したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

最近読んで印象的だった本

66 プロジェクトラーニング :2009/08/12(水) 18:16:35
本ではないですが、三夜連続のNHKスペシャル「日本海軍 400時間の証言」はとても興味深かったです。大日本帝国海軍・軍令部の実態がここまで明かされたのは初めてではないでしょうか。海軍反省会なるものが11年間も続き400時間にわたって軍令部のメンバーが記憶を紡ぎだしたのですから、これは凄い事実です。まさしく対話によって歴史が編集されたと言えましょう。ときの軍令部総長が、陸軍のクーデータを恐れ、海軍が先手をとって(今ならまだ勝てる可能性があると)開戦になし崩し的に動いていったという証言は生々しかったです。東京裁判では、戦争指導者として文官1人、陸軍関係者6人が絞首刑となりましたが、海軍関係者の被告は終身刑でその後釈放されています。この際にも、水面下で海軍トップの裁判対策を組織的に行っていたという証言でした。これでは海軍あって日本の国家なしではありませんか。300万余人もの日本人の命を奪うという結果を招いたことに対して、いま現在を生きる我々は、人と組織が持つ問題に対して歴史からの示唆をもっと深く知らなければならないと感じました。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

ゾンビ政治の解体新書: 魔女狩りをするゾンビへの鉄槌 / 株式会社サイゾー

安倍政権批判本の決定版!――憲政史上最長になる可能性も高まった安倍晋三率いる内閣。だが、その長期政権を支えたのはゲシュタポとも揶揄される、批判勢力やメディアを徹底的に押さえつける恐怖政治だった。水面下ですでのその体制は限界を迎えながらも、ゾンビのように延命をはかる現政権の強引なやり口は日本の未来に暗い影を落とそうとしている。安倍政権が行ってきた蛮行とは? 彼らは本当は何をしたいのか? この先に待っている日本の未来とは?世界の政財界で活躍してきた著者が、メディアには決して出ることがない機密情報なども含む、事実と考察を積み上げて、安倍政権を暗部を暴く。日本を変えられるのはこの一冊しかない。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板