したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

第49回衆議院議員総選挙(任期満了2021年)スレ

708 名無しさん :2019/11/29(金) 22:10:23
>>707
次期衆院選 徳川氏が出馬断念
https://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/tokai-news/CK2019112902000094.html
◆「静岡5区野党共闘の邪魔したくない」
徳川家広氏

写真
 立憲民主党静岡県連の徳川家広副幹事長は二十八日、次期衆院選への立候補を見送ることを決めた。立民と国民民主党が衆参両院で会派を合流し、国民が静岡5区(三島市など)の候補者に元銀行員を内定したことを受け、決断した。

 5区での出馬を模索していたという徳川氏は本紙の取材に、「野党共闘の邪魔はしたくないとの思いで今回は取りやめる」と述べた。

 徳川氏は七月の参院選に立民から出馬。落選したが、地盤がない中、「徳川宗家の長男」という存在感などを背景に三十万票強を獲得し、立民党本部は次期衆院選への立候補を打診していた。

 徳川氏は「立候補する場合は4区か5区だと打診されていたが、私は出るなら5区でと思っていた」と明かした。政治への志は断念せず、次の参院選など「静岡を念頭に活動していきたい」と話した。

(広田和也)

◆自民公認争い激戦 野党一本化へ前進
写真
 立憲民主党の徳川家広さんが出馬を断念した衆院選静岡5区では、自民党の公認争いが激しい。非自民のホープから一転し、二階派に加わった元環境相、細野豪志さん(無所属)と、比例東海で繰り上げ当選した吉川赳さん。共闘に向け前進した野党とは対照的に、内なる熱い戦いは続く。

 「微力ながら、この地に残る知り合いを結集して、細野さんの陣営にはせ参じることを約束したい」

 沼津市で十一日にあった細野さんの政治資金パーティー。党本部から駆け付けた二階俊博幹事長は、かつて秘書を務めた故遠藤三郎元建設相との縁に触れ、細野さんの全面支援を明言した。

 その四日後。吉川さんが支部長を務める自民県連第5選挙区支部は「入党に反対する地元党員の思いを全く無視した発言」と県連に猛抗議した。県連としても細野さんの入党に反対の立場を明確に示す。

 細野さんは5区の公認争いを「しかるべき立場の人が判断をすることで、その一番重要なポジションに就かれているのが二階幹事長」と述べるが、結論は当分、出せそうにない。

 野党は、国民民主が先手を打った形だ。国民県連は二十七日の常任幹事会で、元銀行員の小野範和さんを5区の候補者に内定し、5区総支部長に選出した。この決定を受け、徳川さんは出馬見送りを決めた。

 総支部長は通常、地元からの上申を受けて決めるが、今回は県連が主導。地元には、細野さんを長年支援してきた党員が少なくなく、意見がまとまらなかった。

 榛葉賀津也県連会長は「支援者の中にはいろんな方がいる。県連全体で決めてほしいということだった」と説明する。

 候補を出しても、毎回、民主(希望)と自民の争いに埋没する構図になってきた共産党県委員会の山村糸子委員長は「統一候補は待望しているが、まだ具体的な話は県に下りてきていない。連合政権構想のためにも党本部での話し合いを早くしてほしい」と話す。

(広田和也、岸友里、三宅千智)


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

小林製薬の栄養補助食品 熟成黒にんにく 黒酢もろみ 約30日分 90粒 - 小林製薬


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板