった可能性がある
事実、同系民族の古墳と思われる珍敷塚古墳の壁画はエジプト王墓の壁画が退化した形で描かれている
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/1996/00108/images/056-1.gif
フェニキア人、エジプト人、ユダヤ人文化が混ぜ合わさって日本に存在するのは、彼等が行動を共に
したからに他ならないだろうね。つまり出エジプト、イスラエル崩壊、バビロンに捉えられ
結局幾多の国々の神を集合する形になったのは、まだ彼等倭人の祖が中東にいた段階からだろう
その後数百年後に秦氏が別ルートで合流することになりさらに神々の混合は進んだが
八百万と、YAWOと発音されるように、結局は天皇はYHWHの元にそれら神々を集わせた
記紀があらゆ部族の神話の寄せ集めなのは納得できる。

日ユ同祖論が真実ならば・・・。
http://mentai.2ch.net/min/kako/989/989770047.html
http://p2.chbox.jp/read.php?url=http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/min/989770047/all
この過去スレで、「ユダ王家→百済王家→蘇我氏」という仮説が出されている。

ソロモン神殿のザクロ形土器
http://www.bib-arch.org/images/bswbPomPhotoAL.jpg
古墳時代のキヌガサ埴輪
http://www.town.koryo.nara.jp/cmsfiles/contents/0000000/254/kinugasa.jpg
キヌガサ埴輪
http://www.geocities.jp/shimizuke1955/2110haniwa.jpg

65 名無しのひつじさん :2009/10/12(月) 11:15:57 ID:p7mjrdgY
2006年に西北大の考古学者(名前忘れた)が、始皇帝陵の副葬坑の人骨6体のDNA鑑定をしたんだか、この内1体かペルシア系の人骨と鑑定された。
古代中国と中央アジア以西は、シルクロードが出来る以前は人の交流が無かったと考えられていたが、これを覆す可能性が出て来た。

秦の民族構成を改めて、科学的調査する必要があるかも知れない。始皇帝自身が目が青かったと記録されている位なので。
この結果次第で、この秦人が流れ着いたと記録されている、秦韓や弁韓の構成民族が明らかになるので。

日本書紀では応神14年に弓月王が百済より移民を率いて来たとあるよね。
「新撰姓氏録」では融通王とも記され、秦始皇帝の子孫と記されている。

奈良の藤ノ木古墳とか知らんのか
ペルシャ人の貴族の墓と見られている

66 名無しのひつじさん :2009/10/12(月) 12:14:03 ID:p7mjrdgY
ナショナルジオグラフィック、人類の移住ルート探求

 全米地理協会が世界に住む人々からDNAサンプルを集めて大昔の人類の移住ルートを
探る研究に取り組んでいる。研究リーダーを務める同協会のスペンサー・ウエルズ博士は
日本経済新聞記者と会い、近く研究結果を公表する考えを明らかにした。
(日本経済新聞2009年8月10日)
 この記事によると、全米地理協会は「アフリカで生まれた人類がどんなルートで世界に
広がったかを明らかにする」そうです。先住民族や一般人にDNAサンプルを集め、その数は
約35万人分です。人類がアフリカを出た頃(5万年前)の初期のルートがわかってきていて、
サンプル収集は来年中にほぼ終え、2〜3年以内に研究成果を報告するそうです。
スペンサー・ウエルズ博士はY染色体を利用した研究をしていて、昨年『旅する遺伝子』と
いう本を出版しています。
 これは「ジェノグラフィックプロジェクト」という計画で、プロジェクトに参加し、キットを購入して
自分の頬の内側の粘膜を採取して協会に送ると、DNAの分析結果がデータベースに登録
されると同時に自分のルーツがわかるという仕組みになっています。
http://yukabon.blogspot.com/2009/08/blog-post_11.html

67 名無しのひつじさん :2009/10/12(月) 12:15:31 ID:p7mjrdgY
日本経済新聞 2009年8月10日 朝刊
世界でDNAサンプル収集
人類の移住ルート探求
全米地理協会、近く公表

研究リーダーを務める同協会のスペンサー・ウエルズ博士

 ――研究の狙いは。
 「アフリカで生まれた人類が、どんなルートで世界に広がったかを明らかにする。データ価値が
高い先住民族のDNAを集めるほか、日本を含む一般人にDNA採取キットの購入を呼びかけ、
サンプル提供を受けている。収集数は約35万人分と、十分なサンプル数に近づきつつある」

 ――成果はいつ公表するのか。
 「人類がアフリカを出たのが約5万年前でその初期のルートなどが分かってきた。サンプル収集
は来年中にほぼ終える。その後、2〜3年以内に研究成果を発表する。日本でも九州地方など
興味深い地域があり、新発見があるだろう。日本の研究機関ともぜひ協力したい」

68 名無しのひつじさん :2009/10/12(月) 12:18:47 ID:p7mjrdgY
8. 史上最大の家系図(2005/04/15)
- IBM と National Geographic は、地球上に散らばった人類の足取りを探る「ジェノグラフィック・
プロジェクト(Genographic Project)」を開始、人類の最大規模の遺伝情報データベースを構築
する。今後 5年間、世界中の数十万人から DNA サンプルを収集し、世界 10 ヵ所の研究機関で
解析する。各地の先住民族のサンプルを採取する現地調査に加え、参加キットを購入しサンプル
を提供する一般参加も可能。
http://www.nedo.go.jp/kankobutsu/report/955/955.pdf

69 名無しのひつじさん :2009/10/21(水) 14:41:50 ID:akX3USsw
Y染色体の追跡調査がかなり進んだおかげで、分かってきた事も多い。
日本人はアフリカから出た人類3系統すべての血筋が認められ、
もっとも多様な遺伝子を持っていることが判明してるんだよな。
つまり、最も混血が進んだ民族ってことになるから、ユダヤの血も入ってる可能性はある筈だが・・・

縄文人はD系統に属するが、これは10万年ぐらい前からの非常に古い歴史を持っていて、
地中海沿岸や中東に分布するE系統の仲間なんだけど、E系統より古い祖先。
日本人がユダヤ人と血縁関係を持っているという説を無理にでも主張しようとするなら、
ユダヤ人のほうが子孫って形になるしかない。
D系統は、5万年前に中央アジアに到達して、そこから日本にたどり着いたのは、1万数千年前のこと。
この系統はアイヌ語を話していたと思われる。

漢民族のなかでも華南にいた人々がO2b。この人々は朝鮮半島経由で日本まで来ている。
朝鮮民族の半数はO2b。ところが、農地を離れて北上したときに稲の生育の北限を超えて時間をかけて移動したため、
稲のひんひゅを朝鮮半島に残すことができなかったらしい。

日本語のルーツになった言葉を大陸で話していた、
遊牧民族のトルコから日本まで、広大な膠着語圏を作った担い手は、おそらくC3系統。
大蛇(オロチ)として日本にも名が残るオロチョン族は、ほぼC3系統のみ。
満州(高句麗)にはO3というもっとも新しい漢民族が多数入り込んでいるが、
流入前はC3系統が中心だったと思われる。

じつは、C3系統が日本に最初に到達したのは2-3万年前で、D系統の縄文人よりも早かった。
後に、縄文人が入って定着したところに、
華南の漢民族が稲作で人口爆発を起こしたか、農地の取得をめぐる争いなどが起こったことが原因で、
新天地を求めて北上する難民が発生して、扶余 高句麗 勿吉といった国々が生まれた満州地域で、
C3と出会って混血が進み、日本語の祖となる言語が形成された後で、
朝鮮半島を通過して日本に再上陸している可能性が高い。

70 名無しのひつじさん :2009/10/21(水) 14:44:18 ID:akX3USsw
日本人形成過程のシナリオ
http://research.kahaku.go.jp/department/anth/s-hp/s14.html
このサイトの6 7 8が、日本語の文法部分を扶余 高句麗ルートで日本にもたらした、
天神 スサノオ 弥生人。

分子レベルで見た日本人のルーツ
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-26.html
の図3だと、華南の漢民族が弥生人ってことになっているが、
難民化して移動したらしく、じつは日本語文化の主体(文法部分など)はC3系統のもの。

いずれにしろ、最終的には、北京の北の満州地域? で、
O3という、新しい男系の一族が、神婚卵生説話とともに生まれて、、
あっという間に繁殖して周辺民族の間に広がって、天降り神話を携えて、日本まで移動してきたらしい。
漢字と膠着語がミックスした高句麗語は、O3の拡大に伴って生じた現象だった可能性が高いだろう。

C3とO2bが混血した弥生人が大陸から日本に移動して、縄文人D2と混血して古墳時代を形成していたところに、
神婚卵生天降り説話を携えたO3+C3の一族が東進し、国譲りを求めたことで、
古墳時代は終わりを告げて、漢字文化へと移行したのかもしれない。

71 名無しのひつじさん :2009/10/21(水) 15:10:06 ID:akX3USsw
 YAP+型は“縄文系”の男性とみられる。宝来聡・総合研究大学院大学教授
(人類学)の研究では、アイヌ民族の88%にYAP+がみられる。古い形質を
残した遺伝子型のようだ。このタイプはアジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や
中国、シベリアにはみられない。世界を見渡しても日本人のほかには黒人にしか
みられない変わった遺伝子型だ。

 中堀教授は、YAP+の集団を「タイプ2」とした。タイプ2は、都市部では
北から南まで均等に分布し、金沢、福岡、大阪、札幌のいずれで調べても、人口
の三割程度を占める。しかし本州や四国の山間部では五割を占めていた。
弥生人に追われた縄文人という通説にほぼ合致する結果だ。精子濃度が薄いという
特性があるという。

http://www.horagai.com/www/salon/edit/ed2003g.htm

アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない

72 名無しのひつじさん :2009/10/21(水) 15:16:12 ID:akX3USsw
●警告!!!>>71の中、引用ホームページ開かないように。

「YAP挿入」(YAP+)と言う極めて稀な突然変異の発生場所は、一般に
中央アジアだろうとされている。

YCC分類では、ヒト(Homo sapiens)の、Y染色体の分岐は、
Hg(ハプログループ)A、Bが分岐した後、次にHgCが、ユーラシアに
入り(或いは中近東あたりでHgBから分離??)、その中から、①YAP+の
HgDとHgE、②HgFが分岐する。

で、このHgDが、おそらく東方に向かい、チベット人と日本人縄文系の
「YAP+」のハプロを持つ人々になり、HgEが、西方〜西南方に向かい、
中東あたりから、アフリカ(黒人)、中近東、欧州の一部の人々の祖になった。

残るHgFもおそらく中央アジア(最近は中央ユーラシアというもう少し
広い地域を指すらしい言葉が良く使用されているようだ)で分岐し、このグループから、
更に次々と、HgG、H、I・・・と分岐して行く。

HgAとBはアフリカのみで見出される。
徳島大学の中堀豊教授のいうY染色体DNAの「タイプ1」はどうも、YCCの
「ハプログループC」を指し、「タイプ2」は同じくHgDを指し、「タイプ3」
と「タイプ4」は、HgFから分岐した諸集団の内の、「ハプログループO]
(HgO)を指すようだ。

YCC分類では、中堀教授の言う「タイプ3」「タイプ4」は、極く近縁で、
同じHgOの中には、漢族、クメール族など、大陸南部にも見出される型もある。
いずれにしろ、Y染色に、近年まで原人が住んでいたことが明らかになってきたので、
例えば、HgC/Dの両者の移住が同時期である可能性も高そうだ。

73 名無しのひつじさん :2009/10/21(水) 15:19:34 ID:akX3USsw
遺伝子レベルで日本人を他の東アジア諸国と区別する特徴はYAP+染色体の有無。
日本人は極めて高い比率でYAP+なのに対し中国人やチョソにはほとんど見られない。
また、このYAP+は中央アジアを起源とする縄文人が北方からもたらしたもので、
東南アジア系の弥生人はYAP+をもっていない。
したがって極論すれば根元的に日本を日本たらしめてるのは縄文の遺伝子ということになる。
日本人がすべて南方弥生系だったら日本は中国や朝鮮のような国になってただろう。

>YAP+因子はアフリカで誕生した古い遺伝子で、最初はアイヌ人種=
>北方古モンゴロイドによってアジアやアメリカ大陸中に拡散したんだろ。

今のところ、Y染色体DNAハプロタイプの分類で主導権を握っているらしい
Y chromosome Nomenclatula Systemの分類では、
YAP挿入は、ハプログループCの中から、分岐したもので、さらにこれが、
東アジアのDと、中近東・アフリカ・欧州のEに分岐したとされている。
で、その両者を比べると、DのほうがEより原型に近いと判断されるようだが、
これについては、アフリカで起源した祖先ハプロから、C・Dが分れた可能性も
考えられると言う主張もあるが、現在のD・E両者の比較上は、Dが、Eより
分岐したとは考え難い。(共通の祖は勿論仮定可能だが、実証されていない)

74 名無しのひつじさん :2009/10/21(水) 15:21:04 ID:akX3USsw
2005Y−Chromosome Phylogenetic Treeでは、

   
 A|ー A
ーー|
  |ーB|ーーB
     |
     |ーC|ーーC
        |
        |  |ーD
        |ー*|    (*YAP)
        |  |ーE
        |
        |
        |ーーF(以下、Fより分岐したG,H・・・R)

というわけだ。
YAPは珍しい突然変異だが、他のHgに比して、「古い」とはいえないだろう。
C、F以下同様、その後も新たな突然変異を繰り返して、サブグループに分岐しているのだから。

どうも「進化」とか「突然変異」とか言う概念に対して、大きな誤解を
持っているように思えるのだが?
    ↓
>しかし、各方面で進化が始まり、進化が大きかった種族ほど
YAP+という古い遺伝子は失われていった。

「YAP+」と言う突然変異を生じた集団は、以後「進化」をしても、
基本的には「YAP+」を失なうのではなく、新しい「突然変異」を
次々と「獲得」して「分岐」(あるいは、突然変異を起こさなかった
母集団から「分離」)するのだが?

つまり、

×「YAP+」縄文人→「YAP−」のその男系子孫

○「YAP+」縄文人→「YAP+」のその男系子孫の「弥生人」〜「古墳人」

なのだ。

それに何度もいうが、「YAP+」は、アフリカではなく、中央ユーラシア
(中央アジアを含む)で、発生したと考えられているのだが。

75 名無しのひつじさん :2009/10/21(水) 15:25:11 ID:akX3USsw
下戸遺伝子は学術的には2〜3万年前のモンゴルから中国北部あたりが起源だ
とされており、 たった一人から始まり、今現在、世界中に6億人以上が
下戸遺伝子を持っていると見られる。

下戸遺伝子はHLAなどに見られるような両親から半々で遺伝子を受け継ぐ
といった通常の遺伝形式ではなく、祖先に一人でも下戸遺伝子が入ると
相当な高確率で子孫は下戸遺伝子を受け継ぐといった遺伝形式である
と考えられる。

そうでなければ1人から6億人まで下戸遺伝子を持つ人口を増やす事は不可能である。

下戸遺伝子は「ある(DD型)」「ない(NN型)」「その中間(ND型)」の
3つしかない。

ルーツ特定の見地からすれば、ハプロタイプをたったの3つしか持たない、
血液型より識別能力が低い、つまり精度が低い、粗野な遺伝学だと言える。

本土日本人は下戸遺伝子が多いから中国から来たという発言は、
アイヌは下戸遺伝子がほとんど無いから北欧から来たという発言と
変わらないのである。

下戸遺伝子から分かる事、それは、下戸遺伝子を持つ日本人はアジアの
どこかから来たという事だけであって、それ以上の事は分からないのである。

76 名無しのひつじさん :2009/10/21(水) 15:28:31 ID:akX3USsw
いわゆる「下戸遺伝子」すなわち、ADH2型の欠損型遺伝子は、通常のABO式血液型等と同様に、
親から子へ、伝えられる「普通の遺伝形式」をとる。で、対立遺伝子は、正常型Nと欠損型Dの2つのみだ。
「ND型」というのは、両親の一方からN方を、他方からD型を、受け継いだということだ。

この欠損型遺伝子は、正常型遺伝子と比べ、一ヶ所で塩基が置換した結果、ADHⅡのアミノ酸が
、一ヶ所で変わり、「四量体」である酵素はその4個の成分が、立体的にきちんと組み合わされないと
「酵素活性」を持たないため、N型(正常型)と欠損型(D型)の遺伝子を父母から、各一個受け継いだ
「ND型」では、ADHⅡ型の活性は、4個全部が正しき組み合わさった正常型の四量体のみの活性で
あることになり、従って、NN型の人に比して、1/16と言うことに成る。

単一遺伝子座上の一塩基多型など、実際は、多源的に発生した可能性が高いのだが、
確かに、今のところ、ADH2の欠損型遺伝子については、モンゴロイド起源しか
知られていないようだが、私は、検索が不十分な可能性も否定できないように思う。

やはり、ハプロタイプ(HLA、Y染色体DNA、ミトコンドリアDNAなど)で
比較しないと、完全な同祖関係は、証明できないだろう。

77 名無しのひつじさん :2009/10/21(水) 15:33:42 ID:akX3USsw
日本人は平均で約45%がYAP+遺伝子を持つ。
渡来系は女性をあまり伴わない傾向が強いから、
たったこれだけでも日本人の半分以上が土着系である事が簡単に分かる。

渡来系のHLAハプロタイプB52-DR15はモンゴル全体に頻度が高い訳ではなく、
モンゴル東部〜満州北西部にかけて高頻度になる。

その周辺にはモンゴル人だけではなく、エヴェンキ族、オロチョン族、
ツングース族などが複雑に入り込んでいる。

gm遺伝子で見ると、その中で最も日本人に遺伝子が近いのはツングース族。

http://www.narayaku.or.jp/narayaku/image/dna_map.jpg

78 名無しのひつじさん :2009/11/04(水) 16:38:57 ID:K7XOtFjk
中日共同調査団が発表、 「弥生人」の起源は江南地方か

「文化的にも江南から影響有」という記事も見られる。
吉野ヶ里で発見された絹は、遺伝子分析により
前2世紀頃中国江南に飼われていた四眠蚕の絹であることが分かった。
当時の中国は蚕桑の種を国外に持ち出すことを禁じており、
世界で最初に国外に持ち出された場所が、日本の北部九州であり、考古学的に証明された。

この記事だけでは、持ち出されたものか、すでに日本列島に存在していたのかは、わからないが、
弥生人が中国南部の出自であることを、生活文化技術面から補足するものであることは間違いない。

中国江蘇省無錫市の越時代の貴族墓から出土した鐸(共同)右日本の銅鐸(弥生時代)
『中国沿海部の江蘇省無錫市にある紀元前470年頃の越の国の貴族のものとみられる墓から、
原始的な磁器の鐸が見つかった。南京博物院(同省南京市)によると、これまで中国各地で出土した鐸と異なり、
日本の弥生時代の銅鐸によく似ている。中国側研究者からは
「日本の銅鐸は越から伝わった可能性があるのでは」との声が出ている。

そのほか「抜歯、イレズミ」の風俗、そして大社造の高床式の建物など、DNA鑑定とあわせると、
弥生人の出自は中国南部といえそうだ。

ただし中国南部とは、地図上でそういうのであって、その民族は中国人(漢民族)ではない。
今も残る中国の少数民族と、すでに消えてしまった民族が混血して出来たものであろう。

79 名無しのひつじさん :2010/01/06(水) 13:36:30 ID:p7mjrdgY
Y染色体もmtDNAも韓国に一番似てるのは北京だよ
http://kuroneko.blogdns.net/HP/aicient-Japanese/Japan-Koria.files/image009.jpg

80 名無しのひつじさん :2010/01/06(水) 13:38:28 ID:p7mjrdgY
■ ユダヤ人が強硬に主張している日ユ同祖論■

イスラエルには、イスラエルの失われた支族を調査する『アミシャブ』という特務機関がある。このアミジャブの調査には、
世界最強で知られるイスラエルの諜報組織モサドが全面的に協力しており、その調査能力は世界有数と言われている。

そのアミジャブが数十年前から最も力を入れて調査しているのが、日本であり現在では、日本人がイスラエルの失われた支族
であることはほぼ間違いないと結論付けアミジャブの公文書にも、その旨がしっかりと記載されている。

イスラエル国内においても、日ユ同祖論の支持者は年々増え、最近では、既成事実のように語られることが多い。
そのせいかイスラエル国内で一番人気のある国は日本であり、一番学ばれている外国語は日本語である。

そしてアミシャブは、なんと2007年3月から日本人のDNAを調査すると公言し実行した。この調査は、日本の個人情報保護法により
中止させられてしまったが、その執念たるや恐ろしいものがあると言える。

いずれにせよ、今イスラエルは、日ユ同祖論を決定的な証拠を元に、確定的な事実にしようと躍起なことは確かである。
もちろん、彼らの調査には、ロックフェラーやロスチャイルドも含め、全世界のユダヤ人が協力している。

81 名無しのひつじさん :2010/01/17(日) 18:11:35 ID:P/VvyRxU
最近知り合いになった人に肌は黒いんだけど日本人と明らかに違うニコラスゲイジに似た純日本人の青年を発見いたしました。明らかに外国人です。黄色人種には全然見えません。あとデマと嘘をよく流すベンジャミンフルードさんに雰囲気が似た肌が黒い人も見つけました。あと何人か知り合いにもアシュケナジーユダヤ系の写真を見ていたら雰囲気が似ている人がいました。この人達は絶対ユダヤ人です。安土桃山時代にセファルディムが渡来していたとしても
明らかにこれだけの数の日本人でユダヤ人と似ている雰囲気を持つ人がいるのはおかしいのです
多分彼等の遺伝子を調べたらローマ帝国時代に離散したディスポラ
ユダヤ人らしき遺伝子が発見されるような気がします
ただ彼等は興味無いよ?見たいに遺伝子検査を受けつけないと思います
恥ずかしがりやでそういう小難しい事は、やりたがらない性格ぽいですから
お金かかるし面倒臭いっし英語が難しい為にナショナルジオグラフィクには非協力的です
日本の医療機関に自費で遺伝子検査をする調査機関を出してあげて下さいそれかキットを医療機関やドラッグストアーで売ればいいと思います
何となくやって見ようかと言う物好きがいっぱいいるはずです
日本人って言うのは
何となくそこにあれば自然に動くタイプです
受動的何ですよ
日本人はあればやるかな
?見たいな実際に

82 名無しのひつじさん :2010/01/29(金) 00:59:54 ID:awEScGSM
The Japanese are not Hebrews!
http://www.britam.org/Questions/QuesJapan.html

83 プロテスタント福音主義福音派−キリスト教正統信仰者 :2010/05/14(金) 16:06:36 ID:???
この掲示板は荒らしがひどいので福音派スレッドを順次以下の掲示板に移動させていきます。
「でちゅ☆ぺぬえる−プロテスタント福音主義福音派」によるレスポンスも移動しています。
           ↓
●Evangelical 福音主義 福音派 キリスト教掲示板
 http://jbbs.livedoor.jp/study/3405/Evangelical.html

93 プラダ ショップ :2013/10/30(水) 07:52:40 ID:j/88I/Zs0
男性 鞄paul smith プラダ ショップ http://www.paralinterpret.info/

94 ガガミラノ スーパーコピー :2019/11/02(土) 12:16:20 ID:mwlCCzbQ0
とても丁寧な対応で発送から配達までスムーズでした。こちらの無理な要求にも答えて頂き感謝しております。
商品も画像よりとても綺麗で新品同様でした。
手書きのお手紙も添えてあり感動です。
また機会がありましたら是非宜しくお願い致します。
ガガミラノ スーパーコピー https://www.b2kopi.com/protype/list-1.aspx-page=3&id=250.htm


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

パイニャン - 青山裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板