したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

2019/10/13(日)「差異と反復」第1章を読む

1 横山信幸 :2019/08/12(月) 21:45:06
○2019年10月13日(日)69回例会
テーマ:ドゥルーズ「差異と反復」第1章を読む
発表者:横山
ドゥルーズ「差異と反復」のとりあえず第1章だけについて、その読解に挑戦します。「差異」とは何かについて、アリストテレス・スコトゥス・スピノザ・ニーチェ・ライプニッツ・ヘーゲルの哲学との関連からその意図を探ってみたいと思います。
場所:浪速区民センター第4会議室

よろしくお願いします

2 ウラサキ :2019/08/17(土) 08:40:46
横山さん、
大阪市立図書館には『差異と反復』の訳本が、
古いハードカバー版しか所蔵されていないようですが、
訳者は文庫版と同じ財津理さんですので、訳文に改訂はないでしょうか?

3 横山信幸 :2019/08/17(土) 10:09:03
ウラサキさん、
文庫本の最終ページに「本書は1992年、河出書房新社より単行本として刊行されました。」と書かれてあるだけです。
改訂に関することをふくめてそれ以上の説明書きが無いみたいですので、
おそらく文庫も単行本もその訳に大きな違いはないと思います

4 横山信幸 :2019/09/16(月) 15:34:39
「差異と反復」を読みます。
ですが、その読書基盤として古代から2世紀までの哲学の素養が必要なうえに、
その記述文章も読みにくく、さらに、その哲学自体が独特なものであるので、
僕の読解が、かなりの確率で的外れになると思います。
なので、プラトン、アリストテレス、スコトゥス、スピノザ、ニーチェ、ライプニッツ、ヘーゲル、ハイデガー、その他の哲学などを教えてもらいながら、その読みを検討し、できれば修正したいなあ。と思っています。

僕の読解の内容は
ttp://sets.cocolog-nifty.com/blog/240.html
に挙げてます。そこから、本筋のところだけピックアップして発表したいと思っています。

5 横山信幸 :2019/09/16(月) 15:36:16
ミス訂正

2世紀 → 20世紀


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

小林さんちのメイドラゴン : 1 (アクションコミックス) - クール教信者


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板