したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

京都・京師・京洛

1 とはずがたり :2007/08/19(日) 10:50:48
きょうと・けいし・きょうらく

645 とはずがたり :2018/10/09(火) 20:18:24

三菱地所、京都梅小路に新ホテル JR山陰線新駅近く
https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20181006000018

 三菱地所は、来春開業予定のJR山陰線梅小路京都西駅(京都市下京区)近くで、2020年秋に約250室のホテルを開業する計画を発表した。

 グループ会社が経営する「ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路(仮称)」で、鉄骨地上6階建て延べ1万677平方メートル。新駅から徒歩1分で、京都鉄道博物館や京都水族館も近い。

 観光など団体での利用も想定し、3人用の客室を充実させ、レストランには大人数向けの個室を設ける。

 三菱地所グループは同市内で「ザ ロイヤルパークホテル京都三条」(中京区、172室)、「ザ ロイヤルパークホテル京都四条」(同、127室)を展開しており、3店舗目となる。これに加え、21年秋までに2店舗(計約380室)の開業を予定しており、新しいホテルの運営会社は「2020年も通過点でしかなく、京都のインバウンドはまだ伸びる」としている。

【 2018年10月06日 08時30分 】

646 荷主研究者 :2018/10/23(火) 23:50:13

https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20181004000133
2018年10月04日 21時40分 京都新聞
琵琶湖大橋にETC、19年2月導入 滋賀、20%割引も

ETC導入に向けて工事が進む琵琶湖大橋の料金所(滋賀県守山市今浜町)

 滋賀県は4日、来年2月から琵琶湖大橋有料道路に自動料金収受システム(ETC)を導入することを明らかにした。ETCレーンを利用すると、普通車150円の通常料金を120円にするなど全車種で20%値引きする。通行回数券は廃止する。

 ETCの運用開始は来年4月を予定していたが、工事が早く進んだため前倒しする。料金所は片側4車線のうち、中央の2車線をETC専用レーンとし、両端は従来通り係員が徴収する。

 普通車以外のETC料金は、軽自動車が80円(通常100円)、大型車Ⅰが160円(同200円)、大型車Ⅱ(特大車)が400円(同500円)。ミニバイクなどETCが利用できない車種の値引きはない。システム導入後、未使用回数券は払い戻す。

 琵琶湖大橋近辺では通勤時間帯を中心に道路渋滞が発生している。ETC導入を混雑緩和につなげるため、県道路公社が今年12月中に琵琶湖大橋東詰交差点(守山市水保町)の右折レーンを増設する。

647 荷主研究者 :2018/11/03(土) 17:47:07

https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20181010000047
2018年10月10日 11時30分 京都新聞
バスの運転手が足りない! ダイヤ縮小で住民の足に影響

3月のダイヤ見直しで運行本数が大幅に減った京都バスの29系統(京都市左京区岩倉長谷町)

 京都府内を運行する路線バスの運転手が不足し、ダイヤ縮小など市民生活に影響が出ている。府内で事業展開するバス会社7社の運転者数は、過去5年間のピーク時から4〜85人減少。大型2種免許を取得する人が少なくなり、厳しい労働環境が敬遠されているのが大きな要因で、関係者からは「企業任せの対策だけでは、改善につながらない」との声が上がる。

 京都市左京区岩倉村松町と国際会館駅間の約5キロを行き来する京都バス(右京区)29系統。この路線は3月のダイヤ改正で、運行本数が従来の1日往復22本から片道(駅行き)4本に変更された。買い物や通院時に利用していた村上昭子さん(89)=左京区=は「出掛けるのがおっくうになった」と戸惑いを隠せない。

 京都バスの運転者数(今年4月時点)は222人で、過去5年で最多の2016年から6人減った。従来のダイヤを維持できなくなり、山間部を除くほぼ全路線で減便に踏み切った。児玉健営業課長は「過労運転など法令違反につながりかねない。需要があるのは分かっているが、やむを得なかった」と話す。運転手不足は他社も同様で、京都市伏見区などで路線バスを運行する近鉄バス(東大阪市)は14年以降、毎年約20人減っているという。

 運転手不足の背景には、厳しい労働環境がある。厚生労働省が昨年実施した調査によると、バス運転手の年間労働時間は全職業平均より384時間長く、年収は約34万円安い。また、大型2種免許を取得するには高額な教習費用が必要で、3年以上の運転経験も求められる。取得要件が足かせとなり、1987年に約109万人いた免許保有者が昨年末には約91万9千人まで落ち込んだ。

 こうした状況下、バス会社側は会社説明会や採用試験の回数を増やすなど対応に追われる。京阪京都交通(亀岡市)は約10年前、免許取得費用を自社で負担する養成制度をいち早く導入した。ただ、ここ数年、他社や京都市交通局も同様の仕組みを取り入れ、人材の獲得競争が激化。明星観光バス(山科区)の谷口守弘社長は「民間ではできることに限界がある。国の支援が必要」と訴える。

 警察庁は今年4月から、有識者会議で大型2種免許の取得要件緩和を検討。運転経験を現行の3年から1、2年に引き下げる案が提示されている。公共交通問題に詳しい京都大大学院の大庭哲治助教(都市社会工学)は「運転手不足を解消するには、賃金など待遇を改善し、職業としての魅力を高めるのが第一。ただ、将来的には自動運転も視野に入れた対応策を考えるべきだ」としている。

648 荷主研究者 :2018/11/26(月) 22:40:45
>>594
https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20181106000173
2018年11月06日 22時43分 京都新聞
国道161号白鬚神社付近「山側に見直しを」 滋賀県知事要望

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20181106224251takashima450.jpg
国道161号・小松拡幅事業の状況

 滋賀県の三日月大造知事は6日、国が国道161号の大津、高島市域で進めている「小松拡幅事業」で、4車線化を目指す白鬚神社(高島市鵜川)付近の計画ルートを琵琶湖に張り出さない山側に見直すよう、国に求めていく考えを明らかにした。現行計画では琵琶湖の埋め立てが必要になることから、県は国のルート見直しを受けて都市計画を変更する方針だ。

 三日月知事は記者会見で「琵琶湖岸の改変は極めて困難だと認識している。改変せず、神社や住宅を極力回避する山側ルートに変更したい」と見直しの意向を初めて示した。国も認識を共有しており、今後、トンネル化を含む山側ルートの検討を本格化させる。

 国の計画では、白鬚神社付近の工区は4車線化に伴って延長約2キロ、幅約10メートルで琵琶湖に張り出すルートになっている。湖の埋め立ては避けられず、県は2015年の琵琶湖保全再生法成立などを踏まえて「現実的でない」と判断した。

 神社周辺は文化庁の日本遺産の一部に認定されており、景観への配慮が求められている。1日約2万台の交通量がある上、自転車で琵琶湖を一周する「ビワイチ」を含め人気の観光ルートに当たり、安全確保も課題となっている。

 県によると、道路整備に伴う琵琶湖岸の改変は、1997年完成の県道湖北長浜線(長浜市)の新設工事で約7万平方メートルを埋め立てたのが最後という。

 県は着工の前提となる都市計画の変更までに数年はかかると見ており、三日月知事は「国との連携を密にしながら丁寧かつ迅速に進めていく」としている。国土交通省滋賀国道事務所は「課題は認識している。ルート見直しも含めて対応を検討する」としている。

https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20181106000175
2018年11月06日 23時04分 京都新聞
国道161号小松拡幅事業とは

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20181106195517shirahige450.jpg
拡幅事業が計画されている国道161号線の白鬚神社付近

 <国道161号小松拡幅事業>高島バイパスと志賀バイパスを結ぶ滋賀県高島市勝野―大津市北小松の延長6・5キロ。1970年に事業化され、滋賀県が75、76年に都市計画決定した。74年に白鬚神社北側、88年に鵜川橋付近が部分的に完了し、現在はJR北小松駅周辺で整備が進む。残る鵜川橋付近―白鬚神社付近の2・1キロが、4車線化で琵琶湖上に張り出す計画になっている。完成時期は未定。

649 荷主研究者 :2018/11/26(月) 22:54:21

https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20181107000176
2018年11月08日 09時00分 京都新聞
京都市バス運行から民間撤退へ 運転手ら不足、他社追随の動きも

京阪バスが管理や運行を受託している京都市バス(南区・九条営業所)

 京阪バス(京都市南区)が2019年度いっぱいで、京都市交通局から受託している市バス運行事業から撤退する方針を固めたことが7日、分かった。運転手や整備士の不足が主な理由で、今後、他社が追随する恐れもある。京阪バスの受託分は市バスの台数ベースで1割近くを占めており、交通局は直営に戻す方向で検討を始めた。人件費負担が重くなる可能性もあり、市バス経営が打撃を受けるのは必至だ。

 交通局は00年度、人件費などのコスト削減を目的に全国で初めて公営バス事業を対象とする「管理の受委託方式」を導入した。現在、市バス全818台のうち半分に当たる406台の運行管理を民間6社に委託している。

 京阪バスは、05年度から九条営業所(南区)に所属する市バスの一部運行と全車両の整備を担う。現在は6系統66台で全体の8%を占める。市交通局と3〜5年で契約を更新している。

 同社によると、運転手らの不足に加え、19年度から市内で自前の循環バスルートを新設するため、撤退を決めた。当初は18年度で撤退する方針だったが、市交通局の慰留を受け、19年度に限って6系統のうち4系統(45台程度)の運行を担うことで合意した。

 運送業界の人手不足は全国的な問題で、市バス事業を受託している他社にも撤退や縮小の動きが広がる可能性がある。

 市バス事業は観光客ら乗客数の増加により、17年度は経常利益22億6900万円を計上するなど15年連続で黒字経営を維持してきたが、直営化すれば経費がかさむ恐れがある。交通局は「何とか市民の足を守れるよう努力したい」としている。

650 荷主研究者 :2018/11/26(月) 22:54:41

https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20181108000054
2018年11月08日 12時32分 京都新聞
京都市バス、赤字路線維持できるか 委託の民間撤退で経営岐路

京阪バスが管理や運行を受託している京都市バス(7日午後4時半、南区・九条営業所)

 京阪バス(京都市南区)が京都市バスの受託から撤退する方針を固めたことで、市交通局が長年進めてきた民間委託路線は転機を迎えそうだ。近年は運転手らの人手不足などを背景に他の民間バス会社からの応募も減っている。交通局の運転手は民間より人件費が高いことなどから、委託を直営に戻すと経費がかさむ。周辺部の赤字路線が維持できなくなり、市民の足を守ることが難しくなる局面も予想される。

■赤字路線を民間委託
 市バスは乗客数の減少で2002年度まで10年連続で赤字決算が続いていた。そのため、交通局は経営改革として民間委託や人員削減を進めてきた。交通局の運転手は00年度の1338人から12年度に680人に縮小し、整備士も00年度の129人から100人以上減らした。給与も順次引き下げた。こうして乗客が多い中心部や近年好調な観光路線を直営で維持する一方、周辺部の赤字路線は民間委託し、住民の生活路線を維持してきた。国が関与する「経営健全化団体」も13年度に脱却した。

 民間にとってもメリットがあった。07年度から西賀茂営業所(北区)、14年度から錦林出張所(左京区)を受託する京都バスは「乗客数の多い少ないにかかわらず必要経費と一定の利益を含む委託料を受け取れるため、安定経営につながる」という。

 しかし、民間バス会社にとって人手不足は予想以上に深刻で、状況が変わった。

 バス運転手になるために必要な大型2種免許の保有者数は17年で91万9000人。過去10年で18万人減った。京都府内も同じ傾向で、約1万9000人と約4200人減った。整備士が少ない状況も同じで「若者の車離れもあり、作業が大変な大型車では不足気味」(日本自動車整備振興会連合会)という。

■委託制度そのものに課題
 交通局が採用する「管理の受委託方式」自体が成り立たなくなりつつあるという指摘もある。京阪バスの鈴木一也社長は「民間会社が契約更新の際に選定から落ちると、担当の運転手らが大量に余る」と制度の問題点を挙げる。

 交通局の民間委託料はこれまで年間約50億円だったが、19年度は、京阪バスに1年間の延長を依頼する上、他社についても人件費アップの要望を受けて引き上げるため5億円以上増える見込みだ。

 京阪バスの動きが他社にも広がり、直営に戻す路線が増えればさらに経費が膨らむ。交通局の山本耕治管理者は「民間運転手との給与差はまだあり、受委託制度を続けるメリットはある」とした上で「周辺部も含めて現路線を維持できるよう、黒字路線を増やして収入アップを図る」と強調するが、民間委託でコストを削減する経営モデルは見直しを迫られる可能性が高い。

651 荷主研究者 :2018/11/29(木) 23:44:06

https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20181114000097
2018年11月14日 14時30分 京都新聞
周辺に相次ぎ開校、狭い通路が大混雑 国際会館駅「拡幅難しい」

http://tohazugatali.web.fc2.com/tetsu/20181114133801eki450.jpg
利用者で混雑する国際会館駅の通路。京都市は白のセンターラインを引き直す方針(10月22日午前8時10分、京都市左京区)

 京都市営地下鉄国際会館駅(左京区)の改札外側の通路で混雑が問題となっている。1997年の開業後、近くに相次ぎ学校が開校したことなどから利用者が倍増したためだ。朝夕のラッシュ時には幅約3メートルの通路が利用者で埋め尽くされ、高齢者や障害者は歩行が困難な状態となっている。市は「拡幅は難しい」として、左側通行の徹底を呼び掛ける方針で、本年度中に注意書きやセンターラインを補修する。

 市交通局によると、駅の1日平均乗降者数は開業当初、約1万3千人だったが、2016年度は約2万5千人にまで増えた。06年に同志社小が開校したほか、京都産業大(北区)までを結ぶ京都バスの運行が始まり、利用者が急増した。10年には近くの同志社高の横に同志社中が移転し、一段と混み合うようになった。

 駅には1〜5番の出口があり、中でも小中高生らが利用する1〜3番の混雑が激しい。毎日利用するという団体職員の男性(51)=左京区=は「すれ違いざまに肩がぶつかって危ない。通路が狭くてよけ切れない時もある」と憤る。

 市は11〜12年、通路に白いセンターラインを引くとともに「左側通行」と記した注意書き130枚を床や壁などに設置した。ただ、ラインは踏まれて薄くなり、無視して右側を歩く利用者も多い。ラインは床面とほぼ同じ色のため、「見えにくい」との声もある。

 市は、利用客の動線を確認するとともに、視覚障害者団体に意見を聞き、見やすい色や幅でラインを引き直す方針。市交通局高速鉄道部運輸課は「通路を拡幅するには多額の予算がかかるため現実的には難しい。多くの人が快適に利用できるよう左側通行を徹底してもらいたい」としている。

652 荷主研究者 :2018/12/07(金) 22:13:16

https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20181110000055
2018年11月10日 11時32分 京都新聞
ダムに沈んだ「おとぎ電車」 遊園地跡地をたどる

1950年から約9年半、宇治川に沿って走っていた「おとぎ電車」=京阪ホールディングス提供

 京都府宇治市にある天ケ瀬ダムについて取り上げた記事を読んだ読者から、「『1964年に完成した』とあるが、私が宇治で小学校に通っていた40年代には既にダムがあった」と歴史を尋ねるメールをいただいた。確かに天ケ瀬ダム以前にも堰堤(えんてい=ダム)があり、その建設のための鉄道が遊園地の一部となった歴史も。今や跡形もないが、行楽客でにぎわった夢の跡をたどった。

 宇治川遊園地、という名前にピンと来なくても、「おとぎ電車」には聞き覚えのある人もいるのではないだろうか。現在の天ケ瀬ダム(宇治市)付近から上流の大峰堰堤までの約3・6キロを、宇治川に沿って走っていた電車のことだ。京阪電鉄が旅客誘致を目指し、1950年から60年まで、遊園地内を走る遊具として運行した。

 前史は大正時代にさかのぼる。当時の電力会社が水力発電用に大峰堰堤を築造。工事資材の運搬用に、現在のJR奈良線から堰堤までの約9・6キロに鉄道を通した。堰堤完成後も、下流の志津川発電所から堰堤まで社員や物資を運ぶため、鉄路を残した。戦後、京阪が電力会社から用地や線路を借り、運行を始めた。

 「メインは列車で、遊園地が付属品のような感じだったのでは」。宇治市歴史資料館の小嶋正亮学芸員(58)は語る。マイカーが普及していなかった50年代。電鉄会社が自社路線の利用促進を目指し、沿線で観光開発を進めたという。

 同電車は、堰堤の上流で既に運行していた遊覧船などとともに、宇治川ライン観光のルートの一部となった。58年12月1日付の京都新聞には、「いそがしいときでは、一日で二十八往復、最高六千人をさばき、年間で乗客は十六万人を数え、(中略)観光宇治にはなくてはならぬ存在となった」とあり、盛況ぶりがうかがえる。

 堰堤や遊園地、線路は、64年の天ケ瀬ダム完成でダム湖に沈んだ。舞鶴市から勤務先の慰安旅行で訪れて乗車し、その後、宇治市にも住んだ女性(82)=舞鶴市上安=は「子どもが喜びそうな派手な色使いと、渓谷の景色が印象的だった。宇治に引っ越してから子どもを乗せてあげたかったけど、なくなっていて残念だった」と、当時に思いをはせた。

653 荷主研究者 :2018/12/09(日) 18:27:26

https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20181127000134
2018年11月27日 20時50分 京都新聞
ホテル激増の京都「料金下がった」「稼働落ちた」 同業者の嘆き

ホテル建設のクレーンが林立する京都市南区の東九条地域。JR京都駅に近いことから宿泊施設の進出が相次いでいる

 京都市に立地する宿泊施設の客室が今後2年間で5万室を上回る見込みであることが、京都新聞社の試算で分かった。既存施設の関係者からは、宿泊客の獲得競争は既に激化しており、料金や稼働率が低下したとの声も聞かれる。中でも簡易宿所は、市の条例で「トラブル時の駆け付け対応」が義務づけられ、コスト増が見込まれることから、経営が厳しさを増すとの見方がある。

 「ホテルの宿泊料金が全体的に下がっていると感じる」

 南区で営業するホテルの担当者は、近隣の宿泊施設の市場動向をそう分析する。JR京都駅から近く、交通の便が良い同区ではホテルの進出が相次いでおり、本年度以降の客室増加数は市内の行政区別で下京区の次に多い。

 観光庁の宿泊旅行統計調査によると、京都府内にある宿泊施設(シティーホテルやビジネスホテル、旅館、簡易宿所など)の2017年の客室稼働率は前年比2・4ポイント減の64・9%だった。訪日客の拡大で延べ宿泊者数は同7・2%増えただけに、客室の需給にゆとりが生まれつつあることをうかがわせる。

 ゲストハウスなど簡易宿所の経営者からは、より切実な声が聞かれる。市内で約50棟を営む会社の役員は「以前は全施設で稼働率が70%を超えていたが、現在は70%も稼働しない施設や、90%以上毎月稼働する施設など、施設によって差が出ている。昨年と比べて予約の入り方も遅くなり、近隣施設の単価も下がってきている」と漏らす。市内で営業する簡易宿所の客室数は14年度末の時点で2929室だったが、17年度末には9247室と3倍以上に増えており、「繁忙期以外は需要より供給が多い印象だ」という。

 とどまるところを知らないホテルの建設ラッシュに加え、簡易宿所にとってさらなる逆風となるのが、駆け付け要件の適用だ。市の旅館業適正化条例が改正されたことに伴い、近隣トラブルに備えて施設の半径800メートル以内に管理者を置くことが義務づけられる。既存事業者は20年3月まで適用が猶予されるが、経営の圧迫要因になることは必至だ。役員は「宿泊から手を引く事業者も出ており、売り物件も多く出回っている。特徴のある施設やサービスで差異化しないと淘汰(とうた)される」と危機感を強める。

 「お宿バブル」の影響は、過当競争にとどまらず、さまざまなひずみを生み出している。南区のホテル担当者は「(観光客の増加で)市内のインフラは既にパンク状態。ホテルが人々の生活や文化を壊していく側面もある。インバウンド(訪日客)誘致で日本人の観光客離れも出てきている」と警鐘を鳴らす。

654 荷主研究者 :2018/12/09(日) 18:27:45

https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20181127000046
2018年11月27日 12時43分 京都新聞
最古級京町家消失「京都市に失望」元所有者自ら選んだ解体の道

京都市内最古級とされた川井家住宅。市がマッチング制度などを通じて解体を防ごうとしたが実現しなかった(京都市中京区)

 京都市内で最古級とされる町家「川井家住宅」が8月末、解体された。京町家保全継承条例を受け、市は具体策の柱として掲げるマッチング制度の活用で建物の保存活用を目指したが、早くもつまずいた。町家を持つ業者や元所有者は、支援の乏しさを強調。解体を事前に察知するための規制も対象範囲が一部に限られており、「かえって駆け込み的な解体が増えている」と指摘する声も上がっている。

■京都市、公金支出に応じず

 市は、条例で町家を解体する場合は1年前までに所有者が市に届け出ることを今年5月から義務付けた。義務化と同時期に運用を始めたマッチング制度を組み合わせ、保全を図る構えだ。マッチングでは、市に登録した不動産や建築などの団体が、所有者らに利用希望者や活用案を紹介し、売却や賃貸を促す。条例の義務化前に開発計画が動き出した川井家住宅は適用外だったが、貴重さを鑑みてマッチングを試行し解体を防ごうとした。

 業者側は市との協議に応じ、建物解体を遅らせた。「条件次第で別業者への売却も検討した」という。市の仲介で10社ほどが関心を示したものの、現地見学に来たのは、わずか数社だった。住宅のほか宿泊施設への転用を検討したとみられるが、転売は成立しなかった。そこで当初のマンション計画との両立に向け、マンション玄関部などにして残し、現地保存する代わりに市の高さ規制を緩和したり、市による移築を求めたりしたが、市は高さ規制の特例緩和や未指定文化財への公金支出は難しいとして、応じなかった。

 業者は「文化財に指定されていない点を確認し、一般家屋と同様の私有財産として購入した。工期を遅らせて協議したが、その間の税金や金利負担が軽減されることもなく、市への提案も断られた。これ以上の対応は難しかった」とする。

■「京都市に失望」自らの代で始末を

 元所有者の代理人によると、市は景観面などから街の公共財として保存を求める一方、所有者が建物維持費や税負担などの軽減を訴えても私有財産として自助努力を促された。文化財指定して公開保存する方法はあるが、元自宅に多くの人に踏み込まれることには抵抗感があった。

 代理人は「所有者側は、地域の歴史や文化と家を切り離し、とにかく建物だけを残すという市の町家保存活用の考え方にも疑問があった。所有者の悩みや思いを共有する姿勢を感じなかったことへの失望も大きい」と述べ、自らの代で始末する道を選んだという。

 一方、NPO法人「京町家再生研究会」(中京区)の小島富佐江理事長は、解体の事前届け出規制が進まない点を問題視する。規制対象とするには市の指定が要件だが、市内にある約4万軒のうち、指定による「網掛け」を行ったのは約500軒にとどまる。川井家住宅のような未指定物件では罰則のない努力義務しかかからない。

 市内では、町家が観光活性化や不動産投資を理由に解体され、宿泊施設になる動きが加速している。「一部業者は『未指定のうちに処分した方がいい』と触れ回っている」(小島理事長)といい、規制の網掛けが整わないために、条例が解体を促す誘い水となっていると指摘する。

 小島理事長は「市が支えとなり、全町家を守ろうとの趣旨で条例が施行されたはず。いったん全ての町家に規制をかけるのが筋で、網掛けを早急に広げるべきだ。近年の町家解体はバブル期を超える規模やスピードで行われている。一時緊急買い取りなど踏み込んだ手だても打たないと、取り返しがつかなくなる」と危機感をあらわにしている。

655 とはずがたり :2018/12/18(火) 23:59:25

【特集】音と振動が気になってブレーキ踏めない 京都市バス運転手の訴え
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-10000001-mbsnews-l27&p=1
12/18(火) 13:56配信
MBSニュース

京都の市バスの運転手が、ブレーキを踏んだ時に発生する「音」や「振動」が気になって安心してブレーキが踏めないと改善を訴えています。

異様な音と振動の「ブレーキ鳴き」

5年連続で5000万人以上もの観光客が訪れている京都市。紅葉のピークは過ぎましたが、観光客や市民の足として欠かせないのが「市バス」。1日の平均乗車人数は36万8000人にも上っています。憤懣の火種は、この市バスの「ブレーキの音」です。市バスのドライブレコーダーの映像を確認してみると…運転手がブレーキを踏むと…

『…ギーギーギー』

異様な音が車内に響き渡ります。別の日に撮影されたドライブレコーダーでも…

『…ギーーー』

市バスの運転手歴26年の山口信人さん(56)は、今から4年前に初めてこの「奇妙な音」を聞いたと話します。

「このブレーキ鳴きというのは轟音で、ブレーキ鳴きの音とともに振動がくるんです。もうびっくりしますね。ブレーキが踏みきれないから止まりたいところで止まれないし、踏み切れないからちょっと緩めるんです、振動がきつすぎるから」(京都市バス運転手 山口信人さん)

ブレーキは、タイヤの内側にあるブレーキ・ライニングが一緒に回転している外側のブレーキ・ドラムに圧力をかけることでタイヤの回転を抑えるという仕組みです。この時の摩擦により、どんな車でも一定程度の音や振動が発生します。これが「ブレーキ鳴き」と呼ばれるものです。しかし、山口さんは問題のバスの音と振動は異常に大きいため、気になってブレーキをしっかり踏むことができないと話します。

「向こうから走ってきたんですけど、この辺で信号が赤になったので、ブレーキをかけたんですが、轟音と振動でブレーキがきかなくて、横断歩道の真ん中くらいまで通過しました。ここで止まり切れないので通過したっていう感じです」(山口信人さん・京都タワー前)

赤信号で止まろうとした際、異音と振動に驚いたため操作が遅れ、停止位置で止まりきれなかったというのです。

「その時に左側にいっぱい人が立っておられて、出て来られたら危なかったです。真っ青になりました。ブレーキ踏んでいる最中に。『止まれない、止まれない、どうしよう』と思って格闘してました」(山口信人さん)

専門家「音プラス振動が同時に発生しやすい特徴」

「ブレーキ鳴きがする車両がいま走ってきました。現在も京都市内で運行しています」(記者リポート)

656 とはずがたり :2018/12/18(火) 23:59:45
>>655
京都市は現在820台の市バスを保有していますが、「ブレーキ鳴き」が発生するのは特定の車種15台で、うち13台はいまも市内を走っています。そこで、取材班はこの音について専門家に分析を依頼しました。

「このグラフはその音の周波数を表しているんですね。ちょうどブレーキを踏んでいる瞬間でみますと、赤くなっているのがわかるかなと思います。要は今回のブレーキの音というのは、かなり低めのゴーという音ですので、音プラス振動が同時に発生しやすい特徴を持っているブレーキの音なのかなと」(大阪工業大学工学部 吉田準史准教授)

では、この「音」がバスの運転に支障を与えるかどうかについて聞いてみると…

「特に運転されている方にしてみると、様々な音を聞いてきておりますので、その音から何かしら故障が起こっているのではないか、あるいはもっと重大なトラブルが発生することになるかもしれない、というところでの不安といいますかストレスというのは十分感じるかなと思います」(吉田準史准教授)

市とメーカー「安全性に問題はない」

一方、京都市とバスのメーカーはブレーキの制動力への影響はなく、これまで事故も起きていないため「安全性に問題はない」という見解です。

「まずブレーキが鳴くということについては、運行回数からすると非常に少ない回数ですが、発生しているという事実はあります。ただ、ブレーキ鳴きが発生した時には、すべて運転手から申告させて、ドライブレコーダー、当社のバス全部ついていますので、すべてドライブレコーダーの映像でその時の状況を確認していますが、ブレーキが踏めないという事案は全く確認できない、全く問題はないということです。事故の点からでもこれまでブレーキ鳴きは何度か起こっていますが、事故については一件も起こっていませんので大丈夫かと思っています。制動力については全く問題ないということを確認していまして、安全性に問題ない車両ということですので、当局としてはこれまで通り使用していくということで考えています」(京都市交通局自動車部 朝田政宏技術課長)

運転手「原因わからないなら廃車にして」

山口さんは「ブレーキ鳴き」が起こる車両の運行差し止めを求める裁判を起こしていて、この車種には乗車させないでほしいと訴えています。また、50人以上の同僚の運転手たちから「ブレーキ鳴き」に関する経験談を集め、裁判所に提出しています。

【経験談より】
『まるで鉄板に電動ドリルを突き立てているかのような感覚』
『お客様も驚きの声を上げていた』

「安全第一といつも言っている京都市が、このような運転手が不安をもつようなバスで、原因がわからない車両を使うのはどういうことやと。原因究明と原因がわからないのなら廃車にしてほしい」(山口信人さん)

果たして運転手の訴えは認められるのか。判決は来年2月にも言い渡される見通しです。

MBSニュース

657 とはずがたり :2018/12/25(火) 09:40:09
日経の記事なので消してしまうけどこの一言だけは残しておきたいw

京都人やなぁ

630 とはずがたり 2018/07/22(日) 10:24:06

豪雨に揺れる京都で女将が平然と口にした一言
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180720-20945037-business-soci&pos=3
7/20(金) 5:49配信 日経ビジネスオンライン

(豪雨の7月6日,鴨川も増水で大変な時に川床の女将に予約がてら探りを入れた時の一言)

女将は平然として、
 「なんともあらしまへん。で、お料理はどないしましょ」

658 荷主研究者 :2019/01/01(火) 16:25:40

https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20181205000033
2018年12月05日 11時20分 京都新聞
民間撤退で赤字100億円超に膨張へ 京都市バス、今後10年で

京阪バスが管理や運行を受託している京都市バス(7日午後4時半、南区・九条営業所)

 京阪バス(京都市南区)と西日本ジェイアールバス(大阪市)が京都市バスの運行受託から撤退・縮小する問題で、来年度から10年間の市バス事業の経常赤字額が計100億円を超える見通しとなったことが4日分かった。市交通局による直営路線の拡大や他のバス会社への委託料の増加が響くためで、民間の撤退・縮小によって経常赤字の規模が想定の4倍以上に膨らむ。

 市交通局は、今後10年間の「市バス・地下鉄経営ビジョン」を策定中で、6月に公表した骨子案では、車両の更新などもあり、10年間の経常赤字額を計24億円と見込んでいた。ところがその後、九条営業所(南区)の一部6系統66両を委託している京阪バスが2019年度限りで撤退を決めた。梅津営業所(右京区)の一部9系統80両を担う西日本ジェイアールバスも19年度から8系統66両に縮小することになった。

 2社が運行しなくなる車両は、市交通局が直営化するため人件費がかさむ上、運転手や整備士の不足で他の民間バス会社への委託料も増え、年間で計12〜13億円のコストアップ要因になるという。燃料価格の高騰も重くのし掛かる。

 市交通局の試算では、乗客数が現状水準で推移した場合、経常赤字額は年間で最大十数億円に達する可能性がある。

 市バス事業は観光客の増加などを受け、17年度決算まで15年連続で経常黒字を確保し、14年度以降は一般会計からの繰り入れを行わない自立した経営を達成している。3600億円の企業債残高を抱える市営地下鉄事業への支援や一般会計への配当も行っている。

 今後は一転して経常段階で巨額の赤字が生まれる見通しだが、市交通局は引き続き一般会計からの繰り入れを受けない方針。増収対策や運営コストの縮減に努め、「10年間で経常収支の均衡を図りたい」としているが、予断を許さない状況が続きそうだ。

659 とはずがたり :2019/01/02(水) 10:00:52

京都市民が「長男の京大進学」を喜ばない事情
京大への進学は「合法的な家出のコース」だ
https://toyokeizai.net/articles/-/256080
鹿島 茂 : 仏文学者 / 井上 章一 : 国際日本文化研究センター教授 2019/01/02 6:30

660 荷主研究者 :2019/01/02(水) 21:12:46

https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20181209000023
2018年12月09日 17時30分 京都新聞
外資ブランド、京都・四条に続々 インバウンド消費見込む

11月にオープンしたアディダスブランドコアストア京都。京都限定の商品もそろえ、訪日外国人の人気を集めている(京都市下京区四条通麩屋町東入ル)

 京都随一の繁華街である四条通周辺に、外資系店舗の進出が相次いでいる。今秋にはドイツのスポーツ用品大手アディダスが京都初の直営店を構え、米アパレルのGUESSも路面店をオープン。それらに先立つ8月には、米アップルの直営店もできた。背景には、訪日客の増加でインバウンド消費が見込めることに加え、一帯のテナント料が上がったため、集客力のある店でないと入居が難しいという事情もあるようだ。

 トレードマークの3本ラインが入ったスポーツウェアやシューズが、店内にずらりと並ぶ。11月16日に下京区四条通寺町西入ルに開店した「アディダスブランドコアストア京都」。面積は約360平方メートルとアディダスの国内直営店では中規模にあたり、約660点の商品をそろえた。

 そこから北東へ約100メートルの中京区新京極通四条上ルには、10月26日に「GUESS京都店」がオープンした。GUESSの路面店としては国内5番目で面積は約110平方メートル。若者向けを中心とした衣料品やバッグ、時計、アクセサリーなどを充実させている。

 両店舗がターゲットに見据えるのは、地元客に加え、外国人観光客だ。アディダスジャパン(東京)の広報担当は、京都進出の理由を「多くの観光客が訪れることや、学生が多く、潜在的顧客が見込めることが挙げられる。インバウンド需要も意識している」と説明。「京都」のロゴをあしらったパーカやTシャツといった限定商品が、訪日客に好まれているという。

 GUESSジャパンの広報担当も「京都の魅力は、やはり世界各国から旅行者が訪れること。インバウンド消費に対する期待は大いにある」と明かす。

661 荷主研究者 :2019/01/02(水) 21:51:20

https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20181212000150
2018年12月12日 20時49分 京都新聞
市バス赤字100億円超でも「路線撤退考えてない」 京都市長

京都市役所

 京都市バス事業が来年度から赤字に転落する見通しとなったことについて、門川大作市長は12日の記者会見で、「厳しい状況だが、赤字路線からの撤退は考えていない」と明らかにした。「(収支均衡に向け)まずはあらゆる努力をしたい」と述べ、現時点での運賃値上げにも否定的な考えを示した。

 京阪バス(南区)と西日本ジェイアールバス(大阪市)が来年度以降、市バスの運行受託から順次撤退・縮小するため、市は該当する路線を直営化する。このため、人件費がかさむほか、運転手不足や燃料費の高騰で他の民間バス会社への委託料も増える。来年度から10年間の経常赤字額を合計すると100億円を超える見通しだ。

 門川市長は赤字路線を民間譲渡する可能性について「民間は経済の法則でしか動かない。将来にわたって路線を継続できるかどうか、行政が責任を持てなくなるのは危険」と否定し、現行の委託制度を維持する方針を表明した。その上で「民間事業者と共存共栄して市民の足を守るために知恵を絞りたい」と述べた。

 このほか、左京区の宝が池公園内で北陸新幹線のルート選定のための掘削工事中、業者が配水管を破損させた事故について、「基礎、基本が抜けており、言語道断。あってはならないし、起こりえない事故だ」と批判した。住民基本台帳のデータを基に18歳と22歳になる市民の宛名シールを自衛隊に提供する市の計画に一部市民が反対していることには「法令上何も問題ない。(反対派は)自衛隊そのものを否定しており、土台が違う」と強調した。

662 荷主研究者 :2019/01/02(水) 22:35:15

https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20181218000100
2018年12月18日 17時00分 京都新聞
東京のIT企業、京都に拠点続々 人材争奪で過熱懸念も

Sansanが京町家にオープンした「京都ラボ」。東京のIT企業が次々と京都市内で拠点を開設している(京都市中京区麸屋町六角下ル)

 インターネットサービスや人工知能(AI)を用いたソフトウエアなどを手掛ける東京のIT企業が、京都市内で次々に開発拠点を開設している。首都圏は大手メーカーなども含めて技術者の獲得競争が激しく、大学が多い京都で有望な学生や留学生らを確保する狙いだ。IT拠点の集積はソフト産業の活性化につながる一方、専門人材の争奪が京都で過熱する懸念も出ている。

 板張りの薄暗い部屋に設けたパソコンに向かい、技術者2人が黙々とプログラミングにいそしむ。利用者が200万人を超す名刺管理アプリ「エイト」を運営するSansan(サンサン、東京)が10月初旬、京都市中京区で稼働したAI技術の開発拠点「イノベーションラボ」だ。

 拠点では、大量の名刺を正確にデータ化して活用するAI技術の研究開発を手掛ける。東京ではIT系の人材採用が難しいため、学生や外国人が多い京都への進出を決めた。賃借した築110年の京町家を大規模改修し、仕事場のほか業界関係者が集う和室のイベントスペースも整えた。

 「京都は技術者だけでなく、芸術家などクリエーティブな人材も多い。多様な人々とつながり、革新的なサービスを生みたい」(ブランドコミュニケーション部)という。

 成功報酬型の求人サイトを運営するリブセンス(東京)も9月、京都市役所に近い中京区のビルに、開発拠点の「京都オフィス」を開設した。狙いは大学だ。京都の学生をインターンシップ(就業体験)で受け入れ、新たなアイデアやニーズの掘り起こしを図る。

 サイバーエージェントは6月、東南アジア向けのインターネット広告を制作する「京都グローバルクリエイティブセンター」を京都リサーチパーク(下京区)に開設した。東南アジア出身のデザイナーを採用し、インドネシア向けを足掛かりに、拡大する東南アジアのネット広告市場を開拓する。

 京都大に近い左京区に拠点を構えるのが、AIサービスのエクサウィザーズ(東京)。前身は京大発のAIベンチャーで、京大や理研とAIを用いて創薬を効率化する共同研究を進めている。

 家計簿アプリなどを展開するマネーフォワード(東京)も来春、開発を主体とする支店を中京区に立ち上げる計画を明らかにした。学生や外国人に加え、「京都に住みたいというIターン希望の技術者を受け入れたい」(広報部)という。

 東京だけではない。作図・共有サービスを提供するITベンチャーのヌーラボ(福岡市)は、2010年に京都市に拠点進出し、今年2月に下京区の島原地区にあるビルにオフィスを移転、拡張した。働く環境にこだわり、社員自らがリフォームを手掛けた。

■革新的な起業創出注目

 IT企業が次々に拠点進出する京都市内では、AIの開発やデータ解析といった技術者たちが交流する新たなコミュニティーが生まれつつある。

 今年6月に下京区の四条通沿いのビルで開発拠点をオープンしたLINEは月1回程度、IT技術者向けの交流会を市内で催している。毎回テーマを設け、技術者や学生の参加を募集。今月15日に開いたテーマは「モバイルアプリ」で、100人以上が参加した。

 LINEの開発拠点は、東京、福岡に続き国内3カ所目。「関西はコンピューターサイエンス分野の優秀な学生が多く、特に京都の労働環境は魅力的。海外の人材も含め、採用面で大きなメリットがある」(広報)と判断したからだ。京都の拠点に在籍するスタッフは現在19人で、半数の10人は外国籍。将来は100人規模に拡大する計画を描く。

 相次ぐ拠点進出でIT人材の獲得が難しくなる可能性もあるが、京都で創業したインターネットサービス企業はてなの田中慎樹コーポレート本部長は「ITのエンジニアが増えると、企業のほかに大学、研究機関も含めたコミュニティーが活性化し、さらに人材の集積が進む」とみる。

 増加するITの開発拠点が新たな人材を呼び込み、革新的なサービスや起業を生み出すITエコシステム(生態系)の源泉となるか。京都での胎動が注目されている。

663 荷主研究者 :2019/02/09(土) 20:57:09

https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20181222000041
2018年12月22日 13時50分 京都新聞
混雑の市バスに大きなキャリーバッグ 苦情受け荷物置き導入

京都市バスに導入される手荷物対応車両

 京都市交通局は来年3月、市バス車内が観光客らで混雑する状況を緩和するため、大型キャリーバッグなど荷物置きスペースを設けた車両を一部路線で導入する。政令指定都市の市バスで初の取り組みという。運賃先払いで降車がスムーズな「前乗り後降り」方式も観光路線で広げるなど、観光客と市民の利用が両立する対策を強化する。

 市バスの1日あたり乗客数は2017年度で36万8千人と、5年間で4万人以上増えた。車内混雑の一因として、観光客の大型手荷物の持ち込みが指摘されていた。来年3月に荷物置きスペースを導入するのは観光路線1系統と、観光客・市民ともに利用が多い生活路線の約10系統。

 市内の主要観光地を巡る100号系統は、後方の扉近くで従来は座席だった部分に、キャリーバッグ6個ほどが置けるスペースを設ける。市内を循環して市民利用も多い205、206号系統などもキャリーバッグやクラブ活動のかばんを2個ほど置けるようにする。

 観光路線では今後、20年度までに101、102号系統でも導入する。これら対象路線での導入は新車購入時に順次進めていく。

 市バスは現在、降車時に運賃を支払う「後乗り前降り」方式だが、「前乗り後降り」への変更も進める。来年3月の100号系統が最初で、その後、観光路線の101、102、103、104、105、106、110、二条城・金閣寺エクスプレスを加えて計9系統まで広げる。

 市交通局は「観光客も市民も乗りやすい市バスとなるよう、荷物置きスペースや前乗り後降り方式の導入に関し、語学に堪能な案内スタッフらを通じてしっかり周知したい」としている。

664 荷主研究者 :2019/02/09(土) 21:05:03

http://www.sankeibiz.jp/business/news/181223/bsb1812232248004-n1.htm
2018.12.23 22:48 Fuji Sankei Business i.
IT進出相次ぐ京都 実はチャレンジ精神豊か

 京都では近年、ITやベンチャー企業が拠点を設ける動きが目立っている。

 パナソニックは4月、家電を設計する「デザインセンター」を、京都市中京区に新設。大阪と滋賀に分散していたデザイン拠点を京都に集約した形で、国内外の優秀なデザイナーを獲得するのが狙いだ。

 福岡のロボットメーカー「テムザック」も昨年6月、京都・西陣地区に研究所を設置。すると、「欧州など海外から採用の問い合わせが増えた」(担当者)という。2年前に京都にAI開発拠点を設けた中国のIT会社「ハイシンク創研」にも、海外企業の視察が増えている。

 なぜ京都にIT企業が集うのか。京都のビジネス事情に詳しい京都学園大の宇佐美照夫特別教授は「京都企業は時代に合わせて変身するのがうまく、チャレンジ精神が豊か」と指摘する。

 世界的なゲーム機メーカーの任天堂は花札の製造から始まり、島津製作所も当初は仏具の販売から、精密機器メーカーに成長した。京都で創業した企業で売上高が1兆円を超える企業は現在4社。東京一極集中により、多くの企業で本社機能の東京移転が進むのに対し、京都企業は本社を動かさないケースが多い。

 宇佐美氏は「大阪では住友など、大財閥の下に系列の商社や金融機関ができていく垂直型の発展が進んだのに対し、京都では大勢の経営者が一国一城の主としてものづくりに励む、水平型の発展が進んだ」と分析。こうした京都の街の土壌が、IT企業を引き寄せる一つの要素とみている。

665 荷主研究者 :2019/02/09(土) 21:52:16
>>648
https://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20181228000156
2018年12月29日 05時00分 京都新聞
国道161号見直し、国が山側ルート案提示 検討委、次回結論

 大津、高島両市にまたがる国道161号の道路拡幅事業について、ルートの一部見直しを検討する委員会(委員長・谷口浩志しみんふくし滋賀専務理事)の初会合が28日、大津市内で開かれた。琵琶湖の埋め立てが必要な現行計画に代わる山側ルート案を国が示し、次回会合で結論を出すことになった。

 白鬚神社(高島市鵜川)付近で進めている道路拡幅は琵琶湖に張り出す形で現道を4車線化する計画だが、湖岸の景観保全や、増加する観光客の通行安全確保が課題となっている。

 検討委は有識者ら7人で構成。ルートを山側に寄せてトンネルにする案(延長約4・6キロ)について、国土交通省滋賀国道事務所の担当者が、湖の環境に影響がない上に、現道の事故減少や渋滞解消にもつながると説明した。

 事業費は80〜130億円の現行計画に対し、300〜350億円に膨らむとの試算を示した。

 委員からは「湖岸の環境をよく考えた案だ」との意見の一方、人気スポットの白鬚神社から離れるため「観光客が減らないか心配」との声も上がった。

 今後、住民や関係自治体などから意見聴取した上でルートを決定する。着工時期は未定。

666 荷主研究者 :2019/02/09(土) 21:53:22
>>665
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20181229/CK2018122902000012.html
2018年12月29日 中日新聞
現行と山側の2案で検討 国道161号の4車線化ルート

 国道161号の高島市勝野-大津市北小松間の四車線化計画で、滋賀国道事務所(大津市)は二十八日、琵琶湖岸に拡幅する現行ルートと山側を通るバイパスルートの両案から選ぶ方針を明らかにした。今後、両案について、地元自治体や住民らから意見を聴く。

 現行ルートの計画区間は全長約四キロ。ほとんどが神社や集落と琵琶湖に挟まれており、計画通りのルートを整備すると、琵琶湖の埋め立てが不可欠となる。このため、三日月大造知事は自然環境に配慮し「極めて困難」との認識を示し、山側を通るルートに変更するよう国に要望していた。

 この日、学識者らから意見を聞く検討委員会の初会合が同事務所であり、事務所は山側のバイパス案を説明。トンネルを掘るため工費は現行計画の三倍の三百億円以上としたが、バイパスと現道により交通渋滞が解消され、交通事故の危険性は軽減されるとした。

 白鬚神社を中心とする一帯は、文化庁の日本遺産に認定されており、景観への配慮が求められている。学識者からは「バイパスをつくると白鬚神社に立ち寄らなくなるのでは」「琵琶湖だけでなく、山を含めて自然環境に配慮する必要がある」などと意見が出た。

 (成田嵩憲)

667 とはずがたり :2019/02/12(火) 12:55:16

代々木直系とおぼしき岡田先生だっ!授業は取っても面白かった。今でもノートはしっかり保存してある。

今週の京都民報
「インバウンド神話」は崩壊 岡田知弘京都大教授が講演 いいまちねっと東山2019年1月26日 「インバウンド神話」は崩壊 岡田知弘京都大教授が講演 いいまちねっと東山
2019-01-28T15:29:55+00:00社会
https://www.kyoto-minpo.net/archives/2019/01/26/post-22819.php

668 とはずがたり :2019/02/12(火) 16:27:34
自転車も運転しにくかった。平安時代と同じ(?)土にしろよ。

二条城の砂利道舗装へ、訪日客歩きやすく…京都
https://www.yomiuri.co.jp/local/kansai/news/20190206-OYO1T50028/
02/06 15:00

669 荷主研究者 :2019/02/19(火) 22:21:47

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40074860W9A110C1AA2P00/
2019/1/17 11:30 日本経済新聞 関西
京都にプロ野球球団があった? 防火・照明に壁 根付かず(もっと関西)

670 荷主研究者 :2019/02/19(火) 22:44:34

https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20190121000032
2019年01月21日 10時32分 京都新聞
京都の近代建築解体相次ぐ 不動産開発あおりで文化財の消失加速

全面建て替えが計画されている「致遠館」。大正期のヴォーリズ建築とされる(京都市上京区・同志社大)

 明治時代から戦前までに造られた「近代建築」を巡り、国の登録有形文化財になった建物を京都市内で登録抹消し、解体するケースが出始めている。近代建築の宝庫とされる京都では不動産開発が相次ぐ。明治・大正期の建物を巡り、老朽化や維持改修負担を理由に、建物解体を検討するのは、学校法人同志社(京都市上京区)にとどまらず、消失の流れが加速しつつある。

 京都市が2005、06年にまとめた調査報告書によると、市内の近代建築は1749件を数える。横浜市や神戸市をしのぎ、「数から言っても他都市に比べて突出して多い」。震災や第2次世界大戦の被害も少なく、戦後も大規模な再開発はなかったため、学校や公共建築に限られず、商業ビル、住宅、商店など、明治から大正、戦前までの各年代の多種多様な建物がそろっているという。

 うち、将来の指定文化財候補ともなる登録有形文化財は、18年11月時点で過去最高の425件に達する。だが、17年9月、「平楽寺書店」店舗(中京区)が文化財登録を市内で初めて抹消されたのをはじめ、若林佛具店(下京区)、同志社フレンドピースハウス(上京区)の少なくとも3件の解体が明らかになっている。「ほかにも相談に来ている案件がある」(市文化財保護課)といい、近代建築の消失は加速しそうだ。

 登録有形文化財制度の限界を指摘する声もある。

 近代建築が社会的な評価を受けることなく消失するのを防ぐ制度のため、国宝や重要文化財といった「指定文化財」が厳しい規制と手厚い保護を行うのに対し、緩やかな措置を講じる。建物の外観を保てば内部を自由に使える一方、維持修復の補助は限られ、所有者は届け出によって登録を抹消し、建物を解体できる。市内で相次ぐホテルやマンション計画に伴い建て替えが浮上しても、行政は「『なんとか残せませんか』とお願いすることしかできない」(府内の文化財行政担当職員)。

 京都工芸繊維大の笠原一人助教は「現在の文化財保護制度では、近代建築の解体に歯止めを掛けられない。国は文化財活用を旗振りする以上、登録有形文化財に関する相続税猶予などの税制優遇も講じてほしい。自治体の役割も大きく、地域で保存活用を図る人材の育成や解体1年前までの事前届け出を義務化した京都市の京町家条例のような歯止め策を検討してほしい」と危機感を募らせる。

 ■同志社「赤レンガへ思い強いが」苦渋決断

 所有者側は、老朽化や耐震への不安、維持や改修に掛かる費用負担の重さに悩まされているという。

 同志社が改築を計画している同志社大今出川キャンパス(上京区)の大正期のレンガ建物「致遠館」。同志社は「赤レンガ建物への思い入れはどこよりも強い」と、外観を残した耐震改修を当初検討した。

 学生の利用は少ない大学事務棟のため、改修を後回しにしてきたが、手狭な上、床やロッカーが傾き、これ以上放置できないと判断。だが、レンガに穴を開けてワイヤを通す工法はレンガが割れる危険があり、資金面に限りもあるという。「建物はヴォーリズ建築のデザインを極力保って建て替え、館名も変えない」と理解を求める。

 近代建築は築100年以上を経たものが増え、古代や中近世の建物とともに、京の景観をなす。ただ、その所有者は同志社のような大規模な組織だけでなく、中小規模の学校や企業、個人も多く、維持管理の悩みに直面しているという。同志社の関係者はいう。

 「同志社の規模であっても、建物の維持管理や費用に四苦八苦している。平成がまもなく終わり明治が遠のく中、老朽化や耐震性の悩みはますます深刻になってゆく。解体を含めた難しい判断を迫られる所有者も増えるだろう」

671 荷主研究者 :2019/02/19(火) 23:11:40

https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190128000168
2019年01月28日 20時04分 京都新聞
京都高速が料金改定、定額460円から距離制に

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20190128200428mapkyoto450.jpg
京都高速と西日本高速への移管

 西日本高速道路は28日、阪神高速道路から一部移管を受ける京都線(京都高速)の新料金を発表した。4月1日から適用する。

 京都高速は、第二京阪との接続部である巨椋池本線料金所(伏見区)から山科インターチェンジ(IC、山科区)までの10・1キロ。このうち同料金所-鴨川東ICの7・4キロが西日本高速に移管され、新料金は460円の定額制から距離制となる。

 上限を460円に据え置く激変緩和措置を当面実施するとしており、普通車で自動料金収受システム(ETC)を利用した場合、最も安い料金は290円となる。同時期に阪神高速から京都市に移管される鴨川東-山科IC(新十条通)は無料。

672 荷主研究者 :2019/03/03(日) 21:27:18

https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190120000049
2019年01月20日 12時10分 京都新聞
市バス、大型手荷物「持ち込み料」案も バス巨額赤字対策で

http://tohazugatali.web.fc2.com/bus/20190120122859busgrph450.jpg
公営バスの走行距離当たり収支のグラフ

 一部の民間バス会社による運行受託の撤退・縮小に伴って大幅な赤字に陥る見通しとなった京都市バスで、増収対策が焦点となっている。市バスの走行距離1キロ当たりの収入や運送収益は全国の政令指定都市などが運行している公営バスの平均を下回っており、有識者からは1日券の値上げや回数券の割引率引き下げ、大型手荷物の持ち込み料金徴収などにより、客単価を高める対策の検討を求める声が出ている。

 市交通局の2017年度決算によると、市バスの走行距離1キロ当たりの収入は674円で、8都市の公営バスの中で下から2番目。広告料といった付帯収益などを除いた運送収益も634円で中位にとどまる。一方、支出では人件費が安価な民間バスへの運行委託などの効果で603円と最も低コストとなっている。この収益構造が15年連続で経常黒字を確保する要因になっていた。

 しかし現在、運行を委託している京阪バス(南区)が19年度限りで撤退し、西日本ジェイアールバス(大阪市)も19年度から縮小することが決まった。市は両社に委託している路線を順次直営化する必要があるため、支出が膨らみ、今後10年間の経常赤字額の合計が100億円を超える見込みで、収益改善が急務となっている。

 昨年12月の有識者委員会では今後の厳しい経営見通しを踏まえ、対策の議論を始めた。運転士不足で増車が難しい中、乗客1人当たりの支払運賃を引き上げる必要性を指摘する声が相次いだ。

 市交通局は昨年、観光客を混雑が激しい市バスから市営地下鉄に誘導するため、バス・地下鉄1日券を値下げする代わりに、バス1日券を500円から600円に値上げしたばかりだが、委員からは状況の変化を受け、700円への再値上げや観光シーズンの販売中止など多様な案が出た。

 市バスの正規運賃は大人230円だが、昼間回数券は1枚当たり実質166円のため、割引率が高すぎるとして見直しを求める声も上がった。旅行用のキャリーバッグなど大型手荷物の持ち込みに追加料金を徴収する提案では、今春以降に導入が順次始まる「前乗り後降り方式」に合わせた導入を求める意見もあった。

 市交通局は19年度から10年間の経営ビジョンを策定中で、有識者委員会は増収対策を含めて1月末に答申する予定。

 市交通局は、現時点で正規運賃の値上げには否定的で、「収入改善に向けて他のあらゆる努力をしたい」としている。

673 荷主研究者 :2019/03/03(日) 22:42:03

https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190205000162
2019年02月05日 19時49分 京都新聞
急激な高齢化進むニュータウン 「買い物弱者」対策急務に

洛西ニュータウン内の住民の買い物支援のために走る京都生協のバス(京都市西京区)

 京都市などの郊外ニュータウンに急激な高齢化の波が押し寄せている。1970年代後半に子育て世代がこぞって移り住んだ市最大の洛西ニュータウン(西京区)では、車を運転できない「買い物弱者」対策が急務となっている。

 阪急桂駅からバスで20分ほどの丘陵地に広がるニュータウンの境谷地区。団地前に京都生協の移動販売車が止まると、客が次々集まってきた。肉や野菜、冷凍食品など千種類近くの商品が並ぶ車内で買い物した女性(70)は「車がないと生活できない。販売車が来なかったらと思うとぞっとする」とこぼした。

 ニュータウン中心にある大規模な商業施設以外に、新林、境谷、福西、竹の里4地区で食品スーパーが営業。だが利用客の減少などで境谷と竹の里では2001年と03年にそれぞれ撤退した。生協の移動販売は15年に始まった。地元自治会や地域包括支援センターからも依頼があり、今では週5日計15カ所を回る。

 市住宅供給公社などが17年に住民に実施した調査では、境谷と竹の里ではコンビニの出店を望む声が共に4割を超えた。公社は今年秋ごろに1店を境谷に誘致する方針だ。

 国勢調査によると、同ニュータウンには1995年には1万300世帯3万4200人が暮らしていたが、15年は9900世帯2万2900人。高齢化率は37・3%と市平均より10ポイントほど高く、1世帯当たり平均2・3人が暮らす。

 人口は20年間で大幅に減ったが世帯数は微減にとどまる。30代の会社員の夫と専業主婦、子どもは2人―。まちびらき時に多かったそんな家族も年を重ね、子どもが巣立った後に帰ってこない現状がうかがえる。

 課題はいかに若い世代を呼び込むかだ。市営と都市再生機構(UR)の団地空き部屋では、それぞれ市内の大学と連携し、子育て世代向けのリノベーションを進める。ニュータウン中心部などへの住み替えを促す住民相談会も同公社などは昨年から定期開催する。

 NPO法人洛西福祉ネットワークの齋藤信男理事長(79)は「自然環境やインフラがすでに充実しており、活性化の余地は大きい」と強調。共働きの夫婦が増えたライフスタイルに適合するため、バス路線など公共交通網の増設を例として提案する。

 人口減少が進む中、多世代にとって住みやすいまちをどのようにつくるか。模索が始まった、老いるニュータウンの活性化は、郊外の住宅地の持続可能性も暗示している。

674 荷主研究者 :2019/03/17(日) 10:55:51

https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20190207000081
2019年02月07日 15時30分 京都新聞
「日本一高い」京都市地下鉄10月値上げへ 初乗り220円に

京都市営地下鉄・烏丸線の車両(京都市中京区・丸太町駅)

 10月の消費税増税に合わせて、京都市が市営地下鉄の初乗り区間(3キロまで)の運賃を現行の210円から220円に値上げする方針を固めたことが7日、分かった。市営地下鉄の初乗り運賃が値上げされれば2006年以来13年ぶりとなる。市バスの均一運賃区間は230円を据え置く。19日開会の2月市議会に関連議案を提出する予定。

 市営地下鉄の運賃は全国の公営企業で最も高く、値上げに伴う利用客の減少も懸念される。

 市営地下鉄の運賃は距離に応じて210〜350円の5区分あるが、市関係者によると、2〜5区についても増税相当分を値上げする区間があるという。定期券も同様に値上げ対象とする方向だ。

 市バスの運賃は、均一運賃区間は据え置くが、市周辺部の区間外は値上げするケースもあるという。

 国は消費増税分を公共交通の運賃に適正に反映させるよう求めている。市は、消費税が5%から8%になった14年については、市営地下鉄の初乗り運賃の値上げを見送っていた。

 市幹部は「地下鉄、バスとも経営は厳しく、市民に理解を求めたい。増客につながる取り組みを着実に進めていく」としている。

675 荷主研究者 :2019/03/17(日) 10:58:39
一般国道307号(奥山田バイパス)
https://www.pref.kyoto.jp/yamashiro/kensetu/documents/07_h29r307_okuyamada-bp.pdf

https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20190207000025
2019年02月07日 09時04分 京都新聞
国道307号、奥山田バイパス3月24日開通

3月に開通する奥山田バイパスの「奥山田2号橋」=京都府宇治田原町奥山田、府山城北土木事務所提供

 京都府宇治田原町内を通る国道307号奥山田バイパスが3月24日午後3時に開通する。府山城北土木事務所が6日、発表した。

 全長約1・7キロ、幅員8メートルで、現国道の南側を並行する。2005年度に事業開始し、08年度に着工した。総事業費は約38億円。

 国道307号は滋賀県彦根市から府内4市町を通り、大阪府枚方市へ抜ける全長約105キロの幹線道路。京都府によると同区間は最も狭い所で5・6メートルで、大型車の離合が難しい。山城北土木事務所は「昨年の7月豪雨の時に起こったような渋滞の解消につながる」としている。

676 荷主研究者 :2019/03/17(日) 10:59:06

https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20190207000149
2019年02月07日 18時39分 京都新聞
京都に関西初の開発拠点 ITベンチャーのマネーフォワード

畳敷きの会議スペースなど京都らしい和の内装を取り入れたマネーフォワード京都オフィス(京都市中京区)

 家計簿アプリなどを手掛けるITベンチャーのマネーフォワード(東京)は7日、京都市中京区に関西初の開発拠点となる「京都オフィス」を開設した。IT技術者や学生、外国人を積極採用し、人工知能(AI)を活用した新サービスなどの開発に取り組む。

 同社は会計や経費、給与事務を省力化する法人向けクラウドサービスを主力とし、個人向け家計簿アプリの利用者は約700万人と国内シェア首位。AIを用いた企業の融資審査も始めるなど社業を急拡大する中、東京、福岡に続く国内開発拠点の新設を決めた。

 京都オフィスは当初2人で年内に20人程度に増やす。外国人が働きやすいよう国内拠点で初めて英語を公用語とし、学生を積極的に受け入れるため週末も操業する。畳敷きなど古都らしい内装やデザインを取り入れた。

 従業員は現在約400人だが、事業拡大に合わせて今年中に200人を新規採用予定。辻庸介社長は「東京は人材確保が難しく、学生や外国人が多い京都を選んだ」と話す。

 首都圏でIT系人材の獲得競争が激化する中、京都市内では無料通信アプリのLINEや名刺管理アプリ運営のSansanなどの有力IT企業の拠点進出も相次いでいる。(柿木拓洋)

677 荷主研究者 :2019/03/17(日) 11:55:47

https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190216000029
2019年02月16日 10時30分 京都新聞
京都市バス・地下鉄の乗客数目標、達成9年先送り 運転手不足で

乗客獲得目標の達成時期を先送りした京都市バス(京都市北区)

 2019年度までに京都市バスと市営地下鉄の1日当たり乗客数を計80万人に増やす目標の達成が困難となり、市交通局が達成時期を28年度まで延期する方針を固めたことが15日、分かった。19年度から10年間の新経営計画案に修正目標を盛り込んだ。市バスの運転手不足で車両数が増やせないためで、19年度は76万7千人にとどまる見通し。

 市バスの乗客数は外国人観光客の急増や定期利用の伸びを背景に12年度から増加しており、需要の拡大に合わせて増車を進めてきた。だが19年度は車両数を前年度と同水準の818両に据え置き、乗客数も横ばいの36万8千人とした。

 運転手不足に加え、車庫用地も確保できないことが要因だ。19年度以降、民間バス会社の一部が運転手不足を理由に市バスの運行受託について撤退・縮小する方針を決めているため、撤退・縮小路線を市バスの直営に戻す必要があり、「市バスを増車しても対応する運転手がいない」(市交通局)という。

 一方、地下鉄は乗客数の増加を見込む。19年度の1日当たり乗客数は前年度比6千人増の39万9千人と予測する。外国人観光客の増加を受け、昨年3月に車内混雑が激しい市バスの1日券を値上げする代わりに市バス・地下鉄の共通1日券を値下げした効果で、地下鉄への乗客誘導が進むとみている。実際、昨年12月までの販売枚数は料金改定前に比べ、バス1日券が3割減ったのに対し、共通券は3・5倍に増えた。

 市バスと地下鉄で1日当たり計80万人に増やす目標は17年度に打ち出した。16年度は74万2千人だったため、3年間で5万8千人上積みする計画だった。市交通局は増客のために「あらゆる施策を講じる」とするが、今後は運転手不足に加え、少子高齢化も進むため、延期後も目標の達成は容易ではなさそうだ。

678 荷主研究者 :2019/03/17(日) 11:56:04

https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20190216000104
2019年02月16日 19時19分 京都新聞
京王?小田急って?「知名度ない」関東の電鉄、京都に続々

昨秋オープンした「京王プレリアホテル京都」。女性客や訪日外国人に特化したサービスを充実させている(京都市下京区)

 関東の鉄道会社が京都市内に宿泊特化型ホテルを続々とオープンしている。京都で増える訪日客の宿泊需要を背景に、沿線域外での収益拡大とブランド力の向上を模索している。四国や九州の鉄道会社の参入も相次ぎ、市内の「お宿バブル」はさらに過熱している。

 静岡県を拠点とする静岡鉄道は6月、宿泊特化型ホテル「静鉄ホテルプレジオ」を市営地下鉄烏丸御池駅近くにオープンする。10階建て全99室で、静岡と博多に続く5店舗目の進出場所に京都を選んだ。

 今秋には地下鉄四条駅近くにもさらに1棟を建設予定で、同社ホテル事業部は「京都のホテル市場の競争は激しいが、それを上回る訪日客らの需要を見込む」と期待する。

 昨年11月には、東京を地盤とする京王電鉄(東京都)の子会社が運営する宿泊特化型ホテル「京王プレリアホテル」(下京区)も開業した。全305室で、女性客や外国人客に人気の大浴場や中庭を備えたという。

 京王グループはこれまで都内を中心に、高級クラスのホテルとビジネスホテルを運営してきた。プレリアホテルはその中間層を狙った新たなブランドで、関西初進出となった。

 京王プレリアホテル京都の中島一成社長は「近畿での知名度は高くはないが、レジャー客層向けの新たな事業モデルを試行したい」と京都を足掛かりに全国展開を見据える。

 関西では、地場の阪急阪神ホールディングスや近鉄グループがホテル業を担ってきたが、近年は関東資本で「宿泊特化型」ホテルの開業も目立ってきているのが特徴的だ。

 相模鉄道(横浜市)は昨年10月、四条烏丸に「ザ・ポケットホテル」を開業した。全147室のうちシングルルームが半数近くを占め、全室10平方メートル以下だ。「訪日観光客が多い京都の宿泊需要を取り込みたい」(広報担当者)とする。小田急電鉄(東京都)も下京区の代々木ゼミナール京都校跡地にホテルを開業させた。

 西日本鉄道(福岡市)は鴨川沿いで高価格帯のホテルを営業するほか、JR系ではJR四国が昨春1棟貸しの簡易宿所を南区にオープン。JR九州は2021年度以降、新ブランドとなるホテルの建設を下京区に予定している。JR系の両社は、地盤エリア域外での業況拡大を図るため、外国人の宿泊需要が旺盛な京都を新たな拠点としたい考えだ。

 鉄道会社がホテルに傾倒する背景には、将来的な沿線人口の減少を見据えた戦略がある。鉄道から派生した流通やレジャー、宅地分譲など、従来通りの事業モデルだけでの収益増が厳しくなる中、ホテル運営は自社所有地の有効活用という側面も強い。資金を貸す側の金融機関にとっても、線路などの資産を持つ鉄道会社は融資しやすい一面があり、ホテルの建設ラッシュが続く京都での鉄道会社による参入はしばらく続きそうだ。

679 荷主研究者 :2019/03/31(日) 20:03:34

https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20190226000061
2019年02月26日 11時05分 京都新聞
「装置が特注」故障半年、やっと再開 旧国道の中央線変位区間

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20190226105926kokudo450.jpg
旧国道161号の中央線変位区間。昨年9月の台風21号で、左から2台目の表示装置が故障した=大津市尾花川

 「大津市の(旧)国道161号にある時間帯によって中央線の位置が変わる区間は昨年9月の台風以来、ずっと装置が故障したまま。いつ直るのか調べてほしい」との依頼が、京都新聞社の双方向型報道「読者に応える」に、無料通信アプリLINEを通じて寄せられた。京都・滋賀では唯一の中央線変位区間だが、再び装置は動きだすのか。取材した。

 県警交通規制課に聞くと「修理のめどがたち、26日午前7時に再開します」とのことだ。なぜ半年近くもかかったのだろう。

 時間帯によって中央線の位置が変わる「中央線変位区間」は、旧国道161号(現県道)の柳が崎交差点(同市柳が崎)―大津港口交差点(同市浜大津1丁目)間の約2キロ。交通量を加味して午前7〜9時と午後3〜5時は南行きが、それ以外の時間帯は北行きが2車線になる。

 同課によると、昨年9月4日、台風21号の強風で尾花川交差点(同市尾花川)に設置されている標識表示装置1台のカバーが外れ指示幕が破れて故障した。県警は「事故を誘発する恐れがある」として、翌5日から南行き1車線、北行き2車線に固定した。

 修理のためには装置自体の交換が必要だが、特注品のため入札や製造に時間を要したという。今月、ようやく新しい装置が納入された。再開まで取り付けや動作確認を行う。

 同課によると、渋滞対策として、南行き2車線の時間帯に旧国道を走る車が流れるよう青信号の時間を長くした。目立った渋滞や固定化が原因の事故はなかったという。

680 荷主研究者 :2019/03/31(日) 21:50:32

https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20190302000070
2019年03月02日 11時48分 京都新聞
木津東バイパスと東中央線、19年度に全線開通 京都・木津川市

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20190302114604kizu450.jpg
木津東バイパス

 国土交通省京都国道事務所と京都府は1日、木津川市内で整備を進めている「木津東バイパス」と「東中央線」の全線が2019年度内に完成して同時開通する見通しになったと発表した。関西文化学術研究都市「木津中央地区」の城山台へのアクセスが向上し、国道24号と163号の重複区間の慢性的な渋滞の緩和が期待される。

 木津東バイパスは、24号と163号の重複区間南端の大谷交差点から城山台まで東西に結び、混雑区間の迂回(うかい)路にもなる。東中央線は城山台を南北に貫く都市計画道路で、建設中の橋を経て同市山城町上狛まで結ぶ。未完成だった城山台の北端から上狛の1・4キロが開通する。

681 荷主研究者 :2019/04/14(日) 20:56:47

https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20190313000154
2019年03月13日 21時49分 京都新聞
京都市バス、前乗り後ろ降りに 観光客混雑に対応、一部で導入

前乗り後ろ降り方式の導入に向け、防護柵の一部が撤去された「博物館三十三間堂前」バス停(京都市東山区)

 京都市交通局は、16日の市バスのダイヤ改正に合わせ、清水寺や銀閣寺などの人気観光地周辺を通る100号系統で、運賃が先払いとなる「前乗り後ろ降り」方式を導入する。車内が混雑していてもスムーズに降車してもらう狙いで、市バスの乗降方式の変更は47年ぶり。100号系統の一部車両では、キャリーバッグなど用の荷物置き場も初めて設ける。

 前乗り後ろ降り方式は、前方ドアから乗車する時に運賃を支払い、後方のドアから降りる仕組み。2017年に実施した実験で、バス停での乗降時間の短縮につながった。後方ドアが車両中央部にあるため、前方、後方のどちらからも降車しやすいことも確認できたとしている。

 100号系統は1本当たりの乗客数が最も多いため、最初の導入路線に選んだ。市交通局は今後、観光地を通る他の8系統にも順次広げる予定で「首都圏のバスでは前乗り後ろ降り方式も多いが、導入後1カ月は主要なバス停に案内員を配置して混乱がないようにしたい」と話している。

 前乗り後ろ降り方式の導入に伴い、100号系統のバス停18カ所を改修した。停車位置が従来より後方にずれるため、点字ブロックを移設、新設したほか、歩道の防護柵の撤去や縁石の切り下げを行った。車両も改修し、車外放送のスピーカーを前方のドア付近に設けた。

 市バスは現在、全84系統で、後方のドアから乗車し、前方のドアから降車する時に運賃を支払う「後ろ乗り前降り」方式を採用している。しかし観光客の急増で、不慣れな乗客が降車に備えて前方に集まるため、利用客が降りにくくなるケースが多いことから改善を求める声が上がっていた。

 16日のダイヤ改正では、周辺でホテルの開業が相次いだバス停に停車する系統を増やすほか、夜遅くに車庫に戻る回送バスの一部を営業運転に切り替えて最終バスの運行時間を繰り下げるなど利便性を高める。

682 荷主研究者 :2019/04/21(日) 23:28:11
>>666
https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190326000023
2019年03月26日 09時17分 京都新聞
琵琶湖沿い国道拡幅「山側案」決定 環境保全で湖上ルート変更

国道161号の白鬚神社付近(高島市)

 国が滋賀県高島市の白鬚神社一帯で進めている国道161号の道路拡幅について、ルートを再検討する委員会が25日、大津市内で開かれ、琵琶湖にせり出す現行案から山側に寄せてバイパスを築く案に見直すことを決定した。関係自治体の県と高島、大津両市も同日までに同意した。

 1〜2月に住民や各種団体に聴取したところ、交通の安全性や琵琶湖の環境保全、周辺の観光振興を求める声が多く、これらを配慮した山側ルート案に肯定的な意見が大勢を占めた。委員会は「地元の要望が強い」「景観の保全にもつながる」として同案が妥当と結論付けた。

 現行案の約80〜130億円から約300〜350億円に膨らむ費用に関しては、委員から「コストは高くなるが、損失にはならない。だが、環境や文化財の保全効果を立証していく必要がある」との指摘があった。

 国は今後、詳細な構造を検討する。着工時期は未定。

683 荷主研究者 :2019/04/21(日) 23:36:16

https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190327000175
2019年03月27日 19時52分 京都新聞
西本願寺〜五条坂〜京都駅つなぐ新路線4月運行 京阪バス

 京阪バス(京都市南区)は27日、西本願寺から山科エリアを通り、京都駅八条口方面へと結ぶ新路線「西本願寺清水寺ライン」の運行を4月1日から開始すると発表した。阪神高速8号線の山科インターチェンジ(IC)-鴨川東ICの無料化に伴い、運賃も値下げする。

 新路線は観光需要を取り込む狙いで、西本願寺を参拝した人たちが、大谷本廟や清水寺近くまで乗り換えなしで行くことが可能になる。主な停留所は、西本願寺北側の聞法会館前から五条坂、川田、大石神社、十条駅などで京都駅八条口へ着く。川田-京都駅八条口の運賃は50円値下げして250円となる。

 また、山科エリアから京都駅方面へ利便性を高めるため、醍醐寺や京都橘大方面から京都駅八条口への「山科急行バス」を、どの停留所でも乗降可能な一般路線バス「京都醍醐寺ライン」へ変更する。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

キングダム 46 (ヤングジャンプコミックス) - 原 泰久

「秦」が中国統一を目指す物語

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板