したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

都市計画道路・高速鉄道スレッド

1 ■とはずがたり :2002/12/21(土) 09:07
都市計画に関するスレッド。田舎の道路開通も可。

3281 とはずがたり :2019/05/31(金) 12:06:04
ハーフインターを5箇所程とのこと。

北千葉道路連絡調整会議
https://www.pref.chiba.lg.jp/doukei/kitachiba/renrakutyouseikaigi.html

北千葉道路の未整備区間 ICを5カ所設置
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45188240T20C19A5L71000/
南関東・静岡
2019/5/23 20:30

3282 とはずがたり :2019/05/31(金) 17:21:31

米F35B戦闘機は極めて短命
https://jp.sputniknews.com/amp/politics/201902025878501/?__twitter_impression=true
c REUTERS/
2019年02月02日 05:54

米国防総省は第5世代米戦闘機F35に重大な問題を発見した。米誌ナショナル・インタレストが同省の報告書に基づき報じた。

スプートニク日本

実験過程で垂直離着陸機F35Bの耐用時間はわずか2100飛行時間であり、これは期待される保障時間、8000時間の約4分の1だと結論付けた。

つまり、およそ1機1億ドル(約110億円)のF35Bの一部は2026年には退役する。

また、F35A内蔵の機関銃の精度も技術基準を満たしていないと指摘された。

2019年02月02日 15:19短縮 URL
軍事ニュースサイト「Defense News」は、ドイツ国防省はトーネードに代わる機体として米国の第5世代戦闘機F35を調達しないと報じた。
https://jp.sputniknews.com/politics/201902025878860/
スプートニク日本

ドイツは後継機として2機を検討している。欧州の第4世代戦闘機ユーロファイターか、米ボーイング社のF/A-18戦闘攻撃機だ。

英仏などの欧州諸国はF35の購入契約を結んでいたが、調達を中止する意向を明らかにしていた。

3283 荷主研究者 :2019/06/02(日) 22:33:08
>>3192
http://www.senmonshi.com/archive/02/02E5ENnJHVT055.asp
2019/01/16 建通新聞社(中部)
【岐阜】名鉄岐阜駅から岐南駅高架化 都市計画案の縦覧作業中

http://tohazugatali.web.fc2.com/tetsu/E5ENpZ.jpg

 岐阜県岐阜駅周辺鉄道高架工事事務所は、名鉄岐阜駅から岐南駅までを高架化する「名鉄名古屋本線鉄道高架事業」を行うため、都市計画案の縦覧に向けて作業を進めている。縦覧時期については非公表としながらも同事務所は早期に行いたい考えでいる。

 名鉄名古屋本線鉄道高架事業区間には開かずの踏切やボトルネック踏切など13カ所の踏切があり、慢性的な渋滞などが発生している。これを解消し、分断された市街地を活性化するため、同事業を行う。

 事業区間は延長約2・9㌔。このうち、連続立体交差事業区間は約2・1㌔で、加納駅と茶所駅を廃止して統合駅を整備する。起点側の岐南駅と終点側の名鉄岐阜駅ともに現在の高さとし、統合駅は高さ約7㍍の位置に設置する。岐南駅と統合駅の間に茶所検車区を設置する。その付近の最高高さは約10㍍となる。残る0・8㌔の区間は岐南駅付近約0・4㌔と名鉄岐阜駅付近約0・4㌔で関連事業を行う。

 これまでに岐阜県では、踏切の交通量調査や、詳細設計に向けた道路・水路などの現地測量などを行った。2018年度も環境調査や土地区画整理事業の施行区域の境界測量、現地測量などを行っている。岐阜市でも整備効果を示す資料などを作成している。

 今後は、都市計画案の縦覧や岐阜市都市計画審議会、岐阜県都市計画審議会などを経て、都市計画決定する。その後、都市計画が事業認可されれば用地調査や詳細設計、用地取得を行い、工事着手する。工事には15年程度かかると見込まれている。

 高架化の他、関連事業では統合駅周辺での土地区画整理事業、高架側道の整備、境川と新荒田川の河川改修などを行う。関連する事業には岐阜市が施行する事業も含まれる。

 土地区画整理事業は、敷地面積が約2㌶で、都市計画道路岐阜笠松線と栄町蔵前線が交差する敷地内に駅前広場や公園などを配置する。

 同事業は、JRと名鉄各務原線の高架化を含めて、岐阜駅周辺連続立体交差事業として行っている。

提供:建通新聞社

3284 荷主研究者 :2019/06/02(日) 22:45:29

http://www.senmonshi.com/archive/02/02E9LJ5LG8TAH5.asp
2019/05/21 建通新聞社(中部)
【愛知】名市住都 名鉄本線連立 方法書作成に着手

 名古屋市住宅都市局は、名鉄名古屋本線山崎川〜天白川間の連続立体交差事業の着手に向けて、環境影響評価方法書の作成に着手する。これに先立ち、作成業務の一般競争入札を公告した。入札書は5月22〜23日に受け付ける。履行期間は2020年2月14日まで。方法書の環境局への提出時期に12月下旬を想定して準備を進める考えだ。

 事業区間は、名鉄名古屋本線呼続駅南側で交差する平針名古屋港線から天白川手前までの延長約3・9㌔。区間内には桜駅と本笠寺駅、本星崎駅の3駅と12カ所の踏切がある。交差する幹線道路は、北側から豊田新屋敷線、東海橋線、笠寺緑線、名古屋環状線(桜・本笠寺地区)、弦月宝生線、星崎鳴海線(同、本星崎地区)。

 駅施設は本笠寺駅が2面4線、桜駅と本星崎駅は2面2線。立体交差方法は高架方式、施工方法は仮線工法。

 18年度に作成した環境配慮書を踏まえて、環境影響評価の具体的な実施方法を決める。市民意見や市長意見を行った上で、方法書をまとめる。

 事業予定区間内のボトルネック踏切は▽桜5号踏切(豊田新屋敷線)▽桜2号踏切(東海橋線)▽鳴海8号踏切(星崎鳴海線)―の3カ所。また、立体交差化している名古屋環状線も鉄道交差部が6車線から4車線に減少して渋滞発生の要因になっている。

 19年度は方法書の手続きを進める他、構造物概略設計を名古屋鉄道に委託して進める計画。また、市発注業務では側道部の道路基本設計も委託する考え。

 同事業北側に隣接する、山崎川渡河橋梁部や呼続駅を含む延長約0・7㌔の区間は、緑政土木局が特定構造物改築事業で高架化する方針(妙音通との交差部南側から呼続駅の南側にある桜6号踏切まで、連続立体交差事業と重複区間あり)。特定構造物改築事業は19年度末の事業認可取得を目指している。

提供:建通新聞社

3286 荷主研究者 :2019/06/16(日) 22:01:31

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45245090U9A520C1LC0000/
2019/5/25 7:00 日本経済新聞 中国・四国
岡山駅前、後楽園モチーフに 市が22年度に向け整備

 岡山市は24日、岡山電気軌道(岡山市)の路面電車の乗り入れに合わせたJR岡山駅前広場の整備を巡るあり方検討会を開き、岡山後楽園をモチーフとしたデザイン計画を最終決定した。現時点での概算工事費は43億円で、国からの交付金や交付税措置などを最大限活用。整備計画は半年程度前倒しし、2020年度後半の着工、22年度後半の完成を目指す。

 後楽園にある施設や池を見立ててイメージし、「シンボル広場」「交通拠点広場」「修景」の3つのゾーンに分けて整備する。グレーの色調で統一しスギやヒノキ、CLT(直交集成板)パネルなど岡山県産材を多用。修景ゾーンは植栽を工夫し、一年を通じて緑があふれる空間に仕上げる。駅舎には大型のひさしを設け、路面電車の電停では軌道敷緑化を施す。

 市では16年7月から、今回を含めて8回の検討会を開いて協議を進めてきた。阿部宏史座長(岡山大大学院教授)は「岡山の地域的な特色をうまく捉えた広場になるのではないか。都心部の回遊性を向上していくことが重要だ」と述べた。今後は1年ほどかけて詳細設計を詰める。

3287 荷主研究者 :2019/06/16(日) 22:09:38

https://www.sanyonews.jp/article/902681
2019年05月27日 19時23分 山陽新聞
岡山駅への路面電車軌道延伸承認 岡山市都市計画審議会が市に答申

岡山市が正式決定したJR岡山駅東口広場のデザイン

 岡山市都市計画審議会(会長・阿部宏史岡山大大学院教授)が27日、市内で開かれ、JR岡山駅東口広場への路面電車乗り入れ計画に伴い延伸される軌道を、県南広域都市計画道路に追加する変更案を承認。市に答申した。市は県との協議を経て、6月上旬に決定する方針。

 路面電車の岡山駅前電停から岡山駅方向に軌道を約100メートル延ばし、ホームを新設するなど計画に必要な手続き。委員17人からは、交通渋滞などへの懸念も示されたが、16対1の賛成多数で認めた。

 計画では、東口広場に三つのホームを備えた電停を新設。市は併せて広場の整備を進め、タクシー乗り場と一般車の送迎の場所を入れ替える。概算工事費は43億円で、2022年度中の完成を目指している。

3288 荷主研究者 :2019/06/16(日) 22:41:50

https://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20190601/CK2019060102000032.html
2019年6月1日 中日新聞
万葉線2年ぶり黒字 運賃値上げなどで増収

万葉線の路面電車=高岡市内で

 高岡、射水両市を結ぶ路面電車を運営する第三セクター「万葉線」(高岡市)は三十一日、二〇一八年度決算を発表した。営業収益は昨年十月の運賃改定(最大五十円の値上げ)と広告料収入増により増収。純利益は百二十四万円で、二年ぶりに黒字に転換した。

 営業収益は約二億八百三十八万円で、前年度比千四百四十二万円増。除雪費や修繕費の減少に伴い営業経費が四千三百十万円減。経常損失は前年度より五千九百五十七万円減となり、大幅に改善された。高岡、射水両市からの運行補助金は約六千万円。暖冬により除雪費が四十万円で済んだ。

 輸送人員は暖冬の影響で一月に約五千八百人減の落ち込みがあり、前年度比で二千六百二十七人減の約百十九万二千人。雪が少なく、自転車で移動できた中学生の回数券購入が減った。

 シニア回数券や通勤定期の利用者増が増加し、旅客収入は約八百八十万円増。車体広告など広告収入も約三百万円増えた。

 水上哲代表取締役専務は「値上げの影響はほとんどなく、前年度並みに利用していただいた。一九年度には庄川や内川の橋梁(きょうりょう)改修など設備投資が四億円を超える。安全対策とサービス向上に取り組む」と話す。 (武田寛史)

3289 とはずがたり :2019/06/29(土) 20:42:30


https://twitter.com/Yomiuri_Online/status/1144552281620324353
読売新聞オンライン
認証済みアカウント
@Yomiuri_Online
フォロー中 @Yomiuri_Onlineさんをフォローしています
その他
多摩モノレール延伸見据え、市が異例の用地先行取得へ

3290 荷主研究者 :2019/07/07(日) 10:54:18

https://www.sakigake.jp/news/article/20190606AK0022/
2019年6月6日 秋田魁新報
あきた駅前未来年表(7)駅東西結ぶ都市計画道路 渋滞解消、往来しやすく

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20190606akita01.JPG
2020年度の開通に向け、工事が進む千秋久保田町線。一方通行から対面通行へ変わる

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20190606akita02.JPG

 JR秋田駅の東西をつなぐ都市計画道路として、秋田市は千秋久保田町線と千秋山崎線の整備を進めている。両線は中心市街地のにぎわい創出につなげるとともに、周辺道路の渋滞解消を図るのが狙い。2020年度以降の開通が予定されている。

 千秋久保田町線は、奥羽線に平行して南北に延びる道路。現在、幅員6〜9メートルを18〜20メートルに拡幅する工事が行われている。一方通行のため、車両はこれまで千秋久保田町から広小路方向にしか通行できなかったが、拡幅後は片側1車線となり、対面通行が可能となる。

 延長350メートルのうち、北側230メートルは市の土地区画整理事業(事業費約149億円)の一環で行われ、11年に開通した。残る南側120メートルは用地取得が17年度に終わり、当初計画より3年遅れて20年度末に開通する予定だ。南側整備の事業費は約19億円。

 千秋山崎線は奥羽線の下をくぐるアンダーパスを設けて、駅東西を結ぶ。延長470メートル、片側1車線で幅員28メートル。27年度末の開通を目指している。JR東日本が工事を担うアンダーパス部分を含め、総事業費は約90億円となる。

 駅東西を結ぶ中心市街地の道路は現在、秋田中央道路と明田地下道、手形陸橋だが、千秋久保田町線と千秋山崎線がつながると、往来がよりしやすくなる。

 市は「市民生活が便利になるよう、なるべく早く供用開始となるようにしたい」としている。

3291 とはずがたり :2019/07/07(日) 11:43:48

「日本、独裁政権のよう」ニューヨーク・タイムズが批判
https://www.asahi.com/articles/ASM7644NNM76UHBI00V.html
報道の自由はいま
ワシントン=園田耕司 2019年7月6日16時50分

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は5日、菅義偉官房長官が記者会見で東京新聞記者の質問に対する回答を拒むなど、そのメディア対応を指摘したうえで、「日本は憲法で報道の自由が記された現代的民主国家だ。それでも日本政府はときに独裁政権をほうふつとさせる振る舞いをしている」と批判した。

 同紙は、菅氏が会見で東京新聞記者の質問に「あなたに答える必要はありません」と述べたエピソードなどを紹介。菅氏ら日本政府に対するマスコミ関係者らの抗議集会が3月に開かれ、参加した600人が「Fight for truth(真実のためにたたかえ)」と訴えたことも伝えた。

嘲笑する政治が生んだ差別、同調圧力 安倍政権の6年半

 一方で、同紙は日本政府の記者会見をめぐる振る舞いの背景には「記者クラブ」の存在があると指摘。「記者らはクラブから締め出されたり、情報にアクセスする特権を失ったりすることを恐れ、当局者と対立することを避けがちになる」との見方を示した。

 日本政府のメディア対応をめぐり、海外の視線は厳しくなっている。言論と表現の自由に関する国連の特別報告者デービッド・ケイ氏は6月、日本メディアは政府当局者の圧力にさらされ、独立性に懸念が残るとの報告書をまとめている。(ワシントン=園田耕司)

3292 荷主研究者 :2019/07/10(水) 21:38:09

https://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20190613/CK2019061302000055.html
2019年6月13日 中日新聞
デッキ撤去工事始まる 小牧駅前「バブルの遺物」

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/PK2019061202100294_size0.jpg
撤去工事が始まる前のペデストリアンデッキ=小牧市提供

 小牧市の名鉄小牧駅前に設置され、「バブルの遺物」ともいわれたペデストリアンデッキの撤去工事が始まった。市が小牧駅前で進める周辺整備の第一歩となる。

 ペデストリアンデッキは歩道橋の大型版。小牧駅側と再開発ビル「ラピオ」近くの二カ所にあり、撤去するのは小牧駅側の一基。駅前の車道の上を通り、駅西駐車場へと移動できる。市は六千三百三十六万円かけて九月末までに取り外す。

 撤去する小牧駅側のデッキは、バブル経済末期の一九九〇年八月に完成した。全長百三メートルで幅八〜十メートル、桁下の高さは四〜五メートル。当初は、廃線となった旧桃花台新交通の桃花台線(ピーチライナー)小牧駅とつないで、地上に下りずにラピオまで歩けるように整備する構想もあったが、バブル崩壊による景気悪化で実現しなかった。

 建設から二十九年が経過し雨漏りや路面のタイルのはがれが目立ってきた。上り下りは階段のみでエレベーターなどはなく、バリアフリー化はされていない。

大型クレーンを用いて進むペデストリアンデッキの撤去工事=小牧市中央1で

 市は二〇一六年、周辺の歩行者の通行状況を調査。近くの歩道は午前七時〜午後七時に自転車と歩きで二千人以上が通ったが、デッキは平日で百九十三人、休日で二百十三人にとどまった。市民へのアンケートでも「小牧駅が地下にあるため、動線が悪く使いづらい」などの意見が寄せられた。

 市は一八年、小牧駅側のデッキの撤去を決めた。もう一つのデッキはラピオ二階にもつながっており、新市立図書館との行き来を便利にすると考えられるため、利用を続ける。

 (藤原啓嗣)

3293 荷主研究者 :2019/07/10(水) 22:05:13

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/315014/
2019年06/14 05:00 北海道新聞
<みなぶん>ラッシュ時に「人の壁」 東豊線大通駅 乗降客の流れ集中 エスカレーター移設に数億円 専門家「全体の見直し必要」

http://tohazugatali.web.fc2.com/tetsu/20190614hokkaido01.JPG
「人の壁」ができる地下鉄東豊線大通駅のエスカレーター。左端の乗客は通りにくそう=5月29日(玉田順一撮影)

http://tohazugatali.web.fc2.com/tetsu/20190614hokkaido02.JPG

 「札幌市営地下鉄大通駅に帰宅ラッシュ時、人の壁ができて通りづらいエスカレーターがあります」。札幌市豊平区のパート男性(46)がメールを寄せた。現場に足を運ぶと、確かに横切るのが難しい。さらに、人の流れが激しくなると、お年寄りや子どもには危険と感じた。どうすれば、いいのか―。

 現場は東豊線。地下2階の南改札から、地下3階へ降りる途中、右に下り、左に上りのエスカレーターがある=図=。その左手に階段もあるが、大半の客はエスカレーターへと向かう。

 帰宅客の増える午後5時半ごろ、下りエスカレーターから、福住方面のホームへ向かおうとすると、上りエスカレーターに集まる人の流れが行く手を遮り、前へ進めない。後ろからは次々と人が下りてきて、次第に身動きがとれなくなる。

■無意識に最短コース
 一部始終を観察し、北海道科学大(札幌)の石田真二教授(都市計画)は指摘する。「人は無意識に最短コースを通ろうとします」

 メールの男性は「エスカレーターを上下逆向きにしては」と提案するが、石田教授は「ホームのある左右双方から、上りエスカレーターに集中する乗客動線(人の流れ)に大きな変化はなく、ほぼ同じ場所で詰まる」と分析。エスカレーター正面の壁が流れを悪くしており、「階段を挟んで両端にエスカレーターを設ければ、今より人の流れを分散できるのでは」という。

 大通駅は地下鉄3路線が交わり、1日約7万人が行き交う。ホームは南北線が地下2階、東西線が地下3階、東豊線が地下4階にあり、階段や通路が複雑に入り組む。新路線が開業するたび、より深い場所にホームを整備してきたためだ。

 1988年の開業当初、南方面は豊水すすきの駅だけ。問題のエスカレーター付近は「大半が栄町方面への乗客で、それに合わせて設置した」(市交通局)。

 ところが、94年に豊水すすきの―福住間が開業すると、栄町、福住各方面の乗降客がほぼ同数となり、人の流れが大きく変わった。

 市交通局も改善が必要と考えるが、エスカレーターの移設に数億円かかる。小原丈幸(たけゆき)係長は「利用者数を考えると、移設は難しい」

■首都圏でも試行錯誤
 乗客動線の問題は、札幌よりもはるかに多くの利用客が集中する首都圏の鉄道会社も試行錯誤を続ける。

 地下鉄9路線を運行し、1日約742万人が利用する東京メトロは朝夕のラッシュ時だけ、通路を一方通行にしたり、ロープで規制したりする駅もある。3月からは、すいている改札に誘導するため、電子マネーのポイントを還元する取り組みを始めた。「スペースなどさまざまな制約がある中、駅周辺の企業にも協力してもらいながら、乗客動線の改善を進めています」(広報部)と説明する。

 札幌市中心部では、北海道新幹線延伸などを見据えた再開発が活発化。市は清田区への公共交通機関の整備を検討しており、東豊線の延長も議論されている。

 2030年に冬季五輪・パラリンピック招致を目指す市は、「まちのバリアフリー化」を進める考え。石田教授は「バリアフリーを考える上で、安全で円滑な乗客動線の確保は不可欠。コスト面や優先度などを踏まえ、特に重要な交通の要となる大通駅は、全体の動線をデザインし直さなければならない」と強調する。

 北海道新聞は、読者のリクエストに記者が取材して応える「みんなで探るぶんぶん特報班」(みなぶん)をスタートさせました。

 この手法は「オンデマンド調査報道」(JOD=Journalism On Demand)と呼ばれ、読者と記者が会員制交流サイト(SNS)やメールなどを通じて情報交換しながら取材を進めていく双方向型の新たな調査報道として注目されています。

 読者の皆さんが日々の暮らしの中でキャッチした疑問や声を取材の出発点に、記者と共同作業で謎を解き明かしていきます。

 情報提供や取材依頼のほか、取材をサポートする「みなぶん通信員」への登録をお待ちしています。詳しくは「どうしん電子版」特設サイトをご覧ください。

3294 荷主研究者 :2019/07/10(水) 22:41:27

https://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20190618/CK2019061802000061.html
2019年6月18日 中日新聞
地下通路構想、是非判断を先送り 名駅-ささしまライブ間

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/PK2019061802100008_size0.jpg
名駅からささしまライブまで地上を歩いてくる利用者ら=名古屋市中村区平池町4で

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/PK2019061802100009_size0.jpg

 名古屋駅と再開発地区「ささしまライブ24」をつなぐ地下通路の整備構想について、河村たかし市長は17日の定例会見で「地下通路も一つの選択肢だが、本当に地下通路でにぎわいはできるのか」と述べ、是非についての判断を先送りした。市議会2月定例会で河村市長は、民間研究機関の意見を踏まえて決めるとしていたが、この日は歩道の拡張や新駅設置の可能性にも言及。地元関係者から要望が出ている地下通路の議論は停滞したままになっている。

 河村市長は会見で「地下通路も良いが、一番初めにやることではない。初めにやるのは歩道の拡張とにぎわいづくり」と強調した。ささしま地区での新駅設置構想も披露し「(地下通路整備に)予算を使うならいろんな可能性を考えなくてはいけない」と述べた。

 市長は新駅について、開設済みのあおなみ線「ささしまライブ」とは別の路線の駅の新設を想定している。

 市議会二月定例会では、河村市長は地下通路に難色を示しつつも、数カ月以内に民間研究機関の意見を仰いだ上で決定する方針を示していた。関係者によると、民間研究機関は先月、歩道の拡張と地下通路の両方が必要などと市長に提言した。

 河村市長が地下通路の代替案の検討を指示した二〇一七年以降、市は車道を一部廃止し歩道を拡張する案についても県警と協議している。ただ、名駅周辺はリニア開業に向けて大きく交通状況が変わると予想され、現段階では拡張できるかどうかの結論は出ていない。

 地下通路の整備を要望してきた地元からは、方針が決まらない現状に「約束が違うのではないか」との憤りの声も漏れる。

 ささしま地区には大学やホテル、映画館、事業所などがあり、一日に三万人ほどが訪れるという。名駅とささしま地区をつなぐ歩道は混雑による事故の危険性やアクセス改善などが課題となっている。

 市は地下通路の整備方針を打ち出していたものの、地権者との協議などに時間がかかり、一七年には河村市長が「地上のにぎわいがなくなる」と代替案の検討を指示。以降、事業の進捗(しんちょく)が止まっている。一方、地元の事業者や地権者は地下通路の整備を繰り返し要望してきた。

 (中山梓)

3295 荷主研究者 :2019/07/10(水) 22:57:47

https://this.kiji.is/514668292307485793?c=174761113988793844
2019/6/21 16:00 (JST)6/21 16:41 (JST)updated 長崎新聞社
長崎電気軌道 6年ぶりのダイヤ改正 今月27日から

長崎電気軌道浦上車庫(写真はイメージ)

 長崎電気軌道(長崎市)は20日、路面電車のダイヤを27日に改正すると発表した。ダイヤ改正は事故時を除くと2013年以来6年ぶり。土曜ダイヤを廃止し、運行間隔などを変える。

 同社によると、定時性の確保と運行の効率化が目的。土曜ダイヤを廃止し、日祝ダイヤと同じにする。

 午前9時〜午後8時の運行間隔は、4号系統が約13分から約20分に、5号系統が約8分から約9分にそれぞれ延びる。片道所要時間は4号系統が14分から16分に、5号系統が20分から23分になる。1号系統と3号系統は変更しない。

 始終発時間も変更する。例えば、1号系統の赤迫発車が午前6時18分から6時20分に。終発では、浦上車庫行きの崇福寺発車が午後11時5分から11時8分になる。このほかの変更点は同社ホームページで確認できる。

3296 荷主研究者 :2019/07/10(水) 22:58:40

https://this.kiji.is/514756888675042401?c=92619697908483575
2019/6/21 20:00 (JST) 熊本日日新聞社
熊本市電、運賃据え置きへ 消費増税分は市が負担

10月の消費税率引き上げ後も均一運賃が据え置かれる方針となった熊本市電=熊本市中央区

 熊本市は21日、消費税率が10%に引き上げられる10月以降も、市電の運賃を均一170円のまま据え置く方針を明らかにした。1円単位の値上げが市の負担になるためで、転嫁できない増税分は市交通局が負担する。

 市によると、現行運賃に増税分を転嫁すると173円。(1)ICカードでの電子決済は10円単位のみの対応で、システム改修に多額の費用が必要(2)1円単位の現金授受は運転士も乗客も煩雑-などを理由に値上げを見送った。

 170円の運賃を180円に値上げする一方、1カ月6120円の定期券を一定額値下げし、運賃収入全体で増税分を確保する方法も検討したが、運賃改定を認可する国土交通省九州運輸局が認めなかったという。

 定期券のみ値上げする可能性について、市交通局は「常連の定期券利用者にだけ負担を強いるのは理解が得られない」と説明。転嫁できない増税分は年間3千万円とみており、「経営努力するしかない」としている。

 市は、消費税率が5%から8%になった2014年も当時均一150円だった運賃を据え置いた。今回の税率引き上げでは、鹿児島市も路面電車の均一運賃を据え置く方針。JR九州と熊本電鉄は運賃値上げを検討している。(高橋俊啓)

3297 とはずがたり :2019/07/11(木) 22:50:15


とでん朝倉?鴨部
https://twitter.com/wasted_omizu/status/1148848025265008640

3298 荷主研究者 :2019/07/28(日) 10:33:31

https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=545523&comment_sub_id=0&category_id=112
2019/6/21 中国新聞
アストラム乗客6年連続過去最多

http://tohazugatali.web.fc2.com/tetsu/20190621chugoku01.JPG
6年連続で1日平均乗客数が過去最多になったアストラムライン

http://tohazugatali.web.fc2.com/tetsu/20190621chugoku02.JPG

 広島高速交通(広島市安佐南区)が運行するアストラムラインの2018年度の1日平均乗客数が、6万5454人(前年度比0・7%増)に上り、6年連続で過去最多を更新した。沿線の人口増などが理由で、6万人超えは4年連続。18年度決算は7年連続の黒字となった。

 21日の市議会建設委員会で、同社に出資する市が報告した。1日平均の通勤や通学の定期利用者が前年度に比べて2%増えた。市新交通担当は「沿線の多くを占める安佐南区の人口が増えており、大学の学科新設も増加につながっている」とみる。定期外利用者は、18年7月の西日本豪雨災害の影響や前年度よりも大型イベントの開催が少なく、0・8%減った。

 当期純利益は2億9798万円。資本金100億円に対し、累積損失は94億373万円となった。同社の経営改善計画で「18年度ごろ」としていた債務超過の解消は17年度に達成しており、より改善された。市からの借入金は約308億円となった。

 同社は19年度から順次、揺れを減らし、シートの座り心地を良くするなどした新型車両の導入を計画している。お披露目会などのイベントやグッズ販売なども企画しているという。

 市はことし2月、広域公園前(安佐南区)からJR西広島駅(西区)まで延長7・1キロの延伸計画を巡り、ルートと新駅6カ所の案を公表した。この区間では1日平均約1万5200人の利用を見込み、20年代後半ごろの部分開業を経て、30年前後に全面開業を目指す。一方、市議会からは需要予測や採算性を問う声も出ている。決算は26日の株主総会で報告される。

3299 荷主研究者 :2019/07/28(日) 11:02:00

https://this.kiji.is/516077607517963361?c=92619697908483575
2019/6/25 10:41 (JST)熊本日日新聞社
熊本市電延伸「進めて」83% 凍結の自衛隊ルート 熊本市アンケート

 熊本市は24日、予算執行が一時凍結されている熊本市電の自衛隊ルート延伸に関するアンケート結果を明らかにした。2026年度の開業を目指す同ルートについて、「進めたほうがよい」との回答が8割を超えた。

 アンケートは、3月市議会で関連予算の凍結を求める付帯決議が可決されたことを受け実施。4月19日から6月7日にかけてホームページなどで呼び掛け、1401件の回答があった。

 延伸事業は7年程度かかるが、83%が「進めたほうがよい」と答えた。内訳は「期間を短縮」が61%、「現状のペースを維持」が22%。「取り組みをやめたほうがよい」は10%だった。

 熊本都市圏の渋滞緩和に必要な対策については「公共交通の充実と道路整備をバランスよく進める」が50%で最多。「公共交通を優先」が33%、「道路整備を優先」が16%と続いた。

 同日の市議会都市整備委員会で報告。同委員会は執行部に対し、引き続き同事業に関する詳細な説明を求めていく方針を確認した。

 同ルートは健軍町電停(東区)から、10月に開業する新市民病院(同区)までの約1・5キロ。事業費は100億〜130億円を見込む。市議会の付帯決議は、市民らに情報提供や意見聴取を実施し、議会の理解を得ることを予算凍結解除の条件としている。(久保田尚之)

(2019年6月25日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

3300 荷主研究者 :2019/07/28(日) 11:47:22

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46964050U9A700C1L83000/
2019/7/4 19:02 日本経済新聞 東京
東京メトロ丸ノ内線、方南町から直通運転 5日開始

3301 荷主研究者 :2019/08/24(土) 22:45:35
>>2808 >>3198
https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=557409&comment_sub_id=0&category_id=112
2019/7/29 中国新聞
連続立体交差事業の詳細設計へ

http://tohazugatali.web.fc2.com/tetsu/20190729chugoku01.JPG
http://tohazugatali.web.fc2.com/tetsu/20190729chugoku02.JPG

 広島都市圏東部のJR線を高架化する連続立体交差事業で、広島県と広島市は本年度、着工の前提となる詳細設計を始める。昨年2月に同県府中町と海田町を含む4者で基本合意した再検討案に基づき、広島市安芸区船越地区の大部分の高架化などを進める。県と市は設計費として計8億7千万円を本年度一般会計当初予算に計上済みで、3年程度かけて作業を終える考えだ。

 連続立体交差事業は、南区と安芸区、府中町、海田町を通るJR線計5・1キロを高架化する計画。昨年2月に4者で合意した再検討案に基づき、2018年度は概略設計を進めてきた。県と市によると、本年度中に始める詳細設計には3年程度かかる見通し。着工から完成までの事業期間は17年間を見込んでいる。

 詳細設計では高架の構造を決めたり、地盤の確認をしたりする。業務はJR西日本(大阪市)に委託する予定。設計費として本年度、県は2町の負担分を含めて5億2千万円、市は3億5千万円を確保した。

 県と市は着工の前提となる、鉄道の高架化を盛り込んだ都市計画決定も5月に変更した。それぞれの都市計画審議会が変更案を2月に可決し、国土交通省の同意を得た。現在は事業を進めるための認可を国交省に申請する準備を進めており、認められればJR西日本と協定を交わす。

 県と市は本年度、詳細設計のほかに地下埋設物の移設などの関連工事も計画する。本年度の事業費は計19億6300万円を見込む。県都市環境整備課は「詳細設計は着工に向けた大きな第一歩となる。踏切の撤去による安全確保と慢性的な渋滞の緩和へ、早期の完成を目指す」としている。

 事業は1991年に県市、両町が事業の推進組織を結成して動きだした。99年の都市計画決定では6・3キロを高架化する計画だったが、当時で960億円に上る事業費がネックとなった。このため事業主体の県と市は13年8月、高架化区間を大幅に短縮し、事業費を約4割減の570億円に圧縮する案をまとめた。

 しかし、町内の全区間で取りやめとなる海田町が反発。このため県と市は、海田市駅周辺を部分的に高架する見直し案を15年6月に公表した。18年1月には、船越地区の大部分も高架化する再検討案を示し、4者で合意した。再検討案の事業費は915億円となる。

3302 荷主研究者 :2019/08/24(土) 23:19:11

https://www.agara.co.jp/article/16179?rct=nnews
2019年07月31日 16時40分 紀伊民報
文里湾横断道路を都市計画に追加 田辺市、県と事業化協議へ

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20190731kii01.JPG
文里湾横断道路の地図

 和歌山県田辺市は、防災や観光振興などを担う路線と位置付ける「文里湾横断道路」を都市計画道路に追加したと発表した。追加は市町村合併後初めて。今後、県と事業化に向けた協議を始める。

 文里湾横断道路は同市文里2丁目を起点に、新庄町東跡ノ浦まで延長約1720メートル。2車線で幅員14メートル。湾をまたぐ橋の部分は約700メートル。船舶が支障なく航行できるよう桁下高さ25メートルを確保する。

 文里側は津波避難困難地域の住民らが迅速に避難できるよう地域の南側にルートを配置し、神島高校南側付近の県道文里湊線への接続を考えている。新庄側は県道南紀白浜空港線への接続を考え、神島台交差点付近で接続する。

 車道は3メートル。通学など自転車の利用が多く見込まれることから歩行者と自転車を分離して、自転車通行帯1・5メートルと歩道2・5メートルを確保する。自転車通行帯は緊急時に停車帯として利用可能で、両路肩に車両が停車した場合でも、緊急車両の通行が可能になる幅で計画している。

3303 とはずがたり :2019/09/20(金) 20:45:03
地下鉄延伸 3ルート案、意見募る 川崎市、判断材料に
https://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201909/CK2019091502000126.html
2019年9月15日

 横浜市営地下鉄ブルーラインのあざみ野駅(横浜市青葉区)から小田急線新百合ケ丘駅付近(川崎市麻生区)への延伸について、川崎市は十七日から、市内のルート三案への市民の意見を募る。本年度中のルート決定に向けた判断材料にするという。

 市は、スポーツ施設のヨネッティー王禅寺付近を通る「東側ルート」が、多方面へのバス路線があることなどから有力と判断している。他に、王禅寺公園付近を通る「中央ルート」、白山付近を通る「西側ルート」も候補に挙げている。

 市によると、概算事業費はそれぞれ、東側が千七百二十億円、中央が千六百九十億円、西側が千七百六十億円。このうち、市は二百億円程度を負担する。得られる便益を費用で割った「費用便益比」は、東側が一・五三に対し、中央が最も高い一・五九で、西側が一・四八。

 市と横浜市は八月下旬、麻生区役所など四会場で延伸に関する説明会を実施し、計千百六十一人が参加。川崎市によると、駅周辺のまちづくりに関することや、工事による住環境への影響、地下鉄の運行計画やバス路線再編などについて意見と質問があった。

 今回の川崎市の意見募集は、条例に基づく意見公募(パブリックコメント)とは異なる。受け付けた意見に対する市の見解を答えるかどうかなど、明確に決まっていない。担当者は「市は東側を有力と考えているが、幅広い意見があると思うので意見を寄せてほしい」と話した。

 募集は十月十六日まで。市の考え方やルート三案の特徴などを、市ホームページで公開している。九月十七日からは、川崎区の明治安田生命ビル内の市交通政策室と宮前、多摩、麻生の各区役所などで閲覧できる。問い合わせは、同室=電044(200)1976=へ。 (大平樹)

3304 荷主研究者 :2019/09/23(月) 14:04:54

https://www.sanyonews.jp/article/931430
2019年08月23日 12時46分 山陽新聞
路面電車 候補ルート7案提示へ 延伸・環状化で岡山市

http://tohazugatali.web.fc2.com/tetsu/20190823sanyo01.JPG

 岡山市の大森雅夫市長は23日、中心市街地の利便性アップを狙いに計画している路面電車の延伸・環状化で、新市民会館や市役所などへのアクセスを高める候補ルート7案をまとめ、27日に開く有識者らの検討会に示すと明らかにした。市は検討会の意見を踏まえ、各案の優先順位などを盛り込んだ計画を本年度中に策定する方針。

 7案は、JR岡山駅前から市役所方面▽市役所前から柳川筋の大雲寺交差点▽大雲寺交差点―京橋西詰めの新市民会館周辺▽桃太郎大通りの城下交差点から岡山城方面▽岡山大病院前を通る市役所―清輝橋間▽岡山駅西口から岡山大方面▽清輝橋から岡山赤十字病院方面。主要施設の立地や交通需要、採算性から整理した。軌道の通し方など詳細は今後詰める。

 検討会は学識者や町内会役員、交通事業者などから参加する委員15人で構成。自動車交通への影響や利用者予測、概算事業費を踏まえ、短期・中期・長期での優先順位、懸念される課題などを話し合う。

 会見で市長は「プライオリティー(優先順位)を付け、動かしていく。来年度には都市計画の手続きに移るための予備設計ができれば」と話した。

 路面電車は両備グループの岡山電気軌道が運行。現在は岡山駅前から柳川筋を経由する清輝橋線(2・1キロ)、城下筋経由の東山線(3・0キロ)の2路線が設けられている。延伸・環状化について、市は2001年に市役所筋での延伸を想定した社会実験を実施したが、具体化は断念。18年度から改めて検討を進めている。

3305 荷主研究者 :2019/09/23(月) 14:32:26

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49111510Y9A820C1L01000/
2019/8/28 19:12 日本経済新聞 電子版 北海道・東北
郡山の内環状線、都市計画決定から86年 いぜん工事中

3306 荷主研究者 :2019/09/23(月) 14:44:14

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49150420Z20C19A8L83000/
2019/8/30 5:00 日本経済新聞 電子版 東京
有楽町線延伸、メトロ「自分でやる」と言えないワケ
鉄道 地域と走る・東京メトロ(5)

3307 荷主研究者 :2019/09/23(月) 14:58:37

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49307510S9A900C1L41000/
2019/9/2 19:00 日本経済新聞 電子版 北海道・東北
復調の函館市電、利用者は観光客が3割

3308 荷主研究者 :2019/09/23(月) 15:20:40

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49390330U9A900C1L71000/
2019/9/4 12:08 日本経済新聞 南関東・静岡
千葉都市モノレール、延伸中止を正式決定 採算性低く

3309 荷主研究者 :2019/09/23(月) 15:21:06

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49410410U9A900C1L91000/
2019/9/4 19:14 日本経済新聞 中部
名古屋駅南の地下道整備、再開へ 市が調査費

3310 荷主研究者 :2019/09/23(月) 15:42:14

https://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201909/CK2019090502000162.html
2019年9月5日 東京新聞
千葉モノレール延伸撤回 病院、稲毛2ルート採算性低く

 千葉都市モノレールの延伸計画について、委託企業による検証結果を受け、千葉市は四日、計画を廃止すると発表した。検証の結果、約六百九十億円の整備費がかかる一方、採算性が低いと判断されたことなどが理由だという。

 千葉都市モノレールは一九八八年に開通。現在、千葉みなと-県庁前間と千葉-千城台間の計一五・二キロで営業している。延伸が計画されていたのは県庁前-市立青葉病院の病院ルートと、穴川-JR稲毛海岸の稲毛ルートの二区間で、二〇〇九年に初当選した熊谷俊人市長が計画を凍結。市は延伸可否の判断の検証を外部企業に委託していた。

 市によると、検証結果では、病院ルート(一・九キロ)は、民間バス路線の維持などで、利用者数の見込みが、〇五年の推計の四割以下の一日当たり三千二百人との試算が出て費用対効果が大幅に悪化。稲毛ルート(四・三キロ)も、採算が取れないとした。

 有識者として検証に参加した東京理科大の寺部慎太郎教授は「延伸費用の一部を、バス走行環境の改善に活用すべきだ」と指摘。熊谷市長は「事業の費用対効果と、モノレール会社の経営に与える影響から総合的に判断した」とコメントした。 (丸山将吾)

3311 荷主研究者 :2019/09/23(月) 15:46:06

https://this.kiji.is/542165469409051745?c=92619697908483575
2019/9/5 11:05 (JST)c株式会社熊本日日新聞社
熊本市電、3億円黒字 乗客8年連続で1000万人超

乗客数が8年連続1千万人を超えた市電。2018年度の交通事業会計の経常利益は3億円になった=熊本市中央区

 熊本市は、2018年度の交通事業会計決算を公表した。市電の経常利益は前年度比10・7%増の3億100万円で、10年連続の黒字となった。

 乗客数は1108万156人。平成最多だった17年度から0・1%減とほぼ横ばいで、8年連続で1千万人を超えた。収益の7割を占める運賃収入も15億9506万円と前年度並みを維持した。

 退職者が前年度より1人増え、市の一般会計からの補助が増えたこともあり、収益は0・7%増の22億6906万円だった。

 一方の費用は0・7%減の19億6806万円。約6割を占める人件費は職員の平均年齢が下がったため1・4%減。企業債の償還も進み、支払利息も10・9%減った。

 だが外部監査の指摘を受け、退職金引当金7億1千万円を特別損失に計上したため、純損益は4億3310万円の赤字となった。市交通局は「今回に限った損失の計上で、19年度は純損益も黒字になる」とみている。

 市交通局によると、今年4月以降の乗客数は18年度並み。桜町再開発ビルの開業や熊本城天守閣の特別公開を控えていることから、乗客数の伸びに期待している。(高橋俊啓)

(2019年9月5日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

3312 荷主研究者 :2019/09/29(日) 19:41:35

https://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20190910/CK2019091002000023.html
2019年9月10日 中日新聞
笹島地下通路に調査費 名古屋市が予算案

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/PK2019090902100197_size0.jpg

 名古屋市は、名古屋駅と南側の再開発地区「ささしまライブ24」をつなぐ地下通路の整備に向けた調査費千五百万円を本年度一般会計の九月補正予算案に計上し、十日開会の市議会九月定例会に提出する。難色を示してきた河村たかし市長が求める通路や周辺地域のにぎわいづくりの可能性を探り、整備構想の公表から十年越しの事業化につなげる狙いがある。

 調査では、商店街の設置を含めた地下通路の構造▽現行構想ではささしま地区の直前で終点となる通路の地区内への延伸の可否▽名鉄などによる通路に隣接した新駅設置の可能性▽通路の反対側に広がる名駅南地区や中川運河周辺のにぎわいづくり-の四項目を検討。年度内に報告書を作成し、新たな通路整備構想の案とともに公表する。

 地下通路の整備構想は市が二〇一〇年度に表明。一二年度には名駅通の笹島交差点南側から下広井町交差点南側の三百九十メートルに動く歩道二列と七カ所の地上出口を設ける総工費百三十四億円の計画概要を公表した。

 だが、出口付近の地権者との交渉の難航に加え、一七年ごろから河村市長が「地上のにぎわいが失われる」として通路整備への懸念を表明。シャトルバスや空中ゴンドラといった代替案を披露するなどしたため、事業構想は空転していた。

 一方で、ささしま地区には大学やホテル、複合商業施設グローバルゲートなどが相次いで開業し、下広井町交差点を午前七時からの十二時間に歩く人は平均で約二万人。歩道が狭く安全性の問題もあることから、地下通路整備を期待し地区内に進出した民間企業が市や県に要望活動を展開していた。

 ようやく進展したのは今年六月の定例議会。河村市長が「地区が面白くなるのであれば地下通路を造ってもよいのでは」と、今回の調査項目の検討を条件に容認へ転じる姿勢を見せた。

 名鉄が一七年に発表した新駅ビル計画では建物が笹島交差点をまたぐ形で南側へ延びるため、市の地下通路構想との連動が期待できる。名駅南地区には劇団四季劇場が進出し、ささしま地区に続く中川運河の堀止でも商業施設の整備に向けた調査が始まるなど、市長が求めるにぎわいを生む動きも起き始めている。

 市住宅都市局の担当者は「調査結果と一二年度の計画概要をベースに、なるべく事業費が膨らまない形でにぎわいにつながる構想案を提示したい」と話す。

 (谷悠己)

3313 荷主研究者 :2019/09/29(日) 19:58:08

https://www.minyu-net.com/news/news/FM20190916-415321.php
2019年09月16日 08時30分 福島民友新聞
「笹川大善寺線」開通 郡山で渡り初め、国道49号の渋滞緩和へ

住民たちも多く参加した笹川大善寺線の渡り初め

 福島県郡山市が市南部に整備を進めていた都市計画道路笹川大善寺線は15日、開通した。

 安全祈願祭に続いて開通式が行われ、品川萬里市長が「供用開始を契機に、県全体の復興発展に貢献したい」とあいさつ。テープカットとくす玉割りが行われた後、景山好美さん・マサ子さんら三代夫婦が渡り初めを行った。地域住民も後に続き、地域の新たなインフラ完成を祝った。

 笹川大善寺線は県道須賀川二本松線と国道49号を結ぶ延長約2.4キロで、1988年から整備。市によると、開通によって国道49号の渋滞緩和や東北道郡山南インターチェンジへのアクセス向上などが見込まれるという。総工費は約73億円。

3314 荷主研究者 :2019/10/14(月) 12:13:10
>>3270
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/348450?rct=n_hokkaido
2019年09/26 07:55 北海道新聞
札幌市、地下鉄清田延伸に慎重 人口減で採算懸念 市電は検討継続 交通計画骨子まとめる

 札幌市は、市内の交通インフラに関する基本方針「市総合交通計画」の改定案の骨子をまとめ、市営地下鉄東豊線の清田方面への延伸について、人口減少による採算性の懸念などを記し、慎重姿勢をにじませた。市電の延伸については検討を継続する方針とした。市は2020年3月に新しい計画内容を決定する。

 市は現在、11〜30年の交通計画の中間改定を行っている。骨子には、地下鉄東豊線の清田方面への延伸について、「清田区の人口が減少している」「建設費が上昇している」などの要素を挙げ、「事業採算性などを勘案した慎重な検討が必要」と記述した。

 地下鉄事業では、1971年開業の南北線など、各路線の設備が老朽化しており、車両基地の改修や高架橋の耐震化が必要。市は、健全経営のため計画的に投資しなければならないと判断、延伸に慎重な姿勢に傾いた。一方、地下鉄の機能強化策として、外国人観光客の増加や超高齢化社会に対応するため、案内表示の多言語化やエレベーターを増設し、環境整備に取り組むことを盛り込んだ。

 市電に関しては「都心(JR札幌駅方面)、創成川以東(苗穂駅方面)、桑園の3地域への延伸の検討を継続する」とした。19〜20年度には、延伸した際の事業費や採算性の試算を行う。調査では延伸を想定する各路線沿いの人口や商業施設の数を基に、停留場の設置場所などの検討も行う。

 ただ、市電延伸に関しても、競合するバス路線との調整、大通地区と札幌駅前地区を結ぶ札幌駅前通地下歩行空間(チカホ)の利用者数も加味する必要があり、市は「今回の調査結果を踏まえ、延伸の実現可能性を見極めたい」(都市交通課)とした。

 そのほか、市は人件費抑制で経営安定を図るため、運行を別事業者に委託する「上下分離」を20年度中に行う方針。停留場との段差がない低床車両の導入を進めるなどし、次世代型の路面電車(LRT)化も進める。(袖山香織)

3315 荷主研究者 :2019/10/14(月) 12:32:34

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/350431?rct=n_hokkaido
2019年10/02 05:00 北海道新聞
岩見沢「西20丁目通」北に延伸へ 函館線またぐ陸橋を想定

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20191002hokkaido01.JPG

 【岩見沢】市は、国道12号と市内中心部の4条通をつなぐ市道「西20丁目通」の北側への延伸を検討している。4条通から北3条通を結ぶ区間で、JR函館線をまたぐ陸橋も整備する想定。市は、今月中に市都市計画審議会に計画を示し、本年度中に事業化の前提となる都市計画決定を目指す。

 市によると、延伸する区間は約800メートル。JR線の下をアンダーパスで通る道道美唄達布岩見沢線の約1キロ札幌側に位置する。JR線北側と市内中心部のアクセス向上が目的で、都市計画決定後、道やJR北海道との協議に入り、用地取得に向けた準備などを進める。

 着工時期は未定だが、陸橋の整備なども含め、事業費は30億〜40億円程度になる見通し。

 西20丁目通の延伸は、市の都市計画マスタープランに盛り込まれた都市内ループ道路の整備の一環。市の担当者は「関係機関との調整もあり、具体的な工期は固まっていないが、なるべく早く事業化できるように準備を進める」と話す。

 市は都市計画審議会への提案に先立ち、JR線北側の若松地区や南側の大和地区などの住民に対し事業概要を説明した。JR線北側の町内会関係者は「買い物などで線路を越えて南側に行くときは、遠回りしなければならず、早く陸橋を整備してほしい」と延伸の事業化に期待する。一方、「説明会に出たが、事業費も多額で、本当に必要な整備か疑問」(北側の女性住民)との声もある。

 市は北3条通を西側に延ばし国道12号とつなげる整備を都市計画決定していたが、今回の整備計画が決まり次第、北3条通の延伸計画は廃止する。(中沢弘一、石川実和)


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

STEEL BALL RUN 15 ジョジョの奇妙な冒険 Part7 (集英社文庫 あ 41-71) - 荒木 飛呂彦


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板