したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

高速道路・地域高規格道路・自動車専用国道

1 とはずがたり :2003/11/28(金) 21:25
建設検討・工事情報

国土交通省 http://www.mlit.go.jp/
道路局 http://www.mlit.go.jp/road/index.html

4734 荷主研究者 :2020/11/02(月) 21:09:17
>>4733-4734 続き

■過度の規制 見直し必要 東大教授・大口敬さん

 道路には、その区間のカーブや勾配の大きさを考慮した「設計速度」が決まっています。設計速度が時速120キロなら、最も急なカーブでも120キロで安全に走れます。

 国内の高速道では現在、設計速度が120キロなのに、最高規制速度100キロという「過度の規制」がかかっている区間が多くあります。そのためドライバーの大半が時速100キロ超で走る違反が常態化している道路もあり、順法意識低下を招いています。そのため速度超過が増え、事故につながっている面があります。

 規制を機能させるには、道路構造にあった適切な規制速度に見直すことが必要です。構造上、120キロで走れる道路は120キロ規制にするなど、メリハリを付けて「守られる規制」をかけるべきです。

 規制速度引き上げで、事故が増えるとの指摘は当たりません。警察庁は2017年から新東名高速道と東北道の一部区間で引き上げを段階的に試し、試行の前後で死傷事故の件数などを比べています。新東名の上り線は、1年間の死傷事故が規制速度100キロで20件だったのに対し、120キロでも22件でした。下り線は試行前後で変わらず、東北道は上下線とも減少しました。死傷事故率(走行台数に対する死傷事故件数)もいずれも若干低下しました。

 試行では、規制速度を引き上げても、実際に車が走る実勢速度は変わらないことも分かりました。新東名の上り線の実勢速度は、試行前の時点で既に122・4キロで、規制速度を20キロ引き上げても123・4キロとほぼ同じ。つまり速い車と遅い車の速度差は、規制速度を引き上げても、現状から大きな変化はないでしょう。

 ただ、取り締まりの強化は必須です。高速道は現在、規制速度を40キロ超えると、即時に免許停止処分となります。それが引き上げ後は160キロ出さないと対象にならないというのはいかがなものか。20キロ超過となる140キロでも即時免停にするなどの厳罰化も含め、速度を抑制するメッセージを社会に出さなければなりません。

 ドライバーには安全走行のため、今以上に追い越し時の注意が求められます。後方から速い車が来ていないことをしっかりと確認した上で追い越し車線に出て、追い抜いたら走行車線に戻る。抜く側、抜かれる側の一定のルールが機能すれば危なくない。規制速度を上げたからといって誰も「速く走れ」とは言っていない。高速道路の最低速度は50キロで「100キロ以上出したくない」という人の権利も認められるべきで、自分が安全と思う速度で走っていただきたい。

 道内で検討対象となる区間は、道路が高架になっている都市部が多い。120キロで走ってもカーブで先まで見通せるよう、まず、道路の幅が十分にあるかどうかの調査が必要です。

 道内では80キロ規制の区間も多いですが、この機会に、カーブや勾配が緩やかで見通しが良く、事故率の低い区間なども、規制速度の引き上げを検討してはどうか。高速道を有効に活用することが、ひいては一般道での交通量や速度違反を減らし、よりストレスの少ない移動につながるでしょう。(報道センター 後藤耕作)

<ことば>高速道の最高規制速度 1963年に日本初の高速道・名神高速が開通して以降、100キロが上限だった。新東名高速道の開通などを背景に2013年、有識者会議が100キロ超への引き上げを提言。交通事故の分析やドライバーへの意識調査などを経て、16年に有識者らでつくる調査研究委員会(大口敬委員長)が「設計速度120キロの区間で、一定の条件を満たせば可能」とした。17年から新東名高速と東北道の一部区間で110キロ、19年からは120キロへ引き上げを試行。警察庁は今年7月、120キロへ正式に引き上げる方針を掲げ、東北道の花巻南インターチェンジ(IC)―盛岡南ICで16日から実施した。設計速度120キロの区間の延長距離は約880キロで、高速道全体の9.7%を占める。

4735 荷主研究者 :2020/11/02(月) 22:32:36

http://www.senmonshi.com/archive/02/02F9TMpkI0L0RN.asp
2020/09/28 日刊建設タイムズ社
【千葉】都市計画原案で説明会/匝瑳市・旭市/銚子連絡道路(匝瑳市・旭市間)/都市計画手続き開始

 銚子連絡道路(匝瑳市〜旭市間)約13㎞の位置や構造を定めた都市計画原案がまとまり、匝瑳市と旭市で説明会が開催される。10月18日に匝瑳市の市民ふれあいセンター、25日に旭市立第二中学校が会場となる。説明会開催後、県が都市計画原案を公告し、縦覧に供する。また旭市は、銚子連絡道路に接続する都市計画道路3・4・19号谷丁場遊正線を延伸する方針で、延伸に伴う都市計画原案についても併せて説明する予定。

 同区間は、県道八日市場野栄線バイパス(匝瑳市横須賀)〜飯岡バイパス(旭市イ)の約13㎞(匝瑳市5・3㎞、旭市7・7㎞)。2018年度から県海匝土木事務所が環境調査を実施。本年度は、環境調査その8をエイト日本技術開発(千葉事務所・千葉市中央区本千葉町10―5)に委託している。

 銚子連絡道路は、山武市と銚子市を結ぶ延長約30㎞の路線。首都圏中央連絡自動車道と一体となって、首都圏をはじめとする各地域の交流・連携の促進を図る地域高規格道路となる。

 このうち、松尾横芝ICから匝瑳市の主要地方道八日市場野栄線までを山武東総道路として整備。松尾横芝ICから横芝光ICまでの1期約6・1㎞が06年3月に完成し、供用を開始した。横芝光ICから主要地方道八日市場野栄線までの約5・0㎞を2期として4工区に分けて整備中で、23年度の開通を目指している。2期区間は、道路幅員9・5m(車道3・5m×2、路肩1・25m×2)、道路規格が第3種2級で設計速度60㎞/h。道路構造は盛土工。

 本年度は、匝瑳市区間で橋梁工を推進。(仮称)時曽根橋の上部工、(仮称)大布川橋、(仮称)笹曽根跨道橋の下部工を実施する予定。

 説明会の会場等は次の通り。

【匝瑳市】
 ▽開催日=10月18日▽開催時間=①午前の部11時開始②午後の部2時開始(30分前から受付開始)▽開催場所=市民ふれあいセンター大ホール(匝瑳市八日市場793―31)▽定員=各144人
【旭市】
 ▽開催日=10月25日▽開催時間=①午前の部11時開始②午後の部2時開始(30分前から受付開始)▽開催場所=第二中学校体育館(ニ2510―1)▽駐車場=市役所駐車場▽定員=各200人(予定)k_times_comをフォローしましょう

4736 荷主研究者 :2020/11/02(月) 23:09:49

愛称「かわはら八頭フルーツライン」 交通量は少なかったが、高規格道路であった。
下記記事を貼っていたが、印象に全く残っていなかった
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/2246/1156427416/?q=%B8%A9%C6%BB%B2%CF%B8%B6%A5%A4%A5%F3%A5%BF%A1%BC

https://www.pref.tottori.lg.jp/219350.htm
県道河原インター線の概要

区間 八頭郡八頭町西御門から鳥取市河原町高福(国道29号から国道53号)
延長 6.4km
車線数 2車線(片側1車線対面通行)
設計速度 60km/h

道路の目的・特徴
 平成25年3月23日全線開通の高速道路「鳥取自動車道」と八頭町方面とをスムーズに移動できるよう、自動車の通行を主体とし、生活道路とは異なる規格の高い構造となっています。(一部区間を除いて、自転車や歩行者は通れません。)
 この道路が全線つながることで、広い範囲の道路網がかたちづくられ、快適でスムーズな走行ができることによって、交通の拡大、観光・産業の振興、生活・通勤範囲の拡大による定住化の促進など、地域の活性化に役立つことが期待されています。

パンフレット(PDF:2.37MB)
https://www.pref.tottori.lg.jp/secure/824772/panfu1.pdf

4737 荷主研究者 :2020/11/08(日) 13:15:27

https://www.yamagata-np.jp/news/202003/19/kj_2020031900341.php?utm_content=uzou_1&utm_source=uzou
2020/3/19 08:40 山形新聞
自動車専用道に整備、国交省が方針 戸沢村古口周辺の国道47号

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/img_2020031900263.gif

 国土交通省山形河川国道事務所は18日、地域高規格道路・新庄酒田道路の一部を構成し、未着手区間となっている戸沢村古口周辺の国道47号の整備方針を発表した。現道と平行する2車線バイパスの自動車専用道路(延長約4キロ)とし、事業費は約150億円を見込む。

 同区間は、新庄古口道路(一部事業中)と高屋道路(事業中)の間に位置している。国道47号の現道は、豪雨時の浸水や降雪期の車の立ち往生により通行止めが相次いでいるため、同事務所が有識者でつくる「国道47号高屋地区防災技術検討会」を設置し、課題解消へ検討を進めてきた。

 対策案を検討した結果、現道の改良工事では近接するJR陸羽西線などに与える影響が大きいと判断。別線で新たにバイパスを設けて安全性を確保し、新庄古口道路と高屋道路をつなぐ構造が妥当とした。

 今後、県への意見照会を行い、早期の事業化を目指す。新庄古口道路は2022年度、高屋道路は24年度の開通を予定している。

4738 荷主研究者 :2020/11/08(日) 13:57:56

https://this.kiji.is/685086242918401121?c=92619697908483575
2020/10/3 21:00 (JST)10/3 22:04 (JST) 熊本日日新聞社
〝大動脈〟復活でアクセス改善 国道57号・北側復旧ルート開通 

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201003kumamoto01.JPG
開通し、多くの車が行き交う国道57号北側復旧ルート。右奥は杵島岳など阿蘇の山々=3日午後1時40分すぎ、阿蘇市(高見伸、小型無人機で撮影)

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201003kumamoto02.JPG
同日開通した国道57号現道。中央上は崩落した斜面=午後2時ごろ、南阿蘇村立野(後藤仁孝)

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201003kumamoto03.JPG

 熊本地震による大規模な斜面崩落で寸断された国道57号の北側復旧ルート(阿蘇市赤水-大津町引水、約13キロ)と現道(約2キロ)が3日、開通した。8月に全線で運転を再開したJR豊肥線に続く熊本都市圏と阿蘇地域を結ぶ“大動脈”の復活。早速、真新しい道を多くの車両が行き交った。

 阿蘇市車帰の二重[ふたえの]峠トンネル内では北側ルートの開通式があり、蒲島郁夫知事があいさつで「阿蘇へのアクセスが飛躍的に向上し、観光や経済の再生のチャンスになる」と強調。来賓らがテープカットや通り初めをして完成を祝った。

 その後、斜面崩落があった南阿蘇村立野地区でも現道の開通式があり、崩落現場には記念碑が設置された。

 北側ルートは被災した国道57号の代替道として国が2016年11月に着工。阿蘇外輪山を貫く二重峠トンネル(約3・7キロ)などを新たに整備した。事業費は約800億円。

 信号機のない片側1車線の自動車専用道路で、全区間の所要時間は約10分。これまでの迂回[うかい]路だった県道北外輪山大津線(通称ミルクロード)を使った場合より所要時間が30分以上短縮され、利便性が向上した。

 一方、現道の復旧区間は一部を除き片側1車線。重機を遠隔操作しながら無人で進める斜面対策工事とともに復旧を進めた。事業費は斜面対策が約93億円、道路復旧が約20億円。

 阿蘇地域ではこのほか、架け替え中の国道325号阿蘇大橋が来年3月に開通予定。第三セクターの南阿蘇鉄道は23年夏の全線再開を目指している。(中尾有希)

4739 荷主研究者 :2020/11/08(日) 14:09:38

https://this.kiji.is/685670387057607777?c=92619697908483575
2020/10/5 10:15 (JST)10/5 11:09 (JST) 熊本日日新聞社
国道57号北側ルート、異例の格上げ 自動車専用を復旧 中九州道、進展期待も

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201005kumamoto01.JPG
開通した国道57号北側復旧ルートの大津東インターチェンジ付近。奥が熊本市方面=3日午後2時10分ごろ、大津町(高見伸)

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201005kumamoto02.JPG

 国は熊本地震で寸断された国道57号の復旧で、現在地とは別の北側ルートに自動車専用道路を整備した。原状回復が前提の災害復旧で「極めて異例」(国土交通省)の対応。所要時間の大幅な短縮に観光関係者から歓迎の声が上がる一方、阿蘇地域では同ルートを呼び水とした「中九州横断道路」(大分市-熊本市、全長120キロ)の早期実現への期待も膨らむ。

 熊本県南阿蘇村立野の国道57号は、2016年の熊本地震で大規模な斜面崩落に見舞われた。国交省は当初、「あまりに被害が大きく、現地での復旧は困難」とみて迂回[うかい]ルートを一般道で整備する工事に着手した。

 その後、崩落現場の斜面対策工事で現道の復旧も可能と分かり、北側ルートは19年夏ごろ、自動車専用道路とする方針が固まった。同省道路局は「現道と機能をすみ分けた。トンネル区間が長いため安全性の確保も狙いだった」と話す。

 この“格上げ”を阿蘇広域観光連盟の稲吉淳一会長(51)は「観光客にとって阿蘇との距離が一気に縮まる」と歓迎する。阿蘇地域は地震による交通事情の悪化で、バスの団体旅行を中心に宿泊者数が大幅に減った。稲吉会長は「県外の日帰り客にも足を延ばしてもらいやすい環境が整った」と話す。

 阿蘇市は自動車専用道による「定住促進効果」も当て込む。熊本市や企業立地が多い大津町、菊陽町への通勤の利便性が高まることから、インターチェンジ周辺のベッドタウン化も検討する考えだ。

 地元には北側ルート開通が、中九州横断道路の事業進捗[しんちょく]に「追い風になる」(阿蘇市議)との見方もある。

 横断道は、大分側で4割超の25・3キロ区間が開通済み。これに対し熊本側の完成区間はなく、大津熊本道路(14キロ)の一部や阿蘇市の滝室坂道路(6・3キロ)、阿蘇-竹田道路(22・5キロ)が事業化しているだけだ。

 北側ルートのトンネル区間は、国が横断道の一部として事業着手しながら09年度に休止した「阿蘇大津道路」(約5キロ)の調査結果を活用し、ほぼ同じルートで整備した。「阿蘇の未知を考える女性の会」の神保京子会長(78)は「九州北部豪雨(12年)の復旧で滝室坂道路が前進したように、北側ルートが横断道整備を加速させるきっかけになってほしい」と話す。

 同省は「北側ルートと横断道は別物」(熊本河川国道事務所)との姿勢を崩していないが、「北側ルートが横断道につながれば熊本が活性化する」(蒲島郁夫知事)とのラブコールは勢いを増している。(中尾有希)

4740 荷主研究者 :2020/11/08(日) 14:56:16

https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=689633&comment_sub_id=0&category_id=112
2020/10/14 中国新聞
松江北道路、都市計画決定へ 島根県が今月末手続き入り、来年度にも事業着手

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201014chugoku01.JPG

 島根県は、松江市北部の外環状道路の一部として建設を計画する松江北道路について、今月末から都市計画決定の手続きに入ることを明らかにした。早ければ2021年度にも事業着手したい考え。市中心部の渋滞緩和やスムーズな物流、観光に向けた延長10・5キロの地域高規格道路で、総事業費は260億円を見込む。

 市北東部と出雲市を結ぶ地域高規格の境港出雲道路(約70キロ)の一部、国道431号のバイパスとして整備。宍道湖北岸を走る431号の西浜佐陀町から、松江高専、県営産業団地「ソフトビジネスパーク島根」の北側を通り、下東川津町で松江だんだん道路川津インターチェンジ(IC)と接続する。

 時速60キロ制限の片側1車線で、両区間の所要時間は従来より10分程度短縮される見通し。計6カ所で乗り降りでき、約1キロのトンネルを2本整備する。

 県道路建設課は「通過交通を分散させて市内の渋滞を緩和し、だんだん道路を経て山陰自動車道へのアクセスも良くなる。防災上も重要なルートだ」と説明。財源については、国の補助金や有利な起債を活用して県の実質負担を抑えるとしている。

 県は、12年にルートの検討を始め、18年に道路計画案を示して地元との調整を続けていた。ことし8、9月には沿線6地区での個別説明会や計4回の市民説明会を開き、修正案を提示。「おおむね理解が得られた」と判断した。

 都市計画の手続きでは、今月30、31日に松江市の県民会館で開く説明会などで原案を示し、11月26日に松江市民活動センターでの公聴会などを踏まえて正式な案を策定。公告、縦覧、住民の意見提出を経て県都市計画審議会に諮る。手続きには最短で半年程度かかる見通し。県は都市計画決定後の早期事業化を目指す。(松本大典)

4741 荷主研究者 :2020/11/21(土) 15:28:17

http://www.senmonshi.com/archive/02/02FAKGAJ2H2U2A.asp
2020/10/20 日刊建設タイムズ社
【千葉】IC4か所を設置/銚子連絡道路で説明会/匝瑳市・旭市間の約13㎞/都計原案概要を提示

 銚子連絡道路(匝瑳市〜旭市)の都市計画原案がまとまり、18日、匝瑳市の市民ふれあいセンターで説明会が開催された。同路線は、匝瑳市の八日市場野栄バイパスから国道126号飯岡バイパスまでの約13㎞(八日市場約5・3㎞、旭市約7・7㎞)を整備する計画。ICは4か所。飯岡バイパス、市道旭中央病院アクセス道路との2か所が平面交差。ICのほか、市道、県道、新川、仁玉川などを横断する。既存道路との交差は原則立体交差で、盛土構造とする。標準断面は全幅9・5m、車道2車線(3・5m×2)。

 ICおよび交差点は、主要地方道や主要幹線道路、工業団地や医療施設との接続道路、IC間隔のバランスを考慮し設置。ICは、主要地方道八日市場野栄バイパス、県道八日市場井戸野旭線、旭都計道3・4・19号谷丁場遊正線、主要地方道旭停車場線の4か所に設置する。

 このうち谷丁場遊正線は、銚子連結道路に接続するため延伸する計画で、銚子連絡道路の都市計画手続きと併せて旭市が都市計画変更を実施する。同道路の起点は旭市鎌数字川西三番、終点が旭市井戸野字新野場。延長約3460m、幅員16mの2車線。構造は地表式。

 既存道路との交差は、地域高規格道路としての走行性を確保するため、原則立体交差とし、末端部を除き、盛土構造とする。また、地域の分断の回避や営農の連続性を確保するため、横断ボックスを設置する。

 立体交差するのは、IC4か所のほか、市道3か所主要地方道八日市場野栄線、県道干潟停車場豊畑線、県道八日市場井戸野旭線、市道椎名内西足洗線、新川、仁玉川。

 銚子連絡道路は、圏央道松尾・横芝IC(山武市松尾町)から、横芝光町・匝瑳市・旭市を通り、銚子市に至る約30㎞の地域高規格道路。圏央道等の高規格幹線道路と一体となって機能し、首都圏をはじめとする地域相互の連携・交流の促進、国道126号の渋滞緩和、物流の効率化、交通安全の強化、周辺環境の改善などを図る道路として計画されている。

 このうち、松尾横芝IC(山武市)から横芝光IC(横芝光町)までの1期約6・1㎞が2006年3月に有料道路として暫定2車線で供用を開始。横芝光ICから主要地方道八日市場野栄線までの約5・0㎞が2期区間として07年度に事業化され、23年度の開通を目指し整備が進められている。

 今回、都市計画決定を目指している匝瑳市〜旭市は、2期区間の先線にあたるもの。同区間では、県海匝土木事務所が18年度から環境調査を実施。本年度は環境調査その8をエイト日本技術開発(千葉事務所・千葉市中央区本千葉町10―5)に委託している。

 18日の説明会では匝瑳市区間について説明が行われた。25日には旭市での開催が予定されている。旭市の会場は第二中学校体育館(ニ2510―1)。時間は午前が11時から、午後が2時からとなっている。銚子連結道路に接続する谷丁場遊正線の延伸に伴う都市計画原案についても併せて説明が行われる。

 今後、都市計画原案の概要公告・縦覧、都市計画案の公告・縦覧などを経て、県の都市計画審議会に諮り、承認後、決定・告示となる。決定告示後は新規事業採択を目指し、採択されれば測量・調査などに入っていく。

4742 荷主研究者 :2020/11/21(土) 15:31:46

https://www.sakigake.jp/news/article/20201023AK0031/
2020年10月23日 秋田魁新報
遺跡にちなみ「伊勢堂岱」 鷹巣西道路IC、蟹沢と2カ所に

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201023akita01.JPG

 秋田県は23日、秋田自動車道の鷹巣西道路に設置される2カ所のインターチェンジ(IC)の名称を「蟹沢IC」(北秋田市)と「伊勢堂岱IC」(同)に決定したと発表した。

 鷹巣西道路は、県が整備を進める延長5・25キロの県道。本年度中の供用を予定している。

 県道路課によると、伊勢堂岱ICは、国指定史跡・伊勢堂岱遺跡から北西に約1・7キロ。同遺跡は「北海道・北東北の縄文遺跡群」の一つとして世界遺産登録を目指している。仮称は「緑ヶ丘IC」だったが、遺跡の知名度を生かして地域振興につなげたいとの北秋田市の要望を受け、名称を変更した。蟹沢ICは仮称からの変更はなかった。

 名称は、県や県警、国土交通省などで組織する県道路交通環境安全推進連絡会議で21日に審議して決めた。

4743 荷主研究者 :2020/11/21(土) 15:44:08

https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=692718&comment_sub_id=0&category_id=112
2020/10/23 中国新聞
山陽道 東広島・八本松と笠岡・篠坂PAにスマートIC整備へ

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201023chugoku01.JPG

 国土交通省は23日、自動料金収受システム(ETC)専用のスマートインターチェンジ(IC)12カ所の整備を高速道路会社に許可した。山陽自動車道八本松スマートIC(東広島市)など11カ所を新設、整備済みの常磐道三郷料金所スマートIC(埼玉県三郷市)は上下線両方で乗り降りできるようフル規格化する。

 中国地方5県では、山陽自動車道で八本松と篠坂パーキングエリア(PA、笠岡市)の両スマートICが入った。ともにフル規格となる。利用開始の時期について、国交省は「未定」としている。

 八本松スマートICは西条IC―志和IC間の中間付近に整備する。交差する県道東広島向原線と山陽道を直接結ぶ「本線直結型」で、1日に約3千台の通行を見込む。周辺には複数の工業団地があり、アクセスの向上やさらなる企業立地などが期待されている。

 篠坂PAスマートICは笠岡ICと福山東ICのほぼ中間で、広島県境に近い笠岡市北西部にある。市南部に工業団地や工業用地があり、流通面でより便利になる見込み。小林嘉文市長は「物流や救急搬送で地元の企業や住民のプラスになる」と早期整備を願った。

 スマートIC新設に向け、交通需要などを調査する対象として東関東道検見川・真砂スマートIC(千葉市)など3カ所を選定。

 料金所を備えた通常ICの追加も決めた。北海道横断道釧路空港IC(北海道釧路市)を新設、東九州道志布志有明IC(鹿児島県志布志市)など2カ所をフル規格化する。

4744 荷主研究者 :2020/11/21(土) 15:53:38

https://www.yamagata-np.jp/news/202010/24/kj_2020102400498.php
2020/10/24 09:41 山形新聞
天童南と高畠、スマートICに採択 国交省が新規事業箇所発表

 国土交通省は23日、スマートインターチェンジ(IC)の新規事業箇所を発表し、本県からは東北中央自動車道の天童南(仮称、天童市)と高畠(同、高畠町)の2カ所が採択された。

 スマートICは自動料金収受システム(ETC)を搭載した車専用のICで、高速道路の本線やPAなどから乗り降りできる。天童は山形中央―天童の間に位置し、本線直結型で上下線とも乗降可能。近隣工業団地や芳賀タウンからのアクセス向上が見込まれる。

 高畠は米沢北―南陽高畠間に設置し、同じく本線直結型だが上り方向だけ乗降できる。同町の西町西工業団地のほか、スマートIC整備に合わせた新たな工業団地の造成が予定されており、福島方面への物流の効率化が期待される。

 発表を受け、山本信治天童市長は「近隣市町から高速道路へのアクセス性が向上し、地域経済の活性化が期待される」、寒河江信高畠町長は「隣接する市町を含めた地域発展の社会資産となる」とコメントを発表。吉村美栄子知事は「昨年度に新規事業化された山形PAスマートIC(仮称)とともに、整備推進に取り組んでいく」とした。

4745 荷主研究者 :2020/11/21(土) 15:56:06

https://373news.com/_news/?storyid=127530
2020/10/24 15:00 南日本新聞
東九州道・志布志有明IC「フル化」へ 時期は未定

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201024minami01.JPG
【関連地図】

 国土交通省九州地方整備局は23日、東九州自動車道志布志有明インターチェンジ(IC、仮称)を鹿屋市、志布志市の両方面から乗り降りできる「フルIC」で整備すると発表した。現在は鹿屋市方面のみのハーフICとして進めている。フル化着手や完成の時期は未定。

 大隅河川国道事務所や志布志市によると、志布志有明ICは高速道の利便性向上のため、自治体が国の許可を得て設置する地域活性化ICの一つ。志布志IC(仮称)から西に3.4キロの地点(同市有明町野井倉)で2018年8月着工した。

 市は、災害に強い道路網構築やジャパンアスリートトレーニングセンター大隅(大崎町)へのアクセス向上による交流人口拡大を目指し、昨年から国にフル化を要望していた。9月に正式申請し、10月16日に許可された。市と国が連携して進め、フル化に要する事業費は約4億円。

 志布志市の下平晴行市長は「フル化は市の発展に大きく寄与する。関係機関と連携し、早期完成に向け全力で取り組む」とコメントした。

4746 荷主研究者 :2020/11/21(土) 21:21:30

https://www.sakigake.jp/news/article/20201030AK0009/
2020年10月30日 秋田魁新報
北秋田の7キロ、12月13日開通 今泉―大館能代空港間

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201030akita01.JPG

 秋田県と国土交通省能代河川国道事務所は29日、日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の北秋田市今泉から大館能代空港インターチェンジ(IC)に至る約7キロが12月13日午後3時に開通すると発表した。この道路は今泉を通る国道7号と接続し、空港へのアクセス向上や物流の効率化などが期待される。

 同区間は片側1車線で、西側の今泉―脇神間5・25キロ(鷹巣西道路)を県、東側の脇神―大館能代空港IC間1・7キロは国が整備している。総工費は県が105億円、国は24億円。

 県道を改良整備した鷹巣西道路は、路肩を含む車道幅が従来の9・5メートルから13・5メートルと広くなるほか、一部バイパス化により走行時間の短縮が見込まれる。現在の工事進捗(しんちょく)率は95%で、残る作業はガードレールや標識の設置、区画線工事などわずか。

 北秋田市の津谷永光市長は、開通について「観光・産業振興面の重要ルートであり、開通を心待ちにしていた。地域住民と喜びを分かち合い、開通に向け尽力してくれた関係者に心から感謝したい」とコメントした。

 これにより、県北部を横断する日沿道の未開通区間は二ツ井白神IC―今泉IC間の11キロとなる。このうち、今回の7キロと接続する小繋IC(能代市)―今泉IC間の4・5キロは2023年度に開通予定。これより西側は国道7号の現道を活用する計画で、橋や交差点の改良を進めている。

4747 荷主研究者 :2020/11/21(土) 21:23:17

https://www.yamagata-np.jp/news/202010/30/kj_2020103000637.php?utm_content=uzou_1&utm_source=uzou
2020/10/30 10:54 山形新聞
酒田みなと-遊佐比子間、12月13日に開通 日東道、3ICの名称決定

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/img_2020103000594.gif

 国土交通省酒田河川国道事務所などは29日、日本海東北自動車道(日東道)の酒田みなと―遊佐比子間(5.5キロ)について、12月13日に開通すると発表した。「遊佐比子インターチェンジ(IC)」と、今後、延伸し開通が予定されている「遊佐鳥海IC」は仮称と同じ名称とし、遊佐十里塚IC(仮称)は「遊佐菅里IC」とすることも決まった。

 開通するのは2009年に事業化が決まった酒田みなと―遊佐鳥海の12キロ区間の一部。全体事業費は310億円で事業費ベースの進捗率は78%、用地買収進捗率は98%となっている。12月13日は開通式の後、午後3時から供用を開始する。

 遊佐菅里、遊佐鳥海までの延伸、開通は23年度。延伸後は秋田方面へ向かう北進車線に乗る場合と、酒田市方面へ向かう南進車線から降りる際は遊佐比子でのみ可能。北進車線から降りる場合と、南進車線に乗る際は遊佐菅里からとなる。

4748 荷主研究者 :2020/11/21(土) 21:31:11

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202011/0013831435.shtml
2020/11/1 16:51 神戸新聞NEXT
北近畿豊岡道 但馬空港ICまでの新区間が開通

「日高豊岡南道路」が開通。トンネル内での式典後、関係車両がパレードして祝った=豊岡市上佐野

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/b_13832498.jpg
神戸新聞NEXT

 整備中の北近畿豊岡自動車道で、兵庫県豊岡市内の日高神鍋高原インターチェンジ(IC)から但馬空港ICまでの新区間「日高豊岡南道路」(6・1キロ)が1日、開通した。開通を祝う式典が上佐野トンネル(同市上佐野)内であり、関係者約150人が地域活性への効果を期待し、全線の早期実現を願った。

 北近畿豊岡自動車道は、同県丹波市の春日ICと豊岡市の豊岡北IC(仮称)を結ぶ総延長73キロの高規格幹線道路で、舞鶴若狭自動車道と播但連絡道路、山陰近畿自動車道と連結した広域交通ネットワークとして計画されている。現在は、但馬空港ICから北へ2キロの豊岡IC(仮称)までの区間を整備中で、さらに北へ5・1キロの豊岡北ICまでの区間も事業着手している。

 1日に開通した日高豊岡南道路は2012年度に着工し、総事業費は約498億円。大阪-城崎温泉の所要時間が約4分短縮され、観光振興や救急医療機関へのアクセス向上、災害時の交通手段の確保といった効果を見込む。

 式典で豊岡市の中貝宗治市長は「コロナ禍で観光業が大きな打撃を受けているが、カニのシーズンに間に合った」と喜んだ。(石川 翠)

4749 荷主研究者 :2020/11/21(土) 22:30:35

https://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20201106201.htm
2020/11/06 00:53 北國新聞
供用開始に向けて準備が進む区間=南砺市立野原東

7日から4車線化供用 東海北陸道福光IC―城端SA

 東海北陸自動車道福光インターチェンジ(IC)―城端サービスエリア(SA)間(2・3キロ)が4車線化され、7日午前6時から通行可能となる。報道関係者向けに5日、工事を終えた区間が公開された。対面通行の解消により、安全性の向上、災害時のライフライン確保が期待される。

 中日本高速道路東海北陸道4車線化推進室(高岡市)が工事を進める小矢部砺波ジャンクション(JCT)-白川郷IC間(32・4キロ)で、富山県内では追い越し用「付加車線」を除き、初の4車線となる。事業費は約15億円。

 小矢部砺波JCT―五箇山IC間の残り計7・7キロの4車線化は22年度内の完成を目指す。

4750 とはずがたり :2020/11/23(月) 20:05:58
気付いたら結構開通してた。久々に更新しないとなあ。。
http://tohazugatali.iza-yoi.net/sanrikudo/sanrikudo00.html

土曜日に中部縦貫道も上と下両方走ってみてその時短能力は可成り実感した。飛騨清見〜高山なんて直ぐ近くかと思ってたけど下道だとでらい遠かった。

仙台と気仙沼市街がぐっと近くに 三陸道・小泉海岸-本吉津谷開通
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202011/20201122_13008.html

 国が東日本大震災の復興道路と位置付ける三陸沿岸道の小泉海岸-本吉津谷インターチェンジ(IC、いずれも気仙沼市)間2.0キロが21日、開通した。仙台市と気仙沼市中心部が全線、高速道路で結ばれ、物流や観光誘客で活性化が期待される。
 同区間は並走する国道45号を利用していたが、開通でスムーズな通行が可能となった。同区間を含む歌津-本吉津谷IC間の総事業費は約703億円で、仙台市と気仙沼市間の所要時間は約2時間。
 小泉海岸IC付近で式典があり、菅原茂気仙沼市長は「三陸道を生かした幅広い取り組みで価値を最大化したい」とあいさつした。
 三陸道は仙台港北IC(仙台市)-八戸ジャンクション(八戸市)間の359キロ。今回で290キロが開通した。当初、本年度の全線開通を目指したが、岩手県の普代村-野田IC(仮称)間が2021年度にずれ込む見通し。

4751 とはずがたり :2020/12/02(水) 10:55:05

夜間無人の料金所「スルー」常態化 通行料7億円徴収漏れ 神戸・ハーバーハイウェイ
12/2(水) 8:30配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/dac4cd3331c6c980603662044cc2abf4f086879c
神戸新聞NEXT

 神戸港の六甲アイランド、ポートアイランドを結ぶ港湾道路「ハーバーハイウェイ」の夜間通行料の徴収漏れが、記録が残る2015〜19年度の5年間だけで少なくとも約7億円に上ることが、神戸市への取材で分かった。市は約20年間、自動料金収受システム(ETC)や徴収機を設置せず、無人の料金所の「スルー」が常態化。センサーで通行量を把握しながら、対策を取ってこなかった。(伊田雄馬)

 ハーバーハイウェイは1997年に全線開通し、新港-高羽ランプ間の約10・5キロをつなぐ。中央の摩耶ランプを境に東西区間に分かれ、料金は全車種1区間110円、2区間210円に設定されている。

 料金徴収は2区間の場合は本線上の料金所、1区間の場合は東西区間の各出入り口で係員が行うが、各出入り口は午後8時〜午前8時は係員がいなくなる。この間は料金所に置かれた鉄製の箱に料金を投入する。

 市港湾局によると、10月の夜間、東区間の出入り口を約11万台が通過したが、徴収額は約2万6千円。全車から徴収した場合と比べると、ひと月で約1200万円の損失だった。本年度(4〜9月)、料金を払った車は約500台に1台だった。利用台数がはっきりしない西区間の出入り口でも、数万台が料金を払わず通過しているとみられる。

 開通当初は夜間も料金所に係員がいたが、「通行量が少なく、費用対効果が見込めない」との判断から、00年から無人になったという。その後、徴収の強化や不正通行の追跡に乗り出すことはなく、監視カメラも設置されていない。

 市港湾局は「赤字を出さないという面から、設備や人件費に新たな投資をせず、現在の運用が合理的と考えてきた」としている。22年度までに、全ての料金所でETCを導入する方針という。

 公共施設のマネジメントに詳しい東洋大学の南学客員教授は「物流が24時間化し、夜間の交通量は増えているのに、役所が前例踏襲が基本の組織であることがこのような結果を生んだ。税金で造られた道路だけに、市民への説明が必要だ」と指摘する。

     ◇

 この記事は神戸新聞の双方向型報道「スクープラボ」に寄せられた情報を基に取材しました。

4752 荷主研究者 :2020/12/05(土) 11:40:00

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/478569?rct=n_hokkaido
2020年11/06 05:00 北海道新聞
悲願の開通、高まる期待 苫小牧中央IC、来月13日に決定 「物流、観光に波及効果」 緊急搬送の時間短縮

12月13日の開通に向けて、工事が進む道央道の苫小牧中央インターチェンジ料金所

 苫小牧市中心部に直結する道央道の苫小牧中央インターチェンジ(IC)が12月13日午後3時に開通することが5日、発表された。中央ICの整備は東胆振、日高地方の経済界、行政などが40年にわたって要望してきた悲願。開通により、札幌圏との往来がしやすくなるほか、苫小牧港の物流の効率化や近隣自治体からの緊急搬送時間の短縮などさまざまな波及効果への期待の声が上がった。

 「経済界としての長年の要望が実現し、最高にうれしい。中央ICの整備は運送物流、観光などあらゆる面で波及効果がある。開通をきっかけに人を呼び込む受け皿づくりをしっかりやっていかなければならない」。苫小牧商工会議所の藤田博章名誉会頭は開通日の発表に喜びの声を上げた。

残り:666文字/全文:978文字

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/478600?rct=n_hokkaido
2020年11/06 05:00 北海道新聞
道央道の苫小牧中央IC、12月13日開通

 【苫小牧】道は5日、道央道に整備中だった苫小牧中央インターチェンジ(IC、苫小牧市高丘)を12月13日午後3時に開通すると発表した。苫小牧中心部と札幌間の移動時間が10分程度短縮される。

 道が、国の「地域活性化IC制度」を活用して整備した。総事業費は約60億円。道が36億円、ガードレールや料金施設などを整備するため東日本高速道路(ネクスコ東日本)が24億円を負担した。

残り:107文字/全文:293文字

4753 荷主研究者 :2020/12/05(土) 12:06:56

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66176470T11C20A1AC1000/
2020/11/13 12:12 (2020/11/13 12:51更新)日本経済新聞 関西 大阪
大阪万博アクセスの高速整備、最大700億円増

4754 とはずがたり :2020/12/17(木) 23:10:32
なんか高速道路の除雪能力低下してないか?

新潟 関越道 大雪で車立往生 陸自到着 作業の進め方めぐり協議
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201217/k10012768311000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002
2020年12月17日 21時14分

大雪の影響で新潟県内の関越自動車道では多数の車による立往生が発生し、今も解消されていません。新潟県から災害派遣の要請を受けた陸上自衛隊が関越自動車道のサービスエリアに到着し、立往生の解消やドライバーの安全確保に向けた作業の進め方をめぐり関係機関と協議を進めています。

東日本高速道路によりますと、関越自動車道では
▽上りが塩沢石打インターチェンジ付近を先頭に15キロ、
▽下りは湯沢インターチェンジ付近を先頭に15キロ、多数の車が立往生しています。

警察によりますと、17日昼ごろには関越自動車道の上りで750台程度、下りで350台程度が立往生しているとみられていましたが、その後、重機を使って雪に埋まった車を引っ張り出す作業を進め、徐々に車を高速道路の外に誘導しているということです。

いまのところ、立往生が解消する見通しは立たず新潟県から災害派遣の要請を受けた陸上自衛隊新発田駐屯地の隊員のうち、まず、29人が関越自動車道の越後川口サービスエリアに17日午後5時半ごろに到着し立往生の解消やドライバーの安全確保に向けた作業の進め方をめぐり関係機関と協議を進めています。

また、自衛隊員が午後8時半すぎ、県が用意したおにぎりやパンなどの食料やガソリン、それに毛布などを現場へ運ぶため、サービスエリアを出発しました。

このほか、国土交通省・北陸地方整備局も緊急災害対策派遣隊の隊員6人と除雪用の機械6台を現地に向かわせています。

また、南魚沼市は立往生が長引き、ドライバーの疲れがたまっていることから、県の要請を受けて、六日町にある「南魚沼市民会館」に避難所を設置することを決め、受け入れを始めました。

同じく県の要請を受けた湯沢町は、立往生に巻き込まれた人が避難するための宿泊先の手配を進め、町内の8つのホテルや旅館、およそ120の部屋を確保したということです。

一方、南魚沼市消防本部によりますと、六日町インターチェンジ付近で立往生していた車から30代の女性1人が息苦しさなどを訴えて病院に運ばれました。

消防によりますと、長時間の立往生により、体調を崩したという通報が相次いで寄せられ、東日本高速道路は食料や簡易トイレなどの物資をドライバーに届けています。

さらに、東日本高速道路の関係者が立往生している車を回ってガソリンが入った携行缶で給油しているということです。

東日本高速道路などは大雪となっている南魚沼市や魚沼市、それに湯沢町などでは、車での不要不急の外出を控えるよう呼びかけています。
新潟県 今夜は原則車内で待機を
新潟県によりますと、県から災害派遣の要請を受けた陸上自衛隊が現場に到着するのは17日午後5時以降になる見通しです。

ただ、ドライバーが夜間に高速道路上を歩いて移動するのは安全を確保できないおそれがあるとして、新潟県は17日夜は原則としてドライバーに車内で待機してもらう方針で、陸上自衛隊を通じて必要な物資を届けることにしています。

一方、個別の状況に応じてドライバーを受け入れられるようにするため県は南魚沼市と湯沢町に準備を要請しました。

これを受けて、南魚沼市は六日町にある「南魚沼市民会館」に避難所を設置することを決めました。

また、湯沢町はおよそ70人分のスペースを確保したいとして調整を進めています。

4755 とはずがたり :2020/12/17(木) 23:10:43
>>4754
立往生の車「身の危険を感じる」
新潟県南魚沼市の関越自動車道・上り線、塩沢石打インターチェンジの4キロほど手前の北側で17日昼前に撮影された映像では雪が降り続いています。

道路だけでなくトラックや乗用車の上に分厚く雪が積もっている様子が確認できます。

撮影した男性によりますと、新潟県から群馬県に向かっていたところ、16日午後6時ごろに車が連なり停車したということでそれ以降、丸1日近く車が動かない状態が続いています。

食料や水が全くないため、雪を溶かして飲んでいるということです。

17日午後2時の時点では、この場所には支援物資は届いておらず、東日本高速道路の担当者や除雪車両なども来ていないということです。

男性は「車が止まってから誰も来ていないので、支援物資がいつ届くのかや、復旧の見通しが知りたいです。今はとにかく食べるものがほしいです」と訴えています。

さらに「夜に備えて毛布などもほしいですが、このまま2泊目を迎えるのは怖いですし、身の危険を感じています」と話していました。
立往生の車「このまま夜を迎えるのは不安」
新潟県湯沢町の関越自動車道下り線で立往生している車から撮影された画像と動画では1メートル以上の雪が周りに積もっています。

撮影した男性によりますと東京から新潟に向かって走っていたところ、17日午前0時ごろに土樽パーキングエリアの近くで車が連なり停車したということです。

最初は渋滞だと思ったということですが、その後も半日以上にわたって動かない状態が続いています。

17日昼前には、東日本高速道路の職員が来て、身動きのとれない車を動かす作業をしているという説明を受けましたが、食料などの配布はありませんでした。

車内には食料や水が全くないため、男性はペットボトルに雪を入れ、溶かして飲んでいるということです。

車の燃料も残り半分を切っていることから、エンジンを断続的に止めながら車内を暖めているということです。

男性は、「雪が降り続き、車の周辺にどんどん積もっている状態で、このまま夜を迎えるのはとても不安です。限界に近いので、物資の支援をお願いしたいし、復旧の見通しを示してほしい」と話していました。
立往生の男性 「9時間ほど、車はほとんど動いていない」
立往生している車に乗っている46歳の男性は、仕事で新潟県に来て、職場の上司と一緒に神奈川県の会社に戻ろうと16日の午後に関越自動車道に乗り、17日午前2時すぎには塩沢石打インターチェンジに近い場所にいるということです。

男性は、「午後5時ごろから9時間ほど、車はほとんど動いていません。外は雪が降り続いていて、中央分離帯には2メートルほど積もり、30分に1度は車に積もった雪をおろしています」と話しています。

そのうえで、「ここまで雪が降るとは思わず、お菓子のようなものを食べただけで食料はなく、1リットルほどあった水も2人で飲み干してしまっています。燃料はありますが、まわりの車の中には節約するためかエンジンを切っている車もあります。困っているのはトイレに行けないことで、仮眠するにも毛布もなく、これからどうなるか情報もほとんどなく不安です」と話していました。
男性投稿の写真 中央分離帯には車の高さほどの雪が
男性がツイッターに投稿した写真では、雪が降り続いている様子で多くの車のブレーキランプがついていて、車が動けないでいる状態がわかります。

中央分離帯には車の高さほどの雪がつもり、前の車は後部の窓ガラスが雪で覆われているのも確認できます。
関越道 立往生の車にガソリンなど配布
東日本高速道路では現在、関越自動車道では塩沢石打サービスエリアの上下線で、下り線では谷川岳パーキングエリアなどで施設内に取り残されている人たち向けに乾パンや水、ガソリンなどを配っているほか、道路上での炊き出しの準備も進めています。

また、立往生している車には東日本高速道路の関係者がガソリンが入った携行缶を使って補給を進めているということです。

4756 荷主研究者 :2020/12/21(月) 21:17:17

https://373news.com/_news/topic.php?storyid=128696&topicid=219
2020/11/18 13:00 南日本新聞
都城志布志道路、横市-志布志32キロが3月直通

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201118minami01.JPG
都城志布志道路

 鹿児島、宮崎両県は17日、地域高規格道路「都城志布志道路」の有明東インターチェンジ(IC、志布志市)-志布志IC間の3.6キロが2021年2月27日、金御岳(かねみだけ)IC(都城市)-末吉IC(曽於市)間の5.8キロが3月28日開通すると発表した。片側1車線。無料で通行できる。

 都城志布志道路は宮崎自動車道・都城ICと志布志港を結ぶ総延長44キロ。国と両県が整備している。今回の開通で横市IC(都城市)-志布志IC間の32キロが直通利用できるようになる。全体の73%に当たる。

 事業費は有明東-志布志が93億円、金御岳-末吉が175億円。残る未開通区間は鹿児島側が志布志-志布志港の3.2キロ、宮崎側が都城-横市の8.7キロ。

 全線開通すれば都城-志布志港間の所要時間は、従来から30分短縮され40分になる。

4757 荷主研究者 :2020/12/21(月) 22:22:09

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66420790Z11C20A1AA1P00
2020年11月24日 2:01 日本経済新聞
梅田のビルに高速道が「貫通」 開発競合、窮余の共存
とことん調査隊

4758 名無しさん :2020/12/27(日) 12:20:13
熱海新聞 2020年12月23日(水)3時00分
伊豆湘南道路のルート検討へ 勉強会格上げし協議会―熱海
https://digital.izu-np.co.jp/news/politics/24559

 伊豆地域と神奈川県西部を結ぶ新しい道路構想「伊豆湘南道路」に関する第1回協議会が22日、熱海市役所で開かれた。静岡、神奈川両県と関係5市町で構成。これまでの勉強会を格上げし、ルート検討に向けた情報共有や意見交換、住民からの意見聴取などを担う。
 熱海市と小田原市を結ぶ県境の道路は、山が海岸まで迫る狭くて急な地形が多く、古くから交通の難所とされた。関係市町などは1998年に建設促進期成同盟会を設立し、国などに対し早期建設を要望し続けたが、なかなか進展しなかった。
 2018年の台風12号被災を契機に、道路実現に向けた機運が高まった。19年1月には両県が主体となって勉強会を設置し、道路ネットワークの脆弱(ぜいじゃく)さや観光シーズンの渋滞、緊急搬送を支える道路の必要性など課題を整理した。さらに本年度からは国の補助調査費を活用し、両県が協力して本格的なルート検討を進めている。
 協議会は両県と熱海市、函南町、小田原市、真鶴町、湯河原町の担当部局長で構成し、沼津河川国道事務所と横浜国道事務所がオブザーバーとして参加する。初会合では規約などを承認し、両地域の特性と課題、今後の進め方などを話し合った。森本哲生・静岡県交通基盤部道路局長は「伊豆湘南道路が整備されれば、災害に強く十分な安全性を確保するとともに、小田原厚木道路や西湘バイパス、伊豆縦貫道と広域道路ネットワークを形成し、観光交流の拡大や地域経済の活性化に寄与すると期待している」とあいさつした。
 今後は年明けに2回目の協議会を予定。さらに期成同盟会や、有識者らで立ち上げる予定の委員会からも意見を聞きながらルート検討に取り組む。

【写真】伊豆湘南道路のルート検討に向け、勉強会を格上げして立ち上げた協議会=熱海市役所
https://digital.izu-np.co.jp/photo/12306/14739

4759 荷主研究者 :2020/12/27(日) 20:02:29

https://www.toonippo.co.jp/articles/-/444771
2020年12月1日 東奥日報
下北縦貫道むつ-尻屋崎 22年度に開通

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201201too01.JPG

 青森県議会は30日、一般質問を行った。三村申吾知事は、むつ市と七戸町を結ぶ下北半島縦貫道路(全長約68キロ)のうち、むつ南バイパス(BP)の一部である、むつインターチェンジ(IC)-むつ尻屋崎IC間の2.1キロが2022年度内に開通すると明らかにした。越前陽悦議員(自民)の質問に答えた。

 同BPはむつ市田名部-同市奥内間の8.7キロ。このうちむつ尻屋崎IC-むつ東通IC間の1.3キロは昨年12月に開通済み。開通時期が未定のむつ東通IC-むつ南IC間(5.3キロ)も工事が進んでいる。

 三村知事は同縦貫道について「着工工区の整備を重点的に進め、未着手区間の予算の確保を国に強く働きかける」と述べた。また、横浜町の道の駅よこはまに建設中の防災除雪ステーションの使用を、21年度から開始すると説明した。

4760 荷主研究者 :2020/12/27(日) 20:30:33

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/487633?rct=n_hokkaido
2020年12/03 05:00 北海道新聞
難工事10年 音中トンネル貫通 音威子府バイパス 全線開通へ期待

貫通した音中トンネル(旭川開建提供)

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201203hokkaido02.JPG

 【音威子府、中川】建設中の自動車専用道路「音威子府バイパス」(19・0キロ)で、工事が最も難航していた「音中(おとなか)トンネル」(4686メートル)が11月20日、貫通した。今月4日に貫通式が行われる。地盤が弱く、掘削期間は10年に及んだ。バイパスの開通時期はすでに計画から大幅に遅れているが、地元では完成に期待が高まっている。

 音威子府村音威子府と中川町誉(ほまれ)を結ぶ音威子府バイパスは2007年度に着工した。同区間の国道40号(28・9キロ)は天塩川沿いを蛇行して走っており、交通事故が多い。バイパスによって同区間の距離は19・0キロと、現在より9・9キロ短くなり、中川町から名寄市までの所要時間は9〜11分短縮される。救急搬送の安全性向上や、流通の効率化も期待されている。

 音中トンネルの工事は清水建設、伊藤組土建、岩倉建設の特定建設工事共同企業体が10年4月に着工。周辺は非常にもろい蛇紋岩(じゃもんがん)が分布しており、ひび割れや隆起、トンネルのアーチ部分の変形など工事が難航、追加調査や掘削のやり直しが必要になった。また、17年1月には岩盤崩落で作業員1人が亡くなっている。音威子府バイパスにある4本のトンネルのうち3本は既に貫通したが、音中トンネルでは掘削が続いていた。

 トンネル工事の遅れで、バイパスの総事業費も771億円から1287億円に膨れ上がり、当初計画では15年度の予定だったバイパス開通時期も未定となっている。旭川開建によると、今後はトンネル内部を覆う工事や道路の整備などを進める予定という。4日の貫通式は新型コロナウイルス感染防止のため、工事関係者だけで行う予定だ。

 音威子府村の佐近勝村長は「待望の貫通で喜ばしい。開通すれば観光など、人の移動が活発になると期待している」。中川町の石垣寿聡町長は「大きい事故もあったが、今後は工事も順調に進むと安心した。時間短縮はもちろん、安全に走行できるという精神的負担の軽減にも意義がある」と話している。(和泉優大)

4761 荷主研究者 :2020/12/27(日) 20:46:06
>>3225 >>3608 >>3829
https://www.iwate-np.co.jp/article/2020/12/4/88587
2020.12.04 岩手日報
「区界道路」5日開通 宮古-盛岡、冬季の難所回避

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201204iwate01.JPG
5日に開通する宮古盛岡横断道路・区界道路(右)。急カーブが続く区界峠の難所が解消され、内陸と沿岸を結ぶ重要路線として期待される=盛岡市簗川の国道106号合流地点から宮古市方面に向けて本社小型無人機で撮影

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201204iwate02.JPG

 盛岡市と宮古市をつなぐ復興支援道路・宮古盛岡横断道路の「区界道路」(延長8キロ)は5日開通する。急カーブや急勾配が多く冬季は特に難所だった区界峠を回避でき、住民の安全安心や救急搬送、復興に向けた産業活性化など多くの波及効果が期待される。

 区界道路は宮古市区界と盛岡市簗川を結ぶ。延長8キロの大半が新区界トンネル(5キロ)と簗川トンネル(1・6キロ)からなり、冬期間の重大事故の危険性が高かった難所が解消される。

 区界道路の開通は5日午後3時。宮古市の旧市役所付近から矢巾町の岩手医大付属病院まで所要1時間45分となり、8分ほど短縮される。

4762 荷主研究者 :2020/12/27(日) 20:58:07
>>4718
https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=706231&comment_sub_id=0&category_id=112
2020/12/5 中国新聞
広島熊野道路、6日から無料 5日深夜に一時通行止め

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201205chugoku01.JPG

 広島市安芸区矢野町と広島県熊野町を結ぶ有料の広島熊野道路(全長2・4キロ)が6日午前0時、無料化される。無料開放に向けた工事のため熊野道路は5日深夜に一時通行止めとなる。

 工事による通行止めは5日午後11時から6日午前0時まで。現在の料金所の前後約200メートルの全7レーンのうち、無料化後も使う2レーンに誘導するためのガードレールを設置する。

 現在の料金は普通車200円、軽乗用車150円などで、2019年度の1日の平均交通量は9580台となっている。県は無料化後の交通量は約2万5千台に増えるとみる。

 熊野道路は、県道矢野安浦線の渋滞緩和を目的に1990年12月に開通し、事業費は81億円。県道路公社が整備し、管理してきた。建設のための借入金が、30年間の料金収入などで完済できる見通しとなった。管理者は県と市に移る。

 同公社は無料化後、料金所の撤去工事を順次実施。近くの管理事務所と合わせて、本年度中に工事を終える予定でいる。また県は、周辺の渋滞緩和のため、熊野町から海田大橋方面への連結道路を整備するなどしている。(石井雄一)

4763 荷主研究者 :2020/12/27(日) 21:26:14

https://373news.com/_news/?storyid=129585
2020/12/06 17:00 南日本新聞
南九州西回り自動車道 薩摩川内水引-湯田西方ICが着工

着工式でくわ入れをする参加者=5日、薩摩川内市の水引小学校

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201206minami01.JPG

 南九州西回り自動車道のうち、薩摩川内市内の薩摩川内水引インターチェンジ(IC)-湯田西方IC(仮称)間の着工式が5日、建設地近く水引小学校であった。沿線自治体の市長や住民など約50人が出席。早期完成を願い、くわ入れをした。

 鹿児島国道事務所によると、湯田西方ICを同市湯田町に新設する。両IC間は5.2キロで片側1車線(暫定)。開通時期は未定。式で塩田康一知事は「整備が進めば経済産業の活性化や災害時の住民避難などへ大きく貢献する」。同市の田中良二市長は「今回の着工を弾みに(残り区間の)用地買収を加速していきたい」と述べた。

 同自動車道は阿久根市内の阿久根ICから薩摩川内水引IC間の22.4キロ(阿久根川内道路)が未開通。湯田西方ICのほか、同市内に西目、大川IC(いずれも仮称)も設ける予定。阿久根-西目間は2018年10月に着工した。同道路の総事業費は1050億円を見込む。

4764 荷主研究者 :2020/12/27(日) 22:17:04

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/490905?rct=n_hokkaido
2020年12/13 09:18 北海道新聞
<開発予算2021>北見美幌間14キロの予備設計や測量進む 道内7空港民営化でアクセス道整備に関心

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201213hokkaido01.JPG
北見東ICまで整備された道横断道。その先の建設予定地では測量などが進められている=6日、本社ヘリから(高橋義英撮影)

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201213hokkaido02.JPG

 【東神楽、旭川、北見、美幌】2021年度の北海道開発予算では、地方空港からの交通網の整備が注目される。道内7空港の一括民営化が今年始動。2次交通網整備によるコロナ禍収束後の観光振興や物流の効率化へ期待が高まる。

 上川管内の旭川空港(東神楽町)付近から道央道旭川北インターチェンジ(IC、旭川市)を結ぶ旭川東神楽道路(約23キロ)は、17年度着工の10・1キロ区間(同市東旭川町―東神楽町)の工事が進み、21年度には整備済みの区間を含め全線開通する見通しだ。

 同道路は、旭川北ICと道東道占冠IC(占冠村)を結ぶ地域高規格道路「旭川十勝道路」(約120キロ)の一部。工事中の10・1キロ区間は総事業費141億円で、道が国から6割の補助を受け進めている。忠別川以北は既存の道道を片側2車線に拡幅し、以南は道路を新設。先に新設道路(5・5キロ)の工事を終え、21年度末に暫定的に片側1車線で開通。その後全区間を拡幅し、27年度に工事を終える計画だ。

 これまで空港から旭川北ICまで行くには、交通量が多い東神楽町の中心部や、道道旭川旭岳温泉線を通る必要があり、混雑の緩和が課題だった。道路開通により、旭山動物園などへの周遊性も向上する。

 道内7空港の運営を担う北海道エアポート(千歳市)は、49年度に旭川空港の年間旅客数を17年度の2・1倍にする目標値を設定。山本進・東神楽町長は「空港周辺のレンタカーを拡充し、商業観光施設『空の駅』を整備したい」と話す。

 ただ、旭川十勝道路は高規格道路の計画路線に指定されて26年がたつが、着工区間は全体の2割。旭川十勝道路整備促進期成会会長の北猛俊・富良野市長は「全線開通してこそ周遊性向上の効果が出る。整備のスピードを上げるように要望を続けたい」と力を込める。

 オホーツク管内の女満別空港(大空町)へのアクセス道路では、北海道横断自動車道の北見東IC(北見市端野町)―美幌高野(たかの)IC(仮称、美幌町)間の約14キロが事業化されて2年目を迎えた。すでに運用されている北見道路と美幌バイパスを結ぶルートで、開通すれば女満別空港から北見市を経て、十勝管内陸別町小利別まで結ばれる。現在、着工に向けた予備設計や測量が行われている。

 道横断道は後志管内黒松内町を起点とし、十勝管内本別町で根室と網走方面の2路線に分岐する。本別―網走間は総延長約156キロで、北見東IC―美幌高野IC間が開通すれば47%が完成する。オホーツク管内では女満別空港IC―網走間の23キロが唯一未着手だ。

 北見東IC―美幌高野IC間は国道39号に並行するように整備され、片側1車線。間に北見端野IC、北見緋牛内(ひうしない)ICを設ける計画で、総事業費480億円を見込む。網走開建によると、着工や完成時期は未定。

 国道39号は地吹雪が多発し、交通の難所とされてきた。物流や観光への波及効果に加え、管内で唯一の3次救急医療機関である北見赤十字病院へのアクセス向上も見込まれる。経済界など管内81団体でつくる「オホーツクの道を考える会」の長谷川豊会長(長谷川建材相談役)は「安心して通れる道、命を守る道の必要性は高く、早期開通を願っている」と話す。(高田かすみ、山田健裕)

4765 荷主研究者 :2020/12/27(日) 22:18:29

https://kumanichi.com/news/id22252
2020年12月13日 11:30 熊本日日新聞
本格測量、年内に着手 中九州横断の大津熊本道路

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201213kumamoto01.JPG

 熊本、大分両市を結ぶ中九州横断道路(総延長約120キロ)の一部となる大津熊本道路(14キロ)の「中心杭[くい]打ち式」が12日、合志市総合センター・ヴィーブルであった。国土交通省熊本河川国道事務所が、年内に本格的な測量に着手する。

 同道路は幅員20・5メートル、片側2車線の自動車専用道路。合志市上庄[かみのしょう]-熊本市北区大鳥居町の9・1キロ区間が事業化されており、総事業費は約530億円。

 同事務所によると、道路の中心線確定など測量を来年2月末までに終え、来年度は地質調査や道路設計に入る。完成時期は未定。

 式典には関係者約90人が出席。蒲島郁夫知事が「災害に対応する命の道、九州全体の産業を活性化させる経済の道、地方創生の道として非常に重要」とあいさつした。

 中九州横断道路のうち、県内側は阿蘇市の滝室坂道路(6・3キロ)でトンネル工事が進んでおり、竹田阿蘇道路(22・5キロ)が2019年度に事業化された。(木村恭士)

4766 荷主研究者 :2021/01/02(土) 16:19:50

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/673401/
2020/12/15 6:00
西日本新聞 社会面 泉 修平
福岡都市高の空港延伸 滑走路増設に間に合わず 29年度ごろ供用開始

福岡空港=2018年撮影

 福岡都市高速道路の福岡空港国内線ターミナルへの延伸計画について、供用開始が2029年度前後に遅れる見通しであることが14日、分かった。当初は25年3月末に予定される同空港の滑走路増設と同時期の供用を目指していた。福岡北九州高速道路公社が来年度から事業に着手する。

 都市高速の延伸は、滑走路増設で利用者の増加が見込まれる空港へのアクセス向上と国道3号の渋滞緩和を目的に計画。豊ジャンクション付近から空港北口交差点付近まで、約1・8キロをトンネルと高架で結ぶ。現在は連結していない九州道太宰府インターチェンジ方面の都市高速とも接続する。

 整備計画変更案などによると、事業期間は30年度までの10年間で建設費は約470億円。国道3号などに工事期間中設ける仮設道路の撤去も事業期間に含まれており、供用開始は事業完了より1、2年ほど早まる見込み。福岡市の関係者は、当初の事業見通しに甘さがあったとしている。

 開会中の市議会定例会で整備計画変更に関する議案が同意された後、国の許可などを経て、来年度に土地買収など事業に着手する。 (泉修平)

4767 荷主研究者 :2021/01/02(土) 16:21:44

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/673412/
2020/12/15 6:00
西日本新聞 一面 御厨 尚陽 鶴 加寿子
下関北九州道路「最短案」へ 国交省、17日の有識者会議で報告

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201215nishinippon02.JPG
海峡部には北九州市(手前)と山口県下関市を結ぶ下関北九州道路の建設が計画されている=2月

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201215nishinippon01.JPG
下関北九州道路計画案

 北九州市と山口県下関市を新たに結ぶ「第3の関門道」の下関北九州道路の建設計画を巡り、国土交通省は、北九州市小倉北区西港町と下関市彦島迫町付近を結ぶ「集落・市街地回避ルート」(約8キロ)で事業化を目指す方針を固めた。これまで三つのルート案を検討してきたが、両市の中心部を最短で結び、市街地も避けられる点で優れていると判断した。17日に開催予定の有識者会議で報告する。

 関係者によると、両市の中心部にある北九州都市高速道路と旧彦島有料道路を連結。海峡部は2・2キロで、つり橋で整備する。整備費は2900億〜3500億円に上る見通しという。

 実現すれば両市中心部の移動時間が21分となり、現在よりも7分間短縮する。両市を30分で行き来できる圏域の人口は、現在の21万人から59万人に増加する。

 ルート案を巡っては、北九州市の響灘地区を通る案(12キロ)と海峡部の距離が最も短い案(10キロ)も検討され、両市と福岡、山口両県などの調査検討会は2018年3月、8キロ案が望ましいとの結果を出していた。国交省も、8キロ案は整備費を他案より100億〜2300億円低く抑えられる上、両市中心部を結ぶことで高い経済効果が期待される点などを評価。騒音や生態系など環境への影響も他案より小さくなるとみられる。

 下関北九州道路は本年度から、国直轄事業に新規採択する前段の「計画段階評価」が行われ、17日の「中国・九州地方合同小委員会」での審議を経てルート案を決定。今後は環境影響評価(アセスメント)や都市計画決定への移行の是非や時期が焦点となり、移行後は新規事業採択時評価を行った上で新規事業化する。

 両市を結ぶ関門トンネル(1958年完成)と関門橋(73年完成)は老朽化。通行止め発生時の周辺道路の渋滞も課題となっており、関係自治体が代替道路の早期建設を要望している。 (御厨尚陽、鶴加寿子)

【ワードBOX】下関北九州道路

 関門トンネル、関門橋に続く「第3のルート」として1990年代に構想が浮上。国は全国に6カ所ある「海峡横断プロジェクト」の一つとして調査を進めたが、2008年に財政難からプロジェクトを凍結した。ただ、関門トンネルと関門橋の老朽化や災害時の補完機能も踏まえ、17年度に国が調査費を予算化して地元自治体による調査が再開。19年度からは国直轄の調査に移行し、国土交通省がルートや構造、事業費を検討していた。

4768 荷主研究者 :2021/01/02(土) 18:12:02

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/493355?rct=n_hokkaido
2020年12/19 05:00 北海道新聞
後志道 倶知安延伸へ着々 余市「通過点」に危機感

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201219hokkaido01.JPG
http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201219hokkaido02.JPG

 【余市、倶知安】北海道横断自動車道(後志道)で未整備の後志管内余市―倶知安間の建設工事が順調に進んでいる。北海道新幹線札幌延伸と同じ2030年度末までの完成を目指しており、札幌や新千歳空港から国際リゾート・ニセコ地域へのアクセスは格段に良くなる。管内20市町村が一体で国に早期開通を求めるが、現在の終点のインターチェンジ(IC)がある余市町は「通過点」となることに危機感も募らせる。

 後志道は札樽道の小樽ジャンクション(JCT)で分岐して倶知安に向かう62・4キロで、総事業費は約2700億円。完成すれば新千歳空港から倶知安IC(仮称)までの所要時間は現在の2時間半から30分以上短縮される。このうち札樽道から続く有料区間の終点の余市ICまでは東日本高速道路(ネクスコ東日本)が建設し18年12月に開通。その先の無料区間は国が開発予算で整備し、余市―共和間(27・6キロ)は16年度、共和―倶知安間(11・5キロ)は18年度に着工。20年3月までの進捗(しんちょく)率はそれぞれ21%、5%と前進した。

 管内の首長らでつくる後志総合開発期成会は「後志全体の発展につながる」(会長の山本栄二共和町長)と早期開通を求め、21年度予算要望でも重点事項に盛り込んだ。だが、余市町は「延伸したら素通りされるのでは」と複雑な立場だ。

 余市ICの日平均交通量は約4500台と開通前の想定より500台多く、19年度の町内観光客は113万5千人と4年ぶりに増えた。IC付近には開通を商機とみたコンビニやグランピング施設などが相次いで進出。町は「終点効果」と分析し、後志道完成後も交通量を維持する策を練る。

 有力視されるのが道の駅「スペース・アップルよいち」の移設だ。余市ICから約3キロ離れた市街地からIC近くに移し実質的なパーキングエリア(PA)として機能させる考えで、町は24年度の開業を目指す。

 余市―倶知安間にはPAの整備予定がなく、町は有料・無料区間の結節点となる余市で休憩所を求めていったん高速道路を降りる車は多いとみる。東北道沿いの道の駅「村田」(宮城県村田町)など、高速の利用者が無料で出入りできる道の駅は全国に20カ所以上。余市町の斉藤啓輔町長はこれら先行事例も踏まえ「今後もICを核に観光客誘致を進めたい」と、町内での滞在時間をどう増やすかに知恵を絞る。(鈴木孝典)

4769 荷主研究者 :2021/01/02(土) 18:32:00

https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=711515&comment_sub_id=0&category_id=112
2020/12/21 23:00 中国新聞
広島呉道路、料金を維持 4車線化、事業費償還2063年に

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201221chugoku01.JPG
広島呉道路の天応東IC。4車線化に伴い、料金徴収が続く

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20201221chugoku02.JPG

 広島呉道路(クレアライン)の全線4車線化を巡り、管理する西日本高速道路中国支社(広島市安佐南区)は、事業費約740億円の償還期限を2063年10月と明らかにし、現行の料金体系を維持していく考えを示した。1996年に全線開通し今年11月に償還を終える予定だったが、無料化は遠のいた。

 4車線化に伴い、大都市間を結ぶ全国路線網への編入が決まり、全国の高速道路の料金収入と償還を一体で管理するプール制が導入される。全長区間の呉インターチェンジ(IC、呉市)―仁保IC(南区)間が、普通車の通常料金で940円かかる現行の料金体系は変えないという。

 広島呉道路は2018年夏の西日本豪雨で一部が崩落し、84日間にわたり利用できなかった。国は災害に備えるためとして、暫定2車線で運用している呉IC―坂北IC(広島県坂町)の4車線化事業を19年3月に許可した。来年6月までに工事を発注する予定で、着工や完成の時期は未定。

 呉市は今年8月、広島県などと建設促進期成同盟会を設立し、4車線化を歓迎している。ただ、広島呉道路は全通時から沿線住民たちに「料金が高すぎる」「急いでいる時にしか使わない」との不満がくすぶるだけに、市土木企画室は「使いやすい料金体系は市民の願いであり、求めていきたい」としている。(東谷和平)

4770 とはずがたり :2021/01/04(月) 22:23:42
道央自動車道苫小牧中央ICが13日開通へ
2020年12月06日 10時00分
報道機関に現地を公開
https://e-kensin.net/news/133052.html

 道央自動車道苫小牧中央インターチェンジ(IC)が13日午後3時に開通するのを前に、道と東日本高速道路北海道支社は3日、報道機関に現地を公開した。苫小牧中央ICが開通することにより、物流の効率化や観光産業の活性化、救急搬送支援など地域医療の充実、大規模災害時の代替路確保などが期待される。


物流、観光、医療などの面で期待の大きい苫小牧中央IC

 苫小牧中央ICは、苫小牧西ICと苫小牧東ICのほぼ中央に位置。道が事業主体となり、東日本高速道路道支社と連携して事業を進め、2016年度にフルジャンクションICとして事業着手、17年度から本体工事に着工し、延長約3・1㌔のアクセス道路も併せて整備することにした。

 施工に当たっては本線から北側を道が、橋梁を含む南側を東日本高速道路道支社が担当。工事内容は切り土土工50万m3のほか、42mの橋梁1橋、ボックスカルバート3基、路盤、舗装、植生、標識などで、総事業費は約60億円。

 事業概要について説明した室蘭建管苫小牧出張所の足立浩所長は「施工を東日本高速道路と区分したことで工事の錯綜(さくそう)を減少し、安全にスムーズな工事ができた。関わった事業者の尽力で13日に開通する」と事業者への敬意を示し、「市民をはじめ周辺地域のみならず、物流や観光、医療関係者などさまざまな人に利用してもらい、その目的にあった安全性や時間短縮など利便性を実感してほしい」と話していた。

 苫小牧中央ICは13日午後3時に開通する。それに先立ち、同日午前10時から苫小牧市民会館で開通記念式を実施する予定だ。

(北海道建設新聞2020年12月4日付1面より)

4771 とはずがたり :2021/01/04(月) 22:30:47
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC案
https://e-kensin.net/news/132371.html
2020年11月05日 15時00分
貨物輸送は単線 概算事業費は7200億円

 北海道経済連合会は2日、札幌市内の北洋銀行セミナーホールで第二青函トンネルに関するシンポジウムを開催した。日本プロジェクト産業協議会(JAPIC)は従来の計画を改良し、片道1車線の自動運転車専用道路と、貨物輸送の単線鉄道の併用トンネル1基を整備する案を発表した。延長31㌔、内径15mのシールドトンネルとし、最大勾配は2.5%、海底下の最小土かぶりは30mと設定。概算事業費は7200億円を見込む。

 JAPICの神尾哲也国土・未来プロジェクト研究会委員は、名称を津軽海峡トンネルとした新計画を報告した。

 トンネルと結ぶアクセス道路は、北海道側が将来建設予定の高速道に直結、青森側は青森ICまでの60㌔を整備し、整備費は2000億円を試算する。

 鉄道の在来線との接続は、北海道側が木古内までの35㌔、青森側が三厩までの10㌔を想定し、1500億円とみている。

 調査設計・施工の期間は、アクセス道路と在来線との接続の整備を含めて15カ年と見込む。

 事業形態は、民間が建設して完成後に公共に所有権を移転し民間が維持管理や運営をするBTO方式と、公共がサービス購入料を民間に支払い民間が道路利用者にサービスを提供するサービス購入型を組み合わせる。

 鉄道は貨物輸送専門の単線を走らせて青函トンネルは新幹線専用とすることで、本来の高速性を発揮させる。自動車道は自動運転車専用とし多重衝突の発生を防ぐ狙いだ。未対応の車両に対してはパレット台車の輸送で対応する。

 道経連青函物流プロジェクトチームの石井吉春座長はPFI方式の具体的手法を発表した。JAPICの提案とは別に、学識者や民間による第二青函多用途トンネル構想研究会が提案した計画をベースとし工事費は7073億円と設定した上で、BTO方式と公共施設等運営権を民間に委託するコンセッション方式とで実現可能性を比較。その結果、運営対価の総額が多額となり事業期間も超長期になるものの、コンセッション方式が実現可能性が高いとした。

 シンポジウムには建設業者ら約60人が参加。パネルディスカッションでは、JAPICの藤本貴也国土・未来プロジェクト研究会委員長が津軽海峡トンネルの実現に向けて、国民的なコンセンサスを醸成するため「常に必要な事業だと言い続けなければならない」と、持続的な活動の推進を指摘した。

(北海道建設新聞2020年11月4日付1面より)

4772 とはずがたり :2021/01/04(月) 22:31:53
勿論,中高生の時,宗谷本線の短絡線を此処に構想した訳だがこんなに難工事箇所だとは。。

難工事克服し10年 国道40号「音中トンネル」貫通
2020年12月04日 16時00分
https://e-kensin.net/news/133064.html

脆弱な蛇紋岩層を掘り進め貫通した音中トンネル
(旭川開建提供)

 希望のトンネルが10年の歳月を経て貫通―。11月20日、音威子府村と中川町を結ぶ国道40号音威子府バイパスの中で最長の音中トンネルが、難工事を乗り越えた末に貫通した。2021年度以降はコンクリート覆工、舗装整備などを進め、安全で確実な交通体制確保に向け早期完成を目指す。

 音威子府バイパスは、1993年度に事業化し、07年度に着工。延長19㌔の自動車専用道路で、国道40号の雪崩や冠水などの自然災害による通行規制解消を目的とする。

 10年度から着工した音中トンネルは、音威子府バイパスの中で最も長いトンネルで、延長は4686m。施工は、清水建設・伊藤組土建・岩倉建設共同体が請け負ってきた。

 18年度開通を目指していたが、脆弱(ぜいじゃく)な蛇紋岩層が進行を阻み難工を強いられた。蛇紋岩に岩盤強度を低下させる水滑石(ブルーサイト)が含まれていたほか、微閃緑岩(せんりょくがん)が蛇紋岩のひびに入り込み、もろさに拍車を掛けた。

 掘削時には地盤のひび割れや隆起、トンネルアーチ部の変形などに悩まされ、断面形状の変更や、支保コンクリートを厚くするなど対策を重ねてきた。掘削進度が1日1mと厳しい制約の中、供用を待ち望む地域の期待を背負い一進一退で掘り進め、11月20日に悲願の貫通を果たした。

 音威子府バイパス全体の開通時期は現時点で未定だが、音中トンネルの残事業はコンクリート覆工、舗装や道路整備などとなっている。

(北海道建設新聞2020年12月3日付4面より)

FacebookTwitterLine

4773 とはずがたり :2021/01/08(金) 18:50:04
彦島元有料道路〜北九州都市高速日明入口

下北道路、ルート方針固まる 関門橋老朽化で「第3のルート」整備へ
毎日新聞2020年12月15日 19時58分(最終更新 12月15日 19時58分)
https://mainichi.jp/articles/20201215/k00/00m/040/256000c

下関北九州道路の建設予定地=山口県下関市で2019年6月13日、本社ヘリから上入来尚撮影
[PR]


 山口県下関市と北九州市を新たに結ぶ下関北九州道路(下北道路)について、国土交通省は、旧彦島有料道路(下関市)を起点、北九州都市高速道路の日明(ひあがり)出入り口付近(北九州市小倉北区)を終点とするルート(延長約8キロ)で事業化を目指す方針を固めた。関係者への取材で判明した。国交省は有識者らが出席する17日の「中国・九州地方合同小委員会」で報告する。


 下北道路は、本州と九州を結ぶ関門トンネルと関門橋の老朽化が進んでおり、国が「第3のルート」として整備を検討。国交省は2019年度に「橋りょう案が妥当」とする調査結果をまとめ、20年度は起点が同じで終点が違う三つのルート案で協議を重ねてきた。


下関北九州道路の建設予定地=北九州市小倉北区で2019年6月13日、本社ヘリから上入来尚撮影
 関係者によると、日明出入り口付近を終点とする案は、海峡部約2・2キロをつり橋で整備。延長が約10〜12キロの他2案より短く、両市中心部の移動時間が7分短縮されて21分となり、両市を30分で行き来できる人口が21万人から59万人に増加する。また、集落や市街地を回避できるため道路整備による影響が少なく、事業費も約2900億〜3500億円と他案より低く抑えられる点から「総合的に優れている」と判断した。

 国交省は合同小委員会の審議をもとに、20年度中にルート案などを決定。都市計画決定や環境影響評価を経て新規事業化を目指す。【松田栄二郎】


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

飼育少女(1) (モーニング KC) - 仲川 麻子

KENZEN! マジ、KENZEN!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板