したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

最近読んで印象的だった本

60 プロジェクトラーニング :2009/08/11(火) 05:48:49
山村貴男さんは「村山貴子氏の投稿58に」乾杯なんてしてないで、「最近読んで印象的だった本」スレッドで感じたことを述べているだけなのに、意味の通らぬコメントをする村山貴子さんを少しは疑問に思ったらいかがでしょうか。「それは著者の幸田露伴翁に失礼であるだけでなく、われわれ露伴の読者に対して無礼であるし」とありますが、『五重塔』は読者を選ぶのか? そもそも村山貴子さんは、幸田露伴翁と露伴の読者の何なのか? 国民が総理大臣に『五重塔』を読んでほしいと願ったら幸田露伴は失礼だというのか? ですが不肖にも生涯はじめて『五重塔』を読んだ私ですから、そもそも麻生太郎さん云々の前に、お前にごときに『五重塔』を読まれたらたまったものじゃないと言われたような気持ちとなり悲しいですが、宇宙巡礼に学ぶ者として反省し再読し理解に努めます。私にはじみちにそうするしか術がないないので、村山貴子さん、幸田露伴にお詳しいのならぜひご教示下さい。また人のコメントにケチつけてないで、あなたの所感も述べてみて下さい。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

ゾンビ政治の解体新書: 魔女狩りをするゾンビへの鉄槌 / 株式会社サイゾー

安倍政権批判本の決定版!――憲政史上最長になる可能性も高まった安倍晋三率いる内閣。だが、その長期政権を支えたのはゲシュタポとも揶揄される、批判勢力やメディアを徹底的に押さえつける恐怖政治だった。水面下ですでのその体制は限界を迎えながらも、ゾンビのように延命をはかる現政権の強引なやり口は日本の未来に暗い影を落とそうとしている。安倍政権が行ってきた蛮行とは? 彼らは本当は何をしたいのか? この先に待っている日本の未来とは?世界の政財界で活躍してきた著者が、メディアには決して出ることがない機密情報なども含む、事実と考察を積み上げて、安倍政権を暗部を暴く。日本を変えられるのはこの一冊しかない。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板