したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

利水・治水スレ

1 とはずがたり :2007/11/05(月) 00:45:52
ダム・堰堤・運河・暗渠etc
公共事業に占めるダムなどの費用は非常にでかいものがある。専用スレで研究・観察。

行革スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1038805069/?KEYWORD=%A5%C0%A5%E0
土建スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1105074193/?KEYWORD=%A5%C0%A5%E0
ダムサイト
http://damsite.m78.com/top.html
ダム便覧
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jdf/Dambinran/binran/TopIndex.html
ダムマップ
http://www.dammaps.jp/

1575 荷主研究者 :2020/07/14(火) 20:42:33

https://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20200522/CK2020052202000033.html
2020年5月22日 中日新聞
豆谷大橋が田中賞 土木学会選出 利賀ダム工事用道路

景観に配慮した豆谷大橋=南砺市利賀村大豆谷で(土木学会提供)

 利賀ダム(南砺市)の工事用道路として建設された豆谷(まめだに)大橋(利賀村大豆谷)が景観に調和し、豪雪地帯に対応した優れた橋として二〇一九年度の土木学会(東京)田中賞に輝いた。

 豆谷大橋は長さ二百五十九メートルのアーチ橋。利賀川につながる渓谷に架かる。国土交通省・利賀ダム工事事務所と県が三十億円をかけて建設し、一九年に完成。工事用のため一般車は通れず、将来的には現在建設中の国道471号バイパスの一部になる。

 アーチ部の片方の端が地山に、もう片方が支柱につながり、アーチが左右非対称なのが特徴。谷の形状に合わせて力学的な安定感を醸し、白い外観と相まって山深い周辺の環境に溶け込んでいる。路面への落雪を防ぐため、橋桁上部にはアーチ部以外の部材はなく、アーチの上面も外側に傾けて積もった雪を谷に落とす。

 田中賞は関東大震災後の首都復興で隅田川に架けられ、現在は国重要文化財になっている永代橋や清洲橋を手掛けた技術者田中豊に由来。土木学会が優秀な新設の橋に贈る。五十年以上の歴史があり、橋の世界では名誉ある賞とされる。

 工事を請け負った建設会社の一つ、川田工業富山本社(南砺市)の担当、泉谷(いずみや)智之さんは「景観にマッチした設計で、五年をかけて造った。受賞は驚きで、大変光栄」と話している。 (松村裕子)

1576 とはずがたり :2020/07/15(水) 00:02:44
物資も情報もない 岐阜・長野集落孤立
https://www.chunichi.co.jp/article/86511
2020年7月10日 05時00分 (7月10日 05時02分更新) 会員限定

 記録的な大雨の影響で道路が寸断されるなどした岐阜、長野両県内では、九日も各地で孤立状態が続いた。物資や情報が不足し、十日には再び大雨も予想される中、住民らの表情に不安の色が浮かぶ。観光地で、山あいの集落で、懸命な復旧作業が進められている。

 「こんなにひどかったとは」。土砂崩れで県道がふさがれ孤立した岐阜県下呂市小坂町の湯屋地区に住む上野一美さん(69)は九日午前、サイクリングロード経由で届けられた二日分の新聞の写真に目を疑った。見慣れた街並みが土砂に埋もれていたからだ。
 九十世帯が暮らす地区で唯一の商店には商品の補充がない上、住民らの買いだめでカップ麺などの保存食品が品薄に。停電で冷凍庫が止まり、約五十個のアイスを近所に配った。九日夕にようやく電気が復旧。店を切り盛りする岩島隆さん(58)は「良かった。風呂にも入れず困っていた」と、ほっとした表情を見せた。
 一時は、ほぼ全地域が孤立し...

1577 とはずがたり :2020/07/16(木) 00:35:24
幻の堤防「今こそ」 越水備え強化 増える豪雨災害で再評価
2020/6/29 6:00
西日本新聞 社会面 御厨 尚陽
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/621196/


 かつて全国で計画されながら、ほとんど未整備に終わった「幻の堤防」がある。フロンティア堤防と呼ばれ、川から水があふれても決壊しにくいよう補強する構想だった。1990年代に整備推進を明言した建設省(現国土交通省)は、熊本県の川辺川ダム建設の反対運動が強まり「堤防ができればダムは不要」との意見が噴出した2002年に突如撤回した。その幻の堤防が、近年の豪雨災害を受けて再評価されている。

 水害防御の要の堤防をフロンティア堤防として整備する必要があります-。九州地方建設局八代工事事務所(当時)が毎年度発行していたパンフレットにはこんな文言があった。一連の記述は02年度から消える。

 02年6月。川辺川ダム建設を巡る住民討論会では異論が相次いだ。「なぜ目玉事業が削除されたのか」「ダムを造るためにやめたなら問題だ」。国交省は当時「1億円予算がついていた。結果的にできなかった」と答えるにとどめた。

 討論会で質問した「美しい球磨川を守る市民の会」の元事務局長二見孝一さん(56)=同県八代市=は「住民の命よりダム事業を守ることしか頭にないと思った。堤防の強化は必要なのに、全国で計画が消えて驚いた」と振り返る。

    ◆    ◆ 

 フロンティア堤防は、川の水があふれる越水が起きた場合でも決壊による甚大な被害を抑えるため、堤防自体やのり面を補強する計画だった。建設省は1996〜2000年の建設白書などに整備方針を明記。00年には全国の出先機関に設計指針を出したが、整備されたのは筑後川など4河川計13キロだけだった。改めて撤回理由を国交省に聞くと「技術が確立されていなかったため」と回答した。

 OBは異論を唱える。06年まで約30年間同省に勤め、河川行政に携わった宮本博司さん(67)=京都市=は「川辺川ダム推進のため、反対理由になるフロンティア堤防が消えた。越水対策そのものが省内でタブー視され、堤防強化の機会が失われた」と指摘する。

 1991年まで旧建設省で働いた元土木研究所次長の石崎勝義さん(81)=茨城県つくばみらい市=は現役時代、同僚が堤防強化の技術開発に尽力する姿を見てきた。「壊滅的被害を防ぐために計画されたのに、技術が確立されていないからといって堤防決壊のリスクを放置するなんてあり得ない。行政の不作為ではないか」と疑問視する。

    ◆    ◆ 

 川辺川ダムは当初「80年に1度の洪水を防ぐために必要」と計画された。しかし近年は想定を超す豪雨が相次ぎ、ダムの治水能力の限界も露呈。「200年以上に1度」の雨量を記録した2018年の西日本豪雨では愛媛県の肱川上流にある二つのダムが満杯近くになり、緊急放流に伴う肘川の氾濫で8人が死亡した。

 国交省は15年の茨城県の鬼怒川堤防決壊を受け、改めて「越水対策」に乗り出した。20年度までに全国の1級河川約1800キロで、フロンティア堤防でうたわれた補強工事を進める方針を示し、他の河川でも対策が必要な危険箇所を調べて整備するとしている。

 川辺川ダムに反対する熊本県の住民団体「子守唄の里・五木を育む清流川辺川を守る県民の会」は昨年6月、同省にフロンティア堤防の復活を求める要請書を提出した。土森武友事務局長(58)=同県玉名市=は言う。「失われた時間は多大だが、今度こそダムにこだわらず住民の安全を一番に考えた堤防強化策に取り組むべきだ」 (御厨尚陽)

 ◆川辺川ダム 熊本県南部の球磨川の洪水防止を目的に国が1966年7月、建設を発表。事業費約3300億円で九州最大級だった。水没予定地とされた五木村からは約500世帯が移転したが、反対運動の広がりを受けて2008年に蒲島郁夫知事が建設反対を表明。翌年、民主党政権が計画中止を表明した。現在、国が検討中のダムに代わる治水策はまとまっておらず、建設計画自体の廃止手続きは取られていない。

1578 とはずがたり :2020/07/19(日) 23:31:14
既存の砂防ダムごときで発電できるとは!!

関電工、既存の「砂防ダム」を活用した水力発電所を開設 運転開始
2020年07月16日掲載
https://www.kankyo-business.jp/news/025596.php

関電工(東京都港区)は7月13日、新潟県中魚沼郡で、「上結東水力発電所」(最大出力990kW)の運転を開始したと発表した。自社開発の水力発電事業としては2例目。

年間約6,500MWhの電力を発電。これは一般家庭約1,200世帯分の年間消費電力量に相当するという。また、…


中部電力、7.5MWの「流れ込み式水力発電」を安倍川で建設 24年末稼働
2020年07月15日掲載
https://www.kankyo-business.jp/news/025585.php

中部電力は7月13日、再生可能エネルギーのより一層の拡大に向け、静岡県静岡市で「安倍川水力発電所」の建設工事に着手した。

発電出力7,500kWの流れ込み式水力発電所で、2024年12月の運転開始を予定。想定年間発電量は

1579 とはずがたり :2020/07/19(日) 23:35:20
出力:7.5MW
発電量:39,000MWh

安倍川水力発電所、着工 中部電力、24年の運転開始目指す
(2020/7/14 08:10)
https://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/786403.html

 中部電力は13日、静岡市葵区の安倍川上流に整備する中規模の水力発電所「安倍川水力発電所」の建設工事を開始した。再生可能エネルギーの拡大に向けた事業で、年間発電量は一般家庭約1万2500世帯分に相当する約3900万キロワット時を想定。2024年12月の運転開始を目指す。
 中電によると、安倍川の本流に水力発電所が建設されるのは初めて。17年の計画時よりも詳細に設計して効率の高い水車や発電機を採用し、発電出力は400キロワット多い7500キロワットに増加した。年間発電量も当初計画より100万キロワット時多くなった。
 同発電所は葵区入島に幅65メートル、地下4メートル、地表4メートルのえん堤を建設し、最大毎秒7トンを取水する。約4・8キロの導水路トンネルで同区有東木の発電施設まで水を送り、約123メートルの落差を利用して水車を回し発電する。利用した水は発電施設から本流に戻す。
 中電によると、同発電所は規定よりも規模が小さく、環境影響評価(アセスメント)の適応対象ではない。ただ、河川法に基づき国と協議し、えん堤から発電所までの本流の流量について毎秒0・41トンを維持することを決めた。静岡県とは6月に県自然環境保全条例に基づく協定を結んだ。

1580 とはずがたり :2020/07/19(日) 23:43:49
「壊滅的不漁へ影響当然」 雨畑ダム、知事初視察
(2019/12/16 07:25)
https://www.at-s.com/news/article/special/sakura_ebi/008/716569.html?news=696199
 駿河湾産サクラエビの不漁を契機に注目される雨畑ダム(山梨県早川町)の堆砂問題について川勝平太知事は15日、不漁問題の深刻化後初めて現地視察した。目的について「サクラエビのためだけに来た。濁りは壊滅的不漁に当然影響している」と述べ、県として事態打開に全力を挙げる考えを示した。
 川勝知事は同町の辻一幸町長の案内で早川本流や支流の雨畑川にある日本軽金属管理の同ダムなどを訪れた。砂利プラントやリニア中央新幹線工事など人の手が多く入る本流は降雨後1週間たっても濁り続けることがある。ただ、渇水期の晴天続きで濁りが薄く「見たところ清流だ」と述べた。
 この日、ダム湖や台風19号で被災したダム上流の濁りは著しかった。川勝知事は「下流の濁りはダム上流から来ているようだ。周囲の山の大規模な土砂崩れや最近の集中豪雨で目も当てられない状況になった」との認識を示した。一方、台風被災前から続くダム上流の濁りについては地元住民の間で「雨畑川最上流部から取水する東京発電の水力発電施設用導水管が工事で稼働しておらず、長年水に漬かっていなかった川岸などに水が触れ続けているから」との見方があった。
 川勝知事は「濁りはサクラエビの餌の植物プランクトンの光合成に影響を与える」と指摘。ダム湖にたまった堆砂を静岡県内の防潮堤に利用することが可能か検討する意向を示し、「運搬費は管理者の日軽金に出してもらう」とした。

1581 とはずがたり :2020/07/19(日) 23:44:57

雨畑ダム、土砂搬出先決まらず 日軽金、検討会で説明
(2020/2/5 07:36)
https://www.at-s.com/news/article/special/sakura_ebi/007/733774.html?news=716569

 駿河湾産サクラエビの不漁を契機に注目されている雨畑ダム(山梨県早川町)の堆砂問題で、日本軽金属は4日、甲府市内で雨畑地区土砂対策検討会の第3回会合を開き、国や県の担当者に対して土砂の搬出先がいまだ決まっていないことを明らかにした。
 取材に応じた同社の敷根功蒲原製造所長によると、搬出先候補地を本県内にも拡大して選定を行っているが見つからない状況。静岡県の川勝平太知事は防潮堤への受け入れ方針を表明しているが、本県から同社に対して具体的な提案はないという。
 敷根所長は「一度ダムの外に仮置きし、その後搬出することも一つの案」と述べた。
 ダム周辺の道路は狭く、ダンプカーの往来により住民生活に支障が出る懸念も出た。同社はベルトコンベヤーをダム下流の早川本流などにも設置する案を示したが、山梨県は景観上の問題などがあり、地元の了解が必須との考えを示した。
 同社は今月、昨年の台風で被災したダム上流の雨畑地区の川沿いに高さ6メートル以上、長さ約900メートルの鉄板製の浸水防止堤防を着工する意向も示した。

1582 とはずがたり :2020/07/19(日) 23:47:14
雨畑ダム土砂撤去へ 日軽金、5年かけ堆積4割分
https://www.at-s.com/news/article/special/sakura_ebi/008/718736.html?news=733774
(2019/12/21 07:15)

 駿河湾産サクラエビの不漁を契機に注目される雨畑ダム(山梨県早川町)の堆砂問題で、ダムを管理する日本軽金属は20日、甲府市で開いた2回目の雨畑地区土砂対策検討会で、同地区の水害対策を念頭に5年ほどかけ堆積土砂の4割に当たる600万〜700万立方メートルの土砂を撤去する方針を示した。同社が堆砂対策を明示したのは初めて。ただ、土砂の搬出先は「探している状況」(敷根功蒲原製造所長)とし、将来的なダムの維持管理の具体策には踏み込まなかった。
 ダムは日軽金の自家発電用。取水した水は導水管を通り、複数の水力発電施設を経て静岡市清水区の蒲原製造所放水路から駿河湾奥に注ぐ。放水路周辺の海域はサクラエビの産卵場で、漁師から不漁とダムの濁りの関係を危惧する声がある。
 会議の冒頭、杉山和義常務が「住民に多大なる損害を発生させたことをおわび申し上げる」と国や山梨県の関係者らに謝罪した。
 会合は非公開で行われ、同社は▽雨畑地区に梅雨までに堤防を造る▽2021年度末までに湖面から露出した土砂300万立方メートルを撤去▽24年度末までに湖内を300万〜400万立方メートル掘削-などの計画を示した。約5年間で東京ドーム5杯分の土砂を搬出する計画という。
 ダムには、年間数十万立方メートルの土砂が流入するとみられ、同社側はこれについても撤去する意向を示したが、土砂の搬出作業について山梨県の幹部は「ダンプの往来は住民生活に支障を来す。日軽金の100%負担で新たな搬出用道路を造成する必要があるかもしれない」と指摘した。
 国は8月、同社に対して堆砂状況を抜本的に改善するよう行政指導。同社はこれまで対応を明らかにしてこなかった。

1583 とはずがたり :2020/07/19(日) 23:47:29
中部横断道開通、2021年夏ごろに 山梨・下部温泉早川IC―南部IC間遅れ
(2020/7/18 08:22)
https://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/788022.html

 国土交通省甲府河川国道事務所は17日、中部横断自動車道のうち、山梨県身延町の下部温泉早川インターチェンジ(IC)と同県南部町の南部IC間(13・2キロ)の開通が、2020年内から21年夏ごろに遅れると明らかにした。静岡と山梨を結ぶ南側区間のうち、最後の区間だった。
 同事務所によると、地盤が想定より悪く、工事の見直しが必要になったため。事業費に大きな変更はない。
 中部横断道は、長野県小諸市と静岡市清水区を結ぶ全長132キロの高速道路。途中、山梨県の中央自動車道を経由する。
 川勝平太知事は「開通見通しの延期は大変残念だが、安全確保が第一であり、工事の安全に留意の上で、一日も早い開通を祈念する」とのコメントを出した。

1584 とはずがたり :2020/07/25(土) 15:13:01
球磨村神瀬と川内川
http://maps.gsi.go.jp/#16/32.313531/130.613784/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
https://map.goo.ne.jp/map/search/latlon/E130.36.59.600N32.18.36.515/q/%E7%90%83%E7%A3%A8%E6%9D%91%E7%A5%9E%E7%80%AC/zoom/9/?order=1&qo=%E7%90%83%E7%A3%A8%E6%9D%91%E7%A5%9E%E7%80%AC

俺の球磨川綜合開発計画♪
http://tohazugatali.dousetsu.com/risui/kumagawa00.html#p

この辺(標高96m)にダムでも造って海路駅〜瀬戸石ダム間ぐらいに放流する発電所どうだろう??
勿論普段は水流少なすぎそうだけど,,

https://twitter.com/otMOZ4yCygfGAGa/status/1286835222458195968
大岩敏道
@otMOZ4yCygfGAGa
返信先:
@E9V9CF30PzJKm2b
さん
突然すみません。球磨村神瀬の住民です。川内川という川の川底が埋まっていて土砂をなんとか除去しないと何度でも浸水します。地元の業者さんたちが頑張っていますがとても手が足りません。
午前10:26 ・ 2020年7月25日

1585 とはずがたり :2020/07/26(日) 17:44:42
「なんでまた…」再浸水に住民悲嘆 球磨村神瀬地区
7/26(日) 8:07配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/2d11cd019c43a7e5732025a1911b33055c9a09be
熊本日日新聞
24日の大雨で土砂が再び積もった自宅の玄関前に座り込む有田和生さん=25日午前10時50分ごろ、球磨村神瀬(後藤仁孝)

 「なんでまた…」「最初からやり直しだ」-。熊本県南部を襲った4日の豪雨による球磨川の氾濫で、甚大な被害を受けた球磨村の神瀬[こうのせ]地区。24日の大雨で、今度は支流の川内川から濁流が集落に流れ込み、再び大規模な浸水に見舞われた。再起を目指して片付けを進めていた住民は、無情な現実を前に涙した。

 前日の荒天から一転、晴れ間ものぞいた25日。八代市に避難する高校講師の有田和生さん(65)は、土砂が1メートルほど積もった自宅の玄関前で立ち尽くしていた。

 4日の氾濫でたまった土砂を、床が見えるまでようやく片付けたばかり。軒下に置いていたスコップやくわなどの道具も全て流された。「梅雨が明けてからやり直さんと…。道具はまた買わんといかん」。悔しさとやり切れなさで、目に涙が浮かぶ。

 24日、球磨川の水位にはまだ余裕があった。ところが、4日の豪雨によって転がってきた大きな岩や土砂が川筋を埋めていた川内川の水が、流れを変えて集落にどんどん流入。60軒ほどが連なる中心部の神瀬郵便局周辺が浸水した。自営業の上蔀[うわしとみ]忠成さん(46)によると、水は一時、へその辺り(約1メートル)まで達したという。

 村中心部や人吉市へつながる国道219号が寸断された同地区。多くの住民が避難する人吉市からは、八代市や芦北町を経由して約3時間もかかる。片付けに通うのも容易ではないため住民の姿はまばらで、民家の屋根や庭には野生の猿が出没する。

 上蔀さんは「高齢世帯が多く、雨が降るたびに浸水するなら誰も帰って来られない。復旧作業もなかなか進まない」と肩を落とす。

 24日の大雨は、地区内の道路にも新たな被害をもたらした。郵便局から約4キロ山あいにある集落への村道は、4日の豪雨で土砂が堆積してふさがれた。地元の建設会社が仮設道路を造る作業を進めていたが、勢いを増した川内川が長さ約100メートルにわたって、造成中の仮設道路をえぐり、開通は遠のいた。

 「25日に完成するはずだったのに」と社長の和田洋一さん(62)。「まずは川内川の岩や土砂を取り除かんと、どうにもならん。途方もなか」と目を伏せた。(植木泰士、中島忠道)

1586 とはずがたり :2020/07/26(日) 17:46:57

神瀬(こうのせ)と川内川
https://www.google.co.jp/maps/@32.3140339,130.61498,3a,75y,44.6h,87.04t/data=!3m9!1e1!3m7!1spQbIU0SJ4nMepYKhuKbduw!2e0!7i13312!8i6656!9m2!1b1!2i30?hl=ja

https://twitter.com/o5x17/status/1286839227372589059
izchiO5x17
@o5x17
・ 7月25日
昨日の雨で4日の時と同じ光景に。
川に土砂がありすぎて道よりも高くなってるから、道が川になってる。この地域は国道が寸断され、復旧がほとんど進んでいないし、まだ土砂に家が埋まったまま。
とりあえず、川を作って。道を取り戻して。
#球磨川#球磨村神瀬#令和2年7月豪雨

1587 とはずがたり :2020/07/26(日) 20:28:06

「徳之島ダム発電所」も完成
http://amamishimbun.co.jp/2017/08/21/2501/
2017年8月21日

徳之島通信

国営事業は「徳之島ダム発電所」(左側・水車と発電機、右側・入口弁)の完成で実質完工に=21日、天城町
国営徳之島用水土地改良事業
着手21年、実質完工 10月「完工式」へ

 【徳之島】国営徳之島用水土地改良事業では、「徳之島ダム」(貯水量730万㌧)の維持管理費の軽減を図るための小水力発電所「徳之島ダム発電所」の発電機器類すえ付け工事もこのほど完成。1997年度の事業着手から21年、総事業費約590億円を投じた国営事業が事実上完工した。農水省九州農政局徳之島用水農業水利事業所は10月に「完工式」を行う。

 徳之島用水土地改良事業は、同島の全耕地の約半分に当たる約3500㌶を対象に、経営規模の拡大や担い手農家の育成、生産性向上などで地域農業の振興を図るのが目的。天城町秋利神川水系への徳之島ダムや揚水機場、島内全域へのファームポンド(水槽)12カ所、総延長128㌔におよぶ幹線水路などを整備してきた。

 国営事業で造成整備したこれら施設の管理は、3町の受益農家でつくる徳之島用水土地改良区(組合員対象約3750人)が行う。揚水機場のポンプ稼働電力など相当な維持管理費の分担が必要になる。小水力発電所は、同ダムから放流される未利用の水力エネルギーで発電して、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用して九州電力㈱に売電して経費を軽減させるのが目的(現在、経産省と調整中)。

 14年度にダム放流口近くへの発電所建屋など建設で着手。製作発注していた水力発電機器(フランシス水車形式)の搬入、すえ付け工事もこのほど無事終了。事業所は21日、県徳之島事務所や徳之島3町、徳之島用水土地改良区、九州電力新徳之島発電所など関係者を「徳之島ダム発電所」に招き概要を説明した。

 同事業所の寺村伸一所長はあいさつで「施設の維持管理費の捻出のみならず、離島の電力が化石燃料に頼らざるを得ない中でクリーンなエネルギーを供給する義務も」とも強調。「ダム式(流れ込み式)」による最大取水量は毎秒1・3㌧、総落差44・10㍍(有効同42・92㍍)、最大出力438㌔kw、年間発電電力は2169Mwh(一般住宅の数百件分)。事業費は約3億9千万円。

 10月の「完工式」の日時・場所などは近く公表。事業の完工により同現地事業所(天城町)も来年3月末をもって廃止される。

1588 とはずがたり :2020/07/26(日) 21:47:49
球磨村の国道219号、27日に一部復旧 人吉市─芦北町が通行可能に
7/26(日) 19:53配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/a1510fcd3d3551e83658498a889d9be5305efbce
熊本日日新聞
(写真:熊本日日新聞)

 熊本県は26日、豪雨災害で甚大な被害が出た球磨村の国道219号で一部区間の仮復旧が完了し、27日午前8時から人吉市─芦北町の車両通行が可能になると発表した。

 仮復旧が完了したのは球磨村役場(同村渡)─大野大橋(同村神瀬)の約6・8キロ。緊急車両のほか、村が許可証を発行した一般車両に限って通行することができる。

 18日には球磨村役場と人吉市方面を結ぶ約4・6キロの通行規制が解除されており、人吉市方面と芦北町方面は県道芦北球磨線を通じて往来が可能になる。

 仮復旧区間には、1車線や砂利舗装の箇所もある。24時間通行が可能だが、県は天候や球磨川の水位の状況によって通行規制を実施する場合もあるとしている。

 国道219号は、大野大橋─鎌瀬橋(八代市坂本町)などが依然として不通。復旧工事を代行する国は、並行する県道と組み合わせて八代市と人吉市を結ぶルートを8月上旬までに確保する計画だ。(田上一平)

1589 とはずがたり :2020/07/27(月) 19:05:29
避難「指示」に一本化 「勧告」を廃止へ―内閣府
2020年07月27日10時35分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072700263&g=soc

 内閣府は27日までに、市町村が住民に出す避難情報のうち、「避難勧告」を廃止し「避難指示」に一本化する方針を固めた。避難情報の明確化を図り、逃げ遅れを減らすのが狙い。今秋までに見直し案を取りまとめ、来年の通常国会に災害対策基本法改正案を提出したい考えだ。
 政府は3月、昨年の台風19号などの被害を受けた検証結果を取りまとめ、避難情報の抜本的な見直しに向け検討を開始。同法に基づく勧告、指示の見直しは、1961年の制定以来初めてとなる。

1590 とはずがたり :2020/07/28(火) 16:32:50
山形市 須川が氾濫のおそれ
警戒レベル4相当の氾濫危険情報発表
https://weathernews.jp/s/topics/202007/280245/
2020/07/28 15:55 ウェザーニュース

梅雨前線と低気圧の影響で、東北地方では昨日から断続的に強い雨が降っています。

山形県と山形地方気象台は、大雨の影響で山形市内を流れる須川(すかわ)の水位が上がり、氾濫により浸水するおそれがあるとして、氾濫危険情報【警戒レベル4(避難)相当】を発表しました。

氾濫危険水位に到達したのは須川上流の坂巻水位観測所(山形市)で、浸水のおそれがある地域は山形市、上山市となっています。

増水した川や水路等に近づくと危険です。また、冠水した道路等では側溝などとの境目がわかりづらくなり、車や人が転落して流されるおそれがあります。むやみな外出は控えてください。
≫ 雨雲レーダー
≫ 大雨警戒レベルとは レベル5を待たずに避難を
山形市では24時間で平年の1か月分の雨
山形県内では、ほとんどのアメダスで48時間に100mm以上の雨を観測する大雨となっています。

山形市でも24時間雨量160.5mmを観測していますが、山形の平年7月の雨量は157mmなので、1日で1か月分の雨が降ったことになります。

この雨は夕方までをピークに次第に弱まる見込みですが、気象庁の予想では少なくとも3時間先までは水位の上昇が続く予想となっています。

雨がやんでからも数時間から数日は水位の高い状況が続くため、様子が気になっても見に行ったりしないようにしてください。また、支流の河川でも排水が悪くなり増水や氾濫が発生するおそれがあるため、本流から離れた場所でも警戒が必要です。
≫ 河川水位観測状況

1591 とはずがたり :2020/07/28(火) 16:33:15
山形県で激しい雨 東北南部や新潟 土砂災害などに厳重警戒を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200728/k10012535861000.html
2020年7月28日 16時02分

前線や低気圧の影響で、山形県では激しい雨が降り続き、川の氾濫や土砂災害の危険性が非常に高まっています。東北南部や新潟県では、29日朝にかけて非常に激しい雨が降る見込みで、厳重な警戒が必要です。気象庁は「雨の降り方次第では特別警報の発表基準に達する可能性もあるが、発表を待つことなく、早めの行動をとってほしい」と呼びかけています。

気象庁によりますと、前線や低気圧に暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、大気の状態が不安定になっていてこの時間は、山形県を中心に発達した雨雲が流れ込み、激しい雨が降り続いています。

午後3時までの1時間には、いずれも山形県の大蔵村肘折で36ミリ、
西川町大井沢で31.5ミリの激しい雨が降りました。

山形県では、午後2時までの24時間に降った雨の量が200ミリを超えているところがあります。

山形県では最上川の流域で激しい雨が続き、本流や周辺の川が増水していて、氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えているところがあります。

「特別警報の発表基準に達する可能性も」
これまでの雨で各地で土砂災害の危険性が非常に高くなり、山形県、宮城県、新潟県、長野県、岐阜県、それに長崎県では、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

このあとも前線は停滞し、東北南部と新潟県ではあす朝にかけて、雷を伴って激しい雨が降る見込みで、局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

29日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽東北南部の日本海側と新潟県、それに東海で150ミリ、
▽東北南部の太平洋側で120ミリ、
▽関東甲信で100ミリなどと予想されています。

東北の日本海側や北陸では、この1日から2日の雨量が平年の7月1か月分に匹敵する大雨となるところもある見込みです。

気象庁は土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風に十分注意するよう呼びかけています。

気象庁は「雨の降り方次第では暗くなるころに特別警報の発表基準に達する可能性もある。しかし、発表を待つことなく、自治体からの避難情報などをもとに早めの行動をとってほしい」と呼びかけています。

1592 とはずがたり :2020/07/28(火) 16:49:46
山形 大江町の月布川と山辺町の小鶴沢川で水あふれる
2020年7月28日 16時22分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200728/k10012536771000.html

山形県によりますと、大江町を流れる月布川では上流の荻野観測所の付近と、下流の左沢地区の2か所で川から水があふれているのが確認されたということです。

また、山辺町を流れる小鶴沢川でも水があふれ、周辺の県道や町道の一部が冠水しているということです。

1593 荷主研究者 :2020/07/28(火) 23:04:34

https://www.sanyonews.jp/article/1026455?rct=m_seiji
2020年06月30日 23時04分 山陽新聞
倉敷の小田川付け替え33%進行 23年度完成へ工事本格化

http://tohazugatali.web.fc2.com/risui/20200630sanyo01.JPG
小田川と高梁川の合流部付け替え事業で掘削が進む南山=6月23日(国土交通省提供)

http://tohazugatali.web.fc2.com/risui/20200630sanyo02.JPG

 西日本豪雨から2年を迎えるのを前に、国土交通省は、豪雨で被災した倉敷市真備町地区を流れる小田川と、高梁川との合流地点を下流部に付け替える治水対策の進ちょくをまとめた。工事予定地で最も大掛かりな南山(標高76メートル)の掘削は3分の1程度終了。進行度は33%で予定通りといい、2023年度の完成に向けて工事を本格化する。30日には報道陣に現地公開した。

 事業は、柳井原貯水池(同市船穂町柳井原)などを通るバイパス(約3・4キロ)を新設。合流地点を約4・6キロ下流に移すことで水の流れをスムーズにし、増水した本流の高梁川に支流の小田川の水が流れ込みにくくなる「バックウオーター現象」の影響を抑える。事業費は約380億円で、19年夏に着工した。

 国交省によると、山城跡も含めて南山は全て取り除くとともに約10メートル掘り下げ、新たな水の通り道をつくる。1月に削る作業を本格スタートし、山頂から20メートル程度削った状態となっている。

 このほか、既存の合流地点を閉じる締切堤防は上流側が完成し、柳井原貯水池周辺につくる堤防も着工。新たな合流地点近くに設ける橋は橋脚部分がほぼ完成した。20年度中には下流側の締切堤防の建設にも入る。

 計画当初は28年度としていた完成予定時期を豪雨を踏まえて5年間短縮。予算の集中投資に加え、工程を簡略化する最新技術の導入や、複数箇所の工事の同時進行によって急ピッチで進めている。

 この日は南山の掘削現場で、重機を使って地面を砕き、削った土砂を運ぶ様子を公開した。国交省高梁川・小田川緊急治水対策河川事務所の正木俊英副所長は「課題が生じれば工法の工夫などでクリアしていく。住民の安全を守るため、何としてもスケジュール通りに進めたい」と話した。

1594 とはずがたり :2020/07/30(木) 23:09:00

熊本 球磨川 約60キロの範囲で氾濫 半日近く氾濫続いた所も
2020年7月23日 4時36分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200723/k10012529231000.html

熊本県の「球磨川」では、川の長さの半分にあたるおよそ60キロもの範囲で氾濫が相次ぎ、場所によっては半日近く氾濫が続いていたことが専門家の分析でわかりました。

河川氾濫のメカニズムに詳しい東京理科大学の二瓶泰雄教授は、球磨川沿いに設置された水位計のうち18か所のデータを使って水位の変化を分析しました。

それによりますと、球磨川の上流と中流では雨が強まった今月4日の未明から急激に水位が上昇し、午前4時前には「中流」で堤防を越え2時間後の午前6時ごろには「上流」でも堤防を越えて氾濫が発生しました。

その後も水位は上がり、午前7時すぎには分析した18か所のうちの14か所、距離にしておよそ60キロの範囲で氾濫が相次いだとみられます。

これは、全長110キロ余りある球磨川の半分の長さにあたり、分析した中では水位が最も高い場所では、堤防を5メートルも上回っていたうえ、氾濫していた時間は、最も長い場所で半日近い11時間半にわたっていました。

二瓶教授は「堤防を大きく越えて水があふれる状態が、広範囲で長時間続いていたため川沿いの地域では被害が大きくなった可能性がある」と指摘しています。

1595 とはずがたり :2020/08/02(日) 01:06:20
九頭竜川水系水力発電
http://tohazugatali.dousetsu.com/risui/kuzuryu.html

1596 とはずがたり :2020/08/02(日) 08:52:28
平成21年度 生息環境向上技術検討業務
第2章 小水力発電の基礎知識の整理
http://www.city.itoigawa.lg.jp/secure/16567/suiryoku_h2.pdf

1597 とはずがたり :2020/08/02(日) 22:31:14
上打波・下打波・東勝原各水力発電所の増強で17.8MW→32.6MWの計画案★
http://tohazugatali.dousetsu.com/risui/kuzuryu.html#kamiuchinami

1598 とはずがたり :2020/08/03(月) 12:52:41
「みどり環境研究所」福井市の再生可能エネルギー専門企業
黒谷川小水力発電所
大野市上大納
黒谷川堰堤
七千万円
落差十七メートル
最大出力は四二・七キロワット
年間電力量は一般家庭八十二軒分の年間消費量に相当する。
使用水量は毎秒〇・五二立方メートル。
自然災害などで上大納区に電気が供給されなくなった場合は、非常用電源としてこの発電所から集落に送ることも可能

此処かな?
http://maps.gsi.go.jp/#15/35.874863/136.601944/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

近くには中竜鉱山跡(アドベンチャーランド跡も)がある。
https://www.google.com/search?client=firefox-b-d&q=%E4%B8%AD%E7%AB%9C%E9%89%B1%E5%B1%B1

2019/01/19
大野で小水力発電所が開所 砂防ダム放水を活用【中日新聞】
http://j-water.org/news1/
9021504/
2019年1月19日掲載

砂防ダムの放水を生かした県内初の小水力発電所が、大野市上大納の黒谷川堰堤(えんてい)近くで稼働を始め、十七日、市和泉体育館で開所式が開かれた。災害時の非常用電源として地域への送電も可能で、関係者が再生可能エネルギーの普及と地域の活性化を願った。
 地域の特色を生かした県の再生可能エネルギー事業「一市町一エネおこし」の取り組みが始まり、福井市の再生可能エネルギー専門企業「みどり環境研究所」が七千万円を投じて設置。黒谷川小水力発電所として十五日に稼働を始めた。
 落差十七メートルの堰堤を流れ落ちる水の力で発電し、最大出力は四二・七キロワット。年間電力量は一般家庭八十二軒分の年間消費量に相当する。使用水量は毎秒〇・五二立方メートル。自然災害などで上大納区に電気が供給されなくなった場合は、非常用電源としてこの発電所から集落に送ることも可能だという。

 県環境政策課などによると、砂防ダムを生かした小水力発電所はこれまでにも計画はあったが、採算が取れないことや安定的な水量を確保できないことなどから実現に至らなかった。黒谷川小水力発電所は黒谷川堰堤の立地条件や水量から事業性が高いと判断。発電した電力は北陸電力に売電し、試算では年間千二百万円の売り上げを見込む。
 開所式には関係者や地元住民ら三十人が出席。前田初蔵社長(70)は「長きにわたり安定的発電量を目指して努力していきたい」とあいさつ。上大納区の長崎吉久区長も「限界集落の上大納区で新しい事業展開は活力になる」と喜んだ。
 (山内道朗)

1599 とはずがたり :2020/08/03(月) 17:35:35
>>1598
30年後のリプレース時の増強案♪

<第一案>
藤倉谷567m(中竜鉱山下流)

黒谷川堰堤538m・0.52m3/s・有効落差17mで42.7kw

早稲谷(二俣)516m

●510m←大納越戸谷520m

下大納(二俣)466m

水量を2m3/s・有効落差45m程で行けるのではないか??
効率75%で660kW程見込める。

<第二案>
藤倉谷567m(中竜鉱山下流)

黒谷川堰堤538m・0.52m3/s・有効落差17mで42.7kw

├早稲谷奥の沢①540m・早稲谷奥の沢②540m

●535m←大納越戸谷540m

下大納(二俣)466m

水量を2m3/s・有効落差70m程で行けるのではないか??
効率75%で1000kW程見込める。

1600 とはずがたり :2020/08/04(火) 10:47:31
蔭平は元々46.5MWのなかなかでかい一般水力発電所と思ったら混合揚水だった。揚水発電所にしては小さいな。。
増強も出来そうだ。
http://tohazugatali.dousetsu.com/soden/yosui00.html#yonden

平成21年09月28日
四国電力株式会社
蔭平発電所における河川維持流量を利用した発電設備の増設について
https://www.yonden.co.jp/press/re0909/1175001_1244.html

 当社は、低炭素社会の実現に向けた取組みを進めておりますが、この一環として、徳島県那賀郡那賀町に当社が所有する蔭平発電所(認可出力:46,500kW)において、河川維持流量を利用した水力発電設備の増設を行うこととし、9月15日に着工いたしました。

 河川維持流量とは、ダム下流の河川環境を維持するためにダムから放流する水のことで、貴重な水資源を有効に活用する観点から、この河川維持流量を発電に利用することとしたものであります。

 具体的には、蔭平発電所上流にある小見野々ダムの導水路から分岐した放水管により河川維持流量を放流しておりますが、この放水管に最大出力150kWの小規模な発電設備を設置し、発電を行うものです。

 本発電設備による発電量は、年間約97万kWhを見込んでおり、CO2排出量を年間約320トン削減することが可能となります。
 今後、平成22年4月の営業運転開始を目指し、安全を最優先に、本工事を進めてまいります。

 当社としましては、今後も引き続き、CO2排出削減の目標達成に向けた取り組みを着実に推進してまいります。

以   上

1601 とはずがたり :2020/08/04(火) 13:45:36
安本3案,電発2案の合計5案並立とかめちゃあちいww

ともあれ大歩危・小歩危の景観が破壊されなかったのは何よりである。

小歩危ダム計画
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%AD%A9%E5%8D%B1%E3%83%80%E3%83%A0%E8%A8%88%E7%94%BB

1602 とはずがたり :2020/08/06(木) 01:54:07
本日奥大井逍遙。此処迄の所特に増強の可能性に関して思いつくところなし。。

大井川水系川口発電所関連設備
http://tohazugatali.dousetsu.com/risui/oigawa01.html

1603 とはずがたり :2020/08/07(金) 09:40:48
法制度・規制:
追い風が吹く小水力発電、20kW未満が設置しやすく
https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1501/27/news043.html

土地改良区が管理する農業用水路、排水路に設置する小水力発電設備について、経済産業省が規制を緩和する。20kWという出力と最大使用水量を組み合わせていた規制から、最大使用水量の条件を取り除く形だ。
2015年01月27日 07時00分 公開
[畑陽一郎,スマートジャパン]


 小水力発電に追い風が吹いた。経済産業省は2015年1月20日、土地改良区が管理する農業用水路、排水路に設置する小水力発電設備について規制を緩和することを発表した(図1)。
図1 用排水路の区分 出典:農林水産省

 従来、農地用用排水路にある程度の規模の水力発電設備を設置すると、「一般用電気工作物」ではなく、「自家用電気工作物」と見なされた(図2)。自家用電気工作物を設置・運用する場合には、さまざまな条件を満たす必要があった。保安規定や主任技術者の選任、工事計画書を届け出る必要がある。小水力発電が広がりにくくなる規制だ。

 そこで、今回、2種類の電気工作物を区別する基準が緩和された。

 従来は2つの基準を満たしていた小水力発電だけが一般用電気工作物となった。出力20kW未満、最大使用水量1m3/秒である*1)。新しい基準では最大使用水量を問わない。出力が20kW未満であれば一般用電気工作物として扱えるようになる。

*1) 1995年に改正された電気事業法施行規則第48条第4項には、一般用電気工作物の定義が記されている。小水力発電については「水力発電設備であって出力二十キロワット未満及び最大使用水量毎秒一立法メートル未満のもの(ダムを伴うものを除く。)」とある。なお、「太陽電池発電設備であって出力五十キロワット未満のもの」も一般用電気工作物だ。
図2 自家用電気工作物と一般用電気工作物の区分 出典:経済産業省

 今回の規制緩和は産業競争力強化法に基づく「企業実証特例制度」を活用したもの。2015年4月をめどに電気事業法施行規則の改正手続きなどが公布される予定だ。

1604 とはずがたり :2020/08/09(日) 14:23:42
これが原因でこの資料http://tohazugatali.dousetsu.com/risui/totsukawa00.htmlが手に入ったんだな。。

2014.10.4 08:08更新
ダム設備破損で「世界遺産」熊野川が濁る、Jパワーが発電一時停止
https://www.sankei.com/west/news/141004/wst1410040016-n1.html

川の濁りがみられる十津川第2発電所前=和歌山県新宮市

 三重と和歌山の県境を流れる熊野川で、9月下旬ごろから水が濁った状態が続いていることから、上流部で水力発電を行う電源開発(Jパワー)は3日、風屋ダム(奈良県十津川村)の設備が破損するトラブルがあり、仮復旧される今月中旬ごろまで十津川第1発電所(同村)の稼働を一時停止したと発表した。ただし、台風などの影響で水量が増えた場合は、災害対応を優先させるため放流・発電を行うとしている。

 同社によると、破損したのは、取水する高さを調整するゲートに張られたゴムシート(縦40メートル、横4メートル、厚さ5ミリ)。亀裂によって一部が切断された状態になっていたことに気づかず、発電を続けていたという。

 普段は、ダム湖表層のきれいな水を使って発電するが、ゴムシートが破損していたため、下層の濁水が導水管を通って約8キロ下流の十津川第1発電所に流れ込んだという。同社が風屋ダムの設備を点検したところ、9月20日にゴムシートの破損が分かった。ゴムシートは平成21年に取り替えられ、耐用年数は10年ほどあるといい、「原因は調査中」としている。

 風屋ダムのトラブルによって第1発電所の水が濁ったが、現在は軽減。第1発電所より下流にある二津野ダム(十津川村)や十津川第2発電所(和歌山県新宮市熊野川町)でも濁水がみられるが、「1、2週間たてば順次解消に向かうと考えている」としている。

 熊野川では23年9月の紀伊半島豪雨による土砂崩れ以降に濁りがひどくなり、今年9月下旬ごろからさらに深刻化。観光などへの影響が懸念されている。

 今月1日には、河口に位置する新宮市の市議会災害復興対策特別委員会が、風屋ダムのトラブルについて電源開発担当者を呼んで審議。田岡実千年市長は「風屋ダムの濁水を使って発電が行われていたことは残念。不信感を持っている」と厳しい口調で批判した。

 同社西日本支店の殿村敦典支店長は「ダム施設の損傷のためご迷惑をおかけすることになり、大変申し訳ありません」と謝罪した。市議からは「世界遺産でもある熊野川が濁っているのはイメージを損なう」「抜本的な濁水対策を」など、早期の対応を求める意見が相次いでいた。

1605 とはずがたり :2020/08/09(日) 23:09:53
■穴吹川源流域(美馬市)水力開発計画

①この辺にダム建設(709m)http://maps.gsi.go.jp/#16/33.874923/134.125128/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1…穴吹川の源流,富士の池谷から集水
②R438・R439・R492の改良
③この辺で●発電と取水(565m)[=有効落差144m]http://maps.gsi.go.jp/#15/33.884632/134.136672/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
④この辺で取水(563.1m)http://maps.gsi.go.jp/#15/33.886128/134.150662/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1…屋根又谷
⑤この辺でも取水(563.0m)http://maps.gsi.go.jp/#16/33.892202/134.161284/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1…谷名不明
⑥この辺に上部池設置(563m)http://maps.gsi.go.jp/#16/33.903067/134.169717/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
⑦この辺に●発電所と取水堰設置(429m)[=有効落差134m]http://maps.gsi.go.jp/#16/33.905702/134.167786/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
⑧この辺で取水(429m)http://maps.gsi.go.jp/#16/33.907145/134.181218/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1…弓道谷
⑨この辺で取水(431m)http://maps.gsi.go.jp/#15/33.906041/134.194694/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1…内宇夫谷
⑩この辺に上部池設置(430.8)http://maps.gsi.go.jp/#15/33.922352/134.201260/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
⑪この辺で●発電(324.8m)[=有効落差106m]http://maps.gsi.go.jp/#15/33.925023/134.201517/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

3箇所で発電と思ったがこんなの推してるらしい。。一寸反対が出るかなあ。。但し穴吹川潜水橋も剣峡(紅葉)も閑場の滝(かんじょうのたき)も 清流の郷 ブルーヴィラあなぶきももっと下流域である。

“日本一の清流”穴吹川
http://www.city.mima.lg.jp/kankou/kankouannai/asobu/0021.html

清流域の水量が減る訳ではないけど濁った水が下流に流れることは避けたいけど。。

有効落差は十分なんであとは水量確保。最低量の2m3/sを最上流で確保して徐々に増えるとして,また発電効率係数0.85とする。

P (kw)=9.8(係数)*Q(流量m3/s)*He(有効落差m)*η(係数60〜85%)

より
③発電所2m3/s P=2.4MW
⑦発電所3m3/s P=3.3MW
⑪発電所4m3/s P=3.5MW
である。

ダムを建設して流れを平準化して安定的に発電出来る様にしてやる必要がありそう。

流域面積28km2の名頃ダムで3.50m3/sの流量を確保出来る様だ。

こちらは精々16km2程度である。。3.50m3/sは厳しいかも知れんなあ。。

1606 とはずがたり :2020/08/10(月) 11:25:24

三江線愛は宮脇俊三含めて強すぎる♪この話し俺も記憶に強いw

高梨
http://maps.gsi.go.jp/#15/34.982718/132.618799/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

三江線
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B1%9F%E7%B7%9A
三江線は浜原ダムを回避する沢谷駅付近を除くと、北方が頂点となる「へ」の字状に流れる江の川に沿って狭い平地を縫うように建設された。当初は、江の川の蛇行部分(粕淵駅、浜原駅付近など)をトンネルでショートカットする計画であったが、地域からの猛運動により断念[7]。結局、川に沿った迂回するルート(全長108kmだが、直線距離なら60km足らずである)となり、両都市間の短絡路としては機能していない。また拠点都市間ルートとしても、島根県東部の主要都市である出雲市・松江方面、西部の主要都市である浜田方面と、広島県との連絡にはいずれも迂回路となってしまい、陰陽連絡路線としての機能を果たせるものではなかったという指摘がある[誰によって?]。

急行「江の川」
1988年(昭和63年)から1994年(平成6年)まで臨時列車ではあるが、浜田駅 - 広島駅間を山陰本線・三江線・芸備線経由で運行する急行「江の川」(浜田駅 - 三次駅間は快速扱い)が運行された。紀行作家の宮脇俊三は三江線全通の前に、新幹線連絡列車として浜田駅 - 岡山駅間を山陰本線・三江線・芸備線・福塩線・山陽本線経由で運行する急行「ごうがわ」を構想しダイヤを作成したが、実際には急行どころか、全通後しばらくは全線を直通する列車すらなかった(『最長片道切符の旅』に記述あり)。「江の川」の運行により、ルートは違うものの宮脇の構想が結果的に現実化した形となった[要出典]。

江の川下流域の電源開発
江の 川橋梁群調査研究部会
西田修三
http://peshimane.net/wp/wp-content/uploads/2016/01/2015-29%E6%B1%9F%E3%81%AE%E5%B7%9D%E4%B8%8B%E6%B5%81%E5%9F%9F%E3%81%AE%E9%9B%BB%E6%BA%90%E9%96%8B%E7%99%BA_%E8%A5%BF%E7%94%B0%E4%BF%AE%E4%B8%89.pdf

昭和26年(1951年)には 60億?貯留の 桜江ダム 、 27(1952)年に は中国電力に よ る 出力14万kW(140MW)の発電計画、 30 年(1955年)には旧大和村高梨地区に電源開発会社に よ る 高さ 94m、 出力9万kW(90MW)のダム計画 が持ち上がった。この うち高梨ダムは水没家屋7 百戸、工事中の 三江南線が 8kmに わ た り 水没するというものであり、これの反対運動などもあって 三江南線の開通は昭和38年(1963年)となった。


表 主要 1 な発電所
発電所名 ダ ム 名 経営主体 最大出力 kW 開始年月
粕淵第二 早水川取水 中国電力 1,200 昭和 2 年 5 月
明塚 浜原 中国電力 25,000 昭和 28 年 11 月
潮 来島 中国電力 36,000 昭和 31 年 4 月
八戸第一 八戸 島根県 6,300 昭和 33 年 1 月
八戸第二 八戸 島根県 2,500 昭和 51 年 4 月



三江線は浜原ダム付近では建設の重複を避けて江の川を 離れて 大き く山側に 迂回し て い る 。こ の よ う に 電源開発と の 紆余曲折の た め 三江線が全線開通し た の は江津ー浜原間が 開通し て か ら 38年後の 昭和50年8月であった。 またこの間粕淵地区と大田市を結ぶ 「大滝線」 敷設計画もあった。
このように電源開発計画と三江線の誘致は当時のこの地域を揺るがした大問題で あ っ た 。

1607 とはずがたり :2020/08/14(金) 11:05:15
これは有効落差なんかだけではなく降水量迄計算に入れた力作w

ここまで計算に入れると確かに巨大ダム欲しくなるし,形から入った有効落差,使用水量,流域面積なんかも成る程全部必要になってくる。

室戸岬東部水力開発
http://tohazugatali.dousetsu.com/risui/yonden10.html#z-murotoE

1608 とはずがたり :2020/08/15(土) 11:12:52
>>1607
難しいしこっちの方がぐっと来るので名前変えた♪

阿佐地区水力開発
http://tohazugatali.dousetsu.com/risui/yonden10.html#asa

1609 とはずがたり :2020/08/15(土) 12:17:01

明谷(みょうだに)堰堤+切越発電所

https://www.yonden.co.jp/assets/pdf/corporate/yonden/brochure/index/hydro_power_station.pdf[巨大pdf注意]によると四電切越発電所に水を送る明谷ダムは老朽化(wikiに拠ると四国最古級のコンクリートダムとのこと)でダム高を切り下げて堰堤化する工事が行われたそうな。切越発電所そのものは4.5MWと小さいけど再エネ利用が叫ばれる今日に堰堤化はちと残念だが。。

四国堰堤ダム88箇所巡りhttps://dam88.info/index.cgi?Sshop=9さんに拠ると
>よる年月の上流からの土砂の堆積についに耐えきれなくなり、
とのこと。

水力.comさんhttp://www.suiryoku.com/gallery/tokusima/kirikosi/kirikosi.htmlの記述は改修前のものの様で,有効貯水量3.8万立米(小さいw)だがこれも(更に)減少したであろう。。

それにしても88箇所巡りさんによると明谷ダムでの取水量が2.78m3/sとなってるけど,これがそのまま水力.comの切越発電所の使用水量と成ってゐる。明谷ダムの水源は本流の貞光川のを加えてるから明谷川の使用水量じゃないのではないか,って感じもするけどそれはまあ良いとして(貞光川本流の利水権は本流から明谷川へ運び水量増やす権利なのであろう),片川での取水流量はどうなってんだ?

更にはそっちの支流には内山谷川http://maps.gsi.go.jp/#16/33.949937/134.039437/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1でも取水出来そうだけどどうだろう。

1610 とはずがたり :2020/08/15(土) 16:52:49

福井ダム
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E4%BA%95%E3%83%80%E3%83%A0
総貯水容量 4,750立米
有効貯水容量 4,000立米

天端付近?…56.8m
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.813982/134.589568/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

さて此処から何処へ注水するかである。

また地図上で見るよりは貯水量が少ない。。

小水力発電が精々である。。

1611 とはずがたり :2020/08/19(水) 19:14:58
https://eneken.ieej.or.jp/data/5459.pdf

水力発電も一寸ずつ発電量さがっていくのか。。

1612 とはずがたり :2020/08/20(木) 15:39:48
奥泉発電所。
沢の関川のこの辺から取水出来そう。
長島ダムの水量が減るけど発電には使ってへんし大丈夫やろ。
http://maps.gsi.go.jp/#15/35.205549/138.184469/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
標高的にはこの辺か?
http://maps.gsi.go.jp/#15/35.210423/138.185370/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
なんなら奥泉ダムに一旦送水してもええし関の沢川にダム作っても良さそう。

1613 とはずがたり :2020/08/20(木) 22:23:26
ダム、必要以上に下流へ放流か 豪雨時に4基で水位低下
山本孝興
https://www.asahi.com/articles/ASN8L63K2N83UTIL021.html
2020年8月18日 21時37分

 西日本豪雨などがあった2018年、19年の2年間に、台風などの際に緊急放流をしたダムは全国に14基あり、少なくとも4基のダムが必要以上の水を下流に放流していたとみられることが、管理者の国や県への取材でわかった。見極めが難しい流入量を放流量が上回る「過放流」だった可能性がある。

ダムに過放流の可能性 「流入量の計算にタイムラグ」
 緊急放流は、大雨でダムが満水に近づいたとき、流入量と同じ量まで放流して水位を一定に保つ操作。この際に過放流をした場合、必要以上の水が下流に流れることになり、浸水被害につながる可能性もある。

 国土交通省によると、2018年7月の西日本豪雨で8基のダム、昨年10月の台風19号では6基で緊急放流が行われていた。朝日新聞は、ダムを管理する国交省や県への情報公開請求などで、当時の放流量や流入量、水位などが記された「操作記録」を入手した。

 それによると、西日本豪雨時の「鹿野川(かのがわ)ダム」(愛媛県大洲市)と「野村ダム」(同県西予市)、台風19号時の「塩原ダム」(栃木県那須塩原市)と「高柴ダム」(福島県いわき市)で、緊急放流中にダムの水位が下がっていた。

 4基のダムでは緊急放流の開始から約25分〜2時間後、放流量が流入量に追いつき、水位の上昇が止まった。その後は流入量にあわせた放流が続いており、水位は一定のままになるはずだった。だが、水位は塩原ダムの約1・65メートルのほか、3基のダムでも約1メートル〜約0・35メートル低下。貯水量では約166万5千〜約33万トン(東京ドーム1杯分が約124万トン)減っていた。

 国交省や各県の担当者によると、緊急放流の操作は、ダムを管理するコンピューターが算出した数値に従って職員が行う。水位は実測値を元に算出され、放流量も正確に把握されている。これに対し、支流などあらゆる所から流れ込む流入量は正確に測れないため、直近10分〜1時間単位の流入量を元に「想定値」を算出している。

 西日本豪雨時に国交省四国地方整備局の河川管理課長だった渡辺健二氏は「(想定した)流入量が実際の現象を表していなかった可能性がある。結果として、放流量が上回ったかもしれない」と説明。国交省河川環境課も「算出システムの精度が大規模な雨に追いついていない部分はある。今後、何らかの対策をとる必要がある」と話す。

    ◇

 愛媛県の肱川(ひじかわ)流域にある鹿野川、野村両ダムをめぐっては、緊急放流中にダム下流域の大洲市と西予市で約3500棟が浸水し、8人が死亡。下流域の住民らは今年1月以降、「浸水被害が広がったのはダムの緊急放流が原因」として、国などに損害賠償を求める訴訟を松山地裁に起こしている。(山本孝興)

1614 とはずがたり :2020/08/20(木) 22:26:47
>>1612
国土地理院の地図には載ってないけど実際は取水堰堤があるみたいだ(;´Д`)
http://tohazugatali.dousetsu.com/risui/oigawa00.html

1615 とはずがたり :2020/08/20(木) 22:29:36

結局この人も見付けておらず。。

296 関ノ沢堰堤FG
http://kirihoshi.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

1616 とはずがたり :2020/08/20(木) 22:33:55
場所は明記されて居らず。。

2009年3月 7日 (土)
未知の領域 関の沢下流
http://amenomaru-turi.cocolog-tnc.com/tyoukoukiroku/2009/03/post-1cde.html

関の沢へは林道を利用して中流域や源流域へは入っているが、下流域は入っていないので7月に釣行した。関の沢橋梁の傍らから中電の取水堰堤への巡視道を行く。1時間位歩く。所々熊避けなのか一斗缶が吊る下げてあり、叩いた跡がある。熊がでるのかな〜〜。取水堰堤に着き昼飯を食べていると上流から釣り師現れる。朝一で入ったらしい。魚は居るが小型が多いとの事。上流へテン場を設けようとしたが、増水した時の事を考え堰堤の所をテン場とした。過去に増水で静岡市役所の職員が渓流で流され大井川まで流され死んだ事もあった。夕方を堰堤下でテンカラ遊び、水は少なくポイントも小さいが魚は居る。数匹を1人宴会の刺身にキープする。1人チビチビテントの中で川の音をBGMに宴会である。翌日はテンカラで上流へ、堰堤のすぐ上で、昔通らずだった「彦次の瀬戸」があるが浅くなり膝の高さで楽に通過する。上流も河原は広く明るい渓相。テンカラでまあまあの反応はあり20cmクラスが上がって来る。大物が出ないのが気に入らない。お昼に河原でラーメンを食して終了。帰路はじめじめと湿った巡視道をヒルの歓迎を受けつつ帰る。立ち止まって休む暇がない程、ヒルに圧倒される。

1617 とはずがたり :2020/08/24(月) 16:29:27
ほんならもっと南側からもダム作って水とればええが〜と思ったがちゃんと気田川辺りからも取水してた。

後は翁川辺りからも取水出来そう。

水窪河内川(513m)
http://maps.gsi.go.jp/#16/35.142468/137.899801/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
気田川(515m)
http://maps.gsi.go.jp/#15/35.127473/137.926462/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
灰の沢(514m)
http://maps.gsi.go.jp/#16/35.173080/137.924016/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
水窪川(518m)
http://maps.gsi.go.jp/#15/35.217839/137.919488/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
●翁川(520m)
http://maps.gsi.go.jp/#16/35.219600/137.894726/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

水窪ダム (静岡県)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%AA%AA%E3%83%80%E3%83%A0_(%E9%9D%99%E5%B2%A1%E7%9C%8C)

戦後、日本全国各地で主として水力発電所の開発を進めていた電源開発は、天竜川において1956年(昭和31年)に佐久間ダムを、1958年(昭和33年)には秋葉ダムを完成させた。その後、天竜川の支流・水窪川の上流部にも開発の手が伸ばされる。1969年(昭和44年)5月24日、水窪川の支流・戸中川をせき止めるようにして高さ105メートルの巨大なロックフィルダムが完成した。総工費は110億円。


湖水はダムでせき止めた戸中川の水と併せて、同じく水窪川の上流・白倉川の水も取り入れ導水路を通じて送水されている。ダム湖に貯えられた水は左岸に設けられた取水口より導水路を通じて下流の水窪発電所に向け送水され、最大5万キロワットの電力を発生したのち佐久間ダム湖(佐久間湖)に放流される。水窪発電所では年間1億5,800万キロワット時という電力量を発生している。

もともと水窪川は佐久間ダムよりも下流で天竜川に合流する河川であるため、佐久間ダム下流の佐久間発電所では水窪川の水を利用できずにいた。新たに水窪発電所が完成したことで、同発電所で利用された水窪川の水が佐久間発電所においても利用できるようになった。これによる佐久間発電所の発生電力量の増加量は、年間1億2,300万キロワット時であるという。

電発水窪発電所…50MW
http://www.suiryoku.com/gallery/shizuoka/misakubo/misakubo.html
出力
認可最大出力:50000kW
  常時出力: 7600kW
常時出力:8300kW(初掲載時データ)
年間総発電量:141000MWH(1億4100万キロワット時)
年間総発電量:158000MWH(1億5800万キロワット時、初掲載時データ)
水量
最大使用水量:26.50立方メートル毎秒
(内、気田川取水堰:8.5立方メートル毎秒)
常時使用水量: 5.65立方メートル毎秒(初掲載時データ)
落差
最大出力時有効落差:219.50m
常時出力時有効落差:221.95m(初掲載時データ)

1618 とはずがたり :2020/08/25(火) 00:05:32
中電:豊岡発電所
http://www.suiryoku.com/gallery/shizuoka/toyooka/toyooka.html
http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-150/data/documents/06_4_electric_27.pdf
http://tohazugatali.dousetsu.com/risui/keta00.html#toyookaPS
3月なんかは効率的に(1.4百立米しか放流せずに)4.8百立米使い切って発電しているのに4月や12月は何やってんだ?
めっちゃ発電量少ないのに結構放水しちまっている。。流込式で殆ど溜め込み出来ないから一気に流れる時に流れて後は川が干涸らびてたってことか??
豊岡堰堤の増強が欲しいなあ。
7月と9月の堰放水量は合計で49.1百立米ある。これを貯留量85.72百万立米の豊岡堰堤に溜め込んで平準化してじっくり使えば(出来る筈なのに何故しない??)一ケ月辺り4.1百立米の使用となり,恰度10月の使用水量と同じなので発電量も1,526.9千kWh(1,526.9MWh,152.7万kWh)/月増強出来よう。12カ月の合計で18,322.8MWhを余分に発電できて稼働率も倍増出来る筈である。

1619 とはずがたり :2020/08/25(火) 01:31:55
水利使用標識,惜しい,ぎりぎり見えん(;´Д`)
https://www.google.co.jp/maps/@35.1086249,137.9159482,3a,15y,302.8h,85.96t/data=!3m9!1e1!3m7!1s6Avm-u-GawS0KlQn1_v-yA!2e0!7i13312!8i6656!9m2!1b1!2i30?hl=ja

1620 とはずがたり :2020/08/25(火) 01:32:49
>貯留量85.72百万立米の豊岡堰堤
orz…間違えた。。8.5千立米だ。。

全然足りん。此処にダム作り直しじゃw

1621 とはずがたり :2020/08/27(木) 19:24:58

基本高水(きほんたかみず)
http://www.nilim.go.jp/lab/rcg/newhp/yougo/words/027/027.html

基本高水とは、洪水を防ぐための計画で、対策の目標とする洪水のハイドログラフ(流量が時間的に変化する様子を表したグラフ)のことです。
基本高水流量は、基本高水の最大流量から決めた流量です。


基本高水流量は、流域に降った雨がそのまま川に流れ出た場合の流量のことです。
基本高水流量からダムや調節池などの洪水調節の量を差し引いて、川を流れる流量のことを計画高水流量といいます。

1622 とはずがたり :2020/08/27(木) 19:26:33
小仁熊ダム
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E4%BB%81%E7%86%8A%E3%83%80%E3%83%A0

流域面積 21.6 km2
湛水面積 25 ha
総貯水容量 1,930,000 m3
有効貯水容量 1,610,000 m3
利用目的 洪水調節・不特定利水・上水道
事業主体 長野県
備考 愛称: 富蔵ダム
総事業費: 約215億円

小仁熊ダム(おにくまダム)は、長野県東筑摩郡筑北村(旧本城村)富蔵地先、信濃川水系犀川の支流麻績川に注ぐ東条川の治水も兼ね、並行して流れる別所川の支流小仁熊川に建設されたダム。

富蔵ダム(とくらダム)という愛称をもつ、高さ 36.5 メートルの重力式コンクリートダムで、洪水調節、不特定利水、周辺地域への上水道用水供給を目的とした多目的ダムである。


歴史
筑北村(旧本城村・坂北村・坂井村)が位置する筑北盆地は、長野県内でも比較的降雨量の少ない地域ではあったが、台風の接近などにより大雨が降ると東条川が出水、しばしば水害をもたらしてきたことから、かねてより治水対策が求められてきた。また、長野自動車道が開通し麻績インターチェンジの設置に伴って松本市、安曇野市等からのアクセスが向上したことにより、宅地開発が進み、上水道用の水源確保も急務とされた。

長野県はこれを受け、筑北ダム建設事務所(のちの奈良井川改良事務所)を置き筑北盆地の抜本的な治水・利水事業を計画。麻績川を境として以南では小仁熊川に小仁熊ダムを、以北では宮川に北山ダムの建設に着手した。

東条川総合開発事業としては、ダムを東条川の本線上ではなく、並行して流れる別所川の支流、小仁熊川に建設。その上で東条川に分水ぜきを設け、東条川を流下する大水の一部を総延長2.8kmの導水路で小仁熊ダムへと導くことで複数の河川の治水を行う。このトリッキーな治水計画の背景として、東条川流域がすでに集落が密集しており、さらにJR 篠ノ井線が並行して走っているとあって大規模なダム建設はおろか河川改修すら容易ではなかったことが挙げられる。

1983年(昭和58年)から1988年(昭和63年)にかけて実施計画調査が行われ、1989年(平成元年)より建設工事着工。東条川分水ぜきと、導水路2,808m(うち開水路2,133m、JR線をくぐるトンネル675m)の建設工事、そしてダム湖に沈むことになる道路の代替となる新道の敷設工事が並行して行われ、1998年(平成10年)3月ダム本体工事に着手、1999年(平成11年)9月よりコンクリートの打設を開始し、11月9日に関係者170名を招き定礎式が執り行われた。コンクリート打設工事は2000年(平成12年)12月に完了し、平成14年10月8日より試験湛水開始。2003年(平成15年)8月に完成した。

諸問題
2000年(平成12年)10月26日に長野県知事に田中康夫が就任し、多くのダムを始めとする公共事業の凍結・見直しが行われたが、小仁熊ダムはその本体工事着手が1998年であったことから、脱ダム宣言後も順調に建設工事が続けられた。 ダム建設地点はちょうど旧炭坑跡地であり、コンクリート充てんによる止水対策が急所となったが、この作業に労を費やすこととなり、工期は延長、事業費は1989年当初の見込み62億円の3倍以上、215億円となった。

また、試験湛水時にダムより上流300メートル先でクラック(ひび割れ)が発生し、道路が一部通行止めとなったというアクシデントも発生している。

場所(標高616m)
http://maps.gsi.go.jp/#16/36.418943/138.000072/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

東条川からの取水堰はこれか?
http://maps.gsi.go.jp/#16/36.401139/138.024770/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
そうみたいだ♪
https://blog.goo.ne.jp/match1128/e/fe1e12b4c8714fe312fa8be25d94f6a4

1623 とはずがたり :2020/08/28(金) 01:18:19
場所…この辺っぽい。有効落差もまあまあ。

堰堤(408m)
http://maps.gsi.go.jp/#16/35.238907/138.347343/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
発電所(283m)
http://maps.gsi.go.jp/#16/35.198851/138.359145/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

安倍川(あべかわ)水力発電所の建設計画について
https://www.chuden.co.jp/publicity/press/3263334_21432.html
2017年03月02日
中部電力株式会社

当社は、安倍川水系安倍川の流水を利用した安倍川水力発電所の建設を計画いたしましたので、お知らせいたします。

安倍川水力発電所は、発電出力7,100kWの流れ込み式水力発電所で、2019年度に工事に着手し、2022年度に運転を開始する予定です。

今後、当社は地域や地元自治体をはじめ関係者の皆さまにご理解とご協力をいただき、自然環境へ配慮をしながら、開発を進めてまいります。

当社は、エネルギー自給率の向上と温室効果ガスの削減に貢献するため、再生可能エネルギーの開発を積極的に進めています。

なかでも水力発電は、安定した発電電力量を期待できることから、当社は引き続き、一般水力や維持流量発電所の開発に努めてまいります。

また、既設水力発電所の設備改修による出力および発電電力量の向上についても計画的に進めてまいります。

【計画概要】

発電所名 安倍川水力発電所

所在地 静岡県静岡市葵区

水系・河川名 安倍川水系・安倍川

発電/運用方式 水路式/流れ込み式

発電出力 7,100kW

最大使用水量 7.00m3/s

有効落差 約121m

想定年間発電量 約3,800万kWh
(一般家庭 約11,700世帯分の年間使用電力量に相当)

CO2削減量 年間18,000トン程度

工事着手予定 2019(平成31)年度

運転開始予定 2022(平成34)年度

1624 とはずがたり :2020/08/28(金) 01:26:39
>>1623
増強プラン♪

巨大なダムのない安倍川なので利水に萌え萌えだけえが,欲張りたい。

ここhttp://maps.gsi.go.jp/#15/35.224798/138.359606/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1[標高420m]やここらhttp://maps.gsi.go.jp/#15/35.201727/138.369691/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1[標高420m]やここらhttp://maps.gsi.go.jp/#16/35.197904/138.374788/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1[標高222]辺りにも取水堰作ってもう一寸強化できひん??

全部で最大利用水量を8m3/sにすれば出力も8.1MW位には出来そう。

まあこれは20年位経ってリプレースする時の課題かな。。

更に渡本(発電所付近・標高282m)から取水して,この辺http://maps.gsi.go.jp/#15/35.116539/138.356688/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1[標高156m]まで持ってきてもう一発発電かましたい。

高低差は矢張り130m程あるので,支流の中河内川のこの辺http://maps.gsi.go.jp/#15/35.160302/138.325317/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1[標高284m]からも取水して使用水量9m3/s位に増やして9.5MW位はいけんちゃうか。

1625 とはずがたり :2020/08/28(金) 11:03:03
>>1625
更に梅ヶ島発電所構想!

発電所は取水口に近いここらhttp://maps.gsi.go.jp/#16/35.222870/138.352665/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1[標高355m]

取水は以下の3箇所ほど
藤代堰堤http://maps.gsi.go.jp/#16/35.228409/138.365303/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1[標高502m]
梅ヶ島堰堤http://maps.gsi.go.jp/#15/35.242184/138.355701/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1[標高501m]
孫佐島堰堤http://maps.gsi.go.jp/#16/35.255853/138.331958/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1[標高500m]

取り逃がす支流は三郷川と濁川だけなので,使用水量は6m3/sは行けるであろう。

標高差145mとまずまず。

想定発電容量は6.1MWってとこ☆

梅ヶ島堰堤辺りを改造してダムにして調整池作りたいけど安倍川本流を堰き止めるだけで結構水は貯められそう。

孫佐島堰堤は梅ヶ島ダムとして孫佐島聚落が沈まない程度に川原一杯に貯水するのも手だな〜♪

1626 とはずがたり :2020/08/28(金) 14:35:43
秋葉第二発電所 一括更新工事の完了・増出力運転の開始について
https://www.jpower.co.jp/news_release/2016/05/news160530.html
平成28年5月30日
電源開発株式会社

電源開発株式会社(以下、Jパワー、本社:東京都中央区、社長:北村雅良)は秋葉第二発電所において、平成27年10月より主要設備の一括更新工事を実施してきましたが、このたび法定使用前自主検査を終了し、5月27日(金)より、出力を34,900kWから35,300kWに増出力して運転を開始いたしました。

秋葉第二発電所

水車ランナ吊り込みの様子(平成28年2月)

秋葉第二発電所(静岡県)は、昭和33年の運転開始から50年以上が経過しており、経年により老朽化した機器を更新し、設備信頼度の向上と合理化・省力化を目的として、水車、発電機、主要変圧器等の主要設備の一括更新工事を行っておりました。
工事では、最新の解析・設計技術を用いて水車ランナ羽根形状を改良するなどにより、出力が400kW増加し、35,300 kWとなりました。

これにより、Jパワーが保有する水力発電所の最大出力合計は8,571,070kWとなりました。
Jパワーは、秋葉第一発電所の1号機と2号機についても、今年の10月から水車及び発電機などの一括更新工事により、出力を45,300kWから47,200kWに増加させる計画です。今後もCO2フリーの再生可能エネルギーである、水力発電所の一括更新による増出力運転など、積極的に推進して参ります。

【秋葉第二発電所概要】

所在地:静岡県浜松市
出力:35,300kW
最大使用水量:110?/s
ダム:秋葉ダム(堤長 273.4m、高さ89m)
運転開始:昭和33年6月

1627 とはずがたり :2020/08/28(金) 14:36:45
Jパワー、静岡県浜松市の水力発電所を改修して出力増ー年間発電量はおよそ560万kWh向上
2017/06/05
(月)
SmartGridニューズレター編集部
https://sgforum.impress.co.jp/news/3968

電源開発は、水力発電所「秋葉(あきは)第一発電所」の2号機の設備を更新し、運転を再開したと発表した。

電源開発(Jパワー)は2017年5月31日、同社が静岡県浜松市天竜区に建設し運営している水力発電所「秋葉(あきは)第一発電所」の2号機の設備を更新し、運転を再開したと発表した。秋葉第一発電所は1958年1月に運転を開始した古い水力発電所。今回は発電機を最新のものに更新したほか、運転開始以来使用していた水車を新設計のものに入れ替えた。この効果で、秋葉第一発電所の最大出力が従来の45.3MW(4万5300kW)から、46.25MW(4万6250kW)に向上した。

図 秋葉ダム。秋葉第一発電所のほか、秋葉第二発電所、秋葉第三発電所の水源となっている

図 秋葉ダム。秋葉第一発電所のほか、秋葉第二発電所、秋葉第三発電所の水源となっている

出所 電源開発

新しい水車を設計する際には、最新の解析、シミュレーション技術を駆使して、水の流れや、羽根が受ける水圧分布などを綿密に解析したという。その結果、水車の形状が元々使っていたものに比べると変化したという。

発電機と水車の更新により、最大出力が45.3MWから46.25MWと、およそ950万kW向上したが、この分によって年間発電量がおよそ5.6GWh(560万kWh)向上したという。出力向上分だけで設備利用率を計算するとおよそ67.29%となる。改良後の最大出力46.25MWの発電設備が、この設備利用率で稼働すると想定すると、設備更新後の秋葉第一発電所の年間発電量はだいたい272.63GWh(2億7262万5435kWh)となる。

資源エネルギー庁が試算した一般世帯の年間電力消費量は、3600kWh。設備更新後の秋葉第一発電所の年間発電量の試算値にこの値を当てはめると、約7万5729世帯分に当たる。発電した電力は、従来と同じように各電力会社に卸売する。ちなみに、設備更新による出力増分で得られる年間発電量560万kWhだけでも、だいたい1556世帯分に当たる。

1628 とはずがたり :2020/08/30(日) 00:50:10
ええもんめっけ☆

資料5-1 江の川水系河川整備基本方針
https://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/shaseishin/kasenbunkakai/shouiinkai/kihonhoushin/070810/pdf/s5-1.pdf

1629 とはずがたり :2020/08/30(日) 01:54:32
>>1628
ガチガチに固められててなかなか水力発電増強する術ないなあ。。

浜原ダムと江の川取水堰の湛水区間延ばして貯留量増やして増水時の水を貯めとけるようにするぐらいかなぁ。。生田川にも堰作って調整したい。

http://www.suiryoku.com/gallery/shimane/akatsuka/akatsuka.html
明塚発電所
認可最大出力:25.0MW
最大使用水量:110.00m3/s
水車:14.5MW*2

浜原ダム(調整池)
有効貯水量260万立米
湛水面積:1.49平米

http://www.suiryoku.com/gallery/hirosima/n_kumami/n_kumami.html
新熊見発電所
認可最大出力:23.3MW
最大使用水量:90.00m3/s
水車:24.0MW*1
取水位標高:141.30m
放水位標高:107.00m

北側では割りと良く雨が降るようだ。
https://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/shaseishin/kasenbunkakai/shouiinkai/kihonhoushin/070810/pdf/ref1-1.pdf

1630 とはずがたり :2020/08/30(日) 02:02:54
生田川側の風景。田圃潰せばOK
https://www.google.co.jp/maps/@34.8011387,132.7741211,3a,75y,42.47h,86.82t/data=!3m6!1e1!3m4!1sJGVg0DXrdbFAsHkU9Pjy-w!2e0!7i13312!8i6656

1631 とはずがたり :2020/08/31(月) 13:13:51
>これに伴い、小又川第一および第二発電所については今後の維持管理費用増加も踏まえ、小又川新発電所の完成を機に、その役目を終えることとしました。
未だ使えるなら使え〜や。水取られるのか?

小又川新が10.326MWで,トータルで2.86MW増って事は廃止される小又川第一第二合計で7.466MWあったっちゅうこんか。

2018年12月25日
2019年5月、秋田県で66年ぶりに新たな水力発電所「小又川新発電所」を着工
https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2018/18-1225.html

http://tohazugatali.dousetsu.com/news/18-1225a_large.jpg

三菱マテリアル株式会社(取締役社長:小野 直樹、資本金:1,194億円)は、秋田県北秋田市小又川水系において、1953年(昭和28年)に完成した小又川第四発電所以来の新規水力発電所となる「小又川新発電所(出力10,326kW)」を2019年5月に着工しますので、お知らせいたします。

…当社は、再生可能エネルギー固定価格制度(FIT)の施行を機に、森吉ダムを中心とした小又川水系にて営業運転中の小又川第一、第二および第四発電所の効率的運用による電源増加策、ならびに小又川第一および第二発電所の経年対策について検討を進めてまいりました。その結果、森吉ダム直下の小又川第四発電所の放流口から直接取水(取水量13.0m3/s)し、ずい道により約8.5km下流に水を導き、有効落差約90mを確保して10,326kWの発電をする新発電所の建設を計画し、FIT認定を受けました。本建設に併せ、河川環境保全と維持のために正常流量の放流も設定しました。これに伴い、小又川第一および第二発電所については今後の維持管理費用増加も踏まえ、小又川新発電所の完成を機に、その役目を終えることとしました。

新発電所の完成は2022年12月を予定しております。新発電所の完成により、小又川水系の発電能力は2,860kW、年間発電量は約13,400MWhの増加となり、…

<小又川新発電所概要>

1)
名称及び位置
名称:小又川新発電所
位置:秋田県北秋田市森吉字桐内沢外30国有林1048林班イ小班 地先
   (米代川水系阿仁川支川小又川)
2)
出力、発電量
最大出力:10,326kW(水車容量5,339kW×2台)
年間発電量:約48,500MWh
3)
使用水量
最大使用水量:13.0m3/s(6.5m3/s/台)、 常時使用水量:4.17m3/s
4)
有効落差
最大使用水量時有効落差:91.50m、 常時使用水量時有効落差:94.32m
5)
ずい道のこう長
こう長:8,489m(在来工法:849.1m、TBM工法:7,639.9m)
6)
工事計画
着工予定:2019年5月、 竣工予定 :2022年12月

1632 とはずがたり :2020/08/31(月) 13:14:43

https://www.mmc.co.jp/chinetsu/suiryoku03.html
小又川第四発電所
 1953(S28)年に森吉ダムの建設に併せて運転を開始(立軸フランシス水車)した当所水力発電所の中では最大規模であり、基幹場所の一つですが、当時の建設工事は資材運搬道路も無く相当難工事であったとの記録が残されております。
 1999(H11)年に無人化を図り、現在は小又川第一発電所で遠方監視制御を行っており、2015(H27)年にFIT認定設備として水車(立軸フランシス)・発電機を更新しております。

小又川第二発電所
 1944(S19)年に運転を開始(横軸フランシス水車)し、当初流れ込み方式でしたが、森吉ダム・小又川第四発電所の 完成に伴い、放水路より直接取水する方式に改造され現在に至ります。

小又川第一発電所
 1号機(横軸フランシス水車)が1930(S5)年に運転開始。その後1963(S38)年に2号機(立軸フランシス水車)を増設し 出力増強を図り現在に至ります。
 1999(H11)年小又川第四発電所の無人化に伴い、小又川系全ての水力発電所の集中遠方監視制御をしております。

三菱マテリアル株式会社 小又川第一発電所
http://www.suiryoku.com/gallery/akita/komata1/komata1.html
昭和 5(1930)年 3月  :運用開始
認可最大出力:5720kW
  常時出力:1750kW
水量
最大使用水量:13.51立方メートル毎秒

三菱マテリアル株式会社 小又川第二発電所
http://www.suiryoku.com/gallery/akita/komata2/komata2.html
昭和19(1944)年10月  :運用開始
認可最大出力:1750kW
  常時出力:1540kW
水量
最大使用水量:5.20立方メートル毎秒


三菱マテリアル株式会社 小又川第三発電所 跡
http://www.suiryoku.com/gallery/akita/komata3/komata3.html
昭和18(1943)年     :運用開始
平成12(2000)年     :廃止

本発電所は森吉山ダムの建設に伴い廃止されました。

三菱マテリアル株式会社 小又川第四発電所
http://www.suiryoku.com/gallery/akita/komata4/komata4.html
昭和28(1953)年12月  :運用開始
出力
認可最大出力:6500kW
  常時出力:1450kW
水量
最大使用水量:16.50立方メートル毎秒

1633 とはずがたり :2020/08/31(月) 14:56:59
こんなとこにトンネル??
https://maps.gsi.go.jp/#16/40.084729/140.420251/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

1634 とはずがたり :2020/08/31(月) 20:35:36

おいおい迂闊にも見逃してて知らんかったぞ。。
しらんかった。豊田通商と東電の提携は風力に注力するユーラスにばっか目を取られてたけど水力でも全面提携か〜。
2018年に豊田通商が東京発電に出資。2019年に豊田通商から株を譲り受ける形でユーラスが東京発電に出資。

株式会社ユーラスエナジーホールディングス
https://www.eurus-energy.com/company/outline/
豊田通商株式会社 60% / 東京電力ホールディングス株式会社 40%

東京発電株式会社
http://www.tgn.or.jp/teg/company/outline.html
東京電力リニューアブルパワー株式会社 / 豊田通商株式会社 / 株式会社ユーラスエナジーホールディングス

国内の中小水力発電事業をてがける東京発電株式会社に出資
https://www.toyota-tsusho.com/press/detail/181219_004307.html
2018年12月19日

豊田通商株式会社(以下、豊田通商)は、本日、東京電力ホールディングス株式会社の子会社である東京発電株式会社(以下、東京発電)が実施する第三者割当増資を引き受けましたのでお知らせ致します。

国内の中小水力発電事業をてがける東京発電株式会社に出資
https://b2b-ch.infomart.co.jp/news/detail.page?IMNEWS1=1399660
2019/04/01  株式会社 ユーラスエナジーホールディングス 

2019年04月01日 - 国内の中小水力発電事業をてがける東京発電株式会社に出資

当社は2019年3月29日、豊田通商株式会社が保有する、東京発電株式会社(以下、東京発電)の発行済株式の一部について譲渡を受け、東京発電へ出資参画いたしましたのでお知らせ致します。

1635 とはずがたり :2020/09/01(火) 17:16:33
すげえわ。

四国電力 東豊永発電所
http://www.suiryoku.com/gallery/kouchi/hgtoyona/hgtoyona.html

https://www.yonden.co.jp/assets/pdf/corporate/yonden/brochure/index/hydro_power_station.pdf
当社で落差最大の一般水力発電所;東豊永発電所(405.7m:6,500kW)

1636 とはずがたり :2020/09/01(火) 17:21:59
>>1635

此処
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.785907/133.793660/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

700m位から300m位迄一気に落とす!

流石にこんだけ高所だと水を集めるのに苦労するが物部川側のオモ谷http://maps.gsi.go.jp/#15/33.738045/133.831136/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1や楮佐古川http://maps.gsi.go.jp/#15/33.757956/133.856242/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1やその支流http://maps.gsi.go.jp/#15/33.753568/133.847959/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1からも取水出来ないやろか??

沖野々川辺りに一寸した調整池を設けてもええんちゃうか。

1637 とはずがたり :2020/09/01(火) 17:24:30
物部川→吉野川の導水は物部川側が多雨地帯で水が使い切れないと云う前提で,東豊永,名頃辺りに少々水引っ張れないかと思っている。

高知側への配慮とメリットが必要である。

1638 とはずがたり :2020/09/02(水) 22:52:30
おお,結構水量でかい!
下流には軸丸発電所があってこの放流水が行くようだ。そっちの使用水量も増強しないのかな?!

水利用の方法
https://www.mlit.go.jp/river/basic_info/jigyo_keikaku/gaiyou/seibi/pdf/oono-4-5.pdf

2019年10月29日
九州電力株式会社
新竹田発電所の新設工事を開始します
-既設竹田発電所の再開発により、最大出力が7,000kWから8,300kWへ増加-
http://www.kyuden.co.jp/press_h191029-1_smt.html

 水力発電所の「竹田発電所」は、運転開始から64年が経過し、施設の老朽化が進行していることから、当社は同発電所を廃止し(2019年10月28日)、「新竹田発電所」を新設する計画を策定しておりました。(2019年3月1日お知らせ済み)
 この度、工事に向けた準備が整ったため、10月29日から、新竹田発電所の新設工事を開始いたします。

 本工事は、水車・発電機、導水路等の高経年化対策並びに未利用水の有効活用を目的とした再開発工事であり、最大使用水量の増量及び発電機の効率向上により、最大出力と発電電力量の増加を図るものです。
 また、同工事と並行して、竹田調整池堰の改造工事も実施予定です。

 なお、新竹田発電所は2022年3月に運転開始する予定です。

 当社は、今後も地球温暖化への対応や国産エネルギー有効活用の観点から、再生可能エネルギーの積極的な開発、導入に努めてまいります。
新竹田発電所の概要
発電所の所在地 大分県竹田市
水系及び河川名 大野川水系大野川
最大使用水量 26.0?/s 〔22.0?/s〕
有効落差 37.4m 〔37.4m〕
最大出力 8,300kW 〔7,000kW〕
年間発電電力量 約3,600万kWh※ 〔3,200万kWh〕
工事期間 2019年10月〜2022年3月
主な工事設備 導水路、水車・発電機、調整池堰 等

注:〔 〕内は既設発電所の諸元
※一般家庭約12,000世帯分に相当
(一家庭あたり年間使用量3,000kWhで算定)

場所
http://maps.gsi.go.jp/#16/32.972677/131.416494/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

1639 とはずがたり :2020/09/02(水) 22:53:20
>>1638
>総貯水容量 752 m3
とのこと。ちいせえ(;´Д`)

2020年8月5日
九州電力株式会社
竹田発電所 竹田調整池堰(ちょうせいちぜき)の改造工事を開始します
http://www.kyuden.co.jp/press_h200805-1.html

 当社は、現在実施中の「新竹田発電所新設工事」と並行して同発電所の竹田調整池堰の改造工事を実施する予定としておりました。 (2019年10月29日お知らせ済み)

 この度、工事に向けた仮設などの準備が整ったため、本日から改造工事を開始いたします。

 本工事は、2012年の九州北部豪雨において過去最大流量を記録したことを踏まえ、豪雨による洪水に備えた堰の安全性向上を目的として実施するものです。
 なお、本工事の完了時期は、新竹田発電所の運転開始時期と同じ2022年3月を予定しております。

 当社は、今回実施する改造工事によって、竹田調整池堰の更なる安全かつ確実な運用を図ってまいります。

堰の諸元
河川名 大野川水系大野川
堰の型式 コンクリート重力式
堰の高さ 10.2m
堰の長さ 108.0m
ゲートの数 8門
別紙
http://www.kyuden.co.jp/var/rev0/0252/5502/nj57dk3t.pdf

竹田調整池堰
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E7%94%B0%E8%AA%BF%E6%95%B4%E6%B1%A0%E5%A0%B0
流域面積 326 km2
総貯水容量 752 m3

竹田調整池堰(たけたちょうせいちぜき)は、大分県竹田市の大野川にある九州電力の発電用の堰である。魚住堰堤とも呼ばれ、竹田ダム、魚住ダム等の通称でも呼ばれるが、堤高が15m未満であるため河川法上のダムには該当しない。

平成24年7月九州北部豪雨
2012年(平成24年)7月中旬の九州北部豪雨では、玉来川が氾濫して竹田市に広範な被害をもたらした。その一因として、竹田調整池堰によって上流部の水位が上昇したのではないかとの指摘があったが、後の検証では堰の影響は限定的だったとされた[1]。また、竹田発電所が浸水して発電設備が冠水したため使用不能となり、復旧したのは約半年後の2013年(平成25年)1月30日であった[2]。
場所
http://maps.gsi.go.jp/#16/32.958347/131.390766/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

1640 とはずがたり :2020/09/03(木) 19:23:57
なんと。。たまたま増水中だったのかもしれぬが勿体ない。5MW位迄は認めてやれよな〜。。>富士緒井路第2発電所…小水力発電とは1500KW以下であることが条件になっております。そこでそれを超える水は導水管の横にある水路で放水するということをやっております。

シニアの独り言
https://hirose580.exblog.jp/20887169/

富士緒井路第2発電所

富士緒井路第2発電所に行ってきました。第1発電所に比べ相当大きい発電所です。小水力発電とは1500KW以下であることが条件になっております。そこでそれを超える水は導水管の横にある水路で放水するということをやっております。全部を発電に利用するならばさらに発電量も増えるものをと思いますが、仕方がないことなのでしょう もったいないことです。
昭和59年に工事費7億7760万円で完成しました。導水管の長さは255Mあります。
富士緒井路の設立に関して後藤鹿太郎翁の大変な努力の積み重ねがあってできたということが言われております。土地改良区の前には鹿太郎翁の銅像が立っております。

1641 とはずがたり :2020/09/04(金) 10:44:42
そうなのか。。

https://yamba-net.org/39142/
(ちなみに、同じ大野川上流には、事業着手から30年以上たっても使い物にならない水漏れダムとして有名な九州農政局の大蘇ダムがあり、受益者とされる大分県と竹田市は大蘇ダムの漏水対策の追加負担を求められています。)

1642 とはずがたり :2020/09/04(金) 11:06:22
ここは発電を計画に入れて九電の参加を要請すべき。まあ嫌がりそうだな。国策の電力会社が必要だな。新電源開発だっ。

誰も責任をとらず、湯水のように注がれる修復費用
“底抜け”大蘇ダムに振り回される住民たちの失意
相川俊英:ジャーナリスト
https://diamond.jp/articles/-/21290
社会 相川俊英の地方自治“腰砕け”通信記
2012.7.10 0:00 会員限定

山奥に造られた巨大プールの愚
水の貯まらない「底抜けダム」
 まるで山奥に巨大なプールを造るようなものだ。農水省九州農政局は6月18日、水漏れにより利用ができずにいる大蘇ダム(熊本県産山村)を全面補修する案を発表した。

 ダムののり面や底面など地盤全体にコンクリートを吹き付け、水漏れを防ぐという。コンクリートで巨大な器を造り、その中に水を貯めるというものだ。工事費は約100億円にのぼる見込みで、九州農政局ではダム水を利用する地元の自治体にも追加負担を求める方針だという。

 日本は世界に冠たるダム大国で、建設の実績と技術力の高さで他国を圧倒している。しかし、その一方でとんでもない欠陥ダムを生み出していた。代表事例が、水の貯まらない底抜けダムだ。ダム湖の底やのり面から水が漏れ出し、計画通りに貯水できないという欠陥品である。

「まさかそんなバカなことが」と思うだろうが、本当に漫画みたいなダムが日本社会に存在している。それも2つもである。

 熊本県の大蘇ダムと北海道の東郷ダムが、その「底抜けダム」である。いずれも農水省が農業用ダムとして建設したもので、完成後に水漏れが発覚し、水利用ができずにいる。

 大蘇ダムは、熊本県産山村を流れる大蘇川をせき止めて造られた。農水省九州農政局が「大野川上流農業水利事業」として建設したもので、計画上の有効貯水量は約390万トンとなっていた。

 受益地は大分県と熊本県に広がり、延べ2158ヘクタール。畑作が中心で、受益地の7割以上を大分県竹田市が占める。ハウスでのトマト栽培を手がける農家が中心だった。

 大蘇ダムの堤本体が完成したのは、今から8年前の2004年のこと。工事は基礎掘削時に亀裂が見つかるなど、難航を極め、1979年の事業着手から4半世紀もの時を要した。計画変更は2度に及び、事業費は約595億円と当初(約130億円)の4.6倍にまで膨れ上がった。

2019年3月7日
水漏れ問題かかえる農水省の大蘇ダム、2020年度の供用開始後は地元管理へ
https://yamba-net.org/46299/

 1979年に本体工事に着手し、当初計画では1986年の供用開始が予定されていましたが、基礎掘削時に亀裂が見つかるなど、本体工事は難航を極め、4半世紀もの時間を要しました。
 さらに、2005年のダム本体完成後、試験湛水を行ったところ、ダム湖の底やのり面から漏水が発生。当初、農水省はこのことを伏せていましたが、土地改良区の関係者が試験湛水のデータが示されないことに不審を抱き、水漏れの事実を突き止めました。計画通りに水が貯まらないダムとしてテレビでも取り上げられた大蘇ダムでは、2013年から100億円以上をかけて漏水対策工事を進め、2020年度からの供用開始を目指しているとのことです。

1643 とはずがたり :2020/09/04(金) 11:06:37
>>1642
★農水省九州農政局サイト
 (大蘇ダムの漏水対策工事は「浸透抑制対策」と書かれています。)
 http://www.maff.go.jp/kyusyu/seibibu/kokuei/24/jigyounogaiyou/jigyounogaiyou.html

 昨日の地元紙によれば、熊本県と大分県の地元自治体は、ダム完成後も水漏れの心配があるため、大蘇ダムを国直轄管理にするよう要望してきたとのことですが、国がこれを受け入れないことから、維持管理を行う方針に転換しました。
 2012年の以下の記事によれば、大蘇ダムによる灌漑用水を求めている農家の大半は大分県側にあります。水が足りている熊本県側では、国の欠陥ダムの対策工事費を地元が負担することに対して、当時でも大きな不満があるとのことでした。完成が何十年も遅れたため、当初はダムを望んだ農家も、大蘇ダムなしで生活を営むようになっているということです。
 計画通りに運用できないダムは、地元民にも国民にも過大な負担を強いますが、計画を策定したダム起業者が責任を取ることはありません。

●「誰も責任をとらず、湯水のように注がれる修復費用
“底抜け”大蘇ダムに振り回される住民たちの失意」(週刊ダイヤモンド、2012年7月10日、相川俊英:ジャーナリスト)

●「“底抜け”大蘇ダムの修復はきちんと進んでいるのか?
再び現地で見た“ぼったくり工事?”の迷走としわ寄せ」(週刊ダイヤモンド、2012年9月25日、相川俊英:ジャーナリスト)

◆2019年3月6日 熊本日日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00000015-kumanichi-l43
ー大蘇ダム、3市村管理に転換 漏水対策後の監視は国費でー

  2020年度の供用開始を目指し国が漏水対策を進めている大蘇ダム(熊本県産山村)について、阿蘇、産山、大分県竹田の受益地域3市村は、ダム本体の維持管理を担う方針を決めた。国直轄を要望していたが、工事完了後も当面は効果や安全性の監視に国費が充てられることを確認できたとして、方針転換する。

 同ダムは1979年に事業着手。2005年に本体が完成したが、08年に漏水が発覚し、13年から7年計画で対策工事を進めている。

 土地改良法は、ダム本体など基幹施設の管理費は地方公共団体が負担すると定める。しかし3市村は、対策工事完了後に再び漏水が発生した場合の補修費負担を懸念。常駐職員の監視など、国の直轄管理を求めていた。

 これに対し国は、漏水対策完了後もダム本体の監視を100%国費で実施し、補修工事が必要になった場合は地元負担の軽減を検討すると回答。監視期間は学識者らの意見を基に決めるとしている。

 維持管理に伴う負担は事業費の4割で、阿蘇市は年間137万円、産山村は172万円を見込む。

 3市村は3月定例議会に関連議案を提出。3議会の可決を経て、受益農家3分の2以上の同意取得の手続きに入る。熊本側の対象農家は16年時点で199戸。

 同ダムは、事業着手後3回の計画変更で完成時期がずれ込み、漏水発覚で事業費は720億円に膨らんだ。

 漏水対策に関し、国は17〜18年に試験湛水[たんすい]と検証を実施したが、貯水量の減少は確認されなかったとしている。(中尾有希)

1644 とはずがたり :2020/09/04(金) 18:36:50
日本軽金属、国制度で売電か 富士川水系の水利権目的外使用問題
https://www.at-s.com/news/article/special/sakura_ebi/007/804448.html
(2020/9/3 16:00)

 アルミ製錬を前提に富士川水系の水利権を許可された日本軽金属波木井発電所(山梨県身延町、設備・能力2万1900キロワット)が、国の水利権更新許可が認められないまま稼働している問題で、同社が同発電所について、再生可能エネルギー普及のため国が導入した固定価格買い取り制度(FIT)に申請し認定を受けていたことが、2日までの経済産業省などへの取材で分かった。“売電そのものを目的にした発電”に本格的に乗り出していたことが判明し、住民は反発を強めている。

 静岡新聞社が水利権の目的外使用を指摘した1月1日付の報道を受け国土交通省は同月、売電の有無や発電の目的と使用実態の相違などを確認した。発電所は3月末に水利権更新期限を迎え今月で半年経過するが、いまだ水利権許可の審査中だ。水利権は失効しておらず、取水を続けている。

 1939年に完成した同発電所は、同社が富士川沿いなどに持つ六つの発電所で最古。太平洋戦争期にゼロ戦用航空機素材の製造を支えた同発電所も現在では、支流の雨畑川に不法投棄された凝集剤入り汚泥などに起因するとみられる強い濁りが、発電用導水管を経てサクラエビの主産卵場になっている駿河湾に流れ込む事実上の起点といえる。日軽金はFITによる売電のため2017〜19年にかけて巨額を投資し改修工事を行った。
 日軽金は売電収入について決算関係書類に明示していない。

 ■「聞いていない」流域反発

 日本軽金属が再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)の認定を受けていることが2日までに分かった。情報公開資料によると、同社は山梨県にFITの利用を報告していたとみられるが、流域の市町には説明がなく、住民は反発を強める。
 山梨県内の富士川最下流に位置する南部町の佐野和広町長は「どう売電しているか全く聞いていない」とし、「住民は地震で導水管が破裂しないか心配。富士川に水を戻してほしい」と求める。林業家でサクラエビ漁師の佐野文洋さん(48)=富士宮市=は「日軽金は自社の利益だけでなく、海や川に向き合ってほしい」と憤る。

 売電した場合、一カ月に数億円規模の収入になるとみられる。近藤千鶴富士宮市議は「川は地域の共通資本。売電でいくら稼いでいるのか。説明と対策を求めたい」と強調する。
 日軽金は静岡新聞社の取材に、FIT認定を受けた事実を認めつつ、売電実績については「経営に関わる事柄であり、回答は差し控える」としている。

 ■FITの趣旨に反する 諸富徹 京都大大学院教授(環境経済学)
 少なくとも水利権の更新期限を過ぎても更新されていないのであれば、失効状態であることは間違いない。現在は河川法の運用で、日軽金と関係者の間で水利権が認められているにすぎないだろう。
 FITの根拠となる再生可能エネルギー特措法の趣旨は、福島の原発事故という大きな環境リスクを一つの出発点に、環境に良い電源に変えること。それが富士川の河川環境やサクラエビに損失を与えているとすれば、本来的な矛盾だ。波木井発電所の水利権が正当性を疑われる状態ならば、なおさらFITの趣旨に反しているとも言える。

 違法な土地利用の発電所からの電力など明らかに問題があれば話は別だが、今回のように(違法性を帯びていなくても正当性を失ったような)グレーなケースの場合、現行法に基づくFITは問題のある発電所として排除する仕組みになっていないのでは。
 ただ、今は個別条文に反していなくても、問題点が明らかになると、経産省が後付けで規制するケースがFITでは多く起こってきた。太陽光パネルで環境問題が起こり、事業者に役割を終えた設備の撤去を含めて義務を負わせたことなどだ。問題が大きければ、法の改正や政省令の見直しが行われるべきだ。

 <メモ>再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度 再エネ特措法に基づき、水力や太陽光、風力などを用いて発電した電気について、国が定める一定価格で一定期間、電力会社による買い取りを約束する制度。新規発電事業者が収益の見込みを立てやすく、東日本大震災後に多くが参入した。水力発電の場合、買い取り期間は20年間。

1645 とはずがたり :2020/09/04(金) 18:38:30

投棄コンクリ8割下流に 山梨・雨畑川、くず4700トン流出か
https://www.at-s.com/news/article/special/sakura_ebi/007/739538.html
(2020/2/22 07:33)

 駿河湾産サクラエビの不漁をきっかけに静岡、山梨両県が濁りの実態を調査した雨畑川(同県早川町)で昨年7月、大量のコンクリートくずの不法投棄が見つかった問題で、早期撤去を行政指導されたコンクリートくずの約8割が回収できないまま撤去作業が終了、下流や海に流出した可能性があることが21日、明らかになった。流出量は約4700トンに上るとみられる。山梨県環境整備課が同日、発表した。
 同課によると、日本軽金属が一部出資し、近くに砂利プラントのあるニッケイ工業など3社に対し同県は昨年10月、不法投棄くずの早期撤去を行政指導。ニッケイ工業などは約3800立方メートル(国の基準で約6千トン)をことし3月までに撤去する計画を示したが、2割しか回収でなかったという。
 不法投棄は2015年4月〜19年3月、10トンダンプで計633回に及んだとされる。回収できなかったコンクリくずについて同課の河西博志課長は、日軽金が現場上流で自家発電用に管理する雨畑ダムの放水などにより流出した可能性が高いと分析した。
 昨年9月、国土交通省に環境への影響を調べるよう要望書を提出した山梨本流釣同好会の40代の男性会員は、生コンには六価クロムなど有害物質が含まれていると懸念し「近年、富士川本流のアユやアマゴは壊滅的だ。影響は計り知れない」と述べた。

1646 とはずがたり :2020/09/04(金) 18:39:30
雨畑川汚泥投棄、計画的か 山梨の採石業者 土管埋設、流れ変え
https://www.at-s.com/news/article/special/sakura_ebi/008/660940.html?news=739538
(2019/5/16 13:27)

 山梨県早川町の雨畑川に採石業者が汚泥(ヘドロ)を不法投棄していたとみられる問題で、投棄現場付近で違法に川の流れを変える「瀬回し」が行われていた疑いが判明し、同県が計画的投棄の可能性を視野に現地調査を続けていることが15日までに分かった。
 雨畑川は、駿河湾のサクラエビの不漁を受け静岡、山梨両県が5月以降に濁りの合同調査を実施している早川水系にある。下流域で富士川に合流するほか、発電用の導水管を通って駿河湾に注ぎ込む。
 同県治水課によると、現場は無許可でコンクリート製の土管が埋設され、川の流れが改変されていた。河川法違反の恐れがあり、同課はヘドロ投棄をしやすいよう周辺を造成していた可能性があるとみている。
 同課の担当者は「埋設された土管の上はダンプカーの進入路が作られている。(約1キロ上流の)雨畑ダムは雨期には放水する。その際にヘドロが下流に一緒に流れる構造になっていた可能性もある」と指摘した。
 同県によると、聞き取り調査に対し業者は「一時的に保管するつもりだった」と説明。ただ、外部に搬出した痕跡が見当たらないことから、治水課や環境整備課は「汚泥が産業廃棄物であるという認識を持ちながら、雨畑川に投棄していた可能性が非常に高い」とみている。
 現場周辺には、本来砂利プラント内に設置されているはずのヘドロ沈殿装置の一部も確認された。2011年夏ごろ、ダムの放水によりプラントから流出したままといい「装置は再稼働しておらず、これ以来投棄が繰り返された」との指摘もある。

1648 とはずがたり :2020/09/04(金) 19:10:26
>投棄された場所から約1・5キロ下流の瀬には今も汚泥が残る
下流に流されたヘドロも撤去義務負わせりゃいいんちゃうの?!

投棄汚泥の撤去完了 山梨・雨畑川 下流の瀬、依然残留
https://www.at-s.com/news/article/special/sakura_ebi/008/660949.html?news=660940
(2019/6/15 13:32)

 山梨県早川町の雨畑川でニッケイ工業(東京都)が産業廃棄物の汚泥(ヘドロ)を不法投棄したとみられる問題で、同県は14日、野積みされた汚泥の撤去が完了したと発表、検討した刑事告発を見送る方針を示した。一方、下流の瀬には依然汚泥が残ったままで、流出した全てのヘドロの回収は困難な状況となっている。
 ニッケイ工業は当初示した5月末の撤去期限が守れず、14日まで先送りしていた。同日午後、同県職員が同社幹部の説明を受けながら野積み現場を見て回った。同県の説明によると、搬出した汚泥は約4400立方メートル(国の目安で換算すると約4840トン)。無許可で埋設された土管は近く撤去させる。
 同県環境整備課によると、不法投棄とみられる行為は約10年前には始まり、これまで外部に搬出された形跡は見当たらないという。関係者によると、投棄された汚泥の総量は数万トン以上に上る。
 さらに、ニッケイ工業が汚泥投棄直前に混入させた化学物質が、河川環境に悪影響を与えた可能性も否定できない。同社の高橋広明常務は取材に、不法投棄とみられる行為を行う直前、汚泥に3種類の凝集剤を混ぜていたことを認めた。「凝集剤は汚泥から水を分離させるためだった」などと説明した。
 雨畑川は駿河湾サクラエビの不漁などを受け静岡、山梨両県が濁りの実態調査を進める早川水系にある。  (「サクラエビ異変」取材班)

1649 とはずがたり :2020/09/04(金) 21:11:32
大蘇ダムに新しい水源を追加しつつ発電!

乙宮川693m
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.027861/131.210918/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

産山川687m
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.027690/131.201026/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

南谷684m・無人の谷なので調整池造れそう。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.022617/131.197786/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

田尻680m
2545mm(年間降雨量・田尻)http://www.pref.oita.jp/uploaded/life/116567_134920_misc.pdf
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.020224/131.185126/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
田尻流域年間総降雨量
1500*600=900,000m2=90万平米
90万*2.5=225万立米/年

田尻ダム(仮称)
200m*20m*800m=320万立米

年間200日,1日4時間稼働=200*4*60*60=288万秒。

年間288万秒で320万立米使うと云う事はダムがあれば1m3/s位は開発できると云う事。

田尻より上流の取水量含めて1.5m3/sは使えそう。

ここから大蘇ダムへ注水。
一日4時間とすると,夕方から日没に掛けてでも十分余裕あり。雨降って太陽光発電の発電量が減った時は余計に発電も可能。
良さそうだ。

1650 とはずがたり :2020/09/05(土) 23:46:03
大蘇ダムへ導水する平川頭首工

平川頭首工だっ!ここか〜。
https://www.google.co.jp/maps/@33.020163,131.1786705,3a,75y,183.89h,77.28t/data=!3m9!1e1!3m7!1sM9AHzkxB5g42R5dBZo8dPA!2e0!7i13312!8i6656!9m2!1b1!2i31?hl=ja

写真より古びてるw
完成時の写真か。
https://www.maff.go.jp/kyusyu/seibibu/kokuei/24/sisetunogaiyou/attach/pdf/sisetunogaiyou-2.pdf

此処。681m
http://maps.gsi.go.jp/#17/33.020157/131.178303/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

1651 とはずがたり :2020/09/06(日) 18:07:29
完成かな??

<玉来魚住ルート>
玉来ダム・玉来取水工(347.8)
http://maps.gsi.go.jp/#15/32.969049/131.307564/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
七ツ森取水工(342.3)
http://maps.gsi.go.jp/#15/32.958464/131.314387/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

滝水川取水工(342.8)
http://maps.gsi.go.jp/#15/32.944311/131.312327/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

藤渡川取水工(342.1)
http://maps.gsi.go.jp/#15/32.938801/131.315417/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

山ノ口川取水工(341.5)
http://maps.gsi.go.jp/#15/32.938945/131.321039/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

山ノ口川第二取水工(340.1)
http://maps.gsi.go.jp/#15/32.937576/131.325245/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

矢倉川取水工(341.3)
http://maps.gsi.go.jp/#15/32.934010/131.337004/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

上部水槽(343.7)
http://maps.gsi.go.jp/#16/32.937603/131.360435/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

竹田南発電所(268.8)
http://maps.gsi.go.jp/#16/32.940754/131.370113/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

1652 とはずがたり :2020/09/06(日) 22:58:07
>>1651
あれ,稲葉ダムから玉来ダムが抜けてる。。

とは言え近いのでほぼ直送だけど。米山川沿いは山裾に水田が拡がってる感じ。買収して小さな調整池作っても良さそう。

稲葉湖取水工(430m)
http://maps.gsi.go.jp/#15/32.988850/131.295033/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

米山川取水工(429.1m)
http://maps.gsi.go.jp/#15/32.975926/131.301942/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
この河川名が如何しても判らず執念で見付けたw
https://www.pref.oita.jp/uploaded/attachment/2030548.pdf

玉来湖発電所(349)
http://maps.gsi.go.jp/#15/32.969085/131.307650/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

1653 とはずがたり :2020/09/07(月) 12:23:15
2m3/sを設備稼働率80%で確保したい。
使用水量(m3/s) 2
設備稼働率 0.8
一日使用水量(万立米) 13.824
週間使用水量(万立米) 96.768

大体100万立米の貯水容量があれば1週間の日照りに耐えられる。

どんだけの長さのダムが必要か考える。
川幅は100mで一定。堰堤部分は高さ5m,横幅200mの台形として,ダム湖の範囲はダム地点で水深5mが一定と仮定される河川勾配の元で0mになる箇所。ダム長xとする。
三角錐と三角柱に分けられるので計算する。
三角錐は100*5*(1/2)*(1/3)*x,三角柱は5*100*x*1/2
この和が1,000,000なのでx=3.00。

大体5km上流迄水を溜めとく必要がある。ダム堰堤高を倍の10mに川巾を50mとすれば2.00km。
これくらいなら整備可能か?
こんな計算でええんかいな(;´Д`)

1654 とはずがたり :2020/09/07(月) 12:25:06
>>1653
これをみて考えた所。


流域及び河川の概要大野川水系玉来川資料-3大 分 県
http://www.pref.oita.jp/uploaded/life/116567_134920_misc.pdf
川床地点の正常流量と自然流量の比較

1655 とはずがたり :2020/09/08(火) 11:02:39
室戸岬にある佐喜浜川。辺境の地であり,川も未利用の様である。

2019年11月30日
佐喜浜川 最後の楽園か荒廃した山里か
http://soratoumi2.sblo.jp/article/186867401.html

■佐喜浜ルート
佐喜浜川ダム(121m) 流域面積18km2
年間流域予想降水量:平均3000mmとして5千4百万立米。
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.458101/134.194951/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

佐喜浜発電所(16m)
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.406600/134.197912/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
川を堰き止めるので気張って10m3/s位使いたい。(将来的には増設して2倍も視野)
P=9.8*10*105*0.85=8,746.5kW(8.7MW)

稼働率80%とすると年間61GWh(61,000MWh)。1kW=26円(1MW=26,000円)として売上は1,585,209,600円(15.8億円)!?こんな儲かるのか??

この場合使用水量は2億5千2百万立米。あかん,水が降雨量の5倍程必要で足りひんww一寸欲張りすぎたか…orz

稼働率を10m3/sの侭だと1/5の16%位迄おとさんとあかん。。
使用水量を5m3/sとして発電力を4.3MWとすると稼働率は32%位迄上がる。売上は3.1億円程度。パッとせんのぉ。。

1656 とはずがたり :2020/09/08(火) 12:02:06
■羽根川ルート

羽根川ダム(189m) 流域面積22.5km2
年間流域予想降水量:平均3000mmとして6千7百万立米。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.423553/134.114828/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
羽根川発電所(8.4m)
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.365177/134.067578/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
さて,今回は最初から控えめに行く。
最大使用水量は5m3/s
P=9.8*5*181*0.85=7.5MW

まあまあではないか。6千7百万を使い切ると稼働率は56%。発電量は36,792MWh=36GWh,売上は26円/kWで9億5千万円。

■西ノ川ルート

畑古矢ダム(250m) 流域面積:18km2
年間流域予想降水量:平均3000mmとして4千8百万立米。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.412502/134.146006/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
新吉良川発電所(7.2m)
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.333056/134.104700/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
さて,今回も控えめに行く。
最大使用水量は3m3/s
P=9.8*3*242.8*0.85=6.0MW

4千8百万立米を使い切ると稼働率50%である。

まあ羽根川でも云えるけど降雨量を全部使い切るのは可成り厳しいんだけどね。。(;´Д`)

1657 とはずがたり :2020/09/08(火) 12:13:54
■B案・羽根川・西の川ルート

畑古矢ダム(250m) 流域面積:18km2
年間流域予想降水量:平均3000mmとして4千8百万立米。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.412502/134.146006/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
羽根川発電所[羽根川ダム付近](189m)
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.423553/134.114828/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
最大使用水量は2m3/s
P=9.8*2*242.8*0.85=4.0MW

羽根川ダム(189m) 流域面積22.5km2
年間流域予想降水量:平均3000mmとして6千7百万立米。

羽根川発電所(8.4m)
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.365177/134.067578/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
最大使用水量は2+4=6m3/s
P=9.8*6*181*0.85=9.0MW

畑古矢ダムは小さくしても良いかも知れない。その分羽根川ダムでしっかり貯めれば。また小さくするなら使用最大水量増やす方が水を有効活用できる。

西の川にある最大使用水量0.42m3/sの吉良川発電所は廃止で良いだろう。

1658 とはずがたり :2020/09/08(火) 12:29:53
■B案・野根川ルート

佐喜浜川ダム(121m) 流域面積18km2
年間流域予想降水量:平均3000mmとして5千4百万立米。
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.458101/134.194951/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

東洋川口発電所(54.5m)・取水口
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.542915/134.231901/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
控えめに4m3/s
P=9.8*4*66.5*0.85=2.2MW

樫地川取水口(54.7m)
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.522524/134.230528/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
押野川取水口(54m)
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.508212/134.233704/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
別所取水堰(53m)
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.494470/134.228597/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
別所川ダム(50m)
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.485988/134.236107/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

東洋海岸発電所(1.3m)
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.478722/134.252071/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
控えめに6m3/s
P=9.8*6*53.2*0.85=2.6MW

う〜む,出力が上がらんね。。

1659 とはずがたり :2020/09/08(火) 17:49:11
物部川水系まとめた!
http://tohazugatali.dousetsu.com/risui/mononobe00.html

ざっくりだけど小さめのダムを造って流域面積(km2)の1/10が使用水量だと安定しそう!?

佐喜浜は18km2では小さくて1.8m3/s程度で,それでは1.5MW程度か。。厳しいな。。

1660 とはずがたり :2020/09/09(水) 14:43:34
走りながらめっちゃ水力発電所出来そうやんと思ってるうちにちらっと水路っぽいのも見えて,調べて見ると実際に発電所あったw
http://maps.gsi.go.jp/#15/35.000666/135.262685/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
関西電力株式会社 羽束川発電所
http://www.suiryoku.com/gallery/hyogo/hatukagw/hatukagw.html
種別:一般水力
発電形式(落差を得る方法):水路式
発電方式(水の利用方法):流込み式
出力
認可最大出力:450kW
  常時出力: 81kW
水量
最大使用水量:1.15立方メートル毎秒
落差
有効落差:54.39m
面積
流域面積:32.5平方キロメートル

ちいせえ(;´Д`)

川を堰き止めて使用水量2倍ぐらいに増やすとともに場所もこの辺(206.6m)で発電と倍増させよう。1.5MW位にでは出来る筈だ。
http://maps.gsi.go.jp/#16/34.978050/135.264573/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

1661 とはずがたり :2020/09/09(水) 15:25:48
なんだ,ここ!?
ダムはあるけど水は貯まってない??
http://maps.gsi.go.jp/#15/35.252401/134.724784/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

1662 とはずがたり :2020/09/09(水) 15:27:26
近くにはこんなものがあるようだ。。

神子畑川の鋼製透過型砂防堰堤(流木止め)
2014年11月24日(月)
https://ameblo.jp/misako-taka/entry-11956168138.html

1663 とはずがたり :2020/09/09(水) 15:30:23

これか!?

http://h-2a-go.sakura.ne.jp/benri/damu_4/tori.html
 廃鉱山のダム

明延鉱山、神子畑選鉱所の選鉱で出た廃石、廃泥の堆積用ダム跡

廃ダム跡 神子畑選鉱所跡 / 鳥ノ奥ダム跡 、間歩谷ダム跡

1664 とはずがたり :2020/09/09(水) 19:31:43

揖保川水系はこんな感じで発電所がある。
http://www.suiryoku.com/w_system/kinki/ibo/ibo.html

細かく見ていくと
●草木発電所と安積発電所揖保川取水口の間の落差約60mが未利用
●原発電所放流の5.5m3/sが下流の野尻(2.5m3/s)・上野(3.14m3/s)で未利用分がある。
●神野発電所放流の約132m・10.2m3/sがこのまま未利用で放水してしまっている。

これらに直ぐ気付く。

可能性として以下の様な対策があり得る。
①福知川上流から草木ダムへ導水。増強。1m3/s・有効落差も草木ダム付近で取水すれば+20m程伸びる。1,400kW→1,700kW程に。
②草木発電所放流口(1.3m3/s)・公文川(0.8m3/s)・阿闍梨川(0.4m2/s)から取水して2.5m3/s・標高差60mで安積揖保川取水口付近で発電。1,250kW
③野尻発電所の最大使用水量を6.0m3/s,上野発電所を6.65m3/sに増強。1,120kW→2,700kW,780kW→1,650kWに増強
④神野発電所揖保川放水口132m・高尾川・梯川で取水した10.7m3/sで発電し揖保川94m付近で放水する山崎発電所3,200kWを新設
⑤黒原川・倉床川・公文川の400m付近で取水,公文川の300m付近で発電。1m3/s程度か。1,100kW程。この場合,安積揖保川取水口付近での発電の使用水量をもう一寸増やせる。3m3/sとすると1,500kW程になるか。

可能性が高いのは④③当たり。④は途中の河川での取水を省略して3,000kW位でも良さそう。

1665 とはずがたり :2020/09/10(木) 09:57:04

2020/3/17 05:30神戸新聞NEXT
宍粟・引原ダムかさ上げへ 西日本豪雨級に対応、県計画
https://www.kobe-np.co.jp/news/seiban/202003/0013197665.shtml

堤体を2メートルかさ上げし、洪水調節能力を増強することになった引原ダム=宍粟市波賀町日ノ原(県提供)


 兵庫県は、引原ダム(宍粟市波賀町日ノ原)の堤体を2メートルかさ上げし、現在の放流口の下にゲートを新設するダム再生計画をまとめた。洪水調節容量が約240万立方メートル増の805万立方メートルになり、緊急放流に踏み切った2018年7月の西日本豪雨と同じ雨量にも対応できるという。国の許可が得られれば20年度から事業に着手する。総事業費は約200億円と見込まれ、29年度の完成を予定する。

 引原ダムは1958年に完成し、治水や発電、工業用水などに使われている。近年は記録的な豪雨が増え、2011年9月の台風12号では完成後初めて、規定の放水上限以上の水を流す緊急放流を実施。西日本豪雨では事前放流で水位を大きく下げていたにもかかわらず、2度目の緊急放流を迫られた。

 再生事業では、2メートルのかさ上げでダムの容量が約90万立方メートル増加。さらに、現在の放水口の下端より深い場所にゲートを新設することで、事前放流で確保できる容量が約150万立方メートル増えるという。同様の事業は全国15カ所で進行しており、県内では初めて。

 かさ上げに伴い、ダム沿いの国道29号は堤体の前後約300メートルを高い場所に付け替える。ダム管理事務所も移転する。引原ダムの湖面はカヌー競技場に利用されているが、県によると、平常時の水位は現在と同じため影響がない見込みだという。

 堤体にゲートを新設する際は水中に防水壁を設けるなどして施工するため、ダムの水を抜く必要はなく、発電や工業用水に影響はないとみられる。また新ゲートは26年度の完成予定で、工事全体の完了前から洪水調節に利用できる可能性があるという。

 県は20年度に測量やボーリング調査を行い、21年度から設計に着手するとしている。(古根川淳也)

1666 とはずがたり :2020/09/10(木) 12:27:18
段々作成が手慣れて来て,必要な情報のポイントも解って大量生産になってきたぞ♪

揖保川水系発電開発(+10.25MW)
http://tohazugatali.dousetsu.com/risui/ibogawa00.html

1667 とはずがたり :2020/09/10(木) 17:01:25
なかなか素敵っす☆
http://maps.gsi.go.jp/#15/35.330182/134.412575/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

https://www.pref.tottori.lg.jp/secure/1188630/2br.pdf
舂米発電所
舂米発電所は、千代川水系八東川の上流部に位置するダム水路式の水力発電所である。八東川の支流舂米川に位置する茗荷谷ダムより取水し、舂米川左岸の圧力トンネルを経過し、調圧水槽、水圧管路を経て発電所まで導水する。なお、茗荷谷ダムは、舂米川本川の他、舂米川右支沢の宮の谷川本流及び宮の谷川支流からも取水し、貯水池内へ注水している。また、八東川の上流とその支流の羽佐利川からも取水しており、無圧トンネルにて八東川右岸を経由し、途中、久曽木谷川、カジナミ川、大瀬谷川、若浪川、根安川の各支流からも取水し、無圧トンネルに合流のうえ、茗荷谷ダムからの圧力トンネルへ立坑により接続する。これら取水設備から合計4.000m3/sの最大使用水量にて、有効落差242.160mにより最大出力7,900kWの発電を行っている。発電後は、放水路トンネルにより舂米川が八東川に合流する付近まで導水し放流している。

1668 とはずがたり :2020/09/10(木) 20:35:29
結局実現せず??

小水力発電事業への補助金、1次審査分が決定 事業性評価・実証事業など7件
2015年06月23日掲載
https://www.kankyo-business.jp/news/010750.php

新エネルギー導入促進協議会(NEPC)は、平成27年度「小水力発電事業性評価調査」「小水力発電導入促進モデル事業」について、一次先行審査分の補助金交付先を発表した。

「小水力発電事業性評価調査」は、事業化に向けた事業性評価を実施するために必要不可欠な諸調査、設計および調査結果をもとに事業性の評価までを実施する事業者に対して補助金を交付するもの。今回は、兵庫県宍粟市の「仮)西河内市民発電所事業性評価調査」、三峰川電力の「思川第一発電所事業性評価調査」の2件が採択された。

http://www.nepc.or.jp/topics/pdf/150728/150728_2_12.pdf

http://www.nepc.or.jp/topics/pdf/160816/160816_9.pdf

1669 とはずがたり :2020/09/11(金) 22:35:48
関電の純揚水発電所奥吉野。

その下池の旭貯水池であるが,旭川を堰き止めて作られている。

が,旭川の本流をトンネルで切り回してる様だ。
http://maps.gsi.go.jp/#15/34.120474/135.828395/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

折角ダムあるんだし,旭川本流や今も流入している槁谷に加えて上池を構成する瀬戸谷(527.5m)http://maps.gsi.go.jp/#15/34.127579/135.805478/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1辺りや小原川(467m)http://maps.gsi.go.jp/#15/34.155817/135.815349/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1辺りから導水してその範囲で発電出来ひんやろか??

送水は450mの天端付近で溢れそうな水で発電するイメージ。
放水は風屋ダム付近(295.2)http://maps.gsi.go.jp/#15/34.086751/135.755181/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1とでもすれば標高差150m程とれて,例えば3m3/sで発電出来ると3,700kW程

1670 とはずがたり :2020/09/11(金) 22:39:41
>>1669
このトンネル排砂バイパスらしい。
https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2015/__icsFiles/afieldfile/2015/07/24/0724_1j_01.pdf

1671 とはずがたり :2020/09/12(土) 13:53:20
>>639
> 整備局は15日、5カ所のうち最後に見つかった奈良県野迫川(のせがわ)村北股のダムについて、「今後50ミリの夕立程度の降雨量があればあふれ出す恐れがある」と発表した。堤の高さは25メートル、満水時の水量は4万立方メートルで、現在2万立方メートルの水がたまっている。住民は避難しているという。【堀江拓哉、酒井祥宏】

ダムの貯水量にきりきり舞いしてる俺としては魅力的だな〜。
これを奇貨にそのまま法面固めて堤高25m,総貯水量4万立米の発電用調整池に出来ないものか??

奈良県野迫川村北股はこの辺。
https://map.yahoo.co.jp/maps?type=scroll&amp;lat=34.13855512528526&amp;lon=135.75472796481932&amp;z=16&amp;mode=map&amp;pointer=on&amp;datum=wgs&amp;fa=ks&amp;home=on&amp;hlat=33.71293693&amp;hlon=135.61538139&amp;layout=&amp;ei=utf-8&amp;p=
聚落は標高750m程のとこにある。
http://maps.gsi.go.jp/#16/34.145482/135.638924/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
住民は避難しているとのことだからこれより上流なのであろう。
10km2以下ではあるけど1m3/s弱取れるとして川原樋川発電所の取水堰の一つ,北又川取水堰(655m) http://maps.gsi.go.jp/#15/34.125590/135.641928/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1迄まで引っ張って来ると標高差100m,1m3/sとして833kWである。ふうむ。

まあわざわざ造るかと云ったら微妙だけど,ダムを安価に出来ると思えばやってみる価値もあるのでは無いか。
勿論,強度に問題はあるだろうからどうやって強度を確保するかと云う課題はあるけど。。ロックフィルダムみたいなもんではないか位で話し進めてみたけど,まあ偶々土砂崩れでできた土砂ダムと一緒にされたらロックフィルダムも怒るだろうなww

1672 とはずがたり :2020/09/13(日) 10:43:25
すげえww
有効落差が減った(一般に水位が上がれば減る)のに最大出力が27.5MWも増えるなんてどんだけ使用水量増やすんだ!?

→調べてみた。これはすげええええw
もともと165.83m3/sと云う大容量だったけど更に261.00m3/sだとよ。
揚水発電所かYOw

関西電力、笠置発電所の最大出力を27,500kW増へ 新丸山ダム建設で
https://www.kankyo-business.jp/news/023022.php
2019年09月02日掲載 印刷記事を保存

関西電力(大阪府大阪市)は8月29日、笠置発電所(同恵那市)の最大出力を27,500kW増加させると発表した。国土交通省の新丸山ダム(岐阜県加茂郡)建設に伴い、既設の丸山ダムの水位が6.5メートル上昇する計画であることから、影響を受ける笠置発電所の機能を回復するため、最大使用水量を変更するとともに、水車・発電機取替えなどの工事を実施する。

http://tohazugatali.dousetsu.com/news/4H8phXkMEvANMfPEVHjPrFJrH0yZjubay0bzNvlj.jpeg

2019年8月29日
関西電力株式会社
国土交通省 新丸山ダム建設事業に伴う笠置発電所の最大出力の増加について
https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2019/0829_1j.html

 当社は、国土交通省の新丸山ダム建設に伴い、既設の丸山ダムの水位が6.5m上昇する計画であることから、影響を受ける当社の笠置発電所の機能を回復するため、最大使用水量を変更するとともに、水車・発電機取替え等の工事を実施し、最大出力を27,500kW増加させることとしました。

 当社は、2016年12月から、新丸山ダム建設に伴う対策工事を進めてまいりましたが、この度、国土交通省と笠置発電所に関する補償契約が締結され、笠置発電所の機能回復のため最大使用水量を増加することになりました。また、2019年7月から道路拡幅等の準備工事を行っており、9月から笠置発電所の水路工作物の補強および防水壁設置ならびに水車・発電機取替えといった工事を実施してまいります。

 今後、2029年度に国土交通省の新丸山ダムが竣工予定であり、当社は、それまでに関係者のご指導と地元の方々のご理解を賜りながら、安全を最優先に工事を進めてまいります。

<笠置発電所の概要および対策工事の概要>
所在地 岐阜県恵那市
水系・河川名 木曽川水系 木曽川
発電所形式 ダム式
最大出力(現在) 41,700kW(3基)
最大使用水量  165.83m3/s(現在)
⇒261.00m3/s(竣工後)
対策工事の概要 ・水路工作物の補強および防水壁設置・水車発電機取替え

1673 とはずがたり :2020/09/13(日) 10:51:13
最近,2度3度通る度に気にはなってたけどちゃんと売電してる様だ。

一庫ダム物語
https://www.water.go.jp/kansai/hitokura/gaiyou/monogatari/dam/dam6/0309.htm
 一庫ダムの管理用水力発電は、放流水を利用して最大出力1,900KWの電力を発生します。 この電力はダム管理用として使用するとともに、余った電力は関西電力へ売電することにより、管理費用の節減をはかっています。

独立行政法人水資源機構 一庫発電所
http://www.suiryoku.com/gallery/hyogo/hitokura/hitokura.html
兵庫県川西市一庫
所有:水資源開発公団[運開]-独立行政法人水資源機構[現在]
昭和58(1983)年 5月:運用開始
平成15(2003)年10月:独立行政法人水資源機構法により所有者変更(水資源機構)
発電の区分
種別:一般水力
発電形式(落差を得る方法):ダム式
発電方式(水の利用方法):貯水池式
認可最大出力:1900kW  常時出力:  95kW
最大使用水量:4.20立方メートル毎秒
有効落差:59.00m
水車:出力2010kW×1台
流域面積:115.1平方キロメートル
取水:一庫大路次川[一庫ダム](149.00m)
放水:一庫大路次川(85.15m)

ダム諸元
一庫(ひとくら)ダム
昭和51(1976)年12月:着工/昭和57(1982)年 3月:竣工

総貯水容量:33,300,000立方メートル
有効貯水容量:30,800,000立方メートル
    洪水調節容量:17,500,000立方メートル(有効貯水容量の内)
   洪水期利水容量:13,300,000立方メートル(有効貯水容量の内)
  堆砂容量: 2,500,000立方メートル
標高
     堤頂標高:154.0m
 洪水時満水位標高:152.0m
  常時満水位標高:149.0m
   最低水位標高:108.0m
  計画堆砂位標高:108.0m
     河床標高: 83.5m
     基礎標高: 79.0m
面積
流域面積:115.1平方キロメートル
湛水面積: 1.4平方キロメートル

1674 とはずがたり :2020/09/13(日) 11:57:14
大路次(おおろじ)川電源開発

上流の様子(流域面積)を見るに,メインの大路次川ともう一箇所の取水は田尻川ではなく山辺川。
と云う事で発電所場所は一庫湖西側湖畔。

■発電所・放水
一庫湖畔142.5m
https://maps.gsi.go.jp/#16/34.926185/135.407417/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

民田の谷は大回りするより鉄管て跨いだ方が良いかな?210mちょい。
https://maps.gsi.go.jp/#16/34.934400/135.399821/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

下の山田川の分岐を参考に長谷川でも取水230.8m
https://maps.gsi.go.jp/#15/34.965575/135.378942/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

山田川の分岐点233m
https://maps.gsi.go.jp/#15/34.976300/135.379457/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

山辺川234m
https://maps.gsi.go.jp/#16/34.983799/135.386817/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
まあ大丈夫そうw
https://www.google.co.jp/maps/@34.9835143,135.3874419,3a,75y,193.39h,89.44t/data=!3m7!1e1!3m5!1sI9MUTS681CIZ71wTYTIR0Q!2e0!6s%2F%2Fgeo0.ggpht.com%2Fcbk%3Fpanoid%3DI9MUTS681CIZ71wTYTIR0Q%26output%3Dthumbnail%26cb_client%3Dmaps_sv.tactile.gps%26thumb%3D2%26w%3D203%26h%3D100%26yaw%3D168.62946%26pitch%3D0%26thumbfov%3D100!7i13312!8i6656?hl=ja

面倒くさくなったので一気に大路次川。233.7m
堰設置。
https://maps.gsi.go.jp/#15/34.997537/135.438080/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
この辺。まあ良し。
https://www.google.co.jp/maps/@34.9975558,135.4377282,3a,75y,73.27h,95.16t/data=!3m6!1e1!3m4!1s-t3ykBIRX4fV2oIwuGH-yg!2e0!7i13312!8i6656?hl=ja

山辺川も大路次川も結構取水地点で流域面積あるので合計3〜4m3/sは欲しい。。

有効落差が110m程取れるとすると
P=9.8*4*110*0.85=3,600kWとなる。

導水管張り巡らせて強気の4m3/sとした割りにはショボいし,オオサンショウウオも棲んでるみたいで配慮は不可欠である。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

踏み出せば何かが変わる - 三浦 大輔


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板