したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

国道・県道スレッド

1 とはずがたり :2006/08/24(木) 22:50:16
酷道・険道の改良等を含む。
無駄な道路事業への批判的精神を忘れずに

道路関連リンク
http://members.at.infoseek.co.jp/tohazugatali/road-link.html

2153 とはずがたり :2020/08/24(月) 01:40:06
ちょろっと出てるアホ毛府道。未成ではなく行き止まり府道っぽい

寺を通過し公園で行き詰る
路線名 京都府道562号一般県道金剛院線
http://turkey.6.pro.tok2.com/kyoto562.html

2154 荷主研究者 :2020/09/05(土) 13:39:59

https://this.kiji.is/654331644473082977?c=174761113988793844
2020/7/10 23:37 (JST)7/11 15:16 (JST) ©株式会社長崎新聞社
「稲佐立体交差」平面化が難航 10月着工先送りか 長崎
新型コロナの影響で説明3カ月遅れる

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200710nagasaki01.JPG
稲佐立体交差平面化計画案

 長崎市宝町の国道202号と市道が交わる「稲佐立体交差」を、JR長崎線の高架化に伴い平面化する工事が、当初予定していた10月着工から遅れる可能性が出てきた。新型コロナウイルスの影響で住民説明会が約3カ月遅れた上、計画に難色を示す住民もいる。県側は「着工時期をずらしても意見交換の時間をしっかり取りたい」としている。

 稲佐立体交差は1965年3月に供用開始。周囲より低い「アンダーパス」となった国道202号の上面を、JR長崎線の旧線路や市道長崎駅東通り線、歩道が通る。今年3月にJR線路の高架化工事が完了したことを受けて県は本年度、周辺整備の一環として市道改良や同立体交差の平面化を進める方針だった。

 県の平面化計画案によると、国道202号は埋め立ててかさ上げし、市道と合流させる。ただ、既存の宝町交差点との距離が近く、渋滞を招く恐れがあるため信号機は設置しない。これまで長崎駅と銭座町付近を結んでいた市道と歩道は、国道で“分断”される形になる。

 県は10月着工に向け、3月に住民説明会を予定していたが、新型コロナの影響で延期。6月下旬にようやく宝町、幸町、八千代町の周辺3町を対象にした説明会が開かれた。

 住民からは「歩行者は遠回りになり、使い勝手が悪い」「地域が分断される」などの声が上がった。幸町自治会の末永久志会長は「歩行者や地元住民の視点が欠けた計画で、寝耳に水」と難色を示す。同自治会は今月9日、「利便性の向上につながらない」として、県に現状維持を求める要望書を提出した。

 同工事は2021年度末の完了を目指しているが、県長崎振興局都市計画課は「住民と意見交換する時間が不足している」として、着工時期を先送りしてでも説明会を重ねていく方針。同課の川原征吾課長は「多くの住民の声を聞き、一緒に知恵を絞って最善策を探っていきたい」と話した。

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200710nagasaki02.JPG
市道長崎駅東通り線や旧線路の下を国道202号が通る稲佐立体交差=長崎市宝町

2155 荷主研究者 :2020/09/05(土) 13:49:24

https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=663759&comment_sub_id=0&category_id=112
2020/7/20 中国新聞
東広島白木線、通行止め続発 広島・安佐北区の県道、路面崩落で2年間に3度

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200720chugoku01.JPG
路面が崩落し、通行止めになっている県道東広島白木線(右側)。上流(左側)からの水が地盤をえぐる(7日)

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200720chugoku02.JPG

 広島市安佐北区白木町で、大雨のたびに関川沿いの県道東広島白木線の路面が崩れ落ちる状況が続いている。崩落は、2018年7月の西日本豪雨から2年間で3度にわたり、そのたびに通行止めとなっている。川の蛇行部分に接しており、増水で道路下の地盤がえぐられるのが原因。住民からは、川の流れを変えるなどの抜本的な対策を望む声が出ている。

 現場は、東広島市との境近くで、道路の西側に北流する関川がある。川がUの字に鋭く曲がる部分で、増水時に流れが地盤を直撃して削り取り、路面崩落を引き起こしている。道路を管理する広島市がその都度、復旧工事を進めている。

 市は6月18日の大雨で路面が崩落した際、復旧工事に加えて川の中などに土のうを敷き詰めて流れを弱める対策を取っていた。しかし、今月6日の大雨で再び崩れ、土のうも流された。

 現場付近に住む無職新宅勝行さん(78)は「もはや川の流れを変えるしかない。道路を直しても、増水すればまた同じことになる」と訴える。地元の関川自治会の宇野利行会長(84)は「通勤などで東広島市とを行き来する車も多く、抜本的な対策をしてもらわないと困る」と強調する。

 関川を管理する県西部建設事務所は「河川改修などで川の流れを変えるには用地買収の必要が出てくるなど大きな事業になる。現時点では難しい」と否定的な考えを示している。

 現在、現場の通行再開のめどは立っていない。広島市は、従来の工事方法の変更を検討している。区地域整備課の伏田建治・復興工務担当課長は「一日でも早く、安心して通行してもらえるよう工事を急ぐ」と話している。(重田広志)

2156 荷主研究者 :2020/09/05(土) 14:33:18
>>2155
https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=666588&comment_sub_id=0&category_id=112
2020/7/29 中国新聞
東広島白木線迂回路を整備 広島・安佐北区、29日開通

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200729chugoku01.JPG
広島市が整備した県道東広島白木線の迂回路(左)。奥右側が路面の崩落現場

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200729chugoku02.JPG

 広島市は、大雨の影響で路面の崩落で通行止めとなっている安佐北区白木町の県道東広島白木線について、迂回(うかい)路を整備した。29日午後3時に開通させる。

 現場は関川沿いで、6月18日と今月6日の大雨で地盤がえぐられて路面が崩れた。区地域整備課によると、崩落現場の東側に整備した迂回路は、長さ約300メートル、幅約5メートルで、片側交互通行となる。

 崩落現場の県道の通行再開が見通せない中、通勤などで広島市と東広島市を行き来する車が多い区間であることを踏まえ、広島市は今月中旬に迂回路の整備に着手。休耕地を地権者から借り、草刈りや盛り土をして道路を舗装した。

 当面は、迂回路の利用を促しつつ、崩落現場の復旧工事を急ぐ。県道が完全に通行再開になれば、迂回路は閉鎖する見通し。

 現場は大雨のたびに増水した関川沿いの路面が崩れており、崩落は2018年7月の西日本豪雨から3度にわたる。同課は「通行止めが続き、市民にご迷惑をお掛けした。完全な形での早期復旧に力を入れる」としている。(重田広志)

2157 荷主研究者 :2020/09/05(土) 15:03:12
>>1894 >>1928
https://www.minpo.jp/news/moredetail/2020080977852
2020/08/09 08:18 福島民報
来年3月貫通困難 401号国道博士トンネル 湧水で掘削遅れ

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200809minpo01.JPG

 昭和村と会津美里町を結ぶ四〇一号国道博士峠バイパス(延長七・五二〇キロ)の整備工事で、主要箇所の博士トンネル(延長四・五〇三キロ)の掘削が遅れ、県が予定していた二〇二一(令和三)年三月の貫通は困難な見通しとなった。昭和村側で湧水が相次いでいるためだ。目標とする二〇二〇年代初頭のバイパス開通時期にも影響する懸念がある。整備費の大部分は復興庁の交付金のため、工期が延びれば二〇二〇年度末までの復興・創生期間後の財源確保が不透明になる。

 博士トンネルの掘削工事は県が二〇一八(平成三十)年十一月に開始した。完成すれば県管理トンネルとして最長となる。昭和村、会津美里町の両側から掘削している。六日現在の進捗(しんちょく)率は会津美里町側が92%に上る一方、昭和村側は58%と遅れている。

 昭和村側は水分を多く含む軟弱な地質が多くを占める。掘削時に壁面からの出水が続発し、排水作業に多くの時間を要している。地質の詳細な状況を事前に把握するのは困難で、工事箇所ごとに排水や崩落対策など必要な対応に追われている。

 バイパスは開通すれば冬期間でも奥会津地方と会津若松市の通行が容易となる。昭和村役場から会津若松市中心部までの所要時間は、冬期は約二十五分、雪のない時期は約十五分短縮される見通し。奥会津地方の関係者から、救急医療や観光振興に大きな役割を果たすと期待されている。

 バイパス整備の総事業費は二百三十七億円。県は県復興計画の重要路線に位置付け、復興庁の社会資本整備総合交付金の復興枠を活用している。トンネルは多額の工事費がかかるため、県は交付金を充当できる復興・創生期間内の完了を目指していた。二〇二一年度以降の財源確保については現時点で見通せず、工期延長による予算措置をどう講じるかが課題となる。県会津若松建設事務所は「国への要望を通して適切な予算の確保に努め、早期に開通させたい」としている。

 舟木幸一昭和村長は「博士峠バイパスの完成は村民の長年の悲願だ。事故なく安全に、一日も早いトンネル貫通を期待したい」とした。

 渡部英敏会津美里町長は「町民の期待は高まっている。県はトンネル工事も含めた博士峠バイパスの開通時期をはっきり示してほしい」と求めた。

2158 名無しさん :2020/09/19(土) 20:01:00
伊豆新聞 2020年9月18日(金)3時00分
4車線化目指す国道135号 優先工区を小野市長が視察 県熱海土木―伊東
https://digital.izu-np.co.jp/news/politics/20205

 伊東市の小野達也市長は17日、県が渋滞解消を目的に4車線化を進める国道135号の工事区間を視察した。優先工区として整備する川奈口―殿山交差点(延長630メートル)で、県熱海土木事務所の職員らの説明を受けながら、進捗(しんちょく)状況を確認した。
 135号を管理する県は2008年度から、三の原―殿山(全体延長3.3キロ)区間で4車線化を進めている。このうち、用地協力が得られた殿山交差点から北側約170メートルで、9月から道路拡幅工事に着手している。
 現場では、4車線化に向けて道路脇の斜面を削る作業などが行われていて、同事務所の職員がパネルの図面などを示しながら小野市長に状況を説明した。
 今後の見通しについて同事務所は「住民の協力をもらった所から工事を進めることで、2024年度末には優先工区の4車線化が完了できるよう、目指していきたい」と語った。小野市長は、周辺住民の協力に触れながら「市としても一緒になって、早期に工事が終了できるよう協力していきたい」と話した。

【写真】4車線化を目指し整備が進む優先工区で県の説明を受ける小野市長(右)=伊東市川奈の国道135号バイパス沿い
https://digital.izu-np.co.jp/photo/10000/12133

2159 荷主研究者 :2020/09/23(水) 22:40:00

https://www.sakigake.jp/news/article/20200820AK0009/
2020年8月20日 9時5分 秋田魁新報
秋田駅前の千秋久保田町線、対面通行へ工事終盤 来春完成へ

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200820akita01.JPG
来春完成に向け、工事が終盤に差し掛かった市道千秋久保田町線

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200820akita02.JPG

 JR秋田駅前の秋田市道・千秋久保田町線の拡幅工事が終盤に差し掛かっている。現在は広小路に接続する南側の整備を進めており、2021年3月に完成する予定。一方通行から対面通行に変わり、中通方向から千秋久保田町方向に通行できるようになる。

 千秋久保田町線は、JR奥羽線に並行して南北に延びる道路。350メートルのうち、北側230メートルは土地区画整理事業の一環で工事が行われ、11年に開通した。現在は南側120メートルの工事を進めており、今年6月から地下埋設物の調査などを行い、9月上旬に車道と歩道の整備に着手する。

 市道路建設課によると、南側は09年度に事業着手。当初は16年度中の完成を目指していたが、用地取得に時間がかかり、目標より4年遅れた。総事業費は約19億円。このうち工事費は約2億円で、大半は建物の移転補償費。約10億円は国の交付金を充て、残りは市の負担となる。

 完成後は幅員が約6メートルから約18メートルに広がり、片側1車線となって対面通行が可能となる。道路形状は直線から緩いカーブに変わる。

 対面通行に伴って、中通方向から千秋久保田町方向に通行できるようになる。また、千秋久保田町方向から進んだ場合、現在は右折しかできないが、市道・中通本線に直進することも可能になる。

 車道の両側には約4メートルの歩道が設けられる。通勤や通学で多くの歩行者や自転車が利用する道路であり、より安全に通行できるようになる。

 市道路建設課は「完成後は交通の円滑化が図られ、歩行者や自転車の安全性も高まる」としている。

2160 荷主研究者 :2020/09/23(水) 22:41:11
>>2109
https://www.sakigake.jp/news/article/20200820AK0008/
2020年8月20日 秋田魁新報
国道7号を走る車、9割が下浜道路へ移行 国交省が状況説明

下浜道路の開通直後、同道路の手前で渋滞する国道7号の上り線=3月15日午後4時15分ごろ、秋田市浜田

 国道7号下浜道路建設促進期成同盟会(会長・穂積志秋田市長)の本年度総会が19日、秋田市の秋田キャッスルホテルで開かれた。総会後、国土交通省秋田河川国道事務所の吉沢仁所長が、国道7号バイパス「下浜道路」の開通後の状況について説明し、国道7号(現道)の交通量が9割減ったとした。

 下浜道路は、秋田市の浜田地区と下浜羽川地区を結ぶ片側1車線の6・2キロで、3月14日に開通した。現道の東側を並行している。現道の平日の交通量は開通前が約1万8600台だったのに対し、開通3カ月後には約2700台に減少した。下浜道路は約1万6800台で、約9割が現道から移ったことになる。

 吉沢所長は「事業の大きな目的であった沿線地域の住民の安全性向上や環境改善が達成できている」と話した。

 住民からは「自転車の走行が安全になった」「騒音から解放された」という声が寄せられていることも報告した。

 総会には秋田、由利本荘、にかほの各市から市長や市議会議長らが出席。下浜道路が開通したことに伴い、会の名称を「国道7号秋田南バイパス4車線化促進期成同盟会」に変更し、4車線化に向けて要望活動を行っていくことを盛り込んだ本年度事業計画と予算案を承認した。

 秋田南バイパスは、国道7号の臨海十字路と浜田境川を結ぶ8・5キロ。2015年に中間の2・2キロが4車線化された。同盟会は今後、残る区間の整備促進に向けて活動する。

2161 荷主研究者 :2020/09/23(水) 22:58:29

https://www.kobe-np.co.jp/news/himeji/202008/0013624284.shtml
2020/8/22 05:30神戸新聞NEXT
立体交差化する町坪の棚田踏切、29日から通行止め

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/b_13624369.jpg
神戸新聞NEXT

 渋滞が頻発していることから立体交差化事業が進められている兵庫県姫路市町坪の「棚田踏切」について、市は29日早朝から工事に伴って南北の県道を通行止めにし、西側に迂回(うかい)道路を設ける。期間は2027年度までの約7年間。混雑回避のため周辺の幹線道路への迂回も呼び掛けている。

 踏切は交通量の多い県道の交差点に隣接するため慢性的な渋滞が発生。そこで踏切を取り払い、JR山陽線の下に南北交通の「アンダーパス」を通す事業が進められてきた。迂回路は現在の踏切から約270メートル西側の踏切に接続し、進行方向によっては右折が禁止されるため注意が必要。

 本来は5月下旬から通行止めになる予定だったが、新型コロナウイルスの影響で8月末にずれ込んだ。アンダーパスの利用開始も、事業が完了する27年度になる。

 英賀保駅周辺土地区画整理組合事務局(市区画整理課)TEL079・221・2559

(井沢泰斗)

2162 とはずがたり :2020/10/06(火) 20:51:59
https://maps.gsi.go.jp/#15/34.825888/132.772608/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

唐香川の上流には東地なる聚落があってr436が伸びている。wikiに拠ると
https://river.longseller.org/ws/870705.html

広島県道436号香淀三次線

三次市作木町大山の区域決定区間終点にはそのことを示す看板がある。そこから三次市三原町の国道54号(国道184号重用)に通じる道幅の狭い林道があり、それが本路線になる可能性が高いが、なぜ区域に編入されないでいるのかははっきりしない。
[4]出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E9%81%93436%E5%8F%B7%E9%A6%99%E6%B7%80%E4%B8%89%E6%AC%A1%E7%B7%9A

とあり,三次市街迄の間は林道があるけど県道としての区域決定はされていない模様。なんでだ?

因みに2015年の国税調査での人口は人口統計ラボに拠ると東地を含む作木町大山で48世帯98人である。

[5]人口統計ラボ
https://toukei-labo.com/2015/?tdfk=34&city=34209&id=235

2163 荷主研究者 :2020/10/11(日) 10:40:20

https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=675762&comment_sub_id=0&category_id=112
2020/8/27 中国新聞
三次の備北南部農道が一部開通 ワイナリー〜ピオーネ団地の1・5キロ

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200827chugoku01.JPG
一部開通した備北南部広域農道(三次市東酒屋町)

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200827chugoku02.JPG

 三次市東酒屋町と同市三和町を結ぶ備北南部広域農道のうち、東酒屋町の広島三次ワイナリー前と、同町の三次ピオーネ生産団地を結ぶ約1・5キロが27日、開通した。

 幅7メートルの片側1車線。既に開通している区間と合わせ、ワイナリー前から同市下志和地町までの6・6キロがつながった。起点近くにはワイナリーのほか、農産物直売所を備えた農業交流施設「トレッタみよし」や奥田元宋・小由女美術館があり、事業主体の広島県や市は、観光や農業振興への役割を期待している。

 ワイナリー前から三和町下板木までの約12キロを結ぶ同農道の総事業費は67億9500万円。国が5割、県が4割、市が1割を負担する。県北部農林水産事務所(庄原市)によると、全線開通の時期は未定という。(石川昌義)

2164 荷主研究者 :2020/10/11(日) 11:05:57

https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/319826?relatedarticle
2020年6月6日 午前5時00分 下野新聞
栃木県内初、「環状交差点」開通 大田原の市道、事故防止に期待【動画】

 栃木県大田原市狭原(せばはら)の市道に設置された県内初の「環状交差点」(ラウンドアバウト)が5日開通し、ドライバーが速度を落としながら信号機のない円形の交差点を行き来した。

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/img_20200606shimotsuke01.jpg
栃木県内初の環状交差点 6月開通、事故抑制に期待 大田原

Web写真館に別カットの写真

 同交差点は中央の「環道」を走る車両が優先。時計回り(右回り)で通行する。午前10時、ホイッスルの合図でバリケードが取り除かれると、標識や大田原署員の指示に従って車が交差点に入り、放射状に伸びる6本の道へ抜けていった。

 同市職員が立ち会い、県警本部や県の担当者らが視察した。新型コロナウイルス感染防止のため開通式は行わなかった。今後1週間は同署員が朝夕に巡回し、交通指導に当たる。

 同署の青柳守夫(あおやぎもりお)交通課長(58)は「初日の流れは順調。通行車両は自然と減速しており、重大事故防止が期待できそうだ」。一番乗りで通行した地元の大田原交通安全協会湯津上支部の花塚進一(はなづかしんいち)副支部長(74)は「ルールが左折などで統一され、分かりやすいので安心ですね」と話した。

2165 荷主研究者 :2020/10/11(日) 11:25:16

https://www.chunichi.co.jp/article/113152
2020年9月1日 05時00分 (9月1日 11時59分更新) 中日新聞
名古屋市内初のラウンドアバウト、23日から試行運用

会員限定

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200901chunichi01.JPG

 名古屋市は、信号機のない環状交差点「ラウンドアバウト」を中区三の丸の市道に整備し、二十三日から試行運用を始める。設置は市内初。減速しなければ進入できない構造で、重大事故が起こりにくいとされる。問題がなければそのまま本格運用するほか、市内の他の交差点にも設置できないか検討を進めるという。(水越直哉)

 ラウンドアバウトは、道路交通法の改正によって二〇一四年度から設置が可能となった。交差点中央に環状のコンクリートブロックなどを設置し、交差点内は時計回りの一方通行とする。交差点に入る車より、環状路を走る車が優先。車の進行方向が限られるため歩行者も安全を確認しやすいメリットがある。

 運用が始まるのは県庁前交差点から西に百メートルの市道交差点。直線道路で幅員が広いためスピードが出やすく、歩行者数も多いので、重大事故が起きる懸念があるとして実施箇所に選んだ。また官庁街の中心部にあり、「多くの人にラウンドアバウトを知ってもらう広報的な狙いもある」(市担当者)という。

 市は運用後、通過する車のスピードに変化があるか、歩行者がスムーズに横断歩道を渡れている...

2166 荷主研究者 :2020/10/11(日) 11:58:33

https://www.chunichi.co.jp/article/116563
2020年9月7日 05時00分 (9月7日 05時00分更新) 中日新聞
事故減少も戸惑う声 県内初、伊賀にラウンドアバウト

会員限定

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200907chunichi01.JPG
伊賀市役所前に導入された環状交差点=同市四十九町で

 伊賀市役所(同市四十九町)前の市道に昨年三月、県内で初めて導入された環状交差点(ラウンドアバウト)。県による試行期間を経て、市は本年度中の本格運用を目指す。渋滞緩和や交通事故の減少に一定の効果がある一方、通行方法に戸惑う運転者は多く、交通ルールの徹底が課題だ。 (河野晴気)

 ラウンドアバウトは欧州発祥の信号のない交差点で、三十六都道府県の百一カ所(三月末時点)に導入されている。通常の交差点に比べ、重大事故の抑制や待ち時間の短縮が期待され、県内でも効果を確かめるため、県や県警が検討。伊賀市役所前は新庁舎開業による周辺整備が進むとともに、交通量が導入済みの交差点と同規模の一日一万台だったことから選ばれた。

 県は三カ月の試行期間に実施した調査から、円滑性と安全性で向上が見られたと分析する。これまでは南北に直進する車両が全体の七割を占め、東西方向の車両は合間を縫って走行していた。導入後は、全方向から無理なく進入できるようになり、通過時間が大幅に短縮。円形の構造物が徐行を促し、四十〜六十キロだった進入速度が十五〜二十キロまで落ちたという。

 事故発...

2167 荷主研究者 :2020/10/11(日) 12:14:37

https://this.kiji.is/676245988280845409?c=92619697908483575
2020/9/9 11:00 (JST) 熊本日日新聞社
御代志地区の交差点改良、11月着工 熊本県合志市、渋滞緩和図る

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200909kumamoto01.JPG
御代志地区の土地区画整理事業で改良する熊本学園大西合志総合グラウンド前の国道387号と市道との丁字路交差点。並行する熊本電鉄の踏切もあり、朝夕は渋滞している=合志市

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200909kumamoto02.JPG

 熊本県合志市は8日、御代志地区で進める土地区画整理事業について、11月に着工すると明らかにした。同事業のうち、国道387号の交差点改良工事から始め、渋滞緩和を図る。2022年度末までに終える予定。

 事業区域内の国道387号は片側1車線。市によると、通行量は1日約2万5千台で交通容量(1万2千〜1万5千台)を超えているという。熊本学園大西合志総合グラウンド前の市道との丁字路交差点は、熊本電鉄の線路踏切もあり、朝夕の慢性的な渋滞の要因となっている。

 改良工事では、この交差点を国道の約140メートル北側に移設。市は東西に別々に延びていた2市道を接続して十字路とし、交差点の東西計約470メートル区間で、幅員を約10メートルから14メートルに拡幅する。

 国道側は県が整備。新交差点を含む約560メートル区間の幅員を、現在の15メートルから最大21メートルに拡幅。交差点の北側に踏切方面に向かう左折レーンを新設し、直進車の通行をスムーズにする。本年度内に熊本電鉄が着工する線路や踏切の移設と併せ、渋滞緩和を見込む。

 市は県整備の歩道に加え、線路側歩道を3・5メートル広げて幅員を確保。「国道4車線化も視野に入れた整備にしたい」と話した。

 同事業の期間は18〜27年度。事業区域は17・91ヘクタール。総事業費34億円。(木村恭士)

2168 名無しさん :2020/10/18(日) 21:40:58
伊豆新聞 2020年10月15日(木)3時00分
伊東・国道135号殿山交差点、19日から片側交互通行
https://digital.izu-np.co.jp/news/society/21412

 慢性的な渋滞の解消を目的に、県は伊東市の国道135号バイパスで4車線化工事を進めている。そのため殿山交差点周辺から北側約170メートル区間が、19日から片側交互通行となる。県熱海土木事務所は交通規制時の迂回(うかい)協力を呼び掛けている。

― 来年2月中旬まで ―
 県は2024年度末の完了を目指し、川奈口―殿山交差点(延長630メートル)を優先工区として整備している。このうち用地協力が得られた殿山交差点周辺から北側で、2月中旬まで片側交互通行にして工事を進める。時間は平日午前9時〜午後5時の間で、内容により数時間単位で規制する。
 同事務所は、作業の時間や内容を含めて「規制の有無や時間は毎日、熱海土木事務所のホームページやツイッターで発信する」としている。市メールマガジンでも情報提供する予定で、担当者は「なるべく通勤時間帯の規制を避けるが、通行する皆さんには海岸線や荻方面への迂回をお願いしたい」と呼び掛けている。
 同国道を管理する県は08年度から三の原―殿山(全体延長3.3キロ)区間で4車線化を進めている。

【写真】19日から片側交互通行規制が始まる殿山交差点北側=伊東市川奈の国道135号バイパス沿い
https://digital.izu-np.co.jp/photo/10632/12867

2169 名無しさん :2020/10/18(日) 21:42:25
伊豆新聞 2020年10月16日(金)3時00分
勝俣孝明衆院議員が工事現場を視察―伊東市内4カ所の交付金事業
https://digital.izu-np.co.jp/news/politics/21479

 自民党の勝俣孝明衆院議員(東海比例)が15日、国からの交付金事業で県が行う伊東市内4カ所の工事現場を視察した。土屋優行県特別補佐官や県熱海土木事務所伊東支所職員らとともに、進捗(しんちょく)状況を確認した。
 渋滞緩和を目的に川奈で行われている国道135号4車線化の工事現場では、職員から工事概要の説明を受けた。パネルの図面を見た勝俣氏は「圏央道が開通し、埼玉、群馬など海のない県からの観光客も増えると予想できる。伊豆東海岸は観光地として大きな可能性を秘めているので、渋滞のストレスなく迎えられるように予算をしっかり確保していきたい」と話した。
 勝俣氏は八幡野の石脇沢の火山砂防、湯川の伊東港白石防波堤の港湾改修、宇佐美の伊東大仁線の道路も見て回った。

2170 荷主研究者 :2020/11/02(月) 20:52:21

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/459882?rct=n_hokkaido
2020年09/12 16:00 北海道新聞
<みなぶん>着工から3年 千歳橋工事なぜ長い?

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200912hokkaido03.JPG

片側1車線に通行規制して工事中の千歳橋=2019年10月30日、千歳市(札幌開建提供)

車道が拡幅された千歳橋=20年9月3日、千歳市(札幌開建提供)

 【千歳】千歳市内で行われている千歳橋の架け替え工事について、市内の40代男性から「工事が始まって3年。大きな橋でもないのに、なぜ時間がかかるのか」という疑問が、読者と調査報道に取り組む「みなぶん特報班」に寄せられた。交通量の多い国道36号にあり、混雑したことも。取材すると、市街地の幹線道路ならではの制約があり、克服するため、道内では珍しい特殊な工法で行われていた。

 札幌から国道36号を新千歳空港に向かう途中、航空自衛隊千歳基地の手前約1キロ付近に千歳橋が架かる。

 札幌開建千歳道路事務所によると、鉄筋コンクリート造りで、工事前は長さ約36メートル、幅約18メートル。架け替えは1953年以来という。

 橋の前後の車線は、実質「片側2車線」分に相当する幅14メートルあるが、千歳橋の上だけ12メートルと狭かった。2車線あることを示す境界線もなく、事故が多かった。

 千歳市や地域住民の要望を受け、開建は2016年度、車線を拡幅するため、橋の架け替えを決めた。

 工法は《1》通行止めにして迂回(うかい)路を確保する《2》仮橋を架ける―の二つが主流だ。

 しかし千歳橋の場合、トラックやトレーラーなど大型車両の交通量が多いのに対し、千歳川は迂回できる幅の広い橋が少なく、工法《1》は不採用に。千歳橋付近に仮橋を設ける場所もなく、工法《2》も選べなかった。

 そこで採用したのが、半分ずつ架け替える工法だ。片側1車線に減らし、通行止めを回避。工程が複雑になる分、工法《2》の1・5倍の時間がかかり、工期は17〜21年度の5年となった。

 千歳道路事務所の瓜生(うりゅう)和幸所長は「大型車両が迂回のため、細い生活道路に入ることは避けたかった」といい、「制約の多い場所で安全に最短にできる工法を検討した結果、道内ではあまり例のない工法で行うことになった」と説明する。

 架け替えはほぼ終了し、7月1日から実質「片側2車線」に戻った。ただ、17年秋から今年6月末までの約3年間は、橋の前後が混み合うこともあった。近くのガソリンスタンドの従業員は「通勤時間帯は特に混んでいた」と振り返る。

 千歳道路事務所にも「工事が長い。早く完成させてほしい」などの要望や苦情が4件寄せられたという。工事現場を総括する中山光広工務課長は「工事には地元の協力が不可欠。時間はかかるが、騒音を低減したり、通行する車が分散するよう配慮してきた」と説明。地域に通行方法の変更を説明したり、低騒音低振動で作業できる重機を使用したり工夫を重ねたという。

 現在は車道の幅も前後の国道と同じ14メートルになり、車はスムーズに流れている。今後は歩道を広げたり、河川内で古い橋脚を撤去したりする工事を進める予定。瓜生所長は「工事は、あと1年程度。引き続き協力をお願いしたい」と話す。(山口美智瑠)



 北海道新聞は、読者のリクエストに記者が取材して応える「みんなで探るぶんぶん特報班」(みなぶん)をスタートさせました。

 この手法は「オンデマンド調査報道」(JOD=Journalism On Demand)と呼ばれ、読者と記者が会員制交流サイト(SNS)やメールなどを通じて情報交換しながら取材を進めていく双方向型の新たな調査報道として注目されています。

 読者の皆さんが日々の暮らしの中でキャッチした疑問や声を取材の出発点に、記者と共同作業で謎を解き明かしていきます。

 情報提供や取材依頼のほか、取材をサポートする「みなぶん通信員」への登録をお待ちしています。詳しくは「どうしん電子版」特設サイトをご覧ください。

2171 荷主研究者 :2020/11/02(月) 21:37:58

https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=682171&comment_sub_id=0&category_id=112
2020/9/18 中国新聞
柳井―平生 国道188号バイパス 10月にも測量調査

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200918chugoku01.JPG

 柳井市と平生町を結ぶ国道188号のバイパス整備について、国土交通省山口河川国道事務所は、現地での測量調査を10月にも始める。完成まで約10年かかる見込み。半世紀近く棚ざらしだった事業の実質的な着手となる。

 小型無人機ドローンを飛ばして計測などをする。民有地も含むため地権者の承諾が取れ次第始める。2021年度に設計、22年度以降に用地買収を始める。

 バイパスは柳井―平生間の1・5キロ。周辺0・7キロを含む計2・2キロを片側1車線から2車線に増やし、幅員も11メートルから約23メートルに広げる。事業費は約70億円。1974年に県が都市計画決定したが事業は長年動かず、国は本年度、調査費5千万円を予算化した。

 同事務所の和田康正計画課長は「長い間待ってもらった事業。なるべく早く進められるよう努力したい」と話している。(堀晋也)

2172 荷主研究者 :2020/11/02(月) 21:40:42

https://373news.com/_news/?storyid=125865
2020/09/18 06:30 南日本新聞
美山バイパス開通 延長1540メートル、事業費20億円 東市来

開通した県道鹿児島東市来線美山バイパスを通り初めする関係車両=日置市東市来町美山

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200918minami02.JPG

 日置市東市来町美山の県道鹿児島東市来線美山バイパスが完成し、17日、開通式典があった。国道3号美山入口交差点から広域農道方面へ、美山の住宅街を通らずに抜けられるようになった。

 バイパスは、美山の住宅街の北側を東西に通る延長1540メートル。1994年度に事業開始したが、用地取得が進まず、一時ストップしていた。西側の760メートルは2017年8月に供用開始。今回、残りの780メートルが完成し、全面開通した。片側一車線で幅員10.75メートル。総事業費は約20億円。

 沿道に薩摩焼の窯元などが立ち並ぶ本線は幅員約7〜8メートルと狭い上に大型車両の通行も多く、住民や観光客など歩行者の安全確保のために地元がバイパス整備を求めていた。

 式典には約50人が出席。主催した美山地区自治公民館の中村治館長(70)は「美山の発展のために、開通は長年の願いだった。26年の歳月をかけて完成し、喜びに堪えない」と話した。

2173 荷主研究者 :2020/11/02(月) 22:28:38

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/464444?rct=n_hokkaido
2020年09/27 10:26 北海道新聞
競馬場跡地、見えぬ活用策 岩見沢市撤退14年 再開発の財源に課題 道央道と接続構想も

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200927hokkaido01.JPG
10月1日開通予定の市道東17丁目通。岩見沢競馬場跡地周辺の交通環境が大きく変わるとみられる

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200927hokkaido02.JPG

 【岩見沢】岩見沢市がばんえい競馬から撤退してから14年がたつが、市が開設していた岩見沢競馬場の跡地の活用策がいまだに決まらない。10月1日には跡地を貫く市道が開通し、近くの道央自動車道岩見沢サービスエリア(SA)にはスマートインターチェンジ(IC)の設置構想もある。市はアクセスの向上によって活用の幅が広がるとしているが、再開発には巨額な費用が必要とみられ、先行きは見通せない状況だ。

 「ビジネス展開の用地や研究機能など、いろいろな選択肢が広がってくると考えている」。8月23日告示の市長選で無投票で3選を決めた松野哲市長は、同26日の当選後初めての記者会見で、競馬場跡地の活用に意欲を示した。松野市長は3度目の市長選で初めて公約に「競馬場の跡地活用の推進」を掲げた。

 競馬場の敷地面積は周辺の駐車場などを含めて約50ヘクタール。厩舎(きゅうしゃ)や着順表示板などは撤去されたが、7500人収容のスタンドは、撤去費だけで2億8千万円かかるとされ、野ざらしになっている。市は2006年の競馬場閉鎖後も、除草や警備などの維持管理費として年間約300万円を負担し続けている。

 跡地活用を巡っては13年3月、市民や学識経験者による市の検討会議が1年半を費やして利用計画をまとめ、松野市長に提言。サッカー場などのスポーツ施設や花見が楽しめる広場、乗馬体験ができる乗馬場などの整備を盛り込んだ。ところが市は、40億円以上に達する事業費の財源のめどが立たないとして計画を事実上撤回。その後はたなざらしの状態が続く。

 市は新たな跡地利用計画について、16年度に着工した市道東17丁目通の延伸を理由に「周囲の交通環境の変化を踏まえて考えていく必要がある」と説明してきた。同市道は競馬場跡地を貫く形で約1キロ延伸され、10月1日の開通後は、国道12号や道道とのアクセスが向上し、中心部への移動がスムーズになるという。

 さらに、跡地から約1キロ南側の岩見沢SAへのスマートIC設置構想もある。スマートICは、自動料金収受システム(ETC)搭載車が通行できる出入り口で、道内では道央道輪厚パーキングエリア(北広島)と砂川SAの2カ所に設置されている。設置費用は開発局の負担となるが、接続道路などは市が整備するため、市は東日本高速道路(ネクスコ東日本)と利用台数の試算など採算性の検証を行っている。

 スマートICが設置されれば跡地へのアクセスが大幅に向上するため、市は関連させて跡地活用策を検討したい考えだが、スマートICの実現には「国や道との協議など相当な期間が必要」(市建設部)。また、どのような形で跡地を活用するにしても、スタンドの撤去費用や周辺整備など多額な費用が必要とみられ、その財源の見通しが立たない状況は変わらない。

 3期目に入った松野市長が、市長選公約に掲げたこの問題をどう動かすのか、本気度が問われる。(中沢弘一)

2174 とはずがたり :2020/11/04(水) 17:50:08
https://twitter.com/ChugokuShimbun/status/1323566431229812737
中国新聞
@ChugokuShimbun
三次市の国道183号 寿橋の路面に穴、全面通行止め
https://chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=696015&comment_sub_id=0&category_id=112

国道54号と市中心部を結ぶ片側1車線の橋。アスファルトがその下のコンクリートごと抜け落ちました
#国道183号
#寿橋

2175 荷主研究者 :2020/11/08(日) 13:40:45

http://www.senmonshi.com/archive/02/02FA2JUeG8TAH5.asp
2020/10/02 北陸工業新聞社
【福井】総額31億、4車線化に着手/越前市上太田〜岡本の365号/-県-

 福井県は20年度、越前市上太田町から岡本町における一般国道365号の道路改良事業に新規着手した。交通渋滞の緩和による円滑な交通および自転車歩行者道の確保を図るため、4車線化を推進する。

 全体事業費は31億円(うち用地および補償費13億5000万円)。26年度の完了を目指しており、今年度は測量調査設計に着手。順調に行けば、21年度に用地買収に取り掛かり、22年度から工事を開始したい考えだ。

 4月に旧広域農道と振り替えた365号のうち、今回の事業区間は上太田町から岡本町までの1360メートルとし、拡幅により幅員23・5メートル(4車線)を確保する。

 主要な構造物としては、吉野瀬川に架かる橋梁1橋だが、架け替えが必要かどうかなど、具体的な整備内容は未定としている。

 事業区間の沿線にある工場では多数の従業員が働いており、朝の通勤時間帯には慢性的な交通渋滞が発生し、その影響が市中心部にまで及んでいるのが現状。加えて、事業拡大に伴う新工場も完成し、早急な対策が望まれていた。

 なお、県では岡本町以南の整備として、国道8号との交差点である「塚原」までの3370メートル区間で舗装強化も計画。こちらにも別途、調査費を計上している。

2176 荷主研究者 :2020/11/08(日) 14:11:33

https://www.sakigake.jp/news/article/20201006AK0027/
2020年10月6日 13時54分 秋田魁新報
バイパス南側開通、羽後町足田地区 交通事故減少に期待

5日に開通した羽後町の安良町工区バイパス

 秋田県羽後町足田地区で整備が進む県道・大曲大森羽後線の安良町工区バイパス(2840メートル)のうち、南側1860メートルが5日、開通した。

 大曲大森羽後線は大仙市から横手市大森町を経由して羽後町へ至る道路。同町足田字安良町―大谷地間を結ぶ安良町工区は、幅が狭く急カーブが連続する従来区間に代わるルートとして、住宅地を挟んで西側を迂回(うかい)する。事業費は約20億円。

 バイパス整備により、幅員は最も狭いところで4メートルから6メートルに広がり、急カーブが解消される。住宅地内を通り、生活道路として地域住民の利用頻度が高い従来区間と交通量の分散が図られ、交通事故の減少や積雪期の歩行者の安全確保などが期待されるという。

 残りの北側区間980メートルは事業継続中。

2177 荷主研究者 :2020/11/08(日) 14:15:32

https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=16019087603426
2020年10月6日(火)茨城新聞
水戸市、酒門町交差点 立体化、21年度着手目指す 計画30年、慢性渋滞
月内にも国へ要望書

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201006ibaraki01.JPG

 国道6号線と同50号線が交わり、慢性的な渋滞が発生している水戸市酒門町の「酒門町交差点」の立体交差化を巡り、水戸市が今月中にも新規事業採択を求める要望書を国へ提出し、2021年度の事業着手を目指すことが5日までに分かった。1988年の都市計画決定から約30年が経過した計画に、進展の兆しが見え始めた。

 同交差点は、本件の南北を結ぶ6号と東西を横断する50号が交わる結節点。88年に6号が50号の上を通る形で都市計画決定されたものの、6車線化や右折レーンの2車線化など平面交差のまま、段階的に改良が進められてきた。

 周辺では、99年の県庁移転などを背景に開発が加速。2015年の道路交通センサスによると、1日当たりの交通量は6号、50号ともに4万台を超え、特に50号の渋滞延長は最大3キロに及んでいる。県によると「1日4万台を超える国道同士が交わる交差点は県内にもほかにない」という。

 渋滞に伴い、生活道路を抜け道として利用するケースも増えた。近隣には同市立中学校のうち、最多となる926人の生徒を抱える市立第四中のほか、同吉田小などが立地。地元では17年に立体化の実現を求める協議会が発足するなど、通学路の安全性向上に向けた要望活動も続いている。

 日本損害保険協会(東京)がまとめた「事故多発交差点マップ」では、同交差点は11〜19年の9年間で県内ワースト5に4回入る事故多発地点。市建設計画課は「周辺の抜け道でも事故が頻発している」と、危機感を募らせる。

 近隣では今春、同市元吉田町に新たな商業施設が開業したほか、同市下入野町に市の新たなごみ処理施設も供用を開始。新型コロナウイルスの感染拡大で公共交通機関からマイカーへ変更する傾向も相まって、同交差点の交通渋滞はさらに拡大しそうだ。

 こうした環境を背景に、市は来年度の事業着手を目指し、国の新規事業採択を求めて今月半ばにも国土交通省へ要望書を提出する方針。同課は「渋滞とともに、事故の頻発地点と言っても過言ではない。早期の立体化へ向けた取り組みを本格化させたい」と力を込める。

 同交差点の渋滞緩和へ向けては、周辺道路の整備も進む。同交差点から約1キロ北側の「酒門六差路」では、市街地と県庁を結ぶ「桜通り」から6号へ直結する都市計画道路を整備している。また、桜通りの4車線化工事も進んでおり、県道路維持課は「完成すれば酒門町交差点を迂回できるルートになり、渋滞緩和にもつながる」とみている。

2178 荷主研究者 :2020/11/21(土) 15:23:13

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/473263?rct=n_hokkaido
2020年10/22 05:00 北海道新聞
環状交差点導入、シカ防護柵も 日ハム新球場アクセス道路 道が整備計画

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201022hokkaido01.JPG

 北広島市で建設中のプロ野球北海道日本ハムの新球場を核とするボールパーク(BP)と市道を結ぶ道道のアクセス道路について、道は21日、市道との合流部に信号機がない環状交差点「ラウンドアバウト(RA)」を整備する計画案を示した。車両の進行がスムーズになり、BPを訪れた客の混雑緩和が図れるとしている。

 同日開かれた、環境保全を考える協議会(道主催)第4回会合で示された。

 RAはドーナツ形の環状道路を車両が時計回りに進み、左折して交差点を抜ける構造。信号待ちがなく車両がスムーズに進むなどの利点がある。

 整備される場所は市道大曲椴山(とどやま)線と交わる丁字路。RAの整備は檜山管内上ノ国町、宗谷管内浜頓別町に次ぎ道内3カ所目。

 道はまた、道路へのシカ侵入を防ぐため、橋部分を除く道道の南側に高さ2・5メートルの侵入防護柵を設け、橋の下にシカを誘導する。

 道路は11月にも着工し、新球場開業の2023年3月開通を目指す。工事が行われた場所の植生の復元や動物の生息状況などの調査は、25年ごろまで続ける予定。

 アクセス道路はBPと市道大曲椴山線を結ぶ約2・8キロ。3月に道道に認定された。(阿部里子)

2179 荷主研究者 :2020/11/21(土) 21:26:06
>>2160
https://www.sakigake.jp/news/article/20201031AK0016/
2020年10月31日 秋田魁新報
ニュースの「つぼ」:秋田市「下浜道路」の整備効果

今年3月に開通した下浜道路

 秋田市の国道7号バイパス「下浜道路」が今年3月に開通したことにより、国道7号(現道)の交通量が大幅に減っている。秋田河川国道事務所の調査では8割超が下浜道路に移った。開通後、現道での人身事故は発生しておらず、沿線に住む市民からは「安全に歩行できるようになった」「騒音がなくなった」との声が聞かれる。

 下浜道路は同市の浜田地区と下浜羽川地区を結ぶ片側1車線の6・2キロ。現道の東側を並行している。渋滞解消や歩行者の安全確保を目的に、2007年度から国土交通省が整備を進めていた。今年3月14日に開通。愛称は県内外から公募し「下浜サンセットロード」に決まった。北端から約700メートルの駐車帯「もしもしピット」には展望スペースがあり、天気がいい日は男鹿半島や夕日が沈む日本海を眺めることができる。

 同事務所の調査によると、現道の平日の交通量は、下浜道路の開通前(3月9〜13日)が1日平均1万8600台だったのに対し、開通後(8月24〜28日)は同2900台となり、大型車の走行も減少した。一方、下浜道路は1日平均1万7600台(8月24〜28日)で、現道の8割超の交通量が移ったことになる。

 現道の浜田―下浜羽川間は開通前、幅員が狭い上に交通量が多く、事故が多発していた。秋田中央署によると、昨年は人身事故が6件発生。そのうち2件が死亡事故。いずれも車の正面衝突で、男女2人が犠牲となった。

 開通後は人身事故の発生はない。沿線に住む福井昭次さん(70)は「前よりも安心して歩けるようになった。道路ができるまでは、常に車が通り騒音も長い時間続いている状態だったが、それも緩和されたように感じる」と話す。

 ただ、住民からは「車通りが少なくなった分、スピードを出し過ぎている車がいる」との指摘もあり、同署や同事務所が安全走行を呼び掛けている。

 下浜道路は通勤、帰宅時間の短縮や、長距離を走る運転手のストレス軽減にもつながっているようだ。

 同事務所によると、下浜道路は全区間の制限速度が60キロで、実際の走行速度は開通前の現道と比べ約20キロ速くなっている。そのため、救急搬送の迅速化や木材輸送の効率化といった効果も出ているという。

 同事務所の五十嵐一之副所長は「住民と車の利用者の両方にとって安全安心な道路であることがベスト。下浜道路に車が移ることで、地域住民の生活環境が改善され、円滑でスムーズな走行につながっている」としている。

2180 荷主研究者 :2020/11/21(土) 22:10:40

https://www.yamagata-np.jp/news/202011/05/kj_2020110500095.php
2020/11/5 10:59 山形新聞
村山・楯岡地区に環状交差点 県内2例目、15日に暫定開通

楯岡地区に整備が進むラウンドアバウト(環状交差点)=村山市

 村山市楯岡地区に今月15日、県内2例目となるラウンドアバウト(環状交差点)が暫定供用開始される。重大事故の抑制や待ち時間の解消が期待され、信号機がないため停電時にも通行可能だ。整備を進める市が通行時のルール順守を呼び掛けている。

 ラウンドアバウトの場所はJR村山駅から西へ約700メートルの共に市道の楯岡長瀞線と駅西中央線の交差点。駅西中央線は12月19日に主要地方道寒河江村山線までつながり、将来的に東北中央自動車道村山インターチェンジ(仮称)へのアクセス道路となる。

 市建設課の担当者は、通行時の原則として▽時計回り(必ず左に曲がる)▽環道内の車両優先▽出たい場所で合図―を挙げる。実際に通過する際には、一時停止の必要はなく通行車両がなければ徐行して進入できる。交差点内は逆走禁止で、駐停車もできない。

 道路外周の直径は33メートルで、中央島は直径16メートル。冬期間にはスノーポールを設置して視界をサポートする。

 同課では15日午前9時から、市民向けのラウンドアバウト講習会を農村環境改善センターで開催する。交通ルールを座学で学んだ後、バスに乗って通行体験する。参加無料。同課0237(55)2111。

2181 荷主研究者 :2020/12/05(土) 12:06:21

http://www.senmonshi.com/archive/02/02FBCMZi2H2U2A.asp
2020/11/13 建通新聞社(神奈川)
【神奈川】県 「湘南台寒川線」新設で用地交渉へ

 神奈川県藤沢土木事務所は、圏央道(さがみ縦貫道路)の寒川北インターチェンジに接続し、藤沢市湘南台との連携強化を図る「湘南台寒川線」県道45号(丸子中山茅ケ崎)の新設を計画しており、今後用地交渉に着手する考えだ。年度内に交渉が進めば、2021年度には進入路などの準備工事を開始する予定。

 このほど、用地幅杭設置測量業務は広国設計(藤沢市)に委託。履行期限は21年3月15日まで。

 湘南台寒川線は、さがみ縦貫道路寒川北IC出入口(寒川町宮山)に通じる県道46号(相模原茅ケ崎)から藤沢市道遠藤宮原線が取り付いている(藤沢市宮原)県道45号(丸子中山茅ケ崎)までの延長約2・3㌔(寒川町域約1・5㌔、藤沢市域約0・8㌔)を計画。道路幅員は全幅25㍍で、車道(片側2車線・7㍍×2)と両側歩道(4・5㍍×2)、中央分離帯(2㍍)で構成する。途中、一級河川目久尻川を渡る橋梁も築造する。

 道路詳細設計は横浜コンサルティングセンター(横浜市港北区)、橋梁詳細設計はカナコン(横浜市瀬谷区)、先行整備区間等検討業務は大日本コンサルタント(東京都千代田区)が担当。

2182 荷主研究者 :2020/12/05(土) 12:13:34

https://www.gifu-np.co.jp/news/20201116/20201116-21062.html
2020年11月16日 09:05 岐阜新聞
国道156号岐阜東バイパス、未開通区間が起工

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201116gifu01.JPG

 1974年度から整備が進む国道156号岐阜東バイパスの未開通区間(岐阜市岩田西-関市山田、約4・4キロ)の起工式が15日、岐阜市芥見の藍川中学校で開かれ、関係者約80人が工事の安全を祈願し、早期全線開通に向けての協力推進を確認した。

 同バイパスは国道156号の渋滞緩和などを目的に整備。羽島郡岐南町から関市山田を結ぶ延長13・4キロ。これまでに約7割に当たる9キロが開通している。

 国土交通省岐阜国道事務所によると、未開通区間が完成すれば、岐阜と関両市役所間の所要時間が車で約7分短縮され、国道156号の代替機能や観光周遊性の向上、災害時の緊急輸送路の効果も見込める。現在は清水(きよみず)山トンネル(仮称)を含む道路設計や用地取得などを進めており、完成時期は未定。総事業費は約950億円。

 式には、国会議員をはじめ工事関係者や地域住民が出席。古田肇知事は「半世紀にわたる整備事業のゴールが見えてきた。一日も早く全線開通の喜びを味わいたい」、堀田治中部地方整備局長は「事業は沿線地域の発展に寄与するもの。今まで以上の協力をお願いしたい」とあいさつ。関係者らでくわ入れをし、工事の安全などを願った。

2183 とはずがたり :2020/12/17(木) 23:09:10
国道って結構ちゃんと除雪してくれるから冬用タイヤで無くても結構通れちゃうんだよね。。
それが招いた立往生か。

大雪で立往生 救助のトラック ほとんどが普通タイヤ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201217/k10012770001000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004
2020年12月17日 19時06分

大雪の影響で、16日、岩手県と秋田県を結ぶ国道で立往生して救助された10数台のトラックのほとんどが普通タイヤで、チェーンも用意していなかったことが分かりました。救助にあたった岩手県は、冬道を走る際は冬用のタイヤを装着するなど対策をとるよう呼びかけています。

岩手県北上市と秋田県を結ぶ国道107号線では、16日、積雪の影響で立往生する車が相次ぎ、午前7時からおよそ8時間、一部の区間が通行止めとなりました。

岩手県の北上土木センターは、10数台のトラックをけん引するなどして救助に当たりましたが、そのほとんどが県外ナンバーで、普通タイヤを装着し、チェーンも用意していなかったということです。

土木センターは、当時、並行する秋田自動車道が通行止めになっていたことから、トラックが国道に入り、装備が不十分で動けなくなったとみています。

北上土木センターは、冬道を走行する際は必ず冬用のタイヤを装着し、チェーンを用意するよう注意を呼びかけています。

2184 荷主研究者 :2020/12/21(月) 21:23:19

http://www.senmonshi.com/archive/02/02FBHR09VARZHV.asp
2020/11/19 滋賀産業新聞
【滋賀】県湖東土木 佐目敏満寺線・多賀SIC連絡道交差部の立体交差等整備

 県湖東土木事務所は、多賀町敏満寺地先において、県道佐目敏満寺線と(仮称)多賀スマートインターチェンジから多賀町が整備する町道との立体交差、ハーフダイヤモンド型インターチェンジ、交差点改良の各整備に取り組む。詳細設計をこのほど内外エンジニアリング(滋賀営業所・大津市)に委託し、21年度(令和3年度)に行う用地取得と多賀町の先行整備が順調にいけば、早ければ22〜23(令和4〜5)年度、もしくは23〜24(令和5〜6)年度の2ヵ年での整備を計画している。工事発注は現在のところ構造物一式と、別途発注の舗装とする意向。

 コンサル業務では、道路0・3㎞、平面交差点1ヵ所、ダイヤモンド型ICの詳細設計と、平面交差部の一般構造物(箱型函渠)一式の予備設計から詳細設計まで行う。委託期間は21年(令和3年)3月19日まで。19年度(令和元年度)に国土開発センター(福井県)に委託し20年度(令和2年度)末までの期間で進めている予備設計の進捗も反映させ、構造物や規模の詳細を確定していきたい考え。

 立体交差は、多賀町と中日本高速道路㈱が事業主体となり彦根〜湖東三山インターの中間地点に計画の(仮称)多賀スマートインターチェンジが18年(平成30年)に新規事業化され、ICへの連絡道として多賀町が整備する予定の数百㍍の町道と、県道佐目敏満寺線が交差する場所に箱型函渠1ヵ所を設置し、下側を県道が、上側を町道が通る立体交差化が計画された。

 さらに、立体交差を起点として90度東へルートを変え、交差2路線に車輛が出入り出来るよう、一般のダイヤモンド型の半分の形のハーフダイヤモンド型インターチェンジ1ヵ所も整備。その先のT字交差点1ヵ所も改良工事を行い、終点に接続するまでの数百㍍を県道佐目敏満寺線の最終区間として整備する。

 なお、県道佐目敏満寺線区間の立体交差部より南側の既存区間は、整備後は多賀町に移管し、町道となる見通し。

提供:滋賀産業新聞

2185 荷主研究者 :2020/12/21(月) 22:28:12

https://www.sakigake.jp/news/article/20201126AK0017/
2020年11月26日 11時21分 秋田魁新報
国道108号バイパス 7年半かけ来月完成、鳥海地区

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201126akita02.JPG

 秋田県由利本荘市鳥海町で県が進めている国道108号矢ノ本工区改良工事が、来月上旬に完了する。住宅地のそばを通り道幅が狭く、交通事故が多発していた。2013年の事業着手から約7年半。改良工事により、安全性や利便性の向上が期待される。

 県由利地域振興局によると、矢ノ本工区は全長1・54キロ。もともとの道路600メートルを拡幅したほか、バイパス940メートルを新設した。

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201126akita01.JPG
国道108号矢ノ本工区の改良工事で新設されたバイパス

 改良前の道幅は5メートルしかなく、大型車両が交差するのに支障が出ていた。交通事故もたびたび発生。冬場は積雪でさらに道幅が狭まり、急カーブ、急勾配の場所もあって危険だった。着工前の10年間(02〜11年)で死亡事故は2件あった。

 工事によって道幅は最大12メートル(一部は9・5メートル)に拡大。車道部分は4メートルから6・5メートルに広がり、急勾配や急カーブも解消された。改良前は歩道が一部しかなかったが、新たに幅2・5メートルの歩道を830メートルにわたり敷設した。

 バイパスは既に8月下旬から供用を開始。現在はセンターラインの塗装を進めているほか、もともとの道路の補修を進めている。総事業費は約14億円。

 矢ノ本町内会(33世帯)の佐藤重一会長(80)によると、改良前は車の通行に伴う騒音や振動が気になり、道幅が狭いため外を歩くのが怖いという人もいたという。

 町内会として15年ほど前から改良を要望してきたといい、「完成はうれしいし、ほっとしている。往来するドライバーも安心して通れるだろう」と話した。

 由利地域振興局管内では、18年に着工した由利本荘市徳沢の国道105号のかさ上げ工事も年内に完了の見通し。工区の620メートルを最大約1メートル高くすることで、大雨に伴う冠水被害の解消を図る。

2186 荷主研究者 :2020/12/27(日) 20:50:35
>>1458 >>1473
https://www.iwate-np.co.jp/article/2020/12/5/88659
2020.12.05 岩手日報
押角峠工区13日開通 復興道路・国道340号、宮古-岩泉

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201205iwate01.JPG

13日開通する押角トンネル内で、事故を想定し救急救助訓練を行う消防関係者

 県が復興支援道路として整備を進めている国道340号押角峠工区(宮古市-岩泉町、3700メートル)は13日開通する。同工区内の押角トンネル(3094メートル)完成により急カーブや落石雪崩危険箇所が解消。約14分の時間短縮が見込まれ、安全性と物流効率が高まる。

 4日は消防と警察の関係者ら約60人が防災訓練を実施。トンネル内の事故と車両火災を想定し、非常用設備の作動確認や交通規制訓練などで連携を確認した。

 宮古市和井内と岩泉町大川をつなぐ同トンネルは2016年11月に着工した。片側1車線で幅員6メートル。押角峠を通っていた旧JR岩泉線の鉄道トンネルを拡幅して整備した。

2187 荷主研究者 :2020/12/27(日) 21:25:08

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/670857/
2020/12/6 6:04
西日本新聞 一面 大坪 拓也
「博多バイパス」一部高架化検討 国道3号の渋滞緩和目指す

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201206nishinippon02.JPG
「博多バイパス」高架化などの検討区間

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201206nishinippon01.JPG
高架化のイメージ図

 国土交通省九州地方整備局や福岡市などでつくる「福岡県交通渋滞対策協議会」は、国道3号博多バイパス(同市東区)の一部区間と直通道路(計1・6キロ)について、高架化などによる車線拡張の検討を進めている。物流の大動脈の博多バイパスは、1日当たりの交通量が九州最多の約7万台(2018年度)で、福岡市の人口増や近くの福岡空港の旅客増も背景に渋滞が慢性化。20年度内に検討案の承認を目指し、承認されれば事業化に向け動きだす。

【関連】「新しいシンボルに」落書きが巨大アートに変身 宗像市の国道3号橋台

 検討案はバイパス南端の下臼井交差点付近(同市東区)-バイパス直前の空港口交差点付近(同市博多区)の区間(計1・6キロ)の8割以上を高架化。高架と地上で各4車線ずつ計8車線を確保し現状の6車線から拡張する。残りの区間も地上部分で8車線に広げる。1・6キロの区間は信号交差点が多く、渋滞要因になっており対象区間に選んだ。

 地上のみで拡張する場合は用地交渉が必要になることや、立体交差のトンネルの場合は近くの河川を避ける工事で費用が膨らむことを考慮し「高架が望ましい」との判断に至った。

 バイパスは総延長7・7キロの全6車線で、同市東区二又瀬から下原まで南北に貫く。1979年度に部分開通し2017年度に全線開通。九州自動車道の古賀インターチェンジから福岡空港や博多港、博多駅などへの移動や物流を支える。

 国の調査によると、18年度の交通量は10年度に比べ、約1・5倍増加。周辺で物流関連企業の集積も進み、大型車両の通行量も全国平均を超える。平日の通勤時間帯は最大で4・6キロの渋滞が発生し、周辺道路も混雑。当初の需要予測を上回る状況が続いている。

 協議会は渋滞対策を推進する官民の組織で、今年8月から検討案の詳細を詰めてきた。正式決定後、都市計画を所管する福岡市や、道路管理者の国交省が事業化の準備に入る。

 (大坪拓也)

2188 荷主研究者 :2020/12/27(日) 22:22:59

https://www.gifu-np.co.jp/news/20201214/20201214-28752.html
2020年12月14日 07:44 岐阜新聞
宮峠トンネル開通 高山市の国道41号、冬場の安全向上

テープカットとくす玉で宮峠トンネルの開通を祝う関係者=高山市久々野町山梨

 岐阜県高山市の国道41号の宮峠トンネルが12日、開通した。トンネルができた区間の峠道は、急な勾配やカーブのある交通の難所で、冬場の安全性向上に期待がかかる。

 本年度の開通を目指し、2016年に掘削が始まった。同市の一之宮町と久々野町山梨を結ぶ1・8キロ。交通安全に加え、高山、下呂両市間のアクセスが向上し、通勤通学、観光の面にも良い効果が見込める。

 地元の公民館での式典には、飛騨地域の首長や国会議員、県議をはじめ、関係者約70人が出席。古田肇知事は「雪が降る前で良かった。難点が解消され、安全に通れる」、高山市の國島芳明市長も「待ち望んだ開通で、飛騨にとっての大きな一歩だ」と喜んだ。地元住民が太鼓の演奏や獅子舞で花を添えた。

 トンネルの前ではテープカットとくす玉で盛大に祝った。

2189 荷主研究者 :2020/12/27(日) 22:25:33
>>2141
https://www.topics.or.jp/articles/-/461231
2020年12月14日 午前5時05分 徳島新聞
三好ー香川の往来安全に 猪ノ鼻道が開通

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201214tokushima01.JPG

猪ノ鼻道路の開通式でテープカットする関係者=三好市池田町州津

 徳島県三好市池田町州津と香川県三豊市を結ぶ国道32号猪ノ鼻道路(8・4キロ)が13日、開通した。標高410メートルの猪ノ鼻峠を通る旧ルートより4・2キロ短く、通行時間は8分ほど短縮される。大雨や積雪による通行障害の減少が期待され、利便性や安全性が大幅に高まる。

 開通式が三好市池田町マチの池田総合体育館であり、徳島、香川両県選出の国会議員や飯泉嘉門知事、地元関係者ら約90人が出席した。徳島県側の起点付近(同町州津)でテープカットが行われ、関係車両23台が香川県側へ向かってパレードした。午後4時から一般車両の通行が始まり、徳島県側では約1時間にわたって最長1キロ渋滞した。

 猪ノ鼻道路は2003年度に事業化され、07年度に着工。両県で最長の新猪ノ鼻トンネル(4187メートル)や西山トンネル(2115メートル)など四つのトンネルを掘削した。事業費は432億円。

 旧ルートは28カ所の急カーブがあり、交通事故が多発していた。冬は路面凍結や積雪に見舞われ、県西部で大雪被害の出た14年度には5日間の通行規制があった。トンネルが全体の約8割を占める新ルートは急カーブがない。観光面での広域的な魅力度向上や、救急医療体制の強化などの効果も望まれる。

 開通を受け、同市池田町州津の自営業伊丹良江さん(65)は「凍結などに悩まされていたので心待ちにしていた。買い物客らのストロー現象が懸念されるが、人をいかに呼び込むかを地域で考えなければならない」と話した。

2190 とはずがたり :2020/12/31(木) 16:00:27
八ツ場と高崎方面がより近く 待望のトンネル開通
森岡航平
https://www.asahi.com/articles/ASNDY6QWBNDKUHNB00W.html
2020年12月30日 11時00分

 【群馬】今年3月に完成した八ツ場(やんば)ダム(長野原町)の地元で、水没地区から移転した住民らの再出発を支える生活再建事業が大詰めを迎えている。18日には、ダム周辺と高崎方面を結ぶ新たな幹線道路として期待される「大柏木川原湯(おおかしわぎかわらゆ)トンネル」が開通した。今回の開通で、県による道路建設や砂防施設の整備がすべて完了した。

 開通したトンネルは長野原町川原湯地区と東吾妻町大柏木地区を結ぶ片側1車線の約3キロ。県によると、国道406号を経由して高崎方面に向かう場合と比較して、移動時間を約30分短縮できるという。

 ダム建設で高台に移転した川原湯温泉などへの観光振興や、地元住民の利便性向上などを目的に建設された。7・6キロあった406号の雨量通行規制区間を通らずに行き来できるようになる。一般車の通行用の事業費は約42億円という。

 トンネルは、ダム本体工事に使う石材などを運ぶため国が2008年に貫通させた。翌年誕生した民主党政権のダム建設見直しに伴って工事は凍結され、貫通したまま使われずにいた。

 ダム建設の再開後、14〜19年に工事用道路として利用され、東吾妻町から約10キロのベルトコンベヤーで石材を運んだ。役目を終えたベルトコンベヤーの撤去などが遅れ、19年4月から一般車が通行できるように県の整備が始まったが、ダム完成には間に合わなかった。

 18日にあった開通記念式典で長野原町の萩原睦男町長は「町にとって希望が持てるトンネルだ。紆余(うよ)曲折があってこの日を迎えられた」とあいさつ。ダムや整備されたインフラの活用については「本当の意味での勝負、スタートはこれからだ」と述べた。

 旧温泉街で旅館を営み、現在は移転先でカフェなどを経営する豊田幹雄・川原湯地区ダム対策委員長(54)も「コロナ禍の苦しい中にあって明るい話題。買い物や通勤などでも便利になる」と歓迎する。

 この1年で、キャンプ場を備えたJR川原湯駅前の「川原湯温泉あそびの基地NOA」や、「八ツ場湖(みず)の駅 丸岩」などの地域振興施設も相次いで完成。ダム湖を遊覧する水陸両用バスやJR吾妻線の廃線跡を走る自転車型トロッコなどの営業も始まった。豊田さんは「完成した施設や道路をどう活用していくかが重要になる」と話した。(森岡航平)

2191 荷主研究者 :2021/01/02(土) 16:11:16

https://www.toonippo.co.jp/articles/-/451123
2020年12月15日 東奥日報
むつ・大畑の二枚橋BPが全線開通

国道279号「二枚橋バイパス」全線開通を祝いテープカットした関係者たち=15日午後

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201215too01.JPG

 青森県むつ市大畑町で1996年度から県が工事を進めてきた国道279号「二枚橋バイパス」(3.6キロ)が15日、全線開通した。同日開通したのは、同町佐藤ケ平国有林-同町湯坂下の区間(2.1キロ)。市は二枚橋小学校で開通式典を行った。開通で急勾配・急カーブが一部解消され、防災機能や救急医療ネットワークの向上、物流の円滑化などが期待される。

 二枚橋バイパスは片側1車線(幅員12メートル)で、新設の「いさりび橋」「下狄(しもえぞ)橋」は高さが最高30メートル。バイパスのうち1.5キロ部分は2007年までに使用開始していた。県によると、通過時間は通常で約3分半、冬期間は約6分半の短縮になるという。

2192 荷主研究者 :2021/01/02(土) 18:08:15

https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=710590&comment_sub_id=0&category_id=112
2020/12/18 23:42 中国新聞
信号機ない環状交差点、広島県内初 可部大毛寺線の延伸部分26日開通

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201218chugoku04.JPG
広島市が整備を進める環状交差点。奥が26日に開通する可部大毛寺線

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201218chugoku05.JPG

 広島市は、安佐北区可部東で整備している幹線市道の可部大毛寺(おおもじ)線の延伸部分を、26日午前10時に開通させることを決めた。同市道の開通予定時期は、工事現場で湧水があったことなどを理由に3度にわたって繰り延べされた経緯があり、当初計画より約9カ月遅い。南端には、広島県内初となる環状交差点がある。

 延伸部分は、可部高(可部東4丁目)付近の交差点から南の約530メートル。道路の幅は12メートルで、片側1車線となっている。2014年8月の広島土砂災害を踏まえ、災害時の広域避難路に位置づけ、朝夕に国道54号と183号などで混雑する可部地域の車両通行量の分散につながるとの期待もある。事業費は約10億円。

 一体的に整備している同線南側の高陽可部線は、来年夏ごろの開通を見込んでいる。高陽可部線との結節点には、ドーナツ状の道路を時計回りに進む、信号機のない環状交差点がある。

 可部大毛寺線は15年2月着工。市は高陽可部線と共に今年3月末までの開通を目指して整備を進めたが、工事現場の湧水のほか、整備工事に伴う渋滞で工事車両の通行に支障が出るなどしたため、開通時期が遅れた。(重田広志)


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ふともも写真館 制服写真部 - ゆりあ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板