したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

利水・治水スレ

1 とはずがたり :2007/11/05(月) 00:45:52
ダム・堰堤・運河・暗渠etc
公共事業に占めるダムなどの費用は非常にでかいものがある。専用スレで研究・観察。

行革スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1038805069/?KEYWORD=%A5%C0%A5%E0
土建スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1105074193/?KEYWORD=%A5%C0%A5%E0
ダムサイト
http://damsite.m78.com/top.html
ダム便覧
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jdf/Dambinran/binran/TopIndex.html
ダムマップ
http://www.dammaps.jp/

1504 とはずがたり :2019/10/12(土) 21:23:14
https://twitter.com/BB45_Colorado/status/1182989617991045126
Hiroshi Makita Ph.D.
@BB45_Colorado
今大事なことは、関東一円で多くのダムが一斉に但し書き操作に入っている可能性があって、それは河川計画が破綻したことを意味するのです。

だから、今は戦時下であれば焼夷弾が降り注ぎはじめたという状態です。

ダムプロパガンダは、まさに「逃げるな火を消せ」そのものです。
午後9:01 ・ 2019年10月12日・Twitter Web App

https://twitter.com/BB45_Colorado/status/1182991315635585024
Hiroshi Makita Ph.D.
@BB45_Colorado
「緊急放流」=「但し書き操作」=「災害時ナンチャラ操作」

これはダムが治水機能を放棄してダムを守ること以外何もできなくなったことを意味し、治水上の最大級の緊急事態を意味します。

極めて高い確率で大氾濫が起こりえますので、「緊急放流」の予告が入ったら、6m以上の高台に避難しましょう。
午後9:08 ・ 2019年10月12日・Twitter Web App

関東4ダム緊急放流の可能性 神奈川 栃木の一部で水害のおそれ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191012/k10012126461000.html
2019年10月12日 20時42分

台風19号の接近に伴う大雨でダムの水位が上がり、ダムの機能を確保するため、関東の4つのダムで緊急放流が行われる可能性があります。下流の神奈川県や栃木県の一部で水害が発生するおそれがあります。

緊急放流は異常洪水時防災操作と呼ばれ、通常の放流と異なって、これ以上ダムに水をためられないと想定される際に、ダムに流れこんでくる大量の水を下流に流す操作です。

神奈川県
神奈川県によりますと、相模原市緑区にある●城山ダムの緊急放流によって相模川や相模川に流れ込んでいる川の水位が急激に上昇して、大規模な水害が発生するおそれがあるとしています。

神奈川県は緊急放流の1時間前には周知するとしていて、流域の、
▽相模原市、
▽平塚市、
▽茅ヶ崎市、
▽厚木市、
▽海老名市、
▽座間市、
▽寒川町、
▽愛川町に住む人たちに命を守る行動を取るよう警戒を呼びかけています。

栃木県
▽国土交通省関東地方整備局は、栃木県日光市の●川俣ダムの緊急放流について、12日午後10時以降に始める可能性があるとしていましたが、予定より遅くなる見通しだということです。

▽13日午前0時から緊急放流を予定していた●川治ダムについても、予定より遅くなる見通しだということです。

ダムに流入する雨の量が想定を下回っているためだとしていて、現時点で緊急放流の具体的な時間は決まっていません。

放流の3時間前には周知するとしています。
埼玉県 群馬県
埼玉県と群馬県の境にある●下久保ダムでも13日午前1時ごろから緊急放流を始める可能性があるということです。

下流にあたる神流川流域の群馬県藤岡市、高崎市、埼玉県神川町、上里町の住民に、低い土地の浸水への警戒を呼びかけています。

国土交通省は緊急放流を行う場合、実施する3時間前に改めて発表するとしています。

1505 とはずがたり :2019/10/12(土) 21:32:54
岩淵水門へ隅田川への流入を防いで荒川流域を犠牲にする仕組みに成っているらしい。
上流の二瀬ダムの緊急放流も始まるようだ。。

https://twitter.com/search?q=%E5%B2%A9%E6%B7%B5%E6%B0%B4%E9%96%80&src=recent_search_click

Mr.たりん
@Mr_Tarinn
ついに岩淵水門閉門!!!!#隅田川 #荒川 #台風19号

午後9:00 ・ 2019年10月12日

国土交通省 荒川下流河川事務所
@mlit_arakawa_ka
#台風第19号 の接近に伴い、岩淵水門地点の水位がAP+4.0mに達しました。
このため、岩淵水門を閉鎖し、隅田川の水位上昇を防ぎます。
今後の台風情報等にご注意ください。#荒川 #岩淵水門

午後9:19 ・ 2019年10月12日・

たき
@taki_road
とうとう岩淵水門が閉鎖されました、22時からは二瀬ダムの緊急放流も始まります
荒川流域周辺の方は直ちに非難を
午後9:13 ・ 2019年10月12日

タケルんるん
@jakotiben83
今日、国交省の人と話ししてたんだけど隅田川って基本的に氾濫することってないんだって??

理由は隅田川が氾濫しそうになると赤羽にある岩淵水門っての閉めて全部荒川に流しちゃうから??

荒川流域に住んでる人は気を付けて??
午後6:35 ・ 2019年10月11日・Twitter for iPhone


mii
@xox_0_0_
荒川が決壊するか全ては、隅田川と荒川の分岐点にある「岩淵水門」に掛かっています。上流の川の水位が4mを越えたら、この水門が閉められ全ての水が荒川に流されるということ。東京の予想総雨量は1000ミリ。先程大雨特別警報が初めて東京に出ました。
早めの判断と行動が大切です。#台風
午後4:03 ・ 2019年10月12日

蒼封
@y_miyata

21:00頃の岩淵水門ライブカメラ画像
って水門しまってるーーーー!、隅田川への水量少なくなるけど荒川に水集中するから荒川流域の江戸川区・墨田区・江東区は危険だ。


フォンテーヌ春日
@oauKs58jejOMqEF
軟弱地盤の岩淵水門を完成させて荒川放水路を造った土木技師=青山士(あきら)。クリスチャンであった青山は軍国主義に反対し「軍艦一隻の建造費があれば放水路を造れる」と言って軍部を敵に回すが、東京を守ったのは荒川放水路であり戦艦大和ではなかった。バカな軍国主義者は台風より危険!

午後7:53 ・ 2019年10月12日

1506 とはずがたり :2019/10/12(土) 22:14:21
福島 高柴ダムで緊急放流 いわき 鮫川で大規模水害のおそれ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191012/k10012126841000.html
2019年10月12日 22時12分

福島県によりますと、いわき市にある高柴ダムは記録的な大雨の影響で水位が上がり、午後10時から緊急放流が行われています。

県は放流によって、いわき市を流れる鮫川で大規模な水害が発生するおそれがあるとして、流域の住民に命を守る行動を取るよう呼びかけています。

1507 とはずがたり :2019/10/12(土) 22:16:07
栃木県佐野市で秋山川が氾濫
2019/10/12 22:11 (JST)10/12 22:13 (JST)updated
https://this.kiji.is/555740049364829281?c=39550187727945729
c一般社団法人共同通信社

 栃木県河川課などによると、同県佐野市で12日夜、秋山川が氾濫した。

この記事をキュレート

1508 とはずがたり :2019/10/12(土) 22:16:22
福島県相馬市で宇田川が氾濫
2019/10/12 22:08 (JST)10/12 22:15 (JST)updated
c一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/555739168497943649

 福島県によると、12日夜、相馬市を流れる宇田川が氾濫した。

1509 とはずがたり :2019/10/12(土) 22:16:39
神奈川県箱根町で総降水量が千ミリ超える
2019/10/12 22:07 (JST)10/12 22:15 (JST)updated
c一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/555738915240592481

 気象庁によると、神奈川県箱根町で10日からの総降水量が千ミリを超えた。

1510 とはずがたり :2019/10/12(土) 22:17:16
長野で千曲川氾濫
2019/10/12 21:21 (JST)10/12 21:50 (JST)updated
c一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/555727263329633377

 国土交通省千曲川河川事務所によると、12日夜、長野県の上田市と長野市で千曲川が氾濫した。

1511 とはずがたり :2019/10/12(土) 22:17:53
埼玉・秩父のダムで放流量増やす
2019/10/12 20:39 (JST)10/12 21:05 (JST)updated
c一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/555716818456822881

 国土交通省関東地方整備局は12日午後8時ごろ、埼玉県秩父市にある荒川水系の二瀬ダムで放流量を増やした。

1512 とはずがたり :2019/10/12(土) 22:18:28
東京都内の2河川が氾濫
2019/10/12 20:13 (JST)10/12 22:16 (JST)updated
c一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/555710228466222177

 東京都によると、12日午後、八王子市の南浅川と青梅市の成木川が氾濫した。

1513 とはずがたり :2019/10/12(土) 22:19:16
車ごと橋壊れて転落しても助かるなんて凄い!

長野で車3台が転落、5人救助
2019/10/12 20:14 (JST)
c一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/555710349950256225

 長野県東御市によると、12日午後7時ごろ、同市の千曲川に架かる橋の近くの道路が陥没し、車3台が転落した。計5人が乗っていたが全員救助され、命に別条はない。

1514 とはずがたり :2019/10/12(土) 22:27:33
栃木県佐野市で秋山川が氾濫
2019/10/12 22:11 (JST)10/12 22:25 (JST)updated
c一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/555740049364829281

 栃木県河川課などによると、同県佐野市で12日夜、秋山川が氾濫した。

1515 とはずがたり :2019/10/12(土) 22:48:57
福島 南相馬 新田川で氾濫発生
2019年10月12日 22時42分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191012/k10012126971000.html

福島県と福島地方気象台は午後10時半、南相馬市原町区を流れる新田川で氾濫が発生したと発表しました。

氾濫が発生した場所は原町区の大谷地区と北新田地区の付近だということです。

自治体からの避難情報を確認するとともに、安全の確保を最優先に進めてください。

1516 とはずがたり :2019/10/14(月) 18:35:23
ええっ!?これらのダムは少なくともまともに対策とろうろしてなかったことじゃね??

なんか城山ダムとか擁護ツイート一杯見たけど現実はこれかい。

ダム緊急放流、水位調節は実施されず 国交省、対応調査へ
https://www.kanaloco.jp/article/entry-201951.html?fbclid=IwAR3HzJ8GStnVzBjqql0erkEi1tbk7ZEDN2ZbdN-HlC1eOsU3BzjWZj_FZ2U
社会 共同通信  2019年10月14日 14:5

 台風19号で茨城など4県と国は12日夜から13日未明にかけ、治水機能を持つ6カ所のダムで満杯近くになった水を緊急放流した。国土交通省は決壊を防ぐためやむを得なかったとの見解だが、昨年の西日本豪雨の教訓として有識者から提言されていた事前の水位調節は、6ダムとも実施していなかった。同省は対応が適切だったかどうか調べる方針だ。

 6ダムは、国が管理する美和ダム(長野県)、県が管理する高柴ダム(福島県)、水沼ダム、竜神ダム(ともに茨城県)、塩原ダム(栃木県)、城山ダム(相模原市緑区)。国交省はいずれも規則に基づき、自治体や警察、消防などに通知したとしている。

 緊急放流は流入量と同量の水を放出する操作だ。

この記事は有料会員限定です。

1517 とはずがたり :2019/10/14(月) 20:04:36
ここか。
https://map.goo.ne.jp/map/latlon/E138.15.8.625N36.37.18.708/zoom/8/

長野新幹線の基地はこの辺。そもそも川が一杯で低湿な感じ
https://map.goo.ne.jp/map/latlon/E138.16.24.375N36.41.51.417/zoom/8/

千曲川の決壊地点は古くから洪水の常襲地帯 犀川と合流
有料記事 台風19号
https://www.asahi.com/articles/ASMBG3GHNMBGULBJ001.html
小林舞子 2019年10月14日19時21分

 台風19号による大雨で堤防が決壊し、大きな被害が出た千曲川。専門家によると、長野市の浸水エリアの一帯は古くから洪水の常襲地帯として知られている場所だった。国土地理院が推定した浸水の深さは最大で4・3メートルに達した。

 信州大の吉谷純一教授(河川工学)によると、千曲川は決壊地点の約8キロ上流で犀川と合流している。千曲川の源流は、長野、山梨、埼玉の県境の山岳地帯。犀川の源流は北アルプスの山中。二つの流域に降った雨が集まり、もともと水量が多くなるところだ。

 さらに、約5キロ下流では川幅…

残り:289文字/全文:518文字

1518 とはずがたり :2019/10/14(月) 20:44:00
埼玉・川越で堤防の復旧開始 本格着工は来年の可能性も
有料記事 台風19号
https://www.asahi.com/articles/ASMBG525QMBGUTNB006.html?ref=tw_asahi
宮脇稜平、西堀岳路 2019年10月14日19時59分

 台風19号による大雨で複数の堤防が決壊した埼玉県内では、復旧工事が急ピッチで進められている。

 同県川越市平塚新田では越辺(おっぺ)川の右岸の堤防が決壊し、付近の航空会社倉庫に水が流れ込んだ。14日午前中から国土交通省のポンプ車3台などが排水作業を行っていた。荒川上流河川事務所によると、応急処置は10日ほどで完了するが、本格的な工事は来年にずれ込む可能性もあるという。

 同事務所によると、荒川水系の河川で堤防が決壊したのは越辺川と都幾(とき)川の計4カ所で、緊急復旧工事を14日中に開始するとしている。大型ブロックで作った土台に土砂を盛り、遮水シートやブロックで表面を覆う措置で、1週間から10日程度で完了するという。

 ただ本格的な工事がいつから始められるかは未定だ。台風シーズンが当面続くとみられることから、着工は雨が少なくなる来年1月以降になることもありうるという。工事期間は長いもので半年ほどといい、堤防の完全復旧までには時間がかかりそうだ。

 なぜ決壊したのか。同事務所の…

残り:526文字/全文:954文字

1519 とはずがたり :2019/10/15(火) 08:02:52

どこだ?
この辺https://map.goo.ne.jp/map/latlon/E140.23.22.089N36.50.28.012/zoom/9/かな??

唯一の橋が崩落し孤立 不通の鉄道橋を緊急利用 福島 矢祭町
2019/10/14 23:12NHKニュース&スポーツ
https://news.goo.ne.jp/article/nhknews/nation/nhknews-10012131231_20191014.html

台風19号の大雨で福島県矢祭町の山に囲まれた集落では、外につながる唯一の橋が川の増水で崩落し、住民30人が孤立状態になっています。

1520 とはずがたり :2019/10/15(火) 16:37:25
>決壊したのは長野市穂保(ほやす)地区の千曲川左岸の堤防で、1984年に完成し、2007年に幅を7メートルから2倍超の17メートルにまで広げる工事をしたばかりだった。
https://map.goo.ne.jp/map/search/latlon/E138.16.36.563N36.40.46.486/zoom/8/?order=1&qo=%E9%95%B7%E9%87%8E%E5%B8%82%E7%A9%82%E4%BF%9D

>決壊地点は、約7キロ下流の中野市立ケ花(たてがはな)で川幅が狭くなるため遡上(そじょう)流が入り込みやすい地形だった。
https://map.goo.ne.jp/map/search/latlon/E138.18.41.063N36.43.31.944/zoom/8/?order=1&qo=%E4%B8%AD%E9%87%8E%E5%B8%82%E7%AB%8B%E3%82%B1%E8%8A%B1

千曲川決壊、過去最大の水量による水圧 越水も重なる 台風19号
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000002-mai-soci
10/15(火) 8:29配信毎日新聞

千曲川決壊、過去最大の水量による水圧 越水も重なる 台風19号
台風19号の大雨で決壊した千曲川=長野市穂保で2019年10月14日午前10時30分、本社ヘリから
 台風19号で長野市の千曲川の堤防が決壊した原因について、国土交通省千曲川河川事務所は、過去最大の水量による水圧と越水が重なった可能性があるとみている。

【写真特集】千曲川決壊 何もかも流され…

 決壊したのは長野市穂保(ほやす)地区の千曲川左岸の堤防で、1984年に完成し、2007年に幅を7メートルから2倍超の17メートルにまで広げる工事をしたばかりだった。河川事務所や市などによると、13日早朝、約70メートルにわたって崩れ、同地区を中心に広範囲に浸水被害をもたらした。

 決壊地点は、約7キロ下流の中野市立ケ花(たてがはな)で川幅が狭くなるため遡上(そじょう)流が入り込みやすい地形だった。

 決壊地点は左岸と右岸の幅が約1000メートルあるが、立ケ花付近は約200メートルしかないため水位が上がりやすく、83年の台風の際は水位が最大11.13メートルを観測した。立ケ花で水位が上がれば上流側にも相当な水圧がかかる。今後予定していた川の掘削工事が完了すれば過去最高水位だった83年時に相当する水量でも耐えられる想定だった。しかし、今回はその水位をも超え、13日午前3時20分に12.46メートルに達した。

 決壊地点では水位の上昇とともに堤防に水圧がかかり、13日午前0時55分ごろから越水が始まり、それによって堤防の外側が削られた。さらに水量が増え続けて水圧が増し、午前3時20分から5時半の間に決壊したとみられる。河川事務所の吉田俊康副所長は「川は難しい。具体的な原因について調査を進めていきたい」と話した。【ガン・クリスティーナ】

1521 とはずがたり :2019/10/15(火) 17:04:02
試験湛水中でまさかの役立ちを見せた八ッ場ダム。試験中だけに貯めっぱなしには出来ず早くも放流。

発電所は併設されてないの?ここ

八ッ場ダム 16時から放流
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00010000-gtv-l10
10/15(火) 16:02配信群馬テレビ

 国土交通省八ッ場ダム工事事務所は、群馬県長野原町の八ッ場ダムで水位低下のための放流操作をすると発表しました。発表によりますと、10月15日16時頃から放流するということです。下流の河川の水位上昇が見込まれるため、注意を呼びかけています。

最終更新:10/15(火) 16:02

1522 とはずがたり :2019/10/15(火) 19:34:29

https://twitter.com/NishijimaLaw/status/1183528445852020736
西島和
@NishijimaLaw
ダムが治水効果を発揮したといえるのは
・降雨の場所(ダムの集水域)
・降雨の規模、時間分布(ピークが河道で流せない)
が想定通りで、かつ、ピークカットできるタイミングで洪水調節できた場合に限られる。
だから、ダムの治水効果はきわめて限定的なのです。まずこの基本を理解してくださいね


ttps://twitter.com/NishijimaLaw/status/1183650375980568576
西島和
@NishijimaLaw
そうなんです。ダムも堤防もおもしろいし、私たちの生命財産にかかわる大事なことなので、専門家にまかせておかないで、もっとみんなで議論したいですね。
「堤防にソイルセメントをいれて強化する技術は、海外ではふつうなのに、なぜ日本ではほとんど実施されないのか?」とか、不思議がいっぱいです


tps://twitter.com/NishijimaLaw/status/1184044510927392768
西島和
@NishijimaLaw
そうですよね。ところが、国土交通省には「土堤(どてい)原則」という古(いにしえ)の技術指針がありまして、堤防にセメントや鋼矢板をいれることはまかりならん!となっているらしいです。それで、全国で土まんじゅうの堤防が決壊するひどいことになっております…


tps://twitter.com/tohazugatali1/status/1184052899619303424
とはずがたり
@tohazugatali1
堤防が一番重要な機能である"流水、雨水の浸透・浸食に極めて脆弱"なのに"メリット大きい"って意味がわからんですねえ。。

tp://nilim.go.jp/lab/fag/data/seminar150302/150302_toya.pdf
河川施設管理の現状と課題
堤防を中心として
公益財団法人 河川財団 研究フェロー
戸谷 英雄

① 土堤原則(河川管理施設等構造令)
・土堤であることのメリットは、大きい
・その反面流水、雨水の浸透・浸食に極めて脆弱

ttps://twitter.com/tohazugatali1/status/1184053157652910081
とはずがたり
@tohazugatali1
しかもそんな古いものでもないのか。

ttp://blog.livedoor.jp/ohta_geo/archives/51875987.html
「堤防は土で作るのが原則で、異物を入れるととんでもないことが起きるから絶対にダメだ」というのが土堤原則だと言われています。これは昔からずっとそうだった、決して侵してはならないルールなのだ、、、と言われます。

実際には戦後の短い期間にしか存在していなかった終身雇用・年功序列が日本の伝統だという「嘘」と同様に、土堤原則も「原則」という古さはないのかもしれません。

1981年と1986年に小貝川であった堤防決壊では、剛な基礎形式の樋管が原因となったわけですが、このことが「土堤原則」が声高に言われるようになったきっかけのようです。

1523 とはずがたり :2019/10/15(火) 21:56:16
う〜ん。。。

どうしたら良いんだろうねえ。。

>堤防に面する住宅は東日本大震災で押し寄せた津波は最大でも床上までの高さでしたが、今回の台風では多くの住宅が2階近くまで水につかった

100年に一度の大地震より毎年来るなんなら複数回来る過去最大級の台風の方が目の前の危険だよな。。

山田町船越の田の浜地区はこの辺かな??
https://map.goo.ne.jp/map/latlon/E141.59.37.004N39.25.0.325/zoom/10/

この辺は浸水しそうだけど今のところ全部空き地っぽいし。。
https://www.google.co.jp/maps/@39.4190126,141.985842,3a,75y,47.64h,84.58t/data=!3m6!1e1!3m4!1s1zp-_NKzLAPijbYu-54ghg!2e0!7i13312!8i6656


津波堤防雨水せき止め浸水か 町が住宅被害の調査 岩手 山田町
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191015/k10012133151000.html
2019年10月15日 19時58分

岩手県山田町で、東日本大震災のあとに整備された堤防が台風の雨水などをせき止めたため住宅が浸水したと住民が指摘している問題で、町は15日から住宅被害の調査を始めました。

山田町船越の田の浜地区では、台風19号の豪雨で水につかり、およそ50棟が浸水などの被害を受けました。

この地区には、東日本大震災の津波で被害を受けた低地部の空き地に、緑地や盛り土の堤防を備えた津波を防ぐための公園が整備されています。

今回の台風に伴う浸水被害について地域の住民からは、流れてきた雨水などを堤防がせき止める形になったという指摘が出ています。

このうち、堤防に面する住宅は東日本大震災で押し寄せた津波は最大でも床上までの高さでしたが、今回の台風では多くの住宅が2階近くまで水につかったということです。

また堤防も一部が決壊しました。

町では15日から住宅被害の調査を始めていて、今後、地区が水につかった経緯も調べることにしています。

1524 とはずがたり :2019/10/15(火) 23:41:20

2つの河川で氾濫相次ぎ浸水被害拡大か 福島 本宮
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191015/k10012132881000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001
2019年10月15日 19時00分

今回の台風で7人が亡くなった福島県本宮市では阿武隈川と支流の安達太良川の2つの川が短時間のうちに相次いで氾濫し、市街地の広い範囲が浸水したと見られることがわかりました。

本宮市では市の中心部で東西を流れる支流の安達太良川が南北を流れる阿武隈川へと流れ込んでいて、合流地点の周辺に住宅地や商業地域が広がっています。

安達太良川では12日の夕方ごろから水かさが急激に増し、夜のうちに氾濫したとみられています。

福島県によりますと、安達太良川では合流地点から500ートル余り上流で左岸側の堤防が15メートルほどにわたって決壊していて、ここから川の北側の市街地に一気に水が流れ込んだとみられるということです。

一方、阿武隈川では13日の午前0時時点で合流地点にある観測所で氾濫危険水位を越え、午前1時ごろに水があふれてJR本宮駅がある西側へ流れ込んだとみられています。

2つの川の氾濫地点は600メートルほどしか離れておらず、短時間のうちに相次いで川が氾濫したことで市街地に大量の水が押し寄せ、浸水被害が拡大したとみられるということです。

1525 とはずがたり :2019/10/23(水) 12:29:56
はやい。。

もともとなんか計画あったのかな??


大郷・中粕川、新街区で再建へ試案 水害リスク避け移転
https://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201910/20191022_13022.html
2019年10月22日 火曜日

 台風19号の豪雨で吉田川が決壊し、広範囲に浸水した宮城県大郷町粕川の中粕川地区の再建に向け、町は21日、集落の移転を柱とする新街区形成の試案を明らかにした。次世代に残せる地域づくりを住民と考えようと、たたき台として示した。

 被災地域の再建案を災害発生からわずか9日目で示すのは異例。

 試案によると、新街区は現在の集落を吉田川からやや離れた北側に移す。20ヘクタールほどのエリアに住宅再建用地や公民館などの複合型公共施設、農業施設、公園などを整備する。

 今回、大きな浸水被害を受けた川沿い一帯は再開発エリア(約13.5ヘクタール)として更地にして防災・減災のための区域に指定し、サイクリングコースやイベント会場などとして活用する。

 町は21日夜、町公民館中粕川分館で説明会を開催。住民約20人を前に田中学町長は「水害リスクが高まる中、今回のような事態がまた起きては困る。若い世代が地域で頑張っていこうと思える環境をつくるのは今だと考えた」と述べた。

 住民からは「まだ考えられる時期ではない」「結構な案だ。早く方向性を決めたい」などの声が出た。

 田中町長は今後、協議会組織をつくり、住民との話し合いを進めたいとの考えを示した。

1526 とはずがたり :2019/10/26(土) 17:43:42
小水力は建設中のようだ。

ここ
https://map.goo.ne.jp/map/latlon/E140.53.33.938N37.37.36.486/zoom/8/

諸元(ダム便覧)
http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=0516
諸元(wiki)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E3%81%AE%E5%80%89%E3%83%80%E3%83%A0
>現在は当ダムの水路を利用した小水力発電の計画がなされている[3]。

福島・高の倉ダムで緊急放流 命守るための行動を[2019/10/25 23:31]
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000167721.html

 福島県南相馬市の高の倉ダムでは25日午後8時55分に緊急放流が実施されました。

 この緊急放流によって影響を受けるのは新田川、水無川だということです。周辺にお住まいの人たちは地元自治体からの情報に注意するなど十分に警戒して下さい。また、福島県内は浜通りと中通りを中心に激しい雨が降っていて、いわき市で3つの河川が氾濫したほか、各地で避難に関する情報が出ています。いわき市によりますと、午後7時半ごろに内郷地区の宮川が、午後8時すぎに大久地区の大久川が、午後9時ごろに夏井川が氾濫しました。近くに住んでいる人は直ちに建物の2階以上に避難して下さい。命を守るためにできる最大限の行動を取るようにして下さい。このほか、いわき市と南相馬市の全域、相馬市の小泉川と宇多川の流域の地域に避難指示が出されたほか、新地町の一部、楢葉町、広野町に避難勧告が出されています。また消防によりますと、いわき市常磐湯本町で崖崩れによって住宅が巻き込まれ、73歳の男性が閉じ込められましたが、約1時間後に救出されて意識はあるということです。

2017年10月8日 高の倉ダム
https://blog.goo.ne.jp/match1128/e/aee4e6a5a20ef8c751158f0b51f83a46

高の倉ダムは福島県南相馬市原町区の新田川支流水無川にある灌漑用重力式コンクリートダムです。
新田川および右支流の水無川は流域農地の貴重な水源となっていましたが、扇状地形のため中流域は伏流水となり渇水のたびに干ばつ被害が頻発し安定した灌漑用水源の確保を求める声が高まっていました。
そこで福島県は同地区の県営かんがい排水事業を採択、1972年(昭和47年)に建設着手、1976年(昭和51年)に竣工したのが高の倉ダムです。
運用開始後は原町市がその後の町村合併により現在は南相馬市が管理を行い、原町区831.5ヘクタールの農地に灌漑用水の供給を行っています。
また現在小水力発電所の増設工事中で、工事終了後はダムの目的はAPに変更となる予定です。

1527 とはずがたり :2019/10/26(土) 18:04:22
>>1526
①横川(南相馬市)…早期着工を目指す
②松ヶ房(相馬市・宮城県丸森町)…非潅漑期の取水量不足
③高の倉(南相馬市)…早期着工を目指す>>1526
④滝川(富岡町)…旧警戒区域内
⑤坂下(大熊町)…旧警戒区域内
⑥山ノ入(二本松市)…堰堤が低く事業の実現性が低い
⑦岳(二本松市)…早期着工を目指す

先行3ダムの合計で約450kWか。少ないな…。

旧警戒区域とは原発関係の様だ。。
https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/cat01-more.html

2014/01/17
【福島】農業用ダム小水力発電/県、来年度から実施設計
http://www.senmonshi.com/archive/02/02A9GJVb3RHVIK.asp

 県農林水産部は、県有の農業用ダムで小水力発電調査事業を進めているが、24年度に導入可能性調査を実施した7ダムのうち、ほぼ年間を通して発電が可能と判断した3ダムの概略設計に今年度着手。年度内に出力規模や概算工事費算出などの概略発電計画を作成し、26年度には実施設計に着手したい考え。並行して許認可申請・協議を進め、早期着工を目指す。可能性調査を実施した7ダムのうち、堤高が低く取水量が少ない山ノ入ダムは事業の実現性が低いことから除外し、6ダムで小水力発電事業の実現を目指す。

 農業用ダムの小水力発電可能性調査を実施したのは①横川(南相馬市)②松ヶ房(相馬市・宮城県丸森町)③高の倉(南相馬市)④滝川(富岡町)⑤坂下(大熊町)⑥山ノ入(二本松市)⑦岳(同)―各ダム。堤高や落差、流量などから実現可能性を検討し、山ノ入を除く6ダムについて実現可能性有りと結論付けた。うち旧警戒区域内の滝川と坂下の2ダム、非かんがい期の取水量不足が指摘された松ヶ房ダムを除く横川・高の倉・岳の3ダムについて、先行して概略設計に着手した。業務はエイト日本技術開発が昨年10月に着手し、3月末納期で進めている。

 3ダムの発電量は、合計で約450㌔㍗を想定。概略設計では、土木工事性、周辺状況などの基本調査を実施した上で、発電機の設置地点を選定。発電設備の構成や概算工事費を算定し、概略の発電計画を作成する。今年度は河川法に基づく水利使用許可申請等のための事前協議にも着手した。
 26年度からは、実施設計の中で事業計画の策定、事業性・経済性の評価、資金調達計画の策定を進めるほか、水利権と電気事業法に基づく許可申請、電力会社との系統連系協議も並行して行う予定。発電量は全量売電する計画だ。

 小水力発電は、県復興計画の重点プロジェクトである「再生可能エネルギー推進」を実現するための柱の一つ。県有施設では、農林水産部がダムや用水路など農業用水利施設で導入へ向けた調査を実施しているほか、土木部が四時ダム(いわき市)でESCO事業を実施する。また、県は地域主導による導入を推進するため、県内市町村と法人を対象とした地域主導型小水力発電導入支援事業を創設し、事業計画や詳細設計に係る費用の一部を補助している。
 小水力発電導入を計画している農業用6ダムの諸元(①竣工年②型式③堤高④堤長⑤最大取水量)は次の通り。
▽横川ダム①昭和59年②重力式コンクリート③78・5㍍④200㍍⑤3・964立方㍍/秒
▽松ヶ房ダム①平成9年②中心遮水型ロックフィル③46㍍④242・5㍍⑤4・594立方㍍/秒
▽高の倉ダム①昭和50年②重力式コンクリート③54・2㍍④124・4㍍⑤2・56立方㍍/秒
▽滝川ダム①平成22年②重力式コンクリート③74・3㍍④213㍍⑤2・187立方㍍/秒
▽坂下ダム①昭和48年②重力式コンクリート③43㍍④215㍍⑤1・04立方㍍/秒
▽岳ダム①昭和54年②重力式コンクリート③60㍍④215㍍⑤1・699立方㍍/秒

1528 とはずがたり :2019/10/30(水) 11:13:26

「緑のダム」はムダ? それとも……最新科学から考える森林の治水機能
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/2246/1060165378/2512-2513
田中淳夫 | 森林ジャーナリスト
10/29(火) 11:50

 国交省のHPでは、「森林は、中小洪水に一定の効果を有するものの、治水計画の対象となるような大雨の際には、森林域からも降雨はほとんど流出することが観測結果からも伺えます(原文ママ)」とある。

 大雨が降ると、土壌内の間隙に水が飽和してしまい、雨水は地表面流として流れるから治水機能は限界に達するというわけだ。だから緑のダムに、それほど期待しない方がよい、コンクリートのダムも築かなくてはならない……と暗に匂わせているようでもある。

 しかし、水文学が専門の人間環境大学の谷誠・特認教授は、それを「俗説」とした。

 そもそも森林の持つ治水機能とは、単に森林地域が水を溜めて河川の流量を減らすことではない。山に降った雨が河川に流れ出すまでに時間差をつけて、ピーク流量を減らすことにある。すると水位が急激に上がることを抑制できる。
土壌は大雨になると含水率を増やす

 そこで重要なのは、水を溜める土壌内の間隙だ。そのサイズは大小さまざまだが、すべての間隙に水は入らないという。細かい間隙ほど毛細管現象による力で水を吸引して貯留しやすいが、大きな間隙には通常水は溜まらない。いくら降雨量が多くなっても、すべての間隙が完全に飽和までには至らないのだという。

 ただ降雨が強まると、土壌間隙の含水率(貯水量に連動する)は上がる。これまで水が入らなかった大間隙にも水が溜まり始めるからだ。土壌は、たくさん雨が降ると溜められる水の量(間隙)も増やすというのだ。これは盲点だ。

 たとえば0.5%土壌の含水率が上がるだけでも、広い流域の土壌の量からすると流量を大きく変える力がある。とくに土壌層が厚ければ含水率の変化も大きくなり、貯水量は増加する。そして流出するまでに時間差を生み出す。それが河川流量のピークを引き下げることで洪水を起こりにくくするというのだ。

 付け加えれば、森林、つまり草木が生えていると光合成で常日頃から土壌水分を吸収して蒸散させるから、全体に土壌を乾燥させる効果がある。これは降雨時の水を貯留できる間隙を増やしていることになるだろう。

 この理論に沿えば、森林(の土壌)には洪水の規模を抑える効果があると言えるのではないか。

森林整備しても治水効果は疑問

 やはり洪水など水害を防ぐには、「緑のダム」を充実させることが重要だと思わせる。

 そこで林野庁などは「森林整備」を進めて森林の治水機能を高めようと呼びかけるわけだが……これまた「俗説」となる。

 森林整備と言えば、植林や下草刈り、間伐などを林業的な作業を指すことが多い。しかしそれが「緑のダム」を強める効果につながるだろうか。

 森林整備の名の元に、林内に道を伸ばし車両などを入れると、森林土壌がえぐれて斜面が傷つくことも増える。昨今、進めている主伐(という名の皆伐)は森をなくしてしまうのだから、雨が降れば土壌を流し去ってしまいかねない。むしろ逆効果だ。間伐で地表を明るくし草を生やす効果もあるが、それは治水機能とは別の役割だろう。

田中淳夫 森林ジャーナリスト

日本唯一にして日本一の森林ジャーナリスト。自然の象徴としての「森林」から人間社会を眺めたら新たな視点を得られるのではないか、という思いで執筆活動を展開。森林、林業、そして山村をメインフィールドにしつつ、農業・水産業など一次産業、そして自然界と科学(主に生物系)研究の現場を扱う。自然だけではなく、人だけでもない、両者の交わるところに真の社会が見えてくる。著書に『鹿と日本人 野生との共生1000年の知恵』(築地書館)『森は怪しいワンダーランド』『絶望の林業』(新泉社)など多数。Yahoo!ブックストアに『ゴルフ場に自然はあるか? つくられた「里山」の真実』あり。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション - 新海誠


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板