したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

自民党総裁選スレ

915 とはずがたり :2018/04/20(金) 15:31:34
>>914
「保守本流の政治を一日も早く」と古賀氏
18日の岸田派パーティ―でのあいさつで、岸田氏が「故池田勇人元首相が立ち上げたわが宏池会は結成61年目を迎え、新しいスタートを切る時だ」と切り出したのは、同派が創立60周年記念パーティーを丁度1年前の4月19日に同じホテルで開催したことが念頭にあったからだ。

昨年は「『安倍時代』もいつかは終わりが来る。宏池会はその時に何をしなければならないか、今から考えなければならない」と珍しくポスト安倍に意欲をにじませた岸田氏に対し、遅れて駆けつけた首相は「(首相を目指すのは)もうしばらく我慢して政権を支えて頂きたい」とけん制したが、会場は笑いに包まれた。しかし、今回の岸田氏の決意表明や、それを見守る各派幹部達の表情には期待や警戒感が交錯していた。

今年1月に死去した故野中広務元幹事長や二階幹事長と長年にわたって親交を結んできた岸田派名誉会長の古賀氏は、壇上に上がった出席議員を従えて乾杯の音頭をとった。「最高、最大のリベラルである宏池会の伝統をきっちりつないでいく」と切り出し、「保守本流の政治が一日も早く来るのを一日千秋の思いで待ち焦がれている」と言って杯を挙げた古賀氏は、段を降りる岸田氏の背後で会場を見やりながら「これから2カ月が勝負だ」とつぶやいた。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

キングダム 46 (ヤングジャンプコミックス) - 原 泰久

「秦」が中国統一を目指す物語

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa