したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

【お茶の掛川】 お 茶 ス レ 【深蒸し茶】

1 とはずがたり :2009/02/04(水) 04:34:26
お茶はやっぱり緑茶,しかも旨味が自慢の掛川の深蒸し茶に限ります。が,勿論,宇治茶や更には焙じ茶や烏龍茶や紅茶も此処で。

俺のご贔屓↓
http://www4.ocn.ne.jp/~sugi-cha/

193 とはずがたり :2017/06/29(木) 12:57:09
>>192-193
■ドトールのほうが「コスパ」がいい
一方、3年連続で顧客満足1位となったドトール。近年の取り組みの成果は後述するが、筆者は「スタバが低下した結果、浮上したブランド」だと考えている。
2010年、ドトールはブランド30周年の節目に「白ドトール」戦略をはじめた。狙いは「狭い、古い、たばこ臭い」というオヤジチックなイメージの払拭だった。基調となる色を「白」として、分煙設備による「完全分煙」を実施。広さと奥行きを感じさせる空間づくりを目指した。この結果、非喫煙者からの評価を上げた。「好きなカフェはドトールです。広くて落ち着けますから」(非喫煙者の20歳女子学生)という声は、以前は耳にしたことすらなかった。
ドトールは「価格の安さ」という強みもある。分量は違うが、スタバのドリップコーヒー(ショートサイズ)が302円(以下、税込み)なのに対し、利用客の6割が頼むというドトールのブレンドコーヒー(S)は220円。開業以来の看板商品・ジャーマンドッグ(200円)を頼んでも440円と、ワンコイン(500円玉)でお釣りがくる。コーヒーに生ケーキなどのデザートを追加しても、スタバのフラペチーノ系ドリンクと価格は同じか、安いぐらいだ。前述の40代女性はこうも話していた。
「スタバでフラペチーノを飲むぐらいなら、ドトールでケーキセットを頼みます。フラペチーノは、甘くてカロリーが高い。ドトールのケーキは甘さ控えめで、カロリーも低い。年齢とともにそうした点も気になるようになりました」
スタバが今年6月から販売している期間限定商品「チョコレート ケーキ トップ フラペチーノ withコーヒーショット」(トールサイズで670円)は、ミルクを低脂肪や無脂肪に変えても500キロカロリーを超えてしまう。ドトールの「ミルクレープ」(360円)なら260キロカロリーだ。

■「意識高い系」への嫌悪感
スターバックスは15年5月の鳥取県進出により、国内の全47都道府県に店舗があるようになった。1号店を東京・銀座の松屋通り店(スタバマニアの間で「銀松」と呼ばれた店)に開業して以来、全国に1100店を超えたスタバはカフェの代名詞となった。
スタバが全国展開を拡大していた当時、筆者はスタバが「憧れの存在」から「日常生活の一部」になりつつあると感じた。案の定、現在は利用客の目線も、憧れという"下から目線"ではなく、クールな"横から目線"に変わった。20代後半の女性(メーカー勤務)は、こんな意見だった。
「私はスタバも行くけど、基本的にタリーズ派。近くに2店舗あったらタリーズを選びます。理由の1つは、タリーズのドリンクが好きなことで、もう1つの理由は『スタバにいる、おしゃれな自分が好き』とファッション意識で考えている人が多いように見えるから。同じくくりにされたくないという心理もあります」
いわゆる"意識高い系"への嫌悪感だが、「一時期に比べて、先のとがった靴を履いてマックブックをカタカタ打つ客は減ったのではないか」(50代の男性編集者)という意見もある。いずれにせよ、一度そうしたイメージがつくと、しばらくそう思われるのだろう。
冒頭で紹介したように、店への期待値は下がっていない。前述したスタバのバイト歴3年の女性は「今でも大好きなブランド」と話し、企業の採用現場では「接客がきちんとしたスターバックスのアルバイト経験を続けてきた人は、その点では高評価」という声もある。
いまは一生懸命働いても思うように給料が上がらない時代だ。生活に余裕のある人は決して多くない。以前に比べて欧米ブランドへの「憧れ」も薄れ、「日常生活」でのコストパフォーマンスが重視されるようになっている。だからこそ、「カッコつけるのが、カッコ悪い」という逆説が成り立つのだろう。その意味で、スタバは「踊り場」を迎えたのかもしれない。
----------
高井 尚之(たかい・なおゆき/経済ジャーナリスト・経営コンサルタント)

経済ジャーナリスト・経営コンサルタント

1962年名古屋市生まれ。日本実業出版社の編集者、花王情報作成部・企画ライターを経て2004年から現職。「現象の裏にある本質を描く」をモットーに、「企業経営」「ビジネス現場とヒト」をテーマにした企画・執筆多数。近著に『なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか?』(プレジデント社)がある。

194 とはずがたり :2017/07/21(金) 23:25:37
静岡県製茶条例、廃止の方針 添加物混入めぐり県民の意見募り結論
https://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/sankei-lif1707210016.html
12:54産経新聞

 静岡県は製茶に香料や着色など添加物混入を禁じた県製茶指導取締条例を廃止する方針を打ち出した。近年、乾燥した花や果実を加え、色や香りを楽しむフレーバー茶など多彩な新商品の開発を妨げると判断した。しかし、混ぜ物を認めない条例が“静岡茶のブランド力”との見方もあり、来週28日まで県民から広く意見を募った上で、条例廃止の結論を出す。

 条例は不良製茶の製造・加工・販売を防ぎ価格を維持することを目的に昭和31年に施行。製茶への着色や茶以外の食品添加物の混入を禁じている。例外は玄米を混ぜた玄米茶があるが、フレーバー茶などを製造する場合、個別に知事に届け出なければならず、業者から手続きに負担がかかるとの声が寄せられていた。川勝平太知事も「条例は時代にそぐわない」と述べている。

 県お茶振興課によると、金箔(ぱく)やミカンの皮、香料などの添加を希望する申請が毎年30?50件あり、ほとんど認められている。ただ、消費者が懸念するうま味調味料や着色料は、これまで添加を希望する申請が出されたことはないという。

 うま味調味料や着色料は食品衛生法で使用が認められており、他県では添加された茶も売られている。県では「食品添加物は表示が義務づけられているので、消費者は表示を見て選択できる」と、仮に条例を廃止しても影響は大きくないとの考えだ。

 一方、茶業関係者の間には「県内の生産者は天然の茶を自信を持って製造してきた」とし、「消費者の希望に応じて添加物入りの茶を販売する業者が出てくるのではないか」と条例廃止を懸念する声もある。

195 とはずがたり :2017/07/30(日) 17:51:19
<医療>長生きしたければコーヒーを飲もう?!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-00000012-mai-soci
7/30(日) 10:00配信 毎日新聞
<医療>長生きしたければコーヒーを飲もう?!
さまざまな人種、民族でコーヒーに長生きの効果がある可能性が示された
 コーヒーを飲むと、ある種の病気にかかりにくくなる? そんな論文が最近、米国で報告されたそうです。特にコーヒーが好きな人にとっては、気になる話です。どのような研究でしょうか。米・ボストン在住の内科医、大西睦子さんの報告です。

 ◇1日2〜3杯のコーヒーの摂取で、死亡率が18%減少

 まず、2017年7月11日の米国内科学会誌(AIM)に報告された二つの新しい論文からご紹介します。一つ目は、ハワイ大学がんセンター(UHCC)のパク・ソンイ博士らによる論文です。

 パク博士らは、日系アメリカ人、ラテン系アメリカ人、アフリカ系アメリカ人、ハワイ先住民、白人(計18万5855人)--を対象にした多民族コホート(特定の集団を一定期間追跡・観察する)研究により、コーヒーの摂取と、全死因死亡率や特定の疾患による死亡率の関連性を調べました(平均追跡期間16.2年)。

 調査中、5万8397人の参加者(約31%)が死亡しました。主な死因は、心血管疾患(36%)とがん(31%)でした。喫煙、既存の病気、身体運動およびアルコールなど病気の発症に影響する要因を除外して解析すると、1日1杯のコーヒーを飲んだ人は、飲まなかった人に比べて死亡率が12%低くなりました。さらに、1日に2〜3杯コーヒーを飲んだ人は死亡率が18%減少しました。またコーヒーの摂取が増えると、心臓病、がん、呼吸器疾患、脳卒中、糖尿病、および腎臓病による死亡率が減りました。

 ◇カフェインは無関係

 カフェイン入りとカフェイン抜きのどちらも死亡率が低かったことから、死亡率の低下とカフェインの関連性はないことが示唆されました。死亡率は、日系アメリカ人、ラテン系アメリカ人、アフリカ系アメリカ人と白人で統計的に有意に低下していました。一方、ハワイ先住民は統計的には有意差がないものの、同様のパターンが見られました。

 なぜコーヒーが死亡リスクを低下させるのでしょうか? 今回の研究ではメカニズムは不明ですが、研究者らは、コーヒーには酸化防止作用や抗炎症作用のあるフェノール化合物など多くの物質が含まれ、それらががんや慢性疾患などの予防に重要な役割を果たす可能性を考えています。

 ◇ヨーロッパ発の研究

 二つ目の報告は、インペリアル・カレッジ・ロンドンのマーク・ガンター博士らによる調査です。欧州のがんと栄養に関する前向きコホート研究に参加する、10カ国(デンマーク、フランス、ドイツ、ギリシャ、イタリア、オランダ、ノルウェー、スペイン、スウェーデン、英国)に住む52万1330人が対象です。参加者は、コーヒーの摂取量などの食生活やライフスタイル、ならびに臨床検査の情報を提供しました。

 平均16.4年間の追跡期間中、4万1693人の参加者(約8%)が死亡しました。主な死因は、がん(43%)および循環器疾患(22%)でした。1日にコーヒーを3杯以上飲んだ男性は、コーヒーを飲まない男性と比較して、死亡のリスクが12%低下しました。女性では死亡のリスクが7%低下しました。また、コーヒーを多く飲む参加者は、消化器疾患や循環器疾患で死亡するリスクが低いことが示されました。この報告でも、カフェイン入りとカフェイン抜きのどちらも死亡率は低くなりました。

 ◇日本の研究でも

 日本では、国立がん研究センターなどが進める「多目的コホート研究」が、15年の米臨床栄養学会誌(AJCN)に日本人男女9万914人の調査結果を報告しました。コーヒーを1日に3〜4杯飲む人の死亡リスクは、全く飲まない人に比べ24%低いことが示されました。コーヒー摂取により、心疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患による死亡リスクの有意な低下が認められました。

 このように、さまざまな民族や人種で、コーヒーには長生きの効果がある可能性が示されました。コーヒーと上手におつきあいください。

196 とはずがたり :2017/08/05(土) 09:46:10
ダージリンの対立激化で紅茶不足深刻、収穫9割減 数年影響の恐れ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170804-00000039-jij_afp-bus_all
8/4(金) 18:58配信 AFP=時事
ダージリンの対立激化で紅茶不足深刻、収穫9割減 数年影響の恐れ
インド東部・西ベンガル州ダージリンで、警察隊と衝突するゴルカランド創設支持者(2017年7月29日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】(訂正)インド東部の紅茶の名産地、西ベンガル(West Bengal)州ダージリン(Darjeeling)で州政府と地元住民ゴルカ人(Gorka)の対立が深刻化し、特産品のダージリン茶葉が世界的な品不足に陥っている。

【写真9枚】最低賃金導入を求める茶農園労働者のデモ

 茶農園の労働者の多くを占めるゴルカ人は今年、西ベンガル州の新政府への反発から大規模なストライキに突入。6月の茶葉生産量は前年比90%もの激減となった。政府機関インド紅茶局(Tea Board India)によると、昨年は133万キロだった6月のダージリン茶葉生産量は、今年はわずか14万キロだったという。

 茶葉の価格が20%以上値上がりするとの予測が広がる中、茶農園の中には生産の回復までに数年かかるとの見通しも出ている。シリグリ(Siliguri)の紅茶商業組合の会長は、ストライキがさらに数か月続けば「茶農園のほぼ半数が少なくとも2〜3年は閉園せざるを得なくなる」と述べた。

 茶農園の経営者らは、ストライキの影響で既に園内は雑草に覆われてしまい、繊細な茶の木に深刻な影響が出ていると指摘している。

 今回の対立激化のきっかけは、州政府が州内の学校教育におけるベンガル語の履修を義務付けたことだ。ネパール語を母語とするゴルカ人は激怒。6月初旬から衝突や放火事件が相次ぎ、これまでに3人が死亡、商店や学校も休みになる事態が続いている。地元観光業も大打撃を受けている。

 ダージリンでは19世紀から「ゴルカ人の国」の創設を求める動きがあり、1980年には衝突で1200人が死亡している。西ベンガル州の領域内にゴルカランド(Gorkhaland)という名の州の創設を求める「ゴルカ人民解放戦線(GJM)」は、ベンガル語を話す外部の人間がゴルカ人の資源を搾取し、ベンガル人の文化や言語を押し付けていると主張。8月8日を期限として、州政府に回答を迫っている。【翻訳編集】 AFPBB News

197 とはずがたり :2017/09/04(月) 10:36:06
>>190
ドトールなう。音楽知らん俺には何も感じない選曲だな

198 とはずがたり :2017/09/10(日) 20:07:09
コーヒー「脱・缶」の波、ペットボトルに注目
https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/business/20170910-567-OYT1T50039.html
14:11読売新聞

 これまで缶入りが主流だった飲料メーカーのコーヒーに新たな動きが出ている。

 サントリー食品インターナショナルのペットボトル入りコーヒー「クラフトボス」が異例のヒットとなり、伊藤園も10月にペットボトル入りコーヒーの新商品を投入する。新たな市場の開拓につながる可能性がある。

 「今までの缶コーヒーの業界の常識が覆された」(サントリーの柳井慎一郎執行役員)と注目を集めたのが、4月発売の「クラフトボス ブラック」だ。発売3か月で約200万ケース(推計)が売れたとされる。

 想定を上回るヒットに生産が追いつかず、6月に投入した派生商品「クラフトボス ラテ」は、出荷を一時見合わせることになったほど(10月再開予定)。

199 とはずがたり :2017/09/13(水) 08:13:08
だいぶ前に後輩の結婚式の二次会の余興で引き当てたスタバカード使ってスタバなう。
チキン照り焼きサンドとスタバラテトールでほぼ1000円。ないわ〜。

しかも気合い入れて来たのにマウス忘れるという大失態。。

200 とはずがたり :2017/09/13(水) 08:22:37

店員の姉ちゃんは可愛い事多いがそれ以外に殆ど共感出来ないスタバ──高いのだ(;´Д`)──であすが,スタバカードもメリット殆どなしやん。

2017年4月5日(Wed)
意外と知らないスタバカードのメリットやと使い方
カフェ ライフハック / 2017年4月5日(Wed) / 斎藤
http://ideasity.biz/starbucks-card

201 とはずがたり :2017/09/13(水) 15:50:34
>>200
×あすが
○あるが

で,その大金払ったスタバなのにマウス忘れて仕事にならず…orz

一つだけ済ませて山行が本読んで適当に帰ってきた。。

心機一転。午後はサイゼリアに。ドリンクバー付けた心算が店員さんが聞き逃したので500円で粘る事にする。

と今度は書類を忘れて仕事にならず。一旦帰った際に部屋に置き忘れた…o..rz

口惜しいから普段はあんま捗らない仕事部屋で一寸捗らせる。

202 とはずがたり :2017/09/15(金) 12:53:02

ブルーボトルコーヒー、ネスレ傘下に 販路広げる狙いか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000032-asahi-bus_all
9/15(金) 9:41配信 朝日新聞デジタル

 日米で高級コーヒー店を展開するブルーボトルコーヒー(米カリフォルニア州)は14日、食品世界大手ネスレ(スイス)の傘下に入ったと発表した。ブルーボトルはコーヒー豆の品質や焙煎(ばいせん)・抽出法にこだわった「サードウェーブ(第3の波)コーヒー」の代表格として知られ、日本にも根強いファンがいる。

 買収の詳しい中身は非公表だが、欧米メディアによると、ネスレがブルーボトル株の68%を約4億2500万ドル(約470億円)で取得したという。

 ブルーボトルは2002年創業で、コーヒー豆の製造販売も手がける。店の内外装や豆の個性にこだわり、注文を受けてから1杯ずつドリップするカフェを営む。高価格でも、こだわりを求める都市部の若者らの支持を集め、日本にも15年に進出した。日米の店舗数は17年末で55店と、昨年末の29店から倍増させる計画だ。

 ネスレの傘下に入ることで、投資資金を得やすくしたり、販路を広げたりする狙いがあるとみられる。ただ、ブランドの個性を維持するため、ブルーボトルは独立した会社として存続し、現経営陣も残る。

 ネスレは「ネスカフェ」「ネスプレッソ」などを180カ国以上で展開するコーヒービジネスの世界最大手。最近は「物言う株主」として知られる米投資ファンドが、利益率を高めるよう圧力をかけていた。(ニューヨーク=江渕崇)

203 とはずがたり :2017/09/20(水) 23:01:41
スタバが始めたポイントサービス、実は大きな意味がある
マイナビニュース 2017年9月20日 13時33分 (2017年9月20日 18時10分 更新)
http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20170920/Cobs_1671792.html

●見かけはよくあるポイントサービス
スターバックスコーヒージャパンは20日から「スターバックス リワード」と呼ばれるロイヤルティプログラムを開始した。特典内容を見ていくと、よくあるポイントサービスに思えるが、同社にとっては大きな意味を持つ。

○中身はよくあるポイントサービス?

スターバックス リワードは、商品購入によって付与される「Star」を集めると、様々な特典利用が行えるというものだ。グリーン、ゴールドと2段階制の会員ランクがあり、低位のグリーンでは、新商品の先行購入、コーヒーセミナーの先行予約、限定企画への応募ができたりする。上位のゴールドになると、ドリンクやフード、コーヒー豆など好きな1商品と交換できる「Reward eTicket」がもらえたりする。

この内容を見る限り、他のロイヤルティプログラムとさほど差はなく、目新しさはない。それでも、スターバックスには、大きな意味がある。同社が最も重視しているのは"つながり"だからだ。

○スタバの本質はファンビジネス

スターバックスは言うまでもなく、コーヒーショップである。だが、ファンに支えられたファンビジネスの側面もあるのだ。

たとえば、Twitter。フォロワーは約400万人もいる。新商品情報をつぶやけば、多数のファンがアクションを起こす。スターバックスのプリペイドカードとなるスターバックスカードの利用率も20%と非常に高い。スターバックスがいかにファンに支えられたコーヒーショップかがわかる。同社を支えるのは、ロイヤルティの高いファンの存在なのだ。

ファンが多数いるのは、創業以来、"つながり"を重視した経営を行ってきたからにほかならない。顧客、店舗近辺の地域、パートナー(従業員)など、スターバックスに関わる人たちとのつながりを大切にすることが、ビジネスの根幹にあるという考え方だ。

そして、この"つながり"をより広く、深くすることに今回の狙いがある。ロイヤルティプログラムをスタートさせることでひとりでも多くのお客をスターバックスのファンにする。その数が増えれば、増えるほど、データ活用という次のステップに活かせる。

●データ活用でより深く
○データ活用で何を目指すか

活用するデータは大きく分けて3つ。何を購入したかという「購買データ」、どの店舗で、いつ何時に購入したのか、はたまたソーシャルメディアでどういった行動を起こしたのかなどを知る「行動データ」、天候や気温を示す「環境データ」だ。より多くのデータを集めていくことで、商品開発やマーケティング、店舗開発、顧客サービスに活用していける。

これでは、スターバックスばかりにメリットがあるようにも思えるかもしれないが、そういうわけではない。一人ひとりの利用者の情報を分析することで、個々人の好みに応じたコミュニケーションを可能にするというのだ。

「Star」を集めて、特典が利用できるというのは、今回の取組みの表層に過ぎない。「スターバックス リワード」に参加することで、期待すべきは、今後、スターバックスがどういったアクションをとってくるのか、にある。スターバックスが求めるのは、お客とのより深い関係だ。多くの人にファンになってもらい、ファンの人にはもっとスターバックスを知ってもらう必要がある。そうした施策がこれからの特典内容にも反映されると思われる。利用者の立場から見ても、ビジネスの動向を見る立場からも、ファンビジネスを展開するスターバックスがどう動くのかが注目されるところだ。

204 とはずがたり :2017/09/20(水) 23:02:07

スタバが「スタバのありそうな街」にある理由
経営コンサルタント 榎本篤史
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170829-OYT8T50027.html?from=yhd
2017年09月02日 08時08分

 全国各地の主要駅やショッピングモールなどで必ずといっていいほど目にする「スターバックスコーヒー」。2015年に“空白県”だった鳥取県に出店したことで、全都道府県への出店を達成した。その一方で、東京23区でスタバのない“空白区”もある。数多くのカフェチェーンが競争を繰り広げる中で、それぞれ、どのような出店戦略があるのか? 飲食店の立地戦略に詳しいコンサルタントの榎本篤史氏が解説する。

あれ?スタバがない!

 JR、京成電鉄、都交通局(日暮里・舎人とねりライナー)が乗り入れる「日暮里」は、1日平均25万人以上が利用する東京・荒川区の主要駅だ。東口のロータリーへ下りると、やはりあった。おなじみの「ドトール」。すぐそばには、「エクセルシオール カフェ」も軒を連ねる。夏の日中は涼を求めて、ちょっと立ち寄るという客も多いのか、ランチ時間を過ぎてもアイスコーヒーでたばこを一服という客で埋まっている。

 ロータリーから一つ道を挟んだ向かいに目をやると、ビルの2階に「喫茶室ルノアール」の看板が見える。さらに舎人ライナーの駅近くには、「タリーズコーヒー」があった。

 同じように利用客の多い隣の「西日暮里」に移ってみると、こちらも駅の近くに、やはり、ドトールがある。そして、近くのビル2階にルノアールが店を構える。

 荒川区内の主要駅で、有力カフェチェーンがこのように競争を繰り広げる中、あのスタバがないことにお気づきだろうか。スタバは2015年に、未出店だった鳥取県内に初出店したことで話題になったが、実は、東京23区に“スタバ空白区”が一つある。それが荒川区だ。

コーヒーチェーン店の立地

 スターバックス、タリーズ、ドトール、ベローチェ、ルノアール、椿屋珈琲つばきやコーヒー店……。数多くの店がしのぎを削るコーヒーチェーンは、その立地戦略のユニークさでも競い合っている。

 ドトールは、駅を降りてすぐ、駅前の目につきやすい場所に出店していることが多い。待ち合わせや時間調整などで、「きっとドトールがあるだろう」と思っている利用者の期待を裏切らない。

 1964年創業のルノアールは、東京を中心に系列店を含めると100店舗を超える。昭和のイメージを残す落ち着いた雰囲気は、スーツ姿のサラリーマンに絶大な支持を得ており、商談や打ち合わせにも利用されている。路面店ではなく、あえて2階や地下という立地も多く、他店とはっきりとした差別化を図っている。

 「あれ、こんなところにカフェが?」と、ちょっと意外な場所にありながら重宝されているのが「カフェ・ベローチェ」だ。ドトールほど一等地というわけではなく、駅前の目抜き通りから一本入ったところにある。そのぶん、店舗はゆったりとしていて、利便性は悪くない割にくつろげる利点がある。

 「シアトル系コーヒー」としてオシャレな雰囲気はスタバと双璧といった印象のタリーズは、喫煙席の有無でスタバと一線を画す。当初は、東京・港区のオフィス街を中心に出店していたが、最近は主要駅前に出店が目立ち、喫煙できる“おじさんの休憩所”になりつつある。

スタバとコメダの類似点

 人通りの多い駅前の一等地、オフィスビルや大型の商業施設の中、改札の中にあるいわゆる「駅ナカ」……、街を歩くと、様々な場所でこうしたカフェを目にする。クルマで郊外に足を延ばしてみれば、「コメダ珈琲店」「星乃珈琲店」「高倉町珈琲店」といったロードサイドに立派な駐車場のある喫茶店が増えた。

205 とはずがたり :2017/09/20(水) 23:02:25

 飽和状態とも思われるコーヒーチェーンの出店攻勢の中で、スタバとコメダの出店戦略を見てみよう。

 そもそもこの2社は基本となる戦略(儲け方)が異なる。

 戦略の違いが出店場所の違いにつながっているとも言える。ただし、類似点もある。

 価格軸(高価格or低価格)と商品の性質(こだわりorバラエティー)の軸で見た場合、コメダとスタバに類似点が見いだせる。中〜高価格帯でありながら、バラエティーに富んだ商品を提供している。

 言うならば、都市先鋭的なスタバに対し、郊外懐古的なコメダといったところだろうか。

コメダが切り開いたロードサイド

 クルマ社会でもある愛知県発祥のコメダは、喫茶店の概念を変えたと言っても過言ではないだろう。

 それまでの喫茶店は、基本的に都市部にあるもので、駐車場があることはまれだった。ところが、今では、コメダの成功に続くように、星乃、高倉町、ミヤマ珈琲店などが、広い駐車場を用意し、郊外のロードサイドに展開している。

 コメダは、多くの店舗が午前7時から午後11時まで営業している。店内に慌ただしさはなく、ゆっくりと時間が流れているように感じる。客の多くは、コメダを集合場所にしていることも多く、それぞれが自らの車で来店する。

 つまり、1テーブル4人とすると、4台の駐車場が必要な場合もあるのだ。朝は一人客を中心にモーニングを提供し、昼は周辺の主婦層や高齢の方がグループで利用する。比較的、経済的にも時間にもゆとりのある層が多い。ゆっくりと、しかし、着実に客が入れ替わっている。

「スタバがありそうな街」にあるスタバ

 一方、スタバは、賃料の高い都市部において、比較的、高回転で客が入れ替わることで収益を伸ばす。同時にテイクアウトによって、席の回転数以上の売り上げを獲得している。

 スタバの出店は、基本的に人口量を基準に戦略を考えていると思われる。東京23区で見た場合、セブン―イレブンをはじめとするコンビニエンスストアは、その地域に居住している人口量と出店数に密接な関係性がある。

 スタバも同様の戦略をとっていると考えられるが、昼間に流入する人口量に重きを置いている。つまり、通勤や買い物など、何かしらの目的を持って、あるエリアに流入する層をターゲットとしている。

 そして、もう一つ大事なことが、「スタバらしさ」だ。ブランディングの視点である。ブランディングを意識するスタバが、東京23区ではどこに多く出店しているか。

 スタバの店舗が最も多いのは千代田区。港区、渋谷区がこれに続く。これらの区には、どんな街があるかというと、千代田区であれば、東京駅を中心とした丸の内エリア、港区は六本木、赤坂、青山など。そして、渋谷区は、渋谷、原宿、表参道などがあり、いずれのエリアも洗練されたイメージがある。

 流行やファッションに敏感で、かつ、比較的、所得水準の高い人が集まるエリアといえる。つまり、“スタバがありそうな街”なのである。

「どこにでも出店する」わけにはいかない

 スタバでCEOを務めた岩田松雄氏は、「我々(スターバックスコーヒー)は、第5次産業です」と言っていた。1次、2次、3次に続き、第4次産業はIT産業、第5次産業とは、新たな価値を創造する企業、感動を創出する企業である、と。ザ・リッツ・カールトンホテルや、ディズニーランドを運営するオリエンタルランドは、この第5次産業の代表格といえる。

206 とはずがたり :2017/09/20(水) 23:02:46
>>204-206
 感動を創出することをコンセプトにしているだけに、スタバは、「どこにでも出店する」というわけにはいかない。感度の高い人がたくさんいるエリアを選んで出店した結果、現在のような出店状況なったといえる。

 そのスタバも全国で約1300店舗となり、新たなチャレンジがはじまっている。これまでのなじみ深いスタバから姿、形を変え、座席数の少ない駅ナカ、書店併設型、大学病院といった新たな立地条件で出店が増えている。

カフェに求められること

 コーヒーチェーンの歴史をざっくりとまとめてみよう。

 ◆1970年代:コーヒー専門店ブームによって個人経営の喫茶店が急増
 ◆1980年代:ドトールに代表されるセルフサービスの低価格喫茶の台頭
 ◆1990年代:スタバに代表されるシアトル系カフェの台頭
 ◆2000年代:ブルーボトルコーヒーに代表されるサードウェーブの出現

 食の安全・安心財団によると、1982年に1兆7396億円の市場規模があった喫茶業界は縮小の一途をたどり、2011年には1兆182億円まで落ち込んだ。その後、横ばいの期間を経て、15年には1兆1270億円と増加に転じている。

 ピーク時の1980年代に15万4630店あった店舗数は、2009年に7万7036店、14年には6万9983店に減少。7万店を割り込み、ほぼ半減している。個人経営のコーヒー専門店が急速に増えたが、経営が行き詰まり、その数を減らした結果といえる。

 提供する商品やサービスが変化するに従って、利用者側の喫茶店に求めるものも変化しつつある。民間調査会社「リサーチバンク」が行ったコーヒーに関する調査では、「店を選ぶ際に重視すること」について、「コーヒーがおいしいこと」という回答とともに、「店内の雰囲気が良いこと」「居心地が良いこと」という回答も上位を占めるようになった。単においしさを求めるだけでなく、リラックスできる空間や雰囲気が重視されるようになっている。

 もともと喫茶業界は個人経営主体である。チェーン展開している企業も、カフェ単独で経営する企業は少なく、外食、飲料メーカー、卸売りからの参入がほとんどだ。セルフサービス型のコーヒーチェーンは、ファストフードの低価格コーヒーやコンビニコーヒーの影響を受けやすく、価格面での訴求は難しい状況に追い込まれている。

 そこで求められるのが、いつ、どこに、どのような店舗を展開するかである。街を歩いていて、新しい店舗を目にしたら、それは、どこかのコーヒーチェーンが次のステージに進もうとしている戦略なのかもしれない。

【あわせて読みたい】
・スタバでバイトは就活にメリット?
・スタバとツタヤ、蜜月ぶりの理由
・スタバ、タリーズの次に来るもの

プロフィル
榎本 篤史( えのもと・あつし )
 2003年、 ディー・アイ・コンサルタンツ 入社。出店戦略、売上予測の仕組みづくり、売上予測調査など、数多くのコンサルティングに従事。都市型・郊外型の飲食・小売・サービス全般で経営を支援している。14年から取締役社長に就任。主な著書に「すごい立地戦略」(PHPビジネス新書)など。

207 とはずがたり :2017/09/21(木) 17:38:56

コーヒーの革新は可能か、最大手のネスレ日本に聞く未開拓の領域
モノからコトへ移行するコーヒービジネスの商機
http://news.mynavi.jp/articles/2017/09/12/nescafe/
藤田真吾
[2017/09/12]

208 とはずがたり :2017/11/07(火) 13:31:45

「お茶カフェ」9日開店 掛川・大池 
http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?index_flg=1&comment_id=501867&comment_sub_id=0&category_id=136
2017/11/7 紙面から

 掛川市板沢の丸山製茶(丸山勝久社長)が六日、同市大池の総合体育館さんりーな臨時駐車場に新設した「きみくらカフェ」をプレオープンした。お茶をカウンターで注文して受け取る新業態一号店で、炭酸やジュース入りのアレンジ茶も提供する。一般営業は九日から。

209 とはずがたり :2017/12/14(木) 19:32:03
UCC、ウエシマコーヒーフーズを子会社化 神戸
https://news.goo.ne.jp/article/kobe/business/kobe-20171214006.html
12:55神戸新聞

 UCCホールディングス(神戸市中央区)は14日、ウエシマコーヒーフーズ(同)の発行済みの全株式を取得し、完全子会社化すると発表した。ウエシマコーヒーフーズが手掛ける業務用コーヒーなどの卸販売は、競争激化で経営環境が厳しく、資本提携で存続を目指す。取得額は非公表。

 ウエシマコーヒーフーズは1925年創業。コーヒーの輸入・販売を行い、主に関西圏の飲食店にコーヒー豆などを卸している。2017年3月期の売上高は約75億円、従業員は261人。近年は、仕入れ価格や運賃の高騰などで業績が低迷していた。

 一方、UCCは1933年創業。22カ国・地域で事業会社約60社、コーヒーショップ約650店を展開する。2016年3月期の売上高は3291億円。

 両社の創業者は兄弟だが、これまで取引や資本関係はなかった。

 12月末ごろに「経営再建計画」を策定した上で、ウエシマコーヒーフーズの上島一泰社長が保有する全株式の譲渡契約を締結。来年2月末の株式取得を目指す。ウエシマコーヒーフーズの法人格やブランド、製品、従業員はそのまま引き継ぐ。(綱嶋葉名)

210 とはずがたり :2018/02/13(火) 13:13:18
四條畷の丸ノ内カフェ会なう。

空いてて非常に居心地良いけど潰れないか心配である。。

211 とはずがたり :2018/02/13(火) 20:03:40
マフラー忘れて取り入ったらそこそこ混んでた。
早い内は空いてんだな。

212 とはずがたり :2018/03/08(木) 09:47:22

ネスレ日本がコーヒー値上げへ 「キットカット」中国通販サイト販売も
https://news.goo.ne.jp/article/kobe/business/kobe-20180308004.html
06:30神戸新聞

 ネスレ日本(神戸市中央区)は7日、2018年の事業戦略発表会を東京都内で開き、コーヒーの一部商品を4月1日出荷分から値上げすることを明らかにした。人手不足による物流費上昇に対応する。対象は家庭用と業務用の「ネスカフェ ゴールドブレンド」などのコーヒーと家庭用コーヒーマシン「ネスカフェ ドルチェ グスト」専用カプセルの一部。値上げ幅の平均は6?10%。

 日本で製造したコーヒーやチョコレート菓子「キットカット」などを、4月から中国の通販サイトで販売することも明らかにした。今秋にはキットカットの専門店も出店する予定。中国では訪日客の口コミなどを通じ同社製品の人気が高まっているという。

   ◇   ◇

 また、ネスレ日本の高岡浩三社長兼最高経営責任者(CEO)は、1人暮らしや2人世帯の増加を背景に、スティックコーヒーなど1杯ずつ消費できる小サイズ商品に注力する考えを示した。

 2015年の国勢調査で1人暮らしが3割を超えるなど、世帯の少人数化が進んでいる。高岡氏は「これまでの『(大容量で)お得で安い』という価値を訴求できなくなっている」と指摘。ブラックコーヒーのスティックタイプをテスト販売したところ好評で、3月に全国発売した。

 オフィスにコーヒーマシンを無償で貸し出す「ネスカフェアンバサダー」制度の普及にも意欲を示し、2020年に登録者50万人としていた目標を、70万人に上方修正したことを明らかにした。(藤森恵一郎)

213 とはずがたり :2018/03/08(木) 09:48:13

時計2018/2/15 15:36
スタバがオフィス向けコーヒー 専用機器をリース
https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201802/0010988072.shtml

 スターバックスコーヒージャパン(東京)は15日、企業に専用の機器と豆を供給するサービスを開始したと発表した。オフィスやホテルなど店舗形態では出店の難しかった場所でコーヒーを提供する。

 オフィス向けコーヒーサービスではネスレ日本が先行しており、スターバックスはブランド力を生かして追い上げる。

 スターバックスが店舗で使っている専用機器をリースし豆、カップは販売する。ボタンを押すだけでエスプレッソやカフェラテ、カプチーノが入れられる。1杯当たりの料金は導入各社が決め、機器の清掃や豆の補充も導入企業側で行う。

214 とはずがたり :2018/04/02(月) 12:55:46
掛川ネタキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

佐野(さや)郡と云われるだけに狭い谷間の土地が多くて「すなのとんねる」(素掘りのトンネルの事を子供の頃そう称していた)は結構ある♪

掛川市上張の手掘り隧道(仮)
http://yamaiga.com/mini/235/main.html

オブローダー的な視点から見た掛川市は、東海地方における代表的な“隧道王国”の観を呈している。

215 とはずがたり :2018/04/02(月) 12:57:14
てか俺の帰省中に上張にいらっしゃったとは!その辺ですれ違ってたかも。
探索日は法事でこの傍もお寺からお墓へ行く時に通っている。

217 名無しさん :2018/08/25(土) 12:55:56
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00010006-huffpost-soci

爽健美茶で流産? 根も葉もない噂、コカ・コーラ社が否定「妊婦が飲んでも問題ない」
8/24(金) 15:30配信

ハフポスト日本版
爽健美茶で流産? 根も葉もない噂、コカ・コーラ社が否定「妊婦が飲んでも問題ない」
画像はハトムギを含む麦のイメージ写真です
「マタニティマークを付けた人が、爽健美茶を飲んでいたので必死で止めた」とする根も葉もないツイートが拡散している。販売元のコカコーラは8月24日、ハフポスト日本版の取材に対し、こうした噂は信ぴょう性のないもので「爽健美茶は妊婦が飲んでも問題ありません」と答えた。

同社広報は「爽健美茶は発売以来25年が経ちますが、お客様からそうした苦情は承っておりません」「老若男女、あらゆるお客様に美味しくお飲みいただけるように設計されたブレンド茶です。安心してお召し上がりください」と答えた。

発端となったツイートは?

8月下旬、Twitter上で話題となった投稿は次のような内容だった。

あるTwitterユーザーは、マタニティマークを付けた人が「爽健美茶」を飲んでいるところに出くわし、飲むのをやめるよう「必死で止めた」とツイート。爽健美茶はカフェインが入っていないものの、「ハトムギ」の成分が含まれており、流産の危険があるというのが理由だという。

投稿したユーザーは、そのなかで「ハトムギは赤ちゃんをイボと同じ異物と判断して身体から排出」すると言及。「母やお婆ちゃんからこの知恵は受け継いだ」といい、拡散希望のハッシュタグをつけたためか、投稿から5日間で約4000件リツイートされた。

また、「妊娠中にハトムギ茶を飲んではいけない」などと危険視するようなブログも散見される。

しかし、発売元の日本コカ・コーラ社は「通常の『爽健美茶』、『爽健美茶 健康素材の麦茶』ともに妊娠中の方が飲んでも全く問題ありません」と話した。

爽健美茶が流産に直結するというエビデンスはなく、流産するというのは根も葉もない信ぴょう性のない噂であり「現在までに流産したなどといった報告や、危険性について指摘を受けたことはない」という。

医師の研究では?

金沢大学・補完代替医療学研究室の特任教授・産婦人科医の鈴木信孝氏は、「古来、妊娠初期のハトムギ摂取は流産の危険性があるので、摂取はひかえるべきであるという伝承があったが、これについて我々は、ハトムギに発生したカビ毒による子宮収縮作用によるものであると考えている」と講演録で記述している。

鈴木特任教授は、ハトムギの抽出物を、妊娠したラットに通常の漢方薬としての常用量の12.5〜25倍、10 日間経口摂取させても、流産率、早産率、胎内死亡率に変化はみられなかったとして、「ハトムギは度を越えた使用をしない限り、妊娠中でも安全に使用できる」と結論付けている。

ただ、薬などでハトムギエキスを使うものを投薬する場合は、薬の添付文書にあるように、医師に相談して内服するのが望ましいとしている。

田中志乃/HUFFPOST日本版

218 とはずがたり :2018/09/02(日) 23:20:27

韓国人はてきと〜に大学から日本来てそのまま日本に就職すれば良い。韓国社会ストレスたかすぎやろ。

韓国、小中高校でのコーヒー販売を全面禁止 今月14日から
https://news.goo.ne.jp/article/afpbb/world/afpbb-3188140.html
16:36AFPBB News

【AFP=時事】韓国政府は8月31日、全国の小中高校で9月14日からコーヒーの販売を全面的に禁止すると発表した。学校での長い一日で集中力を維持するためにカフェインに頼ってきた生徒や教師たちは、別の方法を模索せざるを得なくなりそうだ。

 韓国では、2013年にカフェインを多く含む飲料を学内で児童・生徒に販売することが禁止されたが、規則をくぐり抜けて教師用の自動販売機でコーヒーを買う児童・生徒がいるのが現状だった。

 韓国政府の食品医薬品安全処の報道官は、学生が試験勉強などで夜更かしするためにカフェイン摂取に頼っているとして、今後は子どもが学内でカフェインを多く含む飲料を購入できる機会を完全に排除したいという政府の意向を示した。

 韓国の朝鮮日報によると、試験期間中の学生は、エナジードリンクやコーヒー牛乳を飲んで夜遅くまで勉強する傾向にあるという。食品医薬品安全処は、コーヒーの飲み過ぎはめまいや動悸(どうき)、睡眠障害などを引き起こす恐れがあるとしている。

 韓国貿易協会によると、韓国は世界7位のコーヒー輸入国で、韓国人は1年に平均512杯のコーヒーを飲んでいるという。【翻訳編集】AFPBB News

219 とはずがたり :2018/09/11(火) 22:33:41
すげえ興味深え。。どうなるかなあ。

https://twitter.com/IoryHamon/status/1039156648797822976
いおり村長(汎用型AI)
@IoryHamon
フォローする @IoryHamonをフォローします
その他
スタバ初のイタリア進出「アメリカの寿司チェーンが日本に出店するようなもの」 なるほど手厳しい #tvtokyo



7:20 - 2018年9月10日

221 とはずがたり :2018/10/21(日) 10:41:11
>>220
 著者らは「今回の研究は観察研究[注2]であるため、結果は慎重に解釈すべきだが」と前置きしつつ、1日に8杯以上飲む人も含めて、コーヒーの摂取量と死亡リスクの間に逆相関関係が見られたことから、「コーヒーは、健康的な食事の1つの要素となり得ることが再確認された」と述べています。また、コーヒーの健康利益には、カフェイン以外の成分が関係していることも示唆されました。

 この結果を受けて「健康のためにコーヒーの摂取量を増やそう」と思った方は、カフェイン中毒の危険性を思い出してください(関連記事「知っていますか? 自分のカフェインの『安全量』」)。デカフェコーヒーでない限り、飲む量を増やすほどカフェイン摂取量は上昇し、健康な成人が摂取しても安全と考えられる量を超えてしまう可能性があることに留意が必要です。

 論文は、2018年7月2日付のJAMA Internal Medicine誌電子版に掲載されています[注3]。

[注1] 一塩基多型:DNAの配列の中の1つの塩基配列が別の塩基に置き換わったもの

[注2] 観察研究:対象とする集団から健康や病気に関するデータを集めて、その集団の中で起こったこと(病気の発症、死亡など)を観察する研究手法のこと。これに対して、研究者が何らかの介入(治療行為など)を行ってその結果起こったことを検討する場合は、介入研究と呼ばれる。

[注3] Loftfield E, et al. JAMA Intern Med. 2018 Aug 1;178(8):1086-1097.

大西淳子
 医学ジャーナリスト。筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

222 とはずがたり :2018/12/06(木) 09:36:21
三宮では垂水の頃から愛用してるヴィ・ド・フランス一択だったけえが気になってた英国屋にいってみた。

一寸高い印象で敬遠してたけど500円でお代わりも出来るし落ち着いてるしなかなかよい。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

小林さんちのメイドラゴン : 1 (アクションコミックス) - クール教信者


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板