したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

乗合自動車(バス)総合スレ

1 荷主研究者 :2008/11/09(日) 03:31:23
Airline & Airportスレに続き、今更ながらバス関係ネタを鉄道総合スレから独立させることに。
高速バスの路線開設や増便・廃止、路線バスの改廃や経営問題などなどバス全般の情報を纏めます。
空港アクセスのバスネタはAirline & Airportスレの方が相応しそうだし、交通局ネタだと地下鉄とバスが被っていたりと、鉄道総合スレの方が貼りやすいネタもありそうだが…。
過去の鉄道総合スレのネタはとりあえず北から地域ごとに分類してみた。けっこう骨の折れる作業であった。

尚、仙台関係のバスネタは個人的に纏めたいので「仙台・宮城・陸奥スレ」に貼り付けることにした。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1212635128/l50

(社)日本バス協会
http://www.bus.or.jp/

(社)日本バス協会 リンク集
http://www.bus.or.jp/buslife/link.html

バス事業者・メーカーのリンク
http://www.luv-lines.com/omnibus/bus.htm

JRバス資料館
http://www.inv.co.jp/~fumo/jrbuslib.html

東名急行バス
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1047289790/642

1739 荷主研究者 :2019/09/15(日) 22:59:59

https://www.sanyonews.jp/article/930197
2019年08月19日 21時50分 山陽新聞
岡山市、バス6方面再編案を提示 重複路線統合や支線導入

http://tohazugatali.web.fc2.com/bus/20190819sanyo01.JPG
http://tohazugatali.web.fc2.com/bus/20190819sanyo02.JPG

 岡山市の地域交通の将来像を示す「地域公共交通網形成計画」策定に向けた第4回法定協議会が19日、市内であり、市はバス路線再編案の全体像を示した。市中心部から周辺地域に向かう6方面を対象に、重複路線の統合やダイヤ調整によって利用者の利便性向上とバス事業の収支改善などを図る。

 6方面は、市東部の三野、高屋、西大寺と、市南部の妹尾、芳泉、岡南。

 市の案では各方面で、並行する路線をまとめる「幹線」と乗り継ぎ拠点から分かれる「支線」の導入▽複数の事業者が重複して走らせている路線の一部廃止▽混雑する時間帯の直行便運行▽利用者数を考慮したダイヤ改正―などを実施。こうした施策で運行経費の削減や便数の適正化を図り、課題となっている運転手不足への対応にもつなげる。

 JR岡山駅周辺など市中心部は6方面の調整が固まった後に決めるため、現時点では検討課題としている。

 市は今後、路線再編案をたたき台に、法定協の幹事会や各バス事業者との個別の話し合いで調整を進める。本年度中をめどに地域公共交通網形成計画をとりまとめ、その後、より具体的な再編実施計画づくりに着手する方針。

 法定協では市の担当者が、委員となっているバス事業者の幹部ら25人に説明。委員からは経費削減効果について「市の計算通りになるのか疑問がある」といった声が上がった。「路線の再編より、JR岡山駅東口バスターミナルへの乗り入れ問題などを先に解決してほしい」との注文もあった。

 終了後、大森雅夫市長は「市民が公共交通を利用しやすいよう整理しているが、具体策になるとバス事業者にはさまざまな意見がある。一つ一つ丁寧に対応していきたい」と話した。

1740 チバQ :2019/09/19(木) 13:15:41
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/543142/
高速バスなどを除く熊本県内の路線バス4099本が14日、無料運行される
2019/9/14 6:00
西日本新聞 社会面
Facebook
Twitter
 高速バスなどを除く熊本県内の路線バス4099本が14日、無料運行される。この日、熊本市中心部の再開発ビルに商業施設「サクラマチ クマモト」が開業するのに合わせ、バス利用を促し道路の混雑緩和を目指す社会実験だ。

 再開発ビルの場所にはかつて、「東洋一のバスターミナル」と呼ばれ、1日6千本が発着した熊本交通センターがあった。バス利用者は同センターができた1969年の約3割に減少し、新たなターミナルは再開発ビル1階に規模を縮小して整備された。

 社会実験は、再開発ビルを建設した九州産交グループが企画し、無料バスを走らせる他社の費用も負担する。グループ幹部は「日頃、自家用車を利用する人たちがバスを見直すきっかけになれば」との願いも込める。路線網が発達し東洋一のターミナルを誇った熊本のバスの底力は、まだ残っているはずだ。事業者が一体となった反転攻勢に期待している。 (和田剛)

1741 チバQ :2019/09/19(木) 13:16:48
https://mainichi.jp/articles/20190919/k00/00m/040/076000c
「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目
毎日新聞2019年9月19日 11時34分(最終更新 9月19日 11時52分)
 西日本鉄道は19日、10月から九州・山口で始める最高級バスツアーで使うバス車両を報道陣に披露した。車内は大川家具やドイツ製本革の座席を採用し、「ホテルのような上質な空間」を演出した。活動的なシニア世代を主要ターゲットに、バスでしか味わえない「まだ見ぬ地域の魅力」を楽しめる体験型ツアーを用意している。

 最高級バスツアーは「GRANDAYS(グランデイズ)」のブランドで展開。専用バスは既存の高速バス1台を約6000万円かけて改造した。座席数を一般的な観光バスの3分の1(12席)に絞り、ゆったりとくつろげる「夢心地」(倉富純男社長)の空間を目指した。


公開された最高級ツアー用の観光バス=福岡市中央区で2019年9月19日午前9時22分、津村豊和撮影
 この日は10月からの4種類のプラン内容も発表した。1人3万7800円の日帰りプランは、佐賀県の有田焼を代表する名窯「柿右衛門窯」を訪問した後、人気シェフの創作コース料理を味わったり、長崎・波佐見(はさみ)焼の窯元が集まる地区を散策したりする。

 最高価格19万8000円の2泊3日プランは、世界文化遺産などを巡り、長崎県の雲仙温泉の老舗ホテルと人気旅館に1泊ずつ泊まる。ツアー内容は季節に応じて刷新する。

 西鉄の川下英次郎営業企画部長は同日の報道向け説明会で「特別な体験ができるツアーがそろった。ゆったり過ごせるバス車内では大きな窓で景色も楽しんでほしい」と話した。【浅川大樹】

1742 荷主研究者 :2019/09/23(月) 14:59:59

https://www.minyu-net.com/news/news/FM20190902-410828.php
2019年09月02日 07時48分 福島民友新聞
新潟空港まで延伸 高速バス会津若松―新潟、誘客に期待

チラシなどで新潟空港までの延伸を知らせたPRイベント

 会津乗合自動車(会津バス、会津若松市)と新潟交通(新潟市)は1日、高速バスの会津若松―新潟線のうち往復6便を新潟空港(新潟市)まで延伸した。会津若松側の始発停留所となる若松駅前バスターミナルで同日、PRイベントが行われた。

 延伸は、同空港への交通改善に向けた新潟県の実証実験で実施。空港を利用した関西圏からの誘客も期待され、会津17市町村でつくる極上の会津プロジェクト協議会は関西圏に焦点を絞った誘客促進に取り組む。

 佐藤俊材会津バス社長らと共にイベントに参加した室井照平会津若松市長は「インバウンドを含めた誘客促進につながるようPRに努めたい」と話した。

 延伸される便の出発時間は、若松駅前発が午前7時45分、同10時、午後2時45分、新潟空港発が午前11時15分、午後1時55分、同6時15分。運賃は大人2470円。

 問い合わせは会津バス若松営業所(電話0242・22・5555)へ。

1743 荷主研究者 :2019/09/23(月) 16:11:16

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/541465/
2019/9/8 6:00 西日本新聞 北九州版
バス乗り場駅南に移設 折尾地区総合整備事業 レイアウト今秋決定 利便性低下に懸念も

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20190908nishinippon01.JPG
折尾駅周辺の完成予想図。手前がバス乗り場となる南口駅前広場で右上は北口駅前広場(北九州市提供、白い建物はイメージ)

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20190908nishinippon02.JPG

 北九州市が約840億円を投じてJR折尾駅(八幡西区)周辺で進めている「折尾地区総合整備事業」を巡り、市はバス乗り場を現在の駅北側から駅南側に移設する駅前広場のレイアウト案を取りまとめた。今秋、整備方針として正式に決定する。唯一の改札口が置かれる予定の北側と、土地区画整理事業で再開発が見込まれる南側の均等な発展を促す狙いだが、改札口からバス乗り場までは約50メートルの連絡通路を通らなければならず、高齢者や障害者の利便性低下を懸念する声もある。

 市折尾総合整備事務所などによると、折尾駅は市営バスと西鉄バスが発着する市内有数のバス乗降拠点。平日は1日約740本(8月末現在)が運行される。若松区西部の住宅密集地など駅北部方面からの往来便が半数を占め、JR黒崎駅(八幡西区)など駅東部方面を結ぶ便が3割程度。

 レイアウト案は地元の街づくり団体や教育関係者らでつくる「おりお未来21協議会」や、交通事業者、障害者団体などの意見を聴取し、学識経験者らで構成する検討会の議論も経て、7月に市が取りまとめた。

 駅の南北にイベント開催などが可能な空間とロータリーを備えた広場を設置。北側はタクシーと乗用車のみの乗り入れとし、南側はこれらに加え、バス乗り場を設置する計画だ。

 南口広場と改札間の移動には、鹿児島線などの高架をくぐる連絡通路の利用が必須。視覚障害のある八幡西区の男性(51)は「後天的に視力を失った人は単独での歩行が難しく、距離は短い方が良い。混み合うと思われる通路を通るのも怖い」と訴える。同事務所は「北側に乗り場を設置しても、改札口まで数十メートルは歩く必要はある」と移設案への理解を求める。

 また、折尾駅着のバスの多くは現在の北口から南口まで遠回りする形となるため、JR乗り継ぎ客の利便性低下を懸念する声もある。

 八幡西区の市民団体「学園&地域交流ネットワーク」は、駅近くの折尾4丁目交差点を左折して北口に向かう若松方面からの便は、交差点を直進し南口まで行くと現在の約2倍の距離を走ることになると推計。蒔田加代副代表は「駅到着が遅くなり、通勤、通学客に不便を強いる恐れがある。市は利用者の声を聞いているのか」と疑問を呈する。

 市は連絡通路南側近くにバス降車場を新設する考えだが、蒔田副代表は「乗客を降ろすバスが連なり、付近が渋滞する可能性もある」と指摘する。

 同事務所は「折尾4丁目交差点は歩行者が多く、若松方面からの便が左折する際、歩行者の横断待ちで通過時間が長くかかっている。交差点を直進することでバスの定時性は高まる」と説明。降車場付近での渋滞への懸念には「道路は片側2車線あり、その恐れは低い」としている。

1744 とはずがたり :2019/09/27(金) 20:17:36

車いす「操作わからない」と乗車拒否…バス会社を行政処分
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190926-OYT1T50256/
2019/09/26 19:35

 路線バスに乗ろうとした車いすの男性の乗車を拒否したとして、国土交通省近畿運輸局は26日、帝産湖南交通(本社・滋賀県草津市)に対し、バス2台の使用をそれぞれ15日間停止する行政処分を行った。

 運輸局の発表によると、男性は7月3日正午頃、大津市の「瀬田駅」バス停からバスに乗車しようとしたところ、運転手から「(車いすの乗降用の)スロープの操作がわからない」と断られ、45分後の次の便に乗車するよう促された。

 バスはワンステップの低床型で、運転手がスロープを設置すれば車いすで乗降できる。帝産湖南交通によると、運転手は「発車時刻を過ぎていた」などと釈明しているという。同社は「不適切であり、男性に謝罪した。処分を重く受け止め、乗務員への指導を徹底する」としている。

 2016年施行の障害者差別解消法は、障害を理由にした乗車拒否や入店拒否などを禁じている。

1745 荷主研究者 :2019/09/29(日) 19:43:08

https://this.kiji.is/544126769996612705?c=92619697908483575
2019/9/10 21:00 (JST)c株式会社熊本日日新聞社
桜町再開発ビル完成 バスターミナル、11日先行開業

完成した桜町再開発ビル=10日、熊本市中央区(横井誠)

 九州産業交通ホールディングス(HD)が熊本市中央区桜町に建設していた再開発ビルが10日、完成した。中心市街地の活性化を図る新たな核施設と期待されており、年間2500万人の来場を見込んでいる。11日には商業施設などに先行して、ビル1階に「熊本桜町バスターミナル」が開業する。

 ターミナルは広さ約1万5千平方メートルで、これまで隣接地にあった仮ターミナルから移転。乗降場は29カ所あり、路線バスのターミナルとしては国内最大規模という。バス発着時のみに開く「ホームドア」で区切られた乗り場を方面別に赤、青、緑で色分けした。  屋内は空調を効かせて乗客が快適に過ごせるようにし、路線バスの位置を確認できるモニターも設置した。

 現在は1日2万〜3万人が利用するが、14日に開業する商業施設「SAKURAMACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)」への来訪効果などで4万〜5万人に増えるとみている。

 再開発ビルは熊本交通センターがあった一帯約3万平方メートルに、2017年1月に着工した。地下1階地上15階建てで、商業施設やバスターミナル、マンションなどを整備した複合施設で、延べ床面積は約16万2千平方メートル。近くの熊本城との調和を目指し、外観は緑の丘のように見た目を段々にしたデザインにした。

 10日、現地で再開発ビルのしゅん工式とバスターミナルの出発式があり、九州産交HDの矢田素史社長は「熊本地震からの復興のシンボル、交流・情報発信の拠点として、中心市街地の活性化と観光立県の実現を目指す」と強調。再開発ビルに「熊本城ホール」を整備する大西一史熊本市長は「熊本全体の復興を後押しする施設。城下町に新たな活力を生み出すよう周辺整備を進めたい」と述べた。(中原功一朗)

1746 荷主研究者 :2019/09/29(日) 19:47:21

https://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20190911494381.html
2019/09/11 20:18 新潟日報
長岡から空港へ、高速バス運行開始
新潟県が実証実験 利用客増目指す

長岡駅と新潟空港を結ぶ早朝の高速バスの初便=11日午前5時30分ごろ、長岡市

 長岡駅から新潟空港に直行する早朝の高速バスを運行する県の実証実験が11日、始まった。札幌・新千歳、大阪・伊丹、福岡に向かう始発便へのバスでの接続が可能となる。中越地方からの空港利用客増につなげたい考えだ。

 新潟県は「路線ネットワーク戦略」の中で、2020年度までに新潟空港の利用客数を135万人とする目標を掲げ、空港アクセスの改善などに力を入れている。

 新潟県空港課によると、従来の長岡駅発の早朝の高速バス(午前6時発)では新千歳(同7時40分発)、伊丹(同8時発)、福岡(同8時20分発)行きの始発便に乗るのは難しかった。

 実験では長岡駅前を午前5時半に出発する高速バスを運行することで、中越地方から空港までのアクセス向上を狙う。現段階では、早朝便は1日1便を本年度末まで運行する予定で、将来的にはバス会社による自主運行を目指す。

 初日の11日早朝には、バス乗り場で県職員ら関係者が初便を見送った。

 早朝便の運行には、長岡市内の企業も期待を寄せる。新潟空港をビジネスで利用する山三商事(長岡市)の巻渕文彰代表取締役は「一つの取り組みとして始めてもらえることはありがたい。さまざまなユーザーの意見を聞いて、よりよい仕組みを作ってもらえればうれしい」と語った。

1747 荷主研究者 :2019/09/29(日) 19:50:31

https://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20190912/CK2019091202000256.html
2019年9月12日 中日新聞
地下や迂回案 検討開始 新交通 金沢駅東西結ぶルート

市長答弁 需要、収支を検証

 金沢市議会九月定例月議会の一般質問が十一日あり、金沢港から金沢駅、香林坊を経由して野町駅までを結ぶ都心軸(七・八キロ)で導入を目指す新交通システムについて、山野之義市長は「金沢駅の東側と西側を結ぶルート案の検討作業に着手した」と明らかにした。駅の地下を通るルート、駅を迂回(うかい)するルートの需要や収支予測などを検証する。都心軸を走るバス路線網の再編方針も検討する。(押川恵理子)

駅西けやき大通りを走る路線バス=金沢市で

 地上走行を基本とした新交通システムは、鉄道並みに大勢の乗客を運べる「バス高速輸送システム(BRT)」、「次世代型路面電車システム(LRT)」が検討の候補に挙げられている。専用走行空間を設けることで車線が減るため、マイカー利用が多い現状の交通量では混雑を招く懸念がある。

 金沢駅西五十メートル道路(県道60号金沢田鶴浜線)などで行った交通量調査の結果を基に、車線の減少によって、周辺の道路を含めて交通にどのような影響が出るかをシミュレーションで検証することも報告した。

 検討結果は年度内にとりまとめる。その後、バス路線網の再編などについて交通事業者らと協議する場を設ける。

 山野市長は「地球温暖化や超高齢化の観点からも新たな交通システムは大切。導入に向けて課題の解決に鋭意取り組む」と強調した。

1748 荷主研究者 :2019/10/14(月) 11:29:30

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/542920/
2019/9/13 12:00 (2019/9/17 15:21 更新) 西日本新聞 ふくおか都市圏版
都市高速でバス立ち乗りなぜOK? 福岡の日常に衝撃受ける人も 1日2720本、西鉄に聞いた

http://tohazugatali.web.fc2.com/bus/20190913nishinippon01.JPG
天神北入口から都市高速に入る西鉄バス

http://tohazugatali.web.fc2.com/bus/20190913nishinippon02.JPG
車両後方に張られた、速度60キロ以下での走行を明示するステッカー

 「福岡都市高速道路を走る路線バスに、お客さんが立って乗っていて驚いた。あれ、大丈夫なんですか?」。2年前に埼玉県から福岡市に転勤してきた男性会社員(42)から、あなたの特命取材班に疑問が寄せられた。地元では“日常”となっている都市高速の西鉄バスだが、人口の入れ替わりが激しい福岡では、この光景に衝撃を受ける人が後を絶たない。あらためて「なぜ」に迫った。

 平日夕方の都市高速天神北ランプ(福岡市中央区)に、路線バスが次々と吸い込まれる。帰宅する会社員らですし詰め状態も少なくない。男性は「高速バスではシートベルトをするよう注意されるのに」と不思議がる。

 西日本鉄道に聞くと「ご質問はよく受けます」と担当者。もちろん違法ではなく、一定の条件で国の規制緩和を受けている。国土交通省によると、主な条件は都市高速を通行する距離と時間が路線全体の半分以下で、その部分は時速60キロ以下で走行すること。車両の前後に60キロ以下で走ることを明示するステッカーを張る必要がある。

 都市高速は、普通自動車の制限速度が時速60キロの自動車専用道路。九州自動車道のような100キロの「高速自動車国道」とは異なる。福岡都市高速には特例として80キロの区間もあるが、そこでも西鉄バスは60キロ以下で走る。

 西鉄が最初に都市高速に乗り入れたのは1981年5月。「福岡-赤間線」で福岡市と宗像市を結んだ。同社によると、当時、いくつかの停留所を飛ばして走る「急行」が好評で、渋滞を避ける新たな手段として都市高速路線を導入した。その後、地下鉄の整備などでバス事業を取り巻く環境が厳しくなり、「新路線やサービスの開発を進める中で、都市高速路線が充実してきた」(担当者)という。

 都市高速を走る路線バスは他県にもあり、冒頭の男性の出身地である埼玉県内の首都高速でも東武バスウエスト(さいたま市)が1路線を運行。名古屋市営バスには、80年から名古屋高速を走る系統があり、平日は上下計40本が走る。

 それに対して福岡都市高速の西鉄バスは平日で32路線、一日に計2720本(9月1日現在)と圧倒的な多さ。ちなみに最長距離は「甘木(都市高速)博多駅線」の水城(太宰府市)から千代ランプ(福岡市博多区)に至る10・9キロに及ぶ。

 「でも、やっぱり怖いですよね」と男性は心配そう。朝、渋滞で10分以上遅れて都市高速に入ったバスに乗車して取材班が“覆面調査”したところ、遅れを取り戻すような運転はなく、都市高速では60キロ以下を貫徹。乗客の降車時には運転士が一人一人に「遅れてすみません」と声を掛けていた。 (福間慎一)

1749 荷主研究者 :2019/10/14(月) 11:47:08

https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=573529&comment_sub_id=0&category_id=256
2019/9/24 中国新聞
広島都心に新循環バス 来年1月以降、病院や商業施設と結ぶ

http://tohazugatali.web.fc2.com/bus/20190924chugoku01.JPG
http://tohazugatali.web.fc2.com/bus/20190924chugoku02.JPG
http://tohazugatali.web.fc2.com/bus/20190924chugoku03.JPG

 広島市が、都心での新たな路線バスの循環線として、JR広島駅(南区)を発着点に南部の病院や商業施設、大学を巡るルートの導入を検討している。来年1月以降の運行を目指す。昨年5月に始めた「エキまちループ」に続く第2弾で、バス事業者が共同運行することで路線の分かりにくさを改善する。

 新たな循環線は延長10・3キロで、右回りと左回りの2系統ある。右回りは広島駅南口を出発し、広島大病院(南区)▽県立広島大(同)▽広島赤十字・原爆病院(中区)―などを通過。商業施設が立ち並ぶ中区の中央通りを北上し、広島駅新幹線口に着く。

 左回りはその逆で、広島駅の新幹線口を出発する。いずれも毎日午前9時〜午後5時、20分間隔で1日27便を検討。料金は190円均一(小学生100円)を想定する。

 共同運行するのは広島電鉄(中区)と広島バス(同)、広島交通(西区)。都心南部では現在、各社が異なるルートとダイヤで運行し、不慣れな利用者には分かりにくい状況が続く。ルートを集約して運行を効率化することで、ダイヤを等間隔にできる。

 広島都心では長らく、バス路線の過密状態が課題となっている。広島電鉄と広島バスが共同で紙屋町・八丁堀地区の延長4・8キロを巡る「エキまちループ」を開始。今年5月の利用者数は1日平均3800人で、1年間で2割増となった。一定の浸透がみられたとして、市は地域公共交通再編実施計画案に第2弾となる循環線を盛り込んだ。

 市は併せて、広島駅と広島港(南区)を結ぶルート(6・2キロ)も計画。公共交通機関の空白地帯だった宇品東地区を通る。平日は1日31便、土日祝日は25便を予定し、陸と海の玄関口の往来をスムーズにする。

 市は、バスやJR、船舶など関連する交通事業者の同意が得られた後、国に同計画の認定を申請する。市都市交通部の梶谷直毅・公共交通計画担当課長は「日常生活に欠かせない通院や買い物での利便性を高め、施設同士の相互利用にもつなげたい」としている。(加納亜弥)

1750 荷主研究者 :2019/10/14(月) 12:20:25

https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20190926000118
2019年09月26日 22時27分 京都新聞
JR津田駅から京田辺経由で伊丹空港へ 京阪バスが新路線

 京阪バス(京都市南区)は10月1日から、JR津田駅(大阪府枚方市)から第二京阪道路の京田辺サービスエリア(京都府京田辺市)の停留所を経て伊丹空港に向かう高速リムジンバスの運行を開始する。乗り換えが必要な鉄道に比べ、アクセスを向上させる。

 1日8往復で、京田辺から伊丹空港まで所要時間約50分。運賃は大人片道1200円。大阪空港交通(大阪府豊中市)との共同運行。

1751 荷主研究者 :2019/10/14(月) 12:24:11

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/349210?rct=n_hokkaido
2019年09/28 05:00 北海道新聞
北海道バス、札幌―帯広参入 10月29日から1日5往復

 北海道バス(札幌)は27日、札幌―帯広間の都市間高速バスに10月29日から参入すると発表した。「帯広特急ニュースター号」として1日5往復し、ビジネス客や観光客の利用を見込む。同区間は、道内の5社が共同で高速バス「ポテトライナー」を1日10往復(平日)しており、利便性が高まる一方で、JRも含め競争が激しくなりそうだ。

 所要時間は最短3時間20分。中学生以上片道3600円、往復6800円。ポテトライナーの片道3840円、往復7270円(いずれも10月1日から)より安く設定した。11月30日の乗車までは、新規開業キャンペーンとして片道3千円とする。発着地となる同社帯広営業所には、約100台収容できる乗客向け無料駐車場を整備した。

 同社は大阪バス(大阪)のグループ企業で、貸し切りバスや札幌と函館・釧路を結ぶ都市間バスを運行。「冬に自家用車での長距離運転を控える層や学生の帰省客も含め、幅広い需要に応えたい」(北海道バス)としている。(本庄彩芳)

1752 荷主研究者 :2019/10/14(月) 12:31:09

https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=575440&comment_sub_id=0&category_id=112
2019/10/1 中国新聞
生活バス発進 広電撤退の呉市域

停留所や道路標示が設けられた仁方駅南口

 呉市域で広島電鉄(広島市中区)が運行する路線バスのうち、周辺エリアと結ぶ5路線7区間が1日、市が契約する事業者の生活バスに変わる。収益の見込めないエリアから広電が撤退するためで、市は今後、生活バス区間で、利用者に利便性の高い運行の在り方を検討する。

 生活バスに切り替わるのは、阿賀音戸の瀬戸線(阿賀駅―鍋桟橋、見晴町―鍋桟橋)▽呉倉橋島線(田原経由藤の脇―鍋桟橋)▽広長浜線(東小坪―新広駅)▽仁方川尻線(川尻小用入口―広市民センター、小須磨―仁方桟橋入口)▽焼山熊野苗代線(苗代下条―平原―呉駅前)。総延長は65キロで、市内のバス、タクシー計7社が、広電の車両を譲り受けて運行する。

 移行に伴って、(1)鍋桟橋(2)広市民センター(3)昭和市民センター(4)新設の仁方駅南口―の4カ所の停留所で、広電が担い続ける路線バスと、生活バスを乗り換える必要が生じる。カード型IC乗車券PASPY(パスピー)などの利用者は、60分以内の乗り換えなら直通時と同運賃にする。

 JR仁方駅の南口には新たな停留所や道路標示が設けられた。生活バスに移る区間では、新たに中国労災病院(広多賀谷)を経由するなどの利便向上も図る。市地域公共交通協議会の有識者からは、市による利用促進、スーパーなどへの乗り入れ、車両の小型化などで収益の改善を求める声が出ている。

 市によると、生活バス移行区間の収入が費用に占める割合は、いずれも路線維持基準とする50%を下回っていた。利用者がわずかな焼山熊野苗代線の苗代―浜田橋間は廃止となる。

 市は近く、既に生活バスを運行している下蒲刈町をモデルに、より柔軟な運行方法を考えるワークショップを始め、本年度内に検討結果をまとめる。市交通政策課は「地域の実情に応じた持続可能な手法を探りたい」としている。(見田崇志)

1753 荷主研究者 :2019/10/14(月) 12:46:35

https://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=576695&comment_sub_id=0&category_id=1060
2019/10/4 中国新聞
バスレーンに一般車 「通勤時に混雑常態化、機能していない」

http://tohazugatali.web.fc2.com/bus/20191004chugoku01.JPG
バス専用レーンで路線バスの前に列を作る乗用車(9月20日午前7時30分、広島市安佐南区西原8丁目)

http://tohazugatali.web.fc2.com/bus/20191004chugoku02.JPG

 「朝のバス専用レーンがマイカーで混み合い、全く機能していない」。広島市安佐南区から市中心部へバス通勤を続ける60代の会社員男性からこんなメールが編集局に届いた。到着が30分遅れるのは、日常茶飯事という。現場を取材してみた。

 ▽専門家「時差利用や手段変更を」

 バスが走るのは国道183号の上り車線。安佐南区緑井1丁目から西区三篠町2丁目にかけての6・4キロは平日と土曜の午前7〜9時、片側2車線のうち左車線がバス専用レーンになる。バスやタクシー、バイクしか通行できず、一般車が走ると道交法違反(通行帯違反)となるが、男性によると、規制区間のほぼ中間点にある安佐南署を過ぎた辺りから混雑してくるという。

 平日の9月20、24日、午前7時半から同署付近で道路の状況を取材した。バスレーンはすいていた一方、右車線はマイカーなどの列ができていた。

 しかし、署を過ぎた辺りから様相は変わる。750メートルほど先にある「今津(南)交差点」では、183号に入ってきた車が混雑する右車線に入れず、左車線のバス専用レーンに次々と流入。そのまま走り続ける車が目立つ。2車線とも渋滞し、バスも巻き込まれていた。バス専用レーンを伝える道路標識もあるが、お構いなしの状態だ。

 署周辺のバス専用レーンだけがスムーズなのは、同署が定期的に取り締まりをしているためとみられる。車通勤で通る50代の男性は「署を過ぎてしまえば摘発されることもないので、急いでいるときはつい左車線を走ってしまう」と打ち明ける。こうした声は他のドライバーからも聞かれる。

 県警も違反車が常態化する現状を把握。これまで取り締まりは「違反車を引き込む場所が他にない」との理由から安佐南署の敷地を使っていたが、同署は「今後は他の場所でも取り締まりたい」と場所を選定中だ。ただ、取り締まりは違反車の抑制に一定の効果が期待できるものの、抜本的な解決までは見通せない。

 バス専用レーンの規制区間は183号沿いに店舗が並び、周辺には住宅がひしめき、車の出入りが激しい。国土交通省が2015年に算出した1日の平均通行量(推定)は4万1828台。ラッシュ時には市中心部方面の2車線は、左車線がバス専用レーンになる上、右折レーンがないため交差点に右折車がいると混雑に拍車がかかる。ドライバーからは道路改良を求める声が聞こえてくる。

 ただ、道路を管理する区によると、改良の予定はなく、地域整備課は「右折レーンの設置には道路の拡張が必要。沿線には土地の余裕がないため、設置は難しい」と話す。

 どう改善を図るべきなのか。広島工業大の伊藤雅(ただし)教授(交通計画)は「限られた道路を利用する際はバスが効率的で、定時性を守らなければならない」とした上で、ドライバーに対し(1)渋滞して時間のかかる車ではなく、バス利用に転換する(2)車は使うが、バス専用レーンのない時間に時差利用する(3)車を使うなら渋滞を覚悟し、バス専用レーンには入らない―の選択肢を提示。バス会社には「連節バスを導入するなど車両を大型化し、より多くの乗客を運べるようにする工夫が必要」と改善策を求める。(高橋寧々)

 <クリック>バス専用レーン(バス専用通行帯) 公共交通機関の定時性確保が目的で、交通量が多く複数の車線がある道路を対象に都道府県公安委員会が指定する。県内では広島市21カ所、福山市4カ所、呉市2カ所が指定され、規制の時間帯は場所によって異なる。バスやタクシーだけが通行でき、違反すると、違反点数1点と反則金が科される。反則金はトラックなどの大型車7千円、普通車6千円など。

1754 チバQ :2019/10/18(金) 16:43:42
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00010008-minyu-l07
「路線バス」待望の再開 郡山・一部路線、利用者ら安堵の表情
10/18(金) 11:56配信福島民友新聞
「路線バス」待望の再開 郡山・一部路線、利用者ら安堵の表情
再開した路線バスから降りる乗客ら=17日、JR郡山駅前
 福島交通は17日、台風19号の影響でバスが浸水、運休となっている郡山市内の約70路線の一部で運行を再開した。
 再開したのは20路線で、同社によると利用者の多い路線を優先したという。通院などで普段から路線バスを利用している同市の主婦(60)は「薬が切れていたので、いつバスが再開するのか不安だった。車がない人はバスがないと厳しい。運行が再開して良かった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。
 同社郡山支社では保有するバス約130台のうち約90台が浸水被害に遭ったため点検作業を行っており、稼働できるバスの確保が課題となっている。同社は「残る約50路線の再開についても、できる限り急ぎたい」としている。再開した路線の情報は同社ホームページで確認できる。

1755 チバQ :2019/10/25(金) 10:49:11
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-00010000-doshin-hok
旧JR天北線代替バス存続危機 輸送量足りず補助打ち切り 沿線の大幅負担増必至
10/25(金) 6:02配信北海道新聞
旧JR天北線代替バス存続危機 輸送量足りず補助打ち切り 沿線の大幅負担増必至
旧天北線代替バスのルート。収支改善を目指し線路が通っていなかった宗谷岬を経由している
 30年前に廃線となった旧JR天北線の代替バス「天北宗谷岬線」(上川管内音威子府村―稚内市、171・6キロ)が、存続の危機にさらされている。輸送量が国と道の補助要件を満たしていないことが会計検査院の指摘で発覚。9月分で補助を打ち切られ、今月1日のダイヤ改正で減便に追い込まれた。今後の路線存続には沿線自治体の大幅負担増が必要で、関係者は対応に苦慮している。

【動画】JR貨物 登別・鷲別機関区から最終便 72年の歴史に幕(2014/8/31)

 バスは稚内と宗谷管内猿払、浜頓別、中頓別の沿線自治体4市町村でつくる天北地域生活交通確保対策協議会が、宗谷バス(稚内)に委託して運行している。音威子府村は財政難で、2014年度に脱退した。

 1日のダイヤ改正では5便を廃止し1日16便としたほか7便を区間短縮。1日3往復だった音威子府―稚内間は1往復になった。9月下旬、浜頓別町から音威子府行きに乗った女性(75)は「免許がないのでバスは必要。減便は不便だが、路線存続のためなら仕方がない」と話した。

旧JR天北線代替バス存続危機 輸送量足りず補助打ち切り 沿線の大幅負担増必至
代替バスの運賃収入の推移
行政が回数券で「買い支え」、発券せず改善指示
 打ち切られた補助は、複数の市町村を通る交通ネットワーク維持を目的とし、対象となる路線の1日の輸送量は15人以上150人以下。2年前の輸送量をもとに申請する。地方自治体が住民に配布するため購入した回数券も輸送量への反映が認められている。このため沿線市町村は00年度から、補助の要件を満たす輸送量の不足分をあらかじめ計算し、年3900万円〜4700万円を回数券で購入する「買い支え」という形をとってきた。

 ただ、回数券の利用が進むと、その分、有料乗車が減る可能性がある。このため各市町村は、購入代金だけ宗谷バスに支払い、実際には回数券の発券を受けてこなかった。

 会計検査院は17年10月、宗谷バスの14、15年度の回数券販売額計9千万円について、発券すらされていないのは運輸実績として認められないと指摘し、国土交通省に改善を指示。回数券購入分が輸送量から除かれ、補助対象から外れることになった。同協議会会長の菅原信男浜頓別町長は、「『買い支え』自体は制度上問題なかったため、特に意識せずに続けてしまった。会計検査院の指摘はもっともだ」と複雑な表情を見せる。

1756 チバQ :2019/10/25(金) 10:49:23
転換交付金での基金「5年で底つく」
 18年度の同路線の運行経費は年約2億円で、赤字額は年1億4千万円。これを国、道からの補助約8700万円と「買い支え」を含めた市町村からの支援5800万円で埋めた。補助が完全になくなった20年度の4市町村の負担額は、大幅減便でも18年度の1・4倍の8300万円に膨らむ見通しだ。

 代替バスは1989年、1日30便の運行で始まった。バス転換に難色を示す地元に配慮し、最初の5年は国が赤字を全額穴埋めしたほか、国からの約40億円のバス転換交付金をもとに基金をつくり、運用益を運行経費にあてていた。

 ただ、すぐに年1億円規模の赤字が常態化した上、低金利で基金の運用益も低迷し収支は悪化。一部路線の廃止や、11年に天北線が走っていなかった宗谷岬を経由するルートに変更するなど改善策に取り組んだものの好転せず、94年度に取り崩しを始めた基金の今年3月末の残高は1億9千万円。「このままだと5年ほどで底をつく」(菅原町長)という。

 バス路線存続が厳しくなってきたことを受け、道は5月から4市町村と今後の交通体系を巡る協議を始めた。

 道交通企画課の川村秀明課長は「ワゴン車での輸送なども視野に、交通体系を再構築する時期に来ている。住民の需要に応えられるよう、共に解決に向け取り組みたい」と話す。

 現在、JR北海道は、日高線(鵡川―様似間)など「単独維持困難路線」で、地元自治体にバス転換を提案している。菅原町長は「バス転換しても、人口が減り、地域経済が縮んでいく中で、利用を伸ばし路線を維持していくのは簡単ではない。バス路線が複数の自治体にまたがれば、弾力的な対応も難しくなる」と指摘する。

北海道新聞

1757 とはずがたり :2019/10/27(日) 19:48:50
「バス」57台が使用できず 台風浸水被害の福島交通・郡山支社
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20191026-427596.php
2019年10月26日 12時00分

 台風19号による浸水被害を受けた福島交通郡山支社で、バス57台が損傷し、使用できない状態となっていることが25日、同社への取材で分かった。現在は郡山市内の路線バス約70路線のうち34路線と一部の高速バスが運休となっており、完全復旧のめどは立っていないという。


 同市の逢瀬川近くにある同郡山支社は約2メートル浸水。保有するバス165台のうち92台が被害に遭い、点検作業を行っていた。損傷したバスはエンジンや座席の修理が必要という。同社は不足分の車両はほかの支社から借りたり、購入済みの中古車両を整備したりして復旧を急いでいるという。

1758 チバQ :2019/10/28(月) 22:50:06
https://www.sankei.com/politics/news/191028/plt1910280048-n1.html
タクシー料金が乗る前に分かる 事前確定運賃スタート
2019.10.28 19:42政治政策

 タクシーの乗車前に料金が分かる新しい運賃制度「事前確定運賃」が28日から始まった。スマートフォンのアプリでタクシー配車を行うジャパンタクシーなど数社のサービスで、目的地などを入力すると事前に運賃が表示される。タクシー運賃は実際の乗車距離や時間に比例して増える方式が一般的だが、訪日客ら土地勘のない人も安心して乗車できるようになる。

 ジャパンタクシーは東京23区と武蔵野、三鷹両市のほか北海道の札幌、千歳の両市で事前確定運賃サービスを開始。乗車場所と降車場所を入力して経路を選ぶと、時間帯や曜日などに基づいて事前に運賃が確定する。国土交通省によると札幌、東京、名古屋など27地域で、約200のタクシー事業者が事前確定運賃に対応予定。開始時期は事業者やアプリごとに異なり、段階的に拡大する見通しだ。

 事前確定運賃は、平成29年8月に国交省やタクシー各社が実証実験を実施。利用者からも好評で、国交省が道路運送法に基づく通達を改正して28日から制度としてスタートした。

 ジャパンタクシーの川鍋一朗社長は「大正元(1912)年に距離に応じて増える運賃が始まったが、ルートを事前に決められる配車アプリで、業界108年目で初めての運賃体系を導入できた」と事前確定運賃の意義を強調した。

 事前確定運賃制度は、複数の交通手段を一括して利用・決済する「MaaS(マース)」の普及にもつながると期待されている。電車、バス、タクシーを乗り継いだ場合の一括運賃決済が可能になるためで、今後のマースの普及拡大に弾みがつきそうだ。

1759 チバQ :2019/10/28(月) 22:51:05
https://www.sankei.com/politics/news/191028/plt1910280052-n1.html
事前確定運賃でタクシー業界激変 相乗り普及のきっかけに
2019.10.28 19:56政治政策


 28日から始まったタクシー運賃が乗車前にアプリで把握できる「事前確定運賃」は、タクシー業界の転換点となる制度といえそうだ。訪日客が安心して乗車しやすくなるというメリットに加えて、到着地点が同じ乗客同士が同じタクシーに乗る「相乗り」や、複数の交通手段を一括して利用・決済する「MaaS(マース)」など新サービスを始めやすくなるためだ。国土交通省も地域の交通手段維持に向けマースなどに期待しており、新運賃制度の普及に弾みがつきそうだ。

 「出発地から目的地へのルートを事前に提示できる配車アプリだからこそ、導入が可能になった」。ジャパンタクシーの川鍋一朗社長は配車アプリと事前確定運賃制度の意義をこう強調した。タクシー配車アプリでは、28日に開始したジャパンタクシーや「S.RIDE(エスライド)」のほか、「MOV(モブ)」や「DiDI(ディディ)」などが事前確定運賃への対応を予定している。

 事前確定運賃はさまざまなタクシーの新サービスのきっかけにもなりそうだ。

 今年3月に安倍晋三首相が国土交通省に導入検討を指示した「相乗り」は、アプリで到着地点が同じ乗客を結びつけて、タクシー運賃を割り勘できるようにする仕組み。事前確定運賃制度と組み合わせれば乗車段階での割り勘が容易になる。乗客は運賃を節約できるほか、事業者も効率的にタクシー運行できる利点がある。国交省は相乗り導入のための制度見直しを年度内に行う方針だ。

 国交省が地域の公共交通活性化に向けた対策案として25日の省内有識者会議で提示した「地域版マース」の創設に向けても、事前確定運賃は追い風となりそうだ。電車やバス、タクシーなど複数の交通手段を使うマースでは、事前確定運賃の導入で、これまで正確な額が提示しにくかったタクシー運賃も含めた総料金がより正確にわかるからだ。


 ただ、新制度やサービスはスマートフォンや配車アプリの利用が大前提で、今後は新制度の利点をアプリの普及につなげられるかが焦点だ。(大坪玲央)

1760 チバQ :2019/11/08(金) 19:30:45
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/553496/
九重のバス、接続の悪さ観光客嘆く 高速バスに配慮なく 町民のJR利便性優先
2019/10/24 6:00
西日本新聞 大分・日田玖珠版 鬼塚 淳乃介
Facebook
Twitter
拡大
コミュニティバスに乗り込む観光客

 雄大な自然が広がる飯田高原(九重町)に行楽に行っているという福岡市の会社員男性(51)から、あなたの特命取材班に投稿が寄せられた。「九重町のコミュニティーバスと福岡からの高速バスの接続が悪く、乗るのをためらってしまう」。バスは飯田高原へ向かう唯一の公共交通機関で、マイカーを持たない人や車が運転できない高齢者などには大きな問題らしい。どうなっているのか-。

 バスは、町が運営する「コミバス」の九重縦断線。塚脇(玖珠町)と飯田交流センター(九重町)を結び、交流センター行きは平日5本、土曜6本、日曜祝日3本を運行している。

 途中の「九重インターチェンジ」で、高速バスで福岡方面から来た観光客がコミバスに乗り換えるが、高速バスの到着時刻とコミバスの出発時刻の差は多くが2〜4分。中には、高速バス到着の2分前に出発する便もある。

 町の担当者に聞くと「確かに接続が悪いという声はある」と認める。「高速バスが渋滞で遅れているので出発を待って」という電話もあったといい、国土交通省九州運輸局の担当者も「乗り換え時間は5分以上に設定する方がいい」と指摘する。

 なぜ、こんなおかしなダイヤになったのか。九重町によると、高速バスなどとの接続も含めて利便性に配慮したダイヤ改正を昨年4月に住民に告知し、同10月に行う予定だった。その最中の同7月に西鉄グループの高速バスがダイヤ改正を実施。むしろ接続が悪い状態になったが、そのままコミバスのダイヤ改正を行ったという。

 だが、町は「改正を望む町民はそれほど多くない」との認識を示し、すぐに改正する予定はないという。

 大きな理由は、コミバスとJR豊後中村駅との接続。列車が出発する30分以内にバスが到着したり、列車到着後5分後にバスが駅を出発したりするようバスのダイヤは設定されており、高速バスをあまり利用しない町民は今のダイヤを歓迎しているようだ。

 では、このままでいいのか。九重町には飯田高原のほか、開業約10年で1千万人を集めた九重“夢”大吊橋(おおつりはし)など観光資源があり、今後は高齢者や外国人観光客など、車を持たない観光客の増加も見込まれる。九州運輸局の担当者も「コミバスは町民の意見が一番だが、観光客の意見も考慮することが望ましい」とする。町民か観光客かではなく、両方が折り合いをつけられるような配慮や調整がこれから、もっと求められてくるのではないだろうか。(鬼塚淳乃介)

1761 荷主研究者 :2019/11/10(日) 22:17:07

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51149650Y9A011C1EA1000/
2019/10/19 17:00 日本経済新聞 電子版
2台連節バス、地方を快走 運転手不足を補う効果も
渋滞や社内混雑解消

1762 チバQ :2019/11/13(水) 19:48:02
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/496160
他県より10万円安い場合も 沖縄の路線バス、運転手不足が深刻なワケ
2019年11月11日 08:37
 路線バスの運転手不足が深刻化しており、沖縄県内バス会社の人事担当者は「若い人が来ない」と口をそろえる。危機感を募らせる各社は、バスの運転に必要な大型2種免許の取得費用を実質的に会社が負担する制度を設けるなど、運転手の育成にも力を入れる。しかし、厳しい労働環境などから、運転手の確保は進んでいないのが現状だ。(政経部・仲村時宇ラ)

拡大する
沖縄労働局と県バス協会が実施したバス運転手セミナーで、実際に運転を体験する参加者(右)=5月29日、豊見城市内


 特に若年者の新規採用が進まない原因について、県内バス会社の労働組合役員は「第一に賃金の低さがある」と指摘する。「県外の路線バス運転手と比べると基本給で10万円近く違う場合もある」といい、「正直(若い人に)魅力的な職になっていない」とこぼす。

 県内のあるバス会社の組合員を対象にしたアンケートでは、賃金について「大いに不満」とした人が半数以上を占め、「やや不満」を合わせると約8割が賃金に不満があると答えたという。

 2018年の県の賃金構造基本統計調査によると、県内の主要路線バス会社がおおむね該当する100〜999人規模の企業の「所定内給与額」(支給された現金給与額から超過労働給与額を引いた額)は、全産業計で24万6500円だったのに対し、運輸・郵便業では22万600円だった。

 また、主にボーナスに当たる「年間賞与その他特別給与額」では、産業計の58万2600円に対し、運輸・郵便業は45万600円と差がある状況だ。

 同役員によると、こうした収入面をカバーするため「長時間残業を希望する運転手もいる」と指摘。繁忙期には「過労死ライン」とされる月80時間を超える場合もあるという。

 また県内の特徴として、片道3時間以上の長距離路線があることや、全国ワーストともいわれる渋滞事情などもあり「運転手の(肉体的、精神的)負担は大きく、厳しい労働環境だ」と明かす。

 一方で「各社はどこも厳しい状況。(経営)体力があってこの賃金なら問題だが、(現状では)会社としても待遇を改善できない」と、各社の努力による改善には限界もあるとした。

1763 とはずがたり :2019/11/14(木) 14:05:49
浸水時にバス100台を大移動・被害免れた行動とは?  長野
11/13(水) 19:34配信SBC信越放送
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00364630-sbcv-l20

先月の台風19号では、長野市の千曲川の決壊して北陸新幹線が水没し、廃車になる被害が出ました。
一方で、敷地が浸水した近くのバス会社では、およそ100台の車両が被害を免れていたことが分かりました。
堤防からおよそ2キロほど離れた長野市村山の長電バスには、先月13日の朝、水が押し寄せました。
営業所所長の原澤一美さんは「膝より上ぐらいまで来ていた」と当時の状況を振り返ります。
車庫には当時100台のバスが残されていました。
会社は100台のバスを安全な場所に避難することを決め、原澤さんが緊急避難を指示しました。
移動先に選んだのは、土地が高く広い駐車場のある須坂市の臥竜公園です。
しかし止められる車両は40台まで。
次に選んだのが長野電鉄が所有する須坂駅の駐車場でしたが、こちらも止められる車両は30台まで。
そこで、敷地が広い長野市西和田の長野運輸支局にも許可を得て、そこに多くの車両を移動させることにしました。
会社を心配して自主的に集まった運転手たちが協力しあい、移動を開始。
まず15台から30台のバスが一斉に避難場所へと移動し、そのまま全員が1台のバスに乗り込み、会社へ戻りました。
この移動を数回繰り返し、バス100台を効率よく移動させたといいます。
当時バスの移動をした運転手の荒木善則さんは「20台30台で連なっていくことはまずないので、複雑な気持ちだった」と振り返ります。
また「一度行って戻ってきた時に駐車場の水がだんだん増えてきたので、どこまで増えているのかなという不安はかなりあった」と話します。
移動ができそうな広い駐車場を事前に把握していたことが功を奏し、2、3時間後には、すべてのバスを移すことができました。
長電バスは、2日後には通常の運行を再開。
しかし、バスを避難させていなければ、数十台が廃車になっていた可能性もあったといいます。
所長の原澤一美さんは「災害ボランティアのバスも運行していますし、列車代行も運行していますので今後も同じように活用していただければ」と話します。
水が迫りくる中で行われたバスの大移動。
事前の準備と迅速な行動が100台のバスを守りました。

最終更新:11/13(水) 20:20


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

小林さんちのメイドラゴン : 1 (アクションコミックス) - クール教信者


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板