したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

利水・治水スレ

1818 とはずがたり :2021/06/19(土) 12:58:58


十勝毎日新聞 電子版
20216.19土曜日
新得に水力発電新設 21年稼働、上岩松1号機廃止 北電
2016/02/10 13:14
http://kachimai.jp/article/index.php?no=333852&display=pc

 北海道電力は9日、新得町トムラウシにある水力発電所「上岩松発電所1号機」(最大出力2万キロワット)を廃止し、同「新得発電所」(同2万3100キロワット)を新設すると発表した。2021年8月の稼働を目指す。総事業費は非公表。

 「上岩松」は1956年に稼働。老朽化が進んだため、20年11月に廃止する。「新得」は上岩松に隣接し、18年12月に着工予定。放水路の一部などは既存設備を活...

●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

新得発電所建設計画の概要
https://wwwc.hepco.co.jp/hepcowwwsite/info/2017/__icsFiles/afieldfile/2018/02/01/171201a.pdf

新得発電所建設計画は、老朽化した上岩松発電所(1号)を廃止するとともに、流用可能な既設設備は極力活用した上で、これまで利用していなかった融雪期等の上岩松取水堰からの放流水を有効活用することにより発電電力量を増加させる計画であり、環境負荷低減ならびに未利用の再生可能エネルギーの有効活用に資するものです。

最大使用水量 31.80m3/S
最大出力 23,100kW
工事着工 2019年4月(予定)※
営業運転開始2022年6月(予定) ※

※17年2月公表の電源開発計画における工事着工時期(2018年12月予定)、営業運転開始時期(2021年8月予定)および廃止時期(2020年11月)から変更しています

https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1602/12/news041.html
年間の発電量は2000万kWh(キロワット時)増える見込みだ。

新旧の発電所を比べると、発電に利用する水流の落差は新得発電所のほうが1メートル低くなるが、水量は毎秒3.2立方メートル多くなる。これまで利用していなかった融雪期の放流水を加えることで水量を増加させる。どちらの発電所も十勝川の上流から導水路で水を取り込む方式は変わらない(図4)。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

小林製薬の栄養補助食品 熟成黒にんにく 黒酢もろみ 約30日分 90粒 - 小林製薬


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板