したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

大相撲スレ

1 大相撲ファン :2008/10/30(木) 14:50:47
大相撲についてを扱う

876 チバQ :2018/04/05(木) 20:36:38
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000101-jij-spo
巡業部長も「不適切だった」=土俵の救命女性への呼び掛け―大相撲
4/5(木) 19:10配信 時事通信
 4日に京都府舞鶴市で行われた大相撲春巡業で、救命処置に当たった女性に対して行司が土俵から下りるよう促した件について、日本相撲協会の春日野巡業部長(元関脇栃乃和歌)は5日、巡業先の兵庫県姫路市で、「協会としても不適切だったと認めている。今後、こういったことも想定しながら対応策を取っていく」と述べた。

 舞鶴市での興行では、あいさつに立った多々見良三市長が土俵上で倒れた際、応急処置した女性に対し、行司が館内放送で「女性は土俵から下りてください」と複数回伝えた。相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は4日、「人命に関わる状況には不適切な対応でした。深くおわび申し上げます」と謝罪の談話を出している。

 舞鶴市は5日、多々見市長がくも膜下出血で手術を受けたと発表。容体は安定し、約1カ月の入院治療が必要という。相撲協会の尾車事業部長(元大関琴風)によると、八角理事長は市長をお見舞いし、女性には謝意と救助の感謝を伝えたい意向を持っている。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000170-sph-spo
八角理事長、女性へのお礼と謝罪を行う意向…尾車事業部長明かす
4/5(木) 19:12配信 スポーツ報知
八角理事長、女性へのお礼と謝罪を行う意向…尾車事業部長明かす
八角理事長
 京都・舞鶴市で4日に開催された大相撲春巡業中に、土俵上であいさつをしていた多々見良三市長(67)が倒れた際、救命処置を施した女性が土俵から下りるよう、場内アナウンスで促された問題で、日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)が可能な状況になり次第、同市長へのお見舞いと女性へのお礼及び謝罪を行う意向があることを発表した。

 相撲協会ではこの日、舞鶴での巡業担当だった松ケ根親方(元幕内・玉力道)が両国国技館を訪れ、理事長始め執行部に経緯を報告した。

 その後、報道陣に対応した尾車事業部長(元大関・琴風)は、「可能なタイミングでお見舞いへ行かせて頂き、救命措置に協力して頂いた女性の方にも、可能なら直接お会いして感謝の気持ちと、不適切なアナウンスがあったことをお詫(わ)びしたい」と明かした。救命措置にあたった女性は看護師だったという。

 不適切な場内放送がなされた経緯については、放送を担当していた若手行司が観客の「女性を土俵に上げていいのか」という声に慌てて反応した末に発したものと説明。「どんな経緯でも言い訳はきかないこと。この世に人命より大切なものは存在しません。女性が(伝統的に)土俵に上がってはいけないことと、人命救助は別次元の話です」と尾車部長。

 また市長が搬送された後、協会関係者が土俵に塩をまいたという一部報道について、尾車部長は稽古や本場所で力士がけがをした後などにまく慣例に従ったことを強調した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000161-spnannex-spo
相撲協会・尾車事業部長 人命尊重明言、大量の塩は女性が土俵に上がったためではないと強調
4/5(木) 19:27配信 スポニチアネックス
相撲協会・尾車事業部長 人命尊重明言、大量の塩は女性が土俵に上がったためではないと強調
相撲協会・尾車事業部長
 4日に京都府舞鶴市で行われた大相撲春巡業の土俵上でのあいさつの途中に多々見良三市長(67)が倒れた際、救命処置を施した女性に、土俵から下りるよう場内放送があった問題で5日、日本相撲協会で尾車事業部長(60=元大関・琴風)が報道陣に対応した。

【写真】大相撲の春巡業で、土俵上でのあいさつ中に舞鶴市長が倒れ、救命のため駆けつけた女性

 巡業を担当した松ケ根親方(43=元幕内・玉力道)から報告を受けた尾車事業部長は行司のアナウンスについて「(観客席の声に)あわてて反応してしまった」と経緯を説明し、幕下や三段目が担当している巡業の放送体制を変える必要があると言及。“女人禁制”の伝統には「人命より大事なものはこの世に存在しない。女性が土俵に上がってはいけないという話とは違う次元の話」と明言した。

 また、市長の搬送後に大量の塩がまかれたことに対し、一部で報道のあったような女性が土俵に上がったことが理由ではないと強調。「本場所でも稽古場でもアクシデントがあったときに連鎖を防ぐために塩をまいている。女性だから、というのは強く否定したい」と続けた。

 4日夜に協会を通じコメントした八角理事長(54=元横綱・北勝海)の思いにも触れ「理事長は“可能なタイミングで市長のお見舞いに行かせていただきたいという思い」とコメント。救命処置をした女性はともに看護師であることも明かし、八角理事長が直接、感謝と不適切なアナウンスのおわびをしたい意向と話していた。

877 とはずがたり :2018/04/06(金) 22:27:04
「下りなさい」相撲協会員、口頭でも直接指示 心臓マッサージの女性は看護師
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000541-san-soci
4/5(木) 22:11配信 産経新聞

 京都府舞鶴市で4日行われた大相撲春巡業で、あいさつ中に突然倒れた市長の救命措置で駆け上がった女性に、日本相撲協会側が土俵を下りるよう求めるアナウンスを流した問題で、アナウンス以外にも、女性に向かって土俵を下りるよう協会員が直接指示していたことが5日、分かった。土俵に上がった女性のうち、少なくとも1人は現役の看護師だったという。

 ■あいさつ1分後に倒れ

 関係者によると、多々見(たたみ)良三市長(67)は土俵上であいさつを始めて約1分後、あおむけに倒れた。観客席にいた女性が土俵に上がって心臓マッサージ。会場に待機していた救急隊員らがAED(自動体外式除細動器)や担架を持って駆け付けたという。

 この際、場内アナウンスのほか、日本相撲協会の協会員が女性らに「下りなさい」などと声を掛け、手ぶりでも下りるよう指示。多々見市長が運び出され、女性らも土俵から下りた後、土俵には大量の塩がまかれたという。

 協会側はアナウンスについて、「人命に関わる状況には不適切な対応で、深くお詫びする」などと謝罪。塩をまいたことについては「土俵で骨折や大きなけががあった際の通例で、女性が土俵に上がったこととは関係はない」と釈明した。

 ■医師の市長が院長を務めた病院の看護師

 関係者によると、最初に土俵に上がった女性のうち1人は、医師でもある多々見市長がかつて院長を務めた病院の看護師。「市長が倒れ、いたたまれずに、とっさに土俵に上った」と話しており、上がる際には「上がっていいですか」と、周囲に声をかけていたという。

 多々見市長は搬送後、くも膜下出血と診断。命に別条なく、約1カ月の入院が必要という。

 ■「女性の行動は勇気ある」

 巡業実行委員会の河田友宏委員長(78)は「女性の行動は勇気があり、適切な処置だった。アナウンスはわざわざすることではなく、理解しがたい」。巡業の勧進元(発起人)を務めた四方八洲男(しかた・やすお)さん(78)も「しきたりと人命、どちらが大事かといえば人命。大相撲は女性ファンが増えており、議論が必要」と話した。

 スポーツ文化評論家の玉木正之氏は「伝統が本当に正しいか、時代に合っているかを考える必要がある。そもそも、相撲関係者がどれだけ伝統の意味を理解しているのか疑問で、おそらく教条主義的に『女性は土俵に上がってはいけない』としているのではないか」と指摘した。

878 チバQ :2018/04/07(土) 03:07:23
地元に「宝塚」があるんだから、宝塚の舞台に男性を参加させたら?
このタイミングでこの発言は売名行為にしか思えない

5944: チバQ :2018/04/07(土) 03:02:54
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-20161806-kantelev-l28
女人禁制に波紋も 宝塚市の女性市長「土俵の上であいさつできず悔しい」
4/6(金) 20:17配信 関西テレビ
女人禁制に波紋も 宝塚市の女性市長「土俵の上であいさつできず悔しい」
中川市長は土俵の外であいさつ
兵庫県宝塚市の女性市長が、大相撲の春巡業・宝塚場所で土俵上で挨拶を行いたいと申し入れたところ、相撲協会側に断られていたことがわかりました。

6日、兵庫県宝塚市で行われた大相撲春巡業。

【中川智子 宝塚市長】
「私は女性市長ですが人間です」

土俵の下であいさつを行った中川智子市長が「女性が土俵に上がれない」ことに異議を唱えました。

【中川市長】
「女性であるという理由で市長でありながら土俵の上であいさつができない。悔しいです。つらいです」

今、大きな波紋を呼んでいるのが大相撲の「女人禁制」問題。その発端となったのが。

4日、京都の舞鶴市で行われた春巡業。
挨拶のため土俵にあがった多々見市長が突然倒れ看護師資格を持つ数人の女性が土俵に上がり救命処置をしているさなか…。

【アナウンス】
「女性の方は土俵から下りてください。男性がお上がりください」

「土俵上は女人禁制」とする相撲界の慣例を重んじたのでしょうか。
行司が女性に対し土俵から降りるようアナウンスしたのです。

人命にかかわる事態での耳を疑う対応に多くの批判が集まり、八角理事長が謝罪することに。

【八角理事長コメント】
「行司が動転して呼びかけたものでしたが、人命に関わる状況には不適切な対応でした。深くおわび申し上げます」

アメリカのニューヨークタイムズは「日本の女性は男女平等に対し無数の障害に直面している」と報じ、ワシントンポストは「日本の女性が直面する課題を明確に表している最も新しいケースだ」と取り上げました。

また、野田聖子女性活躍担当大臣は相撲協会に対し今回の件を踏まえて適切に対応するよう求めました。

【野田聖子 女性活躍担当相】
「女性が上がれないのというのは、かつてトンネルでもあった。山の神様は女性だから、トンネル工事の時に女性が入ると事故が起きるかもしれないと。相撲協会において適切に今回の事例を受けてどう歩んでいくか、決めていただければよろしいのでは」

宝塚巡業で中川市長は。

【中川智子 宝塚市長】
「伝統は大事にすべきですでも、今時代はどんどん変わり女性の知事、女性の市長も増えています女性の総理大臣も現れるかも知れません。その時に、女性は絶対に土俵の上にのぼってはいけないんでしょうか」

「女人禁制」への疑問を土俵の下から訴えました。

実は、去年も土俵下で挨拶を行っていて今回、舞鶴の巡業の件を受け、土俵の上で挨拶できるよう相撲協会に要望。
しかし、「伝統に配慮して下でお願いしたい」と断られたということです。

【中川市長】
「『いけない』という意見もあるでしょう。伝統を守りながら、変えるべきものは変えていく、変革する勇気も大事なのではないでしょうか」

ヤジが飛ぶこともありましたが、会場からは大きな拍手が起きました。

【巡業を見た人】
「勇気ある行動だなと思いました。時代の変化とともにそういうこともあっていいかと思います」
「上がっていいと思ったので同意はできました」
「守ってきた問題もあるので、平等だけで変えてしまうとこれから先いけない」
「差別じゃない。伝統だからわずかなこと目つむったらどうですか」

中川市長の主張に対し相撲協会の春日野巡業部長は「女性軽視をしているわけではないが、無理矢理やりたいなら何で去年は言って来なかったのか?協会としては、女人禁制の仕切りでやっているので粛々とやっていく」と話しました。

女人禁制は守るべき伝統なのか?今後も議論は続きそうです。

関西テレビ

879 名無しさん :2018/04/09(月) 21:44:30
2018.4.9 17:19
「倒れても男性の医者がいる」 静岡・掛川市長が大相撲春巡業であいさつ後、釈明
https://www.sankei.com/life/news/180409/lif1804090014-n1.html
静岡県掛川市の松井三郎市長(71)が9日、同市の東遠カルチャーパーク総合体育館で行われた大相撲春巡業のあいさつで「(土俵に)立たせていただいて大変感激している。こけないように、倒れないように。万が一の時も男性のお医者さんが近くにいます」と発言した。

 4日の春巡業で京都府舞鶴市の多々見良三市長が土俵上でくも膜下出血によって倒れた際、救命処置をしていた女性に土俵から下りるよう促す場内放送があったことが問題となっていた。

 来場者から「失言だ」という声も出るなど、不謹慎とも取れる発言に、松井市長は「本当に緊張していて足が震えていた。全く舞鶴市のことは意識になかった。後から言われれば(不謹慎と)受け取られるかもしれない」と釈明した。

880 とはずがたり :2018/04/12(木) 09:49:25

「ちびっこ相撲」女児土俵に上げず 協会、静岡巡業で今年から
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201804/CK2018041202000155.html
2018年4月12日 朝刊

 静岡市で八日にあった大相撲春巡業「富士山静岡場所」で、力士が土俵上で子どもに稽古を付ける「ちびっこ相撲」に、毎年参加していた小学生の女児が参加できなかったことが分かった。主催者側に日本相撲協会から直前に「女の子は遠慮してほしい」と連絡があった。

 富士山静岡場所は前身を含め二〇一三年から毎年開催。少なくとも昨年までの三年間は、ちびっこ相撲で女子児童が土俵に上がっていた。今年は静岡市と静岡県焼津市の相撲クラブの女児五人程度が参加する予定だった。

 主催した実行委員会の幹部によると、静岡場所を担当する日本相撲協会の荒磯親方(元幕内玉飛鳥)から四日に電話があり、ちびっこ相撲に女児を参加させないよう要請された。ちびっこ相撲には結局、焼津市と静岡市の相撲クラブの男子のみ約二十人が参加した。

 電話があった四日は、京都府舞鶴市での巡業で、土俵上であいさつをしていた多々見良三市長が突然倒れ、看護師の女性らが駆け寄り、救命処置をした。その最中に行司が「女性の方は土俵から下りてください」と場内アナウンスで促したことで、「命よりも『女人禁制』の伝統が大事なのか」と批判が集中した。女児三人が参加予定だった「やいづ少年相撲クラブ」(焼津市)のコーチは「三月ごろに県相撲連盟から参加の打診があった。地方の巡業ぐらい女の子も土俵に上げてほしかった」と残念がる。

 協会広報部によると、三月の大相撲春場所中に巡業部長名で「年齢にかかわらず女性を土俵に上げないように」との通達が出された。広報部の担当者はこの時期に通達を出した理由については「巡業部長が交代したことが一つ」と新巡業部長の意向を示唆した。 (沢田佳孝、福島未来)

881 とはずがたり :2018/04/12(木) 13:29:13
土俵で救命措置の女性、感謝状を固辞「当然のことした」
https://news.goo.ne.jp/article/asahi/sports/ASL455X1HL45PLZB01P.html
04月06日 06:27朝日新聞

土俵で救命措置の女性、感謝状を固辞「当然のことした」

多々見良三市長が倒れた直後、土俵に駆けつけた関係者や警察官=4日午後、舞鶴市上安久の舞鶴文化公園体育館(読者提供)

(朝日新聞)

 京都府舞鶴市で開かれた大相撲の巡業で、あいさつ中に土俵で倒れた同市の多々見(たたみ)良三市長(67)に心臓マッサージをしていた女性たちに、行司がマイク放送で「土俵から降りてください」と求めた対応が批判をあびている。主催した実行委員会の幹部によると、女性は看護師らだった。大相撲は「女人禁制」の伝統があるが、相撲協会も不適切な対応だったと認めた。

 会場にいた巡業の勧進元(主催者)で、前綾部市長の四方八洲男(しかたやすお)さん(78)は「人命かしきたりかと問われれば、ちゅうちょなく人命。あのときの行動はなかなかできるものではない。立派だ」とたたえた。さらに、「染みついたしきたりにより反射的にああいうアナウンスをしたのだろうが、女性の相撲ファンも増えている。しきたりを見直す、前向きなきっかけにしてはどうか」と提案した。

 実行委は5日午後、心臓マッサージの中心になった女性に感謝状を贈りたいと連絡したが、「当たり前のことをしただけ。そっとしておいてほしい」と固辞したという。

 土俵の近くにいた60代女性は「ぱっと行動に移せた女性は偉い」と評価。夫と訪れた70代女性も「アナウンスが流れてもすぐには降りず、救命措置を続けていた。アナウンスが流れ、なんでだろうと疑問だった」と振り返る。周囲の観客も「なんでや」と話していたという。

 観客の70代男性は「アナウンスが流れたとき意味がわからず、後になって女人禁制のことだとわかった。それぐらい救護は自然なことで、アナウンスは不自然だった」と話した。

 市によると、多々見市長は1カ月ほど入院し、堤茂副市長が職務を代行する。(大久保直樹)

882 とはずがたり :2018/04/12(木) 13:34:51
>>878
まあこれは社民のおばちゃんの売名行為臭いですが,女にも力士させろと云ってる訳では無いのでいいんじゃないですかね?

宝塚の舞台では男が挨拶することは出来る様なんで。

あと宝塚は阪急の営利事業だけど大相撲は税金で優遇されてる公益法人ですし,まあジェンダーにはより配慮が必要な面もあるかも。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1246006847

「○○の○十周年記念」などの特別イベントや講演などの催し
また貸切公演の司会者や主催会社の方が挨拶のためなどでは
宝塚大劇場・東京宝塚劇場の舞台に
男性が出演される(舞台に立つ)ことは時折ありますが

883 とはずがたり :2018/04/12(木) 13:35:27
土俵に大量の塩まく 女性らが倒れた市長救命後 舞鶴
https://www.asahi.com/articles/ASL453VCJL45PLZB006.html?ref=goonews
2018年4月5日13時21分

 京都府舞鶴市で開かれていた大相撲の春巡業で、土俵上でのあいさつ中に倒れた多々見(たたみ)良三市長(67)を救命中の複数の女性に対し、土俵から降りるよう場内アナウンスがあった問題で、救命行動後に、大量の塩がまかれていたことがわかった。

 複数の観客によると、女性を含む救護にあたった人たちが土俵から降りた後、相撲協会関係者が大量に塩をまいていた。

 大相撲では、稽古中や本場所の取組中に力士がけがをしたり、体の一部を痛めたりしたようなときに塩をまくことがよくある。日本相撲協会の広報担当は取材に「確認はしていないが、女性が上がったからまいたのではないと思う」と話した。

 観客の60代女性は「周りにいる男性がおろおろしている中で、複数の女性がすばやく救命措置をしていたので立派だった」。場内アナウンスについては「女人禁制の伝統があるのだろうが、人命救助にかかわることであり許されない。救助の手を止めていたらどうなっていたことか」と話した。

 多々見良三市長(67)はくも膜下出血と診断された。手術を受け、1カ月ほど入院することになった。

     ◇

 女性らが救命活動した後の土俵に塩がまかれたことについて、日本相撲協会の尾車事業部長(元大関琴風)は5日、「女性軽視のようなことは全くない。(けがの)連鎖を防ぐためにまいた」と説明した。

884 とはずがたり :2018/04/19(木) 10:16:19
貴乃花親方が一門の名称消滅を明言
2018/4/19 10:11
c一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/359506769276093537

 大相撲の貴乃花親方(元横綱)が19日、「貴乃花一門」から「貴乃花」の名称が消滅することを明言した。一門の親方衆の了承を得たとし「私の名前のある一門は返上しますとお伝えした。受け入れていただいた」と話した。

885 チバQ :2018/06/23(土) 00:05:41
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00050070-yom-spo
貴乃花親方離脱で「阿武松グループ」に名称変更
6/22(金) 16:49配信 読売新聞
 大相撲の貴乃花親方(元横綱)が、自身が率いていた旧「貴乃花一門」から離脱し、同一門が「阿武(おうの)松(まつ)グループ」の名称に変更されることが22日、わかった。

 貴乃花親方は弟子の暴力問題など一連の騒動を受け、4月に自らの名を冠した一門の名称変更を申し出ていた。さらに今月に入り、自身は一門を離脱して無所属となる意向を関係者に伝えた。これを受け、新たに相撲協会理事となった阿武松親方(元関脇益荒雄)を中心に行動する方針が固まった。

 同一門の関係者は「『一門』の名称は重いので、今後はグループとして活動する」と説明した。

886 名無しさん :2018/09/18(火) 21:05:55
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00050091-yom-spo
旧貴乃花一門を離脱、立浪親方が出羽海一門へ
9/18(火) 19:54配信 読売新聞
 大相撲の立浪親方(元小結旭豊)が18日、これまでの無所属から出羽海一門への加入を申し出た。協議の上、近く加入が認められる見通し。立浪親方は旧貴乃花一門を離脱し、現在はどの一門にも加入していなかった。

887 とはずがたり :2018/09/25(火) 10:34:46
貴乃花親方「長らく貴乃花を応援してくださりありがとうございました」真意不明も退職示唆の可能性も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00000277-sph-spo
9/25(火) 6:07配信 スポーツ報知

自身のサイトでファンへのメッセージをアップした貴乃花親方

 大相撲の貴乃花親方(46)=元横綱=が24日、自身の活動などを伝えるサイト「貴乃花応援会」で“意味深発言”をアップした。

 この日更新したブログ上で、秋場所を千秋楽まで迎え、関取3人が皆勝ち越したことを報告。最後に「皆様長らく貴乃花を応援してくださりありがとうございました。厚く御礼申し上げるとともに、弟子たちを今後、末永く応援賜りますように何卒宜しくお願い申し上げます」とつづった。真意は不明だが受け取り方によっては相撲協会を退職することを示唆するような文面となっている。

 7月の協会理事会で、全ての親方は5つある一門(出羽海、二所ノ関、高砂、時津風、伊勢ケ浜)のいずれかに所属することを確認。6月に消滅した貴乃花一門で貴乃花親方以外の親方衆7人と、昨年12月に時津風一門を離脱して無所属になっていた3人は秋場所中に二所ノ関と出羽海の各一門への加入が認められ、27日の理事会で承認される予定。

 貴乃花親方は24日の段階で落ち着く先が全親方衆の中で唯一、未定。秋場所中も所属先については「お答えできません。答えにくいですね」と話すなど方向性を明かしていなかった。無所属が続いた場合は、協会員の資格を満たさず、処分が下される可能性もある。だが現状は複数の候補から受け入れ先を検討している段階で、協会側は最終的に加入する一門を見つける方向で調整しているという。

888 とはずがたり :2018/09/25(火) 14:37:19

貴乃花親方が退職届を提出 25日17時から会見 弟子らは所属先変更
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/09/25/kiji/20180925s00005000123000c.html

 大相撲の貴乃花親方(元横綱)が日本相撲協会に退職届を提出したことが25日、分かった。貴乃花親方が報道各社にFAXを送信して報告した。同日17時から会見を開く。

 貴乃花親方は「本日、公益財団法人日本相撲協会に対し、年寄を退職させていただく旨の退職届及び貴乃花部屋に所属する弟子、床山、世話人全員について所属先を変更させていただきたい旨の変更願いを提出いたしました」としている。退職の理由については、この日17時からの会見で説明するとしている。

 貴乃花親方は8月21日に夏巡業先の秋田市で倒れて救急搬送され体調が心配されていた。また、全ての親方は今月27日の理事会までに、5つある一門のいずれかに所属しなければ厳罰が下される可能性がある中、貴乃花親方は無所属の状態が続いていた。

 また、24日には「貴乃花応援会」のサイトに「千秋楽迎え、貴乃花部屋を支えて下さる皆様へ」とのタイトルで「皆様長らく貴乃花を応援してくださりありがとうございました。厚く御礼申し上げるとともに、弟子たちを今後、末永く応援賜りますように何卒宜しくお願い申し上げます」との意味深なコメントを寄せていた。
[ 2018年9月25日 14:01 ]

889 チバQ :2018/09/27(木) 10:19:15
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000061-spnannex-spo
貴親方と協会 対立の歴史、発展尽力も北の湖理事長死去が節目
9/26(水) 6:00配信 スポニチアネックス
 ◇貴乃花親方 衝撃の引退届

 自分の信念を貫き通した結果、貴乃花親方は日本相撲協会を去ることになった。その親方人生は、協会との対立の歴史でもあった。

 始まりは2010年の理事選だった。当時在籍していた二所ノ関一門が出馬候補を固めていた中で、協会を改革すべく立候補を表明。結果、一門を離脱することになったが、8年ぶりの選挙の末に初当選を果たした。北の湖前理事長(元横綱)には将来の理事長候補として期待され、14年には執行部入りして総合企画部長に就任した。

 相撲の発展に尽力しようと心血を注いでいたが、15年11月の北の湖前理事長の死去により、状況は一変した。16年の理事選で4選を果たした際には、劣勢と言われる中で丸刈りになって理事長就任を目指したが、多数決により敗れた。職務分掌では執行部から外れ、巡業部長となった。

 貴乃花親方は常々、「弟子は家族と同じ」と話していた。元横綱・日馬富士の傷害事件では弟子の貴ノ岩が被害者となったため、真実追求に固執した。第三者の判断を仰ぐために、警察の捜査に一任。協会の事情聴取の要請などに耳を傾けることなく、対立は色濃くなっていった。貴乃花一門の親方には、迷惑を掛けられないとの思いで一切、相談しなかった。結果、孤立していく形となった。

 協会が貴乃花親方の引退届を受理していないため、現時点で退職は認められていない。話し合いでの解決が望ましいのは明白だが、貴乃花親方と相撲協会の間にある溝は深い。

890 チバQ :2018/09/27(木) 10:19:51
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000003-mai-spo
<大相撲>親方に一門所属求める 協会、規定明文化を議論
9/26(水) 1:25配信 毎日新聞
 大相撲には現在、出羽海、二所ノ関、時津風、高砂、伊勢ケ浜の五つの一門がある。日本相撲協会によると、一門は協会発足前の明治時代から昭和前期にかけて形成された。当時は、現在の地方巡業は一門ごとに行っていたという。

 協会は長らく、一門に助成金を支給しているが、一門に関する具体的な規定はなかった。そのため、任意の組織である一門に助成金を支給するのは法令順守の観点から問題があるとして、今年7月の理事会で一門に関する規定の明文化を議論した。また、9月27日の理事会までに、各親方に五つの一門のいずれかに所属するよう求めることを確認した。

 現在、各一門は本場所前に連合稽古(げいこ)を行ったり、力士が少ない部屋に関取が誕生した場合は、別の部屋から付け人を出したりしている。横綱や大関への昇進パーティーなど冠婚葬祭も一門が支えて開催。横綱がいる一門は東京で開催する場所の前に綱を新調する「綱打ち」を行い、土俵入りの太刀持ちと露払いも原則、横綱と同じ一門の幕内力士が務めている。

 協会の役員改選では、一門ごとに候補者を調整。現在の力士出身の10人の理事は▽出羽海4▽二所ノ関2▽時津風、高砂、伊勢ケ浜が各1--で、残る一人は当時の貴乃花一門から出馬した阿武松親方(元関脇・益荒雄)が務める。【飯山太郎】

891 チバQ :2018/09/27(木) 10:20:41
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00000106-mai-spo
<大相撲>貴乃花親方、追い込まれ 受け入れ先なく決断
9/25(火) 22:10配信 毎日新聞
<大相撲>貴乃花親方、追い込まれ 受け入れ先なく決断
日本相撲協会に引退届を提出して記者会見する貴乃花親方=東京都港区で2018年9月25日午後5時54分、長谷川直亮撮影
 大相撲の元横綱・貴乃花親方(46)が日本相撲協会に引退届を提出した。25日に行われた記者会見で、貴乃花親方は協会と決別する道を選んだことについて「苦渋の決断」「断腸の思い」と語った。協会は7月の理事会で、今月27日の理事会までに全親方が五つある一門のどこかに所属することを決めたが、貴乃花親方だけ受け入れ先が決まらなかったことが引退届につながった。【高橋秀明】

 貴乃花親方は2003年初場所で現役を引退。一代年寄「貴乃花」となり、貴乃花部屋を設立した。10年には協会理事選に立候補して初当選したが、その際に二所ノ関一門を離脱。一門の枠を越えて支持を取りつけた親方とともに「貴乃花グループ」を形成した。14年に貴乃花一門に格上げされたが、昨年の九州場所前に弟子の貴ノ岩が元横綱・日馬富士に暴行された事件を巡り、報告義務を怠ったとして今年1月に協会理事を解任された。さらに弟子の貴公俊による暴行問題の監督責任を問われ降格処分を受けた。貴乃花親方は一連の騒動の責任を取る形で、今年6月に一門を離脱したため、貴乃花一門が消滅した。

 7月の理事会で全親方がいずれかの一門に所属することが決まったことを受け、貴乃花一門にいた阿武松親方(元関脇・益荒雄)や錣山親方(元関脇・寺尾)が二所ノ関一門に加わるなど、他の親方は所属が決まったが、貴乃花親方だけが無所属のままだった。

 貴乃花親方は弟子の貴ノ岩への元横綱・日馬富士の傷害事件を巡り、今年3月、同協会の対応に問題があったとする告発状を内閣府に提出。その告発状が事実無根だったと認めるよう同協会の役員から口頭で求められたとした上で、「単に一門に所属することはできたが、役員から告発状を認めるよう言われたので、どこにも入れなかった」と語った。

 ◇役員候補、一門ごとに調整

 大相撲には現在、出羽海、二所ノ関、時津風、高砂、伊勢ケ浜の五つの一門がある。各一門は本場所前に連合稽古(げいこ)を行ったり、関取衆の付け人を融通したりしている。

 一方、日本相撲協会の役員改選では一門ごとに候補者を調整。現在の力士出身の10人の理事は▽出羽海4▽二所ノ関2▽時津風、高砂、伊勢ケ浜が各1--で、残る一人は当時の貴乃花一門から出馬した阿武松親方(元関脇・益荒雄)が務める。

 また、各部屋での昇進パーティーなど冠婚葬祭も、一門が支えて行う。横綱がいる一門は東京で開催する場所の前に綱を新調する「綱打ち」を行い、土俵入りの太刀持ちと露払いも原則、横綱と同じ一門の幕内力士が務めている。

 現在の日本相撲協会が行う一連の興行は「大相撲」と呼ばれる。これに対し、戦前を中心に各一門は地方巡業を行い、これは「小相撲」とも呼ばれた。一門によっては1925年の現在の協会の発足前から歴史がある。

892 チバQ :2018/09/29(土) 10:22:47
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000314-sph-spo
貴乃花親方の受け入れ、全ての一門OKだった…部屋ではおかみさんも合流し“最後の晩餐”
9/29(土) 6:13配信 スポーツ報知
貴乃花親方の受け入れ、全ての一門OKだった…部屋ではおかみさんも合流し“最後の晩餐”
外出先から徒歩で部屋に戻った貴乃花親方
 日本相撲協会を退職する意向の貴乃花親方(46)=元横綱=に対して、水面下で接触していた伊勢ケ浜一門だけでなく、5つある一門全てが受け入れる用意があったことが28日、分かった。関係者によると同親方が希望して接触すれば、合議の上に加入を検討したという。いまだに引退届が受理されず協会に残留する可能性はゼロではないが、不備を指摘された弟子の所属先変更願(移籍届)の再提出の準備が進行中で、翻意は難しい状況だ。

【写真】相撲の一門と流れ

 10年1月まで所属していた二所ノ関一門は、複数の親方が「うちに戻りたいと言われたら検討するつもりだった」と語った。出羽海一門、高砂一門も同様に「話を聞くことはできた」(関係者)。秋場所初日の段階では時津風一門が受け入れるという声もあった。

 無所属の親方が他の一門に所属するには自ら動く必要があった。貴乃花部屋の力士らを受け入れる予定の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)も、今後は二所ノ関一門に戻る。「こればかりは自分でお願いしないといけない。我々も一生懸命入るために動いた」

 貴乃花親方は内閣府への告発状の内容が事実無根と認めなければ一門に入れないと告げられ「真実は曲げられない」と退職の道を選んだ。だが協会はそれを否定。この条件を確認した上で一門加入の意思を持って動けば退職は避けられたかもしれない。出羽海一門の親方は「入りたいと言って来なければ検討もできない」と“ボタンの掛け違え”を残念がった。

 貴乃花親方はこの日、早朝と夕方の2度、都内の部屋から外出。不備を指摘された書類の準備には「もう準備はしています」と返答した。午後4時頃から部屋に飲食物が運び込まれ、おかみさんの景子さんも合流。29日にも行われる千賀ノ浦部屋への引っ越しを前に“最後の晩餐(ばんさん)”が行われた模様だ。

893 とはずがたり :2018/09/29(土) 17:56:52

貴乃花親方の受け入れ、全ての一門OKだった…部屋ではおかみさんも合流し“最後の晩餐”
06:10スポーツ報知
https://news.goo.ne.jp/article/hochi/sports/20180928-134-OHT1T50314.html

 日本相撲協会を退職する意向の貴乃花親方(46)=元横綱=に対して、水面下で接触していた伊勢ケ浜一門だけでなく、5つある一門全てが受け入れる用意があったことが28日、分かった。関係者によると同親方が希望して接触すれば、合議の上に加入を検討したという。いまだに引退届が受理されず協会に残留する可能性はゼロではないが、不備を指摘された弟子の所属先変更願(移籍届)の再提出の準備が進行中で、翻意は難しい状況だ。

 10年1月まで所属していた二所ノ関一門は、複数の親方が「うちに戻りたいと言われたら検討するつもりだった」と語った。出羽海一門、高砂一門も同様に「話を聞くことはできた」(関係者)。秋場所初日の段階では時津風一門が受け入れるという声もあった。

 無所属の親方が他の一門に所属するには自ら動く必要があった。貴乃花部屋の力士らを受け入れる予定の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)も、今後は二所ノ関一門に戻る。「こればかりは自分でお願いしないといけない。我々も一生懸命入るために動いた」

 貴乃花親方は内閣府への告発状の内容が事実無根と認めなければ一門に入れないと告げられ「真実は曲げられない」と退職の道を選んだ。だが協会はそれを否定。この条件を確認した上で一門加入の意思を持って動けば退職は避けられたかもしれない。出羽海一門の親方は「入りたいと言って来なければ検討もできない」と“ボタンの掛け違え”を残念がった。

 貴乃花親方はこの日、早朝と夕方の2度、都内の部屋から外出。不備を指摘された書類の準備には「もう準備はしています」と返答した。午後4時頃から部屋に飲食物が運び込まれ、おかみさんの景子さんも合流。29日にも行われる千賀ノ浦部屋への引っ越しを前に“最後の晩餐(ばんさん)”が行われた模様だ。

894 とはずがたり :2018/10/11(木) 13:46:22

輪湖時代築くも死去 天才横綱・輪島大士さん“破天荒伝説”
https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12136-102250/
2018年10月10日 12時00分 日刊ゲンダイDIGITAL

自由奔放にして破天荒。しかし、こと相撲に限れば天才だった。

 9日、第54代横綱・輪島大士氏が8日、死去していたことがわかった。70歳。死因は下咽頭がんと肺がんの影響による衰弱だったという。

 1970年代に故・北の湖の向こうを張って、「輪湖時代」を築いた人気横綱。優勝14回と実力もさることながら、何よりも型破りの言動で知られていた。稽古を「練習」と呼び、地方場所では花籠部屋の宿舎ではなく、ホテルから“通勤”していた。

 相撲評論家の中澤潔氏が言う。

「まわし一丁で阿佐谷の街をランニングしていたこともある。そもそも力士は『走るな』と教わるものです。常に足の裏を地につけて踏ん張るのが相撲の基本。ランニングは相撲の稽古から対極にある。輪島が在籍していた日大相撲部は阿佐谷に道場があり、所属した当時の花籠部屋からは目と鼻の距離。当初は日大の合宿所で寝泊まりし、部屋に通っていた。そんな力士はおらず、何から何まで異質でした」

 70年1月場所で初土俵を踏み、わずか3年半、所要21場所で横綱に昇進。これは年6場所制となった58年以降、いまだ破られない最速記録だ。日大出身のため、幕下付け出しデビューという事情を考慮しても、驚くべき早さである。

「学生相撲出身で横綱まで上り詰めたのは輪島だけ。当時の力士たちは『学生相撲なんかに負けられない』と敵対心をむき出しにしていたものです。それを輪島が得意の左下手で打ち砕いた。破天荒な言動も、『文句があるならオレに勝ってみろ』と言わんばかりの自信に裏打ちされていた」(前出の中澤氏)

 引退後は師匠の跡を継いで花籠親方になるも、金銭問題、女性問題が噴出。廃業してプロレス界に飛び込んだ。

■貴乃花との奇縁

 先日、相撲協会を退職した貴乃花(46)とは面立ちが似ていることから、「本当の父親は輪島では?」とウワサになった。これには貴乃花の母・藤田紀子氏が昨年出演したワイドショーで改めて、「根も葉もないことで、本当にくだらない作り話。最初に聞いたときはびっくりしたけど、今では怒ることもない、バカらしいくらい。言い訳もしたくない」と否定、一笑に付したが、そんな都市伝説が今も角界で語られるのは、それだけ輪島が破天荒だったからだろう。

 いまもなお相撲ファンの間では語り草の「黄金の左」。記録以上に記憶に残る横綱であったことは、間違いない。

895 チバQ :2018/10/16(火) 19:09:34
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00000017-pseven-spo
貴乃花が恐れる合併部屋の悲劇 弟子たちを襲う25年前の悪夢
10/16(火) 16:00配信 NEWS ポストセブン
貴乃花が恐れる合併部屋の悲劇 弟子たちを襲う25年前の悪夢
身中は複雑?(時事通信フォト)
 師匠が追われるように相撲協会を退職し、“旧貴乃花部屋”の力士たちは千賀ノ浦部屋へと移籍。小結・貴景勝ら関取3人を含む計8人が移籍してきたことで、千賀ノ浦部屋は力士17人の大所帯となった。

 そうしたなかで元貴乃花親方にとって、「弟子たちが無事これからもガチンコ道を貫けるのかが目下の最大の関心事になっている」と後援者の一人はいう。実は、合併や合流によって大所帯となった部屋でトラブルが起きることが少なくない。

「過去に親方の定年や退職で部屋が合併・吸収となった事例は25ある。2016年の春日山部屋消滅の時は、力士23人中12人が移籍に反対して引退したし、合併で居心地が悪くなったり、イジメが起きたりして辞めていく力士は少なくない。千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)も、旧二子山と旧藤島部屋の合併の際の“いざこざ”を経験しているから、不安があるだろう」(同前)

 1993年3月、貴乃花の父である藤島親方(元大関・貴ノ花=当時)が率いていた藤島部屋は、実兄である元横綱・初代若乃花の定年により二子山部屋と合併。新たに「二子山部屋」に名称変更した。

 旧二子山部屋の力士38人が藤島部屋に合流し、総勢50人の大所帯になった。千賀ノ浦親方は、合流前の二子山部屋に力士として所属しており、旧藤島部屋にいたのが貴乃花(当時は貴ノ花)だった。

「合併後の二子山部屋で始まったのが“選別”でした。当時、ガチンコ部屋として知られていた旧藤島部屋の女将さん(憲子さん=現・紀子さん)は、角界にはびこっていた八百長に手を染めた力士を“腐ったミカン”にたとえ、部屋で過ごす弟子たちの行動に目を光らせていた。土俵で怪しい一番があれば、大部屋の黒板に“後ろめたい相撲だけはやめて”と書いた。

 八百長に手を染めた力士が付け人になると、ガチンコ力士まで怪しくなる。女将さんはそれを気にして厳しくしていた。ガチンコでない力士は居づらくなって、次々に辞めていった」(若手親方)

 当時の現役力士は「派閥があり、師匠(貴ノ花)がスカウトして一から育てた力士と、転籍力士とでは溝ができた」とも証言する。

「各部屋には後援会があり、合併したらその主導権争いも起きる。しかも、今回の千賀ノ浦部屋の事情はより複雑で、先代親方が出羽海一門に所属していた時代からの弟子もいる。現親方になってからの弟子は2人で、先代の時代からの弟子が7人、そこに旧貴乃花部屋の弟子8人が加わるわけです」(前出の若手親方)

 複雑な人間関係のなかで弟子たちがトラブルに見舞われないか、25年前の混乱を知る貴乃花だからこそ、気が気でないというのだ。

※週刊ポスト2018年10月26日号

896  チバQ :2018/11/04(日) 11:46:51
https://news.goo.ne.jp/article/tokyosports/sports/tokyosports-sports-othersports-1176097.html
貴乃花一門消滅で息吹き返した二所ノ関一門

11月02日 16:30��

 これも“貴騒動”の余波ということか。大相撲九州場所を控えた1日、二所ノ関一門の連合稽古が福岡市西区の佐渡ヶ嶽部屋宿舎で行われた。旧貴乃花一門などから無所属になっていた5部屋(阿武松、千賀ノ浦、湊、錣山、大嶽)が新たに加わったことで、関取衆の数が大幅に増加したが、その影響はいかに――。
 この日は横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)ら二所ノ関一門に合流組の小結貴景勝(22=千賀ノ浦)ら7人を加えた総勢18人の関取衆がズラリと顔を揃えた。
 稀勢の里は疲労を理由に相撲は取らずに四股やすり足の基本運動で汗を流したものの、他の関取衆は積極的に申し合いに参加。これまでとは異なる顔ぶれ同士が激しくぶつかり合い、稽古場は独特の緊張感と活気に包まれた。大関高安(28=田子ノ浦)は幕内阿武咲(22=阿武松)、幕内阿炎(24=錣山)と26番取って14勝12敗。「稽古相手も多くなったし、たくさんの親方衆と関取衆がいていい緊張感。成長できる」と合流を歓迎した。
 一門の重鎮の尾車親方(61=元大関琴風)は「関取衆がいっぱいいて、いい稽古になる。競い合っていければ」と一門全体のレベルアップに期待。合流組には伸び盛りの20代の力士が多いこともプラス材料だ。とはいえ、若い衆を含めて力士が増えたために、稽古場はスシ詰め状態に…。部屋の建物の外にまで力士があふれるほどだった。尾車親方は「(連合稽古を東京・両国)国技館の本土俵を借りてやろうか」と私案を明かした。
 この日は合流した5部屋の師匠も勢揃い。二所一門が角界内で大派閥となったことを内外に示した。元貴乃花親方(46)が日本相撲協会を退職する一方、その元親方が2010年の理事選挙強行出馬で二所一門を離脱した「貴の乱」で、縮小の危機に直面した名門が勢力を一気に取り戻すことになった。

897 とはずがたり :2018/11/09(金) 19:46:33

貴乃花、九州でタニマチ行脚に相撲協会が「目障りだ…」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181108-00010010-flash-peo
11/8(木) 20:10配信 SmartFLASH

「四股を踏んでみなさい」

 こう語り、少年の動きをじっくりと見つめるのは元親方の貴乃花(46)だ。彼には、前々から大きな夢がある。

「俺は本気で全国に土俵を作りたい。相撲をやってみたくても、土俵がないのが現状だから。そこで子供や指導者の育成にも取り組むつもりだ」

 貴乃花は退職前から、関係者との相撲談義になると、このように話し、相撲界の変革を訴えていた。少年の四股を見ていたのは、3日に福岡県田川市の「炭坑節まつり」に参加したときのひと幕。

「田川市には九州場所の際に、毎年宿舎や稽古場などを提供してきた田川貴乃花部屋後援会があり、たいへんお世話になった土地。退職後、 “初仕事” にここを選んだのも、そのことからです」(後援会関係者)

 この日の貴乃花は終始、上機嫌。元後援会員の出店に自ら立ち、開会セレモニーでは、「これからも田川に携わっていきたい」と語り、地元住民から大歓迎を受けた。

 これを苦々しく思っているのは相撲協会。ある親方が語る。

「元弟子たちも千賀ノ浦部屋に合流し、協会全体が新しい気持ちで九州場所を迎えようとしている。だから、『目障りだ』という気持ちですよ」

 炭坑節まつりで開催された「チビッコ相撲大会」には、来賓として、浅香山親方(元魁皇)の姿も。しかし、浅香山親方と貴乃花は10メートルほどの距離にいても、互いに目も合わせないほどだった。

 夢のとおり育成の道へ……といっても、「それだけでは到底やっていけない」という、周囲からの声も。

「貴乃花部屋は以前から資金が潤沢ではなかった。家賃滞納もあったと聞く。現在、協会からの収入はなくなったが、それでも家賃が70万円強の元相撲部屋の物件を借り続けている。

 退職を『途中で投げ出した』ととらえて、彼のもとを離れていった人も多い。その引き留めや新たなスポンサー探しを画策中。

 だからこそ最近は、後援会、支援者らタニマチをまわり、変わらぬ支援をお願いするべく全国行脚を始めている」(協会関係者)

 実際に、炭坑節まつり前日の2日、田川市の相撲茶屋で支援者たちと酒を酌み交わす姿を本誌は目撃している。いまの貴乃花にとって、急務なのが好感度アップ。

 真っ先に手を伸ばしたのが、テレビ業界である。事実、退職から間もない先週、日本テレビのバラエティ番組に出演した。

 「テレビ局からのオファーは、退職直後からいくつか来ている。ただ、局側も内心では躊躇している状況。相撲協会との関係が悪いままで去ったことを懸念する上層部が多いようです。

 でも2018年2月に貴乃花の独占インタビューを撮って、協会との対立に “荷担した” テレビ朝日のクルーは、今回の田川市でも貴乃花にべったりでしたよ」(民放関係者)

 注目のセカンドキャリアの舞台は土俵か、それともテレビの中か。

(週刊FLASH 2018年11月20日号)

898 アーバン :2019/01/22(火) 23:08:05
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2019012201001563.html

元関脇豪風が引退、39歳 年寄「押尾川」を襲名
 大相撲の元関脇で東十両12枚目の豪風(39)=本名成田旭、秋田県出身、尾車部屋=が初場所10日目の22日、現役を引退した。日本相撲協会理事会で年寄「押尾川」襲名を承認され、今後は尾車部屋付きの親方として後進の指導に当たる。9日目に負け越しが決まって幕下転落の危機に陥っていた。23日に記者会見する予定。

 豪風は22日午前、東京都江東区の同部屋で「悔いは一つもない。力士として自分なりの潔さを出したつもり。長くやった分、多くの方に見ていただけた」と話した。

(共同)

899 アーバン :2019/01/22(火) 23:09:34
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2019012201001563.html

元関脇豪風が引退、39歳 年寄「押尾川」を襲名
 大相撲の元関脇で東十両12枚目の豪風(39)=本名成田旭、秋田県出身、尾車部屋=が初場所10日目の22日、現役を引退した。日本相撲協会理事会で年寄「押尾川」襲名を承認され、今後は尾車部屋付きの親方として後進の指導に当たる。9日目に負け越しが決まって幕下転落の危機に陥っていた。23日に記者会見する予定。

 豪風は22日午前、東京都江東区の同部屋で「悔いは一つもない。力士として自分なりの潔さを出したつもり。長くやった分、多くの方に見ていただけた」と話した。

(共同)

900 とはずがたり :2019/05/28(火) 13:45:32

トランプ氏、異例づくしの相撲観戦「江戸の将軍でも…」
https://www.asahi.com/articles/ASM5V5GHYM5VUTIL00X.html
有料会員限定記事
抜井規泰、渡辺洋介 2019年5月26日21時33分


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

小林製薬の栄養補助食品 熟成黒にんにく 黒酢もろみ 約30日分 90粒 - 小林製薬


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板