したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

高速道路・地域高規格道路・自動車専用国道

1 とはずがたり :2003/11/28(金) 21:25
建設検討・工事情報

国土交通省 http://www.mlit.go.jp/
道路局 http://www.mlit.go.jp/road/index.html

4648 荷主研究者 :2020/02/16(日) 14:44:34

https://this.kiji.is/597986000871457889?c=174761113988793844
2020/2/6 16:00 (JST) 長崎新聞社
IC配置 4案提示 西彼杵道路、大串―日並23キロ

 地域高規格道路「西彼杵道路」(佐世保市大塔町-西彼時津町、約50キロ)のうち、未整備区間の西海市西彼町大串郷-西彼時津町日並郷(約23キロ)の整備方針を検討する委員会の会合が5日、県庁であり、県はインターチェンジ(IC)の配置案4案を示した。

 配置案は▽大村湾沿いに4カ所▽国道206号沿いに4カ所▽大串IC-日並IC(仮称)を最短距離で結び、2カ所▽西彼杵半島の西岸部沿いに3カ所-の計4案。新年度中に時間短縮効果や産業拠点へのアクセスなどを比較検討し、IC配置など整備の進め方を県に提言する。

 会合は冒頭を除き非公開。県は次回までに長崎市、西海市、西彼時津町内の計5カ所で、住民の意見を聴くほか、自治体へのヒアリングや企業、団体へのアンケートなどを実施する。

4649 荷主研究者 :2020/02/16(日) 14:50:24

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/390908?rct=n_hokkaido
2020年02/07 05:00 北海道新聞
泉郷道路 3月7日開通 道央圏連絡道 7割完成へ 経済活性化に地元期待

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200207hokkaido02.JPG

開通に向けて工事が進む道央圏連絡道路の泉郷ランプ

 【千歳】千歳市と小樽市を結ぶ地域高規格道路「道央圏連絡道路」(国道337号、約80キロ)のうち、泉郷道路(8・2キロ)が3月7日午後3時、開通する。新千歳空港から国道274号への接続がスムーズになり、物流ルートの強化や企業立地、観光活性化が期待される。

 連絡道路は千歳、長沼、江別、石狩、小樽など8市町を半円状に結ぶ。今回開通する泉郷道路は2006年度に着工した。事業費は約253億円。一部片側2車線で中央、泉郷、南長沼の3カ所にランプを整備した。

 泉郷道路の開通で連絡道路は新千歳空港と国道274号が直結し、全体の約7割に当たる58・1キロが完成する。札幌開建によると、開通後は新千歳空港から国道274号沿いにある道の駅マオイの丘公園(空知管内長沼町)までの所要時間が5分短縮される。同開建は「274号は道央圏と道東を結ぶ重要な物流ルート。新千歳空港と直結する意義は大きい」と話す。

 市内の企業立地数は年間5〜10件。市企業振興課は「道央圏へのアクセスがさらによくなることをPRしていきたい」と道路開通でさらなる増加に期待する。観光関係者も道路の活用に前向きだ。千歳を拠点に観光バスなどを運行する千歳相互観光バスは「1分でも時間短縮できることが重要。新たな観光資源発掘やルートの開発につながる」とする。

 一方で残りの区間の長沼南幌道路(14・6キロ)と中樹林道路(7・3キロ)は事業に着手しているが、用地取得や地盤改良などが残されており、全面開通の時期は示されていない。(三坂郁夫)

4650 荷主研究者 :2020/02/16(日) 15:26:31

https://www.daily-tohoku.news/archives/30421
2020/02/07 10:00 デーリー東北
天間林道路、22年開通見通し 八戸-青森間31分短縮

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200207daily01.JPG

 国土交通省は6日、国直轄で整備している上北自動車道(23・8キロ)3区間のうち、完成時期が未定だった天間林道路(七戸町、8・3キロ)が2022年内に開通する見通しになったと発表した。上北道路(六戸町-東北町、7・7キロ)は13年3月、上北天間林道路(東北町-七戸町、7・8キロ)は19年3月に開通済み。天間林道路の開通によって八戸、青森両市の主要区間が高規格道路や有料道路などの高速性に優れた幹線道で結ばれ、交流人口の拡大をはじめ物流や観光の活性化、医療体制の充実といった波及効果が期待される。

 国交省青森河川国道事務所によると、天間林道路の西側の終点は国道4号と交差する地点で、みちのく有料道路へ直進できるように整備する。

 天間林道路の開通で、八戸市庁-青森市役所間の最短所要時間は1時間32分となり、上北自動車道全体の整備前に比べて約31分短縮される。

 天間林道路の整備費は軟弱地盤への対応費が当初見込みより多く必要になったことから、340億円に増える見通し。上北道路は245億円、上北天間林道路は269億円、3区間合計は854億円に上る。

 このほか、青森市側からみちのく有料道路を進んだ際、国道4号と交差した先に延びている町道石沢・後平線は現地点より北側に付け替える。

 今回の発表を受け、三村申吾知事は「青森-八戸間の高速交通ネットワークはもとより、下北半島縦貫道路や復興道路などとの連結により、緊急時の防災ネットワークや地域間連携の強化、観光振興などへの効果の発現が大いに期待できる」とコメント。七戸町の小又勉町長は「長年の悲願がやっと達成される。物流や高度医療をはじめ、交流人口が増えることを期待したい」と喜んだ。

4651 荷主研究者 :2020/02/16(日) 15:27:41

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202002/20200207_73015.html
2020年02月07日金曜日 河北新報
日沿道 26年度に全線開通 観光振興など期待

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200207kahoku01.JPG

 東北地方整備局は6日、日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の鶴岡市から秋田県小坂町までの約230キロが2026年度に全線開通する見通しだと発表した。東北中央自動車道は相馬市から新庄市までの約200キロが22年度に結ばれる。

 日沿道では、酒田みなと(酒田市)-遊佐比子インターチェンジ(IC、山形県遊佐町)間が20年内に開通見通し。遊佐比子-遊佐鳥海IC(同町)、小繋(能代市)-今泉IC(北秋田市)の両区間は23年度、にかほ市の小砂川-象潟IC間は25年度の見込み。

 26年度に遊佐鳥海-小砂川IC間が開通すれば、鶴岡市のあつみ温泉ICから小坂町の小坂ジャンクション(JCT)までの東北で計画される日沿道が全てつながる。

 東北中央道は、伊達市の国道4号IC-桑折JCT(福島県桑折町)間が20年夏、霊山(伊達市)-国道4号IC間が20年度末に開通予定。東根北(東根市)-大石田村山IC(村山市)間は22年内、新庄市の新庄北-昭和IC間が22年度を見込む。

 新庄市以北では、昭和-金山IC(山形県金山町)間、湯沢市の下院内-雄勝こまちIC間がともに25年度に開通する。

 整備局の担当者は「企業誘致など地域経済の活性化や観光振興、救急医療の強化などが期待される」と話す。

4652 荷主研究者 :2020/02/16(日) 15:29:26

https://www.yamagata-np.jp/news/202002/07/kj_2020020700135.php
2020年02月07日 08:45 山形新聞
新庄金山以南、25年度までに全線開通 東北中央道、県内高速道など整備見通し

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/img_2020020700139.gif

 東北地方整備局は6日、管内の道路整備事業の開通見通しを公表した。本県では東北中央自動車道について、新庄金山道路以南の整備中区間が2025年度までに全線開通する見込みとなった。日本海東北自動車道は酒田みなと以北が順次開通し、26年度をめどに秋田県境部分もつながる。これにより県内の高速道路整備率は90%に上昇することとなり、“横軸”の地域高規格道路も部分開通する予定で、本県の道路環境の整備は大きく前進する。

 東北中央道は、東根北―大石田村山(13.4キロ)が22年内に、泉田道路(新庄北―昭和、8.2キロ)が22年度に、新庄金山道路(昭和―金山、5.8キロ)が25年度にそれぞれ開通する見通しとなった。この結果、金山町から南が25年度までに高速道路で首都圏と結ばれることになる。

 日東道に関しては、酒田みなと―遊佐比子(5.5キロ)が当初の20年度開通予定から「20年内」に変更された。以降、遊佐比子―遊佐鳥海(6.5キロ)は23年度に、秋田県とまたがる区間の遊佐鳥海―小砂川(こさがわ)(10.6キロ)は26年度に供用開始となる予定で、鶴岡市から秋田県まで高速道路での移動が可能となる。

 地域高規格道路は、新庄酒田道路の一部を構成する国道47号新庄古口道路(新庄市―戸沢村、6キロ)が22年度、高屋道路(戸沢村、3.4キロ)が24年度にそれぞれ開通。新潟山形南部連絡道路の梨郷道路(長井市―南陽市、7.2キロ)は23年度に完成する。

 今回開通見通しが示された区間は全て無料区間となり、用地買収などの進捗(しんちょく)状況によって開通時期は変わる場合もある。高速道路の整備により地域産業の活性化や観光振興が期待され、吉村美栄子知事は「今後とも『やまがた創生』の基盤となる高速道路、地域高規格道路ネットワークが早期に完成するよう、しっかりと取り組んでいく」などとコメントを出した。

4653 荷主研究者 :2020/02/27(木) 21:34:00

https://this.kiji.is/599424271610741857?c=174761113988793844
2020/2/10 12:03 (JST)2/10 14:07 (JST)©株式会社長崎新聞社
整備進む西彼杵道路 時津工区 22年度供用開始予定

 長崎県は地域高規格道路「西彼杵道路」の時津工区(延長約3.4キロ)を時津町日並郷-野田郷間に建設中だ。国道206号のバイパス的な役割が見込まれ、渋滞緩和につながると期待されている。

 県長崎振興局道路建設課によると、時津工区は片側1車線で、設計速度は時速60キロ。総工費は133億円。区間の約半分を占める久留里トンネル(仮称、約1.7キロ)は昨年貫通した。今後2カ所の高架橋を建設し、2022年度の供用開始を見込む。

 町中心部の国道は1日に約4万4千台が通行している。時津工区は1日に1万3千台の交通量を計画。同課は「抜け道になっている生活道路に入り込む車は減るだろう」と予測する。

 混雑対策として、時津工区に接続する国道の交差点に右折帯を設ける。野田郷に整備予定の時津インターチェンジ(IC、仮称)に近く、川平有料道路と接続する要衝の井手園交差点は、左折専用レーンも整備する。国道沿いに商業施設が立ち並ぶ場所に近い日並交差点にも右折帯を設ける。

 ただ、地元自治会長の一人は「利便性が増すのはいいが、井手園交差点はさらに車が増えはしないか」と渋滞緩和への疑問も口にする。

 井手園交差点を通らず、時津ICと長崎を直接結ぶ地域高規格道路「長崎南北幹線道路」も計画されており、現在ルート選定が進められている段階だ。

4654 荷主研究者 :2020/02/27(木) 21:59:25

https://this.kiji.is/600502393318261857?c=174761113988793844
2020/2/13 11:05 (JST)長崎新聞社
有明-瑞穂間、事業化を 島原道路、県など国交省に要望

島原道路の建設促進を和田政務官(右から4人目)に要望する中村知事ら=国交省

 長崎県と島原半島3市、諫早市は12日、国土交通省などに、地域高規格道路「島原道路」で未着手となっている島原市有明町-雲仙市瑞穂町間約10キロの新年度の新規事業化を要望した。

 諫早-南島原間の全長約50キロで計画されている島原道路は国と県が分担し、整備を進めているが供用しているのは約17キロ。有明-瑞穂間は島原半島で唯一の未着手区間で、環境アセスの手続きを終えて新規事業化への準備を進めてきた。

 中村法道知事と古川隆三郎島原市長、金澤秀三郎雲仙市長、松本政博南島原市長、宮本明雄諫早市長がそろって上京し、同省で和田政宗政務官らに面会。金子原二郎参院議員や加藤寛治衆院議員が同席し「地元に必要な道路」と訴えた。

 和田政務官は「要望をしっかり受け止め、事業化に努力する」と応じた。

4655 荷主研究者 :2020/02/27(木) 22:01:21

https://this.kiji.is/600461626890798177?c=92619697908483575
2020/2/13 08:00 (JST)熊本日日新聞社
宇土-三角間整備に3ルート案 熊本天草幹線道路

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200213kumamoto01.JPG

 九州地方整備局は12日、熊本市と天草市を結ぶ「熊本天草幹線道路」の、宇土市-宇城市三角町区間の整備ルート3案を公表した。既存の国道57号の改良案(設計速度時速60キロ)と、自動車専用道路(同時速80キロ)を新設する2案で、有識者や地元の意見を参考に絞り込む。ルート案の確定や着工の見通しは「未定」としている。

 国道57号改良案は現道の4車線化を軸とし、世界文化遺産の三角西港付近は避けるよう山側にルートを変える。距離は約13キロで、事業費は800億〜850億円。

 自動車専用道路は宇土半島の中央と南側を通る2案。山間部を抜ける中央ルート案は最短の約12キロで、トンネル掘削や橋の建設などで事業費は850億〜900億円かかる。南側ルート案は約13キロで事業費は700億〜750億円。中央案より距離は長いが、国道266号とのアクセスが良く、中間インターチェンジの設置も想定する。

 熊本天草幹線道路は全長約70キロ。三角大矢野道路や松島有料道路など計約17キロが開通している。九州地方整備局は2019年5月、同区間を事業化の前段階となる「計画段階評価」の手続きに入っていた。(宮崎達也)

4656 荷主研究者 :2020/02/27(木) 22:22:47

https://www.sakigake.jp/news/article/20200215AK0012/
2020年2月15日 12時2分 秋田魁新報
ニュースの「つぼ」:高速道路の二つの名前

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200215akita01.JPG
県内高速道路の名称

 「日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の早期整備を」―。こんな看板は見られなくなるのだろう。今月6日、国土交通省東北地方整備局は、県内の高速道路が2026年度までにおおむね全線開通する見通しとなったと発表した。一方、冒頭の看板があるにかほ市の開通済み区間の標識は「日本海東北自動車道(日東道)」と名称が異なる。どういうことなのか―。

 高速道路には正式名称と通称の両方が存在する。正式名称は、何という名前の高速道路をどこに通すかを定める「国土開発幹線自動車道建設法」に示されたもの。各路線はこの法律に基づいて建設され、工事中には正式名称が使われる。

 ただ、正式名称は長くて分かりにくいため、開通直前に通称が付けられる。通称は道路を管理する国や高速道路会社のほか、自治体、警察などが開通直前に話し合って決め、標識や地図に使われる。

 県内で「秋田自動車道(秋田道)」と案内されている区間でも、秋田市の河辺ジャンクション(JCT)から北の区間は日沿道、南は「東北横断自動車道釜石秋田線」が正式名称。日東道は正式には日沿道だ。正式名称は開通後、一般の人が目にする機会はない。

 開通の前に使うか後に使うかが、二つの名前の違い。日沿道の未開通区間の通称は、県北部が秋田道、県央部は日東道となる見込みだ。

 名称の行方が気になる路線がある。県南部の「湯沢横手道路」と「院内道路」。これらは「東北中央自動車道(東北中央道)」の一部として建設され、将来的に山形、福島両県とつながる。ただ、両県の開通済み区間は、一部を除き正式名称も通称も東北中央道だ。

 なぜ本県区間だけ通称が違うのか。同整備局は「国道13号のバイパスとしての機能が分かりやすい通称にした。全線開通した際には東北中央道に統一するかもしれないが、まだ何も決まっていない」としている。

 高速道路には近年、国道と同様の路線番号が記されている。国交省は17年、インバウンド(訪日外国人客)にも分かりやすいよう、高速道路を指す英語「Expressway」の頭文字と、並行する主要な国道番号の組み合わせた路線番号を付けた。

 県内では秋田道のうち、河辺JCTから北は「E7」、南は「E46」。日東道は「E7」、湯沢横手道路と院内道路は「E13」だ。路線番号付きの標識は年々増えてきている。

 高速道路もいつかは、国道のように番号で呼ばれる日が来るのだろうか。まずは未開通区間が完成し、道路が十分に活用されることを願う。

4657 とはずがたり :2020/03/03(火) 16:25:46
高速道路 2020年春の開通ラッシュ! 新東名 首都高 阪神高速…「日本最東端の高速」も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200303-00010000-norimono-bus_all&p=1
3/3(火) 6:09配信乗りものニュース

 2020年2月から3月にかけ、全国で多くの道路が開通します。その主なものについて、開通順に見ていきます。
三陸道 気仙沼中央IC〜気仙沼港IC(宮城県気仙沼市)
・開通日時:2020年2月24日(月)15時30分
・延長:1.7km

 東日本大震災の復興事業である、仙台市から青森県八戸市までを結ぶ「三陸沿岸道路」のうちの1区間です。宮城県内はこの区間のほか、あと2区間が建設中ですが、それも2020年度内には開通する見込みです。

 今回の開通区間は気仙沼市街の津波浸水域よりも高い位置を通り、気仙沼港ICは大川河口の水産加工団地に直結しています。国土交通省 仙台河川国道事務所や宮城県、気仙沼市は、物流の効率化による地域の振興を支援するものとしています。

八戸久慈道 久慈北IC〜侍浜IC(岩手県久慈市)
・開通日時:2020年3月1日(日)15時
・延長:7.4km

 気仙沼中央IC〜気仙沼港IC間と同じく、「三陸沿岸道路」の1区間です。岩手県内の未開通区間も2020年度末までにはすべて開通し、仙台市から八戸市まで1本につながる見込みです。

 今回の開通区間に並行する国道45号は、内陸部の急カーブや急勾配が多い区間で、事故や通行規制も多発しているとのこと。国土交通省 三陸国道事務所や岩手県、久慈市によると、今回の開通で道路の信頼性が向上し、地域産業の活性化や、救急医療活動の安定化などが見込まれるとのことです。

新東名高速 伊勢原JCT〜伊勢原大山IC(神奈川県伊勢原市)
・開通日時:2020年3月7日(土)15時
・延長:2km

 東名と接続する伊勢原JCTから、さらに1区間、御殿場方面へ延伸します。新設の伊勢原大山ICは、伊勢原市の観光地である大山阿夫利神社などに近く、NEXCO中日本によると、大山と東京都心のあいだの所要時間は、伊勢原大山ICの開通により22分短縮されるそうです。

 なお、以前は伊勢原大山ICから御殿場JCTまでが2019年度に開通予定とされていましたが、現在は、秦野IC〜御殿場IC間(26km)が2023年度、御殿場IC〜御殿場JCT間(7km)が2020年度に改められています。

東海環状道 関広見IC〜山県IC(岐阜県関市〜山県市)
・開通日時:2020年3月20日(金)15時
・延長:9km

 愛知・岐阜・三重3県を環状に連絡する東海環状道の一部で、東海北陸道に接続する美濃関JCTより西に1区間の関広見ICから、さらに延伸する形です。今回開通する区間の途中には岐阜三輪スマートIC(岐阜市)も設けられます。

 岐阜県山県市は、山県ICの近くにバスターミナルを整備中です。これにより山県ICから東海北陸道経由で名古屋まで直通する高速バスを走らせれば、山県市は「名古屋まで1時間圏内」になるそうです。ただし運行バス事業者などは具体的に決まっていません。

 なお、山県ICから西へ、大野神戸ICまでの区間は、2024年度開通の見通しです。この区間が開通することで、東海環状道は豊田東JCTから名神高速へ接続する養老JCTまでが1本につながります。整備の進捗を受け、国土交通省では2020年2月に、東海環状道の開通を前提とした中京圏全体の新たな高速道路料金案も取りまとめています。

根室道路 温根沼(おんねとう)IC〜根室IC(北海道根室市)
・開通日時:2020年3月22日(日)14時
・延長:7.1km

4658 とはずがたり :2020/03/03(火) 16:26:02
>>4657
 北海道の根室エリアで初めて開通する高速道路(高規格幹線道路)であり、「日本最東端の高速道路」でもあります。道東道から延伸する形で釧路市から根室市に至る高速道路の計画がありますが、そのなかでも今回の開通区間が最も東に位置しています。

 国土交通省北海道開発局 釧路開発建設部によると、今回の区間は、地吹雪などによる交通障害を緩和し、救急搬送の確実性を向上させるほか、「根室産生さんま」の安定的出荷や観光活性化の支援に寄与するとのこと。また、隣接する北方領土との交流の玄関口となる道路としています。

高速道路 2020年春の開通ラッシュ! 新東名 首都高 阪神高速…「日本最東端の高速」も

首都高K7横浜北西線 横浜港北JCT〜横浜青葉JCT(横浜市港北区〜青葉区)
・開通日時:2020年3月22日(日)16時
・延長:7.1km

 2017年に開通した首都高K7横浜北線、および第三京浜が接続する横浜港北JCTから、東名高速に接続する横浜青葉JCTまでを結ぶ首都高の新線です。横浜市街地・横浜港方面と東名を直結する新ルートが形成され、現時点でこの役割を実質1本で担っている保土ヶ谷バイパスの渋滞緩和などが見込まれています。

 横浜港から東名までの所要時間は現在、保土ヶ谷バイパス経由で40分から60分ほどかかっているところ、北西線・北線経由で約20分まで短縮される見込みです。なお、北西線と東名を連続利用した場合に限り、普通車、ETC利用で1320円となっている首都高の上限料金が、最大1800円まで引き上げられます。

深川留萌道 留萌大和田IC〜留萌IC(北海道留萌市)
・開通日時:2020年3月28日(土)15時
・延長:4.1km

 道央道の深川JCT(北海道深川市)から北西に伸びる深川留萌道、その最後の延伸区間です。今回の開通により、約50kmの計画区間すべてが開通します。北海道で計画されている高規格幹線道路で全線開通を迎えるのは、この深川留萌道が初めてです。

 留萌市から深川市までの所要時間は、深川留萌道の整備前と全線開通後とを比べると約20分、旭川市までは約30分短縮されるそうです。留萌開発建設部は深川留萌道の開通効果として、海産物輸送の速達性や定時性の向上、沿線地域から旭川市内に位置する高次医療施設までの搬送時間短縮などを挙げます。

高速道路 2020年春の開通ラッシュ! 新東名 首都高 阪神高速…「日本最東端の高速」も
阪神高速大和川線は大部分がトンネル。写真は2019年1月時点(画像:阪神高速道路)。
阪神高速6号大和川線 鉄砲〜三宅西(大阪府堺市〜松原市)
・開通日時:2020年3月29日(日)16時
・延長:7.7km

 大和川線は堺市と松原市を東西に結ぶ路線で、今回の開通により三宝JCT〜三宅JCT間9.7kmの全線が完成します。大部分がトンネルになっている今回の開通区間には、新たに常磐出入口、天美出入口などが新設されます。

 大和川線は、阪神高速湾岸線や14号松原線、近畿道などとともに、大阪市の近郊を取り囲む環状道路「大阪都市再生道路」の一部を構成します。阪神高速のネットワークは1号環状線から各方面へ放射状に延びており、そうした路線どうしを行き来する場合、これまでは大阪都心部の環状線を経由する必要がありましたが、大和川線の開通で、都心部の迂回ルートが形成されます。

 これにより大きく変わる地域のひとつが、奈良県の西名阪道沿線です。西名阪道から神戸方面へ向かう場合、これまでは大阪都心部経由、もしくは近畿道を北上して名神などを経由する必要がありましたが、大和川線経由で都心部を通ることなく大阪湾沿いに向かうことが可能になります。阪神高速道路によると、奈良県内の製造業が集中する西名阪道の沿線地域と阪神港のアクセスが向上し、物流の効率化も期待されるそうです。

※ ※ ※

 ちなみに、2月から3月にかけては全国の高速道路でICの新設や、4車線化などの改良工事、また一般道バイパスの開通も相次ぎます。

乗りものニュース編集部

4659 荷主研究者 :2020/03/14(土) 19:59:04
>>4646
https://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20200221/CK2020022102000016.html
2020年2月21日 中日新聞
県、西ルートで整備決定 松糸道路の大町市街地区間

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/PK2020022002100315_size0.jpg

 松本市と新潟県糸魚川市間に県が整備する松本糸魚川連絡道路(松糸道路)の大町市街地区間について、県は「西ルート」で整備することを決めた。県大町建設事務所が二十日、市議会全員協議会で発表した。「東」「中央」を含む三つの案のうち、事業費が安くて最も早い完成が見込まれ、災害にも強いといった点から、西ルートが最適と判断した。

 松糸道路は信号機をほとんど設けない地域高規格道路で、大町市街地区間は同市常盤の上市北交差点付近から同市平の木崎湖入口交差点付近までの約十キロ。三つの案はそれぞれ幅一〜二キロの「ルート帯」で比較した。

 西ルート帯は国道147号の高瀬上橋より北で高瀬川を渡り、市街地の西側を通る。事業費は二百二十億〜二百七十億円で、東の三百十億〜四百十億円、中央の四百五十億〜五百億円よりも安く、費用が最少のため最も早く造れる。さらに、大規模な陸橋などが不要のため国道やJR大糸線への影響が少ない。土砂災害や浸水などの被害を受けにくく、被災時の復旧も比較的しやすいと評価した。

 県はこうした比較評価について、昨年十一月から説明会を七回開催。住民の意見を聞いた結果、「評価を修正しなければいけない点はなかった」と結論付け、西ルート帯を選んだ。

 今後は二〇二〇年度から二年間かけ、西ルート帯の中で複数案を出し、幅を百〜二百メートルまで絞り込む。

 松糸道路は全体で約百キロで、完成すると松本インターチェンジ(IC)-糸魚川IC間が現在の百四十分から百分に短縮。大町市街地区間は十六分から十分になる。高瀬川の右岸道路など既存道路も使う。安曇野市内でも新設区間のルート案の選定が進んでいるほか、県は二〇年度以降、白馬村中心部や小谷村の役場周辺もバイパス化を含めて調査する。

 (日下部弘太)

4660 荷主研究者 :2020/03/14(土) 20:40:16
>>4596
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/396997?rct=n_hokkaido
2020年02/27 05:00 北海道新聞
札幌都心アクセス道、地下案が「妥当」 諮問機関27日答申

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200227hokkaido01.JPG

 札幌市中心部と札樽道を結ぶ「都心アクセス道路」の妥当性を評価する国土交通省の諮問機関が、整備4案のうちトンネル主体の地下案を妥当と答申する見通しであることが26日、分かった。国交省は、答申を受け、本年度内に地下案で正式決定する。

 諮問機関は国交省の北海道地方小委員会で、27日に札幌市内で開く会合で答申を行う。地下案を妥当としたのは、競合する高架案を採用した場合は排ガスや騒音による環境悪化が懸念されると考えたためとみられる。事業費の2割を負担する札幌市も、市民から高架化による景観悪化や日照への配慮を求める意見が寄せられたため地下案を支持している。

 アクセス道路は、札幌北インターチェンジ付近と都心を結ぶ約4キロの自動車道。開発局は《1》地下案《2》高架案《3》高架と地下の混合案《4》交差点改良案―の4案を提示していた。事業費は、地下案と高架案が1千億〜1200億円、上下混合案が850億〜1050億円、交差点改良案が85億〜170億円。正式決定後は札幌市による都市計画変更手続きや開発局の環境影響評価を経て、国交省がさらに費用対効果などを分析する。(袖山香織)

4661 とはずがたり :2020/03/26(木) 19:05:34

金谷御前崎連絡道http://tohazugatali.iza-yoi.net/shin-tomei/omaezaki/R473-00.htmlであるが,本日,東海道本線牧之原トンネル旧上り線(廃隧道)の神戸側坑口を見に行こうと佐夜の中山を通り抜けてR1菊川ICを潜った途端,巨大な道路工事現場に突入して立ち往生した。

なんともう此処迄倉沢ICから延びてきていて殆ど完成(ウソ,あと数年)してるではないか!

県の資料はこれ。完成年度は平成30年代前半とある。やはり後2,3年,遅くとも5年位で出来る筈である。
http://doboku.pref.shizuoka.jp/desaki2/shimada/shuyou_jigyou/H30/181130%20%201-1%E3%80%90R473%E5%8F%B7%E9%87%91%E8%B0%B7%E7%9B%B8%E8%89%AF%E2%85%A1%EF%BC%9A%E9%81%93%E8%B7%AF%E6%94%B9%E8%89%AF%E3%80%91%E5%B3%B6%E7%94%B0%E5%B8%82%E8%8F%8A%E5%B7%9D%EF%BD%9E%E8%8F%8A%E5%B7%9D%E5%B8%82%E5%80%89%E6%B2%A2.pdf

R1BPのレベルに対して,御前崎連絡道のレベルはだいぶ低い所にあって,直ぐ傍で新東名や新名神かと見紛う超高架で谷を一跨ぎ(上の資料3号橋)のに随分急に下がってしかもR1BPの下に潜ってしまうのは平面処理とせざる得ない感じでちと納得いかないけど,そこは大丈夫,恐らく立体交叉用の函渠が既に設置済みである(と解りにくい画像だけど信じる。)

恐らく3号橋
http://tohazugatali.iza-yoi.net/shin-tomei/omaezaki/IMG_20200326_135716s.jpg

菊川IC付近…正面の道路の暗い部分
http://tohazugatali.iza-yoi.net/shin-tomei/omaezaki/IMG_20200326_135559s.jpg

4662 とはずがたり :2020/03/26(木) 19:27:57
因みに日坂BPと掛川BPの境界にある八坂ICであるが4車線の橋桁に変わっていた。
ここは2車線だった様な気がするんだけど。
八坂ICの西側に一寸工事してる様な気配もあったけど区間として4車線化工事がされてる感じでは無い。。

4663 とはずがたり :2020/03/26(木) 19:32:34
更には沢田ICから大池ICに掛けてもこちらは明白に4車線化工事をしているけど,工事してるのは此処https://map.goo.ne.jp/map/latlon/E137.59.1.688N34.46.15.611/zoom/8/迄っぽい。

4664 とはずがたり :2020/03/26(木) 19:37:52
因みに本日島田藤枝BPは大渋滞。特に東行きが酷かった。

特に4車線化工事が進んでる感じもないのだがどないなっとんねん。。未だ設計中か。。

国道1号藤枝BP4車線化 新トンネル6本、上下線分離へ
https://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/627282.html
(2019/4/26 07:18)

 国土交通省静岡国道事務所は25日、本年度着手する国道1号藤枝バイパス(BP)の4車線化工事で、現在、同BPの広幡―野田インターチェンジ(IC)間10・7キロ区間に6本あるトンネルとは別に、新たなトンネルを6本掘り、並行するルートを整備して上下線を分ける計画を明らかにした。同省は既に、用地をおおむね取得済みで、詳細設計を行う上で不足分を買い足す方針。
 4車線化の事業費は約300億円を見込む。国は本年度予算に前年度の倍になる5億4千万円を計上した。新たなトンネルの詳細設計をはじめ、用地買収に向けた測量や用地調査を行う。
 現在のトンネル6本は藤枝市内の潮(0・3キロ)、時ケ谷(0・4キロ)、原(0・7キロ)、谷稲葉(1・4キロ)の4トンネルと島田市の東光寺(0・3キロ)、波田(同)の両トンネル。
 同BPは藤枝市の内谷ICから島田市の野田ICまでの11・6キロで、2005年に無料化された。内谷―広幡両IC間の0・9キロは12年4月に4車線化が完了し、残る区間は暫定2車線で供用された。4車線化は16年4月に事業化された。

国道1号島田金谷バイパス4車化の概要
https://www.cbr.mlit.go.jp/hamamatsu/road/route1/route1_01.html

4665 とはずがたり :2020/03/26(木) 19:43:25
これもそんなになんかされてる感じでもなかった。一部なんかしてる箇所もあったがなんか電灯交換してる感じだったし拡幅工事って感じでは無いな。。

新東名6車線 整備工事、4月着手 静岡県内
https://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/617009.html?news=627282
(2019/3/30 07:16)

 中日本高速道路は29日、新東名高速道の御殿場ジャンクション(JCT)―浜松いなさJCTの約145キロ区間で実施する暫定4車線(片側2車線)から6車線(同3車線)への整備工事を4月に着手すると発表した。2020年度から順次、供用を開始する。
 県内区間のうち、現在6車線で運用しているのはインターチェンジやパーキングエリアの付近を中心に約55キロ。残る区間で6車線化を進め、物流の効率化や交通の円滑化、事故防止につなげる。
 工事予定や交通規制情報などは、中日本高速道路の専用ウェブサイトに随時掲載するという。

4666 とはずがたり :2020/03/26(木) 19:45:34
特に島田金谷BPなんかもう8年もやってるのに新大井川橋一つ完成せえへん。。

2012/01/27
【静岡】島田金谷BPが新規事業箇所に―240億円を想定
http://www.senmonshi.com/archive/02/0291SIWh01U79O.asp

 国土交通省の社会資本整備審議会道路分科会事業評価部会は24日、一般国道1号島田金谷バイパス(静岡県)や、一般国道55号(阿南安芸自動車道)安芸道路(高知県)など直轄道路8事業の新規事業採択時評価結果を了承した。今後、2012年度政府予算案の審議を経て、3月末に作成する実施計画で新規事業箇所として正式決定する。
 国道1号島田金谷バイパスは、暫定2車線の道路を4車線化する事業。構造物として大井川を跨ぐ橋梁やトンネル3カ所を整備し、総事業費に約240億円を見込んでいる。
 島田金谷バイパスは、島田市野田と掛川市佐夜鹿を結ぶ延長10・4㌔の国道1号バイパス。1971年度以降、段階的に供用を開始し、1980年に全線を暫定2車線で開通した。
 4車線化に当たり、国土交通省は、①掛川市側の菊川インターチェンジ付近から大井川手前の大代IC付近まで、上り線だけを北側に別ルートで拡幅し、大代IC〜野田IC間を現道に沿って拡幅する案(事業費約265億円)②全線を現道に沿って拡幅する(事業費約240億円)―という二つの案を検討。損失時間の低減や所要時間の短縮などの事業効果がほぼ同じだったため、現道に沿った拡幅を「妥当な案」とした。
 ②の拡幅案では、現在の2車線の幅員(土工部が8・5㍍、橋梁部が8・75㍍、トンネル部が9・5㍍)を、同じ形で広げることを計画(=図参照)。構造物として、延長534㍍、207㍍、220㍍の3カ所のトンネルと、大井川を跨ぐ延長890㍍の橋梁やトンネル前後の高架部などを整備する。
 今回の新規事業採択時評価は、高規格幹線道路以外で全体事業費が250億円未満の事業を対象に実施。選定に当たり、大都市やブロック中心都市でのボトルネック対策や、地域の耐災性を高めるネットワーク確保に役立つ事業のうち、渋滞発生状況や災害危険性が高い箇所を絞り込んだ上で、事業実施環境などが整っているものを選んだ。2012年度の新規採択が決まれば、同省が地元との協議や調査業務などを開始する。
(2012/1/27)

4667 とはずがたり :2020/03/26(木) 23:59:46
静清BP清水立体
http://www.cbr.mlit.go.jp/shizukoku/torikumi/seishin_shimizu/pdf/leaflet.pdf

新幹線の高架から横砂北交叉点への対処が気になっていた(まさかの平面処理1箇所残存で禍根を残していくスタイル?!)だったが,交叉点を大胆に北側にずらして高架への登坂地点を新幹線の向こう側に置いて新幹線を跨ぐ高々架を避けつつ平面処理を回避している!!

流石に此処の開口部https://map.goo.ne.jp/map/latlon/E138.30.13.627N35.2.30.320/zoom/11/というか横砂東交叉点はなくすよねえ。。

4668 とはずがたり :2020/03/27(金) 18:58:01
>>4667
清水立体
清水ICとのアクセスは平面道路,高架道路両方から行ける設計のようだ。(見難いから違うかも知れないけど)
平面道路からだけかと思ってたけどなかなかに贅沢だな♪
http://www.cbr.mlit.go.jp/shizukoku/torikumi/seishin_shimizu/image.html

4669 荷主研究者 :2020/03/29(日) 13:25:13

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/398673?rct=n_hokkaido
2020年03/03 11:14 北海道新聞
帯広・広尾自動車道延伸 20年度事業化見送り 道開発予算

十勝港までの延伸に向けた2020年度の事業化が見送られた帯広・広尾自動車道=昨年7月(本社ヘリから)

 【広尾】帯広・広尾自動車道の十勝港への延伸に向けた事業化が、2020年度は見送られたことが分かった。周辺に生息する猛禽(もうきん)類の保全対策の検討にさらに時間がかかるため。十勝港への延伸は災害時の避難路に加え、生産地と結ぶ「物流の大動脈」としての役割への期待が大きい。地元関係者は今回の決定に落胆しつつ、引き続き要望を続けるとしている。

 国土交通省は2月28日、20年度予算に向けて「新規事業採択時評価」の手続きに着手する事業を発表したが、帯広・広尾道の延伸事業が盛り込まれなかった。国交省道路局は「営巣からどの程度ルートを離すのかなど、保全対策をしっかりと検討する必要がある」と見送りの理由を説明した。

 帯広・広尾道は現在、大樹町の忠類大樹インターチェンジ(IC)まで開通しており、16年度に忠類大樹IC―豊似IC(仮称、広尾町)間15・1キロの事業化が決定。しかし、豊似IC―十勝港の13キロは、環境調査で希少な猛禽類が営巣していることが判明。事業化は正式決定しておらず、十勝の行政・経済界が一丸となって、十勝港への延伸を国に要望し続けてきた。

 広尾町の村瀬優町長は「マチの物流、人の流れに大きく影響する。事業化の感触があっただけに見送りは残念だ」と話した。本年度計4回の中央要望を行った早期建設促進期成会の会長を務める米沢則寿帯広市長は「来年こそ事業化されるよう、熱意を伝えていく」と前を見る。

 町のまとめによると、十勝港の18年の取扱総量は145万トンで、10年前より3割増加。さらに30年度末の北海道新幹線の札幌延伸時を控え、貨物列車の見直しの議論も加速する中、海上輸送の強化を求める声もある。広尾町商工会の斉藤政明会長は「十勝で乳牛などの飼養頭数が増える中、アグリポート(農業港)としての十勝港の整備は必要だ」と強調した。

 十勝港への延伸については昨年6月、自民党の二階俊博幹事長が広尾町を視察し、「今年中に事業化を」と発言し、管内の期待が一気に高まっていた。(広田まさの、大能伸悟)

4670 荷主研究者 :2020/03/29(日) 13:28:48

https://www.iwate-np.co.jp/article/2020/3/6/74011
2020.03.06 岩手日報
宮古盛岡横断道に新バイパス 「田鎖蟇目道路」整備へ

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200306iwate01.JPG

 国土交通省は、宮古市と盛岡市を結ぶ宮古盛岡横断道路(約100キロ)の宮古市田鎖-蟇目(ひきめ)間で、新バイパス「田鎖蟇目道路」(延長7・2キロ)を整備する方向となった。2016年台風10号豪雨で並行する国道106号が被災し、内陸との交通がまひした経緯を踏まえ、防災力向上と住民の安心確保を図る。

 田鎖蟇目道路は閉伊川の南側に、片側1車線の自動車専用道路として整備する想定。今後、第三者委員会の意見を踏まえて正式決定する。20年度に予算化できれば測量や設計などの作業に入り、早ければ3〜4年後に着工。通常なら、事業着手から10〜15年後に開通のめどが立つ。

4671 荷主研究者 :2020/03/29(日) 13:36:15

https://www.minyu-net.com/news/news/FM20200308-466481.php
2020年03月08日 09時00分 福島民友新聞
常磐道・常磐双葉IC開通!赤羽国交相「全線4車線化を約束」

テープカットで常磐双葉インターチェンジの開通を祝う安倍首相、内堀知事、伊沢町長ら=7日午前、双葉町

 東日本高速道路(ネクスコ東日本)と双葉町が、同町寺沢地区に整備した常磐道常磐双葉インターチェンジ(IC)が7日、開通した。記念式典で、赤羽一嘉国土交通相は「常磐道全線の実質4車線化が一日も早く実現できるよう全力を尽くすことを約束する」と明言、高速道路網の充実で復興の加速につなげる考えを示した。

 同ICは大熊―浪江IC間の中間に位置し、東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域に整備された。14日に営業再開を控えたJR双葉駅など、復興整備が進められる町の中心市街地から車で10分圏内にある。開通により一時帰宅する住民の利便性向上や緊急時の避難路の確保、中間貯蔵施設への除染土壌の効率的搬送などが期待される。

 伊沢史朗双葉町長はあいさつで「人々の交流を活発にし、企業の進出などを通じて町の復興に大きく寄与するものとなる」と述べた。安倍晋三首相は祝辞で「浜通りの皆さまの暮らしを支え、働く場、元気な経済をつくる基盤になる」と話し、震災と原発事故からの復興に向けては「政府として前面に立ち全力を尽くす」と誓った。

 浜通りを南北に貫く常磐道は、一部区間が2車線の対面通行で暫定的に運用されている。復旧・復興事業の影響で交通量が増加、渋滞緩和や交通安全対策が課題となっている。いわき中央―広野IC間と山元―岩沼IC間では、新年度の完成を目標に4車線化の整備が進められている。残る2車線区間のうち、国交省は昨年9月、4車線化の優先整備区間に浪江―山元IC間の対面通行区間を選んだが、広野―浪江IC間は含まれなかった。

 赤羽氏はこれまで、内堀雅雄知事ら地元からの全線4車線化の要望に、復興支援の観点から4車線化を前向きに検討するとの考えを示すにとどめていた。

4672 荷主研究者 :2020/03/29(日) 13:55:19

https://www.sakigake.jp/news/article/20200310AK0036/
2020年3月10日 秋田魁新報
横手IC―山内PA間が4車線に 秋田道、新たに7・7キロ

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200310akita01.JPG

 国土交通省は10日、2車線の対面通行で暫定供用している高速道路のうち、2020年度から新たに4車線化を進める候補として、秋田自動車道の横手インターチェンジ(IC)付近―山内パーキングエリア(PA)付近の約7・7キロを選んだと発表した。事業費は350億円。これにより、横手―湯田IC(岩手県西和賀町)の20・3キロのうち、9割以上の19・0キロが4車線化されることになる。

 全国で新たに着手する候補は、14道県の15区間(計約110キロ)。総事業費は7080億円で、財政投融資を活用する。土砂災害や事故発生の危険性などを考慮して選んだ。有識者会議の審議などを経て、今月中に正式決定する。

 秋田道の横手―湯田間では昨年3月、山内PAより東側の7・7キロが事業化されている。今回新たに候補となった区間には、横手トンネル(延長681メートル)と土渕トンネル(774メートル)があるが、周辺の山の変形によりトンネル壁面にひびが見られるなどし、早期の改修が必要という。

 国交省によると、トンネルを通行止めにして工事する場合は半年程度、全面通行止めにする必要がある。これを避けるため、現道に並行するトンネルを1本新設してから現トンネルを改修し、道路の4車線化工事に取りかかる。完成後、2本となるトンネルはそれぞれ2車線の一方通行となる。

 秋田道では横手―湯田を含む大曲IC―北上ジャンクション(JCT、岩手県北上市)の対面通行部分の42キロが、4車線化の優先整備区間になっている。県や周辺自治体でつくる期成同盟会などは、2車線のままでは速度低下や通行止めの頻度が高いとして4車線化を要望してきた。

 横手市には自動車関連の企業が集積しつつあり、自動車産業が盛んな岩手、宮城両県とのスムーズな物流の確保も課題となっている。

 佐竹敬久知事は今回の候補選定を受けて「(秋田道は)県の産業や観光の振興に欠かせない安定的な物流・観光ルート。引き続き、大曲―北上の早期事業化に向けて関係機関に働き掛ける」とコメントした。

4673 荷主研究者 :2020/03/29(日) 13:57:11

https://www.sanyonews.jp/article/992464?rct=m_seiji
2020年03月10日 21時19分 山陽新聞
蒜山ー江府IC間4車線化へ 国交省、20年度着手月内決定

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200310sanyo01.JPG

 国土交通省は10日、2車線の対面通行で暫定運用している高速道路のうち、2020年度から新たに4車線化に着手する候補地として米子自動車道蒜山インターチェンジ(IC)―江府IC間の4・7キロを盛り込んだと発表した。有識者会議の審議を経て、他の12道県にある14区間(計約105キロ)とともに今月中に正式決定する。

 蒜山IC―江府IC間(15・3キロ)は一部が既に4車線となっているほか、拡幅を進めている箇所もあり、対象はトンネル部分といった残りの対面通行区間となる。事業費は250億円で、財政投融資を活用する。完了時期は調査を踏まえて示す。

 米子道は延長66・5キロあり、これまでに落合ジャンクション(JCT)―蒜山IC間の33・6キロなどが4車線化されている。今回の区間が完成すれば、岡山県内の全区間を含む落合JCT―江府IC間が4車線となる。

 国交省は昨年9月、暫定2車線の高速道路について、渋滞や事故の頻度、通行止め時の代替経路の確保状況を基に全国122区間約880キロを優先的に4車線に広げる方針を決めた。この中に含まれる米子道の江府IC以北、岡山自動車道賀陽IC―有漢IC間は21年度以降に着手される見通し。対象全区間の4車線化は、10〜15年での完了を目指している。

4674 荷主研究者 :2020/03/29(日) 14:29:49

https://this.kiji.is/609956601793905761?c=174761113988793844
2020/3/10 13:00 (JST)3/10 17:43 (JST)updated 長崎新聞社
島原道路と諫早IC接続工事 工法変更で工費8000万円増

 長崎県は9日の県議会環境生活委員会で、地域高規格道路「島原道路」と長崎自動車道諫早インターチェンジ(IC)をつなぐ道路工事について、交通安全を目的に工法を変更した結果、工費が約8千万円増額したことを明らかにした。

 工事は県発注。工費の55%を国が補助する。島原道路からJR長崎線と国道34号をまたぎ、諫早ICに接続する約200メートルの橋を架設した。工事は既に完了し、小船越IC-諫早ICが22日に供用を開始する。

 県によると、国道34号をまたぐ橋(約60メートル)について当初は2日かけて夜間に架設する計画だったが、昼間に橋の下を通る車の安全を考慮し、一晩で終えるよう変更。6ブロックに分けて架ける予定だった橋梁を3ブロックにしたところ1ブロック当たりが大きくなり、リース料が高額な大型クレーンや特殊台車の導入が必要になった。

 県は工費増額による契約内容の変更を本議会に議案として提出。中村泰輔委員(改革21)が増額の理由を尋ね、県側が答えた。

 県は22日に諫早市内で予定していた開通式の中止も発表した。

4675 荷主研究者 :2020/03/29(日) 14:34:01

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/401200?rct=n_hokkaido
2020年03/11 05:00 北海道新聞
道東道の占冠―トマム4車線化 新年度に設計へ

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200311hokkaido01.JPG

 国土交通省は10日、2車線の対面通行となっている高速道路のうち、2020年度から4車線化を進める方針の全国15区間、約110キロを発表した。道内では上川管内占冠村の道東道占冠インターチェンジ(IC)―トマムIC間(約19・9キロ)が対象となった。全国の総事業費は計7080億円で、財政投融資を活用。近く有識者会議で対象区間を審議し、月内に正式決定する。

 道東道では既に、十勝清水IC(十勝管内清水町)―トマムIC間の一部約9・5キロで4車線化が進んでおり、このうち約3・1キロが完成している。占冠IC―トマムICでは、周辺に一般道が少ないため、災害時の代替ルートとして通行止めになりにくい4車線化を急ぐことにした。この区間の事業費は970億円。20年度は設計などを行う。着工、完成時期は未定。

 国交省は19年9月、2車線の対面通行で暫定運用している高速道路のうち、事故や渋滞への対応が特に必要として全国112区間約880キロを優先的に4車線化する計画を決めた。道内では11区間約136キロが対象。今後10〜15年間での完成を目指している。(山田崇史)

4676 荷主研究者 :2020/03/29(日) 14:51:29

https://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20200311/CK2020031102000036.html
2020年3月11日 中日新聞
国交省の4車線化候補に 東海北陸道、東海環状道の一部区間

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/PK2020031002100528_size0.jpg
http://tohazugatali.web.fc2.com/road/PK2020031002100529_size0.jpg

 国土交通省は十日、二〇二〇年度から新たに高速道路の四車線化を進める候補として、全国十四道県の十五区間を発表した。県内では東海北陸自動車道の白川郷インターチェンジ(IC)-五箇山IC間の約一〇・一キロと、東海環状自動車道の土岐ジャンクション(JCT)-可児御嵩IC間の約四・四キロが対象となった。

 東海北陸自動車道の事業費は八百二十億円、東海環状自動車道の事業費は三百四十億円。同省によると、災害や渋滞、事故の発生場所を総合的に考え、選定したという。

 東海北陸自動車道の全長百八十五キロのうち、飛騨清見IC以北は暫定二車線。富山県の五箇山IC-福光IC間の約九・五キロも、事業費八百億円で四車線化の候補区間となった。県内では、飛騨清見IC-白川郷IC間の約二十五キロが暫定二車線として残り、県は引き続き四車線化に向けた活動を続けていく。

 東海環状自動車道の東回りの全長七十六キロのうち土岐JCT-関広見IC間は暫定二車線となっている。

 古田肇知事は「両自動車道は広域観光などを推進する当県にとって極めて重要な道路であり、国交省をはじめ、関係者の皆さまのご尽力に感謝する」とコメントを出した。

 (藤原啓嗣)

4677 荷主研究者 :2020/03/29(日) 14:52:33

https://www.chunichi.co.jp/article/mie/20200311/CK2020031102000027.html
2020年3月11日 中日新聞
新年度に4車線化工事 国交省、紀勢道・大宮大台-紀勢大内山IC間

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/PK2020031002100507_size0.jpg

 国土交通省が十日、二車線の対面通行で暫定運用している全国の高速道路のうち、二〇二〇年度に四車線化工事に着手する区間を発表し、県内では紀勢自動車道の紀勢大内山インターチェンジ(IC、大紀町)-大宮大台IC(大台町)間が選ばれた。

 対象は同区間十キロのうちの六・二キロで、事業費は三百八十億円。県道路企画課によると、紀勢道はトンネルや橋りょう部分が多く、対面通行のままだと補修工事などの際に長期間の通行止めを余儀なくされるため、県が国などに対して早期着工を要望していた。

 国交省が昨年九月に発表した全国百二十二カ所、計八百八十キロの四車線化事業の第一弾。今後、管理する中日本高速道路と同省が事業許可に向けた手続きを進める。開通時期は未定という。

 鈴木英敬知事は「紀勢道は災害発生時に東紀州地域の救助やその後の復旧復興に重要で、選定は非常に意義深い」とのコメントを出した。

 (斎藤雄介)

4678 荷主研究者 :2020/03/29(日) 14:53:58

https://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20200311/CK2020031102000010.html
2020年3月11日 中日新聞
大飯高浜-小浜西、全体を4車線化へ 舞若道、国が事業化候補

 国土交通省は十日、舞鶴若狭自動車道の大飯高浜インターチェンジ(IC)-小浜西IC間(一一・五キロ)のうち三・六キロを四車線化整備の事業化候補に選んだ。同区間では昨年三月に七・八キロが四車線事業化され、今回の選定で区間全体で四車線化の工事が始まる見通しとなった。

 舞若道の県内区間約七〇キロは二〇一四年七月に暫定二車線で全線開通。国は昨年三月、舞鶴東IC-小浜西IC間(二四・五キロ)のうち計一一・九キロを初めて四車線化整備することを決めた。今回、大飯高浜IC-小浜西IC間は全体が四車線事業化されることがほぼ確定したが、県内区間で舞鶴東IC-大飯高浜IC(一三・〇キロ)の一部に未事業化の箇所がある。小浜西IC-敦賀ジャンクション(五〇・三キロ)は全く事業化されていない。

 暫定二車線の舞若道では土砂災害などで道路が寸断される可能性があり、国は防災の観点から四車線化が必要と判断したとみられる。二〇年度に向け国交省で事業化決定される見込み。今回分の事業費は二百億円とされる。

 (尾嶋隆宏)

4679 荷主研究者 :2020/03/29(日) 15:15:53

https://www.agara.co.jp/article/51664
2020年03月12日 14時30分 紀伊民報
印南―みなべ間が事業候補に 阪和自動車道4車線化

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200312kii01.JPG
4車線化が新規事業候補になった阪和道印南―みなべ間。区間内の一部では付加車線を設ける工事が進む(和歌山県みなべ町で、写真奥が印南方面)

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200312kii02.JPG
4車線化新規事業候補

 国土交通省は、2車線の対面通行で暫定運用している高速道路のうち、2020年度から新たに4車線化を進める候補として14道県の15区間(計110キロ)を発表した。和歌山県内では阪和自動車道の印南インターチェンジ(IC)―みなべIC間のうち約6・5キロが入った。専門家による部会で妥当と評価されれば、事業化が決まる。

 国交省は昨年9月、渋滞回数や代替性などを検討した上で、有料の対面通行区間(約1600キロ)のうち122区間の約880キロを優先整備区間に選定。財源を確保しながら順次、着工していく方針を打ち出していた。全体で10〜15年かけて完成を目指す。渋滞や事故を減らし、災害に伴う土砂崩れの際に通行止めを起こりにくくする狙いがある。

 今回の新規事業の候補は、全国で15区間の約110キロ。事業費は計約7080億円。阪和道では、みなべ―南紀田辺間も優先整備区間に入っているが、今回の候補からは漏れた。

 印南―みなべ間の延長は約11・6キロ。管理する西日本高速道路は、両IC付近で安全対策として付加車線を設ける工事を進めており、今回の6・5キロは、それらを除く延長になるという。国交省は6・5キロの4車線化事業費を約480億円としている。

 印南―みなべ間の4車線化が新規事業の候補になったことについて、県は「以前から4車線化を望んでいたところであり、その第一歩として捉えている」と話している。

 県内の阪和道は、大阪方面から有田ICまでは4車線。西日本高速道路は、有田―御坊間の湯浅御坊道路(19・4キロ)と阪和道の御坊―印南間(9・8キロ)で4車線化工事を進めている。

4680 荷主研究者 :2020/03/29(日) 15:28:57

https://www.saitama-np.co.jp/news/2020/03/14/09_.html
2020年3月14日(土)埼玉新聞
新大宮上尾道路、開通へ整備本格化 首都高、与野JCTから上尾まで延伸 10年かけての整備動きだす

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200314saitama01.jpg
新大宮上尾道路開通区間の状況

 新大宮上尾道路の有料道路事業の整備が具体的に動き出す。一部区間で2017年3月に有料道路事業許可を得たさいたま市中央区の首都高速道路・与野ジャンクション(JCT)から上尾市堤崎の上尾南インターチェンジ(IC)までの約8キロで、有料道路分の高架構造や一般道路部分の拡幅などの都市計画事業が13日、国などから承認された。これにより用地買収など、現場での具体的な作業が実施できるようになり、10年程度をかけての整備が動きだす。

 関東地方整備局大宮国道事務所(さいたま市北区)と首都高速(東京都)では、有料道路事業の許可を経て、共同で事業を進め、地質調査や道路設計などを行ってきた。同日、都市計画事業の承認を受けた。

 受けたのは主に高架構造の4車線の自動車専用道路についてと、一般道路の国道17号新大宮バイパスの与野JCT付近から国道16号と接続する宮前IC付近まで約5キロの道路拡幅となっている。4車線の高架構造は同JCTから同ICまでが幅員18・75メートル、同IC以北は20・50メートルで整備することになる。高架部分の色彩などは、景観検討会議で議論が進められている。

 道路拡幅は新大宮バイパスの両側に植樹帯を設置するのが目的。現状の幅は歩行者道含め36・5メートル。都市計画に関する法令では市街地での道路整備時に、環境に配慮し植樹帯を設けることになっている。そのため主に幅を6メートル増の42・5メートルとし、上下線両側に植樹帯を設ける。宮前IC以北は現状の57・0メートルで変更はない。

 今後、拡幅部分の用地買収に向け、沿線地域との協議が始まり、有料道路部分の整備が具体的に進捗(しんちょく)する。

4681 荷主研究者 :2020/03/29(日) 16:00:11

https://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20200318/CK2020031802000044.html
2020年3月18日 中日新聞
関広見-山県ICが20日開通 東海環状道

スマートICを併設した岐阜三輪PA。写真奥に岐阜ファミリーパークがある=岐阜国道事務所提供

 東海環状自動車道の関広見インターチェンジ(IC)-山県IC(延長9キロ)が20日午後3時に開通する。岐阜、山県両市では初めて高速道路のICができることになり、名古屋や関西方面などへのアクセスが向上。地元からは地域経済への効果を期待する声が上がる。

 東海環状道は総延長百五十三キロのうち、今回の開通によって七割の百九キロが通行可能となる。両IC間には岐阜三輪パーキングエリア(PA)が整備され、自動料金収受システム(ETC)搭載車専用の乗降口となるスマートICも併設される。

 近接する岐阜市の岐阜ファミリーパークには今月、東海三県で最長となる総延長百八十メートルのローラー滑り台も新設。年間六十万人の入り込み客を見込む。

 地域への効果が最も期待されるのが山県市だ。国土交通省岐阜国道事務所によると、市役所から関広見ICまで車で二十分の所要時間が、山県ICの開通で十分に短縮される。

 現在、市内の公共交通はバスのみ。市中心部から名古屋市までは、バスと電車を乗り継いで約八十分かかる。市は山県IC近辺にバスターミナルを建設中で二〇二一年度に完成予定だ。

 東海環状道を通る高速バスが運行すれば、名古屋・栄まで一時間圏内になり、通勤者が増えて定住も増えると期待される。全線開通を見据え、市内の工場用地に進出する企業も増加傾向にある。

 林宏優市長は「山県は駅も鉄道もない。ICができることで、山県の玄関口になる。工業、ものづくり、物流の拠点として大きな効果が期待できる」と開通を歓迎した。

 (安福晋一郎、藤矢大輝)

4682 荷主研究者 :2020/03/29(日) 16:12:04

https://this.kiji.is/612842674072274017?c=174761113988793844
2020/3/18 14:00 (JST)3/20 10:13 (JST)updated 長崎新聞社
長崎南北幹線道路、茂里町-大橋付近 「市民プール側」ルートに
選定委結論、県に提言へ

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20200318nagasaki01.JPG
ルート案の詳細

 長崎市と西彼時津町を結ぶ地域高規格道路「長崎南北幹線道路」(約16キロ)の未整備区間約7キロのルート選定委員会は17日、県庁で第3回会合を開き、大まかなルートを結論付けた。前回判断を先送りした茂里町-大橋付近については、長崎市民総合プール側を通るルートに決定した。今後県に提言し、県が詳細なルートを検討する。

 委員会は昨年9月の第1回会合で国道206号より西側を通る方針を決定。同11月の第2回会合で大橋付近-滑石付近は山側と住宅地の中間を通り、滑石付近-時津町野田郷は主にトンネルとする案を了承した。

 茂里町-大橋付近は松山町の長崎市民総合プール側を通る案と、浦上川を隔てて城山町側の市街地を通る案が示された。いずれも道路は高架橋。プール側案の事業費は約205億〜225億円と高額。市街地側案は約155億〜175億円と事業費は抑えられるが、多数の住宅の移転などの課題があった。

 第3回会合は冒頭を除き非公開。県都市政策課によると、事業費を精査しプール側案は約190億〜215億円に減額、市街地側案は約165億〜195億円に増額した。委員からは市街地側案の経済的優位性が小さいとする見方や、移転による住民の負担を懸念する意見があったという。地域や周囲の交通への影響などを考慮し、プール側案を最適と判断した。

 同委員会は早ければ年度内にも県宛てに意見書を提出する見通し。県は市民総合プールの利用者になるべく影響がないようにルートを検討するとしている。

4683 荷主研究者 :2020/03/29(日) 16:33:51

https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=624927&comment_sub_id=0&category_id=112
2020/3/21 中国新聞
やまなみ街道全通5年 陰陽の交流後押し

中国山地を南北に貫く中国やまなみ街道。手前は世羅IC=18日(撮影・藤井康正)

 尾道市と松江市を結ぶ中国やまなみ街道は22日、全線開通から5年を迎える。国と広島、島根両県が約3300億円を負担する新直轄方式で大半を整備した街道は、備後地方と中国山地、山陰地方のつながりを強くし、陰陽の交流拡大を後押ししている。

 2015年3月22日に尾道自動車道の世羅インターチェンジ(IC、広島県世羅町)―吉舎IC(三次市)間の20・4キロが開通し、陰陽を直結した。

 尾道道、松江自動車道の全線と、山陰自動車道の一部からなる街道は全長約137キロ。総事業費約4200億円をかけた。尾道北IC(尾道市)―三刀屋木次IC(雲南市)間の約103キロは無料で通行できる。国土交通省によると、15年度に調査した新規開通区間の1日当たりの通行量は、世羅IC―甲奴IC(三次市)は5304台、甲奴IC―吉舎ICは5674台だった。

 松江道を経由する陰陽連絡の高速バスは、広島市と松江、出雲、米子市を結ぶ路線が充実する一方、福山・尾道―松江・米子間の高速バスは16年10月以降、利用低迷を理由に運休している。備後地方から尾道道を経由する高速バスは現在、福山―三次間の1日2往復しかなく、松江道と尾道道で明暗が分かれている。(石川昌義)

4684 荷主研究者 :2020/03/29(日) 16:38:59

https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=624962&comment_sub_id=0&category_id=112
2020/3/21 中国新聞
湯田温泉スマートIC利用開始 山口

湯田温泉PA内に設置されたスマートICを通過する利用車(画像の一部を修整しています)

 山口市吉田の中国自動車道湯田温泉パーキングエリア(PA)で21日、簡易型インターチェンジ(スマートIC)の利用が始まった。市中心部への利便性が向上し、初日から利用する車両が相次いだ。県内初の設置となる。

 午後3時の開通を前に、10台以上が列をなした。市職員たちが拍手で見送る中、次々とレーンを通過していった。1日約1800台の利用を見込む。市道路河川建設課の八木正之課長は「湯田温泉などの観光地の活性化だけでなく、災害時の活動も容易になる」と力を込めた。

 湯田温泉PAは、中国道山口IC―小郡IC間にある。開通したスマートICは車長12メートル以下で自動料金収受システム(ETC)搭載の車両が24時間利用できる。同ICは、総事業費約35億円をかけて、2014年9月に着工した。(山下悟史)

4685 荷主研究者 :2020/03/29(日) 16:39:23

https://www.ehime-np.co.jp/article/news202003210032?utm_source=online_daily&utm_medium=referral&utm_campaign=ranking
2020年3月21日(土)愛媛新聞
ETC専用
松山道・中山スマートIC開通

21日に開通した中山スマートIC=午後3時10分ごろ、伊予市双海町上灘

 愛媛県伊予市双海町上灘の松山自動車道中山スマートインターチェンジ(IC)が21日、開通した。自動料金収受システム(ETC)専用で、松山方面にのみ行き来できる県内初のスマートIC。関心を持ったドライバーらが続々と乗り入れて便利さを確かめていた。

4686 荷主研究者 :2020/03/29(日) 16:44:04

https://www.kanaloco.jp/article/entry-306159.html
2020年03月22日 17:25 神奈川新聞
首都高速・横浜北西線が開通 東名〜横浜港・羽田を直結

 東名高速道路と第3京浜道路をつなぐ首都高速道路「横浜北西線」が22日午後、開通した。横浜港方面や羽田空港と東名高速が直結し、物流や観光の活性化が期待される。

開通したばかりの横浜北西線を通行する車両=22日午後4時10分ごろ、横浜市都筑区

 北西線は、東名高速の横浜青葉インターチェンジ(IC、横浜市青葉区)と、第3京浜の港北IC(同市都筑区)を結ぶ片側2車線の延長7・1キロ。うち4・1キロがトンネル部となる。

【ヨコハマ そら散歩】(12)青葉ジャンクション

 港北ICでは2017年に開通した首都高「横浜北線」(約8・2キロ)と接続。東名高速から横浜港までの所要時間は、保土ケ谷バイパス(BP)を経由した場合の40〜60分程度から20分程度に短縮し、アクセス性が改善した。

 慢性的に混雑している保土ケ谷BPや、港北ニュータウン地区など周辺にある市道の渋滞緩和も見込まれる。災害時は東名高速から市内への救援物資の輸送網や、災害拠点病院への救急搬送網が充実する。

 市によると、用地取得や工事が順調に進んだことで当初は22年だった開通予定を前倒しした。開通を前に予定していた記念イベントは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止された。

4687 荷主研究者 :2020/03/29(日) 16:55:03

https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=625135&comment_sub_id=0&category_id=112
2020/3/22 中国新聞
瑞穂―旭ICに防護柵 4月、浜田道センターライン

浜田道に設置されているワイヤロープ式の防護策(西日本高速道路中国支社提供)

 西日本高速道路中国支社(広島市安佐南区)は4月、浜田道(56・6キロ)の暫定2車線区間のうち、新たに瑞穂インターチェンジ(IC)―旭IC間(15・0キロ)で、ワイヤロープ式の防護柵をセンターラインに設置する。対向車線への飛び出し事故を防ぐ効果が確かめられているという。浜田道の島根県側では防護柵の設置がほぼ完了する。

 同支社によると、防護柵は旭IC―浜田ジャンクション(JCT)間(16・1キロ)は17年に設置した。瑞穂IC―千代田JCT間(24・2キロ)は現時点で設置は未定。また、支柱が安定しない橋の上などは設置が難しいとしている。

 工事のため、4月6〜24日(土日を除く)の午後8時〜翌午前6時に瑞穂IC―旭IC間の上下線を通行止めにする。同支社は県道50号などを通る迂回(うかい)路を案内している。

 浜田道では15年3月、浜田市金城町でトラックが対向車線にはみ出してマイクロバスと衝突、20人が死傷する事故が起きた。国土交通省は、全国の暫定2車線区間のうち防護柵のある22区間で、対向車線に飛び出す事故が17、18年度は計4件にとどまり、負傷者はなかったとの効果を公表。全国で設置を促している。(下高充生)


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

裸にいっぴん - 青山 裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板