したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

この怪奇事件

1 きち :2004/01/12(月) 21:07
ご存知の方も多いと思います。大分昔の事件ですが、ある(東北だったかな?)村でのこと。その村の風習で結婚式の日、初夜の前に新郎の父親と新婦が結婚式場の会場で交わるという儀式があったそうで。もちろん、ついたての向こうで行なわれるのですが、その事件のとき4時間たっても2人はでてこない。しびれをきらした新郎が「親父、いいかげんにしろ。」と叫び、出席者もいらいらしてついに覗きにいったそうです。そうしたら、2人は、裸で抱き合ったまま死んでいたそうです。結局、死因もわからなかったそうですが、私もいろいろ事件について考察するのは好きなのですが、この事件2人とも亡くなったというのは心中なのでしょうか?その日以前から2人は関係があったのでしょうか?父親が仮に腹上死したとしても花嫁が死んでいるのはおかしいですし、皆さんの推理はどんなものでしょうか。大体、この村の新郎の気持ちは全般にどのようなものだったのでしょうか?中には、結婚後も父親と関係が続くようなこともあったと思うのですが、どんなものでしょうね。母親の嫉妬とかはなかったのでしょうか?色々気になります。まあ、夜這いなんかも今の常識では考えられないことですし、その時代の常識がそれが当たり前だと思えばそうなのかもしれませんが。皆さんの思ったところをお聞かせ下さい。

2 吉之助 :2004/01/13(火) 00:04
この事件は私も永年、気になっているのですが、如何せんかなり古い話(明治16年)
なのでソースも見当たらずよくわからないというのが正直なところです。ただ、こうは
考えられないでしょうか?そもそも仮の一夜で二人は死んだのではなく何らかの
理由で死んでしまった。(それこそ心中かもしれません。)きっと、その村では
隠さなければならない理由だったのでしょう。そこで、仮の一夜で不可思議な死を
遂げたことにしたと・・・奇習が残っていた古い部落ですから死因を隠蔽すること
ぐらい口裏を合わせれば可能だったんじゃないでしょうか?
いずれにしろ、自然死とは考えにくく捏造された事件だったんじゃないかと思います。

3 きち :2004/01/13(火) 13:29
なるほど。そのように考えたことは一度もありませんでした。狭山事件もミステリーですがこの事件も謎ですね。この風習は西暦何年になくなったのでしょう。この事件をきっかけにしてでしょうか。もう少し色々知りたいです。

4 吉之助 :2004/01/13(火) 23:32
この事件については資料がほとんど見当たらずなかなか調べにくいのですが
明治16年(1883年)1月24日宮城県宮城郡のある村で起きたとしか
私の持っている本には出ていませんでした。いつぐらいまでこの奇習が残って
いたかはわかりませんが、このHPでも取り上げられている名張毒ぶどう酒事件
(1961年)の起きた部落ではフリーセックスのような習慣があったらしい
のでかなり後年まで続いていたのではないかと思います。
繰り返しになりますが、義父が死ぬのは理解できるのですが(心臓麻痺等)
若い新婦まで亡くなる、しかも伝えられるところによると抱き合ったまま
死んでいたというのはやはり無理がある。警察が来たのは当然、その後で
現場にずっといたわけではない。式の参列者は親戚と村の有力者。恐らく
式が始まる前に既に二人は死んでいたのではないか?
その部落にとってその死はあってはならない死に方(心中?)で村の有力者
親戚が話し合って仮の一夜で不可思議な死を遂げたことにした・・・
的外れかな?

5 猫田 :2004/03/18(木) 22:52
初めまして、猫田と申します。
大分前に読んだ本には、義父が妻に内緒で囲っていた
新婦と、それを全く知らない新郎が出会って付き合いだし
二人が祝言を挙げる段で、急に新婦を息子に取られるのが
嫌になり、閨で何らかの毒を飲ませて殺し、自分も後を
追った…とあったようです。
出版社や著者は覚えていませんが、結構ありきたりな
心中事件だったように思った覚えがあります。
うろ覚えですみません。

6 きち :2004/05/06(木) 23:51
なるほど。 猫さんありがとうございます。なんかすっきりしました。なんか昔は今よりすごかったですね。

7 NNN :2004/05/07(金) 00:59
ほんと、日本もすごかったんですね・・・。
どこかの民族では今でも花嫁の処女膜を破るのは村長の役目とかいう話を聞きますが。

8 あんず :2004/05/07(金) 11:03
そんな事件があったんですね・・・
なんか気味悪いですね。。新聞とか雑誌にも載ったんでしょうか?

>>NNNさん、
すごい役目ですね・・・

9 きち :2004/05/07(金) 23:18
すごいといえば、30年代の名張ぶどう酒事件の村のようなフリーセックスとかもすごいですね。10年ほど前、仕事で3年ほど住んでいた僻地の村では近親相姦やら夜這いもどきやらで全校50人ほどの中学に知的障害の生徒が8人もいました。でもこの事件も周りの人が何時間も待っていたというのが笑えますね。

10 あんず :2004/05/08(土) 01:12
凄いですね、本当に・・・。絶句です。

よくお年寄りが「最近の若いもんは・・」とか言ってますが、
昔のほうが凄かったのかもしれませんね。

11 NNN :2004/05/08(土) 21:48
夜這いといえば津山30人殺し事件にも驚きでした。犯人が一体何人の女性と関係していたのか数えるのが大変。
それはかなり昔のことだったのですが、
>>きちさん、10年ほど前ってまあまあ最近ですよね。驚きです。
案外、今もあるんじゃないかしら・・・。

12 あんず :2004/05/08(土) 23:17
日本は近親相姦(父→娘)が多いのはどうしてだ?と
外国人に聞かれたことがあります。なんでも彼の周りだけでも
4人の日本人の女性がそういう過去があるそうです。
そういう話を聞くと病的で嫌悪感を感じますが、もしかしたら
日本は昔そういう奇習が普通(と言ったら語弊がありますが)だったのかも
しれないですね。そういうのが関係しているのでしょうか。
いずれにしても、現代の感覚では信じられないことですが・・・

13 小説で :2004/05/09(日) 20:30
>4人の日本人の女性がそういう過去があるそうです。
ウ〜ン信じ難いな。私は周囲で聞いた事がほとんどありません。
ただ、大江健三郎の小説で「生贄男は必要か」とい短編の中に
貧農家の近親近親相姦殺人が我々の社会の掟では裁けないレベルの事件だったために
結局闇から闇に葬られたという地方検察官が言う場面があるんですが。
いったいどういう事件なんだ...

>10年ほど前、仕事で3年ほど住んでいた僻地の村で
山本周五郎の小説で「ちくしょう谷」という小説みたい。
小説自体は30年以上前の小説なのにたった10年前の話というのが怖い。

14 Ted :2004/05/10(月) 02:05
>日本は近親相姦(父→娘)が多いのはどうしてだ?と
>外国人に聞かれたことがあります。なんでも彼の周りだけでも
>4人の日本人の女性がそういう過去があるそうです。

事実としてそうなのでしょうか?
仮に彼の周りにそういう経験をした4人の日本人女性がいたとしても、
その割合が全体には反映していないのでは、と思います。

また、彼の話は「伝聞」ですよね。友人を信じない、ということではなく、
「伝聞」という情報を吟味することも大切ではないでしょうか?

私はアメリカ在住ですが、この国の身内への性的いたずらの発生は
日本の比ではないと思えます。日本では数字に現れず、
アメリカは明るみになる率が高い、というだけとは思えません。
(父親、祖父、叔父、伯父から幼い娘に対する性的いたずらです。)

現代においては、日本での近親相姦が過去の奇習に根があるわけでは
ないと考えます。

15 あんず :2004/05/10(月) 11:45
そうですね。
過去の奇習と結びつけてしまうのは安易でした。
外国人(ヨーロピアン)に聞かれてちょっと衝撃的だったところにこの話を読んだので、
あ、関係あるのかな?と思ってしまったのかも。。
アメリカには父→娘だけでなく、稀に父→息子というケースもあるという話も聞きました。
これも伝聞なんですけど・・・

16 CAL :2004/05/19(水) 17:18
http://homepage1.nifty.com/eggs/jitai/incest/3jittai.html

こちらに近親姦について、書かれています。
父→息子の場合も同性愛的なものより、"支配する"ということに
重点が置かれているようです。

もし"過去の奇習"に根差したものなら、兄→妹のケースが多く
なるのでは…

平安時代には、血縁が近いほうがよいとされ、異母・異父兄妹
での婚姻が盛んでした。(いとこ婚も)
江戸時代になるとさすがに兄妹婚はなくなりましたが、いとこ
までは婚姻の対象でした。

17 :2013/03/15(金) 14:50:33
かなり過疎ってますね…f^_^;)

きちさんが仰っている事件は仮一夜事件と呼ばれるものでしょうか?

そういえば、『近親相姦』ときくと、昭和43年の栃木県父親殺しが思い出されますね…。
この実の父を殺してしまった娘がとても可哀想でなりません…。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

裸にいっぴん - 青山 裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板