したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

近畿 地方議会・首長,政治・選挙スレ

253 千葉9区 :2009/07/03(金) 23:24:12
http://mainichi.jp/area/nara/news/20090630ddlk29010689000c.html
未来への選択:09年県都決戦/上 ホテル誘致 /奈良
 ◆市長選市議選、来月5日告示

 ◇観光振興策“空振り” 1300年祭控え急ぐも計画頓挫
 「結果責任を感じています」。今年3月5日、奈良市の藤原昭市長は目を潤ませながら、JR奈良駅西側のホテル誘致を断念すると発表した。市が05年から進めてきたプロジェクトが失敗に終わった瞬間だった。「要は(事業者の)資金繰りがつかなかったんでしょ」。記者会見の終盤、市長は投げやりに語り、その4日後、市長選への不出馬を正式に表明した。

 ホテル誘致は、来年の平城遷都1300年祭に向け、JR奈良駅西側の市有地約2500平方メートルに計画。最初に市有地を売却した不動産開発会社が経営破たんし、「JR奈良駅前ホテル開発」(奈良市)が引き継いだ。

 異変があったのは2月。協定で予定されていた工事が着工されない。吉本国通政策監(当時)らは電話で同社に何度も念押ししたが明確な答えがなく、ついに書面で進ちょく状況を問いただした。2月27日に届いた回答は「融資を受けられず、事業ができない」という内容だった。

 このころ、藤原市長は毎朝目を真っ赤に腫らして登庁していた。記者が指摘すると「花粉症」とごまかしたが、ある市幹部は「最近眠れないらしい」と同情するように言った。

 「1300年祭前の開業という焦りが市長の目を曇らせた」。市幹部や市議らはこうみる。市は同社が提示した資金調達計画を、実現可能性を調査しないまま受け入れた。「主な出資予定者」と記載された国土交通省の外郭団体「民間都市開発推進機構」(東京都)は「出資は未確定。(出資予定者という)発表を訂正してほしい」と、市に要請。最終的に出資しなかった。

 市長は京大建築学科卒の旧建設省出身。就任以来、最も力を入れた一つがホテル誘致だった。今も「奈良にホテルは必要。県企画部長時代からずっと描いていた夢だった」と、無念そうに語る。

 背景には、長年抱えてきた「宿泊客数増加」という課題がある。県内の宿泊客数は年間116万7480人で全国最少(07年国交省調査)。ホテル・旅館の客室数も全国最下位(07年厚生労働省調査)で、年間約1300万人の観光客の9割以上が「お金を落とさない」日帰り客だ。その結果、飲食店などが姿を消し、ますます宿泊客が減る悪循環に陥り、世界遺産など多くの観光資源を生かし切れていない。

 財政難の市にとって、観光振興は収入増を図るための有効な手段だ。市は保健所など施設整備に約55億円の支出予定を抱える。一方で、市税収入はピーク時の96年度の約622億円に比べ、08年度は約545億円と12%減少。市は09、10年度で約99億円の財源不足になると推計している。

 市議会は今月12日、ホテル予定地で見つかった産廃処理の予算案を認めなかった。産廃処理や予定地の活用方法、さらに古都奈良の観光振興をどう描くのかは、新市長の手腕にゆだねられる。

   ×  × 

 奈良市長選、市議選の告示が来月5日に迫った(12日投開票)。同市が抱える課題を3回にわたって紹介する。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

飼育少女(1) (モーニング KC) - 仲川 麻子

KENZEN! マジ、KENZEN!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa