したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

東海・北陸 地方議会・首長,政治・選挙スレ

1 とはずがたり :2008/10/26(日) 15:36:55

統一地方選スレから東海・北陸所謂中部地方のネタを独立させます
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/l40
合併ネタはこちら
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1066974699/l40
掛川ネタはこちらへ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1187487997/l40

2 とはずがたり :2008/10/26(日) 15:37:14
一応愛知・岐阜・三重・静岡・福井・石川・富山・長野・新潟とするけど福井県の嶺南や三重の四日市以南は近畿っぽい所もあるし,長野・新潟は関東甲信越でもあるし。。
その辺はええ加減だけど試行錯誤で。
新潟は今後立てる予定の東北スレと一緒にしても良いかな。奥羽越列県スレとでもしてw

3 千葉9区 :2008/10/26(日) 20:30:55
沼津市長選はなにがなんだか無茶苦茶ですね。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/7742
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/7771

沼津:元市議加藤元章=斉藤市長後継=
   元衆院議員栗原裕康=民主渡辺周、連合支援(自民党代議士)=
   コンサルタント会社経営近藤泰平=市民派=
   元市長桜田光雄=(自民党から衆院選出馬)=


栗原:自民党代議士栗原祐幸の長男
93:自民公認衆院選中選挙区2区出馬(5/5にて当選)
96:自民公認衆院選旧6区出馬(比例復活)
00:無所属衆院選出馬旧7区出馬(再選)
03:自民公認衆院選新6区出馬(落選)

桜田:建設官僚
90:沼津市長選初当選
94:沼津市長選再選
96:無所属衆院選旧6区出馬(落選)
00:自民公認衆院選旧6区出馬(落選)
04:沼津市長選落選

ちなみに渡辺周の父:渡辺朗は
76〜86:民社党代議士(最後は落選)
86〜90:沼津市長(→引退)
96:周 民主党公認代議士当選

4 千葉9区 :2008/10/26(日) 20:34:42
ごめんなさい
栗原の00年は落選です

5 とはずがたり :2008/10/27(月) 01:42:51
■沼津市 市長選 <衆院静岡6区管内>
>>3-4

7784 名前:千葉9区[] 投稿日:2008/10/26(日) 23:36:07
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/7784

沼津は渡辺周の支援を受けた栗原が当選です。
現職後継が最下位ってのも凄いですね。
午後11時30分 現在
開票率:97.00%
近藤:19000
栗原:23500
桜田:20000
加藤:16000

沼津市長選 市民団体、立候補者を公募−−書類審査と面接 /静岡
7月5日12時1分配信 毎日新聞
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/7594

選挙:沼津市長選 候補者、市民団体と統一で−−共産党市議団意向 /静岡
7月17日13時1分配信 毎日新聞
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/7616

選挙:沼津市長選 4氏の混戦模様に 争点見えにくく−−来月26日投票 /静岡
9月19日11時0分配信 毎日新聞
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/7742-7743

2004年
◇沼津市長選挙(静岡県)開票結果 投票率46.47%
当 36235 斎藤 衛(無現、67歳、三選) 
            (自推薦、社支持)
  34470 桜田光雄(無元、59歳)
   6392 五十嵐博(無新、共推薦、54歳)

6 千葉9区 :2008/10/27(月) 20:02:09
市議補選が超接戦です。
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20081027/CK2008102702000177.html
沼津市長に元衆院議員の栗原氏 接戦制し初当選
2008年10月27日

初当選を決め、万歳して笑顔を見せる栗原裕康氏=26日午後11時35分、沼津市上香貫槙島町で


 沼津市長選は26日投票、即日開票の結果、無所属新人で元衆院議員の栗原裕康氏(59)が、元職で会社社長の桜田光雄(63)、ともに新人で経営コンサルタントの近藤泰平(48)、元市議の加藤元章(44)の無所属3氏を破り、初当選した。当日有権者数は17万562人。投票率は47・40%で前回(46・47%)を0・93ポイント上回った。

 停滞する沼津市の活性化を進める市長候補としての資質が問われた。栗原氏は終盤にかけて衆院議員の実績を打ち出し、広域合併とJR沼津駅周辺の鉄道高架事業の二大政策の推進を主張。自民支持層に、地元選出の民主党衆院議員の渡辺周氏の後援会有志、市議15人が加わり、組織戦で激戦を制した。

 栗原氏は「これから大変な時代になるが、沼津の再生のために頑張っていきたい」と抱負を語った。

 桜田氏は市長当時の後援組織や自身が社長を務める青果市場や関連業者で組織を固めたが及ばず。近藤氏は鉄道高架事業の見直しを掲げたが、争点化できなかった。無党派層の取り込みを狙った加藤氏は伸び悩んだ。

 併せて行われた市議補選(被選挙数1)は、無所属新人の高橋達也氏(41)が当選した。

栗原裕康(くりはらひろやす) 59

特別養護老人ホーム理事長(元)衆院議員・市スポ少本部長▽慶大 

沼津市長選確定得票
当 23,983 栗原裕康 無新<1>

  20,480 桜田光雄 無元 

  19,097 近藤泰平 無新 

  16,341 加藤元章 無新 

沼津市議補選確定得票 (被選挙数1…3)
当24,974 高橋達也41 無新

 24,937 清水賢嗣52 無新

 24,909 川口三男64 共元

7 名無しさん :2008/10/28(火) 03:14:45
名古屋市議団のダメっぷりはどうにかなりませんかねぇ…

名古屋市長選:民主、自民の相乗り問題で方針定まらず
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081028k0000m010125000c.html

 名古屋市長選(来年4月)の民主党擁立候補への自民相乗り問題について、民主党の小沢一郎代表は27日、同市内で記者会見し「自民と我々は根本的に考え方が違う」が、「一義的には地元の意向を尊重する」と述べた。党内では民・自対決を目指す愛知県連と、相乗りを模索する市議団がそれぞれ小沢発言を都合良く解釈し、この日も収拾に至らなかった。

 「代表が『自民と民主は根本的に違う』と言ったのは、相乗りはだめだという意味だ」。県連幹事長の杉岡和明県議は、小沢氏の真意は県連と同じとの認識を強調した。別の県議も「代表は自民が推せない候補を出せという宿題を市議団に出した」と解説した。

 ところが、市議団の解釈は正反対。「地元の意向を尊重する」という部分をとらえ、奥村文洋選対本部長は「小沢さんは大人の判断をしてくれた」と語った。市議団は小沢会見に先立ち、独自候補の年内擁立方針を確認したものの、奥村氏は「他会派が(民主候補への支援を)どうするかを言うのはせんえつだ」と記者団に述べ、地元には地元の事情があるとの立場を示した。

 一方、民主党見合いの自民党には、小沢氏に「根本的に違う」とけん制されても独自候補擁立を目指す空気は全くない。県連会長代行の寺西学県議は「民主の候補が良いなら我々が推すこともあり得る」と秋波を送った。

 ただ、自民党内には「小沢さんの発言が原理原則にこだわるいつもとトーンが違うのは、総選挙で汗をかいてもらう地元市議への配慮もあったからだろう」(市議団幹部)との分析もある。その通りなら、総選挙の時期によっては小沢原則が変わる可能性もある。【月足寛樹、影山哲也】

8 とはずがたり :2008/10/28(火) 03:44:42

選挙:関ケ原町長選/関ケ原町議補選 来月30日投票 /岐阜
http://mainichi.jp/area/gifu/news/20081025ddlk21010123000c.html

 関ケ原町選挙管理委員会は23日、任期満了(12月25日)に伴う町長選の日程を、11月25日告示、30日投開票と決めた。死亡欠員に伴う町議補選(欠員1)も同時に行う。

 町長選には、現在のところ、新人で会社員の野村浩之氏(45)が立候補を表明。現職の浅井健太郎氏(65)=1期目=は態度を明らかにしていない。【子林光和】

毎日新聞 2008年10月25日 地方版

9 とはずがたり :2008/10/28(火) 03:45:35
>>7
市議団ダメダメですなぁ・・。

10 千葉9区 :2008/11/03(月) 20:46:36
なぜか宗田理が現職応援・・・


早川 :現職、連合推薦、作家の宗田理、元社会党衆院議員
小久保:前自民党豊橋市支部長
佐原 :元国土省OB、自民党県連推薦 山本明彦・浅野勝人
魅力なく超低調

 任期満了に伴う豊橋市長選挙は11月2日告示、9日投開票の日程で行われ、告示まで残り半月になった。4選をめざす無所属の現職、早川勝氏(67)を軸に、前自民党豊橋市支部長で離党した無所属の前県議、小久保三夫氏(67)と元国土省OB、佐原光一氏(54)=自民党県連推薦=とが追い上げる三つ巴(どもえ)戦だが、発表された政策やマニフェストに争点となるような大きな違いはなく「代議士お抱えの新人候補と市議県議30年のベテラン新人では魅力を感じない」といった有権者の声が聞こえ始めた。超低調だ。

 【風船しぼむ】一時、衆院選との同日W選挙が確実視されたことから、衆院選に引っ張られる形で投票率アップが期待されたが「解散風」が急にないでしまい、同日W選挙の可能性がほぼ消えると「まるで風船がしぼんだようだ」と言われるほど、低調になってしまった。

 【3氏とも東三河広域合併推進】現職の早川市長が東三河広域連携・合併の推進を前面に押し出すと、他の2候補もニュアンスの違いこそあれ、そろって同調し、争点にならなくなった。

 【多選弊害】佐原、小久保両氏とも多選禁止(3選まで)を訴え、4選をめざす現職の早川氏を直撃。小久保氏は市長退職金の廃止も掲げた。
 早川氏は「市民の判断を仰ぎたい」としている。

 【政治姿勢こそ争点】早川氏は連合の推薦は得ているものの、民主党の推薦はない。市民党を任じている。自民党歴30年の小久保氏は、離党した途端、市民党を自認するようになった。

 佐原氏も一時市民党を口にしていたが、自民党衆議院議員の山本明彦氏との「二人三脚」が色濃くなり、このところ口にしなくなった。

 地方分権―主権時代の中で、早川氏は地域の自主自立を訴え、小久保氏も同じような口調。佐原氏だけが市政と国政のパイプを強固にする従来型の姿勢を主張する。

 掲げた政策よりも、実現する手法―政治姿勢を争点にした選挙になりそうだ。
http://www.tonichi.net/news.php?mode=view&id=25514&categoryid=1

11 千葉9区 :2008/11/03(月) 20:46:53
豊橋市長選 支持訴え3氏第一声
「実績」「変化」アピール

 2日告示された豊橋市長選に出馬した早川勝候補(67)、佐原光一候補(54)、小久保三夫候補(67)は街頭で政策を訴え、7日間の舌戦をスタートさせた。

 早川候補は午前10時から同市東脇2丁目の事務所前で支援者を集めて出陣式。タスキなしのスーツ姿で登壇し、「3期12年で種をまいて花を咲かせ、これから、みんなで実を味わおうという時に市長交代では実にならない。市民主役の市政をさらに発展させるために、支援をぜひお願いしたい」とあいさつした。

 作家の宗田理さんらが「現職以外に市政は任せられない」と応援演説をした。早川候補は、出陣太鼓に見送られながら車に乗り込み、市内のスーパー前などで街頭演説を行った。

 佐原候補は午前10時過ぎに同市大井町の事務所前で第一声。「これまで市内を駆けめぐり、聞こえてきた言葉は豊橋は変えなければならない、変わらなければならないという声。この地方を国、県と一緒に作っていかなければ、東三河中核としての豊橋の街づくりはできない」と訴えた。

 会場では山本明彦衆院議員や浅野勝人参院議員らが応援のあいさつをした。佐原候補は市議らの音頭で「チェンジ(変化)」を三唱した後、豊橋駅前などでの街頭演説に向かった。

 小久保候補は午前11時から、同市西小池町のコンビニ跡地で出陣式に臨んだ。支援者を前に「日本の再生は地方の再生にかかっている。今回の市長選は市民の手によって市政を担えるかどうかの瀬戸際の選挙でもある。市民派、市民党の私と一緒に力を結集し、ぜひとも豊橋を変えていきたい」とアピールした。

 ガンバロー三唱の後、小久保候補は「市長の退職金ゼロに」「官僚政治反対」などと書かれた車に乗り込み、豊橋駅前などで支援を呼びかけた。

 投開票は9日。1日現在の選挙人名簿登録者数は29万1769人。

 早川勝(はやかわまさる) 67無所属 現《3》

市長(元)衆院議員3期、首相補佐、大蔵政務次官、社会党政審会長、同党本部職員→立教大大学院→豊橋市→豊橋市牟呂水神町

 佐原光一(さはらこういち)54無所属 新

〈自〉→(元)国交省中部地方整備局副局長、運輸省境港工事事務所長、在ブラジル大使館1等書記官→東大工学部→豊橋市→豊橋市弥生町

 小久保三夫(こくぼみつお)67無所属 新

豊川総合用水土地改良区理事長(元)自民党豊橋市支部長、県会副議長、市会議長、同議運委員長→日大法学部→豊橋市→豊橋市弥生町

(2008年11月3日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aichi/news/20081103-OYT8T00006.htm

12 千葉9区 :2008/11/04(火) 21:39:55
七尾市長選
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1146286762/6411
http://mytown.asahi.com/ishikawa/news.php?k_id=18000000810250003
戦いは大詰め 七尾市長選26日投開票
2008年10月25日


政浦幸太郎氏


武元文平氏

 市経済の活性化や街づくりを問う七尾市長選は26日、投開票される。前市議で新顔の政浦幸太郎氏(40)=無所属=と、再選を目指す現職の武元文平氏(68)=同=は、いずれも市内を精力的に回り、最後の支持拡大に全力を挙げている。七尾選挙区の市議補選(被選挙数2)も同時に投開票がある。


 市長選では、旧七尾市を含めると2期7年を務めた武元氏への評価や、合併から4年間で約2700人が減った人口対策などが争点となっている。旧中島町の大規模養鶏場建設計画や旧田鶴浜町の水採取問題も関心が高い。


 政浦氏は「停滞感の漂う七尾を変える」と、政策と若さを前面に出した戦いを展開。23日までは中島、田鶴浜、能登島の旧3町を重点的に回り「地域に権限と予算を与えたい」と訴えた。個人演説会では出席者との質疑応答に時間を割き、「市民の声を市政に反映する」という姿勢をアピールしている。


 武元氏は、旧3町にも事務所を設置し、幅広い支持獲得を目指している。「合併後の財政の立て直しに道筋をつけた」と実績を強調するとともに、能越自動車道を活用した企業誘致や人づくりを訴えている。24日までに16回開いた個人演説会には西田昭二県議らが同行し、「人柄や公正な政治姿勢」を強調した。


 投票率も市議補選の影響と絡んで注目される。前回04年は78・12%だったが、24日までの期日前投票は3823人と前回同時期の4022人を下回っている。投票は26日午前7時から午後8時まで(一部は午後6時、または7時まで)、市内63カ所で行われる。開票は午後9時から七尾総合市民体育館であり、市長選は午後11時ごろに大勢が判明する見込み。18日現在の有権者数は5万340人(市議補選は3万6793人)。

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081027k0000m010113000c.html
七尾市長選:武元氏が再選 石川
 七尾市長(石川県)26日投開票。武元文平氏(68)が再選。前市議の政浦幸太郎氏(40)を破る。投票率は71.30%。

 確定得票数次の通り。

当20667 武元 文平

=無現<2>

 14289 政浦幸太郎

=無新

13 とはずがたり :2008/11/07(金) 21:28:46

マニフェスト大賞:大賞に鈴木・浜松市長 首長部門
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081108k0000m040054000c.html

第3回マニフェスト大賞受賞式で表彰された受賞者らと北川正恭審査委員長(手前左から3人目)=東京・六本木で2008年11月7日午後4時11分、北村隆夫撮影 全国の首長や地方議員が政策を競い合う「第3回マニフェスト大賞」(ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟などの実行委主催、早稲田大学マニフェスト研究所共催、毎日新聞社後援)の授賞式が7日、東京都港区の六本木アカデミーヒルズであった。大賞首長部門は鈴木康友・浜松市長(51)、地方議会部門は三重県議会の会派「新政みえ」が選ばれた。

 応募は過去最多の429団体・個人から計971件あり、前年の338団体・個人、547件を大きく上回った。

 鈴木市長は初当選から1年後の今年5月、マニフェストの進ちょく状況を発表するなど「(公約)実行の運びは周到かつ着実」と評価された。新政みえは昨春、議員提案による条例制定などの公約を掲げて24人が当選。「議会マニフェストの王道」と評された。

 市民レベルの取り組みを後押しするため新設された「マニフェスト推進賞」には、社団法人「大川青年会議所」(福岡県大川市)が選ばれた。他にベスト・ホームページ賞、最優秀アイデア賞などの受賞者が決まった。【沢田石洋史】

毎日新聞 2008年11月7日 19時31分(最終更新 11月7日 19時42分)

14 とはずがたり :2008/11/07(金) 21:29:22

マニフェスト大賞:県議会議長「ダブル受賞を」 /三重
http://mainichi.jp/area/mie/news/20081011ddlk24040243000c.html

 県議会の萩野虔一議長は9日の定例会見で今年の第3回マニフェスト大賞(実行委員会主催、早稲田大学マニフェスト研究所共催、毎日新聞社後援)のマニフェスト大賞議会グランプリに民主・連合系の県議会最大会派「新政みえ」、最優秀成果賞・議会部門に県議会が、それぞれノミネートされたことに言及し「ぜひダブル受賞してほしい」と述べた。

 マニフェスト大賞は、地方自治体の首長や議員の活動、市民レベルでマニフェストを推進する団体をたたえる表彰制度。今回は429団体から計971件の応募があり、マニフェスト大賞議会グランプリには5団体、最優秀成果賞・議会部門には3団体がノミネートされた。

 新政みえは、会派のホームページなどで紹介しているマニフェストや会派活動など、県議会は定例会年2回制導入による大幅な会期延長など06年12月の県議会基本条例制定後の議会改革が評価されたという。最終審査を経て、11月7日に授賞式がある。県議会は、第1回でホームページ賞、第2回で審査委員会特別賞を受賞している。【田中功一】

〔三重版〕
毎日新聞 2008年10月11日 地方版

15 千葉五区民 :2008/11/08(土) 04:02:12
>>10
>なぜか宗田理が現職応援・・・
宗田理の著作は私も好きで何作か読みましたが、リベラルというか左寄りな部分が見えますので、
自民系の二人より早川を応援するのは妥当かと思います。
私も見に行きましたが、宗田原作の豊橋を舞台とした映画「早咲きの花」制作にも、
早川市長=豊橋市は随分協力したようです。
ちなみに、この映画は反戦メッセージ色の強いものです。

16 やおよろず ◆N22LLUydY2 :2008/11/09(日) 19:40:15
>>10

豊橋市長選 あす投開票 /愛知
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20081108ddlk23010329000c.html

 任期満了に伴う豊橋市長選は、9日に投開票される。

 市長選には、4選を目指す早川勝氏(67)と、新人で元国土交通省職員の佐原光一氏(55)=自民推薦、新人で元県議の小久保三夫氏(67)の無所属3人が立候補している。

 早川氏は、主役は市民をスローガンに、施設の充実などの実績をふまえ、市政の継続を強調する。佐原氏は、若さをアピールし、チェンジ、チャレンジ、クリーンの3Cで豊橋を変えると訴える。小久保氏は、豊橋を変えるのは市長を変えることと主張し、市長の退職金廃止などを掲げる。

 投票は午前7時〜午後8時。大勢判明は、午後11時半ごろになる見通し。1日現在の選挙人名簿登録者数は、29万1769人。【加藤新市】

==============

 ◇豊橋市長選立候補者(届け出順)

早川勝(はやかわ・まさる) 67 無現(3)

 [元]衆院議員▽東三河農業共済組合長理事[歴]大蔵政務次官▽首相補佐▽県市長会長▽立教大院

佐原光一(さはら・こういち) 55 無新

 [元]国土交通省中部地方整備局副局長[歴]大使館一等書記官▽国土交通省環境技術課長▽東大=[自]

小久保三夫(こくぼ・みつお) 67 無新

 [元]県議▽豊川用水土地改良区理事長▽豊橋剣道連盟顧問[歴]市議会議長▽県議会副議長▽日大

毎日新聞 2008年11月8日 地方版

17 やおよろず ◆N22LLUydY2 :2008/11/09(日) 19:43:53
伊賀市長選:あす投開票 三つどもえの選挙戦展開 /三重
http://mainichi.jp/area/mie/news/20081108ddlk24010425000c.html

 任期満了に伴う伊賀市長選は9日、投開票される。いずれも無所属新人の、前副市長、内保博仁候補(65)▽元市議会議長、安本美栄子候補(61)▽元市職員、桐田昭彦候補(63)=届け出順=が、大規模事業の進め方などを争点に三つどもえの選挙戦を展開している。【傳田賢史】

 内保候補は、計400を超える企業や自治会の推薦、約20人の市議の応援を受けて支持固めを図っている。「予算も事業も10年の枠で考える必要がある。今岡市政をしっかり継承していきたい」などと訴える。

 安本候補は個人演説会などを通じ、財政健全化や市民との対話重視の行政などを訴えて支持拡大に懸命。「実質的には現職との、巨大な組織との対決。改革の第一歩として、市長給与を半減する」と訴えている。

 桐田候補は、個人演説会で参加者から質問を受けるなど有権者との対話を重視。「健全財政を守るため、ハコモノから内容重視の行政へ移行する。市民の意見を実行に移すアクションルームを設置する」と訴える。

 投票は9日午前7時〜午後7時、市内99カ所で。同9時から同市ゆめが丘1の県立ゆめドームうえの第2競技場で開票。同10時半ごろに大勢が判明する見通し。

 ◆立候補者(届け出順)

◇伊賀市

内保博仁(うちほ・ひろひと) 65 無新

 [元]副市長[歴]旧阿山町総務課長・町長▽大山田農林業公社会長▽市文化都市協会理事長▽龍谷大

安本美栄子(やすもと・みえこ) 61 無新

 [元]市議長▽県国保審査会委員[歴]岡波総合病院事務職員▽自民党県女性部長▽上野高

桐田昭彦(きりた・あきひこ) 63 無新

 [元]旧上野市監査事務局長[歴]大阪府職員▽市参事・旧伊賀農業共済事務組合事務局次長▽関大

〔伊賀版〕

毎日新聞 2008年11月8日 地方版

18 やおよろず ◆N22LLUydY2 :2008/11/09(日) 19:45:41
一騎打ちの新居浜市長選 投票進む
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20081109/news20081109628.html

 任期満了に伴う新居浜市長選挙は9日、投票が行われている。投票は一部を除き午後8時で締め切られ、即日開票される。午後7時現在の投票率は44・57%。
 立候補者は届け出順に、現職で3選を目指す佐々木龍氏(53)=無所属、松原町=と、新人で社会福祉法人理事長の長野文彦氏(61)=同、中村4丁目。
 佐々木氏は現職の知名度を生かし、地区ごとの個人演説会や、つじ説法を中心に運動を展開してきた。連合愛媛も初めて支援した。
長野氏は市議会最大会派の自民クラブや経済関係者らの支持を取り付け、各地区ではミニ集会を開くなどして集票に努めてきた。
 開票は9日午後8時45分から、同市宮西町の北中学校体育館で行われる。
 1日現在の有権者数は10万3171人。

19 やおよろず ◆N22LLUydY2 :2008/11/09(日) 19:47:29
>>18
すいません。誤爆です。

20 千葉9区 :2008/11/09(日) 19:48:14
>>15
自分も子供の頃読みました。
たしかに、彼の政治的スタンスからすれば現職か自民系かなら現職でしょうけど
あんま選挙の応援とかするタイプじゃなさそうだったんで・・・
>>17
伊賀市長選は構図が見えませんね・・・

21 千葉9区 :2008/11/10(月) 20:32:45
>大善戦した小久保三夫氏(67)の陣営は、敗れたとはいえ、満足顔。支持者を前に「市民の皆さんの気持ちがここまで結集されたのを見たことない」。
小久保が平沼あたりと手を結んで衆院選出てきたりして
http://www.tonichi.net/news.php?mode=view&id=25806&categoryid=1
豊橋市長選は佐原氏初当選

 豊橋市長選挙は9日投票され、即日開票の結果、自民党が推薦する無所属の新人、佐原光一氏(55)が見事初当選を果たした。4選をめざした無所属の現職、早川勝氏(67)は最下位となり、新旧自民党フィーバーの前に、大敗した。不敗神話はもろくも崩れ去った。

 佐原事務所は開票が始まると、徐々に笑みがもれるようになり、午後11時過ぎに当選が決まると、大歓声。支援者にもみくしゃにされながら佐原夫妻が登壇。「ゼロからの出発だった。みなさんのおかげ。新しい豊橋を一緒に築いていこう」と喜びの声。同級生らに胴上げされ、午前0時過ぎになると、55歳のハッピーバースデー。山本明彦代議士は「最後は正しい者が勝つ」。

 大善戦した小久保三夫氏(67)の陣営は、敗れたとはいえ、満足顔。支持者を前に「市民の皆さんの気持ちがここまで結集されたのを見たことない」。

 支持者は「豊橋はおかしい」と涙ぐみながら握手。

 早川陣営は終始沈うつなムード。敗戦が決まると、支持者らの前で「力不足で申し訳ない」と敗戦の弁。固い表情で支援者に頭を下げた。「負けて悔いなし」。

http://www.senkyo.janjan.jp/senkyo_flash/0811/0811090132/1.php
豊橋市(愛知県)豊橋市長選挙 自民推薦の佐原氏が当選、革新系現職は4選ならず

「ザ・選挙」編集部2008/11/09 自民党推薦の新人、佐原光一氏(55)が自民党を離党した前県議の小久保三夫氏(67)と4選を目指した現職の早川勝氏(67)を抑えて当選した。
 佐原氏は元国土交通省中部地方整備局副局長。地元の自民党衆院議員が総選挙とのダブル選挙も意識して擁立した。佐原氏の立候補に反発した自民党県議の小久保三夫氏(67)が県議を辞めて立候補たため、自民党は分裂選挙になったが、早川氏に対する多選批判や市政の「チェンジ」を求めたことが功を奏した。。
 現職の早川氏は社会党政審会長などを務めた衆院議員(3期)から転身、汚職事件で市長が辞職した1996年の市長選で初当選した。次の選挙では自民党系の候補に圧勝、3回目は対立候補は共産党だけだった。今回は自民党が分裂選挙になったことに加えて共産党が候補者擁立を見送ったこともあり、有利との見方もあったが、多選批判が響いて最下位に終わった。

22 千葉9区 :2008/11/10(月) 20:33:07
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20081101ddlk23010225000c.html
選挙:豊橋市長選 自民2陣営に分裂、三つどもえの激戦か−−あす告示 /愛知
 任期満了(16日)に伴う豊橋市長選が2日に告示される。自民系新人2人と現職の三つどもえの争いになる公算が大きく、自民は分裂選挙を強いられる。

 立候補を表明しているのは▽4選を目指す現職の早川勝氏(67)▽前自民党豊橋支部長で元県議の小久保三夫氏(67)▽山本明彦衆院議員(自民、愛知15区)が推す元国土交通省中部地方整備局副局長の佐原光一氏(54)=自民推薦=の3人。

 自民の分裂について、佐原氏の陣営は「小久保氏が手を挙げなかったので出馬することになった」、小久保氏の陣営は「立候補を熟慮中に佐原氏が連れてこられた」とかみ合わない。

 小久保氏の陣営は「衆院選とのダブル選挙だったら、うちの陣営は白紙で投票しただろう」と山本衆院議員への不満を示し「投票日が変わったからといっても山本氏に入れるかどうか」と漏らす。

 一方、佐原氏の陣営は「自民系市議は一本」と強調する。足並みを乱した市議に対しては、処分も辞さない厳しい姿勢で臨むという。山本氏と二人三脚で準備を進めてきたため、衆院選が遠のいたことがどう影響するかが注目される。

 一方の早川氏にとって、自民の分裂は有利に働くとみられる。しかし「選挙には流れがあり、いつ変わるか分からない」と陣営は気を引き締める。

 「衆院とダブル選挙か」と一時は盛り上がったものの、現状では市長選への有権者の関心はそれほど高くはないようだ。各陣営とも投票率が気になるところだ。

 9日に投票、即日開票される。9月2日現在の選挙人名簿登録者数は29万1160人(男14万4801人、女14万6359人)。【加藤新市】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081110-00000519-san-pol
佐原氏が初当選 愛知・豊橋市長選
11月10日10時36分配信 産経新聞
 愛知県の豊橋市長選が9日投開票され、新人で元国土交通省課長の佐原光一氏(55)が元県議の小久保三夫氏(67)ら2人を破り初当選。投票率は45.55%。
 ▽豊橋市長選開票結果
当 51102佐原 光一 無新
  43481小久保三夫 無新
  35868早川  勝 無限
         (選管最終)

23 千葉9区 :2008/11/10(月) 20:42:14
反現職(脱原発派)の2・3位連合がどうなりますかね?
http://mytown.asahi.com/niigata/news.php?k_id=16000000811080006
【原発自治体の選択】柏崎市長選あす告示
2008年11月08日

 中越沖地震の被災地柏崎市で9日、地震後初の市長選が告示される。いずれも無所属で現職の会田洋市長(61)と、新顔の桜井雅浩・元市議会副議長(46)が立候補を表明しており、一騎打ちとなる可能性が高い。地震で長期停止中の東京電力柏崎刈羽原子力発電所を今後、市政運営の中でどのように位置付けるのかなどが争点となる。(曽田幹東)


   ◇


 投票は16日で、即日開票される。10月18日現在の有権者数は7万6529人。


 会田市長は7月に事務所開きをしてから、約60回のミニ集会を重ねてきた。前回の市長選後に合併した旧西山町や旧高柳町にも浸透。24支部に及ぶ後援会組織をフル稼働させ、特に中高年層や原発反対派に支持を広げている。


 桜井氏は青年会議所OB。同会議所の加入企業や変革を求める若年層への食い込みを図る。市議時代の地盤だった中心市街地で強みを見せ、自民、公明両党の柏崎支部や西川勉・元県議会議長、西川正純・前市長の支援を受ける。


 柏崎刈羽原発の運転再開については両者とも容認の考えだが、再開後の原発の位置付けについて、会田市長は将来的には原発依存からの脱却を図る考えであるのに対し、桜井氏は原子力行政を推進して原発立地自治体の特色を生かした街づくりを訴えている。


   ◇


 柏崎市長選を複雑な気持ちで迎える人たちがいる。


 約40年間、原発反対運動を続けてきた矢部忠夫市議は10月、現職の会田洋市長の集会で応援弁士となった。


 矢部市議は、柏崎刈羽原子力発電所1号機の設置許可取り消しを求める訴訟の原告団の一員。会田市長は同原発の運転再開を認めているが、矢部市議は「将来、脱原発社会を目指す方向で会田市長と一致できる」と言う。


 運転再開に向けた東京電力や国の点検が進む中、矢部市議ら原発反対派は県内各地で、運転再開の危険性を訴えてきた。だが柏崎市長選にも、11日告示の刈羽村長選にも、運転再開に反対する候補を立てられそうにない。矢部市議は「我々に候補者を立てる力はない。これが柏崎の現実だ」とこぼす。


 一方、前回の市長選で落選した西川正純・前市長は5日、桜井雅浩・元市議会副議長の集会の壇上に立った。「ここにいる心境は簡単ではない。私の支持者の中には(桜井氏の応援に)深入りしない方がいいと言う人もいる」と言いながら、「それでも、現職を応援するつもりは全くない」と力んで見せた。


 前回は、西川前市長と市政改革を訴えた会田市長との争いに、桜井氏が加わったことで保守票が分裂し、会田市長が773票差で西川前市長を破った。西川前市長は、解散した後援会幹部への文書で、4年前に立った桜井氏を「許し難い」と記しながらも、「現市政を転換させる一点で同氏を支援する」とした。


   ◇


■04年柏崎市長選の結果


当17,293  会田 洋 無新
 16,520  西川正純 無現
 15,385  桜井雅浩 無新


   ◆◆◆


●南魚沼市長選もあす告示


 南魚沼市長選は9日、告示される。いずれも無所属で再選を目指す現職の井口一郎氏(60)と新顔で市立城内病院長の小山信二氏(56)が立候補を表明しており、一騎打ちとなる可能性が高い。


 魚沼基幹病院の新設に伴う地域医療体制の再編や、実質公債費比率が県内自治体で最も高い財政の立て直しが大きな争点となる。


 井口氏は、財政健全化計画の公表や空き庁舎への民間企業誘致、国際バレーボールアカデミーの誘致などを実績として強調。「経験や実績を生かし、学区再編などにも取り組みたい」としている。


 小山氏は医師の立場から地域医療の再生や子育て支援の充実などを訴え、保育料3割値下げなどを公約。「安心できる地域医療の青写真を示し、意欲ある医師を呼び込みたい」としている。


 投票は16日で、即日開票される。10月1日現在の選挙人名簿登録者数は4万9992人。

24 千葉9区 :2008/11/10(月) 20:50:44
http://mainichi.jp/area/niigata/news/20081108ddlk15010296000c.html
選挙:柏崎市長選 地震、財政…将来像は−−あす告示 /新潟
 任期満了に伴う柏崎市長選は9日告示される。立候補の準備を進めているのは、いずれも無所属で、再選を目指す現職、会田洋氏(61)と新人の元市議会副議長、桜井雅浩氏(46)の2人の一騎打ちの公算が大くなっている。

 旧西山、高柳両町と合併(05年5月)して初の市長選。07年7月の中越沖地震からの復興のほか、柏崎刈羽原発に依存した市財政の将来像をどう示すのかなど、地震を機に一挙に露呈した課題の解決が求められている。

 会田氏は市議会の複数会派から支持を取り付けるほか、高校の同級生や市職労、反原発団体など支持層は幅広い。中越沖地震からの復興、財政改革をはじめ市政の継続を呼びかける。

 桜井氏は自民党柏崎支部の推薦、公明党柏崎支部の支援を受けるほか、前回市長選で会田氏、桜井氏と三つどもえの戦いを演じた西川正純・前市長が支援に回り、市政の刷新を訴えている。

 会田、桜井両氏とも中越沖地震に伴うトラブルで稼働停止する東京電力柏崎刈羽原発については「安全確保を前提に、再稼働を容認する」と明言。市政が抱える課題に明確な争点がなく、政策をめぐる議論は盛り上がりを欠いている。

 先月に行われた公開討論会では、会田氏が「革新市政とレッテルを張られるが、全く事実と違う。幅広い意見に支えられた『市民党』だ」と説明。桜井氏は「40年間、国のエネルギー政策を支えたのに、震災ではもっと国の支援を受けられなかったのか」と不満を述べるなど、互いの批判合戦が過熱している。

 立候補の届け出は9日午前8時半から午後5時まで、市役所旧市民会館第2会議室で。投票は市内59カ所で16日午前7時から午後8時まで行われ、一部では1〜3時間繰り上げる。午後9時15分から市総合体育館で即日開票される。

 10月1日現在の有権者は7万6618人(男3万7377人、女3万9241人)。【五十嵐和大】

毎日新聞 2008年11月8日 地方版

http://www.kisnet.or.jp/nippo/nippo-2000-11-20-1.html
市長選で西川氏3選
 任期満了に伴う柏崎市長選は19日投票が行われ、即日開票の結果、自民・自由・公明3党推薦、民主党支持の無所属現職・西川正純氏(57)が約26,000票を獲得、共産党推薦の無所属新人で前同党市議・村山史彦氏(65)を1万票の差で破って3選を果たした。東京電力柏崎刈羽原発プルサーマルの住民投票実現を訴えた村山氏が、前回の植木正直氏の9,400票を大きく超える16,000票を集め、西川氏は前回票を4,000票以上減らした。投票率は62.60%で、史上最低だった前回を3.59ポイント上回った。

 今回の市長選は、西川氏が今年3月に3選出馬を表明し、着々と選挙準備を先行させた。これに対し、共産党や「プルサーマルを考える柏崎刈羽市民ネットワーク」などが共闘して、10月下旬に村山氏を擁立。告示まで1カ月を切った中でようやく戦いが確定した。特に西川氏が市長として昨年、プルサーマル受け入れを表明したことに対し、村山氏が反プルサーマルの立場から受け入れ可否の住民投票実現を選挙戦の前面に打ち出し、これが大きな争点になった。

 西川氏は4党の推薦・支持のほか、業界団体、柏崎地区友愛連絡会などの支援も受け、前回並みの強固な態勢で選挙に臨んだ。産業強化、子育て環境づくり、原子力防災対策の見直しなどを主張したほか、2期8年の実績を強調して村山氏との対決姿勢も示した。結果は26,197票で得票率61.96%。予想通りの3選は揺るがず、危なげない勝利だった。しかし前回票を4,339票、14.48ポイント減らし、初めて3万票を割った。プルサーマル問題を中心に、最近の景気低迷なども影響し、村山氏に票が流れたものと見られる。

 村山氏は、プルサーマル住民投票に加えて、暮らし・福祉・中小業者育成などを掲げた。昨年のプルサーマル住民投票条例請求運動も背景に戦いを進めた。得票は16,082票、得票率38.04%。昨年の県議選・柏崎市区で反プルサーマルを訴えた武本和幸氏の約14,000票を上回り、共産党が戦った市長選候補としては、洲崎義郎氏の現職の選挙を除けば過去最高得票。推薦・支持を見送った社民党・柏崎地区労組会議の票や浮動票をかなり吸収した模様だ。ただ、善戦はしながらも、西川氏の厚い支持基盤を崩すことはできなかった。

 柏崎で市長3選は、4期を務めた小林治助氏に次いで西川氏が2人目。21世紀最初の市政の担い手として柏崎のまちづくりを継続させ、不況対策や原子力行政にも当たっていくことになる。プルサーマル問題は、当面の12月市会などでの議論が注目される。

(2000/11/20)

25 千葉9区 :2008/11/10(月) 21:56:04
>>23
現職=脱原発派
前職&新人=原発維持派
です。
なんか混乱する書き方でした。

26 新潟6区 :2008/11/10(月) 23:08:11
>>23-25
「山手線が回っていられるのは柏崎の原発のおかげ」だと思っていたのに、
地震で止まっても影響がないなら、原発なんていらないんじゃないか?
という県民感情があります。
柏崎は関連産業で生活している人も多く、そう単純ではなさそうですが。

余談ですが、前市長の読み方は「さいかわ」で、
小沢代表の友人だそうです。

27 千葉9区 :2008/11/12(水) 01:16:58
【静岡2区】
自民vs民主になりそうです。(平成21=民主系)
しかし、自民は73歳新人を擁立とはなにを考えてるんだか
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20081111ddlk22010226000c.html
選挙:焼津市長選 八木県議が出馬表明 /静岡
 任期満了に伴い12月21日に投開票される焼津市長選に、同市選出県議の八木健次氏(73)=自民=が10日、立候補を表明した。既に出馬を表明している同市選出県議の清水泰氏(64)=平成21=と県議同士の一騎打ちとなりそうだ。

 会見した八木氏は、「旧焼津市と旧大井川町を名実ともに融合させたい。市民が市を愛する気持ちを醸成させたい」と抱負を述べた。

 八木氏は焼津市儀4期を経て、91年4月から県議5期目。副議長などを務めた。戸本隆雄市長(75)は出馬を表明したが、健康上の理由などで10月に急きょ辞退。自民党系の市議らが候補者探しに走り、八木氏に白羽の矢が立った。【浜中慎哉】

毎日新聞 2008年11月11日 地方版

http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20081111ddlk22010226000c.html
検証しずおか統一地方選<上> 県議会勢力図 安定自民に民主急伸 2大会派へ収
れん加速
2007/04/24


 平成の大合併後初の統一地方選は22日投開票の市町長、市町議選で幕を閉じた。県議会の勢力図に変化をもたらした県議選とともに、市町長、市町議選で合併問題がどのように訴えられたのかを検証する。
 「副議長ポストについて一考願いたい」。統一地方選後半戦のさなかの17日。自民党県連の大場勝男幹事長を、民主党公認や連合静岡推薦議員でつくる第2会派「平成21」(20人)の岡本護会長と民主党・無所属クラブ(4人)の鳥沢富雄代表らが訪ねた。議長、副議長とも昭和22年以来、自民党が独占。民主側は県議選で議席を伸ばした勢いを得て自民側に申し入れた。
 民主党は公認候補を前回選の4人から13人に増やし、公認・推薦の24人のうち21人が当選した。「国政を通じて地力が備わってきた表れ」。ベテランの民主現職は指摘する。民主党を支援する連合静岡の吉岡秀規事務局長は「2人区で民主党と連合がかみ合い、候補者の地盤の足掛かりがあれば議席をとれる。3人区も1議席はとれる」と自信をのぞかせ、「自民対民主の対立軸が浸透し、2大政党化が進んでいる結果」と総括した。
 「民主党籍を持っている議員が2つの会派に分かれているのは好ましくない。早急に意思疎通を」。開票日翌日の9日、民主党県連の渡辺周会長は平成21と民・無クのベテラン勢に統一会派に向けた根回しを依頼した。県連幹部は「非自民で大同団結し、県政でもダイナミックな活動を」と意気込む。
 ただ、平成21には社民党籍のほか、無所属議員も多い。民・無クの中にも連合静岡とねじれた関係のまま選挙戦を戦った当選者もいる。「統一会派となったところで過半数には届かない」と慎重な意見もある。
 自民党は推薦を含めて36議席と過半数を下回ったが、無所属当選者を加え、会派としては改選前議席の40を維持した。平成21の議席の2倍。大場県連幹事長は「わが方が負けたとは思っていない。快勝でもないし、敗戦でもない」と今回の結果を受け止め、「もともと自民党ながら、選挙区事情で他会派に所属している人もいる」とも語る。
 「党色のない議員が減ってしまった」。開票後の会派工作の情報が飛び交う中、無所属議員会派「KEN―MIN」の松井三郎代表はつぶやいた。同会派は3人が落選、1人が平成21に入り、事実上消滅した。共産党も四選挙区すべてで敗れ、無投票当選でただ1人残った花井征二氏は「県議会はオール与党化」と嘆く。
 今回の県議選は、6議席の公明党以外は、少数政党や少数会派には存続の危機をも迫る厳しい結果となった。

28 名無しさん :2008/11/12(水) 10:50:16
2007年04月08日投票 静岡県議会議員選挙 焼津市選挙区【定数2】
有権者数:95710人 投票者数:43520人 投票率:45.47%

当 15604 清水 泰   62 無   現 [民主][連合] (株)清和不動産役員
当 14493 八木 健次 72 自民 現          農業
   12702 薮内 重樹 63 自民 新          アパート経営
http://www.senkyo.janjan.jp/election/2007/22/00006463.html

29 千葉9区 :2008/11/12(水) 23:03:19
選挙:刈羽村長選 品田氏が無投票3選 「原発は東電がしっかりと」 /新潟
 任期満了に伴う刈羽村長選は11日告示され、無所属で現職の品田宏夫氏(51)以外に届け出がなく、無投票での3選が決まった。同村長選が無投票となったのは96年以来、12年ぶり。

 品田氏はこの日、選挙カーを出さず、自転車で村内各所の掲示板にポスターを張って回った。届け出締め切り後、品田氏は支持者を前に「今までやってきたように、誠実に村民の思いを実現していきたい」と語った。

 中越沖地震の復興については「既に手を付けており、時間が過ぎれば着々と解決していく」との認識を示した。柏崎刈羽原発の再稼働問題に対しては「我々が率先して解決すべき課題ではなく、東京電力やエネルギー政策上の問題」とし、「早く本来の形が取り戻せるよう、東電はしっかりと仕事を進めてほしい」と求めた。【五十嵐和大】

==============

 ◇刈羽村長略歴
品田宏夫(しなだ・ひろお) 51 無現(3)

 村長[歴]柏崎青年会議所理事長▽村議会議長▽駒沢大

毎日新聞 2008年11月12日 地方版

http://mainichi.jp/area/niigata/news/20081112ddlk15010123000c.html

30 千葉9区 :2008/11/16(日) 23:11:51
>>24現職再選とのこと。自民vs民主の構図になったみたいですね
因縁の対決市を二分、柏崎市長選

 中越沖地震後初となる注目の柏崎市長選は、各種業界団体など保革の別なく推薦を受け「市民党」を掲げる現職の会田洋氏(61)に対し、三つどもえの前回選で争った前市長らの支持も得た新人の桜井雅浩氏(46)が「保守一本化」を強調して挑む構図だ。互いに「前市長支持者の票も割れている」「現職は反原発派が支える革新系だ」と反発、市を二分する激戦が過熱している。(「候補者の横顔」4面に)

 会田陣営は、同級生らを中心に草の根的に戦った前回選から一転、24の支部を設立した後援会のほか、市議団、企業グループなど幅広い布陣。市議団は同市議会30人のうち、反原発で活動している市議を含む16人が支持を表明。県建設業協会柏崎支部など業界団体や企業から150を超す推薦を得た。

 9日の出陣式では田中直紀(無所属)、森裕子(民主)、近藤正道(社民)の3参院議員が応援演説のマイクを握った。

 桜井陣営も前回より手厚い陣容。前回選で1万6000票余りを獲得した前市長西川正純氏と、旧市域が地盤だった元県議西川勉氏の応援を得た。自民党柏崎支部、公明党柏崎支部も支援。市議9人が支持する。

 桜井氏が所属した柏崎青年会議所のOBら若手経営者を中心に選対を組織。団体・企業から100近い推薦を受け、各種業界団体の青年部などが動く。出陣式では長島忠美衆院議員(自民)が激励のメッセージを寄せた。

 前回選では、3氏がほぼ1000票ずつの差で票を分け合った。このため桜井陣営は「前回は保守系が共倒れになってしまったが、今回は結束できる」とそろばんをはじく。しかし、自民の地元2区衆院議員や地元2県議の表立った支援の動きは見えない。また、会田陣営にも前市長支持だった保守系の企業人や市議がおり、「『1足す1は2』とは言い切れない」との声も目立つ。

 一方の会田陣営は「現職が革新系とするのは、事実と異なるレッテル張り」として「業界団体や地域の推薦を得たのは大きい」と手応えを語る。ただし「どの業界や企業が推薦状を出したところで、下まで縛りが効くものではない」(市内の建設会社幹部)との冷ややかな見方もある。

 因縁の対決は、保守支持層が両陣営に複雑に分かれる格好で激戦に拍車をかけている。

◎前回の柏崎市長選結果(2004年11月14日)
当 会田 洋 (無新)17293

  西川正純 (無現)16520

  桜井雅浩 (無新)15385

  投票率71.85%


新潟日報2008年11月12日

31 千葉9区 :2008/11/16(日) 23:23:47
選挙:湖西市長選/湖西市議補選 あす投票 /静岡
 任期満了に伴う湖西市長選と欠員補充のための市議補選(改選数1)が16日、投開票される。市長選には現職で再選を目指す三上元氏(63)と新人の元会社社長、豊田俊雄氏(66)=いずれも無所属=が立候補し、激しい選挙戦を繰り広げている。

 三上氏は、小中学校の同級生らが中心の後援会や女性グループが核となり、草の根の選挙活動を続ける。豊田氏はJAとぴあ浜松農政対策協議会湖西支部や連合静岡湖西地協などの推薦を受け、票固めに取り組む。新興住宅の多い鷲津地区や新所原地区の浮動票の行方が鍵を握る。

 投票は16日午前7時から午後8時まで市内21カ所で行われ、午後9時15分から市アメニティプラザで即日開票される。午後11時過ぎに大勢が判明する見通し。9日現在の選挙人名簿登録者数は3万4269人(男1万7502人、女1万6767人)。【平林由梨】

http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20081115ddlk22010191000c.html

32 千葉9区 :2008/11/16(日) 23:35:49
保守分裂:現職後継が落選とのこと
http://kitanippon.group.nanto-e.com/2008-11-12.html
2008年11月12日
組織選挙の影潜める 南砺市長選、議員・各種団体対応分かれる
 16日投開票の南砺市長選は、前市議の田中幹夫候補(47)=利賀村上畠=、前副市長の清都邦夫候補(65)=井波(八日町)=の保守系無所属の新人2人が立候補し、集票合戦にしのぎを削っている。11日は田中候補が福光地域、清都候補は上平、平地域で個人演説会を開き、支援を求めた。旧8町村が合併してからの4年間の総括とともに、世代交代も含めた今後の市政運営の在り方などが争点だ。両候補とも市政にかかわっていただけでなく、出馬する際に自民党に推薦申請するなど、政策的には大きな差はない。議員、業界団体などの支持も割れているか、旗幟(きし)を鮮明にしないケースが目立つため、従来と異なり、組織力を動員した戦術が前面には現れず、個人の人脈などを生かした地道な活動が目を引くのが特徴だ。

 「草の根選挙で戦い抜きたい」。9日の田中候補の出陣式で最初にあいさつしたのは総括責任者に就いた武田慎一県議(43)。3番目にマイクを握ったのは、昨年の県議選南砺市選挙区(定数2)に立候補し、武田、山辺美嗣両県議に及ばず次点となった野村守氏(47)で、選対本部長としてげきを飛ばした。

 昨年はライバルだった2人がタッグを組み、陣頭指揮に当たる。

 「なぜ2人が組むのかと、いろんな人から聞かれた。田中さんが最も市長にふさわしいと意見が一致したということに尽きる」と野村氏。昨年の県議選を再現したかのように、武田、野村両氏を支えた若手グループが最前線で活動を展開している。

 清都候補の出陣式では、後援会長に就いた溝口進市長(78)が「清都さんでなければ安心してバトンを渡せない」と力説し、安念砺波市長、山辺県議らが激励した。4年前は旧8町村長の話し合いで溝口氏に白羽の矢が立ち、7町村長が全面支援したが、今回は伊東浩前井口村長が顔を見せただけ。岩田忠正旧城端町長は自民党城端支部長として同市議選城端選挙区の党推薦候補の出陣式を回り、旧上平村長の山本勝徳前収入役は自身の市議選出馬のため出席できなかった。

 岩田氏は「溝口さんを擁立した時とは状況は異なるが、南砺市の基礎を固めるために清都さんが最適と思う。全面的に応援したい」と演説会などで弁士を務めている。

 今回の市長選では、自民党南砺市連合支部(支部長・山辺県議)は「自主投票」で臨むことを9月に決定。利賀支部が田中候補、井波支部が清都候補をそれぞれ推薦申請、検討した結果、一本化ができないと判断したためだ。

 利賀、井波地域の現職市議はそれぞれ地元の田中、清都候補を支援。それ以外の市議は清都候補の支援が多数派を占めるが、田中候補を支援する市議も複数いる。自分の市議選の個人演説会に両候補を呼ぶ中立の市議もいるなど対応はまちまちだ。

 建設業協会、商工政治連盟、JAなど各種団体は両陣営にげき文を送るケースが多い。ある企業の経営者は「社長はどちらへも行かず、専務と常務で手分けして出陣式に出席した。どちらの顔も立てるようにしている」と話す。

 国会議員も目立った動きはない。綿貫民輔国民新党代表は告示前の3日、両候補の事務所に出向き激励した。河合常則参院議員も両候補の陣営にげき文などを送っている。

 ある陣営の幹部は「今回は票読みが全くできない。肩書きのある人が支援してくれても、どこまで浸透しているか分からない」と分析する。

 最終盤まで一瞬も気を抜けない、激しい集票合戦が繰り広げられそうだ。(奥田裕之南砺総局長)

33 千葉9区 :2008/11/17(月) 00:48:15
尾鷲 市長と議会の対立深刻化
市政運営への支障懸念 「意見交換で互いに理解、市民の協力を」


紛糾の末、賛成多数で補正予算案が可決された尾鷲市議会臨時会(10月29日) 今年3月に初当選した尾鷲市の奥田尚佳市長(41)と、市議会との亀裂が深刻化している。市長就任以来、3議案が否決され、先月の臨時会では、災害復旧費などを含む補正予算案は何とか可決されたが、紛糾する展開は変わらない。対立が長引けば、奥田市長が掲げた市政の変革や財政再建に取り組む前に、市政運営に支障が出るとの懸念が広がっている。

 奥田市長は同市議から市長選に出馬、選挙では、市長ら三役の退職金廃止などを公約に掲げていた。しかし、当選後初の議会となる6月定例会で、退職金廃止の条例改正案と補正予算案が否決された。議会側は「副市長が決まっていないのに、時期尚早」「説明が遅い」と理由を挙げた。

 9月定例会では副市長人事案が否決され、市議からは「信頼できない市長から出された人事案を通すわけにはいかない」という声があがるなど、両者の溝は深まった。現在も副市長は不在のままだ。

 奥田市長は「議会と『なあなあ』は良くない。根回しはせず、波風立てて議論を活発にすることで市政を変革していく」と話し、その姿勢を貫いている。

 一方、議会側は、誤解を招く発言や、「軽率」な発言を批判。先月の臨時会では、市長が市議時代の発言を巡って訴えられた訴訟の費用が、補正予算案に含まれていることに議論が集中した。まず、訴状を受け取ってから、議会に報告するまでに1か月以上経過していたため、議会側が「報告が遅い」と強く反発。さらに訴訟費用について、奥田市長は「裁判が終わった時点で精算し、自己負担する」と説明したが、「裁判が長引けばどうするのか」との質問には「裁判は勝つと思うし、長引かない」とかたくなに繰り返した。

 議会側は「責任を感じているなら結果を待たず給与を減額すべき」と追及。議論が平行線をたどる中、奥田市長が「1審で負けたら市長職を辞する」と述べ、市議が「そんなことで軽々しく辞する職ではない」といさめる場面もあった。

 毎回繰り返される対立に、市議から不信任を検討する声も出ているが、奥田市長は「今の状態を続けるわけにいかないが、やり方を変えるつもりはなく、不信任も受けて立つ」と話す。

 同市の状況について、三重大人文学部の児玉克哉教授は「根回しと情報共有は違う。いきなり議会で説明されても理解できない。市長は意見交換し、反対の理由について考える必要がある」と指摘する。互いに理解し合ったうえで市民の協力を得なければ、市政は行き詰まるだろう。

(田口詠子)

(2008年11月12日 読売新聞)
http://chubu.yomiuri.co.jp/tokushu/eye/eye081112_1.htm

34 千葉9区 :2008/11/17(月) 22:36:43
>>24>>30
h>ttp://mainichi.jp/area/niigata/news/20081117ddlk15010105000c.html
選挙:柏崎市長選 会田氏が再選、小差で桜井氏破る 有権者「継続」望む /新潟
 ◇投票率71・42%
 任期満了に伴う柏崎市長選は16日投開票され、現職の会田洋氏(61)=無所属=が新人で元市議会副議長の桜井雅浩氏(46)=同=を破って再選を果たした。旧西山、高柳両町との合併後初の市長選。中越沖地震からの復興や財政再建、原発依存からの将来的脱却か原発立地の利点活用か−−などが争点となったが、有権者は市政の継続を望んだ。投票率は71・42%(前回71・85%)、当日有権者数は7万5971人(男3万7023人、女3万8948人)だった。

 同市長浜町の会田氏の事務所に当選確実の第1報が伝わると、支持者らから拍手と歓声が沸き起こった。会田氏は「大変厳しい選挙だったが、勝利できた。市民の良識の勝利だ」と満面の笑みを浮かべた。

 会田氏は、議会過半数に当たる原発賛成派・反対派双方の市議16人の支持、労組や反原発団体、経済界の一部などの支援を背景に「市民党」を標ぼう。将来的な原発依存から脱却した産業構造を目指すと訴えた一方、財政・雇用などの理由から原発の再稼働は容認する姿勢を示し、幅広い層に浸透した。

 桜井氏は自民、公明両党支部の支援、前回市長選で争った西川正純前市長の支持を受けて保守票の取りまとめを図ったが、1期4年で保守層に食い込み、震災復興で実績をあげた会田氏に一歩及ばなかった。【五十嵐和大、根本太一】

==============

 ■解説

 ◇原発将来的脱却受け入れ
 会田洋氏が再選した背景には、昨年の中越沖地震での復興施策が評価を得ただけでなく、老朽化が進み、財政・雇用面での依存が難しくなっている原発からの「将来的脱却」を論じたことが有権者に受け入れられた結果とも言えるだろう。

 地震による停止が続く原発の再稼働を容認するという現実路線は原発関連産業にも支持されたが、原発停止で地元下請け業者が仕事を失うかもしれないという不安感を与えられたことも有権者の記憶に新しい。

 桜井雅浩氏は原発の再稼働の条件に「地震による公共被害400億円を国に負担させる」といった公約を打ち出した。これも産業界には歓迎されたと察するが、実現できるか疑問視する声も根強かった。

 一方の会田氏も原発以外にどんな地域振興を目指すか具体策を示さず、互いに「机上の空論」を述べ合った印象は否めない。

 争点が見えにくいまま、地元政界を2分した選挙戦。各陣営が互いの批判を繰り返したが、こうした政治風土が震災復興など市政にしこりを残したままでは、被災者たる有権者の利益につながらない。【五十嵐和大】

35 千葉9区 :2008/11/17(月) 22:41:20
>>32=富山3区=
選挙:南砺市長選/南砺市議選 市長選、開票深夜まで 投票率82.62% /富山
 ◇南砺市議選4選挙区、当選者次々と
 任期満了に伴う南砺市長選は16日、市内の投票所で投票が行われた。開票作業は同日午後9時、福野体育館で始まり、深夜まで続いた。無所属新人同士の一騎打ちとなり、前市議の田中幹夫氏(47)と、前副市長の清都邦夫氏(67)が激しく競り合った。当日有権者数は4万7469人(男2万2391人、女2万5078人)。投票率は82・62%(前回86・69%)だった。

 田中氏は、若さを前面に出し、世代交代をアピールした。「市民と協働のまちづくり」を掲げ、対話重視の市政運営に取り組むと訴えた。9月上旬に立候補を表明した後、街頭演説やミニ集会を繰り返すことで知名度の低さを補った。「行政経験が少ない私が市長になることで、停滞する市政が変わる」と主張し、現市政に不満を感じたり、変化を期待する有権者の受け皿となった。

 清都氏は、合併前の旧井波町長を4期14年半、さらに、南砺市発足から4年間は助役・副市長を務めた豊富な経験と実績を強調し、市の現職幹部という立場と知名度を生かした選挙戦を繰り広げた。自治振興会などの組織を通じて支持固めを図ったほか、溝口進市長が後援会長に就き、「私が安心して辞めるためにも、清都さんを市長にしてほしい」と、実質的な後継指名も行うなど、分厚い組織に支えられた。

 また、中選挙区制で行われる同市議選も同日、投票された。無投票で当選が決まった4選挙区を除き、福光(定数9)▽井口(同1)▽井波(同5)▽城端(同5)−−の4選挙区に計25人が立候補した。即日開票され、続々と新議員が決まった。投票率は85・75%。【蒔田備憲】

毎日新聞 2008年11月17日 地方版

36 千葉9区 :2008/11/17(月) 22:48:27
>>31=静岡7区=
草の根現職vs相乗り新人って感じですかね
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20081117ddlk22010132000c.html
選挙:湖西市長選/湖西市議補選 市長選、三上氏が再選 「草の根」活動実り /静岡
 任期満了に伴う湖西市長選が16日投開票され、無所属で現職の三上元氏(63)が、無所属新人で元会社社長の豊田俊雄氏(66)を破り、再選を果たした。欠員補充のための市議補選(改選数1)も新議員が決まった。市長選の投票率は68・68%と前回66・93%を上回った。市議補選の投票率は68・67%だった。当日有権者数は3万3839人(男1万7224人、女1万6615人)。

 三上氏は「母と子が日本一暮らしやすいまち」を掲げ、「あと1期で総仕上げを」と訴えた。具体的には、1期目で3歳未満の子供に最大で月2万円を支給した育児手当を、2期目では月3万円に増額すると約束。住宅の新築、改築への利子補給倍増や、企業の研究所誘致なども掲げた。市議会との関係は修復したことをアピール。同級生らによる後援会組織や女性グループによる草の根の選挙活動で、組織戦を展開する豊田氏を破った。

 豊田氏は「もうほっとけないっ!」をスローガンに、10万人都市計画や道路網の拡充などインフラ整備の必要性を訴えたが及ばなかった。【平林由梨】

http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20081110000000000016.htm


三上氏、豊田氏の争い 湖西市長選
11/10 15:09
 任期満了に伴う湖西市長選が9日、告示された。現職の三上元氏(63)=同市新所=と、新人で元市議の豊田俊雄氏(66)=同市太田=のいずれも無所属2氏が届け出を済ませた。注目が集まる新居町との合併は2氏とも推進を表明する中で、人口増加に向けた住宅政策や育児支援策などを争点に1週間の選挙戦に入った。市議補選(欠員一)も同日告示され、新人2人と元職1人の3人が立候補を届け出た。
 1期目の実績をアピールする三上氏は、前回選に引き続き同級生を中心とした後援会が原動力。女性グループも加わり、福祉政策の充実や行政改革のさらなる推進をアピールする。
 豊田氏は連合静岡湖西地域協議会やJAとぴあ浜松農政対策協議会などの推薦を受け組織戦を展開。「市長と市議会との関係正常化」を前提に「もう、ほっとけない」を合言葉に支持を訴える。
 投票は16日午前7時から午後8時まで、市内21カ所の投票所で行い、午後9時15分から市アメニティプラザで即日開票する。期日前投票は10日から15日まで。午前8時半から午後8時まで、市役所1階ホールで受け付ける。
 9日現在の選挙人名簿登録者数は3万4269人(男1万7502人、女1万6767人)。

37 千葉9区 :2008/11/19(水) 00:49:45
>会田氏を支援する国会議員の中に、自民党県連会長で地元新潟2区選出の近藤基彦衆院議員の顔写真が掲載されていた
http://mainichi.jp/area/niigata/news/20081118ddlk15010231000c.html
選挙:柏崎市長選 会田氏再選 原発と共存共栄、震災復興の顔 /新潟
 ◇保革相乗り生み、激戦制す 保守系「現実を知っている」
 16日投開票された柏崎市長選は、現職の会田洋市長(61)が桜井雅浩・元市議会副議長(46)を小差でかわし、再選された。原発との共存共栄を図り、将来は依存から脱却する−−とバランスを取った現実路線。震災の復旧事業を指揮した柏崎復興の「顔」。「市民党」を自称する会田氏のそうした立場が保革相乗りの構図を生み、激戦を制する支えとなった。【五十嵐和大】

 当選が決まった直後の会田氏の事務所。当選祝いに駆け付けた東京電力柏崎刈羽原発の高橋明男所長は、反原発団体メンバー、矢部忠夫市議(65)から握手を求められ、困惑したような笑顔を浮かべた。

 矢部氏は市議会与党会派に属し、総務常任委員長の要職にもある。会田氏の総決起集会、告示日出陣式、開票後の祝勝セレモニーといずれの場にも姿を見せ、同氏を支える重鎮だ。

 ただ同原発の原子炉設置許可取り消しを求めた訴訟では原告に名を連ね、「原発と社会は共存できない」というのが持論。「差し迫った選挙で、市民により良い人を応援することに矛盾はない」と強調してきたが、原発の再稼働を容認する会田氏とは本質的には相いれないはずだ。当選後「最終的に、市長とたもとを分かつ時が来るかもしれない」と複雑な心境を語った。

   ◇  ◇  ◇

 「良かった。会田さんが勝てば、それだけで我々にも『お釣り』がくる」。再選を果たした会田事務所で、当選祝いのあいさつに足を運んだ原発反対派の刈羽村議が感慨深げに語った。

 市長選のさなかに行われた11日告示の刈羽村長選は、村内の反原発グループが直前まで模索した候補擁立を断念し、現職の品田宏夫村長(51)の無投票当選に終わった。不戦敗の結果にメンバーの1人は「今の我々に、選挙に勝つ力はなかった」と組織の弱体化を認める。

 そこでグループが目を向けたのは隣の市長選。会田市長の原発に対する現実路線や、原発でプルトニウムを燃料に使うプルサーマル計画に対して明言を避ける慎重姿勢は反対派から見れば「ひょっとしたら意向をくんでくれるかもしれない」と期待を込める。

   ◇  ◇  ◇ 

 投票が迫った先週、会田氏の陣営が配布したビラが地元自民党関係者の話題を呼んだ。会田氏を支援する国会議員の中に、自民党県連会長で地元新潟2区選出の近藤基彦衆院議員の顔写真が掲載されていた。

 メッセージでは「(震災直後)幾度となく上京され、私と一緒に各省庁等に要望にまわりました」「市長の行動力に心より敬服いたすと同時に、心強く感じた事を覚えております」と会田氏を持ち上げた。「自身の選挙を控え、現職市長の集票力に期待してのことだろう」と会田氏を推す保守系市議はそう推し量る。

 党県連は三つどもえとなった前回には当時現職の西川正純前市長を推薦したものの、今回は会田氏はおろか、同党柏崎支部、公明党柏崎支部が推薦する新人で元市議会副議長、桜井雅浩氏も推薦せず、県連と地元支部との間に「ねじれ」が生じた。

 西川前市長派から会田支持に翻った保守系市議は原発賛成の立場を強調しつつ、会田氏の政治手法をこう説明する。「反原発派に一定の配慮はしても、基本的に原発と共存せざるを得ないという現実を知っている。だから支持できるんだ」

 ◇会田市長が初登庁、「偏りない市政堅持」
 柏崎市長選で再選した会田洋市長は17日朝、初登庁した。幹部職員に対する訓示では「市民を二分した厳しい選挙だったが、この4年間の市政に対する評価だと思う。引き続き偏りのない市政を堅持したい」と表明。その後、伊東真弓市選管委員長から当選証書を受けた。【五十嵐和大】

毎日新聞 2008年11月18日 地方版

38 とはずがたり :2008/11/24(月) 22:58:01
どんな構図だったんでしょうかねぇ。

長野・中野市長選:小田切治世氏が初当選
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081124k0000m010130000c.html

 中野市長選(長野県)は23日投開票。開業医の小田切治世氏(57)が初当選。元市議の高木尚史氏(64)を破る。投票率は55.34%。

 確定得票数次の通り。

当13626 小田切治世=無新<1>
  7128 高木 尚史=無新

39 とはずがたり :2008/11/24(月) 22:58:55
岐阜・羽島市長選:現職の白木氏が無投票再選
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081124k0000m010069000c.html

 羽島市長(岐阜県)は23日告示され、白木義春氏(59)=無現=が無投票で再選。

福井・勝山市長選:現職の山岸氏が無投票当選
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081124k0000m010024000c.html

 勝山市長(福井県)は23日告示され、山岸正裕氏(63)=無現[自][公]=が無投票で3選。

40 名無しさん :2008/11/24(月) 23:37:01
小田切氏が初当選 中野市長選
2008年11月24日
http://mytown.asahi.com/nagano/news.php?k_id=21000000811240003

選挙:中野市長選 小田切氏、初当選 「美しい街、荒廃させない」 /長野
毎日新聞 2008年11月24日 地方版
http://mainichi.jp/area/nagano/news/20081124ddlk20010075000c.html

中野市長に小田切氏

中野市長選は23日、投開票が行われ、新人で開業医の小田切治世氏(57)(無所属)が、新人で前市議の高木尚史氏(64)(無所属)を破り、初当選した。立候補表明は告示の2日前と遅かったが、保守系市議の大半の支持を得て、優位に選挙戦を進めた。投票率は55・34%で、過去最低となった。当日有権者数は3万7843人。
 同市吉田のアップルシティーなかので開票結果を待っていた小田切氏は「皆様の温かい気持ちで当選させていただいた。美しい街を荒廃させないように、産業の振興を進めていきたい」と当選の弁を述べた。

 市長選は、青木一市長の死去に伴うもの。小田切氏は、農業振興などの「青木市政の継承」と、開業医としての経験をもとにした「地域医療の充実」の2点を訴えた。

 一方、告示4日前に立候補表明し、社民党を離党して出馬した高木氏は「必要な点は、青木市政を再検討する」と主張して対抗したが、支持を伸ばしきれなかった。

(2008年11月24日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagano/news/20081123-OYT8T00819.htm

中野市長選、小田切氏が初当選 高木氏に6500票差

青木一前市長の死去に伴う中野市長選は23日投開票し、新人で医師の小田切治世氏(57)=無所属、中央=が1万3626票を獲得、新人で前市議の高木尚史氏(64)=無所属、南宮=を約6500票差で破り、初当選した。

 告示直前まで立候補の名乗りがなく、具体的な政策や争点が見えにくかったことから、投票率は55・34%と、過去最低だった1992年(旧市長選)の59・15%を3・81ポイント下回った。

 小田切氏は当選後、「市の産業振興を進めなければいけない。医療(の充実)は当然のことだ」と述べた。

 同氏は告示2日前の14日に出馬表明。青木前市政の継承を掲げ、24時間態勢の電話医療相談や医師・看護師の確保など、地域医療の充実を中心に訴えた。選挙戦では保守系市議や主立った企業経営者などから支援を受けたほか、開業医として培った幅広い人脈も生かし、市内全域で支持を集めた。

 高木氏は12日に出馬を表明し、社民党を離党。前市政を基本的に継承しつつ、新市民会館建設の再検討など一部は見直すと主張した。連合長野の推薦を得たが、市議の多くが小田切氏支持でまとまったことで組織面で広がりを欠き、浸透しきれなかった。

 青木前市長は10月9日、病気のため任期を約半年残し死去した。新市長の任期は23日から4年。
http://www.shinmai.co.jp/news/20081124/KT081122ATI090006000022.htm

41 名無しさん :2008/11/25(火) 00:06:43
豊橋市議会、会派再編進むか
http://www.tonichi.net/news.php?mode=view&id=25984&categoryid=1

 豊橋市長選が終わって半月。自民党県連および豊橋市支部が推薦した新市長の誕生に、自民党系市議25人が結束し奏功したことから、それを機に市議会の自民系2会派、清志会(藤原孝夫会長、13人)と豊橋自民党市議団(近田明久団長、12人)が1本化に向け、調整に動き出した。第1会派の清志会がすでに豊橋自民に打診しており、週明けの25日以降、本格的な話し合いに入る。

 【大義名分】これまで3期12年間、非自民系市長による市政運営だったため、ねじれを起こし、同じ自民党市議でありながらスタンスや政策に違いが出て、2会派に分裂してきた。

 しかし、自民系市長の誕生により、ねじれが解消されたばかりか、佐原光一新市長が掲げたマニフェスト(政策、公約)を支持し、結束して当選に尽力。会派間の壁が取り払われた。

 【3派連合の解消】豊橋市議会は40人構成。自民党2会派計25人のほか、公明党市議団6人、民主党系まちフォーラム4人、日本共産党市議団3人、市民会議1人、紘基会1人。

 正副議長などの選出に際し、豊橋自民、公明、まちフォーラムが3派連合を組み、清志会を封じてきた。今年5月の改選では、豊橋自民から議長、公明から副議長を出し、清志会を無役に追いやった。

 市長選では、公明党市議が事実上、自主投票を翻して佐原氏を応援。まちフォーラムが孤立する形となり、関係に亀裂を生じた。関係者の間で「3派連合なんて言っている場合ではない」。

 【論功行賞】自民系市長の誕生で、自民党2会派と公明党市議団、それに紘基会が市長の与党会派。非自民市長時代と状況が一変した。

 合わせて、新市長誕生に伴う論功行賞がいろんな形で行われている。佐原陣営で要職を務めた長老議員を「再び議長へ」の声。

 【中堅議員の反発】実を言うと、自民党市議25人は、表面的には結束していたものの、実際には、旧自民党候補に通じたり、非自民系の現職を推した人も数人いた。長老、中堅、若手の3層に分けると、中堅層にしわ寄せがいき、不満が残った。

 一本化の動きについて、主にこの中堅層が反発している。「選挙は選挙。議会運営とは別。それに裁判(政務調査費)を抱えており、原告、被告に分かれて争っている間柄だ。一緒になれるわけがない」。

 【衆院選見据え】自民党は市長選の勝利をバネに衆院選も弾みをつけたいところ。だが、分裂選挙の後遺症は根深く、関係者にとって頭痛のタネだ。市議会の会派再編の動きから目を離せない。

(山崎祐一)

42 とはずがたり :2008/11/25(火) 01:03:36
富士新市議に3氏
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20081123-OYT8T00662.htm
 富士市に編入合併した旧富士川町を選挙区とする同市議増員選(定数3)は23日に投開票が行われ、新議員が決まった。

 旧富士川町議ら9人が立候補し、合併後の地域振興策などを巡って舌戦を展開していた。任期は現市議と同じく、2011年4月30日までとなる。

 当日有権者数は1万3782人、投票率は72・27%だった。

当 1,756宮川 和久66無新〈1〉
当 1,403望月 清隆64無新〈1〉
当 1,378井上  保59無新〈1〉
  1,078望月 夘吉69無新 
  1,052笹川 朝子58共新 
    917丸山 博康67無新 
    883田辺 輝真60無新 
    754深沢 知巳47無新 
    484佐藤 直美50無新 
(開票率97%)
(2008年11月24日 読売新聞)

43 千葉9区 :2008/11/25(火) 21:54:22
民主王国として落としたくないところ
=三重2区・3区=
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/mie/news/20081124-OYT8T00050.htm
四日市市長選 2新人、力強く第一声
課題取り組み独自性訴え


 23日告示された四日市市長選は、ともに新人の元県議・田中俊行候補(57)(無所属=民主推薦)と、元県議会議長・岩名秀樹候補(68)(無所属)の一騎打ちとなった。同市は、産業廃棄物の不法投棄問題や中部国際空港への航路廃止、中心市街地の活性化策など課題が山積。両候補とも、3期続いた「井上市政」後の街づくりや環境対策、少子高齢化に対する取り組みについてマニフェストをつくり、新たなかじ取り役を目指して独自性をアピールしている。22日現在の選挙人名簿登録者数は24万5822人。

「市民満足度高める」田中候補 

 四日市市安島の市民公園で開かれた田中候補の出陣式には、民主党の国会議員5人を始め、同党系の県議、市議らが顔をそろえ、大勢の労組関係者や市民らで埋め尽くされた。

 田中候補は鉢巻き姿の支持者らを前に、「市長は、会社で言えば、雇われ社長のようなもの。株主である市民や、社員である職員の幸せ度や満足度を高めるために、自信と責任を持って市長に取り組みたい」と第一声を上げた。さらに「もっと、もっと魅力と活力にあふれた四日市にするために、全身全霊を傾けて頑張りたい」と、力強い声で訴えていた。

 初日は選挙カーで、もみじ祭りが開かれているイベント会場などを精力的に回り、支持を求めた。

「地方分権で活力を」岩名候補 

 岩名候補は、四日市市諏訪栄町の諏訪公園で、集まった支援者に「中心市街地の再開発の拠点となる諏訪公園から出発できることはうれしい」と第一声を上げた。政党や団体の支援を受けておらず、厳しい選挙戦になるとの見通しを示したうえで、「一人の市民として皆さんとともに戦っていきたい」と訴えた。

 壇上から「チェンジ四日市。四日市を変えよう」と声を張り上げ、「地方の疲弊が目立っている。活力を取り戻すには、地方分権が必要だ。地方分権の火の手を四日市から上げていきたい」と呼びかけた。将来、中核市や政令市を目指す考えも示した。

 この後、選挙カーで市内を回り、夜には3か所で個人演説会を開いた。

(2008年11月24日 読売新聞)

44 千葉9区 :2008/11/26(水) 23:17:16
>>27
県議対決 対照的に/焼津市長選
2008年11月20日


八木健次県議


清水泰県議

 焼津市長選の投開票日(12月21日)まで約1カ月に迫り、4月に立候補を表明した清水泰県議(64)=平成21=と、今月10日に表明した八木健次県議(74)=自民党=の新顔2人の動きが活発になってきた。どちらも無所属で立候補する予定だが、清水氏は「市民本位」を掲げて民主党の推薦を受けずに臨む。一方、自民党市支部の推薦を受けた八木氏は「国政選挙の前哨戦」と位置づける対照的な戦いぶりだ。(根岸敦生)



 八木氏の大井川地区事務所開きが17日夜にあり、約100人の支援者が集まった。激励に訪れた原田令嗣衆院議員は「相手は私が戦う藤枝在住の相手(津川祥吾氏)と一緒に活動している。原田の足元を固めなくてはいけない」と声を張り上げた。旧大井川町の池谷薫元町長や池田鐸朗元副町長は「八木さんは大井川町に近い和田村(旧焼津市の一部)の出身。町議選並みのきめ細かさで票を固めて欲しい」と訴えた。


 10月に戸本隆雄市長が突然の引退表明。当初、八木氏は「76歳になる戸本市長が勇退するのに、74歳の私が出る理由がない」と語っていた。一転して立候補表明に踏み切った理由について「ともかく原田の選挙のためには誰かが立たなくてはいけないと思った」と説明。自民党焼津市支部は難航を重ねた候補者選びの末、市議選、県議選合わせて9度の選挙を勝ち抜いた知名度に頼った格好だ。


 現在の市議会の与党会派は自民党系の凌雲の会、開政会の2会派と共産党で、公明党は野党会派だ。しかし、今回の市長選では国政での与党の枠組みと同様、自民党は公明党に秋波を送っている。


 これに対し、清水氏は「国政と違い、地方の首長の選挙では党派色を前面に打ち出すのはなじまない」と話す。連合の推薦は受けるが、民主党の推薦は受けない方針だ。


 清水氏は自民党焼津市支部の青年部長を務めた経歴もあり、候補者選びの過程では、地元農協や水産関係者の間から「政策協定を結んで支持してもいいのでは」という声も上がっていた。清水氏は「(八木氏から)僕は出る気がないから精いっぱい頑張れ、と聞かされていた。相手が誰であれ、市民本位の市政、元気の出る焼津を作るために頑張ると主張していくだけ」と話す。県議は今月いっぱいで辞職し、市長選に集中するつもりという。


 地元静岡2区の民主党公認候補の津川祥吾氏は「総選挙では政党の選択を訴えるが、市長選はまさに権力者の選択。清水さんがいいのか、八木さんがいいのかを選んでもらう選挙」。清水氏の政策と民主党の政策が一致する部分が多いから応援するとして、八木・原田氏陣営の「総選挙の前哨戦」という位置づけとは一線を画す考えだ。


 焼津青年会議所(福崎正展理事長)は12月11日に公開討論会を開催する予定。両氏ともまだ具体的なマニフェストを発表していないが、(1)循環器科、麻酔科の常勤医を欠いている市立総合病院の改革(2)遅れている小中学校の耐震化対策(3)赤字経営が続く公設民営の海洋療法施設「アクアスやいづ」問題――の3点が争点となりそうだ。1日付で合併したとはいえ、独自の意識が高い旧大井川町住民の意向をどこまで新市の構想に反映させるかも注目点だ。






 八木、清水両県議の市長選立候補表明を受け、県議の焼津市選挙区(旧焼津市、定数2)は補欠選挙をすることになる。市選管の試算では、市長選と同時選挙の場合の費用は1169万円で済むが、日程的に難しい情勢。単独で補選を実施する場合は3041万5千円かかるという。


 一方、補選の選挙区は旧大井川町を除いた旧焼津市となるため、同日選の場合は事務手続きが煩雑になるという。


 候補者選びについて、自民党焼津市支部長の深津三郎市議は「うちの会派でも若手が何人か意欲を見せている。同時に、次の統一地方選では大井川町との合併で尽力してくれた池谷薫前町長を県議に推すことも考えたい」と話す。

45 千葉9区 :2008/11/26(水) 23:20:32
>>37
http://mytown.asahi.com/niigata/news.php?k_id=16000000811180005

柏崎市長選 票二分の背景は
2008年11月18日
 16日投開票された柏崎市長選で、2万7394票を集めて再選を決めた現職の会田洋氏(61)は、新顔の桜井雅浩氏(46)に
1021票差にまで迫られた。昨年7月の中越沖地震で被災した街が、二分された背景は何だったのか。


   ◇


 16日午後10時39分。柏崎市長浜町に構えた会田氏の事務所は、当選の報が入ると、歓声と拍手に包まれた。


   ◇


●「批判票」を認める


 会田氏は、桜井氏が集めた2万6373票について「会田市政への批判票でもある」と認めた。「震災復興で、被害は比較的軽いけれど経済的負担が大きい層の不満は相当あるんじゃないか。街の活性化などへの期待や希望もある」と、冷静に分析して見せた。


 一方、桜井氏は、同市鏡町の事務所で「災害復興の途中であることを考えると、現職の強みも発揮された」と肩を落とした。桜井氏を支援した西川正純・元市長も「復興は道半ばだから、市長を交代させる必要はないという、何となくのムードが広く行き渡っていたということなのかね」と話した。


 桜井氏は、米大統領選も意識し、選挙戦で「変化」を強調してきた。投票日前夜の演説会では、桜井氏が「原子力技術を活用し、柏崎を再興させよう」と訴えると、立ち見を含めた約500人の支持者らが「チェンジ」と書かれたプラカードを揺らした。


 桜井氏は、市財政や地域経済の危機的状況を訴え続けた。市財政は災害復旧のために
400億円の補正予算を組んだ結果、12〜14年度には約5〜10億円の歳入不足に陥ってしまう。会田氏が具体的な財政計画を示さずに選挙に臨んでいることを指摘し、「具体的な道筋を示さずに復興を唱えるのはあまりにも無責任だ」と訴えた。


 3月に立候補を表明し、市議会の過半数をまとめた会田氏。東京電力柏崎刈羽原子力発電所の廃炉を求める市議からも支援も得て、ある市議は「支持する市議の数をみれば会田氏で決まり」と余裕すら見せていた。だが、市長選で街が二分された結果を見せつけられた会田氏は当選直後、「震災からの復興を確実に進める。財政の立て直しは待ったなし。直ちに取り組む。原発の運転再開問題にも取り組む」と力んだ。


 一夜明けた17日にも、「震災対応に不満を持っている市民が相当いた。地方都市の衰退に不安を持つ人もいる。私が反原発で、原発を運転再開させないのではという誤ったキャンペーンもあった」と、選挙戦を振り返った。


   ◇


●県連は推薦見送る


 一方、街が割れた背景には、自民党の姿勢がはっきりしなかったこともある。


 告示後、04年の中越地震の被災地・旧山古志村長の長島忠美衆院議員(自民)が、桜井氏の応援に入った。「なぜ市の財政が悪化するのか。桜井さんに太いパイプを用意する」と演説すると、会場から拍手がわいた。


 なぜ同じように災害復興で苦労した会田氏を支持しないのか――。記者に質問された長島氏は「自民党として最終的に、政策的に判断した」と答えた。


 党本部からも最終盤に選挙参謀が投入された。陣営関係者は「『原発を革新市政に任せてはダメだ』と、細田幹事長、古賀選対委員長からの特命だった」と解説した。


 だが、もともと同党県連は桜井氏への推薦を見送っている。桜井氏を支援した同党柏崎支部の丸山敏彦支部長は「県連は全くと言っていいほど動かなかった」と嘆いた。


 同支部は10月上旬、県連に桜井氏への推薦願いを出したが、県連は「柏崎地域のほかの支部が推薦していないので推薦は出せない」と返事があったという。総選挙が迫る中、丸山支部長は「県連は勝ち馬に乗りたかったのだろう」とみる。


   ◇

46 千葉9区 :2008/11/26(水) 23:20:48
●「ノータッチ無難」


 東電関係者の票も、はっきりしなかった。市の労働人口の約1割を占める東電社員らの票は今回、どちらかに集中することはなかった。


 会田氏は10月、自ら東電労組に出向いて推薦を求めたが、労組側は自主投票を決めた。相沢宗一執行委員長は「原子力に対して我々と違う考えなら組まないが、今回の場合、会田氏は共存共栄で、桜井氏も理解がある。ノータッチが無難だ」と振り返る。


 東電幹部は選挙前、「早期再開を考えた場合、必ずしも(原発推進の)桜井氏というわけではない」と打ち明けた。原発反対派が会田氏を支援している現状をみれば、会田氏が「原発再開」と言っても議会はもめないが、桜井氏が宣言すると、社民系の市議が反対に回り議会が紛糾する恐れがある。「そうなれば再開の時期は大きく遅れる」とみていた。


   ◆◆◆


●桜井氏投票した人の53%
 「復興うまくいってない」有権者に本社アンケート


 朝日新聞社は、柏崎市長選の投票日の16日、投票を済ませた有権者にアンケートを実施し、
1445人から有効回答を得た。新顔の桜井雅浩氏(46)に投票した有権者のうち、「中越沖地震からの復興はうまくいっていない」と答えたのは53%だった。


 桜井氏は選挙戦で、「原発関連産業を育成し、稼いだ金を医療や福祉に充てる」という「活性化モデル」を見せた。アンケート結果をみると、震災復興の評価だけでなく、街の活性化への期待が票を伸ばしたとも読み取れる。


 調査は、同市内16の投票所で、投票を終えた直後の有権者を対象に実施。桜井氏に投票した有権者のうち、「地震からの復興はうまくいっていると思いますか」という問いに対して「うまくいっていない」を選んだ人は400人で、全体の53%だった。一方、会田氏に投票した有権者で「うまくいっている」と答えたのは約78%だった。


 また、「普段支持している政党」を尋ねた質問で、「自民党」と回答した有権者のうち、約45%は会田氏に投票していた。桜井氏は同党柏崎支部の支援を受けたが、1期4年の実績で自民党支持層にも食い込んだ会田氏に及ばなかったとみられる。


 東京電力柏崎刈羽原子力発電所の運転再開の是非についての質問では、桜井氏に投票した有権者のうち約79%が「運転再開に賛成」と回答。「原発依存からの脱却」を掲げた会田氏に投票した有権者でも、約65%が「賛成」と答えた。

47 千葉9区 :2008/11/26(水) 23:24:24
>>32
http://mytown.asahi.com/toyama/news.php?k_id=17000000811180003
南砺市市長に田中氏「大差」の初当選 
2008年11月18日

早朝から支持者のお祝いを受ける田中幹夫氏(左)=南砺市福光

合併行政 新味に期待


対話重視の姿勢

 南砺市長選は前市議・田中幹夫氏(47)が、前副市長・清都邦夫氏(65)に3260票差をつけて初当選した。双方が「予想外」とする大差の背景に、「合併2期目」に寄せる市民の新たな期待の大きさを指摘する声が聞かれる。17日に当選証書を受け取った田中氏は、改めて合併行政の難しさと、市民との対話の重要性を語った。



 田中氏はこの日朝5時から市内の早起き会や、市街地での街頭演説などで当選の報告やお礼のあいさつ。市民と行政の橋渡しや対話集会などの情報提供の仕組みづくり、行政センター窓口設置などに向けた職員との合意づくりに取り組む姿勢を訴えた。


 市役所であった当選証書付与式では、岸一雄・市選挙管理委員長が「南砺市はまだ4歳の幼児。若い市長を求めた市民の声に応えるようご尽力を」などと激励した。「合併1期目」を担った溝口進市長は市政の引き継ぎに触れ、「市議会とともに作成した市総合計画の実行を期待したいが、計画変更による政策の実現も可能」などと述べた。


 市総合計画は、4年前の合併協議で旧8町村が合意した新市建設計画に基づき、10年間の計画期間で作成された。当時の市長候補選びも合意事項順守のため協議にかかわった町村長の中から進められたが、田中氏の当選で初めて関係者以外による市政運営が行われることになる。


 市幹部の中には「選挙結果は4年間の合併行政への批判でもあるが、市民のため職員一同が努力してきた成果もあったはず」と戸惑いも。


 田中氏は「今のところ、総合計画を大きく変更することはない」としたうえで、「市民の満足感から少しずれてきたところは直す必要がある。行政的にはともかく、このまま市民の閉塞(へい・そく)感が放置されると活力を失う」と話す。


 しかし、複雑な合併協議の経緯などから「思い切った施策を打ち出すには、言いにくいところも多い」と語る。

48 千葉9区 :2008/11/26(水) 23:53:52
焼津は自民党共産党の連立ですか!?

49 千葉9区 :2008/11/27(木) 23:18:50
>>21
なぜか(上)の記事が消えてる・・・
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000150811130007
現職敗退 検証・豊橋市長選(下)
2008年11月13日

初当選し、山本明彦衆院議員(右)らと壇上に上がり、花束を受け取る佐原光一氏=9日、豊橋市大井町の選挙事務所、岡田匠写す

●自民結束、企業も後押し


 「小久保三夫氏(67)が立ったことで、(勝算があると見て)早川勝氏(67)が立った。それで、清新な民主党系の候補が擁立されず、佐原氏が勝てる。その意味で、小久保さまさま、早川さまさまだ」。当選の報が入る前、優勢との観測が流れる佐原光一氏(55)の事務所で9日夜、自民党の山本明彦衆院議員(61)は解説してみせた。
 同党県議だった小久保氏は、かねて市長への挑戦を意識していたが、公式に表明することはなかった。山本氏は昨年、地元出身の官僚など人材を探ったうえで、元国土交通省中部地方整備局副局長の佐原氏に白羽の矢を立てた。現職早川氏の去就や、民主党の方針は未知数だったものの、衆院選に向けて自分の支持者の結束を図るためにも独自候補の擁立をめざした。
 だが、小久保氏は「自分の知らないところで佐原氏の擁立が進んだ」と反発、立候補に傾く。その情勢を見てとった早川氏が6月、4選を目指して立候補を決めた。すると、民主党が擁立を打診していた人物は「早川さんを押しのけてまでは出ない」と辞退。結果として、佐原氏は“新鮮な候補者”に映った。
 陣営のエンジンがかかるのは遅かった。佐原氏は当初、「民主党などにも推薦をお願いしたい」と中立を強調。事務所も、当初は中学や高校時代の同級生らが中心で、自民党も「党が前面に出ない方が市民受けがいい」(市議)との判断だった。
 衆院選の前哨戦と位置づけ、陣営が本格始動したのは夏以降。「保守王国」とされる愛知15区の中心都市だけに、山本氏をはじめ国会議員や県議らが動員を図った。市議会40人中25人を占める自民党系市議らはこぞって後援会名簿を提供するなど、佐原氏への協力を強化した。
 告示日の2日、小久保氏の出発式には、これまで関係のあった自民党系市議の姿は表立っては見られなかった。他候補を支援した場合は処分もあり得ると、党が市議らを締め付けたからだ。小久保氏の浸透を食い止めるため、各種団体や組織への働きかけも進んだ。
 経済界もこの動きを後押しした。「佐原さんを頼むよ」。地元の有力企業、中部ガスグループと取引のある中小企業の女性社員は、社長からこう頼まれた。「こんなに熱心に言われたのは初めて。会社のためにも、そうしないといけないかと思った」
 経済界は、トヨタ自動車の関係者が集まる懇話会など様々な会合に佐原氏を講師などとして招き、名前を浸透させた。経済不安が広がる中、「国とのパイプが有権者にアピールした面もある」(地元経営者)との分析もある。
 陣営は、自民党系市議の票の半分程度を固め、公明党票が乗れば5万票前後になり、勝機があると見ていた。実際、公明党は終盤、「半分程度は佐原氏に票を回したい」(幹部)と動き、陣営の期待に沿う結果になった。小久保氏の集めた票を合わせれば、自民党全体では大勝ともいえる。
 小久保氏の陣営には今回、前回の知事選で民主党推薦候補を推した市民運動系の市民らが入っていた。民主党系の票も流れた面が否めない。
 気になる数字がある。今回の無効票は約1300。早川氏と共産党候補の争いで市民の関心が低かった前回よりは少ないが、早川氏と自民党系候補らの争いで盛り上がった前々回より約200票多い。関係者によると、多くは白票。ある主婦は投票所で「多選はいやだが、自民党系候補もどうかと思う。だれに投票すれば良いのか」と漏らした。そんな人たちが投じた批判票の可能性もある。
 佐原氏はこの結果に、「誰がやっても同じという意識が市民にあるのかも知れない。若者との集会など、市民に関心を持ってもらう取り組みをしていきたい」と話した。
 新市長は17日に登庁する。(山本晃一が担当しました)

50 千葉9区 :2008/11/27(木) 23:28:20
古い記事ですが・・・
http://www.shizushin.com/feature/touitsusen2007/kikaku/20070308102749.htm

【浜松政令市長選・激突の構図(上)】 北脇氏と経済界決裂
2006/12/23




防災訓練で隣り合わせになる鈴木康友氏(右)と北脇保之氏。かつての盟友2人の対決が確実になった=3日、浜松市の天竜川河川敷








 来春の浜松市長選へ民主党の鈴木康友前衆院議員(49)が22日、出馬を正式表明し、選挙戦は事実上の本番へ突入した。経済界を背にした鈴木氏と現職の北脇保之市長(54)は正面から激突する形だ。しかし、2人は同じ党の同じ選挙区の衆院議員を務めた“先輩・後輩”。北脇氏の跡を継いだのが鈴木氏で、主張も多くが共通している。一体どうしてこの2人が戦うのか。また、北脇氏を市長に担ぎ出した中心人物の鈴木修スズキ会長(76)がなぜ今回、鈴木康友氏擁立に走ったのか。見えにくい“対立”の舞台裏を探る。
 1999年5月の市長公舎。浜松経済界を代表する経営者12人が47歳の若い市長の誕生を祝う席に着いていた。前市長の栗原勝氏の多選を批判し、衆院議員だった北脇氏を市長選に擁立したメンバーだ。「何か名前を付けないと―」と口火を切ったのは上島清介ヤマハ会長(当時)。市幹部が「5月(ごがつ)ですね」と言うと、「じゃ、さつき(5月)会」と決まった。経済界の応援団に見守られ、北脇市政は順調に滑り出した。
 1期目、鈴木修会長の指摘もあって進めた納税率アップ作戦。市幹部を滞納者宅に出向かせるなど、北脇市長は「懸命な様子だった」(市幹部)。経済界の合併・行革の声に呼応する形で、市長は環浜名湖政令指定都市構想も発表し、従来の静観方針を合併推進に転じた。
 しかし、4年後、再選を果たした北脇氏は、さつき会のメンバーに「解散」を申し出た。
 「2回目の当選の後、突然来て、もうあの会はやめたい、と言う。もういいから解散したい、と言うんだ。一方的に。12人は憤激したよ」
 鈴木修会長は今年10月の市行財政改革推進審議会の公開審議終了後、記者に北脇市長との対立の原因を聴かれ、さつき会のいきさつについて初めて明かした。メンバーの1人も「あれから北脇さんが分からなくなった」とさつき会解散が分岐点だったことを認める。
 何が北脇市長をそうさせたのか。市長は語らず理由は分からないが、市の元幹部は「自立して、しがらみのない自分の市政をやりたい、と考えたのではないか」と推測する。「政治家というより旧自治省出身の行政マンの首長。自負もあり、経済界の一部とはしっくりしなかった」という。
 その後も経済界の実力者らは見守ったが、意思疎通はよくならなかった。それまで市長の代わりに市の考えを説明に回った助役や部長らパイプ役の幹部も退職で消え、「企業が出ていって危機的なのに市は企業の声を聴きにも来ない」と経済界の一部から批判がわき起こった。
 「北脇さんの方から訪ねて来れば」と鈴木修会長は発言し、関係修復の可能性もにおわせたが、「頑固に」(市幹部)北脇市長は動かず、溝は深まった。「なら柔軟な康友さんで行こう」とかつて北脇氏を担いだ経済界の人たちは動いた。そして、北脇市長は12月1日の出馬宣言で「一部の利益に偏らない、市民本位の民主主義の自治を実践する」とあらためて決意表明。両者は真っ向から戦うことになった。

51 千葉9区 :2008/11/27(木) 23:29:04
http://www.shizushin.com/feature/touitsusen2007/kikaku/20070309000000000039.htm
【静岡・浜松政令市長選 激戦の構図(中)】浜松(下)
2007/03/09
行革に関するチラシを手に支持を訴える市長選立候補予定者=浜松市内


政党支援まだら模様 因果な対決

 現職北脇保之氏(55)の自民党への急接近の伏線は、年明けからあった。
 「自民党の推薦をいただきたく、心からお願いしたい。政令指定都市移行後は与党の力が必要になり、これまで以上に関係を深めたい。(私以外の)別の方が国会や霞が関に行くと違和感があると思う」
 1月14日夜、浜松市内のホテルで開かれた同党浜松市支部新年会で、北脇氏は自民党をこう持ち上げた。その言葉を聞いた同党の塩谷立衆院議員(56)=静岡8区=も「あそこまで言うとは驚いた」と目を丸くしたほどだ。
 塩谷氏にとって北脇氏は衆院選でかつて戦い、鈴木康友氏(49)は直近で戦った、ともに元民主党衆院議員。自民の市長選単独候補を出せず、態度を鮮明にしない塩谷氏に、鈴木康友氏を支援する鈴木修スズキ会長(77)は複数回、接触して康友氏の支援を要請し、自民党本部の複数幹部にも同様の要請をした。
 北脇氏はこの間、同党浜松市浜松支部と政策協定を交わし、自民党の国会、県議会、市議会議員との定期的な政策協議会の開催を約束。その後、市内の自民党全十二支部が推薦を決めていった。
 自民党の塩谷、片山さつき(47)=静岡7区=両衆院議員とも、表だった動きはしていない。ただ、3月に入り、塩谷氏の事実上の支持母体の1つ「浜松自民党建設産業連合会」が北脇氏推薦を決めるなど、新たな動きも表面化してきた。
 北脇氏は公明党の推薦も要請しているが、8日現在、「検討中としか言えない」(公明党関係者)段階だ。
 しがらみからの脱却をアピールする北脇氏だが、鈴木康友氏陣営の幹部はこうした一連の動きを「自民、公明両党とのしがらみは強くなっている」と批判。鈴木修氏や中山正邦浜松商工会議所会頭(66)ら有力経済人の支援を背に「市民党」をアピールしている。
 鈴木康友氏は市長選出馬表明の直前まで、民主党静岡県第8区総支部長を務めていた経緯もあり、離党後も、同党公認の県議選候補や民主系市議候補予定者は、結びつきを断っていない。浜松市議会の会派の一部勢力も「康友派」を標ぼうし、鈴木康友氏を全面支援する。
 民主党の支持母体の連合静岡は自主投票を決めた。今後の各候補予定者の政策説明の内容によっては、各単組の動きが分かれる可能性も残る。
 一方、3度目の市長選挑戦となる高林順氏(56)は「北脇市長は郊外大型店の進出を許して中心部を衰退させたし、大企業に推されている鈴木氏の『改革のスピードを上げる』という言葉にも黙ってられない」と双方を批判する。
 北脇、鈴木氏が元は民主党衆院議員という因果な構図だけに、共産を除き、政党の力の入れようはまだら状態。トリプル選で勝ち馬に乗ろうとする県議、市議候補予定者の思惑も絡み、混とんとした様相を見せている。

52 千葉9区 :2008/11/27(木) 23:29:51
http://www.shizushin.com/feature/touitsusen2007/kikaku/20070311000000000011.htm

【静岡・浜松政令市長選 激戦の構図(下)】静岡 
2007/03/13

静岡市長選への出馬を予定する両陣営はそれぞれ、旧静岡、旧清水両地区に後援会事務所を開設し、臨戦態勢を整えた=清水区内

組織と草の根対決へ 焦点の清水区
 
 JR清水駅西口の再開発ビル建設予定地。完成するまでの「空白期間」に客離れが進むことを心配した地元商店主らが1月末、新鮮野菜の即売や休息のスペースとして「清水駅西口広場」をオープンさせた。
 「地元の皆さんに元気になってもらうことが大切」。開所式に顔を見せた小嶋善吉静岡市長(59)は型通りのあいさつを終えた。「物足りない」と感じたのか、自民党のベテラン市議の1人が「お金は幾らでもある。清水のために使わせてもらう」と声を張り上げた。「よし。そう言わなければ駄目だ」。別の自民党市議がすかさず合いの手を入れた。
 小嶋氏の“清水行脚”は昨年末から週末ごとに続いている。開所式には市議や県議、国会議員らも駆け付け、市長選の出陣式を思わせる光景だった。ただ、商店主の1人は熱気に包まれた一団を遠巻きに眺めながら、「このご時世に金さえ使えばいいのか。市長自身はどう思っているのか」とまゆをひそめた。
 静岡市長選に出馬表明している現職の小嶋氏、元民主党参院議員の新人海野徹氏(57)の両陣営にとって清水区は共に焦点を絞っている地域。
 旧清水市を代表する企業「鈴与」の鈴木与平社長を後援会長に据え、有力企業、団体の代表、自民、公明、民主の市議らで固める小嶋陣営は、自民、公明両党、連合静岡の推薦を受けた典型的な組織選挙を展開し、静清合併と政令市移行の実績をアピールする構え。
 ただ、陣営幹部の1人は「不安要素がないわけではないのに、緊張感に欠け、ムードが盛り上がってこない」と上滑りを警戒し、「旧静岡市側の保守・中道票は50%程度とよく言われる。清水で水をあけるぐらいでないと危うくなる」と顔を曇らせる。
 一方、市民ボランティア選挙を掲げる海野陣営は「特定企業や業界団体がこぞって支援に回っても、すべての従業員や組合員、個別企業を縛れる時代ではない」(陣営幹部)と有権者の目線に合わせた改革を訴え、「生活者」への浸透を図る戦略。個別の中小企業や一部団体などが水面下で支援の意向を示している。
 葵区内に住む40代の女性自営業者は「再選出馬と主張するが、旧静岡市当時から数えると通算4期の長期政権。さらに期を重ねても何も変わらない」と、現職の“多選”を批判する。清水区の70代の無職男性は「旧清水市側にとっては、合併や政令市に寄せた期待と現実とのギャップが大きい」と指摘する。
 こうした不平、不満、物足りなさの「受け皿」を目指す海野陣営。公民館などで小集会を開き、ゲリラ的な街頭演説で自らの政治姿勢への理解を求める。
 低投票率を懸念する声は、近くマニフェスト(公約集)をまとめる両陣営内にある。懸念を払しょくできるかどうかは、マニフェストによる「政策本位の真っ向勝負」が有権者に何を訴え掛けるかにかかっていると言えそうだ。
 (この連載は浜松総局・川北楽人、政治部・植松恒裕、清水支局・中島忠男が担当しました)

53 千葉9区 :2008/11/27(木) 23:31:52
http://www.shizushin.com/feature/touitsusen2007/kikaku/20070308103123.htm

【浜松政令市長選・激突の構図(下)】 自公支援奪い合い
2006/12/25


塩谷氏のポスター(左上)が張られた自民党系会派室で名刺を配り回る鈴木康友氏=浜松市役所

県・市議ら板挟み苦渋
 22日の浜松市長選出馬会見後、鈴木康友氏(49)が真っ先に向かったのは浜松市役所の市議会各会派室だった。
 最初に入ったのは、衆院選で死闘を繰り広げた自民党の衆院議員塩谷立氏(56)系の最大会派「新世紀浜松」。あいさつしようとしたが、目の前に出迎えた市議は23人中わずか2人だった。
 関係者が前日に訪問を告げていたため、主要メンバーは不在。「何しにきたの」という皮肉めいた市議の言葉をよそに、鈴木康友氏は全員の机の上に、名刺を配った。
 鈴木康友氏、北脇保之市長(54)とも、主な支持基盤は民主党系の後援会組織。「“戦争”になり、支援者の取り合いになる」(後援会関係者)だけに、両陣営とも自民、公明の支持獲得に躍起だ。
 特に関係者を驚かせたのが、鈴木康友氏を全面支援するスズキの鈴木修会長(76)。宿敵とも言える塩谷氏や、自民党市議を束ねる新世紀浜松の柳川樹一郎会長と接触し、鈴木康友氏を応援するなら塩谷氏を応援するというバーターで「反北脇に賛同できないか」と働きかけ“北脇崩し”に自ら動いた。2人は即答は避けたが、衝撃は広がった。
 北脇氏には強力な支援組織はない。それでも鈴木康友氏の動きを察知して、陣営関係者が自民、公明の幹部に支持要請をした。
 当の自民は、独自候補擁立が極めて難しいのが現状。両氏のどちらを推すかも決まっていない。自民県議の1人は「自民が候補を立てられないのは将来に汚点を残すが、エースがいない。極めて残念なことだが―」と吐露する。塩谷陣営は今月に入り、何度か関係議員と協議を重ねたが答えが出ず、24日の話し合いの後でも塩谷氏は「困った」と漏らして苦しい表情を見せた。
 市議らは自らの市議選も重なるだけに、対応に苦慮している。市長与党の保守系市議も北脇氏に対して「市行財政改革推進審議会の中で、自らの行革の姿勢をもっと踏み込んで示していれば、ここまでもつれなかった。官僚的な考え方を捨て、市民の中にももっと溶け込むべきだ」と注文を付ける。一方、鈴木康友氏に対しては「衆院選で戦ったばかりの人を簡単には推せない。鈴木修会長の強い政治介入には、支援者から拒否反応の声も大きい」と明かす。
 民主党系の県議、市議らも対応に悩み苦しんでいる。市議の1人は「北脇さんと康友さんと2人のポスターを張ってあるが、党を離れるなら康友さんのポスターの方をはがさないといけないかもしれない」と困惑の表情だ。北脇、鈴木康友両氏とともに選挙を戦ってきた県議は「市長選については触れたくないね」と支持をはっきりさせようとしない。
 出馬会見で民主党を離党し「市民党」を掲げた鈴木康友氏に対し、北脇市長も「市民党で戦う草の根選挙です」と決意を語る。両氏が具体的な政策を市民に示すのは年明けで、政党関係者の本格的な動きはこれからだ。

54 名無しさん :2008/11/28(金) 23:02:29
選挙:名古屋市長選 候補者選び、政策作りで様子見? /愛知
 ◇民主、来月以降本格化か
 来年4月に実施予定の名古屋市長選をにらみ、民主党県連は今月29日、政策マニフェスト「名古屋ビジョン」の骨格をまとめる。市政与党として自民、公明両市議団とともに支えてきた松原武久市長の大型事業路線を修正する内容になるとみられ、県連はこれをテコに独自候補擁立を加速させるとみられる。

 名古屋ビジョンは29日に骨格をまとめたうえで来月上旬、支持団体などとの会合で発表する。市税収入落ち込みが避けられない中、松原市長が打ち出した名古屋城本丸御殿の復元など「4大プロジェクト」のうち、東山動植物園再生計画の修正または縮小などが盛り込まれる見通しとなっている。

 ビジョンが意味を持つのは「松原市政に修正を加える」(佐橋典一・民主市議団長)方向で最終調整が進んでいるためだ。これまでの自民、民主、公明相乗り路線から独自路線にカジを切ることにつながり、結果として自民、公明両党の相乗りが難しい候補を擁立する可能性が高まるとの観測が強まっている。

 一方、自民党県連には民主党に対抗して候補を擁立する動きは依然として出ていない。同党市議団は市会自民党と合同で市長選に臨む上での基本政策をまとめたものの、「内部的なもので公表の予定はない」(市会自民幹部)という。

 公明党市議団も基本政策を作り、28日に発表する予定だが、自民党と同様、自前候補擁立を前提としたものではない。名古屋市長選は現時点で、独自候補擁立に向け新ビジョンを作成し差別化を図りつつある民主党と、それを見守る自民、公明両党という構図で進んでいる状況だ。

 共産党は8月段階で関連団体「革新市政の会」が基本政策の骨格をまとめており、候補者を選定中。市民の幅広い支持を得られる人物を念頭に置いており「年内には決めたい」(矢崎正一・市政の会会長)としている。【影山哲也】

毎日新聞 2008年11月28日 地方版

http://mainichi.jp/area/aichi/news/20081128ddlk23010274000c.html

55 とはずがたり :2008/11/29(土) 15:38:23
岐阜市議会:市民ネットクラブ分裂 市岐阜商移管巡り対立 /岐阜
11月29日13時1分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081129-00000063-mailo-l21

 民主、社民、無所属の議員でつくる岐阜市議会会派の「岐阜市民ネットクラブ」(市ク)が28日、「市岐阜商の立命館への移管問題で、意見の相違がある」として分裂した。
 立命館の誘致に賛成する民主党の市議3人が市クから独立し、新しい会派の「民主・未来」を結成したためで、新会派の幹事長には高橋寛議員が就任した。
 市岐阜商の立命館への移管問題をめぐっては、新会派の3人が「立命館の誘致を求める請願」の紹介議員になっている。一方、分裂で4人となった市クの新幹事長に就任した西川弘議員は、「市岐阜商の当面の存続を求める請願」の紹介議員。当初は、市クとして意見を統一しようと検討したが、折り合いがつかなかった。
 市議会開会中に会派が分裂するのは、岐阜市議会では初めて。今回の分裂で、岐阜市議会の会派数は6になった。【鈴木敬子】

11月29日朝刊
最終更新:11月29日13時1分


市岐阜商移管問題:市教委が説明会 生徒「撤回を」「納得できない」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1116734086/1173
市岐阜商移管問題:移管の検討を開始 市長、市教委報告書受け
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1116734086/895
立命館が市立岐阜商の系列化検討 月内にも覚書、中高一貫教育も
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1116734086/569

56 とはずがたり :2008/11/29(土) 15:45:09
選挙:関ケ原町長選 3氏が激しい選挙戦−−あす投票 /岐阜
11月29日13時1分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081129-00000064-mailo-l21

 任期満了(12月25日)に伴う関ケ原町長選は30日投開票される。新人の電気工事会社社長、野村浩之氏(45)▽再選を目指す現職の浅井健太郎氏(65)▽新人の測量設計会社員、山田清昭氏(57)の無所属3候補が激しい選挙戦を繰り広げている。
 野村候補は「住民の意見が反映されるまちに」▽浅井候補は「行財政改革と病院の建て直しを」▽山田候補は「安心安全、住みよいまちづくりを」と訴えている。
 投票は午前7時から午後8時まで町体育館など町内8カ所で行われる。開票は同9時から町中央公民館で始められ、同10時ごろには大勢が判明する見込み。
 24日現在の選挙人名簿登録者数は7032人(男3409人、女3623人)。【子林光和】
………………………………………………………………………………………………………
 ◇関ケ原町長選立候補者(届け出順)
野村浩之(のむら・ひろゆき) 45 無新
 会社社長[歴]関ケ原中学PTA会長▽神奈川県立湘南高
浅井健太郎(あざい・けんたろう) 65 無現(1)
 町社福協会長▽消防組合副管理者[歴]町議長▽大垣工高
山田清昭(やまだ・きよあき) 57 無新
 測量設計会社員[歴]造船会社員▽町職員▽岐阜高専

11月29日朝刊
最終更新:11月29日13時1分

57 とはずがたり :2008/11/29(土) 19:01:32
07県議選では民主が金星をあげたんではなかったっけ?

選挙:知立市長選 あす投開票 /愛知
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20081129ddlk23010315000c.html

 任期満了に伴う知立市長選は30日に投開票される。3期12年ぶりの選挙戦で、激しい戦いになっている。

 立候補しているのは、再選を目指す現職の本多正幸氏(58)=自民、公明推薦=と、新人で元市議の林郁夫氏(48)=民主推薦=の無所属2人。

 本多氏は「輝くまち知立」をモットーに、「安定した確かな政治」を強調する。1期目に取り組んだ子育て支援や高齢者対策などの拡充、知立駅周辺の鉄道立体化や区画整理による都市基盤の整備などを掲げている。

 林氏は「知立一新」をスローガンに、「一部勢力が牛耳るような政治の刷新を」と訴える。大型事業の見直しや市長の退職金廃止による財政再建、日本一の子育て環境づくり、最優先の安心・安全なまちづくりを掲げる。

 投票は午前7時〜午後8時に市内15カ所で行われる。午後9時から知立中学校体育館で開票し、午後10時半ごろに大勢が判明する見通し。22日現在の選挙人名簿登録者数は5万1878人(男2万7354人、女2万4524人)。【安間教雄】

==============

 ◇知立市長選立候補者(届け出順)
本多正幸(ほんだ・まさゆき) 58 無現(1)

 県市長会副会長▽市体協名誉会長[歴]会社役員▽市議長▽市監査委員▽刈谷工高=[自][公]

林郁夫(はやし・いくお) 48 無新

 [元]市議▽市国際交流協会ボランティア[歴]市職員▽竜北中PTA会長▽市会委長▽静岡大=[民]

毎日新聞 2008年11月29日 地方版

58 名無しさん :2008/11/30(日) 08:57:30
これはまた微妙な候補を…
京都市長選の悪夢が頭をよぎります。
>最終的に「民自公」相乗りの形になる可能性もある。

名古屋市長選 民主、山田教育次長を軸に擁立
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2008113002000059.html
2008年11月30日 朝刊

 来春の名古屋市長選で、民主党愛知県連は29日、同市教育次長の山田哲郎氏(54)=同市千種区=を軸に、候補者擁立を急ぐと決めた。市議会最大会派の民主の動きを受け、年内に候補者を決める構えの自民、公明も対応を迫られる。

 山田氏は元連合愛知副会長。民主党県連は連合系労組の全面的な支持が得られると判断した。

 労組出身者なら、相乗りを原則、認めないとする党本部の方針にも合致する。

 名古屋市長選は本山政雄元市長(98)の3選目(1981年)以来、多党相乗り候補が当選。2000年に連合愛知から市に復職した山田氏の調整能力や統率力への評価は高く、最終的に「民自公」相乗りの形になる可能性もある。

 山田氏は29日、本紙の取材に「(民主から)打診はなく、現時点で何も答えられない」と話した。

 山田氏は1976年、愛知教育大卒。名古屋市内の中学教諭を経て95年から同市や愛知県の教員組合委員長。今池中校長や市教委学校教育部長を歴任し2008年4月から現職。

 市長選では松原武久市長(71)が10月下旬に4選不出馬を表明。愛知県商工団体連合会の太田義郎会長(64)=同市中村区=が、共産党や労働団体などでつくる「革新市政の会」の推薦を得て出馬する意向を示している。

59 千葉9区 :2008/11/30(日) 20:45:03
上が見つからない・・・
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/081026_3.htm
大型事業、継承か修正か ――4選不出馬 下
 「分からんですわ。まあ、衆院選には出なきゃいかんでしょう」「衆院選が年を越したら? まあ、いろいろ難しいですわ」

 松原武久・名古屋市長の「4選不出馬」情報が流れた23日、民主党の河村たかし衆院議員(愛知1区)は、来年4月の市長選への対応を尋ねる報道各社からの電話に応じ、出馬への含みを残した。

 河村議員の名は、同党が9月に発表した次期衆院選の公認候補者リストに入っている。しかし、2005年の前回市長選で出馬を宣言(その後、断念)した経緯があり、市議会の民主、自民系の各会派は、抜群の知名度を持つ河村議員の動向を横目でにらんでいる。

 「市長給与は年間800万円、退職金はゼロ」「役所の天下りあっせん禁止」――。河村議員が前回市長選に向けて示した公約に、市議会の大勢は「パフォーマンスとしては受けるだろうが、現実的でない」(民主党中堅市議)と冷ややかだが、「市の財政再建や公費の使途などソフト面を重視した政策は、現市政が抱える課題と重なる部分もある」(別の若手市議)と見る向きもある。

 松原市長は3期目の公約に、“ポスト万博事業”として、総額1000億円を超える「4大プロジェクト」の推進を掲げた。名古屋城本丸御殿復元、東山動植物園の大規模改修、モノづくり文化交流拠点建設、最先端医療を行う陽子線がん治療施設建設。巨額な建設費を伴うハコ物ばかりだ。

 松原市長は今年、このうち三つの計画に、相次いで建設の道筋をつけた。次の市長がこれらの大型プロジェクトをどう継承するのかは、次期市長選の争点の一つになる。

 来年早々から工事が始まる名古屋城本丸御殿の建設費は、3分の1にあたる50億円を市民からの寄付でまかなう予定だが、これまでに集まったのは8割程度。「モノづくり文化交流拠点」も、年間15億〜20億円の運営費をどこが負担するのか、見通しが立たない。

 与党会派からも「教育、医療など生活費負担が増える中、優先順位を考えることも必要」「新市長による修正もありえる」との声がある。金融危機による景気悪化などで税収が落ち込めば、こうした意見が強まることも予想される。共産党は「道路や雨水対策など市民の生活改善に直結した施策に投資すべきだ」(江上博之・市議団幹事長)と、松原市政を批判する。

 3期12年務めたトップの交代は、名古屋市に何をもたらすのか。昇秀樹・名城大教授(地方自治)は「少子高齢化などで、自治体の財政は今後も厳しい。新市長にはハコ物だけでなく、行政サービスの質を高める取り組みが求められる」と指摘する。

(この連載は、市川憲司、半田真由子、館林千賀子が担当しました)



(2008年10月26日 読売新聞)

60 名無しさん :2008/11/30(日) 22:01:00
>>49 まだ見れるところがあったので、載せておきますね。
現職敗退 検証・豊橋市長選(上)
2008年11月12日

推薦状や開票状況が張り出された事務所で敗戦をわびる早川勝市長=9日夜、豊橋市

●政党色薄める戦術不発


 豊橋市長選が告示された2日の朝、市議の岡本泰氏(41)は、市長選に臨む早川勝氏(67)の出発式に出ようと市内を車で走りながら、「おかしい」と思った。多くの知人が違う方向に車を走らせるのを見かけたからだ。
 いつも「早川市長はいいねえ」と支持を公言しているような人ばかり。行く先はおそらく同時刻にある自民党推薦の佐原光一氏(55)の出発式。「早川離れ」を直感した。
 早川陣営は過去3回の市長選同様、労組の連合などが実動部隊になり、出身の愛知大の同窓生などが加わる混成部隊。各種団体から推薦状を集める従来型の運動だった。
 前市長が汚職事件にかかわって辞職した後、クリーンさを買われて登板。旧社会党出身らしく平和教育や福祉に力を入れ、目立った失政もないとされてきた。それだけに、陣営にとって「多選批判の強さは誤算だった」。
 民意をくみきれなかった背景には、3期12年のうちに支持母体が高齢化、硬直化し、活動も空洞化していた事情がある。「市長に市民の空気を直言できる人物はほとんどいなかった」と後援会幹部。選挙公約も早川氏が「自分一人で筆をとってまとめた」。ギリギリまで周辺の反応を探ったうえでの4選立候補だったが、どこかで市民との遊離があった、と陣営はみる。
 「時間がないので難しい」。市内で福祉系NPOを主宰する加藤政実さん(58)は9月、早川氏の返事にがっかりした。立候補予定者をそれぞれ招き、福祉の現状について市民と意見交換する会を計画。佐原氏や自民党を離党した元県議の小久保三夫氏(67)からは了解を得たが、早川氏には参加してもらえなかった。「市民から遠い存在になっている」と感じた。
 陣営にとってもう一つの誤算は、「一党一派に偏しない」をうたって政党色を薄めた選挙が実を結ばなかったことだ。明確な推薦や支持の姿勢を示さなかった民主党にとっても、同様に誤算だった。
 佐原氏を推薦した自民党が組織を挙げて臨んだのに対し、民主党は連合を介した「半身の支援」(同党県連幹部)だった。同党には「4選以上の首長は推薦しない」という大方針があるのに加え、保守系の支持者もいる早川氏に配慮し、政党色を前面に出さない姿勢で臨んだからだ。
 民主党側は「佐原、小久保の両氏が立ち、保守が分裂しているだけに、地元選出の民主党県議の票を固め、共産党の支持層が乗れば当選圏に入る。佐原氏と接戦になっても、最後は現職の有利さでかわせる」とみていた。
 だが、もくろみは外れた。早川氏と関係が深い自民党系の市議数人も、党の締め付けで公然と動くことはできなかった。しかも、民主党の地元県議の支持者の中には、支持政党は自民党で、小久保氏支援に回った人もいる。連合は「動きが鈍い」(幹部)と、選挙終盤に動員などに力を入れたが、遅かった。
 「もっと他候補との政策の違いをはっきり打ち出した方がいいのではないか」。民主党系の市議は選挙中、早川氏に助言した。しかし、はっきりした返事はないまま。終盤の6日に開いた決起大会には、親交の深い土井たか子・元衆院議長が登壇した。
 早川氏が「自ら交渉して招いた」が、一部の支援者からは「左派色が強すぎる」との反発もあった。政党色を薄めてきたはずの早川氏にとって、皮肉な結果となった。

61 名無しさん :2008/11/30(日) 22:01:31
>>59
上・中は消えてますね。
そこでgoogleキャッシュから。

松原市長、後継指名せず(1/1)
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/081024_1.htm
http://72.14.235.132/search?q=cache:chubu.yomiuri.co.jp/news_top/081024_1.htm

引退正式表明 「体力自信ない」

 名古屋市の松原武久市長(71)は23日、記者会見し、来年4月に予定されている市長選に立候補せず引退する考えを正式に表明した。4選出馬を断念した理由について、「来年からさらに4年間、気力、体力を持ち続ける自信がない」とし、腰痛やぜんそく性気管支炎の悪化など、健康面の不安を挙げた。

 後継者については、「私も前任者から後継指名を受けていない。市民の皆様がお選びいただくのが一番」と指名しない考えを示した。

 「全力で走り続ける自信がなくなった」。松原市長は会見で、ふだんは口にしない弱気な言葉で4選不出馬の理由を説明した。その一方、2010年に名古屋市で開催が予定される生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)について問われると、「自分の手で、という気持ちがまったくなかったと言えばうそになる」などと述べ、心残りものぞかせた。

 紺のスーツにピンクのネクタイ姿で会見に臨んだ松原市長は、さばさばした口調で退任を明言。2年前から腰痛が悪化していることを明かしたうえで、自らを太宰治の「走れメロス」にたとえ、「(市民との)約束を果たせずに、途中で倒れるようなことがあってはならない」と述べた。

 これまでで一番印象に残っている仕事としては、藤前干潟の埋め立て断念を挙げた。その後の「ごみ非常事態宣言」「COP10誘致」など、名古屋の環境政策につながったと強調、「当時は意識していなかったが、これがCOP10につながった。因縁のようなものを感じる」と表情を緩めた。

 家族に不出馬の決断を伝えた時期を問われると、「家内に伝えたのは22日の朝。私の健康を心配していたので喜んでくれた」と声を震わせた。

民主県連 後継 相乗りに含み

 民主党愛知県連の伴野豊代表は23日、松原武久名古屋市長の後継候補の擁立について、「最初から対立ありきではない。他の党が見ても素晴らしい人なら、相乗りもありうる」と、自民党などとの相乗りに含みを持たせた。同党県連は24日、同市長選の選挙対策委員会を設置し、本格的な候補擁立にむけて協議を始める。

62 名無しさん :2008/11/30(日) 22:02:00
>>61
松原市長、後継指名せず(2/2)
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/081024_1.htm
http://72.14.235.132/search?q=cache:chubu.yomiuri.co.jp/news_top/081024_1.htm

多選批判、求心力も低下 ――4選不出馬(上)

 松原武久・名古屋市長は23日の記者会見で、「だれにも相談していない。多選の批判を受けてやめるわけではなく、健康上の問題だ」と強い口調で言った。

 この会見の1週間前、松原市長の側近は、これまでの選挙前とは異なる空気を強く感じていた。市長選まで半年に迫ったというのに、「市議会の与党各会派から、出馬してほしいとも、引退すべきだとも言ってこない。2、3期目は会派からアプローチがあり、11月には出馬表明していた。もう10月中旬なのに、まだ何もない」。知事・政令市長の4選以上を認めないという自民、民主両党の方針が、松原市長の前に立ちはだかっていると感じていた。

 2010年の生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)、名古屋城本丸御殿復元や「名古屋開府400年」記念事業など、松原市長は次々と4選に向けて布石を打ってきた。

 民主党市議団の久野浩平市議は「地域の事情で4選があってもいい。こちらが推薦した候補者を、後から他党が推薦するのも仕方ない」と、4選出馬に含みを持たせていた。

 だが、その一方で、求心力低下を指摘する声も小さくなかった。今年3月、「広小路ルネサンス」計画策定のための社会実験費を盛り込んだ予算案に修正が加えられ、与党4会派の賛成多数で可決された。オール与党の議会が市に予算案を修正させたのは異例のことだった。

 若手市議の一人は、「独裁的に決めていく松原市長に対するメッセージだった」と語る。昨年10月に発覚した総額2億1600万円の裏金問題も求心力を低下させた。

 各会派からアプローチがないことにしびれを切らした松原市長は9月初め、政党推薦がなくても出馬の意思があることをにおわせた。4選を認めないことなどについて記者から問われ、「市長選に党本部の推薦がいるのか」と気色ばんだ。

 松原市長はこの日の不出馬表明について、「ものすごく悩んだ。解散総選挙にかかると議員に迷惑がかかるし、来年度の予算編成を考え、このタイミングしかないと判断した」と、言葉を選びながら説明した。

 赤松広隆・民主党選対委員長は「3選した時から『4選は認めない』と言っていた」と打ち明ける。それでも、松原市長はCOP10誘致などの実績を積み上げ、与党会派内に一時は「もう1期も選択肢の一つ」という流れができかけたこともあった。

 しかし、松原市長は自ら出馬を断念した。「結局、うちは民主の出方を見ていただけで、民主は会派内の意見をまとめられないまま、時間だけが過ぎていった。本人はぎりぎりまで模索したと思う」。自民のベテラン市議はこの日に決断した不出馬の背景を、こう説明した。

 ◇

 松原市長が4選不出馬を決断した背景や、候補者擁立に向けた各党の思惑、名古屋市の課題を探る。

(2008年10月24日 読売新聞)

63 名無しさん :2008/11/30(日) 22:02:38
>>61-62 >>59

次の候補 にじむ「相乗り」想定 ――4選不出馬 中
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/081025_7.htm
http://72.14.235.132/search?q=cache:chubu.yomiuri.co.jp/news_top/081025_7.htm

 松原武久市長の「4選不出馬」が伝えられた23日朝。名古屋市東区のビル9階にある民主党愛知県連本部の一室で、市長選に向けた緊急会合の前、民主党市議団の幹部が伴野豊・県連代表に、こう伝えた。

 「自民との相乗りを最初から全否定したら、今後やりづらくなる。会合後の記者会見で聞かれたら(否定の)トーンを抑えて言ったほうがいい」

 次期市長選の候補者を巡り、想定通りの質問が出ると、伴野代表は「(自民党などが)結果的にこの候補にはかなわないというのなら(相乗りも)ありうる。市民にとって素晴らしいと思える人を選ぶことが大切だ」と答えた。

 衆院の解散、総選挙に向け、国政レベルでは自民、民主両党の対決ムードが高まる一方だが、名古屋市議会の事情は異なる。

 定数75の名古屋市議会で、民主党市議団は最大会派だが、27人にとどまる。自民系は2会派で計23人。両党は公明党市議団の14人とともに松原市政を支えてきた。仮に民主、自民両党がそれぞれ候補者を擁立すれば、どちらが当選しても、議会運営がスムーズに進まない懸念が高まる。

 「議会を通らない議案が続出すれば、市民の不幸につながる。どの党が推薦した候補でも、政策などが一致すれば一緒に推す」。自民党市議団の堀場章・市長選対策本部長らは松原市長の退任表明の前から、相乗りを想定する発言を繰り返していた。24日の同市議団総会後、渡辺義郎団長は「国では対立していても、教育や福祉など市民生活に直接かかわる市政では事情が違う」と述べた。

 対する民主党市議団も、大勢は相乗り容認だ。佐橋典一団長は「候補者はまだ白紙。今後、独自候補を擁立する」と繰り返すが、同市議団幹部の一人は「自民、公明とガチンコ勝負をしようと思っている議員は一人もいないんじゃないか」と明かす。

 ただ、民主党本部は、知事・政令市長選で自民党との相乗りを原則認めていない。赤松広隆同党選対委員長も「僕と小沢代表が選挙を仕切る以上、最初から相乗りなんて、絶対あり得ない」とけん制の構えを見せ、県連には「ウチとしては自・公が相乗りできない候補者がいい」(杉岡和明幹事長)との声がある。

 次期市長選で、公明党は、自民党などと歩調を合わせる可能性が高い。共産党などでつくる「革新市政の会」は、11月上旬には独自候補を決める予定だ。

 名古屋市長選は西尾武喜氏(故人)、松原市長と2代続けて市役所出身者が相乗りで当選している。2人とも各党が乗りやすい候補者として浮上した経緯があり、今回も候補者として市役所の現職幹部らの名前が取りざたされている。

 相乗りの構図は維持されるのか。民主党県連は24日、次期市長選に向けた選対委員会を発足させた。候補者選びを巡る各党の動きは慌ただしさを増している。

(2008年10月25日 読売新聞)

64 名無しさん :2008/12/01(月) 01:27:01
>元教組委員長の山田氏では自公両党が相乗りするのは困難との見方から、
>一部には別の市幹部らを推す声もある。
こんな一部は自民党に行ってもらって結構。


名古屋市長選:民主、山田氏軸に最終調整
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081130k0000m010109000c.html

 任期満了に伴う来年4月の名古屋市長選の候補者選びで、民主党愛知県連は名古屋市教育委員会の山田哲郎教育次長(54)を軸に最終調整に入った。山田氏については、行政経験や党支持団体の愛知県教員組合(愛教組)委員長を務めた経歴から、党内の幅広い支持と本部の後押しが得られると判断している。

 名古屋市議会は民主党市議団と自民党系2会派、公明党市議団の4会派で与党を構成している。過去3回は同一候補を推薦しており、元教組委員長の山田氏では自公両党が相乗りするのは困難との見方から、一部には別の市幹部らを推す声もある。

 山田氏は愛知教育大学卒。中学教諭を経て97年から3年間愛教組委員長、06年市教委学校教育部長、08年から現職。民主党県連は29日にまとめた候補擁立の基本指針となる「名古屋ビジョン」で教育重視を掲げている。

 候補擁立をめぐっては、小沢一郎代表が県連に対し「自民と我々は根本的に考え方が違う」と独自候補擁立を促しており、山田氏の擁立が有力となっている。【影山哲也】

65 千葉9区 :2008/12/01(月) 06:56:47
>>60-63
ありがとうです。
名古屋市会も自民は分裂してるんですね。

66 千葉9区 :2008/12/01(月) 22:30:33
>>43
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20081201/CK2008120102000039.html
田中氏が新人対決制す 四日市市長選
2008年12月1日

 三重県四日市市長選は30日、投開票され、無所属新人の元県議田中俊行氏(57)=民主推薦=が、無所属新人の元県議長岩名秀樹氏(68)を破り、初当選した。投票率は42・24%だった。

 田中氏は地元選出の岡田克也衆院議員ら民主党系議員の手厚い支援を受けた。

 投票は前回と同じ電子投票で実施した。全国では19回目。

◆「魅力ある元気なまちに」
 「四日市を楽しい魅力ある元気なまちにするため頑張ります」−。30日投開票の四日市市長選で元県議同士の一騎打ちを制した田中俊行氏(57)は、初当選の喜びに顔を紅潮させ、市政を担う決意を、いつもながらの静かな口調で語った。

 午後9時55分ごろ、同市日永東の選挙事務所には「ダブルスコアで当選確実」の報が入り、詰め掛けた支持者の拍手と歓声の渦に包まれた。

 県議を2期務めた田中氏だが、昨年4月の県議選への出馬は見送り、いち早く市長選の準備を始めた。9月に入り、県議9期のキャリアを持つ元県議長の岩名秀樹氏(68)が立候補を表明。終盤まで追い上げられたが、あいさつに立った田中氏は「皆さんに支えられて、良い結果が出せた」と話し、支持者の握手攻めに。

 田中氏は報道陣の質問に答え、懸案となっている中部国際空港への海上アクセスについて「税金投入は市民の納得が得られないので、港湾関係の企業連合による継続を目指したい」との考えを示した。

 両氏がマニフェストをぶつけ合ったが、争点に乏しく市民の盛り上がりはいまひとつだった。民主党系議員や連合三重に支えられ、手堅く票をまとめた。

◇四日市市長選開票結果

当  64,225 田中俊行 57 無新<1>

   37,260 岩名秀樹 68 無新

 全票終了

67 千葉9区 :2008/12/01(月) 22:37:50
新潟初女性首長
http://mytown.asahi.com/niigata/news.php?k_id=16000000812010006
大平氏が魚沼市長初当選
2008年12月01日

 魚沼市長選は30日、投開票され、新顔で前市議の大平悦子氏(52)=無所属=が、現職で再選を目指した星野芳昭氏(71)=同=を破って初当選し、県内で初の女性首長となった。魚沼基幹病院新設に伴う地域医療再編や厳しい状態にある財政の立て直し策が争点となったが、大平氏が変革を求める層を中心に支持を広げた。当日有権者数は
3万4547人、投票率は73・89%(前回77・67%)。


   ◇


 大平氏は「現市政では現場の声が届かない」として、告示3カ月前に立候補を表明。「新庁舎はつくらない」を公約に掲げ、同級生らを中心とした「草の根選挙」を展開。星野市政への批判を追い風に一気に支持を広げた。


 一方の星野氏は、初代市長として財政健全化を進めてきた実績を強調し、子育て支援の拡充などを訴えた。大半の市議や旧町の首長経験者、地元企業からの強力な支援を受けたが、市内全域の票をまとめきれなかった。


   ◇


●市民に閉塞感 「刷新」を選ぶ


 《解説》魚沼市民は、星野氏の実績や経験より、「刷新」を選んだ。旧6町村の合併から4年。財政状況はなかなか好転せず、合併の効果も浸透しなかった。閉塞(へいそく)感を打ち破ってほしいという思いが、大平氏を押し上げた。


 市中心部の旧小出町では、旧堀之内町出身の星野氏への反発が少なからずあった。前回は「一枚岩」となった周辺の旧町村での「星野氏離れ」も予想以上に大きかった。


 「新庁舎はつくらない」などの大平氏の明快な訴えが、市民の心をつかんだ部分も大きい。「女性の首長が指導力を発揮できるのか」という声も聞かれたが、しがらみの少なさが好感を呼んだ。


 ただ、大平氏の前には課題が山積する。地域医療再編や新庁舎問題、財政立て直しも急務だ。難しい議会運営も予想される。県内初の女性首長は「住民の目線からの政治」を貫くことができるのか。その手腕に注目が集まる。(津田六平)



   ◇


●魚沼市長選の得票


当 13,461 大平 悦子 52 無新
  11,772 星野 芳昭 71 無現


                 =確定得票

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/niigata/news/20081201-OYT8T00017.htm
魚沼市長に大平氏、県内初の女性首長

 大平氏は「魚沼市を変えよう」をスローガンに、市政の刷新や新市庁舎の建設反対を強調。「住民生活に密着した政策を重視する」と訴えた。旧6町村の合併に伴う旧自治体議員の在任特例に反対した市民グループ、同級生らの支援を受け、草の根の運動を展開。地元の旧小出町や旧広神村などを中心に、子育て世代の女性層などにも浸透し、支持を広げた。

 同市井口新田に構えた陣営事務所では、「当選確実」の一報が入ると、集まった支援者から歓声が上がった。大平氏は涙を浮かべながら、沸き返る支援者らと握手。「住民のため、魚沼市のためにがんばります」と声を詰まらせた。

 星野氏は、行財政改革、地域医療など幅広い政策課題について「仕上げに全力投球する」と市政の継続を訴え、町長を務めた旧堀之内町では票を固めたが、他地域では伸び悩み、再選を逃した。

(2008年12月1日 読売新聞)

68 千葉9区 :2008/12/01(月) 23:11:21
>>57=愛知13区=
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20081201ddlk23010139000c.html
選挙:知立市長選 林氏が大差で初当選 初めての非自民系市長に /愛知
 30日投開票された知立市長選は、新人で前市議の林郁夫氏(48)=民主推薦=が、再選を目指した現職の本多正幸氏(58)=自民、公明推薦=を大差で破って初当選を果たした。70年の市制施行以来、市長選で自民党が推薦などでかかわった候補者が敗れたことはなく、初めて非自民系の市長が誕生した。3期12年ぶりの選挙戦で、林氏は「知立一新」をスローガンに、「開かれた市政で知立の新時代を切り開く」と強調した。当日有権者数は5万836人で、投票率は55・82%だった。

 林氏は市職員を14年間務めた後、02年の市議選で初当選した。市長選では、1期2200万円の市長退職金の廃止や小中学校の35人学級実施、高齢者や障害者にやさしいまちづくりなどを公約に掲げた。初当選を果たした林氏は「ハコモノ行政の空気を一新したい。総合グラウンドについてはひとまず凍結し、駅前再開発の計画も見直したい。条例を改正し、市長の退職金を廃止する。教育や福祉に全力投球でやっていきたい」と話した。

 連合愛知の推薦を受け、昨年4月の県議選で民主新人が初当選した勢いに乗った。だが市議の支持は2人だけで、議会運営が大きな課題になりそうだ。

 敗れた本多氏は「輝くまち知立」をスローガンに、子育て支援や知立駅周辺の都市基盤整備などを公約に掲げた。市議会最大会派の市政会や約300の各種団体・企業の推薦を得たが、及ばなかった。【安間教雄、佐野裕、中村宰和】

==============

 ◇市長選開票結果=選管最終発表
当 16454 林郁夫  48 無新

  11598 本多正幸 58 無現

==============

 ◇知立市長略歴
林郁夫(はやし・いくお) 48 無新(1)

 [元]市議▽市国際交流協会ボランティア[歴]市職員▽竜北中PTA会長▽市会委長▽静岡大=[民]

毎日新聞 2008年12月1日 地方版

69 千葉9区 :2008/12/01(月) 23:28:25
>>64
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20081201/CK2008120102000034.html
与党他会派に動揺 名古屋市長選・民主が山田次長擁立へ
2008年12月1日

 来春の市長選で、民主党県連が山田哲郎・市教育次長(54)を軸に候補者擁立を進めると決めたことを受け、民主との与党体制を堅持してきた他会派は30日朝から情報収集に追われた。民主への反発姿勢を鮮明にする市議もおり、しばらく混迷が続きそうだ。 

 「組合出身(の山田次長)ではうちは絶対にのれない」「けんかの始まり。第2、第3ラウンドがある」。自民の一部幹部は匿名を条件に、独自候補の擁立もにおわせた。

 名古屋市会自民の横井利明幹事長は「現時点ではコメントできない」との姿勢を崩さなかった。

 次期市長に求められる資質、施策を公表している公明の林孝則団長は「寝耳に水。山田次長の資質や政策を受け入れられるか、議論が必要。民主から正式な話があるまでは動きようがない」と戸惑いを隠さない。

 こうした各会派の“動揺”を受けて、民主は会派内の取りまとめも含め、党県連の第3回選対会議を予定する12月中旬に向け、山田次長擁立に向けた動きを慎重に進める。

 市長選への動向が注目される同党衆院議員の河村たかし氏(愛知1区)は「役人には任せていられないから選挙をしてチェックする人(市長)を選ぶのに、また役所出身では」と批判した。

 (豊田雄二郎、白石亘)

70 千葉9区 :2008/12/02(火) 00:19:28
http://mainichi.jp/chubu/archive/news/2008/12/01/20081201ddq041010012000c.html
選挙:三重・四日市市長選/愛知・知立市長選 民主、自民系に連勝「衆院選に手応え」
 東海地方で30日投開票された二つの市長選で、民主推薦候補が自民系候補を破った。民主陣営は「生活の安定を訴えた。次期衆院選へ確かな手応え」と評価している。

 ◇四日市市長選
 三重県四日市市長選では、民主推薦で連合三重の支援を背景に票を固めた田中俊行氏(57)が、自民党県連幹事長も務めた岩名秀樹氏(68)との新人同士の戦いを制した。

 民主は告示日に県内5人の国会議員が勢ぞろいする力の入れよう。選挙前も総選挙との相乗効果を狙い、田中氏と国会議員が集会で熱弁をふるうことが何度もあった。投開票日も国会議員3人が田中氏と勝利を祝った。四日市市南部が選挙区に入る衆院三重2区の民主党現職、中川正春議員(58)は「(田中氏は)マニフェストで生活の安定に焦点を当てた。国民の気持ちが反映された」と述べた。

 一方、岩名氏は自民党を離党し「市民党」を標ぼうした。だが、自民党市議が弁士に立ち、終盤には公明党の県議が支持を打ち出すなど国政与野党対決の様相も見せた。

 ◇知立市長選
 愛知県知立市長選は、民主推薦で新人の林郁夫氏(48)が、自民と公明推薦の現職の本多正幸氏(58)を破って初当選。70年の市制施行以来、初めて非自民系市長が誕生した。

 林氏は「知立を変える。大事業を見直す。市長退職金を廃止する」などと訴え、ハコモノを優先する現市政への不満をまとめた。連合愛知が林氏を推薦し、トヨタ系労組もフル回転した。林氏は「生活を良くしたいという訴えが市民に届いた。変えたいという熱意を感じた」と語った。

 一方、本多氏は、自民党県連会長で愛知13区選出の大村秀章衆院議員の全面支援を受けたが落選。大村氏は取材に「大変残念で、われわれの力不足だ」と表情を曇らせた。【清藤天、中村宰和、佐野裕】

毎日新聞 2008年12月1日 中部朝刊

71 千葉9区 :2008/12/02(火) 22:16:50
>>68
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20081202ddlk23010240000c.html
選挙:知立市長選 予想外の大差に激震 次期衆院選にも影響か /愛知
 ◇「市政閉塞感、不平や不満」
 知立市長選(11月30日投開票)は、新人の林郁夫氏(48)=民主推薦=が、現職の本多正幸氏(58)=自民、公明推薦=を4856票差と大差で破り、初当選を果たした。両氏や選対関係者は、予想外の大差と口をそろえる。「知立ショック」とも呼ぶべき市長選の結果を検証し、次期衆院選への影響を探った。【安間教雄、佐野裕、中村宰和】

 30日午後10時半ごろ、初当選を決めた林氏は選挙事務所で支持者の祝福を受け、満面の笑みでピースサインをして応えた。それから1時間半後、取材に応じた林氏は「(新市長としての)責任を感じている」と、厳しい表情に変わっていた。大差の結果について、「封建的な古い政治体質を変えたいという市民の強い欲求の表れ。それに財政事情を無視した大型事業への拒絶反応。まさに、地殻変動的な『知立一新』だ」と受け止める。選対本部長代行を務めた地元選出の柴田高伸県議は「同じ勢力が長く牛耳る市政の閉塞(へいそく)性に対する不平や不満、将来への不安が予想以上に大きかった」と分析した。

 70年の市制施行以来、自民推薦などの自民系市長が続いた。市長選は2回連続で無投票、県議選も昨春まで6期連続で無投票だった。もともと保守地盤が強かったが無投票で選択の機会を与えられなかったことに有権者は徐々に不満を募らせていた。昨春の県議選では民主新人の柴田氏が自民現職を破った。

 一方、本多氏の事務所では30日夜、落選が決まると、女性運動員が大声で泣き崩れた。本多氏は「私への批判もあったと思う。私自身の不徳だ」と、支持者に深々と頭を下げた。本多氏は1日、「これだけの大差なので、かえってサバサバした。政党が前面に出た選挙戦で、実力の差が出た。定額給付金や年金などの国政の混迷、金融危機などの時代の流れが不利に働いた。もう保守票の掘り起こしは限界。自動車関連企業で働く市民が急増し、(林氏を推薦した)連合愛知の力は計り知れない」と述べた。

 次期衆院選にも影響を与えそうだ。同市などを選挙区にする愛知13区では、自民党県連会長の大村秀章衆院議員と、民主新人の大西健介氏が激突する。林氏の初当選を受け、大西氏は「衆院選の代理戦争のような市長選で勝利し、大きなプラスになる」と意気込む。これに対し、大村氏は「影響は分からない。今まで通りのことをやっていくだけだ」と、険しい表情で語った。

 ◇軽視できない結果−−リンカーンフォーラム中部代表の児玉克哉・三重大人文学部教授の話
 トヨタ自動車をもピンチにさせた金融危機の影響は、トヨタの地元だけに想像以上に大きいだろう。好景気の昨年だったら大差ではなかったかもしれない。無投票の連続で募っていた閉塞感や不満が加わったのでは。チェンジを求めた米国大統領選のオバマ氏の劇的勝利も影響したはず。小さな市の結果でも全国に広がる要素をもち、軽視できない。

毎日新聞 2008年12月2日 地方版

72 千葉9区 :2008/12/02(火) 22:19:47
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/1695
=石川2区=
http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20081202ddlk17010635000c.html
選挙:小松市長選 前回選挙に続き、和田氏が出馬表明−−来春予定 /石川
 来年4月の任期満了に伴う小松市長選に、元コマツ社員の和田慎司氏(57)が立候補する意向を表明した。同選挙での立候補表明は初めて。

 和田氏は同志社大卒業後、コマツに入社。約30年間の勤務を経て、前回の市長選に無所属で出馬し、現職の西村徹市長に2660票差で敗れた。

 和田氏は市の現状を「子育て政策のミスで若者の人口流出に歯止めがかからず、全体が地盤沈下している」と分析。民間経験を生かし、企業経営の視点から組織改革を進め、行政サービスの向上や市の再生につなげたいとした。

 市長選を巡っては、現職の西村市長が2日開会の市議会で何らかの意向を示すとみられている。【高橋慶浩】

毎日新聞 2008年12月2日 地方版

73 千葉9区 :2008/12/03(水) 21:51:59
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20081203ddlk23010286000c.html
選挙:名古屋市長選 合流問題結論出ず−−自民党市議団・市会自民党 /愛知
 ◇来週にも団長会談
 自民党名古屋市議団と市会自民党は2日、議員総会をそれぞれ開き、名古屋市長選の対応を協議した。党県連と両会派の幹部が1日に開いた会合では、両会派が合流したうえで独自候補を擁立すべきだとの意見が出たが、議員総会では合流についての結論は出ず、来週にも開く予定の両会派団長による会談に持ち越された。

 市長選の候補者選びでは、民主党県連が市教委の山田哲郎教育次長(54)を軸に調整を進めている。これに対し、自民党県連は労組出身の山田氏を民主との相乗りで推すのは難しいとの認識で一致している。

 関係者によると、議員総会では「市長選への対応と合流問題を一緒にすべきではない」などの意見が出たという。総会後、自民党市議団の渡辺義郎団長は「過去に歴史はあるが、小異を捨てて大同につこうと(団の議員に)申し上げた」と語った。一方、市会自民党の斉藤実団長は「いろんな問題が錯綜(さくそう)している」と述べ、合流にはなお時間がかかるとの見通しを示した。

 自民党市議団は06年10月、政務調査費の支給問題をきっかけに分裂。昨年4月にも県連の要請を受けて合流について協議したが、結論が出なかった経緯がある。【影山哲也】

毎日新聞 2008年12月3日 地方版

74 千葉9区 :2008/12/03(水) 22:37:33
>>67
県内初の女性首長 大平・魚沼市長誕生
2008年12月02日


記者会見で抱負を語る大平氏=魚沼市井口新田の事務所

●変化求める意識が背景


 魚沼市長選で初当選した大平(おおだいら)悦子氏(52)は、県内初の女性首長として12日から、市政のかじ取りを担う。現職の星野芳昭氏(71)に
1689票差をつけて支持が広がった背景には、閉塞(へいそく)感の打破という市民の思いがあった。だが、議会対策を含め、市政運営は決して楽なものではないことも確かだ。(津田六平)


   ◇


 大平氏は1日、市役所で当選証書を受け取った。その後の会見で、「変わらきゃいけないという住民の思いが、私を押し上げてくれた」と笑顔を見せた。公約として掲げた新庁舎建設の反対に関しては「既存の庁舎を活用する。プレハブで増設したっていいんです」と力を込めた。


 旧6町村の合併による新市誕生から4年。県内初の女性首長を誕生させた大きな要因は、住民にうっ積した現市政への不満だろう。


 大平氏に投票したという旧湯之谷村の会社員男性(42)は「大平さんの顔も知らなかったが、変化が必要だと思った」。旧小出町の主婦(57)は「現職にはリーダーシップがない」と言い切った。


 星野氏はこの日、「こちらの訴えが言い訳にしか聞こえなかった結果だ」と振り返った。旧町村への配慮を重んじるあまり、決断力を発揮できる場面が少なかった。合併の利点は見えづらく、住民サービス低下などマイナス面に目が行きがちになった。


 市に「変革」の土壌があったことも挙げられる。合併直後には、在任特例で市議96人がいた市議会の定数を26にした住民運動があった。07年の県議選(魚沼市・北魚沼郡選挙区)では無所属の新顔候補が3選を目指した自民現職候補を破った。その流れは今回の市長選に確実に通じていた。


 だが、大平氏は今後、厳しい議会運営を強いられることになりそうだ。


 市長選では、市議26人のうち20人余りが現職支持に回った。市議の一人は「協力はするつもりだが、継続すべきものは続けてもらわなければ困る」と冷ややかだ。直近の12月定例会では、副市長人事や補正予算に関して紛糾も予想される。


 厳しい財政状況のなか、地域医療再編など課題は山積している。選挙戦で訴えてきた「変えよう、変わろう」の意志を貫き、実のある成果を残せるかが注目される。


   ◇


●「女性らしい視点生かして」


 都内初の女性首長だった前国立市長の上原公子さん(59)は、「女性らしい今までにない視点を持って市政運営に臨んでほしい」とエールを送る。


 99年に3選を目指していた現職を破り初当選。当時49歳。「市民自治」を自らの政治のモットーに掲げた。2期8年の在任中には、住民基本台帳ネットワークからの離脱や景観権などで独自の施策や意見を発信してきた。


 一番苦労したことは、議会運営だった。野党が多数派を占める中、提出した人事案はことごとく拒否され、審議されずに自然閉会になることもあった。助役や教育長が置けず、当初予算案も4度否決された。


 そんな中で心がけたことは住民との対話を続けることだった。「議員と取引をしようとすると、住民には裏切りに見えてしまう。市民の力を信じ、知恵をもらう。その信念が大事」という。応援してくれる住民が議会を傍聴するなど、市政への関心も高まったと感じている。


 職員との信頼関係の構築も重要だ。職員との議論や新卒職員の研修も市長自らが行った。「彼らをプロとして尊重し、お互い納得できるまで対話する。それも大事な市長の役割です」


 全国の市長会と町村会によると、1日現在、全国市区町村の女性首長は20人。

75 新潟6区 :2008/12/04(木) 13:03:00
>>74
魚沼市といえば越山会以来の保守地盤ですが、地殻変動しつつあるのでしょうか。
個人的には、昨年の県議選で現職が敗れたのが印象的でした。
ちなみに、衆院選の自民候補である米山隆一も魚沼市です。

>市に「変革」の土壌があったことも挙げられる。合併直後には、在任特例で市議96人がいた市議会の定数を26にした住民運動があった。07年の県議選(魚沼市・北魚沼郡選挙区)では無所属の新顔候補が3選を目指した自民現職候補を破った。その流れは今回の市長選に確実に通じていた。

76 千葉9区 :2008/12/11(木) 22:29:12
>>55辞職→民意を の流れ
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00145681.html
市立岐阜商業高校を私立にする案、市議会で撤回 細江市長は辞職、「民意問う」

財政難を理由に岐阜市立岐阜商業高校を私立にしようという計画に反対意見が続出した。そして市議会は11日、この計画を撤回する決定を下した。このため細江茂光市長は緊急会見を開き、辞意を表明した。
野球の名門校として知られる1969年創立の岐阜市立岐阜商業高校。
岐阜商は甲子園出場4回の伝統校だが、高校の廃止話が持ち上がった。
細江市長は3月、岐阜商について、「今後のあり方について、廃止もやむなし」と述べていた。
移管先は、関西の有名私立大学・立命館大学で、話が進むと市立高校から私立高校に変わることになる。
立命館大学は2006年11月、「中部・東海地方に拠点をつくりたい」と岐阜市に移管を持ちかけたという。
立命館大学は、20億円以上かけて校舎を全面的に建て替え、新たな中高一貫校にする計画で、岐阜県に対しては、建物の無償譲渡や土地の無償貸与を求めていた。
これを受け、2008年3月、岐阜市教育委員会は、市の財政難や少子化などを理由に挙げ、「廃止もやむなし」との方針を示した。
岐阜市の安藤征治教育長は11月28日、「自分たちの母校をいつまでも残してほしいという気持ちはよくわかります。しかし物事は、必ずしも自分の思うようにはいかない場合があります」と、およそ480人の生徒に市の方針を伝えた。
話を聞いた生徒は「廃止とか立命館に移管とか、そういうのはなくしてほしいです」、「生徒のためと思うなら、なぜ僕たちの意見は聞かないんですか。少しやり方が汚いんじゃないかと思います」などと話していた。
さらに2008年夏、岐阜商野球部は5年ぶり4度目の甲子園出場を決めた。
吉村征二キャプテンは、細江市長に甲子園出場報告をした際、笑顔の市長に対し、硬い表情を見せていた。
吉村キャプテンは「母校というのは、なくなってほしくないので、母校のために全力を尽くしてプレーしていきたいです」と話していた。
この問題をめぐり、推進派、反対派の双方は、「存続を求める請願」と「廃止し立命館を誘致する請願」をそれぞれ市議会に提出した。
注目を集めた11日の岐阜市議会では、市立高校として存続することが決まった。
この議決に対し、細江市長は12月31日付の辞職願を提出、「民意を問いたい」として、あらためて市長に立候補することを宣言した。
細江市長は「このたびわたしは市長の職を辞し、市長選挙を通じて、立命館の誘致について、市民の皆さま一人ひとりに語りかけ、その民意を問うということにいたしました」と述べた。
(12/11 18:16 東海テレビ)

77 千葉9区 :2008/12/13(土) 10:28:23
=岐阜1区=
市政自民同志会:24人〜賛否二分
岐阜市議会公明党:6人〜誘致反対
岐阜市民ネットクラブ:4人〜誘致反対 民・社・無
日本共産党岐阜市議会議員団:3人〜誘致反対
岐阜市議会無所属クラブ:3人〜誘致反対
民主・未来:3人〜誘致賛成 民主
クラブ青空:1人〜誘致賛成


http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20081129/200811290958_6518.shtml
立命館誘致賛成派が新会派結成 岐阜市議会
 2008年11月29日09:58 
 学校法人立命館(京都市)が岐阜市に市立岐阜商業高校の移管を提案している問題で、市議会の第2会派「市民ネットクラブ」の議員7人のうち立命館誘致に賛成する3人が28日、移管問題の意見対立をきっかけに同会派を離れ、新たに「民主・未来」を結成した。移管問題は、市議会内で会派を割る事態に発展した。

 民主・未来の3人はいずれも民主で、幹事長には高橋寛議員が就任した。

 市民ネットは無所属2人、民主1人、社民1人で、新幹事長に西川弘議員が就任。市民ネットは4人となり、第2会派は市議会公明党(6人)となった。

 分裂のきっかけは、21日開会の市議会に提出された「市岐阜商高の当面の存続を求める請願」と「市岐阜商高の移管による立命館誘致を求める請願」への対応。市民ネットからは、存続の請願に西川弘議員、誘致の請願に高橋寛、松原和生、鷲見守昭の3議員が紹介議員となった。会派内での意見対立が深まる中、存続派の議員から会派としての意見統一を求める声が上がり、折り合いがつかず誘致派の3人が会派を離れた。

 高橋幹事長は「好んで会派を離れるわけではないが、誘致に賛成を投じるために活動しており、会派の意見を(存続に)統一するなら出て行かざるを得ない」と話している。
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20081212/CK2008121202000027.html
市岐商問題で納得や批判の声 岐阜市議会議員
2008年12月12日

 細江市長は立命館誘致を争点に次の選挙を戦う道を選んだ。民主の高橋寛幹事長は「民意を確かめるには、これ以上の方法はない」と納得した表情。会派が賛否で2分した自民のベテラン市議は「候補者次第では会派が割れるかもしれない」と顔を曇らせた。

 市民ネットクラブの市議は「自分の議案が否決されたなら分かるが、(不採択の)請願を出したのは市民」と首をかしげた。共産の堀田信夫団長は「本来は市岐阜商の関係者や市議会と議論を重ね、合意する努力をすべきだ」と辞任して再出馬するのを批判した。

 無所属クラブの田中成佳代表は「椿洞の産廃不法投棄事件の説明責任も求める」と市政全般の課題を追及する構えを見せた。

78 千葉9区 :2008/12/13(土) 10:29:26
http://mytown.asahi.com/gifu/news.php?k_id=22000000812120003
市長辞職へ 岐阜市の将来「試金石」
2008年12月12日

 「私が心に秘めている市民の思いと議会の結論は違うのではないか」――。岐阜市立岐阜商業高の存続請願を採択した11日の岐阜市議会の判断を受け、細江茂光市長が辞職し、出直し市長選で民意を問うことを表明した。会見では「立命館の提案は100年に一度のチャンス」と述べ、改めて市岐阜商の移管に強い意欲をあらわにした。


 午後2時。細江市長は黒いスーツ姿で市役所の会見会場に姿を見せ、終始、落ち着いた表情で、いきなり辞職を決めた理由を淡々と語った。
 市岐阜商の存続請願が採択されたことを「大変残念な結果」と切り出し、「市岐阜商は大変輝かしい伝統を誇る高校。当面存続し、財政が切迫したり、高校が再編されたりする際、在り方を考えるという議論があるが、その考えには、くみせない」と、反対派の主張をきっぱりと否定。
 世界的な経済不安や厳しい自治体財政に話を広げ、「私たちの街も『危急存亡の秋(とき)』。必要な政策を選択しなければいけない時代」と持論である「選択と集中」に言及した。その上で「立命館の提案は100年に一度のチャンス。撤退すれば、岐阜市には将来も私学が来ていただけなくなる可能性もある」「将来の岐阜市民のため、問題を先送りしてはいけない。古い岐阜が新しい岐阜に生まれ変われるかどうかの試金石だ」と、一気に力を込めて語った。
 その後、再び市議会の判断に触れ、「市長の職を辞し、市長選挙を通じて、市岐阜商の移管による立命館の誘致について、市民一人一人に語りかけ、その民意を問うということにした」と、出直し市長選への立候補を表明した。
 政治空白をつくるのではないかと問われると「いろんな意味の空白がある。民意がどこにあるのか確認しないで議論を続け、結論が出ないことのほうが、もっと厳しい空白だと思う」とかわした。
 立命館の提案について、言った、言わないの「手続き論」に集中してきた市議とのやり取りについては「理論や哲学で勝てないときは方法論を攻めろという言葉を聞いたことがある」と暗に批判。「本質論を議論しないで、プロセスの議論で進むことを大変恐れている」としながら、「手続き上の不備、私自身の能力のなさもあったかと思い、反省している」とした。
 市長選で当選した場合には「直近の民意を、賛同が得られなかった議員に説明して理解を得たい。(立命館側が市議会の賛同を得る期限としている)来年3月までに何らかの結論を得る努力をしたい」と述べた。(保坂知晃)

79 千葉9区 :2008/12/13(土) 10:29:43
◆請願賛成は4会派 2会派が反対討論
 本会議では、文教委員長の審査報告を受けて、対応が割れた市政自民同志会を除く6会派が、賛否それぞれの立場から討論に立った。
 市岐阜商の存続請願に賛成討論をしたのは4会派。公明党は「市岐阜商の存続の可能性を含めて議論する必要がある」、岐阜市民ネットクラブは「市民の声に対して、市長や市は説明責任を果たしてこなかった」、無所属クラブは「市立学校に力点を置き、経済的に弱い子どもに目を向けた教育をするべきだ」、共産党は「教育は市の活性化の道具なのか。有名ブランド校の誘致で市が活性化するとは本末転倒だ」と主張した。
 反対討論に立ったのは2会派で、民主・未来は「10年、20年後の未来に立った判断を。(移管は)市岐阜商の単独廃止を防ぎ、他都市から岐阜市を選んでもらえる有効な都市活性化策だ」、クラブ青空は「議論が、言った、言わないの手続き論に終始し、政策論なしに終わることを大変心配している」と述べた。


◆市長選への対応 各党協議の構え
 細江市長の辞職表明は、一般質問の質疑をしていた県議会にも伝わり波紋を呼んだ。
 自民党県連の猫田孝幹事長は「請願が不採択になったからといって、予算編成に入る大事な時期に市長を辞職するのは考えられない。無責任ではだめだ」と批判。出直し市長選への対応は「党岐阜市支部が決めることで、県連は関与しない」と話した。
 市議団が推進、反対両派に分裂した民主党県連の伊藤正博幹事長は「住民投票など民意を問う方法は他にもあったのではないか。経済状況も悪化しており、新年度予算編成などもある大切な(来年)1月に政治空白をつくるべきではなかった」と疑問を呈した。同党は過去2度の市長選で細江氏を推薦したが「今回は慎重に判断したい」(伊藤幹事長)といい、13日の県連幹事会で話し合う予定だ。
 公明党県本部の岩花正樹代表も「民意が反映された市議会で不採択なら、それが市民の思い。市長には厳しい結論でも議論する余地があるのに辞職するのは疑問だ。経済情勢も厳しい時期に市政が空白になるのは寂しい」と指摘。「民主党と自民党は立命館問題で意見が分かれているが、公明党は市岐阜商存続で一本化している」とも述べ、市長選にも党として結束して対応することを示唆した。
 共産党の大須賀志津香県議は「民意を問う賛否両方の請願が提出され、市議会で結論が出た。それを尊重するのが市長の仕事ではないのか。(辞職は)開き直りだ」と批判。市長選への独自候補擁立を含め、対応を協議していくという。

80 千葉9区 :2008/12/13(土) 10:45:17
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081213k0000m010148000c.html
名古屋市議:自民2会派が合流へ 政調費分裂から2年ぶり
 名古屋市議会の自民党市議団は12日、議員総会を開き、政務調査費の支給問題などを巡り06年10月に分裂した自民系会派の市会自民党と合流することを決めた。市会自民も既に合流方針を打ち出しており、自民会派の約2年ぶりの合流がほぼ確定した。両会派はいったん解散し、新たな統一会派を結成する予定。また、来年4月に実施される市長選の独自候補擁立も引き続き模索する。

 市長選の候補者選びで、民主党愛知県連が労組出身の市教委・山田哲郎教育次長(55)を軸に調整を進めたことに自民側が反発。党県連が今月1日、独自候補擁立と次期衆院選の基盤を整えるため合流するよう、両会派幹部に要請していた。

 両会派は、統一会派の名称や会則などについて引き続き協議を進める。ただ、両会派間には政調費問題の根深い確執があり、今後新会派の主導権や役員人事を巡って激しい駆け引きが起こることが予想される。また、衆院選を見据えた県連主導の合流に反発する議員もおり、党内調整には時間がかかりそうだ。

 同市議会(定数75)は▽民主27▽自民14▽公明14▽市会自民9▽共産8▽諸派3。合流で自民は第2会派になる見通し。【影山哲也】

81 千葉9区 :2008/12/16(火) 00:48:25
http://mytown.asahi.com/gifu/news.php?k_id=22000230812150004
選挙へ駆け引き始動
2008年12月13日




 岐阜市立岐阜商業高の移管問題をめぐる細江茂光市長の辞職表明から一夜明けた12日、市議会の各会派では、出直し市長選の対立候補者探しや、細江市長の立候補断念を求めるなど動きがあった。細江市長は登庁せず、公式の場に現れたのは、柳ケ瀬で夕方にあった県警の特別警戒巡視だけだった。(保坂知晃)


 無所属クラブの田中成佳代表ら3人は、細江市長あてに「市長選挙立候補への不出馬を求める要望書」を提出した。「議会の結果は民意ではないのですか、(辞職は)議会制民主主義を否定するに等しい愚行と言わざるを得ません」と批判している。
 会派が移管への賛否で割れた市政自民党同志会。ある市議は、対立候補の擁立に動いているとし「何人か候補者が挙がっているみたいだが、固まってはいない」と話す。岐阜市連を中心に擁立を図り、候補者が固まった場合は、県連が自主投票などを含めて対応を協議する見込みという。
 岐阜1区で野田聖子、佐藤ゆかり両衆院議員が争った05年の郵政選挙では、岐阜市連も二つに分かれて戦った。「しこり」がやっと消えつつあるなか、次期衆院選を控え、党内に新たな「火種」は避けたいのも県連の本音だ。
 同じく会派が分裂した民主党。衆院選を意識し、県連幹部は「慎重なかじ取りが必要だ」といい、「自主投票になるのではないか」と話す市議もいる。13日の県連幹事会で、市議らの意見を聞きながら対応を協議する方針だ。
 独自候補の擁立を模索している共産党市議団の堀田信夫団長は「自民党から候補者が出るとすれば、その人物を見極め、的確ならば、独自候補を下ろして協力することも協議する」と、相乗りも示唆。市議会公明党は「何も決まっていない」という。
 一方、巡視を終えた細江市長は報道陣に取り囲まれ、「いろんな方から電話をもらい(経緯を)説明した。市民の思いが正しく反映されるシステムがあって、政策がつくられ、街づくりが進んでいくことが大事で、そういうことを(選挙で)問わなければいけない」と答えた。


◆細江市長、知事らと柳ケ瀬巡視
 年末年始地域安全運動が10日に始まったのを受け、古田肇知事や井口斉県警本部長、細江茂光岐阜市長らが12日、同市中心街を巡視した。古田知事が、柳ケ瀬通のアーケード入り口で、年末の特別警戒にあたるボランティア約50人を激励後、一緒にアーケード街を回った。
 年末年始地域安全運動は来年1月5日まで。各地で防犯キャンペーンや金融機関などの特別警戒が行われる。

82 千葉9区 :2008/12/17(水) 00:16:59
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20081216ddlk22010154000c.html
選挙:焼津市長選 2大政党一騎打ち 元県議の2新人立候補 /静岡
 任期満了に伴う焼津市長選が14日、告示され、ともに元県議で無所属新人の、清水泰氏(64)=民主県連推薦=と八木健次氏(74)=自民県連推薦=が立候補を届け出た。11月1日の大井川町との合併後初の市長選で、国政選挙の前哨戦ともいえる2大政党の一騎打ちの構図となった。

 清水氏は同市石津の事務所前で「焼津を変えていこうという気持ちでいっぱいだ。素晴らしい焼津を作りたい。大井川にも私の気持ちをしっかり訴えたい」と第一声を上げた。榛葉賀津也参院議員や、県議時代の所属会派「平成21」の岩瀬護会長ら民主党関係者が応援に駆け付けた。

 八木氏は同市焼津での出陣式で、「大井川と焼津が一緒になった今、心の通う新生焼津市を作っていくことが、市民の幸せにつながる。市の発展のために尽くさせていただきたい」と述べた。原田令嗣衆院議員や自民県連の県議、戸本隆雄市長ら自民党関係者が顔をそろえた。

 投票は21日午前7時〜午後8時まで31会場であり、同9時から焼津市体育館で即日開票される。13日現在の選挙人名簿登録者数は、11万6436人(男5万6661人、女5万9775人)。【浜中慎哉】

==============

 ◇焼津市長選立候補者(届け出順)
清水泰(しみず・ひろし) 64 無新

 会社役員[歴]焼津信用金庫職員▽清和不動産社長▽市議▽県議・産業委員長▽島田商高=[民]

八木健次(やぎ・けんじ) 74 無新

 農業▽会社役員[歴]市議▽県議▽自民党県総務会長▽県議会副議長▽藤枝農高=[自]

毎日新聞 2008年12月16日 地方版

83 千葉9区 :2008/12/17(水) 00:19:59
>>3>>5-6
推進派じゃなかった?
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20081216ddlk22010115000c.html
JR沼津駅鉄道高架事業:調査は当面見送り 市長、初の現地住民説明 /静岡
 ◇今後も協議継続へ
 JR沼津駅の鉄道高架事業を進めるのに必要な新貨物駅建設に地権者が反対している問題で、沼津市の栗原裕康市長は14日、同市桃里地区で反対する住民ら約40人に対して、説明をした。市長が地元住民に直接説明をするのは初めて。市側と反対派住民の意見の違いは埋まらなかったが、栗原市長が土地収用の準備となる調査を当面実施しないと約束し、両者で今後も話し合いを続けることで合意した。

 同事業では、JR沼津駅近くにある車両基地と貨物駅を移転させる必要があり、市が用地買収を進めている。新車両基地(約5・5ヘクタール)の用地はほぼ取得できたが、新貨物駅(約9・3ヘクタール)の用地は地権者の反対で69%しか取得できていない。

 説明会では地権者から「新貨物駅ができればトレーラーの排ガスなどで生活環境が悪化する」「先祖の土地は死んでも売らない」と反対する意見が相次いだ。これに対し栗原市長は「東部地域の発展には政令市になるべきで、沼津駅はその玄関口として整備が必要」と説明。議論は平行線をたどった。

 説明会後、栗原市長は「住民と認識が違うが、鉄道高架の必要性を何度も説明していきたい」と話した。地元桃里自治会の小川辰己会長は「市長が説明に来たことは意義があった。歩み寄りの第一歩にできれば」と今後の話し合い継続に期待をつないだ。【山田毅】

毎日新聞 2008年12月16日 地方版

84 千葉9区 :2008/12/17(水) 00:30:20
>致請願に賛成した市政自民同志会10人、民主・未来3人、クラブ青空1人の市議計14人。このほか、市政自民同志会の2人が誘致に賛成している
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gifu/news/20081215-OYT8T00532.htm
市岐阜商 移管へ「広報重要」
誘致派市議ら市長選選対会議で方針
 岐阜市立岐阜商業高校の移管による学校法人立命館(京都市)の誘致請願が市議会で不採択になったことを受け、細江茂光市長が辞職、出直し市長選への立候補を表明した問題で、市長後援会と立命館誘致派の市議による初の合同選挙対策会議が15日、市内で開かれ、選挙戦への取り組み方針を確認した。

 出席したのは、11日の市議会で誘致請願に賛成した市政自民同志会10人、民主・未来3人、クラブ青空1人の市議計14人。このほか、市政自民同志会の2人が誘致に賛成しているが、公務のため欠席した。後援会側は松波英一会長ら8人で、細江市長も出席した。

 冒頭、松波会長が「教育関連産業で岐阜市の発展を図る市長の政策は正しい。立命館のような優良な学校法人を持ってくる唯一のチャンスだ」とあいさつした。続いて、後援会側から「誘致は、きちんと説明すれば市民の賛同を得られる。ただ、問題に対する市民の認知度が低い」との分析が示された。

 その上で、活動方針について「広報が需要になる。市民にいかに内容を伝えて理解を得て、共感してもらうことができるかにかかっている」と強調。〈1〉問題を整理した印刷物の大量配布〈2〉数多くのミニ集会の開催〈3〉ボランティアの参加促進――などが重要とした。

 また、松波会長は「なぜ立命館にこだわるのか」との疑問が市民から寄せられた場合の対応として、「教育で市を活性化させるためには、まず目の前に来たものに飛びつかなければならないと明確に答え、しかも優良学校法人ということを強調してほしい」と述べた。

 細江市長は「誘致反対は改革に逆行する流れ。改革を止めてはならない。どんな集会にも説明に出向く」と決意を語った。後援会は16日、この日決まった方針などを細江市長の各支援団体に報告する。

(2008年12月16日 読売新聞)

85 千葉9区 :2008/12/21(日) 19:51:54
=長野3区=
>小林氏は1973年、旧佐久市議選に公明党から出馬して初当選、3期務めた。
公明系の首長って居るんすかね?まぁ。73年初当選で3期ってことはあんま選挙強くなさそうですが
>佐久市・北佐久郡区選出の県議柳田清二氏(38)=県民クラブ・公明=が立候補に意欲を示している。
http://members.at.infoseek.co.jp/tohazugatali/seiji/2003nagano.html
井出正一の元秘書・連合推薦

http://www.shinmai.co.jp/news/20081219/KT081218ATI090016000022.htm
佐久市長選、新人の小林勝人氏が出馬の意向

12月19日(金)

 任期満了に伴う来年4月12日告示、19日投開票の佐久市長選で、新人で鯉(こい)料理店経営の小林勝人氏(74)=中込=が18日、信濃毎日新聞の取材に立候補の意思を明らかにした。

 小林氏は19日、自身が組合長を務めている市ホテル旅館組合の会合に出席、市長選に向け支援を依頼する考え。取材に対し、「自分の決意はしっかりしている」と話した。出馬表明の時期などについては明らかにしていない。

 小林氏は1973年、旧佐久市議選に公明党から出馬して初当選、3期務めた。市長選には無所属で出馬する意向だ。

 同市長選では、現職で旧市から通算5期務める三浦大助氏(80)=無所属、伴野=はまだ態度を明らかにしていない。ほかに、佐久市・北佐久郡区選出の県議柳田清二氏(38)=県民クラブ・公明=が立候補に意欲を示している。

86 とはずがたり :2008/12/22(月) 17:35:41
>>82
ぶらぼーヽ(゚∀゚)ノ

焼津市長に清水氏 八木氏を小差で破る
12/22 09:43
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20081222000000000009.htm

 任期満了に伴う焼津市長選は21日投票が行われ、即日開票の結果、元県議で無所属新人の会社役員清水泰氏(64)=民主推薦=が、同じく元県議で無所属新人の農業八木健次氏(74)=自民推薦=を1300票余りの小差で下し、初当選を果たした。
 旧大井川町と11月に合併した焼津市にとっては、事実上、新市のかじ取り役を選ぶ選挙となった。投票率は51・65%で、前々回(前回は無投票)を2・47ポイント上回った。
 清水氏は3月にいち早く立候補を表明すると、草の根的な運動で支持を広げた。連合静岡、民主党の推薦などを通じ、比較的若い世代への浸透にも成功した。八木氏はオール自民の大所帯で先行する清水氏を追ったが、出馬表明から投票まで40日余という短さもあり組織の力を生かし切れなかった。
 清水氏は午後10時半ごろ、「清水コール」がわき起こる中、焼津市石津の事務所に姿を現した。支援者から紅潮した表情で花束を受け取り、「焼津を変えよう、元気な焼津にしようと訴えてきたことが、多くの市民に共感された」とあいさつ。11月1日に合併したばかりの旧大井川町にも触れ、「焼津と合併して良かったと思ってもらえるよう、大井川で市長と語る会を開きたい」と強調した。

焼津市長選開票結果
 当 30,119 清水  泰 64 無新
   28,732 八木 健次 74 無新
▽投票者総数59,595▽有効58,851▽無効744

焼津新市長の略歴
 清水 泰氏(しみず・ひろし)焼津市出身。島田商高卒業後、焼津信用金庫勤務などを経て、1991年から市議2期。99年に県議初当選し、3期目途中で今回選出馬のため辞職。元藤枝青年会議所理事長。妻、母と3人暮らし。西小川。

87 とはずがたり :2008/12/22(月) 17:36:26
=静岡3区=

松井県議の辞職許可
2008/12/20
http://www.shizushin.com/news/feature/local_election/20081220000000000005.htm

 任期満了に伴う来年4月12日告示の掛川市長選に出馬を表明している松井三郎県議(62)=無会派、掛川市=は19日、県議会12月定例会の本会議に辞職願を提出し、許可された。

88 とはずがたり :2008/12/22(月) 17:37:38
中遠統一地方選だでヽ(゚∀゚)ノ

磐田・掛川・袋井市長選 来年4月19日投開票
2008/12/02
http://www.shizushin.com/news/feature/local_election/20081202000000000052.htm

 磐田市選挙管理委員会は2日、任期満了(2009年4月23日)に伴う同市長選と市議選の日程を4月12日告示、19日投開票と決めた。2日現在の有権者数は13万6073人(男6万8072人、女6万8001人)。
 掛川市選挙管理委員会は2日、任期満了(2009年4月23日)に伴う同市長選と市議選の日程を、同年4月12日告示、19日投開票と決めた。2日現在の選挙人名簿登録者数は9万3399人(男4万6398人、女4万7001人)。市長選にはこれまで、現職で2期目を目指す戸塚進也氏(68)と県議会議員の松井三郎氏(62)が出馬表明している。市議選の定数は6議席減の24となる。
 袋井市選挙管理委員会は2日、任期満了(2009年4月23日)に伴う市長選と市議選の日程を、4月12日告示、19日投票とすると発表した。市長選にはこれまで、現職の原田英之氏(65)が立候補を表明している。市議選は今回から定数が4議席削減され、22議席となる。2日現在の有権者数は6万6177人(男3万3266人、女3万2911人)。

89 とはずがたり :2008/12/22(月) 17:40:40
=静岡7区=
>>31 >>36
連合と農協とスズキ相手に勝利する辺りはなかなかですな。
将来は7区候補?浜松市内じゃないと難しいかな?

湖西市長に三上氏再選 市議補選は竹内氏
2008/11/17
http://www.shizushin.com/news/feature/local_election/20081117000000000007.htm

 任期満了に伴う湖西市長選と同市議補選(欠員一)は16日投票が行われ、即日開票の結果、市長選は無所属で現職の三上元氏(63)が、無所属新人で元市議の豊田俊雄氏(66)を抑えて再選を果たした。
 三氏が立候補した市議補選は、竹内祐子氏(53)が当選した。
 投票率は68・68%で、前回(66・93%)を1・75ポイント上回った。市議補選は68・67%だった。
 三上氏は同級生や元自治会長を中心にした「草の根選挙」を展開。新居町との合併の道筋をつけたことなどの実績をアピールするとともに、「日本一の母と子を大切にするまち」への取り組みを中心に訴えた姿勢が支持された。特に、子育て支援手当の月額3万円支給の2期目での達成と、共立湖西総合病院の医師確保に焦点を絞った訴えが奏功した。
 豊田氏は連合静岡湖西地域協議会やJAとぴあ浜松農政対策協議会、スズキの協力企業などを中心に組織戦を展開。現職批判票を取り込んだが、上滑りで浸透に欠けた。
 湖西市吉美の三上氏の事務所に午後10時半ごろ、当選の報が届くと、支援者から大きな拍手と万歳の声が沸きあがった。三上氏は「市が前進したことを市民が評価してくれた結果だと思う」と感謝の気持ちを伝えた。
 合併協議を進めている新居町の中嶋正夫町長も祝福に訪れ、「よりよい新市をつくるために、ともに頑張りたい」と握手を交わした。
 
湖西市長選開票結果
当12,222 三上  元(63) 無現
 10,764 豊田 俊雄(66) 無新=連合静岡湖西・JAとぴあ浜松・スズキ
 
湖西市議補選開票結果(欠員(1)―3)
当 9,386 竹内 祐子(53) 無新
  7,427 山田 征郎(65) 無新
  4,781 佐藤マスミ(58) 無元
 
湖西新市長の略歴
 三上 元氏(みかみ・はじめ)湖西市出身。慶大を卒業後、西友ストアー営業企画課長、同社上石神井店長、船井総合研究所取締役、企業福祉共済連合会理事長などを歴任。2004年から現職。子供は2人、妻と2人暮らし。湖西市新所。

90 とはずがたり :2008/12/24(水) 16:02:45

「大きな区役所」方針を撤回へ 浜松行革審
12/22 07:41
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20081222000000000008.htm

 浜松市行財政改革推進審議会(鈴木修会長)は21日、行政区制度をテーマに本年度第7回の公開審議を同市中区で開いた。市側は合併、政令市移行時以来の大方針だった「大きな区役所、小さな市役所」を転換し、「効果的・効率的な区役所」を目指すことを明らかにした。11月に立ち上げた庁内組織で詳細を議論し、2010年度の組織改正に反映させる。
 「大きな区役所」は、12市町村の合併時に都市内分権の実現のため、市民サービスに直結する最前線の区役所業務を充実させる一方、本庁をスリム化する合併推進のキャッチフレーズとして用いられてきた。飯田彰一副市長は「区の数は合併協議会でいろいろな論議があった」などと経緯を説明する一方、「今は身の丈にあった区の在り方、見直しの必要を感じている」と発言した。
 市側は「『大きな区役所』の定義が、区の権限なのか財源、施設なのか混乱がある」とし、▽サービス低下にならない効果的な区役所像をつくる▽像に沿った具体的な区制方針を策定する―とした対応方針を示した。
 市によると、来年度は全職員の約25%に相当する1470人を各区職員として配置する計画。鈴木会長は今後予想される厳しい財政問題を指摘し「思い切った改革が必要。今までの延長線上では破たんする」と大胆な制度改革を迫った。

91 とはずがたり :2008/12/24(水) 16:59:18
=静岡2区=

中野市議出馬へ 県議補選焼津市選挙区
12/24 08:08
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20081224000000000038.htm

 焼津市議で洋品小売業の中野弘道氏(51)=同市駅北=が23日、来年1月9日に告示される県議補選焼津市選挙区(欠員2)に無所属で立候補する考えを表明した。
 市内で開いた後援会臨時総会で、中野氏は「庶民、草の根、保守の立場から、誰もが安心して暮らせる地域づくりに尽力したい」と決意を述べた。重点的に取り組む項目として地震津波対策、地域医療の充実を挙げた。
 中野氏は平成15年の市議選で初当選し、2期目。自民会派「凌雲の会」に所属し、現在は副議長を務めている。今回の補選は、現職だった2氏が市長選に立候補し、空席となったため行われる。選挙区は旧大井川町との合併以前の市域。既に大塚善弘市議(56)が出馬の意思を明らかにしていて、出馬表明は中野氏が2人目。

92 千葉9区 :2008/12/28(日) 01:42:21
http://www.yomiuri.co.jp/election/local2007/f_kaihyou/yi15.htm
社民市議 ちなみに07年選挙で北区ダントツのトップ当選。
貴重な1議席を失ってしまいましたね、社民は。

http://www.niigata-nippo.co.jp/pref/index.asp?cateNo=1&newsNo=156307
新潟市議が車をけん引中に圧死

 27日午後4時ごろ、新潟市北区神谷内の農道で、積雪で動けなくなったタクシーをトラクターで引き上げる作業中、手伝っていた乗客の同区松浜1、同市議会議員関口松柏さん(66)が、2台の間に挟まれ、胸などを強く打ち死亡した。

 新潟北署などの調べでは、タクシーが積雪にはまって立ち往生し、関口さんは近くの住民と一緒にトラクターでけん引しようとしていた。作業を一時中断していたところ、無人のトラクターが動き出し、関口さんが挟まれた。トラクターはエンジンがかかっていた。

 現場は同区北西部の田園地帯。農道は砂利道で、当時15センチほどの積雪があった。

 関口さんは知人と2人で乗っていた。タクシーの運転手男性(59)は「関口さんに近道と言われ初めて通った道だった」とぼうぜんとした様子で話していた。

 関口さんは1991年に同市議に初当選し、現在5期目。副議長などを歴任し、社民党県連新潟支部代表を務めた。

 篠田昭市長は「理論と情のある人で議会のまとめ役だった。弁舌さわやかで存在感があった。大切な人を失い大変残念だ」と述べた。


新潟日報2008年12月27日

93 とはずがたり :2008/12/28(日) 02:04:05
>>92
なんと。吃驚ですねぇ。。
ご冥福をお祈りします。

94 新潟6区@あさって帰省予定 :2008/12/28(日) 06:06:28
ここ数日でかなり積もったそうなので、注意が必要ですね。
新潟社民はただでさえ風前の灯なのに・・・
ご冥福をお祈りします。

95 新潟6区 :2008/12/28(日) 06:55:26
>>92-94
気になって新潟市議会の会派を調べてみました。
地方議員は無所属が多いので分かりにくいですね。
関口氏は市民連合の無所属でした。

http://www.city.niigata.jp/info/gikai_jimu/meibo/meibo_02kaihabetsu.htm


新潟クラブ(16人)・・・自民4人 ※副議長 
市民クラブ(16人)・・・自民4人 ※議長
市民連合(7→6人)・・・社民2人
共産党(7人)
改革ネット(5人)・・・民主4人
公明党(5人)

96 とはずがたり :2008/12/28(日) 09:28:45
千葉9区さん調査有り難うございます。
自民が分裂しながらも議長・副議長占めてるんですな。
旧新潟市とそれ以外とかで別れてるだけなんですかねぇ。

新潟6区さん,お気を付けてお帰り下さい。
今日は今から京都へ大学時代の友人と会いにクルマを出します。洛北の大原とか迄行く心算ですが雪や凍結には気をつけないと。。

97 千葉9区 :2008/12/28(日) 11:57:46
>>96私はなんもしてませんよー。
なんで分裂してるんでしょうね、ググったけど不明でした。
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2008122802000097.html
支部設立できず迂回か 献金疑惑の元名古屋市議
2008年12月28日 朝刊

 愛知県の民主党の支部を“トンネル”にした「迂回(うかい)献金」疑惑で、元名古屋市議郡司照三氏(66)が親しい国会議員を企業献金の受け皿役にしたのは、同党が支部設立を制限していたためだった。政治資金の透明化を掲げる党の方針が脱法行為を招く皮肉な結果となった。

 政治家個人の資金管理団体への企業献金は2000年から禁止された。しかし政党支部への企業献金は認められているため受け皿となる政党支部が、1999年から2000年にかけて全国で1300以上も増えた。

 特に自民党は国会議員だけでなく、地方議員1人1人の支部設立も容認。支部数は今年、全政党の8割を占める7710まで膨れ上がっている。

 民主党は「支部を政治家のサイフ代わりにしている」と自民党を批判。支部数をほぼ小選挙区と行政区単位に制限し、全国で564にとどまる。

 郡司氏の選挙区の中川区にも支部はあるが、支部長は別のベテラン市議。郡司氏の支部は設立できず、会長を務める愛知県民社協会所属の国会議員の支部を受け皿にする迂回献金を余儀なくされた。郡司氏は「地方議員も企業献金がなければ政治活動ができない」と話した。

 企業献金に詳しい政治資金オンブズマンの上脇博之神戸学院大教授(憲法学)は「本来は受けられない企業献金を支部を介して受け取っている点は自民党も民主党も同じ。一種のマネーロンダリングと取られても仕方ない」と指摘している。

98 名無しさん :2008/12/28(日) 13:16:26
>>97
中日本紙では、社会面で大きく取り上げられてました。
関与していたのは、伴野・小林憲司・木俣・前田です。
また民社協会の非労組系か…という印象ですね。

99 名無しさん :2008/12/29(月) 13:04:46
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/081222_1.htm?from=nwlb
「立命館誘致」岐阜市長選 6年前のしこり再燃
市岐阜商存続派「無投票」奇策も

 学校法人立命館(京都)の進出計画を巡る市立岐阜商業高校の存廃問題で、市長が辞任する事態に発展した岐阜市の出直し市長選は、来月25日の投開票まで1か月余り。立命館誘致を掲げて再出馬する細江茂光市長(60)に対し、存続派の市議らは超党派で候補者の擁立を目指しており、高校の存廃に争点を絞った選挙戦が展開されようとしている。6年前の市長選のしこりを引きずる一方で、景気が急速に悪化する中での選挙について、市民からは「選挙のほかに方法はなかったのか」と困惑の声も上がっている。



立命館誘致を巡り、存廃問題が市長選に発展した市岐阜商業 「100年に1度のチャンス。古い岐阜が生まれ変われるかどうかの試金石だ」

 細江市長は市長選に向けた各地のミニ集会で、立命館誘致の必要性を訴えている。教育による人材育成で市の発展を目指す「教育立市」を掲げる細江市長にとって、立命館の進出計画は、まさに渡りに船だった。

 これに対し、市岐阜商存続派の市議らは「伝統ある市岐阜商の名を残すべきだ」としたうえで、「最初に立命館誘致ありきの廃止は筋が通らない」と批判する。

 市議会(定数44)の誘致派は16人、存続派は28人だが、最大の自民系会派は12人ずつで真っ二つだ。背景には細江市長が初当選した2002年の市長選のしこりがある。自民系市議が3候補に分裂し、細江市長は自民推薦の元県議ら5人を破って初当選した。誘致派の多くは当時から細江市長を支え、逆に存続派の多くが対立候補を支援していた。

 誘致派の自民系市議は「市岐阜商の存続を求める請願が採択されたことで、市長は選挙に打って出なければ、任期を1年残して死に体になる」と指摘する。

■対立候補
 共産党を含む存続派市議は、最も数の多い自民系会派が選んだ候補者への相乗りを申し合わせている。元中央官僚ら数人に出馬を打診しているが、現在のところ進展していない。

 このため、候補者を擁立しないことも選択肢の一つに浮上している。勝算がないまま候補者を立て、細江市長と同じ土俵に上がって負ければ、存続を主張しづらくなるとの思惑からだ。

 市長選後の状況も不透明だ。存続派の自民会派の市議は「市長選の結果は民意とは認めない。市長が勝って誘致関連議案を出しても反対する」と言い切る。

 こうした騒動に困惑する市民も多い。同市鶴舞町の喫茶店経営山口初子さん(56)は「子供が少なくなり、学校再編が議論されるのは分かる。でも、選挙のほかに方法がなかったのか疑問に思う」と話す。

■私学の地方進出
 少子化を背景に、有名私学の地方への一貫校開設は全国で相次いでいる。立命館はすでに北海道江別市と滋賀県守山市に開設した。

 早稲田大は09年に大阪府茨木市、10年には佐賀県唐津市に設置予定で、唐津市では土地と建物を市から無償で借り受ける。無償貸与には異論も出たが、市議会で承認される見込みという。慶応大も11年に横浜市に小中一貫校を開校させる。地方への一貫校開設について、早稲田大広報室は「地方から多様な学生を集めたい。子供の数が少なくなるため、早い段階で優秀な生徒を確保しようとの思いもある」としている。

100 千葉9区 :2008/12/29(月) 18:58:05
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/2275-2284
【02年岐阜市長選と自民会派分裂など】


有名なんでしょうか?
wikiによると、岐阜商業卒業らしい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E8%97%A4%E4%B8%89%E6%A8%B9%E7%94%B7
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20081229/CK2008122902000176.html
市岐商存続派が候補 岐阜市長選、元プロ野球選手に打診
2008年12月29日

 立命館・市岐阜商高問題に端を発した岐阜市の出直し市長選で、出馬を表明している2期目の現職細江茂光氏(60)の対立候補として、市岐商存続派が、同市出身の元プロ野球選手で解説者の千藤(せんどう)三樹男氏(61)に立候補を打診していることが分かった。千藤氏擁立が実現すれば、細江氏との一騎打ちになる公算が大きい。

 関係者などによると、千藤氏は同市加納中学出身。県岐阜商高で夏の甲子園4強。早稲田大から拓銀を経て東映(現日本ハム)入りし、外野手などで中心打者として活躍。球宴にも出場した。10年間で810試合、2割7分1厘、42本塁打など。引退後はコーチを務め、現在は関東地方在住で野球解説などをしている。

 市議会(定数44)のうち、自民と民主の一部、公明、共産、無所属などの30人近くは、対立候補の人選を進めてきた。中央官僚ら数人の名前が挙がっては消えた結果、千藤氏が浮上。野球などスポーツを通じた指導力を評価したという。

101 とはずがたり :2008/12/29(月) 19:09:31
昨日の夜には帰ってくる予定がさっき迄遊んでました(;´Д`)
ほったらかしてもうた女房スマソm(_ _)m
どうも大学時代の友人は何時迄も往年のノリでバカやってしまいますな〜。

>>97 >>94-95
新潟6区さん済みません,いつも千葉9区さんが調べてくれるのでてっきり9区さんが6区さんの疑問に答えてくれたかと勘違いしてしまいました。。

議長・副議長を棲み分けてるので決定的な対立ではないのではないかとは思いますね。

102 千葉9区 :2008/12/30(火) 00:22:35
>>100
リンクミス
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/2275-2284
【02年岐阜市長選と自民会派分裂など】

103 千葉9区 :2008/12/30(火) 13:17:04
>>92に続いて議員の事故死です。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081230-OYT1T00251.htm
長野・王滝村議会議長宅火災、焼け跡から2遺体
 29日午後9時50分頃、長野県王滝村の同村議会議長で農林業稗田薫さん(61)方から出火、木造2階住宅を全焼し、隣接する住宅などの一部を焼いた。

 焼け跡から2人の焼死体が見つかり、稗田さんと母親のふささん(88)の行方が分からなくなっていることから、県警木曽署で身元の確認を急いでいる。

 同署の発表によると、稗田さん方は、妻(59)とふささんとの3人暮らし。妻は逃げて無事だった。稗田さんは、ふささんがいた1階の薪(まき)ストーブ付近が燃えているのに気付き、火を消そうとしていたという。

(2008年12月30日12時17分 読売新聞)

104 千葉9区 :2009/01/02(金) 21:49:27
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20090101/CK2009010102000001.html
【岐阜】
09年県内選挙展望 知事選、現新一騎打ちの公算
2009年1月1日

 今年は「選挙の年」になりそうだ。県内では1月にさっそく知事選が行われるほか、出直し選となる岐阜市をはじめ5つの市長選と4つの町長選、3市3町の議員選が予定されている。衆院の解散・総選挙は昨年から先送りとなっているが、任期は9月のため選挙があるのは確実。県内で行われそうな選挙の情勢を探った。

 再選を目指す現職古田肇氏(61)=自民、公明推薦=と、新人で県労働者相談センター所長の木下一彦氏(66)=共産推薦=の一騎打ちとなる公算が大きい。新人3人が立候補した2005年の前回選でも、両氏は対決している。

 古田氏は昨年7月に出馬を表明した。自民との相乗りが原則禁止の民主は、県連推薦で支援。このほか600を超える団体から推薦を受けている。

 木下氏は同11月に出馬表明。共産党県委員会など229団体で組織する「県民が主人公の県政をつくる会」が擁立した。

 ともにマニフェストを掲げ、古田氏は御嵩産廃問題の解決など1期目の実績を強調する。

 木下氏は現県政を批判し「憲法を暮らしに生かす」と訴える。

◆市長選 
 【岐阜市】市岐阜商・立命館問題に端を発した出直し選。昨年12月に市議会が立命館の誘致計画推進を求める請願を不採択にしたのを受け2期目の現職、細江茂光氏(60)が31日付で辞職。「100年に1度のチャンス」と誘致計画を最大の争点に掲げ、「直近の民意を問う」と訴えている。

 細江氏は三井物産部長を経て2002年2月に初当選。連合岐阜は今回、計画への賛否を明確にしないまま推薦を決めた。

 一方、細江氏に批判的な市議らが対立候補として同市出身の元プロ野球選手で解説者の千藤三樹男氏(61)に出馬を要請した。自民や民主の一部、社民、共産など超党派で支援する態勢が整いつつあり、千藤氏は近く意思を明らかにする。

 【大垣市】4月21日に任期満了を迎える大垣市長選は、昨年12月の市議会定例会で現職の小川敏氏(58)が3選目指して出馬する意向を表明している。

 小川氏は「(本年度から始まった)第5次総合計画の事業を着実に進めたい」と意欲を見せる。同市では製造業などを中心に景気後退を受けた税収減が見込まれるため、難しいかじ取りが求められている。

 今のところ、小川氏以外に立候補の動きはない。

 【海津市】現職の松永清彦氏(63)が、昨年の9月市議会で再選を目指し出馬する意向を表明。今のところ、ほかに具体的な出馬の動きはない。

 松永氏は05年に旧海津郡3町の合併で誕生した海津市の初代市長に当選。再選に向け、同市南濃町の中学校統合問題や幼稚園・保育所の一元化など合併時からの懸案解決、観光振興、企業誘致、市財政の基盤強化を公約として訴えている。

 【各務原市】現職で3期目の森真氏(68)が、昨年の12月議会で出馬表明した。市内の派遣社員男性(61)が会見で立候補を表明。共産党市委員会などの「革新市政をつくる会」も対立候補擁立を検討している。

 森氏は衆院議員秘書、県議(5期18年)を経て、1997年の市長選に初当選。「『元気な各務原市』をスローガンに第2次市総合計画を推進したい」と意欲を見せる。市自治会連合会など約100団体の推薦を受け、地盤を固める。

 つくる会は森氏を「弱者の視点に立っていない」とし、2月15日告示の市議選後をめどに準備を進める。

 【美濃加茂市】05年に三つどもえの激戦を制し、初当選した現職の渡辺直由氏(63)。正式な態度表明はまだだが、再選を目指して立候補するというのが順当な見方。

 押しが強いタイプではないが、手堅さと人柄への信頼は厚い。住みやすく、人に優しい町を目指す渡辺氏の行政運営への目立った反発もない。本格的な動きはこれからで、支持層の思惑が分裂するなどすれば、対抗馬が出てくる可能性もある。

105 千葉9区 :2009/01/02(金) 21:49:41
◆町長選 
 【揖斐川町】1町5村が合併した2005年以来、初の町長選。町の目指す将来像をあらためて問う選挙となる。現職の宗宮孝生氏(65)と農業粟野光氏(72)がそれぞれ出馬を表明している。

 宗宮氏は、防災、道路整備、福祉に加え、町政の効率化と定住化促進を訴える。

 粟野氏は町財政改革による公債30%返済や、都市部からの定住希望者募集などを公約にしている。

 【七宗町】現職の井戸敬二氏(47)が昨年12月の町議会定例会で立候補を表明。「町政の運営にまい進したい」と2期目への決意を示した。ほかに町議1人が出馬の意思を固めており、現職に新人が挑む選挙戦になりそう。

 【川辺町】現職の佐藤光宏氏(52)が昨年12月の町議会定例会の一般質問に答える形で立候補を表明。「こん身の力で町政にまい進する覚悟」と3期目への決意を示した。

 今のところ、対抗馬を擁立する動きは出ていない。

 【白川町】現職の今井良博氏(58)は3期目。町職員出身で、行政に手慣れた今井氏に対抗する動きは今のところない。4期目を目指すかどうか、今井氏の去就が注目されている。

(衆院選部分略)

106 千葉9区 :2009/01/02(金) 22:00:35
【石川】
http://mytown.asahi.com/ishikawa/news.php?k_id=18000000901010003
選挙イヤー9首長選 春と秋に集中
2009年01月01日

 今年は衆院選に加え、県内の首長選や議員選が相次ぐ「選挙の年」。9首長選と、7市町議選(補選含む)の実施が確実で、春と秋に集中する。9月に任期満了を迎える衆院選は政局や景気の動向次第で解散・総選挙になる可能性が高く、首相の判断が注目される。


 「平成の大合併」で、4年前に合併した自治体が多いため、今年に任期満了を迎える市町の選挙が多い。


 口火を切るのは内灘町長選。現職の八十出泰成町長(61)は昨年の9月議会で再選をめざして立候補を表明した。今のところ対立候補の動きはなく、告示まで2週間を切っているため無投票当選の可能性もある。


 続く能美市長選は酒井悌次郎市長(75)と元県議長の吉田歳嗣氏(70)の一騎打ちの構図。小松市長選も西村徹市長(69)に元会社役員の和田慎司氏(57)が再挑戦する。どちらも保守同士の戦いで、選挙後に禍根を残すと衆院石川2区にも影響がありそうだ。特に小松市長選は、前回は2660票差と接戦で、今回も激戦が予想される。


 白山市長選は77歳の角光雄市長が再選をめざすと表明。無投票当選阻止を掲げ建築写真家の辻史朗氏(66)も立候補の意向を示した。


 一方、宝達志水町長選は昨年9月に発覚した贈収賄事件で収入役が逮捕された責任をとり、中野茂一町長(66)が立候補しないと明言した。


 9月10日に任期満了を迎える衆院選は解散・総選挙の時期が焦点になる。今月初旬に提出する2次補正予算案の審議の行方のほか、支持率が低迷して求心力を失いつつある麻生政権の浮沈がカギを握る。政界再編の動きも与野党でくすぶり、先の読めない政局が続きそうだ。


 県内の選挙区は自民の現職3人に対し、1区は民主と共産との三つどもえ、2、3区は民主との一騎打ちの構図。共産を除く各陣営は昨秋に事務所開きし、臨戦態勢で地道に支持拡大に努めている。


 一方、11年4月の県議選への動きも活発化しそうだ。区割り・定数(現行46)の議論が進められており、6月議会までに条例改正案を提出、夏以降に立候補の有無を含めて過熱しそうだ。さらに知事の任期も来年に切れるため、谷本正憲知事が5選をめざすのか、去就に注目が集まる。

107 千葉9区 :2009/01/03(土) 11:18:58
>無投票なら民意を問えない
ひでえ・・・
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009010302000035.html
元プロ野球選手の出馬要請取り下げ 岐阜市長選で存続派
2009年1月3日 朝刊

 立命館・市岐阜商高問題に端を発した岐阜市の出直し市長選で、自民党市議の市岐阜商存続派は2日、同市出身の元プロ野球選手、千藤三樹男氏(61)への出馬要請を取り下げた。選挙への態勢が整わず、勝算が薄いと判断した。

 告示日が18日に迫る中、出馬を表明しているのは、立命館中高一貫校の誘致を進める前職細江茂光氏(60)のみ。

 自民など超党派による対立候補擁立は難しくなり、無投票の可能性が出てきた。

 自民や公明、共産、無所属など市岐阜商存続を主張する市議は昨年末、日本ハムの外野手やコーチとして活躍した千藤氏に立候補を要請。千藤氏は出馬に前向きな意向をみせたため、市議も超党派で選挙に向けた連携策を協議してきた。

 しかし、主導してきた自民の市議が「超党派の候補者が敗れれば、細江氏が立命館誘致の信任を得たことになりかねない。無投票なら民意を問えない」などとして翻意。2日、自民の市議が東京で千藤氏に会い、要請の撤回を通知し、了解を得たという。

 共産や市岐阜商の関係者らには選挙戦を望む声もあるが、対立候補を擁立できるかは不透明な情勢。出直し選は25日投開票。細江氏は2期目途中で辞職したため、当選しても公職選挙法の規定により、任期は本来の来年2月まで。

108 千葉9区 :2009/01/03(土) 11:20:45
>>69とか
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2009010390070719.html
名古屋市長選 民主、山田氏擁立を断念
2009年1月3日 07時07分

 今春の名古屋市長選で、民主党は2日、山田哲郎・市教育次長(55)への出馬要請を断念したと明らかにした。市議会最大会派である民主の候補者選びが白紙に戻り、4カ月後に迫る市長選は混迷の様相を呈してきた。

 山田氏は元連合愛知副会長。市長選は1985年以来、共産党をのぞくオール与党体制で進んでおり、今回も各党が「与党相乗り」を模索する中で、自民が労組出身の山田氏に強く反発していた。ただ自民にも候補者擁立のめどは立っていない。

 山田氏本人も「相乗り」の構図を重視し、出馬の打診を固辞したとみられる。市長選では愛知県商工団体連合会の太田義郎会長(64)が共産党などの推薦を得て、出馬を表明している。

(中日新聞)

109 名無しさん :2009/01/04(日) 16:10:28
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20090104ddlk23010090000c.html

選挙:名古屋市長選 民主擁立白紙 次の候補見当たらず /愛知

 ◇政党主導選挙、薄まる?

 名古屋市長選(4月)の民主党候補者選びは、市教委の山田哲郎教育次長を断念したことで振り出しに戻った。同党県連は山田氏に絞って要請をしてきただけに、次の候補がすぐに見当たらないのが実情だ。同市長選では地元経営者らが政党と距離を置きながら大学教授を推す動きもあり、政党主導の選挙スタイルが薄まる可能性もある。

 今回の市長選に当たり、県連は独自候補擁立に向け周到に準備を進めてきた。民主党色の強い政策指針を打ち出し、相乗りを望む自民をけん制しながら民主支持労組の委員長だった山田氏を担ぐという手順がそれだった。

 いわば山田氏擁立に向けた舞台づくりだったため、県連にとってそれが崩れた衝撃は小さくない。戦術が実を結ばなかったことで、県連内に「うちが先に擁立し、自公が後からついて来るなら構わない」(中堅市議)という声が再浮上する可能性もあり、自民市議からは「今度は相乗りできる候補を見つけてくれるのではないか」との期待が出ている。

 ただし相乗り路線の復活は、方針のぶれが際立つため容易ではなく、候補探しが難航すれば、前回断念した民主党の河村たかし衆院議員(愛知1区)が無所属で出馬を模索するとの憶測も出ている。衆院選の時期をどう読むかとも絡むが、河村氏に近い市議は「河村さんは真剣に悩んでいる」という。

 さらに、元中部経済産業局長で中京大教授の細川昌彦氏の動きも注目される。同氏を支援する市内の中小企業経営者らが昨年末、県選管に政治団体の届け出をし、勝手連的な動きを始めたからだ。

 細川氏は毎日新聞の取材に対し「いろいろ言って下さるのはありがたい」と話しており、候補が見つからない中、民主などが細川氏に接触するのではないかとの観測も出ている。【影山哲也】

毎日新聞 2009年1月4日 地方版

110 新潟6区 :2009/01/05(月) 13:51:29
>>101
いえいえ、お構いなく!
千葉9区さんは各地の情報に通じておられて、勉強になります。

今年は総選挙をはじめ、糸魚川・十日町・上越の市長選がありますので、
その辺りを中心に参戦できたらと思っております。
今年もよろしくお願い致します。

111 千葉9区 :2009/01/05(月) 21:25:44
http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20090105ddlk17010229000c.html
選挙:今年、4市5町で首長選 18日に内灘、来月は能美と白山 /石川
 県内の09年の地方選挙は、首長選が4市5町、議員選挙が6市、議員補欠選挙が1市1町で予定されている。一方、衆院議員が9月10日に任期満了を迎えるため、総選挙が確実となっている。

 ◇小松市長選、2人出馬表明
 地方選挙のうち、首長選をみると、能美市(2月1日投開票)は酒井悌次郎市長と元県議の吉田歳嗣氏が、小松市(4月12日任期満了)は西村徹市長と元会社員の和田慎司氏が、それぞれ立候補を表明している。

 内灘町(1月18日投開票)は八十出泰成町長、白山市(2月22日投開票)は角光雄市長、中能登町(4月2日任期満了)は杉本栄蔵町長、能登町(4月9日任期満了)は持木一茂町長のいずれも現職が立候補する。

 逆に宝達志水町(3月15日投開票)の中野茂一町長は、収入役が収賄罪で起訴された責任を取り、不出馬を表明した。

 志賀町(9月24日任期満了)と加賀市(10月29日任期満了)は、08年末時点での立候補表明はない。

 議員選挙の日程(任期満了日を含む)は以下の通り。

 能美市補欠=市長選と同じ2月1日投開票▽白山市=市長選と同じ2月22日投開票▽中能登町補欠=4月2日任期満了の町長選と同日投開票▽かほく市=4月30日任期満了▽羽咋市=9月29日任期満了▽加賀市=10月29日任期満了▽七尾市、能美市=10月31日任期満了。【高橋慶浩】

 ◇衆院選、自民3現職に危機感 民主が全区で擁立−−共産も1区に
 衆院選は昨年9月に2区で民主の田中美絵子氏が立候補表明し、全小選挙区で与野党対立の構図が固まった。前回選で小選挙区の議席を独占した自民は、相次ぐ首相の交代や景気後退で逆風にさらされる中、1区の元プロレスラー・馳浩氏、2区の元首相・森喜朗氏、3区の北村茂男氏の3現職が一様に危機感を募らせている。

 追い風に乗る民主は1区の元職、奥田建氏が旧新進党系の市議らの支援を受け、けん土重来を期す。2区の田中氏、3区の近藤和也氏の2新人は集会などで知名度向上を図る。唯一の共産候補で1区の佐藤正幸氏は、比例代表で県内4万3000票の獲得も目指し、街頭で政策を訴える。

==============

 ◇今年の地方選挙
          投開票日

 (※は任期満了日)

内灘町長       1月18日

能美市長       2月 1日

 同市議補欠     同日

白山市長       2月22日

 同市議       同日

宝達志水町長     3月15日

中能登町長     ※4月 2日

 同町議補欠    町長選と同日

能登町長      ※4月 9日

小松市長      ※4月12日

かほく市議     ※4月30日

志賀町長      ※9月24日

羽咋市議      ※9月29日

加賀市長     ※10月29日

 同市議     ※10月29日

七尾市議     ※10月31日

能美市議     ※10月31日

毎日新聞 2009年1月5日 地方版

112 千葉9区 :2009/01/07(水) 20:06:43
http://sankei.jp.msn.com/life/education/090107/edc0901070843005-n1.htm
【教育】伝統校か私立中高一貫校か 揺れる岐阜市立商業高 (1/3ページ)
2009.1.7 08:40
 

市長が辞任「市民に信を問う」

 市立伝統校か、私立中高一貫か−。岐阜市で伝統ある市立岐阜商業高校(市岐阜商)の運営を、立命館大学を運営する「学校法人立命館」(京都市)に移管する同市の計画に対し、市議会が市岐阜商の存続を求める市民の請願を採択した。市岐阜商を私立中高一貫校にする計画の転換を迫られ、細江茂光市長は「市民に信を問う」と辞任。市長選挙で学校問題の決着をつけようという異例の事態で市民ら賛否それぞれの思いは複雑だ。(福田哲士)

                   



 昨年12月、岐阜市議会は、立命館への運営移管を反対する市民らの「市岐阜商高の当面の存続を求める請願」を賛成多数で採択、移管推進派の「市岐阜商高移管による立命館誘致を求める請願」を不採択とした。

 これを受けて、細江市長は辞任。記者会見で、「最大多数の市民の思いを実現すべきだ。市長選挙で民意を問う」と、市長選に臨む意思を示した。

 市岐阜商は昭和44年に開校。校章は、明治37(1904)年に創立された市立商業高校(旧制)の者を受け継いでいる。平成10年からは男女共学。地元では、甲子園出場経験もあるなど野球の名門校としても知られている。

 市岐阜商の存続を求める同窓会長、久世盛弘氏は「生徒や地元に何の相談もないまま、『立命館ありき』で計画が進んだことが最大の問題。早い段階で説明があれば、岐阜を良くするためにみんなで知恵を出したのに…。18万人分の署名も集まり、引くに引けなくなった」と微妙な感情のもつれを明かす。

                   



 問題の発端は18年12月。運営の移管を前提に、立命館側から中高一貫校を開設する計画が提案されていたことが、市議会で明らかになったことだ。

 市教委は昨年3月、市岐阜商を将来的に廃止する方針を示し、細江市長も6月、「移管は最善の選択」と立命館誘致を表明。7月には、立命館が土地の無償貸与などを申し入れていることが判明。存続を求める市議会側との対立が深まっていった。

 市教委は、廃止の理由に、地域産業の衰退で市立高校としての意義を失っている▽老朽化した校舎の改築にかかる負担が大きい▽少子化による高校の再編の必要性▽生徒のニーズの変化−の4点を挙げる。

 市教委の担当者は「あくまでも将来的な廃止はやむを得ない方針で、時期や条件など具体的には決まっていない。しかし、耐震補強だけでも20億円はかかるとみられ、負担の大きさは否めない」と説明する。

 移管推進派の「子どもたちの未来を考える会」副会長の森嶋茂之氏は「名古屋の躍進で、岐阜が埋没してしまう。若い人にツケを残さないためにも、立命館を誘致してまちづくりが進めば、岐阜の底上げにつながる。理数系を強化するという計画も魅力」と意義を強調する。

                   



 もともとは、地域の活性化を検討していた市側と、中部地方への知名度を高めるための足がかりを探していた立命館側の思惑が一致した形だった。

 「公私間協力」を掲げる立命館の計画では、中学を併設して中高一貫校とし、生徒数は高校が1学年8クラス(1クラス40人)の960人、中学は同4クラス(同)480人の計1440人を想定している。

 21年度から「立命館岐阜高校」として開校予定だったが、事態の混迷で開校のメドは立っていない。立命館側は昨年11月、今年3月までに話がまとまらなければ、計画を白紙に戻すことを表明している。

 立命館では、今回の事態に「(滋賀県)守山市でも同様の形で、中高一貫校を開校したが問題はなかった。今回は政治問題となっており、現時点は静観するしかない」と困惑を隠せない。

 市長選は1月18日告示、25日投開票される。

                   



 

市岐阜商の移管をめぐる経緯

【平成18年】

11月 立命館が市に移管を提案

12月 提案が市議会で表面化

【平成19年】

 2月 立命館、21年度開校などの具体案を提示

【平成20年】

 3月 市教委「将来的な廃止もやむを得ない」と結論

 4月 卒業生らが存続求め署名活動開始

 6月 市長「移管は最善の選択」と推進を表明

 8月 移管推進派が立命館総長を招いて説明会

11月 立命館「年度内に結論出なければ白紙撤回」表明

12月 市議会、市岐阜商存続派の請願採択。市長が辞任

113 千葉9区 :2009/01/09(金) 00:09:59
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20090107-OYT8T00980.htm
選挙続々 勝負の年
市町長・議員選4月19日集中日
 県議選焼津市区補選(欠員2)が9日に告示され、今年の県内の選挙がスタートする。最大の政治決戦となる衆院選が今秋までに行われるのに加え、夏には知事選も控える。また、4、5月は自治体の首長・議員選が目白押し。各種の選挙が重なる「選挙イヤー」となりそうだ。

 福田内閣退陣・麻生内閣誕生を受け、県内でも昨年9月以降、一気に衆院解散ムードが高まった。県内では、8小選挙区すべてで自民、民主両党が公認候補者を決定か内定済み。静岡2〜6区は自民、民主の候補2人による一騎打ち、これに1、8区は共産党候補、7区は無所属候補がそれぞれ絡む構図で選挙戦に突入する公算が強まっている。各陣営は、通常国会での2008年度第2次補正予算案の審議の行方を注視し、2兆円規模の定額給付金を巡る与野党の攻防を見守っている。

 小泉内閣の下での05年9月の前回衆院選は自民が全国的に圧勝したが、その後自民の支持基盤の弱体化が進んでいるとされ、07年の参院選静岡選挙区(改選定数2)でも、民主候補の得票が初めて自民候補を27万票余り上回った。

 衆院選でも、自民が公明党の支援を得て、景気対策など麻生内閣の「実績」を前面に議席死守・拡大を目指すのに対し、民主は従来の自民の支持団体への接触・取り込みも図り、政権交代へとつなげたい考えだ。

 小選挙区の候補者を8区のみとしてきた共産は、1区での擁立を決めた。比例選での得票上積みを目指すことに加え、深刻さを増す雇用問題などで党の政策をアピールする好機との判断があるとみられる。

【県議補選焼津区あす告示】 

 9日告示の県議選焼津市区補選は、2008年12月に行われた同市長選に、同区選出の県議2人が立候補したことに伴うもの。いずれも新人で市議の大塚善弘氏(56)と、市議会副議長の中野弘道氏(51)がともに無所属での立候補を予定している。大塚氏は民主党、中野氏は自民党の推薦を受け、無投票となる可能性がある。選挙戦になった場合は18日に投開票される。

【知事選出馬 表明まだなし】

 任期満了(7月31日)まであと6か月余りの現時点で正式に態度を明らかにした人は、現在4期目の石川嘉延知事を含めまだいない。

 石川知事は5日の年頭記者会見で、県政史上初となる5選に強い意欲を示しながらも、「県民の反応を見極めて最終的に判断したい」と慎重な言い回しに終始した。意欲とは別に、多選批判がどの程度高まるか、静岡空港の開港延期がどの程度影響するか――などの要素を慎重に見極めたいとの思惑があるとみられる。衆院選がいつ行われ、どのような結果になるかも石川氏の判断を左右しそうだ。

 石川氏を県議会与党として支える自民党や石川氏の後援会内でも、5選出馬に対する意見は一様ではないとみられる。石川県政へのスタンスに県議によって違いがある民主党は、衆院選の時期や結果を見極めながら最終的な対応を決めるとみられる。

 当面は、県議会2月定例会で進退の表明があるかどうかが焦点。石川氏を中心に、関係者間の複雑な心理戦が展開されそうだ。

【4月はミニ統一選】

 14市町の首長が年内に任期満了を迎える。このうち5市町長選は4月19日に投開票される。同日には6市町議選もあり、さながらミニ統一地方選となる。

 市長選のうち御殿場市は、3選出馬を表明している長田開蔵市長に対し、新人の若林洋平氏が7日に立候補を表明した。掛川市は、1期目の戸塚進也市長と前県議の松井三郎氏が出馬を表明し、一騎打ちとなる見通し。

 菊川市の太田順一、袋井市の原田英之、伊豆の国市の望月良和の3市長はいずれも再選出馬を表明済み。3市では現時点でほかに出馬表明はない。一方、伊東市では、市議の掬川武義氏が立候補を表明したが、佃弘巳市長(1期)は態度を明らかにしていない。磐田市の鈴木望市長(同)は再選出馬しないと表明している。

 島田市の桜井勝郎市長(同)、牧之原市の西原茂樹市長(同)はいずれも正式な態度表明はしておらず、他の動きも出ていない。

(2009年1月8日 読売新聞)

114 千葉9区 :2009/01/09(金) 00:16:46
>>107>>112とか
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2009010802000050.html

岐阜市長選、共産も擁立見送り 対立構図消える
2009年1月8日 朝刊

 立命館・市岐阜商高問題に端を発した岐阜市の出直し市長選で、出馬表明している前職細江茂光氏(60)の対立候補擁立を検討してきた同市議会の反細江氏派のうち、最後まで模索していた共産が7日、見送りを表明した。この結果、自民や民主、公明、共産ら会派を超えて反細江氏で動いた市議グループの候補者は立たなくなり、出直し選で前市長と反対派の市議がこの問題をめぐって戦う構図はなくなった。

 細江氏は昨年12月末、市議会の立命館の中高一貫校誘致反対に対して「民意を問う」と辞職、出直し選に踏み切った。これに対し、誘致の前提となる市岐阜商廃止に不満を持つ自民や民主、公明などの会派の市議が統一候補擁立を検討。反対派は27人と定数44の過半数に。反対派は「市岐阜商存続の考えは不変」としている。

 出直し選では7日の説明会に同市内の古物商男性(50)と岐阜県坂祝町の農業男性(56)らが出席、2人は市役所で会見して出馬の意欲を示した。

市民不在の政争に終始

 【解説】 出直し岐阜市長選で、前職細江茂光氏に反対した市議グループが対立候補を擁立できなかったのは、勝算がないとみて保身に走った側面が大きい。自民や民主、公明、共産などの超党派で市議会の過半数を占めながら、まとまりきれなかったことも響いた。

 元々、反対派の候補擁立は想定外の出直し選で時間不足の上、反細江氏では一致しながらも立命館誘致、市岐阜商廃止問題への思惑も異なっていた。以前からの細江市政に対する反感を立命館問題をきっかけに噴出させた市議もいれば、純粋に市岐商廃止のみに反対する市議もいて、温度差があった。

 このため擁立劇は迷走した。最初に元岐阜県副知事の官僚に頼んだが、断られた。元プロ野球選手には出馬要請した5日後に「4年間任せられるのか」と急きょ撤回したほどだった。

 立命館・市岐阜商の政策論争より、結局、政争に終始した。そもそも、一つの高校運営問題の解決のため、辞職してまで争点に掲げた細江氏の姿勢も市議会だけでなく、有権者の理解が得られていたとは言い難く、市民不在の騒動の感が強い。

 不況で今、市民が求めるのは景気や雇用など生活を守る施策。出直し選の迷走は、選挙を自分たちの利害優先に考える政治家の意識が、有権者の心理と懸け離れていることをまざまざと見せつけた。(岐阜報道部・丸田稔之)

115 千葉9区 :2009/01/10(土) 00:51:29
古い記事ですが【福井県議会】
http://www.chunichi.co.jp/kenmin-fukui/article/gikai/list/200809/CK2008090502000214.html
県議長選の混乱(上) 会派間の思惑が交錯
2008年9月5日

第5部 ポストとカネ 1

 ◆崩れた慣例 
 県議会議事堂三階。立ち並ぶ議員控室のドアは固く閉ざされた。「会議中」の札で、マスコミを完全にシャットアウト。だが、中からはひそひそと声が漏れる。「話はできた。議長は…」「…の動き次第だな」。六月定例会開会を数時間後に控えた朝、議長ポストをめぐる会派間の思惑が入り乱れ、その争奪戦の第二幕が開いた。

 第一幕は二月定例会。最大会派・県会自民に所属する石川与三吉、中川平一の正副議長が「北陸新幹線の敦賀延伸決定を見届けたい」と慣例に反して辞職を固辞。対抗する自民新政会、県民連合、一志会の三会派は「通例を覆すのか」と辞職を迫ったものの、両者は居座った。

 ◆数の論理 
 その流れが六月定例会で逆転した。二人が一転して辞職の意思を示したのだ。理由は単純な「数の論理」。

 冒頭、県会自民は所属議員十九人が顔をそろえ、公明を加えれば二十人と三会派の十九人を上回る。しかし、小浜市長選に出馬する同僚の辞職が迫っており、そうなれば勢力は同数。所属議員を議長に送り出せば少数派に転落する。

 議会運営の主導権を対立会派に奪われないためには、キャスチングボートを握る少数会派に議長ポストを譲っても多数派を堅持するしかなかった。議員の“一本釣り”が始まり、密命を帯びた県会自民の県議が、表情をこわばらせて意中の県議の元へ走った。

 しかし、三会派の結束は崩れなかった。「(勧誘の)交渉を受けた」と打ち明けた議員は「ここで、ほか(同一歩調の会派)を裏切れるか」と怒りに近い表情を見せた。

 ◆政争か人事か 
 開会時間が大幅にずれ込んだ本会議。三会派は、正副議長の辞職願を否決する前代未聞の行動に出た。「議長争いを九月議会まで先延ばしすることで、議長ポストを握れる可能性が出てくる」との計算が働いたからだ。

 それが、なぜ可能だったのか。辞職願の採決には当事者が加われない規則のため、議長席に座る県会自民所属の議員を除けば「18対19」になるからだ。三会派側は「敦賀延伸決定を見ていないのに辞めるのはおかしい」との“正論”を繰り広げたものの、実は冷徹な数の論理だった。

 それほど熱くなる議長争い。県議からは「発言に重みは出るし、一目を置かれる」との声と、「ただの人事」と切り捨てる意見がある。三日現在、県議会(欠員二)の構成は県会自民十八人、公明一人に対して三会派は十九人と同数。

 両グループとも議長ポストに魅力を感じているが、それを握れば多数決で負ける。第三幕の九月議会では新たな多数派工作が展開されるのか、それとも“狂騒曲”が繰り返されるのか。

  × × × ×

 議長人事は県議会だけでなく、他の市町議会でも紛糾が時折ある。議会の「顔役」の座を射止めようと、活発な動きが見られるほどだ。それと同様に議会が熱を入れるのが、政務調査費などをはじめとする議会の透明化だ。第五部ではそんな「議長の椅子(いす)」や「政務調査費」「開かれた議会」をめぐる攻防と議員たちの姿を追う。

116 千葉9区 :2009/01/10(土) 00:52:06
http://www.chunichi.co.jp/kenmin-fukui/article/gikai/list/200809/CK2008090602000230.html
県議長選の混乱(下) 対立引きずる自民系
2008年9月6日

第5部 ポストとカネ 2

 ◆分裂と統合 

 紛糾した県議会初日の余熱が冷めやらぬ七月二日、福井市中心部に自民系の県議が続々と集結した。洞爺湖サミットを控え、環境問題への関心を求めて国会議員が熱弁を振るう。自民党県連の街頭活動だが、出席者の大半は自民新政会と一志会のメンバーで、最大会派・県会自民から姿を見せたのはわずか二人。このアンバランスは何を物語るのか。

 会派の枠にとらわれないはずのイベント。しかし、議長選での対立を引きずっていた。「基本的に是々非々でやればいいのに。こういうのはいやだな」。県会自民の県議は寂しそうに話した。

 自民系会派の分裂は一年以上続いている。昨年五月、“挙国一致体制”だった自民新政会から、ほぼ三分の二のメンバーが脱会して県会自民を旗揚げ。さらに年末には、この二会派と無所属議員の計三人が参加する形で一志会が誕生。県民連合の一人も合流し、自民系は統合どころかさらに細分化した。

 ◆募る危機感 
 分裂状態で迎えた昨年七月の参院選。全国的に民主が議席を伸ばす中、本県は自民公認候補が議席を死守した。これを引き合いに、自民新政会の幹部は「分かれていても大丈夫だった」と楽観的な態度を崩さない。

 これに対して県会自民の幹部は「(自民系の)統合をしないといけない」と危機感を打ち明ける。それは県議会内だけの問題ではない。「年内にも」と風雲急を告げる衆院選を見据えるからだ。

 ◆見えぬ先行き 
 「参院選では(県議の動きが)かなりぎくしゃくしていた」。県会自民の幹部の印象を裏付けるように、県会自民の県議も証言する。「選挙中(二会派は)完全に行動が別だった」

 これまで自民新政会と手を組む形できた県民連合のある県議は「統合はない。(自民系の関係は)深刻だよ」と平然と言ってのけた。

 分裂のままか、統合か。解散風を気にしながら、関係者の動きは慌ただしさを増している。

117 千葉9区 :2009/01/10(土) 01:06:34
自民 高岡市議会の会派分裂

http://knp01.kitanippon.co.jp/contents/knpnews/20080527/12187.html
4役分け合い決着 自民高岡市連、5カ月遅れで新体制
2008年05月27日 07:47

 自民党高岡市連(支部長・横田安弘県議)は二十六日、高岡市の高岡商工ビルで総会を開き、先送りとなっていた役員人事などを了承した。高岡市議会の主導権争いをめぐり、昨年末に自民会派が自民クラブ、自民高岡(現自民高岡・新市民クラブ)に分裂したあおりで迷走していた役員人事は、幹事長、総務会長、政調会長、事務局長の四役を両会派から二人ずつ選び、委員長ポストの一部を議員以外から登用する折衷案で、総会当日にようやく合意した。例年年末に発足する新体制が五カ月余り遅れ、三十一日の同党県連大会の五日前に固まるという異例の事態となった。

 二十六日の協議は正午すぎから市連副支部長の県議四人、両会派の代表者が集まり、断続的に行った。

 その結果、前回十四日の役員会で提案され、大筋で了承されていた幹事長の磨伊義広自民ク相談役(67)=五期=が留任し、新たな総務会長に向栄一朗自民高岡・新市民ク幹事長(55)=四期=、政調会長に盤若進二自民ク幹事長(58)=三期=、事務局長に酒井立志市議(53)=自民高岡・新市民ク、一期=が四役となる案に、新たに遊説委員長は曽田康司市議(44)、広報委員長は金森一郎市議(38)=ともに一期、自民ク=が就き、組織、財務委員長は議員以外の一般党員を充てることで最終的に合意、午後六時から八役会、午後六時半から総会を開催した。

 市連の人事は、県議が支部長、副支部長となり、これまでは自民クの会長、幹事長、政調会長があて職で市連の幹事長、総務会長、政調会長に就くのが慣例だった。昨年十二月に自民クが会長ポストをめぐって分裂した後、市連人事の調整は三月に自民党員以外の市議と会派を組んだとして、支部長らが畠起也自民高岡・新市民ク会長(55)=五期=の政調会長解任手続きを行ったことが新たな火種となり、役員会も開けない状態となり、先送りされていた。

 総会で横田支部長は「いろいろと経過はあったが、乗り越え、一致協力して前進したい」と訴えた。来賓の野上浩太郎前参院議員が祝辞を述べ、橘康太郎市連常任顧問があいさつした。

 ▽組織委員長 松嶋浩二▽財務委員長 西村博邦

118 千葉9区 :2009/01/10(土) 01:07:08
■溝の深さ浮き彫り
 調整が難航していた自民党高岡市連(支部長・横田安弘県議)の役員人事は二十六日、総会開会の約三十分前にようやく決着した。市連役員人事が混迷する発端となった高岡市議会の主導権争い。総会では一致団結を誓い合ったものの、総会の流会という最悪の事態を防ぐ意味合いから一時的に合意したとの見方が強い。同市連の有権者に占める党員の比率は県内支部で最低であり、執行部は党勢の拡大とともに、今秋の知事選、次期衆院選に向けた体制づくりを急ぐ方針だが、直前まで人事が決まらない異例の事態は、両会派間の溝の深さを浮き彫りにした格好だ。

 役員人事がこじれたのは、昨年十二月の市議会最大会派・自民クラブの分裂が発端。自民ク会長ポストをめぐって衝突し、自民ク八人と自民高岡十人に分かれた。両会派のメンバーは国会議員や県議の系列とは言い切れず、市を二分した平成十六年の市長選の構図でもなく、複雑だ。

 その後は副議長人事をめぐる多数派工作、自民党員以外三人を含む新会派「自民高岡・新市民ク」の結成で、対立が深まった。現在、自民クが十二人、党員以外の三人を含む自民高岡・新市民クが十人。

 市連人事では自民クが主要ポストを担う案もあったが、自民高岡・新市民クが反発し、四役を両会派で分け合う折衷案が浮上。十四日の役員会で一応了解されたが、自民クを離脱した畠起也自民高岡・新市民ク会長の市連政調会長解任の手続きを支部長らが勝手に行ったとして「私は手をたたいて了承していない」と反発する声が上がり、中途半端なまま時間切れとなった。

 その後、水面下で協議されてきたが、まとまらないまま総会当日の二十六日を迎えた。この日は正午すぎから副支部長を務める県議四人と両会派の代表が断続的に協議。自民クは主要ポスト独占を主張したものの、自民高岡・新市民クも譲らず、膠着状態となった。高岡商工ビルでの総会開会の時間が迫る中、流会という事態を避けるため最終的には両会派が歩み寄り、四役を分け合い、委員長ポストは自民クの若手と議員以外が担うことでバランスを取った。両会派がそれぞれ会合を開いて受け入れを決め、総会開始三十分前の午後六時から開いた八役会で最終決定した。

 表面上は一致団結する形が整ったが、市議会では会派は分裂したまま、前市連政調会長の解任をめぐる手続き問題も〝灰色決着〟の状況だ。「党員以外と会派を組む自民高岡・新市民クが衆院選や知事選でどう対応するか、注視すべきだ」(市連幹部)との声もあり、対立は根深い。

 総会では、市連の平成十九年度の党員数が千三百六十六人で、有権者に占める割合は0・98パーセントと報告された。県内地域支部の平均2・67パーセントを大きく下回る最下位で、立て直しが待ったなしだ。

 支部長を中心とする新執行部は総会で一致団結をアピールしたが、今秋の知事選、激戦が予想される次期衆院選富山3区の公認問題、選挙態勢をどのように乗り切っていくのか、高岡市議会の主導権争いの行方とも絡み、不透明な要素が数多く残っている。(西嶋伸一高岡支社編集部記者)

119 とはずがたり :2009/01/10(土) 02:24:00
>>117-118
逆に複雑すぎて衆院選とは関係なく対立してる感じですかねぇ。
それにしても社民強い。。
>両会派のメンバーは国会議員や県議の系列とは言い切れず、市を二分した平成十六年の市長選の構図でもなく、複雑だ。

高岡市議会
議員紹介[会派別]
http://www.city.takaoka.toyama.jp/gikai/meibo2.html

■自民クラブ(12人)
金森 一郎 曽田 康司 青木 紘 水口 清志 大井 正樹
盤若 進二 舘 勇将 二上 桂介 磨伊 義広 山沼 茂敏
大井 弘 柳清 利勝      

■自民高岡・新市民クラブ(10人)
尾崎 憲子 狩野 安郎 酒井 立志 川島 国 四十九 清治
梅田 信一 高畠 義一 荒木 泰行 向 栄一朗 畠 起也

■社民クラブ(5人)
野上 達夫 石須 大雄 上田 武 島村 進 松崎 義彦
■公明党(2人)
樋詰 和子 杉森 利二
■日本共産党(2人)
南部 周三 金平 直巳

120 千葉9区 :2009/01/10(土) 13:40:55
>>32>>35>>47
2008年11月20日
自民最大会派を維持 南砺市議会、「分裂」市長選の混乱回避
 南砺市長選をめぐって、当選した前市議の田中幹夫氏(47)=無所属、利賀村上畠=と、敗れた前副市長の清都邦夫氏(65)=井波(八日町)=の支援に分かれていた自民系市議27人が1つの会派でまとまり、最大会派を維持して行動することが19日までに固まった。分裂の可能性もはらんでいたが、双方を支援した市議らに政策的な違いがほとんどなく、同日、同市福光庁舎で開かれた議員懇談会で当面の混乱を回避することで思惑が一致。議会役員人事では、議長は水木猛氏(68)=自民2期(旧町3期)、桐木(福野)=が続投するなど、議長経験者らを重要ポストに置いて議会運営の円滑化を図り、田中新市長の出方をうかがいながら是々非々で対応していく構えだ。

 南砺市長選では、自民党南砺市連合支部が「自主投票」を決めたことから、利賀、福光、城端地域の複数の市議が田中氏を支援し、井波、福野地域の市議団らは清都氏の支援に回ったほか、中立を保つ市議もいた。同日選で行われた市議選で当選した自民系市議が改選を機に、田中氏支持派と反田中氏派に分裂する可能性もあった。

 組織議会を前に、各地域の自民系市議が対応を協議。「市長選と会派構成は別問題」「田中新市長の政治スタンスを見極めたい」などの意見が多かったほか、今回の改選で同市議会で初めて共産公認の市議が誕生したことへの警戒感が強まったこともあり、自民党会派一本化の流れができ上がった。

 旧町議の当選回数で最多の且見公順氏(55)=無所属2期(旧町4期)、山本(福光)=を会派会長に据え、議長人事では経験を重視することで一致。今回の改選では、議長経験者2人が引退し、1人が落選したために水木氏に白羽の矢が立った。同市議会では1年ごとの私約交代が慣例となっていたが、異例の続投を了承することでまとまった。

 且見会長は「市長選の結果によって会派を割る必要はない。お互いに譲るところは譲り合ってベストな選択ができたと思っている」と強調。ただし、田中氏の所信表明の内容次第では新たな反発が起きる可能性もあり、目が離せない状況が続きそうだ。(奥田裕之南砺総局長)
http://kitanippon.group.nanto-e.com/detail-7038.html

121 とはずがたり :2009/01/11(日) 00:32:26

2新人無投票当選 焼津市選挙区県議補選
01/10 07:59
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090110000000000016.htm

 前県議2氏の辞職に伴う焼津市選挙区(欠員2)の県議補選は9日午後5時で立候補の届け出を締め切り、ともに元同市議で無所属新人の中野弘道氏(51)=自民推薦=と大塚善弘氏(56)=民主推薦=の無投票当選が決まった。
 中野氏は前県議八木健次氏と同様に自民党の支援を受け、大塚氏は市長に転身した前県議清水泰氏の地盤を引き継いだ。
 両氏の任期は平成23年4月29日まで。

新県議の略歴
 中野 弘道氏(なかの・ひろみち)焼津市出身。明治大卒業後、衣料問屋勤務を経て家業の洋品店を継いだ。平成15年に市議初当選。同20年2月から副議長。2期目途中で今回選に。焼津市駅北。

 大塚 善弘氏(おおつか・よしひろ)藤枝市出身。東京農大卒業後、県青年団連絡協議会事務局、薬品会社勤務を経て酒販店経営。平成11年市議初当選、3期目途中での転身。焼津市中新田。

122 千葉9区 :2009/01/12(月) 00:28:44
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/niigata/news/20090109-OYT8T00098.htm
津南町議会「逆質問」導入
 津南町議会は3月定例会から、町長ら執行部側が一般質問した議員に逆質問できる「反問権」を導入することを決めた。政策提言など活発な議論を促すのが狙い。反問権を取り入れるのは、県内自治体の議会では初めて。議会改革に取り組む藤ノ木富有議長(67)が議会運営委員会に導入を提案。取り扱いを一任された藤ノ木議長が素案を作り、昨年12月の全員協議会で承認された。

 反問権は、町議会の申し合わせ事項として規定し、本会議の一般質問にだけ導入する。対象は町長、教育長らで各課長には認められない。議員からの一般質問に対して反問を申し出て、議長が許可する。反問は一つの質問に対し原則1回とし、必要に応じて3回まで認められる。

 藤ノ木議長は「議会で十分な議論が尽くされていないと感じ、反問権導入のタイミングを計っていた。逆質問があるとなれば、議員にはより入念な準備が必要になる」と話している。

(2009年1月9日 読売新聞)

123 とはずがたり :2009/01/12(月) 00:50:15
>>122
確か津南町は合併せずを貫いて頑張ってる所ですね。

124 千葉9区 :2009/01/14(水) 21:37:06
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090114k0000e010076000c.html
名古屋市長選:新たな候補浮かばず 民主国会議員ら初協議
 民主党の愛知県選出国会議員が14日午前、国会内で議員団会議を開き、4月に実施される名古屋市長選の対応を協議した。同党の候補者選びは、擁立を目指した同市教委教育次長に出馬を固辞され白紙に戻ったが、出席者によると、会議では県連代表の伴野豊衆院議員がこれまでの経緯を報告しただけで、新たな候補者名は出なかった。

 伴野氏のほか議員団長の佐藤泰介参院議員、県連選対委員長の大塚耕平参院議員、愛知1区の河村たかし衆院議員らが出席した。伴野氏は、教育次長擁立を断念したことを説明し、「引き続き市議団と県連が一体となって候補者の擁立を目指す」などと述べた。

 名古屋市長選で、民主党県連が国会議員団会議を開くのは初めて。出席者によると、候補者に関する具体的なやりとりはなく、佐藤氏は終了後、記者団に「相乗りでない候補を探す」などと話した。

 市長選を巡っては、党内の一部から前回市長選で出馬に意欲をみせた河村氏を推す声が出ている。県連は今月中には候補者を決めたいとしている。【月足寛樹、影山哲也】

125 千葉9区 :2009/01/14(水) 21:55:20
http://mytown.asahi.com/toyama/news.php?k_id=17000000901140003
【富山】各選挙、激戦の様相
2009年01月14日

衆議院選、4町村選、7市長議員選


定数・区割り変更



 今年は9月に任期満了を迎える衆院選に加え、4市町で首長選、7市町で議員選が予定されている。富山、高岡、射水の3市は、市町村合併から2度目の市長選で、合併後の市政運営が争点になりそうだ。定数や区割りが変更になる議員選も多く、激戦が予想される。




 次期衆院選の富山1区は、元法相で自民現職の長勢甚遠氏に、比例復活した民主現職の村井宗明氏が3度目の挑戦。共産は新顔の佐伯めぐみ氏を擁立した。


 2区は、自民現職の宮腰光寛氏に、社民新顔の藤井宗一氏が挑む。


 3区は、国民新代表で現職の綿貫民輔氏が比例区への転出を表明し、与野党ともに公認候補が絞り込めていない状況が続いている。自民は、現職萩山教厳氏、前職の橘康太郎氏、県議で新顔の柴田巧氏が立候補を表明。党3区支部の県議らは、橘氏の長男で高岡市長・慶一郎氏の擁立で一致し、立候補を要請した。柴田氏はこの方針を批判し、7日に無所属で立候補する意思を明らかにした。慶一郎氏は、進退について明言していない。民主、社民は連合富山の要請で統一候補を模索するも不調に終わり、それぞれ独自に擁立を検討している。


 11ある地方選挙のうち、富山、高岡、射水の3市で市長選。砺波、高岡、射水の3市議選は旧自治体別の中選挙区から、全市1選挙区に変更される。


 富山市長選には、森雅志市長が昨年12月の市議会で立候補を表明。県労連などでつくる団体も候補者を擁立する方針。公共交通の利便性向上など「まちづくり」の進み具合が検証されそうだ。市議選は旧富山市(定数32)、旧町村(同10)の中選挙区で実施。


 上市町長選では、前回無投票で3選した伊東尚志町長は今のところ、態度を明らかにしていない。


 高岡市長選は、橘市長が衆院選に立候補した場合、後継候補が注目される。市政課題は中心市街地活性化策など。市議選は政治団体を結成した元県議の向井英二氏が複数の候補者擁立に意欲を見せる。


 射水市長選は、分家静男市長が昨年12月市議会で立候補を表明。統合新庁舎の建設問題などが争点になりそうだ。

126 千葉9区 :2009/01/17(土) 10:35:13
≪名古屋市長選の途中経過≫
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1225003015/69
与党他会派に動揺 名古屋市長選・民主が山田次長擁立へ
2008年12月1日
>民主党県連が山田哲郎・市教育次長(54)を軸に候補者擁立を進めると決めた
>「組合出身(の山田次長)ではうちは絶対にのれない」「けんかの始まり。第2、第3ラウンドがある」。自民の一部幹部は匿名を条件に、独自候補の擁立もにおわせた。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1225003015/108
名古屋市長選 民主、山田氏擁立を断念
2009年1月3日
今春の名古屋市長選で、民主党は2日、山田哲郎・市教育次長(55)への出馬要請を断念したと明らかにした。
山田氏本人も「相乗り」の構図を重視し、出馬の打診を固辞したとみられる。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1225003015/124
名古屋市長選:新たな候補浮かばず 民主国会議員ら初協議
2009/01/14(水)
新たな候補者名は出なかった。
党内の一部から前回市長選で出馬に意欲をみせた河村氏を推す声が出ている。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1146286762/7375
河村氏が名古屋市長選に出馬へ 小沢代表が推薦容認
2009年1月15日 夕刊
>同県連は河村氏擁立に動き始めるが、河村氏の持論の市議の給与引き下げなどの政策ビジョンに、市議団の反発も予想される。
>愛知1区の民主党後任候補は、佐藤夕子愛知県議(46)=名古屋市東区=が有力視されている。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1146286762/7381
名古屋市長選、河村氏が意欲 「誰も出ないなら自分が」
1月15日午後8時13分
>河村氏は14日、都内で開かれた県連の国会議員団会議で、難航している市長選の候補擁立に関し「誰も出ないなら自分が出る」と発言。小沢一郎代表も市議団がまとまれば党推薦を容認する意向という。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1146286762/7389
民主市議団が河村氏推薦に反発 名古屋市長選
2009年1月16日 朝刊
>反発する市議団は逆に、市内に事務所を構える50代の男性弁護士に出馬を要請した事実を告げ、紛糾した。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1146286762/7391
選挙:名古屋市長選 民主・河村たかし氏が立候補の意向
2009年1月16日
>同党名古屋市議団は同日、これに反発する形で元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦弁護士(55)の擁立を目指す方針を確認

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1146286762/7405
名古屋市長選に伊藤氏が出馬意向 弁護士、民主市議団が要請
2009年1月17日 朝刊
>今春の名古屋市長選に向け、民主党市議団が出馬を要請した弁護士で、元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏(55)=名古屋市東区=が16日、出馬の意向を明らかにした。
>同党の小沢1郎代表が推薦を容認した河村たかし衆院議員(60)も、出馬の準備を進めており、“ねじれ選挙”になる可能性もある。

127 とはずがたり :2009/01/17(土) 10:49:16
>>126
あざーすヽ(´ー`)/
こっちに転載しなきゃなと思ってた所でしたんで助かりましたm(_ _)m

128 千葉9区 :2009/01/17(土) 11:14:38
>公明党市議団も今後、対応を協議する方針で、林孝則団長は「(伊藤氏なら)相乗りの可能性が100%ないわけではない」と話した。

http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/090117_5.htm
名古屋市長選 民主、分裂の可能性
自民、公明 相乗りに含み
 4月に予定されている名古屋市長選で、民主党の候補者選びが混迷を深めている。同党衆院議員の河村たかし氏(60)(愛知1区)が出馬の意向を示したことに、同党市議団が反発、弁護士の伊藤邦彦氏(55)の擁立を決め、「分裂選挙」になる可能性も出てきた。

 河村氏は「地方議員のボランティア化」「市職員の給与大幅カット」など、独特の政策をアピールしてきた。出馬すれば、このような公約を掲げるとみられるが、市議団は以前から「現実的ではない」などと反発を強めていた。

 同市議団は16日、緊急の役員会を開き、17日に伊藤氏擁立を正式に決め、県連に伝える方針を確認した。終了後、佐橋典一団長は「我々の候補者選びの最終段階に入った時点で河村氏の名前が挙がり、驚いている」と話した。

 河村氏は16日、読売新聞の取材に、「(出馬を表明した後に撤回した)4年前とは違う。国会議員がこのような決断をするのは大変なことで、相当な思いでやっている」と話し、出馬に強い意欲を示した。

 一方、同党市議団幹部も「河村氏は衆院選の候補ではなかったのか」「市議団としては伊藤氏がベストだと考えている」としており、一歩も引かない構えだ。

 過去の市長選で相乗りを続けてきた自民、公明両党の方針は、まだ固まっていない。

 16日に緊急幹部会を開いた自民党愛知県連の大村秀章会長は、独自候補について「腹づもりはある」と述べたが、寺西学会長代理は「河村氏では乗れない」としつつ、「国会での与野党対立の構図を名古屋市に持ち込む必要はない」と述べ、相乗りに含みを残した。公明党市議団も今後、対応を協議する方針で、林孝則団長は「(伊藤氏なら)相乗りの可能性が100%ないわけではない」と話した。



(2009年1月17日 読売新聞)

129 とはずがたり :2009/01/17(土) 11:40:02
河村氏も長島氏と同じ様なパフォーマンス政治家の匂いがしますもんねー。
はてさてどうrなりますやら。地方議員のボランティア化は現実的でないし,撤回したらぶれたと云われるし難しいですな〜。
河村氏が民主推薦で出て伊藤氏が自民・公明・連合で出て白黒着ければいいのかも。

130 千葉9区 :2009/01/17(土) 12:07:43
>>129
河村が自爆発言:「誰も出ないなら自分が」して、
伊藤が出馬の意向であるし、
小沢も市議団がまとまるなら出馬容認(この「容認」って表現も肝ですよね)
(→まとまらないなら認めない とも言えます)

つことで、河村は断念するんじゃないですかね?

131 名無しさん :2009/01/17(土) 12:27:46
選挙:名古屋市長選 民主・河村氏出馬へ 好機の読み外れ−−党県連は市議団重視
http://mainichi.jp/chubu/archive/news/2009/01/16/20090116ddq041010016000c.html

 民主党の河村たかし衆院議員(60)が名古屋市長選に立候補する意向を固めた背景には、同党の候補者探しが難航する中で、出馬の環境が整いつつあるとの判断があったとみられる。だが、有権者への人気とは裏腹に、急進的な政策と一匹オオカミ的なキャラクターが生じさせた党組織との亀裂は深い。足元の市議団が対抗馬擁立方針を決めるなど、名古屋市長選は一気に波乱含みとなってきた。【影山哲也、丸山進】

 河村氏は「総理をねらう男」をキャッチフレーズに、独特の政治姿勢を取ってきた。党代表選への挑戦もその一つだが、1月初旬、毎日新聞の取材に「次の代表選も(出馬に必要な)20人(の推薦人)が集まるかどうか分からんしなあ」とぼやくなど、必ずしも中央で活躍の場に恵まれていたわけではない。

 河村氏自身「民主党が政権を取ったところで大臣のお鉢は回って来ない」(同党関係者)状況はよく分かっており、地元・名古屋の市長選は現実的な選択肢として常に念頭にあったようだ。そこへ党愛知県連の候補者選びの迷走が起こり「市長選に意欲があるのは、もはや河村さんしかいない」(河村氏周辺)という絶好のチャンスが生まれた。

 ただし、河村氏としても地元の「納得感」が得られなければ、自らの立候補が党組織の分裂を招きかねない。このため関係者によると、14日に国会内で開かれた愛知県選出の党国会議員団会議で出馬の意思を内々に示したうえで、夕方には名古屋で市議団と話し合う手順を踏んだ。だが、結果として市議団幹部が「河村さんが目指すのは市長じゃなく総理」と皮肉るなど、地元の理解を得られるには至っていない。

 県連の杉岡和明幹事長も「候補者選定は市議団の意向が第一」としており、市議団は河村氏出馬説が流れるやいなや、それをバネにして擁立候補を固めてしまった。

 今後の焦点は、党として候補を一本化できるかだが、失敗すれば政権交代を目指す衆院選を前に、党組織に深刻な亀裂を生みかねない。同党の鳩山由紀夫幹事長も「県連、市議団にすべてお任せしている」と述べており、河村氏にとって極めて厳しい状況となる可能性もある。
 ◇自民、公明にも波及

 河村たかし衆院議員が出馬した場合、過去24年にわたって共産党を除く与党相乗りが続いた名古屋市長選は、その様相を変える可能性がある。民主党内の候補者調整とともに、自民、公明両党がどう動くかが焦点だ。

 「自民党の市議団を見ているともどかしい」。同党県連会長代理の寺西学県議は、なお民主党との相乗りを模索する市議団への失望を隠さない。県連は民主党が河村氏を推薦すれば相乗り不能となるため、16日に対応を協議するが、具体的な展望はないようだ。

 自民党名古屋市議団は2年前に内紛で分裂し、市長選への同一歩調を名目に最近、再合流を決めた。しかし現実は「今も一体感はない」(同党愛知県議)のが実情。

 こうした状況に、市議団の対応に疑問を呈する寺西氏も「中央政界と同じ構図で戦わないといけない理由はない」と、独自候補擁立をあきらめざるを得ないかのように話す。

 結局、同党は「民主が本当に河村氏をやるかは分からない。民主の決定を見てから態度を決めればいい」(小林功・党県議団長)と相乗りのチャンスを待ち続けており、相乗りが不戦敗に変わるだけで終わる可能性もある。

毎日新聞 2009年1月16日 中部朝刊

132 名無しさん :2009/01/17(土) 12:29:20
伴野氏が動いていたんですね。

選挙:名古屋市長選 民主、一転泥仕合 河村氏意欲、伊藤氏流れに「待った」?
http://mainichi.jp/chubu/archive/news/2009/01/17/20090117ddq041010004000c.html

 ◇「小沢氏容認」も決断を後押し

 4月の名古屋市長選を巡り、民主党が揺れている。地元選出の河村たかし衆院議員(60)が出馬の意思を固めたと同時に、名古屋市議団による県弁護士会元副会長の伊藤邦彦弁護士(55)擁立が急進展、17日に正式決定する段取りとなった。調整役不在の中、泥仕合の様相も呈してきた。【影山哲也、丸山進】

 これまでも、候補者選びの陰の主役は河村氏だった。前回の市長選で出馬表明した経緯から、その意欲は周知の事実。急進的な議会改革を公言する河村市長が誕生すれば混乱は必至との思いから、民主市議団も「河村氏を出馬させないための候補者探し」を続けてきたと言っていい。

 だが、本命だった市教委幹部から年明けに立候補を固辞され、空気が変わり始めた。今月13日、市議団幹部が県連の伴野豊代表に電話を入れる。

 「タマ(候補者)がいないんですよ」

 懸命に探したが見つからない。これを受け、伴野氏は河村氏擁立に動き、小沢一郎代表に候補不在の現状と河村氏の意欲を伝えた。

 「地元がいいなら(河村氏で)いい」

 同党の県連関係者によると、小沢氏はそう話し、これを聞いた河村氏サイドは「出馬容認」と受け取った。

 だが、実はその数日前から、ある県議が独自ルートで伊藤氏への接触を図っていた。同氏は民主党を支持する自治労愛知県本部の顧問弁護士。この経緯を知る関係者は「河村氏の動きが表面化する前に前向きな回答を得ていた」という。

 14日午後、名古屋市内のホテルで開かれた県連主催の政治資金パーティー。河村氏が次期衆院選の候補者として紹介される一方、市議団幹部は同じ会場の一角で、伊藤氏とひそかに出馬を前提にした面談をしていた。

 そして15日。メディアの取材で河村氏の出馬説が表面化すると、市議団は一気に伊藤氏擁立へと動く。

 ある県議は「大人げないと言われかねず、反発が出ないか心配だ」と話すが、16日に市議団の役員会で擁立を確認し、17日には団総会で正式決定する運びだ。

 河村氏は16日夜、毎日新聞に対し、「4年前のようにはならない。相当な覚悟を持っている」と語った。4年前とは出馬を表明した後、断念した経緯を指す。伊藤氏も「前向きに検討している」と話した。

 そもそも、なぜ二つの動きが同時に表面化したのか。県連関係者は「伊藤氏の擁立が決まれば完全に流れができる。これを察知した河村氏が勝負をかけたのではないか」と解説してみせた。
 ◇自民は静観

 一方、自民党県連は16日、幹部が対応を協議し、民主党の動向を見守ることを申し合わせた。県連会長の大村秀章衆院議員は「中央は政党同士が戦っているが、地方には市民本位の観点もある」と、従来通り相乗りの可能性にも言及した。

毎日新聞 2009年1月17日 中部朝刊

133 名無しさん :2009/01/18(日) 02:24:45
「総理狙う男」は国政で 民主、河村氏浮上で急転直下
2009年1月18日 朝刊

 名古屋市長選の候補者選びに揺れる民主党。市議団は17日、伊藤邦彦弁護士(55)の擁立を決めたが、党本部の推薦までたどり着くかは、なお不透明。市議団の幹部は伊藤氏の擁立に成功しても、自民、公明との相乗り選挙は見送る意向を強調した。

 「『総理を狙う男』には市議団の総意として、国政の場で頑張ってほしい」。市内のホテルで開いた市議団会議で伊藤氏の擁立を決めた後、市議団の奥村文洋選対本部長が語った。『総理…』は、ねじれを演出しているもう一人、河村たかし衆院議員(60)のこれまでのキャッチフレーズ。

 奥村氏によると、自治労愛知県本部の幹部から「前々から政治に関心を持っている」として、同団体の顧問弁護士である伊藤氏を紹介された。「民主単独の推薦でも出馬したい」との言葉も決め手になったという。奥村氏は、自公が相乗りを模索してくることは「ありえない」とし、「もしあっても、本人は受けない」と付け加えた。

 市議団会議には伊藤氏も加わったが、大半が初対面で、幹部ですら数日前に会ったばかり。河村氏の名が浮上したために、急転直下、政治手腕や人となりも未知数な新人の擁立を決める“拙速さ”に、戸惑いを隠せない市議もいた。

 それでも伊藤氏の擁立は「全会一致」で決まったといい、河村氏としては追い込まれた形だが、党関係者の一人は「河村氏の人気の高さは認めないといけない。県連、党本部も簡単に伊藤氏で一本化するとは考えにくい」と話した。与党会派の枠組みを重視する公明の林孝則市議団長は「3党で組むのが一番良い」となお、含みを残し、自民の渡辺義郎市議団長は「不戦敗という訳にはいかない」と独自候補の擁立にかじを切る姿勢も示した。

http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009011802000056.html

134 名無しさん :2009/01/18(日) 02:26:10
民主市議団が伊藤氏擁立を決定 名古屋市長選
2009年1月18日 朝刊

 今春の名古屋市長選で、民主党の市議団は17日、市議団会議を開き、元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦弁護士(55)の擁立を正式に決めた。党としては、出馬に前向きな同党の河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=との調整を図るが、一本化までは難航しそうだ。

 市議団の決定は同日、党愛知県連の選対会議に報告された。党の新人候補の全員を対象とする「身上調査」も済んでいないことなどもあり、県連の結論は持ち越した。次の県連幹事会は今週末にも開くが、党本部に審判を委ねる可能性もある。

 市議団会議には、伊藤氏も出席し「教育予算や環境の充実」「防災防犯安全都市宣言」など自らのビジョンを示した。弁護士としては雇用関係法や相続法が専門という。報道陣には「(正式表明などすべて)最終的に党が決める」と述べた。

 一方、河村氏は「不退転の決意で臨み、名古屋にご奉公させていただきたい気持ちに変わりはない。(ねじれの現状が)市民不在になってはいけない」と本紙に語った。

 同市長選には、愛知県商工団体連合会の太田義郎会長(64)が共産党などでつくる市民団体の推薦を受け、出馬を表明している。

http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009011802000048.html

135 名無しさん :2009/01/18(日) 05:29:18
ホーム>地域>石川

保守陣営二分一騎打ちへ 
能美市長選25日告示

 任期満了に伴う能美市長選は25日、告示される。再選を目指す現職の酒井悌次郎氏(75)と元県議の新人、吉田歳嗣氏(70)が立候補を表明しているが、元々自民党に所属する両氏は、衆院選では森元首相の陣営幹部。市長選の「保守分裂」の構図は、結果を問わず、次期衆院選での自民党への影響が避けられないとみられる。
 能美市は森氏の出身地で、前回衆院選では、石川2区の中でも特に高い約67%の得票率を収めた。森氏の支持層には酒井氏、吉田氏双方の支持者が含まれるため、市長選で両氏が激しくぶつかり合い、森氏陣営内部にしこりを残せば、能美市だけでなく、自民党の「牙城」だった2区全体への“悪影響”は必至だ。
 両氏は吉田氏の県議選、酒井氏の町長選で、互いに後援会長を務めるほど、深い関係にあった。酒井氏は「親しい間柄だっただけにこういう形になり残念」と話す一方、吉田氏は「保守派の仲間割れという見られ方は好まない。あくまで自分が市を良くしたいという思いから出馬した」と強調する。
 森氏は自民党寺井支部の支部長を務める酒井氏支持を表明。市議会の自民系2会派も酒井氏を支持しているが、酒井氏は選挙では自民色を鮮明にせず、自らを「市民党」と名乗る。市政報告会を兼ねたミニ集会を頻繁に開き、幅広い層からの票の掘り起こしを狙っている。
 吉田氏も無所属で出馬する意向で、県議時代の支持者を中心に自らの足で回る“草の根選挙”に撤する構え。後援会幹部の一人は「吉田氏の人柄、情熱を訴え、地道に支持層を増やしたい」としている。
 衆院選石川2区で新人の田中美絵子氏(33)を擁立し、森氏と激突する民主党にとっては「森氏のおひざ元での仲間割れは間違いなく民主党への追い風になる」として、市長選には独自候補を擁立せず、「保守分裂」を静観する構えだ。
 地元の沢田貞県議は「民主支持層は市長選と衆院選は別と割り切っている」と話し、市長選の結果にかかわらず、衆院選での民主支持層の動向に影響はないと自信を見せている。

(2009年1月18日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ishikawa/news/20090117-OYT8T00949.htm

136 千葉9区 :2009/01/18(日) 16:04:48
=愛知10区=
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20090117ddlk23010410000c.html
選挙:岩倉市長選 無所属新人3氏、選挙戦の公算−−あす告示 /愛知
 現職の石黒靖明氏(68)が今期限りの引退を表明。元会社員の浅田光治氏(65)=共産推薦=と、ともに前市議の片岡恵一氏(59)、三輪佳幸氏(67)の無所属新人による三つどもえの選挙戦になる公算が大きい。

 浅田氏は「みんなでつくる民主市政の会」が母体。片岡氏は地元県議と市議会の自民系会派「活政会」が、三輪氏は石黒市長と自民系主体の市議会最大会派「新政会」が支援する。5期20年にわたる石黒市政後にどのような街づくりを進めるかが問われそうだ。

 また、同じ日程で行われる市議補選(改選数2)には、元市議の塚本秋雄氏(57)=民主=と、ともに新人の元会社員、大野慎治氏(40)=無所属=と不動産賃貸業、柴田昌明氏(43)=同=の3人が立候補の準備を進めている。【井上章】

毎日新聞 2009年1月17日 地方版

〜市議会〜
新政会:7
日本共産党岩倉市議団:4
活政会:3
公明党:2
〜07年県議選〜
岩倉市 定数1−候補2 (選管確定)→惜しいね。。
得票数(得票率) 氏名 年齢 党派 新旧 当選回数 代表的肩書
当 7,838(52.1%) 石黒 栄一 62 自民=公明 新 1 空手教師
□ 7,212(47.9%) 塚本 秋雄 55 無所属=民主 新 市体協顧問

137 千葉9区 :2009/01/18(日) 16:48:26
http://mainichi.jp/chubu/newsarchive/news/20090118ddq041010011000c.html
選挙:名古屋市長選 民主、伊藤氏推薦を内定 どうする河村氏
 ◇「不退転の決意」と言うが…出馬なら地元組織分裂も
 4月の名古屋市長選を巡る民主党の候補者選びは、愛知県連選挙対策委員会が元県弁護士会副会長、伊藤邦彦(くにひこ)弁護士(55)の推薦を内定したことで事実上決着した。これを受け、県連は立候補の意思を固めている同党の河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=に対し、出馬しないよう説得するとみられるが、失敗すれば党組織に深刻な亀裂が入る事態となる。

 河村氏は17日、名古屋市議団と県連選対委員会が伊藤氏擁立を決めたことについて「地元が決めたことは決めたこと。私は不退転の決意で戦う」と毎日新聞に語った。

 ただし、河村氏が厳しい状況に追い込まれたのは間違いない。出馬の支えとしていた小沢一郎代表の「出馬容認発言」も、県選出国会議員団長の佐藤泰介参院議員が17日、記者団を前に次のように打ち消した。「代表に確認したが、河村氏の推薦を容認した事実はなかった」

 現時点で真相は定かでないが、小沢氏は08年10月、名古屋市での記者会見で「地元の意向を尊重する」と述べており、同党の愛知県議は「県連が正規の手続きを経て伊藤氏推薦を申請すれば、党本部として拒否できない」との見通しを示す。

 河村氏は民主党推薦を前提に出馬のハラを固めていただけに、状況は一変した。自らの動きが市議団を刺激し、皮肉にも一気に伊藤氏を推薦候補にまとめ上げたとも言える。

 こうした事態を招いたのは、県連に調整役が不在だったこととも無関係ではなく、河村氏が自らの政策実行を掲げ党の除名処分を覚悟で出馬に踏み切れば、地元組織が分裂状態に陥る可能性もある。依然、河村氏の動向が焦点で、市議団幹部は「河村さんは正式に出馬を表明したわけではない。取りやめても傷は付かない」とけん制した。【月足寛樹、影山哲也】

毎日新聞 2009年1月18日 中部朝刊

138 千葉9区 :2009/01/18(日) 16:57:49
>再選を目指す八十出氏は、(中略)出陣式を開いた。約千人の支持者を前に
1000人!?
http://mytown.asahi.com/ishikawa/news.php?k_id=18000000901140003
現新2氏が立候補 内灘町長選告示
2009年01月14日

 任期満了に伴う内灘町長選が13日告示され、無所属現職の八十出泰成氏(61)と、新顔の建設業綱渕里志氏(38)の2人が立候補を届け出た。


 再選を目指す八十出氏は、午前10時から同町大根布3丁目の小浜神社で出陣式を開いた。約千人の支持者を前に町民の町政への参加を進める「内灘まちづくり基本条例」制定を公約し、「環境、教育、福祉に力を入れ、活力ある町づくりに取り組みたい」と第一声をあげた。


 告示直前に立候補を決めた綱渕氏は、同町鶴ケ丘2丁目の選挙事務所前で出陣式。約40人の支持者を前に「町政は、町民にもっと目を向けるべきだ。権力者や有力企業だけの手に握られた(今の)町政を変えたい」と訴えた。


 投票は18日午前7時から午後8時まで町内11カ所であり、同8時50分から町役場1階の町民ホールで即日開票される。大勢が判明するのは午後11時ごろになる見通し。


 12日現在の有権者数は2万1150人。

139 千葉9区 :2009/01/19(月) 21:32:01
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/5329
山中は森本哲生衆院議員の元秘書とのこと。民主公認で県議に当選してます。
=三重4区=
2氏、力強く第一声 松阪市長選
2009年1月19日

 18日告示された松阪市長選には、共に無所属で、再選を目指す現職の下村猛氏(68)と元県議で新人の山中光茂氏(33)が立候補を届け出て、一騎打ちの構図となった。組織戦を仕掛ける下村候補と、草の根で支持を広げる構えの山中候補。対照的な両候補は市内で第一声を放ち、選挙戦に入った。 (我那覇圭、森耕一)

 =上から届け出順

■下村 猛候補(68)無現…一票の重み感じる
市長・県松阪食肉公社長(元)市社協役員・市民病院事務部長・市同和統括監・収納課長▽関学大▽大黒田町

 松阪市大津町の広場で、午前8時半から出陣式。地元選出の自民党・田村憲久、民主党・森本哲生の両衆院議員、周辺市町の首長や市議ら約800人(主催者発表)が駆け付け、勝利を誓った。

 後援会の垂水泰敏会長は「天気晴朗なれど波高し。どうか支援を」と求めた。次々と登壇した支援者も「われわれが有利だという評判もあるが、油断をすると大変なことになる」などと引き締めを促した。

 下村候補は「過去2回の選挙は無投票だったが、今は一票の重みを感じる。必勝とは“必ず勝つ”という意味だが、“必死に勝つ”という気持ちで臨みたい」と強調。支持者らと「ガンバロー」と気勢を上げた後、選挙カーで街宣に出発した。

■山中 光茂候補(33)無新…胸が張れる政治を
医師・松下政経塾員・途上国支援NPO法人医療担当専門員(元)県議・衆院議員秘書▽群馬大▽下村町

 松阪市外五曲町の鈴の森公園で、午前8時半から出陣式。会派に所属しない市議や友人ら約350人(主催者発表)が集まり、特定の組織に頼らずに現市政を変革していくことを誓い合った。

 後援会の中瀬古初美代表は、シンボルカラーの緑に染められたのぼりを横に、ビール瓶のケースを並べた演壇に立ち、「山中は松阪のために働きたいという情熱と行動力、若さにあふれている」と力を込めた。

 山中候補は、約1300億円に上る市の負債や、市内の救急病院が休日と夜間は救急車で搬送された患者しか受け入れない医療体制を批判。その上で「次の世代に胸を張って説明できる政治を実現したい」と訴えた後、街頭に繰り出した。

140 とはずがたり :2009/01/20(火) 03:08:12
<関東・東海・甲信越>長野県

何処やねんと思って調べてみたら下伊那郡北部にあるそうな。
ウィキだと
>大鹿村鹿塩梨原にある葦原神社は明治末期の神社合併でできたが、もともとは本諏訪社といわれていた。諏訪大社の祭神である建御名方神が建御雷神との力くらべに負けて出雲から洲羽(諏訪)に逃げる際に一時的に滞在していたとする説がある。
との紹介があるので諏訪との関係も深いのかも知れぬ。(接してはないけど・・)

選挙:大鹿村長選 柳島氏が初当選 /長野
http://mainichi.jp/area/nagano/news/20090119ddlk20010052000c.html

 任期満了に伴う大鹿村長選は18日投開票され、無所属新人の元村総務課長の柳島貞康氏(57)が、同じく無所属新人で民宿経営の浮島仁子氏(69)を破って初当選した。当日有権者数は1092人(男526人、女566人)。投票率は83・88%だった。

 当選した柳島氏は美しい農山村風景を守り、農林業の活性化、治山・治水対策や道路整備を訴えて幅広い支持を集めた。

 一方、浮島氏は現村政の閉鎖的な手法を批判し、住民福祉の推進と健全財政を主張したが、及ばなかった。【仲村隆】

==============
 ◇大鹿村長選開票結果=選管最終発表

当 806 柳島貞康 57 無新

   89 浮島仁子 69 無新

==============
 ◇大鹿村長略歴

柳島貞康(やなぎしま・さだやす) 57 無新(1)

 農業[歴]村保健福祉課長・総務課長▽飯田長姫高

毎日新聞 2009年1月19日 地方版

141 名無しさん :2009/01/20(火) 11:30:34
2009年1月20日(火)
十和田市長選、衆院選に不安残す

 保守系の三候補者が激しく争い、十八日に投開票があった十和田市長選は、自民、民主両党に次期衆院選への不安要素を残した。地元の江渡聡徳衆院議員(自民)とともに、当選した小山田久氏を支持した民主党市議は、「恩返し」として次期衆院選で江渡氏に協力したいと明言。自民党内にも、市長選対応をめぐる分裂が尾を引く可能性がある。

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2009/20090120110738.asp

142 名無しさん :2009/01/20(火) 11:31:44
>>141
スレ間違えました。。。誤爆。。。

143 千葉9区 :2009/01/21(水) 23:48:04
>>137とか
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090121k0000m010171000c.html
名古屋市長選:自民が独自候補擁立へ 相乗り構図崩れる
 4月の名古屋市長選で、自民党愛知県連は20日、独自候補を擁立する方針を固めた。民主党の単独候補擁立の方針が動かないと判断したためで、公明党とも連携し候補者の選定を進める。これによって、共産党を除く主要政党による相乗り選挙の構図が24年ぶりに崩れる見通しとなった。

 自民党は、県連と市議会自民系2会派の幹部、市医師会など党支持団体の代表らを集めた会合を21日に、週末には県連選対会議を開き候補擁立に向けた具体的な協議に入る。

 市長選を巡っては、民主党が独自候補の擁立を進める一方、自民党は相乗りの可能性を追求してきた。だが年内の衆院選を控え、国政での対立構図を無視できないことから、独自候補擁立に舵を切ることになった。

 民主党は同党の河村たかし衆院議員(60)と元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦弁護士(55)の2人が出馬に意欲を示し、県連は選挙対策委員会で伊藤氏推薦を内定している。自民党には候補者擁立で民主党が混乱すれば、勝機があるとの読みもあるようだ。

 名古屋市長選では、県商工団体連合会会長の太田義郎氏(64)が共産党系市民団体の推薦を受け出馬表明している。【月足寛樹、影山哲也】

144 千葉9区 :2009/01/21(水) 23:52:36
≪石川≫
http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20090121101.htm
県議総定数、4減の方向 自民案軸に最終調整か 22日に検討懇 自民委員7氏確認
 県議会の議員定数削減について、自民は二十日、現在四六の総定数を四減とする方針を決めた。選挙区・定数検討懇談会の自民側委員七氏が会合を持ち、確認した。県議会で過半数を占める最大会派の方向がはっきりしたことで、二十二日に開く検討懇では、自民案を軸に各会派の意見集約が進められるとの見方が出ている。
 二十日は検討懇の福村章会長、稲村建男副会長と、委員を務める石田忠夫県連幹事長ら県連五役が県議会に集まり、事前打ち合わせを行った。

 これまで自民は削減数について「四プラスマイナス一」減の方針だった。福村会長らによると、この日の打ち合わせでは、どの選挙区を削減対象とするかの個別協議に入った場合、プラスマイナスの幅があると、選択肢が増え、議論が難航するとの意見が出された。

 「きちっと決まった数字で結論付け、それに向かって作業をするべきだ」との考えで一致し、四減の方針で検討懇に臨むことを決めたという。

 検討懇では、委員を出している新進石川が「二プラスマイナス一」減、清風・連帯が二減、公明が五減の方針を示し、前回までの議論で公明は「四減は妥協点だ」と歩み寄る姿勢をみせていた。

 二十二日には、総定数の削減数を結論付ける方向で、福村会長は各会派に再検討を求めている。各会派が検討結果を持ち寄り、あらためて議論する予定だが、県議会内では自民案を軸に調整されるとの見方が強くなっている。

145 名無しさん :2009/01/22(木) 04:57:26
自民、独自候補擁立へ 名古屋市長選
2009年1月22日 朝刊

 今春の名古屋市長選で、自民党の市議団幹部は21日、独自候補として、2人と擁立に向けた交渉を進めていると明らかにした。うち1人からはすでに、立候補に前向きな返事を得ているとしている。今月中にも候補者を決めるという。

 公明とも連携する意向で、自公として、民主との対決姿勢を鮮明にした。独自候補を擁立できれば、1985年以来続く名古屋市長選での「オール与党対共産」の構図が崩れることになる。

 自民市議団は同日、有力な支援団体である市の医師会、歯科医師会、商店街振興組合連合会との会合を開き、これまでの経過を説明。自民系2会派の斎藤実、渡辺義郎両市議団長が会合後、報道陣に「相乗りはなくなった」「自民として候補者を立てることを確認した」と明言した。3団体が自民の候補を推すことも決まったとした。

http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009012202000056.html

146 名無しさん :2009/01/22(木) 12:53:16
http://www.shizushin.com/news/feature/local_election/20090116000000000009.htm
戸塚掛川市議が県議補選出馬へ
2009/01/16
 掛川市議の戸塚久美子氏(50)=同市倉真=が今年夏の県議補選掛川市選挙区(欠員1)に、無所属で立候補する意思を固めたことが15日、明らかになった。近く正式に出馬表明する。
 戸塚氏は本紙の取材に対し「真の地方分権実現に向けた新しい公共の確立と、男女の働き方の見直し、茶業振興、環境・エネルギー政策、医療の充実などのために、県政の場で活動したい」と出馬理由を語った。
 政党などの推薦については民主党、連合の推薦を求めていく考えも示した。戸塚氏は静岡市出身。義父は元県議会副議長の故戸塚宏氏。
 同補選をめぐっては立候補を検討している他の市議がいる。


http://www.shizushin.com/news/feature/local_election/20090121000000000010.htm
掛川市議東堂氏 県議補選出馬へ
2009/01/21
 掛川市議の東堂陽一氏(52)=同市家代=が今年夏に予定される県議補選掛川市選挙区(欠員1)に無所属で立候補する意思を固めたことが20日、明らかになった。近く正式に出馬表明する。 東堂氏は静岡新聞社の取材に対し「市政と県政を結ぶパイプ役として働きたい。生活者の視点に立ち市民の声が届く県政の実現や行財政改革、教育、環境、福祉施策のさらなる充実、社会的弱者のこともよく考えた公平・平等な政治の実現に努力したい」と出馬理由を話した。
 同氏は現在、掛川市議会総務委員長、自民党掛川市支部事務局長などを務めていて、今後、同党の支援を求めていく方針。
 同補選をめぐっては掛川市議の戸塚久美子氏(50)が既に出馬表明している。

147 とはずがたり :2009/01/22(木) 13:39:54
>>146
あざーす。俺の生まれ故郷掛川ですので本来俺が見つけて貼り付けねばならぬ所でした。。
以下解説。
掛川は旧掛川市と小笠郡大東町大須賀町の合併で定数2となり,自民が旧郡部から1,旧市部で非自民の松井三郎が1でした。今回やること滅茶苦茶で評判の悪い戸塚市長(補選に出る久美子議員とは無関係)の2期目当選を阻止するべく議員辞職して選挙活動に専念という訳であります。
前々回03年の県議選では定数1だった旧掛川市選挙区で議席を独占していた自民候補を破ったのが松井氏で,前回07年の県議選では旧掛川市部の自民党から擁立論があがったものの,定数2で非自民の松井氏を落とせるか微妙で旧郡部と旧市部からの2名擁立の場合人口に劣る旧郡部の自民候補が落選する可能性が濃厚だった為市部自民党は擁立を回避した経緯があります。
その時名が挙がったのは東堂氏だったそうで満を持しての登場と云う事になります。或る種の自民党類型の様で人格者の様です(母曰くとっても良い人とのこと)。
戸塚久美子議員は女性で政策も一生懸命やってて,母が入院した時にお見舞いに来てくれてお会いしましたが未だ若くて美人でもあり,頑張って下さいなんて激励しておいた(国政を念頭にですけどw)期待の新人なんですけど,こんなに早く出てくるとはと云う感じです。まぁ市議を2期(合併があったので6年間)やって次のステップに進む時期だと感じたのでしょう。
今回は補選ですので定数1で郡部の保守票が東堂氏に流れると難しいのかも知れませんが次回の11年の県議選では当選間違いなしであろうかと思われます。

148 千葉9区 :2009/01/23(金) 00:07:47
>>115-116
【福井県自民党県議会会派分裂】
2004年くらいの記事とか
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/1073
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/1170

149 千葉9区 :2009/01/23(金) 00:56:52
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009012290070322.html
尾鷲市長が税理士業兼務 三重県警、容疑で書類送検へ 
2009年1月22日 07時03分

 市長職との兼業が禁じられている税理士の仕事を市長就任後も続けたとして、三重県警は近く、同県尾鷲市の奥田尚佳(ひさよし)市長(41)を税理士法違反容疑で書類送検する。奥田市長は公認会計士の資格を持ち、公認会計士のほか税理士、行政書士業務を行う事務所の代表を務めている。

 調べでは、奥田市長は市長になった昨年4月以降、尾鷲市内の公認会計士事務所で税理士の業務をした疑い。税理士法は自治体の首長など報酬が支払われる公職に就いた場合、税理士業務を行ってはならないとしている。違反すると1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科される。公認会計士の資格があれば税理士の業務も行える。

 奥田市長は県警の任意の事情聴取に対して、容疑を認めているという。本紙の取材に対し、「税理士法をよく確認していなかった。市長職が忙しくてほとんど税理士業務はしていなかったが、兼業について国税庁の指摘を受けた昨年10月末からは一切やめた」と話している。

 市長就任直後は周囲に「市長職に専念するが、若く体力があるので(兼業による)市政運営への支障はない」と説明していた。奥田市長は2008年3月の市長選で、「会計のプロ」をキャッチフレーズに財政再建を掲げて現職候補を破り、東海3県の現職市長で最年少の40歳で初当選。同12月には「福祉や教育にお金を回したい」として、1期4年の退職金1620万円を廃止する条例改正案を市議会に提出し、可決された。奥田市長は尾鷲市出身。名古屋大経済学部を卒業後、公認会計士の資格を取得。企業の株式上場など実務にも携わった。04年3月の市議補選で初当選。2期目の途中で辞職し、市長選に出馬した。

(中日新聞)

150 千葉9区 :2009/01/23(金) 20:00:05
08年市長選
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/7268-7269
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/7269
尾鷲市長選:奥田尚佳氏が初当選 伊藤允久氏の3選阻む
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080324k0000m010098000c.html

 尾鷲市長(三重県)23日投開票。元市議の奥田尚佳氏(40)が初当選。伊藤允久氏(56)の3選を阻む。投票率は68.83%。
 確定得票数次の通り。
当 6470 奥田 尚佳=無新<1>
  6227 伊藤 允久=無現(2)[自][公]

151 秋田2区の名無し :2009/01/23(金) 20:17:35
http://www.47news.jp/news/2009/01/post_20090123170305.html
こちらは完全に勝敗ありですな。

152 千葉9区 :2009/01/23(金) 22:05:07
>>151
コメントするまでもないんじゃないっすか?
典型的な相乗りvs共産ですから

153 名無しさん :2009/01/24(土) 03:24:47
悩む民主 名古屋市長選
2009年1月24日 朝刊

 今春の名古屋市長選で民主党の候補者選びは混迷が続く。市議団は伊藤邦彦弁護士(55)=写真(下)=の擁立で一致したが、その人となりは知られていない。一方、出馬に意欲的で選挙にも強い河村たかし衆院議員(60)=同(上)、愛知1区=に、身内の民主市議団は強いアレルギーを示す。自民・公明とのガチンコ対決となる市長選で候補者の知名度と議会との関係のどちらを優先するか。悩む民主党の事情と2人の人物像を探った。

 河村氏は23日、東京・八丈島にいた。町長選に出馬した党推薦の新人を応援するためだ。全国行脚で応援したさまざまな選挙での党の候補者は、5選を果たしてからの3年余だけで、220人以上に達するという。

 「まぁ、てーへん(大変)ですわ」と、親しみやすい語り口。持論は「庶民革命」だ。市民税の1割減税や中学校校区ごとの市民代表によるボランティア議会の創設、外郭団体の全面廃止、議員や職員の給与カットなど大胆な施策がズラリ。

 人気は全国区で、県連幹部も「市長選で十分に勝てる候補」と太鼓判を押す。だが、民主市議団からは「パフォーマンス先行」と、評価が一転。「彼の政策は破壊だけで創造がない」「独断専行」。当選して議員や職員の給与カット案を出した場合、議会との全面対決は避けられそうにない。

 対する伊藤氏。今週から労働組合などにあいさつ回りを始めた。支援団体の一つ、自治労愛知県本部の顧問弁護士を長く務め、民主党との縁はあるとはいえ、知名度は低い。

 高校まで岐阜で過ごし、大学は東京。弁護士開業を機に、より広い市場を求めて「準地元」の名古屋に居を移した。中小企業の労働問題や、中国進出企業の法務コンサルタントなどが専門で、社会問題にもなった豊田商事事件で被害者の救済を手掛けたことも。

 地方自治にはもともと関心があった。2年前から出演する民放の番組でコメンテーターを務めるうち、政治への志が深まったという。市議団に示した「私の市政ビジョン」には教育環境の充実や防災防犯安全都市宣言などを盛り込んだ。

 政治や行政手腕は未知数で、選挙も初めて。「名古屋の人たちが明るく、元気になるような社会にしたい。僕は(選挙資金を)出すつもりはない。お金が必要だったら、選挙に出たい人が出られなくなるのでは」と庶民感覚を強調する。

        ◇

 26日の県連幹事会で2人の一本化が議論される。伴野豊県連代表は「決定は全会一致が原則だが、どう調整するかは、当日の議論次第」と述べた。

http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009012402000069.html

154 千葉9区 :2009/01/24(土) 20:21:22
【岐阜市長選のまとめ】

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/2275-2284
【02年岐阜市長選と自民会派分裂など】

>>77
立命館誘致賛成派が新会派結成 岐阜市議会
2008年11月29日
>>76
市立岐阜商業高校を私立にする案、市議会で撤回 細江市長は辞職、「民意問う」
12/11
>>78-79
市長辞職へ 岐阜市の将来「試金石」
2008年12月12日
>>99
「立命館誘致」岐阜市長選 6年前のしこり再燃
市岐阜商存続派「無投票」奇策も
08/12/22
>>100
市岐商存続派が候補 岐阜市長選、元プロ野球選手に打診
2008年12月29日
>>107
元プロ野球選手の出馬要請取り下げ 岐阜市長選で存続派
2009年1月3日
>>114
岐阜市長選、共産も擁立見送り 対立構図消える
2009年1月8日

155 千葉9区 :2009/01/24(土) 20:22:04
http://mytown.asahi.com/gifu/news.php?k_id=22000230901190002
【政争迷走 「市岐商移管」選挙】

(上) 思惑に消えた選択肢
2009年01月20日


出陣式で気勢を上げる移管派。「民意を問う」と打って出た「選挙戦」は1日で終わった=18日、岐阜市神田町6丁目

 先月28日。岐阜市内のホテルに、市立岐阜商業高校の存続を求める各会派の市議らが顔をそろえた中に、市出身で元プロ野球選手の千藤三樹男氏(61)の姿があった。
 「民意を問う」として市長を辞職した細江茂光氏(60)への対立候補として、市議会の自民党会派「市政自民同志会」の中堅市議が目を付けた。「前向きに考えさせていただきます」。立候補を求めると千藤氏はそう答え、市議らと握手を交わしたという。
 好感触を得た自民党市議らは、同じく存続派の共産党にも選挙資金の協力を要請。東京都に住む千藤氏が、選挙期間中に寝泊まりするホテルも岐阜市内に確保した。立候補表明の記者会見も今月5日に予定していた。
 この展開に驚いたのは、存続派のベテラン市議だった。勝てる候補と見込んでいた元副知事に立候補を断られたため、先月中旬以降は、次善の策として「無投票にして民意を問わせない」という作戦に転換していたからだ。
 市岐阜商の廃止と立命館への移管の是非が争点である以上、市長選に敗れれば、「市議会の判断が民意だ」と主張した存続派は立場を失いかねない。多数を維持したまま、選挙より議会で対抗した方が得策だとして「政治的勝利」にこだわった。
 さらに、移管問題をめぐって市議会会派が割れた自民党や民主党の国会議員や県議らにしてみれば、「9月までにある衆院選にデメリットが大きすぎる。静観してやり過ごしたい」(民主党県議)というのが本音だった。
 千藤氏擁立の機運は、次第にしぼんでいった。
 今月2日。自民党市議2人が東京都内に出向き、千藤氏に擁立断念を伝えた。7日には共産党も独自候補擁立を断念。「細江氏」対「存続派市議」という対立構造は消え、市岐阜商存続を訴える市民らは「受け皿」を失った。
 無投票で細江氏の3選が決まった18日夜。存続派の市議らは言った。
 「これで民意を問えたというのは早計だろう」「議会の決定は揺るがない」
 「確実に勝てる候補がいなければ無投票に」――。出直し市長選で33万人余の有権者に託されるはずの選択肢は、政治家たちの思惑の中で消えていった。
     ◇
 市岐阜商移管問題をめぐる市長選が、無投票で幕を閉じた。存続か移管かで揺れる市民の思いと裏腹に、立命館の提案から2年間、議論を続けてきたはずの市政の内幕は市民不在の「政争」だった。
(保坂知晃、磯崎こず恵、石倉徹也が担当します)

156 千葉9区 :2009/01/24(土) 20:22:43
http://mytown.asahi.com/gifu/news.php?k_id=22000230901210001
(中) 脱「根回し」、反感招く
2009年01月21日


06年1月の市長選で再選を決め、鏡開きをする細江茂光氏(中央)。政争の火種が当時からくすぶっていた=岐阜市


立命館誘致をめぐる請願を審査する市議会文教委員会=08年12月8日、同市役所

 「21世紀にふさわしい、納得性の高い議会と市役所の新しい関係を構築してまいりたいと考えております」
 初当選から約1年。細江茂光市長(60)は03年5月の臨時議会でこう言い切った。その意図は「調整・根回し型」の市政運営からの決別だった。
 岐阜市では、半世紀以上にわたり、市職員出身者が市長のいすを占めてきた。細江氏は初の民間出身者だった。
 会派領袖(りょう・しゅう)への根回しは旧来型の「長老政治」などと批判はあるが、市政運営にとっては潤滑油でもあった。市議らにとっては、歴代市長のようにコントロールできない細江氏が、独りよがりな存在に映るようになっていった。
 市岐阜商の移管計画も、根回しをせず、細江氏が06年12月の市議会で突然表明した。
 あるベテラン市議は、冒頭の発言を振り返り、「耳触りがいい『民間の論理』を振りかざしていただけ。勝手にどうぞ」と突き放す。
 細江氏の前任市長で「タネさ」の愛称で親しまれ、人柄が評判だった故浅野勇氏とは対照的な存在だった。
 細江氏が再選を果たす06年1月の市長選の数カ月前、自民、民主、公明各党の市議7人が、新幹線で東京に向かった。90年代に市助役を務めた元建設官僚に立候補を要請するためだった。
 7人は「細江不信」の1点でまとまっていた。
 だが、元官僚の擁立は失敗に終わる。結局、市長選では7人が属する3党が細江氏の推薦・支持を決め、再選を後押しする結果になった。
 それから3年たっても、7人の不信感は消えなかった。「細江が嫌いだ」と平然と言う市議もいた。
 「市岐阜商の当面の存続を求める請願」が採択された先月11日の市議会。7人は請願に賛成し、起立。細江氏の悲願である「立命館の誘致」をくじく原動力になった。
 県内の財界関係者も「立命館誘致に反対する理屈はないが、細江さんがこれまで市議や支持者の信頼を失ってきたことが、反対される事態を招いている」と指摘する。
 こうして、移管問題は細江氏の「人物評」と「政策」がない交ぜになり、袋小路に入っていった。
 市岐阜商存続派のある市議は皮肉交じりに言う。「存続を求める市議と、学校を残したいと必死になっている生徒や関係者の思いは別物だよ」
 7人のうち1人は、別の市議に、市岐阜商を当面存続させた後はどうするつもりかと問われ、こう答えたという。
 「どうもせんよ」

157 千葉9区 :2009/01/24(土) 20:23:21
http://mytown.asahi.com/gifu/news.php?k_id=22000230901200001
(下) つかめぬ民意 手探り
2009年01月22日


移管に反対する市議らは勉強会を立ち上げ、細江氏の対立候補を探したが、結局は断念した=08年12月22日、岐阜市役所

 「地元が賛成なのに、なんで議員が反対してるんや。そんな議員はいらん」
 岐阜市鏡島地区で自民党中堅市議の後援会長を務める戸野部正八さん(74)は先月、立命館の誘致に反対した中堅市議への不満をぶちまけた。
 鏡島地区は、市立岐阜商業高校の地元。市教育委員会が昨年3月、市岐阜商の将来的廃止の方針を決定したため、立命館が来なかったら跡地はどうなるのか。そんな不安を抱えている。
 先月初め、中堅市議の支援者約100人の会合では「地元の発展をどう考えたらいいか、将来を見てほしい」などと、立命館誘致への賛成を求める声が上がったが、市議は「私に一任してください」と譲らなかったという。
 市岐阜商存続派の市議計27人のうち、数人は支援者らの「民意」との「ねじれ」を抱えている。2年後の市議選を控え、応援の打ち切りなどに発展しそうな後援会もある。
 6人会派の公明党内にも移管推進を唱える市議が数人いるが、党議拘束の力で「市岐阜商の当面の存続を求める請願」に賛成している。
 細江茂光氏(60)の無投票3選が決まった18日に市内の選挙事務所であった「当選決定報告会」。お礼の言葉を述べた松波英一・後援会連合会長は「めでたくもあり、めでたくもなしという感じで……」と切り出した。
 細江陣営は、選挙戦で勝って、民意をバックに存続派市議を切り崩す戦略だった。無投票でも「民意を得た」と言い切る細江氏と移管派市議らとの間にも、民意の認識には温度差がある。
 つかみどころのない民意を確かめようと、移管派市議らは民間調査機関による市民アンケートや存続派市議との公開討論会を検討している。だが、存続派の姿勢を変えるほどの説得力を生むかどうかはわからない。19日には移管派市議らが協議したが、民意を探る具体策は決まらなかった。
 年度内に市議会が移管推進でまとまらなければ、立命館は計画を撤回する。移管派内からは「3月議会までの逆転は厳しいかもしれない」という声も漏れ始めた。
 民意はどこにあるのか――。誰もその問いに答えられないまま、移管問題の舞台は再び、「政争」含みの市議会へ戻ろうとしている。

158 千葉9区 :2009/01/25(日) 00:40:44
=三重2区=
桜井は新政みえ所属(07年県議選無投票当選)
http://mytown.asahi.com/mie/news.php?k_id=25000000901240004
順調財政、不況が影
2009年01月24日

◇◆亀山市長選・25日告示◆◇


 世界的な不況で、高品質の「亀山モデル」の液晶テレビなどを生産するシャープの亀山工場でも一部に影響が出ている。関連産業が多く、立地効果で潤ってきた亀山市の財政にも影を落としそうだ。25日告示の同市長選に立候補の意向を表明している清水孝哉、桜井義之両氏とも「真の豊かさを実感できる市に」と訴えるが、税収減が公約の実現に影響する可能性もある。(佐野登)


◆シャープ効果で積極策◆
 「市政が順調に進展しておりますことに対し、お礼と感謝を申し上げます」


 1月1日付の市広報紙「広報かめやま」で、田中亮太市長はこうあいさつした。


 裏打ちとなる税収増にも触れ、「既存産業の活発な生産活動や液晶関連産業の立地によります税の増収により、平成17年度から普通地方交付税の不交付団体になっています」。


 シャープが04年1月、亀山工場の操業を開始すると、その効果は、さっそく05年度から表れた。


 「1」を超すと自主財源で運営できる裕福な自治体とされる財政力指数は、立地前の0・8前後から、05年度は1・06、06年度は1・15、07年度は1・38、今年度は1・45に上昇。今年度当初予算の歳入で市税は145億2千万円と見込んだが、これは03年度のほぼ2倍だ。


 また、07年度に人口が5万人を突破。05年度の市内総生産額は02年度の79%増の3781億円となり、県内14市で最も高い伸び率となった。


 豊かな財政を背景に、市は28ある小中学校、幼稚園・保育園の校舎や園舎の耐震化を進めてきた。


 これまでに、81年に改正された建築基準法の基準に満たない18校、園での工事を進め、小学校は工事が必要なすべての校舎の耐震化を06年度で終えた。「県内でも早い方ではないでしょうか」と市教育委員会の広森洋子教育総務室長は説明する。


 また、関町との合併に伴い新たに建設中の斎場には06年度から建設事業費21億5200万円を投入。「日本に一基しかない最先端の火葬炉」を掲げ、ダイオキシン類をはじめ環境に配慮するため市が定めた自主基準値は、全国トップレベルだという。


◆税収増も、つかの間?◆
 シャープは昨年12月、液晶パネル工場の再編を発表し、亀山工場と三重工場(多気町)と天理工場(奈良県天理市)合わせて約380人の派遣社員を削減すると発表した。工場別の削減人数は公表していないが、亀山工場がかなりの数を占めるとみられている。


 市はシャープを誘致するために、同社に5年間で45億円の産業振興奨励金を支払う約束をしている。同社が納める固定資産税の9割を支払う取り決めで、今年度で45億円を払い終える。


 服部孝規市議(共産)は「市側はシャープの進出で税収が大幅に増えたと言う。果たしてそうだろうか」と疑問を投げかける。


 財政力指数が1を超して国からの交付税が来ない不交付団体になり、さらに奨励金の負担もある。服部氏の試算では、立地前の03年度と操業を開始した04年度の市税は98億円。05年度は97億円、06年度は101億円、07年度が123億円。「立地から3年後にようやく25億円増えた計算になる」と言う。


 来年度からは奨励金の負担はなくなるが、世界的な不況が重くのしかかる。ある市幹部は「不況の長期化も懸念される。新年度は、不況が去年の後半から数カ月程度なので税収の落ち込みは、そう大きくならないと思うが、再来年からもっと落ち込まないか心配だ」と顔をしかめる。



●市議補選も
 亀山市長選と同市議補選(被選挙数2)は25日、告示される。いずれも投票は2月1日で即日開票される。


 今のところ市長選は、いずれも無所属新顔の元関町長清水孝哉氏(66)と前県議桜井義之氏(45)の一騎打ちとなる公算が大きい。


 清水氏は「『現場』『現物』『現実』の三現主義を実行し、市民の目線を忘れず、風通しのよい市政をめざす」と主張。桜井氏は「亀山は変革の時。時代とまちの変化に適応し、進化できる、市民に開かれた『希望と信頼』の市政を」と訴える。


 市議補選には、前職1人、新顔3人の計4人が立候補の意向を表明している。


 昨年12月2日の選挙人名簿登録者数は3万8996人。

159 名無しさん :2009/01/25(日) 02:48:13
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009012502000066.html
「県連に委ねている」 名古屋市長選で鳩山民主幹事長
2009年1月25日 朝刊

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は24日、福井市内で記者会見し、今春の名古屋市長選をめぐり党の候補者選びが混迷していることに「愛知県連に基本的に委ねている。1つにまとめていただきたい」と述べ、党本部として候補者調整に介入することには慎重な姿勢を示した。

 名古屋市長選での民主の候補者選びでは、市議団が伊藤邦彦弁護士(55)の擁立で一致した一方、「市長選で十分に勝てる候補」として県連幹部が推す河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=が出馬に意欲的だ。

 26日の県連幹事会で2人の一本化が議論されることになっているが、鳩山幹事長は「大事なのは市民にとってどちらがよいかだ。冷静な判断をしてほしい」と述べた。

160 千葉9区 :2009/01/25(日) 17:27:19
>>139
相乗り現職vs民主系県議にて渡辺が後者応援演説
http://www.47news.jp/CN/200901/CN2009012401000604.html
渡辺氏「国民運動」スタート 脱官僚政治訴え
 自民党を離党し新たな政策グループの結成を宣言した渡辺喜美元行政改革担当相は24日、三重県松阪市で街頭演説し、脱官僚政治や地域主権に向けた「国民運動」を事実上スタートさせた。各地で街頭演説やタウンミーティングを開き運動を浸透させたい考えだ。

 この日は、25日投開票の松阪市長選に立候補した無所属新人候補の応援のためJR松阪駅前などで演説。「霞が関の官僚が政治をコントロールし、全国津々浦々の地方をコントロールする中央集権体制が続いた結果、地方は落ち込む一方だ」と述べ、官僚主導政治の打破を訴えた。

 同市長選は、自民、民主両党などの実質的支援を受ける現職と無所属新人の一騎打ちで、既存の政党と離れて活動する渡辺氏の立場を象徴した形となっている。

2009/01/24 19:04 【共同通信】

161 秋田2区の名無し :2009/01/25(日) 20:12:15
岐阜県知事選は当然のごとく現職再選
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20090125/200901251958_6961.shtml

162 千葉9区 :2009/01/25(日) 23:04:35
>>139>>160
山形以上に驚きな松阪
http://www.asahi.com/politics/update/0125/NGY200901250005.html

三重・松阪市長に33歳山中氏初当選確実 最年少首長に
2009年1月25日22時52分

 三重県松阪市長選は25日投開票され、新顔で前県議の山中光茂氏(33)が、再選をめざした現職の下村猛氏(68)を破り、初当選を確実にした。山中氏は2月6日の就任時に33歳1カ月で、大阪府箕面市の倉田哲郎市長(34)を抜いて現職では全国最年少の首長となる。

 選挙戦では「『まっさか(松阪)』を変えなあかん」と変革を強調。小学6年生までの医療費無料化などを訴え、支持を広げた。

 山中氏は、群馬大医学部卒。松下政経塾生、衆院議員秘書などを経て、07年4月の県議選で初当選。1期目の昨年11月、民主党を離党し、無所属で市長選に立候補した。政党や業界団体の支援はなく、市民団体や組織に属さない草の根市民らが主体となって選挙戦を戦った。

163 千葉9区 :2009/01/25(日) 23:05:29
>党推薦が得られなかった場合について、河村氏は「あくまで党推薦を求めていく」と、離党してでも立候補するかどうかについて言及を避けた。
http://www.asahi.com/politics/update/0125/NGY200901250003.html
民主・河村衆院議員、名古屋市長選への立候補表明
2009年1月25日21時0分

 4月の名古屋市長選で、民主党の河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=は25日、立候補する意向を同党県連の伴野豊代表に伝えた。河村氏は「伴野氏に『立候補したい』と正式にお伝えした。明日の幹事会で、政策もきちっと出します」と述べた。

 同党県連の推薦候補として、元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏(55)がすでに内定しているが、河村氏も党推薦を求める。県連は26日に幹事会を開き、伊藤氏と河村氏のどちらを推薦候補とするか話し合うが、調整が難航する可能性もある。

 党推薦が得られなかった場合について、河村氏は「あくまで党推薦を求めていく」と、離党してでも立候補するかどうかについて言及を避けた。

 河村氏は現在、衆院議員5期目。4年前の同市長選にも立候補を表明したが、当時政策として掲げた「議員報酬の引き下げ」などが市議団から反発を受け、党内の支持が得られなかったことから、結局立候補を断念している。

 同市長選には、共産党や労働団体などでつくる「革新市政の会」が推薦する愛知県商工団体連合会長の太田義郎氏(64)も立候補を表明している。

164 二階席 :2009/01/25(日) 23:07:51
>>162

渡辺喜美が「ニヤリ」としているのでは??

165 とはずがたり :2009/01/25(日) 23:15:44
>>162 >>164
おおお,凄いですね。
此処は山中を応援できなかった民主の負け,でもありますね。

166 名無しさん :2009/01/26(月) 02:15:06
名古屋市長選:河村衆院議員が出馬決意 民主県連に伝える

 民主党の河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=は25日、党県連代表の伴野豊衆院議員と名古屋市内で会い、民主党の推薦を得て名古屋市長選に立候補する決意を伝えた。26日夜の県連幹事会で自らの政策を示し、正式に出馬を表明する。

 河村氏は伴野代表との面談後、記者団に「市長選に立候補させてもらいたいと伝えた。不退転の決意だ」と述べた。伴野氏によると、河村氏は面談で「36年間の政治生活を経て、名古屋の皆さんに恩返ししたい」などと語ったという。

 民主党県連は21日の市長選対策委員会で、党名古屋市議団が推す元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦弁護士(55)の推薦を決定している。26日の幹事会を前に河村氏が出馬の意思を公にしたことで、県連は難しい対応を迫られることになった。

 伴野代表は記者団に「市長選は衆院選にも影響を与えるため、議論を尽くし、勝てる候補を擁立したい。全会一致になるまで議論したい」と述べた。【月足寛樹、影山哲也】

毎日新聞 2009年1月26日 1時38分
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090126k0000m010137000c.html

167 千葉9区 :2009/01/26(月) 21:38:59
>>136
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20090126ddlk23010122000c.html
選挙:岩倉市長選 片岡氏が初当選 劣勢はね返し得票 /愛知
 25日に投開票された岩倉市長選は、新人で会社社長の片岡恵一氏(59)が、ともに新人の市体育協会顧問、三輪佳幸氏(67)と元会社員、浅田光治氏(65)=共産推薦=を破り、初当選を果たした。当日有権者数は3万6882人。投票率は49・49%だった。

 今回の市長選は、5期20年務めた石黒靖明市長を支えた市議会の自民系2会派が分裂。地元県議と「活政会」(3人)が支援した片岡氏、石黒市長と最大会派「新政会」(7人)が推す三輪氏と、共産系の「みんなでつくる民主市政の会」が擁立した浅田氏による三つどもえの争いに。過去5回の「石黒氏対共産系」の一騎打ちの構図が一変した。

 片岡氏は若さを強調し「民間感覚導入による新しい市政」「変えよう岩倉」をアピール。財政など市の将来に不安を抱く市民らの共感を得て、組織力と知名度での劣勢をはね返して票を伸ばした。岩倉青年会議所メンバーのほか、態度表明を避けた公明支持層の取り込みにも成功した。

 片岡氏は、当選が決まると事務所に姿を見せ、喜びにわく支援者らを前に「みなさんのお陰。公約を精いっぱい実現させる」と抱負を語った。

 一方、三輪氏は実績と石黒市政継承を訴えたが、運動が上滑りした。浅田氏は少子化対策など政策重視の選挙戦で臨んだが及ばなかった。【井上章】

==============

 ◇市長選開票結果=選管最終発表
当 9764 片岡恵一 59 無新

  5416 三輪佳幸 67 無新

  2702 浅田光治 65 無新

==============

 ◇岩倉市長略歴
片岡恵一(かたおか・けいいち) 59 無新(1)

 ソフトウエア開発会社社長[歴]岩倉JC副理事長▽愛知中小企業同友会理事▽市議▽愛知工業高

毎日新聞 2009年1月26日 地方版

168 千葉9区 :2009/01/26(月) 21:41:07
>>139>>160>>162
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20090126/CK2009012602000052.html
松阪市長に33歳山中氏 現職破り全国最年少首長
2009年1月26日

 三重県松阪市長選は25日投票、即日開票され、無所属新人の元県議山中光茂氏(33)が、無所属現職の下村猛氏(68)を破り、初当選を果たした。山中氏は全国の首長の中で最年少となる。投票率は51・53%。

 山中氏は松阪駅前の再開発など大型公共事業に予算が集中する現市政を批判し、医療や福祉などの施策を最優先する考えを強調。自民、民主両党などが実質支援する下村氏に対し、組織に頼らない選挙活動を展開して支持を集めた。

 愛知県岩倉市長選は25日、投開票され、無所属の3新人による争いを制し、元市議の片岡恵一氏(59)が初当選を果たした。投票率は49・49%で、前回より8・74ポイントアップした。

 地元の自民県議が支援する片岡氏は、企業経営の手腕を生かした効率的で透明性ある市政運営への変革を訴え、現市長の後押しを受けて安定した市政継続を目指した元市議の三輪佳幸氏(67)、子育てや医療を重点に安心の暮らし実現を掲げた元会社員の浅田光治氏(65)=共産推薦=との三つどもえの戦いを制した。

 ◇松阪市長選確定得票

当 38,571 山中光茂 無新<1>

  30,742 下村猛 無現 

山中光茂(やまなかみつしげ) 33

医師・松下政経塾員・NPO医療担当(元)県議・衆院議員秘書▽群馬大

      ◇

 「松阪を変えようという思いで皆さんがつながった」。圧倒的に不利との声にさらされながら、33歳の若さで現職を打ち破った山中光茂氏。松阪市船江町の選挙事務所で開口一番、目を潤ませながら力を込めた。

 開票が始まる前から事務所に駆け付けた支持者らは、当選確実の一報が入ると歓声を上げた。山中氏が登場すると、「われわれがついているぞ」などと声を掛け、全国最年少市長の誕生を祝福した。

 「しがらみだらけの政治を変えたい」。山中氏は一貫して特定の政治勢力に縛られない市政運営を強調し、組織に頼らずに地域を地道に回る活動手法に結実。選挙戦では大型公共事業に予算が集中する現市政を批判し、市民の声を広く聞いて医療や福祉などの施策を優先していく考えを訴えると、じわりと支持を広げていった。

 自民、民主両党などが実質的に支援し、地元選出の衆院議員や県議、市議らを相手にしながら手にした初当選に、山中氏は報道陣の質問に応え、「まだスタートライン。現場の痛みに寄り添っていきたい」と気を引き締めた。

◆投票率51・53%
 松阪市選管によると、25日に投開票された同市長選の投票率は51・53%で、市町合併前の旧市で行われた2000年の51・16%をわずかに上回った。

 今回の市長選は、現職と新人の2候補が9年ぶりの選挙戦を繰り広げたが、有権者の関心を集められなかった。24日までの6日間の期日前投票は6346人で、不在者投票は711人だった。

◆求められる「成果」
 大方の予想をはねのける勝利だった。自民、民主両党の衆院議員らが支援する現職に対し草の根で批判票を取り込んだ山中氏。変革を訴える姿が、新たなリーダーを求める市民感情と重なったと言える。

 選挙戦で現職は、労働組合など組織を総動員し、各地の個人演説会の会場を多くの有権者で埋めた。一方、山中氏は知人らの協力で戦い、大型公共事業に集中する予算を「『現場』や『痛み』に近い施策に振り向ける」と繰り返した。

 県議1期目の任期途中での転身への批判には「市長になって取り返したい」と強調。政治信念を切々と語り続けた結果、「今の市政を刷新してほしい」との声が寄せられるまでに浸透を見せた。

 ただ、政治手腕への疑問から「相対的に議会の力が強まる」とみる市議も。小学校6年生までの医療費無料化などの政策公約も、財源の裏付けがないという指摘は根強い。成果の積み上げこそが求められる。

 (我那覇圭)

169 千葉9区 :2009/01/26(月) 21:43:14
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/mie/news/20090126-OYT8T00052.htm
松阪市長選「税の使途見直す」
山中さん 訴え実る

 新たなかじ取り役は、「全国最年少首長」となる若手に託された。25日投開票の松阪市長選で初当選した新人の山中光茂さん(33)は同日夜、松阪市船江町の事務所で「皆さんのお陰で勝てました。かけずり回っていて、地域の痛みを感じた。みんなでつくる政治をしたい」などと喜びを爆発させた。集まった大勢の支持者からは「やったぞ」「おめでとう」などと拍手と歓声がわき起こった。

 選挙期間中、山中さんは個人演説会などで、現市政について「約1300億円の借金を背負いながら、約100億円も投じてJR松阪駅前を再開発しようとしている。次世代に説明ができない政治はできない」などと批判。「市の財政再建を主張するなら自らの給与をカットしなければ実行力がない」として、市財政の再建が終わるまで市長給与20%、ボーナス50%カットなどの公約を掲げていた。

 さらに、「救急医療体制を整え、市民の目線から市行政を見直し、税金の使い道の優先順位を考え直す」と訴えてきた。

 同市長選には、再選を目指す現職の下村猛さん(68)が「市の基礎体力を強化するため、財政を見直しながら、農林水産業の振興や、保健・医療・福祉、教育の充実を図る」などと現市政の継続を訴えたが、草の根選挙を展開してきた山中さんには及ばず、支持を集めきれなかった。

 当日有権者数は13万5570人。投票率は51・53%だった。

(2009年1月26日 読売新聞)

http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20090126010.html
松阪市、33歳現職最年少市長誕生!“時の人”も応援
 任期満了に伴う三重県松阪市長選は25日投開票の結果、無所属新人で元県議の山中光茂氏(33)が、無所属現職の下村猛氏(68)を破り、初当選した。投票率は51・53%。

 山中氏は大阪府箕面市の倉田哲郎市長(34)を抜き、現職では全国最年少の市長となる。最年少市長としては過去に東京都武蔵村山市長の27歳の例がある。

 山中氏は、無駄な公共事業や補助金の見直しなど市政刷新を訴え出馬。下村氏は財政健全化などの実績を主張したが支持が広がらなかった。

 山中氏は25日夜、選挙事務所で「全国最年少とは、それだけ未熟ということ。地域の声を聞いて政治に生かしたい」と記者団に話した。

 24日には、地域主権などに向けた「国民運動」を展開する渡辺喜美元行政改革担当相が山中氏の応援演説に駆け付け「地方から日本を変えてほしい」と激励していた。

 山中氏は群馬大医学部卒。衆院議員秘書などを経て2007年、県議に初当選した。

[ 2009年01月26日 07:26 ]

170 千葉9区 :2009/01/26(月) 21:46:18
>>126≪名古屋市長選の途中経過≫
>>128>>131-134>>137>>143>>145>>153>>159>>163>>166
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/090125_1.htm?from=nwlb
名古屋市長選あと3か月 民主迷走、自民出遅れ
「戦いの構図」見えず

 4月26日の名古屋市長選の投開票まであと3か月。民主党は、愛知県連の選対委員会で絞り込んだ候補者の党本部への推薦申請を決定できない異例の事態となっている。一方、当初は相乗りを想定して民主の候補者選びを眺めていた自民党は、独自候補の擁立に方針を切り替えたものの出遅れは否めず、「戦いの構図」はまだ見えてこない。

 「市議団の決定が尊重されるべきだ」「河村は党に貢献している」

 今月21日、民主党愛知県連で開かれた選対委員会。会議は、市議団が推す元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏(55)と、出馬に強い意欲を示す衆院議員河村たかし氏(60)(愛知1区)のどちらを推薦候補とするかを巡って紛糾した。2時間半後に出た結論は、伊藤氏を推薦候補としながらも、河村氏の推薦にも含みを持たせる玉虫色のものだった。

 市議の給与削減などの政策を掲げる河村氏に対し、市議団の拒否反応は強い。4年前、河村氏が市長選への出馬を表明しながら態度を翻したことに不信感を抱く県議も少なくない。

 一方、市議団が伊藤氏擁立を決めたのは15日。27人の団員の大半は面識すらなく、河村氏の動きを察知して立てた“急造候補”との印象は否めない。

 これに対し知名度の高い河村氏は、衆院選を前に「勝てる候補者」を望む県連幹部の一部を味方に付けた。

 県連は26日の幹事会で党本部に推薦申請する候補者を決める予定だが、「1人に絞れず、2人並べて推薦申請する可能性もある」(県連幹部)という状況だ。



 「労働組合の幹部経験者は受け入れられない」。昨年末、民主党による市教委幹部擁立の動きが表面化すると、自民党側は激しく抵抗、対立候補の擁立を宣言した。ただ、この時点では相乗りできる候補者に差し替えてほしいというのが本音だった。この幹部が出馬を固辞したため、自民党は再び民主の候補者選びを見守る姿勢に戻った。

 ところが、民主は伊藤氏と河村氏をめぐって迷走。どちらになっても相乗りできる候補ではないと判断し、21日になって追い込まれるような形で独自候補擁立を表明した。公明党もこれに同調する見込みだ。

 だが、残り時間は短い。自民党市議団幹部は「手持ちのカードは4、5枚ある」と自信を見せるが、いずれも出馬を前提とした協議には至っていない。「意欲があるのは元県議1人だけだ。彼を出せば最悪、不戦敗は免れる」(県連幹部)との悲観的な声も出ている。



 共産党は昨年11月30日、労働団体などとつくる「革新市政の会」の推薦候補として、愛知県商工団体連合会の太田義郎氏(64)の擁立を決定。「高齢者や障害者、弱者が安心して暮らせる街にしたい」と街頭などで訴え、候補擁立が遅れる民主や自公を尻目に着々と浸透を図っている。景気後退を受け、製造業者などに雇用確保を申し入れる活動も進めている。

河村氏「除名されても出馬」
 名古屋市長選への出馬に意欲を見せている民主党の河村たかし衆院議員(60)が「党を除名されても名古屋市長選に出る」と、後援会幹部に伝えていたことが、24日わかった。

 河村氏は、「不退転の決意で、名古屋の皆さんに恩返しする」と出馬の意向を示していたが、同党の推薦を得ることを前提としていた。河村氏は25日、同党愛知県連の伴野豊代表に、改めて出馬の意向を伝える。



(2009年1月25日 読売新聞)

171 千葉9区 :2009/01/26(月) 22:49:09
>>135
森が出陣式にまで顔を出すとは
http://mytown.asahi.com/ishikawa/news.php?k_id=18000000901260005
能美市長選告示 保守系2氏 対決
2009年01月26日

◆市議補選には2氏◆


 能美市長選挙が25日、告示された。新顔で元県議会議長の吉田歳嗣氏(70)と、再選をめざす現職の酒井悌次郎氏(75)=いずれも無所属=が立候補を届け出た。2人はともに旧寺井町が地盤の保守系。これまで互いの選挙では協力し、旧根上町出身の森元首相を地元で支えてきたかつての身内同士の対決となった。


 吉田氏は午前9時から、同市寺井町の選挙事務所前で出陣式。向出勉県議や支持者ら約300人(陣営発表)が参加した。吉田氏は「豊かな発想と確かな発信力で、地元に密着した政治を進め、きらりと光る自治体をめざしたい」と支持を求めた。


 酒井氏は午前9時から、同市寺井町の神社で出陣式。森元首相や近隣の市・町長らも参加し、支持者ら約700人(同)が集まった。酒井氏は「4年間は融和と一体化に努力してきた。市のすばらしい特性を生かし、引き出したい」と訴えた。


 一方、同市議補選(被選挙数1)も同日告示され、前職と新顔の2人が届け出た。


 市長、市議補選とも投票は2月1日午前7時〜午後8時に市内26の投票所であり、午後8時45分から寺井地区公民館で即日開票される。24日現在の有権者数は3万8084人。


 期日前投票は辰口庁舎と、寺井庁舎前の寺井地区公民館、根上庁舎隣接の社会福祉センターの3カ所で、午前8時半〜午後8時。



◎市議補選候補者◎


届け出順。年齢は投票日現在の満年齢。略歴の【元】は前・元職。


(被選挙数1−候補者数2)


山口 慧子(62) 共前 党地区委員・農業 【元】辰口町議


善田 善彦(44) 無新 砕石会社長・環境NPO理事長


◆◇市長選候補者の第一声◇◆
(届け出順。年齢は投票日現在。丸囲み数字は当選回数。略歴の【元】以下は前・元職。▽以下は出身校と住所)


★吉田 歳嗣★


=庁舎問題で住民投票=


 地元に密着した確かな政治へ、確実に一歩を進めたい。


 私は県議時代、子供が3人生まれたら店舗で割引を受けられる制度を発案した。だが実際に子供3人の家庭は少ない。第2子から割引を受けられるよう制度を変えたい。


 市長の給与を少なくとも3割カットしたい。いま学校は非常に忙しく、教員は生徒に向き合ったり部活動に携わったりする時間がない。市長の給与やボーナスのカットで3人の教員を雇える。中学校に1人ずつ増員すれば、教育を変える大きな力になる。


 市役所問題は3分庁舎か、新庁舎建設か、既存の役場を利用するのか。市の財政は耐えられるのか。難問だが、10月の市議選までに全情報を公開する。住民投票条例をつくり、市民の意見を聞いたうえで決めなければならない。


★酒井 悌次郎★


=組織改め財政健全化=


 合併後は人口も順調に伸びている。さらに住み良くして次代に引き継ぐかが私の責務と訴えたい。


 積み残された大きな課題として統合庁舎問題がある。合併で多数ある市内類似施設の統廃合、行政組織の見直しと簡素化などに積極的に果敢に挑戦することで、厳しい中での行財政の安定、弾力、健全化に取り組みたい。


 少子高齢化社会になったことで、高齢者や子育て世代の多くの人から、将来への不安を聞いてきた。市のセーフティーネットを、さらに充実したものにするのはどうしたらよいかも大きな課題だ。


 市はコンパクトで行政効率はよいというのが特徴。地域の持つ特性を生かし、新しい魅力ある市をつくらなければならない。中山間地の緑の保全も環境問題の課題だ。

172 千葉9区 :2009/01/26(月) 22:51:27
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000450901260003
河村氏、巻き返し図る
2009年01月26日

●党本部 静観の構え


 4月の名古屋市長選の民主党推薦候補に、河村たかし衆院議員が25日、名乗りを上げた。党県連はすでに伊藤邦彦弁護士の推薦を内定しており、「逆転は難しい」とみる党関係者もいる。報道陣の前で伴野豊県連代表と握手を交わし存在感をアピールした河村氏だが、出遅れを取り戻せるのか。


 25日午後4時。河村氏の立候補の意思を確認するため、名古屋市東区の同氏の事務所を訪れた伴野代表を、河村氏は外まで出て迎えた。報道陣に囲まれた2人は、「どーも、どーも」と満面の笑みで固い握手を交わし、一緒に事務所内に入っていった。
 伴野代表は会談後に報道陣に対し、「来るべき総選挙を控え、勝ち抜ける候補者を推薦したい」と5期連続当選し、選挙に強い河村氏に事実上のエールを送った。
 この会談日程は、事前に報道陣に伝えられた。河村氏は国会議員らに非公式に出馬の意思は伝えていたが、取材陣を集めて意思確認の「儀式」を演出することで、党内レースでの盛り返しを図る狙いがあるとみられる。
 ただ、伴野代表も出席した選挙対策委員会で伊藤氏の推薦が内定しており、「決定は覆らない」(県連幹部)との声も強い。河村氏支持派は党本部裁定にも期待を寄せるものの、民主党の鳩山由紀夫幹事長は24日の会見で、「県連に委ねるべきだ。すぐに党本部で調整しろと言われても無理だ」と静観する構えを示しており、情勢は厳しい。
 党本部の推薦が得られない場合に河村氏が離党してでも出馬するかについては、疑問の声も聞かれる。河村氏は「今、言うことではない」と言及を避け、あくまでも推薦を求めていく構えだ。

173 千葉9区 :2009/01/27(火) 00:18:13
=静岡5区=
若林は県議選落選
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090126ddlk22010107000c.html
選挙:御殿場市長選 現新2氏が立候補 新ごみ処理施設など争点 /静岡
 (届け出順)

 任期満了に伴う御殿場市長選は25日、告示され、無所属新人の病院事務長、若林洋平氏(37)と、無所属で3選を目指す現職の長田開蔵氏(67)の2人が立候補を届け出た。不況下での財政運営や、ごみ固形燃料化施設「RDFセンター」に代わる新施設建設の是非などが争点になりそうだ。

 若林氏は、青年会議所会員や自衛隊OB会、自民党御殿場市支部の一部が支援。同市新橋の事務所前で300人の支援者を前に「目に見えない無駄やハコもの行政を撤廃して、医療、福祉、介護、子育て支援に充てる。新ごみ処理施設はこれ以上コストがかかるなら阻止しなければならない。一人一人の声に耳を傾けて実力のあるまちづくりを命がけでやる」と述べた。

 長田氏は、連合静岡や地元医師会、農協、市議13人などの支援を取り付けた。同市萩原の事務所前で700人の支援者を前に「経済が混迷する時代だからこそ、経験を生かした市政が必要だ。静岡空港の開港などで、富士山を目指して国内外から来る多くの人の受け皿を作らねばならない。必要なものは作っていく。皆さんの意見に耳を傾け、市政に反映したい」と述べた。

 投票は2月1日午前7時〜午後8時(一部午前9時〜午後4時)、市内23カ所で行われ、即日開票される。24日現在の有権者数は6万9709人(男3万5772人、女3万3937人)。【山田毅】

==============

若林洋平氏(37) 無新

 富士病院・駿東共立産婦人科医院・富士小山病院事務長[歴]大正製薬社員▽埼玉大

長田開蔵氏(67) 無現(2)

 市長▽市・小山町広域行政組合管理者[歴]市教育次長▽御殿場財産区事務局長▽御殿場高

毎日新聞 2009年1月26日 地方版


□2005年1月30日実施の選挙の結果

◇御殿場市長選挙(静岡県)開票結果 投票率64.53%
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃当 22604 長田開蔵(無現、63歳、再選)       ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃  19550 内海重忠(無元、60歳)          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
□2001年1月28日実施の選挙の結果
◇御殿場市長選挙(静岡県)開票結果 投票率59.78%
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃当 20595 長田開蔵(無新、59歳、初当選)      ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃  16523 内海重忠(無現、56歳)          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

174 千葉9区 :2009/01/27(火) 21:37:48
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090127ddlk22010164000c.html
選挙:知事選 民主県連、石川知事支持せず 独自候補、来月まで人選 /静岡
 民主党県連の岡本護幹事長は26日、常任幹事会後の会見で、今夏の知事選に擁立する独自候補の人選について、「2月17日に開く次回の常任幹事会までにメドをつけたい」と述べた。

 石川嘉延知事が5選出馬に前向きな発言をしていることについて、岡本幹事長は「静岡空港問題の責任は県民から強い批判がある。5選はない」と、支援しないことを強調。3月1日の県連定期大会までに、候補者を発表したい意向だ。

 また25日の山形県知事選で民主党などが支援した吉村美栄子氏が当選したことに触れ、岡本幹事長は「保守王国といわれる山形であの結果。心強く(静岡での選挙準備を)推し進められる」と静岡への追い風になるとの見方を示した。【望月和美】

毎日新聞 2009年1月27日 地方版

175 名無しさん :2009/01/27(火) 21:52:59
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009012702000058.html
候補者選び、党本部一任 名古屋市長選で民主県連
2009年1月27日 朝刊

 4月の名古屋市長選をめぐる候補者選びで、民主党愛知県連は26日夜、幹事会を開き、市議団の推す伊藤邦彦弁護士(55)を候補者の候補として決めたと発表した。一方、同党の河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=は幹事会で出馬表明。県連は同氏も党本部の常任幹事会に挙げることにし、どちらを推薦するかの判断を党本部に委ねた。

 党によると、民主党と自由党の合併(2003年9月)後、知事選や政令市の首長選で、地元で調整がつかず、党本部に一任するケースは初めて。党本部の常任幹事会は27日に予定されるが、議題とするには間に合わず、決着にはなお時間がかかりそうだ。

 党本部に挙げる上申書は、伊藤氏の名を候補者候補として記し、河村氏も出馬表明した事実を添える形となる。伴野豊県連代表は「慎重に慎重を期して出した結論を本部に挙げ、結果を求めたい。2人は、どちらに決まっても従ってほしい」と話した。

 幹事会には県内選出の国会議員や県議、市議が出席。河村氏も途中まで加わって正式に出馬表明し、「生まれ育てていただいた名古屋に、私の政治経験とすべての思いを傾注し、ご恩返ししたい。党の単独推薦をいただきたい」と述べた。

 その後の一本化調整では、5期連続当選と選挙に強く、知名度も高い河村氏の実績や党への貢献度を訴える声と、市議団が伊藤氏の擁立を決めた事実を重視する意見があり、幹事会の原則である「全会一致」には至らなかった。

 名古屋市長選には松原武久市長(72)が4選不出馬を表明。愛知県商工団体連合会の太田義郎会長(64)が共産党や労働団体などの推薦を得て出馬を表明している。

 自民党は公明党と連携し独自候補を擁立する姿勢で、激戦の様相になっている。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009012700674
出馬辞退の可能性打診へ=河村氏に民主幹事長−名古屋市長選
 民主党の鳩山由紀夫幹事長は27日午後、名古屋市長選(4月26日投開票)に同党の河村たかし衆院議員(60)が出馬の意向を示していることについて、「愛知県連としては降りてもらいたいということであれば、それができるかどうか説得を試みたい」と述べ、出馬辞退の可能性を打診する考えを示した。党本部で記者団に語った。
 その一方で鳩山氏は「(河村氏は)かなり強い意志を持っていて(説得は)簡単ではない」と指摘し、2月上旬まで慎重に対応を検討する考えも示した。
 同市長選をめぐって、民主県連は伊藤邦彦弁護士(55)を候補者候補に決めており、党内の一本化が焦点となっている。 (了)
(2009/01/27-16:58)

177 名無しさん :2009/01/28(水) 02:04:38
名古屋市長選 鳩山氏、河村氏に出馬断念説得へ
2009年1月28日 朝刊
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009012802000049.html

 4月の名古屋市長選に向けた候補者選びで、民主党の鳩山由紀夫幹事長は27日、近く河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=と会い、出馬を断念できないか説得する考えを明らかにした。それでも意志が固ければ、河村氏と伊藤邦彦弁護士(55)の認知度や支持率を確かめる世論調査を実施し、候補者決定の判断材料にする意向を明らかにした。

 伴野豊愛知県連代表から、2人のどちらを推薦候補者とするか、党本部に一任するとした26日の県連決定を聞いた後、報道陣に答えた。来月10日に開かれる常任幹事会までには「方向性を決めたい」とした。

 河村氏の擁立には市議らの反発もあることから「出馬を断念する可能性があるのか、説得を試みたい。それでも意志が固いなら、誰が一番、市民の皆さんの期待に応えられるかで選ぶべきだ。世論調査で市民の意思を問い、科学的な判断として結論が出せれば」と述べた。党関係者によると、調査は1週間後をめどに市民1000人程度を対象に実施する。

 本紙の取材に、河村氏は「市民が実際にどう考えているかが大事。一番民主党らしい決め方ではないか」、伊藤氏は「私には不利になるかもしれないが、党本部の決定に従う」と話した。

178 とはずがたり :2009/01/28(水) 13:22:37

名古屋市長選、民主が弁護士擁立
県連が決定
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009012200056&genre=A2&area=Z10

 4月の任期満了に伴う名古屋市長選で、民主党愛知県連は22日までに、元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏(55)の擁立を決めた。26日に正式決定し、党本部に申請する。

 同党の河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=が出馬に強い意欲をみせていたが、同氏が掲げる「議員歳費無料化」などの持論に反発した市議団が伊藤氏擁立に動いた。県連は近く、河村氏の意向を確認する。

 民主党県連は自民党との相乗りをしない方針で、自民党県連も独自候補擁立を目指しており、10年以上続いた市議会での自民、民主、公明各党の連立与党体制は崩れる。

 伊藤氏は雇用関係法などが専門で、民主党県連の支持母体、自治労愛知の顧問弁護士を務める。
 市長選ではほかに、愛知県商工団体連合会会長の太田義郎氏(64)が共産党などでつくる市民団体の推薦を受け、出馬を表明している。(共同通信)

179 千葉9区 :2009/01/28(水) 21:09:33
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090128/stt0901282048010-n1.htm
選挙態勢で揺れる民主 河村氏の名古屋市長選転出問題も混迷 (1/2ページ)
2009.1.28 20:45
 麻生政権を追い込むと意気込む民主党の選挙態勢が揺らいでいる。神奈川1区の公認が内定していた岩國哲人氏(72)=比例代表南関東ブロック=が28日、唐突に今期限りの引退を表明すれば、愛知1区の河村たかし氏(60)が4月の名古屋市長選への転出の意向を固めながら、地元、愛知県連が反旗を翻してドタバタ。解散が遠のく中、同党のほころびが露呈している。

 岩國氏は同日の記者会見で引退理由について「衆院選先延ばしの可能性が高い。候補者を代わってもらうには(引退決断は)1月しかないと判断した」と述べた。秘書給与の一部を強制的に“上納”させていたとされる疑惑については否定した。

 岩國氏は平成17年の前回衆院選で神奈川8区から出馬したが落選し、比例で復活当選した。民主党は昨年11月、同選挙区で当選した無所属の江田憲司氏(52)との共倒れを回避すべく、神奈川1区に国替えさせる方針を打ち出したが、会社役員の市川智志氏(42)の擁立を決めた国民新党が反発していた。

 神奈川1区は麻生太郎首相の側近、松本純官房副長官(58)の地盤。民主党は「重点区」として新たな候補者の選定を急ぐが、「岩國氏の突然の引退は、何か封印したい理由があるのではないかという否定的な印象を与える」(中堅)との声も漏れる。

 一方、名古屋市長選への出馬を事実上宣言している河村氏も行く場がなくて右往左往している。党本部には「異端児的な河村氏の市長転出は大歓迎」(中堅)といった空気が強く、小沢一郎代表はすでに河村氏の後継候補に目星をつけているとされる。だが、民主党市議団は「河村氏はパフォーマンスが過ぎる」と猛反発。弁護士の伊藤邦彦氏(55)を担ぎだし、党本部と綱引きを演じる。

 河村氏は強行突破し「無党派」で市長選に挑む構えをちらつかせるが、党幹部は「民主王国で県連がばらばらなのは最悪」と危機感を抱く。市長選をめぐる遺恨が次期衆院選まで尾を引く事態も否定できず、党執行部は事態をどう収拾するか頭を悩ませている。

180 千葉9区 :2009/01/28(水) 21:35:16
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000450901270001
河村氏、出馬困難な情勢
2009年01月27日

●民主県連 伊藤氏擁立を決定

 4月の名古屋市長選について、民主党愛知県連は26日、幹事会を開き、元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏(55)を推薦候補として党本部に上げることを正式決定した。同党の河村たかし衆院議員(60)も推薦を求めて立候補の意向を幹事会で表明したが、幹事会は21日の県連の選挙対策委員会での決定を尊重した。河村氏が立候補するには党と真っ向から対立しなければならず、立候補は困難な情勢だ。

 党本部の鳩山由紀夫幹事長は、名古屋市長選の候補調整は「県連に委ねるべきだ」との方針をすでに示していることから、民主党の候補者選びは事実上これで決着した。今後の市長選の焦点は「独自候補を擁立する」と表明している自民党などの動きに移る。市民グループが政治団体の届け出をするなど、出馬の可能性も取りざたされている元中部経済産業局長で中京大教授の細川昌彦氏(54)の動向も焦点となりそうだ。
 河村氏は幹事会終了後、朝日新聞の取材に「市民税減税などの政策を名古屋で実現したい思いに変わりはない。不退転の決意で臨む」と述べ、立候補になお意欲を持っている考えを強調した。
 しかし、今年は総選挙を控え、名古屋市長選がその前哨戦の一つとなる可能性もあり、党が組織決定する推薦候補の得票を減らしかねない独自の立候補となると、党本部としても容認できない姿勢だ。立候補するには離党が前提で、河村氏が離党しない場合、除名処分となる可能性が大きい。
 こうした事情から、党内には「党人なら出ない」(県議)との見方が強い。
 河村氏は4年前の同市長選の際も、立候補を表明して政策も提示したが、党内の支持が得られなかったため、立候補を断念した。
 民主党県連のこの日の幹事会は、午後7時過ぎから名古屋市東区の県連で約4時間続いた。河村氏を支持する国会議員らは「選挙に強い河村氏が有利だ」などと主張したが、伊藤氏を支持する市議団や旧社会党系の国会議員らは「現場の市議団が決めた候補は覆らない」と押し切った。
 終了後、伴野豊・県連代表が記者会見し、「市議団の決定を重く受けとめた」と決定理由を述べた。出席した衆院議員も会議後、「重要な総選挙を控えた時期なので河村氏には国政でがんばってほしい」と語った。
 ただ、河村氏が立候補表明したことに配慮し、伊藤氏の推薦要請と併せてそのことも党本部には伝えることも決めた。出席した県議は取材に「河村氏が立候補しないよう党本部で説得してくださいよ、という意味だ」と説明した。

181 千葉9区 :2009/01/28(水) 21:36:02
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000450901280001
河村氏に辞退説得
2009年01月28日

●鳩山幹事長 世論調査も念頭


 4月の名古屋市長選の推薦について、民主党本部が対応に悩んでいる。愛知県連は、元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏(55)を推薦候補として上げてきたものの、党内の一部の国会議員の間には河村たかし衆院議員(60)への待望論は消えていない。このため、同党の鳩山由起夫幹事長は27日、県連の要請に従い、河村氏に立候補の辞退を迫る意向は示したが、推薦決定は当面、先送りする考えだ。
 鳩山氏はこの日、東京都内で記者団に「県連から伊藤氏を推薦するよう要望が来た。それは重く受け止める必要がある。従って河村氏に降りていただくしかなく、説得を試みる必要がある」と語った。
 一方で、鳩山氏は「河村氏は政治生命を賭けている部分もあって(立候補の辞退は)そう簡単ではないだろう」との見通しを指摘したうえで、辞退しない場合は「市民の期待を科学的に調査したい」と世論調査の実施も念頭に置いている考えを明かした。
 鳩山氏は名古屋市長選の候補調整は「県連に委ねるべきだ」との方針を示していたが、場合によっては介入もあり得るとの考えを示唆した発言とみられる。国会の代表質問などが終わった後に河村氏への説得に入るとみられ、推薦決定は2月に持ち越される見通しだ。鳩山氏は27日、伴野豊・県連代表から県連の決定内容について報告を受けた。
 26日夜の県連の幹事会は、伊藤氏を推薦候補として党本部に要請することを全会一致で決めたものの、河村氏についても立候補表明したことを合わせて党本部に伝える決定をした。
 民主党の場合、知事選と指定市の首長選に関しては党本部に推薦の権限がある。今年は総選挙があり、名古屋市長選が前哨戦の一つとして注目を浴びる可能性もあるため、党本部内には知名度のある河村氏を擁立すべきだとの意見もある。ただ、「県連が組織決定したことに党本部が口出しするのは難しい」(衆院議員)との見方も根強い。

182 とはずがたり :2009/01/28(水) 21:49:28
輿論調査の場合はどう見ても河村氏有利ですよね。。市議連中はそれで納得するのかな?

183 千葉9区 :2009/01/28(水) 22:18:40
納得。。。しないでしょうねー

184 名無しさん :2009/01/30(金) 05:13:16
河村氏、鳩山氏の説得を拒否 名古屋市長選めぐり小沢氏とも会談
2009年1月30日 朝刊

 4月の名古屋市長選に向けた候補者選びで、民主党の鳩山由紀夫幹事長は29日、国会内で、河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=と会い、出馬を断念するよう説得したが、不調に終わった。河村氏は、小沢一郎代表ともこの問題が浮上して初めて会談し、立候補の決意を伝えた。

 鳩山氏は報道陣に「河村君は『命をかけてもやる』と語った。小沢氏は連合や市議団を丁寧に回るようにと話した」と語った。河村氏と、市議団が推す伊藤邦彦弁護士(55)との認知度や支持率を確かめる世論調査の実施には言及しなかった。

 党幹部らによると、河村氏は2人と個別に会談した。小沢氏から「皆は出ないと思っているようだが、党の推薦がなくても本当に出るのか」と尋ねられ「出ます」と答えた。小沢氏はそれならば、その思いをあらためて地元に伝えるよう求めた。

 鳩山氏が、地元で反対する声もあり「(出馬を)熟慮してくれないか」と促したが、「今回は固い決意」と応じたという。

 河村氏は本紙の取材に、週明けから地元の国会議員や県議、市議、連合愛知関係者に「不退転の決意」を説明する考えを明らかにした。

◆伊藤氏、出馬への意欲変わらず
 民主の名古屋市議団は29日、団会議を開き、伊藤邦彦弁護士も出席。今後の選挙戦などについて情報交換した。伊藤氏は報道陣に「(出馬への意欲は)変わっていない」と述べた。

http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009013002000061.html

185 名無しさん :2009/01/30(金) 15:13:44
河村たかし議員、名古屋市議団から「愛されぬ理由」(1/2ページ)
2009年1月30日15時0分
http://www.asahi.com/politics/update/0130/NGY200901300012.html

 人気度は高く、選挙にも強い。なのに、民主党の河村たかし衆院議員(60)は身内であるはずの市議たちに、なぜ愛されていないのか。4月の名古屋市長選の候補擁立をめぐる両者の対立は、解消する気配はない。

 「なぜ河村さんでいかんのか」。ある名古屋市議のもとには、市民からの抗議の電話がよくかかってくる。

 河村氏は家業の古紙業などをへて、93年に日本新党から立候補して衆院議員になった。現在5期目。テレビ出演が多く、独特の名古屋弁での語り口で全国区の知名度がある。自民党の議員も「河村氏が民主の候補になれば、こちらは相当厳しくなる」と警戒する。

 だが、27人いる民主党の市議団は29日の団会議でも、県連が推薦候補として決めた伊藤邦彦弁護士(55)の擁立を改めて確認した。河村氏の元秘書の市議もいるが、容認した。「河村さんと市議団のもつれは、長年の、それこそ歴史的な根深さがある」。中堅市議は、そうまで言う。

 市議団が河村氏の立候補表明に反発したのは、河村氏が持論として掲げている議員報酬削減や議員のボランティア化などの政策に拒否反応を示したからとみられているが、対立はもっと深刻だ。

 河村氏は4年前だけでなく、8年前の市長選でも立候補に動いたが、市議団の反発に遭い、いずれも断念した。「民主党は『市民の党』を掲げながらも、地方議員でいえば労組出身議員が目立つ。自前の強固な後援会組織を持ち、党に縛られずに自由に発言する河村氏と市議たちが馬が合うわけがない」。党関係者はそう解説する。

186 名無しさん :2009/01/30(金) 15:15:02
河村たかし議員、名古屋市議団から「愛されぬ理由」(2/2ページ)
2009年1月30日15時0分
http://www.asahi.com/politics/update/0130/NGY200901300012_01.html

 しかも、今回の立候補表明は1月に入ってからと突然だった。党本部内にも「本当に市長になりたかったのなら、なぜ市議団とこれまで話ができる関係を築かなかったのか」(衆院議員)という疑問や、「中堅や若手の躍進がめざましい党内で河村さんは追い抜かされた立場にあり、首長に転身を狙っているのでは」(事務局幹部)との見方もあるほどだ。ある市議は「議会の議決なしに市政運営はできない。議会と反発したまま、夢想家みたいなことを言っていても現実味がない」と突き放す。

 だが、河村氏のこれまでの行動が市政に一定の成果を果たした面もある。

 4年前には河村氏が市長の退職金廃止を掲げたことがきっかけで、現職の松原武久市長も退職金3割カットの方針を打ち出した。今回の市長選でも、県連が推薦候補に決めた伊藤氏が市議報酬の引き下げも政策に盛り込む方針を示している。「議員報酬引き下げを出している河村氏を意識せざるを得ない」(市議)との理由からだ。

 河村氏は朝日新聞の取材に「議会の協力なしに実現できないことはわかっている。当然、話し合いながらやっていくつもりだ」と今回は市議団に歩み寄る姿勢をみせる。

 だが、党内のごたごたに有権者に冷めた見方が広がりつつあるのも事実だ。名古屋市守山区の土木工事会社の男性会社員(44)は「市議には『改革しよう』という気概をまったく感じないし、河村さんにしてもパフォーマンスを見せられている感じだ。この不況のさなかに、茶番劇のような対立を続けられても困る」と厳しく言う。(寺西哲生、井上未雪)

187 千葉9区 :2009/01/31(土) 00:20:04
>>154-157
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20090124/CK2009012402000026.html?ref=rank
細江氏、存続派切り崩しに躍起 一本釣り、工作で説得
2009年1月24日

 岐阜市の出直し市長選で市岐阜商高の廃止、立命館の中高一貫校誘致を掲げ、3選した前職の細江茂光氏(60)が、市岐商存続を求める市議の切り崩しに動き出した。存続派市議が多数を占める市議会の構図が変わらない限り、計画実現は難しい。存続派の市議を個別に説得し、劣勢な現状を打開する考えだ。

 「無投票はまったく想定していなかった。残念で市民に申し訳ない」。細江氏は18日の当選後会見で存続派への不快感をにじませた。出直し選で対立候補を破り、「信任を得た」として誘致推進の流れをつくる意向だったが、無投票に終わった。立命館(京都市)は3月末までに市議会が誘致の意思を示すように求めており、決戦の舞台は3月議会に持ち越された。誘致を進める市議は19日に協議したが、具体策を打ち出せていない。

 市議会(定数44)では昨年12月、市岐商の当面の存続を求める請願に27人が賛成した。この構図をひっくり返すためには少なくとも存続派の6人が「転向」する必要がある。細江氏は「市議一人一人に説得工作し、翻意を促す」。

 この言葉通り細江氏は21日、存続派の自民市議の自宅を訪れ、計画に理解を示すよう働きかけた。市議が留守の場合は、「円満な市政運営に努めたい」との細江氏のメッセージを届けている。

 訪問を受けた市議は「市長に言われて3カ月で立場を変えたら、支持者だけでなく、同僚の市議にも市職員にも相手にされなくなる」と説得を拒む。

 出直し選で、細江氏の有力支持者は「反対した市議は次の選挙で落とす」としてきた。複数の市議が、財界や地元自治会の有力者から「市長に協力しないと、市議選で応援できなくなる」と説得を受けている。

 中堅の自民市議は「細江さんは議会との緊張関係を保つため、根回しに否定的だった。今は一本釣りや工作で賛成させようとしている。3月議会で堂々と議論する」と対決姿勢を貫いている。

188 名無しさん :2009/01/31(土) 08:44:53
鳩山幹事長「世論調査当面見送り」 名古屋市長選の候補者選びで
2009年1月31日 朝刊
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2009013102000074.html

 名古屋市長選の候補者選びで、民主党の鳩山由紀夫幹事長は30日の記者会見で「党本部としてはしばらく推移を見守りたい。今すぐに世論調査などにかけるつもりはない」と述べ、河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=と、市議団が推す伊藤邦彦弁護士(55)との認知度などを確かめる世論調査実施を当面見送る考えを明らかにした。河村氏が週明けから市議団などを回って立候補に理解を求めることを受けた。

 鳩山氏は29日に国会内で河村氏と会い出馬を断念するよう説得したが、不調に終わったことをあらためて説明。小沢一郎代表が河村氏に「市議団、連合など関係者を丁寧に回れ」と指示したことにも触れ、「うまく着地点を探さないといけない。候補者を一本化するためその必要性があると判断し、話したと思う」と語った。

 河村氏への指示の真意については「できれば当事者同士で結論をうまく出してもらいたい」と述べ、地元関係者が収拾を図るべきだとの考えを示した。

189 千葉9区 :2009/01/31(土) 16:31:38
>>80>>143とか
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/090131_1.htm
自民出遅れ 市会統一がネック ――名古屋市長選
 4月の名古屋市長選に向け、2年以上にわたる分裂状態の解消を昨年12月に表明した市議会の自民党系2会派の統一が、遅々として進んでいない。新会派の名称などを決める協議を一度開いただけで、今後の日程は白紙。統一の遅れは、市長選で独自候補の擁立を打ち出した党愛知県連の戦略にも影響を与えており、目標としていた今月中の候補者擁立は困難な情勢だ。

 市議会には現在、「自民党市議団」(渡辺義郎団長、14人)と「市会自民党」(斉藤実団長、9人)の2会派がある。両会派は昨年12月16日、政務調査費の不明朗処理を発端に2年2か月間続いた分裂状態を解消すると発表した。

 背景には、市長選で民主党が相乗り路線を転換し、市幹部を独自候補とする動きが表面化したことがある。自民県連内には、自民市議に団結を求め、念願の会派統一と市長選の候補者選びを同時に進めたいとする空気が醸成された。

 しかし、その後、会派統一への協議は、名称や役員、規約などを決める設立準備委員会を今月13日に一度開いただけで、具体的な新会派像は全く見えない。

 市長選の候補者選びも両会派が別々に進める。ある幹部は、「こちらが決めても、向こうが納得するかは分からない」と話し、分裂解消の遅れが、候補者擁立の協議を妨げているとの見方を示す。また、民主党の候補者一本化が遅れていることで、一部に「民主の動きを見極めてから決めればよい」との雰囲気も漂い始め、候補者擁立が来月以降にずれ込むのは必至だ。

 両会派の現状に、県連からは「民主が乱れているチャンスなのに何も決められない。イライラする」(かとう南・都市対策本部長)との声も聞かれる。



(2009年1月31日 読売新聞)

190 千葉9区 :2009/01/31(土) 16:47:42
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009012902000071.html
候補者選び、自民も難航 名古屋市長選
2009年1月29日 朝刊

 4月に行われる名古屋市長選は、民主党が候補者の一本化にもたつく一方、自民党も候補者の顔が見えない。与党相乗りを模索したところへ、民主に“振られた”形となり、民主対自民(プラス公明)のガチンコ対決が決定的になった。独自候補の選考は出遅れ、擁立が来月にずれ込む公算もでてきた。

 「民主から一緒にやろうという話だったのに…。そこまで言うのか」

 民主党市議団が伊藤邦彦弁護士(55)の擁立を決めた17日、自民党のある市議は憤りを隠さなかった。

 怒りの矛先は、民主市議団の奥村文洋選対本部長が会見で、伊藤氏で自公相乗りの可能性について「あり得ない」と言明したことだ。

 名古屋市議会は民主が最大会派。民主が選んだ候補に自民、公明が乗れるか。そこで決まれば「相乗り成立」という段取りのはずだった。

 昨年11月、民主が市教委幹部の擁立に動いた。自民はこの幹部が労組出身という理由で態度を硬化。分裂していた市議会内の自民系2会派の合併を決め、「独自候補も辞さない」とプレッシャーをかけた。この幹部は相乗りが難しいことなどから出馬を固辞した。

 目に見えない力比べの均衡を破った民主の「(自公相乗りは)あり得ない」発言から10日余り。自民党愛知県連幹部は「独自候補を出せないなら、不戦敗。そうなると組織も緩み、次の衆院選も惨敗だ。何が何でも候補を立てる」と危機感をあらわにするものの、候補者は絞り込めていない。合併する2会派それぞれに選対の責任者がいるなど「船頭が多い」という事情もある。

 自民党市議団の渡辺義郎団長は「ここまで来たら多少遅れても、いい候補を選ぶことを最優先すべきだ」と語るが、自民には、民主が伊藤氏と、河村たかし衆院議員(60)のどちらに一本化するか、見極めたいとする空気もまだ、残っている。

◆「そろそろ決めて」 名商会頭が苦言
 名古屋商工会議所の岡田邦彦会頭は28日の定例会見で、今春の名古屋市長選で各党の候補者が出そろっていない状況について「まず候補者がそろうことが必要。(選挙に向けて)有権者が選択できる態勢をつくってほしい」と述べた。

 岡田会頭は、民主党の候補者選びが難航している現状などを踏まえ「選挙日程が4月26日に決まったことからすれば、そろそろ(候補者が)決まらないと」と発言した。

192 とはずがたり :2009/01/31(土) 20:42:23
>>80 >>189
民主も分裂してるみたいですな。

会派別議員名簿 コンテンツ掲載日 平成20年5月8日

民主党名古屋市会議員団(27人)
常任顧問  久野浩平
団長  佐橋典一
副団長  おくむら文洋
幹事長  吉田隆一
副幹事長  杉山ひとし
政審会長  うかい春美
政審事務局長  山本久樹
財務委員長  加藤一登
幹事  田中里佳 服部将也 岡本やすひろ おかどめ繁広 山田昌弘
団員  諸隈修身 吉田伸五 梅村邦子 うえぞのふさえ 梅村麻美子 渡辺房一 鎌倉安男 ちかざわ昌行 斎藤まこと 中島理恵 小川としゆき 橋本ひろき 日比健太郎 高吉英樹

自由民主党名古屋市会議員団(14人)
常任顧問  堀場章
団長 渡辺義郎
副団長  岡本善博
幹事長  中田ちづこ
政調会長  中川貴元
財務委員長兼幹事  ふじた和秀
幹事 水平かずえ
団員  桜井治幸 藤沢忠将 小出昭司 中里高之 東郷哲也 岩本たかひろ 成田たかゆき

公明党名古屋市会議員団(14人)
顧問  加藤武夫
団長  林孝則
幹事長  三輪芳裕
副幹事長  小林祥子
政審会長  ばばのりこ
副政審会長  長谷川由美子
財務委員長  こんばのぶお
副財務委員長  田辺雄一
幹事  福田誠治
団員  江口文雄 小島七郎 ひざわ孝彦 木下優 中村満

名古屋市会自民党(9人)
顧問  浅井日出雄
団長  斉藤実
副団長  岡地邦夫
幹事長  横井利明
副幹事長  丹羽ひろし
政調会長  坂野公壽
副政調会長  工藤彰三
財務委員長  伊神邦彦
PT地方議会改革委員長  前田有一

日本共産党名古屋市会議員団(8人)
団長  わしの恵子
幹事長  江上博之
政審委員長  田口一登
会計責任者  梅原紀美子
幹事  山口清明
団員  さとう典生
 かとう典子
 くれまつ順子

市民ネット(1人) 代表  荒川直之

社民党・ローカルパーティー(1人) 代表  とみた勝ぞう

民主党クラブ(1人) 代表  のりたけ勅仁

193 名無しさん :2009/01/31(土) 21:09:07
民主小沢代表が河村氏に「地元理解得ろ」

 民主党の小沢一郎代表は31日、盛岡市で記者会見し、4月の名古屋市長選への出馬に意欲を示している河村たかし衆院議員(愛知1区)に対し「どうしても出馬したいなら地元の理解を得ることが先だ」と伝えたことを明らかにした。党愛知県連は元県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏の擁立を決めている。

 一方、任期満了に伴う4月の秋田県知事選に関し「原則として政令市と都道府県はできる限り同じ考え方の知事らが誕生することを目指している」と述べ、独自候補擁立を模索する考えを示した。(共同)

[2009年1月31日20時7分]
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20090131-455962.html

194 神奈川1区民 :2009/01/31(土) 23:04:31
>>192 確か、民主党クラブ代表ののりたけ市議は元河村たかし氏の秘書で、河村たかし氏同様、市議団に嫌われて自分で会派を作ったはずです。

195 名無しさん :2009/02/01(日) 00:49:59
>>33>>149>>150
自公候補を破ってるだけあって、>>33にあるように議会と上手くいってなかった模様
http://mytown.asahi.com/mie/news.php?k_id=25000000901310003
市長辞任求める 尾鷲市議
2009年01月31日

 公職と税理士業務の兼業をしていたとして尾鷲市の奥田尚佳(ひさよし)市長が県警に税理士法違反容疑で書類送検された問題で、同市議会は30日、全員協議会を開いた。市議からは「即刻市長職を辞すべきだ」などと厳しい意見が相次いだ。しかし、奥田市長は「大きな選択肢の一つと考えてはいるが、状況を見極めたい」として明言を避けた。


 午後1時に始まった全員協議会は市議15人が出席、市長を追及する発言が相次ぎ、約4時間半にわたった。大多数の議員から辞職を求める声が上がった。


 市議からは「あらためて出直し選挙をして市民が支持したら、堂々と市政を担えばいい」「市民は怒っている。選択肢は一つしかない」など辞職を迫る声が相次いだ。また、「不信任決議もやむを得ない」などの意見もあった。


 しかし、奥田市長は「深く反省しているので理解して欲しい」と述べ、「法的に辞めなければならないのならば辞めざるを得ないが、予算編成など大きな政治課題もあり、市政が停滞しないようにしなければならない」と繰り返した。


 全員協議会終了後、奥田市長は報道陣に対し「検察庁の動向を見極めてから考えたい。現時点で辞めるつもりはない」と、辞任の意向がないことを明らかにした。


 奥田市長は、就任した昨年4月以降も、5月末〜10月末まで、計16回にわたり、法人税や消費税の確定申告などの税理士業務をしていた疑いで、今月22日に書類送検されている。

196 千葉9区 :2009/02/01(日) 00:56:17
>>162
>森本哲生衆院議員(民主)は当初、山中氏の立候補に強く反対。選挙戦でも山中氏を繰り返し批判した
http://mytown.asahi.com/mie/news.php?k_id=25000000901270003
変化求めた松阪市民 新市長に33歳
2009年01月27日


投票日の前日の24日、急きょ山中光茂氏(中)の応援演説に駆けつけた渡辺喜美衆院議員(右)=JR松阪駅前

◇◆市政批判票集める◆◇


 松阪市長選で現職を破って全国最年少市長となる山中光茂氏(33)が26日、当選証書を受け取った。先が見えない景気悪化が続くなか、米国民がオバマ大統領に「チェンジ」を求めたように、松阪市民の「変えなあかん」との声が予想外の大差につながった。(伊沢健司、小泉浩樹、明賀雄二、森山敏男)


◆「財源裏付けは」こぼす現職◆
 「地域の一人ひとりの現場に入り、座っているだけの市長にはならない。情報公開や(市民の)命を守る市政に変えていきます」


 記者会見した山中氏は、選挙戦で訴え続けた「変革」をこの日も強調した。


 山中氏の選挙戦のキャッチフレーズは「まっさかを変えなあかん」。下村市政を「しがらみの政治」と切り捨て、小学6年生までの医療費無料化、コスト面から民営化が進んでいた公立保育園の維持などの大胆な政策を打ち出した。選挙期間中、下村氏は「財源の裏付けのない政策を並べ立てるのにはらわたが煮えくりかえり、夜も眠れなかった」とこぼしたが、変化を求める流れは止められなかった。


 告示後の21日には、米国大統領選でオバマ大統領が就任。投票日前日の24日には、「脱官僚、地域主体」を掲げて自民党を離党した渡辺喜美・元行革担当相が駆けつけ「日本を変えるためにまずは松阪を変えようではないですか」と訴え、流れに乗った。


 山中陣営の坂田和章・選対幹事長は「オバマ大統領の就任や内閣支持率低下などを味方に引き寄せた」と解説する。


 下村氏を支援した田村憲久衆院議員(自民)は「『変えたい』という意識が市民にここまで浸透しているとは思わなかった」と驚いた。


 だが、冷めた目もある。ある市議は「山中氏が積極的に評価されたというより現市政の批判票の受け皿になった」とみる。資材費の高騰などで頓挫した松阪駅西再開発事業をはじめ、空港アクセスの高速船松阪ベルラインへのサーチャージ事業、不透明な随意契約などは市民の批判を浴びた。


◆衆院4区の情勢、影響必至◆
 民主党を離党して立候補した山中氏の当選は、衆院選三重4区の情勢にも影響を与えそうだ。


 山中氏がかつて秘書として仕えた森本哲生衆院議員(民主)は当初、山中氏の立候補に強く反対。選挙戦でも山中氏を繰り返し批判しただけに「勝因はわからないが、私も(衆院選で)かなりのマイナスを覚悟していかなければならない」と話す。


 田村衆院議員も「国政にも(松阪と)同じようないろいろな問題がある。将来に対する漠然とした不安を消す政策が必要。我々は批判を受ける立場だ」と、変化を求める市民の声に警戒を示した。


 山中氏は「市長選では組織ではなく、市民の支持を受けて当選した。衆院選でどこかの政党を応援することはない」と中立を強調する。


 05年の衆院選では、公示直前に当時県議だった森本氏が立候補を表明。田村氏が4区で当選したが、森本氏も比例区東海ブロックで復活当選し、今回も激戦が予想されている。

197 とはずがたり :2009/02/01(日) 00:57:43
>>194
解説あざーす。
同じ様な立ち位置の佐藤夕子県議の方はなんとか折り合いが付いたような記憶がありますがこちらは折り合い付かなかったんですねぇ。

198 千葉9区 :2009/02/01(日) 20:27:40
分裂か?
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/090201_2.htm
河村氏 党推薦なしでも出馬 ――名古屋市長選
支持者と会合、決意強調
 4月の名古屋市長選への出馬を表明している民主党衆院議員の河村たかし氏(60)(愛知1区)が31日、支持者との会合で「党推薦がなくとも(立候補を)やめることはない」と、改めて強い決意を語った。

 同市中区で開かれた会合には支持者約30人が参加した。河村氏は冒頭、「市長選への立候補を決意した」と宣言。住民税の10%カット、中学校区単位のボランティア議会設置、全職員の戸別訪問による「消えた年金」調査実施などの政策を説明した。

 支持者からは「市議会全部が敵に回るが、覚悟は出来ているのか」との声も出たが、河村氏は「覚悟は出来ている。改革は守る人との対決だ」と自信を見せた。

 同党愛知県連は元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏(55)の推薦を決めており、小沢代表は河村氏に「出馬するなら地元の理解を得るように」と指示している。河村氏は「週明けから関係者に出馬の意思を説明したい。理解してもらえると思う」と述べた。

 一方、共産党などでつくる「革新市政の会」の推薦候補で、県商工団体連合会長の太田義郎氏(64)はこの日、同市瑞穂区の地下鉄新瑞橋駅近くで街頭演説し、「医療や年金など生活に密着した政治への不満が高まっている。市民生活を守るため、先頭に立って活動したい」と訴えた。



(2009年2月1日 読売新聞)

199 とはずがたり :2009/02/02(月) 01:42:04
>>196
衆院スレで森本氏と山中氏の関係は微妙と書きましたhttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1146286762/7565けど,それどころか結構険悪そうですね。大人の対応を両者には期待したい。

しかしこうなると微妙と書いただけでデマだらけと云ってきた7569氏http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1146286762/7569もその後反論有りませんしhttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1146286762/7543の書き込みも一理あるのかも。
個人的には民主が強くで自民が公明に頭下げてる三重県で公明が山中氏に乗ったとは考えられず,無党派票が予想外に出たのを公明が動いた的に勘違いしている可能性が高いかと思われますけど。

200 とはずがたり :2009/02/02(月) 13:37:38

くそお。。それにしても現職総崩れでありますね。
民主・連合ブロックは四年後のリベンジを期したい。勿論箱物行政からの脱却は当然であるが。
沼駿三田地域ってのは沼津と駿東と三島と田方か。

御殿場市長に37歳若林氏 長田氏3選阻む
02/02 09:22
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090202000000000009.htm

 任期満了に伴う御殿場市長選は1日、投票が行われ、即日開票の結果、新人の民間病院事務長若林洋平氏(37)=無所属=が、3選を狙った現職長田開蔵氏(67)=無所属、連合沼駿三田地域協議会推薦=を破り初当選を果たした。
 若林氏は37歳1カ月での市長就任となり、県内最年少、全国の現役市長の中でも7番目に若いリーダーとなる。県自治行政室、県市長会によると、これまでの県内最年少市長は43歳6カ月で就任した現熱海市長の斉藤栄氏で、30代の市長誕生は県政史上初という。
 告示3週間前に出馬表明した若林氏は、御殿場青年会議所有志など同年代の若者を核とした後援会と共に機動的に動き、短期間で全市への浸透に成功した。長田氏が進める防衛補助金を使った大型施設建設事業を「箱物行政」と指摘し、市民による事業の再検討を掲げて批判票を取り込んだ。
 長田氏は連合や各種団体の支援を受け、組織の規模では圧倒していたものの、昨年末まで無投票ムードが漂ったのが響いた。陣営の立て直しが遅れ、若林氏の主張に反論し切れず予想以上の批判票を生む結果となった。
 当確の一報が入った午後10時40分、同市新橋の若林事務所は支援者の歓声に沸き返った。若林氏は「物ではなく人にお金を使う行政に改める。透明で、物事をみんなで決める市政を目指す」と力を込めた。
 投票率は前回選を4・48ポイント下回る60・05%だった。
 
御殿場市長選開票結果
当21,319 若林 洋平(37)無新
 19,530 長田 開蔵(67)無現
▽投票総数41,285▽有効40,849▽無効436
 
御殿場新市長の略歴
 若林 洋平氏(わかばやし・ようへい)茨城県水戸市出身。埼玉大理学部卒業後、製薬会社勤務を経て御殿場市に移住。同市周辺の3病院で事務長を務める。御殿場青年会議所わんぱく相撲県大会実行委員長。妻、長女と3人暮らし。新橋。

201 とはずがたり :2009/02/02(月) 14:40:52
新生亀山、次世代に 市長選、45歳・桜井氏が決意
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20090202/CK2009020202000034.html
2009年2月2日

 三重県亀山市長選は1日、投開票され、無所属新人で元県副議長の桜井義之氏(45)が、無所属新人で元関町長の清水孝哉氏(66)を破り、初当選した。投票率は62・65%だった。

 旧関町と合併して2回目の選挙。桜井氏は連合三重や業界団体などの推薦を受け、組織戦を展開。地盤の旧亀山市内を中心に、支持を幅広く浸透させた。

 「多くの人たちに支えられ、少し早い2月に桜を咲かすことができた」。1日に投開票された亀山市長選で、元県副議長の桜井義之氏(45)は初当選の喜びをかみしめながら力強く宣言した。

 亀山市野村の選挙事務所に当選の一報が伝わると、大勢の支持者の「おー、よかった」の拍手と歓声に包まれた。花束を受け取った桜井氏は壇上で、妻の文子さん(43)とともに頭を下げ、「未来のため、子や孫の世代にきっちりと伝えられる新生亀山の実現を目指す」と決意を述べた。

 桜井氏は「小さくともキラリと輝く街」をテーマに、市役所新庁舎建設計画の一時凍結や市立医療センターを最優先で再生することなどを公約に掲げた。

 連合三重など約170団体の推薦を受け、組織戦を展開。民主党系の国会議員や、桜井氏が属していた「新政みえ」の県議らの支援も得て、地盤の旧亀山市内を中心に支持を拡大した。

 無所属新人の清水孝哉氏(66)は組織に頼らない選挙を展開したが、わずかに及ばなかった。
◆投票率は62・65%

 亀山市選管によると、同市長選の投票率は62・65%で、関町との合併前の旧市で行われた1994年の71・79%を大きく下回った。

 1月26日から31日まで6日間の期日前投票は2622人、不在者投票は218人だった。

【亀山市長選開票結果】
当  12,727 桜井義之 45 無新<1>
    11,193 清水孝哉 66 無新  
                 全票終了

 <解説>激戦、組織力で制す
 激戦の末に誕生した15年ぶりの新市長。知名度や組織力で勝る桜井氏が、選挙前から「有利」との下馬評を実証した形になった。市民はまちの未来を、1954年の旧亀山市誕生以来、最も若い45歳のリーダーに託すことになった。 

 両候補ともマニフェスト(政策公約)を発表したが、市役所新庁舎建設計画への賛否以外には明確な違いが少なく、政策論争は盛り上がりを欠いた。

 ここ数年、亀山は“シャープ効果”などで財政や人口の伸びは好調だった。しかし2009年度以降、法人税を中心に税収は減る見通しで、不況の影響は確実に忍び寄る。

 赤字が続く市立医療センターの再生、駅のバリアフリー化や公共交通の再編など課題は多い。限られた予算の中、新市長はどう優先順位をつけて進めていくのか、はっきりした言葉で市民に示すことが求められる。

 (井波和夫)

202 とはずがたり :2009/02/02(月) 16:48:09
>>171 >>135
意外に票差が付いた感じですかね。森も未だ未だ盤石か?

当 15,744 酒井悌次郎 75 無所属 現② 能美市長=寺井
次 10,083 吉田歳嗣 70 無所属 新 元自民党県議=大長野

能美市長に酒井氏再選
保守分裂制し
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ishikawa/news/20090202-OYT8T00120.htm

 能美市長選は1日、投開票が行われ、現職の酒井悌次郎氏(75)(無所属)が、新人で元県議の吉田歳嗣氏(70)(無所属)との保守系同士の一騎打ちを制して再選を果たした。当日有権者数は3万7719人。投票率は70・05%で、前回(63・97%)を上回った。

 同市寺井町の酒井氏の事務所に当選の知らせが入ると、支持者から「やった」と歓声が起こった。酒井氏は、支持者らと握手を交わして当選を喜び、「市民から様々な訴えの声を聞いた。公約を守り、市民の期待に応えるのが私の責務」と2期目の抱負を語った。

 酒井氏は、合併後4年間で市の土台作りを行った1期目の実績をアピール。2期目を「決断と実行の時期」として市政継続の必要性を主張するとともに、市独自の後期高齢者助成制度など福祉政策の充実や旧3町を結ぶ東西幹線の整備を訴えてきた。自民系市議団や地元の商工業団体などから支援を受け、着実に支持を固めた。

 一方、吉田氏は酒井市政の発信力、決断力不足を批判し、市長給与の3割カットなど具体的な公約を掲げて草の根選挙を展開したが、現職の強固な組織力に跳ね返された。吉田氏は、同所の事務所で「大きな権力の壁に挑戦し、市の今後のあり方に一石を投じたと思う」と述べた。

 同時に市議補選(欠員1)の投開票も行われ、新議員が決まった。
(2009年2月2日 読売新聞)

【2月2日03時23分更新】
◎能美市長に酒井氏再選 新人吉田氏に5661票差 投票率、前回上回る70.05%
http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20090202101.htm

 任期満了に伴う能美市長選は一日、投票が行われ、即日開票の結果、現職の酒井悌次郎 氏(75)=無所属、寺井町=が一万五千七百四十四票を獲得し、元自民党県議で新人の 吉田歳嗣氏(70)=無所属、大長野町=に五千六百六十一票差で再選を果たした。投票 率は70・05%で前回(二〇〇五年二月)の63・97%を上回った。

 酒井氏は昨年十一月十八日に立候補を表明後、市内全域で市政報告会などを開催。初代 市長を務めた実績を基に行財政改革の推進や子育て支援の充実、九谷焼産業の振興などを 訴えた。根上、寺井、辰口地区に後援会事務所を開設し、高齢層や女性層を中心に手堅く 票を伸ばした。

 吉田氏は昨年十一月二十六日に出馬表明後、草の根戦術に徹し、青壮年層を中心に浸透 を図ったが及ばなかった。酒井氏の任期は二十七日から四年間。

 能美市議補選は一議席を新人と元職の二氏が争った結果、新人善田善彦氏(44)=岩 内町=が当選した。共産元職の山口慧子氏(62)=辰口町=は及ばなかった。補選の投 票率は70・05%だった。善田氏の任期は二日から十月三十一日まで。

 当選証書の交付は市長選、市議補選ともに三日午前十時から同市役所寺井庁舎で行われ る。

203 千葉9区 :2009/02/02(月) 21:05:07
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20090201-OYT8T00813.htm
藤枝市議増員選3氏当選
 1月1日に藤枝市に編入合併された旧岡部町地域を選挙区とする同市議増員選(定数3)は1日に投開票が行われ、新議員の顔ぶれが決まった。旧町議4人が立候補し、合併後の岡部地域の振興策などを巡って選挙戦を繰り広げた。新議員の任期は現市議と同じ2010年4月30日まで。当日有権者数は1万207人、投票率は63・10%だった。

当 1,964大石 信生70共新〈1〉

当 1,803薮崎 幸裕61無新〈1〉

当 1,506萩原 麻夫59無新〈1〉

□ 1,120大畑  博70無新 

(選管確定)

(2009年2月2日 読売新聞)

204 千葉9区 :2009/02/02(月) 21:09:13
>>173>>200
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090126000000000012.htm
若林、長田氏の争い 御殿場市長選スタート
01/26 07:59
 任期満了に伴う御殿場市長選が25日、告示された。新人で民間病院事務長の若林洋平氏(37)=無所属=と、3選を目指す現職の長田開蔵氏(67)=無所属、連合沼駿三田地域協議会推薦=が立候補の届け出を済ませ、7日間の選挙戦に入った。
 若林氏は御殿場青年会議所など若者グループの支援を受け、行財政の見直しやごみ処理施設計画への市民参加、地域医療再建などを訴える。長田氏は前回同様、同級生らの後援会を核に支持を広げ、出産祝い金交付、新エネルギー開発工場誘致など新たな地域活性化策を掲げる。
 投票は2月1日午前7時から午後8時まで市内23カ所で行われ、午後8時50分から市民会館で即日開票する。期日前投票は26日から31日まで市役所で受け付ける。24日現在の選挙人名簿登録者数は6万9709人(男3万5772人、女3万3937人)。

無駄排除した市政を 若林洋平候補
 若林洋平候補は同市新橋の選挙事務所で出陣式に臨んだ。約300人の支援者が集まり、御殿場青年会議所や自民党系市議団らの激励を受けた後、公共料金引き下げ、ごみ処理場計画の見直し、自衛隊との関係強化、地元業者優先策など公約を述べ、「無駄を排除して本当に必要な施策に生かす。1人1人の意見が反映される市政を実現する」と声を張り上げた。

子育て支援などに力 長田開蔵候補
 長田開蔵候補は御殿場市萩原の選挙事務所前で出陣式に臨んだ。細野豪志衆院議員、大橋俊二裾野市長らの応援演説の後に登壇した長田候補は「円滑で、安定的な市政を進めるには経験が必要」と2期8年の実績を強調。富士山ろくの豊かな自然環境を背景としたまちづくりを挙げ、「子育て支援などに力を入れ、安心安全な住みよい御殿場をつくりたい」と訴えた。

御殿場市長選立候補者
若林洋平[わかばやしようへい](37)無新
 ▽現=民間病院事務長、御殿場青年会議所わんぱく相撲県大会実行委員長▽元=自民党御殿場市支部青年部長。埼玉大理学部卒。新橋

長田開蔵[おさだかいぞう](67)無現
 ▽現=市長、東富士演習場地域農民再建連盟委員長、駿東市町長会長▽元=御殿場地域振興センター所長(市職員)。御殿場高卒。萩原

若林は07年県議選で競り負け。
御殿場市・駿東郡北部 定数2−候補3 (選管確定)
得票数(得票率) 氏名 年齢 党派 新旧 当選回数 代表的肩書
当 17,477(38.6%) 込山 正秀 59 自民 現 4 党県総務会長=小山
当 14,009(30.9%) 池谷 晴一 57 無所属=民主 現 2 行政書士=連合地協の推薦を初めて受け入れ:KEN−MIN所属
□ 13,811(30.5%) 若林 洋平 35 自民 新 病院事務長=御殿場

205 千葉9区 :2009/02/03(火) 22:00:26
どんだけ嫌われてるんだか
市長になっても1本も条例が通らないだろうな
http://mainichi.jp/chubu/news/20090203ddq041010012000c.html
選挙:名古屋市長選 民主市議団、河村氏の推薦要請拒否 「決定覆らない」
 4月の名古屋市長選を巡る民主党推薦問題で、同党の河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=は2日、党名古屋市議団幹部と同市内で会い、推薦を要請した。だが、元愛知県弁護士会副会長の伊藤〓彦弁護士(55)の推薦を決めている市議団側は、決定は覆らないとの立場を崩さず、議論は平行線のまま終わった。

 河村氏は同党の小沢一郎代表から、推薦の条件として地元の説得を課せられている。この日は市議団の奥村文洋選挙対策本部長ら4人に住民税10%減税など基本政策を説明したものの、市議団側は「景気悪化で税収が減る中、減税が可能か」などと疑問を呈し、政策上の一致点も見いだせなかった。

 党本部は10日の常任幹事会で推薦問題を協議する。河村氏は先月31日、支持者との会合で「ここで(出馬を)やめたら死なないといけない」と強い決意を示し、2日の毎日新聞の取材にも「(不退転の)気持ちは変わらない」と強調した。

 河村氏としては、地元組織の説得を続ける考えだが、小沢代表が特にその意向を気にしているとされる支持団体・連合愛知の幹部は「河村さんと会う予定はない」と様子見の構えだ。

 河村氏の動きに対し、党愛知県連から推されている伊藤氏は2日夜、毎日新聞に「党に推していただけるならやるという立場に変わりはない」と語った。【影山哲也、月足寛樹】

毎日新聞 2009年2月3日 中部朝刊

206 名無しさん :2009/02/03(火) 22:28:54
>>199
三重のことは分かりませんが、山形は

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1225012514/228
>「公明支持」と答えた人のうち、斎藤氏に投票したと答えた人は約6割にとどまった。


自民系候補(斉藤氏、落選)に約6割入っていたようですが、山形県知事選で消費税まで争点と
なっていたので、公明は自民系候補に余り乗り気がなかったのではないかと想像。

吉村氏(当選)には公明票のうち約4割が流れた、と仮定すると

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1146286762/7543
>みなさんっ!
>昨日の山形県知事選挙の票差なんですが・・・どうも学会票のような気がしますが
>いかがでしょうか。


これは違うのでは?

207 名無しさん :2009/02/04(水) 11:10:52
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2009020490105136.html

民主迷走、名古屋市長選 出馬表明両氏に聞く
2009年2月4日 11時06分

 4月の名古屋市長選に向け、民主党からは、市議団が推す元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦弁護士(55)と当選5回の河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=の2人が出馬を表明し、調整が難航している。党本部は10日の常任幹事会までに候補者の一本化を図る構えだが、決着への道筋は見えない。渦中の2人に現在の心境を聞いた。(社会部・豊田雄二郎)

◆教育や防災に力注ぐ 伊藤邦彦氏

 −県連が「候補者の候補」と決めたが、最終決定が遅れている。ジリジリ感は。

 「民主主義というのは時間がかかる。勉強する時間ができて、ありがたい。最近は地方自治の本などを、1日1冊ずつ読んでいる」

 −なぜ政治の道に。

 「自治労の顧問弁護士も長いし、以前から、参院に出たら、という話はあった。名古屋に家も建てたし、子どもも小学校に入る。そろそろ考えても良いかなと思っていたところに、話が来た」

 −突然、名前が挙がってきた印象。

 「拙速だと、僕だって思っている。でも、だから悪いのか。昔からずっと温めていたものがある。そこにまたとないチャンスが与えられた」

 −なぜ国政ではなく、名古屋市長選に。

 「昨年中に出馬の打診もあった。僕を育て、幸せにしてくれた名古屋に恩返ししたい」

 −訴えたいのは。

 「税収が減るので、多くの事業を見直さないといけない。職員の意識改革が大事。区役所に法律相談に行くと仕切りが一つあるだけ。これでは隣に聞こえてしまう。職員が相談者の身になっていない。そういう感覚から見直していきたい」

 −具体的な施策は。

 「具体策はこれからだが、教育と防犯、防災を柱にしたい。親として運動会にも参加し、学校現場での問題がよく分かった。また、阪神大震災では弁護士会のボランティアとして自ら被災地に入り、惨状を目の当たりにし、防災対策の必要性を痛感した」

 −選挙戦に「一銭も出さない」という発言が党内に波紋を広げた。

 「お金がない人が出られない選挙ではだめだ。政党交付金をもらっているのだし、党がこの人を推すと決めたら、候補者は一銭も出さなくてもいいじゃないですか」

 −党本部の判断には従う?

 「もちろん。それが政党政治だから。どういう結果になっても、今回、勉強したことは絶対無駄でない。今後は市民運動にも参加したい。今はとても楽しい。人生楽しまないとね」

208 名無しさん :2009/02/04(水) 11:11:54
 ■伊藤邦彦(いとう・くにひこ) 岐阜市出身。明治大大学院修了。81年司法試験に合格し名古屋で弁護士活動。05年から1年間、愛知県弁護士会副会長。自治労愛知県本部顧問弁護士。中京女子大理事も務める。


◆議会説得し減税実現 河村たかし氏

 −県連などの支持が得られない出馬表明に、地元の目は厳しい。

 「応援すると言う人もいる。でも公にはよう発言しない。それだけ、党の拘束が強い。私がやろうとしているのは“革命”ですよ。世の中を変えようとする人は、守ろうとする人と必ずぶつかる」

 −訴えたいのは。

 「地域のことを地域で決めるという民主主義の根っこである仕組みが、日本にはできていない。地域のエネルギーが、宝の持ち腐れにされている。市を中学校単位に割って、選挙で選ばれた地域の代表に予算も権限も委ねる。介護や医療、福祉、子育て、防犯など地域の問題を自分たちで解決してもらう」

 「もう一つは市民税の減税。私も古紙業をやってきたが、商売なら価格競争がある。役所は、より良い公共サービスをより安く。まず減税して、それに併せて努力する。そうすれば本当の行政、構造改革ができる」

 −実現には議会の同意が必要。議会を説得できるのか。

 「ちゃんと説明しますよ。しかし減税なんて本当は議会が出してこなければいけない政策。それを市がやろうとする。もし、何度も否決されたら、市民に直接訴えるしかない。地方自治法上は40万人近い署名を集めたら、議会は解散ですからね」

 −周りの意見を聞かないとの批判も。

 「それでは5期連続当選なんて、できない。ただし信念は曲げない。先の2つの政策は絶対やる。でも目標がはっきりしているから、ほかは、妥協する。周りの意見をどんどん採用して。2期、3期なんて考えない。4年で完全にやる」

 −党推薦にはこだわるのか。

 「党内(の一部)から推薦を取りつけ出馬してと頼まれた。私も党人ですから、小沢一郎代表の指示通り、地元の理解を得られるように最大限努力する」

 −党本部が伊藤氏推薦を決めたら。

 「これは、答えられん。しかし、もう腹をくくっとる。(出馬を断念した)4年前のようには絶対ならん。命懸けでやる」

 ■河村たかし(かわむら・たかし) 名古屋市東区出身。一橋大卒業後、家業の古紙業に。故春日一幸・元民社党委員長の秘書を経て、93年に日本新党から衆院に初当選し、新進党、自由党、民主党で連続当選した。

(中日新聞)

209 千葉9区 :2009/02/04(水) 19:32:49
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/090204_4.htm
民主候補選び「時間ない」焦る連合愛知 ――名古屋市長選
 4月に行われる名古屋市長選を巡り、連合愛知(神野進会長)がやきもきしている。告示まで2か月余にもかかわらず、支持する民主党の推薦候補が決まらないためだ。連合愛知の幹部は「一丸となって戦える体制をつくるには、1〜2か月は必要なのに」と、焦りの色を隠さない。

 同党の推薦候補は、県連が推薦を決めた元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏(55)と、出馬を表明した同党衆院議員の河村たかし氏(60)(愛知1区)の2人をめぐって迷走している。

 連合愛知は民主党の推薦候補が決まれば、幹部が面談して政策や考えを聞き取る。さらに、構成組織の政治担当者らでつくる政治センター幹事会で、選挙活動の実務について話し合う。

 その後、候補者との面談の内容などを元に常任執行委員会で議論を行い、最終的には44構成組織の代表者ら約50人による執行委員会で、正式に推薦を決める。

 各委員会が月に1度しか開かれないうえ、決まってから構成組織に加盟する各労働組合まで浸透させるには時間がかかる。

 幹部の一人は「逆算して、1月中に決まればいいと思っていた。2月に推薦を決めても組織全体に浸透させるには3月までかかる。選挙まで日にちがない」と話す。

 小沢代表は先月29日、河村氏に対して、「地元の議員や連合愛知の支持を得るように」と指示するなど、選挙での連合の動きを強く意識している。鳩山幹事長は「市民の期待に応えられる人が誰か、慎重に選ばなければならない」としているが、連合愛知にとって残された時間は限られている。



(2009年2月4日 読売新聞)

210 千葉9区 :2009/02/05(木) 20:47:00
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000450902050001
民主お手上げ「河村の乱」
2009年02月05日




●人気に頼れば地元バラバラ


 4月26日投開票の名古屋市長選をめぐり、民主党が苦悩している。党愛知県連が決めた推薦予定者とは別に、テレビ出演で人気が高い河村たかし・同党衆院議員(60)が名乗りをあげ、互いに譲らないためだ。党執行部の一部は河村氏で一本化しようと模索するが、着地点は見えない。
 4日朝、愛知県選出の民主党国会議員が国会内で一堂に会した。県連が推薦候補に決めた弁護士伊藤邦彦氏(55)を推す議員と河村氏を推す議員がにらみ合った。伊藤支持派が「ここで決めよう」と迫れば、河村支持派は「議員団会議は何かを決める場ではない」。平行線に終わった。
 愛知県連が伊藤氏推薦の党本部申請を決めたのは先月26日の幹事会。だが、その席で河村氏が出馬表明したため、申請には河村氏の意向も付記される異例の形となった。
 これを受け、29日に小沢代表、鳩山由紀夫幹事長が相次いで河村氏と会談。河村氏が「不退転の決意」を伝えたのに対し、小沢氏は県連や連合愛知関係者に理解を得て回るよう指示した。
 人気か、地方組織か―。党執行部の意見も割れる。
 県連の推薦申請は党本部の常任幹事会に諮る必要があるが、その議事に責任を持つ鳩山氏は河村氏で一本化したいのが本音だ。小沢氏直系の議員グループ「一新会」のメンバーも河村氏を推す。一方、愛知県選出の赤松広隆選対委員長、佐藤泰介財務委員長は県連決定を尊重すべきだと主張している。
 鳩山氏らが河村氏に傾くのは、次期衆院選戦略が崩壊しかねないからだ。民主党は名古屋市内の全5区で独占を狙うが、人気が高い河村氏を相手に分裂選挙となれば、無党派層を敵に回す「最悪の事態」(党幹部)。また、民主党は自民党の森喜朗元首相の地元・石川2区に河村氏の元秘書擁立を決めており、愛知県の問題にとどまらない。
 ただ、強引に一本化すれば地方組織の反発は必至だ。「地方議員のボランティア化」などを訴えてきた河村氏と市議団の対立は深い。赤松氏らは「市議団や連合が動かなくなることこそ衆院選にマイナス」と主張する。無党派層か組織票かのいずれかを失いかねない選択で、軟着陸のシナリオは描けていない。(松田京平、村松真次)

http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000450902050002
候補擁立進まぬ自民
2009年02月05日

●「鈍い」内部から不満も


 4月の名古屋市長選の候補者選びでの民主党の迷走に足並みをそろえるかのように、自民党の独自候補擁立も進まない。ライバルのもたつきを「最大のチャンス」ととらえるが、4日の自民会派の市議団会議では「団長一任をとりつけた。候補者をじっくり選ぶ」と決めただけ。「衆院選での民主との対決を控えているのに動きが鈍い」と党内から不満も噴き出す。(寺西哲生、井上未雪)


 民主党愛知県連が4日に開いた県選出の国会議員団会議では、元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏を推薦候補として党本部に申請した県連決定を確認するにとどまった。立候補表明している河村たかし衆院議員との調整はできなかった。
 敵対相手の状況に、自民県連幹部は「もう民主はガタガタ。自民にとっては大きなチャンスだ」と話す。
 しかし、市議会の自民系2会派の一つ、自民党市議団もこの日、団会議を開いたが、こちらも決まったのは「候補者決定については団長一任とする」のみ。渡辺義郎団長は「焦ることなくじっくりと良い候補者を選ぶようにとの意見が出た」と語る。
 市議団が進める自民の候補者選びは、名古屋にゆかりのある有名俳優や、女性タレントのほか、元中央官僚や元県議の名前が浮かんでは消えている状況だ。敵失で生まれた好機を生かし切れず、遅々として進まない候補者選びに、県連幹部は「市議団は責任を持ってできていない」と批判する。
 自民は06年秋、政務調査費の不適切処理問題に対する執行部の対応をめぐって2会派に分裂したが、「分裂したままでは衆院選を乗り切れない」と昨年末になってようやく統合した。長引く候補者選びには「感情的な対立も根深く、意思統一ができていない」(県連幹部)ことも背景にあるとみられる。
 自民を支援する業界団体の幹部は「衆院選を前に、市長選の候補擁立で、こんなモタモタしていて果たして勝てるのか」と厳しく言う。

211 千葉9区 :2009/02/08(日) 12:33:37
>>173>>200>>204
http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000000902030002
「変革」の流れに勢い
2009年02月03日

 37歳の県内最年少首長が誕生した御殿場市長選、共産党公認候補がトップ当選した藤枝市議増員選から一夜明けた2日、それぞれの当選者が当選証書を受け取った。「公約を信念を曲げず進めたい」と意気込む勝者側とは対照的に、敗れた現職や自民党側は「新しい風を求めたのか」「どこに行っても厳しい」と衝撃を隠せない様子だった。


 御殿場市の新市長に就く若林洋平氏はこの日午後、同市役所で当選証書を受け取った。最重点施策とした医療・子育て支援の充実に関し「早急に産科医を招請したい。中学3年生までの医療費無料化に関する予算も新年度予算に盛り込みたい」と抱負を語った。


 「箱物行政」批判の象徴とした印野地区の交流センターは「建設はやめたい」とし、「自らの公約を信念を曲げず進めたい」と話した。


 選挙戦ではミニ集会を数多くこなし、新市民の多い中心部での街頭演説に力点を置いた。携帯メールで政策を流すなど「今時の選挙戦術」(選対幹部)も功を奏した。


 一方、市議23人中12人の支持を受けていた現職の長田開蔵氏は敗戦後、「市民は若い、新しい風を求めたのかなあ」。陣営幹部は「箱物行政、天下り、といった分かりやすい批判をされ、こちらの言い分を浸透させる方法や時間が無かった。社会への不満が『変革』を求める流れになった」と悔やんだ。


 しかし、新市長が公約とする、新たな財政負担を生む施策や進行中の事業の見直しは障害も予想される。若林氏支援に回った市議は6人。選対事務長を務めた稲葉元也市議は「『少数与党』で難しい議会運営になる」と話した。


                 ◇


 藤枝市議増員選(定数3)で共産党公認でトップ当選した大石信生氏は、他の2氏と共に当選証書を受け取った。


 選挙区の旧岡部町は元々自民党の強固な地盤。「共産党の基礎票は900票程度」(大石氏)というが、それを約1千票上積みした。


 4候補者のうち3人は自民党系無所属で、非自民党系は大石氏だけ。大石氏は「合併後の不安、日々の暮らしの不安が、私への支持につながったと思う」と振り返った。


 一方、自民党にとっては、組織選挙を展開しながら敗れた昨年暮れの焼津市長選に続く衝撃となった。静岡2区選出の原田令嗣衆院議員はこの日、「ショックだ。どこに行っても厳しい」。さらに「自民党への反感が、ただひとりの非自民候補への票になったのだろう。4月あたりに解散かというにおいがしてきているのに。共産党がトップ当選とは……」とつぶやいた。

212 千葉9区 :2009/02/08(日) 12:46:42
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000450902040001
「相乗り慣れ」 候補定まらず
2009年02月04日

●「戦い方忘れた」の声


 告示日まで2カ月余に迫りながら、民主、自民の両党とも推薦候補を固めきれずにいる名古屋市長選。長年の相乗り選挙に慣れてしまい、「市議団はガチンコの戦い方を忘れてしまっている」との声が周辺から漏れる。81年から続く与野党第1党をはじめとする相乗りの構図は、東京や大阪など6大都市の中でも最長記録だ。


 議員にとって相乗りを続け、与党であるメリットは、影響力とポスト、そして選挙費用の節約だ。相乗りが始まったのは革新市政だった本山政雄市長の終盤。それまでは、保守系議員にとって行政側に声が届きにくく、議会運営で紛糾することもままあった。
 だが、相乗り体制が確立すると、各会派は定期的に議長ポストや委員長ポストなどを分け合うようになる。ある市議は「おかげで会派同士の対立も少ない」と利点を語る。ただ、それは同時に行政と議会の緊張関係が薄れることも意味する。
 名古屋市では、裏金問題でも議会のチェック機能はまともに働いていなかった。03年には市の発注事業をめぐり、市議があっせん収賄容疑で逮捕される事件も起きた。
 こうした「なれ合い」とも言える関係を長年続けてきた結果、選挙を真正面から戦う気力も低下。それが今の混乱の背景にある。
 民主党市議団が1月29日に開いた団総会。党県連が推薦を決めた元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏(55)を招いての会議の議題の一つは、市長選の選挙費用だった。
 結論は、伊藤氏と市議団で選挙費用を分担する方向でまとまったが、出席した市議の一人は「市議が負担するなんて、とても受け入れられない」と不満を隠さなかった。
 相乗りなら選挙戦も激しくなく、協力して資金を集めればいいが、対決型ではそうもいかない。市長選には、新顔候補であれば1億円前後の費用が必要になるという。
 市幹部によると、現職の松原武久市長の後援会組織には、現在数千万円が残っており、自民、公明、民主の相乗り候補が擁立されれば、この資金が引き継げるという。松原市長も前任の西尾武喜市長の組織を受け継いだ。
 だが、伊藤氏は民主市議団が中心に擁立した候補だ。同党関係者は「市長選では党からの金はほとんど出ない。独自候補の選挙をやっていない市議団は、選挙資金の作り方もちゃんと知らないから慌てている」と指摘する。
 一方で自民の候補者選びも進んでいない。2日、自民党愛知県連幹部と市議団幹部が県連内で市長選の対応について話し合ったが、「今後、市議団長に一任を取り付けてから決める」と決まっただけだった。候補として芸能人や元県議の名前も挙がるが、市議の中には、いまだに相乗りを模索する声もくすぶる。
 県連幹部は「市議団は今まで相乗りばかりで自らが主導権を握った事が無いから、誰も責任を持って決められない」と話す。


●改革・挑戦意欲そぐ


 児玉克哉三重大教授(社会学)の話 相乗りでなら、どの会派の市議も与党として、予算を地元に配分するパイプになれる。議員に居心地のよい仕組みだ。だが、皆の合意の上に立つ首長に思いきった改革は難しい。市議団や政党は、都合のいい人材ばかりを探し、市民にとって本当に有為な人材の育成を怠ってきた。結果の見える選挙が長年続けば、市民もしらけ、挑戦する意欲もそぐ。名古屋市長選をめぐる推薦候補選びの混乱の背景には、長年の相乗りによる市議団・政党の機能不全もあるだろう。

213 千葉9区 :2009/02/08(日) 12:47:13
■歴代名古屋市長選の主な候補と推薦政党


05年      松原武久(当)   自・民・公
(27.50%)  榑松佐一      共
01年       松原武久(当)  自・民・公・由・社・保
(31.41%)  うのていを       共
97年      松原武久(当)  自・進・民・社・さ・公
(34.28%)  大島良満      共
93年      西尾武喜(当)  自・社会・公・民社・社民連
(31.70%)  竹内平        共
89年       西尾武喜(当)   自・社会・公・民社・社民連
(43.66%)  竹内平        共
85年       西尾武喜(当)   自・社会・公・民社
(33.39%)  海保孝        共
81年       本山政雄(当)  自・社会・公・民社・共・社民連
(26.26%)   竹内義次      無し
77年       本山政雄(当)   社会・共
(61.81%)  日比野暁美      自・公・民社・新自由ク


(注)自は自民、民は民主、公は公明、共は共産、由は自由、社は社民、保は保守、進は新進、さはさきがけ。%は投票率。81年から与野党第1党の相乗りが続く。81年の投票率は戦後最低を記録


●30年近く連続、全国でも異例


 国政の与野党第1党が30年近くも首長に相乗りを続ける名古屋市は、全国でも異例の存在だ。
 6大都市の中で、直近の首長選で与野党第1党の相乗り候補が当選したのは、横浜と京都、神戸、名古屋の4都市がある。だが、中田宏・横浜市長の場合、初当選した02年選挙では無所属の立候補。自民、公明、社民、保守の4党が相乗りした現職を破った。このときは民主県連が現職の推薦を要請したものの、党本部が多選を理由に却下している。
 相乗りが目立つ京都でも、89年に「おたかさんブーム」を背景に社会党が独自候補を擁立した。08年に当選した門川大作・京都市長には自民と公明が党推薦を出したが、相乗り禁止を掲げる民主は府連レベルの推薦にとどめた。神戸は89年の市長選で自民が市連と兵庫県連で保守分裂した経緯があり、相乗りが復活するのは93年からだ。
 大都市の選挙は注目されるため、最近は国政の自民と民主の対立が投影されやすい。大阪では長年、相乗りと助役出身市長が続いてきたが、07年選挙で民主推薦で元アナウンサーの平松邦夫市長が誕生した。
 一方、都市部の無党派層を意識し、政党色が邪魔になる場合もある。07年の都知事選では、自民も民主も推薦を出さず、それぞれ石原慎太郎知事と、浅野史郎氏を水面下で支援した。

214 千葉9区 :2009/02/09(月) 21:30:29
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/090208_4.htm
「候補の候補」自民示さず ――名古屋市長選
公明イライラ 「相談もない」
 今年4月の名古屋市長選を巡り、自民党の候補者擁立の遅れに、公明党がいらだちを募らせている。同党の基本方針は、自民が立てた候補を推すことだが、自民サイドからは「候補者の候補」の名すら伝わっていないのが現状だ。選挙態勢への影響を懸念する声も出始めた。

 「一緒に戦うウチには当然、相談があっていいはずだ。でも、これまで一度も具体的な話がない」。公明党愛知県本部の幹部は、ぶぜんとした表情を見せた。

 今回の市長選は、約30年間続いた主要政党の相乗りが崩れる見通しだが、公明は原則として自民と共同歩調をとることを確認している。しかし、肝心の自民の動きが鈍く、ここに至っても「候補者のリストすら見ていない状況」(公明党県本部幹部)だ。

 創価学会という強固な支援組織を持つ公明は、2007年4月の市議選では、14人を擁立して計約11万6000票を獲得、全員が当選を果たしている。

 自民サイドからは「勝つには公明との協力は不可欠」(市議団幹部)と期待は大きいが、公明の市議団幹部は、「公認と推薦では支援組織の力の入れ方も違う。今年の最優先課題は衆院選。候補者決定が遅れれば、市長選に注げる力が限られてくる可能性もある」と話している。



(2009年2月8日 読売新聞)

215 とはずがたり :2009/02/09(月) 22:25:49
>>214
自公では勝ち目が無いので分裂民主の勝ち馬に乗ろうと云う魂胆ですかねぇ。やり口が野党根性だw

216 千葉9区 :2009/02/11(水) 16:18:59
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2009021102000159.html
細川氏、出馬明言避ける 自民市議団、擁立へ調整
2009年2月11日 朝刊

 4月の名古屋市長選で、自民党市議団が擁立に向けて調整する元中部経済産業局長の細川昌彦・中京大教授(54)は10日、参加したイベント会場に詰め掛けた報道陣に「市民の熱い思いを受け止め、考えたい」と述べるにとどまり、出馬への明言を避けた。

 細川氏は、自民の動きに「名古屋は底力がある街。どうやって豊かに発展させていくかアイデアや思いは持ち続けている。政党を含めて支援していただけたら、ありがたい」と意欲は見せたが、出馬に関する問いには一切、言葉を濁した。

 自民市議団は引き続き、細川氏に絞って調整を進める。ただ細川氏と周辺は、政党が前面に出ない「無党派」選挙に固執する構えも示しており、市民の支援が思ったほど広がらなければ、出馬を断念する可能性もある。

 市長選には、共産党などが推薦する太田義郎・愛知県商工団体連合会長(65)が出馬を表明。民主党の市議団が推す伊藤邦彦弁護士(55)と、河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=も意欲を見せている。

217 千葉9区 :2009/02/11(水) 17:11:35
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/mie/news/20090211-OYT8T00140.htm
尾鷲市長に辞職要求書  「不信任案も視野に」
市議側との対立深刻化

 尾鷲市の奥田尚佳市長は、10日に市議が提出した辞職を求める文書を受け取り、急きょ開いた記者会見で、改めて反省や謝罪の言葉を述べる一方、辞職する意思のないことを強調した。この日、市長は「議会の解散」、市議側は「不信任案」まで言及しており、市長就任以来続いている議会との対立は、一層深刻化した。

 「今すぐ辞めることは考えられない。市民から励ましの手紙や電話が寄せられている」。会見で奥田市長はそう語った。税理士法違反容疑での書類送検については、改めて「警察の厳しい取り調べを受け、非常に大きな過ちを犯したことに気付き、心から反省している。自分が未熟だと感じた」と、市民に謝罪した。会見は「公務がある」として、15分ほどで切り上げた。

 一方、文書に署名した14人の市議の間では、これまで市長の不信任案について具体的な協議はしていないが、「3月議会に提案される来年度予算については、市政や市民に影響が出ないよう配慮すべき」の意見が出ている。

 三鬼和昭議長は「今回の問題は、市や市民にとって大きな損失」と述べ、辞職しない場合、「議会では厳しい目で予算審査に当たらなくてはならない。議会としては、不信任案も視野に考えることになると思う」と語った。

(2009年2月11日 読売新聞)

218 とはずがたり :2009/02/11(水) 19:53:02
=07統一地方選・長野県議選=

公明が自民系含む16人推薦 参院選にらみ初
2007年3月10日掲載
http://info.shinmai.co.jp/2007kengisen/2007/03/10_002811.php

 公明党県本部(佐野功武代表)は9日、4月の県議選立候補予定者のうち、自民党の公認、推薦を得ている計13人と、県会会派の県民クラブ・公明(9人)に所属、無所属で立候補を予定する3人の計16人を推薦すると発表した。公明党が県議選で同党以外の候補予定者を推薦するのは初めて。

 自民党県連(小坂憲次会長)から今年に入り、県議選での推薦を求める打診があり、県本部で検討。公明党が公認候補を擁立する長野市区(定数10)と松本市区(同6)の自民党公認、推薦者計7人については推薦を見送った。

 記者会見した佐野代表は、自民党系の立候補予定者の推薦について、今夏の参院選に向け「連携を強化する必要もある」と説明。県民クラブ・公明に所属する民主党公認の立候補予定者を推薦しない点については、「県政では協力関係にあるが、政党としての判断は別」とした。

 推薦の立候補予定者は次の通り(敬称略、カッコ内は選挙区)。

 ▽平野成基(上田市・小県郡)小松稔(岡谷市・諏訪郡下諏訪町)古田芙士(飯田市)小池清(同)村石正郎(須坂市・上高井郡)清水洋(上伊那郡)佐藤友昭(下伊那郡)服部宏昭(上水内郡)=以上自民党公認

 向山公人(伊那市)丸山栄一(中野市・下高井郡)木内均(佐久市・北佐久郡)望月雄内(安曇野市)垣内基良(上伊那郡)=以上自民党推薦

 高木蘭子(小諸市)柳田清二(佐久市・北佐久郡)村上淳(木曽郡)=以上県民クラブ・公明所属

219 千葉9区 :2009/02/11(水) 22:10:20
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/090211_2.htm
自公 細川氏しかいない ――名古屋市長選
民主 一本化 また先送り
 自民、民主が相まみえることがほぼ確実となった4月の名古屋市長選は、元中部経済産業局長の細川昌彦氏(54)が出馬の意向を固めたことで、対決ムードが一気に高まった。自民党は細川氏の陣営と連携を模索しており、今後、共同歩調を取る公明党とともに支援に回るとみられる。一方、候補者の一本化が難航している民主党は10日、党本部で常任幹事会を開いたが、市長選は議題にされず、推薦候補者の決定は先送りされた。

 細川氏はこれまで、政党の支援を受けない形での出馬を模索してきたが、独自候補擁立に手間取る自民党は、他に有力なカードがないこともあり、細川氏の動向に熱い視線を送っていた。

 関係者によると、同党県連や市議団の間では「細川氏しかいない」との声が日増しに強まっていた。同党県連幹部は「(細川氏が)市民派で行きたいなら、側面からの支援でもかまわない」などと、党推薦にこだわらない姿勢を見せる。また、党市議団幹部は10日、「細川氏が立候補すれば支援は惜しまない」と話した。

 細川氏は同日午後、名古屋市立大での講演を終えた後、「やるべき時になれば、支援は拒むものではない」と話し、今後は無党派には固執しない考えを示した。

 一方、民主党の鳩山幹事長は10日、常任幹事会を終えた後、元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏(55)と同党衆院議員の河村たかし氏(60)(愛知1区)の一本化について、「候補者を決められる環境になっていない。丁寧にやらず、パチンとはじけると大変厳しい状況になりかねない。早くても(次の幹事会がある)2週間後」と話した。また、「決して2人が戦うことになってはならない。時間をかけても調整が必要だ」とも述べた。赤松広隆同党選対委員長は「東海地方では民主が圧倒的に強いので、自民より後になってもいい」と話した。

 伊藤氏を推す同党市議団は同日、議員団総会を開いた。出席者によると、この日も伊藤氏の推薦が決まらなかったことで、市議団幹部の対応を批判する意見が出て紛糾した。終了後、佐橋典一団長は「大変残念だが、伊藤氏に推薦が出ると信じている。意見交換しながら伊藤氏と政策を固めていきたい」と述べた。

(2009年2月11日 読売新聞)

220 とはずがたり :2009/02/12(木) 20:07:20
=福井3区=
この辺は2区か3区かよおわからんので調べたら3区の様だ。

南越前町長に川野氏 初当選「住民主体の町づくりを」
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20090126/CK2009012602000009.html?ref=related
2009年1月26日

 南越前町長選は25日、投開票され、無所属新人の元副町長川野順万(かわののぶかず)氏(72)=赤萩=が、無所属新人の町商工会副会長高谷皓之(たかやひろゆき)氏(65)=今庄=を破り、初当選した。当日有権者数は9877人、投票率は83・09%だった。

 東大道の選挙事務所に姿を現した川野氏は「ご支援のおかげ。ありがとうございました。これまでの町政を継承し、住民を主体にした協働による町づくりを進めたい」と支持者らに抱負を示した。

 2005年の南条と今庄両町、河野村の合併後、初めて投票が行われた町長選。旧河野村長、南越前町副町長として合併前後の行政を担った川野氏は、増澤善和町長の施策継承を訴え、大票田の旧南条町からも多くの支持を集めた。

 旧今庄町出身の高谷氏の終盤の追い上げを農協や漁協などの組織力でかわした。選挙戦では福祉の充実や道路整備、農林水産業振興などを公約に掲げた。

 川野氏は武生高校卒業後、旧河野村農業共済組合に就職、1960(昭和35)年に同村役場入りした。
 (持田則子、田中宏幸、川本光憲)

◇南越前町長選開票結果
当 4,558 川野順万(72) 無新
  3,565 高谷皓之(65) 無新

福祉や道路整備しっかり 南越前町長選初当選 川野氏に聞く
http://www.chunichi.co.jp/kenmin-fukui/article/kenmin-news/CK2009012702000204.html?ref=related
2009年1月27日
住民主体の町づくり推進

 南越前町長選で川野順万(かわののぶかず)氏(72)が初当選した。旧河野村長を4年半、南越前町副町長を3年半担った経験をどう生かすか。2月13日に初登庁するが、合併後の融和、財政難などの課題も残されている。当選から一夜明けた26日にインタビューした。 (持田則子)
 −九百九十三票の差がついた。一夜明けての感想を。

「昨夜は後援会、町民が力を貸してくれ感謝、感激で胸がいっぱいだった。今は大きな責任を感じている」
 −立候補にためらいはなかったか。
「増澤(善和)町長の引退表明を受けて(立候補を薦められたが)初めは辞退した。しかし候補に挙がっていた人らと考え方が違い合併した責任もあった」
−選挙戦では旧今庄町の不満が表面化した。
「旧今庄町にはたくさんの予算を使っている。なぜそのような言葉が出るのか不思議」
−公約を具体的に。
「福祉の向上、道路整備などを含む五つの公約をしっかり実施し、住民主体の町づくりを進めたい。学校耐震化は計画的に進めるが、(ほかの具体策は)増澤町政の今は言えない」
−財政力指数は0・305で県内で二番目に低く、起債残高は百十七億八千五百万円で一人当たりで県内で二番目に高い(二〇〇七年度)。町民税など自主財源が乏しく、借金が多い。増澤町長も財政難と合併後の融和が課題としている。
「自力ではやっていけず、国、県に頼らないといけない。パイプを生かしたい。報酬、各種団体への補助金カットなどを実施しているが、行政サービスを低下させずに合理化するのは難しい。(町の)運営をある程度、変えないと。(融和は)三、四年でできず、継続して対処したい」
−役場職員が恐喝を受ける行政対象暴力が表面化した。対策は。
「就任後、考え方を示す」
−国道305号ホノケ山トンネル整備では二〇〇八、〇九年度にそれぞれ三十数億円規模の予算が計上される。
「やっと掘削にかかり喜んでいる。(完成まで)県と国から予算をもらわないと。頑張りたい」

221 千葉9区 :2009/02/14(土) 22:33:10
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000450902120001
河村氏と接触の動き
2009年02月12日

【民主市議団】


●一本化視野、政策に「保険」


 名古屋市長選の民主党の推薦候補の選考が長引くにつれ、党市議団に動揺が広がっている。市議団が擁立した元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏の推薦は、党本部で先送りされたまま。党幹部の一部が河村たかし衆院議員で一本化を模索していることもあり、河村氏の言動に反発してきた市議団の中からも河村氏と接触する動きや、河村氏を容認する声も出てきた。議員報酬カットなど市議に厳しい政策を打ち出す河村氏に対し、「保険」をかけたい狙いもあるようだ。
 10日午後、民主市議団は団総会を開いた。出席した市議らによると、「河村さんも推薦候補として俎上に載せて議論すべきではないか」との声が上がったという。
 市議団は1月17日の総会で、既に伊藤氏の推薦を全会一致で決定している。にもかかわらず、河村氏の名前が出てきた背景には、推薦決定の行方が見えなくなっていることに加え、同氏の政策への警戒感がある。
 河村氏が県連幹事会に提示した政策には、「議員定数削減」「地方議員年金廃止」「議員報酬の寄付金化推進」など、市議の「特権」に厳しい内容が並ぶ。
 河村氏の求めに応じて接触した市議の一人は「市議の中には河村氏をほうっておいて勝手にされたら困る。その前に政策協定なり、民主党推薦なりにして手綱を握っておかなきゃという焦りがある」と解説する。河村氏からは「政策協議を必ずする」と伝えられたという。
 知名度の高い河村氏が離党すれば衆院選への悪影響があることなどから、鳩山由紀夫幹事長ら党本部の一部は、河村氏の推薦決定を模索している。市議団幹部も「党本部決定には従う」としており、市議側には、河村氏で決定した場合に備えて、事前に対策を立てたい狙いもある。
 河村氏と2度面会したという別の市議は「河村さんの方が良いと思っている。党推薦に関係なく出馬すれば勝つのだから、党で推した方が良い」と打ち明ける。
 身内が分裂している状況に対し、伊藤氏は「拙速に擁立が決まったゆえに、自分について理解が深まらないのは仕方ない。今自分ができるのは、静かに政策を考えながら待つだけだ」と話す。
 一方、河村氏は今後も市議回りは続ける予定で、政策への理解を求めていくという。

222 千葉9区 :2009/02/14(土) 22:33:59
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000450902130001
政策、民主党内に疑問
2009年02月13日

【伊藤氏「協議まだ」 河村氏「実現不能」】


 名古屋市長になって、何がやりたいのか。何ができるのか。同市長選の民主党の推薦候補に名前が挙がる元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏と河村たかし衆院議員が示している政策に、党内から疑問符がついている。党内調整を難航させ、一本化が先送りされる状況に拍車をかける原因になっている。
 伊藤氏は12日、朝日新聞の取材に対し、「今、地方自治について勉強している。25項目にわたる政策をつくっている最中だ」と話す。近日中に、民主党市議団と政策協議を行う予定だ。
 市議団が擁立し、県連が推薦決定をした伊藤氏はこれまで、教育予算の充実▽地震対策や治安の充実▽名古屋を世界に発信する、の三つを提示したのみで、具体策は示していない。
 市議団は河村氏の立候補表明を受け、十分な政策協議もないまま、1月17日に急ごしらえで伊藤氏の擁立を決めた。その後、1カ月近くたった今も、推薦候補として抱えた伊藤氏との政策の詰めを行っていない。ある市議は「マニフェストが示されてもよい時期なのに、市議団幹部は政策協議も何もやっていない」と批判する。
 一方の河村氏は、1月26日の県連幹事会で出席者に「減税ナゴヤ庶民革命」と題した政策を配った。
 「市民税10%減税」「中学校区に予算と権限を分権、ボランティア議会を設置」「ナゴヤ独立経済復興」を3本柱に、「外郭団体の廃止」「議員報酬の寄付金化」「ノーベル医学生理学賞1人誕生」など23項目の政策を示した。
 市民税減税について、河村氏は「まず減税すれば、必然的に無駄遣いの見直しにつながる」とし、ボランティア議会についても「地方自治法に設置可能だと盛り込まれている。本当の民主主義の実現には不可欠」と主張し、市議団に理解を求めて回っているが、「実現不能」との批判の声も大きい。
 河村氏と面会した市議の一人は「緊縮財政の時に減税すれば、福祉施策が必ず削られる。条例改正も必要で、議会が同意するとは思えない」と話す。
 それでも河村氏は「無駄遣いをなくせば、福祉の充実にもつながる。話し合えば市議会は理解を示してくれると思う」と期待を寄せる。

223 とはずがたり :2009/02/16(月) 00:46:49

民主が分裂してる場合ではなくなってきましたね。。

自民、細川氏擁立で調整 名古屋市長選
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009021002000146.html?ref=related
2009年2月10日 朝刊

細川昌彦氏

◆元中部経産局長・中京大教授

 4月の名古屋市長選で、自民党市議団が元中部経済産業局長で中京大教授の細川昌彦氏(54)の擁立に向け、調整していることが9日、分かった。財界や文化人の一部にも支持する動きがあり、本人はさらに状況を見て、出馬するかどうかを決断するとみられる。

 細川氏が出馬の意向を固めれば、自民と連携する公明党も支持するとみられる。

 細川氏は大阪府出身。東京大法学部卒業後、旧通産省入り。2003年の中部経済産業局長時代に、名古屋を核とし海外から投資を呼び込む「グレーター・ナゴヤ構想」を提唱。06年の退官後に日本鉄鋼連盟常務理事を経て、昨年9月から中京大経済学部教授。

 細川氏は9日、中京大幹部と出馬に向けた相談をしており、本紙に「(市政への)熱い思いを語ったが、それ以上はコメントできない」と話した。

 市長選には民主党から伊藤邦彦弁護士(55)と河村たかし衆院議員(60)が出馬に意欲。共産党などの推薦を得て太田義郎・愛知県商工団体連合会長(64)が出馬を表明している。

224 片言丸 :2009/02/16(月) 16:23:06
白山市議選で,現役郵便局長が市議に当選。
全国初の兼務例になるようです。

225 とはずがたり :2009/02/16(月) 18:11:48
>>224
なんと。公務員で無くなって兼任したまま選挙に出れるようになったと云う訳でしょうか。

226 とはずがたり :2009/02/16(月) 18:16:45
ダブル無投票かよ(゚Д゚;)森の威光か?

選挙:白山市長選/白山市議選 告示、ともに無投票 市長選、角さん2期連続 /石川
http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20090216ddlk17010359000c.html
 ◆ダブル選告示
 ◇角さん、2期連続で 合併後指針、財政運営など課題重く−−市長選
 ◇市議選、新人4人

 任期満了に伴う白山市長選と同市議選(定数28)が15日告示された。市長選に立候補を届け出たのは現職の角光雄氏(77)=無所属=だけで、無投票で再選を決めた。市議選も現職、新人合わせて28人が立候補し、無投票当選となった。市長、市議選がダブルで無投票となるのは異例。角氏は2期連続で無投票当選。ただし、4年前の合併から市の方向性は定まっているといえず、一層明確なかじ取りが問われることになる。【高橋慶浩、澤本麻里子】

 角氏は午前9時半から同市内の若宮八幡宮で出陣式を開き、森喜朗元首相ら県内選出国会議員、首長らが出席する中「今後取り組む改革は市民のみなさんが幸せと感じるものでなければだめ。学校の耐震化や1次産業の活性化などを進め、バランスの取れた行政を目指す」などと訴えた後、選挙カーで市内を遊説した。再選が決まり、午後5時15分過ぎに事務所に現れると、多くの支持者が拍手で出迎え、そろって万歳をした。

 前回に続く無投票当選に角氏は「市民の温かい支援が無投票につながった」と手放しで喜んだ。今後は「未来の大きな発展につながる白山市になるよう努力する」と話した。

 角氏は旧松任市議、県議、旧松任市長を経て、05年2月の8市町村合併による白山市誕生に伴う市長選に初当選した。同市の財政は現在、毎年80億円前後の公債償還で圧迫されており、2期目の手腕に注目が集まる。

 2月14日現在の有権者数は9万574人(男4万3612人、女4万6962人)。

==============
 ◇白山市長選無投票当選者

角光雄(かど・みつお) 77 無現(2)

 市長▽県畜産協会長[歴]旧松任市議長▽県議長▽旧松任市長▽松任農校中退

==============
 ◇白山市議選無投票当選者(定数28)
永井徹史  42 郵便局長    無新 ← これですな。
村本一則  55 会社員     無現
竹田伸弘  54 団体役員    無現
清水芳文  54 党役員     公現
宮中郁恵  54 党役員     公現
森本茂   59 会社役員    無新
西川寿夫  64 団体役員    無現
北川謙一  61 建築業     無現
杉本典昭  63 会社役員    無現
吉田郁夫  52 製造業     無現
前多喜良  60 会社員     無現
古河尚訓  61 団体役員    無現
岡田俊吾  61 会社員     無現
中西恵造  60 農業      無現
小川義昭  60 会社役員    無現
小島文治  70 [元]町内会長 無現
大口英夫  43 自営業     無新
徳田巌   67 農業      無現
岡本克行  58 会社役員    無現
石地宜一  57 呉服販売業   無新
宮岸美苗  58 党役員     共現
本屋弥寿夫 68 農業      無現
北嶋章光  51 会社社長    無現
北村登   60 農業      無現
石田正昭  66 園芸業     無現
寺越和洋  50 会社員     無現
安田竹司  63 建設業     無現
藤田政樹  61 会社役員    無現

毎日新聞 2009年2月16日 地方版

228 とはずがたり :2009/02/16(月) 19:04:40

白山市議会 定員35 欠員1
(議員の任期:平成17年3月6日〜平成21年3月5日)
http://www.city.hakusan.lg.jp/other/gikai_syomu/gikai.jsp

〜創誠会(8名)〜 松任系会派か?
石田 正昭 選挙区:松任 当選回数:3 所属政党名:無所属 会派:創誠会 議長(平成20年3月19日就任)
小川 義昭 選挙区:松任 当選回数:1 所属政党名:無所属 会派:創誠会
本屋 彌壽夫 選挙区:松任 当選回数:2 所属政党名:無所属 会派:創誠会 
安田 竹司 選挙区:松任 当選回数:2 所属政党名:無所属 会派:創誠会
岡本 克行 選挙区:松任 当選回数:3 所属政党名:無所属 会派:創誠会
杉本 典昭 選挙区:松任 当選回数:3 所属政党名:無所属 会派:創誠会
撫子 順一 選挙区:美川 当選回数:3 所属政党名:無所属 会派:創誠会
徳田 巖  選挙区:松任 当選回数:7 所属政党名:無所属 会派:創誠会

〜白誠会(6名)〜
村下 眞次 選挙区:尾口 当選回数:1 所属政党名:無所属 会派:白誠会
南  清人 選挙区:鳥越 当選回数:2 所属政党名:無所属 会派:白誠会
北山 進  選挙区:河内 当選回数:4 所属政党名:無所属 会派:白誠会
笹木 進  選挙区:白峰 当選回数:4 所属政党名:無所属 会派:白誠会
北村 登  選挙区:鳥越 当選回数:4 所属政党名:無所属 会派:白誠会
林  繁  選挙区:吉野谷 当選回数:5 所属政党名:無所属 会派:白誠会

〜翔新会(6名)〜 鶴来系会派か?
河原 秀昭 選挙区:鶴来 当選回数:2 所属政党名:無所属 会派:翔新会
宮中 郁恵 選挙区:鶴来 当選回数:3 所属政党名:無所属 会派:翔新会
村本 一則 選挙区:鶴来 当選回数:3 所属政党名:無所属 会派:翔新会
岡田 俊吾 選挙区:鶴来 当選回数:4 所属政党名:無所属 会派:翔新会
寺越 和洋 選挙区:鶴来 当選回数:4 所属政党名:無所属 会派:翔新会
村山 一美 選挙区:鶴来 当選回数:6 所属政党名:無所属 会派:翔新会

〜清流会(5名)〜
北嶋 章光  選挙区:美川 当選回数:3 所属政党名:無所属 会派:清流会
吉田 郁夫 選挙区:美川 当選回数:4 所属政党名:無所属 会派:清流会
北川 謙一 選挙区:美川 当選回数:4 所属政党名:無所属 会派:清流会
藤田 政樹 選挙区:松任 当選回数:4 所属政党名:無所属 会派:清流会
中西 恵造 選挙区:美川 当選回数:5 所属政党名:無所属 会派:清流会 副議長(平成20年3月20日就任)

〜友愛(4名)〜 西川は団体役員の様だが旧民社系会派か?
小島 文治 選挙区:松任 当選回数:3 所属政党名:無所属 会派:友愛
西川 寿夫 選挙区:松任 当選回数:4 所属政党名:無所属 会派:友愛
前多 喜良 選挙区:鶴来 当選回数:4 所属政党名:無所属 会派:友愛
水上 俊明 選挙区:鶴来 当選回数:7 所属政党名:無所属 会派:友愛

〜グループDo(3名)〜=公明加入
古河 尚訓 選挙区:松任 当選回数:2 所属政党名:無所属 会派:グループDo
竹田 伸弘 選挙区:松任 当選回数:4 所属政党名:無所属 会派:グループDo
清水 芳文 選挙区:松任 当選回数:4 所属政党名:公明党 会派:グループDo

〜無会派(2名)〜
宮岸 美苗 選挙区:松任 当選回数:3 所属政党名:共産党 会派:無所属
大本 久男 選挙区:松任 当選回数:4 所属政党名:無所属 会派:無所属

229 とはずがたり :2009/02/16(月) 19:15:49
>>226-229
 ◇白山市議選無投票当選者(定数28:4減)<現:24 元:0 新:4>
永井 徹史 42 郵便局長    無新①
村本 一則 55 会社員     無現④ 鶴来 会派:翔新会
竹田 伸弘 54 団体役員    無現⑤ 松任 会派:グループDo
清水 芳文 54 党役員     公現⑤ 松任 会派:グループDo
宮中 郁恵 54 党役員     公現④ 鶴来 会派:翔新会←前回無所属。新たに折伏されたか?
森本 茂  59 会社役員    無新①
西川 寿夫 64 団体役員    無現⑤ 松任 会派:友愛
北川 謙一 61 建築業     無現⑤ 美川 会派:清流会
杉本 典昭 63 会社役員    無現④ 松任 会派:創誠会
吉田 郁夫 52 製造業     無現⑤ 美川 会派:清流会
前多 喜良 60 会社員     無現⑤ 鶴来 会派:友愛
古河 尚訓 61 団体役員    無現③ 松任 会派:グループDo
岡田 俊吾 61 会社員     無現⑤ 鶴来 会派:翔新会
中西 恵造 60 農業      無現⑥ 美川 会派:清流会
小川 義昭 60 会社役員    無現② 松任 会派:創誠会
小島 文治 70 [元]町内会長 無現④ 松任 会派:友愛
大口 英夫 43 自営業     無新①
徳田 巌  67 農業      無現⑧ 松任 会派:創誠会
岡本 克行 58 会社役員    無現④ 松任 会派:創誠会
石地 宜一 57 呉服販売業   無新①
宮岸 美苗 58 党役員     共現④ 松任 会派:無所属
本屋弥寿夫 68 農業      無現③ 松任 会派:創誠会
北嶋 章光 51 会社社長    無現④ 美川 会派:清流会
北村 登  60 農業      無現⑤ 鳥越 会派:白誠会
石田 正昭 66 園芸業     無現④ 松任 会派:創誠会
寺越 和洋 50 会社員     無現⑤ 鶴来 会派:翔新会
安田 竹司 63 建設業     無現③ 松任 会派:創誠会
藤田 政樹 61 会社役員    無現⑤ 松任 会派:清流会

230 とはずがたり :2009/02/16(月) 19:17:38

旧会派の当選者(11名引退)
◆創誠会:8→7
杉本 典昭 63 会社役員    無現④ 松任
小川 義昭 60 会社役員    無現② 松任
徳田 巌  67 農業      無現⑧ 松任
岡本 克行 58 会社役員    無現④ 松任
本屋弥寿夫 68 農業      無現③ 松任
石田 正昭 66 園芸業     無現④ 松任
安田 竹司 63 建設業     無現③ 松任

松任系の会派色の強かった創誠会だがその色彩を強めた?

◆白誠会:6→1
北村 登  60 農業      無現⑤ 鳥越 会派:白誠会

第二会派であった白誠会は恐らく鳥越(2),河内,白峰,吉野谷系の会派。全市1区になって候補者絞らざるを得なかった様だ。

◆翔新会:6→4
村本 一則 55 会社員     無現④ 鶴来
宮中 郁恵 54 党役員     公現④ 鶴来←前回無所属当選の様だが。。
岡田 俊吾 61 会社員     無現⑤ 鶴来
寺越 和洋 50 会社員     無現⑤ 鶴来

鶴来のみの翔新会だが。

◆清流会:5→5
北川 謙一 61 建築業     無現⑤ 美川 会派:清流会
吉田 郁夫 52 製造業     無現⑤ 美川 会派:清流会
中西 恵造 60 農業      無現⑥ 美川 会派:清流会
北嶋 章光 51 会社社長    無現④ 美川 会派:清流会
藤田 政樹 61 会社役員    無現⑤ 松任 会派:清流会

清流会は美川系の会派?

◆友愛:4→3
西川 寿夫 64 団体役員    無現⑤ 松任 会派:友愛
前多 喜良 60 会社員     無現⑤ 鶴来 会派:友愛
小島 文治 70 [元]町内会長 無現④ 松任 会派:友愛

◆グループDo:3→3
古河 尚訓 61 団体役員    無現③ 松任 会派:グループDo
竹田 伸弘 54 団体役員    無現⑤ 松任 会派:グループDo
清水 芳文 54 党役員     公現⑤ 松任 会派:グループDo

◆無所属(共産党):1→1
宮岸 美苗 58 党役員     共現④ 松任 会派:無所属

231 とはずがたり :2009/02/16(月) 19:26:09
【2月16日03時29分更新】 ■ 石川のニュース
◎白山市長に角氏再選 無投票 「市民の幸せへ努力」 市議選も無投票
http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20090216101.htm

 任期満了に伴う白山市長選と市議選は十五日告示され、市長選は現職の角光雄氏(77 )=無所属、一期、同市法仏町=以外に立候補の届け出はなく、前回に続いて無投票で角 氏の再選が決まった。市議選も定数二八と同数の二十八人が立候補し、無投票当選した。

 石川県選挙管理委員会によると、県内で実施された市長選と市議選の同日選で、ともに 無投票となったのは、記録に残る一九四七(昭和二十二)年以降初めて。

 角氏は白山市村井町の選挙事務所で、近隣市町の首長や地元選出県議、支持者から祝福 を受け「常に目線を市民に向け、市民の幸せのため力を尽くす」と決意を語った。

 初代白山市長の角氏は昨年の市議会十二月定例会で再選出馬を表明した。市全域に同氏 の後援会「市民の声の会」の地区支部を設けるなど支持基盤を固め、市町会連合会など三 十五団体から推薦を取り付けた。

 白山市議選は現職二十四人、新人四人が当選した。党派別では公明党二人、共産党一人 、無所属二十五人となった。

 今回の市議選は、二〇〇五(平成十七)年二月の市町村合併後、初めて市全域を一区域 として行われ、定数は三五から二八に削減した。一時は定数割れが指摘され、一部立候補 予定者は告示日まで出馬を検討した。

 地区別の当選者数は松任十六人、美川五人、鶴来五人、白山麓(ろく)旧五村二人とな った。

 市長選、市議選ともに二十五日に市役所で当選証書付与式が行われる。角氏と市議選当 選者の任期はいずれも三月六日から四年間となる。

 市議選当選者は次の各氏(年齢は投票日基準満年齢)。→略>>229参照

>地区別の当選者数は松任十六人、美川五人、鶴来五人、白山麓(ろく)旧五村二人とな った。

〜松任(16)〜<下記+新人2名松任>
杉本 典昭 63 会社役員    無現④ 松任 会派:創誠会
小川 義昭 60 会社役員    無現② 松任 会派:創誠会
徳田 巌  67 農業      無現⑧ 松任 会派:創誠会
岡本 克行 58 会社役員    無現④ 松任 会派:創誠会
本屋弥寿夫 68 農業      無現③ 松任 会派:創誠会
石田 正昭 66 園芸業     無現④ 松任 会派:創誠会
安田 竹司 63 建設業     無現③ 松任 会派:創誠会
竹田 伸弘 54 団体役員    無現⑤ 松任 会派:グループDo
清水 芳文 54 党役員     公現⑤ 松任 会派:グループDo
古河 尚訓 61 団体役員    無現③ 松任 会派:グループDo
西川 寿夫 64 団体役員    無現⑤ 松任 会派:友愛
小島 文治 70 [元]町内会長 無現④ 松任 会派:友愛
宮岸 美苗 58 党役員     共現④ 松任 会派:無所属
藤田 政樹 61 会社役員    無現⑤ 松任 会派:清流会

〜鶴来(5)〜
村本 一則 55 会社員     無現④ 鶴来 会派:翔新会
宮中 郁恵 54 党役員     公現④ 鶴来 会派:翔新会←前回無所属。新たに折伏されたか?
前多 喜良 60 会社員     無現⑤ 鶴来 会派:友愛
岡田 俊吾 61 会社員     無現⑤ 鶴来 会派:翔新会
寺越 和洋 50 会社員     無現⑤ 鶴来 会派:翔新会

〜美川(5)〜<下記+新人1名>
北川 謙一 61 建築業     無現⑤ 美川 会派:清流会
吉田 郁夫 52 製造業     無現⑤ 美川 会派:清流会
中西 恵造 60 農業      無現⑥ 美川 会派:清流会
北嶋 章光 51 会社社長    無現④ 美川 会派:清流会

〜白山麓旧五村(2)〜<下記+新人1名>
北村 登  60 農業      無現⑤ 鳥越 会派:白誠会

〜新人〜
<松任…2,美川…1,白山麓旧五村…1>
永井 徹史 42 郵便局長    無新①
森本 茂  59 会社役員    無新①
大口 英夫 43 自営業     無新①
石地 宜一 57 呉服販売業   無新①

232 とはずがたり :2009/02/16(月) 19:28:11
>>229

>◇白山市議選無投票当選者(定数28:4減)<現:24 元:0 新:4>←ミス


>◇白山市議選無投票当選者(定数28:7減)<現:24 元:0 新:4>←正しくはこちら

233 千葉9区 :2009/02/16(月) 22:01:55
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000450902160002
「世論が味方」力説
2009年02月16日

●河村氏、議員批判も展開


 4月の名古屋市長選で、民主党推薦を求めて立候補を表明している河村たかし衆院議員を支援する市民団体が15日、集会を開いた。「市民税10%減税」「中学校区ごとに政府をつくる」など大胆な施策を掲げる河村氏に、支持者からも「実現性はあるのか」との声が上がった。河村氏は、市議会などの反対勢力を「世論の後押し」で押し切りたい考えを示す。
 弁護士らでつくる市民団体が同日午後、河村氏を招き、名古屋市内で集会を開いた。河村氏は党市議団に政策への理解を求めて回っている最中だが、報道陣にも公開された集会で「不況下で税金払う方は苦労しているが、税金で食っとる方は極楽」「議員は職業になると強い者の味方になる。その方が楽だから」と、公務員や議員を刺激的な言葉で批判した。
 一方、市長選で掲げる政策の二本柱として「市民税10%減税」「中学校区ごとのボランティア議会設置」を挙げ、「絶対実現できます」と繰り返した。
 集会に出た同市内の男性(77)は、「掲げる理想は良いが、現実に、どう実現するのかの話が聞きたかったのだが。河村氏が言っているように、すぐに名古屋市を良くできるとは思えない」と漏らす。
 河村氏が訴える政策は、ほとんどが条例改正などを伴い議会の議決を必要とするが、市議会には強い反発があり、「実現不可能」との指摘も多い。
 河村氏は15日、朝日新聞の取材に対し、政策に市議会が反対した場合の対応について、「市民にとってプラスとなる減税を、議会が反対できるのか。就任直後の議会で反対されても、マスコミの報道が繰り返されれば、理解が得られる」として、「世論が味方につけば必ず実行できる」との考えを強調した。
 柱とした「市民税の10%減税」については、具体策として「不必要な外郭団体の廃止を1年以内にやることで実現可能」とした。また、市議会からの強い抵抗が予想される議員定数削減も政策に掲げているが、「中学校区ごとのボランティア議会ができれば、定数削減の議論に必ずなる。2年後の統一地方選には間に合う」との意欲を見せた。
 市長選の民主党推薦をめぐっては党県連が元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏を推薦決定している。今のところ、河村氏が確実に党推薦を受けられるのかの見通しは立っていないが、河村氏はこの日の集会で、「立候補を辞めることはありません」と党推薦無しでも出馬する考えを改めて強調した。

234 千葉9区 :2009/02/16(月) 22:02:43
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000450902160003
「今ある財産磨く」
2009年02月15日

●市民主催イベント 細川氏、意欲語る


 4月の名古屋市長選に立候補の意向を固めた元中部経済産業局長の細川昌彦氏(54)が14日、市民団体が主催したイベントに出席し、「名古屋には宝がある。掘り起こして磨き上げることをやっていきたい」と、市政への思いを語った。
 イベントは大学生や中小企業経営者らでつくる市民団体が主催。ゲストは細川氏だけで、市民ら約200人が参加した。
 冒頭の講演で細川氏は「不況でコストカットやリストラなど縮み思考が蔓延しているが、削っていく話ばかりではダメで今ある財産をどう磨くかが大事」と語った。また、具体策として「名古屋は夜が早いと言われるが、夜のにぎわいがあればもっと輝く。美術館の開館時間を延長してワイングラス片手に楽しめるようにしても良い」などと話した。
 質疑応答の場もあり、最後の質問で参加者の一人から細川氏に対し、「できれば市長になっていただきたい」との発言があった。細川氏は「熱いお言葉をいただいてしっかりと私の胸に受け止めさせていただきたい」とだけ答えた。
 細川氏には自民党関係者が接触しているが、細川氏陣営は政党色を出さずに幅広い支援を求めていくため、市民からの支持の広がりを待って立候補表明すると見られる。
 一方で、自民党支持者という50代の自営業男性からは参加後、「会の幹事から頼まれて来た。市職員の給料、人件費、議員の特権について思いを聞きたかったが、具体的な話が出ず、がっかりした」との声も聞かれた。
 イベント終了後、細川氏は報道陣に対し、「自民党からの正式な要請は無い。(市民からの思いは)前向きに受け止めたい」と話した。



●民主県連幹事会 正式議題にせず


 民主党愛知県連(代表・伴野豊衆院議員)は14日、幹事会を開いた。名古屋市長選については今回は正式議題にあげず、議論は進まなかった。
 県連はすでに元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏(55)を推薦候補にすることを決定しているが、同党の河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=も出馬を表明。河村氏には党幹部が「県連の理解を得るように」と地元回りを指示し、一本化を模索している。
 この日の幹事会には、河村氏も出席し、伊藤氏支持と河村氏支持の双方の国会議員らも顔を見せたが、途中で退席する議員もいて、議論はほとんどなかった。伴野代表は幹事会後の会見で、「(一本化は)党本部に預ける形になっており、党本部の決定を待っている段階だ」と説明した。



●共産推薦・太田氏 後援会事務所開き


 4月の名古屋市長選で、共産党や労働団体などでつくる「革新市政の会」が推薦する愛知県商工団体連合会長の太田義郎氏(65)が14日、後援会の事務所開きをした。太田氏は支持者らを前に、「日本一の福祉と経済の活性化を一体化する施策をしたい」と訴えた。

235 千葉9区 :2009/02/16(月) 22:03:11
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000450902160001
落選恐れ 財界は距離
2009年02月14日

●「勝ち馬」見極め様子見


 選挙時には自民党を支援してきた経済界が、4月の名古屋市長選で距離を置く姿勢を見せている。自民、民主が相乗りしてきたこれまでの市長選は勝ち馬に乗るため積極的な支援姿勢を取ってきた。だが、自民が独自候補の擁立を目指す今回は、うかつに支援して落選した時の関係悪化を懸念して様子見をしている状況だ。
 13日夜、名古屋市中区内で、中部経済連合会、名古屋商工会議所の関係者と自民党愛知県連と市議団の幹部が会合した。出席者によると、経済団体からは政策についての要望が出されたが、候補者選びなど市長選について具体的な議論は無く、選挙の支援態勢も決まらなかったという。
 市長選まで約2カ月となった段階にもかかわらず積極的な支援を打ち出さない理由について、ある経済団体関係者は「経済界は『必ず勝てる候補かどうか』を重視する。自民と民主の対決選挙となれば、状況を見極めないといけない」と解説する。
 同市長選で民主は、元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏か、河村たかし衆院議員のどちらかを推薦候補に決めると見られている。一方、自民は、相乗りはしないで独自候補を擁立する方針を打ち出している。すでに元中部経済産業局長の細川昌彦氏と接触し、細川氏への支援方法を模索している。
 これまで地元経済界は、パーティー券の購入などで、相乗りで推薦する候補の選挙を資金面で支えてきた。細川氏は経産省出身で、「経済界が乗りやすい候補」として、自民は経済界の支援を期待、一部に細川氏を支援する声も上がるが、一枚岩になって支援する姿勢はまだみられない。
 背景には、知名度が高く選挙にも強いとされる河村氏への警戒感がある。市議会で最大会派を占める民主の基礎票に加え、民主が河村氏に一本化すれば、厳しい選挙戦を迫られることになる。「刺激的な政策を打ち出す河村氏では困るという声は高いが、勝てる保証が無いなかで表立った支援をせずに『寝る』可能性もある」(関係者)という。
 自民県連幹部は「市長選では長い間、共産党系の候補を相手にするだけで仲良しでやってきた。対決選挙では、友好団体との協力態勢を固めることが重要になる」と危機感を募らせる。

236 千葉9区 :2009/02/16(月) 23:19:14
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200902160037a.nwc
【政界24時】小島優 「総理をねらう男」の挑戦状
2009/2/16

 名古屋市長選をめぐって、民主党が頭を悩ませている。4月26日投開票の同市長選には、テレビ出演などで人気の高い河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=が名乗りを上げたが、党愛知県連は市議団を中心に「パフォーマンスが過ぎる」と反発。弁護士の伊藤邦彦氏(55)を担ぎだし、党推薦をめぐって綱引きを繰り広げているからだ。

 河村氏は、市長や市議の報酬を現在の3分の1とするなど大胆な公約を打ち出し、市議からは総スカン。愛知県連は1月26日に伊藤氏の党本部推薦申請を決めたが、その席で河村氏も出馬を表明し、申請には河村氏の意向も付記される事態となった。

 29日に河村氏は、小沢一郎代表や鳩山由紀夫幹事長と会談。不退転の決意を伝えると、小沢氏は「丁寧に県連や連合と話をしろ」と指示したとされ、河村氏は理解を得るために日々地元を回っているという。

 党内には、県連の意向を重視すべきだとの意見も根強いが、「異端児的な河村氏の市長転出は大歓迎」(中堅)といった空気もある。「河村君は降りないだろう。出れば無所属でも勝つよ」と話す幹部もいて、人気のある河村氏で一本化したいのが本音。小沢氏は、すでに河村氏の後継候補に目星をつけたとの噂(うわさ)もある。

 民主党としては「民主王国」として知られる愛知の県都での決戦は“必勝”が大前提。「県連がばらばらになって、負けるのは最悪のパターン」(同党幹部)と、市長選をめぐるごたごたが遺恨となって、次期衆院選に悪影響を及ぼさないように早期に事を収めたいところだ。

 鳩山氏は9日の記者会見で、「告示まであと2カ月ということだが、時間がかかっても、しっかりと落着をさせるということが大事だ」と述べ、引き続き一本化に向けて、候補者調整を見守る考えを示した。

 4年前の同市長選にも出馬を表明、市議団の理解を得られずに断念した経緯のある河村氏は、「4年前も同じことをやったから、今回、同じことになったら生きていけない」ともらしているという。河村氏のキャッチコピーは「総理をねらう男」だが、名古屋の“総理”をねらえるか。

237 千葉9区 :2009/02/16(月) 23:29:01
>>57>>68>>70-71

http://chubu.yomiuri.co.jp/tokushu/dounaru/dounaru090214_1.htm
(愛知)難渋する知立市会対策
「一新」に協力不可欠 対話し、早期の正常化を


副市長同意議案が賛成少数で否決された知立市臨時市議会 昨年11月の知立市長選で初当選した林郁夫市長(48)が、議会対策に苦しんでいる。1月23日の臨時市議会では、空席となっている副市長ポストについて、林市長が人事議案を議会に上程したが、否決される事態にまで深刻化している。同市議会で人事案件が否決されたのは、1970年の市制施行以来、初めてのことだ。林市長と議会の関係を追った。

(松原輝明)

◆選挙のしこり
 副市長の同意議案は、前副市長の田中勇氏(62)が林市長就任に伴い、「新市長の下、人心を一新して市政運営を」と辞任したことを受けて提出された。

 同市議会は議員22人(定数23人)。市長与党の市民クラブは、所属議員が2人と、林市長の議会での基盤は弱い。議案に賛成したのは、共産党市議団4人を加えた計6人。

 これに対し、自民系無所属議員で作る市政会は12人(議長1人を除く)と過半数を占める。さらに、公明党市議団の2人と無所属1人を加えた計15人が人事議案で反対に回った。林市長は選挙で、民主の推薦を受けており、自民、公明は対抗馬の前市長を推した。

 反対の理由は「『知立一新』を掲げて当選した市長が、先代、先々代の市長に収入役として仕えた岩堀行雄氏を副市長に選任するのはおかしい。公約に反する」としているが、選挙のしこりが見え隠れする。

◆根回し不足
 議会終了後、会見した林市長は「『知立一新』とはいえ、いいものは継続していかなければならない。そのためには、豊富な経験を持つ岩堀氏の手腕は欠かせず、公約違反には当たらないと思う」と述べながらも、「議会との対話が少なかったのは事実」と、根回しが足らなかったことを認めた。

 その後、「多くの人から話を聞き、ほかの人も考えなくてはいけない、と思った」と岩堀氏にこだわらず、広く人材を求める考えを明らかにしている。

 一方、市政会会長の石川信生市議(69)は「市長から『今度はよろしく』と声がかかったが、その後の進展はない。市長は、右腕ともいうべき副市長がいないのは困るだろうが、我々は提案された案件を粛々と検討するだけ」と素っ気ない。

◆正常化への願い
 林市長は「ほかの選択肢を考えたい」と路線変更を打ち出したが、事態の収拾には至っていない。同市は豊田市に隣接し、自動車関連会社も多く、“トヨタショック”の影響も大きい。雇用、経済対策など急を要する課題も山積している。

 こうした状況は、市民の目にはどう映っているのか。

 自営業男性(62)は「深刻な不況の中、全市あげて雇用や経済など経済対策に取り組まなくてはいけない時期なのに……。どっちもどっち」と冷ややかだ。男性会社員(34)も「市長側にも議会側にも、それぞれの言い分があるだろうが、副市長不在は、いい状態だとは思えない。1日も早く正常な状態に戻ってほしい」と話している。

 健全な市政運営には、執行部と議会が両輪となって進むことが不可欠。市長側には、次回提案に向け、慎重な人選と十分な根回しが必要だし、議会側にも忌憚なく話し合うことが求められている。

 知立市長選
 1期4年の実績を強調し、「2期目も任せて」と訴えて再選を目指した前職の本多正幸氏(58)(自・公推薦)と、「知立一新」などを公約にした前市議の林郁夫氏(48)(民主推薦)が、12年ぶりの市長選を戦った。接戦が予想されたが、林氏が1万6454票を獲得し、本多氏(1万1598票)を破り、初当選した。

(2009年2月14日 読売新聞)

238 とはずがたり :2009/02/18(水) 15:45:01
=静岡3区=

渡部磐田市議が市長選出馬表明
02/17 07:43
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090217000000000009.htm

 任期満了に伴う磐田市長選(4月12日告示、19日投開票)に16日、同市議渡部修氏(57)=同市西島=が、市議を辞職し、出馬表明した。
 渡部氏は裾野市出身。旧磐田市議を平成7年から17年の市町村合併まで務め、合併後の市議選で当選。新磐田市議会では連合推薦を受けた議員の会派に所属した。市長選は従来同様に無所属で立候補する。「市職員の意識改革を進め、人材の発掘と育成により、磐田を変えたい」と述べ、行財政改革の具体策として市長給与の30%削減などを挙げた。
 市長選には前副市長の鶴田春男氏(56)=同市新開=と、元財団職員大橋仁満氏(49)=同市池田=が既に立候補を表明している。現職の鈴木望氏(59)は不出馬を言明している。

239 とはずがたり :2009/02/18(水) 15:49:05

同郷というか高校の大先輩でもあるどころか両親のクラブの直接の先輩でもあるので,内務官僚臭がするところもヒステリックなところも,空港推進派で自公直属の知事ではあるけれども,控えめに言ってもそれ程嫌いではないぞw
勿論とは総研としては熱烈に海野氏の立候補を要請したいし推薦も勝手にするし投票権あったら海野氏に入れるけどけど,それとこれとは別なのであるw

県知事選で経済2団体 石川氏に出馬要請
02/17 15:06
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090217000000000053.htm

 県商工会連合会(小倉忠一会長)と県中小企業団体中央会(佐野光治会長)のそれぞれの政治連盟が17日、石川嘉延知事に対し、7月に予定される知事選への出馬を要請した。両会長らが県庁を訪れ、要請書を手渡した。
 要請書では「新たな発展をもたらす県政の確立には、4期にわたる実績に加え、基盤整備などに努める一方、地域経済や中小零細企業への支援による堅実な県政を進めている現知事をもってしか、その任に耐えられない」「卓越した手腕で全国有数のものづくり県を築いてきた石川知事に引き続き、強力なリーダーシップを発揮してもらいたい」とし、知事選への「前向きな決断」を求めている。
 これに対し、石川知事は「いつまでも態度を決めないと迷惑を掛ける。要請を踏まえ、自分なりの気持ちの整理をできるだけ早くしたい」と述べた。

知事選、海野氏擁立か 「変えよう静岡」の会
02/17 07:50
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090217000000000008.htm

 7月に予定される知事選に候補者の擁立を目指す「変えよう静岡」の会(清水昭一郎事務局長)の設立会見が17日、県庁で行われる。同会は「知事選に向け、どんな人物がふさわしいのか議論してきた。一定の結論が出た」としている。関係者によると、元参院議員の海野徹氏(59)を擁立したい方向とみられる。
 海野氏は取材に対し、「知事選はまったく白紙」としながらも、「17日の会見の結果によってどう気持ちが動くかは、今の段階では分からない」と語った。

240 とはずがたり :2009/02/18(水) 21:01:09

選挙:山形村長選/王滝村議補選 山形村長選、無投票で清沢氏 /長野
http://mainichi.jp/area/nagano/news/20090218ddlk20010105000c.html
 ◇王滝村議補選も

 任期満了に伴う山形村長選は17日告示された。現職で2期目を目指す清沢実視(じつみ)氏(70)=無所属=以外に立候補はなく、清沢氏が無投票当選した。

 清沢氏は、農業を中心とした産業活性化や村営福祉バス利用拡大などの福祉充実、子育て支援などを主張。当選あいさつで「村のインフラをほぼ整備できたが、保育園新築事業は早い段階で進めたい」と抱負を語った。

 王滝村議補選(改選数2)も17日告示され、いずれも無所属の元職と新人計2人の無投票当選が決まった。【光田宗義】
==============
 ◇山形村長略歴
清沢実視(きよさわ・じつみ) 70 無現(2)
 村長▽東筑摩郡町村会長[歴]村助役▽松本工
==============
 ◇王滝村議補選当選者(改選数2、届け出順)
胡桃沢公司 41 旅館業 無新
西村祥夫  60 旅館業 無元

241 千葉9区 :2009/02/18(水) 21:42:09
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2009021890181804.html?ref=rank
西尾市長逮捕へ 収賄容疑、市役所など捜索
2009年2月18日 18時30分

 愛知県西尾市の中村晃毅市長(71)に対する汚職疑惑が浮上し、名古屋地検特捜部は18日、収賄の疑いで、同市役所庁舎などの家宅捜索を始めた。特捜部は中村市長の事情聴取に乗り出し、容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 特捜部の係官は午前10時ごろ庁舎に到着。市長室のほか、企画、建設、市民の各部長室を一斉に捜索した。

 中村市長をめぐっては、名鉄西尾駅前再開発事業や工業団地の用地取得について、取引業者との不透明な関係が取りざたされていた。

 特捜部は、同県吉良町の人材派遣業者から刑事告発を受け、内偵捜査を進めていた。

 中村市長は愛知県議などを経て2005年9月、西尾市長に初当選し、現在1期目。

 中村市長をめぐっては、05年の市民税や固定資産税などを滞納していた事実が発覚。同市長は昨年2月、「正確な額は覚えていないが、百数十万円あった。選挙活動をしていて資金的に余裕がなかった」と滞納を認め、「市議会で市民に説明し、職務を全うしたい」と辞職は否定していた。

(中日新聞)


05年の選挙
保守三分裂だったみたい
◇西尾市長選挙(愛知県)開票結果 投票率67.45%
当14864 中村晃毅(無新、67歳、初当選)←元県議(04,00落選)
 14819 杉田登志雄(無新、60歳)   ←元助役
 13864 榊原武示(無新、自推薦、62歳)←元市議
  5845 鈴木規之(無新、58歳)    ←元市議
  3172 青山文子(無新、共推薦、62歳)

242 千葉9区 :2009/02/18(水) 21:51:32
>>239
空港が出来てから、反対派の海野が出てもね・・・

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20090217-OYT8T01176.htm
石川知事に5選出馬要請
知事選  動き本格化

 石川嘉延知事(68)の4期目の任期満了(7月31日)に伴う知事選を巡る動きが本格化してきた。石川知事自身は現時点でも進退を明らかにしておらず、石川県政を支えてきた自民党に具体的な動きがまだ表面化していないなか、民主党は「石川5選不支持」を打ち出し、独自候補擁立に向け準備を加速させている。これらとは別個に知事選への対応を目指す動きも顕在化した。石川知事自身の意向を軸に、麻生内閣の支持率低迷で不透明さを増す国政の動向も絡み、今後各勢力の駆け引きがさらに活発になるとみられる。

知事側 

県商工政治連盟の小倉忠一幹事長と県中小企業政策推進協議会の佐野光治会長は17日、県庁を訪れ、「経済の一大転換期に、県民生活に新たな発展をもたらす県政を確立する任に堪えるのは石川現知事しかいない」などとして5選出馬を促す文書を石川知事に手渡した。

 石川知事は、「最近の経済変動は予測を上回るスピードで悪化している。6月4日の開港を控えた静岡空港の課題もなお多い」と述べ、当面の課題が山積していることを指摘したうえで、進退については「ずるずると態度を決めないと迷惑をかけかねない。できるだけ早く気持ちの整理をしたい。今しばらく時間をいただきたい」と述べた。

 石川知事に対しては、県トラック協会も5選出馬を要請している。開会中の県議会2月定例会では18日から代表質問が行われ、石川知事の進退についての質問が出る可能性もある。石川知事は、「5選出馬」となった場合の多選批判の動向や、静岡空港の開港が延期された問題の影響、さらには衆院選の時期などを見極めながら、進退表明の時期を判断するとみられる。

民主党県連

 一方、民主党県連は17日の常任幹事会で、県連と、党所属議員がいる県議会の「平成21」と「民主党・無所属クラブ」の両会派、支持団体の連合静岡の代表者でつくる「知事擁立会議」を発足させた。

 県連の岡本護幹事長は「石川知事が5選を目指す場合でも応援しないことで4者は一致している。4者で応援できる候補者を選びたい。県連定期大会がある3月1日をめどとしたい」と述べた。常任幹事会で次期県連会長に内定した榛葉賀津也参院議員(静岡選挙区)は、「3月1日は節目」としつつ、「焦らずにしっかりと人選したい」とも述べ、慎重に人選を進める考えを強調した。

市民グループ

 市民グループ「変えよう、しずおか」の会(河守うぶ美・世話人代表)は17日、県庁で記者会見し、元民主党参院議員の海野徹氏(59)に対し知事選への出馬を要請したことを明らかにした。海野氏は同日夜、「(出馬を求める)2万人の署名が集まった。支持者と話し合い、1歩も2歩も前進できるよう、誠実に応えていきたい」と記者団に語り、立候補する方向で準備を進める考えを明らかにした。今後2週間以内に最終的な結論を出すとしている。

(2009年2月18日 読売新聞)

243 千葉9区 :2009/02/18(水) 23:32:10
>>238
3期勤めたとはいえ、59歳で引退とは。
しかも、前回はスズキ・民主連合を破っての当選
知事選狙いだったりして。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/2025-2026
 磐田市長選では、鈴木修・スズキ会長の全面的な支援を受ける寺田正捷旧福田町長(62)と、従来通りの草の根選挙を掲げる鈴木望旧磐田市長(56)=自民推薦=が激戦を展開している。

 寺田氏は、地元の同市南部地域に加え、スズキ関連会社など産業界の支持も集める。また22日に開かれた総決起集会では、鈴木康友衆院議員ら民主党県連幹部に加え、浜井卓男・自民党県議が県連の鈴木氏推薦に反して演壇に立った。

 一方、旧磐田市長を2期務めた鈴木氏は、有権者数で過半数を占める旧磐田市地域で知名度、実績ともに優位に立つ。中心部だけなく、出身地の旧豊田町や前村長の支援を受ける旧豊岡村でも支持を伸ばしており、浮動票の取り込みも狙う。

磐田市長選 開票100%
当選 鈴木 望(無新、56歳) 49771票 旧磐田市長=自民推薦=
   寺田 正捷(無新、62歳) 42927票 旧福田町長 鈴木修・スズキ会長の全面的な支援

244 とはずがたり :2009/02/18(水) 23:51:44
それいいかも知れませんね>知事選
海野よりもポテンシャルあるかも。
磐田市民病院とか高評価のようです。鈴木市長の貢献がどの程度かは知りませんけど。。
引退の理由の一つに女(むすめ)の狂言誘拐騒動とかあったからかも。。関係ないかな。

245 とはずがたり :2009/02/19(木) 00:54:57
佃伊東市長が再選出馬の意向
02/18 07:41
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090218000000000008.htm

 伊東市の佃弘巳市長(61)=同市宇佐美=は17日、任期満了に伴う同市長選(5月24日投開票)に再選を目指して出馬する意思を固め、後援会関係者に伝えた。近く記者会見して正式に表明する。
 佃氏は取材に対し、新病院建設推進や観光振興、子育て支援、市内経済活性化などの重点施策を挙げ、「来年度の市予算編成も一区切り付き、将来の活力ある伊東をつくり出すために、経験を生かしたい」と述べた。
 佃氏は市議を務めた後、県議3期目の途中、前市長の死去に伴う2005年の市長選に出馬し、初当選した。同市長選では、市議の掬川武義氏(56)=同市富戸=が出馬の意向を表明している。

246 とはずがたり :2009/02/19(木) 00:56:17

(静岡)県知事選へ擁立会議設立 民主党県連
2009/02/18
http://www.shizushin.com/news/feature/local_election/20090218000000000018.htm

 民主党県連は17日、静岡市内で常任幹事会を開き、7月の知事選に向けた候補者の擁立会議を立ち上げることを決めたほか、同県連の次期会長に榛葉賀津也参院議員(県連選対本部長)を選任する人事案件を承認した。
 擁立会議は県連、県議会会派の平成21、民主・無所属クラブ、連合静岡の代表者で構成。候補擁立に向けて具体的な準備を進める。会見で榛葉選対本部長は候補者決定の時期について、「期日を焦ることなくしっかりと人選し、新しい県政を切り開くリーダーをつくることが目標」と述べ、慎重に人選を進める考えを示した。会長職は平成20年4月に就任した田村謙治会長(衆院議員)から交代する。3月1日に静岡市内で開く党県連大会で正式に決定する。

247 とはずがたり :2009/02/19(木) 00:56:53
平成21の不支持「想定内」 次期知事選で石川知事
2009/01/27
http://www.shizushin.com/news/feature/local_election/20090127000000000017.htm

 石川嘉延知事は26日、7月に見込まれる知事選で県議会の平成21が20日の議員総会で、仮に石川知事が立候補した場合でも会派として推薦や支援をしない方針を固めたことについて、「昨今の政治情勢から、平成21がそう判断しても不思議でない」と述べ、「想定の範囲内」との認識を示した。定例会見で質問に答えた。
 民主党だけでなく、前回推薦を受けた自民党も、その後、各地の知事選で4選以上の候補を推薦していないと指摘し、「仮に次に挑戦するとなっても、(推薦は)論外の話と、もともと思っている。推薦いただくことを前提にものを考えているわけではない」と述べた。

248 とはずがたり :2009/02/19(木) 00:57:29
石川知事の5選不支持を正式決定 県議会平成21
2009/01/29
http://www.shizushin.com/news/feature/local_election/20090129000000000022.htm

 県議会の平成21は28日開いた議員総会で、7月の知事選で仮に石川嘉延知事が5選出馬した場合でも、支持しないことを正式に決めた。
 平成21は4年前の前回選で石川知事を推薦した。4期16年の実績に対して一定の評価をするとしたものの、会派所属議員の約半数を占める民主党所属議員を中心に多選に否定的な意見が強いことなどから、5選不支持で一致した。また、新たな候補者の擁立に向け、民主党県連、連合静岡、県議会の民主党・無所属クラブに呼び掛けて連絡会議を設置し、連携していく方針を固めた。
 総会では、「会派として不支持を決めた以上、別の候補者を擁立すべき」とする意見や、擁立に当たっては若手を含めた所属議員の意見を十分に聞くよう、執行部に求める要望などが出された。

249 とはずがたり :2009/02/19(木) 00:58:38
>>239 >>242 >>246-249

海野氏、県知事選出馬に前向き 有志グループ要請
2009/02/18
http://www.shizushin.com/news/feature/local_election/20090218000000000009.htm

 7月に予定される県知事選への候補者擁立を目指す有志グループ「変えよう、しずおか」の会(河守うぶ美世話人代表)が17日、県庁で会見し、元参院議員の海野徹氏(59)に出馬要請していることを明らかにした。同会は「正式な受諾はまだだが、(本人は)前向きで、近日中に返事をもらえると思う」と述べた。
 同会の会員は会社経営者や農業、主婦ら約280人という。「大胆に変革を推進できる人物」(河守代表)などとして、1カ月ほど前から海野氏に出馬を打診。同会を設立した11日に正式に要請した。政党との関係はないが、受諾が得られれば、民主党などへ支援を求めることもあり得るとしている。
 海野氏は静岡市議2期、県議3期を経て、参院議員1期。一昨年の静岡市長選に出馬し、小差で現職に敗れた。
 海野氏は要請に対し、「大変重く受け止め、感謝している。誠実に応えるのが私の責任。逡巡(しゅんじゅん)の思いもあるが、払しょくする必要がある」と出馬に極めて前向きな姿勢を示した。ただ、「昔からの支援者やほかの仲間に相談し、理解を得るのに時間が必要。環境を整え、遅くとも今月中に結論を出したい」と述べた。

250 とはずがたり :2009/02/21(土) 11:19:13
自民が細川を立てたお陰で伊藤氏は勝てないと思ったんでしょうかねぇ。

名古屋市長選:中京大学教授の細川昌彦氏が立候補表明
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090219k0000m010108000c.html

 元中部経済産業局長で中京大学教授の細川昌彦氏(54)が18日、名古屋市長選(4月26日投開票)への立候補を表明した。自民、公明両党が支援する方向。民主党も擁立候補の一本化を進めている。

 同市長選では、県商工団体連合会会長の太田義郎氏(65)が共産党系市民団体の推薦を受け立候補を表明している。

毎日新聞 2009年2月18日 22時50分

名古屋市長選:河村氏で一本化へ 民主県連
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090221k0000m010155000c.html

 名古屋市長選(4月12日告示)に向けた民主党の候補者調整で、党愛知県連は20日、同党の河村たかし衆院議員(60)に一本化する方針を固めた。名古屋市議団が23日に鳩山由紀夫幹事長を訪ね、伝える。ただし、推薦の条件として河村氏が掲げる「住民税10%減税」など主要政策の変更を求める考えで、焦点は県連と河村氏との政策調整に移る。

 複数の同党関係者が毎日新聞に明らかにした。

 県連幹部は「誰が自公支持候補に勝てるかを考えれば結論は明らか。ただ、市議団の反発が強いことから河村氏にも政策面で譲歩させる」と語った。

 県連は先月26日、市議団が推す元県弁護士会副会長の伊藤※彦(くにひこ)氏(55)の推薦を決定した。だが、河村氏も出馬を表明したことから、党本部は分裂選挙を避けるため推薦決定を先送りしてきた。

 党の意思を決める次の常任幹事会は24日に開かれるが、伊藤氏は20日、毎日新聞に「ここで決まらなければ党は私を積極的に推薦する気がないと思う」と、自らの推薦獲得が厳しい状況にあるとの認識をにじませた。

 党関係者によると、23日は市議団の佐橋典一団長、奥村文洋選対本部長らが鳩山氏と会う方向で調整している。鳩山氏は20日の記者会見で「落着点を見いだせればありがたい。相手が誰であっても勝てる候補を推薦したい」と述べた。

 一方、自民党県連は20日、執行部会を開き、中京大学教授の細川昌彦氏(54)を支持することを確認した。同市長選では、県商工団体連合会会長の太田義郎氏(65)が共産党系市民団体の推薦を受け立候補する意思を表明している。【影山哲也、丸山進】

 ※は「邦」の異体字

毎日新聞 2009年2月21日 2時30分(最終更新 2月21日 2時48分)

251 名無しさん :2009/02/21(土) 12:47:21
7897 名前:河村さん頑張れ! 投稿日: 2009/02/21(土) 11:06:55
河村さん47万票、共産候補約10万票
自公候補39万票ほどになるが
今の麻生政権との関連等もありもっと差が開くか?
投票率や後継候補はどうなるのか。

みなさんどう御思いか聞かせて頂きたい。

252 千葉9区 :2009/02/21(土) 15:27:37
http://www.asahi.com/politics/update/0221/NGY200902210001.html
民主、名古屋市長選で河村たかし氏推薦へ 県連決定覆す
2009年2月21日8時42分
 4月の名古屋市長選で民主党本部は、立候補に意欲をみせている河村たかし衆院議員(60)を推薦候補とする方針を固めた。愛知県連からは伊藤邦彦弁護士(55)の推薦申請が出ていたが、テレビ出演などで知名度の高い河村氏の方が選挙戦で多くの得票が期待できると判断。県連の決定を覆す異例の対応となる。

 鳩山由紀夫幹事長が23日に市議団幹部と面会し、この方針を伝える。党本部は名古屋市長選を総選挙の前哨戦の一つと重視しており、政権交代をめざす立場からの対応として、市議団に理解を求めるとみられる。24日の常任幹事会で正式決定したい意向だ。鳩山氏は党本部での20日の記者会見で「詰めの段階まで来ている」と述べた。

 党関係者によると、平野博文幹事長代理が、伊藤氏を擁立した市議団幹部と今月半ばに会うなど、水面下で地元との交渉を重ねてきた。

 党本部は、愛知県連の推薦申請を1月末に受けたが、河村氏が立候補に強い意欲を示したため、決定を棚上げした。しかし、自民党愛知県連が元中部経済産業局長の細川昌彦氏(54)の支援を20日に決めたことで、これ以上の先送りは選挙戦に支障が出かねないと判断した。ただ、地元の感情に配慮して推薦決定を持ち越す可能性も残っている。

253 千葉9区 :2009/02/21(土) 15:32:29
>>226-231
http://mytown.asahi.com/ishikawa/news.php?k_id=18000000902170001
市民の審判なき白山市W選 
2009年02月17日


◆残る「ムラ」体質◆


 白山市長選と同市議選(定数28)は15日に告示され、共に定数以上に立候補の届け出がなく無投票となった。県選管によると県内の市長・市議のダブル選で共に無投票になったのは記録がある1947年以降初めて。市長選は合併直後の前回も無投票で、有権者は4年に一度の市政への意思表示の機会を二度も失った。人口11万人、県内第2位の都市にはほど遠い、旧来の「ムラ」体質があるようだ。


(那波智彦)


◆事前に候補者調整?◆


 「高齢で市長の激務に耐えられない」「市と市民のことを考え、出馬を取りやめた」「供託金(100万円)の額が高すぎる」


 一時は4人が乱立する様相だった市長選は、現職の角光雄氏以外の3人が、それぞれ理由を口にして断念した。


 角氏は「無投票は4年間の市政に市民から及第点を頂いた結果。私だけでなく市議も無投票で良かった」と話す。しかし同市選出の県議の1人は「地域が大きい所は声も大きい」と舞台裏で候補者調整があったことをにおわせた。


 一方、市議会は定数を35から28に削減し、旧1市2町5村の選挙区制から、全市1区制とした。人口の少ない白山ろくの議員が減り、都市部の議員が増えるのは必然だった。


 市議選の候補者の1人は告示前の取材に「(候補者を)白山ろく旧5村で新顔1人、現職1人の2人に絞った」と候補者間での調整があったことを認めた。


 白山ろくに住む団体職員の30代男性は「調整なしで選挙すると(白山ろくには)1人も議員がいなくなる」と訴えた。前回市議選では旧5村の選挙区で当選者の獲得票数は千票足らず。候補者が乱立すれば都市部の候補者より不利なことは確かだろう。


 告示の15日、届け出数が定数を超えない様子に市幹部は「(市議定数は)28でも多かったかな。24くらいが妥当だったのかも」とこぼした。


 市議選に今回立候補しなかった現職の1人は「全市1区の選挙なのに、まるで『ムラ』の選挙。みんな地域のことばかり。このままでは市全体を考える政策が生まれない」と嘆く。


 金沢大学の岡田浩教授(政治学・投票行動論)は「住民の意見に耳を傾けて争点化する作業をしないと、誰を出すかにばかり関心が集中してしまう。本来の選挙の意義としては議論で争うのが望ましい。住民が選択する機会を失う無投票は大変残念なことだ」と指摘している。


        ☆           ☆


◇新市長・角氏の横顔◇


=「任せられぬ」と出馬決断=


 今回の立候補は年齢を考えて悩んだが、「ここ3年は80億円の公債費がいる財政的に厳しい時期。金融危機で税収も15億円減る。新しい人に今の市を任せるのは無責任」と、決意した経緯を話す。


 2期目はまず雇用対策に取り組み、「一次産業も絡めた産業振興を雇用につなげたい」と力を込めた。


 北陸鉄道石川線の存廃問題は「廃止届が出た区間は残せるなら残したいが住民が乗らない電車に税金は出せない。コミュニティーバスなども考えたい」。しかし「野町―鶴来間はいかなる努力をしても存続させたい」と話す。


 市民の一体感については、「地域住民のよりどころとなる(旧7町村の)支所の統廃合を4年間でやるつもりはない。各地区の祭りやイベントで地域が文化・歴史の交流をすることで地域は結束して盛り上がる」と断言する。


 最近、余暇に陶芸の抹茶わんづくりを始めた。「休みには趣味に没頭することが健康に一番良い」。長男夫婦と孫夫婦、ひ孫に囲まれた7人家族でにぎやかに暮らす。

254 名無しさん :2009/02/21(土) 21:11:47
5区赤松氏と伴野さんをまず口説いたと予測していたのだが、
まさかの古川元久さん。この裏には何があるのでしょうか?
古川元久元民主党愛知県連会長(前回2005)同席で会見
http://hicbc.com/news/index.asp

251 :名無しさん:2009/02/21(土) 12:47:21
7897 名前:河村さん頑張れ! 投稿日: 2009/02/21(土) 11:06:55
河村さん47万票、共産候補約10万票
自公候補39万票ほどになるが
今の麻生政権との関連等もありもっと差が開くか?
投票率や後継候補はどうなるのか。

みなさんどう御思いか聞かせて頂きたい。

255 とはずがたり :2009/02/22(日) 00:30:12

古元さんは愛知民主のエースで将来の首相候補とも云われる人なので。此で纏まるでしょうね。
自民が細川を担ぎ出したのが決定打と思われる。
まぁ此処は勝たねばならないでしょうね。一部労組票などが自公候補にながれるかもしれないけど。。

2009年2月21日(土) 17時36分
河村氏に一本化の流れ決まる
http://hicbc.com/news/index.asp

 名古屋市長選挙に出馬の意向を表明していた河村たかし衆議院議員が、次の衆議院選には出馬しないと明言し、事実上河村氏一本化の流れが決定的となりました。
「次の衆議院選挙には出馬しません」河村氏は、21日の記者会見でこのように話し、次の衆議院選挙には出馬しないと明言、市長選挙への事実上の出馬表明をしました。
民主党については、民主党名古屋市議団の推す伊藤邦彦弁護士と、出馬の意向を表明した河村氏のどちらに推薦を出すか党本部に委ねた形になっていましたが、会見に同席した古川元久衆議院議員は、鳩山由紀夫幹事長に河村氏で一本化するよう要請したことを明らかにしました。
一方、伊藤氏を推す名古屋市議団は今夜、緊急の団総会を開いて対応を協議することにしていますが、伊藤氏は24日に開かれる党本部の常任幹事会で、一本化の決定がでなければ出馬を辞退すると話し、河村氏一本化への流れが決定的となりました。
名古屋市長選挙には、共産党の推薦する太田義郎氏と、自民党が支援する細川昌彦氏らがすでに出馬を表明しています。(21日17:36)

256 名無しさん :2009/02/22(日) 01:45:23
>一部労組票などが自公候補にながれるかもしれないけど。。

労使協調だった北九州でも、前回の市長選で色分けが付いたので
名古屋でもそういうことが起こるかもしれない

257 和子夫人の予測 :2009/02/22(日) 08:26:22
昨年10月の数値

愛知A−G 01民主■ 02民主■ 03民主■ 04民主■ 05民主■
**** 06民主■ 07民主■ 08民主■ 09民主▲ 10民主●
**** 11民主■ 12民主● 13民主● 14民主● 15民主★

① 367925 205486 55.85% 民*8.22 日0.76 国0.37 社0.68 共1.51 自4.26 公2.69 R18.88
② 376142 219216 58.28% 民*9.20 日0.90 国0.36 社0.83 共1.68 自4.50 公2.48 R20.40
③ 378932 223797 59.06% 民*9.58 日0.84 国0.36 社0.77 共1.83 自4.29 公2.59 R20.72
④ 373957 212557 56.84% 民*8.10 日0.68 国0.34 社0.64 共1.96 自4.11 公3.30 R19.52
⑤ 410281 238578 58.15% 民*9.27 日0.70 国0.39 社0.70 共1.52 自4.89 公3.65 R21.53
⑥ 415749 254189 61.14% 民*9.50 日0.81 国0.43 社0.87 共1.70 自5.34 公3.22 R23.33
⑦ 415986 267853 64.39% 民11.10 日0.85 国0.89 社0.99 共1.71 自5.61 公2.92 R24.59
⑧ 416246 266689 64.07% 民10.76 日0.70 国0.44 社0.78 共1.49 自5.99 公3.19 R23.82
⑨ 422466 264126 62.52% 民10.57 日0.70 国0.49 社0.77 共1.54 自6.27 公3.24 R24.07
⑩ 416471 262876 63.12% 民10.36 日0.75 国0.45 社0.76 共1.61 自5.59 公3.35 R23.36
⑪ 360536 256449 71.13% 民11.96 日0.63 国0.37 社0.68 共0.85 自6.03 公2.68 R23.71
⑫ 446509 303001 67.86% 民12.60 日0.78 国0.46 社0.81 共1.33 自7.44 公2.85 R26.84
⑬ 384855 266012 69.12% 民11.08 日0.75 国0.40 社0.70 共1.21 自6.33 公2.56 R23.60
⑭ 265559 186980 70.41% 民*7.02 日0.45 国0.32 社0.48 共0.90 自4.78 公2.06 R16.34
⑮ 343905 218827 63.63% 民*8.11 日0.68 国0.36 社0.57 共1.24 自5.19 公2.53 R19.12

愛知01 民主 前05 *60 河村**たかし 132588
2012* 自民 重01 *36 篠田**陽介** 52909
*** 共産 再** *59 木村**恵美** 15698

愛知02 民主 前05 *43 古川**元久** 138337
2144* 自民 新** *47 宮原**美佐子 56910
⑰** 共産 再** *53 斉藤**愛子** 19115

愛知03 民主 前04 *51 近藤**昭一** 142984
2192* 自民 重01 *52 馬渡**龍治** 56006
*** 共産 新** *36 本村**伸子** 20172

愛知04 民主 前03 *51 **牧**義夫** 115562
2076* 自民 重01 *59 藤野**真紀子 64510
*** 共産 元02 *61 瀬古**由起子 27500

愛知05 自民 新** *45 寺西****睦** 90895
2283* 民主 重06 *61 赤松**広隆** 137368
*** 共産 ---- --- ×擁立見送×

愛知06 自民 前01 *36 丹羽**秀樹** 83362
2421* 民主 重03 *49 前田**雄吉** 158767
⑭** 共産 ---- --- ×擁立見送×

愛知07 自民 前02 *51 鈴木**淳司** 98463
2560* 民主 新** *35 山尾**志桜里 157574
*** 共産 ---- --- ×擁立見送×

愛知08 自民 前01 *45 伊藤**忠彦** 100343
2571* 民主 重03 *48 伴野****豊** 156722
*** 共産 ---- --- ×擁立見送×

愛知09 自民 前16 *78 海部**俊樹** 112100
2528* 民主 重02 *38 岡本**充功** 140699
⑪⑫⑬ 共産 ---- --- ×擁立見送×

愛知10 自民 前04 *65 江崎**鐵麿** 107385
2509* 民主 再** *48 杉本**和巳** 143515
*** 共産 ---- --- ×擁立見送×

愛知11 民主 前02 *44 古本**伸一郎 164752
2449* 自民 重01 *48 土井**真樹** 80179
⑥** 共産 ---- --- ×擁立見送×

愛知12 自民 前06 *75 杉浦**正健** 121668
2978* 民主 元01 *47 中根**康浩** 162820
⑪⑬* 共産 新** *63 八田**ひろ子 13268

愛知13 自民 前04 *49 大村**秀章** 109010
2581* 民主 新** *38 大西**健介** 149080
*** 共産 ---- --- ×擁立見送×

愛知14 民主 前02 *65 鈴木**克昌** 106488
1805* 自民 重01 *58 杉田**元司** 74028
⑬** 共産 ---- --- ×擁立見送×

愛知15 自民 前03 *62 山本**明彦** 101558
2092* 民主 再** *43 森本**和義** 107614
*** 共産 ---- --- ×擁立見送×

258 千葉9区 :2009/02/22(日) 12:53:15
>>239 >>242 >>246-249

http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090222000000000008.htm
海野氏、知事選出馬へ あすにも正式表明
02/22 07:42
 元民主党参院議員の海野徹氏(59)が、7月末に任期満了を迎える知事選に無所属で立候補する意思を固めたことが21日、分かった。23日にも会見し、正式に表明する見通し。
 海野氏は21日、静岡新聞社の取材に対し、「私なりのこんな静岡県にしたい、こうあるべきだという像がある。近く明らかにできると思う」と述べ、出馬に意欲を見せた。
 知事選への候補者擁立を目指す有志グループ「変えよう、しずおか」の会から出馬要請を受けた海野氏は、17日の会見で「誠実に応えるのが私の責任」などと出馬に前向きな姿勢を示していた。ただ、決断には「支援者や仲間の理解を得る時間が必要」としていた。
 海野氏は静岡市議2期、県議3期を経て参院議員1期。一昨年の静岡市長選に出馬し僅差(きんさ)で現職に敗れた。

259 千葉9区 :2009/02/22(日) 13:00:00
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2009022290083905.html?ref=rank
河村氏、政策集団近く発足 市長選マニフェスト作成へ
2009年2月22日 08時59分

 4月の名古屋市長選に出馬を表明している民主党の河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=は21日、市役所で記者会見し、財政や地方分権、医療などの専門家10人程度でつくる政策チームを1週間後にも立ち上げ、マニフェストづくりを始めると明らかにした。

 次期衆院選での愛知1区の党公認を近く返上し、後任は「党に一任する」姿勢を強調。ただ辞職しても、残り任期が短いため補選は行われない。

 同席した同党の古川元久衆院議員(43)=愛知2区=がマニフェストづくりに協力すると説明。古川氏は旧大蔵省出身で、市民税減税などの河村氏の施策に「現実離れしている」と否定的な連合愛知幹部や市議団の一部に理解を得る狙いもあるとみられる。

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は23日に市議団幹部と会談し、県連が推す伊藤邦彦弁護士(55)と河村氏との一本化問題を調整したい考え。古川氏がこの時期に河村氏支持を表明したのは党本部の意向が河村氏で一本化に傾いていることを示す形となった。

 一方、伊藤氏は本紙の取材に「今日も政策作りをやっている。これまでの考えに変わりはない」として、党本部の決定を待つ考えを示した。党の市議団は21日深夜、団会議を開催。23日、鳩山幹事長に伊藤氏を推す市議団の意向を伝えるが、党本部の決定には従うことを「市議団の総意」として確認した。

◆後継、河村氏元秘書の佐藤県議軸に

 河村氏が次期衆院選での党公認を返上し、不出馬を明言したことで、民主党は今後、河村氏の後継となる愛知1区(名古屋市中区など)の候補選びを急ぐ。党本部は河村氏の元秘書の佐藤夕子県議(46)=名古屋市東区選出=を軸に選考を進めるとみられる。

 佐藤氏は2007年の県議選で初当選。政務調査費を独自に全面公開するなど知名度がある上、河村後援会の全面支援を受けられるため「有力な候補」(党関係者)という。

 また同党幹部によると、別の県議を推す声があるほか、これまでの党本部の公募に手を挙げた数人が意欲を示している。地方議員や支援組織の連合愛知の中に佐藤氏への反発もあり、選考が難航する可能性もある。

 河村氏は後継について「党に任せるが、意見を求められれば言う。私には責任がある」と述べた。同党県連の伴野豊代表は「全く白紙。党本部の指導を仰ぎながら選考を進めたい」と話した。

(中日新聞)

260 千葉9区 :2009/02/22(日) 13:04:23
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090222k0000m010124000c.html
名古屋市長選:河村たかし氏の推薦確定 民主市議団容認
 民主党名古屋市議団は21日夜、議員総会を開き、名古屋市長選(4月26日投開票)の候補者選びは党本部の決定に従うと確認した。市議団幹部が23日、鳩山由紀夫幹事長に伝える。民主党愛知県連は同党の河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=を推薦する方針に転じており、河村氏が党推薦候補となることが事実上確定した。

 総会後の記者会見で、市議団の奥村文洋選対本部長は、鳩山氏に元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏(55)の推薦を決めた経緯を説明するとしたうえで、「最終的には組織として党の方針に従っていく」と述べた。

 名古屋市長選をめぐっては、中京大学教授の細川昌彦氏(54)が立候補を表明、自民党県連が支持方針を決めている。公明党も支持する方向。県商工団体連合会会長の太田義郎氏(65)も共産党系市民団体の推薦を受け立候補する意思を表明している。【影山哲也】

261 千葉9区 :2009/02/22(日) 13:18:44
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/090222/lcl0902221300000-n1.htm
【名古屋あのね話】元経産エリート官僚が市長選に出馬表明 (1/3ページ)
2009.2.22 13:00

名古屋市長選出馬を表明し、記者会見する中京大教授の細川昌彦氏=18日、名古屋市中区 4月の名古屋市長選に元中部経済産業局長で中京大経済学部教授の細川昌彦氏(54)が出馬する。目下、自民と公明両党が推薦の方向で調整中だ。2月18日に名古屋市庁舎内で記者会見した細川氏は「市民の皆さまから市長選に出てほしいと強力な応援をいただいたので出馬することにした」と強調した。中京大には3月末で退職することを伝えたという。

 細川氏は大阪市出身で灘高校から東大法学部に進み、昭和52年に当時の通商産業省に入省した。若くして山形県警本部長に抜擢(ばってき)され、米スタンフォード大に留学。本省に戻ってからは通商政策局など国際畑で活躍し、同期の出世頭の一人だった。だが、当時話題を集めた旧通産官僚の内紛事件などに嫌気がさしたのか、平成16年6月に中部経済産業局長を最後に退官。日本貿易振興機構のニューヨークセンター所長を経て昨年夏まで日本鉄鋼連盟の常務理事に収まっていた。

 15年7月からの中部経産局長時代には名古屋の地域ブランド力を高めるために「グレーター・ナゴヤ・イニチアシブ」構想を提唱。折しも愛知万博や中部国際空港の開港準備で沸き返っていた地元の上げ潮ムードも手伝って、わずか11カ月の在任期間に地元に名前を売った口八丁手八丁の人物である。

 昨年9月に中京大経済学部教授に就任。名古屋に居を移し、すぐに同大の後押しで著作「メガリージョンの攻防」(東洋経済新報社)を出版。昨年10月下旬には出版記念パーティーを開いた。発起人には古巣の経済産業省から望月晴文事務次官のほか、柴田昌治日本ガイシ会長、岡田邦彦名古屋商工会議所会頭など地元名古屋の財界人も名を連ねていた。

 当日会場となった名古屋観光ホテル曙の間には企業関係者や市民団体、マスコミ関係者など数百人が1万円の会費を払って参集。白シャツと紺スーツの細川氏は趣味のテニスで小麦色に日焼けした夫人とともに頭を下げていた。出版記念の会に名前を貸してほしいと頼みにきた細川氏に望月次官は「選挙の資金集めの会合でなければいいよ」と条件を付けたそうだが、パーティーに参加した人たちの多くは「彼はいずれ何らかの選挙に出馬するだろう」とみていた。

 その後しばらくして、名古屋市営地下鉄の車内には細川氏の大きな顔写真付きの本の宣伝広告が複数回にわたり掲示された。同氏は地元テレビの早朝の情報番組にもコメンテーターとしてレギュラー出演。中京各地の商工会などが主催する勉強会にも講師として飛び回り、夜の商工会議所と称される錦三丁目の高級クラブでは「やっぱりね」とうわさされていた。今回の出馬表明はいわば既定路線だったわけだ。

 しかし、名古屋市長選には共産党が、はやばやと愛知県商工団体連合会会長の太田義郎(65)の推薦を決めたものの、元愛知県弁護士会会長の伊藤邦彦氏(55)と、衆議院議員の河村たかし氏(60)の両氏が民主党から出馬の意向を示し、調整が難航。4月26日の投・開票日まで約2カ月を切った段階でも1本化ができていない。自民が細川氏の擁立を決めれば名古屋では28年ぶりに相乗り体制が崩れることになるが、果たして支持率急落で迷走を続ける麻生政権下で勝利を収めることができるのかどうか。

 人口が220万人を超す名古屋市は、大阪市、横浜市と並ぶ経済規模を誇り、市長は並の都道府県自治体より大きな権限を持つとされる。だが、不況の深刻化にともなう法人税収減で財政状態が急速に悪化。昨年は市の職員らがアルバイトの賃金を水増ししたり、虚偽の見積書を作ったりして5年間に計1億8000万円もの裏金をつくり、懇親会の飲食費やパソコンの購入費などに流用していたという事件も明るみに出た。

 難問山積の市長の椅子(いす)獲得に向け、当の細川氏は「名古屋を全国で一番景気回復が早い街にしたい」と意気込んでいるのだが。(名古屋特派員 早坂礼子)

262 千葉9区 :2009/02/22(日) 13:59:19
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/090222_2.htm
「党本部に弓引けない」 ――名古屋市長選
民主市議団 「反河村」通せず
 2人が出馬に名乗りを上げ、党本部も巻き込んで約1か月続いた民主党の名古屋市長選候補者選びは21日、「反河村」の急先鋒(せんぽう)だった同党市議団が、党本部の無言の圧力に屈する形で事実上終結した。2時間半に及んだ緊急団総会では、最終的には党本部の決定に従うことを了承。今後は、衆院議員河村たかし氏(60)(愛知1区)との現実的な政策のすり合わせが課題となりそうだ。

 名古屋市東区の民主党愛知県連で開かれた同市議団の緊急団総会。奥村文洋選対本部長は、「党本部の判断に弓を引くようなことは出来ない」として、市議に理解を求めた。市議団が全会一致で推すことを決めた元愛知県弁護士会の副会長伊藤邦彦氏(55)については、「この1か月間、大変なご迷惑をかけてきた」と気遣った。

 これに対し中堅議員が「河村さんが出るくらいなら、市議団代表として私が出馬する」と反発すると、「党の決定に反対するつもりなのか」と、市議団幹部が強い口調でたしなめる場面もあった。

 一時紛糾したものの、緊急団総会は結局、27人の全会一致で終了した。しかし、市議団内には、河村氏が掲げる住民税の10%減税や中学校区単位のボランティア議会設置などへの抵抗感は根強いままだ。記者団に囲まれた奥村選対本部長は、「党本部が河村氏推薦に傾いていることは認めざるを得ない。これまでは伊藤氏と政策について協議を重ねてきたが、これからは河村氏と話し合う必要がある」と述べた。これについて、同党幹部は21日、「次の衆院選にもつながる選挙だから、政策について丁寧に話し合い、時間をかけてでも一枚岩で戦える態勢づくりを進めるべきだ」と話した。

 一方、同党の古川元久衆院議員(43)(愛知2区)は同日、河村氏とともに名古屋市役所で記者会見し、「古里に恩返ししたいという思いに共感した」と述べ、河村氏への支援を表明した。

 県連の決定に反し、記者会見で河村氏支持を打ち出した国会議員は初めて。古川氏は「意見の異なる人の声も聞いて、現実的なマニフェストを作ってほしい」と注文をつけていた。

(2009年2月22日 読売新聞)

263 千葉9区 :2009/02/22(日) 21:11:45
http://mainichi.jp/chubu/news/20090222ddq041010009000c.html
’09名古屋市長選:民主・河村氏、市議らに融和アピール 古川衆院議員が支援

 もつれにもつれた民主党の名古屋市長選候補選びは、「総理を目指す男」のキャッチフレーズで売った河村たかし衆院議員(60)の推薦で事実上決着した。21日、河村氏は同党の古川元久衆院議員(愛知2区)とともに記者会見し、政策集団「チーム河村」を組織したと発表。党きっての政策通・古川氏との連携をアピールすることで、急進政策を警戒する地元市議らに融和のメッセージを送った。【影山哲也】

 「河村さんが訴える、地方が地方のことを決める『地方主権国家』という民主党の政策を具体化する絶好の機会だ」。古川氏は支持の理由をこう語り、河村氏への共感を口にした。会見を前に鳩山由紀夫幹事長に電話で支持を伝えると、鳩山氏は「重く受け止める」と話したという。

 候補者選びのこじれには、民主党本部も危機感を持っていた。「何があっても出馬する」と引かない河村氏と、同氏を嫌って弁護士の伊藤〓彦氏(55)推薦を決めた愛知県連。介入すれば地元組織が分裂しかねない。党推薦の先送りを続けながら、短期決戦にも耐えられる河村氏へと誘導していったようだ。

 だが、地元のメンツもある。それをくみ取りつつ、河村氏推薦を確実なものにするための演出が、発言を控えてきた古川氏による河村氏支持とチーム河村への参加宣言だったとみられる。

 「名古屋に恩返しがしたいという河村さんの思いに共感したし、候補者が決まらない状況は好ましくない」と会見で強調した古川氏に対し、「勝ち馬に乗っただけ」と突き放す市議もいる。が、別の市議は「河村さんが過激な政策に走らないよう、首に鈴をつける目付け役だ」と古川氏の役回りを解説した。

 河村氏によると、既に選挙のマニフェスト作りにも着手しているという。住民税減税など主要政策については「折り合いは付けるが、理念は曲げない」という同氏にとって、いかに独自色を保ちながら地元組織との一致点を見いだすかが次の課題となる。

 河村氏は会見で、国会での予算審議にめどがついた段階で議員辞職し、愛知1区の後任には関知しないとも語った。

264 千葉9区 :2009/02/24(火) 22:30:35
>>258
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20090223-OYT8T00981.htm
海野氏、出馬正式表明 知事選
「任期は2期8年が限度」

 今夏の知事選(7月31日任期満了)に、元民主党参院議員の海野徹氏(59)が23日、正式に立候補を表明した。知事選への立候補表明は海野氏が初めて。石川知事は5選出馬するかどうか態度を明らかにしていない。今後、知事選を巡る様々な動きが激しさを増すとみられる。

 静岡市葵区内で記者会見した海野氏は、石川県政について「4期16年の長きにわたった官僚出身知事の下で、県民との心の距離が非常に離れてしまった」と批判。「知事の任期は2期8年が限度。その中で、県民が本当に良かったと思える県政を実現したい」と語った。

 6月4日に開港予定の静岡空港については、「使うか使わないか、無駄かどうかは過去の議論。どう活用すべきかが大切」と述べ、空港自体の要不要ではなく、具体的な利活用の仕方を探るべきだとの考えを強調した。具体的な政策については、1か月以内にマニフェストを公表するとした。

 政党との関係については、「政党にしても団体にしても、政策論争をしたうえで方向性が一致するならば一緒にやりたい」と述べ、今後政党などに推薦を求めていく考えを示した。

 海野氏は静岡市出身。同市議2期、県議3期を経て1998年の参院選静岡選挙区に無所属で立候補し初当選。2004年の参院選では民主党公認で立候補したが落選した。07年に静岡市長選に出馬したが、惜敗した。

(2009年2月24日 読売新聞)

265 千葉9区 :2009/02/24(火) 22:33:40
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009022402000243.html
名古屋市長選、伊藤氏が不出馬表明 民主、河村氏推薦確実に
2009年2月24日 夕刊

 4月の名古屋市長選に民主党推薦で出馬を目指していた伊藤邦彦弁護士(55)は24日午後、市内の事務所で記者会見し、「党からは私への積極的な推薦がないと判断した」として、出馬を断念すると発表した。

 これにより、党本部が近く、もう1人出馬表明している河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=に推薦を出すことは確実となった。

 伊藤氏の断念とは別に、市議団は同日正午すぎから団会議を開催。奥村文洋選対本部長らが23日、党本部で行った小沢一郎代表との会談内容を報告。小沢代表が求めた通り、候補者選びは代表に白紙委任することを決めた。

 これを受け、同党愛知県連の幹事会が24日夜にも開かれ、市議団がまとめた結論が党本部に報告される。

 民主党の候補者選びをめぐっては当初、市議団と愛知県連が伊藤氏の推薦を決定。河村氏も出馬に意欲を見せどちらを選ぶかを党本部に委ねたまま決定が先送りされていた。

266 千葉9区 :2009/02/25(水) 21:13:03
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/090225_3.htm
伊藤氏 出馬断念表明 ――迷走の果て 名古屋市長選(上)
「勝てる候補は河村」小沢流貫く

 4月に行われる名古屋市長選で、民主党愛知県連が党本部に推薦を求めていた元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏(55)が24日、記者会見を開き、「党には積極的に私を推薦しようとする気がないと判断した」と述べ、出馬を断念する意向を正式に表明した。これを受け、同党市議団と県連は、推薦候補の選定を党本部に白紙委任することを確認。党本部は近く、衆院議員の河村たかし氏(60)(愛知1区)の推薦を決定する方針で、選挙戦の構図が事実上確定した。

 伊藤氏は記者会見で、党本部の常任幹事会で24日も推薦候補の決定が見送られたことを出馬断念の理由に挙げ、「党が決めないので、私が決めた。これ以上長引けば、党のイメージダウンにもつながる」と語った。

 一方、同党市議団は同日、議員団総会を開き、奥村文洋選対本部長が、23日に党本部で面会した小沢代表、鳩山幹事長らとのやりとりを報告。奥村本部長は「伊藤氏の出馬断念は残念だが、小沢代表の意向もあり、党本部への白紙委任を了承してほしい」と理解を求めた。

 総会終了後、奥村本部長は「(河村氏が掲げる)住民税の10%減税などは実現性に疑問がある。河村氏が推薦候補に決まればこれらの政策について協議していく」と述べた。



 「未練はまったくない。縁がなかったということ」

 民主党愛知県連の名古屋市長選推薦候補だった伊藤邦彦氏は24日午後、同市中区の弁護士事務所で、一人で記者会見した。選挙のために新調したライトグレーのスーツ姿。市議団幹部は同席を提案したが、「結構だ。一人でいい」と断った。

 政策面で相いれない部分が多い河村たかし氏が同僚議員に出馬の意思を伝えた1月14日、市議団は元愛知県弁護士会副会長の伊藤氏を急きょ、引っ張り出した。市議団の意向を受け、県連も同26日に推薦を決めた。

 鳩山幹事長は1月、県連のパーティーで「市長選については、県連、特に市議団にお任せしており、100%信頼している」と述べていた。県連、市議団のほとんどは27日の党本部常任幹事会ですんなりと推薦が決まると考えていた。

 だが、党本部は別のシナリオを描いていた。

267 千葉9区 :2009/02/25(水) 21:13:42


 民主党はこの市長選を、衆院選前の「最後で最大の地方の首長選」と位置づけている。政権交代につなげるため、「勝てる候補」が最優先だった。県連の伊藤氏擁立を聞いた小沢代表は、周辺に「勝てない候補を推したってしょうがないだろ」と漏らした。

 小沢代表は先月13日、県連が伊藤氏擁立を決める半月前に、河村氏が出馬に意欲を示していることを伴野豊県連代表から聞き、「河村でいいじゃないか」と伝えていた。小沢代表の考える「勝てる候補」は、伊藤氏ではなく、抜群の知名度を誇る河村氏だった。

 先月27日の常任幹事会では小沢代表が欠席したため、市長選は議題に上らず、今月10日の同幹事会でも「丁寧に扱わなければならない問題」(鳩山幹事長)として見送られた。県連や市議団には「党本部には伊藤氏を推薦する気がない」という見方が一気に広がり、伊藤氏擁立に動いた幹部への批判も目立つようになった。

 知名度で河村氏に劣る伊藤氏にとって、推薦決定の先送りは“兵糧攻め”に等しい。「議題に上げ続けないことで、小沢代表の意向は(市議団、県連に)伝わるだろう」。同党幹部は常任幹事会に諮らなかった理由をこう説明する。



 「小沢代表の言葉は重い。党本部に従うしかない」

 24日午後、市議会内の民主党議員団控室に集まった市議を前に、奥村文洋選対本部長は苦渋の決断を伝えざるを得なかった。一部の市議からは、「いったんリセットするべきだ」などと異議が出たが、すでに大勢は決していた。

 一方の河村氏。同日夜の同党県連幹事会に姿を見せ、「お世話になります。ありがとうございます」と短くあいさつして退席した。報道陣に囲まれた河村氏は「選挙はやってみなくてはわからない」と慎重だったが、「全国で200人以上の党の候補者を応援してきた。その貢献が認められたのではないか」と笑顔で話した。その表情は、党本部から「勝てる候補」とされた自信に満ちあふれていた。



 名古屋市長選は、河村氏と、自民党が支援を決めた元中部経済産業局長の細川昌彦氏(54)、共産党が推す県商工団体連合会会長の太田義郎氏(65)が相まみえる構図が固まった。民主、自民の迷走を中心に、その背景や選挙戦への影響を探る。



(2009年2月25日 読売新聞)

268 千葉9区 :2009/02/26(木) 21:46:54
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/090226_6.htm
相乗り執着、「筋書き」総崩れ ――迷走の果て 名古屋市長選(中)

 今年1月初旬の夜、民主党市議団幹部の携帯電話が鳴った。自民党愛知県連の幹部からだった。

 「なるべく早く民主をまとめてほしい。決まったら、私に伝えてほしい」

 知事選や政令市長選で自民との相乗りを原則禁じられている民主に先に候補を選んでもらい、後から「自民も推薦したい」と持ちかける。これが自民幹部の筋書きだった。

 一方の民主も、昨年11月、まず市教委幹部の擁立に動いた際、水面下で自民側に相乗りを打診した。自民は「労働組合色が強すぎる」と反発、12月初旬に記者会見で「推薦できない」と表明した。それでも、民主市議団幹部は「自民は独自には立てられない。最終的には乗ってくる」と見込み、自民側は「うちも乗れる別の候補を出してくれる」と相乗りをもくろんでいた。

 その後、民主の候補として、衆院議員の河村たかし氏(60)と元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏(55)が浮上。河村氏には乗れず、伊藤氏も自民、公明の推薦を拒んだことで、自民はようやく本気で独自候補を探し始めた。

 「ボタンの掛け違いがすべて。総選挙もあるから相乗りなんて言っていられないはずなのに、どちらも相乗りに執着してぐちゃぐちゃになった」。市幹部は両党の動きをこう分析する。



 市長選では共産党を除く主要会派が同じ候補を推す「相乗り」が続いてきた。1981年の市長選以降、国政で与野党がどんなに争っていても、名古屋市長選で対決することはなかった。

 民主党市議団幹部は、自公と激突して敗れた2年前の知事選を引き合いに出す。「一致団結しないと市政は運営できない。県議会で民主は冷や飯を食わされている」。一方、自民党県連幹部も「オール与党の自治体運営は安定し、住民が安心できる」と強調する。

 かつては、主要会派の幹部が集まって候補者を決めていた。それぞれが手を取り合い、自分たちの言うことを聞いてくれる市長を選ぼうという思惑だ。今回も中央でどんなに自民、民主の対決ムードが高まっても、これまで通り「国は国、地方は地方」という論理が通用すると考えていた。



 1月中旬、自民党は独自候補擁立にかじを切った。タレントや大学教授、弁護士らの名が挙がったが、いずれも実現性は乏しかった。「誰も“ガチンコ”の市長選を戦ったことがない。民主の出方を待つうちに時間がなくなってしまった」(自民中堅市議)。結局、市民派を掲げて出馬表明した元中部経産局長の細川昌彦氏(54)の支援を決めた。

 6回続けて独自候補を擁立し、今回も愛知県商工団体連合会会長の太田義郎氏(65)を推す共産党市議団の江上博之幹事長は、「次期総選挙への影響を考えて相乗りを避けただけ。政局重視で、市民を見ていない」と自民、民主両党を批判する。

 染み着いた相乗り体質から抜けきれなかった自民、民主両党は、当初思い描いたものとは異なる構図で、選挙戦に臨む。



(2009年2月26日 読売新聞)

269 千葉9区 :2009/02/26(木) 21:47:47
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009022602000144.html
【なごや市長選】対決・市民派<上> 政党の看板いらぬ
2009年2月26日 朝刊

 4月の名古屋市長選は、迷走した各党の候補者選びがほぼ決着し、自民・公明が支持する候補と、民主、共産の推薦候補による3つどもえの争いとなる構図が固まった。総選挙の行方も占う市長選は、28年ぶりに相乗りが崩れ、市政の与党同士が正面からぶつかる戦いに。有権者の政治不信や政党離れが強まる中、3人とも政党色を前面に出さない“市民派”の看板を掲げて激戦に挑む。 (名古屋市長選取材班)

 1月29日。地元が推す弁護士の伊藤邦彦(55)か、一歩も引かない衆院議員の河村たかし(60)か、どちらを候補に選ぶか託された民主党の代表小沢一郎は、党本部に河村を呼び、ただした。「皆はあなたが最後にあきらめると思っている。党の推薦がなくても本当に出馬するのか」

 「党首に対し、失礼なので…」とためらう河村。小沢に「いいから」とうながされ、言い切った。「党が伊藤氏を推薦したとしても、私は出ます。今度やめたら、自殺しないといけません」

 「そうか、あなたも2回目だからな」。やや表情を緩めた小沢は地元を丁寧に回るよう促し、決定的な言葉を口にした。「最後はおれが仲介するから」

   □  □

 河村が意を決したのは昨年のクリスマス。党の実力者を自宅に訪ねて切り出した。「腹を固めた。応援してもらえないか」

 民主党は当時、別の候補擁立に動いていた。党の動きに反しての「出馬」とは「離党」を意味していた。

 4年前の市長選。いったん出馬表明しながら党や家族の支持が得られず、わずか2カ月余で断念。3選を目指した松原武久との激戦を期待した有権者を失望させた。

 「市民に対する心苦しさが、いまだに焼き付いている。今回は絶対に引かない。二度と上を向いて、名古屋を歩けなくなる」

 この実力者は小さくうなずき、「まだ早い。もう少し情勢を見ろ」とだけ告げた。

 地元議員らは「パフォーマンス先行」と河村に批判的で、「市民税減税」などの政策も「実現できるか」と懐疑的。県連は伊藤の擁立で結束し、党本部も一本化を調整できぬまま、混迷は1カ月以上も続くことに。

   □  □

 河村といえば“自転車街宣”。党や連合など組織に頼らず、5期連続で自公候補らに圧勝してきた強さがある。小沢らの脳裏には「5月にも」といわれる総選挙に河村をどう生かすか、があった。

 党本部には、1月下旬、民間会社に極秘に依頼して実施した世論調査の報告がある。「(無所属の)河村か、民主の伊藤か」。市民1000人に電話で聞いた結果は3対1。圧倒的な差だった。

 小沢らが恐れたのは、河村が離党して「悲劇のヒーロー」になり民主が敗れること。総選挙の前哨戦としては最悪のシナリオだ。

 党に頼らず出馬すると決意した河村が、候補者選びの中心になった。政権奪取を狙う民主党といえども河村人気を無視できない。今月24日、市議団と会談した小沢は「とにかく、総選挙には勝たなければならない」と語気を強めた。

 河村擁立に動いてきた党幹部からは早くも「総選挙の時には河村さんを応援演説に使いたい」との本音も漏れる。

 (文中敬称略)

    ◇

 名古屋市長選にはほかに自民・公明が支持する見込みの細川昌彦中京大教授(54)、共産推薦の太田義郎愛知県商工団体連合会長(65)が出馬表明している。

270 千葉9区 :2009/02/26(木) 21:48:29
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090226ddlk22010126000c.html
選挙:知事選 動き本格化 石川氏の5選出馬は? 自、民ともに候補擁立難航 /静岡
 ◇「多選」「空港」見極め
 7月の知事選に向けて、元参院議員の海野徹氏(59)が出馬表明するなど動きが出始めてきた。焦点は5選出馬に意欲を見せる石川嘉延知事(68)の動向だ。自民、民主は4選以上は党推薦できないこともあり、独自候補擁立を模索しているが難航している。多選批判の強さなどを見極めるため、石川知事は態度を明確にしておらず、ぎりぎりまで駆け引きが続きそうだ。【松久英子、浜中慎哉、望月和美】

 ◆「本命見つからず」

 「情けない話だが、これという候補者がいない」。元民主の海野氏が立候補表明した23日、対抗するはずの与党県議は嘆いた。

 自民は一部県議が候補者擁立に向け水面下で動いているが、まとまった動きにはなっていない。県連幹部は「遅くとも5月までに(対応を)まとめたい」と話すが、このまま候補者が見つからなければ、消極的ながら石川知事支持に傾く可能性もある。

 民主は、昨年末から県内出身の学識経験者に立候補を打診していたが、色よい返事は得られなかった。県選出の国会議員の名前も浮上するが、「総選挙で政権交代を目指しているのに、国会の議席を減らすことはできない」(民主関係者)ため、手詰まり感は否めない。

 公明は独自候補の擁立はせず、共産は「関係団体と昨秋から独自候補擁立に向けて努力中」と話す。

 ◆現職は“じっくり”

 一方、石川知事は県議会答弁や会見で「まだまだお役に立てると主観的には思っている」などと繰り返し、出馬に意欲を見せている。

 県議会では、前回選挙で石川知事を支持した「平成21」や「民主党・無所属クラブ」が、静岡空港の開港延期の責任を取って知事らの給与をカットする条例案に反対する方針を決めるなど、知事の5選出馬をけん制する動きがある。

 ただ、前回に石川知事が立候補を正式表明したのは選挙戦直前の6月。「選挙は知り尽くしているから、表明は投開票の2カ月前で十分」(与党県議)との声もあり、じっくりと情勢を見極めているようだ。

 海野氏は、前回知事選で支持母体の連合静岡が石川知事を推薦したが、自らは出馬を検討。最終的には対立候補を支援した。今回、各党に推薦を要請する方針だが、静岡市長選(07年)への出馬表明後の06年12月に民主を離党した経緯もあり、組織としての支援は期待薄とみられる。

271 名無しさん :2009/02/27(金) 20:31:07
長野の村井仁、大丈夫かなぁ?

272 千葉9区 :2009/02/27(金) 21:08:49
>>144
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ishikawa/news/20090227-OYT8T00002.htm
「県議4減」全会派合意
選挙区選定、なお曲折も
 県議会の選挙区・定数検討懇談会(福村章会長)が26日開かれ、議員定数(現行46)を4人減らすことで全会派が合意した。議論は定数を減らす選挙区の選定に移るが、議員個人や各会派の思惑もあり、今後も曲折が予想される。

 この日の協議では、各選挙区の定数を決める方法として、新進石川と清風連帯が、公職選挙法に基づいて人口で比例配分する「本文方式」を主張。一方、自民は、地域事情を考慮した「ただし書き条項」の適用を求めた。

 本文方式の場合、定数は能登3減、金沢1減となるため、能登地区の全議席を占める自民は強く反発している。また、奥能登2市2町の首長や議会、経済団体からも、定数維持を求める要望書が提出されている。

 福村会長は「削減数が決まり、第一歩を踏み出したと思っている。本文方式でいくのか、ただし書き条項を併用するのかは次回で結論を出したい」と話した。

(2009年2月27日 読売新聞)

273 千葉9区 :2009/02/27(金) 21:11:46
>>269
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009022702000156.html
【なごや市長選】対決・市民派<中> 敬遠に戸惑いも
2009年2月27日 朝刊

 「本当に河村をやるのか…」。民主の名古屋市長選候補が衆院議員の河村たかし(60)に落ち着く見通しとなった先週末。市内の老舗料亭で、民主幹部と向き合った自民側が切り出した。

 2階の小部屋でビールを酌み交わすうち、話はきな臭くなる。「連合は難しい。割れるかもしれない」。民主幹部は支援組織である連合の内情を明かした。

 逆風下にある自民党にとって、支持する中京大教授の細川昌彦(54)が名古屋を制すれば、総選挙に向けた弾みがつく。民主党内には河村の政策や派手なパフォーマンスに反発があることは熟知している。「民主は表向き河村をやるだろうが、こっちにも、いろんなやり方がある」。料亭を出た自民議員は、記者に笑みを浮かべ、民主側への切り崩し工作を示唆した。

   □  □

 連合愛知の各労組代表が集まった25日の政治センター会議は紛糾した。河村支持を打ち出す旧民社党系に、「絶対できない」とかたくなに拒む自治労など旧社会党系。「いっそ自主投票に」との声も強まってきた。

 連合幹部は「河村さんの政策は一議員ならともかく、市長となると…。推薦を出すにしても政策協定を結ぶことが前提」と話す。

 河村の持論は、外郭団体の全面廃止や市職員数と給与の削減も含む。職員の組合を傘下に抱える連合には抵抗感が強い。連合が割れて自主投票になれば、各党の草刈り場になるのは必至だ。

   □  □

 名古屋財界の長老、盛田和昭(85)は23日夜、市内のホテルに財界、文化人ら200人近くを集め、細川を支援する会を立ち上げた。皆、名古屋城本丸御殿の早期復元を目指すメンバーだ。

 盛田は「わが家訓は『政治にかかわるな』だったが、御殿が変な方向に行くことだけは避けたい。その思いでこの場にいる」。盛田は、現職・松原武久の意思を引き継ぎ、御殿復元を成し遂げるのは細川だと信じる。

 細川には、こうした市民の支援組織がいくつか生まれつつある。自らスケジュール帳をめくり、中小企業や学生、女性団体との集会を重ねる。プロレスのリングに上がり「名古屋をスポーツイベントで盛り上がる街にします」と声を張り上げたことも。

 26日朝、ホテルで開いた自民市議との情報交換会。細川は「政党色を出さず、市民派で行きたい」と繰り返し、市議らが選挙陣営に入ることさえ敬遠している。市議の間には「どう支援したら良いのか」「われわれには具体的な戦術もノウハウもあるのに」との戸惑いが広がる。

 政党や支援組織の影響力がかすむ。名古屋ではおそらく前例のない選挙戦は「政党無用」という状況にも映る。 (文中敬称略)

274 千葉9区 :2009/02/27(金) 21:13:15
>>268
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/090227_3.htm
候補と距離感 党不安 ――迷走の果て 名古屋市長選(下)
 「政党が前面に出ないようにしつつ、推薦の場合以上に力を入れなければならない。こんな選挙は初めてだ。党の人間として面目が立たない」。元中部経済産業局長の細川昌彦氏(54)を支援する自民党系市議団の幹部はつぶやいた。

 18日に出馬表明した細川氏は翌日には市議会の自民、公明党の各会派を訪ね、26日朝には市議との朝食会に出席したり、自民党県議団の総会に出向いたりして積極的に支援を訴えている。

 その一方で、細川氏は出馬会見で「あくまでも市民派として戦う。政党の推薦は求めない」と明言。擁立に動いた会社社長も「政党も細川氏を支える“勝手連”の一つという認識だ」として、政党が前面に出ることを望んでいない。

 自民党市議団の渡辺義郎団長は「後方支援とはいえ、全力で応援する」と話すが、細川陣営の考えに配慮して、医師会や歯科医師会、薬剤師会など支援団体幹部への引き合わせ、市議、県議の個人後援会でのあいさつは控えている。



 24日夜、民主党愛知県連で開かれた緊急幹事会を冒頭で退席した衆院議員の河村たかし氏(60)は、「住民税の10%減税と中学校区単位のボランティア議会設置は、絶対に曲げない。何のために市長選に出るのか分からなくなる」と断言した。「河村氏推薦やむなし」としながらも、政策に反発している同党市議団や県連をけん制した。

 これに対し、市議団や県議も「今の厳しい財政状況で減税を実行していいのか」「ボランティア議会も結局、時間や金に余裕のある人しかできない」などと指摘し、政策をめぐる調整は難航が予想される。

 河村氏と政策について協議した若手市議は、「政策面で市議団と話がつかなければ、党本部が推薦しない状況も考えられる。河村氏はどこまで理解しているのか」と不安を隠さない。

 さらに「河村氏はそもそも市議の力など頼りにしていない。党推薦という看板が欲しいだけ。こうなったら選挙では、動かずに『寝る』しかない」(中堅市議)との声も出始めている。



 市長選は投票まで2か月を切った。自民党は前面に出られない「ジレンマ」を抱え、民主党は河村氏が掲げる政策や擁立までの経緯から生まれた「しこり」を抱えたまま、選挙戦に突入していく。さらに、その先には衆院選も控えている。

 「われわれ自民党は独自候補を立てられなかったということ。情けない話だが、おまけに推薦もさせてもらえない党だということだ」。自民党のベテラン市議は、求心力の低下を心配する。一方、民主党国会議員の一人も「今回の推薦候補の決め方は本当に民主的だったのか。市議団、県連、民主党にじわじわと影響してくるのではないか」と不安をのぞかせる。

 構図は固まったが、両党が一枚岩になって戦えるかどうかは、まだ不透明だ。

(小山内晃、半田真由子、館林千賀子が担当しました)

275 千葉9区 :2009/02/27(金) 21:18:06
>>241
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20090227ddlk23040194000c.html
西尾の贈収賄:市議会大揺れ 市長辞職勧告決議案、賛否同数 議長裁決で否決 /愛知
 ◇市長逮捕余波で大揺れ
 市長逮捕でトップ不在の混乱の中、西尾市の定例議会が26日開会した。市長の辞職勧告決議案をめぐる対応は賛否同数と真っ二つに分かれ、議長裁決で否決された。また、議長の不信任動議が可決され、市長逮捕の余波で議会も大きく揺れた。

 本会議の冒頭、職務代理者の大竹茂暉副市長は「市長逮捕の事態となり、心からおわびしたい」と陳謝した。

 受託収賄容疑で逮捕された中村晃毅市長の辞職勧告決議案は、賛成11、反対11の同数となり、岡田隆司議長が反対して否決された。これを受け、鈴木規子議員(無所属)が「議会を正常化する立場なのに決議案に反対し、混乱が続く。議長にふさわしくない」と、議長の不信任動議を提出した。議長が退席し、副議長が議長役を務めて採決し、賛成11、反対10で可決した。会派党代表者会議では「議会の正常化に向け努力する」との意見でまとまり、岡田議長が本会議で「引き続き職務を継続する。皆さんの理解をお願いしたい」と述べ、議長にとどまる意向を明らかにした。

 市長の辞職勧告決議案には自民クラブが反対し、第2会派の清明会と公明、共産、無所属が賛成した。岡田議長は「所属する自民クの判断に従った」と、決議案反対の理由を説明した。議長不信任については、「予想もしていなかった」と述べた。一方、清明会の田中弘幹事長は「是々非々でやっていきたい。市長逮捕は、議会もチェック機能が足りなかった」と話した。辞職勧告決議案を提出した鈴木議員は「(否決され)市民感情を全く理解していない。西尾市議会の危機管理能力が疑われる」と述べた。

 事件に対する市民の関心は高く、約80人が議会を傍聴し、傍聴席はすべて埋まり、一部が立ち見した。70代の無職男性は「議会は市民の声を反映していない。議会の責任でもある」と批判していた。【佐野裕】

276 名無しさん :2009/02/27(金) 21:52:43
606 :無党派さん:2009/02/27(金) 21:14:36 ID:okwIGTbS
これらは名古屋市長選の公約作りであることは間違いないでしょう。河村さんの頭の中にビジョンがしっかりあるから、それを官僚を使って質問する格好でした。

 やっぱり河村たかしはすごいと思いました。

 ガンバレたかし、負けるなたかし。

下で視聴できます。(第171通常国会会期中)
http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib3.cfm?deli_id=39596&media_type=rn

277 とはずがたり :2009/02/27(金) 23:52:16
秘書がてめぇの責任おっかぶって死んどんねん。
人間性の欠片でもるなら少しは悪いと思って知事職辞職ぐらいせーやヽ(`Д´)ノ

あらためて関与否定 西松建設裏金事件で知事
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20090227/CK2009022702000021.html
2009年2月27日

 準大手ゼネコン西松建設(東京都)の裏金事件で、一部の資金が村井仁知事周辺に提供されたと報道されたことについて、村井知事は26日の県議会代表質問で「怪しい金に手を出したことはない」とあらためて関与を否定した。

 資金の提供は、同社関係者が東京地検特捜部の調べに対して供述している。これについて小林伸陽氏(共産党県議団)が「県民から疑念が生まれている。自ら調べるべきだ」と求めた。

 村井知事は「どうやって調べるのか知恵がない」と答弁。「信じ難い嫌疑を受けた。どうやったら晴らすことができるか、苦しんでいる」と述べた。

 特捜部に参考人として事情聴取されていた村井知事の衆院議員時代の秘書で、県総務部参事の右近謙一さん(59)は24日に長野市内で自殺し、26日に通夜が行われた。

278 千葉9区 :2009/02/28(土) 10:22:28
>>269>>273
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009022802000156.html
【なごや市長選】対決・市民派<下> 政策論争への渇望
2009年2月28日 朝刊

街頭での雇用相談会に参加する太田氏(右)。派遣切りなど切実な声に耳を傾けた=名古屋市中区栄で


 不況の冷たい風が吹き抜ける師走の名古屋。大手電機メーカーを派遣切りに遭った北区の男性(33)は1枚のビラを受け取った。契約期間中の1月初めに解雇すると通告され、会社の寮も2月中の退去を迫られていた。

 ビラには「契約期間中の解雇は違法。相談は共産党へ」とある。気がつけば、共産などの推薦で市長選に出馬する愛知県商工団体連合会長の太田義郎(65)陣営が開いた集会の輪の中にいた。

 政治とは無縁で、これまで投票に行ったことはない。だが、自ら体験した派遣切りを生み出したのは政治。「参加しないと、好き勝手にされてしまう」。今度の市長選は投票してみようと思う。

   □  □ 

 太田は、このような労働者の相談が特に増えてきたと感じる。高まる雇用不安を背景に、共産党は全国で勢いを伸ばしている。党中央委によると、ここ数カ月、若者を中心に毎月2000人近くが入党、低迷していた機関紙の読者数も右肩上がりに増えている。

 その中で太田はあえて党を前面に出さず、市民派として戦う。「女房と2人でずっと米屋をやり、勝手口から庶民の暮らしを見てきた。庶民の苦しみが分かるのは私だけ」との自負がある。

 「共産党の推薦は受けていない」。1月3日、朝刊を読んだ太田は驚いて本紙に抗議電話をかけてきた。太田について「共産党などの推薦を得て出馬を表明している」と報じていたからだ。

 実際は、昨年12月16日に共産党が推薦状を出していた。太田にしてみれば、自分は労働団体や女性団体などでつくる「革新市政の会」の候補であり、党はその会の1つにすぎない。党から推薦を受けていたことすら知らなかったのだ。

 本山政雄市政(1973−85年)では与党の一角を担った共産党。その後の市長選は相乗り候補に対し惨敗が続いたが、消費税が導入された直後の89年は現職に8万票差まで迫った。太田は「論戦に入れば支持を得られる自信はある」と腕をぶする。

   □  □

 だが、いち早く出馬を表明した太田に対し、他党はなかなか候補を決められなかった。

 自公民を与党とする市議会の運営は、常に最大会派の民主を先頭に立て、他党は後追い。自民市議団の幹部は「候補者は民主に決めてもらう」「うちは半歩遅れてついていく」と言ってはばからなかった。

 28年間続いた相乗りに慣れ、政党としての目標や戦い方、候補の選び方すら忘れてしまったかのようだ。

 格差の拡大や派遣切り…。名古屋の「元気」は色あせ、有権者は今こそ真剣な政策論争を求めている。市民派を自称する候補予定者たちのビジョンと、政党の存在意義が問われる選挙戦が始まる。 (文中敬称略)

279 とはずがたり :2009/02/28(土) 20:38:10
>>241>>275

西尾受託収賄:市長「やったる」…建築許可でず贈賄側不満
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090219k0000e040076000c.html

 愛知県西尾市の建築許可手続きなどを巡り市長の中村晃毅容疑者(71)が受託収賄容疑で逮捕された汚職事件で、贈賄側の人材派遣会社「大成閣」社長・村田英紀容疑者(67)が、市内に計画していた外国人研修センターの建築許可を「市長から『やったる』と約束された」と周囲に話していたことが市関係者らへの取材で分かった。名古屋地検特捜部は、中村容疑者が便宜を示唆し見返りに現金を受け取ったとみて調べている。【飯田和樹、秋山信一】

 複数の市議や元市幹部によると村田容疑者は04年8月、市街化調整区域の土地を購入し、外国人研修センター建設を計画。知人の市議が「市街化調整区域での建設は法的に難しい」と指摘すると「市長が『やったる』と言った」と答えた。

 しかし建築許可の手続きは進まず、村田容疑者は落胆した様子で「頼んだけど、やってくれん。金を渡したのに」と不満を募らせていたという。

 都市計画法で、市街化調整区域内の開発は制限されている。

 中村容疑者は、外国人研修センターの建築許可などを出すよう村田容疑者から請託を受け、報酬として06年10月〜07年3月、市長室などで現金計600万円を受け取ったとして逮捕された。特捜部によると「現金は受け取ったが、借りただけで返した」などと容疑を否認しているという。

毎日新聞 2009年2月19日 15時00分

280 とはずがたり :2009/03/01(日) 19:37:33

財政難の折りにこんなの主張して大丈夫かね。あんまばらまくのもどうかと思うが。
>「市民税の10%減税」などの自説をアピール

三者三様、市民にアピール 名古屋市長選へ本格始動
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2009030190150423.html?ref=rank
2009年3月1日 15時04分

 4月の名古屋市長選の候補者選びがほぼ決着して初めての週末となった28日、3人の立候補予定者がそろって選挙戦に向けて本格始動した。投票日まで2カ月を切り、街頭でアピールしたり、雇用問題の現場を視察したりと、精力的に街を駆け抜けた。

 民主党が推薦する予定の河村たかし衆院議員(60)は、これまで“封印”していた自転車街宣を再開。約10キロにわたって道行く人に手を振り、「市民税の10%減税」などの自説をアピールした。

 栄や大須で買い物客に握手を求められ、「名古屋市民のためにご奉公できるのは晴れ晴れした気分」と笑顔。熱田神宮の本殿前では手を合わせ、必勝を祈願した。「織田信長も桶狭間の戦いの前に、熱田神宮にお参りをして勝ったから」

 自民、公明両党が支持することが確実な細川昌彦中京大教授(54)は、不況による“派遣切り”で入所者が倍増した熱田区のホームレス自立支援施設を訪問。自動車部品工場を解雇された派遣社員の話に耳を傾けた。

 「こんな時に親身に相談に乗れる社会をつくり、“つながり力”を復活させたい」。2月いっぱいで中京大を退職することも明かし「退路を断ってチャレンジする」と市長選への決意を強調した。

 共産党が推薦する太田義郎愛知県商工団体連合会長(65)は地元中村区の商店街を練り歩き、「にぎわいを取り戻したい」と地域の活性化を訴えた。

(中日新聞)

281 千葉9区 :2009/03/02(月) 21:41:59
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/ele_mayor/list/200903/CK2009030202000183.html
【名古屋市長選】
77年以前は保革が激戦
2009年3月2日


 4月の名古屋市長選は自民・公明と民主、共産がそれぞれ支援する候補による三つどもえとなる構図が固まった。市議会主要政党の相乗りが崩れるのは28年ぶり。最近7回の市長選は相乗り候補が当選しているが、戦後行われた17回のうち、1977年以前の10回はすべて保革両陣営がぶつかる激戦だった。

 73年は4期目を狙う現職の故・杉戸清氏と新人の本山政雄氏の一騎打ち。杉戸氏は市民団体の推薦を受け、自民、民社両党が黒子役として支援。本山氏は社会、共産両党が全面的に推した。

 公害問題や福祉政策をめぐり革新ブームが吹き荒れた時代。故・美濃部亮吉東京都知事をはじめ太平洋側の大都市は革新系首長が相次ぎ誕生し、保守陣営の拠点は名古屋だけだった。

 今回、共産推薦で出馬する愛知県商工団体連合会長の太田義郎氏(65)は、当時障害者支援団体の上司だった本山氏を担ぎ出した1人。「まさにお祭り状態。本山カラーのグリーンのジャンパー姿の学生が街にあふれた。地下鉄本山駅に電車が着くと、本山氏を応援する車掌が駅名を利用して『もとやまー』とずっと連呼していた」と振り返る。投票率は61%に達し、42万票余を獲得した本山氏が5000票弱の小差で初当選を飾る。

 本山氏が再選を果たした77年の選挙も激戦。自民など4党は教育長だった故・日比野暁美氏を立て、市長の座奪還を目指した。当時1期目だった自民党の元市議(81)は「保育園をたくさんつくった本山さんは父母らの信望が厚かった。最近の楽な選挙と違い、あちこち回って頭を下げ続けたよ」という。

 一転して本山市政3期目は保革全党が推薦し、投票率は26%と過去最低。以降は相乗り候補が勝ち続ける。89年には直前に導入された消費税やリクルート事件の余波で、共産系候補が約29万票を獲得、現職の故・西尾武喜氏に8万票差まで迫った。

 国政の与野党がぶつかる今回は「投票率が上がる良い条件がそろっている」(市選管職員)。2004年まで9期務めた自民党元市議(77)は「候補者同士は燃えるだろうが、政策の違いをはっきり打ち出すべきだ。市民が取り残されてはいけない」と忠告する。

 今回市長選には太田義郎氏と、自民・公明が支持する予定の細川昌彦元中京大教授(54)と、民主推薦が見込まれる河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=が出馬表明している。

282 千葉9区 :2009/03/03(火) 21:44:54
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/ele_mayor/list/200903/CK2009030302000200.html
細川氏「支持」先送り 愛知県連、自民色薄める狙い?
2009年3月3日

 4月の名古屋市長選で、自民党愛知県連は2日、選対委員会を開き、出馬する元中京大教授の細川昌彦氏(54)を推すため、党の市長選選対組織を発足させることを決めた。ところが、「支持」で決まるとみられていた支援の形は決定を先送りした。

 選対組織の発足は、本格的な選挙戦のスタートを意味しており、党の支援団体などを含めた態勢づくりを急ぐ。それでも支援の形を決めないのは、支持率低下など、逆風がやまない自民党にとって、政党色を出すタイミングを遅らせたい、との思惑も見え隠れする。

 支援の形は、細川氏擁立の中心となった、経営者や文化人でつくる市民団体などから要請があった時点で決めるとし、同党は黒子役に徹する姿勢を鮮明にした。

 細川氏は2日の選対委員会のあいさつで「市民派は選挙戦略上の立場」と発言。その真意について報道陣に「議員を前に、市民派とばかり言うわけにもいかない」と説明したが、自民の組織力に期待する本音ものぞかせた。

 自民幹部は「実態として、うちが全力で細川さんを支援することに何ら変わりはない」と重ねて強調する。

 細川氏は2月18日に立候補を表明。翌19日に自民の市議団は同氏の支持を決めた。公明党も細川氏と政策協議に入っており、同氏のマニフェストを見てから支援を決める。

283 とはずがたり :2009/03/03(火) 23:54:54
>>277

自殺:県参事が川沿いで首つる 長野県知事の元秘書
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090225k0000m040134000c.html
 24日午後5時40分ごろ、長野市西長野の裾花川沿いで、長野県の右近謙一参事(59)が、電柱にロープをかけて首をつっているのを通りかかった男子高校生が発見、110番した。間もなく死亡が確認された。目立った外傷はなく、県警長野中央署は自殺を図ったとみている。発見時は背広姿でかばんなどの持ち物はなかった。

 右近参事は航空自衛隊出身で、村井仁・県知事の衆院議員時代に公設秘書を務めた。20年近く補佐しており、06年12月、村井知事が県議会の反発を押し切って部長級参事に採用。主に危機管理を担当していた。【竹内良和】

毎日新聞 2009年2月25日 1時10分

自殺:長野知事元秘書、西松建設事件で参考人聴取数回
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090226k0000m040157000c.html

 村井仁・長野県知事の元秘書で、24日に死亡した右近謙一・同県参事(59)が、東京地検特捜部の事情聴取を受けていたことが分かった。関係者によると、準大手ゼネコン「西松建設」(東京都港区)を巡る捜査で参考人として複数回、事情を聴かれていたとみられる。地検は「聴取の方法は適正だった」と説明している。

 右近参事は、村井知事が衆院議員時代に公設秘書を務め、06年12月から主に危機管理を担当する部長級参事に採用されていた。24日夕、長野市内で電柱にロープをかけて首をつっているのが見つかり、死亡が確認された。県警は自殺を図ったとみている。

 村井知事は衆院議員だった05年、政治資金パーティー「村井仁シンポジウム」を東京都内で開いた際に、西松建設OBが設立した政治団体「新政治問題研究会」から20万円の献金を受けている。【安高晋】

 東京地検の谷川恒太次席検事の話 当庁が参考人として事情聴取していた右近氏が死亡されたとの報告を受けました。心よりご冥福をお祈りします。

毎日新聞 2009年2月26日 0時17分

284 とはずがたり :2009/03/04(水) 00:15:11
>>277 >>283

知事、潔白証明に苦渋 西松建設裏金事件
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20090303/CK2009030302000020.html?ref=rank
2009年3月3日

 村井仁知事の衆院議員時代の秘書で県参事の右近謙一さん(59)が先月24日に自殺してから、3日で1週間がたった。知事周辺には準大手ゼネコン西松建設の裏金事件との関連疑惑も浮上。知事は不正な金銭授受を全面否定するが、開会中の県議会2月定例会で説明を求められている。

 関係者によると、2006年の知事選前に裏金の一部が知事サイドに渡ったとの情報があり、東京地検特捜部が参考人として右近さんから事情聴取していた。

 知事の政治資金の管理団体「信仁会」の収支報告書には、当時同社から資金提供があったという記載はない。だが裏金という性質上、授受があっても記録されない可能性は高く、潔白の証明には至っていない。

 知事の大学時代の同級生という同会会計責任者の男性(73)によると、右近さんは献金の窓口を担っていた。男性は「右近がなぜ死ななければならなかったのか」と驚きを隠さない。資金提供疑惑については「やましいところは何もない」とした上で「私のところに上がってこない金があったとすれば把握しようがない」と話す。

 知事自身も「私くらい(金銭面で)きれいにやってきた人間はそんなにいるか、という自負がある」と言い切る。だがそれを目に見える形で証明できるかといえば、県議会一般質問に「率直に言って知恵がない」と答弁するのが精いっぱい。「捜査をしっかりやっていただいて、事態を明らかにしていただきたい」と述べるにとどまっている。

 【西松建設裏金事件】 同社(東京都)の国沢幹雄前社長ら3人が2006年2月−07年8月の5回にわたり、計7000万円を税関に届け出ず国内に持ち込んだ外為法違反の罪で、東京地検特捜部に逮捕、起訴された。裏金として持ち込まれた金は過去を含めると総額10億円以上にのぼり、同社OBが設立した政治団体を通じて政治献金に利用されたとされる。

285 千葉9区 :2009/03/05(木) 00:40:52
http://www.asahi.com/politics/update/0304/NGY200903040004.html
小沢ショック、名古屋市長選にも波及
2009年3月4日21時23分
印刷
ソーシャルブックマーク
 民主党・小沢代表の公設秘書の逮捕を受けて小沢氏が反論会見を開いた4日、名古屋市長選への影響を心配する声が民主党、自民党の両方から上がった。

 民主市議団の控室で午前10時前、小沢代表会見のテレビ中継を見た市議団の中堅市議は、民主が推薦予定の河村たかし衆院議員(60)の選挙に「影響がないはずはない」と見る。「市民派を掲げる河村さんだが、『小沢裁定』で推薦候補に決定的になったというイメージが付いた」と、その理由を解説する。

 今回の党推薦候補選びでは、市議団が擁立し、県連で推薦決定までした立候補予定者が、党本部の「選挙に強い候補を」という意向を受けて出馬を断念せざるを得なくなったいきさつがあるためだ。

 また、自民党を「利権政治」と批判する民主トップの秘書が違法献金事件で逮捕されたことで、ベテラン市議は「民主党のイメージが悪化するし、市長選で民主推薦候補にも影響がある」と懸念する。

 一方、元中部経済産業局長の細川昌彦氏(54)を支援する自民からも「有利にはならないだろう」との声が上がる。市議団幹部は「次は自民が検察に狙われるのではないか。民主の敵失だと盛り上がる市議はいない」と冷めた見方を示す。

 自民には、河村氏の政策に反発する民主市議が市長選で河村氏支援に動かないことを期待する声もあるが、「解散総選挙が早まって市長選とのダブル選挙にでもなれば、衆院選で活発に動く市議の票が市長選で河村氏に入り、むしろ河村氏に有利になる」(ベテラン市議)という分析もある。

286 千葉9区 :2009/03/05(木) 20:36:32
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/ele_mayor/list/200903/CK2009030502000226.html
意中の支持候補は細川氏? 松原市長、黙して語らず
2009年3月5日

 4月の名古屋市長選は、三つどもえになる公算が大きいが、勇退する松原武久市長(72)は誰を支持するのか、沈黙を守っている。意中の人は誰なのか、周囲の憶測も飛び交う。

 市長選には、自民・公明党が支援する細川昌彦・元中京大教授(54)、民主党の河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=、共産党が推薦する太田義郎・愛知県商工団体連合会長(65)が出馬の意向を示す。

 松原市長は、2日の定例会見でも「具体的な施策が出そろっていない」とし、心中を明かさなかった。ただ、これまでに「木に竹を接ぐようなことではだめ」「私の施策を否定する人は推せない」「政策第一。その財源を示すことが重要」などと口にしている。

 これらの発言から、松原氏の側近は「河村氏の支持は絶対にありえない」と話す。河村氏は4年前にいったん出馬表明し、松原市長に挑む姿勢を見せたこともある。松原市政で共産は野党だけに太田氏も考えにくい。

 意中の人は、中央官僚出身で、職員の抵抗感も薄いとみられる細川氏が濃厚だ。「後継指名はしない」としてきた松原市長は、ここへ来て、特定の人を支持する可能性も示唆している。関係者は、松原氏の言動は支援団体や財界の動きを後押しするとみる。

 知名度で河村氏に劣る細川氏の陣営からすれば、もし松原市長の支援を取り付けられたら心強いと思われるが、陣営の1人は「うちは市民派。市長が院政を敷こうとしているとみられたら、逆にマイナスかも」と語る。

287 とはずがたり :2009/03/08(日) 13:32:50

スレタイ「東海・北陸」ではなくて「中部」とすべきでしたね。。
今じゃあ東海3県に這入って東海みたいな顔してる岐阜はそもそも中山道の東山道所属であり,東海北陸では,岐阜は東海北陸道なんかが走ってたりするけど長野が這入りにくい。

1区6超、2区3超 富山市議選説明会、市長選は一騎打ちの公算
http://www.kitanippon.co.jp/contents/knpnews/20090308/20051.html
2009年03月08日 07:46

 四月十二日告示、十九日投開票の富山市議選と同市長選で、富山市選挙管理委員会は七日、市役所で立候補予定者事務説明会を開いた。市議選では第一選挙区(定数三二)に三十八陣営、第二選挙区(同一〇)に十三陣営が出席した。市長選は二陣営が出席した。説明会を欠席しても出馬は可能なことなどから流動的な要素も残るが市議選は両選挙区とも定数を超え、市長選は一騎打ちとなる見通しだ。

 市議選は昨年の三月定例市議会での条例改正で定数、選挙区とも変わった。定数は全体が四八から六人減の四二となる。第一選挙区は現在と区割りが同じ旧富山市が範囲だが、定数は三四から二減となった。第二選挙区は旧六町村がエリア。前回は婦中・八尾(定数七)、大沢野・大山(同五)、山田(同一)、細入(同一)に分かれていたが、今回から統一。合計定数は四減となる。

 第一選挙区には現職二十八、新人九、元職(旧市町村議も含む)一の各陣営が出席し、現状では定数より六人超となっている。第二選挙区は現職十一陣営、元職一陣営のほか、共産は候補未定ながら出席。同党は十日に新人候補を発表するとしている。説明会の段階では三人超だが、自民の新人、岡崎俊彦氏は後日に説明を受ける予定で、四人超の公算が大きい。

 出席した陣営を党派・団体別(公認・推薦)をみると自民が三十、公明が四、民主が四、社民三、共産三、県民社協会二となる。残る五陣営は、今のところ政党・団体の支援を受けていない。

 市長選では、現職の森雅志氏(56)=無所属、一期、旧市一期、吉作=が十二月定例市議会で再選を目指すことを表明。自民、国民新が推薦を決め、民主、公明、社民各党や県民社協会も推薦の方向。自民党と連合富山と既に政策協定を結んだ。

 共産党、県労連、富山民医連などでつくる「市民が主人公の富山市政をつくる会」(市民の会)も説明会に出席した。三日には六項目からなる基本政策を発表しており、具体的な候補者について同会は「内定しており、近く発表する」としている。

 この日の説明会では、選挙事務日程や選挙期間中の政治活動の注意事項を説明した。立候補届出書類などの事前審査は三月十九日から二十二日まで行う予定。

288 さんだーばー堂 :2009/03/08(日) 17:44:04
>>287
元富山市民だけにこの話題は看過できませんw

確か自民は第2選挙区の方で公認申請が定数超えてるとかでなんか面倒なことになっています。第2選挙区エリアは合併前の旧2郡の名前から「上婦負」(上新川+婦負)と呼ばれることもありますが、上・婦負からそれぞれ何人出すかという構図もあります。

自民以外は
民主:第1で新人を立て1増狙い
共産:第1は前回3人立てて票割り失敗で1人のみ、今回は2人。第2も議席獲得めざす
市民派系:第1の現職1人は引退表明、後継は不明

といったあたり以外は現職・現職後継で現有維持を狙うようです。

289 とはずがたり :2009/03/10(火) 22:44:19
>>288
解説有り難うございますヽ(´ー`)/

民主とは別に民社協会2が個人的に注目かも。工業地帯の工場(三協立山アルミとか)系労組でしょうか?
>出席した陣営を党派・団体別(公認・推薦)をみると自民が三十、公明が四、民主が四、社民三、共産三、県民社協会二となる。残る五陣営は、今のところ政党・団体の支援を受けていない。

290 さんだーばー堂 :2009/03/11(水) 02:39:44
>>289
県民社協会所属の富山市議は長尾憲二・針山常喜の2名です。いずれも旧市部(第1選挙区)からの選出、民主と合同の会派「民政クラブ」に所属しています。
長尾の方は分かりませんでしたが、針山は三菱レイヨンに勤めていたということでUIゼンセン系と見て間違いないでしょう。
考えてみれば針山の住所の清風町ってのは思いっきり三菱レイヨンの事業所の所在地でした…

http://mainichi.jp/senbatsu/09/toyamasho/archive/news/2009/01/20090125ddlk16050391000c.html

がんばれ富商!:第81回センバツ高校野球 針山常喜・野球部OB会長 /富山
針山常喜・野球部OB会長
 *チームカラーを忘れず−−針山常喜(62)
 1963年のセンバツ、同年と翌年の夏と3回甲子園に出場しました。当時は部員が70人ぐらいいて、毎日真っ暗になるまで走るなど、練習づけの毎日でした。休みも正月ぐらいしかありませんでした。
 センバツの時は2年生でしたが、初めての甲子園で入場行進が素晴らしかったのを記憶しています。63年の夏は、後に西鉄に進んだ池永正明投手を擁し、その年のセンバツで優勝した下関商に0−1で、翌年夏の北海戦は4−6でそれぞれ1回戦で敗れましたが、初めてナイター照明を見てびっくりしました。
 富山商野球部は礼儀や上下関係に厳しく、その経験は三菱レーヨンの軟式野球部時代も役立ちました。今の選手たちには、背伸びすることなく、自分たちに見合ったプレーをしてもらいたい。そして自分たちのチームカラーを忘れず、基本に忠実なことが最も大切です。
     *
 センバツ出場を決めた富山商の野球部OBや卒業生、同校ゆかりの人たちの、チームへの思いやエールを紹介する。(随時掲載)<書は富山商OBの書家、森大衛さん>
毎日新聞 2009年1月25日 地方版

291 とはずがたり :2009/03/11(水) 03:42:18
>>290
情報提供あざーすヽ(´ー`)/
大企業系地方議員は水島(倉敷市)も鶴崎(大分市)も民主とは別行動が多いですけど富山は民社色が強いせいか共闘・同一会派組めて居るんですねぇ。

292 さんだーばー堂 :2009/03/12(木) 20:31:19
>>287
富山市長選、共産側の候補がようやくまとまったようです。
森は交通政策をはじめ適度にワンマン気味なのが政党支持層問わず好感持たれてる感があるので、昨年の知事選以上に大差がつくかも分かりません…

http://www2.knb.ne.jp/news/20090312_19252.htm
KNB News
2009 年 03 月 12 日 17:35 現在
富山市長選「市民の会」が吉田修氏を擁立へ

 富山市長選挙は来月12日の告示までちょうど1か月です。
 候補者の擁立を検討してきた「市民が主人公の富山市政をつくる会」は、12日、医療関連会社に勤める吉田修さんを擁立すると発表しました。
 これは12日、「市民の会」が記者会見を開いて明らかにしました。
 11日開いた「市民の会」の幹事会で吉田修さん58歳を擁立することを正式に決めたということです。
 吉田さんは、県民主医療機関連合会の事務局次長や、「富山の医療と福祉と年金をよくする会」の事務局長を務めています。
 吉田さんは12日の会見には出席しませんでしたが、近く、無所属候補として出馬を表明し、日本共産党が推薦する意向です。
 富山市長選挙は、来月12日告示、19日投開票です。
 市長選には、現職の森雅志市長が既に立候補を表明していて、12日は公明党が党本部で森市長を推薦することを承認しました。

293 千葉9区 :2009/03/12(木) 20:47:15
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/090312_1.htm
松原市長支援団体の8000万円 分裂与党が注目 ――名古屋市長選
援助期待 分割要望
 4月12日の告示まで1か月となった名古屋市長選を巡り、今期限りで引退する松原武久市長の支援団体に残る資金の行方に注目が集まっている。支援団体は民主、自民、公明の市議会与党3党の相乗り前提で活動してきた。今回は32年ぶりに与党会派の“分裂選挙”となるだけに、各市議団からは「市長が支援を打ち出せば資金援助が期待できる」「資金は分割すべきだ」との声が出ている。

 総務省と愛知県選挙管理委員会に提出された2007年度分の政治資金収支報告書によると、松原市長を支援する政治団体「名古屋産業文化懇話会」には約8900万円、「チャレンジ21・名古屋の会」には約2570万円の繰越金がある。08年度も目立った活動はなく、関係者は「人件費や備品購入、事務所費など支出が例年通りだと、8000万円ほど残る」としている。

 松原市長は、自民、公明が支援する細川昌彦・元中部経済産業局長(54)が市役所を訪れた際には、「頑張って下さい」とエールを送り、民主党が推薦を予定している河村たかし衆院議員(60)に対しては、「(河村氏の掲げる)市民税10%減税は、現在の財政状況では考えられない」と距離を置いている。

 ただ、「それぞれの施策が明確になっておらず、コメントする立場にない」と態度を明らかにしておらず、支援団体に残る資金の使途についても、「退任後も政治活動をするつもりだから」と明言を避けている。

 政党関係者によると、同市長選には1億円近い費用がかかるという。両団体は個人や団体からの寄付の受け皿で、西尾武喜元市長が引退した際も、資金の一部が松原市長に引き継がれた。

 細川氏を支援する自民党系市議団の幹部は「市長が細川氏支援を打ち出し、後継と位置付けてくれれば、資金援助が期待できる」と話す。これに対し、民主党市議団幹部は「両団体には民主を支援する団体、個人からの寄付も入っている。きちっと“協議離婚”し、資金も分割すべきだ」としている。



(2009年3月12日 読売新聞)

294 千葉9区 :2009/03/15(日) 10:13:46
>>154-157>>187
膠着状態から動き出しました
http://mainichi.jp/area/gifu/shigisho/news/20090314ddlk21100002000c.html
市議会公明党、賛成へ 形勢逆転の可能性も /岐阜

市立岐阜商移管問題は、市議会で「移管賛成」へ形勢逆転の可能性が出てきた 
◇クラブ会議で申し合わせ
 岐阜市立岐阜商業高(市岐阜商)の学校法人「立命館」への移管問題で13日、市議会公明党(6人)はクラブ会議を開き、16日から始まる市議会一般質問で、「移管賛成」の立場で代表質問することを申し合わせた。ただ会派内には移管反対派の市議もおり、広報責任者の中尾年春市議は「まだ調整が必要」としているものの、同党の動きによっては移管反対派が多数を占めていた市議会の形勢が逆転する可能性も出てきた。

 同党は昨年12月の市議会本会議採決で「議論が尽くされていない」として「市岐阜商の当面の存続を求める請願」に6人全員が賛成した。しかし、当時から会派内には移管を主張する市議もおり、その動向が注目されていた。

 同党によると、細江茂光市長の辞職をきっかけに会派内で議論を重ね、先月下旬には市立校の移管でできた立命館守山高(滋賀県守山市)などを視察。その結果、「市岐阜商の自主性を重んじる教育理念が立命館の教育方針にも感じられた」としていた。また今年1月の出直し市長選で、細江市長が無投票で当選したことについて、「手法は認められないが、立命館誘致の世論が高まったことは確かだ」と分析していた。

 細江市長は、市議会3月定例会に立命館誘致関連の事務費を盛り込んだ予算案を上程。これに対し、移管反対派は、23日から始まる委員会審査の際に誘致関連部分を削除した修正案の提出を予定している。【鈴木敬子】

295 千葉9区 :2009/03/17(火) 20:45:59
>>264>>270
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20090317/CK2009031702000155.html
民主県連 知事選で海野氏推薦せず プロジェクトチーム報告
2009年3月17日

 7月に任期満了を迎える静岡県知事選で、民主党県連は16日、静岡市内で常任幹事会を開き、出馬表明している元同党参院議員海野徹氏(59)=静岡市葵区=について、推薦しないとの知事擁立プロジェクトチーム(PT)の結論を報告し、常任幹事会も尊重する方針を示した。

 榛葉賀津也県連会長らによると、党内で海野氏支持に反対する声があり、当初の目標通り独自候補の擁立を目指す。

 海野氏は1998年の参院選(静岡選挙区)で無所属で初当選した後、民主会派入りしたが、04年に同党公認で出馬し落選。07年の静岡市長選では同党の推薦を受けずに無所属で出馬し、落選した。

296 千葉9区 :2009/03/17(火) 20:54:38
>>27>>44>>82>>86
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090317ddlk22010223000c.html
アクアスやいづ:焼津市長の公約撤回 問責決議案可決へ−−きょう提出 /静岡
 焼津市の公設民営の温浴施設「アクアスやいづ」について、清水泰市長が公約を撤回した問題で、同市議会の自民党系会派「凌雲の会」は2月定例会最終日の17日に、清水市長の問責決議案を提出することを決めた。議員26人のうち13人が同会派に所属しており、ほかにも賛成者が見込まれるため、決議案は可決される見込みだ。

 清水市長は昨年12月の市長選で、赤字続きのアクアスについて「市民に拒否反応があるので税金投入しない」と主張し、自民系の対立候補に勝って初当選を果たした。だが今年2月、施設を市直営にするのに伴う費用を来年度予算案に計上すると発表。事実上の税金投入に当たるため、2月定例会で同会派の市議らから「公約軽視だ」などの意見が相次いでいた。

 問責決議に法的拘束力はない。市議会事務局は「過去に市長の問責決議案が提出されたことはないとみられ、可決されれば重みはある」としている。【浜中慎哉】

297 千葉9区 :2009/03/18(水) 23:46:13
松崎町長辞職へ
2009年03月18日


記者会見で自らの辞職と再出馬の決意を述べる深沢進町長=松崎町役場

 南伊豆地区の1市3町(下田市、河津町、南伊豆町、松崎町)の合併協議をめぐり、松崎町の深沢進町長(76)は17日の定例議会で、「合併に対する町民の民意を問うために辞職し、再び立候補する決意を固めた」と表明した。議会が合併協議会の負担金支出を拒んだのを受け、町長選で合併実現の公約を掲げて可否を問うのが狙い。18日にも辞表を提出し、4市町議会が合併の可否を最終議決する6月議会前に、選挙戦を実施する構えだ。


 ◆出直し選に立候補


 議会はこの日、合併協の4〜7月の同町負担金など153万円を計上した09年度一般会計予算案を審議。合併反対の議員から「合併の必要性や町の将来展望は見受けられない」として、負担金を削除した修正動議が提出された。合併協の打ち切りを意味する修正案は、賛成6、反対3で可決された。


 直後に発言を求めた深沢町長は「関係する1市2町のためにも、また、先の住民投票で支援をいただいた町民の期待を裏切らないためにも、ここで合併をあきらめるわけにはいかない」と述べ、辞職と出直し町長選で民意を問う決意を明らかにした。


 同町議会は昨年、合併協設置案を3度にわたって否決したが、住民投票で合併協参加が決まった。しかし、合併反対派が多数を占める議会は、6月に合併を否決する公算が大きいことから、出直し町長選に踏み切ったとみられる。


 負担金否決について、深沢町長は18日に再び原案を提出するが、反対派の議員は再び否決する構え。しかし、地方自治法で必要経費は予算執行できるとされることから、合併協は継続される見通しだ。


 合併協会長の石井直樹・下田市長は「反対派議員に予算執行のルールを理解してもらえなかったのは残念だ。深沢町長は昨年6月から積み重ねてきた合併協議を無にしたくないと、町長選を決断したのだろう」と話した。


 ◆反対派の翻意へ賭け


 《解説》 任期満了まで残り9カ月。松崎町議会が反対を続ける合併問題に対し、深沢進町長が自らの選挙戦で決着をつけようという「賭け」に出た。


 民意を問うだけなら、住民投票条例の制定でも可能だ。関係者によると、深沢町長は当初、条例提案を検討していたという。しかし、住民投票の投票結果は議会を拘束するわけではない。


 10日の議会一般質問。合併反対派の議員が出直し町長選に言及し、「合併の是非を争う選挙結果次第で判断を改める」とした。このことが、深沢町長が住民投票条例提案から方針転換する大きな要因になったようだ。


 この議員は出直し町長選に対立候補を出すというが、「負けたら議員辞職か、合併議決の際に退席する」としている。一方で、別の反対派議員は「有権者の負託を受けているのだから、町長選の結果で信念を曲げることはない」と断言し、合併反対を貫く考えを示している。


 出直し町長選が無投票となったり、別の合併の枠組みを掲げる候補が出たりする可能性もある。議員を説得できないまま、「勝てば民意に従ってくれるだろう」という町長の狙いが成就するかどうかは不透明だ。(竹田和敏)


 ◇松崎町をめぐる合併問題の経緯


  07年12月 4市町長が合併協議を進めることで合意


  08年 2月 町議会が合併協議会設置案を否決


      3月18日、町議会が合併協設置案を再び否決


         28日、住民発議で合併協設置を求める署名活動始まる


      4月 署名をもとに住民グループが合併協設置を町長に請求


      5月 町議会が合併協設置案を3度目の否決


      6月1日、住民投票で合併協設置に賛成多数。合併協設置決まる


         25日、合併協の初会合が開かれる


     12月 町議会が電算統合調査費の負担金削除案を可決


  09年 3月 町長が辞意表明

http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000000903180004

298 千葉9区 :2009/03/20(金) 00:10:01
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/090319_6.htm
細川氏・公明市議団 政策合意に至らず ――名古屋市長選
 4月の名古屋市長選への出馬を表明している元中部経済産業局長の細川昌彦氏(54)が18日、公明党市議団と政策協議を行った。細川氏はマニフェスト素案を提示し政策をすり合わせたが、公明側から「市民に分かりやすい政策を」との意見が出て、結論には至らず、支援体制も決定しなかった。

 政策協議は市役所で行われ、公明党所属の市議14人全員が参加。出席者によると、細川氏は素案の中で、環境、エネルギー分野に予算を重点配分して景気の刺激や雇用の拡大を図る名古屋版「グリーン・ニューディール作戦」などを提示。公明側からは保育園、幼稚園の無償化や、総合病院の日曜夜間診療など五つの重点政策があげられ議論されたという。細川氏は「マニフェストは詰めの段階で、月内には発表したい」と話した。公明党は政策の合意が出来次第、月内にも正式な支援体制を決定する方針。



(2009年3月19日 読売新聞)

299 さんだーばー堂 :2009/03/20(金) 02:20:46
>>32>>47
武田は南砺市選出ではありますが、綿貫と直接関係はなく旧西礪波郡福光町内の公認争いに敗れての無所属出馬です。
ただ、富山3区に出馬表明している県議の柴田とは前々回までは同じ選挙区。このところずっと協調行動をとり、南砺市長選でも田中当選に貢献しました。

http://www2.knb.ne.jp/news/20090319_19336.htm
KNB News
2009 年 03 月 19 日 18:22 現在
武田県議、自民党県議会議員会に所属へ

 県議会でこれまで無所属だった南砺市選出の武田慎一県議が19日付けで自民党県議会議員会に所属することになりました。
 武田県議は2年前の県議会議員選挙に無所属で出馬し初当選しました。
 その後、無所属で議員活動を続けてきましたが武田県議によりますと支援者から立場を明確にして活動すべきだという意見が寄せられるなどしたため、自民党の会派の所属議員として活動することを決めたということです。
 これを受けて自民党県議会議員会は19日、議長に所属議員の異動届を提出し、認められました。
 これにより県議会は自民党議員会が28人となり、無所属は2人となりました。
 武田県議は、これに先立ち今月14日に開かれた自民党福光連合支部の総会で、支部長に就任しています。

300 さんだーばー堂 :2009/03/23(月) 20:16:39
またも富山県議会に動きです。
同じく自民を離党した柴田とは「土建屋」という共通点が。

http://www2.knb.ne.jp/news/20090323_19376.htm
KNB News
2009 年 03 月 23 日 18:32 現在
自民党の酒井県議が離党

 中新川郡選出で自民党の酒井眞次県議は23日、「今の自民党には政治信条で相容れないものがある」などとして、自民党を離党しました。
 上市町の酒井議員は61歳で、平成3年に無所属で出馬して初当選し、2期目からは自民党公認で立候補し、現在5期目です。
 記者会見した酒井議員は、離党の理由について、地方組織の形骸化で党と考え方が合わなくなったことと次期議長選考をめぐる不信感があったと説明しました。
 県議会議長のポストは、年齢などを勘案し、5期目の議員が担ってきましたが次の議長には酒井議員よりも年齢が若い5期目の氷見市の梶敬信議員が選ばれる見通しです。
 酒井議員はこの選考に際して県連幹部から「(自分の)支持母体の建設会社がほかの市町村でも公共工事を受注している」と言われ、この発言に強い不信感を感じたとしています。
 一方、自民党の横田議員会長や鹿熊幹事長は「会派内で一致して議長に推挙できる状況になく、総合的な判断の結果だ。再三、話をしてきたが誤解があり、理解されなかったのは残念だ」と話しています。
 今後、酒井議員は無所属議員として非自民の勢力と行動を共にするということです。

301 千葉9区 :2009/03/23(月) 21:40:07
>>72
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ishikawa/news/20090323-OYT8T00040.htm
小松市長選  現新一騎打ち
市街地活性化など争点
 小松市長選は22日告示され、4選を目指す現職の西村徹氏(69)と新人で元コマツ社員の和田慎司氏(57)の2人が立候補を届け出た。いずれも無所属。2候補は、選挙事務所で出陣式を行い、支持者を前に市街地活性化、行財政改革などを訴え、1週間の舌戦がスタートした。

 西村氏の陣営は、同市浜田町の菟橋(うはし)神社など3か所で必勝祈願。菟橋神社の祈願祭では、山出保金沢市長が「西村さんはあすの小松のための布石を築いてきた。市役所は会社ではない。情のある施策が大切だ」とエールを送り、西村氏は「小松の再生のため、全身全霊をかけて頑張っていく」と決意を表明。この後、同市若杉町の選挙事務所前で出陣式をし、選挙カーで市内を一巡した。

 和田氏の陣営は、同市本折町の本折日吉神社で必勝祈願祭。選対本部長の福村章県議が「ぬるま湯状態の今の市政を、和田さんとともに変えていこう」と呼びかけ、和田氏は支援者を前に「市民のみなさんと力を合わせ“小松維新”を起こす。民間で培った私の経験を信じ、市政のかじ取りを委ねてほしい」と訴えた。同市宝町の選挙事務所で行われた出陣式では、だるまに目を入れ必勝を誓った。

 衆院の解散総選挙をにらみ、対応が注目されていた地元国会議員。自民党の森喜朗元首相は、長男の森祐喜県議が西村氏の祈願祭に、地元秘書が和田氏の祈願祭に出席。民主党の一川保夫参院議員は両陣営に激励電報を送り、双方とも総選挙を意識した微妙な姿勢を示した。

 期日前投票は23日から28日まで、市役所(午前8時半〜午後8時)と符津町の小松サン・アビリティーズ(午前8時半〜午後7時)で受け付ける。投票は29日。21日現在の有権者数は8万7685人。

(2009年3月23日 読売新聞)

302 とはずがたり :2009/03/24(火) 03:57:21
やけに動きますねー>富山県議会自民
こちらは議長やれなかった不満か。
この辺は2区でなかなか総選挙には直結しそうにないですけど。

中新川郡 定数2−無投票
氏名 年齢 党派 新旧 当選回数 代表的肩書
○ 酒井 真次 59 自民 現 5 県会副議長→自民会派離脱
○ 高平 公嗣 60 自民 現 4 ゴルフ場経営

303 とはずがたり :2009/03/24(火) 17:05:18
原因がなんか違いますが議員活動で党と一体感を欠くって何を指すんでしょうかねぇ?
まさか民主や国民新の支援活動をしていた訳でものないでしょうし。。

2009 年 03 月 23 日 18:32 現在
自民党の酒井県議が離党
>>300

県連幹部から「(自分の)支持母体の建設会社がほかの市町村でも公共工事を受注している」と言われ、この発言に強い不信感を感じた

議長に梶氏、副議長に高平氏 県議会自民、候補決定
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1146286762/8320

議員活動で党との一体感を欠く点などが指摘されていた。

304 とはずがたり :2009/03/25(水) 11:48:04
タイミングを図ってましたねぇ。

静岡県知事が辞職表明へ 空港の立ち木問題で
http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009032501000169.html

 静岡空港の滑走路近くに航空法の制限を超える立ち木が残り、開港が遅れた問題に関連し、静岡県の石川嘉延知事は25日までに、近く辞職する意向を固めた。同日午後に正式表明する。県幹部が明らかにした。

 静岡空港をめぐっては昨年9月、測量ミスなどで航空法の高さ制限を超える立ち木があることが明らかになり、2500メートルの滑走路を暫定的に2200メートルに短縮するため、追加工事を実施するなど開港が約3カ月遅れる事態になった。

 石川知事は68歳で同県掛川市出身。1964年に自治省(当時)に入省、93年の知事選で初当選し、現在4期目。
2009/03/25 09:56 【共同通信】

静岡空港(2008年2月29日)自治体が設置、管理する第三種空港としては、離島を除き事実上最後の新設となる。愛称は「富士山静岡空港」。総事業費は約1900億円で、県中部の牧之原市と島田市にまたがる丘陵地に2500メートルの滑走路を整備中。国内線は全日本空輸と日本航空が札幌線など、国際線は韓国のアシアナ航空がソウル線開設を表明。地元の物流会社「鈴与」も小型機による旅客定期便事業に参入する。

石川知事辞意表明へ 空港完全開港に道筋
03/25 08:45
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090325000000000042.htm

 石川嘉延知事は、静岡空港の立ち木問題で、完全開港への道筋を確実にするため、辞職する意向を固めたもようだ。複数の自民党関係者が24日までに明らかにした。近く会見し、自らの進退について表明するとみられる。
 滑走路西側に航空法の高さ制限を超える立ち木などが残る問題で、石川知事は2月、地権者(島田市湯日)と直接協議。その際、地権者は支障物件除去の条件として知事に辞職を求めた。自民党関係者は「石川知事は選挙の勝敗ではなく、地権者の要求に応えることで、空港事業を成就させる道を選択した可能性がある」と指摘した。
 石川知事は就任以来、新公共経営の導入などで県財政の健全化に取り組み、全国有数の企業立地など「ものづくり県」の基盤構築や教育改革などに尽力した。空港の完全運用についてはこれまで、県議会などで「滑走路2500メートルでの完全運用を実現することが、県民から課せられた責務」と説明してきた。
 一方、7月末で任期満了となる次期知事選を前に、4期16年目の石川知事に対しては次期知事選への出馬は多選との指摘があるほか、静岡空港の開港予定日の延期と滑走路短縮に伴う追加支出などを招いた責任を問う県民世論もある。
 次期知事選をめぐっては、元参院議員の海野徹氏(59)=静岡市葵区内牧=が無所属での立候補を表明。民主党県連は連合静岡、県議会の平成21、民主党・無所属クラブと「知事擁立会議」を設置し、独自候補の擁立を目指している。自民党県連も、水面下で候補者擁立作業を続けている。
 石川知事は68歳。旧大東町出身。掛川西高―東大。昭和39年に旧自治省入省。大臣秘書官などを経て、同55年から県教育次長、同59年から県総務部長。平成4年から同省公務員部長。県知事の初当選は同5年。

305 とはずがたり :2009/03/25(水) 12:01:18
選挙:静岡市議選 告示 3選挙区、66人が立候補 有権者に支持訴え /静岡
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090321ddlk22010098000c.html

 静岡市議選が20日告示され、3選挙区(定数53)に計66人が立候補を届け出た。候補者は自らの政策を訴えるため、早速市内を走り回り、9日間の激しい選挙戦が始まった。政令市になって初めての選挙で、県都・静岡市の将来ビジョンなどについての有権者59万人の判断が注目される。投票は29日で、即日開票される。【望月和美】

 立候補者は葵区(定数19)で23人▽駿河区(同15)で18人▽清水区(同19)で25人。現職46人、元職2人、新人18人で、党派別では自民23人、民主2人、公明6人、共産6人、社民1人、無所属28人。

 各陣営は午前8時半に各区選挙管理委員会で立候補の届け出を終えると、出陣式を開いて選挙戦を開始。支援者が多い地元や買い物客でにぎわう繁華街を選挙カーに乗って回り、支持を訴えた。

 投票は一部地域を除き29日午前7時〜午後8時。開票は同日午後9時半から、葵、駿河区は駿河区曲金3のツインメッセ静岡で、清水区は同区清開2の清水総合運動場体育館で行われる。

 19日現在の選挙人名簿登録者数は、葵区が21万3678人(男10万1604人、女11万2074人)▽駿河区が17万1229人(男8万3976人、女8万7253人)▽清水区が20万8379人(男10万390人、女10万7989人)。

==============

 ◆静岡市議選候補者(届け出順)
 ◇葵区(定数19−23)

鈴木和樹 27 無新  静岡大生[歴]人材派遣会社員▽静岡市立高
鈴木和彦 63 自現(1) [元]市議長▽党支部長[歴]静岡清水合併協委員▽静岡商高
白鳥実 53 民現(1) [元]衆院秘書▽党支部政調会長▽市消防団員▽静岡工高
馬居喜代子 56 公現(1) [元]高校教諭▽党県副代表▽市会副委長▽東京教育大
大橋英男 62 無現(1) [元]会社員[歴]市監査委員▽市会委長▽静岡農高
安竹信男 62 自現(1) 会社役員▽市会委長[歴]党支部幹事長▽東京理科大
山本彰彦 44 公現(1) [元]スター精密社員▽党県青年局長▽大東文化大
尾崎剛司 32 無現(1) [元]県議会派職員▽市青少年問題協委員▽早大
石上顕太郎 60 自現(1) [元]団体職員▽党支部総務会長[歴]市監査委員▽早大
杉山〓一 73 無新 会社社長▽駒形通6丁目町内会長▽横浜国立大
剣持邦昭 62 自現(1) [元]市議長[歴]市消防団副団長▽静岡農高
増田進 62 自現(1) [元]NTT西社員▽市会特別委長▽東海大工高
山本明久 55 共現(1) [元]高校講師▽党県委員[歴]市会委長▽静岡大
工藤公彦 55 無新 一級建築士▽市民団体幹事▽日大院
繁田和三 56 自現(1) [元]市秘書課長[歴]旧市PTA連絡協役員▽静岡学園
佐野慶子 60 無現(1) 団体職員▽空港はいらない県民の会共同代表▽静岡大
兼高正男 62 無現(1) 中電労組顧問▽市会委長[歴]旧市農業委員▽静岡工高
高木恵子 62 無新 NPO代表▽廃棄物減量等推進員▽亜細亜大院
中山道晴 59 無現(1) 地区社協理事[歴]三菱電機社員▽市会委長▽東北大
沢入育男 68 自現(1) 行政書士▽県一輪車連盟理事長▽静岡高
松谷清 58 無新 参院秘書▽団体幹事[歴]県議▽静岡大中退
井上恒弥 62 自現(1) 機械販売業▽障害者団体役員▽日本電子工学院
鈴木節子 54 共現(1) [元]歯科衛生士[歴]女性団体役員▽厚生保育専門学校

306 とはずがたり :2009/03/25(水) 12:01:39
>>305-306
 ◇駿河区(定数15−18)
三浦雅司 69 自現(1) 農業▽静岡南高後援会長[歴]小鹿町内会長▽静岡農高
伊藤与志雄 43 無新 土木工事会社社長[歴]参院秘書▽旧市議▽帝京大
杉山三四郎 78 自現(1) 不動産会社監査役[歴]缶詰会社役員▽市議長▽明大
岩崎良浩 56 公現(1) [元]情報処理会社役員▽党県支部長▽東海大工高
近藤光男 70 自現(1) [元]三菱電機社員▽市会特別委長▽静岡工高
田形清信 62 自現(1) 紙加工会社社長▽市監査委員▽東京農大
宮沢圭輔 30 無新 太陽光発電関連工事会社員▽静岡大生▽静岡南高
寺尾昭 64 共新 [元]県職員[歴]県地方自治研究所事務局長▽岡山大
浦田志信 67 無新 中央観光静岡バス社長▽焼津無線通信養成所
浅場武 62 自現(1) コンサル業[歴]市経済部参与・経済政策課長▽神奈川大
佐地茂人 38 自現(1) [元]県議・参院秘書▽市会特別委長▽上武大
井上智仁 39 公新 [元]巴川製紙所社員▽党県青年局次長▽阪大
佐藤成子 60 無現(1) アナウンサー[歴]民主党県常任幹事▽東北学院大
池邨善満 50 無新 三菱電機社員▽大阪府立工業高専
相坂摂治 35 自現(1) シャンソン化粧品顧問▽社会福祉法人理事▽明大
伊東稔浩 68 自現(1) 会社員[歴]市議長▽党支部党紀委長▽愛知県立旭丘高
松永博彬 63 無新 美容師▽理美容業共済事業協同組合理事▽沼津高専
亀沢敏之 64 自現(1) 酒販業▽新川1丁目町内会長▽市会副委長▽静岡商高

 ◇清水区(定数19−25)
牧田博之 54 自現(1) 清水サッカー協会副会長[歴]小糸製作所社員▽名古屋大
青木一男 66 自現(1) 農業▽鳥坂自治会相談役▽市会副委長▽静岡農高
内田隆典 56 共元 党清庵地区委員[歴]旧清水市議▽瓊浦高
遠藤広樹 41 無現(1) 小糸製作所労組顧問[歴]連合地協次長▽清水商高
小野勇 60 公現(1) 党県幹事[歴]小糸製作所社員▽市監査委員▽東海大工高
望月厚司 59 無現(1) JFEエンジニアリング社員▽市副議長▽島田工高
田中敬五 59 無現(1) 会社員▽労組顧問▽青森県立青森工高
片平博文 61 公現(1) 党支部長[歴]リサイクル店経営▽静岡大法経短大
遠藤裕孝 62 自現(1) 建設会社社長[歴]市障害者協会理事▽立教大
栗田裕之 62 自現(1) 保護司[歴]旧清水市PTA連絡協会長▽東海大
風間重樹 50 無元 タウン紙発行会社社長▽保護司[歴]旧清水市議▽日大
小林正枝 37 無新 茶販売会社役員▽東海大
西ケ谷忠夫 65 共現(1) [元]旧清水市職員▽党県委員▽東海大短大
水野敏夫 59 無現(1) [元]中学教諭▽区空手道連盟会長▽大阪体育大
深沢陽一 32 自現(1) [元]衆院秘書▽党支部広報委長▽信州大
山根田鶴子 57 無現(1) 社会福祉法人理事[歴]旧蒲原町議▽青山学院大
早川清文 58 無新 会社役員[歴]清水入江小PTA会長▽日大
望月俊明 59 無新 [元]旧由比町長[歴]由比中PTA会長▽東京農大
西谷博子 64 共現(1) 党地区常任委員[歴]保育士▽清水西高
大村一雄 60 無新 [元]清水区長▽県ラグビー協会理事▽中京大
久保田昌武 61 無新 [元]旧由比町水道課長[歴]旧由比町議▽清水市立商高
石川久雄 70 自現(1) [元]会社役員▽社会福祉法人評議員▽静岡農高
橋本勝六 65 社現(1) 市勤労者協議会長▽党県副代表▽長野県立塩尻高
栗田知明 64 無現(1) 社会福祉法人理事▽市会委長▽清水商高
後藤哲朗 36 民新 [元]衆院秘書[歴]半導体製造会社員▽九州東海大

==============
 ◇名鑑の見方◇

 ▽氏名▽年齢▽党派(自=自民、民=民主、共=共産、無=無所属)▽現元新の別▽当選回数(カッコ内数字)▽肩書([元]は過去職)、[歴]は以下は経歴と学歴。
【関連記事】
古豪復活!:掛川西・センバツ’09 甲子園練習 「緊張感高まってきた」 /静岡
サッカー:めぬまカップ、25日から 県勢は桐陽、清水国際、磐田東、吉原 /静岡
交通事故:小2女児、車にはねられ重体−−御前崎の県道 /静岡
静岡・金融業者強殺:被害者参加制度で遺族が裁判出席へ /静岡
静和病院の診療報酬詐欺:被告の元院長ら3人を追起訴 /静岡

毎日新聞 2009年3月21日 地方版

307 とはずがたり :2009/03/25(水) 12:03:35

静岡市議選に66人
清水区19議席に25人
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20090320-OYT8T00803.htm
 静岡市議選が20日、告示され、現職46人、元議員2人、新人18人の計66人が53の議席を目指して立候補を届け出た。葵、駿河、清水の行政区を単位とする選挙区ごとに、29日に投開票される。

 立候補者は、葵区(定数19)が現職18人、新人5人の計23人。駿河区(同15)は現職11人、新人7人の計18人。清水区(同19)は現職17人、元議員2人、新人6人の計25人。

 葵、駿河区は旧清水市との合併前の旧静岡市を分断した選挙区。合併で選挙区が縮小したため、狭い地域でどう票を集めるかが重要になる。葵区駒形通、安西、田町といった中心市街地では、自民と民主公認の現職、無所属の現職、新人2人の計5人が乱立し、激しく票を奪い合う。

 清水区は、旧清水市のほか、06年3月に合併した旧蒲原町、08年11月に合併した旧由比町が選挙区となる。旧由比町との合併に伴う市議増員選は行われず、候補者数も3区中で最多で、激戦が予想される。「合併で有権者が増え、当選ラインが4年前より上がる」との危機感から、各候補は支持基盤固めに躍起だ。旧蒲原町からは元町議の現職1人、旧由比町からは元町長と元町議が出馬。地元からの議席獲得を狙う。

 投票は29日午前7時〜午後8時に市内計185か所で行われる。期日前投票は21〜28日の午前8時半〜午後8時に、葵区は静岡庁舎、駿河区は同区役所、清水区は同区役所と蒲原支所、由比支所で受け付ける。静岡庁舎では駿河、清水区の住民も期日前投票をすることができる。

 開票はいずれも午後9時半から、葵、駿河区がツインメッセ静岡で、清水区が清水総合運動場体育館でそれぞれ行われる。2日現在の選挙人名簿登録者数は葵区21万3662人、駿河区17万1167人、清水区20万8357人の計59万3186人。
(2009年3月21日 読売新聞)

308 とはずがたり :2009/03/25(水) 13:14:05
静政会って何者だ??

http://www.city.shizuoka.jp/deps/gikai/kaihameibo.html
議員の名簿/会派別名簿
○は会派代表
静政会(せいせいかい)20名
尾�魁々篁� 遠藤 広樹 佐藤 成子 浅場  武 三浦 雅司 相坂 摂治
山根 田鶴子 中山 道晴 水野 敏夫 安竹 信男 兼�顗\誼� 前田  豊
橋本 勝六 田中 敬五 望月 厚司 杉山 三四郎 鈴木 和彦 沢入 育男
栗田 知明 ○伊東 稔浩

自由民主党静岡市議会議員団 18名
深澤 陽一 牧田 博之 繁田 和三 亀澤 敏之 遠藤 裕孝 佐地 茂人
増田  進 栗田 裕之 石上 顕太郎 千代 公夫 井上 恒弥 田形 清信
青木 一男 石川 久雄 城内  里 大橋 英男 近藤 光男 ○剣持 邦昭

公明党静岡市議会 7名
山本 彰彦 馬居 喜代子 岩崎 良浩 岩ヶ谷 至彦 片平 博文 ○小野  勇
平垣 陸雄

日本共産党静岡市議会議員団 5名
鈴木 節子 河本 泰輔 西谷 博子 山本 明久 ○西ヶ谷忠夫

民主・市民会議 2名
○白鳥  実 内田  進

市民自治福祉クラブ 1名
○佐野 慶子

静政会
http://www.shizuoka-seiseikai.jp/

本年4月1日、静岡市は念願の政令指定都市に移行、我が国における大都市への仲間入りを果たしました。

しかし、これは大いなる飛躍への第一歩を踏み出したに過ぎません。今後、本市が「真に豊かで活力あるまち」を創造していくためには、市民・行政・議会がそれぞれの役割を全うし、これまで以上に三者が密接に連携、協働していくことが必要です。

その中で、我々市議会は、市民の皆様の負託に応えるためにも、「志」を等しくする議員が小異を捨て、その力を結集し、議会機能の充実・活性化に努めていかなくてはなりません。
そして、行政に対するチェック・アンド・バランス(=是々非々)の議会理念を堅持しつつ、小嶋市政をサポートし、理想の「まち」の早期実現を図っていくことが重要であると考えます。

そこで我々は、すべての市民の想いを代弁し、それを政策として確実に活かしていくために、既存政党の枠にも、また地域の枠にもとらわれず、「静清会」、「市政クラブ」、「市民クラブ」そして、今回初当選の議員の同士と共に、静岡市議会最大会派21名からなる「静政会」を結成することといたしました。

「静政会」は、「政令指定都市しずおか」発展のため、個々の議員が研鑽努力の上、全力で取り組んでいきます。

また、市民の皆様とのコミニュケーションを大切にし、今後の議会活動や議員活動についても、ホームページ等を通じて皆様に随時お知らせするなど、「情報公開」の充実に努めてまいります。

309 とはずがたり :2009/03/25(水) 13:56:32
>>305-310
静政会には自民党から連合系議員迄居るようだ。

〜凡例〜
静政▲…静政会連合系 静政●…静政会自民公認 静政★…静政会民主系 自民▼…自民党社員系(?) 自民▲…自民党無所属当選系 ■…由比・蒲原系候補
①…当選期数(静清新市新設合併の為全員1期) [n]…旧市を含めた当選期数(旧町は含めず)

□静岡市議選候補者(届け出順)

◇葵区(定数19−23)千代公夫(自民)[3]→引退?
鈴木 和樹 27 無新  静岡大生[歴]人材派遣会社員▽静岡市立高
鈴木 和彦 63 自現①[7] [元]市議長▽党支部長[歴]静岡清水合併協委員▽静岡商高=静政●
白鳥 実 53 民現①[2] [元]衆院秘書▽党支部政調会長▽市消防団員▽静岡工高=民主・市民会議
馬居 喜代子 56 公現①[2] [元]高校教諭▽党県副代表▽市会副委長▽東京教育大
大橋 英男 62 無現①[5] [元]会社員[歴]市監査委員▽市会委長▽静岡農高=自民
安竹 信男 62 自現①[4] 会社役員▽市会委長[歴]党支部幹事長▽東京理科大=静政●
山本 彰彦 44 公現①[2] [元]スター精密社員▽党県青年局長▽大東文化大
尾崎 剛司 32 無現①[1] [元]県議会派職員▽市青少年問題協委員▽早大=静政
石上 顕太郎 60 自現①[3] [元]団体職員▽党支部総務会長[歴]市監査委員▽早大=自民
杉山 〓一 73 無新 会社社長▽駒形通6丁目町内会長▽横浜国立大
剣持 邦昭 62 自現①[7] [元]市議長[歴]市消防団副団長▽静岡農高=自民
増田 進 62 自現①[2] [元]NTT西社員▽市会特別委長▽東海大工高=自民▼
山本 明久 55 共現①[3] [元]高校講師▽党県委員[歴]市会委長▽静岡大
工藤 公彦 55 無新 一級建築士▽市民団体幹事▽日大院
繁田 和三 56 自現①[1] [元]市秘書課長[歴]旧市PTA連絡協役員▽静岡学園
佐野 慶子 60 無現①[4] 団体職員▽空港はいらない県民の会共同代表▽静岡大=市民自治福祉クラブ
兼高 正男 62 無現①[4] 中電労組顧問▽市会委長[歴]旧市農業委員▽静岡工高=静政▲
高木 恵子 62 無新 NPO代表▽廃棄物減量等推進員▽亜細亜大院
中山 道晴 59 無現①[2] 地区社協理事[歴]三菱電機社員▽市会委長▽東北大=静政▲
沢入 育男 68 自現①[7] 行政書士▽県一輪車連盟理事長▽静岡高=静政
松谷 清 58 無新 参院政策秘書(川田龍平)▽団体幹事[歴]県議▽静岡大中退
井上 恒弥 62 自現①[3] 機械販売業▽障害者団体役員▽日本電子工学院=自民
鈴木 節子 54 共現①[2] [元]歯科衛生士[歴]女性団体役員▽厚生保育専門学校

 ◇駿河区(定数15−18)城内(じょうない)里(自民)[4]・前田豊(静政)[4]・河本泰輔(共産)[3]・岩ヶ谷至彦(公明)[3]→引退か?
三浦 雅司 69 自現①[1] 農業▽静岡南高後援会長[歴]小鹿町内会長▽静岡農高=静政●
伊藤 与志雄 43 無新 土木工事会社社長[歴]参院秘書▽旧市議▽帝京大
杉山 三四郎 78 自現①[6] 不動産会社監査役[歴]缶詰会社役員▽市議長▽明大=静政●
岩崎 良浩 56 公現①[3] [元]情報処理会社役員▽党県支部長▽東海大工高
近藤 光男 70 自現①[6] [元]三菱電機社員▽市会特別委長▽静岡工高=自民▼

310 とはずがたり :2009/03/25(水) 13:56:51
>>309-310
田形 清信 62 自現①[3] 紙加工会社社長▽市監査委員▽東京農大=自民
宮沢 圭輔 30 無新 太陽光発電関連工事会社員▽静岡大生▽静岡南高
寺尾 昭 64 共新 [元]県職員[歴]県地方自治研究所事務局長▽岡山大
浦田 志信 67 無新 中央観光静岡バス社長▽焼津無線通信養成所
浅場 武 62 自現①[1] コンサル業[歴]市経済部参与・経済政策課長▽神奈川大=静政●
佐地 茂人 38 自現①[2] [元]県議・参院秘書▽市会特別委長▽上武大=自民
井上 智仁 39 公新 [元]巴川製紙所社員▽党県青年局次長▽阪大
佐藤 成子 60 無現①[1] アナウンサー[歴]民主党県常任幹事▽東北学院大=静政★
池邨 善満 50 無新 三菱電機社員▽大阪府立工業高専
相坂 摂治 35 自現①[2] シャンソン化粧品顧問▽社会福祉法人理事▽明大=静政●
伊東 稔浩 68 自現①[8] 会社員[歴]市議長▽党支部党紀委長▽愛知県立旭丘高=静政●
松永 博彬 63 無新 美容師▽理美容業共済事業協同組合理事▽沼津高専
亀沢 敏之 64 自現①[1] 酒販業▽新川1丁目町内会長▽市会副委長▽静岡商高=自民

 ◇清水区(定数19−25)内田進(民主・市民会議)[9]・平垣陸雄(公明)[8]…引退か?
牧田 博之 54 自現①[1] 清水サッカー協会副会長[歴]小糸製作所社員▽名古屋大
青木 一男 66 自現①[3] 農業▽鳥坂自治会相談役▽市会副委長▽静岡農高=自民
内田 隆典 56 共元 [?] 党清庵地区委員[歴]旧清水市議▽瓊浦高
遠藤 広樹 41 無現①[1] 小糸製作所労組顧問[歴]連合地協次長▽清水商高=静政▲
小野 勇 60 公現①[6] 党県幹事[歴]小糸製作所社員▽市監査委員▽東海大工高
望月 厚司 59 無現①[6] JFEエンジニアリング社員▽市副議長▽島田工高=静政▲
田中 敬五 59 無現①[5] 会社員▽労組顧問▽青森県立青森工高=静政▲
片平 博文 61 公現①[5] 党支部長[歴]リサイクル店経営▽静岡大法経短大
遠藤 裕孝 62 自現①[2] 建設会社社長[歴]市障害者協会理事▽立教大
栗田 裕之 62 自現①[3] 保護司[歴]旧清水市PTA連絡協会長▽東海大=自民
風間 重樹 50 無元 タウン紙発行会社社長▽保護司[歴]旧清水市議▽日大
小林 正枝 37 無新 茶販売会社役員▽東海大
西ケ谷 忠夫 65 共現①[5] [元]旧清水市職員▽党県委員▽東海大短大
水野 敏夫 59 無現①[2] [元]中学教諭▽区空手道連盟会長▽大阪体育大=静政
深沢 陽一 32 自現①[1] [元]衆院秘書▽党支部広報委長▽信州大=自民
山根 田鶴子 57 無現①[1] 社会福祉法人理事[歴]旧蒲原町議■▽青山学院大=静政
早川 清文 58 無新 会社役員[歴]清水入江小PTA会長▽日大
望月 俊明 59 無新 [元]旧由比町長[歴]由比中PTA会長■▽東京農大
西谷 博子 64 共現①[4] 党地区常任委員[歴]保育士▽清水西高
大村 一雄 60 無新 [元]清水区長▽県ラグビー協会理事▽中京大
久保田 昌武 61 無新 [元]旧由比町水道課長[歴]旧由比町議■▽清水市立商高
石川 久雄 70 自現①[4] [元]会社役員▽社会福祉法人評議員▽静岡農高=自民
橋本 勝六 65 社現①[4] 市勤労者協議会長▽党県副代表▽長野県立塩尻高=静政会
栗田 知明 64 無現①[8] 社会福祉法人理事▽市会委長▽清水商高=静政
後藤 哲朗 36 民新 [元]衆院秘書[歴]半導体製造会社員▽九州東海大

311 千葉9区 :2009/03/25(水) 21:43:23
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/H20090325103.htm
議長めぐり全面対決 金沢市議会自然閉会 衆院選控え第1、2会派

本会議の自然閉会直前に開かれた議運委=市議会
 二十三日に市議会三月定例会の本会議が戦後初の自然閉会となり、第一会派・自由民主(所属十五人)と第二会派・市民(同十二人)の全面対決に突入する雲行きとなった。議長ポストをめぐり、次期衆院選1区で激突する自由民主と市民は互いに譲らない構えで、打開策が見いだせない状況となっている。
 自由民主は高村佳伸氏(五期)を議長候補とすることで会派内の意思統一を図った。昨年十二月定例会で議長ポスト奪還を狙ったが、中西利雄議長(五期)の出身会派である市民に一蹴(いっしゅう)されており、幹部クラスには「今回も中途半端な形に終われば会派内の不満を抑えきれない」との危機感があった。

 水面下で市民側と接触したが、折り合いがつかず、本会議で議長不信任をたたき付ける強硬手段に出ざるを得ないと先週の段階で判断。公明(所属四人)に加え、議運委員長である社民(同三人)の平田誠一氏(十期)にも連携を求めた。

 一方、市民にはかつて同じ会派を離脱して自民入りした高村氏の議長就任に抵抗感があり、自由民主に接近する社民の平田氏への不満もあった。自由民主の議長不信任の動きを素早く察知し、「市民所属議員が政務調査費の四半期ごとのチェックを受けていない」といった中西議長への攻撃材料も事前に把握していた。

 二十三日は一貫して中西議長が辞める理由はないと主張。審議引き延ばしで議長に圧力をかけた自由民主の戦術を逆手に取り、市長提出議案などを可決した本会議が休憩になると、今度は自分たちが会派内の協議を続けるとして時間を稼ぎ、自然閉会のタイムリミットとなる二十四日午前零時を迎えた。


 不穏な動きを見せたのが五期の澤飯英樹、玉野道両氏が三月議会前に結成した自民金沢だった。両氏は自民の党籍を持つが、澤飯氏が市民幹部から玉野氏と一緒になるように促されたことをほのめかし、同席した自由民主幹部の怒りを買った。

 三期の自民県議が玉野氏を議長に就任させるよう他会派に要請しているとの情報も駆け巡った。自由民主の中堅は「あの二人から市民側に情報が漏れているのは明らかだ。党規委員会ものだ」と憤慨する。

 自由民主は二十三日、最後まで十五人が結束を保てたことに意義を見いだしており、議長交代に向けた攻勢を続ける構えである。一方、議長不信任の動きを封じた市民は今後、反撃に出るとみられ、六月定例会までの道筋には暗雲が立ち込めている。

 共産は二十四日、議会正常化を求める中西議長あての申し入れを提出した。

312 名無しさん :2009/03/25(水) 23:34:53
さてユージェニックスにしろ、学問方法(メソドロジー)としては、 social engineering ソシアル・エンジニアリングである。
このソシアル・エンジニアリングなるものの怖さを知らないで、「自分は日本の社会科学者だ」などと信じている土人学者たち
全員を、私は、激しく、蔑(さげす)んできた。この言葉の意味も重要性も知らずに生きてきた、馬鹿たちの群だ。
自分たち日本人(日本部族)白身が、『菊と刀』で真っ裸にされたのち、ロボトミーに等しい、文明化外科手術、すなわち、
ソシアル・エンジニアリングを敗戦後に受けたのだ、と自覚すべきである。

ソシアル・エンジニアリング(社会工学)は、アメリカのリベラル派の学者たちの秘技秘伝であって彼らはこれを肯定する。
しかし、シカゴ学派の本物の保守派やアイン・ランド女史のようなリバータリアンは、ソシアル・エンジニアリングの学問を唾棄
して否定する。未開の現住民たちに施してはならない文明化外科手術である。それをやられたら、原住民たちは、おかしく
なるのだ。 だから、敗戦後にこのロボトミーを施された日本部族の若者が金茶髪にして成人式でも暴れるのだ、とみんな
分かればいいのに。 どうしても、どうしても、敗戦後のアメリカ軍(占領軍、マッカーサー・ニューディーラー)による、
日本国民洗脳がその原因だと、認める訳には行かないのか。そうか、どうしてもいやか。

先生の小室直樹だけが、これが、日本人が敗戦期に天皇=神を否定されて起こした「急性アノミー」だと、はっきりと解明した。
今の私ほどは、あからさまには書かないが。

ソシアル・エンジニアリングというものは、これほどに恐いものなのだ。それが、ソシオ・バイオロジー(社会生物学)と
いう別の名前も持つのだ。ソシオ・バイオロジーについては、コンラッド・ローレンツについて本書の別のページ
でも書いた。だから、シカゴ学派で過激派フェミニストの元祖のひとりであるソニア・シャンクマンが、ウルトラ・
リベラルであるからこそユージェニックス(優生学)をやり、ソシアル・エンジニアリングを治療・方法・政策学
として実践したのだという事実を私たちは確認すべきだ。

副島隆彦『属国日本論を超えて』P120〜121

313 とはずがたり :2009/03/26(木) 02:30:50
>>311
なんか色々面白そうですなw
ただ社民が自民に接近してるのは衆院1区の情勢としては不安材料ではないか?

314 とはずがたり :2009/03/26(木) 11:23:38

島田との合併は話しにもでないのかね。。

杉山川根本町長 再選出馬を表明
2009/03/18
http://www.shizushin.com/news/feature/local_election/20090318000000000005.htm

 杉山嘉英川根本町長(54)は17日の町議会3月定例会で、「関係者の理解を得られるならば、引き続き職務を遂行できるよう住民の審判を仰ぎたい」と述べ、任期満了に伴う町長選(10月4日投開票)に再選を目指して出馬する考えを示した。中沢智義氏の一般質問に答えた。
 同町長選への出馬表明は杉山氏が初めて。杉山氏は合併によって誕生した同町の3年半を振り返った上で、「さらに効率的な行政運営に向けて取り組むと共に、産業、暮らし、環境など子供から高齢者まで安心して住み続けられる施策を推進しなければならない」と2期目への意欲を示した。
 杉山氏は旧中川根町議、同町長を経て、同町と旧本川根町の合併に伴う平成17年10月の川根本町長選で初当選した。

315 千葉9区 :2009/03/26(木) 20:50:30
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20090326/CK2009032602000190.html
知事選候補擁立の動き活発化 出馬表明者、支持拡大図る
2009年3月26日

 石川嘉延知事が25日に辞職を表明したのを受け、任期満了(7月)を待つと思われていた選挙が一転して早まる見通しとなった。現在出馬を表明しているのは、前民主党参院議員の海野徹氏(59)だけだが、従来の「現職出馬」の前提が崩れたこともあり、県内各党の候補者擁立に向けた動きが活発化しそうだ。

 石川知事を支えてきた自民党県連。早急に候補者の擁立を目指すため、近く議員総会を開いて対応を協議する。これまでは7月の任期満了を見据え、現職支持派と、新人候補擁立派とが水面下で駆け引きを続けた。県内の前大学長に出馬を打診し、断念した経緯もある。中谷多加二幹事長は「何とか候補者を擁立したい」と強調。党内では「時間は限られており、現職国会議員にお願いするしかない」との声も上がる。

 一方、独自候補の擁立を公言している民主党県連は、候補者の絞り込み作業のピッチを上げる。県内出身の大学教授に出馬を断られ、3月1日の県連大会では「桜の咲くころには人選したい」としていた。知事擁立プロジェクトチームの座長の鳥沢富雄県議は「候補者は必ず擁立する」と力を込めた。

 共産党県委員会も「憲法をくらしにいかす県政をつくるみんなの会」と協力し、独自候補擁立を目指す。「オール野党で戦うべきだ」との意見もあり、候補者一本化を模索する動きもありそうだ。

 いち早く出馬表明した海野氏は「政局が新たな局面を迎えても、多くの県民と対話するという私の運動スタイルは変わらない」と強調。草の根で支持拡大を図る。

 公選法の規定では、県選挙管理委員会が県議会議長を通じ、石川知事の辞表を受理してから50日以内に選挙が行われる。石川知事は辞任時期を明言しておらず、いつ辞表を出すかも焦点となる。

http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090326000000000017.htm
知事辞職、県議会一様に驚き 知事選向け動き急
03/26 09:13
 石川嘉延知事が辞職を表明した25日、県議会の各会派からは一様に驚きの声が上がった。多くの会派が「静岡空港の完全開港に道筋を付ける」とした石川知事の決断に一定の評価をする一方、次期知事選の候補者選びを加速させる姿勢を示した。
 自民党県連の中谷多加二幹事長は「立派な決断で、尊重したい」とし、早急に議員総会を開いて対応を協議するとした。知事選については、「候補者擁立作業のピッチを上げる。役人(出身の候補者)は表に出して戦いづらい。それ以外で、本県につながりのある人を立てたい」と述べた。同県連幹部は「現職が不出馬となれば、県連の総力で候補者探しに入る」と強調した。
 一方、平成21の岩瀬護会長は「開港遅れなど知事の責任は重いと指摘してきた立場なので、見事な決断と申し上げるべきだろう」とした。平成21と民主党・無所属クラブの民主党所属県議はプロジェクトチーム(PT)を組織して候補者を選考中。同党県連、連合静岡と両会派が連携して独自候補を擁立する方針だ。
 PT座長を務める民主党・無所属クラブの鳥沢富雄代表は「知事の辞職は県民にとっても空港にとってもよかった」とした上で、「現職を相手にするのと、清新な候補者が出て来て戦う場合では、戦術が違う。選考を進め、4月中旬をめどに候補者を擁立したい」と述べた。
 公明党県議団の阿部時久団長は「知事の決断は冷静に受け止める。任期中に取り組んできたことの総括として責任を取ったのだろう。知事選に独自候補は擁立せず、候補者が出そろったところで対応を検討する」との考えを示した。
 共産党の花井征二県議は「知事自身がかつて、失政があれば辞めると発言した。辞任は当然。候補者の擁立作業をしているので、作業を早めたい」と語った。

316 千葉9区 :2009/03/26(木) 21:05:05

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20090325-OYT8T01024.htm
各党、候補擁立を加速
 自民党や民主党などは、知事選の候補者擁立作業を加速させる。

 自民党県連の中谷多加二幹事長は読売新聞の取材に対し、党所属の40人の県議の約半数が石川氏の5選出馬に否定的で、「5選は厳しい」と石川氏に伝えていたことを明らかにしたうえで、「県政の継続に意欲を示す知事を前に、別の候補の擁立作業を進めるのは難しかった」と打ち明けた。

 自民党関係者の一人によると、「『やはり石川氏は(知事選に)出る』という話が進んでいたが、先週末あたりから空気が急変した」という。党内には「衆院選を控え、あえて知事選で民主党と全面対決する必要もない」と、相乗りを容認する声も聞かれるが、具体的な候補者選びはこれからだ。

 一方、独自候補の擁立を目指す民主党県連会長の榛葉賀津也・参院議員(静岡選挙区)は、「石川氏の辞意表明で局面は変わった。自民県連や他候補の動向なども見極めながら、役員会などで対応していきたい。(候補者を)公表するタイミングも戦略だ」と語り、自民の動きをけん制した。

 公明党県本部の阿部時久代表代行は、「辞職するタイミングがどうかという指摘もあるだろうが、完全開港実現には辞めるしかなかったということだろう。決断に敬意を表したい。5選出馬したとしても今の状況では各党からの支援を受けるのは難しく、それも影響したのではないか」と語った。

 共産党県委員会の松下功委員長は、「強制収用までして実施した測量でのミスが原因で、税金から1億1000万円も支出して滑走路を短縮し、暫定運用する事態を招いた。辞職は当然だ」とのコメントを出した。 一方、知事選でこれまでに唯一立候補を表明している元民主党参院議員の海野徹氏(59)は、石川氏の辞職表明について、「県民との対話の場をあまり持たなかったことがこういう結果を招いた」と厳しく批判。「政党のしがらみのない政策を訴えていきたい」と、選挙への意欲を語った。

(2009年3月26日 読売新聞)

317 千葉9区 :2009/03/26(木) 21:22:35
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090325-OYT1T00637.htm?from=navr
汚職事件の愛知・西尾市長、拘置所から議会解散の意向
 愛知県西尾市の土地利用を巡る汚職事件で、受託収賄罪で起訴された同市長、中村晃毅被告(71)に対し、市長不信任決議案を可決した同市議会の岡田隆司議長らが25日、名古屋拘置所で中村被告に接見し、決議の内容を伝えた。中村被告は、岡田議長に議会解散を選択する意向を示しており、議会解散の可能性が濃厚となった。


 中村被告は、起訴後これまでも「議会が不信任決議をしたら解散する」との意思表示をしていた。接見で岡田議長は「解散になれば、さらに市政や議会が混乱する。辞職をしてもらえないか」と説得を試みたが、「私の考えは変わらない。解散したい」と答えたという。

 地方自治法では、不信任決議を受けた市長は、通知を受けた日から10日以内に議会を解散するか、解散しない場合は失職することになる。

 岡田議長は「接見での内容が正式な回答とは受け取っていない。2、3日待つので考えてほしいと伝えている。どの時点で正式な回答になるのかなど細かい法律的な部分を詰めたい」と話した。

(2009年3月25日14時20分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aichi/news/20090325-OYT8T01263.htm
全協で市長批判続出
西尾市会解散必至 選挙日程にも関心

 市長不信任から一転して議会解散モードへ。受託収賄罪で起訴された西尾市長の中村晃毅被告(71)が議会を解散する意向を、25日に接見した岡田隆司議長らに改めて表明したことを受けて、同日の議会全員協議会では、辞職しない市長への不満が飛び出す一方、解散後の市議選の日程に関心が向き始めた。

 同協議会で、岡田議長は「接見時間の30分を使ってけんか腰で説得した。それでも議会解散の意思は固い」と、無念の面持ちで説明した。出席議員からは、「市長の逮捕、起訴による長期不在が混乱の原因で、落ち度のない議会を解散するのは理不尽だ」などの批判の声が出た。その一方で、「解散の意思確認は文書になるのか」「解散された場合、選挙はいつになるのか」などの質問が相次いだ。

 与党最大会派・自民クラブの松崎秀実会長は、「会派で解散になったら、全員が当選しようと誓い合ったが、残る1%の可能性を信じて解散回避の努力をしたい」との期待を込めた。

 しかし、野党会派の議員は「議会を解散すると市長と議会が同時に不在となる。最悪の選択をして最悪の道を歩もうとしている」と批判し、別の議員も「市民による市長リコール運動も起こしていきたい」と反発していた。

(2009年3月26日 読売新聞)

318 千葉9区 :2009/03/28(土) 12:02:47
>>294
けっきょく、こんなオチに
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2009032802000130.html
立命館誘致を断念 岐阜市長と総長表明
2009年3月28日 朝刊

 岐阜市議会が、市立岐阜商高を廃止して学校法人立命館(京都市)の中高一貫校を誘致する同市の計画に反対したことを受けて、細江茂光市長と、立命館の川口清史総長の双方が27日、計画の断念を正式に表明した。立命館が2006年11月に提案して以来、市を二分してきた論争が決着した。

 市議会では、09年度一般会計予算案から誘致関連費98万円の削除を求める修正案をはじめ、市岐商の将来的な廃止を示した市教育委員会の方針の白紙撤回を求める決議案をそれぞれ可決、誘致推進の決議案を否決した。いずれも誘致計画に反対が22、賛成21だった。

 削除なしの予算案が可決されれば、細江市長は市議会が計画に賛成したとみなし、立命館と覚書締結などの協議に入る手はずだった。

 細江市長は市議会閉会後に会見。「今の状況下では計画を断念せざるを得ない」と述べたものの、自らの辞職は明確に否定した。「議員の判断も一つの民意。感情論で今後の市の運営が左右されることはないと信じる」と語った。

 京都市から駆けつけ岐阜市役所で会見した川口総長は「高校の開校が当初予定の09年度から既に1年遅れている」と説明。「いったん決めてずるずるは良くない。当初は昨年12月までが望ましいと思っていた」とこれ以上は先送りできないとの考えを示した。

 川口総長は会見に先立ち、細江市長と面談。社会人教育など今後も連携したいと申し出を受けたという。「どんな協力ができるか相談したい」と語ったが、具体的には踏み込まなかった。

 市議会は昨年12月、誘致推進を求める請願を賛成14人、反対27人の大差で不採択にした。細江市長はこの請願不採択後、「民意を問う」として辞職し、今年1月の出直し選で無投票当選した。

 誘致をめぐっては、公明は昨年12月には、6人全員が計画に反対したが、今回は5人が賛成に転換、12月に退席や欠席した市議も誘致に回り、誘致と反対が拮抗(きっこう)した。

◆市岐商存続も議論継続
 立命館の誘致断念を受け、市岐阜商は当面存続する見通しになった。ただ、廃止するかどうかも含め、将来像についての議論は今後も続く。

 市岐商については、細江市長が誘致に力を傾けていた1年前に、市教育委員会が「今すぐ廃止する理由は見当たらない」としながらも、「将来的に市岐商を廃止する」という玉虫色の方針を決めた経緯がある。

 27日の市議会を受け、市教委の安藤征治教育長は「市議会の意向を重く受け止める」としながらも、今後の市岐商の在り方については「どこまで可能性があるのか、冷静に考える」と述べるにとどめた。

 市岐商は数年先に1億2000万円に上る校舎の耐震化工事が必要で、建て替えも検討課題。存続するにしても莫大(ばくだい)な経費をどう捻出(ねんしゅつ)するかといった問題が残る。

 また、純粋に存続を願う人もいる一方、県立高との統合を求める声も出ているのが実情だ。

 安藤教育長は「県の意向も聞きたい」とも話し、市教委として岐阜県教育委員会に立命館問題の決着を報告、市岐商の今後をあらためて議論するとした。


http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090328k0000m040158000c.html
市立岐阜商:立命館が移管撤回…市議会の反対決議受け
 岐阜市立岐阜商業高(市岐阜商)の学校法人「立命館」への移管問題は、岐阜市議会が27日、再び移管反対の意思を示した。これを受け、立命館の川口清史総長は市役所内で記者会見し「市岐阜商の移管による中高一貫校の設立は断念することになる」と、移管提案の撤回を表明した。

 市議会は同日、移管反対派が提出した白紙撤回を求める決議を賛成22、反対21の1票差で可決、賛成派の移管を求める決議を否決した。川口総長は「1、2票差であっても議決は重い」と述べ、ほぼ半数が移管に賛成していても市議会の結論を尊重する考えを示した。

 市議会の議論が紛糾し、出直し市長選まで行うなど結論が出るまでに2年以上かかったことについては「こんなに時間がかかるとは予想もしなかった。岐阜市の政治における過去の経過があったのではないか」と述べ、政争に巻き込まれたとの印象を口にした。

 市岐阜商の移管による高校開設は断念したが、東海地方への進出については「岐阜市と進めてきたので、一から考えていくことになる」と語った。【鈴木敬子】

319 千葉9区 :2009/03/28(土) 17:54:34
まっ、予想通りですね
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009032890161126.html
松原名古屋市長、細川氏支持を表明 
2009年3月28日 17時39分

 4月26日投開票の名古屋市長選で、松原武久市長は28日、支援者らが開いた集会の席上、自民・公明両党が支援する細川昌彦・元中京大教授(54)を全面的に支援することを明らかにした。昨秋の勇退表明以来、「後継指名はしない」と公言してきた松原市長が、態度を明確にするのは初めて。

 松原市長は集会で「細い川を太い川にしていくのが大事。私の桜見は4月26日までない」と話した。民主党が推薦を決めた河村たかし衆院議員(60)への反発から、細川支持を鮮明にすることで財界や各種団体の支援が集まりやすいと判断したとみられる。

 集会には、細川氏も出席。松原市長は、河村氏の持論である市民税の1割カットを「起債が制限されてしまう」などと批判し「人の意見を聞き、政策を修正している」と、細川氏の姿勢を評価した。

 これまでの松原市長の選挙を支えた医師会や商店街連合会など、自民の友好団体はすでに細川氏の支持母体に加わっている。

 市長選にはほかに、共産党が推薦する太田義郎・愛知県商工団体連合会長(65)が出馬を表明している。

(中日新聞)

320 とはずがたり :2009/03/29(日) 18:22:21
この辺は近畿のイメージなんだけどなあ。。

09伊賀市議選:告示、28議席に32人 舌戦スタート、有権者に支持訴え /三重
http://mainichi.jp/area/mie/news/20090316ddlk24010161000c.html

 市町村合併後2度目となる、任期終了に伴う伊賀市議選(定数28)が15日告示され、32人が立候補した。内訳は現職20人、前職1人、新人11人で、各陣営は届け出を済ませると早速選挙カーを走らせ、有権者に支持を訴えた。22日の投開票日に向け、7日間の選挙戦が始まった。

 立候補者は党派別で、自民1人▽民主1人▽公明3人▽共産2人▽社民1人▽無所属24人。旧市町村別では、上野17人▽青山4人▽阿山4人▽伊賀5人▽大山田2人▽島ケ原0人。女性は6人。現職33人のうち、13人が立候補せず引退することになった。

 今回の市議選では、定数が前回(05年3月)の34から28に削減された。救急医療体制の維持や財政健全化と中心市街地活性化のバランスなど、難しい課題を抱える市のまちづくりの担い手を選ぶものとなる。

 この日、立候補届け出会場の大山田農村環境改善センター(平田)には多くの陣営関係者が詰めかけ、くじ引きで届け出順を決めた。各立候補者は、朝から地元の選挙事務所前で出陣式を開き、選挙カーで市内へ飛び出した。

 投票は22日午前7時〜午後7時、99カ所で行われ、同9時からゆめドームうえの第1競技場(ゆめが丘1)で即日開票される。開票作業の終了は23日午前0時半ごろの見込み。

 期日前投票は16〜21日午前8時半〜午後8時、市役所北庁舎第11会議室で。5支所では19〜21日の3日間、同時間帯で投票できる。

 選挙人名簿登録者数は14日現在、7万9587人(男3万7886人、女4万1701人)。【伝田賢史】

==============

 ■立候補者(届け出順)
 ◇伊賀市議選(定数28−32)

西澤民郎   62 無新    出後区自治会長[歴]市建設部長
近森正利   42 公新    党副支部長[歴]インキ製造会社員
馬場登代光  73 無現(1) 作詞家▽日本音楽著作権協会員
上田宗久   61 無新    保護司▽伊賀上野LC会長
渡久山カナエ 49 公現(1) 党副支部長▽道路促進団体幹事
空森栄幸   57 無現(1) 酒類販売業[歴]古山小PTA会長
森正敏    68 無現(1) 神社総代会長[歴]高校PTA会長
岩田佐俊   60 無現(1) 会社役員[歴]伊賀上野LC会長
中盛汀    36 無新    NPO代表[歴]依那古小育友会長
桃井隆子   61 無現(1) 住職▽知的障害者支援団体会長
中井洸一   55 無新    行政書士▽土地家屋調査士
中谷一彦   53 公新    小売業部長[歴]会計事務所職員
奥邦雄    68 無現(1) 農業[歴]阿山中同窓会長▽農協理事
森岡昭二   55 無現(1) 市議長[歴]旧伊賀町職員・議長
前田孝也   51 無現(1) 設計事務所経営[歴]自衛官▽区長
宮崎由隆   58 無現(1) 有限会社役員▽NPO監査
本城善昭   60 無現(1) 行革研究会員[歴]奈良県職員
安本美栄子  62 無元(1) 県国保審査委員[歴]病院事務職員
稲森稔尚   25 社新    政策研究会委員▽消防団員
北出忠良   59 無現(1) 農業[歴]JA三重青年部会長
森永勝二   67 共現(1) 党市委員長▽民主商工会顧問
中本徳子   67 無現(1) 化粧品販売業[歴]旧青山町議
福徳征郎   63 自新    契約社員▽自治会長[歴]民生委員
田山宏弥   53 無現(1) 商店街理事長[歴]小学PTA会長
下市晴之   51 無新    運動用品販売業▽健康の駅長
生中正嗣   61 無新    団体会長[歴]新居小PTA会長
今井由輝   63 無現(1) 畜産業[歴]農事組合法人取締役
中岡久徳   61 無現(1) 会社役員▽伊賀森林組合理事
木津直樹   49 無現(1) ガス販売業[歴]上野JC理事長
百上真奈   49 共新    自治協部会長[歴]長田地域婦人会長
坂井悟    56 民現(1) 党支部幹事[歴]設備会社員
松村頼清   54 無現(1) 市水泳協会長[歴]丸山中PTA会長

==============
 ◇市議選名鑑の見方

 名前▽年齢▽党派▽現職、元職、新人の別▽カッコ内数字は、合併後に行われた伊賀市議選での当選回数▽職業・肩書▽[歴]以下は主な経歴
〔伊賀版〕

毎日新聞 2009年3月16日 地方版

321 とはずがたり :2009/03/29(日) 18:23:43
自民党公認の新人が落選しとる。きょうび自民公認で当選しようとはセンスを疑わざる得ないねー

選挙:伊賀市議選 託す28人、決まる 平均56.7歳、1.9歳若返り /三重
http://mainichi.jp/area/mie/news/20090324ddlk24010350000c.html

 市町村合併後2度目で、32人が立候補していた任期満了(31日)に伴う伊賀市議選は22日夜開票され、新議員28人の顔ぶれが決まった。

 当選者は、現職18人、前職1人、新人9人。女性は立候補者6人が全員当選を果たした。新議員の平均年齢は56・7歳で、前回市議選の58・6歳から1・9歳若返った。

 党派別では、民主が1人▽公明が3人▽共産が2人▽社民1人▽無所属21人−−で、自民は0人。旧市町村別では、上野市15人▽伊賀町5人▽阿山町3人▽青山町3人▽大山田村2人▽島ケ原村0人。【伝田賢史】

==============

 ■視点
 ◇「変革」への思い、新顔に

 今回の伊賀市議選では、新人が得票の上位5人中4人を占めるなど、新顔の活躍が目を引いた。定数34に51人が立候補した前回選(05年3月)より当選ラインが200票余り上昇し、多くの現職も得票を伸ばしたが、それらを上回る票を得た新人が出たことは、市議会に何らかの変革を期待する市民の多さの表れにも見える。

 一方、投票所別の投票率を見ると、ゆめぽりすセンター(ゆめが丘1)と市中央公民館(上野丸之内)が約48%と、市中心部で有権者数が多い2地域がいずれも50%を割り込んだ。旧上野市全体の投票率も64%で前回選から5ポイントを超えて下がっており、有権者の関心低下が心配だ。

 前回選以降、市議が有権者と直接対話をする議会報告会の制度も導入され、議員活動を評価する機会も増えた。救急医療体制の維持や財政健全化など、市が抱える難しい課題を前に、新議員がどのような活動を展開するのか、しっかりと見守りたい。【伝田賢史】

==============
 ◇伊賀市議選最終結果(定数28−32)
 =選管最終発表
当 2925 稲森稔尚   25 社新
当 2745 中谷一彦   53 公新
当 2375 近森正利   42 公新
当 2146 安本美栄子  62 無元
当 2102 生中正嗣   61 無新
当 2051 森岡昭二   55 無現
当 2031 渡久山カナエ 49 公現
当 1951 西澤民郎   62 無新
当 1938 今井由輝   63 無現
当 1932 北出忠良   59 無現
当 1920 上田宗久   61 無新
当 1906 百上真奈   49 共新
当 1866 奥邦雄    68 無現
当 1806 森永勝二   67 共現
当 1689 中本徳子   67 無現
当 1674 中盛汀    36 無新
当 1646 岩田佐俊   60 無現
当 1510 森正敏    68 無現
当 1509 中岡久徳   61 無現
当 1507 松村頼清   54 無現
当 1414 坂井悟    56 民現
当 1413 馬場登代光  73 無現
当 1378 桃井隆子   61 無現
当 1370 本城善昭   60 無現
当 1348 前田孝也   51 無現
当 1306 田山宏弥   53 無現
当 1304 中井洸一   55 無新
当 1277 空森栄幸   57 無現
  1266 木津直樹   49 無現
   764 福徳征郎   63 自新
   574 宮崎由隆   58 無現
   436 下市晴之   51 無新

322 とはずがたり :2009/03/29(日) 18:24:10
>>321-322
==============
 ◇喜びの当選者−−定数28
稲森稔尚   25 社新(1)政策研究会委員▽消防団員
中谷一彦   53 公新(1)小売業部長[歴]会計事務所職員
近森正利   42 公新(1)党副支部長[歴]インキ製造会社員
安本美栄子  62 無元(2)県国保審査委員[歴]病院事務職員
生中正嗣   61 無新(1)団体会長[歴]新居小PTA会長
森岡昭二   55 無現(2)市議長[歴]旧伊賀町職員・議長
渡久山カナエ 49 公現(2)党副支部長▽道路促進団体幹事
西澤民郎   62 無新(1)出後区自治会長[歴]市建設部長
今井由輝   63 無現(2)畜産業[歴]農事組合法人取締役
北出忠良   59 無現(2)農業[歴]JA三重青年部会長
上田宗久   61 無新(1)保護司▽伊賀上野LC会長
百上真奈   49 共新(1)自治協部会長[歴]長田地域婦人会長
奥邦雄    68 無現(2)農業[歴]阿山中同窓会長▽農協理事
森永勝二   67 共現(2)党市委員長▽民主商工会顧問
中本徳子   67 無現(2)化粧品販売業[歴]旧青山町議
中盛汀    36 無新(1)NPO代表[歴]依那古小育友会長
岩田佐俊   60 無現(2)会社役員[歴]伊賀上野LC会長
森正敏    68 無現(2)神社総代会長[歴]高校PTA会長
中岡久徳   61 無現(2)会社役員▽伊賀森林組合理事
松村頼清   54 無現(2)市水泳協会長[歴]丸山中PTA会長
坂井悟    56 民現(2)党支部幹事[歴]設備会社員
馬場登代光  73 無現(2)作詞家▽日本音楽著作権協会員
桃井隆子   61 無現(2)住職▽知的障害者支援団体会長
本城善昭   60 無現(2)行革研究会員[歴]奈良県職員
前田孝也   51 無現(2)設計事務所経営[歴]自衛官▽区長
田山宏弥   53 無現(2)商店街理事長[歴]小学PTA会長
中井洸一   55 無新(1)行政書士▽土地家屋調査士
空森栄幸   57 無現(2)酒類販売業[歴]古山小PTA会長
==============
 ◇市議選名鑑の見方

 名前▽年齢▽党派▽現職、元職、新人の別▽丸囲み数字は、合併後に行われた伊賀市議選での当選回数▽職業・肩書▽[歴]以下は主な経歴
〔伊賀版〕

毎日新聞 2009年3月24日 地方版

323 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2009/03/30(月) 14:08:32
>>309-310
決まりましたね。
静岡市議選開票結果(葵区)定数19
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090330063517.htm
当6,990 繁田   和三 自民現(2)
当6,688 山本   彰彦 公明現(2)
当6,109 馬居 喜代子 公明現(2)
当6,060 白鳥     実 民主現(2)
当5,625 石上 顕太郎 自民現(2)
当5,556 松谷     清 無  新(1) =みどり系・元県議
当5,444 井上   恒弥 自民現(2)
当5,287 兼高   正男 無  現(2) =中電労組
当5,026 鈴木   節子 共産現(2)
当4,925 安竹   信男 自民現(2)
当4,915 剣持   邦昭 自民現(2)
当4,569 山本   明久 共産現(2)
当4,552 鈴木   和彦 自民現(2)
当4,254 尾崎   剛司 無  現(2)
当4,240 中山   道晴 無  現(2) =三菱電機
当4,175 増田     進 自民現(2)
当4,099 佐野   慶子 無  現(2) =空港反対運動
当3,949 沢入   育男 自民現(2)
当3,188 工藤   公彦 無  新(1)
  2,672 高木   恵子 無  新
  2,527 杉山   硏一 無  新
  2,520 鈴木   和樹 無  新
  1,425 大橋   英男 無  現    =自民会派

324 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2009/03/30(月) 14:09:01
静岡市議選開票結果(駿河区)定数15
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090330063651.htm
当6,803 寺尾     昭 共産新(1)
当5,880 佐地   茂人 自民現(2)
当5,555 岩崎   良浩 公明現(2)
当5,536 井上   智仁 公明新(1)
当5,322 佐藤   成子 無  現(2) =元民主常任幹事
当4,929 宮沢   圭輔 無  新(1)
当4,920 浅場     武 自民現(2)
当4,817 相坂   摂治 自民現(2)
当4,747 伊東   稔浩 自民現(2)
当4,161 田形   清信 自民現(2)
当3,801 池邨   善満 無  新(1) =三菱電機
当3,711 亀沢   敏之 自民現(2)
当3,466 杉山 三四郎 自民現(2)
当3,464 三浦   雅司 自民現(2)
当3,270 近藤   光男 自民現(2)
  2,493 伊藤 与志雄 無  新    =旧静岡市議
  2,281 浦田   志信 無  新
  1,617 松永   博彬 無  新

325 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2009/03/30(月) 14:09:31
静岡市議選開票結果(清水区)定数19
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090330000000000006.htm
当7,171 深沢   陽一 自民現(2)
当6,881 望月   厚司 無  現(2) =JFE
当6,492 後藤   哲朗 民主新(1)
当6,455 牧田   博之 自民現(2)
当6,172 片平   博文 公明現(2)
当5,852 小野     勇 公明現(2)
当5,810 山根田 鶴子 無  現(2) =旧蒲原町議
当5,387 望月   俊明 無  新(1) =旧由比町長
当5,303 大村   一雄 無  新(1)
当4,592 栗田   知明 無  現(2)
当4,472 栗田   裕之 自民現(2)
当4,469 風間   重樹 無  元(1)
当4,284 遠藤   広樹 無  現(2) =小糸製作所
当4,237 早川   清文 無  新(1)
当4,134 遠藤   裕孝 自民現(2)
当4,068 田中   敬五 無  現(2) =日立製作所
当3,964 石川   久雄 自民現(2)
当3,843 水野   敏夫 無  現(2)
当3,821 内田   隆典 共産元(1)
  3,694 橋本   勝六 社民現
  3,538 西谷   博子 共産現
  3,396 青木   一男 自民現
  3,372 西ケ谷 忠夫 共産現
  3,185 久保田 昌武 無  新    =旧由比町議
  2,111 小林   正枝 無  新

326 とはずがたり :2009/03/30(月) 14:32:53
あざーすm(_ _)m

社民現職が落ちてますね。

327 名無しさん :2009/03/30(月) 14:57:12
駿河区で当選した現役の静大生である宮沢圭輔は、松谷清と同じ虹と緑系です。
清水区で当選した水野敏夫は、県教祖の組織内候補ですね。
清水区で返り咲いた風間重樹は、落選前は合併批判派でした。
清水区の栗田知明と山根田鶴子、葵区の尾崎剛司は非自民・非労組系の静政会所属議員です。

元由比町長や元清水区長あたりは自民系じゃないでしょうかね?

328 千葉9区 :2009/03/30(月) 21:13:23
http://www.shizushin.com/news/feature/tijisen/kikaku/1/20090327100049.htm
消えた5選


(上)秘密裏に“信任投票” 逡巡する自民県議団
2009/03/27
 昨年12月下旬、県庁にある自民党議員控室。同党県議団は秘密裏に、ことし7月末で任期満了となる石川嘉延知事の5選出馬を支持できるか否かの議員投票を行った。
 4期16年の堅実な行政運営に対する高い評価。一方で、静岡空港の開港延期問題がのしかかる。「石川知事で次を戦えるのか」―。議員団の中には逡巡(しゅんじゅん)の空気が漂っていた。
 「こんな投票をしたことが漏れたら、石川知事に『ノー』を突き付けたと見なされる」。ベテラン議員は声を荒らげた。意見は割れた。「私が全責任を負う。結果の秘密は守る」。最後は、同党県連幹部が頭を下げ、実施が決まった。
 投票用紙は、五選を「支持する」「支持しない」の二者択一。「支持しない」のケースでは、意中の候補者があったら添え書きするよう求めた。
 投票は無記名。結果は明かされていない。だが、年末の自民党議員控室で、こんな会話が交わされていた。
 「支持と不支持は五分五分だっただろう。不支持が6、7割だった可能性もある」「5選と静岡空港の開港延期問題は重なる。年始のあいさつ回りは、次も石川さんでとは言いにくい」
 年頭会見で石川知事は「まだまだお役に立てる」と次期知事選への意欲を示しつつ、巧みな言い回しで「5選出馬」の明言を避けた。会見を報じる新聞記事を手に、ベテラン議員の1人は満面に笑みをたたえた。
 「これでいい。石川さんには、慌てて土俵をこしらえなさんなと言ってある。相手(対立候補)は土俵を待っている」
 年が明けてなお、経済環境の悪化は県内を覆った。「石川さんは辛抱強く空港開港に道筋を付けた。就航路線の多さは(堅実な)県政への信任の証し」と、五選出馬への期待感を口にした若手議員がいた。
 県議会2月定例会は、知事給与の減額条例案や日本航空への搭乗率保証問題など、知事提出議案の賛否をめぐり各会派の対応が割れた。
 荒れ模様も予想された議会の開会日の直前、石川知事と懇談した自民党県連幹部の表情はさえなかった。
 「(代表質問で)自民党からも、何を聞いても批判してくれても構わない、しっかり答弁しますよと知事は言う。堂々としたものだった。(自民党に)支えてもらおうという、そんな気持ちはないのかな…。石川さんには」
 石川知事と自民党県議団の距離感は広がるばかりだった。

 石川知事の辞職表明は各界から「突然のこと」と受け止められた。知事自身は「空港開港に向けた政治判断」を強調し、辞職を完全開港の切り札に使ったと説明する。一方で、自民、民主両党県連などは「次の知事」の模索を続けていた。知事辞職の舞台裏を、これまでの「取材メモ」を基にたどった。

329 千葉9区 :2009/03/30(月) 21:13:54
http://www.shizushin.com/news/feature/tijisen/kikaku/1/20090328074408.htm
消えた5選


(中)“与党”から独自路線へ 開港延期で溝深く
2009/03/28
 2月初旬。民主党県連所属の1、2期の県議と県連幹部が次期知事選について協議する期別会議が、静岡市内のホテルでひそかに開かれた。「知事選で絶対に勝てる候補。党内に適任者がいるのだから擁立すべきだ」。若手の多くが、同党の県内選出国会議員の擁立を幹部に求めた。
 知事選をめぐり、若手は早くから独自候補にこだわった。若手の1人は強い口調で訴えた。
 「将来、民主党が県議会で多数派を取るには、独自に知事を立てて勝つ必要がある。自民党との相乗りを考えているようではだめだ」
 4年前の前回知事選、同党県連は「4選以上は推薦しない」との党の方針に従い、石川嘉延知事を推薦しなかった。これに対し、同党県議を含む県議会第二会派の平成21は、静岡空港が建設途上であることなどを理由に石川知事を推薦した。
 微妙なバランスで保ち続けた「知事与党」の立ち位置。それが、昨年10月に静岡空港の開港延期が表面化したことで、変化し始めた。
 「開港延期での石川知事の政治責任は大きい。5選では絶対まとまらない」。1月には、石川知事が5選出馬した場合も推薦しないことを機関決定した。
 県議会2月定例会では、石川知事の減給案をめぐって「責任の取り方が不十分」として、暗に辞任を求めるところまで、両者の関係は冷え込んだ。
 平成21の同党県議は「大きな権限が集中する知事は、4選は認めても、5選はあり得ないというのが、前回選の時から会派内の大方の認識。空港問題を引き金にそれが表面化しただけ。方針転換ではない」と強調。石川知事の5選は同会派の中で完全に消滅した。
 こうした状況を背景に、同党県連と平成21による知事選に向けた動きは水面下で進んだ。
 1月30日の午後、東京都心の高層ビルにある経済学者の事務所を、民主党の県内選出国会議員と同党県連、平成21の幹部計4人が訪れた。「今後の県政を担ってほしい」と、知事選への出馬を要請。しかし、学者は仕事や公職などの身辺整理が難しいことや家族の反対を理由に辞退する姿勢を示し、受け入れなかった。
 この学者は本県出身で、地方自治や財政にも造詣が深い人物。平成21の幹部は「知事として申し分ない。党派色もなく、自民党が相乗りして来る可能性もあった」と無念さをにじませる。
 知事候補の擁立作業は民主党県連と平成21、別会派の民主党・無所属クラブ、連合静岡の四者会議とプロジェクトチーム(PT)で進む。「PTの意見集約はこれから。短期間にまとまるかどうか不透明だ」とPTメンバーの県議は打ち明ける。
 知事選の結果は県議選や市町の選挙にも影響する可能性がある。候補者擁立で結束できるかどうか。同党県連と平成21の試金石ともなる。

330 千葉9区 :2009/03/30(月) 21:14:25
http://www.shizushin.com/news/feature/tijisen/kikaku/1/20090329074230.htm
消えた5選


(下)「逆風」示した世論調査 「私の次の候補を」
2009/03/29
 「まさか知事の支持率がここまで低いとは」―。石川嘉延知事が「唐突な辞意表明」(県選出国会議員の1人)に踏み切る数日前、複数の自民党関係者は声を潜めて打ち明けた。
 知事を4期16年にわたって支え続けた自民党県連は、極秘に知事選をめぐる世論調査を実施していた。
 「これで次(5選)は無理だと思った」と関係者。世論調査のサンプルは約2000。「信ぴょう性が高いサンプル数」で突きつけられた知事の支持率は3割に届かず、多選への「逆風」を如実に表していた。
 自民党の県選出国会議員は、9月までには確実に来る衆院の解散・総選挙を視野に、次期知事選への動きを「封印」してきた。
 7月実施とみられていた知事選を前に、石川知事に対抗して候補を擁立しようとすれば「知事に弓を引くようなもの」(ベテラン議員)。仮に動きが伝われば「自分の選挙でどんな影響を受けるか分からない」。ただでさえ低迷する自民党への支持率に、マイナス要因を少しでも排除したい―との議員心理が働いたというわけだ。
 政権交代を目指す民主党は国会のある東京・永田町での勢いそのままに、現職に対する多選批判を掲げて一部の国会議員と県議が独自候補擁立に動いていた。しかし、小沢一郎代表の公設秘書逮捕が、擁立作業に影響を与えている。
 ある中堅議員は、小沢氏が続投し続けた場合「民主への支持率がどう推移するか分からない」と不安視する。自身に下される審判を考えれば「知事選どころではない」という本音は、自民党議員と同じだ。
 「次の候補者を探してほしい」―。世論調査結果を突きつけられた石川知事は県議会2月定例会閉会直後の今月中旬、県連幹部に事実上、「不出馬」を伝えた。衆院選前に動けない国会議員側の心理を突き、去就をなかなか明かさない「ノラリクラリ作戦」(自民中堅)で「5選」を実現する構想が消えた瞬間だった。
 石川知事は結果的に、空港問題の表面化と多選への強い逆風に遭い辞意を表明。7月とみられていた知事選は前倒しされる可能性が出てきた。
 衆院の「天下分け目の戦い」を前に、自民、民主両党がどんな候補者を擁立するのか。「国政と県政は別。総選挙前にガチンコ勝負はしたくない」(自民若手)「自民の候補に相乗りはできない。独自候補を必ず立てる」(民主議員)―。与野党間でこんな本音が飛び交う中、擁立作業が今後本格化する。

331 千葉9区 :2009/03/30(月) 21:21:19
http://mainichi.jp/area/shizuoka/archive/news/2009/03/27/20090327ddlk22010209000c.html
衝撃・知事辞職表明:/上 空港開港延期と多選批判 /静岡
 ◇オール与党体制崩れ
 今月10日の県議会最終日。静岡空港の開港延期の責任を取るとして提案された、石川嘉延知事の報酬を減額(3割・3カ月)する条例案について、知事の有力後援者に立場が近いとされる県議が反対討論に立った。

 「捨て身で解決に当たったか、さらにだめなら進退について自身で判断されるのが政治の責任」「追加工事や搭乗率保証で県民に負担をお願いするなら、給料を全額もらって、その上で県民に判断を仰ぐ方が潔い、分かりやすいと思う」

 辞職を迫るとも読める強い言葉を聞いて、自民県議の間に波紋が広がった。「後援者のメッセージを代弁しているのか」。この後援者は「絶対に滑走路2500メートルでの開港を」と石川知事に迫っていたと言われる。ずるずると事態が打開できないままでは、例え石川知事が5選出馬しても支援しないという宣言だと受け取る県議もいた。

 県議会終了後、石川知事は県西部の財界関係者との懇談会に招かれた。複数の関係者によると「空港の開港延期の責任は減給ですむ話ではない。辞めるべきだ」との厳しい意見が多かったという。「有力後援者とも会談したと聞いた。後で『辞めるともやるとも言わないから困ったなあ』と後援者が言っていた。知事も雰囲気をうかがいにきたのだろう」と別の関係者は明かす。

 年明けの段階では、石川知事は「まだまだお役に立てる」と5選出馬に意欲を見せていた。ところが、空港開港延期と多選批判の逆風は予想外に強く、自民系県議の半数以上が「次は石川(知事)はやれない」と反対。自民県連幹部は2月中旬に石川知事に「挙党態勢での支援は難しい」と伝えていた。県議会の民主系会派も減給の条例案に反対し、オール与党体制は少しずつ、しかし確実に崩れていた。

 7月の任期満了を引き際にするという選択肢もあったが、政党とともに長期政権を支えてきた財界関係者の辞職を求める声は無視できない水準になっていたとの見方もある。「いろいろリサーチして決めたのでは」と、ある県議は知事の心中を推測する。

 「16年間、静岡空港が県政の最大の問題と受け止められてきた。この問題を完成させることが私の責務」。25日の辞職会見で知事は“捨て身”での問題解決を強調しながらも、「この問題がなければ5選の風景は違っていたと推測する」と無念さを吐露した。

 ×  ×  ×

 突然の石川知事の辞職表明で県内に広がった衝撃と波紋を追った。

332 千葉9区 :2009/03/30(月) 21:21:42
http://mainichi.jp/area/shizuoka/archive/news/2009/03/28/20090328ddlk22010171000c.html
衝撃・知事辞職表明:/中 総選挙にらみ候補者選び /静岡
 ◇自民・民主さぐり合い
 石川嘉延知事の辞職表明の衝撃が冷めやらぬ27日朝。民主系で県議会第2会派、平成21の県議全20人が、会派控室に集まった。知事選について1時間ほどの話し合いを終えた後、囲んだ記者を前に岩瀬護会長は「4月中旬までの擁立を目指しているが、時期を早めたい」と力を込めた。

 対する自民も県選出国会議員が東京都内で会合を開き、候補者を数人に絞っている情勢などが報告された。柳沢伯夫県連会長は会合後、「絶対勝利できる候補を探す。官僚、政治家も排除すべきでないという意見があった」と話した。

 県議会周辺では、辞職表明で「民主が要請して断られた学識経験者に、今度は自民が声をかけているらしい」「民主ももう一回、お願いしているようだ」「自民は別の経済人にアプローチしていると聞いた」など関係者の間で、表だって候補者の名前が盛んに取りざたされ始めた。

 7月末の任期満了を前に、年明けから本格化した知事選の候補者選び。自民は、出馬に意欲を見せる石川知事支援も念頭に置きながら、一部県議らが県内にある大学の元学長に声をかけた。民主は石川知事との対決姿勢を明確にし、別の学識経験者に白羽の矢を立てたが、いずれも断られた。ある県議は「16年もやっている現職の知事がいると、新人はよほどの支援を約束しないと難しい」と明かす。

 ただ、石川知事の辞職表明で状況は一変。自民は「最終的に誰もいなければ石川知事」との選択肢はなくなった。民主も、唯一立候補を表明している海野徹氏(59)は05年の静岡市長選への出馬表明後に民主を離党した経緯があり、支援しないことを既に決めている。

 選挙は知事の辞職後50日以内に実施される。静岡空港の立ち木伐採などの協議が進めば、5月中にも行われる可能性がある。短期決戦を強いられるため、両党とも現職国会議員や、テレビなどに出演経験のある学識経験者、現職首長など知名度のある候補者の名が浮上する。

 一方、知事戦は迫る総選挙の動きとも絡む。自民と民主が政権交代をかけて対決する構図のため、「知事選は別というわけにはいかない」と両党とも口をそろえる。ただ、「時間が短いから、最終的には相乗りの可能性もある」との見方もくすぶる。両党関係者の腹のさぐり合いが続く。

333 千葉9区 :2009/03/30(月) 21:22:12
http://mainichi.jp/area/shizuoka/archive/news/2009/03/29/20090329ddlk22010107000c.html
衝撃・知事辞職表明:/下 空港展望依然暗く /静岡
 ◇不況で需要に暗雲
 「(地権者からの)申し出があった条件を全面的に受け入れ、職を辞することを決断した」。25日午後の辞職表明会見で、石川嘉延知事は、静岡空港完全開港への障害だった立ち木を伐採して滑走路2500メートルを実現させることが辞職の理由と強調した。

 立ち木伐採と引き換えに知事に辞職を迫っていた地権者の大井寿生さん(49)の条件を、知事がのんだ形となった辞職表明。その大井さんと県が、伐採の時期や方法など詳細を決めるための実務レベル協議は、30日に行われる。

 完全開港は「早くても秋以降」(県空港部幹部)とはいえ、空港は正常化に向けて大きく動き出した。しかし、これで空港をめぐる問題がすべて解決したわけではない。日本航空(JAL)への搭乗率保証制度については、全日本空輸(ANA)と県との協議は決着していない。

 最も重くのしかかるのは、空港の収支にかかわる利用人数だ。94年に県が初公表した国内線の需要予測は年間178万人。2度下方修正され、最も新しい予測は03年時点の106万人。7月から就航予定のリージョナル航空会社「フジ・ドリーム・エアラインズ」(FDA)を含む6路線が搭乗率100%でも、その予測の8割弱にしかならない。

 追い打ちをかけるように、大半を占めると予測されるビジネスでの利用も、この不況で暗雲が漂う。県西部の大手自動車製造会社の担当者は「昨秋以降、不要不急の出張は減らしている。静岡空港の国内便には、使えそうな便はあっても数が少ない」。別の製造会社の担当者は「国内営業の拠点は東京だから、国内便はあまり使わないのでは」と話す。

 県が期待する修学旅行の利用も、27日時点での予約は28校、3025人分と見込みの4分の1程度にとどまる。県空港部は「例えば沖縄への修学旅行はほとんど12月。同じ日程に複数校が集中するが、飛行機を使えるのは人数から1校だけ。予定の機材は一度に全生徒を運べない場合も多い」と予測の甘さを認める。

 ある自民県議は指摘する。「知事の辞職で立ち木というやっかいな問題は解決できた。でも空港事業の本番は開港後。問題は山積している」(この連載は、松久英子、浜中慎哉、望月和美、竹地広憲が担当しました)

==============

 ◆静岡空港の定期路線◆

行き先 航空会社 便数

札幌  JAL  毎日1往復

    ANA  毎日1往復

福岡  JAL  毎日3往復

沖縄  ANA  毎日1往復

小松  FDA  毎日2往復

熊本  FDA  毎日1往復

鹿児島 FDA  毎日1往復

ソウル アシアナ 毎日1往復

    大韓   毎日1往復

上海  中国東方 月水金日に週4往復

 ※小松、熊本、鹿児島便は7月から運航予定

334 千葉9区 :2009/03/30(月) 21:53:36
>>72>>301
http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20090330ddlk17010265000c.html
選挙:小松市長選 和田さん初当選、西村さん4選ならず /石川
 ◇前回の僅差、雪辱に笑顔
 任期満了に伴う小松市長選は29日、投開票があった。前回選挙(05年)でも顔を合わせた2氏による一騎打ちは、新人の元コマツ社員、和田慎司氏(57)が、現職の西村徹氏(69)を破り、初当選を果たした。投票率は72・10%(前回73・75%)、当日有権者数は8万6779人(男4万1483人、女4万5296人)だった。【野上哲】

 和田氏は、財政の市債(借金)の多さなどを批判。「まちを経営する行政」「市民は株主」など経営感覚を採り入れた行財政改革を第一に掲げ、公務員出身の西村氏に対し、民間企業出身の経歴を強調した。

 前回は2660票の僅差で敗れた。小松市宝町の事務所では、当選確実の一報が入ると、前回の雪辱を果たした喜びに沸いた。拍手で迎えられた和田氏は、支持者に囲まれバンザイを繰り返し「一人一人が幸せを感じる笑顔いっぱいの市にしたい」と抱負を述べた。

 西村氏は、市助役、県部長などを歴任した長年の行政経験、3期12年の実績と県や国とのパイプといった堅実な手腕を強調したが、及ばなかった。事務所では「私一人の責任です」と支持者に頭を下げた。

==============

 ◇開票結果=選管最終発表
当 34646 和田慎司 57 無新

  27221 西村徹  69 無現

==============

 ◇喜びの当選者
和田慎司(わだ・しんじ) 57 無新(1)

 保護司▽日本花の会こまつ支部長[歴]コマツ産機事業本部副本部長▽同志社大

335 とはずがたり :2009/03/31(火) 13:03:34
>>72 >>301 >>334
西村は森の後援会長みたいだ。小松も和田を全力支援?前回の2.6千票僅差負けが今回は7.4千票差の圧勝と云って良いのでは?

>衆院の解散総選挙をにらみ、対応が注目されていた地元国会議員。自民党の森喜朗元首相は、長男の森祐喜県議が西村氏の祈願祭に、地元秘書が和田氏の祈願祭に出席。民主党の一川保夫参院議員は両陣営に激励電報を送り、双方とも総選挙を意識した微妙な姿勢を示した。>>301

>和田氏陣営の選対を担った福村章(自民)北村繁盛(新進石川)両県議が同行し、ともに「いい戦いができた」と語った。

小松市 定数4−候補6
当 14,585 藤井 義弘 63 自民 現④ 会社監査役
当 11,766 山根 靖則 64 無所属=社民 現⑤ 勤労者協議会長
当 11,171 福村 章 68 自民 現⑧ 医薬品会社役員→市長選で和田支援
当 9,866 北村 繁盛 65 新進=民主 現④ 地裁調停委員→市長選で和田支援
□ 7,184 北 栄一郎 59 無所属 元 (元)小松市長
  1,340 市村 健治 64 共産 新 鉄工会社社員

維新プラン6月提案 小松市長 当選の和田氏意向
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20090331/CK2009033102000168.html
2009年3月31日

本社来訪

 小松市長選で初当選した和田慎司氏(57)は三十日、あいさつのため金沢市南町の中日新聞北陸本社を訪れた。和田氏は選挙戦で訴えた「小松維新」の具体化プランを市議会六月定例会に提案する意向を示した。

 市役所に設ける方針の営業部については「小松を売り込むため、市職員の意識を受け身から外向きに変えるのが目的」と強調。過半数が現職を支持した市議会対応には「市民のために何ができるか、という思いは議会も同じ。政策、行動をきっちり説明していけば相通ずると思っている」と話した。

 選挙戦を通じては「遊説中、街頭で手を振ってくれる人、玄関を開けて走り寄ってくれる人の多さに驚きと感激を覚えた。孫の手を引いたお年寄りから『この子が大きくなっても、今のような市では駄目だ』と言われたときは涙が出た」と振り返った。

 和田氏陣営の選対を担った福村章(自民)北村繁盛(新進石川)両県議が同行し、ともに「いい戦いができた」と語った。 (山本義之)

石川・小松市長選挙当選の和田氏喜びの声 (30日)
http://www.hab.co.jp/headline/news0000002922.html

29日投票が行われた小松市長選挙で現職を破り初当選した和田慎司さんが市政へのかじ取りへ決意を示しました。任期満了に伴う小松市長選挙はきのう投開票が行われ、新人の和田慎司さんが3万4646票で現職の西村徹さんを破り初当選しました。当選から一夜明け和田さんの自宅では祝福の電話がかかるなど慌ただしい朝を迎えました。和田さんは「市民パワー、民間パワーの力で勝利できた。これから皆さんと一緒に新しい小松を創っていきたい。そういう気持ちが湧いてきています。遠慮せずにどんどん市政に物申す、そういう仕組みを作っていく」と抱負をのべました。和田さんの任期は来月13日から4年間です。 (10:10)

336 千葉9区 :2009/03/31(火) 22:25:41
http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000000903310004
政党色薄め自民22/静岡市議選
2009年03月31日

 29日に投開票された静岡市議会議員選挙(定数53)は、30日未明までに全議席が確定した。間近に迫った衆院選や知事選の前哨戦としても注目されたが、自民は公認23人のうち22人が当選。麻生内閣が低支持率にあえぐなか、政党色を抑え、地域の支持を固めて議席を確保した。民主も現職に加えて新顔1人が当選し、議席を増やした。


 ◆民主2、公明は全勝の6


 前回より12人少ない66人が立候補し、少数激戦の様相となった。現職候補をみると、葵区(定数19)は18人のうち17人が、駿河区(同15)は11人全員が当選し、強みをみせた。一方、合併した旧蒲原町、旧由比町に選挙区が広がった清水区(同19)は、自民1、共産2、社民1の計4人が落選した。


 前回31人を立てた自民は、現職のみ23人を公認。麻生政権不人気の影響をかわそうと、選挙ポスターから党名を外す候補もいた。中山間地振興や第2東名開通に向けた基盤づくりなど地域密着の課題を訴えた結果、清水区で1議席を失うにとどめ、22議席を確保した。


 同日行われた千葉県知事選で「逆風」がみられた民主だが、現職、新顔の2人が当選を果たした。公明は手堅く組織票をまとめ、全員当選。一方、共産は3人が立った清水区で現職2人が落選し、社民も同区で唯一の議席を失った。


 ◆論戦少なく投票低調


 《解説》05年4月に全国14番目の政令指定都市となって以来初めての市議選。衆院選や知事選の行方を占う選挙でもあったが、投票率は市平均で51・41%にとどまった。区別で見ても、旧静岡、旧清水市からの過去最低をいずれも下回る低調ぶりだ。


 「関心がないんだよ」。ある市議はそうこぼしたが、盛り上がらない選挙戦は有権者だけの責任だろうか。


 指定市となり、都道府県並みの権限と税財源が移譲され、市議会の責任は重くなった。しかも、百年に一度と言われる経済危機のまっただ中。市内でも自動車部品工場の閉鎖が決まり、JR清水駅前の商店街では3割近くがシャッターを下ろしたままだ。


 しかし、選挙戦で聞かれる主張は、「バス路線の地元延長」といった地域密着型か、「住みやすいまちづくり」などの抽象的スローガンばかり。具体的な景気対策や都市計画をめぐり、もっと論戦が繰り広げられてもよかったのではないか。


 投票結果をみると、中堅や若手の健闘が目に付く。駿河区では、30代の当選者が前回の2人から4人に倍増した。清水区では32歳現職がトップ当選し、葵区の32歳現職も得票を千票上積みした。自民の60代現職は「世代の若返りを図ろうとする結果が見て取れる」と分析する。


 静岡市の足元をみれば、商店街にしろ企業にしろ停滞感が漂っている。「新しい顔ぶれに新鮮な風を吹かせてもらいたい」。今回の選挙結果から、そんな有権者の願いが読み取れないだろうか。(山田知英)

337 名無しさん :2009/04/04(土) 15:44:39
26人で過半数にあと1人ですからね。新議会では 分派メリット<一会派メリット ということなのでしょう。
『初当選した4人』は工藤公彦(葵区)、望月俊明・大村一雄・早川清文(以上清水区)でぴったり数が合います。

新政会10人の内訳は労組系7人、非労組系3人(尾崎剛司、山根田鶴子、栗田知明)と思われます。
また、公明党6人、共産党4人、民主党3人、虹と緑2人(松谷清、宮沢圭輔)、市民自治福祉クラブ1人(佐野慶子)と推定されます。

ただ返り咲きの風間重樹、新政会の非労組系3人、民主党のうち1人(静政会所属だった佐藤成子)については名簿がUPされるまで動向が不鮮明です。


静岡市議会:自民党市議団、最大会派へ 静政会分裂 /静岡
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090404ddlk22010237000c.html
 先月29日に投開票された静岡市議選で当選した53人の会派結成届が3日、議会事務局に提出された。その結果、市議選前は20人が所属する最大会派だった「静政会」が分裂。第2会派だった「自民党市議団」(剣持邦昭会長)に静政会を離れた8人と初当選した4人が加わり、計26人の最大会派になる見通しとなった。

 剣持会長は「これまで自民系市議は2会派に分かれていたが、党支部内から一本化すべきだとの声があった。知事選や衆院選を控え、団結するためだ」と説明した。静政会に所属していた連合系市議は新政会(10人、望月厚司代表)を設立し、第2会派となる。【望月和美】


まつや清の日記
http://blog.goo.ne.jp/matsuya-kiyoshi
会派届けの締切日、分裂していた自民党が26名という単独会派を設立し、連合系議員で10名の新政会。「宮沢+まつや」は「虹と緑」の会派名で出発することになりました。

338 和子夫人 ◆VVOQ3pMvHY :2009/04/06(月) 09:55:15
河村が圧倒すること間違いなし。ダブルスコアは軽く付けたいネ!

名古屋市長選、9割が投票に前向き 本紙世論調査
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2009040690085855.html

26日投開票の名古屋市長選を前に、中日新聞社は2−4日、市内の有権者1000人を対象に電話による世論調査を実施した。「投票に行く」と答えた人は67%に達し、「たぶん行く」の23%も合わせると90%が投票に前向きな姿勢を示した。

 西松建設の違法献金事件が市長選の候補者選びに影響を与えるかを聞いたところ、「あまり影響がない」「まったく影響ない」が合わせて56%と、影響があるとした34%を上回り、本紙が3月6、7日に行った前回調査の同様の質問で「影響がない」とした35%に比べ、20ポイント以上増えた。

 主要政党が激突した2007年2月の愛知県知事選は、告示直後に実施した本紙の世論調査で、名古屋市民のうち「行く」「たぶん行く」と答えた人が計88%で、市内の投票率は45・6%だった。

 今回の市長選も投票率は前回(27・5%)を大幅に上回ることが予想される。

 年齢層が高くなるほど関心も高まる傾向にあるが、20代でも「行く」「たぶん行く」で計80%。50代では97%に達した。

 同市長選には、自民・公明両党が支援する細川昌彦・元中京大教授(54)、民主党が推薦する河村たかし衆院議員(60)、共産党が推薦する太田義郎・愛知県商工団体連合会長(65)が出馬を表明した。

 自公と民、共の対立構図となったことが、高い関心の背景にあり、28年間続いた相乗り体制が崩れたことを61%が評価した。

 現時点で投票する人を「決めている」「だいたい決めている」と答えた人は62%で、前回調査の49%より増えた。誰に投票するかを聞いたところ、3月に続いて河村氏がほかの2人を上回った。

 しかし、38%が投票する人を決めておらず、今後、情勢が変化する可能性もある。

(中日新聞)

339 千葉9区 :2009/04/06(月) 21:39:11
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090406-00000064-sph-soci
“知事なりきり男”器物破損で逮捕
4月6日8時0分配信 スポーツ報知


 「将来の知事に何をするんだ」−。静岡県警焼津署は5日、走行中の車に携帯電話を投げて車体を傷付けたとしてタクシー運転手・落合利郎容疑者(58)=同県焼津市=を器物損壊の疑いで現行犯逮捕した。同容疑者は石川嘉延県知事の辞任表明を受け、次期知事選(7月予定)への立候補を表明している。

 同署によると、落合容疑者は5日午前7時10分頃、自宅前の道路を通った同市の男性行員(21)が運転する車に自らの携帯電話を投げ付け、車体右側後部に傷をつけた。

 調べに対し、同容疑者は「速度違反をしていると思ったので投げた」と供述。さらに「将来の知事に何をするんだ」「お前ら、クビにしてやる」などと知事当選を前提とした強気な発言を繰り返しているという。

 同容疑者は3月25日に立候補を表明する記者会見を開いたばかりだった。

340 とはずがたり :2009/04/08(水) 00:40:02
浅井氏が出馬表明 伊豆の国市長選
04/02 16:02
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090402160046.htm

 伊豆の国市韮山金谷の著作業浅井邦容氏(68)が2日午前、任期満了に伴う伊豆の国市長選(12日告示、19日投開票)に立候補することを会見で表明した。
 浅井氏は、定年退職者の雇用の場を確保する「市民公社」の設立を提案し、「不況で疲弊した観光業や小売業を立て直したい」と述べた。
 同市長選には現職の望月良和氏(67)が出馬を表明している。浅井氏は愛知県で広告代理店を経営した後、1年前に同市に移り住み、現在は病気療養法を研究している。

341 千葉9区 :2009/04/10(金) 23:45:03
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagano/news/20090409-OYT8T00978.htm
佐久市長選12日告示
新市長重い課題
 12日に告示される佐久市長選は、前県議の柳田清二氏(39)(無所属)と、前県佐久地方事務所長の木曽茂氏(60)(無所属)の一騎打ちとなる見通しだ。旧佐久市から5期20年続いた三浦大助市長を引き継ぐ次期市長を、多くの課題が待ちかまえている。(天沢正裕)

■中部横断道

 三浦市政時代、上信越道佐久インターチェンジ(IC)とJR佐久平駅ができ、大型店舗が進出した周辺地域は、市の新しい中心部へと変貌(へんぼう)した。

 2010年度には、長野県と静岡県を結ぶ中部横断道の佐久ジャンクション(JCT)(仮称)―佐久南IC(同)間(7・8キロ)が完成する予定だ。南北に長い佐久市街地の西側、農村地帯に中部横断道が通ることで、市の姿はさらに変わるとみられる。

 だが、07年度から10年間の街づくりの指針「第1次市総合計画」は、伴野地区にできる佐久南IC周辺に「新農業技術開発拠点」を整備し、長土呂地区の国道141号IC(仮称)と、根々井地区の中佐都IC(同)周辺には「自然環境や市域バランスに配慮した土地利用」を推進するとしているだけ。明確な青写真作りが必要だ。

■市総合文化会館

 市総合文化会館の建設は、文化団体が1986年に陳情して以来、長年の懸案事項だ。07年度に「基本構想・基本計画」が策定され、08年度から設計案作成が始まった。12年度に、JR佐久平駅から徒歩5分の約2万3000平方メートルの敷地に、延べ床面積8000平方メートル、1500席を備える会館がオープンする予定。オペラやミュージカルなどの公演も可能な芸術文化の拠点という位置づけだ。

 用地費と建設費あわせて約71億8000万円。積み立て基金約21億円と、合併特例債やまちづくり交付金などを使えば、今後の市の負担は約15億円と試算されている。そのほかに、備品購入費や外構整備工事費などが必要。さらに完成後も、維持管理費が年間約1億5000万円かかる見通しだ。

 「市総合文化会館建設を推進するための文化団体連絡会」の渡辺松生事務局長は「今は、施設がネックとなって有名な歌手や演奏家、舞台芸術を呼ぶことは難しい。都市の規模に見合う施設を建てられるチャンス」と期待する。一方、「ふるさと佐久を考える会」の柳沢潔代表は「市は財政状況や運営にかかる費用などの情報をすべて開示した上で、市民の意向を把握すべきだ」と慎重な検討を求める。

 立候補を予定する2氏の姿勢も対照的だ。柳田氏は「将来的に赤字に陥らないように、慎重に検討し直しても問題はない」と訴え、木曽氏は「文化・芸術の拠点となるだけでなく、会館建設は不況対策にもなる」と主張する。

■佐久総合病院

 2月に佐久市と県厚生連、県の3者協議で決着をみた県厚生連佐久総合病院の一部新築移転問題。今後は、移転実現に向け、より具体的な課題に対処しなければならない。

 一部移転先の中込地区の工場跡地周辺は踏切に近く、細い市道が多いため、交通渋滞が生じる可能性があり、道路整備が必要となる。ドクターヘリの騒音を心配する住民もいる。

 移転先から約2キロにある市立浅間総合病院の患者が奪われ、経営をさらに悪化させるのではないかと懸念する声もある。佐久医師会の工藤猛会長は「病院間の役割分担や連携などについて調整が必要」と指摘する。

(2009年4月10日 読売新聞)

342 千葉9区 :2009/04/11(土) 09:37:49
http://mytown.asahi.com/nagano/news.php?k_id=21000000904110003
継承か変革か 佐久市長選、12日告示
2009年04月11日

佐久市長選が12日告示される。旧佐久市時代から5期20年務めた三浦大助市長が引退し、これを「継承」する前県佐久地方事務所長の木曽茂氏(60)と、三浦市長とたもとを分かち「変革」を訴える前県議の柳田清二氏(39)=いずれも無所属新顔=の一騎打ちが予想されている。同時に市議選(定数28)も実施される。(伊東大治)


 現状での市政の最大の課題は、「政争の具にはしない」と県と市が望み、今年2月にJA長野厚生連との三者で合意に至った佐久総合病院の再構築問題だ。これに対し、合意前の昨年12月出馬表明した柳田氏は「ツガミ跡地を第1候補地として市も協力して早急の解決を図る」としている。一方、三者合意がほぼ見えた2月初めに出馬表明した木曽氏は「三者合意に沿って進める」とのトーン。


 両者の間で明確に分かれる争点は、市総合文化会館の建設事業だ。総額71億8千万円で、うち用地は、先行取得していた市土地開発公社から昨年、市が31億8千万円で買い取った。三浦市長のほか、この事業を予定通り進めてもらいたいとする文化団体から出馬を促された木曽氏は事業の推進。これに対し柳田氏は、100年に1度の経済危機の中で、建設を推進することには疑問だとし、市民の意思を確認するとしている。


 木曽氏の陣営は、三浦市長の後援会とそれに重なる民主党の羽田孜衆院議員の後援会が軸になり、これに木曽氏を推薦した連合長野が加わる。出遅れた同氏は、3月中頃まで後援会入会のお願いで戸別訪問を繰り返した。同下旬にきてミニ集会を日に複数回重ね、知名度アップに懸命だ。


 一方、三浦市長の後援会と支持者が重なる柳田氏の陣営では、自らの後援会を引き締めて木曽氏陣営に流れるのを最小限にくい止めたという。この後援会を母体に、市議を経て県議を3期途中まで務めて高めた知名度を生かし、早くから戸別訪問をはじめ、政策中心のミニ集会に力を入れている。


 一方、市議選には現職23人、新顔10人の計33人が立候補の予定だ。定数が34から28に大幅に減る今回は当選ラインが上がり、「当選のためには1900票を読む必要がある」と話す予定者もいる。


 3月2日現在の有権者数は8万304人。

343 市川市民@元さきがけ支持者 :2009/04/11(土) 16:28:06
>>341-342
おお、柳田氏が出馬されるんですな。
柳田氏は井出正一元新党さきがけ代表の秘書から佐久市議→県議を務めた人で、
田中秀征塾長の「さきがけ塾」の門下生でもありました。
何度かお話したことがありますが、熱意溢れる信念の人だと思います。
田中康夫前知事批判の急先鋒であり、羽田陣営(中選挙区時代から井出元代表のライバルでありました)や、
連合が相手方についていますが、柳田陣営は自民方ではないですし、
柳田氏が勝っても「民主が負けた」ことにはならないでしょう。
ぜひ、柳田氏には頑張ってほしいと思います。
思えば、旧民主党結党後の97年に新党さきがけ単独推薦で市議に当選して以来、
ずっと無所属なのですね。
政界引退して久しい、井出正一・田中秀征両氏がマイクを握ることもあるのでしょうか。

344 名無しさん :2009/04/12(日) 15:06:06
>>337の詳細です。労組色が強くなったせいか、非労組系に対しては遠心力になったようです。
白鳥については牧野直系ですので、民主党非労組系の動きとみるべきでしょう。

議員の名簿/会派別名簿 ‐ 静岡市
http://www.city.shizuoka.jp/deps/gikai/kaihameibo.html


【自由民主党静岡市議会議員団(26人】代表者 剣持邦昭
◆自民党市議団系:14人
深澤陽一 牧田博之 繁田和三 亀澤敏之 遠藤裕孝 佐地茂人 増田進 石上顕太郎
井上恒彌 田形清信 栗田裕之 石川久雄 近藤光男 剣持邦昭 
◆静政会から合流:8人
浅場武 三浦雅司 伊東稔浩 安竹信男 杉山三四郎 鈴木和彦 沢入育男 相坂摂治
◆無所属新人:1人
工藤公彦 早川清文 望月俊明 大村一雄

【新政会(10人)】代表者 望月厚司
◆民主党系:2人
後藤哲朗 佐藤成子
◆労組系:7人
池邨善満 遠藤広樹 水野敏夫 中山道晴 兼郄正男 田中敬五 望月厚司
◆非労組系:1人
尾粼剛司

【公明党静岡市議会(6人)】代表者 小野勇
井上智仁 山本彰彦 馬居喜代子 岩崎良浩 片平博文 小野勇

【日本共産党静岡市議会議員団(4人)】代表者 山本明久
寺尾昭 鈴木節子 内田輶典 山本明久

【静友クラブ(2人)】代表者 白鳥実
◆民主党:1人
白鳥実
◆無所属返り咲き:1人
風間重樹

【虹と緑(2人)】代表者 松谷清
宮澤圭輔 松谷清

【市民自治福祉クラブ(1人)】代表者 佐野慶子
佐野慶子  

【清庵クラブ(1人)】代表者 山根田鶴子
山根田鶴子

【市民クラブ(1人)】代表者 栗田知明
栗田知明

345 千葉9区 :2009/04/13(月) 22:43:34
http://netallica.yahoo.co.jp/news/73953
民主最後の砦…嫌われ者・河村たかし“救世主”指名
2009/4/13 16:57
 民主党内で「名古屋市長選に出馬した河村たかし前衆院議員が最後の砦だ。嫌われ者が救世主になるとは…」といった声が広がっている。12日投開票の秋田県知事選は、千葉に続き民主系候補が大敗。小沢一郎代表の献金事件が最大の敗因ともいわれ、次期総選挙への影響もささやかれている。それだけに、次の与野党対決となる26日の名古屋市長選で河村氏に勝ってもらい、空気を変えたいというのだが。

 [フォト]民主党から推薦が固まり、笑顔で記者会見した河村たかし氏だったが…

 「千葉に続き秋田でも、民主系候補が自民系候補に“開票即当確”で完敗した。秋田は社民党や連合が相手に乗ったねじれが敗因で、党本部はノータッチなのに世論は『西松事件の影響』と騒ぐ。このうえは、26日に河村氏が勝ってくれるまでおとなしくしているしかない」

 小沢氏に近い若手議員は苦々しくこう語った。

 12日には秋田県知事選と25の市長選が投開票。19日には28の市長選があり、26日の名古屋市長選を含めて「ミニ統一選」と呼ばれている。麻生太郎首相が5月の衆院解散に触れて解散風が盛り上がる中、与野党ともにこれを次期総選挙の前哨戦と位置づけている。

 それだけに、自民党は「ミニ統一選」の象徴的な選挙となった秋田県知事選の圧勝で、「政府・与党の政策が効果を上げている。景気対策はまだ途上段階だが、政策への理解は進んでいる」(細田博之幹事長)と麻生内閣の支持率回復ムードをしきりにあおっている。

【千葉&秋田“開票即当確”で完敗】

 対する民主党は、小沢氏の進退問題が再燃するのを食い止めようと躍起だ。小沢氏は前もって社民党や連合秋田の幹部と会談し、総選挙では共闘することを確認。鳩山由紀夫幹事長も10日の記者会見で「(秋田県知事選は)必ずしも進退につながる話ではない」と予防線を張っていた。ただ、党内には「結果を突きつけ、小沢氏に退陣勧告すべきだ」(中堅)の声はくすぶり続けている。

 名古屋市長選は12日に告示され、共産党推薦の太田義郎氏、河村氏、自民、公明の県組織が支持する元中部経済産業局長の細川昌彦氏、アルバイトの黒田克明氏の無所属新人4氏による争いとなる。

 前述の若手議員は「いまのところ、知名度の高い河村氏の勝算が大きい。胸を張って『民主党の勝利』といえそうだ」と話す。

 ただ、民主党にあって河村氏は長らく「鬼っ子」(ベテラン)という位置づけだ。豪華なのに家賃が安い赤坂議員宿舎が問題視された際には、河村氏は入居を拒否して民間アパート住まいを敢行。このため、党内から「大衆迎合のスタンドプレーだ」と集中砲火されたこともあれば、代表選に出ようとして推薦人が確保できなかったことも複数回ある。議員辞職を表明した3日の代議士会では「もう帰ってくるな!!」とヤジが飛び出て笑いも起きたが、本音の部分もある。

 それだけに自民党中堅議員は「嫌われ者の河村氏が救世主か。政治の世界は一寸先は闇というのは本当だ」と話した。

346 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2009/04/14(火) 11:25:46
こうなると、河村が細川にどれだけ票差をつけるかが鍵になりそうな気がしますね。仮に勝ったとしても、僅差での勝利なら逆風が止むとは思えない。

347 とはずがたり :2009/04/14(火) 17:58:39
>>344
有り難うございます。。

民主連合系と民主系市民派が別れてしまったはまあ仕方がないですけど,市民派系もバラバラの様ですねぇ

348 とはずがたり :2009/04/14(火) 19:57:31

3町長・2町議選が告示
04/14 15:21
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090414000000000023.htm

 西伊豆、南伊豆、松崎の町長選が14日、告示された。西伊豆町長選はいずれも無所属で元町議会議長の藤井武彦氏(65)と現職の藤井安彦氏(66)が、南伊豆町長選もいずれも無所属で造形政治家の塚本誠二郎氏(64)と再選を目指す鈴木史鶴哉氏(68)が届け出を済ませた。賀茂地区1市3町の合併をめぐる松崎町の出直し町長選は、無所属で元町長の深沢進氏(76)が立候補した。このほかに立候補の動きはなく、深沢氏が無投票で当選する公算が大きい。いずれの選挙も投票は19日に行われ、即日開票される。

【南伊豆】新人塚本氏と現職の鈴木氏が立候補
2009/04/14
http://www.shizushin.com/news/feature/local_election/419/kubicyo/20090414000000000062.htm

 南伊豆町長選はいずれも無所属で、造形政治家の塚本誠二郎氏(64)と再選を目指す鈴木史鶴哉氏(68)が立候補した。塚本氏は、民間事業者が同町内で計画する風力発電施設の建設中止を主な施策とし、独自の戦いを展開。鈴木氏は、同町を含めた賀茂地区1市3町(下田市、河津、松崎町)合併に取り組みながらも、町としての基盤充実を訴えて組織戦を進めている。

町民参加の行政を
 塚本誠二郎候補は午前10時、南伊豆町上賀茂の選挙事務所から運動を開始した。集まった支援者らと共に「皆が行政に参加し、美しく輝けるような新しい町を目指そう」と訴えた後、馬に乗るパフォーマンスで“出馬”をアピールした。

合併など課題に全力
 鈴木史鶴哉候補は午前9時、南伊豆町下賀茂の選挙事務所で出陣式に臨んだ。約80人の支援者らに「町には合併や病院の建て替え問題など、難題が山積している。2期目に向けて全力投球で頑張りたい」と訴えた後、足早に遊説に出かけた。

【西伊豆】藤井武彦氏、藤井安彦氏が激突
2009/04/14
http://www.shizushin.com/news/feature/local_election/419/kubicyo/20090414000000000059.htm

 西伊豆町長選にはいずれも無所属で、元町議会議長の藤井武彦氏(65)と現職の藤井安彦氏(66)が届け出た。強いリーダーシップを発揮し、閉塞(へいそく)感のある町政を打開したい―と訴える藤井武彦氏に対し、藤井安彦氏は旧町村の融和促進の継続と住民と協働による安全・安心のまちづくりの必要性を強調した。
 町議選は定数11を2人上回る13人による争い。

産業の活性化図る
 藤井武彦候補は西伊豆町田子で出陣式に臨んだ。「観光をはじめとする各産業の活性化を図りたい」と力説し、「町の閉塞(へいそく)感を打破するために立候補した。リーダーとしてわたしを押し上げていただきたい」と語気を強めた。

財政健全化を図る
 藤井安彦候補は西伊豆町仁科で出陣式に臨み、「新西伊豆町が生まれて4年、町民全体の融和を第一に着実に町政を進めてきた」と強調。「少子高齢・過疎化が進む中、財政健全化を基本としたまちづくりに取り組みたい」と第一声を放った。

349 とはずがたり :2009/04/14(火) 20:11:36
【伊豆の国】現職望月氏、新人浅井氏の争い 
2009/04/13
http://www.shizushin.com/news/feature/local_election/419/kubicyo/20090413135507.htm

 伊豆の国市長選にはいずれも無所属で、現職の望月良和氏(67)と元広告代理店経営の浅井邦容氏(68)が立候補した。
 子育て支援策や地域一体化の取り組みなど旧3町合併後の実績を強調する望月氏に対し、独自の戦いを進める浅井氏が観光業の活性化などを訴え、批判票や浮動票の獲得を狙う。
 市議選は定数22を1人上回る23人による少数激戦となった。

【掛川】現職、新人の一騎打ち 戸塚氏、松井氏が激突 
2009/04/13
http://www.shizushin.com/news/feature/local_election/419/kubicyo/20090413135446.htm

 掛川市長選はともに無所属で、再選を目指す戸塚進也氏(69)と元県議の新人松井三郎氏(62)が届け出た。袋井市との統合新病院建設は基本的に両氏とも推進の立場。戸塚氏は1期目からかかわった実績を強調し、最大の政治課題に位置付ける。松井氏は開院までの医師や財源の確保の確実性も検討課題に挙げる。
 定数24の市議選は現職17、新人11人の争い。

【磐田】新人3氏が争う 渡部氏、鶴田氏、大橋氏
2009/04/13
http://www.shizushin.com/news/feature/local_election/419/kubicyo/20090413135426.htm

 磐田市長選には、いずれも無所属新人の元市議渡部修氏(58)=連合静岡推薦=、元副市長鶴田春男氏(56)、元財団職員大橋仁満氏(49)が立候補した。渡部氏は「改革推進は市長、市役所職員から」と訴え、鶴田氏は鈴木市政を継承する姿勢を「シフトチェンジ」と表現する。大橋氏は「磐田に新風を」と強調する。
 定数4減で30議席を争う市議選には32人が立候補した。

350 千葉9区 :2009/04/14(火) 22:03:32
>>341-343
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagano/news/20090413-OYT8T00782.htm
佐久市長選に2新人
継続、改革巡り舌戦
 佐久市長選と同市議選は12日、告示された。市長選には、新人で前県議の柳田清二氏(39)(無所属)と、新人で前県佐久地方事務所長の木曽茂氏(60)(無所属)の2人が立候補を届け出て、一騎打ちの選挙戦となった。旧佐久市から5期20年続いた三浦大助市長の後任として、市の将来像をどのように描くかが問われる選挙となる。

 佐久市臼田の街頭で行われた柳田氏の出陣式には、県厚生連関係者や県議らが応援に駆けつけた。柳田氏がかつて秘書をしていた井出正一・元衆院議員は「佐久市も時代も変わる中、若さが必要」と激励した。柳田氏の陣営は旧佐久市議、県議時代からの後援会を中心に、早くから戸別訪問やミニ集会を重ねてきた。

 佐久市岩村田の選挙事務所で行われた木曽氏の出陣式には、三浦市長、羽田雄一郎・参院議員や県議らが集まった。選対幹部は「三浦市政を継承し、さらに新しい風を吹き込むために、心血を注いで戦う」と力を込めた。木曽氏の陣営は三浦市長の後援会を引き継ぎ、県職員OBや連合長野が支え、知名度アップを図る。

 市議選(定数28)には、33人が立候補を届け出て、選挙戦に突入した。内訳は現職23人、新人10人。党派別では共産3人、公明3人、無所属27人。

 投票はいずれも19日午前7時から午後8時まで(一部地域は午後6時まで)、市内87か所の投票所で行われ、午後9時10分から市総合体育館で開票される。11日現在の有権者数は8万267人。

(2009年4月14日 読売新聞)

351 千葉9区 :2009/04/16(木) 00:30:37
http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000000904150004
「民意問う」空振り/松崎町長「出直し」選
2009年04月15日


 「合併への民意を問う」という試みは、結局空振りに終わった。南伊豆地区の1市3町(下田市、河津町、南伊豆町、松崎町)の合併をめぐって「出直し選挙」となった松崎町長選は14日、前町長の深沢進氏(76)=無所属=のほかに立候補の届け出はなく、深沢氏の無投票3選が決まった。しかし、合併に反対する町議らは「態度は変わらない」としており、混迷は続きそうだ。(阪本昇司)


 ◆合併反対派 候補立てず


 午後5時過ぎに当選が決まると、選挙事務所に待機していた深沢氏は「問えなかったが、民意は合併推進と思っている」と語った。今後については「何も考えてない」とし、住民投票条例の提出を否定。一方で、住民の動きは「言う立場にはない」と述べ、慎重な姿勢を示した。


 深沢氏は20日に再び町長に就任し、任期は辞職前の残任期間である12月13日までとなる。合併協会長の石井直樹・下田市長は「松崎町民の合併に対する理解が得られたと判断している」とのコメントを発表した。


 今年3月、合併反対派が多数を占める議会が09年度予算案から合併協議会経費を削除。これを受け、深沢氏は「合併の是非について民意を問いたい」と、辞表を提出して再立候補した。合併反対派の町議らは当初、対立候補擁立を目指していたが、最終的に断念。合併を争点とした町長選は実現しなかった。


 この日の出陣式で、深沢氏は「合併して財政改革を進めることで、南伊豆、賀茂郡の中核のまちとして市政が行われていくと確信している」と第一声。応援演説では「反対派から対立候補に1人も出ないのは無責任」などの声が上がっていた。


 無投票という結果について、ある反対派町議は「無投票になったからといって、合併を町民が認めたわけではない。町民不在の流れの中で合併が進められようとしている」と話す。


 1市3町の合併協の実質協議は3月までにほぼ終わり、6月の各市町議会で承認するかどうかの議決が予定されている。深沢氏が「合併へ向けて粛々と進むだけ」とするのに対し、反対派町議らは否決する構え。南伊豆町議会も合併協経費の負担を拒んでおり、現状のままでは合併破綻(はたん)は避けられないとみられる。

352 とはずがたり :2009/04/16(木) 10:09:08
>>154-157 >>187 >>294 >>318

市岐商の将来的廃止方針、市教委は撤回せず
2009年04月16日09:59
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20090416/200904160959_7655.shtml

 岐阜市立岐阜商業高校を廃止し立命館を誘致する問題の白紙撤回決議を市議会が採択したことを受けて、市教育委員会は15日、同高の将来的な廃止方針は撤回せず、同高の在り方について議論を継続する考えを明らかにした。

 同日開催の市議会文教委員協議会で安藤征治教育長が説明した。市教委は22日に開く定例会で正式に決める予定。同校の存廃問題は、将来的な廃止の可能性を残した「当面の存続」で落ち着く見通しとなった。

 決議には、市教委の廃止方針を白紙に戻し、存続と発展を前提に市岐阜商高の在り方の議論を進める内容が盛り込まれている。

 安藤教育長は「決議は重く受け止める」としながらも「廃止方針は(細江茂光市長が打ち出した)立命館誘致を前提としたものではない。誘致がなくても方針が変わることはない」と説明。市や市議会に対する市教委の独立性を強く示した。

353 とはずがたり :2009/04/16(木) 10:12:28
大垣は飛び地合併しかできなかった様に求心力に翳りが有る様にも見えるが無投票とはね。

大垣市長に小川氏 無投票で3選
2009年04月12日17:05 
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20090412/200904121703_7624.shtml

 任期満了(21日)に伴う大垣市長選は12日告示され、無所属現職の小川敏氏(58)のほかに立候補の届け出はなく、小川氏が無投票で3選を果たした。同市長選の無投票当選は28年ぶり。

 小川氏は2001年、紙類販売会社社長から転身して初当選を果たし、05年に再選。民間出身の手腕で行財政改革を推し進めると同時に、子育て支援策の充実や団塊世代の地域参加支援、公共施設の耐震化などを推し進めた。06年には旧墨俣町、旧上石津町との飛び地合併も果たした。

 3期目に向けては、「ダイナミックシティ大垣の創造から進展へ」を掲げ、2期8年の実績を基にさらなる飛躍を訴えた。

 無投票で3選を決めた小川氏は「大垣市の潜在力を生かし、魅力あふれる、活力あふれるまちづくりを進めたい」と決意を語った。
海津市長に松永氏 無投票で再選
2009年04月12日17:05 
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20090412/200904121705_7623.shtml

 任期満了(5月7日)に伴う海津市長選は12日告示され、無所属現職の松永清彦氏(63)=自民県連、公明推薦=のほかに立候補の届け出はなく、松永氏が無投票で再選を決めた。

 松永氏は2005年、2期目途中の県議を辞職し、新市発足に伴う市長選に出馬。いずれも新人の2氏を破って初当選した。

 1期目は「開かれた市政」を掲げ、政策決定の過程に市民委員会を組み入れる手法を積極的に導入。中学校や幼稚園の統廃合、公営施設への指定管理者制度を推進するなど、行政組織のスリム化にも着手した。

 松永氏は「無投票再選の責任を重く受け止め、オンリーワンで元気な海津市をつくりあげていきたい」などと語った。

354 千葉9区 :2009/04/16(木) 21:36:33
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20090416/CK2009041502000229.html
知事選、坂本参院議員が出馬調整 自民県連も支援検討へ
2009年4月16日

 静岡県の石川嘉延知事の辞意表明に伴う出直し知事選で、坂本由紀子参院議員(60)=自民、静岡選挙区=が立候補へ向けて調整していることが分かった。正式に出馬表明すれば、自民県連も坂本氏を支援する方向で検討するとみられる。

 関係者によると、坂本氏は、すでに県内経済界の有力者らに立候補のあいさつをすませている。

 また自民党県議団の中にも、坂本氏の擁立へ向けた動きが出ている。

 坂本氏は三島市出身。県立沼津東高校、東大法学部から労働省(現厚生労働省)に入省した。1996年8月−99年7月に県副知事を務め、厚労省職業能力開発局長などを歴任して、2004年7月の参院選静岡選挙区で初当選した。

 坂本氏はこれまでの取材に対し「そういう話は知らない。何も聞いていない」などと話していた。

 知事選をめぐってはすでに、元民主党参院議員海野徹氏(59)=静岡市葵区=が、無所属での立候補を表明。

 また民主党県連や、共産党県委員会も独自候補者の擁立を目指している。

 石川知事は3月25日、静岡空港(島田市、牧之原市)開港延期の責任をとって辞意を表明。延期の原因となった航空法の高さ制限を超える立ち木が、5月17日までに伐採されるスケジュールが固まり、石川知事は伐採後に辞表を提出する意向を示している。このため、出直し知事選は6月下旬から7月上旬ごろに行われる見通しとなっている。

355 千葉9区 :2009/04/16(木) 21:51:37
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gifu/news/20090415-OYT8T00989.htm
岐阜市会最大会派 「自民」が分裂
市岐阜商存続/立命館誘致
 岐阜市議会(定数44)の最大会派「市政自民同志会」(外山正孝幹事長、24人)が、3月議会で市立岐阜商業高校の存続に賛成した11人と、学校法人立命館(京都市)の中高一貫校誘致に賛成した13人の2会派に分裂することが15日分かった。16日にも議会事務局に届け出る。次期衆院選で、岐阜1区から出馬を予定している野田聖子消費者相の支援体制にも大きく影響しそうだ。

 同市議会の自民党会派は、2002年2月に実施された市長選を巡り、当時の「市政自民党市議団」(23人)から同年4月、細江茂光市長を推したメンバーら13人が脱退し、新会派「市政自民クラブ」を結成して2会派に分裂した。

 05年9月の衆院選では、主に市政自民党市議団が野田聖子氏を支援。市政自民クラブが佐藤ゆかり氏を支援したが、同年12月、両会派は和解して現在の市政自民同志会を結成していた。

 ところが、06年11月に細江市長が市岐阜商の廃止による立命館誘致計画を打ち出してから、市長選と衆院選を巡るしこりが再燃。旧市政自民党市議団を中心とする11人が市岐阜商存続派、旧市政自民クラブを中心とする13人が立命館誘致派となり、他会派を巻き込んで激しい多数派工作を繰り広げた。

 存続派と誘致派は、今年行われる衆院選を考慮して、会派の分裂は避けるよう申し合わせていた。しかし、3月議会最終日の廃止または誘致を決する議案採決で、誘致派が、次期議長ポスト譲渡を条件に、無所属の存続派市議に対し、誘致に賛成するよう働きかけたことなどが明らかになったため、互いに関係修復が不可能となったという。

 誘致派の複数の団員は15日、「野田消費者相は存続派に肩入れしていた。衆院選では支援することはできない」と述べ、次期衆院選に大きな影響を与えるのは避けられない情勢となった。

(2009年4月16日 読売新聞)

356 千葉9区 :2009/04/16(木) 22:49:20
>>354
こりゃイイ人選だわ、民主党としては辛い・・・
1、現役自民党参議院議員が出てくる以上、自主投票(さらには、相乗り)は難しい。
  独自候補を擁立しなければならない。
2、しかし、海野との分裂で苦しい戦いになるのは確実
3、参院補選も同日になる可能性
4、しかし本選のことを考えると民主は負け戦のほうが良いくらい
  少なくとも04年当選の藤本は寝るだろう。
5、そもそも全県区で戦える候補を2人用意できるのか?

357 名無しさん :2009/04/17(金) 00:25:58
個人的には領収書を五重計上が発覚して就任一週間で政務次官を辞任したりしている坂本由紀子は勘弁して欲しいのですが…
まだ二年も経っていないことなのに、何でみんな直ぐ忘れてしまうんだろうなあ

358 名無しさん :2009/04/17(金) 01:50:08
http://dreamyjob.net/aab/
↑ここ以外で無料モロ動画見放題のサイト知らない?

359 千葉9区 :2009/04/17(金) 18:17:12
>>357
そいや ありましたね。すっかり忘れてしまってました(汗
とは言っても、攻撃材料となるかと言うと微妙だと思います。

360 名無しさん :2009/04/17(金) 19:10:11
参院補選だが、あるとすれば10月か
この時期なら、さして影響はないだろう

361 千葉9区 :2009/04/17(金) 20:50:49
http://chubu.yomiuri.co.jp/tokushu/ngo_election/ngo_election090415_1.htm
決戦 名古屋市長選 ルポ(上) 雇用不安 若者から熱視線
太田義郎候補


ハローワークの前で支持を訴える太田候補(14日、名古屋市熱田区で)=川口武博撮影◇…名古屋市長選立候補者…◇ 太田 義郎 65 愛知県商工団体連合会長 無新〈共〉
河村たかし 60 (元)衆院議員 無新〈民〉
細川 昌彦 54 (元)中部経済産業局長 無新
黒田 克明 36 アルバイト 無新
(届け出順、〈 〉は推薦政党)
 「失業保険の手続きに来たんだわ。仕事がほしいねえ」

 14日午前9時半、太田義郎は次の演説会場に向かう途中、名古屋市熱田区のハローワーク名古屋南に立ち寄った。喫煙スペースにいた60代の男性に声をかけると、ため息まじりに答えが返ってきた。

 太田はハローワークを挟んだ歩道で、マイクを握った。「庶民が潤う雇用をつくる。名古屋城本丸御殿などの大型事業を見直せば、中小企業向けに年間100億円の公共事業、職を失った人たちのために2000人の雇用を生み出せる」

 その30分後。傘を差すのも苦労する横殴りの雨の中、同区の団地内の公園に立った。「革新市長だった本山(政雄)さんのころの日本一の福祉を取り戻す。70歳以上の医療費を無料に、国民健康保険料は年間3万円引き下げたいけど、まず1万円で勘弁してちょ」。耳を傾けていた年配の女性から小さな笑い声が起きた。

■   □

 主要政党の相乗り体制が続く中、共産党などでつくる「革新市政の会」は、常に対立候補を立ててきた。

 前回市長選の2005年は愛知万博が行われ、中部国際空港が開港、「元気なナゴヤ」の絶頂期だった。名古屋経済は全国から注目され、「名古屋に行けば仕事がある」とも言われた。

 4年前、太田と同じ立場で、立候補した榑松(くれまつ)佐一・愛労連事務局長(53)は「前も若い人が選挙を手伝ってくれたが、今回は若い人の目の色が違っている。自分たちの問題ととらえているからだろう」と、前回との違いを話す。

 共産党愛知県委員会によると、2008年の県内の新規入党者は約200人。今年は3月までですでに160人に上る。昨秋からは、ホームページから申し込む若者が目立つという。

 「自分たちの置かれている厳しい現状を変えるには政治を変えなければいけないという考えが浸透してきた」。入党者が増えている状況を、村上英雄県委員会組織部長はこう分析する。

□   ■

 14日昼、地下鉄伝馬町駅でも雇用対策や福祉の充実を訴えた太田は、「街頭に出ると、国民健康保険料や派遣切りのことで話しかけられる。自分の政策に関心を持ってくれる人が多い」と手応えを話した。

 相乗りの構図が崩れた今回の市長選。陣営幹部は「メディアを通し、政策をアピールする機会が増え、風が吹きつつあると感じる」と話す。その一方で、革新市政の会以外への広がりが不足していることに触れ、「まだまだ政策の浸透が足りない」と打ち明けた。

 太田陣営は投票日前日の25日まで、地域の中小スーパーや団地などを地道に巡り、足元を見据えた戦いを繰り広げる。

(敬称略、館林千賀子)



 26日投開票の名古屋市長選は、32年ぶりに相乗り体制が崩れ、衆院選の前哨戦として注目される。主な候補者の序盤の戦いぶりを追う。



(2009年4月15日 読売新聞)

362 千葉9区 :2009/04/17(金) 20:51:23
http://chubu.yomiuri.co.jp/tokushu/ngo_election/ngo_election090416_1.htm
決戦 名古屋市長選 ルポ(中)支援態勢 市・県議に温度差
河村たかし候補


中小企業経営者らの拍手に送られて退席する河村候補(15日、名古屋市中区で)=加藤学撮影◇…名古屋市長選立候補者…◇ 太田 義郎 65 愛知県商工団体連合会長 無新〈共〉
河村たかし 60 (元)衆院議員 無新〈民〉
細川 昌彦 54 (元)中部経済産業局長 無新
黒田 克明 36 アルバイト 無新
(届け出順、〈 〉は推薦政党)
 青いジャンパーに野球帽、「本人」と書いたのぼりを立てた自転車。先導する選挙カーからは、中日ドラゴンズの応援歌と自ら吹き込んだ「市民税減税」を訴える演説が流れる。

 15日午前、名古屋市熱田区のスーパー前。河村たかしは50人ほどの買い物客を前に力を込めた。「減税は絶対にやれる。出来なかったら責任取って辞めなあかん。それが市民との約束」。演説が終わると、「頑張れ」「絶対に勝って」という声とともに、次々と握手を求める手が差し出された。

 衆院時代の愛知1区(東、北、西、中区)から、市内16区に広がっても、このスタイルは変わらない。1日30〜40キロ走る。「1キロ走ると、100人ぐらいに手を振れるんだわ」

 県議選と衆院選で2度の落選を経験した河村は、1993年の衆院初当選以来、自転車を使った選挙運動に取り組む。「自分の存在をアピールしながら、有権者の声を直接聞くにはどうすべきかと考えた結果たどりついた」と話す。

□   ■

 街頭では、徹底的に市民税減税を訴える。実現を疑問視する相手陣営を「税金を下げたくない高給役人連合軍」、自らを「庶民」と位置づけ、市長選を「この二つの争いだ」と繰り返す。「役所の無駄遣いをなくすには、税金を下げるのが一番いい方法」と考えているからだ。

 しかし、減税を中心とした政策やこれまでの政治活動などから、民主党市議、県議、国会議員の一部とあつれきが生じた。告示前日の11日の民主党愛知県連幹事会でも、一部の市議から「10%減税は了解していない」という意見が出された。

 推薦までの経過に納得できないベテラン市議は、「出席を要請された会合には出るが、自分の後援会員に河村候補の支援を呼びかけたり、そのための集会を開いたりする予定もない」と打ち明け、積極的に動こうとはしない。

■   □

 その一方で、河村を支援する動きも広がりつつある。15日朝、同市守山区の名鉄喜多山駅前で、市議の小川俊之が通勤客らにビラを配り、河村への投票を呼びかけた。当初は河村擁立に反発した小川だが、「党推薦候補なんだから、応援するのは当然だ」と話し、「若い世代の反応がいい」と手応えを感じ取っていた。

 この日、瑞穂区や港区などで約40キロ、自転車をこいだ河村は、夕方には同市中区で会合に招かれた。県議が主催し、中小企業経営者ら約30人が出席した。

 「中小企業の経営者が苦労して、税金で食っている公務員が楽をしている。これを変えるためにも、減税が必要なんです」。30人とは思えない大きな拍手がわき起こった。

 「県議や市議のみなさんの支援はありがたい。これが選挙ですわ。わしが市長になり、党には政権交代を実現してもらいたい」。市議や県議の支援態勢は“まだら模様”でも、河村のパワーは一向に衰えない。

(敬称略、小山内晃)



(2009年4月16日 読売新聞)

363 千葉9区 :2009/04/17(金) 20:51:54
http://chubu.yomiuri.co.jp/tokushu/ngo_election/ngo_election090417_1.htm
決戦 名古屋市長選 ルポ(下)市民と政党 「両輪作戦」
細川昌彦候補


集会で大勢の支持者に力強く握手をする細川候補(16日午後6時37分、名古屋市中区で)=府川勝美撮影◇…名古屋市長選立候補者…◇ 太田 義郎 65 愛知県商工団体連合会長 無新〈共〉
河村たかし 60 (元)衆院議員 無新〈民〉
細川 昌彦 54 (元)中部経済産業局長 無新
黒田 克明 36 アルバイト 無新
(届け出順、〈 〉は推薦政党)
 16日夕、名古屋市中区の中京大学文化市民会館。2000人近い聴衆を前に細川昌彦は熱弁を振るった。

 「私は必ず政策を実現する。そこがほかの候補と違う。最大の争点は、パフォーマンスか実現力かです」

 時折、拳を振り上げながら絶叫する細川に、客席の隅から見守った自民党愛知県連幹部は目を細めた。「告示のころより政治家らしくなってきた。いいんじゃないかな」

 細川は「市民派」としての立場を前面に出す。市内すべての掲示板にポスターを張ったのは、個人的に支援する人で作る後援会だ。街頭活動も後援会が中心になってサポートする。

 政党色の薄い昼間から一転、夜になると、県レベルの支持を受ける自民、公明党の市議らが設定する個人演説会を重ねる。この日の集会も政党側が主催したもので、後援会の決起集会は18日午後の予定だ。

■   □

 細川陣営は東区に後援会事務所、中区に政党関係者でつくる選挙事務所を置く。自民党県連幹部は「市民派を掲げている以上、その事務所に政党関係者が出入りするわけにはいかない。それぞれのやり方で支持を拡大していく両輪作戦だ。うまくいけば大きな効果が出る」ともくろむ。

 演説内容についても、両者で話し合った。告示直後は、キーワードにしている「つながり力」に重点を置き、具体的な政策よりも政治姿勢を訴える抽象的な内容だった。細川と後援会幹部で考えたものだった。

 細川の演説を聞いた自民党県連幹部は「もっとわかりやすく、インパクトのある言葉を使わないと伝わらない」と苦言を呈し、公明党関係者も「相手は10%減税。こちらも、もっと具体的なことを訴えなければ」と何度も首を振った。

 政党側と後援会は14日夜、街頭や集会での演説内容について協議する場を持った。「イメージを大切にしたい」とする後援会に対し、政党側は具体的な政策の強調を求めた。自民党のベテラン市議は「かなりやり合いましたよ」と打ち明ける。

□   ■

 翌15日午後、千種区の今池交差点に立った細川は「市長になったら、1年以内に不況から脱出させる」と力を込め、「高齢者医療費の1割負担を堅持」「保育所の待機児童ゼロ」など、具体的な政策を訴え始めた。

 「政党の支援はありがたい。でも、市民の一部として応援してもらっているつもりだ」。細川は市民派としてのスタンスが変わらないことを強調し、側近の一人は「まだ試行錯誤の途中で、いろんな人の意見を取り入れている段階」と話す。

 市民派の後援会と政党の両輪がかみあい、相乗効果を生んでいけるか。擁立に携わった後援会幹部は「当初は自分たちの立てた候補者に、政党関係者がかかわることを快く思わない人もいた」と明かしたうえで、「でも、互いの距離は日に日に縮まっていると思う」と話した。

(敬称略、譜久村真樹)



(2009年4月17日 読売新聞)

364 千葉9区 :2009/04/17(金) 21:03:00
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ishikawa/news/20090416-OYT8T01332.htm
県議区割り またも紛糾 自民県連 結論出せず
「急ぐな」意見も 21日に再協議
 県議会の定数削減・選挙区割り見直し議論で、自民党県連は16日、役員会と議員協議会を相次いで開いたが、異論が噴出して結論に至らず、21日、再び協議することになった。

 9日の選挙区・定数検討懇談会で、議員1人当たりの人口が少ない「珠洲市」「鹿島郡」の2選挙区を、隣接の選挙区と併合する見直し案が示され、22日の次回までに各会派で意見をまとめることになっていた。

 この日の役員会と議員協議会では、見直し案で「合区」の対象となった選挙区選出の議員から、「事前の説明もなく突然合区と言われても納得できない」など反対の意見が相次いだ。既に4人削減で合意した定数に関しても、能登地区の議員は「能登2減ありきの議論はおかしい」と主張した。また、懇談会は6月議会での条例改正を目指しているが、「早急に結論を出す問題ではない」とする意見も上がった。

 午後4時前から始まった2回目の役員会でも議論は平行線をたどり、結局、結論は先送りとなった。終了後、石田忠夫幹事長は「合区対象となった議員から異論が出るのは想定のこと。もう一度仕切り直して協議し、自民としての意見をまとめたい」と話した。

(2009年4月17日 読売新聞)

365 千葉9区 :2009/04/18(土) 12:44:52
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ishikawa/news/20090418-OYT8T00016.htm
県議区割り再編で揺れる自民
合区案反発強く


議員協議会での議論が物別れに終わり、今後の対応を話し合う県連役員(16日、県議会庁舎で)  県議会の定数削減・選挙区割り見直し議論で、最大会派の自民が揺れている。16日の議員協議会では「合区」案への反発が強く、結論は先送りに。県連幹部は「異論は想定内」として意見集約に自信を見せるが、党内亀裂を懸念し、「衆院選後まで結論を出すべきでない」との声も出始めた。

 「自分の選挙区が合区対象だと新聞で初めて知った。事前に話があって当然だ」。議員協議会で、奥能登選出の県議は語気を強めた。批判の矛先は、各会派代表でつくる「選挙区・定数検討懇談会」会長の福村章氏。9日の懇談会で福村氏は、「珠洲市」「鹿島郡」の2選挙区を、隣接区と併合する合区案を発表した。しかし、党内でも内容を知らされていた人は少なく、“反対派”に反撃のきっかけを与えてしまった。

 能登選出の議員が反発するのは、合区が定数減につながるからだ。能登の14議席中13議席を自民が占める中、能登での定数減は自らの身を削る問題。「自分の都合だけを考えては議論が進まない」との正論も、彼らの耳には届かなかった。

     ◇

 そもそも、議論に火を付けたのは自民だ。議員を1人減らすと報酬や政務調査費など年間約1800万円の県費抑制になり、地方財政が悪化する中、「議会も行財政改革に取り組む姿勢を示す」(福村氏)狙いがある。

 現行定数46は、既に地方自治法が定める上限48より少ないが、富山県や福井県は法定上限から5〜7減らすなど、定数削減の動きは加速している。更なる削減を求める声は自民内でも大勢を占め、懇談会が今年2月に合意した「定数4減」も自民が主張した数字だ。だが、当初から「総論賛成、各論反対で、具体的な議論になれば絶対にもめる」と先行きが不安視されていた。

     ◇

 他会派の反応は冷ややかだ。第2会派・新進石川は「定数減を言い出したくせに、結局、既得権益を守ろうという議論ばかり」。友党の公明党からも「県全体のことを考えるべきで、各地域の代表という考え自体が時代遅れ」と、厳しい意見が上がる。

 人口の多い金沢市選挙区(現行17)の定数を巡っても、自民の牙城である能登の削減数を抑えるには「2減もやむを得ない」とする自民と、人口比例による「能登3減、金沢1減」の立場を貫く新進石川や清風連帯が真っ向から対立。公明も金沢2減には難色を示しており、議会の過半数を占める自民が数の力で押し切れるのかも不透明だ。

 計3時間半に及んだ16日の役員会と議員協議会。終了後、能登選出の自民の一人は「自民の混乱は他党が喜ぶだけ。衆院選を控え、党内亀裂を生むようなことはすべきじゃない」と、結論の先延ばしを訴えた。

(2009年4月18日 読売新聞)

366 千葉9区 :2009/04/18(土) 22:52:28
□2005年4月24日実施の選挙の結果
◇掛川市長選挙(静岡県)開票結果 投票率76.22%
当35292 戸塚進也(無新、65歳、初当選)
 31593 榛村純一(無新、自推薦、70歳)
※新「掛川市」は、旧「掛川市」、大東町、大須賀町が合併して誕生。今回の選挙は
初代市長を決める選挙。榛村氏は旧・掛川市長。当選した戸塚氏は元衆議院議員。

367 千葉9区 :2009/04/18(土) 22:52:50
●長野県佐久市長=長野3区=
柳田清二(39才・無新) 前県議:井出正一・元衆院議員
木曽茂(60才・無新) 元県佐久地方事務所長:現職後継、三浦市長、羽田雄一郎・参院議員、連合長野

●富山県富山市長=富山1区・富山2区=
森雅志(56才・無現1) =自民・民主・公明・社民・国民新推薦
吉田修(58才・無新) 県民医連事務局次長 =共産推薦

●静岡県掛川市長=静岡3区=
戸塚進也(68才・無現1)
松井三郎(62才・無新) 前県議

●静岡県磐田市長=静岡3区= >>243に前回選挙戦
鶴田春男(56才・無新) 前副市長・旧豊岡村長 =公明推薦:現職後継
大橋仁満(49才・無新) 元財団職員
渡部修(57才・無新) 前市議=連合静岡推薦

●静岡県伊豆の国市長=静岡5区=
望月良和(67才・無現1)
浅井邦容(68才・無新) 元広告代理店経営「独自の戦い」

368 千葉9区 :2009/04/18(土) 23:20:36
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090419k0000m010049000c.html
民主:幹部相次ぎ名古屋へ…市長選応援 「連敗」脱出狙う
 民主党が名古屋市長選(26日投開票)の推薦候補応援に幹部の相次ぐ投入を計画し、西松建設の違法献金事件による逆風をはねのけるのに躍起になっている。18日には、菅直人代表代行が先陣を切って名古屋入り。19日には鳩山由紀夫幹事長が続き、小沢一郎代表は22日にも応援に入る方向だ。

 菅氏は18日、名古屋市昭和区で、約200人を前に街頭演説を行った。「納税者の立場から税金の使い道を監視する立場に立つか、官僚が権力をふるえるから税収が多い方がいいという立場に立つかが争点だ」と訴えた。

 終了後、記者団から「事件の影響で党勢が衰えているが」と水を向けられると「(推薦候補に)当選してもらえれば元気をもらえるというプラスはある」と語った。

 小沢氏の公設秘書の起訴後、民主党は千葉、秋田の両知事選で連敗しており、名古屋市長選は党勢立て直しへ向けた正念場の戦いとなる。小沢氏は20日に福岡入りし、地方行脚を再開するなど「陣頭指揮」に意欲を示す。鳩山氏も18日、福岡県大牟田市の集会でのあいさつで「小沢代表が選挙のお願いを含めた活動を開始する。そのことによって政権交代が可能になると信じて頑張る」と強調した。【白戸圭一、佐藤丈一】

369 千葉9区 :2009/04/18(土) 23:24:10
のどかですねえ
http://www.asahi.com/national/update/0418/NGY200904180006.html
愛知・知多市長、線路のさく乗り越え行ったり来たり
2009年4月18日17時0分

 愛知県知多市の加藤功市長(67)が、自宅前を通る名鉄常滑線のさくを乗り越えて線路内を横切り、自宅の向かいにある畑との間を日常的に行き来していた。地元の住民から「危険だ」と苦情が出ており、加藤市長は「今後はやめる」と話している。

 この場所は常滑線の寺本―朝倉駅間の複線区間。列車は午前7時台のピーク時に上下19本が行き交い、空港への特急も高速で走り抜ける。線路の両側にあるさくは、高さ約1メートルで、縦方向に青い鉄棒とコンクリートの柱が交互にあり、横方向に2本の細い鉄板を通してある。

 しかし加藤市長の自宅前だけは、1本だけ青い鉄棒が抜かれ、柱の間隔が広くなっていた。さらに横方向の2本の鉄板のうち、上の1本が幅約95センチにわたって切断された上、改めて片端をボルトで留め、そこを支点に上下に動くように加工されていた。

 通る際には上の鉄板を下げ、足元のコンクリートブロックを踏み台にすれば、容易に乗り越えられる仕掛けだ。踏切はここから東西にあるが、東に約70メートル付近にある踏切を通るルートが自宅から畑へ最も近い。

 加藤市長は15日午前5時10分ごろ、自宅前に姿を現した。手で上の鉄板を下ろしてさくを難なく乗り越えて線路反対側の畑に直行。サヤエンドウなどを栽培していて、約2時間農作業をして、自宅に戻った。

 加藤市長は取材に対し、「名鉄の許可はとってないが、前からずっと通っていた」と日常的な繰り返しを認めた。畑に行くため、近くの踏切から回り道をするのがおっくうだったという。

 さくの細工は、「自分ではない。名鉄がやってくれた」と話したが、「子どもが横断をまねしたらどうする。さくの横に『立入禁止』の看板があるのが見えないのか」と怒る地元住民もいる。

 市民からの苦情は、知多署にも届いている。同署は「名鉄が『さくを壊された』と告訴すれば、器物損壊罪を問えるが、話し合いで解決できる問題だ。往来の目的が畑への通過なら、列車往来危険罪にもならない」との見解だ。

 一方、名鉄は普段の線路点検では、さくの細工に気づかなかったと説明。「個人的に頼まれても、危険性を理由に、踏切以外での往来は認めていない。ただ、さくが完成した30年前の経過は資料が残っておらず、分からない」という。朝日新聞が指摘した15日夕、針金でさくを固定し、応急処置したという。

 加藤市長は元市職員。01年に初当選し、現在2期目。3月議会で、今秋の市長選について続投の意欲を示した。

 また同市交通安全推進協議会の会長も兼任。交通事故防止に寄与したとして、2月18日、同協議会を代表し、知多署長から感謝状を受けている。(佐藤仁彦)

370 秋田2区の名無し :2009/04/19(日) 19:39:19
http://www.sakigake.jp/p/news/seikei.jsp?nid=2009041901000262
河村氏が先行、細川氏ら追う 名古屋市長選の終盤情勢
26日投開票の名古屋市長選は終盤戦に入り、いずれも無所属新人で、前衆院議員河村たかし氏(60)=民主推薦=が知名度を生かし先行、自民、公明両党の県組織が支持する元中部経済産業局長細川昌彦氏(54)が激しく追い上げている。愛知県商工団体連合会長太田義郎氏(65)=共産推薦=が後に続く。

 河村氏は衆院議員で5回当選した市中心部の地盤をベースに無党派層に支持を拡大。しかし、市民税減税などの公約に反発する民主党市議の動きは鈍く、連合愛知も推薦を見送るなど組織票は固めきれていない。

 細川氏は「市民派」を掲げ経済政策でアピール。自民党支持団体もこまめに回り、引退する現職松原武久市長の支援も取り付けた。自治労など従来は民主党系だった組織の切り崩しも狙う。

 太田氏は街頭演説などで福祉の充実を強調。共産党支持団体に加え無党派層の取り込みも図り、追撃に必死だ。

 元会社員黒田克明氏(36)は苦しい戦い。

 主要政党の相乗りが崩れ、32年ぶりに与党と野党第1党が激突。有権者の関心は高く、投票率は前回の27・50%を大きく上回りそうだ。


「激しく追う」がどれだけの差でしょうね。白票か、相手候補に投票か。

371 さんだーばー堂 :2009/04/19(日) 20:15:07
今日は富山市長選・市議選ですがそちらは大勢が判明してから。

一時は富山3区の公認争いにも意欲を見せていた夏野県議、市長選に軟着陸の模様。
ちなみに嫁の父が>>303の酒井です。

http://www.kitanippon.co.jp/contents/knpnews/20090419/21261.html
夏野氏が射水市長選出馬 後援会了承、5月表明
2009年04月19日 12:00
 自民党県議の夏野元志氏(36)=二期、射水市土合・大門=は、十八日開かれた自身の後援会役員会で、十一月の射水市長選に出馬する意志を示し、了承された。五月九日の拡大役員会で正式に表明する。
 役員会後、夏野氏と田所稔後援会長(72)が記者会見。夏野氏は「市町村合併のスケールメリットを生かした行革や事業を展開し、夢や希望を持てる市政づくりに取り組みたい」と市長選への意欲を語った。田所会長は「(出馬を)少数で決めるのではなく、手順を踏んで進めていきたいという本人の意向を尊重し、拡大役員会に諮って決定することにした」と述べた。
 射水市北野(大島)の後援会事務所で開かれた役員会には、田所会長ら約三十人が出席した。夏野氏が「やらせていただけるものなら、やらせていただきたい」と出馬への理解と協力を求め、全員が拍手で了承したという。
 五月九日の拡大役員会はJAいみず野本店で開く。各支部にも参加を呼び掛け二百人規模の集会としたい考え。
 夏野氏は東北大工学部卒。平成十五年四月に県議に初当選し現在、県議会教育警務常任委員長。
 市長選をめぐっては現職の分家静男氏(62)=無所属、一期、旧新湊市二期、射水市片口・新湊=が昨年十二月の定例市議会で、再選を目指して出馬する意向を表明している。今のところ分家、夏野両氏による一騎打ちとなる公算が大きい。

372 とはずがたり :2009/04/19(日) 22:44:05
>>371
なんと,そんな人脈が。。
非自民に食い込んだり出来ましょうかねぇ??
>ちなみに嫁の父が>>303の酒井です。

373 千葉9区 :2009/04/19(日) 23:53:33
掛川では現職戸塚落選だそうですよ!

374 千葉9区 :2009/04/20(月) 00:27:05
佐久で波乱です。あと、掛川も
●長野県佐久市長=長野3区=
☆柳田清二(39才・無新) 前県議:井出正一・元衆院議員
 木曽茂(60才・無新) 元県佐久地方事務所長:現職後継、三浦市長、羽田雄一郎・参院議員、連合長野

●富山県富山市長=富山1区・富山2区=
☆森雅志(56才・無現1) =自民・民主・公明・社民・国民新推薦
 吉田修(58才・無新) 県民医連事務局次長 =共産推薦

●静岡県掛川市長=静岡3区=
 戸塚進也(68才・無現1)
☆松井三郎(62才・無新) 前県議

●静岡県磐田市長=静岡3区= >>243に前回選挙戦
鶴田春男(56才・無新) 前副市長・旧豊岡村長 =公明推薦:現職後継
大橋仁満(49才・無新) 元財団職員
渡部修(57才・無新) 前市議=連合静岡推薦

●静岡県伊豆の国市長=静岡5区=
☆望月良和(67才・無現1)
 浅井邦容(68才・無新) 元広告代理店経営「独自の戦い」

375 さんだーばー堂 :2009/04/20(月) 01:48:11
取り急ぎです

富山市長選
森雅志(無・現)160,393
吉田修(無・新)31,479

富山市議選
第一選挙区(定数32)
岡崎信也(社・新)5,752←現職後継
五本幸正(自・現)4,991
谷口寿一(自・新)4,930←現職後継
針山常喜(無・現)4,863←民社協会
市田龍一(自・現)4,849
田畑裕明(自・現)4,750
赤星ゆかり(共・現)4,723
高森寛(自・現)4,601
堀江かず代(公・現)4,362
村家博(自・現)4,358
佐伯光一(自・現)4,316
村石篤(社・新)4,218←現職後継
島田幸男(民・現)4,181
中川勇(自・現)4,104
岡村耕造(自・現)4,093
浦田邦昭(自・現)4,091
南俊正(自・現)4,071
小沢正明(公・現)3,909
砂子阪和夫(無・現)3,909←一人会派・自民推薦
吉田勉(公・現)3,891
長尾憲二(無・現)3,858←民社協会
高田一郎(民・現)3,649
佐藤則寿(公・現)3,629
笹木豊一(自・現)3,592
原田佳津広(自・現)3,584
丸山治久(自・現)3,551
村上和久(自・現)3,542
鋪田博紀(自・現)3,516
村中隆之(民・新)3,515←石井紘基・村井宗明の秘書を歴任
高見隆夫(自・現)3,458
高田重信(自・現)3,448
中山雅之(共・新)3,421←旧富山市議
−−−−−
吉崎清則(自・新)3,391←現職後継
堀田松一(自・現)3,361
辻下孝司(無・新)1,780←NPO系
松永定夫(無・新)482←旧八尾町から立候補
吉澤剛(無・新)156←ポスター掲示なしとの現地情報

第二選挙区(定数10)
丹波茂(社・現)5,027
柞山数男(自・現)4,978
浅生幸子(自・現)4,814
浅名長在ェ門(自・現)4,439
有沢守(自・現)4,268
宮前宏司(自・現)4,188
岡本保(自・現)3,959
村山栄一(自・現)3,622
深井清作(民・現)3,505
−−−−−
植野稔(自・現)3,147
岡崎俊彦(無・新)2,938←自民推薦
大田清夫(無・新)1,971←旧大山町議
丸山隆(共・新)1,035

会派別議席
合計:48→42
自民(「倫誠」含む):34→27
民政(民主+民社協会):5→6
公明:4→4
社民:3→3
共産:1→2
市民派:1→0

376 とはずがたり :2009/04/20(月) 10:41:19
>>373
おお,キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!>掛川
昨晩は3時間しか眠らず一日にぬけんと日立・小名浜・福島を見てたので選挙結果とか気にせず直ぐに寝てしまったんですけど,これは凄い。最近は現職を落とすのは簡単ですけど良かった良かった。
今回で引退しますけど市議やってて戸塚を嫌ってて松井氏の応援してた母の説明等を交えて状況説明するとこんな感じ。
戸塚進也は前回,やることは独創的なんだけど威張ってて嫌われている棒村(旧掛川)市長の多選批判に乗って当選を果たしたけど,やることなすことダメダメで下には怒鳴るわ市民には表面的にぺこぺこするわ露骨に支援者に役職与えたり利益誘導したりしようとするわと人間性が卑しく市長の器ではなかった。既に議会で議論して決まっていたことを勝手に差し戻そうとして反撥を受け市議会の自民党系会派親和会からもあれじゃー駄目だと云う声も多かったが,伊達に現職ではなく(確か)医師会などの団体の推薦を受けて選挙に臨んだ。
対立候補の松井氏は県職出身で県議などを務めるなか自民党の誘いを断り市民派を貫く等一本気な所はあるものの朴吶としており地味で声だけはでかくてハキハキした戸塚進也に公開討論会などでは必ずしも有利に立てた訳でもなく,やたらと愛想の良い戸塚の前に市民への滲透度に不安を残す中での選挙であった。
まあ良識の勝利と云った所でしょうか。
威張ってて多選だから駄目,市長の器でないから駄目と市成立以来2回連続消極的消去法で市長を選ばざるを得なかった掛川市民ですけど松井氏が今度の市政運営に於いて積極的再選に足る人物であることを祈りたいです。

掛川市長選:松井三郎氏が初当選
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090420k0000m010148000c.html

 掛川市長(静岡県)19日投開票。元県議の松井三郎氏(62)が初当選。現職の戸塚進也氏(69)を破る。投票率は73.69%。
 確定得票数次の通り。

当40238 松井 三郎=無新<1>
 26657 戸塚 進也=無現(1)

毎日新聞 2009年4月20日 1時26分

377 とはずがたり :2009/04/20(月) 10:46:05
>>375
あざーすヽ(´ー`)/
また富山市議会も纏めなくては。。
市民派が落選したのは残念ですけど自民系の減り方が大きい(定数減の部分をもろかぶりしてる)のは自民王国富山にも風が吹き始めた一つの傍証でしょうかねぇ。

>>376
×これは凄い→○これは凄い得票差だ

378 とはずがたり :2009/04/20(月) 10:51:50
母に電話してみたけどずっと話し中でつながりゃしねー(´・ω・`)

379 千葉9区 :2009/04/20(月) 21:04:09
http://www.shinmai.co.jp/news/20090420/KT090417ATI090027000022.htm
佐久市長に前県議の柳田清二氏が初当選
4月20日(月)


 任期満了に伴う佐久市長選は19日投開票し、前県議の柳田清二氏(39)=野沢=が、前県佐久地方事務所長の木曽茂氏(60)=鳴瀬=を9300票余の差で破り、初当選を果たした。柳田氏は県内の現職市町村長で最年少。県選管によると戦後の県内市長では、1975年の岡谷市長選で林泰章氏が初当選した時の36歳に次ぐ若さとなる。任期は24日から4年。

 旧市から通算5期20年務めた三浦大助市長の引退を受けた選挙で、有権者は市政の変革を訴えた柳田氏を選んだ。柳田氏は当選後、現市政が推進してきた総合文化会館建設計画について「情報公開を行い、市民の声を聴いていく」と述べ、市民の意向を確認した上で判断する姿勢を示した。

 柳田氏は佐久市議を経て県議3期目の昨年12月、市長選への立候補を表明。県厚生連佐久総合病院(佐久市臼田)の機能を分割移転する「再構築」計画の早期実現などを訴えた。

 市内全域に設けた後援会組織を中心に活動を先行し、告示前から100回近いミニ集会を開催。合併した旧市町村ごとに具体的な地域課題と解決への取り組みを示すなど、きめ細かい運動を展開し、幅広い層に浸透した。

 木曽氏は三浦市長らの出馬要請を受け、現市政の継承を掲げて2月に立候補を表明。総合文化会館建設計画を推進し、交流人口の拡大を図ると訴えた。三浦氏や羽田孜氏後援会の推薦を受けたが、一部が柳田氏支持に流れるなど組織力を発揮できなかった。

 投票率は77・41%で、前回選の79・66%を2・25ポイント下回った。

380 千葉9区 :2009/04/20(月) 21:29:08
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20090420-OYT8T00202.htm
ミニ統一地方選 掛川市長は新人の松井氏
磐田市長も新人の渡部氏 伊豆の国市長は望月氏再選
 県内は19日、「ミニ統一地方選」の投開票日を迎え、磐田、掛川、伊豆の国3市の市長選と西伊豆、南伊豆両町の町長選、3市に袋井を加えた4市の市議選と西伊豆、森両町の町議選が行われた。合併後の街づくりや地域の活性化など身近なテーマを巡って争われたミニ統一選で有権者の負託を受けた新しいリーダーたちが、これらの課題に取り組むことになる。

◆掛川市

 市長選は、新人の前県議、松井三郎氏(62)が現職・戸塚進也氏(69)の再選を阻み、初当選した。

 松井氏は、「古い行政運営を変え、市民に信頼され、市民が参加する市政をつくろう」と訴え、市民自治活動基本条例の制定や医科大の誘致などを掲げた。母校の掛川西高校同窓生らが草の根の選挙戦を展開し、支持拡大に成功した。戸塚氏は、「袋井市民病院と掛川市立総合病院を統合した新病院を2013年春に開院させる」などと訴えたが、苦杯をなめた。

 同時に行われた市議選(定数24)の開票作業も行われ、新議員が次々と決まった。

 当日有権者数は9万2087人。投票率は市長選、市議選とも73・69%だった。

◆磐田市

 市長選は開票作業が進み、新人の前市議、渡部修氏(58)が、新人の前副市長、鶴田春男(56)と新人の元財団職員、大橋仁満(49)の両氏を破り、初当選を果たした。

 同市三ヶ野台の事務所に「当選確実」が伝わると、渡部氏は支持者らと万歳を繰り返した。渡部氏は「行政は市民のためにあることを実践したい。旧5市町の融和を図りたい。市民第一、現場第一、行動第一の職員集団をつくる」と語った。

 鶴田氏は政党支部の推薦などを得て組織型選挙戦を展開。行財政改革や市南部の医療施設不足の解消を訴えたが及ばなかった。大橋氏も支持が広がらなかった。

 同時に行われた市議選(定数30)も開票され、新議員が次々に決まった。

 当日有権者数は13万4065人。投票率は、市長選は67・22%、市議選は67・23%だった。

◆伊豆の国市

 市長選は、現職の望月良和氏(67)が新人の元広告代理業、浅井邦容氏(68)を大差で破り、再選を果たした。

 同市吉田の望月氏の事務所に「当選確実」の一報が入ると、望月氏は詰めかけた支持者らと万歳を繰り返した。望月氏は「時代に要請された仕事への対応と、財政力の強化が責務。伊豆半島の中心的役割を果たせるような取り組みをしていきたい」と決意を述べた。

 同市長選は当初、無投票との見方が強かったが、直前に浅井氏が名乗りを上げ、選挙戦に。望月氏は合併後4年間の実績と市の将来像を訴え、所属する団体の仲間の支援を受けて手作りの選挙戦で挑んだ浅井氏を退けた。

 同時に行われた市議選(定数22)も開票作業が進み、新議員が次々と決まった。

 当日有権者数は4万603人。投票率は、市長選が66・51%、市議選が66・53%だった。

(2009年4月20日 読売新聞)

381 千葉9区 :2009/04/20(月) 21:44:41
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/giin/1240149171/656
656 :無党派さん:2009/04/20(月) 02:22:50 ID:VKbmatbB
民主と愛知県労組の関係がこじれそうだな

277 名前:無党派さん[sage] 投稿日:2009/04/19(日) 10:17:44 ID:KJ7EivPC
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2009041990090921.html
杉山市議に離党勧告へ 細川氏支持で民主愛知県連
2009年4月19日 09時27分
民主党愛知県連は、26日投開票の名古屋市長選で、自民、公明両党が支持する細川昌彦さん(54)の
演説会に出席して投票も呼び掛けた杉山均・名古屋市議(52)に離党勧告する方針を固めた。
19日に緊急幹事会を開き、正式に決める。
▼ 303 名前:無党派さん[sage] 投稿日:2009/04/19(日) 10:27:04 ID:zhDj5zIq
>>277
この杉山ってのは、出身母体どかかねえ。
官公労系だと分かりやすすぎだが。
▼ 314 名前:無党派さん[] 投稿日:2009/04/19(日) 10:32:01 ID:NigJE2NY
>>303
1969年 3月
荒子小学校 卒業
1972年 3月
志賀中学校 卒業
1975年 3月
尾張高等学校(現 名古屋大谷高校)卒業
1983年 3月
名古屋市交通局に入局
1992年 7月
名古屋市交通労働組合 中央委員
1997年 7月
名古屋市交通労働組合 本部執行委員
1997年 7月
名古屋市職員労働組合連合会 中央執行委員
1999年 7月
連合愛知名北地域協議会 副代表
http://www.mc.ccnw.ne.jp/hitochan/profile.html

382 千葉9区 :2009/04/20(月) 21:48:02
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090420-00000027-maiall-pol
<名古屋市長選>細川陣営と太田陣営、河村氏との対比に躍起
4月20日12時43分配信 毎日新聞


 ◇細川陣営「破壊だけ」と批判/太田陣営「減税の恩恵」異議

 後半戦に入った名古屋市長選は19日、主要3陣営の応援に支援政党の幹部らが東京から駆け付けた。選挙戦は、あくまで減税を前面に出す前民主党衆院議員の河村たかし候補(60)と、同氏の危うさを強調し、河村氏との対比で自らの政策を訴える他陣営という構図が目立ってきた。

 「細川さんは創造の人。対抗馬(河村氏)は破壊だけで、何かを作り出すのにたけているとは思えない。国会にいる間もカットの話ばかりで、日本をどうするのかが見えて来なかった」

 自民、公明が支持する細川昌彦候補(54)の応援に現れた自民党の小池百合子元防衛相。JR名古屋駅前で河村氏の減税政策を「減税の恩恵を受けるのはお金持ち」と非難、「破壊者に名古屋を預ける勇気を持たない方がいい」と訴え、細川氏も「パフォーマンスか実現力か」と河村氏との違いを強調した。

 共産推薦の太田義郎候補(65)の応援には、同党副委員長の石井郁子衆院議員が駆け付け、中区栄の繁華街で演説した。小池氏と同じく、河村氏の市民税10%減税を「派遣切りの人や収入のない人には恩恵はない」と指摘、同氏の役人批判については「『市役所のうみを出す』と言っているが、うみをためたのは市議会第1党の民主党」と異議を唱えた。

 一方の河村氏は、この日も35キロの自転車街宣を続け、中区の商店街では大道芸人のショーに飛び入り参加するなど、得意のパフォーマンスを披露。午後には民主党の鳩山由紀夫幹事長が名古屋入りし、中心繁華街で「名古屋の総理を目指し、(名古屋を)変革させようとしている姿に感動した」と河村氏を持ち上げる演説をし、他候補に言及しなかった。【月足寛樹、丸山進、岡崎大輔】

384 とはずがたり :2009/04/21(火) 01:17:52
掛川市議会会派
=改選前=

創世会…反戸塚派の一部が自民系親和会から分裂して出来た会派

掛川市議
http://lgportal.city.kakegawa.shizuoka.jp/gyosei/shigikai/giin_01.html
議  長:鈴木 治弘
副議長:豊田 勝義 (平成21年1月20日現在)
議席番号 氏名 所属会派
01 鈴木 治弘 親和会
02 竹嶋 善彦  親和会
03 内藤 澄夫 親和会
04 (欠  員) →公明党市議(死去)
05 佐藤 博俊 創世会
06 石山 信博 みどりの会
07 戸塚 久美子 みどりの会
08 鈴木 正治 親和会
09 東堂 陽一 親和会
10 八木 宏之 親和会 反戸塚だけど会派離脱せず
11 菅沼 茂雄 親和会
12 河住 光重 親和会
13 鳥井 昌彦 創世会
14 大庭 博雄 親和会
15 狩野  恒 創世会
16 高木 敏男 親和会 高は異字体
17 高塚 昌彦 親和会
18 水谷 陽一 日本共産党掛川市議員団
19 桑原 百合子 みどりの会
20 松井 俊二 親和会
21 山本 義雄 親和会
22 加藤 一司  創世会
23 山崎 惠司 親和会 崎は異字体
24 戸塚 正義 親和会
25 大石 與志登 創世会
26 鷲山 喜久 日本共産党掛川市議員団
27 堀内 武治 みどりの会
28 水野  薫 親和会
29 雜賀 祥宣 親和会
30 豊田 勝義 親和会

385 とはずがたり :2009/04/21(火) 01:20:05

選挙:磐田市議選/袋井市議選/掛川市議選/伊豆の国市議選 告示 /静岡
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090414ddlk22010142000c.html
 ◇少数激戦106人が立候補

 磐田、袋井、掛川、伊豆の国4市で12日、市議選も告示された。4市議選を合わせた定数98に対して106人(現職74人、新人32人)が立候補を届け出た。4年前の合併時は定数計114に対して155人が出馬する乱戦だったが、今回は一転して各市議選とも少数激戦の様相となった。会派別では、無所属88人▽共産11人▽公明5人▽民主1人▽社民1人−−となった。

 競争が最も激しいのは掛川市議選で、定数24に対し28人が立候補した。そのほか、磐田市議選(定数30)に32人、袋井市議選(同22)に23人、伊豆の国市議選(同22)に23人がそれぞれ立候補した。

==============
 ■4市議選立候補者(届け出順)

 ◇磐田市(定数30−32)
虫生時彦  61 教室経営       社新
根津康広  53 党市委員長   (1)共現
岡実    61 [元]会社員  (1)無現
宮沢博行  34 [元]会社員  (1)無現
川村孝好  61 ピアノ調律師  (1)無現
高田正人  57 農業         無新
山田安邦  65 [元]旧市部長 (1)無現
西島温行  67 [元]高校教諭    無新
寺田幹根  52 [元]会社員     無新
川崎和子  49 [元]介護相談員(1)無現
鈴木啓文  71 農業         無新
八木邦雄  62 農業         無新
早川勝次  57 農業      (1)無現
中村薫   58 酒店経営       無新
八木正弘  57 織物組合理事     無新
鈴木喜文  52 党副総支部長  (1)公現
寺田辰蔵  56 [元]市教育課長   無新
増田暢之  64 [元]高校教諭 (1)無現
村田光司  61 農業         無新
稲垣あや子 54 党地区委員   (1)共現
高梨俊弘  54 党地区委員   (1)共現
小木秀市  67 NPO理事長  (1)無現
大庭隆一  66 [元]会社員  (1)無現
小野泰弘  57 党総支部長   (1)公現
河島直明  60 農業      (1)無現
野崎正蔵  45 会社役員    (1)無現
鈴木昭二  60 金物小売業   (1)無現
八木啓仁  61 労福協顧問   (1)無現
加藤文重  46 会社員        無新
松野正比呂 52 会社員        無新
玉田文江  59 [元]雑誌記者 (1)無現
加藤治吉  58 [元]消防団長 (1)無現

==============
 ◇袋井市(定数22−23)
浅田二郎  62 会社役員    (1)共現
大場正昭  44 [元]農協職員 (1)無現
高橋美博  54 農業      (1)共現
村松尚   61 農業      (1)無現
沼上賢次  60 機械部品業      公新
高木清隆  52 会社社長    (1)無現
戸塚文彦  52 会社役員    (1)無現
久保田竜平 72 [元]自治会役員(1)無現
山田貴子  61 [元]団体役員    無新
杉井征夫  65 会社社長    (1)無現
竹原和義  56 団体役員    (1)無現
寺田守   60[元]会社員      無新
芝田禮二  64 [元]PTA会長(1)無現
大庭通嘉  56 会社員     (1)無現
永田勝美  59 農業      (1)無現
佐藤省二  69 不動産業    (1)無現
兼子春治  64 [元]旧市部長 (1)無現
山本貴史  39 学習塾経営   (1)無現
広岡英一  60 会社役員    (1)無現
田中克周  58 団体役員    (1)無現
寺井紗知子 67 自治会相談役  (1)無現 =社民党籍
寺井雄二  66 農業      (1)無現
秋田稔   66 農業      (1)無現

386 とはずがたり :2009/04/21(火) 01:21:38
>>385-386
==============
 ◇掛川市(定数24−28)=08.12反市長創生会結成(5人)・あと一人加納氏が引退
窪野愛子  55 団体役員・学童保育指導員・東山口       無新 =うちのお母ん支援(次点)・市民派
加藤一司  66 呉服店経営・旭ヶ丘地盤・掛西甲子園出場投手・議長・一般質問あんませず   (1)無現 反戸塚市長派(創生会結成)・親和会分裂の口火を切る
桑原通泰  66 [元]区長会長(西郷)・労組委員長    無新
鷲山喜久  61 党市委員長・西山口   (1)共現
山本行男  56 理美容具販売・西山口     公新
大庭博雄  69 [元]会社工場長(ポーラ)・領家 (1)無現 やや戸塚派
堀内武治  66 団体役員(国鉄)    (1)無現 =旧総評系・社民党籍
松井俊二  65 洋品販売業・中央   (1)無現 
榛葉正樹  32 [元]党支部職員   民新 =榛葉議員秘書(遠い親類)・民社系石山後継
水野薫   64 農業・大東      (1)無現 戸塚市長派?
中上礼一  63 [元]会社顧問・[元]高校校長    無新 =民主系
竹嶋善彦  62 [元]会社役員 (1)無現
草賀章吉  60 [元]会社員・人口の少ない原田と原泉地盤     無新 草賀元県議(自民)の従兄弟・原谷に食い込む
梅田輝男  64 [元]区長・西山口      無新 俺の小一の時の恩師の親戚かも・戸塚市長と仲悪い?=最下位
高木敏男  69 [元]会社役員・南郷/西南郷/下俣南 (1)無現 戸塚市長派?
鈴木久男  66 農業         無新
大石与志登 63 [元]公務員(大須賀町総務課長)・大須賀・早稲田  (1)無現 反戸塚市長派(創生会結成)・親榛村(早稲田)
川瀬守弘  67 [元]JR社員・北門    共新 同級生の親爺さん。。
柴田正美  60 損保代理業      共新
佐藤博俊  67 [元]会社員・大東(国安)  (1)無現 反戸塚市長派(創生会結成)
鈴木正治  61 [元]会社役員 (1)無現 戸塚市長派(後援会長との関係)
豊田勝義  67 会社会長(金型)・原谷    (1)無現
内藤澄夫  59 農業・大須賀      (1)無現 戸塚市長派筆頭格
山崎恒男  66 農業         無新
雑賀祥宣  63 米穀販売業   (1)無現
鳥井昌彦  62 農業・大東・元議長      (1)無現 反戸塚市長派(創生会結成)
山崎恵司  70 食品小売業・吉岡   (1)無現 戸塚市長派
河住光重  73 農業      (1)無現

==============
 ◇伊豆の国市(定数22−23)
鈴木照久  62 農業         無新
鈴木幸雄  65 農業         無新
水口哲雄  60 書店経営    (1)無現
鳥居松彦  73 市都計審委員  (1)無現
萩原真琴  62 会社社長    (1)無現
天野さより 51 会社役員       無新
柳沢秀次  68 団体役員    (1)無現
田中正男  55 製造業     (1)共現
土屋源由  51 畳店経営    (1)無現
後藤真一  64 [元]小学校教諭(1)無現
古屋鋭治  54 会社員     (1)無現
渡辺俊一  61 農業         無新
三好陽子  52 主婦      (1)共現
山下孝志  58 会社役員    (1)公現
鈴木平一郎 61 農業      (1)無現
板垣紀夫  68 玩具店経営   (1)無現
柴田三智子 50 主婦         無新
水口成男  59 農業      (1)無現
土屋紀男  67 製材業     (1)無現
高橋公一  61 党副支部長      共新
秋田清   58 会社会長    (1)無現
大沢秀光  57 会社社長    (1)無現
松下善洋  72 農業      (1)無現

毎日新聞 2009年4月14日 地方版

387 とはずがたり :2009/04/21(火) 21:04:54

選挙:磐田市長選 初当選の渡部氏、旧5市町の融和に努力 /静岡
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090421ddlk22010182000c.html
 ◇一夜明け、気持ち新た 新市長に当選証書

 新人による三つどもえの戦いとなった磐田市長選(19日投開票)で前市議の渡部修氏(58)が初当選し、20日、記者会見を開いた。渡部氏は選挙戦を振り返って「合併後4年間の流れを変えたいという党派を超えた期待、応援をいただいた」と指摘。「責任の重大さを改めて感じている」と語り、表情を引き締めた。初登庁の24日は市長選での「市長公用車の廃止」の公約通り、自家用車を使う考えを重ねて示した。

 会見は市選管で当選証書を受け取った後で開かれた。渡部氏は、市の最優先課題として旧5市町村の信頼関係構築を挙げ、「胸襟を開いて本音で話し合いたい。融和に最善の努力を払う」と強調した。また「『自分たちのために磐田市がある』と市民が感じられるような職員集団をつくる」と決意を述べた。【大塚仁】

==============
 ◇磐田市長選開票結果
当 43495 渡部修  58 無新
  37780 鶴田春男 56 無新
   7143 大橋仁満 49 無新
 =選管最終発表
==============
 ◇磐田市長略歴
渡部修(わたなべ・おさむ) 58 無新(1)
 [元]市議[歴]東芝商事社員▽広告代理店業▽市立神明中PTA会長▽旧市副議長▽沼津商高

毎日新聞 2009年4月21日 地方版

388 とはずがたり :2009/04/21(火) 21:07:32
>>386 >>384

選挙:掛川市議選 開票結果 /静岡
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090421ddlk22010206000c.html
 ◇掛川市議選開票結果(定数24−28)
当 5449 榛葉正樹  32 民新(1)
当 3357 山本行男  56 公新(1)
当 3247 大石与志登 63 無現(2)
当 3177 堀内武治  66 無現(2)
当 2816 竹嶋善彦  62 無現(2)
当 2710 加藤一司  66 無現(2)
当 2642 草賀章吉  60 無新(1)
当 2534 鈴木久男  66 無新(1)
当 2448 松井俊二  65 無現(2)
当 2405 鳥井昌彦  62 無現(2)
当 2374 桑原通泰  66 無新(1)
当 2342 鈴木正治  61 無現(2)
当 2248 内藤澄夫  59 無現(2)
当 2232 水野薫   64 無現(2)
当 2122 高木敏男  69 無現(2)
当 2090 柴田正美  60 共新(1)
当 2067 豊田勝義  67 無現(2)
当 2034 雑賀祥宣  63 無現(2)
当 2029 大庭博雄  69 無現(2)
当 2028 山崎恒男  66 無新(1)
当 2004 中上礼一  63 無新(1)
当 1995 佐藤博俊  67 無現(2)
当 1905 川瀬守弘  67 共新(1)
当 1862 山崎恵司  70 無現(2)
  1785 窪野愛子  55 無新
  1783 河住光重  73 無現
  1774 鷲山喜久  61 共現
  1423 梅田輝男  64 無新
 =選管最終発表
毎日新聞 2009年4月21日 地方版

389 千葉9区 :2009/04/21(火) 21:08:52
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/mie/news/20090421-OYT8T00022.htm
市長「想定外で驚き」 尾鷲市会の不信任決議案可決
市民「役割果たすべき」
 不信任決議案を可決された尾鷲市の奥田尚佳市長(41)は20日、市議会閉会後に開いた記者会見で、「議会の決定は真摯(しんし)に受け止めるが、新年度が順調にスタートしたばかり。この時期(の可決)は想定外で、驚いた」と硬い表情で語った。議会解散については「若い人や、市議選に出たいと思っている人にチャンスを与えたい」と述べた。

 奥田市長の税理士法違反問題で、法的拘束力のない問責決議案を可決するにとどまった議会に対しては、市民からも不満の声があがっていた。奥田市長はその後も「辞職する意志はない」と語り、「次の議会に自らの減給処分を提案する」と表明していたが、実行されていない。こうした市長の発言や態度を踏まえ、村田幸隆市議(60)は「反省が見られない」として、今回の不信任決議案提案を決意したとしている。

 さらに、事前に「否決される」との観測が流れたため、多くの市民から「議会もパフォーマンスだけでなく、役目を果たすべき」との批判が寄せられていたという。一部の市議は「市民の理解を得るため、反対に回れなくなった」と明かす。

 この日の採決は、記名投票で行われた。可決されると、議場や傍聴席からは拍手が起こり、傍聴に訪れていた同市の庄司剛士さん(75)は「市長は悪いことをしたのだから、当然だと思う」と話した。

 三鬼和昭議長(58)は、3月定例会で不信任決議案が提案されなかったことについて、「新年度予算を決める大事な議会。市民生活に影響が出ると困ると思った」と説明。市長に対しては「まだ若く、政治家、税理士として未来がある。潔く、市民のことを考え、結論を出してほしい」と述べた。

(2009年4月21日 読売新聞)

390 千葉9区 :2009/04/21(火) 21:16:48
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090421000000000063.htm
議長に近藤氏選出、副議長は石上氏 静岡市議会
04/21 14:59
 静岡市議会は21日の臨時会で改選後初の正副議長選挙を行い、議長に近藤光男氏(70)=自民党市議団=、副議長に石上顕太郎氏(60)=同=を選出した。両氏は、連合系議員らでつくる第2会派「新政会」、公明などの協力を取り付け、投票総数53票のうち44票を獲得した。
 正副議長は改選前、自民系と連合系の議員らによる最大会派の静政会と、第2会派だった自民党市議団が1年ごとにポストを交換するのが慣例だった。同市議団は改選後、静政会から自民系議員を受け入れて26人の最大会派となり、両氏を候補に決めていた。

近藤 光男氏(こんどう・みつお)前大都市行財政制度調査特別委員長、元副議長。2期(旧静岡市議5期)。駿河区丸子

石上 顕太郎氏(いしがみ・けんたろう)前市農業委員、元経済消防防災委員長。2期(旧静岡市議2期)。葵区羽鳥本町

391 とはずがたり :2009/04/22(水) 14:05:38

磐田では自公直系の候補が破れて労組と市民+旧郡部の候補者が当選,掛川も自民分裂だったとはいえ元自民党衆院議員が落選と自民王国の静岡3区にも変化の波が?!

4市長・3町長選
【解説】渡部氏、人脈生かす 旧3町にも食い込む 磐田市長選
2009/04/20
http://www.shizushin.com/news/feature/local_election/419/kubicyo/20090420000000000020.htm

 労組の全面支援と個人後援会の草の根運動を両輪とした元磐田市議の渡部修氏が現市政への批判票も取り込み、自公を支持基盤とした元副市長鶴田春男氏を破った。渡部氏は旧磐田市議時代から14年間の議員活動で築いた人脈が、短期戦で生きた。
 鈴木望市長が鶴田氏を支援したため、前回市長選で鈴木市長に惜敗した旧福田町長を支援したグループの一部にも火がつき、渡部氏は旧3町にも急速に浸透した。
 連合が組織力を発揮した一方、民主は一定の距離を置いた。しかし、民主支持者の多くが渡部陣営に加わり、支持層に厚みを持たせた。
 鶴田陣営は、渡部陣営の参戦によって自民色を強めた。そのため鈴木市長後援者の間に温度差が生まれたことも、集票のマイナス要因となった。市政に新風を、と訴えた前財団職員大橋仁満氏(49)も変革を求める層から一定の票を得た。
 今回選で地域対抗色は大幅に薄まった。渡部新市政の課題は、鶴田陣営からも指摘された「国、県とのパイプづくり」といえるだろう。

【速報】磐田市長に渡部氏が初当選
2009/04/20
http://www.shizushin.com/news/feature/local_election/419/kubicyo/20090420001238.htm

 任期満了に伴う磐田市長・市議選は19日、投票が行われ、即日開票の結果、元市議渡部修氏(58)、元副市長鶴田春男氏(56)、元財団職員大橋仁満氏(49)の新人3人が争った市長選は、渡部氏が初当選した。得票数は渡部氏が43495票、鶴田氏が37780票、大橋氏が7143票。投票率は67・22%だった。

392 千葉9区 :2009/04/22(水) 23:00:10
http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20090422/CK2009042202000195.html
橘市長衆院選出馬表明 高岡市長選へ“風雲急”
2009年4月22日

市議ら候補選び始まる
『9月には新市長』 橘氏示す
 次期衆院選富山3区に高岡市の橘慶一郎市長(48)が自民公認で事実上の出馬を表明したことで、高岡市民の関心は橘市長の後釜を決める次期市長選へ一気に向いた。表明から一夜明けた二十一日現在、橘市長は辞職の時期を明らかにしていないが、自らの改選も十一月に控える市議らは新市長の候補選びに走り始めた。(加藤祥子)

 「次の市長」には既に、自民系などの一部市議から、高岡市選出の県議や経済人、官僚経験者ら複数の名が浮上。現市政を継承する“後任”に一定の見通しが立たないと、橘市長が辞職しにくいとの見方もあり、市議会の自民系二会派間や県議も含めた党市連で一本化調整を進める。

 一方、自民党以外で候補擁立の可能性もあり、予断を許さない。

 高岡市政は今、高岡開町四百年の記念事業の最中で、二〇一四年に開業する北陸新幹線の新駅整備、現JR高岡駅と周辺整備、中心市街地の活性化など重大事業も山積。政治家だけの密室での候補選びとは別に、多くの市民は、継続性のある市政をどんな新市長が引き継ぎ、成功に導けるか、不安も感じ出した。パート女性(52)=中曽根=は「誰が出るのか分からないけれど、市民を第一に考えてくれる人がいい」と力を込める。

 橘市長はこの日、市議会の五会派の代表らに、衆院選出馬の意向を固めたことを報告。十一月までの市長任期を全うできないことも伝えた。

 辞職の時期こそ明言していないが「九月十三日の高岡開町まつりは、新市長にやってもらうことになる。想定される市長選からの逆算と今からの足し算で(辞職の)おおよその時期は見えてくるでしょう」と話している。

 地方自治法によると、市長は辞職二十日前までに議長に辞職届を提出しなければならない。公選法によると、辞職に伴う市長選は、市長が辞職届を議長を通して市選管に提出してから五十日以内に行われる。

393 千葉9区 :2009/04/22(水) 23:07:52
http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000000904220004
知事候補誰が適任?
2009年04月22日
 石川嘉延知事の辞職表明から間もなく1カ月。新たな知事の候補者選びは佳境に入っているが、自民、民主ともなかなか「適任者」が定まらない。「16年ぶりの候補者選び」と「初めての独自候補」の行く先は、いずれもぼやけた状態だ。(阪田隼人、後藤遼太)






 21日、県庁で非公開で開かれた自民党の議員総会。三役から候補者選定の経過が報告されたが、具体的な名前は出てこなかった。終了後、中谷多加二幹事長は「少しずつではあるが進んでいる。5月の連休前後がめど。県連大会の18日までには必ず報告する」と語った。


 3月25日の石川知事の辞任表明直後に想定していた4月中旬は過ぎた。だが、基本路線とする「保守中道で経済に強い民間人」がなかなか見つからない。


 同党は今月に入って、県内出身で経済学を専門とする50代の大学教授に要請。民主側も呼びかけた人物で「相乗り」の目算もあったが、本人の返答は消極的だった。


 同時期に要請していた教育学専門の40代の大学教授にも断られた。現在、別の経済人に呼びかけているが、状況は不透明だ。


 ある県議は「今の知事職は色々批判も浴びるし、火中の栗を拾いに行くようなもの。政治的野心がない限り魅力ある職業ではない」と嘆く。


 そんな中、県東部を中心に現職の参院議員の擁立を求める声も広がっている。しかし、西部の経済界には否定的な見方があるとされるうえ、国会議員の擁立となれば総選挙も近づく中で民主との対立は避けられない。中谷幹事長は「現時点では選択肢にない」と否定した。


 県議の1人は「東と西で温度差が出てきた。国会議員も受けるかどうかわからない」と混迷ぶりを嘆く。






 静岡市内で10日、民主党県議や連合静岡幹部らが集まり、それぞれ個別に接触していた候補者名を持ち寄った。国会議員、現職県議、IT企業家……。様々な名前が挙がったが、一本化には至らなかった。


 独自候補を掲げる民主党県連、県議会会派の平成21と民主党・無所属クラブ、連合静岡の4者が「知事擁立会議」を発足させてはや2カ月。石川知事の辞職表明で局面が変わったとはいえ、「3月の党大会までに」「桜の咲く頃には」といった擁立の目安はずれ込む一方だ。


 候補者像は「官僚ではなく、静岡にゆかりのある人。民間でいい人はたくさんいる」(岡本護幹事長)。ある県議は「短期決戦では知名度が必要。県政にも通じているとなると、一部では国会議員の待望論も根強い」と話す。


 だが、内情を知る県議の1人は「混迷の極み」と、難航する現状を嘆く。「こちらが立てた候補に他の党が乗ってくることまでは排除しない」(同党幹部)と、自民党との相乗りを肯定する声も聞こえている。


 平成21の岩瀬護会長は20日、「ゴールデンウイーク前に決めなければならないというのは一つの筋の通った話」として、作業が待ったなしの状況との認識を示した。



    ■


 石川知事が立ち木伐採後すぐに辞表を出せば、知事選は「6月11日告示、28日投開票」か「6月18日告示、7月5日投開票」の可能性が高い。これまでに元参院議員の海野徹氏(60)が無所属での立候補を表明している。

394 千葉9区 :2009/04/22(水) 23:18:04
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090422ddlk22010224000c.html
選挙:知事選 民間人の擁立、難航 自民・民主、時期ずれ込む /静岡
 次期知事選をめぐって自民、民主両党が目指す「民間人候補」の擁立が難航している。月内擁立の方針を掲げていた自民党県連だが、21日の県議の総会で「5月18日の県連大会までに」と一気に後退。民主党県連からも「5月上旬までずれ込みそうだ」との発言が漏れる。両党とも独自候補擁立の姿勢は崩していないが、民間人候補には「政治色が薄く、相乗りしやすい」(自民県議)との思惑も見え隠れしている。【松久英子、浜中慎哉、望月和美】

 21日午前、開かれた自民党県議の議員総会。幹部は所属県議に候補者選定の状況を報告したが、具体名は示さなかった。閉会後、安間英雄総務会長は記者団に「可能性のある人に接触するという状況で、三顧の礼を尽くさないといけない」と述べた。

 24日には県内選出国会議員が東京都内で対応を協議する方針だが、関係者によると「候補者を3人に絞り込んだが、最終了承は得られていない」という。

 民主党県連も選定を進めており、幹部は「2、3人に絞られた」と話す。しかし擁立のめどは「今月13日の幹事会」との当初予定を超え、県連では「5月の大型連休前後」との見方がもっぱらだ。

 難航しながらも両党が民間人にこだわるのは、官僚出身の石川嘉延知事とは違う「新鮮さ」(県議)を重視しているためだ。さらに党派色のついていない人物なら「相乗りしやすい」(自民党県議)との事情もある。

 県議会(定数74)の構成は自民党が40人で過半数を占めるのに対して民主党系は24人。自民党サイドは「仮に民主党の独自候補が勝っても議会では少数与党だ」(県議)とけん制。民主党側も「主体的に選んだ候補者に他党が乗るのを拒む必要はない」(岡本護県連幹事長)と相乗りに含みを残す。ただ両党とも「たとえ相乗りでも先に擁立した方が主導権を握れる」との思惑から「擁立競争」に走っている。

毎日新聞 2009年4月22日 地方版

395 千葉9区 :2009/04/22(水) 23:19:58
>>375
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/toyama/news/20090421-OYT8T00179.htm
富山市議選自民現職が相次ぎ落選
社民は1、2区トップ当選
 19日に投開票が行われた富山市議選では、自民党現職候補が相次いで議席を失った一方、社民党が第1、第2両選挙区でトップ当選するなど明暗を分けた。

■市議選 改選前の定数48人に対し、33議員が所属し、約7割を占めていた自民党は、第1、第2選挙区でそれぞれ現職候補が議席を失ったほか、第1選挙区で、ベテラン市議の後継候補だった新人の吉崎清則氏(45)が、わずか30票差の次点で落選した。定数42に対し、公認候補が26議席と約62%に減らした。

 新市議の1人は「国政と市議選は全く違う」と、低迷する内閣支持率の影響は否定するが、ベテランら6人が引退し、空白となった地域を固めきれなかったことが響いたとみられる。また、ある陣営幹部は「(第2選挙区の)旧大沢野町などで自民の候補同士が票を奪い合った」と分析した。

 五本幸正・党市連支部長(72)は、次期衆院選に向け、「危機感は昨年から感じる。今回はそれを強くしたが、バネにして頑張らねば」と強調した。

 一方、社民は現職2人の引退に伴い新人2人が立候補。第1選挙区で新人、岡崎信也氏(48)、第2選挙区では現職の丹波茂氏(66)がともにトップ当選を果たした。岡崎氏は労組票、地元票に加え、一部自民支持層にも支持を広げた。丹波氏は「介護や雇用などの施策が支持された。(トップは)市民からの期待の表れ」と分析する。

 第1選挙区で1議席増やして2議席とした共産党。赤星ゆかり氏(44)は「雇用、福祉などの施策で、特に現在の市政への不満を感じた」と話す。

 また、公明は現職4人がそろって再選。民主は、衆院議員村井宗明氏(35)の元秘書、村中隆之氏(52)が初当選した。

■市長選 市長選では、森雅志氏(56)が16万票以上を取り圧勝したが、共産推薦の吉田修氏(58)も前回の共産系候補を上回る3万1000票余りを獲得。森氏の陣営は得票率アップを目標に掲げてきたが、2ポイント減の結果となった。

 森氏は20日、「市町村長選では、政策が暮らしに密着しているだけに様々な意見の人がいる。選挙を重ねるごとに得票率は下がるのは、きわめて自然なこと」と淡々とした表情。「ただ、施策を理解してもらう努力は必要だ」と述べた。

(2009年4月21日 読売新聞)

396 名無しさん :2009/04/25(土) 11:09:27
>>375>>395
http://www.kitanippon.co.jp/contents/knpnews/20090425/21419.html

森市政95%が与党 富山市議会の会派確定
2009年04月25日 08:00
 富山市議会は二十四日、会派届けを締め切り、議会構成が確定した。自民党は定数減の影響を受けて六人減の二十七人となったが、第一会派の地位を守った。次いで六人の民政クラブ、四人の公明党、三人の社民党、二人の共産党となった。共産党を除く各会派は二十一年度予算案に賛成しており、森市政の与党会派は全体の95・2パーセントを占める。同日の各派代表者会議では代表質問が行える会派を四人以上の自民、民政ク、公明党と定めた。
 最大会派の自民には、改選前の一人会派「倫誠」の議員も合流し、自民党の公認・推薦議員は全員所属することになった。定数に占める構成比は64・3パーセントで、改選前よりも4・5ポイント下がった。
 第二会派は民政クラブで、民主党の四人と県民社協会推薦の無所属二人で構成。民主の新人が当選したため、改選前より一人増えた。構成比率は3・9ポイントアップして14・3パーセント。公明党の四人、社民党の三人は変わらない。共産党は一人から二人に増えた。改選前に三つあった一人会派はなくなった。
 各派代表者会議では、代表質問が行える会派定数は四人、議会運営委員を選出できる会派定数は三人とし、どちらも従来通りとした。続いて開かれた各派世話人会では、臨時市議会(組織議会)を三十日に開くことを了承した。

397 さんだーばー堂 :2009/04/25(土) 11:12:46
すみません、>>396は私です…。

予想通りの会派構成になりました。自民会派が「森与党」でまとまっていられるかどうかが見ものです。

398 とはずがたり :2009/04/25(土) 12:34:58
>>396-397
有り難うございます。

>自民会派が「森与党」でまとまっていられるかどうか
自民内に反森の動きもある,と云う事でしょうか?

399 さんだーばー堂 :2009/04/25(土) 13:22:12
>>398
市議レベルで表面化している話ではないのですが、中心市街の都市整備にジャブジャブ金をつぎ込んでいることに対し旧町村部を中心に不満があると聞きます。市政運営自体もワンマン気味ですし。
保守系で対抗馬が出ていればそこそこ健闘したのでは、と言われています。

この先なにか目立った失政や混乱があれば、会派分裂の可能性は否定できないです。

400 千葉9区 :2009/04/25(土) 13:34:07
http://mainichi.jp/area/niigata/news/20090419ddlk15010013000c.html
選挙:十日町市長選 きょう告示 「旧十日町市VS旧3町1村」の構図 /新潟
 ◇中心部の票の行方がカギ
 任期満了に伴う十日町市長選は19日、告示される。現職で再選を目指す田口直人氏(63)と、新人で元助役の関口芳史氏(50)=いずれも無所属=による一騎打ちとなる公算が大きい。選挙戦では、県立十日町病院の再編問題などが争点になりそうだが、中心部(旧十日町市)と周辺部(旧3町1村)との対立の構図も浮かび上がる。

 前回の市長選では、田口氏が旧川西町長から立候補したのに対し、旧十日町市からは当時市長だった滝沢信一▽市議の樋口利明▽元会社役員の村山薫▽元自治相の白川勝彦の4氏が立候補、計5人による乱戦となった。

 田口氏は「周辺部が輝かなければ、中心部が輝かない」をキャッチフレーズに農村部を手堅く固めた。他の4氏は旧十日町市内で票の争奪を繰り広げた。この結果、田口氏が滝沢氏らに小差で競り勝ち初当選した。

 今回、田口氏は「1期目は中越地震の復旧・復興の4年間だった」と振り返り、「市政の継続」をアピール。「実績を評価してほしい」と再選に意欲を燃やす。

 一方、前回、滝沢氏の落選を受けて、旧十日町市助役から三条市収入役に転身した経歴をもつ関口氏は08年11月、「この時期、スピードのある市政運営が大切だ。トップの資質は的確な情報収集と決断力」と立候補を表明。滝沢、村山、白川の3氏の陣営の支援をバックに支持拡大に懸命だ。

 当落のカギを握るのは、全有権者の半数以上を占める大票田・旧十日町市の票の行方だ。田口陣営は現職の強みを生かせるか、関口陣営は支援を受ける3陣営が結束力を発揮できるかが焦点となりそうだ。【神田順二】

401 千葉9区 :2009/04/25(土) 13:51:18
>>83とか
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090422ddlk22010235000c.html
JR沼津駅鉄道高架事業:「いつまでもごねている」 市長発言に地権者反発 /静岡
 JR沼津駅鉄道高架事業の新貨物駅用地取得を巡り、反対する地権者団体が市との話し合いを拒んでいる問題で、栗原裕康市長は21日「反対は少数派だ。いつまでもごねて多数の人が少数の言うことを聞くのは民主主義のルールに反する」と批判した。地権者団体側は「ごねているのではない。双方の意見を出し合うような話し合いではないから拒否した」と強く反発している。

 栗原市長の発言は定例記者会見で飛び出した。栗原市長は会見で「土地取得に向かって粛々と手続きを踏んでいく」と強調。「話し合いの窓口は閉じていない。必要性を理解してもらい、説得しようと思っている」とも述べた。

 栗原市長は鉄道高架事業の推進を掲げて昨年10月に初当選。一方、反対派団体は今年1月「条件闘争するつもりはない」と今後の協議を拒否していた。【安味伸一】

毎日新聞 2009年4月22日 地方版

402 千葉9区 :2009/04/25(土) 19:59:58
>>211

http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090423ddlk22010275000c.html
若林・御殿場市長:「ハコもの撤廃」公約に初当選“やっぱり造る” /静岡
 ◇造成中のビジターセンター「国から補助金返還求められる」
 御殿場市の若林洋平市長は22日、国の補助金を得て建設中の観光施設について「大幅な計画変更は難しい」と述べ、前市長時代からの方針を踏襲する方針を明らかにした。若林市長は2月1日の市長選で、この施設の建設ストップなど「ハコもの撤廃」を公約に初当選した。県内の首長では最年少の37歳で「変革イメージ」が売り物だっただけに、「公約違反」との批判を浴びそうだ。

 若林市長が建設方針を維持する考えを示したのは富士山の自然などを紹介する「ビジターセンター」で、10ヘクタールの「交流センター富士山ゾーン」の中核施設。陸上自衛隊東富士演習場に近い同市印野で、木を伐採して造成工事が進んでいる。約26億円の全体事業費のうち約6割を防衛省が助成し、11年夏の完成を予定している。

 若林市長は同日、市議会全員協議会でビジターセンターについて「自然を破壊したままにはできない。防衛省の補助なしでは多額の市税の投入が避けられない」と述べ、建設を認める考えを正式に表明。ただ、施設の内容については見直す考えも示した。

 若林市長は、市長選で掲げた公約との整合性を記者団に問われ、「公約違反ではない」と反論。「計画を中止した場合、防衛省から補助金の返還を求められる確率が高い。施設自体の大幅な計画変更は難しいが、小中学生の学習に使うなど利用者を広げて運営面を見直す」と釈明した。【安味伸一】

403 とはずがたり :2009/04/25(土) 22:19:49
>>399
解説感謝です。
なるほど。筑西みたいに郡部から無党派票にもアピールできる保守系が立ったら判らなかったのかもしれないのですな。
民主も力不足でしょうか。

404 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2009/04/26(日) 20:04:26
NewsBirdで早々と河村当確。さて細川が何処まで票差を縮めますか・・・・・

405 とはずがたり :2009/04/26(日) 20:19:01
定食屋で飯喰ってましたけどほぼ零打ちでしたねー。

自治労からはほぼ入らなかったんじゃないかと思うんですけど,その辺の票の出方も分析したいところです。。

406 とはずがたり :2009/04/26(日) 21:47:01
名古屋市長に河村氏当確 民主、大型選連敗ストップ
2009年04月26日
http://kumanichi.com/news/kyodo/main/200904/20090426006.shtml

 任期満了に伴う名古屋市長選は26日投票、即日開票の結果、無所属新人の前衆院議員河村たかし氏(60)=民主推薦=が、自民、公明両党の県組織が支持する元中部経済産業局長細川昌彦氏(54)、愛知県商工団体連合会長太田義郎氏(65)=共産推薦=ら無所属新人3人を破り、初当選が確実となった。投票率は50・54%で、前回を23・04ポイント上回った。

 事実上の「与野党対決」の構図。西松建設の巨額献金事件で民主党の小沢一郎代表の公設第1秘書が起訴された後、大型選挙の千葉、秋田両県知事選で続いた民主党系候補の連敗はストップ。小沢氏の進退問題はひとまず沈静化しそうだ。政府、与党は内閣支持率や党勢の回復傾向に水を差された格好となった。

 河村氏はテレビ出演などによる高い知名度を生かし、衆院議員で5回連続当選した市中心部の地盤から支持を拡大。市民税減税などの公約に党市議らの一部が反発し、連合愛知も推薦を見送ったが、影響を最小限に食い止めた。

 細川氏は「市民派」を掲げて無党派層取り込みを図る一方、引退する松原武久市長らの支援も受けて組織戦を展開したものの、及ばなかった。太田氏は福祉の充実を訴えたが伸び悩み、元会社員黒田克明氏(36)は支持が広がらなかった。(共同)

407 千葉9区 :2009/04/26(日) 22:43:42
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/ele_mayor/list/200904/CK2009042502000244.html
公約力説、さて倹約は? 3陣営懐事情
2009年4月25日

 名古屋市長選の投開票日が26日に迫った。共産推薦の太田義郎さん(65)、民主推薦の河村たかしさん(60)、自民・公明支持の細川昌彦さん(54)は連日、街を飛び回っている。白熱する戦いに、ふと気になるのは「おカネ」。各陣営に14日間の選挙戦で使う費用の見通しを尋ね、概算をはじいてみた。 (社会部・豊田雄二郎、白石亘、奥田哲平)


■全額寄付で賄う…太田さん
 全部で1200万円。本人の持ち出しはゼロで、全額を、市民や支援団体からの寄付でまかなう。食事は、農業を営む支援者からの差し入れを中心に「野菜たくさん」メニューを炊き出しするなど、経費節約の知恵も。

 ビラ配りやポスター張りはすべてボランティア。電話作戦も支援者らの自宅で、費用も自己負担に。出費がかさむのは印刷代で「費用を抑えたいが、知名度が低い分、政策を(有権者に)届けないといけない」と陣営幹部は言う。

 マニフェストで「働く人の時給を1000円以上に」と掲げた。しかし、ウグイス嬢らの時給は「申し訳ないけど、1000円を下回る程度」。ここは公約通りとはいかなかった。

■経験物言い格安…河村さん
 ほかの2候補より格安におさまりそうなのは、衆院議員を5期務めたノウハウや経験があるから。事務所は、従来の自宅兼事務所を活用し、印刷機も自前で最新機器を備えている。

 候補者本人による「自転車街宣」を最優先し、集会もほとんど開いていない。知名度があり、費用のかかる集会を重ねても「動員に人手がかかるが、それだけの効果は見込めない」と分析する。

 定年退職したばかりの同級生がこぞってボランティアを買って出たこともあり、人件費もほとんどかからない。ただ、支援を受ける政治団体のビラ代などが120万円近くかかるため、当初目標とした「100万円以内」は断念した。

■事務所別々悩み…細川さん
 本人の強い意向で、市民派用と政党用と、事務所が別々に分かれ「財布も2つあるのが悩ましい」(自民関係者)。選挙に不慣れな市民派の支出に、自民の担当者が「お目付け役」になる。

 知名度を上げようと、ビラやはがきを大量に作成し、新聞広告にも300万円。支援団体の名簿を元に電話作戦も実施しているが「外出などで留守宅が4割超。電話代は少なくてすむが…」と担当者は複雑な表情も。

 市民派のボランティア40人には交通費や弁当代、携帯電話料金の実費支給は一切ない。昼食に訪れる近所の飲食店は、クーポン利用時の割引料金でいいからと、サポートを買って出る。

◆どう負担? 
 候補本人の自己資金や、政治団体からの繰り入れ、献金などでまかなうことになる。ただしポスターやビラの作成費、はがきの郵送代、街宣車のリース・燃料代は公費負担が認められ、1候補当たり上限は400万円。

 市選挙管理委員会は、市長選にかかる費用総額を、6億1000万円と見込む。大半は投開票日の人件費で、26日は投票所の立会人など民間も含めて延べ7000人が作業に当たる。

408 千葉9区 :2009/04/26(日) 22:45:40
>>381
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/ele_mayor/list/200904/CK2009042002000195.html
離党か除名を杉山市議に勧告 民主愛知県連が決定
2009年4月20日

 民主党愛知県連は19日、26日投開票の名古屋市長選で、杉山均市議(52)が党の方針に反し、自民・公明の支持候補を支援している問題で、緊急の幹事会を開き、杉山市議に離党か除名を勧告することを決めた。

 除名になると二度と復党はできない。ただ、こうした重い処分を下しても、杉山市議は方針を覆さない姿勢も示している。同県連は選挙終盤期の混乱を回避するため、選挙後にあらためて党本部とも協議し、処分内容や通告について議論することにした。

409 千葉9区 :2009/04/26(日) 23:11:06
949 名前: 無党派さん 投稿日: 2009/04/26(日) 22:58:14 ID:PgTXMrEn
開票99%
河村 512226 58.37%
細川 281389 32.2%
太田 72955  8.4%
黒田  6518  0.7%

ほぼダブスコ 26ポイント差の大勝利

410 千葉9区 :2009/04/26(日) 23:19:20
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090425ddlk22010143000c.html
選挙:知事選 候補擁立で柳沢元厚労相「連休明け、決めたい」 /静岡
 ◇自民国会議員と県連三役会合
 石川嘉延知事の辞意表明を受けた次期知事選に向け、自民党の県選出国会議員と県連三役は24日、東京・永田町の自民党本部で会合を開き、対応を協議した。県連会長の柳沢伯夫元厚生労働相は会合後、候補者擁立について記者団に「5月の連休明けには決めたい」と発言。会合では、民間人の擁立に展望が開けないことから「国会議員から選ぶべきだ」との意見が出されたことも明らかにした。

 柳沢氏ら県選出の衆参両院議員7人と、県連幹事長の中谷多加二県議らが出席した。県連内で出馬に意欲があると取りざたされる坂本由紀子参院議員のほか、上川陽子元少子化担当相、望月義夫元副国土交通相の両衆院議員は欠席した。

 候補者擁立の進展状況について話し合い、出席者によると「県出身の経済学者や元国会議員、県内自治体の首長ら5〜6人の具体名が挙がった」という。しかし絞り込むには至らず、県連執行部が候補者の選定作業にあたる方針を確認するにとどまった。【浜中慎哉】

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20090424-OYT8T01060.htm
知事選 民間人擁立の方針強調
自民・国会議員らが協議
 自民党の県選出国会議員らが24日、東京・永田町の党本部で知事選の候補者擁立を巡って協議した。衆参両院議員7人のほか、党県連の中谷多加二幹事長、安間英雄総務会長、渥美泰一政調会長が出席。上川陽子・元少子化相(衆院静岡1区)、望月義夫衆院議員(静岡4区)、坂本由紀子参院議員(静岡選挙区)は欠席した。

 県連会長の柳沢伯夫・元厚生労働相(衆院静岡3区)が「我々に与えられた時間はあまりない」とあいさつした後、非公開で約1時間半協議が行われた。終了後に記者会見した柳沢会長は、民間人からの擁立を目指す方針を改めて強調。「高名な経済専門家」(柳沢会長)である静岡市出身の大学教授と交渉中であることを明らかにしたが、「まだ結論は出ていない」と述べた。

 関係者によると、この大学教授との交渉は難航しているが、柳沢会長は「(擁立の可能性は)捨て切れていない」と述べ、なお交渉を続ける考えを示した。同時に柳沢会長は、短期決戦が予想されることを踏まえ、「『国会議員の中から候補者を立てることも考えなさい』という声も上がってきている。その声はだんだん強まっている」とも述べた。

 県連内には、現職国会議員のほかに、元国会議員や県内の首長を推す意見もあるという。柳沢会長は、民間人を含めて現在名前が挙がっているのは「5〜6人」と述べた。候補者擁立の時期については、「5月18日の県連大会がデッドライン。大型連休前後までに何とかしたい」と述べた。

(2009年4月25日 読売新聞)

411 とはずがたり :2009/04/26(日) 23:38:33
>>409
うひょっ,でらい大差だがー(・∀・)

412 とはずがたり :2009/04/26(日) 23:40:46
>>381>>408
まー市職労顧問だったら造叛も仕方がないですな。厳しい処分も仕方ないけど。

緑区 定数7−候補9(選管確定)=定数1増
当 13,031 加藤 武夫 60 公明 現8 党県副代表
当 10,284 杉山 均 50 民主 現2 市職労組連顧問  ←これ
当 9,515 山本 久樹 42 民主 現2 党県選対委員
当 8,915 岡本 康宏 30 民主 現2 党区青年部長
当 8,836 加藤 典子 58 共産 現2 党地区委員
当 7,522 中里 高之 42 自民 新1 参院議員秘書
当 4,466 岩本 崇宏 34 自民 新1 党県青年部役員
□ 3,227 大草 稔 64 共産 新 党地区常任委員
□ 2,663 植木 准 45 自民 新 衆院議員秘書

413 千葉9区 :2009/04/27(月) 19:49:41
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009042702000235.html
河村流に戦々恐々 名古屋市職員「給料が心配」
2009年4月27日 夕刊

 名古屋市長選の投開票から一夜明けた27日、過去最多の得票数で当選した河村たかしさん(60)は当選証書を受け取ったり、打ち合わせしたりと朝からフル回転。減税など独自の政策を掲げる「新市長」に、市職員や議員からは戸惑い、不安、そして期待の声も入り交じる。この日限りで市役所を去る松原武久市長は、現市政への批判に悔しさもにじませた。

 河村さんは職員人件費の総額1割カットを掲げる。市の職場では朝から「給料はどうなるんだろう」との話題で持ち切りに。

 出先機関の職員は「やっぱりわが身が大事。こんなご時世で多少のカットは予想したが、10%は想定外。住宅や車のローンもあり、生活設計が狂う」と不安を募らせる。

 河村さんのマニフェストを分析し、傾向と対策づくりに余念がない幹部は「国の政策との整合性もある。既存の計画を説明し、修正すべきか議論したい」と身構える。

 「公務員も生身の人間。ウミだとか、極楽だと言われればそりゃ、気分は良くない」と語るのは、市のある理事。別の幹部からは「何のために事業をやってるのか原点に立ち戻って考える良いチャンス」と前向きに受け取る声も。

 市議会では、警戒と期待が交錯している。社民党・ローカルパーティーの冨田勝三さんは、河村さんの「市民の代表である議員が反対するはずがない」という発言に「市民に迎合して泥舟に乗ってはいけない。ときには警鐘を鳴らすのが議員の役割」と話した。

 自民の渡辺義郎団長は「河村さんに投票した市民が多かった事実を真摯(しんし)に受け止めたい」としつつ「是々非々で行くが、市民税の減税と地域委員会の創設の2つは徹底的な検証が必要」とけん制することも。

 民主若手の小川俊之市議は「今までなれ合いでやっていたことも、これから一つ一つが注目される。面白くなる」と胸を躍らせる。

414 千葉9区 :2009/04/27(月) 19:50:26
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20090427ddlk23010177000c.html
’09名古屋市長選:荒波半生越え河村氏 庶民に愛され、政治家に嫌われ /愛知

当選を決め、支持者から花束を受け取る河村たかし氏=名古屋市東区で ◇歴史観で火種も
 名古屋市長に初当選した民主党前衆院議員の河村たかし氏(60)は、家業の古紙業を手伝いながら法曹界を目指し、次いで政界を目指した。落選も経験し、政党を渡り歩くなど、振幅の激しい半生を送っている。庶民から愛される親しみやすさと、政治家からは嫌われる頑迷さを併せ持つ河村氏とは、どんな人物なのか。新市長の経歴を追った。【月足寛樹】

 ■実家は古紙業

 河村氏は48年、名古屋市に生まれた。実家は古紙業を営む中小企業だった。河村氏は著書で「ワシが子供のころから偉そうにふんぞりかえっている人間が嫌いなのは、やはり『自分は頭を下げる商売人の息子だ』という考えが根底にあるのかもしれない」(「おい河村!おみゃあ、いつになったら総理になるんだ」KKロングセラーズ)と記している。

 地元の小中学校を卒業し、高校は県立旭丘高へ。一橋大卒業後、家業を継いだ。河村氏は今回の選挙演説で「フォークリフトに乗っていたころの視線は忘れない」と語っている。

 家業の傍ら、検事を目指して司法試験に挑んだが9回の失敗を重ねた。「人生やり直さねばならない人はたくさんいる。(略)今の世の中はそのような人々をサポートしてくれるのか」(前掲書)との思いから、政治の道を志した。

 ■落選を経て

 元民社党委員長の春日一幸衆院議員(故人)の私設秘書になり、83年の県議選に出馬して落選。その後、春日氏から「『迷惑になった』と追い出され」(同)、85年の名古屋市長選に出馬表明したが、春日氏らの反対に遭い断念。次は自民党から衆院議員を目指したが公認を得られず、90年の総選挙に無所属で立候補し、惨敗した。自転車街宣はこの時からだ。

 93年の総選挙に日本新党から出馬し、初当選。新進党、自由党を経て民主党に。議員特権問題に切り込み、テレビで発言を繰り返したことから人気を呼んだ。河村氏は著書の中で「小泉さんは『自民党をぶっつぶす』と言いましたが、本当にぶっつぶさなければならないのは『議員・役人天国』です」(「国破れて議員あり」徳間書店)と訴えた。

 議員立法にも積極的に取り組んだが、自身が提出した68本のうち成立したのは一本もない。市長を目指すきっかけでもあった。

 ■冤罪・歴史観

 河村氏の活動で目を引くのは、02〜03年に名古屋地検特捜部が立件した名古屋刑務所事件への取り組みだ。刑務官が受刑者の腹部に革手錠を締め付け、死傷させた事件と、受刑者のでん部に消防用ホースで放水し、死亡させた事件を「冤罪(えんざい)」と訴えている。両事件とも1審は有罪で、放水死事件は2審も有罪だが河村氏は今も「無罪」を訴えている。

 また、河村氏が著書(「おい河村!〜」)で旧日本軍の南京大虐殺について「いつの間にか『歴史的事実』にされてしまった」などと記し、歴史観が問われたこともある。河村氏は毎日新聞のアンケートでも、改憲して自衛権を明示することを主張しており、市長就任後の火種になる可能性を残している。

415 千葉9区 :2009/04/27(月) 19:52:19
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20090427ddlk23010177000c.html
’09名古屋市長選:荒波半生越え河村氏 庶民に愛され、政治家に嫌われ /愛知

当選を決め、支持者から花束を受け取る河村たかし氏=名古屋市東区で ◇歴史観で火種も
 名古屋市長に初当選した民主党前衆院議員の河村たかし氏(60)は、家業の古紙業を手伝いながら法曹界を目指し、次いで政界を目指した。落選も経験し、政党を渡り歩くなど、振幅の激しい半生を送っている。庶民から愛される親しみやすさと、政治家からは嫌われる頑迷さを併せ持つ河村氏とは、どんな人物なのか。新市長の経歴を追った。【月足寛樹】

 ■実家は古紙業

 河村氏は48年、名古屋市に生まれた。実家は古紙業を営む中小企業だった。河村氏は著書で「ワシが子供のころから偉そうにふんぞりかえっている人間が嫌いなのは、やはり『自分は頭を下げる商売人の息子だ』という考えが根底にあるのかもしれない」(「おい河村!おみゃあ、いつになったら総理になるんだ」KKロングセラーズ)と記している。

 地元の小中学校を卒業し、高校は県立旭丘高へ。一橋大卒業後、家業を継いだ。河村氏は今回の選挙演説で「フォークリフトに乗っていたころの視線は忘れない」と語っている。

 家業の傍ら、検事を目指して司法試験に挑んだが9回の失敗を重ねた。「人生やり直さねばならない人はたくさんいる。(略)今の世の中はそのような人々をサポートしてくれるのか」(前掲書)との思いから、政治の道を志した。

 ■落選を経て

 元民社党委員長の春日一幸衆院議員(故人)の私設秘書になり、83年の県議選に出馬して落選。その後、春日氏から「『迷惑になった』と追い出され」(同)、85年の名古屋市長選に出馬表明したが、春日氏らの反対に遭い断念。次は自民党から衆院議員を目指したが公認を得られず、90年の総選挙に無所属で立候補し、惨敗した。自転車街宣はこの時からだ。

 93年の総選挙に日本新党から出馬し、初当選。新進党、自由党を経て民主党に。議員特権問題に切り込み、テレビで発言を繰り返したことから人気を呼んだ。河村氏は著書の中で「小泉さんは『自民党をぶっつぶす』と言いましたが、本当にぶっつぶさなければならないのは『議員・役人天国』です」(「国破れて議員あり」徳間書店)と訴えた。

 議員立法にも積極的に取り組んだが、自身が提出した68本のうち成立したのは一本もない。市長を目指すきっかけでもあった。

 ■冤罪・歴史観

 河村氏の活動で目を引くのは、02〜03年に名古屋地検特捜部が立件した名古屋刑務所事件への取り組みだ。刑務官が受刑者の腹部に革手錠を締め付け、死傷させた事件と、受刑者のでん部に消防用ホースで放水し、死亡させた事件を「冤罪(えんざい)」と訴えている。両事件とも1審は有罪で、放水死事件は2審も有罪だが河村氏は今も「無罪」を訴えている。

 また、河村氏が著書(「おい河村!〜」)で旧日本軍の南京大虐殺について「いつの間にか『歴史的事実』にされてしまった」などと記し、歴史観が問われたこともある。河村氏は毎日新聞のアンケートでも、改憲して自衛権を明示することを主張しており、市長就任後の火種になる可能性を残している。

416 千葉9区 :2009/04/27(月) 19:57:01
地元市長選落として偉そうなこと言うな・・・
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009042700375
名古屋市長選、民主推薦も勝因=山岡国対委員長
 民主党の山岡賢次国対委員長は27日、名古屋市長選で同党推薦の河村たかし氏が勝利したことについて「河村氏のキャラクターが大きかったのは事実」と述べ、知名度が最大の勝因との認識を示した。同時に「『自民の河村たかし』なら受かってない」として、民主党の支援も影響したと強調した。国会内で記者団に語った。(了)
(2009/04/27-13:38)

417 千葉9区 :2009/04/27(月) 20:07:04
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/niigata/news/20090427-OYT8T00125.htm
十日町市長に新人・関口氏
 十日町市長選と同市議選は26日投開票され、市長選は元三条市収入役で新人の関口芳史氏(50)(無所属)が、現職の田口直人氏(63)(同)を破り、初当選を果たした。当日有権者数は5万158人、投票率は83・78%(前回84・85%)。

 選挙戦は、4年前に5市町村が合併した現市政の是非が問われ、行財政改革、新十日町病院の再編問題などが争点となった。

 関口氏は「変革」を強調。行政経費削減の加速、市職員の採用計画見直しなどによるスリム化を図る一方で、義務教育期間中の児童・生徒の通院医療費無料化などを掲げ、「元気な十日町を復活させる」と訴えた。

 関口氏は、滝沢信一・旧十日町市長のもとで助役を務めた。2005年の前回選で落選した滝沢氏のかつての支持層の応援もあり、出身地でもある旧市部の票を固めた。若者や女性層に浸透したほか、一部の旧郡部の首長経験者らの支援を受けるなど支持を広げた。

 田口氏は、「継続」を強調。国会議員や県議らの支援を受け、地元の旧川西町など旧郡部で票をまとめたが、及ばなかった。

(2009年4月27日 読売新聞)

http://mainichi.jp/area/niigata/news/20090427ddlk15010119000c.html
選挙:十日町市長選/十日町市議選 市長選、関口氏が初当選 /新潟
 ◇現職の田口氏破る
 任期満了に伴う十日町市長選は26日投開票され、新人で元助役の関口芳史氏(50)=無所属=が、現職で再選を目指した田口直人氏(63)=同=を破り、初当選した。当日有権者数は5万158人(男2万4268人、女2万5890人)。投票率は83・78%だった。

 関口氏は、証券会社勤務の経験を生かして行財政の無駄をなくし福祉の充実を図ることや、十日町復活の道筋を訴えたことが、市民の支持を幅広く集める勝因となった。

 初当選が決まると、同市高田町の関口氏の選挙事務所では、集まった支持者から歓声が上がった。関口氏は「元気で優しく、若い人が住んでくれるまちをつくっていきたい」と抱負を語った。

 敗れた田口氏は、中越地震などの災害からの復旧、復興など、1期4年間の実績を訴えたが、浸透しなかった。【神田順二】

 ■解説

 ◇市政刷新訴え、農村部浸透実る
 今回の市長選で、最大の焦点は旧4町村の農村部出身の田口氏による市政の継続か、それとも旧十日町市の都市部出身の関口氏による市政の刷新かだった。

 関口氏は前回市長選で当時仕えた市長が敗れ、同市助役から三条市収入役に転身した。その経験から「外からみると、十日町市政は混迷、迷走している」と田口市政を批判。行財政改革などを公約に掲げた。

 また、前回市長選で旧十日町市から立候補した4氏のうち3氏の支持を取りつけて都市部の地盤を固め、農村部を地盤とする田口陣営への果敢な切り崩しを図ったことが、初当選に結びついた。

 敗れた田口氏は、県立十日町病院の建設地の方針転換や、JR東日本信濃川発電所による不正取水問題への対応を巡って、市民の評価を得られなかった。【神田順二】

 ◇市議選の開票、作業深夜まで
 任期満了に伴う十日町市議選も26日、投票が行われた。今回から選挙区が全市1区となり、定数も10減の30となったが、4人上回る34人が立候補。激しい選挙戦が繰り広げられ、開票作業は深夜まで続いた。投票率は83・76%。【神田順二】

==============

418 とはずがたり :2009/04/29(水) 08:50:17
東京都から始まって,宮崎県,大阪府,千葉県に名古屋どうもなんかねぇ。。ポピュリズム的な感じというか人気投票的というか。
都立大,横浜国立大じゃ研究機関としては潰されたし,大阪府大も橋下が潰そうと目論んでいる。。名市大もやばいのかも知れない。大学は教育やってればいいのであって研究等余分だと云う考えも成り立つでしょうけど,その場合の「教育」の目標は規格品(従順なバカ)を大量に造りたいと云う事であろうし。。
とまれ民主系首長として頑張って欲しいところだに。名古屋弁丸出しもパフォとしても好ましいでねー。俺も掛川弁丸出しで頑張りたいところだけえが如何せん忘れてまっとるでかんわ。

「減税やらなんだら名港に沈められる」河村新市長訓示
http://www.asahi.com/politics/update/0428/NGY200904280027.html
2009年4月28日23時5分

 名古屋市の河村たかし新市長は28日、就任初日に350人の幹部職員らを前に訓示をした。12分間の話の中で、選挙中に掲げた公約について、「絶対に実現する」と重ねて強調した。訓示の要旨は次の通り。

 選挙中、「税金を払っとる方はどえらい苦労で、税金で食っとる方は極楽だ」と言って、気分悪くした人がぎょうさんおると思いますけど、残念ながら事実なんですね。公僕という原点を絶対忘れないように仕事して頂きたい。

 私は給料800万円になりました。「わしはどうなるんだ」と思ってみえる方がおられるかと思いますが、心配せんでもええです。市長というのは役人の延長ではない。私は市民と同じ生活をする。だから市民の皆さんの税金をどうのこうの言ったりできる。皆さんの給料うんぬんすることはございませんけど、私よりぎょうさん給料もらっとる人がようけおみえになると思いますので、そのことは頭においといてもらわないかん。それに見合う、立派な仕事をしていただければ結構でございます。

 選挙で公約を示して選ばれましたんで、ぜひ皆さんにお願いしたいのはマニフェスト、守って頂きたい。市民税10%減税、絶対にやってもらわないかん。もしやらなんだら堀川か名古屋港に沈められますので、絶対やっていただきたい。

 商売やっとる人は財源があろうがなかろうが、お客さんが「値引きしろ」と言ったら地獄の苦労で働くんですよ。ちいとでも安くて良い物を作ろうと本当に苦労する。同じ苦労を皆さんにしてもらいたい。「ろくでもない上司がおるで」いう時は直接、言って頂きたいと思います。全部私が責任取りますから。遠慮せずに言ってきてちょうだい。

 織田信長が生きとったら「ええことやるなあ」と言ってくれるような楽しい、ほがらかな、東京と大阪に勝てるような庶民の街を、名古屋をつくりますので、ご協力をお願いします。

419 千葉9区 :2009/05/05(火) 09:36:37
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090504ddlk22010109000c.html
選挙:知事選 坂本氏要請、足踏み状態に一石 自民、民間人擁立に影響も /静岡
 石川嘉延知事の辞意表明に伴う知事選を巡り、県東部の大半の首長が連帯し県選出の自民党参院議員、坂本由紀子氏(60)に立候補を要請。首長が音頭を取る異例の行動が、知事候補の選考に難航する自民党県連に波紋を広げ、民主党も含めた各政党の行き詰まり状態を変える可能性が出てきた。

 会合は2日に三島市内で行われ、御殿場、熱海両市を除く東部の9市10町の首長が出席した。知事候補には県副知事を務め「県政を熟知している坂本氏が最適だ」と一致。その後、伊東市の佃弘巳市長らが坂本氏に直接会い、立候補を促した。坂本氏は「熟慮させてもらいたい」と返答したという。

 自民党県連は幹部を中心に、民主党などとの相乗りも視野に経済学者などの民間人と交渉してきたが、相手側に断られるなど難航している。一方、坂本氏の地元、三島市を含む東部では、県議らから坂本氏を推す声があったが、中谷多加二幹事長が「選択肢にない」と否定していた。

 今回の要請について会合に出席した首長の一人は「このままでは(坂本氏が)手を挙げる機会をなくてしまう」と話し、立候補への環境作りを強調する。これに対し、中谷幹事長は「一つの地域の声として受け止めるが、民間人擁立の方針は変わらない」と話す。

 ただ、東部の首長が連帯した動きを「無視できない」と見る向きもある。ある自民党県議は「民間人を立てた場合、東部の市町から支援がどこまで得ることができるか」と影響を懸念する。

 今のところ、知事選に立候補を表明しているのは、元参院議員、海野徹氏(60)=無所属=だけだ。【浜中慎哉、松久英子】


http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20090502-OYT8T01047.htm
坂本参院議員に知事選出馬要請
県東部首長 本人「誠実に対応」


坂本由紀子参院議員



坂本参院議員への出馬要請を決めた県東部首長の会合(2日正午、三島市内で)  県東部の市町の首長が2日、三島市内で会合を開き、石川知事の辞職表明に伴う知事選について、三島市出身の坂本由紀子・自民党参院議員(60)(静岡選挙区)に出馬を要請することを決めた。会合に出席した大橋俊二・裾野市長が同日午後、坂本氏に会合での決定を伝えて出馬を要請。坂本氏は即答を避け、熟慮する考えを示した。

 会合は、佃弘巳・伊東市長や鈴木尚・富士市長らが県東部11市10町の首長に呼びかけ、急きょ開催が決まった。御殿場、熱海両市を除く9市10町の首長が出席し、非公開で約2時間協議した。

 終了後、大橋・裾野市長ら5首長が記者団の取材に応じ、会合の内容を説明した。「知事選の候補者は、県政全般に知識のある人でなければならない」との意見が多く出され、本県で副知事を務めたこともある坂本氏に出馬を要請することを全会一致で決めた。ほかの人の名前は挙がらなかったという。この後、大橋市長が三島市内の坂本氏の後援会事務所を訪れ、知事選に立候補するよう口頭で要請した。読売新聞の取材に対し、坂本氏は「大変ありがたい話だが、今しがた受けたばかりの急なことなので、十分に熟慮し、誠実に考えたい」と語った。

 今回、東部の首長が「知事選の候補者選びは本来私たちが主導することではない」(佃・伊東市長)にもかかわらず坂本氏の擁立に動いた背景には、自民、民主両党の候補者選考作業が難航するなかで、候補者選びに先鞭(せんべん)をつけることで知事選全体の流れをつくり、政令市のない東部が選挙後に県政運営全般にわたり発言権を確保したいとの狙いがあるとみられる。

 会合終了後の説明で佃・伊東市長は「次の知事は誰かということが市政、町政運営に影響がないということはない。まず坂本氏に私たちの気持ちを伝えていくことが自民県連や各種団体への刺激になるだろう。そこからどうなるのかを見極めないといけない」と述べ、坂本氏擁立の機運が高まることへの期待を示した。

 坂本氏は県立沼津東高校、東京大法学部を卒業し、旧労働省に入省。静岡県副知事(1996年4月〜99年7月)、厚生労働省職業能力開発局長などを経て、2004年7月の参院選静岡選挙区で初当選した。現在、参院予算委員会理事、自民党参院国会対策副委員長などを務めている。

(2009年5月3日 読売新聞)

420 千葉9区 :2009/05/05(火) 09:37:00
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20090505-OYT8T00135.htm?from=nwlb
知事選候補2人に絞る
自民県連「1週間ほどで決定」
 自民党県連の中谷多加二幹事長は4日、石川知事の辞意表明に伴う知事選について、党としての候補者が2人にまで絞り込まれたことを明らかにした。党県連は近く選対小委員会を開き、最終調整を行う。

 党所属の県選出国会議員と県連三役は4日、静岡市内で会合を開き、知事選への対応を協議した。県東部の首長らが2日、元副知事の坂本由紀子・参院議員(60)に出馬要請した新たな動きを受け、出席した5人の国会議員が、中谷幹事長らから候補者の選考状況について説明を受けた。

 終了後、中谷幹事長は読売新聞の取材に対し、「民間の経済人を軸に進めてきた候補擁立の方針に変わりはない」と語った。ただ、別の県連幹部は坂本氏について「選択肢の中の一人」と述べており、自民の候補者擁立作業は、民間の経済関係者と坂本氏の2人に絞り込まれたとみられる。

 候補者決定の時期について、中谷幹事長は「民間人の擁立作業は進み、時機を見計らっている状態。(候補が決まらず)しびれを切らせた人もいるようなので、(今後)1週間ほどで決定したい」と述べた。

(2009年5月5日 読売新聞)

421 千葉9区 :2009/05/05(火) 09:37:44
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2009050402000129.html
全24人が“不信任派” 西尾の新市議決まる
2009年5月4日 朝刊

 愛知県西尾市長の中村晃毅被告(71)=受託収賄罪で起訴=の議会解散による市議選(定数24)は3日、投開票され、新市議24人が決まった。

 当選者の内訳は、解散で任期を約1年9カ月残して失職した前職19人と、元職1人、新人4人。党派別では無所属20人、公明2人、共産2人。投票率は69・31%で、過去最低だった2007年1月の前回(69・17%)をわずかに上回った。

 今回の市議選は、拘置中の中村被告が自身の不信任決議案を可決した市議会に対し、「辞職は罪を認めたことになる」と無実を主張し、議会解散で応じたことから行われた。新しい市議により今月下旬に臨時議会が開かれるが、中日新聞が市議選告示前に実施したアンケートでは、当選者の全員が中村被告の不信任決議案に賛成する意向を示しており、不信任決議案が再提出、再可決されて中村被告の失職による出直し市長選が行われるのは必至の情勢だ。失職翌日から50日以内に行われる市長選は、6月下旬から7月上旬が有力視されている。

◆榊原県議、出直し市長選出馬へ
 中村被告が失職した場合に行われる出直し市長選に、愛知県西尾市選挙区選出の現職県議、榊原康正氏(69)が立候補の決意を固めたことが3日、分かった。

 榊原氏は中日新聞の取材に「市長の逮捕以来、市民は肩身の狭い思いをしている。1日も早く信頼回復を図り、市と議会を再生するために決意した」と述べた。出馬意思は既に支援者らに伝えたという。次期市長選への出馬を明言したのは榊原氏が初めて。

 榊原氏は1995年3月の県議選に初当選して以来、4期連続当選。今年4月まで民主党県議団長を務めた。

422 千葉9区 :2009/05/05(火) 09:51:33
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20090428/CK2009042802000006.html
2会派統合「自民みらい」に 県議会、民主最大会派に匹敵
2009年4月28日

 県議会の自民系会派の「自民・無所属議員団」と「県政みらい」が27日、合併して新会派「自民みらい」を結成した。メンバーは21人で、民主系の最大会派「新政みえ」(23人)に匹敵する規模となる。

 自民系会派はこれまで、分裂や統合を繰り返してきた。新会派の団長に就いた山本勝氏(桑名市・桑名郡選出、3期)は県庁で会見し、「議会改革を進める中で、両会派の考え方の差が縮まってきた。過去のしがらみを乗り越え、未来志向で県民に信頼される議会づくりに取り組んでいきたい」と述べた。

 山本団長のほか、会計責任者に前野和美氏(津市選出、2期)、議会対策委員長に水谷隆氏(いなべ市・員弁郡選出、2期)、政策委員長に貝増吉郎氏(桑名市・桑名郡選出、3期)を選んだ。

 県議会の会派構成は自民みらい、新政みえのほか、共産党(2人)、公明党(2人)、「想造(そうぞう)」(1人)となった。 (平井一敏)

423 千葉9区 :2009/05/05(火) 10:12:13
>>413-415とか
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090504-OYT1T00738.htm
「そのたび右往左往」の1週間…河村流に名古屋市幹部グチ
 名古屋市の河村たかし市長(60)が就任してから4日で1週間。

 新市長はこの日も休日返上で、国の登録有形文化財を視察するなど、精力的な活動を続けた。従来の地方行政の枠組みにとらわれない目まぐるしい展開に、市職員や市議からは早くも戸惑いの声が上がっている。

 午後3時、同市中区の堀川沿いにある昭和初期のビル「旧加藤商会」を視察した河村市長。母校・旭丘高校(同市東区)の校舎建て替えの際、自らの体と校舎を鎖で結んで反対した経験を持つだけに、「こういう建物を残さないかん。名古屋城本丸御殿ばっかりじゃない」と述べ、古い建造物を守る条例案を6月定例会に提案する考えを示した。

 市長公用車のトヨタ「センチュリー」の売却、名古屋弁を子供たちに教える「名古屋ことば探検室」設置、市役所への市民税減税と地域委員会の垂れ幕設置など、選挙で掲げた政策を次々と打ち出している。

 さらに、就任初日の28日には従来、非公開だった幹部会を報道陣に公開。局長ら幹部に対し、「テレビや新聞のカメラの向こうには、市民がいることを忘れないでほしい」と述べ、今後も原則として公開する方針を示した。

 市の幹部は「普通は政策を煮詰めてから発表するが、市長は初めにアイデアをぶち上げて既成事実化する。そのたびに右往左往している」と話し、別の幹部は「政策を実現できなければ、われわれも堀川(名古屋市中心部を流れる川)に捨てられるのか」と冗談とも本気ともつかない言葉を口にした。

 市議会で野党となる自民党市議団の一人は、「パフォーマンスにはパフォーマンスで対抗したいが、それも難しい。このまま市長のペースに乗るわけにはいかない。時間をかけて、われわれと議論するべきこともあるのではないか」と話す。

 周囲の戸惑いをよそに、河村市長は「改革にはスピードが大切。4年とか8年とかでは話にならん。商売だったら半年がせいぜい。休んどる暇はない」と意欲満々だ。5日も見直しを掲げる「4大プロジェクト」の一つ、モノづくり文化交流拠点の予定地となっている名古屋港金城ふ頭を視察する。

(2009年5月4日22時35分 読売新聞)

424 千葉9区 :2009/05/05(火) 10:32:02
http://www.asahi.com/politics/update/0428/NGY200904280026.html
止まらぬ河村節、肝いり垂れ幕は「邪魔」撤去 名古屋(1/2ページ)

 名古屋市の河村たかし市長(60)は就任初日の28日、市幹部、職員、市議会と、あいさつの場に3回立ち、いずれも「絶対に」と公約の実現への決意を繰り返した。ただ、51万票を背負って意気込む河村氏と対照的に、市議や職員の鈍い反応が目立った。(井上未雪、太田航)

 午前8時15分 自宅そばの「古出来町」バス停から市バスで出勤。到着した市役所前では、300人の職員が拍手で迎えた。握手を求める職員もおり、笑顔の新市長。

 午前9時半 市の局長や副市長が参加する幹部会を前に訓示。市民税10%減税を「絶対実現します」と断言した後、実現するための節約策について「みなさんにお任せします。市から渡された事業書を見ると全部必要になってしまう」と話すと、すかさず、住田代一副市長が一言。「必要だからやっています」

 午前10時 幹部職員ら350人を前に「もし(公約を)やらなんだら堀川か名古屋港に沈められますので、絶対やっていただきたい」と念押し。

 午前11時 議会で所信表明。ここでも「絶対に」を強調。上園扶佐江議長からのお祝いの言葉は「世界は未曽有の金融危機にあり、堅調に推移していた経済状況も急速に下降しています」と、260億円の財源が必要と言われる減税施策への牽制(けんせい)ともとれる発言。あるベテラン市議は「弱腰だとか、河村氏への攻撃だとか、市議はみんないろんなこと、言っとるよ」。

 午前11時40分 新市長が市議会各会派の控室へのあいさつ周り。自民党で河村氏と幹部が押し問答。河村氏が「中入って顔出さんと。一言ぐらい言わせてくれ」と言うと、桜井治幸団長が「みんな飯食べとる。もう聞いたでいいがや」とシャットアウト。

 正午 正面階段に「日本減税発祥の地ナゴヤ」「日本民主主義発祥の地ナゴヤ」と長さ約10メートルの垂れ幕2本がかけられる。選挙期間中は市役所本庁舎外壁へ垂らすと公言していたが、「垂れ幕はかけない」との官庁街の申し合わせがあると説明を受け、役所内にとどめた。夕方には「避難経路上にあり、邪魔になる」などの理由で外された。

     ◇

 この後、河村氏は報道機関などへのあいさつ回りやテレビ局の取材をこなした。

425 千葉9区 :2009/05/05(火) 21:05:12
http://chubu.yomiuri.co.jp/tokushu/ngo_election/ngo_election090427_1.htm
始動 河村市制 (上)河村改革に最多51万票

 32年ぶりに与野党の“ガチンコ対決”となった名古屋市長選は、「市民税の10%減税」を柱とする行財政改革などを訴えた前民主党衆院議員の河村たかしさん(60)が、市内のすべての区で他の候補に大差をつける圧倒的な強さで制した。「総理を狙う男」をキャッチフレーズに、党代表選へ挑戦すること6回。党内で推薦人が集まらず、一度も出馬できなかった河村さんだが、還暦を機に転身した市長選で、高い知名度を武器に“名古屋の総理”の座を射止めた。公約の減税を実現するには、市議会や市役所、さらには国との綱引きも予想されるが、51万を超える過去最多の得票は、河村さんの大きな後ろ盾になりそうだ。

 「どえりゃあ、うれしい。今回は『河村さん、期待しとるでよ』という声が多かった。役所にたまった税金を庶民に取り戻す。これから日本が変わっていく」

 26日午後9時15分、名古屋市東区古出来の事務所前。当選確実の一報を受け、河村さんが両手を上げて何度もジャンプし、喜びを爆発させると、支援者から大きな拍手が起きた。

 告示からの14日間、自転車で市内315キロを駆け抜けた河村さんは、日焼けした顔をほころばせ、「まずは減税。絶対にやりますよ。できなかったら(私を)堀川か名古屋港に放り込んでくれ。議会も庶民から選ばれているんだから、賛成しなかったらおかしいでしょう」。トレードマークともいえる独特の名古屋弁でまくし立てた。



 バンザイから1時間後、西区のホテルで開かれた記者会見で、“河村節”はさらにヒートアップした。「市民税は6月議会で条例改正案を出したい。コンピューターの数字をなぶるだけでできると聞いとるよ」。自信満々に話すと、おもむろに立ち上がって、胸にしのばせていた垂れ幕を誇らしげに見せた。

 胸の高さほどの垂れ幕には、「日本減税発祥の地ナゴヤ」「日本民主主義発祥の地ナゴヤ」と書かれていた。「この2本を市役所の玄関に掲げる」と宣言し、「垂れ幕に税金は使わんよ。カンパで30万円集める」とうれしそうに話した。

 一方、記者団から高い投票率と大量得票の感想を聞かれると、「それだけの期待をかけていただき、ありがたかった。言ったことは必ずやります」と笑顔から神妙な表情に変わった。



 対立候補に大差をつけて勝ち、千葉、秋田両県知事選で連敗していた党のピンチを救った河村さん。事務所でバンザイの様子を見守った同党県連の杉岡和明幹事長は、「連敗を止めたのは大きい。西松建設の違法献金事件はあったが、政権交代を望む国民の意思は変わっていない」と安堵の表情を見せた。

 だが、河村市政の与党となる民主党市議団の吉田伸五団長は、「大勝で、われわれの話に耳を貸さなくならないか心配だ。河村さんが、やりたいことを市民にきちんと伝わるよう、市議会でも議論を尽くすことが大切だ」と表情を引き締めた。同市議団の選対本部長でありながら事務所に姿を見せなかった奥村文洋議員は、「これだけの支持を受けたのだから、河村さんの考えは尊重する。だが、意見が異なる部分はまだあり、必要な場合はブレーキ役を務める」と、“独走”を警戒した。



 党内に波紋を起こして出馬した名古屋市長選で強さを見せた河村さん。選挙戦で掲げた公約をどう実現させていくのか。河村市政の展望と課題を探る。



(2009年4月27日 読売新聞)

426 千葉9区 :2009/05/05(火) 21:05:55
http://chubu.yomiuri.co.jp/tokushu/ngo_election/ngo_election090428_1.htm
始動 河村市制 (中)職員の抵抗 どう対処
マイク握り「協力してちょうよ」

 初当選から一夜明けた27日、午前中に名古屋市役所で当選証書を受け取った河村たかしさん(60)は午後0時半過ぎ、自転車に乗って再び市役所前に現れた。おもむろにマイクを握ると、市庁舎に向かって呼びかけた。

 「(選挙戦で)税金で食っとる方が極楽だと言ってきた。色々と思う方はおられるだろうが、事実であることは間違いない」

 昼休みに庁舎から出てきた市職員らは、声の主に驚き足を止めると、遠巻きに耳を傾けた。選挙戦で聴衆が沸いた決めぜりふに、若手職員は「先が思いやられます」と顔をしかめた。

 河村さんの声は庁舎内にいた幹部の席にも届いた。「マニフェストだけでは分からない部分も多い。これから詳しい話をうかがっていきたい」。幹部は努めて淡々と話した。



 6期24年にわたり、市長は市役所出身者が務めてきた。長年、幹部職員も国や県から受け入れていない。そこに、市民税減税や職員人件費の総額10%削減を掲げる河村さんが乗り込んでくる。

 27日で任期を終えた松原武久市長は、元中部経済産業局長の細川昌彦さん(54)を支援し、河村さんの減税などを批判したが、幹部を含めた大半の職員は冷静に選挙戦を見守っていた。

 各候補のマニフェストが出そろった4月上旬、各部局の総務課長が会議室に集まり、内容の分析を開始した。河村さんが優勢との見方が強まると、「市民税10%減税の課題」とする内部文書を作成し、減収分に相当する250億円の財源探しを始めた。

 河村さんは選挙期間中から、「減税は絶対に実現できる。早ければ6月定例会に提出したい」と自信満々に繰り返した。それは、財政局幹部の一人が「書けと言われれば、条例改正案は6月議会にも間に合います」と、河村さんの陣営に伝えていたからだった。



 だが、公務員批判を繰り返してきた河村さんへの抵抗、警戒感は根強い。河村さんは選挙戦中盤には、「市長給与を現在の約3分の1の年間800万円に引き下げる」と明言し、職員給与削減に向けて先手を打った。

 職員約8000人が加入し、市長選では愛知県商工団体連合会長の太田義郎さん(65)を推した名古屋市職員労働組合の中川悟書記長は、「市民サービスの水準を維持するためにも、職員の労働条件を守る必要がある」と主張する。

 約4000人が加入する自治労名古屋市労働組合の上野勉執行委員長は「職員の仕事を実際に見ているのかという思いはある」と、河村さんの姿勢を疑問視したうえで、「最終的には新市長と組合の話し合いが大切だ」と話した。

 河村さんが政策を実現するには、約2万7000人の職員の協力が不可欠だ。市役所前での演説を河村さんはこう締めくくった。「面白い名古屋をつくって、市役所のみなさんにも働きがいのあるようにします。協力してちょうよ」



(2009年4月28日 読売新聞)

427 千葉9区 :2009/05/05(火) 21:06:36
http://chubu.yomiuri.co.jp/tokushu/ngo_election/ngo_election090429_1.htm
始動 河村市制 (下)「減税」51万票の重み
「反対できん」確信に

 「51万4513人のみなさんにご信任いただいて名古屋市長になりました。市民のみなさん、チャンスを与えていただいて、本当にありがとうございます」

 28日午前11時、名古屋市議会の議場で、河村たかし新市長(60)が就任のあいさつを始めた。市が用意した原稿は断り、自らが市政にかける思いと「市民税減税」などの政策について、議場の議員や傍聴の市民に向かって、そらで語った。

 あいさつが、公務員批判に及ぶと、「おまえさんも税金で食っとったろう」とヤジも飛んだが、気にする様子もなく続けた。「市長は庶民の代表。偉い人じゃない、友達、仲間ですから。市民のみなさん、議員のみなさんと一緒になって、魅力のある名古屋をつくっていきましょう」



 河村市長誕生の結果、民主は与党に、対立候補を支援した自民と公明、共産が野党になる。市議会の定数は75。民主系市議は28人の少数与党に過ぎない。

 逆に自民は選挙直前に2会派が合流して23議席となり、公明の14議席と合わせると37議席で過半数にあと1議席に迫る。さらに、河村市長の推薦決定過程に不満を持つ民主市議もいたことから、「河村市長になっても、民主市議の一部を取り込めば、過半数をとれる」(自民党市議団幹部)ともくろんでいた。

 「財源確保が難しい中、将来の世代に負担を強いる減税は絶対に受け入れられない。不信任案の提出もありうる」。同市議団幹部らが選挙期間中に見せていた強気な姿勢も、「過半数をとれる」という読みからだった。事実、選挙後に民主市議の1人が民主党市議団に対し離団届を提出した。



 だが、河村市長の51万もの得票数は、こうした自民、公明の思惑を吹き飛ばした。自民党市議団の桜井治幸団長は、「過去最多得票の重みは無視できない。減税についてもその内容次第で、是々非々に対応するしかない」と話す。公明党市議団の一人も「あれだけの票を取られれば正面から反対はできない。市民税を支払っていない年金生活者や、低所得者への配慮を求めていく」と軟化してきた。

 新市長の約15分間の演説が終わると、与党の民主市議だけでなく、自民議員の一部からも拍手が起きた。

 河村市長は選挙戦の前から「市議会は減税に反対できない」と自信たっぷりに話してきたが、就任あいさつでそれは確信に変わっていた。議会でのあいさつ、松原武久前市長との引き継ぎを終えた新市長は、「わしがやろうとしとるのは革命だから。そんなに簡単に賛成してもらったら、つまらんじゃないですか」と不敵な笑みを見せた。

(この連載は、小山内晃、館林千賀子が担当しました)



(2009年4月29日 読売新聞)

428 とはずがたり :2009/05/07(木) 17:57:33
>この民間人は伊東市生まれ。政府系金融機関の幹部を務め現在、この機関の系列にあるシンクタンクの理事長を務めている。
誰っすかね,これ。

県知事選 民主との相乗り擁立不調 自民県連
05/07 14:50
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090507000000000018.htm

 自民党県連は6日、次期知事選に向けた選対小委員会を静岡市内のホテルで開いた。柳沢伯夫会長ら執行部が、2人に絞り込んだ擁立候補のうち、伊東市出身の民間シンクタンク理事長(62)に擁立作業を1本化し、民主党側との相乗り候補としたい考えを提示したが、協議は紛糾。同党の知事選候補は、坂本由紀子参院議員(静岡選挙区)に絞り込まれる見通しとなった。
 柳沢会長は坂本氏擁立について「決まりということではない。(総選挙を控えた)同僚の衆院議員に確認をしたい」とした一方、「問題点、ハードルはない」とも述べた。18日の県連大会までに選対委員会、総務会を開催し、知事選候補を最終決定する。
 坂本氏は6日、島田市内で市民団体から知事選への出馬要請を受けた後、取材に対し「大変ありがたい。名誉なこと」と述べたが、出馬の明言は避けた。
 選対小委には柳沢会長、副会長の坂本氏と原田令嗣衆院議員、県連常任顧問ら県議19人が出席。会議後、会見した柳沢会長によると、民間人の擁立が不調となった要因は、知名度不足と坂本氏を推薦する地域の動きの2点という。民主との相乗りを目指す執行部の姿勢にも異論が出た。坂本氏は席上、「県民に分かりやすい形で知事候補を選んでほしい」と発言し、途中退席した。
 民間人の擁立交渉を行ってきた中谷多加二幹事長は、会議後「(自民県議団は)40人もいて、いろいろな考え方がある。(どちらの候補なら)勝てるかどうかの認識は一致しなかった」と強調した。

相乗りとん挫で候補決定見送り 民主県連など4者会議
2009/05/07
http://www.shizushin.com/news/feature/tijisen/news/20090507000000000020.htm

 民主党県連と県議会の平成21、民主党・無所属クラブの両会派、連合静岡は6日、静岡市内で知事選への候補者擁立に向けた4者会議を開いた。
 自民党県連が出馬要請していた民間人(62)について、民主側が自民に先んじて接触してきた経緯を踏まえ、“相乗り”での擁立を協議した。しかし、別会場で並行して開かれていた自民党県連の選対小委が紛糾したとの情報が入り、この民間人擁立が困難になったと判断、候補者決定を見送って閉会した。
 出席者の1人は「自民側に坂本由紀子参院議員擁立の声が強かったということ。(この民間人擁立の)可能性はもうないだろう」と述べた。

候補2氏に絞り込み 自民県連が国会議員会合
2009/05/05
http://www.shizushin.com/news/feature/tijisen/news/20090505000000000014.htm

 石川嘉延知事の辞職表明に伴う次期知事選に向け、自民党県連は4日、県選出国会議員会合を静岡市内のホテルで開いた。県連執行部が、候補者擁立作業で民間人の絞り込みを進めている経緯を説明。一方、県東部地区19市町の市町長が同党参院議員の坂本由紀子氏(静岡選挙区)に出馬を要請したことについて柳沢伯夫県連会長(衆院3区)は「有力者の意見として受け止めている」と述べ、同党の知事選候補者は事実上、2氏に絞り込まれた。
 県連は6日に選対小委員会を開催する。今月中旬に開く選対拡大会議や総務会を経て、候補者を最終決定したい考えだ。
 会合には、柳沢会長ら県選出の衆参国会議員5氏のほか県連三役、議員秘書らが出席した。執行部は「政党人でない、経済に識見の高い」(柳沢会長)民間人(62)の擁立作業が最終段階を迎えていると説明した。これに対して出席した議員からは「坂本氏に早期に決めるべきではないかとの声が党支持団体からも出ている」との声も上がった。
 これまでの静岡新聞社の取材では、この民間人は伊東市生まれ。政府系金融機関の幹部を務め現在、この機関の系列にあるシンクタンクの理事長を務めている。民間人には、自民党に先立ち民主党の県選出国会議員も接触している。
 会合後、記者団の取材に応じた柳沢会長は「(出馬を要請している民間人は)各政党の意向を含め全体の動きを見てくれていると思う。(出馬に)前向きになることを期待している」と強調。一方で、県東部の首長の意向もあり「どう調整するかが問題だ」と述べた。

429 とはずがたり :2009/05/07(木) 18:00:51
知事選、6月中旬告示が有力 空港完全運用めど立たず
2009/04/16
http://www.shizushin.com/news/feature/tijisen/news/20090416000000000020.htm

 静岡空港の立ち木問題解決の日程が固まったことで、石川嘉延知事の辞職表明以降、候補者選びに入っている県議会会派の自民党や平成21は15日、知事選の日程を想定しながら会合などを重ねた。県空港部は滑走路2500メートルによる完全運用に向け、支障物件除去の作業準備に入った。「国の検査にどの程度かかるか不明で、完全運用がいつ始まるか、現段階では見通しは立っていない」としている。
 支障物件の除去作業が5月17日に終了し、現地測量で完全除去が確認されれば、石川知事は辞職願を県議会議長に提出。議長が県選管に辞職願の受理を通知してから50日以内に知事選が行われ、告示は6月11日(投開票は28日)か同18日(同7月5日)が有力という。
 自民党県連の中谷多加二幹事長は「選考中の候補は5人程度。保守中道で役人でなく、民間発想の方が望ましい」と強調した。平成21は会派の議員総会で、執行部が候補者選考経過などを報告。岩瀬護会長は「他党派などと駆け引きをしている暇はない」と独自候補擁立の姿勢をあらためて示した。
 空港部によると、支障物件除去の後、完全運用にはさらに数カ月間かかる。暫定運用で使用を断念した計器着陸装置の一部について、国土交通省の飛行検査に合格すれば、県は世界中の航空関係者に完全運用を通知する航空路誌(AIP)への登載を同省に依頼する。
 AIPは28日ごとの発行。完全運用が登載されたAIPの発行後、次の発行日が完全運用の開始日となるため、開始日の候補は9月24日、10月22日、11月19日などとなる。

市民団体などが坂本氏に出馬要請 志太榛原地域
2009/05/07
http://www.shizushin.com/news/feature/tijisen/news/20090507000000000019.htm

 志太榛原地域などの市民グループ22団体と中小零細企業の経営者ら20人が6日、自民党の坂本由紀子参院議員(静岡選挙区)を迎えて集会を島田市内で開き、知事選への出馬を要請した。
 志太経済懇話会、島田市女性の会、藤枝市手をつなぐ育成会、御前崎エコクラブなどの市民団体を代表し、大井川流域政経懇話会の原田康会長が「副知事の実績や国政とのパイプを持つ坂本さんが適任。県民のために立候補をお願いしたい」とする要請文を坂本氏に手渡した。
 企業経営者を代表し、清水克俊さんが「深刻な不況の中で、県政の動向はわれわれの死活問題。空港が開港するこの時期に、県の指導者として期待したい」と出馬を要請した。

民間人を軸に候補者選考作業 自民国会議員が協議
2009/04/17
http://www.shizushin.com/news/feature/tijisen/news/20090417080528.htm

 自民党の県選出国会議員は16日、党本部で会合を開き、石川嘉延知事の辞意表明に伴う次期知事選への候補者選考について協議した。柳沢伯夫県連会長(衆院静岡3区)ら執行部が「現時点では民間人から適任者を探している」と報告し、黄金週間前後までには候補者選考したいとの方針で一致した。会合は来週にも再度、開かれる見通し。
 会合で執行部側は、県内出身の「経済専門家」(柳沢会長)に出馬を打診したことを明らかにした上で「積極的な(出馬への)気持ちはうかがえなかった」と、これまでの選考作業経緯を報告した。
 報告について、出席した党所属国会議員は「国会議員も候補者として検討すべきではないか」「(候補者を)早く決めないといけない」などと指摘。これに対し柳沢氏は、国会議員からの選考について「視野には入っている」と答え、早期に選考する方針にも同意した。

後継知事擁立へ協議 自民県議団が緊急総会
2009/03/26
http://www.shizushin.com/news/feature/tijisen/news/20090326000000000058.htm

 自民党県議団は26日午前、石川嘉延知事の辞職表明を受け、緊急議員総会を静岡市内のホテルで開いた。
 会議後、取材に応じた中谷多加二同党県連幹事長は、次期知事候補について「意中の候補は何人かいる」とした上で、「石川県政を継続、継承し、引き継いでいく人材をとの意見が出た。結束して支えられる新たな候補をできるだけ早く決定したい」と述べた。
 会議には会派所属議員40人のうち約30人が出席。執行部が石川知事が辞職表明に至った経緯や辞職会見の内容などを説明し、意見交換した。

430 名無しさん :2009/05/08(金) 01:42:39
160 :無党派さん:2009/05/06(水) 09:21:27 ID:4c2RYYYt
こちらはどうでしょう。韮山高卒らしいが伊東市出身までは不明。
もう政府系金融機関じゃないのかもしれませんが。

財団法人 日本経済研究所 理事長 大川澄人
(日本政策投資銀行系)
韮山高卒
昭和44(1969).7 日本開発銀行入行
平成16.6 日本政策投資銀行副総裁
〃19.6 財団法人日本経済研究所理事長
http://www.jeri.or.jp/about/organization.html

431 とはずがたり :2009/05/08(金) 10:06:54
>>430
おお,有り難うございます。
流石名門韮山高校。伊東辺りから通っててもおかしくはないのでしょうかね。伊豆半島の山を跨がないと行けないけど距離はそんなに遠くないのでしょうか。渡辺・細野辺りが擁立に動いたとしても自然なのかも。

432 千葉9区 :2009/05/08(金) 22:24:20
「民間人」消えました。というか政府系金融機関に勤めてる人間は「≒役人」ではないのか?

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20090508/CK2009050802000198.html?ref=rank
県知事選、相乗り崩れ『対決』 自民、坂本氏で一本化へ
2009年5月8日

 静岡県の石川嘉延知事の辞意表明に伴う知事選で、自民党県連が坂本由紀子参院議員(60)=静岡選挙区=の擁立に向けて最終調整に入った。これで自民、民主両党で取りざたされていた「民間出身の候補者への相乗り構想」が困難になった。政権選択をかけて与野党が激突する衆議院の解散・総選挙が近づく中、県政界でも“主戦論”が押し切る形となった。 (知事選取材班)

 「次期衆院選で勝つためには、知事選と一体となって戦う必要がある」

 静岡市内で6日に開かれた自民党県連幹部による選対小委員会。民主党と相乗りのできる民間候補者として、県内出身のシンクタンク理事長を提示した執行部に、ある県議がこう異を唱えた。

 「(シンクタンク理事長では)知名度が低い」「地域では坂本氏を推す声がある」などの意見も出て、議論は紛糾。結論は持ち越したものの、自民は事実上、坂本氏擁立に絞り込まれた。坂本氏自身は出馬を明言していないが、県連は党本部などと協議し15日までに結論を出す方針だ。

 五選への意欲を示していた石川知事の辞任表明で情勢が激変した次期知事選。自民県連執行部は後継擁立に当たって、現職が敗れた掛川市長選など最近の有権者の「変化」を求める声を意識し、官僚出身の石川知事とは違う「新しさ」を重視。県内出身の経済学者や大学教授らに出馬を打診するなど民間からの擁立を目指してきた。

 政党色が薄く、他党との相乗りをしやすいとの思惑も見え隠れするが、ある県議は「知事選の勝敗を、衆院選に持ち込みたくなかったのだろう」とみる。しかし、意中の相手には断られ続け、6月中と予想される告示が迫るうちに、主戦論を唱える勢力が台頭。

 主戦論派には、衆院選を「坂本氏と二人三脚で戦い、票を上積みしたい」という考えがあった。中でも有力な民主党候補予定者がいる選挙区でその声は強く、相乗りか与野党激突かで“さや当て”が続いていた。

 副知事の経験のある坂本氏は早くから、県内経済界の有力者へのあいさつ回りなど出馬への意欲を示す動きもしていた。5月に入りしびれを切らした県東部19市町の首長が坂本氏に出馬要請し、志太榛原地域の経済、市民団体も続くなど、主戦論を後押しした。

 「もともと知事選で相乗りして、国政選で対決と言われても(有権者には)分かりづらい」と、別の県議は話している。

民主側『民間2人決断待ち』
 静岡県議会第二会派「平成21」の岩瀬護会長は7日、報道各社の取材に対し、民主党県連などと進める次期知事選の候補者選びについて「2人の民間人に打診し、決断を待っている」と述べた。

 非公開の議員総会後、岩瀬会長が取材に応じた。それによると、自民党と相乗りでの擁立を模索していた県内出身のシンクタンク理事長を含め、3人に絞っていた。しかし、自民が6日、理事長の擁立を事実上断念したのを受け、民主も選考対象から外した。

 自民が坂本由紀子参院議員の擁立で最終調整に入ったことを受け、「構図は見えてきた。がけっぷちで知事選の列車に乗り遅れないようにしたい」と述べ、遅くとも15日までには最終決定する方針を示した。

433 千葉9区 :2009/05/08(金) 22:24:41
http://www.shizushin.com/news/feature/tijisen/news/20090508000000000011
メモ「民主紛糾」で一変 相乗り土壇場の頓挫 自民党県連選対小委 
2009/05/08
 「政権交代の危機を乗り切ろうというとき、なぜ相乗りなのか。県連結成以来の恥をかくところだった」
 「相乗りはとにかく駄目という為(ため)の議論ばかり。これから選挙を戦う道筋の議論が置き去りだ」
 自民党県連の知事選候補の絞り込みは6日に静岡市で開いた選対小委員会で、民主党との相乗り模索で執行部が推した民間人擁立が不調に終わった。一夜明けた7日も、民間人の支持、不支持にかかわらず、県議の間で擁立作業の経緯に不満がくすぶった。柳沢伯夫会長は、坂本由紀子参院議員(静岡選挙区)擁立について「極論すると選択肢は1つ」と説明したが、選対小委は坂本氏支持で「1枚岩」を確認できずに終えた。
      ◇
 昼食を挟んでなお、出口の見えない選対小委。議論のさなか、柳沢会長の隣に座っていた中谷多加二幹事長の携帯電話が鳴った。席を外した中谷幹事長。間もなく戻り、柳沢会長に1枚のメモを差し入れた。
 「民主は紛糾 相乗りは難しい状況」
 異論が出ても持久戦で乗り切る腹づもりだった柳沢会長だが、相乗り相手の“ぐらつき”は想定外。少しの沈黙を置いて切り出した。
 「この議論はサスペンド(延期)させてほしい。お願いする」
 民主党との相乗りは、この一言で事実上頓挫した。
 一方、県議会の民主系会派が6日、党と連合静岡を交えて開いた四者会議は「(自民も推す)民間人で落とし込みましょうと開いた会議」(平成21幹部)。相乗りの可否を判断する場ではなかった。
 平成21の岩瀬護会長は7日、自民側に伝わったとされる「民主は紛糾」の連絡に、「事実とは違う」と強調。別の幹部も「(自民執行部が)坂本氏を推す勢力に押し切られたということだろう」と推し量った。
 石川嘉延知事の辞職表明を挟んで約2カ月、自民県連執行部が模索してきた相乗り候補の擁立は「9分9厘OK」(自民県連幹部)と目された土壇場でご破算に。自民と民主は責任を押し付け合い、真相はやぶの中だ。
      ◇
 自民県連がぎりぎりまで、民主との相乗りを模索した背景には「直後に控える衆院選の前に、知事選で民主党とのガチンコ勝負をしたくない」(国会議員)との思惑があった。ただ、民主党側にも「先に触手を伸ばした候補に、自民が乗ってくれるなら(民主)党本部も何も言ってこない」とそろばんをはじく国会議員がいた。
 平成21は7日の議員総会で、候補者選定作業から自民と重なった民間人を断念し、擁立候補を民間人2人に絞る考えを執行部が報告した。同日夕には民主党県連事務所で4者会議を開催。榛葉賀津也県連会長、藤本祐司会長代行の国会議員2人も加わり、遅くまで候補者選びに向けた詰めの協議を続けた。

434 名無しさん :2009/05/10(日) 10:32:28
ん?


民主県連、榛葉氏擁立へ 次期知事選
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090510000000000026.htm
 石川嘉延知事の辞意表明に伴う次期知事選で、民主党県連は9日、臨時常任幹事会を静岡市で開き、
同党県連会長の榛葉賀津也参院議員(42)=静岡選挙区=を擁立する方針を固めた。石川知事は静
岡空港の立ち木除去が完了すれば19日に辞表を提出し、知事選の投開票は7月上旬の見通し。既に
出馬表明している元民主党参院議員の海野徹氏(60)、県東部の市町長や志太榛原地区の市民団体
などから出馬要請を受けている自民党の坂本由紀子参院議員(60)=同=の三氏を軸とした選挙戦の
構図が固まりつつある。
 民主党県連は9日夕、所属の国会議員、県議らが榛葉氏擁立に向け、党本部の了承を得る手続きに
入った。同党参院幹部に県連の方針を伝えるなどした。
 この日の常任幹事会では、若手県議らを中心に「勝てる候補」として榛葉氏に立候補を求める意見が
相次いだ。榛葉氏は取材に対し「(国政の場で)政権交代の志があるので、コメントの出しようがない」と
述べた。
 同県連は県議会会派の平成21、民主党・無所属クラブ、連合静岡の代表者による四者会議を通じ
て、国会議員や官僚でないことなどを基本に候補者選考を進めた。だが、自民との相乗りを前提とした
民間人擁立が頓挫。選考対象に残った別の民間人2人の交渉も難航し、方針転換した。
 自民党の県第6選挙区支部(支部長・倉田雅年衆院議員)は9日、伊豆の国市で開いた選挙対策会
議で、次期知事選に三島市出身の坂本氏を支部推薦することを決議し、来賓として出席した坂本氏に
出馬要請した。
 会議には沼津市や伊豆の国市など6区の13市町の自民党県議や党員ら約100人が出席。坂本氏
は「皆さんの温かい思いはありがたい」と出馬に前向きな姿勢を示しながらも、「今後、しっかりした判
断をしていきたい」と述べた。
 海野氏は4月下旬に静岡市内で出馬に向けた政治資金パーティーを開き、県内各地で小集会やあい
さつ回りも精力的にこなしている。海野氏は「完全無所属、県民主義、脱世襲、脱官僚でいく」と述べた。

435 とは :2009/05/10(日) 11:03:09
おお、なんと!

436 千葉9区 :2009/05/10(日) 14:10:18
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/toyama/news/20090508-OYT8T01207.htm
高岡市長 6月議会後に辞職
 次期衆院選に富山3区からの出馬を表明している高岡市の橘慶一郎市長(48)は8日、「6月議会の終了まで(市長を)務めたい。引っ張っても、そこまでだろうと思う」と、市長の辞職時期についての考えを示した。定例記者会見で明らかにした。同市議会6月定例会は6月9〜18日の日程で予定されている。

 橘市長は「市の行政を停滞させず、(市長不在の)空白期間を短くすることを第一に辞職時期を考えた」と述べた。

 景気対策を盛り込んだ国の補正予算案に対応する6月定例会を在任のまま行い、9月定例会までに市長選が行われる日程を想定しており、「次の市長が余裕を持って高岡開町まつり(9月12、13日開催)を迎えられるのが望ましい」と話した。

 ただし、政局の急変で早期に次期衆院選が行われる状況になれば、6月定例会前の辞職もあり得る。

 市議会議長への辞表の提出時期は決めていないという。

(2009年5月9日 読売新聞)

http://www2.knb.ne.jp/news/20090429_19788.htm
民主党県連、高岡市長選候補擁立を目指す
 高岡市の橘市長が次の衆議院選挙で自民党からの出馬を正式に表明したことを受けて、民主党県連は29日次の高岡市長選挙に向けて独自候補の擁立を目指す方針を決めました。

 民主党県連は29日富山市のボルファートとやまで常任幹事会を開き、今月22日に高岡市の橘市長が次の衆議院選挙の富山3区で自民党から出馬することを正式に表明したことを受けて次の高岡市長選挙に民主党から独自候補の擁立を目指す方針を決めました。

 幹事会後の会見で坂野裕一幹事長は「現職の市長が自民党公認として出るとなると我々も対峙しなくてはならない」と述べました。

 衆院選と高岡市長選が同日選挙となった場合、高岡市長選への取り組みが衆院選の結果にも影響するとしていて、橘市長を推薦した前回の選挙とは状況が違うと説明しています。

437 千葉9区 :2009/05/10(日) 14:12:11
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/giin/1236263871/l50
948 :無党派さん:2009/05/09(土) 14:30:30 ID:xCIkKCa4
今日の朝日富山版に「橘高岡市長、6月議会後に辞職」
その記事の中に
「後継市長候補として5〜6人の名前が挙がる、一本化に至らず分裂選挙の可能性も」
「衆院選と市長選とのダブル選挙とすることで市内の得票の上積みとともに
市長選での保守一本化が図れると自民系市議などが支持」
「一方他市の支持者からは『高岡以外にあいさつにも来られないのでは責任が持てない』不満が上がるほか
高岡市議からも『市長選に手一杯となっては衆院選での地元候補を他市で支えきれない』と」
「相本氏『任期半ばで転出する人の後を受けて出る人は同日選か単独選かを問わず大変な選挙になる、
      関心を持って見守りたい』」
「柴田氏『有権者の多い都市の市長選に保守系候補が複数出る可能性もあり、情勢を見極めたい』」

438 とはずがたり :2009/05/11(月) 16:23:43

榛葉氏には仮令え落選しても将来の静岡3区で衆院転出を視野に入れるべきであろうかと思う。
現支部長の小山氏の滲透度は柳沢相手にするにはなかなか厳しいものがあるし。

県知事選 民主、候補者選び難航 県連会長・榛葉氏の擁立焦点か
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20090511/CK2009051102000163.html
2009年5月11日

 民主党県連などの次期知事選に向けた候補者選びが難航している。「民間人を軸にした選定」の構想は半ば崩れた状態。新たに県連会長、榛葉賀津也参院議員(42)=静岡選挙区=の擁立案が浮上したものの、榛葉氏には政権交代を視野に国政への思いが強く、党幹部も「有為な人材」として転出に難色を示しているのが現状だ。 (知事選取材班)

 民主党県連はこれまで、連合静岡や県議会会派の平成21、民主党・無所属クラブとともに民間人を軸に候補者選びを進めてきた。

 だが、自民党との「相乗り」が頓挫するなど難航。9日の常任幹事会では、執行部が若手県議を候補者に提案したが、異論が相次ぎ、「勝てる候補」として榛葉氏の出馬を求める声が高まった。

 関係者によると、こうした動きを受けて県選出の国会議員や県議らが9日夜、榛葉氏擁立の了承を得ようと、東京・永田町の国会議員会館を訪れ、西岡武夫参院議運委員長ら幹部2人と面談した。しかし衆院選を控え政権交代の可能性がある中、知事選へのくら替えには消極的だったという。

 西岡氏は本紙の取材に「知事選は静岡県政にとって大切だが、今は何10年に一度の政権交代がかかった政局。次期衆院選では新人が増える可能性が高く、党内で榛葉氏のキャリアが必要となる。中央で活躍していただきたいと伝えた」と話した。

 一方、榛葉氏は「政権交代のために中央で頑張りたいが、党本部が(知事選出馬を)指示するなら当然やる。ただ、中央で頑張ることがおまえの仕事だと言われれば、私はそうしたい」と話した。党本部の意向を踏まえ、最終決断をする方針。

 知事選をめぐっては、元民主党参院議員の海野徹氏(60)が無所属での出馬を表明しているほか、自民党県連が、参院議員の坂本由紀子氏(60)=静岡選挙区=の擁立に向けて最終調整に入っている。

439 千葉9区 :2009/05/11(月) 21:35:34
小沢やめっちゃったら、誰が榛葉の辞職のyes/noを決めるんだ?
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090511ddlk22010084000c.html
選挙:知事選 民主党県連、榛葉氏擁立で調整 本人も意欲、本部と協議へ /静岡
 次期知事選で、民主党県連は10日、同党の榛葉賀津也参院議員(42)を擁立する方向で本格調整に入った。同党関係者によると、榛葉氏も周辺に意欲を示しており、今後、党本部と協議する。自民党県連は坂本由紀子参院議員(60)擁立の方向となっているほか、海野徹元民主党参院議員(60)が無所属での出馬を表明しており、民主党の対応が焦点となっている。

 民主党系の県議会会派「平成21」は10日、県議会内の会派控室で協議。9日の民主党県連の緊急常任幹事会で、民間人2人の擁立調整が不調になっており、自主投票を避ける観点からも県選出の榛葉氏を推す声が出されたことなどが報告された。

 また、同党の細野豪志衆院議員も出席し、緊急常任幹事会を受けて9日夜、輿石東・民主党参院議員会長らに直接会い、榛葉氏擁立に向けた党内調整を始めたことを説明した。

 県議からは「会派として榛葉氏支援の意思を明確に示し、出馬を促すべきだ」との積極論が相次いだ。途中、出席していた県議十数人全員が連合静岡に出向き、吉岡秀規会長に対しても、資金面などで支援する姿勢を示したという。

 ただ、同党の小沢一郎代表が参院議員のくら替えに否定的な姿勢であることや、榛葉氏が辞職した際の参院議員候補の選考などの課題をどう解消するかといった点の結論は出なかった。【望月和美】

440 千葉9区 :2009/05/12(火) 20:35:51
榛葉が国政の混乱を理由に出馬辞退
→自主投票になりそうな雰囲気
http://sankei.jp.msn.com/region/chubu/shizuoka/090512/szk0905120344007-n1.htm
民主系「平成21」榛葉氏の擁立決定 静岡
2009.5.12 03:44
 静岡県議会第2会派の民主党系議員らで構成する「平成21」は11日、静岡市内で次期知事選の候補者選考に向けた会議を開き、これまで進めてきた民間人2人からの候補擁立を断念、議員らから出馬要請の声が多く出ていた民主党県連会長の榛葉(しんば)賀津也参院議員(42)=民主、静岡選挙区=の擁立を全会一致で決定した。平成21は、ともに選考作業を進めてきた同党県連や連合静岡、県議会会派の民主党・無所属クラブの4者協議を煮詰め、榛葉氏擁立の正式決定に向け、党本部との調整や選挙態勢づくりを急ぐ。

 4者協議は、これまで自民党との相乗りが可能な民間人の擁立を目指していた。だが、民間人への要請が不調に終わったため、9日に開かれた同党県連の臨時常任幹事会では、自主投票を避けるためにも独自候補として榛葉氏の擁立を強く求める声が上がり、道筋がついた。ただ、民主党が次期衆院選で政権交代する可能性もあるだけに、優位にある参院で1議席減らすことを懸念する声もあり、党本部との調整が注視されている。

 平成21の野沢義雄幹事長らによると、榛葉氏は国政への思いが強いが、党の指示に従う姿勢を示しているという。この日、民主党の小沢一郎代表が代表辞任を表明したことの知事選への影響について、同党県連の岡本護幹事長は「代表辞任でどうなるのか分からないが、地方のことは地方で決定するようになるのではないか」と語った。

 知事選では、すでに元民主党参院議員の海野徹氏(60)が出馬表明したほか、自民党県連が同党参院議員の坂本由紀子氏(60)=静岡選挙区=の擁立に向けて最終調整に入っている。

441 とはずがたり :2009/05/12(火) 22:28:10
>>439
下手をすると浅尾の駄々こねを誘発するし難しく成ってきたかもしれませんね。。

442 千葉9区 :2009/05/13(水) 21:42:44
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20090512-OYT8T01157.htm
知事選 自民坂本氏擁立で一致
県選出国会議員 県東部、中部の県議も
 石川知事の辞意表明に伴う知事選について、自民党の県選出国会議員が12日、東京・永田町の党本部で協議し、出馬を求める声が高まっている坂本由紀子参院議員(60)(静岡選挙区)を支援し、擁立に向け実質的な手続きを進めることで一致した。

 会合は坂本氏を除く9人の国会議員が出席し、非公開で行われた。終了後、県連会長の柳沢伯夫・元厚生労働相(衆院静岡3区)は記者団に対し、「坂本さんを推していく。疑問を呈した人は一人もいない」と述べ、事実上「坂本氏擁立」で一致したことを説明。「(坂本)陣営としての戦略もあるだろうから、しっかりすり合わせを行い、(党県連としての)候補擁立を意思表示する」と語った。

 会合に出席した県連の安間英雄総務会長は終了後、「選挙となれば県連として応援する必要があるが、(坂本氏には)『無所属、県民党(の立場で出馬したい)』との意向があるようなので、確認したい。真っ先に(党が支援の姿勢を)鮮明にすることには本人に抵抗があるようだ」と話した。

 国会議員の動きとは別に、党所属県議のうち県東部地区選出議員でつくる「東部会」と、中部地区選出議員による「中部会」も12日、県庁で相次いで会合を開いた。東部会には10人が出席し、執行部から知事選候補者の擁立作業について説明を受けた後、坂本氏を推すことで合意した。中部会には12人が参加し、やはり坂本氏を支援することを全会一致で決議した。両会とも今後、県連執行部に会としての意向を伝える。西部地区の議員でつくる「西部会」も近く、会としての意思確認をするための会合を開く。

(2009年5月13日 読売新聞)

443 千葉9区 :2009/05/13(水) 21:55:05
http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000000905130004
知事選 榛葉氏擁立どう判断
2009年05月13日

 知事選を巡り、民主党本部の対応が注目されている。地元が進める榛葉賀津也参院議員(42)の擁立が実現するかどうかは党本部の意向次第だが、小沢一郎代表の辞任表明で党は大揺れの真っ最中。榛葉氏の知事選転身について、「政権交代をにらめば国政優先」と否定する声がある一方で、知事選こそが新執行部対自民の「全国注目選挙」になると見込み、後押しする声も上がりだした。


 民主党系の県議会第2会派平成21(岩瀬護会長)の県議約20人は12日午後、東京都内の参院議員会館に榛葉氏を訪ね、擁立の意向を直接伝えた。会談後、岩瀬会長は「熱い思いを伝えられた。唯一無二の候補者選定」と話した。


 これに対し、榛葉氏は報道陣に「政権交代にすべてをかけている。私は国政を続けたい」と消極的な考えを示す一方で、「党がやれと言うなら、逃げも隠れもしない。使命は政権交代を頑張ることだろうと党が言えば、私は当然出なくなる」と述べ、党の意向次第であることを示した。


 党本部の意向について、細野豪志衆院議員は「色んな意見がある」として、榛葉氏擁立に否定的な考えがあることを示唆。榛葉氏も「小沢さんは身をていして政権交代に命をかけている。その思いを共有している」と強調した。


 一方、小沢代表の辞任表明により、近く執行部は刷新される。早ければ6月末にも投開票を迎える知事選は、総選挙で政権交代をかけて麻生自民と激突する新執行部にとって、大切な前哨戦になるとの見方も出ている。民主・榛葉氏と自民・坂本氏の現職参院議員同士の対決となれば、注目の一戦にふさわしい構図となるというわけだ。県選出国会議員の1人は「これまで党本部は榛葉氏擁立に否定的だったが、流れが変わる可能性もある」と見ている。






 自民党の県選出国会議員は12日、東京都内の党本部で知事選候補について協議し、参院議員の坂本由紀子氏(60)の擁立に向けて協力することを確認した。坂本氏も出馬に前向きな姿勢を示しており、近く正式決定する見通しだ。


 協議後、県連会長の柳沢伯夫衆院議員は坂本氏擁立に異論はなかったとしたうえで、「坂本氏の陣営の戦略とすり合わせたうえで、どういう意思表示をしていくか話した。いかに選対組織を形作っていくかが課題」と語った。


 県連は13日に選対小委員会を開くなど坂本氏擁立を機関決定していく予定。坂本氏は無所属で出馬するとの見方もあり、支援態勢をつめている段階だ。


 また、この日、次期県連会長に斉藤斗志二衆院議員が内定した。

444 名無しさん :2009/05/13(水) 23:37:47
榛葉が固辞すれば、安心して参院補選を取りに行くべきだろう

445 千葉9区 :2009/05/14(木) 00:18:46
補選取ると本選で苦労しますからねえ
川口@自民神奈川みたいな比例に廻せる候補が居れば良いですけど

446 千葉9区 :2009/05/14(木) 21:54:36
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20090513-OYT8T01064.htm
知事選 自・民対決の様相
知事選候補擁立自・民大詰め

 知事選で、自民、民主両党の候補者擁立作業が大詰めを迎えている。自民側では坂本由紀子参院議員(60)(静岡選挙区)の出馬を求める声が高まり、民主側では榛葉賀津也参院議員(42)(同)を担ぎ出す動きが活発になっているが、ここに来て突然起きたのが民主党の小沢代表の辞任表明に伴う党内政局。16日に選出される新代表の下で同党の体制が一新され、両党ともこれを踏まえて知事選への対応を決めざるを得ない状況になっている。衆院選での全面対決を控え、知事選は自民、民主が激突する前哨戦としての性格を強めている。

□自民は持ち越し

 自民党県連は13日、静岡市内のホテルで選対小委員会を開き、坂本参院議員への対応について約30分間協議した。小委では、12日に東京・永田町の党本部で県選出国会議員が協議した内容も報告されたが、「本人の意向が確認できていない」として、具体的な結論を得るには至らなかった。

 終了後、県連の中谷多加二幹事長は記者団に対し「坂本氏は『(党が)推薦してくれれば受ける』と言っている」としながらも、「立候補を表明していない人を推薦するというのもおかしな話。どの程度の支援を求めているのか推し量れない」とも述べ、坂本氏側との間で出馬を巡って調整作業が残っていることを明らかにした。

 県連執行部は18日に静岡市内で開く県連大会で、党としての知事選候補を報告する方針で、これを前に13日の選対小委で県連としての方向性を出したい意向だったが、坂本氏本人が現時点でも出馬を公式に表明せず、擁立作業は「中ぶらりん」(中谷幹事長)状態。中谷氏は記者団に、「民主側の動きを見ているという側面もあるのかもしれない」とも語り、16日の代表選の結果など民主側の動きに神経をとがらせていることをうかがわせた。

□民主側の動き

 民主党県連と県議会会派「平成21」「民主党・無所属クラブ」、連合静岡でつくる「知事擁立会議」(4者会議)は14日に会合を開き、同党県連などが擁立の可能性を探っている榛葉参院議員らの中から候補者を決めたい方針だ。

 これに先立ち、連合静岡は13日、静岡市駿河区で定例の役員会を開き、知事選の情勢について意見交換した。終了後に取材に応じた吉岡秀規会長は、「三つの選択肢(候補者)を用意する。相手の出方を見極める必要もあるが、4者会議で早急に結論を出したい」と述べ、榛葉氏ら複数の候補者を用意したうえで、自民側の動きを見ながら絞り込む考えを示した。

 榛葉氏自身は、これまでの読売新聞の取材などに対し、国政に集中したいとの考えを示すと同時に、「党から知事選の出馬要請があれば出る覚悟はある」とも語っている。榛葉氏が出馬するかどうかは、党の新執行部の意向が大きく左右するとみられる。

□衆院選の影

 収賄容疑で逮捕・起訴された前市長の辞職に伴う出直し千葉市長選(6月14日投開票)は自民、民主の全面対決の様相となっている。候補者を立てて負ければ衆院選への悪影響は避けられないという意味で、知事選も衆院選の前哨戦として政界関係者の注目を集めるのは確実だ。

 「選挙で戦い、最終的には勝つのが目的」(中谷・自民県連幹事長)、「自主投票は絶対あり得ない。必ず誰か立てる」(吉岡・連合静岡会長)など、両勢力とも知事選の先に衆院選を見据え、対決ムードを高めている。民主の新執行部に対する世論の受け止め方によっては民主が反転攻勢を強めることも予想され、知事選もその渦の中で有権者の判断を受けることになる。

 知事選にはすでに元民主党参院議員の海野徹氏(60)が無所属での立候補を表明している。海野氏は13日、掛川市内で読売新聞の取材に応じ、「準備は万端に整えている。(候補者が)何人になっても私は私でやる。死なない限り知事選をやる」と語り、政党の方針に関係なく知事選に臨む考えを強調した。

(2009年5月14日 読売新聞)

447 千葉9区 :2009/05/16(土) 02:36:11
>>423-427とか
http://www.asahi.com/politics/update/0512/NGY200905120005.html
消防署での住民票交付、名古屋市検討 「出動時は除く」
2009年5月13日14時15分

 消防署でも住民票が取れます――。名古屋市は、消防署の出張所で住民票の写しの交付ができるよう準備を進めている。市の消防職員から「住民票ぐらいなら出張所でも発行できる」と提案を受けた河村たかし市長が実現させるよう指示した。河村市長は「どんどん現場の人と会っていきたい」と積極的に現場の声を取り入れる方針だ。

 市によると市内には16消防署と44の出張所がある。すべての出張所でやるのかどうかなど具体的な内容は決まっていないが、24時間、365日開いている消防署の特性を生かして夜間の交付などにも対応する予定だ。市消防局の小西富夫消防長は11日の幹部会で、「出動時に無人になる場合がある点を許してもらえれば、前向きに調整したい」と話した。(寺西哲生)

448 千葉9区 :2009/05/16(土) 02:37:19
http://www.asahi.com/politics/update/0513/NGY200905130003.html
名古屋市役所は素朴、国はえりゃあ様気取り 河村市長(1/2ページ)
2009年5月13日8時14分

 名古屋市の河村たかし市長は11日、幹部会を開き、市民税10%減税や予算の一部の使い道を地域別に選挙で選ばれた委員が決める「地域委員会の創設」について、来年4月からスタートできるよう指示した。また新たな政策として「納税者権利憲章の制定」も盛り込んだ。河村市長は「役人側が『税金払っていただいてありがとうございます』という意識になります」と説明している。

 午前9時から開かれた幹部会は、報道陣に公開した。マニフェストに盛り込まれた政策についての担当課を決め、各局の局長も実現への意欲を語るなど、異論は出なかった。ただ具体的な実現までの行程については示されなかった。市長と各局とが個別に、非公表の場で進めるという。

 幹部会の後、河村市長は報道陣に対し、「異論は一個もなかったですね。全部実現されるんじゃないですか」と満足そうに語った。一方、「公約は必ず実現する。厳しく言います」と職員に向けての牽制(けんせい)も忘れなかった。市民税減税と地域委の創設については来年4月からの実施を「厳命」した。

 幹部会では、新たに「納税者権利憲章」を6月の市議会で制定を目指す考えも明らかにした。

 民主党が進める国の政策の一つで、税金の使い道への監視意識を高めるために納税者全員が確定申告をすることなどが盛り込まれている。名古屋市版の憲章は税の使い道についての情報公開を進めるほか、河村氏は「税金をとる人も納税者に対し、『いらっしゃいませ』となる。役人側が税金、払っていただいてありがとうございますと、なりますから全体的に雰囲気が変わります」と説明した。

 市長選では、大胆な公約を掲げたことから、市長と市職員との激しい衝突も予想された。だが就任から2週間たつが、大きな衝突は表には出ていない。市職員に対する感想を問われ、「わしは市役所の皆さん、なかなか好きですよ。気取っとらんで素朴だわ。国の役所はえりゃあ様(さま)の雰囲気で気取っとる。武士を生んだ名古屋の風土か知らんが、飲む所でも、料亭でなしに居酒屋で飲んでる雰囲気」と答えた。(寺西哲生)

449 とはずがたり :2009/05/17(日) 11:42:01

島田市は3氏、伊東市は2氏が立候補 市長選告示
05/17 09:48
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090517094614.htm

 任期満了に伴う島田市と伊東市の市長選は17日、告示された。島田市は現職と新人2氏の3人、伊東市は現職と新人の2人が立候補した。島田市は市議選(定数23)、伊東市は市議補選(欠員2)も告示された。立候補の届け出受け付けは午後5時まで。投票は24日に行われ、即日開票される。
 市長選は届け出順に、島田市はいずれも無所属で、現職の桜井勝郎氏(65)、新人で元市議の大塚修一郎氏(69)と元市議の津田恵子氏(61)、伊東市はともに無所属で、現職の佃弘巳氏(62)=公明推薦=と新人で元市議の掬川武義氏(56)=民主推薦=が立候補した。

450 千葉9区 :2009/05/17(日) 11:46:18
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20090516-OYT8T00953.htm
榛葉氏、知事選擁立難しく
民主県連、新代表と調整へ
 石川知事の辞職表明に伴う知事選で、民主党県連関係者は16日、同党内などで立候補を求める声が出ている県連会長の榛葉賀津也参院議員(42)(静岡選挙区)について、擁立が難しくなったとの見通しを明らかにした。同日行われた同党代表選で新代表に決まった鳩山由紀夫氏も交え、新たな選択肢を模索して調整が進むとみられる。

 知事選の候補者について、同党県連は県議会会派「平成21」「民主党・無所属クラブ」や連合静岡とともに「知事擁立会議」(4者会議)を設置し、会議の中では榛葉氏の出馬を求める声が上がっていた。榛葉氏は「国政を続けたい」としながらも、「党の人間として、党からの要請があれば出る覚悟はある。4者会議に身を預ける」と語っていた。

 県連関係者によると、輿石東・党参院議員会長や西岡武夫・参院議院運営委員長ら党参院幹部は「政権交代に向けて1議席も減らすことはできない。中堅として参院に必要な人材だ」などとして、榛葉氏の出馬に一貫して否定的とされる。こうした党内の雰囲気について、県連関係者は16日、「新代表の下で変わることはないのではないか」と述べた。幹事長として、輿石氏らとともに小沢前代表を支えた鳩山氏が新代表に選出されたことで、榛葉氏の出馬を困難視する見方が広まっている。

 一方、県連の岡本護幹事長は16日、鳩山氏が新代表に選ばれた後、記者団に「18日以降に党の判断が示されるのではないか。大前提として、『不戦敗はなし』と決めている。必ず(候補者を)出して勝ち、衆院選へのプラス材料としたい」と語った。

(2009年5月17日 読売新聞)

451 千葉9区 :2009/05/17(日) 21:48:25
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090518k0000m040036000c.html
静岡空港:立ち木の伐採が完了 石川知事19日に辞表提出

地権者によって伐採された静岡空港近くの立ち木=静岡県島田市で2009年5月17日午後1時3分、本社ヘリから須賀川理撮影 静岡県島田市と牧之原市にまたがる静岡空港の開港(6月4日を予定)の妨げになっていた立ち木の伐採が17日、終了した。航空法の高さ制限を超える179本が対象で、地権者の大井寿生(としみ)さん(49)自身が、最後まで残っていたヒノキ4本を切り倒した。石川嘉延知事(68)は、18日の測量で適法が確認できれば、19日に辞表を提出する意向を示している。

 立ち木の存在は昨秋、2500メートルの滑走路がほぼ完成した後に表面化し、県は滑走路を300メートル短縮する工事を実施。原因は県の測量ミスで、大井さんは09年2月、伐採許可と引き換えに知事辞職を要求した。石川知事も3月にこれを受け入れ、5月17日までに作業を終えることで合意した。

 大井さんは伐採終了後、報道陣に「立ち木はなくなったが、訴えようとした行政組織の問題が県に伝わったという実感はまだない」と話した。

 県は9月下旬には2500メートル滑走路での運用を開始すべく、早期の着工を目指している。【竹地広憲】


http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090511k0000e040012000c.html
静岡空港:周辺の立ち木、伐採作業始まる

伐採作業が始まった静岡空港(上)近くの立ち木(手前)=静岡県島田市で2009年5月11日午前9時56分、本社ヘリから岩下幸一郎撮影 6月4日開港の静岡空港(静岡県島田市、牧之原市)周辺にある、航空法の高さ制限を超える立ち木の伐採作業が11日午前、始まった。県は伐採後、立ち木の影響で300メートル短縮した滑走路を2500メートルに戻す工事を改めて行う。立ち木を巡っては、地権者が測量ミスを認めなかった県の姿勢を問い、伐採と引き換えに石川嘉延知事(68)の辞職を要求。石川知事は3月、応じることを表明した。

 伐採対象は、滑走路の西約1300メートルの島田市湯日(ゆい)の雑木林にある杉やヒノキ約170本。県が約3分の2を、残りを地権者の大井寿生(としみ)さん(49)がそれぞれ17日までに切る。

 静岡空港は、滑走路がほぼ完成した昨秋、測量ミスのため航空法で制限されている高さを最大12.7メートル超える立ち木が周辺にあることが表面化。県は約1億円かけて滑走路を短くする工事を行い、開港も3カ月ずれ込んだ。【竹地広憲】

452 さんだーばー堂 :2009/05/18(月) 00:40:36
>>436-437など
魑魅魍魎としてまいりました

http://www.kitanippon.co.jp/contents/knpnews/20090515/22009.html
渡辺県議、候補に意欲 高岡市長選、党内選考を優先
2009年05月15日 06:55
 渡辺守人県議(55)=自民、二期、高岡市末広町=は十四日までに、次期衆院選に出馬を予定している橘高岡市長の後継選考に名乗りを挙げる意思があることを一部の関係者に伝えた。自民党の選考は高岡市議会の自民系会派、市選出県議団がそれぞれ候補擁立を検討しており、党の選考状況を見ながら出馬について最終判断するとみられる。
 渡辺氏は、選考を進めている市議会の自民系会派幹部との面談で「出馬は五分五分」と述べるなど意欲を示してきた。
 候補者は市出身者や県議、経済人らの名前が取り上げられており、自民系市議団が本人の意向確認作業を進めている。渡辺氏は自民党の候補一本化を優先しながら、検討するとみられる。
 市長選はこのほか、民主党が擁立を目指し、社民、共産両党は対応を検討している。
 市長選の候補選考は、橘氏が衆院選出馬を表明した四月下旬から本格化。橘氏は六月十八日までの定例市議会後の退任を表明しているが、辞表提出の時期は決めていない。市長選は辞表提出後に最大五十五日以内に実施されるため、七月上旬〜八月上旬の間に行われる見通しで、早い場合は投票日が二カ月以内に迫っている。

453 さんだーばー堂 :2009/05/18(月) 00:43:39
http://www.kitanippon.co.jp/contents/knpnews/20090517/22079.html
高岡市長選に高橋氏(地域創造常務理事)意欲 自民・渡辺氏と調整検討
2009年05月17日 14:00
 高岡市議会の自民クラブ幹部は十六日、橘高岡市長の次期衆院選出馬に伴う後任市長候補選考のため、同市出身で地域創造常務理事、元新潟県副知事の高橋正樹氏(54)=東京都品川区=と市内で面談し、出馬の意欲を確認した。渡辺守人県議(55)=二期、高岡市末広町=も選考に名乗りを挙げる意向を示しており、同クラブは十八日に総会を開き、今後の対応を検討する。
 同クラブは、市長選の候補選考に向けて、市出身者や県議、経済人らに意向確認作業を重ねており、この日の高橋氏で一通りの面談を終えた。山沼茂敏会長によると、高橋氏は面談で郷土高岡への思いを語り、出馬に向けた支援を求めたという。
 高橋氏は高岡市駅南生まれで、高岡高校、東京大法学部卒業後、旧自治省(現総務省)に入省。統計局統計調査部長や大臣官房審議官を務め、平成二十年から総務省の外郭団体、財団法人地域創造で現職に就いた。高橋氏は取材に対し、「会派の方に聞いてほしい。名前が挙がっているのは光栄なこと」と述べた。
 渡辺氏は同クラブ側との懇談で、候補選考に名乗りを挙げる可能性を示す一方、党の決定に従う意向も示しており、慎重に判断するとみられる。十七日は後援会の幹部会を開き、経過を報告して対応を協議する。
 山沼会長は「十八日の総会で二人の意向を報告し、会派としての方向性を協議したい」と話している。調整や一本化に向けては今後、市議会の自民高岡・新市民クラブや党高岡市連との協議が必要になるとみられる。
 現職の橘氏は今月末に辞表を提出する方針で、市長選は七月上旬から中旬の可能性が高い。民主党も候補擁立を目指しており、社民、共産両党は対応を検討している。

454 千葉9区 :2009/05/18(月) 21:56:47
島田は現職に相乗り
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090518000000000014.htm
現職と2新人激突、島田市長選 市議選26氏届け出
05/18 08:16
 任期満了に伴う島田市長選、市議選(定数23)が17日、告示された。市長選は再選を目指す現職桜井勝郎氏(65)=連合静岡推薦=、新人で元市議の大塚修一郎氏(69)、同じく新人で元市議の津田恵子氏(61)のいずれも無所属の3人が立候補を届け出た。市議選は現職19人、新人7人の計26人が出馬。それぞれ7日間の選挙戦をスタートした。
 合併(旧島田市、旧金谷町と旧川根町)に伴う島田市発足後、最初の任期満了選挙。各候補がまちづくりの考え方、市立島田市民病院の建て替え問題を含めた地域医療、行財政改革、静岡空港活用の地域振興策などについて主張を戦わせ、支持を訴える。
 投票は24日午前7時から午後8時まで市内40カ所(17カ所は繰り上げ)で行われ、市中央体育館で同日午後9時10分から開票する。
 16日現在の選挙人名簿登録者数は8万3770人(男4万727人、女4万3043人)。

市街地活性化を推進 桜井候補
 桜井勝郎候補は島田市大川町のおび通り南側広場で出陣式を行った。自民、民主両党の国会議員、中部6市町の首長が列席。桜井候補は旧市時代を含めた2期8年を振り返りながら、「中心市街地の活性化、若者が活動しやすい仕組み作りなどハードを生かす事業に取り組む。企業誘致も進め、働きやすく、暮らしやすいまちを目指す」と力を込めた。

公平さ欠く市政正す 大塚候補
 大塚修一郎候補は島田市大柳の後援会事務所前で出陣式に臨み、支援者を前に「公平さが政治家の信条。それに欠けた現市政を正さなければならない」と力強く訴えた。市の財政運営の在り方を課題に挙げ、「今のままでは財政が行き詰まり、子供や孫の時代に重いつけがくる。将来の不安を取り除くため、政治生命と人生を懸けた勝負に挑戦する」と決意を語った。

ハコモノ行政変える 津田候補
 津田恵子候補は島田市本通の選挙事務所前で出発式に臨み、「女性が市長になるチャレンジをしたい」と第一声を発した。市政への市民参画を掲げ「市長の提案を市民が議論し、市民の意見を聞いて決定するという市民参加の仕組みを作りたい」と強調。財政再建に向けては「少子化や人口減少の中でハコモノ行政を継続するわけにいかない。私が変える」と訴えた。

455 千葉9区 :2009/05/18(月) 21:57:53
伊東はガチですね。
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090518000000000015.htm
佃、掬川氏の争い 伊東市長選 
05/18 08:17
 任期満了に伴う伊東市長選が17日告示された。いずれも無所属で、現職の佃弘巳氏(62)=公明推薦=と元市議の掬川武義氏(56)=民主推薦=の2人が届け出を済ませ、選挙戦に突入した。市議補選(欠員二)も同日告示され、元職1、新人3人が立候補した。
 1期目の行財政改革などの実績を生かして「伊東再生」から「伊東創造」に目標を高める佃氏に対し、掬川氏は「チェンジ伊東」を掲げて中学校給食の実現や市内経済の活性化などを訴える。
 投票は24日午前7時から午後8時まで市内24カ所で行われる。16日現在の選挙人名簿登録者数は6万2958人(男2万9133人、女3万3825人)。

8つのKに取り組む 佃候補
 佃弘巳候補は伊東市鎌田の伊東青果市場などで出陣式を行った。佃候補は「この4年間で財政改革が大きく進んだ。今までは3つのK(健康、観光、行政改革)を推進してきたが、今度は経済改革・子育て支援・環境・教育・危機管理を加えた8つのKに全力で取り組んでいく」と強調。約500人の支援者とともに頑張ろう三唱の気勢を上げ、遊説に向かった。

公平、平等な伊東市を 掬川候補
 掬川武義候補は伊東市吉田の選挙事務所で出陣式に臨んだ。民主党の藤本祐司、蓮舫両参院議員らに続いて登壇した掬川候補は「公平で平等な伊東市をつくりたい。今は当たり前のことが当たり前になっていない」と現状を批判。「皆さんの力を借りて、市民が総参加のまちをつくることが目標。市政交代、チェンジ伊東を目指して全力で戦う」と力を込めた。

伊東市議補選立候補者
(届け出順、欠員2−4)
榎本 元彦 42 無新 電気工事業
四宮 和彦 46 民新 党伊東支部事務局長
内山 康正 62 無新 作   家
森   篤 56 無元 NPO団体事務局長

456 千葉9区 :2009/05/18(月) 22:15:13
http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000000905180007
知事選 揺れる顔ぶれ
2009年05月18日

 知事選の候補者擁立に向けて、自民、民主両党系の会合が17日にそれぞれ開かれた。自民党県連は坂本由紀子参院議員(60)に正式に出馬要請したが、坂本氏は「すぐに決められない」と態度を保留した。一方の民主党側は、県連会長の榛葉賀津也参院議員(42)の出馬に党本部の新執行部が消極的とされることから、榛葉氏の擁立は厳しい情勢になった。立候補表明したのは元参院議員の海野徹氏(60)にとどまり、戦う顔ぶれがまだはっきりしない。(阪田隼人、後藤遼太)


 ◆民主 榛葉氏擁立厳しく


 自民党県連は午後2時から、静岡市内で非公開で拡大選対委員会を開催。県連会長の柳沢伯夫衆院議員や出席者によると、出席していた坂本氏に柳沢氏がこの場で出馬表明するよう求め、それができなければ県連が出馬要請する方針を急きょ提案した。坂本氏を含めた別室での選対小委員会で出馬要請を決め、再開した拡大委員会とその後の総務会で最終決定した。


 ただ、坂本氏には想定外のタイミングだったようだ。坂本氏は「最後に(出馬するよう)言ってきた団体(県連)に、最初に返事する必要はない」として、候補者を決めることにしていた18日の県連大会での表明を否定。表情を曇らせて会場を立ち去った。


 県連執行部は当初、民間人の擁立を検討したが、頓挫した経緯がある。その後、東部の首長を中心に支持されていた坂本氏擁立に転換したが、本人の意思確認がこれまでできなかったという。執行部と坂本氏との間に溝ができ、正式決定はずれ込みそうだ。


 ベテラン県議の1人は「坂本氏の出馬は間違いない」としたうえで、「当初坂本氏を無視してきた執行部との間にあつれきがある」と話した。


 一方の民主党県連は、県議会会派の平成21と民主党・無所属クラブ、連合静岡との4者協議を浜松市内で開いた。細野豪志衆院議員、連合静岡の吉岡秀規会長、3人の候補者の1人とされている無所属の若手県議らも参加し、党本部との調整役を任されている国会議員らが経過を報告した。18日に党本部の意向を最終確認するという。


 吉岡会長は会合前、朝日新聞の取材に「まだ党本部の正式な判断は聞いていないが、そもそも初めは『榛葉氏はない』というところからスタートしている。自民の坂本氏の動きを見なければいけないが、(3人の候補者からは)必ず出す」と話した。

457 千葉9区 :2009/05/18(月) 22:34:17
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090515-00000016-maiall-pol
<河村名古屋市長>市アドバイザー、11人中9人が「チーム河村」 自民は批判
5月15日12時13分配信 毎日新聞

 河村たかし名古屋市長は14日、市政に専門的見地から提言する市経営アドバイザーとして新たに10人を委嘱した。先に就任していた後房雄・名古屋大大学院教授を含め、11人中9人が市長選出馬とともに結成した政策集団「チーム河村」のメンバー。改革断行に向けた体制固めだが、議会からは「側近政治だ」と反発も出ている。

 チームから選ばれた新たなメンバーは、公約の減税など税制に詳しい浅野洋・税理士▽リサイクル問題に異論を唱える武田邦彦・中部大教授(資源材料工学)▽元環境省地球環境審議官の小島敏郎・青山学院大教授ら。

 河村市長は「職員約2万6000人の中で1人は厳しい。過去に染みついた歴史はすごく、政治の流れを変えるのはものすごくエネルギーが必要だ」と委嘱の狙いを説明した。

 アドバイザーは非常勤で報酬は日額約1万6000円。規則で市長が選任し議会の承認は必要ないが、河村市長は将来的に、より深く市政に関与できる制度作りに向け、議会の承認も図りたい考えを示した。これに対し、ある自民市議は「中央政界でも、一内閣に自分の派閥をこんなに大量に入れることはない」と批判した。【岡崎大輔】 最終更新:5月15日12時13分

458 千葉9区 :2009/05/18(月) 23:02:42
http://mainichi.jp/area/gifu/news/20090517ddlk21040028000c.html
無言電話:羽島市長の妻が市議宅に 送検、不起訴に /岐阜
 羽島市の白木義春市長の妻の小学校教諭が、同市の市議2人の自宅に無言電話をかけ、県警に県迷惑防止条例違反の疑いで書類送検されていたことが分かった。岐阜地検は13日付で不起訴とした。電話回数が少なく悪質性が低いことから起訴猶予とみられる。白木市長は「軽率だった。今後このようなことのないようにしたい」と話している。

 関係者によると、妻は08年1月23日夜、羽島市内の自宅から市議2人の自宅に計16回の無言電話をかけたとして送検された。無言電話の際、市議宅の電話機に市長宅の電話番号が表示されたという。白木市長は翌日、市議2人の自宅を訪ね、「妻が、自宅に届いた不審な手紙を(市議から)送られたと思い、無言電話をかけた」と釈明し、謝罪。市議2人は同年8月、岐阜羽島署に被害届を出していた。【鈴木敬子、三上剛輝】

459 千葉9区 :2009/05/19(火) 21:13:39
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20090519/CK2009051902000176.html
知事選 超党派で擁立の動き 自民・民主県議有志ら会合
2009年5月19日

 静岡県の石川嘉延知事の辞意表明に伴う知事選で、民主党の榛葉賀津也参院議員(42)=静岡選挙区=の擁立を断念した同党の一部県議らは18日、浜松市内で会合を開き、今後の対応を話し合った。自民党県連が出馬要請した坂本由紀子参院議員(60)=同=と距離を置く自民県議数人も加わり、党派を超えて再び民間人擁立を目指す方向で一致した。

 経済界や連合静岡の関係者も含め数人が出席した。県議会会派「平成21」「民主党・無所属クラブ」など4者で進めた候補者擁立が不調に終わり、意見の違いが表面化したことから、今後は枠組みを一新し、各組織の有志で擁立作業を進める。

 一方、自民党県連は坂本氏に出馬要請し、坂本氏自身も18日の県連大会で「愛する郷土のために期待に応えたい」などと強い決意を述べたが、正式な出馬表明が遅れていることなどについて、一部県議から反発が起きていた。

460 千葉9区 :2009/05/19(火) 21:15:45

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20090518-OYT8T00938.htm
【09知事選】坂本氏、事実上の出馬表明 自民
榛葉氏「出ることない」 民主

 石川知事の辞意表明に伴う知事選を巡り、自民党の坂本由紀子参院議員(60)(静岡選挙区)が18日、事実上出馬を表明した。一方、民主党側では、出馬を求める声があった県連会長の榛葉賀津也参院議員(42)(静岡選挙区)の出馬見送りが決まった。これらの動きとともに、坂本氏の擁立に反発する自民所属の県議の一部が同日、超党派で別の民間人の擁立を目指す方針を確認し、自民の分裂の可能性が表面化。そのメンバーの県議が民主県議や連合静岡関係者らと会合を開くなど、知事選を巡る動きが急展開した。

 自民の坂本参院議員は、18日に静岡市内のホテルで開かれた同党県連大会に出席。17日の県連拡大選挙対策委員会で知事選への出馬を要請されたことを受けて発言を求め、「愛する郷土の発展のため、全力で(県政運営に)取り組みたい。皆さんとともに一丸となり、静岡の発展のために進んで参りたい」と述べ、知事選への出馬を事実上表明した。

 ただ、坂本氏は、自身が理事を務める参院予算委員会で19日から2009年度補正予算案の審議が始まることを挙げ、「党本部の理解がどのようにいただけるか、若干の時間が必要」とも述べ、出馬を正式に表明するにはまだ時間がかかることを明らかにした。

 県連大会で、県連新会長に就任した斉藤斗志二・元防衛長官(衆院比例東海ブロック)は終了後、記者団に「(坂本氏は)副知事を務め、県内の隅々まで熟知している。知事に最もふさわしい人だと思う」と述べた。小楠和男・県連新幹事長も「知事選に向け、具体的な選対組織の準備に入る」と語り、県内全域で選挙体制を整える考えを示した。

 一方、民主の細野豪志衆院議員(静岡5区)と藤本祐司参院議員(静岡選挙区)は18日、都内で同党の小沢代表代行と知事選への対応を協議した。

 細野、藤本両氏によると、会談で小沢氏は榛葉参院議員の出馬について「参院や国会の状況を考えると、出すわけにはいかない。(榛葉氏は外交防衛委員長を務めており)1議席以上の重みがある」と述べ、榛葉氏の知事選への転身を認めない考えを伝えた。小沢氏は、自民党との相乗りについても否定的だったという。

 会談後、細野、藤本両氏は記者団に「鳩山代表の意向を今後確認することはない。榛葉氏の出馬はなくなった。これが最終判断だ」と述べた。会談の模様は細野氏から電話で榛葉氏に伝えられ、榛葉氏は18日夜、都内の参院議員会館で記者団に「『政権交代に向けて頑張れ』と党が明確に示した。私が出ることはなくなった」と言明した。

◆一部自民県議超党派で候補擁立も

 自民県連に所属する県議らが、18日の県連大会終了後に静岡市内で会合を開き、「坂本参院議員に知事を任せられない」として、超党派で民間人の候補の擁立を目指す方針を確認した。

 会合に出席した奥之山隆県議によると、会合にはほかに9人の党所属県議が出席。読売新聞の取材に対し、奥之山氏は「(坂本氏の姿勢からは)県政に対する熱い思いが伝わってこない。周りを見渡しながら出馬表明の時期をうかがうようでは、県政の将来を任せられない」と語り、坂本氏が知事選に出馬しても支持できないとの考えを表明した。

 奥之山氏らの動きについて、党県連の小楠和男幹事長は読売新聞に対し、「(現時点で)承知していない」と述べた。

 この後、奥之山氏に加え、県議会民主党系会派「民主党・無所属クラブ」の鳥沢富雄県議、連合静岡の吉岡秀規会長らが浜松市内で急きょ会談。民間人の擁立の可能性などについて協議したとみられる。

(2009年5月19日 読売新聞)

461 千葉9区 :2009/05/19(火) 21:20:30
>>452-453
渡辺あっさり引き下がりました
http://www2.knb.ne.jp/news/20090519_20010.htm
2009 年 05 月 19 日 11:48 現在
高岡市長選、渡辺県議出馬とりやめ
 次期高岡市長選挙に出馬の意向を示していた自民党の渡辺守人県議会議員は、候補者一本化の調整が難航する中、先ほど記者会見し、市長選に出馬しない考えを示しました。

 これに伴い、自民党の候補選考は元新潟県副知事の高橋正樹さんで一本化される方向です。

 渡辺守人県議(55)は19日午前11時から行われた会見で現職の橘市長の衆議院選挙転出に伴って行われる見通しの高岡市長選挙に出馬しない考えを示しました。

 その理由については同じく市長選に出馬の意欲を示した高岡市出身の元新潟県副知事で財団法人「地域創造」常務理事の高橋正樹さん(54)について「橘市政を継承していけるりっぱな候補者だ」と話し、今後、全力で支えていく考えを示しました。

 会見には高橋正樹さんも同席し出馬を表明しました。

 高橋さんは「将来に向けて明るい元気な街になるよう、決意を新たにして次の高岡市長選挙に出馬したい」と述べました。

 市長選の候補者選考では自民党の高岡市連などが渡辺氏と高橋氏に絞込み調整を進めてきましたが、一本化には至っていませんでした。

 こうした中、渡辺県議は、自民党を2分する混乱を避けるため立候補を辞退したとしています。 

http://www2.knb.ne.jp/news/20090518_19995.htm
2009 年 05 月 18 日 11:06 現在
高岡市長選、3人が出馬意向・意欲・熟慮示す
 現職市長の衆院選転出に伴って行われる見通しの高岡市長選挙に、自民党の渡辺守人県議が出馬する意向を示しました。

 高岡市長選挙にはこのほか、高岡市出身で元新潟県副知事の高橋正樹氏も出馬に意欲を見せています。

 渡辺守人県議(55)は17日後援会の幹部会で次の高岡市長選挙に出馬する意向を示しました。

 18日朝、KNBの取材に対して「みずからの意思は変わらない」ことを強調し「近々に出馬表明する」ことを明らかにしました。

 高岡市長選挙にはこのほか、高岡市出身で元新潟県副知事、現在は総務省の外郭団体、財団法人地域創造常務理事の高橋正樹氏(54)歳が出馬に意欲を示しています。

 高橋氏はKNBの取材に応じ、「市議会の自民の会派には自分の思いを表明し伝えた。渡辺県議が出馬の意思を示したことに対してコメントする立場にないが、私の思いは変わらない」と話しました。

 また5年前の市長選挙で保守を二分する激戦を繰り広げた向井英二元県議(63)は「多くの市民から出馬を促す声を受けているが今は、高岡市民がどのようなリーダーを求めているのか、熟慮している」と答えました。

 高岡市長選挙は橘現市長の辞職が6月議会最終日の来月18日に認められた場合7月上旬から中旬に投票が行われるものとみられます。

462 千葉9区 :2009/05/19(火) 21:25:22
2004年市長選
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/1111-1113
民主、向井氏を支持 高岡市長選
高岡市長選の構図(上) (下)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/1127
[選挙]高岡市長選 佐藤市政継承掲げ、橘さん初当選 経営手腕の訴え実る /富山

 ◇開票結果(選管最終発表 開票率97%)
当 54500 橘慶一郎 43 無新
  44500 向井英二 58 無新

463 とはずがたり :2009/05/19(火) 21:43:54
>>459-460
自民分裂とは。ちょい楽しみ。

464 千葉9区 :2009/05/19(火) 21:44:07
そそ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1191859439/70
元県議・向井氏が新党結成へ
次期衆院選で他党などの候補者を推薦


■2005年衆院選得票(富山3区)
1 綿貫民輔 国民新党 前 120,083 当選
2 萩山教厳 自由民主党 前 100,586 比例区当選
3 向井英二 民主党 新 47,735  
4 窪田正人 社会民主党 新 15,163  
5 坂本洋史 日本共産党 新 7,244

465 とはずがたり :2009/05/20(水) 22:25:48
「距離感縮める」 夏野氏、射水市長選出馬を正式表明
http://www.kitanippon.co.jp/contents/knpnews/20090510/21885.html
2009年05月10日 12:00

射水市長選出馬を正式に表明する夏野氏=同市北野のJAいみず野本店

 自民県議の夏野元志氏(36)=二期、射水市土合・大門=は九日夜、同市北野(大島)のJAいみず野本店で開いた後援会拡大役員会で「市町村合併して四年。市政と市民の距離感は広がっている。手遅れになる前に市長選に挑戦する決意をさせていただいた」と述べ、射水市長選への出馬を正式表明した。

 役員会には約三百五十人が出席。夏野氏は「現職との厳しい戦いが予想されるが、死にもの狂いで頑張る」と訴えた。具体的な政策として▽予算や権限を明確化した市民協働のまちづくり▽福祉などに関する市内版構造改革特区の実現▽合併効果を生かした行政の合理化と効率化−などを挙げた。

 会には旧射水郡の市議や三月に発足した新湊地区青年部の役員も参加。矢後肇県議(自民)が応援に駆けつけた。役員会後には同所で記者会見し、出馬の意思を強調した。 陣営は六月二十日ごろをめどに、JR小杉駅前に事務所を開くとしている。

 夏野氏は東北大工学部卒。平成七年に射水建設興業に入社し、現在は相談役。十五年四月に県議に初当選し現在、教育警務常任委員長。

466 千葉9区 :2009/05/21(木) 00:02:05
http://sankei.jp.msn.com/region/chubu/shizuoka/090520/szk0905200253004-n1.htm
【知事選】自民の出馬要請、大学学長が断る 静岡
2009.5.20 02:52
 自民党県議の一部幹部や県西部の企業経営者らは19日、次期知事選で民間からの候補として擁立を目指している県内の大学学長と浜松市内で面会、出馬の意向を打診した。学長は「大学運営に努めており、そういう立場ではない」と立候補する意思がないことを伝えた。

 面会した自民県議の幹部は、自民党県連が出馬要請した坂本由紀子参院議員(60)=静岡選挙区=擁立に慎重な姿勢を示している自民党県議15人の一部。この県議らは「知事選の新しい流れをつくる」と訴え、民主党県議、連合静岡などを含む超党派による民間人の候補者擁立に動いている。

 この日、県議らから事実上の出馬要請を受けた学長は「今後も大学運営に取り組む。知事選への出馬はお断りした」と明言した。

467 千葉9区 :2009/05/21(木) 00:15:47
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2009052002000237.html
西尾市長失職、出直し選に 市議会が再び不信任案可決
2009年5月20日 夕刊

 愛知県西尾市議会は20日、改選後初の臨時会を開き、受託収賄の罪で起訴された市長の中村晃毅被告(71)に対する2度目の不信任決議案を全会一致で可決した。中村被告は失職し、出直し市長選が6月下旬から7月上旬に行われる見通し。

 刑事被告人となった地方自治体の首長が不信任決議に対して議会解散で応じ、改選後の再議決で自動失職するのは極めて異例。中村被告は正副議長との接見を拒んでおり、不信任議決は同日午後、弁護士を通じて名古屋拘置所の中村被告に通知され、失職が決まる見込み。

 20日の不信任決議案は、24人の議員全員が共同提案。中村被告の議会解散を「拘置所からの解散権の乱用」と指摘し、市政を混乱させたことについて「責任は極めて重大で、市長として不適任」とした。

 中村被告は西尾市内の土地利用をめぐり贈賄業者側から便宜を図るよう依頼され、現金600万円を受け取ったとして名古屋地検特捜部に逮捕、起訴された。3月議会で不信任議決を受けた中村被告の議会解散により、5月3日に市議選(定数24)が投開票された。

 出直し市長選は公職選挙法により、失職翌日から50日以内に行われ、選挙日程は21日の選挙管理委員会で決まる予定。既に西尾市選挙区選出の現職県議、榊原康正氏(69)が無所属での立候補を表明している。

468 とはずがたり :2009/05/21(木) 10:47:20

知事選7月5日投票 掛川の県議補選も
05/21 07:54
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090521000000000007.htm

 県選挙管理委員会(村松良委員長)は20日、石川嘉延知事の辞表提出を受けた次期知事選の日程を6月18日告示、7月5日投開票とすることを決めた。併せて欠員1となっている掛川市選挙区の県議補選の日程を6月26日告示、7月5日投開票と決めた。
 次期知事選には、元民主党参院議員の海野徹氏(60)が既に立候補を表明しているほか、自民党の坂本由紀子参院議員(60)=静岡選挙区=も立候補に前向きな姿勢を示している。また、自民党の一部県議や民主党県連、連合静岡などが、超党派で県西部の大学学長(60)の擁立に向けた動きを見せ、共産党県委員会も候補者擁立を検討している。

469 千葉9区 :2009/05/21(木) 20:45:22
>>466
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20090520-OYT8T00898.htm
川勝平太氏に出馬要請
自・民県議ら 超党派組織設立 条件整えば検討

 石川知事の辞表提出に伴う知事選で、自民、民主両党所属の県議や連合静岡の代表ら11人が20日、県庁で記者会見し、「夢あるしずおか創造会議」を発足させて静岡文化芸術大(浜松市中区)の川勝平太学長(60)に出馬を要請したことを明らかにした。川勝氏は同日夜、読売新聞の取材に対し、「外堀は埋められている」などと述べ、条件が整えば立候補を検討する考えを明らかにした。出馬表明済みの元民主党参院議員・海野徹氏(60)や、事実上表明している自民党の坂本由紀子参院議員(60)に加え、川勝氏が知事選に参戦する可能性が高くなった。

 「創造会議」の記者会見には、奥之山隆氏ら自民党所属県議5人と、民主党系県議会会派「平成21」から岩瀬護氏ら3人、同「民主党・無所属クラブ」から鳥沢富雄代表ら2人が出席。連合静岡の吉岡秀規会長も出席した。

 会見で奥之山氏は「国政に左右されず、県民党として清新な知事を誕生させたい。県民や労働団体のみならず、大勢の県民に参画してもらい、大きなうねりをつくっていきたい」と語り、川勝氏に出馬を要請したことを明らかにした。同席した自民の中沢通訓県議も「国政では与野党対決が言われるが、知事候補は党利党略で選ぶのでなく、県の将来を見据え、展望を持った人に出てほしい」と述べた。

 また、会見に同席した民主県連の岡本護幹事長も、川勝氏の擁立について「党県連として異論はない」と述べた。

 自民県連は坂本参院議員に知事選への出馬を要請し、坂本氏は18日の県連大会で事実上出馬を表明したが、一部の県議が坂本氏の擁立に反発していた。他方民主県連も、県議会の2会派や連合静岡とともに候補者擁立組織をつくり、県連会長の榛葉賀津也参院議員(静岡選挙区)の擁立を目指したものの、党本部の同意が得られず断念した。

 こうした経緯を踏まえて新たに発足した「創造会議」からの要請について、川勝氏は読売新聞の取材に対し、学長としての自身の任命権者である理事長(知事)の承認を得ることなど、クリアすべきいくつかの条件があるとしたうえで、「もう外堀は埋められている。いい加減なことはできない」などと述べ、立候補を検討する考えを示した。

 一方、奥之山氏らが創造会議に参加したことについて、自民県連の小楠和男幹事長は「県連は大会で、坂本氏への出馬要請を機関決定している。決定に反する動きをしている党所属議員がいるのは極めて遺憾。内容を確認し、速やかに対応を講じたい」とコメントし、強い不快感を示した。

(2009年5月21日 読売新聞)

http://www.tv-sdt.co.jp/nnn/news8802158.html

次期知事選 川勝氏出馬を完全否定
(静岡県)■ 動画をみる 県議会会派の平成21と民主党県連は21日、それぞれ会合を開き、20日立ち上げた知事選候補の擁立に向けて静岡学芸大の川勝学長を要請することを確認した。しかし川勝学長は21日、知事選への出馬を完全否定した。県議会会派「平成21」は21日午前会合を開き、知事選の候補として静岡文芸大の川勝平太学長の擁立を目指す超党派組織「夢あるしずおか創造会議」に会派としても参加していくことを決めた。また午後には、榛葉賀津也参議院議員の擁立を断念した民主党県連の会合も開かれ、超党派組織への参画とともに川勝学長を知事選の候補者として川勝学長を擁立する意向を確認した。一方、超党派組織が擁立を目指す静岡文芸大の川勝平太学長は午後会見を行い、「出馬の要請などまったくない。自分から出馬をしたいと言ったことは一度もありません」と知事選へ出馬を完全否定した。なお、川勝学長は大学運営に専念したいとして今後、要請があっても断るつもりだと述べた。[ 5/21 18:44 静岡第一テレビ]

470 千葉9区 :2009/05/21(木) 20:45:41
http://www.shizushin.com/news/feature/tijisen/news/20090521000000000013

超党派で「擁立会議」 候補者選び混迷 自民県議一部と民主
2009/05/21
 県議会自民党の一部県議と、民主党県連、平成21、民主党・無所属クラブと連合静岡の幹部らは20日、県庁で会見し、超党派で次期知事選の候補者擁立を目指す方針を明らかにした。自民県連は坂本由紀子参院議員(60)=静岡選挙区=に出馬を要請しており、民主と連携した一部県議の動きに執行部は「極めて遺憾」と反発。6月18日の告示まで1カ月もないのに、自民、民主両党の候補擁立作業は混迷の度を深めている。
 「清新な知事を誕生させたい。大きなうねりだ」―。会見で、超党派の集団名を「夢あるしずおか創造会議」と発表した自民の奥之山隆県議(袋井市・周智郡)は強調した。県西部の大学学長(60)に出馬要請するという。学長はこれまで静岡新聞の取材に出馬を否定している。
 会議発足の声明で「『誰がふさわしいか』を選ぶべき知事選が『衆院選のために誰が勝ちやすいか』という議論にすり替わった」と説明。学長への出馬要請は地域主権に思いが熱く経済、医療福祉に理解が深いことなどがポイントとした。
 奥之山氏は、40人いる自民県議団の動向について「(創造会議へ)合流する仲間は14、5人」と説明。ただ、企業回りなど坂本氏の出馬準備に動いている県議は「電話攻勢が続いているが(合流は)1けたにとどまる」とみる。
 これまで、自民、民主両党の擁立作業は曲折をたどってきた。「勝てる候補」(自民)、「われわれがアプローチした民間人」(民主)として両党が相乗りでの擁立を目指した経済人は土壇場で頓挫。自民県連は拡大選対委員会の決定を経て坂本氏に出馬を要請し、正式な出馬表明を待っている。
 民主県連など民主系の4組織は榛葉賀津也参院議員(42)=民主、静岡選挙区=の擁立に動いたが、党本部の反対で断念。「創造会議」の発足に動いた。

471 千葉9区 :2009/05/21(木) 20:50:30
http://www.asahi.com/national/update/0521/TKY200905210306.html
街頭演説の新潟県議、「うるせえ」とバットで小突かれる
2009年5月21日20時30分
 新潟県上越市内で街頭演説していた梅谷守・同県議(35)=民主党=の右足を木製バットで数回小突いて脅したとして、県警は21日、同市石橋、調理師板倉裕太容疑者(22)を暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕した。板倉容疑者は容疑を認め、「疲れているのに演説がうるさかった」と供述しているという。

 上越署によると、板倉容疑者は20日午前8時ごろ、自宅近くの歩道で演説していた梅谷県議の足を木製バットで数回小突き、「うるせえんだよ。脳天かち割るぞ」などと脅迫した疑い。勤務先の居酒屋から同日午前3時に帰宅した後だったという。

472 千葉9区 :2009/05/21(木) 21:10:10
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/H20090520103.htm
議長交代で収拾へ 金沢市議会、29日に臨時会 正常化へ前進も火種残る

 市議会の臨時会が二十九日に開催されることが十九日固まった。三月定例会最終日の本会議が自然閉会となった影響で混乱が続き、正式な常任委員会も開けない状況に陥っていたが、ベテランの平田誠一(社民・十期)、井沢義武(市民・八期)両氏が十九日に会談し、議会正常化を図ることで合意した。関係者によると、平田、井沢両氏は中西利雄議長(市民・五期)の六月交代で事態収拾を図ることを確認したとみられる。
 議会正常化をめぐっては、中西議長が十三日と十八日の二度にわたって平田氏と話し合いの場を持ち、臨時会開催に向けた議運委開催に協力を求めた。しかし、平田氏は三月定例会の混乱を受け、議運委員長の辞職願を提出しているとして、応じなかった。

 第一会派・自由民主は三月定例会で、中西氏の議長交代を迫った経緯がある。平田氏も中西氏との二度の話し合いであらためて議長辞職を迫ったのに対し、中西氏は議長ポストに恋々としない考えを示す一方、議長続投を求める声もあると主張し、議論は平行線をたどった。

 関係者の話を総合すると、中西氏は事態打開を図るため、所属会派の重鎮である井沢氏に平田氏との調整を打診した。中西氏本人は自らの進退について言及しないものの、井沢氏が議長交代を確約することで、平田氏の理解を求めたとみられる。

 平田氏は井沢氏との会談後、自由民主幹事長の高村佳伸氏(五期)、公明会長の増江啓氏(四期)と三人で会い、井沢氏との会談内容を伝えた。

 臨時会は市職員や特別職、市議の夏季ボーナスを減額する条例改正が議題となる予定で、二十二日の各会派代表者会議、議運委で山出保市長が提出議案を説明、内示する。三月定例会で積み残しとなっている常任委改組についても臨時会で処理されるとみられる。

 議会正常化へ一歩前進したとはいえ、火種は依然くすぶっている。後任の議長候補について、自由民主は高村氏を推す構えを見せているが、井沢氏は平田氏に対し、田中仁氏(市民・五期)の名を挙げたとされる。議長の交代時期や委員長ポストをめぐる調整でも、第一、第二会派を軸とした対立が再燃する可能性がある。

473 とはずがたり :2009/05/21(木) 22:05:26
選挙:島田市長選 候補者の横顔 /静岡
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090521ddlk22010165000c.html
 (届け出順)
 ◇市民の声、市政に反映−−桜井勝郎(さくらい・かつろう)氏(65)無現

 2年前、仕事帰りに立ち寄った市内の飲食店で主婦のグループから声を掛けられた。「市長、小学生の医療費高いのよ」。その言葉をきっかけに、昨年度から市内の小学6年生までの医療費(通院)の一部を市から助成することにした。

 「市民と直接会い、その声を市政に反映させることが大事だ」。旧市時代から通算2期の市長生活を通じて「市民との対話を重視してきた」と語る。

 特に力を入れるのは、市民の健康にかかわる政策だ。「健康に投資することは、医療費の削減につながる」が持論。現市政で検討している合併特例債を使った島田市民病院の建て替えに関しても「志太榛原地域の他病院が医師不足で苦しむ中、市民病院を充実させることは、地域全体のためになる」と、必要性を訴える。

 自身の性格を「政治的には強気。政治を離れると弱気」と評す。妻、次男との3人暮らし。スキューバダイビングなど、海のスポーツが趣味。
 ◇産業活性で財政再建−−大塚修一郎(おおつか・しゅういちろう)氏(69)無新

 政治家としての信念を「公平・公正でなければならない」と話す。旧市時代の95年の初当選から数えて、通算4期の市議生活でその信念を貫いてきたとの自負を語る。「現市政は一部の議員の声しか聞かず、公平ではない」。そう感じ、出馬を決意した。

 レタス作りなど農業も営んでいる。その経験から「農業の現状は厳しい。生計を立てられない農家には無理をさせず、離農を促すことも必要だ。逆に、やる気のある農家はしっかりと支援すべきだ」と唱える。

 市の産業活性化にも取り組む考えを示す。「企業誘致を進めれば税収入を確保でき、市の財政健全化にもつながる」と強調する。

 島田市民病院の建て替え問題については「税金の使い道の優先順位から考えて、今すぐやるべきとは言えない」との考えだ。

 性格は自ら「そそっかしい」と語り、笑う。妻、長男と3人暮らし。趣味は、クラシック音楽鑑賞。座右の銘は「質実剛健」。
 ◇太陽光の活用視野に−−津田恵子(つだ・けいこ)氏(61)無新

 京都府から島田市に移り住んで37年になる。専業主婦だったころ、全国の環境汚染のニュースを目にする中で、「豊かな自然を未来の子どもに残したい」と思い、政治家を志した。

 91年、旧市の市議選で初当選。現市を通じて、5期にわたって市議を務めた。05年に現市長の不正疑惑を追及する民事訴訟を起こし、今の市政への不信を強めた。「今度の市長は私がやるしかない」。強い決意で、立候補した。

 選挙戦のスローガンは「クリーン(透明性が高い)、グリーン(環境・経済が豊か)、ヘルシー(無駄がなく健康)な町作り」。島田市民病院の建て替えについては「1年間の猶予をもらって、市民としっかり議論した上で、どうするか決めたい」との考えを示す。太陽光発電を活用した産業振興策も視野に入れている。

 自身を「楽観主義者」と語る。夫、長女との3人暮らし。趣味は料理。座右の銘は「明るく元気に」。

毎日新聞 2009年5月21日 地方版

474 新潟6区 :2009/05/21(木) 22:36:01
>>471
梅谷氏も災難ですね。こういう経験で図太い政治家になってくれたらと思います。

さて、同じく上越市の話題です。
県議出身の木浦市長ですが、さらなる転身を考えているのでしょうか。
宮越前市長はミッチーの元秘書だそうで、先日喜美が来てました。


木浦上越市長、3選不出馬へ

 上越市の木浦正幸市長(56)は19日までに、任期満了に伴う10月25日投開票の同市長選に3選出馬しない意向を固め、後援会などの関係者に伝えた。市町村合併後の地域づくりが進み、2期目の公約もほぼ達成したことなどから、一定の区切りが付いたと判断したとみられる。

 後援会関係者との調整をさらに進め、22日の定例記者会見で正式表明する予定。進退について沈黙を続けてきた木浦市長の不出馬により、経済界や政党を中心に「ポスト木浦」の擁立に向けた作業が本格化することになる。

 2期目の公約をほぼ達成したことで市政の懸案に一定の道筋を付けたことに加え、市政運営に対する市議会の批判の高まりなどから3選出馬を取りやめたとみられる。後援会の一部が慰留に動いたが、不出馬の意志が固いとして断念した。

 木浦市長は19日、新潟日報社の取材に対し「(22日の)会見で話す」と述べた。

 木浦市長は県議を辞職して2001年の市長選に出馬し初当選。05年には、全国最多(当時)となる14市町村の合併を成し遂げ、全国でも珍しい地域自治区制度を導入するなどの実績を残した。

 同市長選には今のところ誰も立候補を表明していないが、宮越馨前市長(67)が出馬に強い意欲を示しているほか、村山秀幸副市長(60)、山岸行則市議会議長(59)、地域紙社長の大島誠氏(48)らの名前が取りざたされている。


新潟日報2009年5月20日

475 千葉9区 :2009/05/23(土) 09:39:34
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20090522-OYT8T01022.htm
「川勝氏に」5県議処分
自民県連 文書注意で亀裂回避

 知事選の候補者擁立を巡り、自民党県連は22日、坂本由紀子参院議員(60)(静岡選挙区)への出馬を要請した県連の方針に反し、川勝平太・静岡文化芸術大学長(60)の擁立を目指す超党派組織「夢あるしずおか創造会議」に参加したとして、党所属の県議5人を文書による注意処分とした。ただ、今回亀裂が生じたことで、県連が「坂本氏支援」で一致結束できるかどうかはなお不透明と言えそうだ。一方、「創造会議」も同日の会合で改めて川勝氏の擁立を目指す方針を確認したが、擁立のための条件をクリアできるかどうか、見通しは立っていない。

 自民党県連の小楠和男幹事長らによると、県連から処分を受けたのは、佐原徹朗(8期)、奥之山隆(7期)、天野進吾(6期)、中沢通訓(5期)、中谷多加二(4期)の5氏。22日午後、県庁内で非公開の議員団総会を開いて報告し、了承を得た。

 会合後、記者会見した小楠幹事長は、5氏に対する処分理由について、党県連が拡大選対委員会や総務会の手続きを経て坂本氏に出馬要請し、18日の県連大会で擁立方針を報告したにもかかわらず、5氏が「創造会議」に参加し、20日に県庁で行った会議発足の記者会見に出席した――と指摘。これらの行動は「反党行為」にあたると説明した。

 小楠氏は、「5氏への対応について常任顧問からも意見を聞き、(離党勧告など)厳しい処分を求める声もあったが、党内融和を図り自民党40人が一致団結していこうという意見もあった。両方の意見を取り入れることにした」と説明した。県連が5氏を比較的軽い処分としたのは、仮に厳しい処分で臨めば県連内の亀裂が深まり、知事選や衆院選での戦いに悪影響があるとの判断があったとみられる。

 処分を受けた天野氏は記者団に対し、「(処分は)おかしいとは申し上げない。素直に受け入れる。民間人擁立を考えるのは現実的に難しくなった。活動はしない」と述べ、「創造会議」への参加を見合わせる考えを明らかにしたほか、中沢氏も、「川勝氏は知事候補として最高の人という思いに変わりはない」と語りつつ、「坂本氏が正式に出馬表明すればやらざるを得ない」とも述べ、党の方針に従う考えを示した。奥之山氏は「重く受け止めている。ただ、坂本氏からは正式な出馬表明をまだ聞いていない。良い静岡をつくりたいとの思いで川勝氏に期待した」と述べた。

 一方、県東部の自民所属県議でつくる「東部会」の会合が22日、県庁で開かれ、結束して坂本氏を推していく方針を確認した。

 会合後、多家一彦氏(沼津市)は記者団に対し、「(坂本氏からは)出馬表明は出ていないが、党衆院静岡5、6区支部で(坂本氏に対し)推薦を決議するなど、県内での動きは先行している。各県議の後援会や支援組織に働きかけるなどして、準備を進めることを確認した」と述べた。

476 千葉9区 :2009/05/23(土) 09:40:10
     ◇

 「夢あるしずおか創造会議」の民主党系メンバーは22日、静岡市駿河区の連合静岡の事務所で会合を開き、引き続き川勝平太氏の擁立を目指していくことを確認した。

 出席したのは、21日に創造会議への参加を決めた民主党県連幹部や、県議会の同党系会派「平成21」「民主党・無所属クラブ」の所属議員、連合静岡の幹部ら。

 終了後に記者会見した連合静岡の吉岡秀規会長は、21日に川勝氏が記者団の取材に対し「出馬の意図はない」などと述べたことに触れ、「会議として出馬要請はしていないが、いろいろな条件を整備して、その後に正式に出馬を要請することになると思う。(出馬に向けた)環境整備のために会議を発足させた」と述べた。

 同席した民主党県連の岡本護幹事長も、「川勝氏の発言の受け取り方にはいろいろあるだろうが、あきらめたり、悲観したりということはない」と述べ、川勝氏の擁立を目指す考えに変わりのないことを強調した。

 岡本幹事長は「本人から幾つかの点が示されている」と述べ、川勝氏と条件面について意見交換していることを明らかにした。具体的な条件として、連合静岡の吉岡会長は、川勝氏が21日に「大学の理事長に身を預けている」と発言していることを挙げ、「川勝氏は『任命権者である理事長(石川知事)を裏切るわけにはいかない』と話していた。一つの大きなハードルになっているのは事実。そこをクリアし、あと二つくらい壁をクリアできれば、(出馬を)判断してもらえると信じている」と述べた。

     ◇

 石川知事は22日、静岡空港で行われた関係者の内覧会の際、記者団の取材に応じ、知事選について「私個人に気持ちがないわけではないが、有権者が選ぶものなので、個人的な見解を明らかにするのは問題があると思う」と述べ、後継者を指名したり特定の陣営への支援を表明したりする考えのないことを明らかにした。

 石川知事は、「夢あるしずおか創造会議」が擁立を目指している静岡文化芸術大の川勝平太学長が、「身を大学の理事長(石川知事)に預けている」と発言したことについて、「誰であっても(出馬要請をすることは)ありません」と述べた。

(2009年5月23日 読売新聞)

477 千葉9区 :2009/05/25(月) 21:55:24
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090525ddlk22010134000c.html
選挙:伊東市長選/伊東市議補選/島田市長選/島田市議選 島田市長に桜井氏 /静岡
 ◇島田市長に桜井氏再選 伊東市長は佃氏再選
 任期満了に伴う伊東、島田両市長選は24日投票、即日開票された。併せて、改選2議席を4人が争う伊東市議補選と、定数23議席に26人が立候補した島田市議選の投票が行われ、深夜まで開票作業が続いた。【鈴木道弘、浜中慎哉】

 ◇島田市長選
 島田市長選は現職で無所属の桜井勝郎氏(65)が、ともに前市議で無所属新人の大塚修一郎氏(69)と津田恵子氏(61)を破り、再選を果たした。

 選挙戦は「現市政の継続」か「市政の刷新」か、を選択する選挙となったが、桜井氏の実績を評価する結果となった。

 桜井氏は1月の出馬表明以降、市内各地の集会にこまめに顔を出すなど、準備を早くから進めてきた。連合静岡の推薦に加え、周辺市町の首長や地元企業や農業団体など幅広い支持を得て、組織票を手堅くまとめた。

 大塚氏は桜井市政への批判層をバックに「公平・公正な市政にしよう」と、市政の転換をアピール。津田氏は福祉、環境活動にかかわる市民の応援を得て草の根選挙を展開した。ともに現市政に批判的な有権者への浸透を狙ったが、及ばなかった。

 ◇伊東市長選
 伊東市長選は、現職の佃弘巳氏(62)=公明推薦=が、「チェンジ伊東」を訴えた新人の掬川武義氏(56)=民主推薦=を破り、再選を果たした。

 佃氏は選挙戦で「行財政改革や経済対策、巨額赤字を抱えた競輪事業の立て直しなど課題を一つ一つ解決した」と実績を繰り返しアピール。行動力や実行力も強調した。厳しい選挙となったが、後援会がフルに動き、厚い組織票を手堅くまとめることで再選につなげた。

 佃氏は2期目の課題として、新病院の建設や診療科の拡充、高齢化社会の健康増進策と観光・産業振興などを掲げており、今後4年間で公約の実現度が問われることになる。

 掬川氏は市議6期の経験を訴え、「公平な市政運営」の実現を唱えた。民主党の所属国会議員も相次いで応援に入ったが、現職の壁を崩せなかった。

==============
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090525k0000m010130000c.html
伊東市長選:佃氏が再選
 静岡県伊東市長選は24日投開票。佃弘巳氏(62)が再選。前市議の掬川武義氏(56)を破る。投票率は64.19%。

 確定得票数次の通り。

当20120 佃  弘巳=無現<2>[公]

 19173 掬川 武義=無新[民]

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090525k0000m010129000c.html
島田市長選:桜井氏が再選
 静岡県島田市長選は24日投開票。桜井勝郎氏(65)が再選。いずれも前市議の大塚修一郎氏(69)▽津田恵子氏(61)を破る。投票率は72.64%。

 確定得票数次の通り。

当27260 桜井 勝郎=無現<2>

 20116 大塚修一郎=無新

 11847 津田 恵子=無新

478 とはずがたり :2009/05/26(火) 02:20:13
惜しいなあ。。。>伊東市

479 千葉9区 :2009/05/28(木) 20:36:01
http://www.asahi.com/politics/update/0528/NGY200905280011.html
河村市長1カ月 「思いつき」連発、具体化は職員任せ
2009年5月28日16時14分

 28日で就任から1カ月を迎える名古屋市の河村たかし市長は27日、報道陣に感想を聞かれ、「忙しかったが、市民の期待に応えないといけない。それだけの仕事をさせていただいた」と、自らに一定の評価をした。ただ、次々と新たな政策を打ち出すものの、具体化は職員任せという例も目立ち、「どこまで本気か分からない」と現場には戸惑いも広がる。

 就任から1カ月という短期間で、河村市長は矢継ぎ早に「河村カラー」を打ち出してきた。外郭団体へ天下った市の特別職OBに退職を要請。年収800万円への減額を掲げた市長給与も条例改正までの受け取りを拒否した。幹部会など政策の意思決定過程を積極的に公開。職員には緊張感も生まれ、メディア露出が増えることで名古屋市への注目度は大幅に上昇している。

 一方、連日メディアに向けて新たな政策を発表しては、職員に具体化を指示する手法は、機能していない部分も多い。

 河村市長はマニフェストに盛り込んだ約100の政策すべてを担当課に割り振っているが、ある政策の担当者は「割り振られはしたが、何をするのか指示を受けていないので全く動いていない」と打ち明ける。

 マニフェスト以外でも、例えば、駐名古屋韓国総領事館を訪れれば、その場で「韓国に友好都市をつくる」と指示。ある市幹部は「思いつきで言った後は結局、現場で調整させる」と批判する。現場との調整無しに新たな政策を打ち出す姿勢が、市長発言への信頼度を下げる結果も招いている。

 市長与党の民主党市議団の幹部も「政策の理念は素晴らしいが、具体的にどう実現するかが一番難しいのに、それを職員に任せっきりにしている。まだ市議会に何の説明も無い」と首をかしげる。

 河村市長が打ち出した市民税減税や予算の使い道を住民が決める「地域委員会の創設」などは、今後の地方自治にとって試金石ともなる注目すべき取り組みだ。しかし、拙速に進めて失敗すれば、後に続く自治体にも影響が出かねない。(寺西哲生)

480 千葉9区 :2009/05/28(木) 21:46:28
>>364-365
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ishikawa/news/20090528-OYT8T00002.htm
県議会区割り 能登地区9区維持を自民決定
合区案、反対根強く
 県議会の定数削減・選挙区割り見直し議論で、自民党県連は27日、県議員協議会を開いた。「珠洲市」「鹿島郡」の2選挙区を隣接区と併合する合区案への反対は根強く、能登地区内の選挙区数は現行の9区を維持することを決めた。能登地区の定数2減は党内で合意しており、定数2以上で議員1人当たりの人口が少ない「七尾市」と「鳳珠郡」の両選挙区で、定数を各1減とする方向だ。

 これまでの「選挙区・定数検討懇談会」では、2選挙区の合区案について、他会派はおおむね賛成したが、自民は党内議論がまとまらず、態度を保留していた。

 協議会は非公開で、終了後、石田忠夫幹事長は「能登の議員からは、きめ細かい地域の声を県政に反映させるため、合区せずに9選挙区を残してほしいという意見が多かった」と説明した。

 能登地区に定数2以上の選挙区は四つあり、定数を1減らした場合の議員1人当たりの人口(2005年国勢調査)は、河北郡6万2608人、羽咋市羽咋郡南部3万9753人、鳳珠郡3万2341人、七尾市3万935人となる。

 該当する議員が「地元に説明する時間が必要」と主張したため正式決定は見送ったが、29日に再度、協議会を開いて両選挙区を減員する自民案をまとめ、同日の検討懇談会に提案する予定。

(2009年5月28日 読売新聞)

481 千葉9区 :2009/05/28(木) 22:17:11
羽咋と七尾ほとんど有権者数いっしょじゃん

482 千葉9区 :2009/05/29(金) 22:42:31
http://www.asahi.com/politics/update/0529/NGY200905290017.html
河村市長、大事な市議補選 「野党」過半数の可能性
2009年5月29日20時56分

 現職の名古屋市議が29日に死去したことで、補欠選挙(被選挙数1)が7月中にも実施されることになった。その行方に市政関係者が関心を寄せている。

 自民、民主、共産が候補者を立てる予定だが、現在、同市議会は定数75のうち、自民と公明で合計37議席。補選で自民が1議席を獲得すれば、市長選で河村たかし市長の対立候補を支援した自公の「市長野党」が過半数を占めることになり、今後の市政運営にも大きな影響を与える可能性が出てきた。

 補選がある港区は定数5。亡くなった荒川直之氏(無所属)のほか、自民、民主、公明、共産が1議席ずつ分け合っている。

 現時点では、河村市長が市長選で推薦を受けた民主が26議席で市議会第1党。一方、自民は23議席、公明は14議席で、足しても過半数に1議席足りない。この均衡が崩れると、市長提案が「市長野党」の数の力で否決されるケースも想定される。

 補選後の市議会9月定例会は、河村市長の2大政策の一つ「地域委員会の創設」が審議の中心になるとみられる。補選の結果次第では論戦に影響を与えかねないが、河村市長は「それはそれとして、庶民のために邁進(まいしん)するのみ」と話した。(寺西哲生)

483 名無しさん :2009/05/30(土) 09:32:42
>>482
港区は公明・共産が強いエリアなので、民主は苦しいですね。
河村効果がどれだけあるでしょうか。

関係ないですが、県議選の民主候補の得票が、03と07で1票しか変わってないとは…

2007名古屋市議選・港区
  得票数(得票率)  党派  氏名    年齢 新旧 回数  代表的肩書
当  14,007(30.6%)  民  加藤 一登  45  現  3  党県広報委員長
当   9,956(21.7%)  公  江口 文雄  58  現  6  党県幹事
当   6,089(13.3%)  共  山口 清明  45  現  2  党南部地区委員
当   6,053(13.2%)  自  坂野 公寿  60  現  2  市農業委員
当   4,801(10.5%)  無  荒川 直之  66  現  8  NPO理事長
□   2,545( 5.6%)  無  井上 久一  26  新     米穀販売会社員
□   2,331( 5.1%)  無  江口 真司  27  新     県議秘書

2003名古屋市議選・港区
当  11,484(24.6)  民  加藤 一登  41  現  2  党県政調役員
当  10,837(23.3)  公  江口 文雄  54  現  5  党県政策局長
当   7,093(15.2)  自  坂野 公寿  56  新  1  農協理事
当   6,371(13.7)  共  山口 清明  41  新  1  党地区委員
当   6,023(12.9)  無  荒川 直之  62  現  7  NPO顧問
□   4,797(10.3)  自  宇佐美郁江  39  新     党区三支部長


2007愛知県議選・港区
当  19,413(43.4%)  自  直江 弘文  58  現  7  会社監査役
当  16,173(36.2%)  民  刀禰 勝之  36  現  2  党県議団監事
□   9,123(20.4%)  共  加能美恵子  53  新     党地区委員

2003愛知県議選・港区
当  19,347(42.4)  自  直江 弘文  54  現  6  会社監査役
当  16,174(35.4)  民  刀禰 勝之  32  新  1  船舶食糧品商
□  10,128(22.2)  共  森田 茂    51  新     司法書士

484 名無しさん :2009/05/30(土) 15:37:37
>>483
共産は元は港区に県会に議席持ってて、自民空白区だったのに。
(直江氏は民社離党組)
荒川氏はその遠因でしょうか。離党して15年位議席維持できたのはすごいと思う


1999愛知県議選・港区

当 18503 自  直江 弘文  50 現
当 14237 共  田中 久幸  57 現
  12127 民  刀禰 勝之  28 新
  4635 無  葉山 雅之  52 新

1999名古屋市議選・港区

当 11050 公  江口 文雄  50 現
当 10763 民  加藤 一登  37 新
当 8437 共  二井  巌  64 現
当 7993 自  杉浦 重太郎 75 現
当 6476 無  荒川 直之  58 現
  5970 民  伊藤 勇三  54 元

485 名無しさん :2009/05/30(土) 18:51:30
>>484
もう一つ前も探してみました。
伴野ってこんな所に出てたんですねぇ。

1995愛知県議選・港区
当17,924 直江 弘文  46 自現
当12,290 田中 久幸  53 共現
  11,640 伴野   豊  34 無新 〈進〉〈社〉〈公〉代議士政策秘書,JR東海社員

1995名古屋市議選・港区
当 9,703 江口  文雄 46 公現 〈進〉
当 8,144 杉浦重太郎 71 自現
当 5,997 二井    巌 60 共新
当 5,727 荒川  直之 54 無現
当 5,471 加藤  昭夫 65 諸現 〈進〉
   5,409 伊藤  勇三 50 社現
   2,365 葉山  雅之 48 進新 針きゅう院長、新生党港幹

486 名無しさん :2009/05/30(土) 23:35:52
>>485
伴野豊にそんな過去が…
彼は964区落選008区転出で現在に至る訳だね

487 千葉9区 :2009/05/30(土) 23:52:10
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090530ddlk22010202000c.html
転機:’09知事選 川勝氏、「不出馬」発言を撤回 /静岡
 ◇民主県連、出馬の見方広がる
 次期知事選で、民主党県連や連合静岡が出馬を促してきた静岡文化芸術大の川勝平太学長(60)は29日、不出馬の意向を表明した先の自身の発言について事実上、撤回した。川勝氏は同日、文書を公表し「『回答は後日に』と申し上げるべきところ、不明確な発言になった」と釈明。「出るも出ないも現時点では何も語るべきではない」と強調した。この文書を受け、同党県連内には「出馬に傾いている」との見方が広がっている。

 川勝氏はこれまでに、同大理事長の人事などを理事会で協議する6月5日以降、進退を明らかにする考えを示している。川勝氏は29日の文書で「知事選については理事会での職責を果たしてから」「6月5日には決意を初めて明らかにします」と記した。

 同党県連の岡本護幹事長は29日、取材に「(川勝氏から)いい返事をもらえると信じている」と語った。告示の6月18日が迫っていることから、川勝氏出馬を念頭にポスターの作成などを進めたい考えも示した。

 また県議会の民主系会派「平成21」の三ツ谷金秋会長は「不出馬の発言を撤回したということだ。6割方、出ると信じている」と述べた。回答が出馬辞退だった場合でも「新しい候補者を探す時間的な余裕はないが、自主投票ではなく選択肢を提示したい」と強調。すでに出馬表明している海野徹・元民主党参院議員(60)の支援も含め対応を検討する考えを示した。【望月和美】

毎日新聞 2009年5月30日 地方版

488 千葉9区 :2009/05/31(日) 00:28:22
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1038805069/1997-1998

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090530-OYT1T00030.htm
天下り批判で辞任させたのに…河村市長、後任に元局長容認
 外郭団体に天下りしている名古屋市の元副市長ら特別職経験者4人全員が、河村たかし市長の要請を受け入れ、辞任する見通しとなった。


 このうち辞任が決まった2人の後任には元局長が就任する。河村市長は容認する意向だが、議会の一部からは「天下りに違いはない」との批判が出ている。

 辞任が決まったのは、元収入役で市信用保証協会の加藤公明会長(66)と元副市長で名古屋国際センターの鈴木勝久理事長(69)。加藤会長の後任には元財政局長(61)が就任し、鈴木理事長の後任にも元市議会事務局長(61)が内定している。

 2人のほか、元副市長で名古屋観光コンベンションビューローの因田義男理事長(65)は29日、理事会で辞意を表明。元副市長で名古屋地下鉄振興の塚本孝保社長(64)も来月18日の株主総会で辞任する見通しだ。

 河村市長は、市長選で外郭団体への天下り禁止を掲げ、就任直後、4人に退職を求めた。特別職経験者から元局長に代わることについて、河村市長は「特別職は任期の4年ごとに退職金をもらっており、一般職の局長とは立場が違う」としている。

 これに対し、自民党市議団の横井利明副幹事長は「天下り問題に手を着けたように見せても、結局は同じ。元特別職4人への個人攻撃としか思えず、政策に一貫性がない」と批判。共産党市議団の江上博之幹事長も「必ずしも市職員だからダメとは考えないが、民間人も含め、選考したか疑問だ」と話した。

(2009年5月30日07時18分 読売新聞)

489 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2009/05/31(日) 02:06:50
>>482-484
故荒川氏は、元々共産党市議だったのですけど名港管理組合の議員だった際に金銭問題から党を除籍されて、無所属になったんですよね。
ただ、個人的な人気はあっただけに社会党系の票に食い込んだりして、それなりに命脈を保っていたそうで。

490 とはずがたり :2009/05/31(日) 15:48:55
>>482-489
情報提供,有り難うございます>名無しさん及びその他の皆さん

県議選と市議選較べると,市議では6千票の共産党が9千票取るんですね。また市議選では自民6千,公明1万が県議選になると上乗せされてほぼ自民2万弱という所に成る傾向ですね。
NPO顧問の荒川氏は市民派と云う事だと彼の6千票の内の3千票が左派リベラル票として県議選では共産候補に載るのか。
と思ったところで真大さんのレスに気づくとそもそも共産党系の人材なんですね。。
となると彼の死去後の補選の自・民・共の争いは県議選っぽい得票構図に成りそうでなかなか大変か。県議選では若い民主候補が出ても大量得票出来て居らず無党派票が大量に出る場所でも無さそうですね。

県議選での直江の強さは友愛票も受けてのものだとすると07年での民主の圧勝ぶりなども参考にすると今回の補選で民主はもうちやりそうなのかも知れませんが。

491 千葉9区 :2009/05/31(日) 20:06:14
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20090531/CK2009053102000148.html?ref=rank
県知事選 川勝氏、出馬に意欲 民主関係者明かす
2009年5月31日

小沢氏と面談

 静岡県の石川嘉延知事の辞職に伴う知事選で、民主党県連などから推す声が出ていた静岡文化芸術大(浜松市中区)の川勝平太学長(60)が30日、同党の小沢一郎代表代行と面会し、出馬について協議したことが同党関係者への取材で分かった。関係者は「川勝氏は立候補に前向きの意向を示し、小沢代表代行も支援の方向で調整する意向を伝えた」としている。

 川勝氏は、民主党県連や連合静岡などでつくる「夢あるしずおか創造会議」から正式に立候補の要請を受けていた。この日は、同党国会議員と一緒に上京していた。

 関係者によると、小沢代表代行とは都内で1時間ほど懇談した。川勝氏は小沢氏に知事選出馬を検討していることを伝え、小沢氏は賛意を示して出馬を促したという。

 これまで川勝氏は、出馬要請を固辞する意向を示していた。だが29日になって撤回する文書を報道各社に出し、学長職を全うすることへの責務を強調しつつも、出馬要請に「6月5日の大学理事会終了後、民主党県連会長の榛葉賀津也参院議員に回答する」と含みを持たせていた。

 川勝氏は京都府出身で、専攻は比較経済史。国際日本文化研究センター教授などを経て2007年4月から静岡文化芸術大学長。著書には「『美の国』日本をつくる」「富国有徳論」などがある。

 知事選には、元民主党参院議員の海野徹氏(60)と自民党県連推薦の坂本由紀子参院議員(60)=静岡選挙区=がいずれも無所属での出馬を表明し、共産党も擁立を模索している。

492 とはずがたり :2009/05/31(日) 21:10:33
>>480-481
能登9区は七尾市(3)5.8・輪島市(1)3.0・珠洲市(1)1.6・羽咋市羽咋郡南部(2)2.3+1.4=3.7・かほく市(1)3.4・河北郡(2)6.3・羽咋郡北部(1)2.2・鹿島郡(1)1.8・鳳珠郡(1)2.9の9区。

09/4/16及18の記事>>364-365
>議員1人当たりの人口が少ない「珠洲市」「鹿島郡」の2選挙区を、隣接の選挙区と併合する見直し案が示され
とあり,具体的な合区先は書いてない。
併し珠洲市は珠洲郡を包摂した鳳珠郡と合区が順当。鹿島郡は元々鹿島郡だった七尾市との合区が順当か。となると
七尾市鹿島郡(3)5.8+1.8=7.6▼1減,珠洲市鳳珠郡(2)1.6+2.9=4.5,羽咋市羽咋郡南部(1)3.7▼1減が順当では?反撥するのは羽咋の選挙区の2人の人間の筈だ。七尾と鹿島の計4人も怒り出したのか?