したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

悟りを目指している方

1 ラピ。 :2013/07/16(火) 21:50:18
悟りの状態は目指して至れるものではありません。
なぜなら、悟りを目的とすること自体、
悟りを遠ざけてしまうからです。

でも日々、頑張っている方の書き込み、お待ちしています。

2 あーみん。 :2013/08/01(木) 22:09:02
本当に色々とありがとうございました。。

こんなに真剣に向き合ってくださって本当に嬉しいです。。

「とことん人のために生きる」とは、今の強い自我を持ったまま実行すると考えると、私の場合は強いストレスを感じます。

「そんな生き方したくないよ!」と心が叫んでいます。

これは自我の叫びでしょうか。。

この叫びを無視して実行すればよいですか?確かに今まで私が耳にした悟り系?のアドバイスとは逆行してますね^^

ん〜・・自信ないですが、とにかく考えずに(考えても答えは出ないことだけは分かりますので)実行に移してみます!

本当にありがとうございます!

3 ラピ。 :2013/08/01(木) 22:12:54
そのストレス、すごくわかります。
まさしく自我の叫びであり、幻想の叫びですね。

彼岸にわたるためには激流が必要だと言われています。

そして私も実際その激流を渡りました。

もし、その自我の声に従えば自我は静まるでしょう。
激流ではなくなります。

そして、、、?

何も起こらないし、変わりません。
今までと一緒です。

潜んだだけで自我は消えていません。

確かにあーみん。たんの聞いていた教えとは反対かもしれないですね。

私もその反対の教えをやった経験があるのでいろいろわかります。

でも、私がその教えを実践してるとき、明らかにぬるま湯で
激流なんて起こりませんでした。

そして、その状態は自我の影響下でした。

自我と共にぬるま湯ですごすか、思い切ってそこから飛び出すか。
それは分かれ道になります。

思い切って飛び出でたら 今まで通ったことのない道だろうし、
不安もあると思います。

でもこの不安も自我の声であり、幻です。

釈迦の教えで言うと 「悪魔の声」と言うそうです。

だから無視してもいい声なのです。

自分の気持ちを無視することに抵抗がありますか?

でも至ってしまえばこの「私」は幻想の何ものでもありません。

そもそもこの「私」の存在がいろんな感情の原因になっていて
私たちに影響を与えているのです。

不安や、ストレスなどの原因なのです。

その「私」にしがみつく必要があるでしょうか?

今まで慣れていた「私」を手放すのは勇気がいると思いますが、
(実はこれも自我の声だったりします)
どうぞやってみてくださいね!


ちなみに自我を消そうとすればご存知のとおり、
ますます自我の存在を強めてしまいます。

では、どうすればいいのか?

自然と自我がなくなる方向へ、
自我が存在できない方向へ
行動すればいいのです。

それが「私のため」ではなく「人のため」です。

ちなみに「私のため」は自我の存在を大きくしてしまいます。


また、「喜んでなんでもする」の実践も自我が存在できません。

この実践をとことんするためには自我の声を無視しなければ実践できないからです。

(「嫌だ〜」という自我の声を無視しなければ「喜んで」ができないですよね)

あーみん。たん、私はとことんそれをしました。

でも一時期、スピリチュアルに浸っていたときは悟りの道からそれていました。

それでも、私なりに一生懸命やってました。
(いつでもとことんです!)
間違った道でも一生懸命すれば気づきがあり、それが間違っていることがわかります。

だから、どんな道もとりあえず、思いっきり進めばいいと思います。

そして、ある日、チャンスは訪れます。

あーみん。たんのチャンスの第一弾は今だと思います。

この道の途中、いろいろあると思いますが私たちはどの瞬間も応援しています!!!

どの瞬間もです。

あーみん。たんの言うとおり、考えても答えは出ません。

今考えて出る答えはこの次元での答えなので限界があります。

至れば別次元ですからその別次元を考えてもそれらは単なる想像になっちゃいます。

(*・ω・*)ポッ

4 <削除> :<削除>
<削除>

5 あーみん。 :2013/08/01(木) 22:22:11
ありがとうございます。。
お言葉のひとつひとつが身に沁みます。。

今は、「とことん人のため」を実践しつつありますが、
いかに自分が自分中心でしか生きていないか、が
まざまざと分かります。。
なので実践してるつもりなだけであって、
全く実践出来ていないというのが実情です^^;

また、どこまでが「人のため」なのか。。
とつい考えてしまいます。
いわゆるスピリチュアルで
「自分のためにすることが他人のためでもある」と聞き、
それを実感することもあったからです。
逆に、自我で考える「人のため」が必ずしも
その人のためにならないような気もするので
その場その場で「これをすることが本当に人のため?」
という疑問がつきまといます。。


例えば子供のことで考えると、
「子供が将来自立出来るようにサポートすること」が
「子供のため」と考えますが、それは突き詰めれば
「自分のため」でもあると自覚していますので
このやり方でいいのだろうか。。?と考えます。
常に自我が「本当にそのやり方で合っているの?」
と語りかけてくる感じです^^

あ、掲示板があることに今日気づきました!
次からそちらに書き込みますね^^

6 ラピ。 :2013/08/01(木) 23:13:11
あーみん。たん、コメントのやり取りをこちらに移動させました。(*・ω・*)ポッ

4の削除はあーみん。たんのコメントを間違ってラピ。の名前で投稿してしまったからです。(;´▽`A``

さて!あーみん。たん!実践されているのですね!
そうですね、、、。
まずスピリチュアルな教えはいったん手放してください。忘れてください。
その疑問は私もスピリチュアルを学んでから持ったことがあります。
でもスピリチュアルを知らなかったときはそんな疑問、わきませんでした。

だから何も知らない子供の気持ちのようにただただ実践です。
スピリチュアルを学ばなければそんな疑問は浮かびませんから。

そしてあーみん。たんが言っているように
その声はまさしく「自我」の声。
あーみん。たん、その声を聞いて立ち止まってしまっては
自我の思うつぼですよ。

子供のことの例え、わかります。
でも、そうであるかもしれないし、そうでないかもしれないことを思考しています。
それは単なる思考であって自分の行動を遮ろうとしている「自我」の声です。

「本当にこのやり方であってるの?」

なかなかなことを自我は言いますね(笑)
でも、それはまさしく悪魔の声で無視してもいい声です。

これからも実践していると、いろんな「自我」の声に出会うと思います。
なぜ、自我がこんなに叫んでいるのか?
自我が消されるのを怖がっているからです。
そしてその実践を止めようとしているからです。

悟るとは自我が消えること とも表現できます。

今、実践であーみん。たんは「自我」の声を聞いていますね。
自我が語りかけてきたとき、どう対応すればいいのか?

もう、お分かりだと思います。

自我は巧みに語りかけてきます。
それは幻です。

語りかけられた言葉によってあーみん。たんはどうなってますか?
思考が始まってますね。
何か、答えを出そうとしていますね。どうでしょうか?


ちなみにこの実践の別の意味をお伝えしますね。

この世界の言葉は常に反対の意味を含んでます。
「人のため」は「自分のため」という言葉があるから存在してるのであって
「人のため」という時、「自分のため」という意味も含んでいます。

さて、これを思いっきり躊躇なく一つに傾けてください。

「自分のため」という意味がないと存在できない「人のため」を
思いっ切り「人のため」に偏らせるのです。

ひたすら「人のため」、「人のため」
そうすると「自分のため」はどうなると思いますか?

「自分のため」が自己主張しようとしてきます。(それがあーみん。たんが聞いた自我の声です)
振り子を見てみると、ある片方に思いっきり振った時、その後、思いっきり反対側に振られますよね。

だから偏れば偏るほどその反動も大きくなるのです。

それでも反対側に振られないよう、一方のほうにばっかりに向け続けたらどうなるでしょう?
(ここが勝負どころです。)

実は両方とも存在できなくなるのです。

片割れがなくなると、もう片割れも存在できなくなるのです。

「自分のため」を無視して「人のため」ばかりしてると、そのうち「自分のため」が存在できなくなり、
「人のため」だけが残るかと言えばそうではなく、
両方消滅してしまうのです。

ちなみにここで 『では、「自分のため」 に思いっきり傾いてもいいんじゃないの?』
という疑問がわくかもしれません。

実は実践は2種類あって、自我を消す方向の実践と自我をますます増大させてしまう実践があります。

自我を消す方向の実践とは一般的に言われている「奉仕」とか「いいこと」とか。 まさしく「ひとのため」もそうです。
自我を増大させてしまう実践はその反対です。

間違った方向の努力は、ベクトルが反対ですからますます真理から離れて進んでしまいます。真理に背を向けて歩くのですから、真理からますます離れてしまいますよね。
その方向だけは間違ってはいけないです。

「ひとのため」のベクトルは大丈夫です。
私がその実践をやって結果を出していますので大丈夫です。

(*・ω・*)ポッ

7 あーみん。 :2013/08/03(土) 12:12:08
ありがとうございます!

確かに、今まで試したことのない、それでいて、
とても効果的な実践方法だと感じています。
ただ、それだけに、実践に要するエネルギーも半端じゃないです。。
(特に私のように自我の強い人間にとっては^^;)

最初はこの「喜んで 人のために」を少し誤解していましたので、
言葉は悪いですが、それじゃあスピリチュアルをかじり始めた頃の
「偽善者」に逆戻りしてしまう。。と考えてしまっていました。
(↑自我の妨害思考ですかね〜^^;)

でも、多分ラピ。さんがおっしゃっていることは
そういうことではないはず、という信頼感と、
ぐだぐだ考えずにとにかく実践してみようという思いで、スタートしました。

そしてまだほんの少ししか実践出来ていないのですが、
普段なら面倒臭がって絶対やらないようなことを、次々躊躇なく
やり勧めていくうちに、「自我」が明らかに黙り込んでいる様子が
感じられました。

そして、今回のラピ。さんの説明ではっきりしました。
これは、確かにとことんやり続けることは、本当に難しい。
難しいけれど、私が今出来ることの中で最短の道である、
と思います。

普段はやっぱり自我と同一化してしまっていることが多いので、
「そんなのやりたくない!」「そんなことしてたら他のことが出来ないよ」
「そこまでして私は悟りたいの?」「もういいんじゃない?」
「どうしてもやりたいなら、少しずつやっていけば?」「無理しちゃだめ」

頭の中はこんな言葉のオンパレードです^^;

自分が今どうするべきか知っているのに知らないふりをしてしまう、
自分(自我)との戦いです。まさに自分の中での精神戦ですね。。

そして正直に言うと、今は、これを最後までやり通せる自信が全くありません。。
それでもきっと、この道をあきらめることだけは出来ないのだろう。
だから今はやるしかない、と思ってやっています。
どこまで行けるか分かりませんが、やれるところまでやってみます。


毎日のように繰り返し読んでいた、悟り系?の本たち
(インドの覚者やらエックハルトトールさんやら津留晃一さんやら。。)
から離れて、今はとにかく、ラピ。さんのアドバイス一本に絞ろうと思います。
うまく出来なくても、考えずに、ひたすらやってみようと。

また気づいたことや壁にぶつかったりしたら、報告にまいります。
いつもありがとうございます!

8 ラピ。 :2013/08/03(土) 16:26:53
あーみん。たん♪

そうです、これをまじめにやったら大変なんです。
だから、私は「人のため」プラス「自分を捨てて」も付け加えてました。

大変だと思う自分すらも捨てて、ということです。自我に思う暇を与えませんでした。
そうすれば自我が邪魔をすることはできません。
そしてひたすら実践でした。

「偽善者」というのも、お分かりのように単なる意味づけです。
単なる実践にそうやって意味をつけて思考させようとしている自我の声ですね。
偽善者であろうがそうでなかろうが実践には関係ありません。

だから、この道を進みたいのであればその声は無視です。
その声を聞き入れてしまったら、逆戻りして歩けません。

この方法は確実な実践法です。
シンプルで、とっても効果のある方法です。

そして、もし至れなくても
かなりのものを(求めていなくても、求めないからこそ)いつのまにか得ていると思います。
無駄には決してなりませんからね。

「次々躊躇なく。」

いいですね!
何か思う暇もなく実践すると、実はできてしまうでしょう?
自我の声、それが行動を阻止したり、立ち止まらせようとするのです。
自我が声を出す暇もないくらいに実践できれば、
なにも邪魔することはできません。

あーみん。たんはたくさんの自我の声に気づいてますね。
うん。それでもそれを無視して実践するだけです。

自我との戦い。
まさしく悪魔との戦いです。
お釈迦様もその戦いを経て悟られていますね。

だからここは避けて通れない道です。
これが激流といわれているものでそこを渡った先が彼岸です。

あーみん。たんの読んだのは、エックハルトトールさんや津留さん、
インドの覚者さんの本なんですね。

前のお二人の話は私も読みました。

でも、エックハルトトールさんの本の内容は忘れてしまった、、、。

津留さんの記事はインターネットで見れますね。
この方の記事は、起こった現象への対処法としてはいいと思いますが
至る方法としては激流が起こらないのでちょっと何かが足りないですね。

ちなみに「自信がない」とのことですが、それも自我の声です。
なんの根拠があってそう思うと思いますか?

まったく根拠はありません。

ここで利用できる言葉は「大丈夫、できる!」です。

私はこの言葉を利用してどんなときも自分を奮い立たせました。
これは、かなり力になってくれた言葉です。
至るギリギリまで使ってました。
最後にはできようができまいがそんなこと関係なく進むしかなかったのですが、、、。

この道はあーみん。たんが思ってるように
自我との戦いで、楽ではありません。

だからこそ、行く価値があります。

悟りが簡単だったら誰もが悟れていると思います。

悟り人が少ないのはなぜか?

それは狭き門であり、誰もが通れる道ではないからです。

あーみん。たんは知ってしまったのだからもう実践するしかないですね。
覚悟が必要かもしれません。

先を見ず、ただただ今、実践をがんばってくださいね!
いつでも応援しています!!

いつでも書き込みどうぞ!


ちなみに余談ですが(ブログにも書きましたが)私がこの実践をしたきっかけは
かつて、わがまま放題だった自分に気づき、何かに問いかけたことからでした。

「こんな私はどう生きればいいのだろう?」
そのときに来たひらめきが「自分を捨てて、なんでも心から喜んでしよう」でした。

だから私はこのひらめきにある意味、人生をかけたのでした。
これがすべてのスタートです。

実はこの時はこの実践の意味もわからずやっていました。
無条件でその教えをやってました。

でもそうしなければ生きていけなかった。
それしかないくらいの勢いで、そればかりしていました。

(*・ω・*)ポッ

9 えっこ :2013/08/03(土) 19:34:00
ラピ。さん、こんばんは。
あーみんさんとラピ。さんのやりとりものすごく勉強になります。
私もエックハルト・トールさんや本やyoutubeを見て、スピリチュアル系に
どっぷりでしたので、参考になるところばかりです。

さて、私も実践中です。でも、やはり仕事・日常生活などで無意識に
なってしまうのです。
ラピ。さんはいつも「意識」とどのように向き合っていたのでしょうか?

どんな時も意識を意識してたってことですか??
意識から離れること無く、「人のため」「自分を捨てる」を常に実践
していたってことですよね??

1週間続けるだけでも大変そうですが、やります。

PS
実践している事自体忘れてしまいがちなので、
目に見えるよう腕輪でも買おうと思っています。。。

10 ラピ。 :2013/08/04(日) 00:48:26
おお!えっこたん♪いらっしゃい!
えっこたんも実践してるんやね!

うん、うん。スピリチュアル系の教えは今の状態を改善したり
言い方を変えたらごまかせたりできますが一時しのぎが多いです。

それが(いろんな段階があると思うので)その時必要な人もいるかもしれませんが
ずっとまじめに実践していたら、行き詰ると思います。

そういう人こそが根本的な解決を求めるようになります。

えっこたん、無意識になってしまうとのことですが
私の場合は、実践初めのころは自分に「さぁするぞ!」
と常に意図的に奮い立たせて実践していました。

腕輪がその奮い立たせる役目になると思うのでその方法はいいですね。
腕輪を見るたびに思い出して意図的に実践する、という感じですね?

腕輪が決心の証ですね。

ちなみに実践はそれによってその意識の声が聞こえたとしても
それを無視して実践します。

実践によって「私」(意識)の声により葛藤が起こるかもですが
その葛藤に負けずにさらに実践するのです。

だから「意識」=私とともに常にあろうとするのではなく
「意識」=私に対処していく、という感じです。

えっこたんが今表現している(知っている)「意識」は永遠の意識ではなく
幻の意識=私です。
無意識と意識的という、相反する意味を含んだ「意識」であり、
絶対的意識ではありません。

だから、実践しながら主張してきたら無視し捨て去っていくものです。
今は「私」、「意識」より実践を第一にしてください。
その「意識」(私)は本物ではありません。真実ではありません。

至ったらそれは消えてしまいますからね。
逆にいえば、それがまだあるうちは、至れていません。

ちなみに無意識についてですが、日常過ごしていると、毎日の繰り返しで
意図しなくてもできることがたくさんあると思います。
たとえば歩くこととか、食べることとか。
意識しなくても勝手にできてしまいますね。

これは意識と関係なしに体が勝手に動いてる状況です。

そして意識はどうなってるかというと
別のところにいってしまっている、
または別のことをしている、という感じですね。

慣れていないときこそ意図していかないと、実践することを忘れてしまいます。
忘れて意識は違うことをし始めます。

だから意図的、意識的に常に実践します。

この訓練に効くのが「喜んで」です。

どんなときも喜んでするのです。どんなときも、です。
人のためだけだと、対象がいなければ実践しにくいときもあるけど
「喜んで」だと常にできるし なんにでも使えます。

水を飲むときも、ご飯を食べるときも、もちろん「人のために」もどんなときも、
例外なし。

「バカみたい」と思う時があるかもしれませんが
それまた自我の声ですので気にせず、思いっきりバカになっちゃってください。
バカになれると無敵です。

ちなみに、「私」が消えることが至ることであったなら
なぜ、わざわざ「私」を奮い起こすのでしょう?

実践してるとわかると思いますが「私・自我」は
その声が聞けてその存在を実感し、
その時にはじめて効果的に「私」に働きかけることができます。

見えないものに働きかけることはできません。
現れてきてはじめてそれに働きかけることができるのです。

だから自我が強い人はチャンスがあります。
なぜならすぐに自我が主張するので
その現れた自我に対して働きかけることがたくさんできるからです。

ちなみに無意識で「私」がどこかに行ってしまうことと、至って「私」がいなくなることは
まったく違います。

「無意識」のときは、なにかきっかけがあれば「私」が主張してきます。
「私」がいなくなったのではなくてさまよったり眠ってるだけです。

至ってしまうと「私」そのものがなくなって
無意識、意識的のような相反する意味のものが存在しません。

至った状態で行動するときは 無意識でも意識的でもなく
行動そのものになっています。

「私」が行動しているのではなくて
行動そのものになっている、という感じです。

(*・ω・*)ポッ

11 えっこ :2013/08/04(日) 23:35:35
ラピ。さん、ありがとうございます。
頂いたお返事、何度も何度も読んでいます。
理解に時間がかかり、まだよく分かっていないのですが、
繰り返し読みながら実践に集中している次第です。

実践、いやぁ、難しいですね。これは、かなりの忍耐ですね。
今日一日やってみましたが、すぐに忘れちゃうし、疲れちゃいます。
これも自我なんですよね・・・。
起きている間中ずっと「喜んでする」「感謝してする」
をすることは並大抵のことではないですね。

あとですね、、、、
「嫌々ではなく、喜んでお掃除するようになった私ってなんか気持ちいい」
とか「私って偉い!!」なんて自己満足してしまう「私」が出てきちゃいます。
なんと言う傲慢な「私」!!!!ってがっかりしちゃいます。。。

12 ラピ。 :2013/08/05(月) 07:02:13
えっこたん♪

うん、実践に集中、それが一番です!
私の言葉も捨てて実践、それでいいのです。

実践中、「私」の声を聞いていろんな気もちになってますね。
それはご存じのとおり、幻の声。無視していい声です。

でも実際はその声がえっこたんに影響を及ぼしてますね。
でも、そのまま、そのまま実践あるのみです!

自分を定義づけるのは「私」です。

私にはそんな定義づけはありませんよん。
(*・ω・*)ポッ

13 monica :2013/08/07(水) 12:28:02
こんにちは☆みなさん
わたしにとって悟り、自由になるとは
その道しかないからです
そっちに進むしかありませんし、他への興味もほぼなくなりました

あとは決心の連続を続けていくだけなんですが
決心を忘れてしまうことが多いです・・・笑

ラピさん いつもありがとうございます

14 ラピ。 :2013/08/08(木) 01:15:26
おお!monicaたん、ようこそ!

みんなの志は同じだと思うので
みんなで交流できたら、と思います!

どうぞ、よろしくね!

monicaたんもいろいろな経験をして
ここまで来ましたか?

他への興味がない、ということだったら
もう実践まっしぐらですね!

ちなみに決心を忘れているときは
何をしてたり、どういう思いになってるのかな?

どの瞬間も実践ですから
さまよう心をしっかり捕まえて
そしてその心すら無視して
ひたすら実践でするといいと思います!

(*・ω・*)ポッ

15 monica :2013/08/08(木) 09:03:43
おはようございます☆みなさん
そうですね どの瞬間も実践。
これだけなんですよね!

わたしが実践を忘れてしまう時は、人と話をしている時が
多いです。それも相手の話を聞いてる時で、
つい相手の世界に入ってしまい忘れています。。。
逆に実践できてる時は一人のときです!

実践、神さまと共にいる喜びを感じていきたいです
ありがとうございます

16 ラピ。 :2013/08/09(金) 00:34:43
monicaたん、こんばんは!

人と話しているとき、ですね。なるほどです。

相対的世界では無意識と意識的が交互にやってきます。
人と話す時もその状態の繰り返しです。

この話すこと、聞くことをすべて意識的にしようとすると
いかにそれまでは無意識にやっていたかがわかります。
実際、話してもないし、聞いてもいなかったのです。

常になにかがが付随している行動であって、
純粋な行動ではなかったのです。

そしてほんとうにすべて意識的に実践をやっていったら、
「今までどうやっていたんだろう?」とわからなります。

私の場合、この話す場面でも常に「どんな時も喜んで」でした。
やると決めた実践は例外なしだからです。
(だからどんな実践をするかを決める時は
じっくり考える必要があります。決めたら迷わずまっしぐらです。)

そしてとことん実践し始めると、無意識でいることができなくなりました。
「無意識」という逃げ場を認めませんでした。

はっきり言って、この状態は厳しいです。

無意識になろうとする自分(機械的に反応する自分)を
常に「意識的=喜んで」の方向にむけつづけ
あっちこっち行こうとする「私」の自由を許さないのです。

monicaたん、の実践は「神さまとともにいる喜びを常に感じていく」なのかな?

もし、その実践をするのなら、誰かと話してる時も、何かをしているときも
常に神と共にあるよう心がけてください。
そして常に喜びを感じていってください。
(ちなみに最終的には「神」も「共に」も「喜び」も消えてなくなります)

そういうのをを忘れてしまうのかもだけど、
他に興味がない、それしかない、という真剣な思いがあれば
できると思います。

ただ、これはかなりの決心がいると思います。

monicaたんの前の書き込みから
真剣にこの道を歩く決心をしてるのだな、と捉え
書かせていただきました。

(*・ω・*)ポッ

17 monica :2013/08/09(金) 12:58:59
こんにちは☆みなさん

徹底的にやりぬく覚悟を決めました!!!
ラピさん アドバイスありがとうございました。
o(((*`・Д・´*)))oZO゚.:。+゚

18 ラピ。 :2013/08/09(金) 23:28:37
monicaたん、こんばんは!

この道、簡単な道ではありませんよ。

でも覚悟を決めたのですね!

とことん実践、どんな瞬間も応援しているからね!

がんばってね!
(*・ω・*)ポッ

19 えっこ :2013/08/10(土) 22:12:20
こんばんは。monicaさんとのやり取り、とても参考になりました。
ありがとうございます。私も仕事中や人とお話をしている時は
実践を忘れてしまうので・・・。

あと、私は傲慢や見下しがとても酷いので、T師匠の
「世界の中で子供を含むどんな人物より一番至らない
愚かな者の立場まで落とさなければならないのです」
と言うお言葉はとても胸に響きました。
私は、自分を自分で下に置かなければダメな高飛車女の人生で終わってしまう・・・と
思いました。
なぜなら、私は比較的恵まれた家庭や職業等があり、心の奥底ではいつも人を
見下しているのです。私は吐き気がする程最低な人間なのです。
いつも感謝どころか見下しているのですよ・・・泣
ほんとに情けない程、嫌な奴なのです。
自分のことを考えると吐き気がします。神から最も遠い人間かもしれません。

色々と揺らいでいましたが、
私の実践は「どんな時も感謝と尊敬の気持ちをもつ」にしました。
何年かかるでしょうか?でも、
実践、実践、実践、実践!!!

20 ラピ。 :2013/08/10(土) 23:45:34
えっこたん、こんばんは!

みんなのやり取りがお互いの学びになって、うれしいです。

えっこたんの引用した師の言葉、この言葉は素晴らしい教えです。

私も昔はわがまま放題で、そんな自分について反省し、
どう生きたらいいかを問うて実践を始めました。

その師の言葉を言い換えたら「下から」です。(これも師の言葉です)

私は常に「下から」を心がけました。
どんな人よりもどんな現象、出来事よりも「下から」です。

ということで、えっこたんは今がチャンスの時ですね。
自分が嫌な奴だったと思い、それまでのことを反省し、今自分で何ができるのだろうと考えた時、
自然に何を実践すればいいのかわかると思います。

そしてその答えが「どんな時も感謝と尊敬の気持ちをもつ」ですね。

この実践、例外はなしですよ。常に実践です。
どんな時も感謝と尊敬の気持ちをもって人と接したり、行動したりしてください。

どんなことがあっても感謝です。
どんな人も自分より上の人であり、常に尊敬の気持ちで接してください。

そしてえっこたんが本気であると感じましたので書かせていただきます。

そのえっこたんの言う、比較的恵まれた環境や職業、
実はそれが大したものではないとしたらどうしますか?

えっこたん、とことん、すべてに対し一番下になりその実践を頑張ってね。

私もそれを実践しました。
とことんやって、できなくなるまでしました。

とっても大変だと思いますが
どんな時も応援してます!
(*・ω・*)ポッ

21 あーみん。 :2013/08/11(日) 11:47:14
みなさん、こんにちは。
私も、ラピ。さんと皆さんの対話がとても勉強になります。
私では到底聞き出せなかった回答が、ラピ。さんから多く聞けて
本当に読んでて興味深いです!

そして、ラピ。さん、TKお師匠様、お返事をありがとうございました。

昨日はふさわしくない板に書き込んでしまい、申し訳ありませんでした。。
もし必要があれば移し替えて下さいね。。(お手数をおかけしますが・・)

TK師匠のお返事、ありがたいです。
ですが、やはり迫力というか、私が立ち入れるような雰囲気ではないな、と感じました。。
またもう少し私の考え?(エゴ?)が成長して、ちゃんとした質問が出来るレベルに
なったらまた質問させて頂きたいと思います。そのときはどうぞよろしくお願いいたします!

ラピ。さん、お返事ありがとうございます。
私が遅々として実践が進まない理由はエゴの言いなりになっている・・
これは言い訳になるのですね・・
う〜ん、まあ、私=エゴの状態ですので、言葉遊びをしているようなだけであって、
結局は私がやらない、それだけなんですね。

全くやならないわけではなく、「今だ!」と感じたときはだいたいやっていて、
実践のことを忘れていることもほとんどないくらい、頭は常にそれを意識しています。
だけど、頭の中では常に、やりたくない、やりたくない、やりたくない。
それでいっぱい。もうこの道を行く資格すらないのかもしれません、私。

何故なんだろう?私は本当はそれほど悟りたいわけではないのでしょうか?
ラピ。さんやTK師匠ほど、自分を追い込むことが出来ていない。
つまり、経験が足りないんだろうと思います。
そして、この実践方法に対して、やっぱりお二人ほど「信念」がない。

「そうなのかなぁ。この方法がいいのかなぁ。そうだといいなぁ。
きっとそうだよなぁ。お二人を信じよう。」

こんな感じです。今まで読んだ本の内容を実践するときの気持ちと
さほど変わらないんですね。。
でもそれは、「他の人がやってうまくいったらしいから」という、
今までの私が取ってきたスタンスと変わらないからなんでしょうね。。

22 あーみん。 :2013/08/11(日) 11:48:08
(続きです)
もしかすると、私もラピ。さんのように、私自身が本当に
もうどこにも行けないくらいに追い込まれた状態で、
死ぬ気で自問自答して、自分で得た答えを実践する、
くらいのことが必要なのかもしれません。
もっともっと自分を追い込む必要がある、
もっともっと人生経験が必要である、と感じています。

私自身、のほほんと楽な人生ではありませんでした。
思い返しても、もう二度と自分の人生は歩みたくありません。
特に、肉体的な痛みと人間関係からくる心の痛み(病気・事故などによる、合計6回の手術、
入退院、高校時代の登校拒否による地獄の1年間、数えきれない理不尽な思いの数々・・)

これらの体験のお蔭で、もう死ぬことは怖くなくなりました。
自殺願望があるわけではないですが、死ぬことが、この体験よりもひどいことだとは
思わないからです。

でもきっとこんなのはまだまだ甘いんでしょうね^^
特にスピリチュアルにはまる人は、
本当にもっともっと辛い人生を送って来られた方が多い。
だから、スピリチュアルという居心地のいい逃げ道にはまり込んで、
抜け出せなくなっている人が、間違っている、とは思えないんですね。。
聞きかじりですが、全ての人は、今、常に完璧なプロセスを歩んでいて、
悟った人が悟っていない人よりも何かが優れているわけでも、
逆に、そうでない人が誰かより劣っているわけでもなく、
ただ人は目の前の欲求に従って生きる。それをしてるだけじゃないかって感じます。
私が悟りの道(私にとっての幸せの道)を求めて止まないように。

そして人は何かの道を目指そうとしたとき、その道の先に行っている方々を
マスターとし、尊敬して指導に従うことが、自然な流れなのかぁ、と。。
もちろん、自分独自の道を切り開きたい人はそうするでしょうし。。

23 あーみん。 :2013/08/11(日) 11:48:58
(続きです)
今やっと、私は少し幸せになりました。
特に何かをしてこうなったわけではない気がするのですが、
今が人生で一番幸せ(平穏)です。
この平穏が幸せだと感じられるのも、今までの辛い体験があったからです。
ですがもしかしたらその幸せ感が、「とことん実践」にまで
自分を追い込められないのかもしれません。
でも何故かその「幸せ感」を手に入れた頃から、猛烈に悟りの道を求め始めました。
それは単なる「欲望」なのかもしれません。

かつてのどん底状態の私がこれを知っていれば、この実践をとことん出来た気がします。
それくらい、この実践には「どん底状態」が必要なのではないでしょうか。
これも言い訳ですかね。そうかもしれません。。

う〜ん、何が言いたいんでしょうね^^
やっぱり実践が出来ない〜!という愚痴ですかね。

ただ、実践はやっています!本当に!
でもラピ。さんの言うような「激流」なんかでは全然なく、
むしろ、「あら?実践のお蔭で色々楽に出来るようになった気がする」
なんて、こんな気楽な状態です。。絶対これ「とことん」じゃないですよね^^
私の場合、私、夫、娘の3人家族で、仕事もしていないので、
実際「人のために」が出来ることがとても限られているのもありますが、
今のこの、適度な「幸せ感」が、原動力に欠ける原因の気もします。

ラピ。さんに質問なんですが、ラピ。さんをそこまで実践に追い込んだ一番の理由は
何だと思われますか?小学生の頃にご自分のわがままな生き方を反省したとありましたが、
そんな幼いラピ。さんをそこまでの決心をさせるほどの劇的な出来事が
何かあったのでしょうか?(もしよければ具体的に教えて頂くことは出来ますか。。?)

また、具体的に、どんなペースで、どんな内容の実践をされていたか、
教えて頂くことは出来ますでしょうか?実践中は幸せ感があってもいいのですか?
他人から何かを求められたときに、「人のため」を実践するのですか?
それとも、何もないときは自分から探しに行ってするのですか?
例えばボランティアとか、それに近いことをされていたのですか?
私が頭に浮かぶ「とことん」は、アンパンマンが「どこかに困っている人はいないかな〜?」と、
外を探し回っている姿です^^

また、一日のうち自分にとっての「楽しみ」の時間なんかは
全く作らなかったのでしょうか?もしや「休憩」もなし、ですか?

たくさん質問してしまってすみません!
答えて頂けるもの以外は全てスルーして下さいね!

24 実践マン :2013/08/11(日) 11:49:33
ラピ。先生^ ^ こんにちは☆
じっくり考えました。
卑屈な私を変えたいから、
「どの瞬間も心を開いて愛として受け止める」
を実践します。
今は、ほとんどベッドで生活してるので、人にしてもらうばかりです。
寝ていると、嫌なこと考えて卑屈になります。
この前、ラピ。先生からお返事いただいた次の日に、ちょっとショックなことがあって
「もう逃げてる場合じゃない!本気にならないとダメだ」と思いました。
今の私にできることは愛を感謝して受け取ることです。
卑屈から卒業して、たくさんの愛を受け取っていきたいです。
この場で、みなさんと一緒に頑張る宣言できて嬉しいです。
決めれてよかったー♪
ありがとうございます^ ^

25 TK :2013/08/11(日) 13:32:56
実践マンさん

>今は、ほとんどベッドで生活してるので、人にしてもらうばかりです。
>寝ていると、嫌なこと考えて卑屈になります。

あなたにとって逃げる事の出来ないこの状況、最高にメンタルの実践ができていますよ。

神は信じますか、もしそうであれば神を感じ、ただただ感謝をする、
できれば新約聖書を読むなどしてみて下さい。

この状況、神が実践マンさんに与えたのです。

神のような絶対的なものの想定により、この実践はかなりの効果を上げられます。

26 TK :2013/08/11(日) 14:15:38
最終的な取り組みは現象と自分との一対一のやり取りです。

私がいて、あの人がいて、この人がいて、この人もいて、至っていない人は、
このような世界で生きているのかもしれませんが、実は至った私たちの前には誰もいません。

最終的に現象と自分との壁を超える方法は、現象(神)と自分と一対一の関係に持ち込む必要があります。

その為に、あの人が、この人が、この人もの全てを一括りにして神の表れと捉える事で、
効果的な実践方法となるのです。

27 えっこ :2013/08/11(日) 17:21:52
みなさま、こんにちは。実践中のえっこです。

>そのえっこたんの言う、比較的恵まれた環境や職業、
実はそれが大したものではないとしたらどうしますか?

恵まれた環境・職業・容姿が大したものではないこと、
これについてはもう何年も前から感じておりました。
極端に裕福なわけではありませんが、行きたい所にはどこにでも行けて、
食べたいモノは何でも食べられて、欲しいモノも買える。
しかし、これが、私を傲慢・高飛車に留まらせており、更に
精神的には空っぽで満たされない状態を保っていた1つの原因だと思います。
いくらマテルアルで恵まれていても、決して心が満たされたことはありませんでした。
スピ系の本を読みまくっても、カウンセリングを受けても満たされたことは
ありませんでした。
何もかもが取るに足らないことだと思うようになりました。
ただ、人からの親切を受けた時、優しい言葉を頂いた時、一時的に幸せに気持ちになりました。

私は私が嫌です。苦しいです。
自分のエゴだらけの魂をアンインストールして、ピュアな魂が欲しい。
ただ、それだけ。だから実践しかないと思いました。
下から、下から・・・感謝と尊敬の気持ちで生きると決心しました。

皆様、私はこんな甘ちゃんいないってくらい甘ちゃんです。でも、やります。
一緒に実践を頑張る仲間がいることをとても嬉しく思っています。
自分と現象の関係のみなので、1人でどの瞬間もやるしかないのですが、
1人じゃないんだって思えるでしょう。
今の状態を抜け出せるのなら、どんなに厳しいお言葉も受け入れます。
お気づきの点があれば、ご指摘いただけると嬉しいです。

28 TK :2013/08/11(日) 19:21:20
えっこさん

>極端に裕福なわけではありませんが、行きたい所にはどこにでも行けて、
>食べたいモノは何でも食べられて、欲しいモノも買える。
>しかし、これが、私を傲慢・高飛車に留まらせており、更に
>精神的には空っぽで満たされない状態を保っていた1つの原因だと思います。


ご自身で良くわかっていますね。


マルコの福音書 10・23
>イエスは、見回して、弟子たちに言われた。「裕福な者が神の国に入ることは、何とむずかしいことでしょう。」


分かっていて何もしない人は、分からずにしない人より罪が重いという事を知ってますか。


マルコの福音書 12・47-48
>主人の心を知りながら、その思いどおりに用意もせず、働きもしなかったしもべは、ひどくむち打たれます。
>
>しかし、知らずにいたために、むち打たれるようなことをしたしもべは、打たれても、少しで済みます。
>すべて、多く与えられた者は多く求められ、多く任された者は多く要求されます。



>今の状態を抜け出せるのなら、どんなに厳しいお言葉も受け入れます。

無所有の実践が必要です。

自分の時間も自分自身も自分の財産も全てが自分のものでは無い、と言う想念を怠ることなく使用して、
在家のそのままの環境で無所有の実践が可能なのです。

飯を食べるのも他者の為、夜寝るのも他者の為、空いている時間も他者の為、
と就寝時以外の意識のある限り、このように隙を与えずに意識的に過ごすのです。

「怠ることなく」、つまり、息つく暇を与えず精神を擦り切れさせるつもりで徹底して実践し、そこが激流となります。

スッタニパータ861
>かれは世間において<わがもの>という所有がない。また無所有を嘆くこともない。
>かれは[欲望に促されて]、諸々の事物に赴くこともない。かれは実に<平安なる者>と呼ばれる。」

29 ラピ。 :2013/08/11(日) 19:31:25
あーみん。たん

書き込みについてですが、「これからの実践についてはこちらの板に書いてね」
ということであって、
師匠への書き込みや質問は「師との対話」のほうでいいですので、大丈夫です♪
言葉が足らずにごめんね。

さて、あーみん。たん、これからどうしますか?
あーみん。たんは まるで前の私を見ているようです。

あーみん。たんの そのスピリチュアルに対する考え、
それが正しいと思うのなら、それでいいのではないでしょうか?

でも、今その考えだからこそ、今の状況であるのですよね。

自分の欲求にしたがって過ごしていたら、いつまでたっても満足できないでしょう。
その欲求は次から次へと出てくるからです。
だから根本的解決をしたいのならその欲求の元を絶たなければだめです。

自分の欲求にしたがい、永遠に欲求を満たすために生きる。
私はそんな人生、嫌ですが。

そして自分の考えが正しいと思っているのなら人の話を聞く必要もないし、
自分を信じていけばいいと思います。

でも今の私から言えば スピリチュアルな教えは至る手段としては使えても
真実は述べてないことが多いです。

だから、その時点で至ってると勘違いし、偽物の真理を説く人に対して
「本気で悟りを求めてる人にとってはよくありませんのでやめてほしい」
と言いたいです。、、、と、これは余談でした。

あーみん。たんは今まで大変な思いや出来事を経験し、
やっと今幸せを感じられるようになったのですね。
そしてそれに満足してるならそれでいいよね?それで終わりです。

でも、その幸せ感を得た時から、悟りを求め始めたのはなぜでしょう?
その幸せ感がゴールではないとわかってるからではないですか?

スピリチュアルでは、幸せになれないことわかってるのではないですか?
スピリチュアルが完璧な幸せをもたらすものであれば
他を求めることなく、そのままでいいですよね。。

あーみん。たんの過去の辛い思いや経験はきっとこれから役に立ちます。
それが強さになります。
多くの困難を乗り越えてきたのですよね!すごいじゃないですか!

そして今、「やりたくない。やりたくない」とのことですが
そこにチャンスがあるのですよ。
その「やりたくない」が激流のひとつです。
それに流されるか、それに逆らって渡るかです。

その自我の声がはっきり聞こえるということは
その自我にしっかり働きかけることができます。

その自我の声に逆らって行動しようとすると、葛藤が生まれませんか?
私はそれを利用しました。

続きます(*・ω・*)ポッ

30 ラピ。 :2013/08/11(日) 19:32:51
あーみん。たん 29の続き

私のこの道のきっかけになったのは
何かが起こったわけではなく、ふと、反省したことからでした。
わがままな自分に気づき、反省した、それだけなのです。

でもその実践により、後戻りができなくなりました。
もう、無意識で過ごすことも、ごまかすこともできなくなりました。
もう進むしかなかった。

実践を真面目にやっていけば、自然に道ができてくると思います。
その道を通らざるを得なくなる、という感じです。

だから初めのきっかけはそれだけなのです。

ちなみに私の実践についてですが第一の実践は
「自分を捨ててなんでも心から喜んでしよう」でした。

その頃はまだ子供でしたが、人から頼まれたら喜んで引き受けるようにしました。
そして「嫌だなぁ」と思うことを自分に許しませんでした。
「嫌だと思ってはダメだ」と自分に言い聞かせていたのを覚えています。

でも、それが悟りに至る実践とは知らなかったし
そこまで徹底的にはできてませんでした。
自分が一人の時は普通に過ごしてたと思います。
でも、人と接するときはちゃんと実践していました。

でもその実践のおかげで人と接するとき、機械的な反応はできなくなり、
常に意図的になりました。
でも徹底してなかったので約8年もそれをしてしまいました。
この実践が彼岸への道へと続いてたんだと、あとで知りました。

そこである出来事があり、自分が信じられなくなりました。
そして実践ができなくなりました。

私の実践を否定する出来事があったのです。

それまで信じて実践していたことが間違っていた!?
自分にとって、とても衝撃的な出来事でした。

今まで自分がいいと思ってやってきたことを
すべて否定された気がして自分が信じられなくなりました。

そして人と接することより、自分一人の時間を好むようになりました。
(でも勉強や仕事はちゃんとしていました)

そこで出会ったのがある実践でした。
特殊な実践なのでご紹介はできませんがこれをし始めました。

この実践はほんとうに「とことん」でした。
寝ている時間以外は実践です。どんな瞬間も実践です。

だから娯楽的なことなんてちっとも楽しいとも思わないし、
娯楽、それどころではありませんでした。
その実践により、激流に飛び込み、彼岸に足をふみ入れましたが
至ることはできず、そのまま帰ってきてしまいました。

そこからスピリチュアルにはまって。。。。
いろいろあって師匠に教えをいただくことができて今に至ります。

私の実践の基本は、「今すぐできること」です。
特殊なことは必要ないです。
「人のため」は困っている人を助けることだけではないです。
地域のためでもいいし、家族のためでもいいですよね。

基本は「喜んでなんでもする」ということで
家事をする時も、ご飯を食べる時も何をしていても
みんなの幸せのために喜んでします。

どの瞬間も実践になりえます。今すぐできます。

実践中はおまけで幸せ感があるかもしれません。
でもその幸せに感謝しつつ、すぐに手放し、すぐに実践に移ります。

立ち止まらず、常に実践です。

(*・ω・*)ポッ

31 ラピ。 :2013/08/11(日) 19:45:54
☆実践マンたん

決めることができてよかったね。
うん、みんな共に実践を頑張ってます。

これからも応援してますよ!
なにかあったら書き込みしてね!
(*・ω・*)ポッ


☆TK師匠

ありがとうございます!


☆えっこたん

えっこたんの覚悟、承知しました!
えっこたんが言ってる通り、実践は一人ですが
同じ実践をする仲間がいると思うだけで頑張れるよね。

TK師の言葉、そのまま実践がいいと思います。

いつも応援してます!
何かあったら書き込みしてね!
(*・ω・*)ポッ

32 ラピ。 :2013/08/11(日) 22:09:53
☆ あーみん。たん

追記します。

私が子供のころやっていたその実践、さらに具体的に書くと
例えば どんな人と話す時も常に「喜んで」話していました。
自分の気持ちを喜びで満たして人に接してました。例外なしです。

そして目の前の人のために時間を喜んで使うのだという思いで話してました。
その他のことも、目の前にいる人のために時間を使う、という感じでした。
まさに「自分を捨てて」でした。

そして実践すればするほど、意識的に生きれば生きるほど
今までどうやって生きていたのかわからなくなりました。

実は人は無意識に反応だけで生きていることが多いです。

だからこそ、常に意識的に生きるとそれがわかってしまい
私は無意識に生きられなくなりました。

かと言って今までしていなかったことを新しくしていくわけですから
とっても大変なのです。心休まる時はありませんでした。
常に意識的ですから。

何が普通かわからなくなって、
「私にはそれができない。普通ができない。
私だけが何もわかってないんだ。
みんなはもうわかっていてきっともう幸せに生きてるんだ。
私もがんばって、みんなと同じように生きたい。」
と思うようになり、ますます実践をがんばりました。

自分が一番下であるとすると、なんの文句もなしに
ただただ頑張るしかないですよね?

ちなみに第2の私の実践の経験は
あーみん。たんが経験したつらい経験とちょっと似てるかもしれません。
私もそれ以上に大変な経験はないだろう、と思っていました。

そしてそれを乗り越えたのでそれで終わりだと思ってました。

そしてスピリチュアルに はまったのですが
私の場合、スピリチュアルも鵜呑みにせず、とりあえずそれが本当かどうかを確かめるため
すぐに行動をしていました。

「ありがとう」がいいというなら とことん「ありがとう」を言い、
「今常に幸せであれ」というのならその状態であるようすぐに実践しました。

そしてその気付きをブログに書いたりしていました。

実はもう、ある程度幸せだったので満足なところもありました。
とことんがんばるのはもういい、なんて思ってました。
隠居生活?それに近いかもです。(笑)

それでもやはり、いろんな出来事があり、心揺らぐこと、ありました。
その時は、「ポジティブシンキング」で乗り越えたこともあります。

でも結局それらはその場しのぎであること、
真面目に実践していれば自然とわかります。

もし、今自分の知っていることが正しいと思うのなら
それをとことんやってみるといいです。

そうすれば、感じるものがあり、更なるステップに続くと思います。

あーみん。たん、チャンスは紙一重です。

私は運が良かった。
その運は紙一重なのです。

そのチャンスを逃さないでね!

(*・ω・*)ポッ

33 えっこ :2013/08/11(日) 22:49:41
TK師匠、ラピ。さん、どうもありがとうございます。

TK師匠からお言葉を頂けるなんて、本当に嬉しいです。
また、頭をガツンと殴って頂けたようで、スタートラインに立つことが出来たように思います。
自分自身が情けなくなりました。苦しいですね。
私の場合、やはり毒を出し切って、どん底に落ちて、下からやり直さないとダメだ・・・と思いました。
吐き気がする程これまでの自分にがっかりしました。

聖書を持っていますので、引っ張り出して読んでいます。
らくだの方が私よりずっと神の国に近いのか・・・その通りだと思いました。

そして、無所有の定義が私の場合甘かったなって思いました。
時間も思いも何もかも「人のため」ですね。ありがとうございます。
想像以上に厳しい実践ですね。

34 TK :2013/08/12(月) 00:01:23
あーみんさん

>特に、肉体的な痛みと人間関係からくる心の痛み(病気・事故などによる、合計6回の手術、
>入退院、高校時代の登校拒否による地獄の1年間、数えきれない理不尽な思いの数々・・)


>私自身、のほほんと楽な人生ではありませんでした。
>思い返しても、もう二度と自分の人生は歩みたくありません。

この考えなら、きっとまた歩みますよ。

通常は繰り返す可能性が高いのです。

逃げる人と追いかける現象の立場です。

逃げるのを止めない限り、何度も何度も追いかけられ続ける、そういうものです。


>でもきっとこんなのはまだまだ甘いんでしょうね^^

恐らく、きっともっと凄いことが起こるのでしょうね。

>だから、スピリチュアルという居心地のいい逃げ道にはまり込んで、
>抜け出せなくなっている人が、間違っている、とは思えないんですね。。

見えない先を進んでいるのですから、嫌になるまでそれに浸かってみると言うのは、間違いではないと思います。

>聞きかじりですが、全ての人は、今、常に完璧なプロセスを歩んでいて、
>悟った人が悟っていない人よりも何かが優れているわけでも、
>逆に、そうでない人が誰かより劣っているわけでもなく、
>ただ人は目の前の欲求に従って生きる。それをしてるだけじゃないかって感じます。

なかなか妄想がゆたかですね。
実際は全てのものに何も意味などないのですが。

あなたの場合は妄想が多い、つまり、「行動量」が少ない、と違いますか。

「行動量」を増やせば、妄想は減るのです。

>今やっと、私は少し幸せになりました。
>特に何かをしてこうなったわけではない気がするのですが、
>今が人生で一番幸せ(平穏)です。

次の大波はすぐ後に待ち構えているとは思いますが、その時にはまた考えればいいわけですし、
何度か楽と苦を繰り返し経験して見るのも学べる部分が多いと思います。

>でも何故かその「幸せ感」を手に入れた頃から、猛烈に悟りの道を求め始めました。
>それは単なる「欲望」なのかもしれません。

何度か寄せては返す楽と苦の繰り返しをしながら、これが確実なものとなって行きますから、
何度か寄せては返す楽と苦の経験を積むのは、必要な事ですね。

>ただ、実践はやっています!本当に!
>でもラピ。さんの言うような「激流」なんかでは全然なく、

何度か寄せては返す楽と苦の繰り返しが、その人にとって必要な場合があると思います。
繰り返しを続けた後には「激流」が作り出せますから、焦らずとも大丈夫ですよ。

35 実践マン :2013/08/12(月) 12:23:25
TK先生^ ^ こんにちは、はじめまして☆
アドバイスありがとうございます♪
はい、神さまがくれたこの状況に感謝します。
すべてを神のあらわれと捉えると、ゴミを捨てることも、ボタン1つ押すことも、おざなりには出来ませんね。
いつものベッドにも安心しました。
出来ることが少ないので、1つ1つを丁寧に取り組もうと思います。
この機会に新約聖書を読んでみますね。面白そう!
これからも宜しくお願いいたします。


ラピ。先生^ ^ こんにちは☆
見守っていただき、ありがとうございます♪
とてもとても心強いです。
さっそく「こんな役立たずじゃダメだ!」などと悪魔のささやきが聞こえますが、スルーで^ ^;
へこたれそうになったら、こちらで書かせて頂いた決意を見て、皆さんの頑張りを見て、頑張りたいです。
また何かありましたら宜しくお願いします!
ありがとうございます^ ^

36 ラピ。 :2013/08/12(月) 21:48:02
☆えっこたん

これからスタートですね!
ってもうスタートしてるかな?

いつでも応援しています!
(*・ω・*)ポッ

37 ラピ。 :2013/08/12(月) 21:54:03
☆実践マンたん

うん、うん。その声はスルーですね。気にしなくていいです。

いつも神様が見守ってくださってますから
どの瞬間も実践、がんばってね!

もちろん私たちも応援してます!
(*・ω・*)ポッ

38 あーみん。 :2013/08/13(火) 01:03:04
TK師匠、ありがとうございます。
やはり、人の感情を揺さぶるのがとてもお上手ですね。。
もう、私の頭の中では、ずっとエゴが暴走して、とてもここでは書けないような、
罵詈雑言の嵐でした。。(すみません、こんなこと書いて。。)

で、今ちょっとこの返事が書けるまでに落ち着いたので、書いてます。
でもきっと、今の私にはこれくらいのビンタが必要なんですね。
もしかしたら、TK師匠にとっては「この程度で!?」って思われるかもしれませんが、
甘ちゃんの私にはけっこう効きました。

ああ、これがラピ。さんのおっしゃっていたTK師匠のビンタかぁ、と
罵詈雑言の嵐の陰で、どこか冷静な自我がささやいておりました。

TK師匠、もう私は覚悟を決めましたよ。
甘い私にどんどんビンタ下さいね。
よろしくお願いします。
(あ、もしよろしければ、ですが。。)

あと、私が「行動量」が足らないとのこと、その通りだと思います。
具体的に、どんな「行動」が私に今必要でしょうか?もしよければ
教えて下さい。
やはりラピ。さんの実践あるのみ、でしょうか?

あ、蛇足かもしれませんが、ひとつ、TK師匠が私の妄想がゆたかと
おっしゃって頂いた箇所で(まあ言い方にトゲがありますけど、
それもその通りだと思います)ひとつだけ妄想ではなく、OSHOの言葉を
少しお借りして書いたところがあったのですが、
(そのOSHOの言葉がこちらです↓)

比較
比較は劣等感を、優越感をもたらす。比較しなければ、 すべての劣等感、すべての優越感は消える。
そのときこ そ、あなたは在る。ただそこに在る。
小さな潅木、ある いは大きく高い木——そんなことは関係ない。
あなたはあ なた自身だ。あなたは必要とされている。草の葉は、も っとも大きな星と同じように必要とされている。
その草の 葉がなければ、神は在るべき自分より少なくなってしまう。
郭公(かっこう) のこの声は、どのようなブッダとも同じくらい必要と されているのだ。
もしこの郭公が消えたら、世界はより少 なくなる、豊かさがより少なくなってしまう。
ちょっとまわりを見てみるがいい。すべてが必要とされ ていて、あらゆるものが互いにぴったり合っている。
それ は有機的なひとつのまとまりだ。高いものは誰もいないし、 低いものも誰もいない。
優れているものは誰もいないし、 劣っているものも誰もいない。誰もが比較できないほどユ ニークだ。

Osho The Sun Rises in the Evening Chapter 4


この言葉を思い出して書いたら、あの文章になってしまいました。
部分的には私の妄想ってわけでもないので、載せときます。

>実際は全てのものに何も意味などないのですが。

それは本当にそうなのかは私には分かりませんが、悟り系の本などで
その言葉は何度か目にしました。

TK師匠が本当にそうだとそうおっしゃるのであれば、
そこ以外のTK師匠の文章は全て、TK師匠による意味づけのように感じるのですが
違うのですか?TK師匠が今この掲示板で悟りの指導をする意味は何ですか?
意味がないことを分かってされているということですか?
すみません、ちょっとそこがどうしても納得いきませんでした。

あと、もうひとつ質問があります。
これも誤解を恐れずに聞きますが、私はTK師匠に直接質問していなかったのに、
私のラピさんへの返答にTK師匠がわざわざ答えて下さったのは、
何か理由がありますか?

悟った方の行動の「動機」は、どこから来るのだろう?と、いつも不思議に思っていましたので、
特に今回、私への返答をするというTK師匠の「動機」は何だったのか?と
とても気になりました。

またビンタ級の返答も覚悟の上で聞いております。
生意気言ってすみません。よろしくお願いします。

39 TK :2013/08/13(火) 02:53:20
あーみんさん

>やはり、人の感情を揺さぶるのがとてもお上手ですね。。

ただ私に見えている事を話ししただけだ。
君たちには見えなくても私には見えるものがある。

もう少し詳しく話してあげるよ。

何気なく語る言葉にすべてが現れる。

>私自身、のほほんと楽な人生ではありませんでした。
>思い返しても、もう二度と自分の人生は歩みたくありません。

過去の出来事に対する「恐怖心」が君に作用している。
「恐怖心」と言うのは、それ自身が逃げの行為だ。

だから「恐怖心」が出た時には、向かっていかなければだめなんだ。
君の場合、苦しみが出た時には、苦しみから逃れたい逃れたいと、
負け続けた人生を歩んできた事を僅かなここの部分が全てを物語っているんだ。

たとえ敬語で武装しようと、我らの目に対しては隠せるものではない。

だから、君はいつまでも追いかけられる。


>それもその通りだと思います)ひとつだけ妄想ではなく、OSHOの言葉を
>少しお借りして書いたところがあったのですが、
>(そのOSHOの言葉がこちらです↓)

かなり滑稽だな。

>妄想ではなく、OSHOの言葉を少しお借りして

OSHOの言葉の内容がそもそも妄想なのに、それを妄想でないと言うあたりが尋常ではないレベルの妄想だ。

君が典型的な次の言葉に該当する人物だ。


>もっともこの屁理屈も、ある段階の者には激流を渡るための筏(イカダ)として機能しますが、
>同じ屁理屈でも使い回す者が悟ってないとこれが全く同じ言葉なのに筏(イカダ)の機能も果たせない
>駄作の単なる屁理屈に大変わりしてしまいます。


>TK師匠が本当にそうだとそうおっしゃるのであれば、
>そこ以外のTK師匠の文章は全て、TK師匠による意味づけのように感じるのですが
>違うのですか?TK師匠が今この掲示板で悟りの指導をする意味は何ですか?
>意味がないことを分かってされているということですか?
>すみません、ちょっとそこがどうしても納得いきませんでした。


やたら、意味にこだわるが、その意味と言うのが無いのが我々だ、それが次元の違いだ。

そして、我々は妄想の使い方を説く者だ、なぜか知ってるかね。

迷路から抜け出すためには、その者はやはり同じ迷路の中を歩かなければ抜けられないという事さ。

我々には迷路は無い、だが、迷路の中にはまっている者にどのように迷路の中を歩けば
抜けられるか抜ける道を知っているんだ、それが我々は妄想(迷路の中の歩き方)を説くと言う意味だ。


>あと、もうひとつ質問があります。
>これも誤解を恐れずに聞きますが、私はTK師匠に直接質問していなかったのに、
>私のラピさんへの返答にTK師匠がわざわざ答えて下さったのは、
>何か理由がありますか?

「理由」というのもほとんど死語だ、ネット上の公開の場での表現の自由と
言う程度にとらえてもらえばそれでいい。

40 あーみん。 :2013/08/13(火) 03:31:21
ラピ。さん、たくさんのお返事ありがとうございます。
ラピ。さんが辿って来られた道がよく分かりました。。
きっと壮絶な体験も色々あったんでしょうね。。
でも実践が始まったきっかけが、特に出来事があったわけではなく、
ふと自分のわがまま気づいた、それだけです、というところに少し驚きました。
そして、ラピ。さんが実践されて来た長い年月を思うと、
これからの自分の行く道を考えて、つい気が遠くなってしまいますが^^;
もう多分、嫌でもこの道しか残されていないというか、失敗しながらでも進むしかないですね。
実践方法は、皆さんがされているように、そのうち私も私のオリジナルを見つけたいなと思います。
それまで、ラピ。さんのおすすめ「自分を捨てて、喜んで何でもしよう」を
私なりに努力して行こうと思います。

本当にありがとうございます。

あ、もうひとつだけ・・
ラピさんのお返事の最初の部分なんですが、
私は自分の考えが正しいと思って、その正しさを主張したかったわけではないんです。。
ただ、まずは出来るだけ自分の考え方、感じ方を、ありのままに
さらけ出して、ラピ。さんにお伝えすることが必要だと思いました。
私なりの、よかれと思ったやり方でした。
でも、そうですね。。自分の正しさを主張しているような文章になってしまっていたのかもしれませんね。
でも決して自分が正しい、なんて思って文章を書いているわけではないんです。
どうあがいたって「自我」は何が正しいかを判断することは出来ないんだってこと、
本当に身に染みて分かっているつもりです。(ときどき忘れてるかもしれませんが)
でも誤解を生むような書き方になってしまってすみませんでした。

私は少し、悟った方のことを、まるで超能力者のように思っていたようで、
多少文章が変でも、こちらの気持ちを汲み取ってくれるだろう。。なんて、
勝手なイメージを持っていたようです。とんだ勘違いですね^^;すみません。。

あと、私にとっては悟りの道も「スピリチュアル」だと思ってましたので、
解釈の違いという誤解もあるのかもしれませんね。

「誤解」はほんとうにやっかいですね^^;
世の中、この「誤解」さえなくなれば、どんなに生きやすくなるか。。と思います。
まるで罰ゲームのルールを無理やり課せられているように感じます^^
でもやっぱり必要だからあるんでしょうね。いや、意味なんてないんでしたね。
だから人は自分の好きなように意味を付けて生きていこうとするんですね。。
(↑あ、これも「これが正しい」ってことじゃないです。単なる私の考えです。)+

41 ラピ。 :2013/08/13(火) 03:54:47
あーみん。たん

あーみん。たんの思っている以上に私たちからはあーみん。たんが丸見えなんですよ。
予想通りのお返事を書いてきましたね。

あーみん。たんの自我を満足させる答えを私がしてしまうことは
あーみん。たんから至る道を遠ざけてしまうんですね。

気持ちをくみ取ることについてですが
もちろんそういう返事もしようと思えばできますが 
それは単なるエゴを満足させることとなるので
至る道から離れてしまうけどいいでしょうか?

私たちは「エゴ」に対してお返事することができません。
あーみん。たん、そのエゴに気づいてください。

エゴにお返事もできますが
その場合、悟りから離れてしまうのだけどいいでしょうか?
それでもいいならそういうお返事を書きますが。

あーみん。たんのその姿勢では全く至ることはできません。
立ち位置が高いのですよ。

自分の考えを書いてるだけだけだと書かれてますが
その自分の考えを持っているのなら
それでいいじゃないですか?ということです。

その考えを捨て去るつもりはありますか?
変えなければ今と同じことを繰り返して生きていくだけでしょう。

あーみん。たんは自分の考えはこうである、と主張しています。
私たちを理解させようとしているようですが
その姿勢では私たちの言葉は聞けないでしょう。

「理解させようとはしてない」、とあーみん。たんは言うかもしれませんが
(気づいていなくても)そうだからこそ、その言葉が自然と出るのですよ。

あーみん。たん、私たちはまったく誤解してませんよ。
あーみん。たんが誤解しています。

あーみん。たんの気づいてない、悟りに障害になるところをお伝えしてます。

その「私の考え」というのが至る道への障害なのです。
それは「エゴの考え」とも表現できるのですよ。

そのエゴの考えを自分の意見としてあーみん。たんは表現されています。

残念ながら私たちからはそのエゴが丸見えなのです。
でも、あーみん。たんは相対的世界にいるから わからないのはしかたないですけどね。

なぜならかつての私もそうでしたから。
だからわかるのですが、その思考の癖を捨てなければ至ることはできないのです。

なぜだかわかりますか?

続きます。(*・ω・*)ポッ

42 ラピ。 :2013/08/13(火) 03:55:33
41に続きです。

全く、今もってる常識が役に立たない世界に行くつもりの人が
その常識をもって行けると思いますか?

新しい、さらなる高次元の未知の世界に行くのに
「私はこう思ってます。私をわかってください」と主張する人を
その世界が受け入れると思いますか?

あーみん。たんは「主張してるつもりはない」と言うかもしれませんが
充分主張してるのですよ。
自覚なく、してしまってるのですよ。

そもそもその自分の考え(=エゴの考え)があると、無理なのです。
そのエゴの次元のものをもったまま
次の次元へ行くことはできません。確実に。

今、自分の思っている「自分の考え」。
これがあってはエゴの次元どまりなんです。
言い方を変えれば エゴはこちらの次元では存在できませんから。

「悟りの道もスピリチュアルだと思ってた」とのことですが
そう思うならそのまま進んだらいいと思います。

何度もそれは違う、と私はお伝えしてると思います。

でも、「私は悟りの道はスピリチュアルだと思ってた」と言うのなら
あーみん。たんは私の話をまったく受け入れるつもりはないし
私としてもあーみん。たんに別にそれを「受け入れて」とも言いません。

でもだからこそ、あーみん。たんはその幻の「主張してる自分」を
信じて進んだらいいのではないですか?と言ってるのです。

スピリチュアルにどっぷりな人は
ブログでも書いたと思いますが まずはそのスピリチュアルを捨て去る必要があります。

スピリチュアルで得た知識が悟りに導くのなら
もう、あーみん。たんは至ってるはずです。
スピリチュアルに関してはお詳しいのでしょう?

実際、私はそのスピリチュアルな知識を捨て去りました。
それがあったのでは至れなかった。
私がその道を通ってますので、断言できます。

スピリチュアルな知識は
わかってないのにわかったと誤解させてしまうところがあります。

今、あーみん。たんはその状態なんですよ。

その相対的次元ではわかってるつもりかもしれませんが
こちらの絶対的世界ではそれはまったく通用せず、
その「わかったつもり」という次元の意識を持っていては
至るのは無理なのです。

ここであーみん。たんの姿勢が大切になってきます。

「私はこう思う」
これでは全く至れないのですよ。

至ればエゴが消えます。
至る道もエゴを消滅させる方向へ行くべきなのですが
その考えはエゴそのもの。
それをもって至ることはできません。

では、どうすればいいか?おわかりですよね?

厳しいことを書いてしまったかもしれませんが
私もその道を通ってきました。

ここが分かれ道です。

あーみん。たんはどの道を選択するのでしょうか?

43 TK :2013/08/13(火) 10:39:11
あーみんさん

人間のど元過ぎれば熱さを忘れる。

>今が人生で一番幸せ(平穏)です。

今が楽なら、この楽はずっと続く、そう思えているわけだ。

私が話して聞かせたのは、私から見て次の予測できるあなたに来るだろう大波に、
私が話したことがあなたの中で真実に変わるための、あなたに対しての仕込みのつもりで話したのだ。

苦しさこそが、繰り返しから抜け出す事へのキーとなる。

あなたのOSHOをはじめ、スピ系の知識や書籍を捨てなければならない。
これも次の大波が来るだろうから、その時に真実に変わるために今のあなたに話しているのだ。

それまでは、あなたがスピ系で酔っぱらう事で幸せになれると信じるのならそれを続けてみると良い。
しかし、スピ系で寄せては返す楽と苦の繰り返しが止まりはしない。
だから、それが本当かどうかあなたが実際にやってみればいいんだ。
今のあなたは本気にはなれない。

それでも、あなたが少しでもスピ系の酔いを醒ますなら、次の波はその分軽減される、
しかし、根本は過去の繰り返しの中のあなたの対処にスピ系の酔いが何の役にも立たなかったことにあるのだから
再び波は来るだろう、そこが勝負だと心得る事だ。私はその時にあなたの前には恐らくいない。
ずっとあなたが今のままで行けるのなら、私はあえてこのようなことは語らない、しかし、そうは問屋が卸さない。

あなたのここでの話を目にしたが、実際にあなたの妄想はかなりのものだ。
それは恐らく、「行動量」の少なさによる。
行動とは現実だが、それが少ないことによりその者の中で妄想が肥大化する。

同じ掲示板の中で、両極端な二人、実践マンさんは体で行動したくてもベッドに居なければならない身の上だ。
対して、あなたは、体が行動できるのに、その行動をしないために妄想の量が肥大化している。
あなたの妄想は病気や災難を呼び込むレベルの妄想だ。

あなたのテーマが「行動量」を増やす事なんだ。
つまり、OSHOの教えじゃない、どうせスピ系かぶれなら「ワクワク」する事をしたらどうだ。
ただし、あなたの好みそうもない教えだとは思うがね、この好みがあなたの枷だ。

44 実践マン :2013/08/16(金) 21:26:49
こんにちは☆
皆さんの対話、参考にさせて頂いてます。

ベッドで過ごす今の状態、私の妄想が呼び込んだんじゃないかなと思っています。
妄想から抜け出すために、必死にならざるをえない状況に追い込まれている感じです。
今の状況が無ければ、この掲示板にくることも、本気で取り組もうと思うこともなかったのではないかなと。

今まで、私の勝手な妄想のせいで、人も巻き込み自分も苦しむ繰り返しでした。
苦しみに酔っていたことにも気がついていませんでした。

まだまだ妄想から抜け出すことは出来ていませんが、どうせ妄想するなら、ハッピーな妄想にしようと思いました。
聖書には天国の様子が描写されていましたが、至っていない私に真の天国は分からなくても、
聖書をヒントに天国を妄想して、今の私なりの天国に人も自分も住まわせてあげることは出来るんじゃない?

というわけで、妄想「苦しみ」から妄想「天国」にお引越しー♪

ここは天国なので、住む人たちみんなが神様です。
目に見えるもの全てが神様からのレンタルです。
貸し出し期限は分かりませんが、使わせてもらってる限り大切に扱います。。。
感謝、感謝、感謝!

という感じで実践に取り組んでましたが、大丈夫でしょうか?

本気で取り組む道がどんなものか知ることができて、本当に嬉しく思っています。
ありがとうございます^ ^

45 ラピ。 :2013/08/16(金) 23:48:11
☆実践マンたん

実戦マンたん、がんばっているようですね!

うんと基本はひたすら実践=感謝です。
何に対しても誰に対しても感謝。

ただその途中、苦しい妄想が浮かんだときに
天国の妄想を使い、その妄想を中和して流していきます。

基本的に自分の意識は実践に使うようにして、妄想には使わないようにします。

でも、苦しみの妄想がやってきたら反対の思いの妄想(=天国)でかわし
その妄想すらも手放して、すぐに実践に移ります。
これの繰り返しだよ。

感謝!感謝!感謝!
うん!これだよ!

(*・ω・*)ポッ

46 実践マン :2013/08/17(土) 00:50:57
ラピ。先生^ ^ こんばんは☆
お返事ありがとうございます♪
質問させてくださいm(_ _)m

傲慢なためか、何かを見て感謝する心が持てない時が多々あります。
最初のうちは念仏のように
「ありがとうございます」
と、唱えるだけでよかったんですが。。。
気持ちがこもってない時にはどう対処すればいいですか?

感謝の気持ちを感じられるように天国の妄想を使っていたのですが、
これはよろしくないですか?

例えば、水を飲む時に
「これは神様からいただいた水です。
この水を飲めば飲むほど、身体が強くなります。
ありがとうございます。」
などといった感じの妄想です。

感謝の気持ちを感じる感じないは、さほど重要ではないのでしょうか?

もっとスムーズに感謝の気持ちが持てるようになりたいです。

苦しい妄想が出た時に、中和のために天国の妄想を使うというやり方はよく分かりました。
親身にお答え頂き、感謝です。
ありがとうございます^ ^

47 TK :2013/08/17(土) 00:57:21
実践マンさん

ラピ。さんから良い受け答えがされています。

>今の状況が無ければ、この掲示板にくることも、本気で取り組もうと思うこともなかったのではないかなと。

その通りです。
苦しみが無かったら決して迷路から抜け出そうなどと言う気は起きません。

苦しいと思われる状況の時ほど自分にとっての一世一代の正念場、
その時の過ごし方の積み重ねがこれからの全てを変えて行きます。

自分を変えるための基本も昔から言われている事のままです。

>私が話しする事など、何ら変わったことではありません、
>昔の人が当たり前に使いまわした言葉をそのまま同じに話しするだけですから。
>
>苦しみ、努力、我慢、忍耐、厳しい、これらは昔から人間を作る上で必要なものとされてきたと思います。
>
>私の話しするのもこれだけです。
>
>全然変わってないですよね。



>貸し出し期限は分かりませんが、使わせてもらってる限り大切に扱います。。。
>感謝、感謝、感謝!
>
>という感じで実践に取り組んでましたが、大丈夫でしょうか?

凄くいいですね。

自分の中から湧き上がる自分の遭遇する現象に対してのネガティブ(否定的)な思いが悪魔の声です。

それを意志の力で感謝と肯定に変える、この意志の力が対する神の力です。

感謝や喜ぶの実践の真の目的は、常識的にはとても喜んだり感謝できないと思われるような状況の時、
この時に意識的に喜びや感謝をするのです。

この時の自分の内面で起きる戦いが自分を変えます。
これが自分を変えるための理論です。

実はこの理論、聖書の中では「自分の敵を愛しなさい」と言う形でイエスが述べている理論と同じものです。


ルカの福音書6・27

>しかし、いま聞いているあなたがたに、わたしはこう言います。あなたの敵を愛しなさい。
>あなたを憎む者に善を行いなさい。

ルカの福音書6・32-33

>自分を愛する者を愛したからといって、あなたがたに何の良いところがあるでしょう。罪人たちでさえ、
>自分を愛する者を愛しています。
>自分に良いことをしてくれる者に良いことをしたからといって、あなたがたに何の良いところがあるでしょう。
>罪人たちでさえ、同じことをしています。


通常感謝出来る事や喜べることに対して感謝し喜ぶ事は今までも当たり前にしていたことだと思いますから、
通常であれば感謝できない事や喜べないような出来事に感謝し喜ぶことがこの実践の決め手の部分なのです。


相応部経典 六処相応 第十八章より

>ブッダ
>「スナーパランタには未開で野蛮な種族が住んでいる。彼らはよこしまで、獰猛(どうもう)で、乱暴で、残酷だ。
>また他人をののしり困らせる。もし、ののしられたり困らされたりしたら、君はどう思うか。」
>プンナ
>「スナーパランタの人びとは善良で、紳士的な人びとだと思います。少なくとも私をなぐったり、泥を投げたりしませんから。」
>ブッダ
>「しかし、もし君をなぐったり、泥を投げたりしたら、どうか。」
>プンナ
>「善良で紳士的な人びとだと思います。少なくとも、私を棍棒(こんぼう)や刀で襲ったりしないからです。」
>ブッダ
>「しかし、もし君を棍棒や刀で襲ったら、どうか。」
>プンナ
>「それでも善良で、紳士的な人びとだと思います。少なくとも、私の命を奪おうとしないからです。」
>ブッダ
>「しかし、プンナ、もし殺されたらどう思うか。」
>プンナ
>「それでも善良で、紳士的な人びとだと思います。というのは、この腐った屍(しかばね)のような肉体から私を解き放してくれるからです。
>私にしてくれたことに、感謝しなければなりません。」

48 ラピ。 :2013/08/17(土) 07:19:31
☆実践マンたん

感謝のための妄想ならいいと思います。

基本は感謝ですが、感謝できないときに使う妄想は使えると思います。

感謝、感謝!

感謝ができないときに天国の思考を使い感謝!

そして感謝できたら思考を手放して次に感謝!
という感じかな?

感謝できない時こそ、感謝!
師匠がおっしゃってる通りだと思います。

スムーズに感謝できるようになりたい、とのことですが
それは目的ではなく、
どんな時もその都度 感謝していけばいいので
そこは心配しなくても大丈夫ですよ。

「今すぐ感謝!」これをずっと続けてい行きます。

感謝がうまくいってるとか、いってないとかは
エゴの判断ですので
それは無視して「感謝!」です。
大丈夫!

ちなみに師匠の引用されているプンナの感謝も
感謝のために思考、妄想を使っていますね。

「感謝するために感謝できる理由(妄想、思考)を使って感謝」という感じですかね。

実践マンたんの水への感謝法もそんな感じですね!

うん!(*・ω・*)ポッ

49 ラピ。 :2013/08/17(土) 07:20:35
☆ TK師匠

いつもありがとうございます!

(*・ω・*)ポッ

50 TK :2013/08/17(土) 07:55:17
>もっとスムーズに感謝の気持ちが持てるようになりたいです。

よく自然が良いとか言いますよね。
しかし私は言います、感謝や喜びの実践も「無理やり」こそが決め手なのです。

「おかしなスピ。系の言葉には惑わされないようにしましょう。あれは天使の体裁をした悪魔の教えだと思って下さい。」

キーポイントは「無理やり」です「不自然」でそれでいいんです。
内面の悪魔の声に対して「自然(そのまま)」に過ごしたら、ずっと変わる事はありません。

「無理やり」です「不自然」です、内面の悪魔の声に対する、これこそ神の聖なる力です。
通常であれば「感謝」や「喜べない事」に対して、意識的に「感謝」「喜ぶ」をやると言うのは、
つまりそう言う事なのです。

51 実践マン :2013/08/17(土) 13:15:14
TK先生^ ^ こんにちは☆
お返事ありがとうございます♪
お話、よく分かりました!大丈夫そうで安心しました。
聖書をオススメして頂いてよかったです。
イエスの言葉の解釈を確認させてもらって、さらにありがたいです。
プンナの話もとてもためになりました。もっともっと謙虚に感謝していきます。
私は今でも充分に健康で恵まれてます!ありがたいです。

それと確かに自然がいいと思い込んでました!
無理矢理でいいんだってこと、不自然でいいんだってこと。
この言葉が聞きたかったんです。
こんなにありがたいことはないです。すごく励みになりました。
ありがとうございます^ ^



ラピ。先生^ ^ こんにちは☆
そうです、そうです。
感謝のための妄想を作って感謝して手放して、次。。
という感じでやってます。
一つ一つに時間かかってて、こんなんでいいのかなー?って不安になっちゃってました。
うまく出来てるかどうかはエゴの判断。。。正に!
かなりスローペースなので、動けない状態の時でちょうど良かった♪
相談にのってくれる先生がいてくださって、本当にありがたいです。
ブレずに続けます!
ありがとうございます^ ^

52 ラピ。 :2013/08/17(土) 13:37:19
☆実践マンたん

実践がんばってるようですね。
書き込みを見ればわかります。

これからも応援しています!
(*・ω・*)ポッ

53 ランタナ(妙祐) :2013/08/17(土) 19:45:14
TKさん、ラピ。さん、皆さん、参考になります。
有難うございます。

54 ラピ。 :2013/08/17(土) 22:48:49
☆ランタナたん

おお! ランタナたんお久しぶり!
ようこそいらっしゃいました。

こちらでもいろいろ表現してるので
どうぞよろしくね!

(*・ω・*)ポッ

55 ぽにょ :2013/08/17(土) 23:37:53
はじめまして。
私はずっとスピリチュアル、と呼ばれるジャンルでお仕事をしてきました。
でも今年の3月頃からぴたっとできなくなり、もうにっちもさっちもいかなくなり休止しました。
なのでそういうジャンルのブログやHPなど見る気になれずにいたのです。

ある日、同居の彼がなにげなく開いていたブルーのページが目に入りました。

なんだろう。

そこが偶然らぴ。さんのブログでした。
そしてこの掲示板を見つけました。

読んでいくと、とても苦しい感じがしました。

こわい。
近寄るな。

そう思いながら何度も何度も読み返していました。
そんなに興味があるなら(掲示板に)書き込んだら?と彼にも何度か言われました。

でも、ずっと躊躇していました。

読んでいくうちに感じたことは、はっきりと「今の私のは人が救えない」ということがわかったこと。

私は今本当はぜんぜん幸せじゃないこと。

生活が苦しくなるのが怖くてスピ系の仕事が手放せなかった自分。がいたこと。

手放したら手放したで、経済的に困窮していること。
ちょっと前に「もう覚醒(悟り)なんていいや。自分だけの幸せを追求していこう」とやさぐれたこと。

それでも新しくでてくるメソッド、悟入した方の情報が気になること。
(これがだめならあれ、あれがだめならこれだ、と飛びつく人のことを批判的に見ていたのに、
心の内側はまったくおんなじ)続きます・・・

56 ぽにょ :2013/08/17(土) 23:38:26
続きです。

ちっちゃいときから、いろんなことを経て、今でもやっぱり私は「ジコチュー」な部分がたくさんあること。
全然そこは変わってない。
そんな私に「実践」と言う言葉がとても厳しく怖く感じたのです。

この掲示板を知る少し前にキャリア50年の占い師さんに
「今のあなたの運気はとても低い。何をやってもうまくいかない。待つ時期。」と言われました。

そしてそういう私に「人の手助けをしてしばらく生きていきなさい」とアドバイスしてもらいました。

「人のために」何かする。(そしてそれでお金稼げばいいでしょ?的に)

最初は何をするのかも全然わからなかったのですが、なぜかベクトルが人に向くだけでかなり気が軽くなったのです。

一昨日から、ここを参考にこわごわ「人のために」する、というのを意識するようにしてみました。
私の場合はパートナーがいますので、まずは身近な人を大切に(他人のように思って)ふるまう。というのをしてみました。

お部屋のお掃除もなにもかも「めっちゃ甘えてたんや!」ということに気づきました。

怒ったりすねたりしてたことも「めっちゃ甘えてたんや!」とも。
(そういう時は客観的な自分を無視しないそうなれないと思いながらしていました)

一日目は幸せを意識して気分が良くて、二日目の今日は朝からとても体が重く
「しんどいんやから(家事など)甘えてもいいやん」という自分がいました。

でも、それでは今までと何一つ変わらない。

なので口角を上げて笑ったふりをしながら体をなんとか動かしてみました。
まだまだ足りてない気がします。
それでいいのかわからないなりに・・・。

以前ならこういうところに書き込むときは「いい子(わかったふり)でいなければいけない」といつも意識していました。

でもお二人にはお見通しなのでその分気が楽です。

スピリチュアルのお仕事をしてわかったことは「自分がわかっていない」ということがわかっただけなのです。

悔しいけれどそうなのです。 

これから、実践について、この掲示板を読んだり書いたりしながらいろいろ教えていただきたく思い、
思い切って書き込みました。

これもまた怖いに飛び込む、立ち向かっていく感じ、がつらい、こわいと感じながら。

こんな私ですが、よろしくお願いします。

57 えっこ :2013/08/18(日) 00:09:21
皆様、こんばんは。こちらの掲示板、本当に貴重な場所です。
少しずつですが、エゴの声を無視することにストレスを感じなくなってきているようです。
どうもありがとうございます!この掲示板を毎日訪れることは実践にプラスになることばかりです。
私は丸々2年間スピにどっぷりでしたので、スピを斬ってくださったこと、本当に感謝しています。
酔っ払いのまま一生を終えていたことでしょう。

家にあった指輪と腕輪(ただのゴムですが)を付けて実践していることを忘れないように
しています。忘れっぽい私には有効のようです。実践を忘れてしまったときは
腕を見て、その都度気合を入れています。
しかし、数え切れないくらい気合を入れなおさないといけなくて、実際のところ、
自分の思っている10倍くらい多く無意識に流されていると思います。
これではいかん!!と思い、紙に書いたものをデスクマットに入れたり、手帳に書いたり、TK師匠の
お言葉を待ちうけ画面にしたりしています。
書いている言葉は・・・
●下から下から
●スピの酔いを醒ます
●バカを極める
●無所有(時間・財産・自分)
●食べる時も息する時も歩く時も寝る時も人の為  
そして、先程追加した●無理やり感謝(これ、決め手) 等です。

皆様はどんなお言葉が響きましたか?宜しければ教えていただけると嬉しいです^^

実践をしていく中で、自分が実践しやすい時と言うものが少し分かってきたようなします。
それは、何か勉強している時です。
勉強をしている時は、「ああ、なんて私は無知なんだ」と自分を嘆きたくなる反面、
「皆すごいなぁ」と周りの方を敬い、感謝する気持ちが出てきやすいです。
勉強をしていなかった頃は「何であの人はこんな事が出来ないんだろう?」なんて思ったり、
人を見下していてばかりでした。自分が大バカなのに、人をバカにしていて恥ずかしい限りです。
それから運動している時です。ランニングしている時、「いい筋肉・精神しているなぁ」と
仲間を賞賛・尊敬できますし、靴や水や環境に感謝できます。

ズレたこと書いていたらすみません。
皆様、意識機能の変容に向けて一緒に頑張りましょう!

58 ラピ。 :2013/08/18(日) 06:49:33
☆ぽにょさん

ぽにょさん、同居の彼さん、見つけてくださってありがとう。
そしてようこそいらっしゃいました!

ぽにょさんはスピリチュアルをとことん経験されての今の状況なんですね。

 >スピリチュアルのお仕事をしてわかったことは「自分がわかっていない」ということがわかっただけなのです。
悔しいけれどそうなのです。 

とのことですが、実際その通りです。
なにもわかってはいなかったのです。
エゴが「わかったふりをして安心していた」だけです。

でもそれは真実ではないので、とことんやれば
真実の壁にぶつかることとなります。

とことんやったことによって得たものは無駄ではないと思います。
できなくなるまでとことんやって、そしてできなくなった時、
新しい道がひらけます。

私もそうでした。

実戦を少しづつされているのですね。
その「怖い」というのはまさしくエゴの声です。
そしてそのエゴの声が聞こえるのはチャンスでもあります。

今ぽにょたんが進もうとしてる道がエゴにとって
危機感を与えるものとなっています。

悟るということはエゴが消滅するということ。

エゴがその消滅の危機感を感じているわけです。

ぽにょたん、だからその道はエゴに効果的に働いている、
と言えることがお分かりだと思います。

これからある意味、未知の道を歩くことになると思います。
なので、今までの知識は全く役に立たないと思ってください。

一からのスタートです。

一からのスタートということで ぽにょたんはこの道では初心者となります。
だから、すべてに対して「下から」を心がけてください。
一番下のものである、ということです。

この「下から」という言葉はTK師から頂いた言葉で
これによって私は師の言葉をちゃんと聞けるようになりました。

私はかなり偉そうでした。
だから何に対しても一番下になって、下の位置から全てを行うことが必要でした。

そしてそれまで「知っている」と思ってた偽の知識を捨て去り
頭空っぽでの行動につとめました。

頭からっぽ=バカになる ということです。

ぽにょたん、怖くても、いや、怖いからこそ行く価値があります。

もし、怖くてその道を歩くのをやめたとすれば
怖さに負けたことになり
ずっとその怖さは(気づかない時があっても)ずっとそのままあることになります。

実際その怖さは幻想なのですが、それが幻であっても
その幻がぽにょたんに影響を及ぼし、それが現実であるように感じてますね。

真実は その怖さはエゴの声であって、
ぽにょたんの声ではないのです。

だからその「怖さ」に負ける必要はありません。

意識を使って意識的に実践していくと
これからもいろいろとあると思います。でもひたすら実践。

エゴに負けずに実践です。

ぽにょたん、どんな時も応援しています。
なにかあったら、書き込みしてね!

(*・ω・*)ポッ

59 ラピ。 :2013/08/18(日) 07:08:28
☆ えっこたん

おお!えっこたん、まっすぐ実践がんばってますね!

無意識になって彷徨っている意識を指輪と腕輪により引き戻し、
意識的になって実践、いいと思います。

実践は常に意識的にやっていく必要があります。

そしてこうやってえっこたんが実践の様子を書き込みしてくれることによって
ほかの実践している人たちの励みもなると思います。

えっこたん、ありがとう!

これからも実践、がんばってね!

実践して気付きを得て、それに感謝したらその気付きも手放してすぐ実践。
すぐに実践にうつり、エゴに隙を与えないようにします。

この繰り返しですよん!
(*・ω・*)ポッ

60 TK :2013/08/18(日) 08:46:22
ぽにょさん

>そんな私に「実践」と言う言葉がとても厳しく怖く感じたのです。

ここにあなたの全てが表れている、確かにさらけ出しですね。
あなた自身とあなたの商売としていたスピ系では、
「厳しさ」は楽を手に入れるための手段として必要と言う見方をしていないという事のさらけ出しです。

金をとって職業としていたという事ですから、それ、はっきり言いますが、インチキです。
まず自分自身がエゴを超えなければ、エゴの理論(苦から抜ける方法)は展開できない、
そういうものですから良く覚えておいてください。

>でもお二人にはお見通しなのでその分気が楽です。
>
>スピリチュアルのお仕事をしてわかったことは「自分がわかっていない」ということがわかっただけなのです。
>
>悔しいけれどそうなのです。 


>最初は何をするのかも全然わからなかったのですが、なぜかベクトルが人に向くだけでかなり気が軽くなったのです。

これは単純に、目的がはっきりしなかったことによるものです、「人の為」と言う目的が出てきた分、
迷いが消えたことによります。
目的が無ければ行動は起きない、その分迷い「妄想」が多くなり苦しみが増えるわけですね。

まず、自分のための時間を減らす事、空き時間は全て人の為の時間とすること、家にいる時も外にいる時も、
食事もトイレで用を足す時もその意識で過ごす事。
人のために食事をし人のためにトイレで用を足す、生活すべてが人のためです。

この実践はあなたにとって「厳しい」と思われる環境が作り出せれば出せるほど効果的です。


>この掲示板を知る少し前にキャリア50年の占い師さんに
>「今のあなたの運気はとても低い。何をやってもうまくいかない。待つ時期。」と言われました。

確かにエネルギーの低下を感じますが、やる事が裏目裏目と続くような不調期と言うのは誰でもありますから、
誰でもある不調期だと思っていればそれでいいですよ、重要なことは、自分の行為などの現象は不調期でも、
心は不調期ではないと自分に言い聞かせ続ける事です。

特にうまく行かないときに、心も引っ張られて低迷が起きる可能性が高いですから、そのような時こそ意識して、
今は不調期でも心は不調ではないと自分に強く言い聞かせてシャキッとするわけです。
うまく行かないときこそ心に微笑みを。そうすると不調期はあまり尾を引かずに知らないうちに過ぎ去っていますから。

これ自身が自分を変えるための重要な実践に繋がります。

迷路から抜ける道の案内はできますが、歩くのはあなたです。

スッタニパータ773
>欲求にもとづいて生存の快楽にとらわれている人々は、解脱しがたい。
>他人が解脱させてくれるのではないからである。かれらは未来をも過去をも顧慮しながら、
>これらの(目の前の)欲望または過去の欲望を貪る。

スッタニパータ789
>もしも人が見解によって清らかになり得るのであるならば、
>あるいはまた人が知識によって苦しみを捨て得るのであるならば、
>それは煩悩にとらわれている人が(正しい道以外の)他の方法によっても清められることになるであろう。
>このように語る人を「偏見ある人」と呼ぶ。

61 実践マン :2013/08/18(日) 14:44:57
えっこさん^ ^ こんにちは☆
腕輪いいなーと思って、マネさせてもらいましたー♪
私のはただの革ひもだよーw
あと、響いた言葉はね、私も「無理やり感謝」です。
いつも書き込み参考にさせてもらってます。
ありがとうございます^ ^

62 えっこ :2013/08/18(日) 18:12:15
実践マンさん、こんにちは^^ 
私もいつもじっくり読ませて頂いております。
特に無理やり感謝は、目から鱗でした。
こちらこそ、ありがとうございます!!一緒に頑張りましょう!

63 ゆうこ :2013/08/18(日) 19:22:10
らぴたん・・・。
5年くらい前からブックマークしてて
娘が入院してる時なんか、
携帯で読ませてもらって元気が出たことが懐かしいです・・

こんなハードコアなフェイズに移行されたんですね^^;

私も仕事を変え、かなりリアルワールドに生きてるつもりでしたが
じぇんじぇん甘いんだなぁ、と感じいっておりますm(__)m

上のお二人がおっしゃってるフレーズ、
私も、ほっとしました。
やっぱ、感謝できないって思うときありますもん
それでいいんですね、無理やりで(^_-)-☆

しっかし、食べる時もトイレの時も「人のため」ですか・・

はじめて知りました。

らぴたん節でコンスタントな更新されてたこと、尊敬してましたけど
やっぱり、ただ者ではなかったんだなぁと思ってます。

これからは新生らぴたんを
また読ませて頂きます、ありがとうございますm(__)m

64 ラピ。 :2013/08/18(日) 19:26:17
☆ TK師匠

いつもありがとうございます!

(*・ω・*)ポッ


☆実践マンたん

書き込み、どうもありがとう!

これからもどうぞよろしくです。

(*・ω・*)ポッ

65 ラピ。 :2013/08/18(日) 19:42:46
☆ゆうこたん

てへ。実は常に修行僧でした。

以前、まだ相対的な世界にいたときに表現してた「幸せ」の裏には
私も認めたくなかった「幸せではないもの」がありました。

でも、私は「絶対的幸せ」がよかったので
それを認めませんでした。

ブログでは幸せを書いて
実生活でもなにがあっても幸せのように振舞っていました。

なにがあっても無理やりです(笑)

もう5年になるんやね。
なんだか昔が懐かしいね。

ブログを書きながら日常ではせっせと
「絶対的幸せ実現」のために実践し続け、
そしてTK師に出会うことができ、目が覚めて
私の原点に戻ってさらに実践。

今に至ります。

ちなみにブログを書くことも実践のひとつでした。

ゆうこたん、転職されたのですね。
リアルワールドこそ、最高の道ですよん。

ゆうこたん、今までブログを読んでくださってありがとう。

今となっては以前のような内容は書けないけど
これからも真実を書き続けていくので
どうぞよろしくなのら!

ここでは実践仲間がそれぞれがんばってます!

(*・ω・*)ポッ

66 ぽにょ :2013/08/19(月) 23:25:58
TK先生、らぴ。先生
お返事をありがとうございました。
とてもうれしいです。心から感謝します。

他の方とのやり取りもとても勉強になります。
ノートにいろいろな言葉を書き写しながら過ごしたりしています。

怖さに負けない
立ち向かっていく
でも、出てくる言葉に振り回されずに無視する。
下から下から、などなど

えっこさん、実践マンさんのようにいつも気づくために
ブレスレットをいつもしている左手ではなく右手にしてみたりしました。

ずっと起きてから「人のためにご飯を食べる」「人のために○○する」と頭の中でいいながらやっていくと
使っていない筋肉が疲れるような感じで、頭が痛くなったりすごく疲れたりしました。

そういう時はすぐに寝てしまいます。

頭の中で意識的になっているときはいいのですが、ぽかーんと空いてる時間があり
それすらにも気づいていないときがあり「はっ!」として戻る、その繰り返しです。

昔、居酒屋さんで聞いたお客さんへの第一声、
「はいっ!よろこんでっ!」と言うのもいいなーと思い、
実際に声に出したり、頭の中で言ったりしています。

今日何か変わった?彼に聞くと
「いちいち否定されなくなってとても楽」
「気分良く動いてくれるので物を頼むのが楽になった」そうです。(続きます)

67 ぽにょ :2013/08/19(月) 23:27:54
でも下から、がとても難しく感じるのは「私はプライドが高く人の欠点を見つけて見下す癖がある」からです。
ずいぶん前から「人のいいところを見よう」というのをしていましたが、
外出先のスーパー内でふとした拍子に見かけた方を見下していた自分がいて驚いたりもしました。
車に乗ってるときに無謀な運転を見かけたり、こちらにちょっとでも危険があると非難轟々だったり。
無意識すぎるとそういうことがあることにさえ気づか無いかもしれません。
くわばらくわばら、です。

TK先生の「低調な運気のときのお話」はとても目からうろこ、でした。
思わず涙が。(最近涙もろいのです)

不調なときほど心は不調でない。
いつも微笑んで。
感謝して。
喜んで。

自分に厳しい状況がいい、というのもまた怖さ倍増です。

スッパニバータの2つの節もわたしにとってどういう意味があるんだろうと
解釈を調べたり、感じたりしました。

まだ難しくてわかっていませんが、私はとても欲深い人間なんだーということを感じました。
そして偏見のある人とは私のことで、そういう行いをしてきたことを認めます。

これから新しくお仕事を探して就職するつもりです。
運気が下がっていて何をするのも怖かったのですが、そうじゃない、動こう、と決めました。

新しい環境に入るのは怖いです。だからこそチャレンジします。

実践をがんばります。
この先どうなるかはわかりませんが、がんばります。

真実を教えてくださる方がいないとまた迷うばかりでした。

お二人との&掲示板の皆さまとの出会いに感謝します。
ありがとうございます。
(いつも長々とすみません><

68 ラピ。 :2013/08/20(火) 03:25:26
☆ぽにょたん

ぽにょたん、書き込んでくださってありがとう。
方向性、それで大丈夫なのでそのまま進んでね。

これからも「はっ!」とする繰り返しがあるかもしれませんが、続けてください。
あきらめなければ「常に意識的」が徐々にできるようになると思います。

「はい!よろこんでっ!」ですが、私もその言葉よく使ってました。
うん、「居酒屋さんみたい」と言われてましたよ(笑)

仕事中によく言ってたのですが、コツは
何を言われても隙なくすぐに「はい!喜んで!」、これです。

これで仕事をほぼ同時に3こ引き受けてしまったこともありました。
(「できる限りのことはしよう!」と喜んで引き受けました。
てんてこ舞いの時もありましたが、がんばりました。)

そしてすぐに行動にうつります。
例外なしです。
考えるより行動です。

新しい職場では実践のチャンスがたくさんあります。
まさしくその職場では一番下の存在(初心者)になりますね。

慣れないことばかりの時こそ、わからなければ人に素直に聞いて、
そして基本は「なんでも、喜んで」。

この実践は、新しい環境でかなり役に立つと思います。

実践してると、いろんな恩恵を受けることもあると思いますが
恩恵はおまけですので、その恩恵に感謝したらそれも手放して実践。

その恩恵と同化せず、すぐに原点に戻り「喜んで」を実践します。
一番下になってひたすら実践です。

ぽにょたん、応援していますよ。

徐々に運気を回復してますね!

(*・ω・*)ポッ

69 ランタナ :2013/08/20(火) 06:34:21
ラピ。さん、今日も実践のヒントをありがとうございます。
はじめは長年の毒が抜けずにあっちこっちへ大暴れする自我に自分でびっくりでしたが、
あきらめずに喜んでをやれば、少しづつ、意識的な時間が増えてくるようになりました。

目と心に映ったものに、「例外を作らない」「妄想する隙を与えない」ことが私の目標です。
行ってきま〜す!!

70 ラピ。 :2013/08/20(火) 08:05:56
☆ランタナたん

ランタナたん、がんばってるね!

自我が大暴れしているのは効いてる証拠やね。
自我の声は幻です。

ランタナたん、応援しているよ!

いってらっしゃい!

(*・ω・*)ポッ

71 TK :2013/08/20(火) 08:27:12
ぽにょさん

>ずっと起きてから「人のためにご飯を食べる」「人のために○○する」と頭の中でいいながらやっていくと
>使っていない筋肉が疲れるような感じで、頭が痛くなったりすごく疲れたりしました。
>
>そういう時はすぐに寝てしまいます。


参考までに、悟りに至るための実践と言う事であれば、精神が擦り切れてもいいくらいの状況が必要となる。
悟りとはその状況まで自分を追い込んで、精神がおかしくなりそうな寸前に、
そうならないための最後の切り札のような形で出てくる。

それを「激流」とよぶ。
もちろん、巷にはびこる自らの誤認による悟りではなく、本当の悟りはという事だが。

私の方法は、恐らくスピ系でメジャーな方法ではない。
スピ系でよくある、ネガが出た時にはじっとして観察してと言う方法、
あれではうまく行かないだろうと思うが、本当にうまく行った者がいるのかが疑問だ。

それもあってわざと、掲示板でスピ系で悟った者がいないか呼びかけてみた。
私は津留晃一などが説明しているあの手の方法を、
塩分を全て除去したラーメンを食べさせられているような方法と呼んでいる。

つまり、来る波をどうやって乗り越えようかだけに終始していて、
自分から進んでエゴを削って行くと言う要素がないという事さ。

私の方法は釈迦、イエスの取った相対の原理だ。
「人のため」、「下から」というのは、スピ系の受け身オンリーのような手段ではなく、
相対の原理での能動的な方法だ。
スピ系の方法に比べたら、釈迦とイエスはやはり歴史に残る天才と言うしかない。

ま、至る前の君に言っても分からない事だがね。
折角だからこの場で簡単に説明しておく。

エゴを減らして行ってやがて辿り着くのが悟りと言う状態だ。
ただ、この悟りと言う状態は目指したら絶対に辿りつく事が出来ないと言う特性を持つ。
だからこそ、悟るんだ悟るんだと目指すことは後回し、すなわちそのような概念を一切捨てて、
「人のため」を優先する。

実はこれが、ダイレクトに悟るための理論だ。

悟りと言うのは自分と言う捉え方を捨てたところにある。
ただ単に自分を捨てろと言われて捨てられるものでは無い、
その捨てるための手段が「人のため」だ。

行為と言うものは「人のため」の行為と「自分のため」の行為の相対の関係で成り立っている。
「人のため」の行為を選択し、「自分のため」の行為を選択しないことで、
これそのものが相対の原理の上での自分を捨てるための手段なのだ。

さらにエゴの行為にはエゴを減らす作用の「善玉エゴ」とエゴを増やす作用の「悪玉エゴ」の2種類があり、
「人のため」はエゴを減らす作用の善玉エゴ、「自分のため」はエゴを増やす作用の悪玉エゴと言う関係になる。

もとスピ系の商売人さん、これくらいの事が分からなければ、エゴの理論(苦から抜ける方法)は展開できないんだよ。
つまり、自ら悟ってもいない盲人は、盲人の手引きなどできないという事だ。


>これから新しくお仕事を探して就職するつもりです。
>運気が下がっていて何をするのも怖かったのですが、そうじゃない、動こう、と決めました。

仕事の環境は実践に向く。
自分に自由な時間を与えない事が良い、つまり、仕事に「拘束」されて自分の好き勝手にできない環境が適しているという事だ。
特に好調期より不調期の方が実践には適している事になる。

あと一度就いた仕事は「嫌だと言う理由では辞めない」と言う覚悟を固めなければならない。
そこには嫌がらせをする人がいるかもしれないし、他にどんなことがあるかもしれないが、
嫌だと言う理由に従って辞めるなどの行動を起こしたら、その時は敗北したことを意味している。

つまり、逃げて他に行ってもクリアーするまでは何度も何度も形を変えて嫌だと思う事が自分の前に現れる。
カルマの定めと捉えて、逃げずに耐えてやり過ごす、それを通してメンタルも急激に変革が進む。

自分を変えずに逃げても、いつまでも同じ世界だが、逃げずに耐えてしのげばそれを通して自分の変革は進み、
同じ環境でもそれは違う環境に変化している、すなわち自分が変われば周りは変わるが自分が変わらなければ、
いくら周りを変えようとしても実質同じなんだ。

72 ゆうこ :2013/08/20(火) 09:33:05
TK様。らぴたん様。

どういったご縁か、いろいろ読ませて頂いて
新しい視点が持てて感謝しております、ありがとうございます。

この視点に立つと、
自分の醜さ、いたらなさ、過去のあやまちetc..が苦く感じるんですけど、
きっと、そんな自己批判すら、ムダな時間なんだと思って
きりかえる時間が短くなったことが意外な今日この頃です。

前述されていたスポーツマンの「ゾーン」、
ああいうフィジカルな無我の境地と健康な心身は
日々のストイックな日常で創られることも再認識できました。

以前、私は金融関係におり、
主にトレードにおいて感情を排し「ゾーン」に至ろうと努力した年月がありましたが
結果的に、すべてが灰色に見え、それが自我の消滅なのか
「うつ」なのか、区別もつかない時期がありました。
まったく、バカげた世界でした。

今は祝宴業で、
生身の、幅広い世代の方たちを「いかに喜ばせるか」を考える日々です。
それはお金でもない上に、
けっこう細かく、ふりまわされるのが当然の世界です。
おまけに、属している組織では内部的に人間関係もあるし
転職当初は「なんて生々しく難儀な世界だ、
デジタルバーチャな世界で自己完結できる世界の方が楽だ」
と思ったこともありましたが
「戻るのは間違っている」と、
今、ようやく腹をくくれるようになってきました。

母として妻として社会人として
いたらない部分を改善しつつ日々前進あるのみです。

コツは「人のために」
を試しはじめております。
そんな決意を新たにさせて頂き、元気が出てきました。
心から感謝します。

73 ラピ。 :2013/08/20(火) 19:40:49
☆ TK師

いつもありがとうございます!

私もそのような激流を渡りました。

(*・ω・*)ポッ

74 ラピ。 :2013/08/20(火) 19:59:01
☆ゆうこたん

うん。自己批判は自我の声であり、無視していい声です。
それに捕まったら時間がもったいないです。
そうなる前に実践です。

師匠はフローやゾーンについてとても詳しいです。

ちなみに金融関係におけるゆうこたんの経験、
なかなかのものではありませんか?

なかなかの激流を起こしていた可能性があったのではないかな。

「感情を排すること」
これは「自分を捨てて」に似ています。

「自分を捨てて実践」は
自分の嫌だと思う感情を無視して実践する、ということですから。

ちなみに自我が消滅したら「灰色」ではありません。
その灰色は激流だったのだと思います。

ちなみにゆうこたんはその激流を 
さらに進めそうな気配はありましたか?

今のゆうこたんのお仕事、
「人のため」の実践にぴったりですね。

限界を超えたときに悟りは現れます。

日常を実践の場とし、とことんがんばってね!
金融関係の経験も役に立つと思います。

いつも応援しています!

(*・ω・*)ポッ

75 ゆうこ :2013/08/20(火) 22:05:18
らぴたんに励まされて光栄です(*^_^*)

トレードは、
311のときカラ売りをしている自分に吐き気がして辞めました。
そういう、うしろめたさまで排した境地がゾーンなら
達しなくていいと思いました。(当時の狭い見解ですけど。)

それまで自分が交流したマーケットのエネルギーが恐ろしくもなりましたし
貨幣制度自体が狂っている確信も感じましたし。

同じ無我なら、額に汗したくなって、キツイ肉体労働をしたりしたあとで
今の職に落ちつきましたが
組織の中においての自分のいたらなさにグロッキー気味です^^;
お客様のことを考えて動いているときは一番楽しいかな・・w

あと、私は、1級障害を持つ子を産んだ責任もあって
肉体とか健康に関しても一生懸命ではありますが
そういう「家と仕事だけの日々しかない狭い人間だ」と思う卑屈な想いが
TK師とらぴたんの掲示板を読んで、
「これでいいんだ」って気がしてきたんです。

むしろ、もっと娘のこと、夫のこと、仕事のことを考えて
利他の気持ちで生活することに没頭していいんだ、って楽な気持ちになったんですよね。

それから
産んだあとで、遅いですけど家族の健康だけじゃなく
自分の体を鍛える時間に対して、少し、罪悪感があったんですね、

「娘はできないのに、自分は健康で楽しい余暇の時間を過ごしてる」とか
(何も考えずにリフレッシュできる貴重な時間ですけど)

食事や健康に気を遣いすぎてストイックな生活することは、堅いんじゃないか?」とか。

でも、そーゆーのもスルーして
「何を見ているか」意識することにしました。
同じことをしていても、「自分を見ている」のか「自分以外を見ている」のか。

主眼の場所を変えてみると、視界が拡がる気がします。

それから、
けっこう しれっと謝ったり態度を改めたりしやすくなりました。

過去にこだわって自責し続けたり
プライドがじゃまして素直になれない自分を少しだけ客観できて
これから、どんどん変わろうという元気も出てきました。

だから、ほんとうに、ありがとうございますm(__)m

明日も「下から」を意識して、
家でも職場でもカイゼンし続けたいと思います(*`‥´*)=3

76 えっこ :2013/08/20(火) 22:51:34
皆様、こんばんは。
TK師匠のお言葉を読み、激流の凄さに自分の甘さを感じました。
うまく表現できませんが、「下から下から」「人の為」「常に感謝」「無理やり感謝」等の
言葉と心中するくらいの気持ちでやり直します。

77 ラピ。 :2013/08/20(火) 22:57:54
☆ゆうこたん

なるほどです。

そのトレードに対する罪悪感が生まれてしまったのですね。

うん、実践は何を実践に選ぶかがまず大切です。

「よい」ことや「奉仕」のようなことを選べば
罪悪感という遠回りな経験をしなくて済みますね。

罪悪感はエゴを増大させてしまいます。

そして実践については私も特別な環境ではなくて
今すぐできる、今の環境で実践しました。

そのまま、今の環境で今すぐ です。

今のすべての状況に感謝をして人のために実践。

そしてそれは例外はなし。

常に人のために
自分を責める思考が起きる暇もなく行動するのです。

いろんな思いがよぎるでしょうが
それは幻ですので無視です。

無視できなくても、ひたすら実践していれば
思いがよぎる暇がなくなります。

ひたすら実践、がんばってね。

応援してるのら!

ちなみに「何を見ているのか」を意識することだけど
それを意識しても その見ている私はその次元どまりなので
その意識を持ったまま更なる次元へは行くことができません。

「見ている」という自分がいては更なる次元へ行けないのです。
見ていると思っている自分は真実の自分ではありません。

それよりは ひたすら実践をお勧めします。

あと、状況判断も先入観や思考(エゴ)が入ってしまうので
真実を言えば きちんとできないと思います。

エゴがあるうちは、どうやってもエゴの目で見てしまいます。

だからひたすら実践して私(エゴ)が消えることが先です。

とりあえず、実践だよ。

答えは後でついてきます。

(*・ω・*)ポッ

78 TK :2013/08/21(水) 16:51:47
ゆうこさん

>主にトレードにおいて感情を排し「ゾーン」に至ろうと努力した年月がありましたが
>結果的に、すべてが灰色に見え、それが自我の消滅なのか
>「うつ」なのか、区別もつかない時期がありました。

メンタルに変化があったという事は、効果があったのかもしれませんが、これもスピ系と同じで、
ネットで検索すると、よく巷で「ゾーン」のためのセッションとか高額の料金であるみたいですが、
いわゆる、これも悟りのための技術なのですから、はっきり言えば盲人が手引きできるようなエリアではないと思います。

>前述されていたスポーツマンの「ゾーン」、
>ああいうフィジカルな無我の境地と健康な心身は
>日々のストイックな日常で創られることも再認識できました。

私もスポーツで成績を上げている所の人と上げてない所の人と話ししたりすることがありますが、
私の目で成績を上げている所の人はそうでない所の人と比べて顔つきからしてもう全然違ってます。
スポーツから離れたところでもあの彼等なら、器用にうまくやっていけるはずです。

精神世間的なものを意図して実践している人たちでなくても、
エゴも少ないし確実に悟りの要素が出来上がっているのが分かります。
ですので、精神世間でオタクやっている人たちに、恥ずかしくないですか、
先に進んでする人たち世の中に沢山いますよと言いたくなる。

精神を作るためにスポーツやってる人、これ手段として間違ってないです。
精神世間オタクみたいな人よりも、こちらの方が確実に正解です。

うまく効果を上げているスポーツチームとかは、理論が分かってやっているわけでは無いと思いますが、
殆どが効果が上がるための方法を体感的なものとして知ってて、または、
成績を上げたところのやり方を調べて取り入れるなどしてやっているものと思います。

なぜなら、この手の理論を解明し説明するのが科学者と言う人たちの役目ですが、
いまだにどこぞやの教授と名乗る人が「ストレス」イコール「良くないもの」的な話しを見ましたが、
幼稚です、メンタルへの効果が全く分かっていない、こんなレベルでは、動物園のサルでも名誉教授になれそうです。

このような時代ですから、この人たちが世の中を悪くしているのですよ、これマジにです。
この手の科学の遅れが世の中を悪くしているのです。

(続きます)

79 TK :2013/08/21(水) 16:52:24
(続きです)

私は上の次元からの目になりますから、当然に一般的(低次元の人たち)とは捉え方も違うと思います。
苦しみ、我慢、忍耐、努力、厳しい、これらの感覚は「潜在意識の下で働く思考を形成する力」を
意志の力で制止するさいに発生する感覚です。

この「潜在意識の下で働く思考を形成する力」を制止し続けることによって、
やがてそれは無力化し思考が発生しにくくなります。
このような理由で、鍛えられた一流の人たちは、そこに至るまでの厳しい環境や度重なる努力等の積み重ねにより
変容したメンタルによって、少しの集中で容易にフローに入る事が出来るメンタルになっているのです。

仲良しクラブ的な所の人はゾーンは無理でしょう。

つけやいばで身に着けられるテクニックのようなものでは無いと思います。
富士山の大きさほどの技術を修得する努力を払って、ようやくちょつとだけ身につくメンタル的な特質、
そのような難易度のものだと思います。

スポーツの世界だけではなく、例えば料理人の世界等も「厳しい」ものであると言われていますが、
一流の職人の世界にはフロー又はゾーンと呼ばれている精神現象が作用していると思われます。

昔の人は頭良かったと思います。

あの変な科学者とか言う人たちとは違って、体感的にでもちゃんと確信を捉えていたと思えますから。

>私が話しする事など、何ら変わったことではありません、
>昔の人が当たり前に使いまわした言葉をそのまま同じに話しするだけですから。
>
>苦しみ、努力、我慢、忍耐、厳しい、これらは昔から人間を作る上で必要なものとされてきたと思います。
>
>私の話しするのもこれだけです。
>
>全然変わってないですよね。
>
>そして、何の事は無い、これを積み重ねる事が悟るための方法なのです。

禅僧沢庵が柳生宗矩に説いたとされる剣禅一致を今の言葉に置き換えれば、「剣」は技術の修得、
「禅」はメンタルの修得を指しますが、今の科学は「剣」即ち技術の修得の科学しかありません、
「禅」即ちメンタルの修得の部分の科学については全く無いと言っていいです、
このような遅れた原始人的な科学に基づいて学校教育などが行われておりますので、
世の中どんどん人間的な腐敗が進み従ってそのような者たちで構成されている社会など悪くなるのはあたりまえです。
これは現代の遅れた原始人科学によるものです。

今の地球は平らだと信じられていますから、
ここで地球が丸いなんて言うと生きていけませんがね。(笑)

ニューエイジ、スピ系、これも同族ですね。

80 TK :2013/08/21(水) 17:43:02
ゆうこさん

>私は、1級障害を持つ子を産んだ責任もあって
>肉体とか健康に関しても一生懸命ではありますが
>そういう「家と仕事だけの日々しかない狭い人間だ」と思う卑屈な想いが
>TK師とらぴたんの掲示板を読んで、
>「これでいいんだ」って気がしてきたんです。

実践にはとても向いている環境ですよ。

実践前の以前の私は「仕事と呼ばれるものが嫌い」でした。
ただし実践を始めてからは、とにかく遊びと思われる時間は自分の生活の中から一切排除しました。

実践時は単純な生活ほどいいのですが、家と職場の往復の単純な生活、
家でも時間があれば仕事関係のマニュアル書を読む毎日。
ほとんどの知り合いからも縁を切られました(今は縁も復活してますが)。

自分の生活を仕事以外のものが無いようにして、分かったことがあるのです。

遊びと仕事の違いと言うのは何だか分かりますか。
両方とも物理的には同じ仕事なのです。

遊びでドライブをする、仕事で運転業務をする、遊びでパソコンゲームをする、
仕事でパソコンのモニタを見てキーを打つ。
遊びも仕事も物理的には両方とも同じ仕事をしているのです。

両者の違いはただ一つ、自分の思うようにできる物理的な仕事が遊び、
会社に縛られ、上司に縛られ、客に縛られ自分の思うようにできない要素の強い物理的な仕事が仕事なのです。

両者の違いはただ一つ、「思うように」出来るか出来ないか、その違いだけです。
だから、この「思うように」さえ何とかしてしまうと、遊びも仕事も両方とも違いはないのです。
そして、それを何とかしたのが我々なのです。

遊びも仕事のようであり、仕事も遊びのようであり、どちらも何もやってないようであり、楽しくて快適です。

とにかく日常生活の中の自分の「嫌い」なものを見つけたら、徹底的に向かっていくという事、
これが実践でありその人のテーマあり、悟りに必要な自分を追い込むための一要素なのです。

カルマ論的に言えば、自分の周りの環境こそ自分のカルマの結果としての表れなのですから、
その中にカルマ解消の糸口がある、その手段が「嫌なもの」に向かっていく事なのですね。

カルマ論と言うのは否定者もたくさんいるのかもしれませんが、神を信じると効果的な実践に役立つこともあるのと同じ事で、
実践の効果的な方便として役立てられるものなのです。

メンタルの変容も「嫌なもの」に向かっていく事でなされるわけですので。
釈迦もそのような方便という意図でカルマ論を持ち出していたと思います。

81 ゆうこ :2013/08/22(木) 22:27:51
TK様
>遊びも仕事のようであり、仕事も遊びのようであり、どちらも何もやってないようであり、楽しくて快適

素晴らしいですね〜!
TK師、らぴたんの世界はプロ(アーティスト)の世界と同じなんですね。

さて今日は
仕事のつきあいで渋々セミナーを受けたんですけど
『凡事徹底』とか、感謝、モラル、
そして偉人達(孔子や釈迦キリスト)の言葉、道徳、
といったものが、とても新鮮に素直に心に響きました。

受ける前の「退屈そうだなぁ」「道徳=説教臭い」とか、
「偉人の書物ね、はいはい」みたいな
斜にかまえた自分の不遜さを恥ずかしく感じました。

「何でもわかってるの?実践してるのか自分」って話ですよね^^;

それから
↑らぴたんのおっしゃってた
>見ていると思っている自分は真実の自分ではありません。

これ、実は、今読む前(昨日の朝)、
なんか、自分とまわりが溶け合ってるような
なんつーか、粒子の海?というか、ちょっとふわふわ感を感じて
そこには左脳的な、「言葉」みたいなものがなかったので気持ちが良かったんですね。

だから、なるべくアタマの中に言葉が浮かばないようにしよう、と
行動に集中する1日をスタートできました。

感謝も、
たとえば、物に対しては、ちょっと感謝という言葉に違和感があったんですけど
もっと感覚的な・・・なんというか、自分の一部みたいな
(・・指の先につながってるような?)
『慈しむ』に近いような・・そんな感じを持つようになったので
それを感謝と呼ぼうかな、とか思う今日この頃です。



うまく言葉にできない感じ、の時間が多くなりました^^;

>縛られて自分の思うようにできない要素の強い物理的な仕事
数日後に自分の企画したイベントを控え
頭の中は「いかにお客様を喜ばせるか」でいっぱいでして。
営業で売り込むとか、トレードの儲けみたいな、もぎとるものではなく、
「いかに満足してもらえるか」お客様の目になるベクトルって、
外向きで、精神衛生が良いですね〜。

他の『縛られてる感のある事柄』でも
相手の目になって、相手のエネルギー(感情)をスムーズに流せるよう
ベクトルを変えてみたいと思います。
(自分の感情が入るから難しいんですよね。)

最近、
筋肉痛のカラダに対しても「ありがとね」みたいな気持ちも感じるので
自分の至らなさを責めたり反省するのは控えて
明日、感謝できるパワーを充電するために
今夜も もみもみして、熟睡したいと思います(*`‥´*)=3

>思いがよぎる暇がなくなるくらい、ひたすら実践
Eですねぇ、
スピード感とロックを感じますw

ロングヘア、超短く、ばっさり切りました。
明日も走ります!
お二人の言葉に心から感謝しま〜す!!

82 TK :2013/08/23(金) 06:57:55
ゆうこさん

>受ける前の「退屈そうだなぁ」「道徳=説教臭い」とか、
>「偉人の書物ね、はいはい」みたいな
>斜にかまえた自分の不遜さを恥ずかしく感じました。

快適に聞いてられると言うのは、意外とメンタル的な修得の成果が出てきているのではないですか。

今までに積んだ努力の分だけ、メンタルは出来てきているはずですから。

エゴを野放しにする手段で幸せ感を得る現代の次元の科学での幸せ、
私も以前今の科学に騙されてそれで幸せが得られるものだと信じていました。

何で自分は、これだけ思いっきりやっても、幸せじゃない、何かがうまくないんだ、
何かまだわかってないものがある、そう思って探求に命を懸けました。

これが物質文明の科学の正体で、真実はまるっきり逆でした。

情けないですよね、現代の科学者とか言う変な人たちと言い学校教育の中にも答えが無くて、
なんと昔の人の残した伝承してきたもの(聖典)の中に答えがあったのですから。

あの何考えてるんだか科学者とか言う変な人たちのおかげで、
こちらは下手すれば探求に命落して死ぬところでした。

あの幼稚で遅れた原始人の科学者、ふざけてんのも、いい加減にしろと言いたい。(笑)

私は、遅れた原始的な科学者とか言う変な連中の呪縛から一人でも解放されて、真実の方法に辿りつければと思うのです。

地球は平らでは無くて丸いのです。

83 ラピ。 :2013/08/23(金) 08:36:08
☆ゆうこたん

おお!実践がんばってるね!

うん、言葉にすると、自我が安心してしまう(居座ってしまう)ので
言葉にせず、実践がいいですね。

そしてその気持ち良い感覚、感謝したら手放してさらに実践です。

かつての話ですが 幸せが降り注ぐ感覚があった時があったのですが
「なにか私を助けてる存在がいるんだ。ありがたいなぁ」と勝手に勘違いし、
(これこそ、エゴの勝手な解釈)
そこに立ち止まっていたことがありました。

なんてったって、心地よいのですからそこにいたい
と思うわけです。

でも、実はそれは立ち止まるべきところではありませんでした。

ゆうこたんのその心地よさ、私のその幸せ感と同じではないかもしれませんが
それは一時的なものであり、手放すものです。

その感覚も真実ではありません。

ちょっと残念かもしれませんがその幸せな空間すらも手放して実践。
その空間が行動の集中となるきっかけとなるのなら
その感覚を行動のはじめに利用して手放し、さらに実践です。

すべてを言葉にすることなく、ひたすら実践れすよ!
難しい時こそゆうこたんの力が発揮できるときです。

髪をばっさり切ったのですね!
ゆうこたんの決心が見えるようです。
応援してます。

ちなみに私も仕事と遊びの区別がありません。
師の言われている通りです。

(*・ω・*)ポッ

84 実践マン :2013/08/23(金) 17:14:56
こんにちは☆
みなさんの頑張りを毎日拝見させてもらってます。ありがとうございます。
皆さんが頑張ってるなか、水をさすようで恐縮しますが、早々に挫折しそうなので、カツをお願いします。

そもそもが、みなさんの実践バリバリな充実感を羨ましく思い、焦り、「私も頑張らなくちゃ!」なんて思ってしまったのが、間違いでした。

どんな時も愛を受け取るって決め実践してたわけなんですが、いつの間にか「自分が頑張りたい」ってエゴの声にフォーカスしてしまい、空回り。
今現在支えてもらってることを無視し、感謝が足りないと人を怒らせてしまいました。

頑張り方が分からなくなります。
寝てるだけの私は、何をどう頑張ったらいいのでしょうか。
ありがとうより、申し訳ないって気持ちが優勢になります。
すべては神の現れだと、くつろいでいられたらいいのに。。。
神の愛をもっともっと感じ続けられたらいいのに。。。

何もせず、ただ気づくだけでいいんだろうなと思います。
でもそれも頭の中の声が言ってるだけで、ちっとも愛を感じてはいないんです。
無理やり感謝という意味が分からなくなります。
だって今現在、感謝できていません。頭で言ってるだけです。

何も考えない時間を私ももっと増やしたいです。。。
ひたすら実践という集中した感覚を味わいたいです。
思う存分、動きたいです。仕事がしたいです。家事がしたいです。
でも、できません。

何もせずとも愛を受け取っていいと心から感じたいです。
頭の中のエゴの声を無視するために、呼吸に集中しようとしたり、ゲームに没頭しようとしたりしますが、長く続けられません。

ベテラン看護師さんが来ると、いるだけでふわーっと安心します。支えてもらってる自分は何も出来ず、寝転びゲームなんかしてて恥ずかしくなります。

メンタルの弱さにウンザリします。
涙ぐんでは「だからどうした!甘い甘い!」と、エゴが高笑いしています。

みなさんからしたら、もうこんな私は甘くて甘くて仕方ないんだろうなと、劣等感を感じます。この掲示板に来るのが辛くなってきました。

やっと思い上がった自分と決別し「下から」を実践できるいい機会なんでしょうか。

甘えてすみません。
こんな弱音を書き込むことはとても怖いですが、メンタルの変容も「嫌なもの」に向かっていく事でなされるという言葉に励まされました。ありがとうございます。
厳しいお言葉を頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

85 TK :2013/08/23(金) 18:45:33
実践マンさん

>今現在支えてもらってることを無視し、感謝が足りないと人を怒らせてしまいました。
>
>頑張り方が分からなくなります。

実は具体的に何をすれば本当の間違いのない行動になるかと言う実践ではないのです。

例えば、人のためと思ってやっても、後になって、人から、
そんな事やられて迷惑だと淡々と苦情を訴えられることもあることでしょう。

そうしたら、次から変えればいいのです。

これがこの実践の紛れもなく正しい方法です。

気付かないでやった事は、それでよし、うまくないのは、気付いててやった事とやらなかったことなのです。

>何も考えない時間を私ももっと増やしたいです。。。
>ひたすら実践という集中した感覚を味わいたいです。
>思う存分、動きたいです。仕事がしたいです。家事がしたいです。
>でも、できません。

無い物ねだりは駄目です。
あなたに与えられた現象(環境)は神です、神を否定したらバチ当たりますよ。
動けないのなら動けない事に感謝できなければ、それがあなたに与えられたカルマなのですから。

>頭の中のエゴの声を無視するために、呼吸に集中しようとしたり、
>ゲームに没頭しようとしたりしますが、長く続けられません。
>
>ベテラン看護師さんが来ると、いるだけでふわーっと安心します。支えてもらってる自分は何も出来ず、
>寝転びゲームなんかしてて恥ずかしくなります。

ちなみに、私は実践中は時間さえあれば一生懸命仕事に役立てられるだろう事柄の勉強にあてました、
それが人のためになる行為だと思ったからです、寝る時以外は一瞬たりともひるまずにと言うのはそう言う事ですよね、
その時にやった事が今はとっても役立っています。
もちろん、ゲームをするのが人のためだと思うのなら、ゲームをやる事の意義を感じてそれもいいと思いますが、
あなたの場合はそうではないようですよね。

私は、実践期間はテレビすら見ませんでしたから。
ラピ。さんはいまだにテレビ見ないそうですけど。

86 ゆうこ :2013/08/23(金) 19:14:19
実践マンさん、横やりすみません。
実は、昨日から、実践マンさんのことを考えてまして。
気になって掲示板を読みにきたらカキコがあったので
横レスとなりましたm(__)m

娘とTVを見るとき、
同じ年の子が思いっきり体を動かすような番組は避けてしまいます。
だから
>寝転びゲームなんかしてて恥ずかしくなります
>この掲示板に来るのが辛くなってきました。
っていう文が、とても悲しいです。

鼻息荒く、仕事のこととか、いい気になって書き込んでしまいましたが
こういう心の深い話をする場所が他にないからなんです。

実践マンさんがつらい気持ちになったとしたら、ごめんなさいね。

私は娘が居てくれるから働いたりご飯作ったりできるなぁ
といつも感謝してます。居てくれてありがたいです。
『居なかったら、もっと手抜きでグータラしてた』に1000点です。

正直、産んだあと、何度か殺しかけたことがありました。
本当です。枕を顔にかぶせたんです。
不幸な人生になる、と決めつけたんです。
でも、本当は「自分の」人生が不幸になるようで怖かったんだと思います。

今、娘は最高の笑顔を見せてくれます。
ぜんぜん不幸に見えませんし、いろいろ夢も持ってます。
医学的に無理な夢を普通に「そうなるから」と言う時は
最初は複雑な気持ちでしたが、今は一緒の気持ちです。

トイレで感謝、というらぴたんの言葉を読んで
私は自分の排泄感を
娘も感じることができる、とイメージする時間にしました。
(神経に障害があり、自力で排泄ができません)

医学がどう発達するかわかりませんが
まったくムダな妄想を親子で見ているかもしれません。
でも「不幸」っつー観念的なものに落ち込むより
カラダが機能してる感に集中する方が建設的な気がします^^;
医学的根拠、全スルーですからね、強いですよ、無知はw

年とって「結局だめだったね」っていう日が来たとしても
その日までの時間、ずっとワクテカしてた、っつー事実が残りますし。

んで、「今日も1日、おいしくご飯が食べれて熱も出ずに元気って
ありがたいね」って言いながら暮らせるのは
それだけで幸せだと思ってます。
子供ながらに痛いキツイ入院生活から人生始まったせいか
幸せのバーが低いんですよね。


上の子はもう成人しましたが
健常児を育てているときとは大違いです。
家族は毎日健康で当たり前で、
忙しいとかうるさいとか、不満の多い主婦でしたから
娘に日々の感謝の意味を教えられたと今では思ってます。

>ベテラン看護師さんが来ると、いるだけでふわーっと安心します
娘につきそって長期入院している時、
よくいろんな看護婦さんが「癒されにきたよ」とかいって娘の笑顔を見にきました。

何もできずにただ上を見て笑う顔を見るだけで
私も何度も救われました。
不幸な人生かどうか決めるのは自分だ、と気持ちも落ち着きましたし
娘がどう思うかも、娘を信じて委ねる決心がつきました。
勝手に「不幸になる」と決めつけて殺そうなんて
おそろしく傲慢だったと反省しました。

実践マンさんの大変さはわかってあげられないし
ここからは手を握ることもできません。
かける言葉もわかりません。

ただ実践マンさんの元気が出ますように、と思うだけです。

私も自分の元気を出します。

長文失礼しましたm(__)m

87 ラピ。 :2013/08/23(金) 20:46:02
☆ この掲示板で実践されているみなさんへ

みなさん、清き道を歩かれています。
だから大丈夫です。大丈夫です。

私の第2の実践はかなり厳しい道でした。

そのときに助けてくれたのが根拠のない自信でした。

「大丈夫!大丈夫!私ならやれる!」

この言葉を自分に言い聞かせて突破しました。

そして実際大丈夫だったから 今ここにいます。

自分の力を信じてください。

そして自分の力を信じてすぐに実践。

基本は実践です。

でも実践とは行動することだけではありません。

自分の思いや意志を 決心したことに思いっきり使うことです。


ちなみに、はい、自分からはテレビを見ません。
(たまにDVDは見たりしますけども。)

人から進められた番組は見ることもありますが
基本、見ないです。

もともと、興味がなかったのです。

人に、「テレビは見たほうがいいよ」と言われたことがありますが
それで困ったことはありません。

職場で自然に情報が入ってきたり、
人から聞いたりしますので、問題ないです。

話題についていけなくても
(実際、今 流行っていること、知らないだろうなぁ、、笑)
そのとき教えてもらったらいいし。

今も そんな感じです。

また後ほど書き込みします。
(*・ω・*)ポッ

88 ゆうこ :2013/08/23(金) 20:46:28
らぴたん
>ちょっと残念かもしれませんがその幸せな空間すらも手放して実践。
>その空間が行動の集中となるきっかけとなるのなら
>その感覚を行動のはじめに利用して手放し、さらに実践です。

なるほどですね!了解です(^_-)-☆

>すべてを言葉にすることなく、ひたすら実践れすよ!

ほんと、言葉がないほうがいいですね。

>難しい時こそゆうこたんの力が発揮できるときです。
こ・・・こりわ・・・・
なんという威力!!こういう言葉、めっちゃヤル気でますねぇ!
コピらせてもらいますっ(誰かに言いたいw)


・・上に、長々と療育の話を書いてしまいましたが
数年前は、ほんと、長期入院つきそい泊まり込み続きで
何度も大手術に耐える娘もかわいそうで悲しいし、不安でいっぱい、
腰は痛いわ、ご飯は売店の弁当、夜中に排泄介助で寝不足、
消灯後のピーコン音の中

らぴたんのブログ、ほんと、癒されてましたYO。

ぽよ〜んとしてるのに強い幸せワードが
あの時の私には必要だったんですYO。
「幸せだ!」って言いきらないと、何かが壊れそうな毎日でしたから。

で、生活が落ちついて、たまにブログ訪問しても、
ずっと同じ調子で続いてるんでうれしかったし、
つい、他の人にも何度か紹介しました。
「この人、すごいよ」って(#^.^#)

今はステージアップ、みたいな感じですけど
ほんとに感謝しとります(*^_^*)
てか、改めて今の生活の落ちつきが有難く感じて疲れがとれました。

・・・でも、体力温存のためにもう寝ますw
おやすみなさ〜い(-_-)zzz(はやっっっ)

89 名無しさん :2013/08/23(金) 21:23:36
実践マンさん、カンポン・トーンブンヌムさんという寝たきりで仏道を歩んでおられる方を思い出しました。

この方の「気づきの瞑想で得た苦しまない生き方」という本が手元にあるのですが、よろしかったら
お送りしましょうか?!
参考にする本を数冊に絞っているので、他の本はせっせと処分しているのです。

この著者の方が、TKさん、ラピ。さんと同じ境地に到っているかは分かりません。
(そこまで到っていないかもしれません)。
が、体を動かせない中での実践ということでは、一つの参考になるような事が書かれていて、励みになりそうな内容でした。
もし、送っても差し支えなければ、ラピ。さんまでご連絡ください。
(ラピ。さん、恐縮ですが、もしそうなれば取次ぎのほど、お願いします)。

実践マンさんが挫折しそうなら、私など、何百回も挫折していて、こちらの中で一番のダメ人間です。
TKさんから「自分自身がコロンコロンと転がって、お前なんかは無理。ダメだ。」とか、何回もお叱りを受けてます。
それも、TKさんが、10年も前から、その道を話してくれていたのに、です。
私が、また奮起したのは、ラピ。さんが「限界を決めるのは自分。あきらめたら終わり。」「言葉・思考を挟むことなく実践」などと教えてくれたからです。

行為そのものからしたら、私、大したことはしていないと思います。
嫌だと思ったら、逆に何がなんでもする!とか、嫌な思考が出たら無理矢理感謝!とか、です。
汚い所を掃除するのも嫌々ながら・・・だったのを、喜んでする、それができたら、すでに綺麗な処を、あえて喜んで掃く、拭くとか。
単純になればなるほど嫌になるのを無理矢理。
それができたら、公衆トイレに入る時、あえて汚い所を選んで入り、綺麗に磨いてから出る、とか。
子供や、人様との接し方とか。

著者のカンポン氏も、体を左右に傾けることができるだけ、という僅かな動きしか取れない中、仏法のテープを聞いたり、仏法の本を読んだりして、
自分なりにテクニックを編み出したり、思考を観ては手放すという、とても単純な作業をされていたそうです。

きっと、実践マンさんも、できると思います!
ゆうこさんも、実践マンさんも、私も、持ち場はそれぞれ違いますが、それぞれの立場で、共に頑張りましょう。
私の方が、逆に、皆さんに励まされています。

     CHU!

90 名無しさん :2013/08/23(金) 21:24:36

名前を入れ忘れました。上の投稿者は、私、ランタナです^^

91 ラピ。 :2013/08/23(金) 21:47:43
☆ 実践マンたん

実践マンたん、大丈夫です。

もし、自分を責める声が聞えたら
「大丈夫!」これれす。

もし、感謝できないときがあっても
「大丈夫」

神の愛を感じることができなくても
「大丈夫」

「大丈夫。大丈夫」

「だからどうした!甘い甘い!」という言葉、
私も実践の時にエゴが似た言葉を言ってる時がありました。

私はそのときは
「なに?よし、やってやる!」とエゴに反抗してました。

邪魔しようとする自分の心の声に一言。
「うるさい。静かにしてちょうだい」これです。

これからも、エゴが実践マンたんを困らせる言葉を
言ってくるかもしれません。

でもね、それは幻の声なので
「大丈夫!大丈夫!」
こう言い聞かせていると、その声が気にならなくなりますよ。

弱音、書き込んでくれてありがとう。

その弱音すらも実践のプラスにしていこう。

その弱音のおかげで、こうやって私も
実践マンたんとまた、交流ができるのれす。
みんなの学びにもなりますね。

実践マンたんの弱音にも感謝だよ。

どんなときも、どんなことにも感謝!

(*・ω・*)ポッ

92 ラピ。 :2013/08/23(金) 22:54:07
☆ゆうこたん

ゆうこたん、いろいろどうもありがとう。

私のブログね、かつては本当に自分が絶対的幸せであるかのように
書いていました。

「自分が今、絶対的幸せであるならどう書くか?」という思いで
書いてました。

今見ると、あらら、というところ、多々ありですが
(ある意味、妄想だったので)
そのときはめちゃくちゃ真面目でした。本気でした。

そして日常の生活も常に実践。例外なし。
ブログも実践のひとつだったと思います。

ゆうこたん、そんなブログにそう言ってくれてありがとう。

このブログがあったから、ゆうこたんと出会えたんだよね。

ゆうこたんの今までの生き方、
必ず、これから役に立つと思います。

お子さんとともに経験したことも 今経験していることも 
金融関係のお仕事での経験も、
とても貴重な経験で ゆうこたんの道のひとつです。

これからも結果を求めず、ひたすら実践していれば
いつのまにかいろんなことができてると思います。

ゆうこたん、書き込みしてくれてありがとう。
ここに来てくれてありがとう。

ゆうこたんの言葉が いろんな人の勇気になります。
実践している仲間の力となります。

真剣さはちゃんと伝わりますから。

これからもいろんなことがあるかもですが
応援しています!

どんなときも「大丈夫!」です。
私、かつては根拠なくいつも「大丈夫!」って言ってました。

妄想もこの相対的世界では現実なのです。
それなら、いい妄想を使っていくのら!

(*・ω・*)ポッ

93 ラピ。 :2013/08/23(金) 23:41:44
☆ランタナたん

ランタナたん、書き込みありがとう!

ランタナたんのおかげで今の私があります。
なんてったって、師に出会えたのはランタナたんのおかげだから。
ありがとう。

ランタナたん、実践がんばってるね!

ランタナたんも今までいろんな道を通って 
いろいろ経験してきたよね。

そして今、ランタナたんの最後の道は
「ひたすらする」それのみです。

真理はとてもシンプルです。
だから、シンプルな実践が一番。

シンプルな実践を例外なくずっと続けることは大変ですが
大変だからこそ、価値があります。

実は「大変」という思いもエゴの声で
私は「自分を捨てる」=「そのエゴの声を無視」して
考えることなくひたすら実践していました。


実践マンたんへの本のことですが
実践マンたん、連絡は
ブログのコメント欄を利用してもらったらと思います。

コメントを書いて、「管理者にだけ表示を許可」
のところにチェックを入れていただいたら
私だけがそのコメントを見ることができます。

また、ブログにメールできるものも設置しました。
こちらからでもオッケーです。
どうぞ、ご利用ください!

ランタナたんと直接のやり取りがよければ
それまでの橋渡しだけでもできると思います。


ランタナたんの真理の追究への思い、情熱を
私、いつも感じてました。

あとは実践するのみ。
その情熱を実践にいかすのら。

ランタナたん、どんなときも応援してるからね!

いつもありがとう!

ランタナたんに出会えて、ほんとよかったです。

(*・ω・*)ポッ

94 ぽにょ :2013/08/24(土) 00:15:00
TK先生、らぴ。先生&みなさま
いつもありがとうございます。

皆さんの書き込み、とても参考になります。
確かにあせったり、自分自身できていないんだろうか,甘すぎるんじゃ、と考えることも><
でもそれぞれの道筋は違うんだから比較に意味は無く、できていないことに甘えあうのではなく
「励み」になるように、と改めて感じました。

TK先生に「もとスピ系の商売人さん」と言われて、「元」がついてよかった〜と思っています。
(いろいろな方に悪い影響を及ぼしたのでは・・・と不安になったりもしましたが)
能天気すぎ・・・?
お仕事を探したら、
おもしろいことにご近所のすごく好きな場所でパワーストーンのブレスレット屋さんが高待遇で
出ていました。→高待遇と鉱石好きなので少しドキドキしましたがパス。
以前のクライアントさんからセッションを頼まれたりもしました。→丁重にお断りしました。
矛盾の在る行動をしない、と決めたらいろいろすっきりしています。

先日、以前なら選ばないようなお仕事の登録&面接に行ってきました。
大都会、人ごみ、酷暑・・・帰りはへとへと。
前なら帰ったらグロッキーだったのに「まだまだー」ともうひと踏ん張り動けたり。

ちっちゃいころからしんどさに負けていたなぁ、
その時母からよく「気合出して!○子(私)はしんどくなーい!」と活を入れてもらってたことを思い出しました。
いやな思い出だったのに(そのときは言う事を聞けなかったけど)今の私に必要でいい思い出に変化しました。
面接結果はまだですが、だめならだめで、決まったら決まったらでただがんばるだけです。
(続きます)

95 ぽにょ :2013/08/24(土) 00:15:44
(続きです)
ここ2,3日ちょっと不安感が消えると「もうこれでいいや」という思いが出てくるのですが

>自分を変えずに逃げても、いつまでも同じ世界だが、逃げずに耐えてしのげばそれを通して自分の変革は進み、
>同じ環境でもそれは違う環境に変化している、すなわち自分が変われば周りは変わるが自分が変わらなければ、
>いくら周りを変えようとしても実質同じなんだ。

を何度も読み返しています。今までのことを考えると本当にそうです。

ゆうこさんへの
>ちょっと残念かもしれませんがその幸せな空間すらも手放して実践。
>その空間が行動の集中となるきっかけとなるのなら
>その感覚を行動のはじめに利用して手放し、さらに実践です。
も。

実践マンさんへの
>実践マンたんの弱音にも感謝だよ。

私も感謝、です。

ランタナさん(好きなお花です)
>嫌だと思ったら、逆に何がなんでもする!とか、嫌な思考が出たら無理矢理感謝!とか、です。
もメモメモ。

みなさま本当にありがとうございます。
今は「無心に、ただ無心に自分を捨てて下から実践」と言い聞かせています。

96 ランタナ :2013/08/24(土) 00:38:55
ラピ。さん、ありがとうございます。

>そして今、ランタナたんの最後の道は
「ひたすらする」それのみです。
真理はとてもシンプルです。
だから、シンプルな実践が一番。
シンプルな実践を例外なくずっと続けることは大変ですが
大変だからこそ、価値があります。

この言葉、肝に銘じて実践し続けます。

私の方こそ、ラピ。さんに感謝しています。
ラピ。さんに出会っていなければ、
覚者の本を収集するだけして、都合よい部分に酔っては自分を慰め、逃避して、
真に至った方の境地を疑っては毒づいて生きるという、我意に満ちた生き方をしていたと思います。
和尚やクリシュナムルティの本をどんなに読んだところで、何にもならないし、
スピリチュアルで余計な自我を主張し続けて誤魔化して生きるのはもうお腹いっぱいです^^
スピリチュアルが流行り出した時分から、TKさんが警鐘を鳴らしていたのに、
私は、まだ、スピリチュアルの中に絶対的幸せがある!と信じて疑わず、自我を誤った方向で強くするだけしてその分、苦しみました。
我意をとことん捨て去る方向で頑張ります。

コメント欄使用等の件、ありがとうございます!

日常生活に戻ります。

 CHU!

97 ラピ。 :2013/08/24(土) 06:34:59
☆ぽにょたん

ぽにょたん、がんばってるね!

うん。人それぞれの道なので比較は必要ないと思います。

今自分が決めた実践をとことんする、それだけです。
でも、比較が実践への力になるのなら、
それも利用してもいいかもしれません。

確かにみんな実践仲間ですが、道はそれぞれ違うので
仲間から気付きを得たらそれも手放して実践。

いかにすべてを捨て去って実践するか、です。

なんでも思いっきりやっていると自分なりの結果を得ます。

私の場合、思いっきりやって
「いいことあったりそうでないことあったり。もうこんな世界、こりごり」
まで行って、この世界を手放すことができました。

これは私の例であって、みなさんとも違うかもしれません。

でも共通は「とことんする」ことです。

そこから得るものがあります。
そしてその得たものも、「もういい」と手放す時が来ます。
手放さざるを得なくなります。

でも、そこまで来るのに中途半端に生きていては そう思えないでしょう。

人それぞれの段階があります。

だから自分の今を思い切り生きてください。

苦しいことあっても、まず、そこから逃げることは無理でだということで
決心してください。

この苦しいことは私の中にあるので逃げることもできないし
誤魔化すこともできないと。

もし、誤魔化せるとしても(実際、誤魔化すことはできます)
私は誤魔化しませんでした。

この世界の真理を知りたい人が誤魔化していては
まったく問題外です。(かつての私の場合ですよ)

ただ、ここは気を付けていたいところで
逃げきれない不安がやって来た時、
受け止めきれない時があるかもしれません。

ここの見極めは大切です。


至る道への動機は人それぞれです。
でもその動機はみなさん、本当に切実なことであると思います。

なぜならここに書き込まれているからです。

どうぞ、まっすぐ頑張ってくださいね。

ぽにょたん、ぽにょたんは今までの習慣を捨て去り、
新しい世界に突入ですね。

そうぞ、その世界で思いっきり生きてください。

そうでなければ、扉は現れません。

至る道は捨て去る道。

でも何を捨て去るかをわからなければそもそも捨てることはできませんね。

だからしっかりと「自分」を奮い立たせて、自分を使っていってください。

この「自分」こそ、捨て去るものですが
「自分」がぼやけていては捨て去ることができません。

お母さんの「気合出して!○子(私)はしんどくなーい!」って言葉
いいですね!

ぽにょたんのお母さんも応援してくれてるのですね。
もう、これはやるしかないですね!

(*・ω・*)ポッ

98 ラピ。 :2013/08/24(土) 06:42:11
☆ランタナたん

おなかいっぱい!

ということはエネルギーはたっぷり補給されているから
あとはそのエネルギーを使ってひたすら実践!これですね!

自分が決めたことを日常、思いっきりがんばります。

実践していれば、自我が暴れるかもだけど
それを無視し続けて実践することが
結果的に自我を捨て続けることになります。

ランタナたん、応援してるよ!

日常が最高の実践場です。

(*・ω・*)ポッ

99 ゆうこ :2013/08/24(土) 07:47:26
実践マンさんへ
今、思いだしたことを追記させて頂きます(*^_^*)(しつこくスマソ)

娘につきそって、寝不足もうろうとした簡易ベッドの上で
することもなく、よく祈ってたことを思いだしました。

こんな設備のある、平和な日本で産んでよかった、
もし戦時下の国だったらアウトだった、神様ありがとう、とか
担当医の先生も家庭を持った親なのに
土日どころか、夜中まで呼びだしてしまって申し訳ないけどありがとうございます
看護婦さんもお子さんが風邪なのに
「うちはほっといてもだいじょうぶだから」って笑顔でつきそってくれたり
妊婦の看護婦さんが夜勤をしてくれたり
そういうまわりの人と、その後ろのご家族、育ててくれた親御さんに思いを馳せ
ありがとうございます、と暗闇で手を合わせてました。

沖縄では、毎月、新月と満月に
先祖や自然に手を合わせる習慣があるので
その夜は、いつもより長く手を合わせてましたら、
担当医のお母様?おばあさま?とおぼしき幻が見えてびびったことも^^;

あくまで個人的体験談ですが
体を使わず心を使っていた時間があったという意味で書きました、
言葉足らずですみません^^;

昨日今日、以前の生活を思い出して
いっそう
今の働ける生活の有難さを感じさせてもらってます。

では、今日もはりきって行ってきま〜す!

100 実践マン :2013/08/24(土) 12:57:34
TK先生^ ^ こんにちは☆
お返事ありがとうございます。

はい、やり方を変えて何度でもチャレンジさせて頂きます!
バチがあたる、本当にその通りです。現象を否定する思いがあったために、引き起こしたものです。

ゲームして遊んでることを喜ぶのは家族です。
仕事に役立つことをして喜ぶのは私です。
家族は愛を受け取ってほしいと思っています。
私は自分の無力感を感じたくないために仕事をしたくなっています。
今はまだ、人のためではないと思います。
家族に安心してもらうことと、役立つことの両立が、まだまだ出来ていません。
またやり方を変えて実践続けます!
ありがとうございましたm(_ _)m

101 実践マン :2013/08/24(土) 13:45:08
ゆうこさん^ ^ こんにちは☆
お返事ありがとうございます♪
涙なしには読めませんでした。
ゆうこさんを傷つけるのではないかと、怖くて怖くて。
でも、「どんな時も愛を受け取る」を実践するためには、ゆうこさんをそんな弱い人として見ては失礼だと思いました。
娘さんもきっと素晴らしい方なんだろうなぁと勝手に想像してました。

私は逆に、子どもの頃に母が入退院を繰り返してました。
なので、母を弱い人としてずっと見てて、自分は強くなければいけない!と言い聞かせてきたように思います。
それはそれはポジティブに、悩みなんかなさそうに振舞ってました。
ずっと母を否定し母は不幸だと決めつけてきました。
そのツケでしょうか。
今は自分が母と同じように入院しちゃってます(笑

でも本当は、私も母がいてくれたから、子どもなりに必死に勉強や自立のための活動を頑張ることができてたし、母がいてくれたから、家族が普通でいられることはどれほど貴重なことなのか体感できたんですよね。
ゆうこさんのお陰で、やっと思い出しました。

今は母に感謝することで、自分を受け入れることが出来るような気がしてます。

娘さんのこと、本当に尊敬いたします。それだけ素敵な笑顔。。。私もそうでありたいです!
そして支え続けているゆうこさん。。。その一途な愛情にただただ頭が下がります。
かつての必死だった自分と勝手に重ね合わせてしまいます。母のためなら命がけでした。

ゆうこさんの実践をぜひこれからも読ませてください。
悲しませてごめんなさい!なんかうまく言えないんですが。。。
心を込めたお返事を本当にありがとうございましたm(_ _)m

102 実践マン :2013/08/24(土) 14:31:08
ランタナさん^ ^ こんにちは☆
お返事ありがとうございます♪

寝たきりで仏道を歩む方がいらっしゃるんですね。教えて頂きありがとうございます!
本、ありがたく読ませて頂きたく思いますm(_ _)m
ラピ。先生、後ほど、メアドをコメント欄に書き込ませて頂きます!ありがとうございます。

ランタナさんは、そんなに長く実践の道を歩まれているんですね。
先輩からの励まし、とても心強いです。
私も動けないことを言い訳にせず、実践の行為に何を選ぶかをきちんと考えてみます。
単純なほど、嫌がる。その通りです(>人<;)

自分なりの道を作ることをサボっちゃダメですよね。
人と同じように出来ないからダメだなんて思って間違ってました。

また、後ほど、よろしくお願いします。
お声かけて頂いて励まされました。
ありがとうございましたm(_ _)m

103 実践マン :2013/08/24(土) 14:55:14
ラピ。先生^ ^ こんにちは☆
お返事ありがとうございます。

掲示板の雰囲気を悪くして、ごめんなさい!
それなのに感謝の気持ちで受け止めてくださって、心から感謝いたします。ありがとうございます。
おかげさまで、実践を続けることができそうです。
こんなにも楽になれたのは、この掲示板のみなさんのおかげです。ありがとうございます。
ご不快に思われた方、本当にすみませんでした。
先生、フォローをありがとうございますm(_ _)m

はい、「大丈夫!出来る!」と言い聞かせます。

あと、エゴに反抗するなんて、今まで思ってもみませんでした。
なるほど!!反抗していいんですね。。。!

「うるさい!静かにして。」
って、思わず笑ってしまいました。

笑ったら、何をそんなに弱気になってたんだろうと思ってしまいますね。。。

また、魔法の言葉をいただきました!

弱音を実践のプラスに!
そう言って頂き、救われました。これからは、弱音に1人で立ち向かうことができます!

言葉で伝わるか分かりませんが、、、

ありがとうございましたm(_ _)m

104 実践マン :2013/08/24(土) 15:08:44
ぽにょさん^ ^ こんにちは☆
いつも参考にさせて頂いてます。ありがとうございます。

そうですよね、比べても仕方ないんですよね。
ドツボにはまって、自分なりの道が見えなくなってしまいました。
みなさんと比べるよりも、励みに!

弱音を受け止めてくださって、ありがとうございます。

私も無心に心がけます!
お心づかい感謝いたします。
ありがとうございましたm(_ _)m

105 TK :2013/08/24(土) 15:27:16
実践マンさん

>ゲームして遊んでることを喜ぶのは家族です。

>ベテラン看護師さんが来ると、いるだけでふわーっと安心します。支えてもらってる自分は何も出来ず、
>寝転びゲームなんかしてて恥ずかしくなります。

あなたは自分を見抜いていない、もっと自分を見抜かなければだめです。

「恥ずかしい」と言う思いが起きたという事は、つまり、
自分の面倒を見ている看護師さんに不快な思いをさせる可能性がある、
このような捉え方があなたの中に起きているのだと単純に自分の中に起こっている事をしっかり自分自身で把握して下さい。

それがしっかり把握できると、では、次にどうしようか、となるわけです。

そうすると、私は具体的な状況は良くわかりませんが、一例として、面倒を見てくれる看護師さんが来たら、
あなたの家族に対する思いを話してみるのも一方法かもしれないし、そうすればあなたは、
ただ単にあなたがゲームをして遊んでいるのではなくて、
家族のためにゲームをやっていることが分かってもらえますよね。

そうでなければ、看護師さんがいつも来そうな時間にはそれ以外の事をやっていて、
看護師さんが来ないときをゲームの時間にあてるとか色々な手段がでてくるのです。

人の不快を解決する方法が無いだろうか、これを考えるのも人のためなのです。
しかし、あなたの場合は「寝転びゲームなんかしてて恥ずかしくなります。」恐らく、
これで終わりになるんですね。

自分が見抜けないと言うのが、あなたの場合の苦の原因になっているように思います。

106 ラピ。 :2013/08/24(土) 23:00:44
☆ 実践マンたん

確かに、メッセージをランタナたんにお届けしましたよ!

実践マンたん、全く問題ないので
そのまま実践がんばってね。

そしてTK師の言われている通り、
自分を見抜いて、工夫してそれを実践に生かしてね!

ちなみに私の時も師から私は丸見えでした。

師匠、いつもありがとうございます!

そして、この掲示板のみなさん どうもありがとうございます!

(*・ω・*)ポッ

107 実践マン :2013/08/25(日) 07:21:08
TK先生^ ^ こんばんは☆
お返事ありがとうございますm(_ _)m

はい、おっしゃるその通りです。
自分の思いは人には関係ないからと、自分のことをゴミを投げ捨てるように扱う癖があります。
目に見える結果だけしか人の役には立たないと思ってるんです。
見抜くどころか、普段は自分の素直な思いを自らすすんで無視してました。
そうしないと生きていけないという思いでした。

自己嫌悪がひどくて、何にでも罪悪感があるためです。
「生きててごめんなさい」って言うのが一番の罪悪感です。
自分が生きてることを肯定できるように、自分が好きになるような自分になろうと努力してみたり、自分を好きになるために何か根本から自分を変えられる教えはないものかと探してきました。
でも、成功するのはいつも短い期間だけです。すぐに戻ってしまう。
こんどこそ!こんどこそ!っていつも同じところで止まっていたのかもしれません。

なるほど、ちゃんと自分を無視せず見抜いて受け止めれば、自分を人のために使っていくことも出来るんですね。
ラピ。先生の言ってた弱音をプラスにという言葉も同じ意味ですね。

もっとエゴを有効活用していけば、寝ながら人の役に立つことが出来るのかも。。。
申し訳ない気持ちをプラスに変えていこうと思います。
よく分かりました。

そして今までは自分で見抜けていないから、自分で自分を生かせてないから、皆さんに甘えてしまってたんですね。
今度こそ変わりたいです。

いつもいつも、惜しみないご指導を本当にありがとうございますm(_ _)m

108 ランタナ :2013/08/25(日) 09:03:43
基本、日常で実践、掲示板を仲良しごっこに使わない、と決めている私ですが、これだけ。

>目に見える結果だけしか人の役には立たないと思ってるんです。

実践マンさんやゆうこさんが書いてくれたおかげで、体を動かせる私は、尚更この身を人の為にすり減らして使おう、
こうした方達の分まで頑張ろう、と、思えましたよ!
十分、役に立ってますよ!

それと、私は長く実践の道を歩いてるのでなくて、
「長らく実践から離れて堕落していた」のです。
戻ることができたのはラピ。さんのおかげです。

メッセージ、確かに受け取りました。
これから送ります!

109 TK :2013/08/25(日) 09:18:33
実践マンさん

>皆さんが頑張ってるなか、水をさすようで恐縮しますが、早々に挫折しそうなので、カツをお願いします。

実際にここで私が公開している方法は、今の所、全貌の中のごく一部です。
それは全貌を公開したら、耐えきれる人がいるかどうかわからないようなものだからです。

例えば、ここでかなり自分は苦労を経験してきている、スポーツの一流の人たちはどんな厳しい中でもやってきている、
その人たちはメンタルはかなりできていて日常生活でも苦を減らし楽を実現できていて少し集中すればゾーンにも入れて、
それでも我々の常時の悟りには近づいているだけで至ってはいない、
というのは我々の所に来るにはその人たちを上回る特化した更なる追い込みが必要なのです。

ラピ。さんも私に会う前からかなりの楽を実現して幸せに生きて来られていたようです。
ラピ。さんにも4カ月は優しいものだけをお話してました。
でも、結果全然楽で屁でもないみたいな状況でした。
つまり、かなりメンタルは出来ていたという事なのです。

ラピ。さんから更に先に進みたいと言う強い求めがあり、私もその方法を開くことにしました。
ラピ。さんが至るためにはずさなかった要素の一つに、私が教えた「激流(過酷な状況)」が必要だという点、
自分で工夫してでも「激流(過酷な状況)」を作り出そうとした点です。

ラピ。さんには向かっていくことに対する不退転とも言える強い意志があるだけで、
間違っても実践の辛さの泣き言は一切ありませんでした。
私の役目は、容赦なく更に何倍もの重たい環境を背負わせて、
どん底に突き落としてやろうという方法を取ることですから。

釈迦は在家の人には生天を説き、出家の人には涅槃を説いた出家至上主義と言われていますが、
どのような機根の人もいますから当然一律に誰にでも同じ水準の教えを説く事は不可能だと思います。

相対の原理を利用した実践法は人のためと自分のため、と言う行動基準だけではありません、
私は他に正しい行為か正しくない行為かと言う基準を設けておりました。

>ゲームして遊んでることを喜ぶのは家族です。
>仕事に役立つことをして喜ぶのは私です。
>家族は愛を受け取ってほしいと思っています。

参考までに、私なら恐らくこのようなシチュエーションでもゲームは喜んでしなかったと思います。

私とあなたは当然に違いますが、私の中にゲームは遊びであり私の中には、遊びをすることは悪いことだと言う捉え方がありました。
もっともテキストとしていた釈迦の教えも怠ることなく勤め励めと言う教えです。

仕事がらみの知識を詰め込む事に時間を割くのは、あなたにとって自己満足と言う点もあるのかもしれませんが、
それとは別にその空いている時間に詰め込んだ知識がこれから自分が生きていく上で大いに人のために役立てる事が出来る
知識になるという事も事実なのです。

家族も朝から晩までゲームしてればいいとは思っていないと思います。
それこそ「たまに気晴らしに」程度と言う時間を自分で決めてゲームに接していれば、
それで十分に家族の気持ちは汲み取ったことになると思います。

>ベテラン看護師さんが来ると、いるだけでふわーっと安心します。支えてもらってる自分は何も出来ず、
>寝転びゲームなんかしてて恥ずかしくなります。

あなたの中には確実にあります、ゲームをすることは悪いことで仕事をすることは正しいことだと言う基準が。
正しくないと思う行動をとり続けるよりも、家族の気持ちをくむ事と自分の中の仕事は正しい事であると言う基準と
どこで折り合いをつけるか考えたらいいのですよ。

110 実践マン :2013/08/25(日) 14:33:50
皆さん、ありがとうございます☆
私ばかりがスレッドを消費しては申し訳ないので、このレスを最後に、しばらく書き込みを控えようと思います。
実践に戻ります。ありがとうございます。

ラピ。先生^ ^ ランタナさん^ ^
ありがとうございます!

TK先生^ ^
ありがとうございますm(_ _)m

まずは今までの優しい教えが楽に出来るようになります!
弱音はもう言いません。弱音を言うことは、私の中で悪いことだからです。
今の暮らしを1から立て直します。
もう一回はじめからやり直しです。

ありがとうございます。
楽に出来るようになったら、また、書き込ませて頂きます!

111 ラピ。 :2013/08/25(日) 18:50:38
みなさまこんにちは!

師匠、ありがとうございます。

私の実践には4つの時期があるのですが第2の実践の時に
ある程度のメンタルはできていたと思います。

この第2の実践の時に彼岸に渡りかけたのですが
戻ってきてしまいました。渡りきることができなかった、、、。

でも、片足を突っ込んで帰ってきただけでも
メンタルに影響は十分ありました。

第3の実践時は確かに「楽」はある程度 実現できていたかもしれません。

まず、エゴの声が気にならなくなっていました。
だいぶ、静かになっていたと思います。
エゴの声は実践の邪魔をします。でもそれが少なくなっていました。
それでもエゴはまだいましたのでたまに騒いではいました。

でも、気分を切り替えるのは上手になっていたと思います。

あと、彼岸に片足を突っ込んだ時に得たものは「からっぽ」でした。

私はこの彼岸の経験により、頭をからっぽにすることができるようになりました。
でもこの「空っぽ」のためには
「自分」が「そうする」という意志が必要でした。
「自分」=「自我」であり、まだ自我がしっかりとありました。

常に空っぽではなく、「常に空っぽでいよう」という空っぽでした。
自分が意図しての空っぽです。
確かに状態は「空っぽ」ではあったのですが
空っぽそのものではなかったのです。

至れば「自我」がなくなり、空っぽそのものになるのですが。

私の実践の中で思い出すと一番役に立ったのは
「自分を捨てて」でした。
自分の声を無視することでした。

この声を無視すると、「大変だぁ」という声も無視できるのです。
そしてとことん実践することができるのです。

ちなみに第一の実践の時は子供だったということもあったのか
「大変だぁ」と思った記憶がほとんどありません。(当たり前にしていた)
大変だという声が起こる前にそれを無視して素直に実践していたのだと思います。

「自分を捨てて」はどの実践でも役に立っていたと思います。
その時はそれを当たり前にしていました。
ひたすらしていました。

第2の実践の時に私は激流を経験しています。
そのまま行けば 確かにその先に彼岸があったのでしょう。

でも正直言うとその時はとても「怖かった」です。
この「怖い」というのも実は自我の声で、幻ですけど。

でも実践し続けていると、(何が何でも実践していた。)
「怖い」と思っても激流にすでに飲み込まれていたので
そしてそこから逃げようとは思ってはいなかったので
ひたすら激流でした。

そしてある瞬間、何かが止まった感じがして我に返りました。

その時自我の消滅は起こりませんでした。

そして彼岸に渡りかけた後の私は、この相対的世界(此岸)に戻るのも大変でした。
私は此岸に生きるために波動を落とし、此岸に戻ってきました。

実は第2の実践で起こったことがどういうことだったのかは師に教えてもらって知りました。
だから彼岸に足を突っ込んだことも、
波動を落として此岸に戻ってきたことも、後で知りました。

それまではその経験が一体何だったのか、わかってませんでした。

私はその時、悟りに対する知識(悟りがどういうものなのか、とか)がほとんどなく、
でも実践し続けて勝手に渡りかけたのでした。

続きます

112 ラピ。 :2013/08/25(日) 18:51:18
111の続きです。


そして第3の実践へ。
ここからブログを書き始めました。
私はとことんどん底まで落ちた経験をしたので何も怖くありませんでした。
この経験があるからこそ、「幸せ」が書けたのでした。

最高のどん底を味わうと、必然的に最高の幸せも存在することになります。

だから最高の幸せを描ける人は、どん底も知っていることになります。

そしてそれからはある意味、ぬるま湯につかり、それなりの気楽を味わっていました。
激流なんてありませんでした。

そして師との出会い。

師曰く、わたしのこの状況の更なる先があるとのこと。

私はどん底を味わっていたので、もうそれ以上(以下)はなくて
あとはとことん幸せに生きようと思っていたところの師のその言葉。

、、、、、、、衝撃的でもあり、
でも師に対して「何言ってんの!?」というとても偉そうな態度でした。

自分のどん底の経験のさらなるどん底があるとは!!!

師からいろいろ話を聞いて 私のその時の次元が師の次元と違うことを知り、
私は師の次元へ行く決心をしました。

師に「私は彼岸に行く方法が必要です」と伝えました。
もう、この生で終わりにすると決めていたので
この実践が何が何でも最後である、と決心しました。

最後の自我の実践です。

師が言われていた通り、彼岸の前に必ず激流があります。
言い方を変えれば、激流がない先に彼岸はありません。

この激流は第2の実践で経験してましたが、そこからは解放されたと思ってました。

でも師の言葉で突き落とされたことにより私はそのかつての激流を思い出したのでした。

「師は激流が必要だと言っていた。それならこの激流に飛び込もう!」

そしてその激流を私は意図的に増幅し、そこに飛び込みました。

もう、何もいらない、ただただ激流へ飛び込み、限界まで、
いや限界を超えてでも行くのだ、という決心で飛び込みました。

そして、、、、、、。

その激流の先に彼岸があったという感じではなく、
気が付いたら彼岸でした。

「ん?」と、一瞬何が起こったかわかりませんでした。

そして徐々にここが彼岸であることがわかりました。

@(*・ω・*)ポッ

113 ラピ。 :2013/08/25(日) 19:15:56
☆実践マンたん

方向性が決まったようですね!

応援してますよ。

道にはいろんな段階があります。
今の実践を思いっきりがんばっていれば勝手に次の道が現れるので
今は今の実践をがんばってね!

書き込みを楽しみにしています。

@(*・ω・*)ポッ

114 TK :2013/08/25(日) 20:41:13
ぽにょさん

>おもしろいことにご近所のすごく好きな場所でパワーストーンのブレスレット屋さんが高待遇で
>出ていました。→高待遇と鉱石好きなので少しドキドキしましたがパス。

スピ系も結局物質文明と同じです。

石にパワーがあるとか無いとか、良い波動だとか悪い波動だとか、でもそれは、自分の外から来
る感受を選り好みしているだけですね。

では、どうしても悪いパワーの石の近くに行かなければならなくなったらどうするのですか、悪
い波動を一生避けて行けるのですか、本当の自分と仮に表現するものは何にも影響受けません、
影響を受けるのは自分だと思いなしている自分ではないものばかりです。

それにたどり着くためには、避けては駄目なんです、
悪いパワーに大いに喜び悪い波動に有難うの世界を歩まなければ。

だから、石だ波動だと言っている人たちに、そのようなことで関心を引いててどうするのですか、
本当にあなたは人を幸せにできたのですかと言いたくなったりします。

釈迦やイエスが石だ波動だとそのようなことを言ってましたでしょうか、
それが近代の科学で釈迦やイエスとの時代の違いですとか言うつもりなのでしょうか。

パワーストーンや良い波動とか、昔からあったものですよね。
しかし、釈迦もイエスもそのような教えは説かなかった、
つまりパワーストーンとかそのような内容を説く人は釈迦やイエスを上回る自分は救世主なのだと言う事ですね。(笑)

私はそのような事柄に対しては無頓着の道を選びました。

自分に与えられたもの、縁のあったものに対しては、悪い石だろうが悪い波動だろうが拒まずに
選り好みせずに神から自分に与えられたものとして「感謝して」受け取るのが実践です。

私は石だ波動だとお喋りしているような人たちの所にしがみついたら、悟れませんでしたから、
断言してもいい。

物質文明というのは、快が良くて不快が悪い、この理論の上を走っている科学です。
その方向の中で幸せを獲得していこうとしています、悪い石だとか、良い波動とかその手の類もこの範疇です。

先に進むための本当のスピリチュアルとは、はっきり言いますが快、不快に左右されている自身が低次元なのです、
そこからアセンションする方法は快を喜ばず、不快を喜ぶ、これが真実の方法ですから、
今の科学者と言う人たちとは逆転する事になります。
快とはエゴが好む環境、不快とはエゴが好まない環境を指します。

ラピ。さんが自分の上方から降り注ぐ幸せの波動、エネルギーこういったものを喜んでいたのです、
実際にスピ系で覚者と自称する人が上から幸せのエネルギーが降り注ぐイメージをしてと教えている人が確かにいました、
そして、悟りと言う言葉を振りかざしてはそれをやれと、確かに見たことがあります、しかし、
私はラピ。さんにはそれを魔境として、イメージしたり思ったりしてはならない、
喜んでもなりませんと教えました。

結果ラピ。さんは感受と言う作用の無い次元にアセンションしました。
これが真実です。スピ系の正体とはこのようなもので、しっかり物質文明の範疇だと思います。

(続きます)

115 TK :2013/08/25(日) 20:42:43
(続きです)

賢者と言う方々の予言はこれから、アセンションは増えると言いますが、真実は恐らく世の中に
不快が増えるという事を指していると思います。世の中に不快が増える事とアセンションが増えるという事は、
比例するのです。

つまり、世の中は行き詰まり、不快がはびこり、限界に向かうという事です。
その時に増えた不快によって変容したメンタルの人が増えてきて、
ようやく芽吹くのがメンタルの修得のための科学という事になりますね。

私やラピ。さんはその走りだと思いますが、
今まともにそれを言ったらあの科学者と名乗る変な原始人の人達に地球は誰がどう見たって平ら以外の何物でもないのに、
丸いと言うお前は気が狂っていて世間に対して罪悪を働いているのだと、犯罪者呼ばわりされてしまう事でしょう。

快が良くて不快は悪い、私もこの現代科学がやらかした洗脳にかかってましたから、
その結果で生きている事そのものに対して様々な疑問が起こり、
ようやく自分が物質文明の洗脳にかかっていたことに気が付きました。


次は、最近読んだ書籍で気に留まった部分を抜粋してみます。

アメジスト・タブレット・プロローグ ダンテス・ダイジより

>便利さや快適さは、
>決して幸福を生まない。
>能力や技術は、
>決して真実を明らかにしない。
>真実に到達するための、
>いかなる方法も修行も、
>あり得ない。
>だか、
>真実の中には、
>方法も修行も、能力や技術も、幸福も便利さ快適さも含まれている。


>全面核戦争と、地殻の変動によるものと思われる各国主要都市の水没は、
>禅やヨーガを問わず、真の修行者達が見る共通のヴィジョンである。


>あらゆる人間性内部のやりくりが、必然的限界に至らざるを得ないように、
>科学文明も明らかに限界に達している。


>このアメジスト・タブレット・プロローグは、アトラスンテス文明終末以来、最
>大の全人類的危機と試練を、西暦二千年前後に迎えようとしている、あらゆる
>人々に、真実とは何か? 冥想とは何か? を示唆するために書かれたもので
>ある。


>この世の人間にとって、
>最も重要なことは、
>思考の停止などによって引き起こされる、神秘的な何者かを知ることにあるの
>ではない。
>現実として、
>神秘そのものとしてあり続けている、
>そのこと自体にある。

116 TK :2013/08/27(火) 18:27:31
実践マンさん

>私ばかりがスレッドを消費しては申し訳ないので、このレスを最後に、しばらく書き込みを控えようと思います。

この心配は無用です。
あなたが話しする内容は、他の人も見て参考にしてられるようですから人の役に立っています。

こちらもそれを承知して公開の場で受け答えしています。
それより、折角のチャンスですから有効に利用された方が良いと思います。

私も過去様々な掲示板で書込み経験がありますが、
私のレベルの人がまともに対話をする中でもう一人いるような掲示板はこれが初めてです。

大パリニッバーナスッタンタ
>あとになって、〈わたしたちは師にまのあたりお目にかかっていた。
>それなのにわたしたちは尊師にまのあたりおたずねすることができなかった〉
>と言って後悔することの無いように。」

117 ラピ。 :2013/08/28(水) 08:53:07
はい!

師匠ありがとうございます!


そのとおりですので皆様
いつでも書き込み歓迎します!

@(*・ω・*)ポッ

118 monica :2013/08/30(金) 14:20:52
皆さん こんにちは
いつも皆さんの体験、考えなどを聞かせていただき 
たくさんの安心、勇気をいただいています。
ありがとうございます
とにかく実践、、自分の状況を受け入れる(嫌いをつくらない)
やっています!。

ラピ。さん TK師匠、お答えいただけたら嬉しいです。

人生を捧げます
http://www.youtube.com/watch?v=bBwhMCBP5KY

前にこの動画を観て感動し、
悟りの境地はこんな状態なのかな?
と思って憧れてました。
今日久しぶりに観たら、素晴らしいな と思いました。
わたしはとにかく 空っぽ になりたいです!!!

この女性は、お二人と同じ境地なのでしょうか?
(動画を書き出しました↓)

女性
私には、人生はありません。
欲しいとも思いません。
それは、全部、すべてあなたにあげました。
他には、何も興味がありません。
まったく、何にも・・・。

ムージ
こういった目覚め方もあるんだね。
エネルギーを向ける対象がもう無くなってしまうんだ。
すべてが去りゆくし、関心がもてない。
真の自由だね。誰が、こんな風に言えるかな?

女性
力が内にあるのがわかるのです。

ムージ
それは大事なことだね。
自分の力をあげてしまうかのように、考える人もいるからね。
人生は冒険したり、いろんなことをすることができる。
あなたはまだ若いし、可能性が満ちているのだから・・・。
体が若いうちに全部享受して、神に捧げるならもっと、老けてから、とね。
ところが、そうしたものに興味がなくなったという。
以前のような興味は、何に対しても持てなくなったという。
真理にありたいという、求心力のようなものがあるだけ。
それは、あなた自身を、その美しさを体験したからだ。
決して朽ちおこることの自己、至高のネクターを味わったんだ。
これは、元々儚いものから自分を分離したわけでもなく、
冷淡に無視するのでもないんだ。
依然、食べ物は食べるし、楽しめるものは楽しむ。
ただ、それに専心することがなくなる。
それが力。支配する力じゃなく、美しい、存在の力だ。
多くを得ることには燃えることができず、
内側の存在に向き合う人・・・
輝いていて、平和な人だ。

女性
何ヶ月もの間、あなたに伝えたかったのです。
ずっと変わらない感覚で、
とてもはっきりしたものだけれど、
閃きは早く伝えたいという
心の傾向を自戒する自分もいて。
でも、もう何ヶ月も、
それはここにあります。
ずっとここにあるし、
もう二度と消えないでしょう。
それが私なのです。
何が来てもいい。良いことでも、
悪いことですら、それはマインドの判断。
だから全部、OKなのです。
もう既に、いろんなことがありました。
焼き尽くす炎の体験。
その中でさえ喜びなのです。
制限と苦難に満ちた瞬間でさえ、
試練の炎には喜びがありました。
私は常にここにあるから。

ムージ
誰にも触れられない
存在という状態、
それは、知覚ある生き物の
生来の権利だね。特に人間には。
この世に来てから得るものじゃなく、
一緒に生まれてくるものだけど、
何らかの形で、必然的に
それから注意を逸らされるんだ。
それによって人は成長し、
唯一の貴きものを改めて知るに至る。
そういうわけで、
よいことだね。

女性
「あなたを愛しています」
ムージ
「僕も愛してますよ」
女性
「ありがとう!」
ムージ
「(笑)よかったね」

119 TK :2013/08/30(金) 19:02:56
monicaさん

>前にこの動画を観て感動し、
>悟りの境地はこんな状態なのかな?
>と思って憧れてました。
>今日久しぶりに観たら、素晴らしいな と思いました。
>わたしはとにかく 空っぽ になりたいです!!!

感動したのなら、あなたも真似すればいいのではないですか。

まずくはないですよ。

ただ、動画の女性は意識的にやっているような感じはしますけど。

実践者としては良いスタンスですよ、とだけ言っておきましょう。

あの動画の中の男性と、女性を比較して、女性の方は「不自然」なほどに明るそうに見えなかったですか。

実践に踏み出しているのですから、あなたより先を歩いています。

憧れるのはだれでも出来ますから、それでちょっとかじって終わりになる人は実に多いのだと思います。

>その中でさえ喜びなのです。
>制限と苦難に満ちた瞬間でさえ、
>試練の炎には喜びがありました。
>私は常にここにあるから。

ここ見落とさないでね、制限、苦難、試練を喜びで戦っているのです。

苦難、試練、憧れでやり過ごせるようなものではありませんから、実践者としては大したものです。

120 ラピ。 :2013/08/30(金) 22:59:22
☆monicaさん

TK師ありがとうございます。

私は別の方向からお答えします。

まず、私たちの状況はうまく言葉に表すことができません。
でも、会話や物事を伝えるために
偽もののエゴを利用することはできます。

エゴはもうないけど伝えるために偽のエゴを使って話します。

ちなみにこの女性に関しては私の状態に照らし合わせて
お答えできると思います。


>全部あなたにあげました。

何をだれにあげたというのでしょう。
私の場合、忽然と消えました。
あげることもなく、消えました。

この女性はすべてをあなたにあげました、とのことですが
彼女にはまだあげる対象があるので
そしてまだあげるものが残ってるのでこういう表現になるのだと思います。

>力がうちにあるのがわかるのです。

まず、私の状態でその言葉は使えませんね。
そういう状態ではないです。

力がうちにあるのがわかる、ということは
まだ力と私の分離がある、ということです。

もし、その人が力そのものであれば
力を知ることはできません、わかることはできません。

まだそれそのものになっていません。

>あなたを愛しています。

この言葉も使えません。
私の状況で「愛している」という言葉はあっていません。

何を愛するのでしょうか?
愛、そのものだというのに。

まだ至られない方の表現にはいろいろなところに「対象」があります。

対象があってこそ 
「愛している」「わかる」「あげる」と表現できます。

私たちはあげるものもないし、わかるものもないし
愛する対象もありません。

ただただそうであるのみです。

愛している状況でも愛していない状況でもありません。
そういう動作(行動)なしにそれそのものであるのです。

ということで
「あげるものがなくなるまで あげることができなくなるまで あげつくす」
この動画の女性はこれらの実践をしっかりとされているのだと思います。


@(*・ω・*)ポッ

121 monica :2013/08/31(土) 14:37:44
TK師匠、ラピ。さん 

お忙しいところ丁寧で心温まるお返事をありがとうございました。
何度も読ませていただきました。
悟った人、本物の人(TK師匠、ラピ。さん)の状態が
少し理解できました・・・
正直、「近づきたい」と思いました。  

>感動したのなら、あなたも真似すればいいのではないですか。

本当、そうですね
私にもきっとできる
そう思います・・・。

人生を生きるのか 生きないのか?
実践をするのか しないのか?
同じことなので 実践をやり続けます。
憧れだけでは終わりたくないです。

TK師匠、ラピ。さんに報告ができるくらい 頑張ります!
ありがとうございました

122 ラピ。 :2013/09/01(日) 00:11:55
☆monicaさん

実践はとことんすればするほど
厳しい道になるかもしれません。

でもそれは厳しくも清き道です。

自分の清き道をひたすら進むだけです。

@(*・ω・*)ポッ

123 ゆうこ :2013/09/02(月) 19:29:50
「へい、らっしゃい!喜んで!」と次々躊躇なく・・・

という境地には至っておりませんがっ

アタマの声、レディ・ジガ様が「むかつくぅ(-_-メ)」とか騒ぐときは

「さって、と、ジガ様スルーで次、次。」という感じで
結果、精神衛生いい、みたいなところで日々実践中です^^;

ジガ様がむかつくのは、「自分が正しい」と上から目線だからですよね
「ここで一番下なのはアンタですから」と思うことが
実は、イライラを半減させるとわかってうれしいです(*^_^*)

ジガ様スルーのあとで、にっこり「喜んで」って言えたらすごいなぁ
次の行動に移れても心が笑ってないこと多いんですよね!
なのに最近「笑顔がいいね」とか柔らかくなったとか言われるので
とりあえず「無理やり感謝」効果が出ているもようです(*`‥´*)=3

・・・無理やり、とは人に言えませんけどね!w

まあ、超わがままジガ様をなだめ前進するだけでも良し、とし
家でも最下位を意識しつつある今日この頃です。

先日は、疲れて帰ってきた所で娘が「やらかした」事で、どか〜ん
と噴火・・寸前で寸止め、
娘より下目線になって
一人になって片づけをしましたら、なんと
「片づけさせてもらってありがたい」って、
その成長の機会・できごとに感謝できましたからね、
マジすごいです、これまで持ったことのない感覚でした。

ちょっと前だったら
どっかーん!→(-_-)/~~~ピシー!ピシー!→自己嫌悪コース確定でした。

以上、いろいろ教えて下さるお二人と皆様にお礼とご報告でしたm(__)m

最後に一句。


ジガ様が

嫌な事には

チャンスあり  byレディ・ババ・・・コホコホ((+_+))

124 ラピ。 :2013/09/02(月) 21:12:46
☆ゆうこたん

レディ・ジガ様(笑)座布団一枚!

ゆうこたん実践がんばってるね。
なかなかいい感じで進んでいるようです。

この実践の恩恵のひとつが ゆうこたんも経験されているとおり、
「自己嫌悪」とか「罪悪感」という
自我の得意な思いを経験しなくてすむことです。

この自己嫌悪は実践の妨げになります。
いらない感情です。

これからも「下から」「喜んで!」をますますがんばって!

ゆうこたん、ナイス一句w
まさしくそうです。

嫌なことこそチャンス。
大変なときこそチャンスです。

このままゆうこたんは 実践を結構うまくこなしていくと思います。

そしてさらに実践し続けて最大の嫌なことに出会ったときが
最大のチャンスとなります。

このまま、とことんレッツゴー!!だよ!

by レディ・ラピ。(ってなんじゃそりゃ〜。 真似してみた 笑)

@(*・ω・*)ポッ

125 TK :2013/09/03(火) 06:57:25
ゆうこさん

>「へい、らっしゃい!喜んで!」と次々躊躇なく・・・
>
>という境地には至っておりませんがっ

着々と効果が上がっていますよ。

「自分を捨てて、なんでも心から喜んでしよう。」の中で「心から喜んで」
とありますがこれは意識的にという事を指します。

至った我々には心が無い(無心)のです、
ここまで来ると現代の心理学も旧人類の為の学問分野みたいになってしまうわけですが、
最終的に彼岸まで導くのは「意志の力」です。頼りすがれるのは「意志の力」だけなのです。

心(内面)を滅ぼす事が彼岸です。

「意志の力」で「心の好き勝手」に心を動かさせない。

心の動きに「意志の力」で勝つと言うつもりで喜んで感謝してを実行して下さい。

スピ系あたりだと、不愉快な思いに対してはただ黙って見守ってとやると思いますが、
妄想とマインドを駆使して全く構いませんので
「神の化身が私のために試練を与えてくれていてありがたい、感謝」
とか何でもいいですので、感謝して喜んでをやって下さい。

私自身は神を念じる方法を使いました。

重要な点は、「心の動きたがるままに心を動かせてなるものか」と言う所にあるのです。

この前monicaさんの紹介していただいた動画の女性がこの実践の手本になると思います。

あの中の男性と女性の話ししている妄想の内容は全く気にしなくていいです。

ようは何でもいいんです。

ちなみにあの動画のように妄想も使う者が使うと効果が出ますが、
同じ妄想でも人が変わったら酔っ払いを作ります。

あのような妄想も、
はたで見ている訳も分からない者が有難がって持ち帰ると大変なことになります。

本末転倒で、妄想の妄想性のみが独り歩きをして、
これがスピ系の酔っ払いを作る発生源になったりしているわけです。

だから、賢者の吐き捨てた言葉と言えども、訳の分からない者が、
むやみやたらに拾って使い回せるものではありません。

盲人が盲人の手引きはできないのです。

人生を捧げます
http://www.youtube.com/watch?v=bBwhMCBP5KY

>もう既に、いろんなことがありました。
>焼き尽くす炎の体験。
>その中でさえ喜びなのです。
>制限と苦難に満ちた瞬間でさえ、
>試練の炎には喜びがありました。

126 ゆうこ :2013/09/03(火) 20:08:28
TK様らぴたま、コメント感謝です(#^.^#)

>自己嫌悪は実践の妨げ・いらない感情
さっそくメモりました。

実は今、仕事で一番にがい感情が、ソレなんです^^;(私ってだめだっていう)。
なので、「あ〜仕方ないな、ジガ様は。」っていうスタンスで
どうにかやり過ごしてます・・

>最大の嫌なことに出会ったときが最大のチャンス

こりわ・・

もう、楽しみにしとくしかないですね!w

昨年、珍しく救急にお世話になる不調期があったんですが
夜中のたうちまわる苦しみが数日続いたある日
痛い肉体のナナメ上から見てる自分がいて
「あ〜、痛いねぇ〜、大変だねぇ〜」とか人ごとのように言うんで
ちょっと、ラクになりました、気持ちだけ。
へんな話ですけど。

だから、最大のチャンスが来たとき、また空中離脱してるかもですw

数年前、
金融から→
いきなり(こどもの寝てる時間の)夜中の肉体労働にチェンジしたとき
(中庸は ないんかい!というつっこみは置いといてw)

足指の爪が両方剥がれましてねぇ

・・・でもなんか、生きてるぅ♪っていう感じはしましたし・・。
(それまで灰色だった視界に血の気が戻ったような?感じでした。
・・・血を見ただけに。w)

で、そのとき、頭に浮かんでいたのは、聖書の一文でして。


「私を通りよき管として、お使い下さい」っていう・・。

若い頃、ちょっとかじっただけの、ナンチャテ・クリスちゃんですが
その感覚を友達に話したら、
「そーゆー考えはどうかな」って否定されまして。

その時は、「そうだよな、なんか独善的かもな。」と思い
そのハード・コア路線から、中級クラスに編入しまして今の仕事なんですが。

「遊びがないのは偏屈、きゅうくつ」
っていう価値観も行動に水をさしていて、
無理やり人と会ったり遊びに行ったり・・。

・・・それが、今、
上でTK師がおっしゃった
>私自身は神を念じる方法を使いました。
という言葉で、なんだか、肯定された感じがしています。

『自分=導管』のイメージは心の奥にしまってあったんで
なるべく、すすをはらって、「天と地球をつなぐキレイな管になりたい」
という想いを、
聖句と共に、堂々と引き出しから出そうと思いました。

人に会うのは好きなので、
これからは、いろいろ考えずに
すーっと、いろんなものを抵抗なく通したいと思います。

3月に買ったポストカードは
黒い点々のある白い壁の前にダルメシアン犬(白黒斑点の子)がいる写真で
https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&ie=UTF-8&hl=ja&rlz=1T4SUNC_jaJP386JP483&q=%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%AF%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%80%80%E6%BB%85%E7%A7%81&biw=1005&bih=453&sei=F7MlUpjJFMeGkQWem4CgCw&tbm=isch#facrc=_&imgdii=_&imgrc=G_C7wqShNg8znM%3A%3Bwja6OfcGHIGSiM%3Bhttp%253A%252F%252Fimgstat.ameba.jp%252Fview%252Fd%252F110%252Fstat001.ameba.jp%252Fuser_images%252F20130501%252F07%252Fprop-company%252F54%252Fd2%252Fj%252Ft02200293_0480064012520673939.jpg%3Bhttp%253A%252F%252Fameblo.jp%252Fprop-company%252Farchive-201305.html%3B110%3B110
タイトルが『滅私』なんですね。

この、背景に溶け込んだ犬の体の模様が、
ドット(粒子)、
という所も、何やら深くて好きなイメージなので
布団の側に飾って朝晩見てるんですけど

そういう、
『在るだけで平和で自由』という感じを受けました、ご紹介頂いたYoutube観て。

ま、これまで思い切りエンジョイできたジガ様ライフです。

「年老いたから、これからは神に捧げる」
を自でいくことにしますw

ナンチャテ・クリスちゃん的に、
残念ながら捧げる対象はキリスト様でなく、

宇宙みたいな感じのイメージです。

普段は、ストイックなボクサーとか
そういう、スポーツ選手の生活をイメージすることが多いせいか
最近「ボクシングやってるの?」とか言われたり(髪切ったから?)
カラダに変化も現れてきたりしてるんで

この際だから
『むりやり感謝』のボディーランゲージを、
『お腹に力入れてケツの穴きゅっ(^_-)-☆』

っていうのにしてみましたyo!

・・・丹田ですか、詳しくないですけど、気分はサムライ・ボクサーです

・・・自分でも何言ってるかよくわかりません、すみません!



では長文失礼しました。・・・・・・感謝!(キュッ!)

127 ゆうこ :2013/09/03(火) 20:15:19
(引用した写真のページが検索画面になってました、
ごめんなさい、スルーでお願いします)m(__)m

128 ラピ。 :2013/09/03(火) 22:31:09
☆ゆうこたん

なるほろ、、、。

「私を通りよき管として、お使い下さい」っていいですね。

もし、これをとことんするのなら
まさしく「自分」を捨てなければなりません。

どんなことも自分のものではなく、
すべては神のもの 宇宙のものとして過ごします。

ゆうこたんのどの感情も自分のものではなく、
すべて宇宙のものです。

全てをささげて実践します。

ゆうこたんは単なる通り道として
宇宙に自分をささげなくてはなりません。

まさしく「宇宙の通り道」です。

ゆうこたんの今までの経験の流れはこれからとても役に立つと思います。

灰色の経験も不思議な経験も偶然ではないと思います。
ゆうこたんはずっと「道」を通ってきました。

灰色から戻ってきた時の感じなのですが
それまで頭に気が上がっていたのが(頭がいっぱいになっていたのでは?)
肉体労働により、気が下がり、(気でいっぱいになってた頭が労働により解放され)
元に戻ったのかもしれません。

ちなみにその灰色の世界は「激流」の可能性があったかもと思っています。

>「遊びがないのは偏屈、きゅうくつ」

というのは、今はどんな感じですか?
私も似たような経験があります。

遊びをとことんやってみたら 何か答えを得たのではないでしょうか?

丹田かぁ。なるほどです。
体全体のバランス(頭からお尻の穴ぎゅ、まで)も整えながらの実践は
なかなかいいんじゃないかと思います。

ゆうこたんの頭から足の先まですべてが宇宙の通り道です。

ゆうこたん、ゆうこたんは宇宙の通り道ということで
自分にとって苦い思いすらも感じる時間はありません。

ゆうこたんが本気で挑むのなら
自分の感情でその通り道を詰まらせてはいけません。

ひたすら実践し、感情で通り道を詰まらせることの無いよう
この宇宙のために通り道を常に明け渡して実践してくださいね。

ゆうこたんの良き管を宇宙が使ってくださいますように。

もし、ゆうこたんが本気で目指すのなら
この実践をとことんやってみてください。

とことんすることがポイントです。

そしてレディ・ジガたんが嫌がるほど その道は
彼岸への道となります。

@(*・ω・*)ポッ

129 TK :2013/09/04(水) 07:15:30
>「遊びがないのは偏屈、きゅうくつ」

これ、誰でもそう思いますよね、私もそうでしたから。

そしてひたすら、自由に思ったように思いっきり生きなきゃ、って思うんですね。

これ本気でやるととても充実出来ますが当然にトータルではありません、
世の中そう甘くありません、さらに、最終的に行き止まりにぶつかりました。

実はこれが「ワクワク」と言うあのレベルの教えです。

あれなかなかいい教えですけど、思いっきりやると最終的には壁にぶつかります。

なぜなら、実は「ワクワク」はエゴを増強する教えなのですから。

これは正しい方向でエゴを増強するにはいい教えと言う位置づけのものです。

スピ系やってる人見ると面白いですよね、エゴ減らす教えかじってると思うと、
「ワクワク?」それエゴを増強する教えですけど大丈夫ですかみたいな、
あれを同時に一人の人間が食べ合わせをしようと言うのですから、
さすがスピ系、面白いなあと思いました。

ごちゃ混ぜんは駄目なんです。

スピ系の方々、エゴさえ見抜ける目を持ってさえいたら、ちゃんと順番は分かるはずなのです。

最初は「ワクワク」の教えを実践し、次いで「ワクワク」に背を向ける教えを実践し、
最終的に「ワクワク」は消滅(彼岸)する、これが正しい位置づけでの進み方です。

どれも重要なプロセスであることに違いはありませんが、
目覚まし時計を鳴らしながら睡眠薬を次々飲み込んでも、意味はありません。
一人の人の説いた教えでない以上正しい教相判釈(順番立て)は必要です、
教えのごちゃ混ぜは駄目なんです。

こちらは至った者なのです、聞いてくれば答えられる限りでお教えできますが。

第1次実践は思い(ワクワク)を拠り所にする実践、
第2次実践は強い意志の力のみを頼りに進む実践、
この第2次実践の際は第1次実践の拠り所の思い(ワクワク)を完全否定する実践になります。

各々の教えを分かってて利用すると効果がありますが、
何もわからずにでたらめに寄せ集めでは何の効果もありません。

ラピ。さんの第1次実践が思いを拠り所のいわゆるワクワクの実践にあたるわけです。

130 ゆうこ :2013/09/04(水) 20:51:54
>らぴたん

>ゆうこたんは単なる通り道として
>宇宙に自分をささげなくてはなりません。
>ゆうこたんのどの感情も自分のものではなく、
>すべて宇宙のものです。

うっ。

かみくだいて自分の名前が入ると
さらっと美しげな聖句の厳しさにビビります。。^^;

>自分の感情でその通り道を詰まらせてはいけません。
そうですよね・・。

ジガの主張が管の壁にへばりつくゴミとすれば

ふと気を抜いて、つまらなそうな顔して作業として動いているときは
管から気がもれてる状態のような気がしてます。

感情と戦ってないかわりに
以前と同じ気持ちで惰性で仕方ない感じで何かやってる

そのときに、「きゅっ」と閉めると
気合いも入るし、
空気もれを直して、頭からつま先にエネルギーを通してる感じがするのです。
&感謝、のボディーランゲージなので、
特に、なんでもない時に役に立ってます。

たとえば食器洗ってるときとか混雑するスーパーのレジとか
以前だとため息まじりの場面で
「きゅ(感謝)」ってやると、なんだか疲れがなくなるという・・・。
(腰痛がなくなってるんですよぉ不思議なことに!!)

>>「遊びがないのは偏屈、きゅうくつ」
というのは、今はどんな感じですか?

→昨日、ここで自然体宣言したので、自然な気持ちです。
特に避ける気もアポる気も起きてないですね。

>もし、ゆうこたんが本気で目指すのなら
この実践をとことんやってみてください。

ちょっとひるむ厳しさを感じると同時に

>ゆうこたんは宇宙の通り道ということで
自分にとって苦い思いすらも感じる時間はありません。

・・という大いなる優しい節理を感じます。
きっと、それを支えに
『この宇宙のために通り道を常に明け渡して実践』、がんばれそうです。

131 ゆうこ :2013/09/04(水) 21:51:00
>TK様

若い頃はは広告関係の仕事だったため
いわゆる「クリエイティブな発想」を得るため
天から降りてくるアイデアを追いかけ
自分自身も楽しく、をモットーに生きてこれたんですが

金融に転職し、娘を出産したあたりから
それまでの自分の全てが嫌になり
とどめの311でのトレードで
完全に、自分を罰する気持ちに落ちてしまいました。

自分の何もかもが間違っていた、罪を背負っているという自責感。

娘への自責感は
トレーダー時代に「感情を殺す時間」だけ、救われる気がしていたんですが
そのトレードや金融システム自体が間違っていたと確信したとき
残されたのは肉体的に追い込んで、考える時間をなくすことくらいだったんです。

そんな数年の間に、
療育生活を言い訳に、すっかり人づきあいも悪くなり
ついに夜中に生爪はげても悦に入って働いてる私に対して
友人は「もっと自分が楽しむような気持ちに戻って」と言ってくれたんだと思います。

なので、結果的に
>最初は「ワクワク」の教えを実践し、
>次いで「ワクワク」に背を向ける教えを実践

という経過をたどってきたようにも思えます。

ただ、『実践の教え』にもとづいたものではないために
すべてに対する感謝が徹底されておらず
(特に仕事上の対人関係で)壁にぶちあたってしまったのが今年の6月あたりでして。

気晴らしにいろいろやってみても
レディ・ジガのご機嫌をとりつつ、ジガを抑えるという、
まさにマッチポンプなループに陥ってしまってました。

私の場合、その解決を
経営や営業的側面から書かれた感謝の効力の本に求め、
数冊読んだ後に、らぴたんブログを久しぶりにのぞいて
この掲示板に最近たどりついた次第です。

仕事上、反省一色で、
一生懸命改善中に出会ったお二人の言葉なので
すんなり流れに乗った感じはしております。

おかげ様で自己嫌悪・自己批判の時間も減り
元気もでてきたこの頃でした。
と同時に、昨日の休日は、
レディ・ジガお得意の楽しい気晴らしへの誘惑が頭をよぎっていました。

でもそれは、どうなのか?
「遊びのある、きゅうくつ偏屈じゃない楽しいジガ様になりたいだけか?」
と、いう迷いを胸に、カキコミしていましたが

以前、TK師がおっしゃっていた
「意思によって制すること」「それは正しいかどうかで判断する」という言葉を思い出し、
今は、はっきりしています。

昨日浮かんだ気晴らしは、却下です!

ぶっちゃけ、正しくない悪いことでございますため!m(__)m

その「悪い遊び」をやめたとき、わかってはいたんです。

通りよき管を標榜としている自分と矛盾していることがわかっているのに
このまま反対方向に行ったら多分、ひどい事になると。

そんな事になる前に、
楽しい気分の今が潮時、もうおしまい!と決心したはずなんです。

でも、最近の生活で出番の少なくなったジガちゃんは
「ちょっとくらい、いいんじゃん?息抜きに。」とささやいてきたんですね。

それを昨日、TK師は「神を利用するもよし」と教えて下さった。

だから、今朝から線香たてて、感謝の祈りを再開しました。
(地元の慣習では新月満月のみですが、
以前は毎日手をあわせる時期もあったため)

改めて、天地万物・ご先祖家族・友人知人会社の仲間・こども達に感謝を捧げることにしました。

(これは最近読んだビジネス書の著者が
 優秀なスポーツ選手のメンタルトレーニング法のひとつ「六方拝」と書いてました)

そんな感じの生活ですが
スポーツのストイックさと自責に負けない元気を胸に
「悪い遊び」以外は適度にたしなみつつw
明日もがんばろうと思います。

また長文になってしまいましたが、お二人のコメントに心から感謝します(*^_^*)

132 ラピ。 :2013/09/04(水) 23:02:45
☆ゆうこたん

「きゅ(感謝)」は気持ちの切り替えに有効ですね。

>感情と戦ってないかわりに
以前と同じ気持ちで惰性で仕方ない感じで何かやってる

うん、うん。実践している時とそうでないときの違いが分かると
気持ちの切り替えもさらにスムーズになると思います。

「はっ!」とそれに気づいたら「きゅ(感謝)」で取り戻して
すぐに実践ですね!

遊びについては私の場合、2次実践の時は遊びどころではなかったので
遊びを楽しむことができませんでした。

常に何か解決しなければならない問題がある感じがして
それを解決しなけらばならない、という強い思いもあったし
その問題を放りなげて遊ぶこともできず
問題をずっと抱えて実践していました。

自分を意図的に追い込んでいたわけです。

第3の実践時は第2の実践のおかげで
だいぶ「気楽」な状態であったので
遊びを思いっきり楽しもうとしていました。

みんなが楽しそうに人生を過ごしている気がして
私も同じようにそう生きたいと思いました。

思いっきり楽しむ実践です。

、、、でも、みんなが楽しそうに見えることをやっても
私は本当に楽しいとは思ってなかったかもしれません。

でもその楽しみの中に「絶対的幸せがある」と思ってたので
無理やり楽しそうなことを見つけて楽しもうとしていました。

常に楽しい気持ちでいるよう、心がけていました。

とことん楽しいふりをしていた、とも言えるかもです。

そして楽しいことを見つけようと無理をし続けて
この楽しみは自分の求めているものではないと気付きました。

やはり最終的には激流に飛び込む必要があります。

ゆうこたん、いよいよ最終体制じゃないかな?

実践を思いっきりやってると 「ふと気づく何か」にチャンスがあります。

とことん実践をやっていて私はふとした師の言葉からヒントを得ました。

とりあえず、とことん実践をしていていると
あるなにかがふとよぎることがあると思います。

ゆうこたんはかつて「私を通りよき管として、お使い下さい」
という言葉がよぎったのですよね。
そんな感じです。

そのよぎった何かをしっかり生かしてね。

とことん実践していたらきっとわかるから。
基本は実践中心ですよん。

私も最後にはある時の師の言葉からヒントを得て
自分から飛び込みました。

ゆうこたんならそれができる。

ゆうこたん、これが最後の道になりそうですね。

実践、がんばってね!

実践中にどうしても気になることがあったらいつでも書き込んでね。

@(*・ω・*)ポッ

133 TK :2013/09/05(木) 18:15:06
ゆうこさん

ワクワクの教えはどこかピントの合ってない部分を感じませんか、あれ、
スピ系が正しい教相判釈的な吟味を一切しないままに流布しているバカっぽい教えの一つですから。

なぜなら、ワクワクする事をやっても、そのワクワクはやがて行き詰る、何故でしょう。

この地球もかって物質文明の発展期と言う時代があり、
その時には「わくわく」が地球上にも満ちていたんです。

フロンティアスピリットとか、そういう言葉も流行ったような時代がありましたよね。

つまり、「ワクワク星」というのは、
かつての我々の物質文明発展期とほとんど同じ意識レベルに合致するものと見て良いものですね。

今の人たちより人間的な次元は上でしたよね、しかし、文明的には過去のものなのです。

「ワクワク星」もやがて、我々の文明と同じ道を歩むだけの話しですから。

これがピントのずれの主な原因ですね。

イエスが言うとおり、現代は「ワクワク星」の先の教えが無ければだめな時代なんです。

私にはワクワクする事も、ワクワクしない事もありません、
そもそもいかなる「対象」も私の次元では既に無いのですから。

ここに至るための教えが必要なのです。

つまり、「ワクワク星人」が「ワクワク」するんだよと言うのに対して、
それは、かっての物質文明発展期に通用する教えですから、
このころはどこまで行っても「ワクワク」出来たことでしょう、しかし、
我々は「ワクワク」出来ない事に意識的に無理やり「ワクワク」する、
これがワクワク星人より文明が進んだ我々に必要な教えなのです。

ワクワク出来ないものごとに、無理やりワクワクする。

ワクワク出来るものごとに、ワクワクする事など誰にでも出来る、
我々はワクワク出来ないものごとに意識的に無理やりワクワクする、
と言う教えの違いが出てくるんです。

だから、スピ系って駄目なんですよ、何も中身を吟味しないでワクワクて言ってるから、
バカみたいですよね、あの人たち見てると。

(続きます)

134 TK :2013/09/05(木) 18:15:41
(続きです)

>金融に転職し

職業に関わる部分がかなりのウエイトを占めてますね。

今までの苦労は無駄では無いですよ。

あんな仕事が良いとかこんな仕事が良いとか、色々とあったと思いますが、
結論から行くと、どんな仕事も結局同じなんですね、それが違ったように見えてしまう。

トイレ掃除屋さんとか、ごみ収集やさんとか日雇い人足の方とか、
色々な仕事がありますが、仕事はどれも同じなんです。

それが分かってくると、メンタルが出来上がる。

つまり、これがワクワクの消滅です。

私も当初やれるはずだった仕事とは全く違う力仕事とかやってましたが、
私は「嫌」なら辞めないと言う決意がありましたので。

例えば料理人に憧れた人が、運よく老舗に入れたとして、
勤めたは良いが皿洗いを何年もやらされて、その後皮むき何年もやらされて、
でもそれって、だれでも出来る事ですよね、そう思って辞めていく人は、
それまでなんです、そこに居続けると一流になれるチャンスがある。

もし私が人を雇う立場だったら、やりたいと言う仕事はやらせません、
うんとこさと雑用と一般に言われるような仕事をやってもらう事でしょう、
理由分かりますか、例えば料理人が私は料理作るの好きなんです、
だからこの仕事やってます、私はそこのお店には食べに行かなくて結構です。

どうせろくなものださないの知ってますから。

まず雑用を多くやらせてその人間から何を落すのか、
その人間から「やりたい」「やりたくない」を落させるんです。

ようやくやっとそれで、雇い主が金払って雇うだけの仕事がその人間に出来るという事です。

仕事のできない人間に金払って雇うほど馬鹿な雇い主はおりません。

「やりたい」「やりたくない」で仕事やってる人間など、ろくな仕事はできません、
そのメンタルではだめなんです、まず、それを落してもらわなければ、
雑用が嫌でやめたければ早々に辞めてもらいたい、私が雇う立場ならこのように思います。

体育会系で鍛えられた人間は、採用の際は人気あるそうですよ、
私も雇う立場ならそのような人間が欲しい、
最初からメンタルが出来ていて使える人間だからです。

だから、「嫌」なら、大いにその「嫌」を利用してメンタルの糧にしなければだめなんです、
逃げた人間はどこ行ってもお終いですよ。

一流企業の採用の面接官なら、雑談だけでほとんどすべて見抜かれると思います、
いくら敬語で武装しようとも。

結局雇う方も、よりフロー(ゾーン)が実現できている人間、フローに近い人間が欲しいのです。

「やりたい」「やりたくない」に縛られている人間は、一番そこから遥かに遠いです、
その人たちには、もっともっと苦しんでもらわなければ、
苦しんだ量だけ近くなる、そういうものですよ。

たとえ一般に雑用と言われている仕事でも、「やりたい」「やりたくない」に縛られているような
未熟な人がやっていると、はたから見ても、あいつ雑用やらせられていると見えるのですが、
それがね、ベテランが同じ仕事をやっていても、
それが雑用には見えず職人芸のように見えるのです、なぜか知ってますか、
その人はやっている仕事とやっている人間が分離してないからです、
所が、「やりたい」「やりたくない」で仕事をやっている人は、
「やだやだ」と思ってやっているから、仕事と本人がバラバラなんです、
それをはたの者が見るから、その違和感が伝わって、
いかにも雑用をやらせられているように見えるのです。

今の時代に夢を追う人を雇ったら、その企業は損をしたという事になります。

もし、自分が金払って人を雇う立場だったら、今の自分自身のような人間を雇いたいと思うか、
良く考えてみましょう、その上で、
雇い主が雇って得をしたと思えるような仕事が出来れば一番いいと思いませんか、
金を取る以上はプロなのですから。

新人類になれば当たり前にこの辺は楽ですよね。

問題が起きれば起きるほどに、「瞬間」を極めた者の本領が発揮できるのですから、
ほとんど寝ている者と同じリラックス状態でアルファー波でまくりでです。

135 ゆうこ :2013/09/05(木) 19:16:54
TK様
>やっている仕事とやっている人間が分離してない

むむむ・・。ものすごいインパクトのある言葉ですね!!!
時間かけて消化&体験を試みてみます!

>問題が起きれば起きるほどに、「瞬間」を極めた者の本領が発揮できるのですから、
>ほとんど寝ている者と同じリラックス状態でアルファー波でまくりでです

先日、「遊ぶように仕事をし、仕事のように遊ぶ状態」って
どんな感じだろうと思ってましたが、ちょっとイメージできました。

>らぴたん
この数日、長文連投で他の方が入りにくくなったかもですね^^;
次にくるときは・・・・
アルファー波出しまくりで来ようと思いますw

さしさわりない範囲で、お二人の具体的なエピソードを拝読できたら
ありがたいです(#^.^#)

(「激流」や「抱えていた問題」、TK師の会社員経験など・・)
・・と、ずうずうしいコメントで終わって、しばし繁忙期に突入してきま〜す(*^_^*)

136 ラピ。 :2013/09/05(木) 23:12:23
☆ゆうこたん

行ってらっしゃい!
楽しみに待っているのら!

師匠とのエピソードかぁ、、、。

師匠なにかありますかね?てへ!

@(*・ω・*)ポッ

137 TK :2013/09/07(土) 09:09:07
>(「激流」や「抱えていた問題」、TK師の会社員経験など・・)

それでは参考までにお話ししましょう。

仕事は大嫌いでした。

こんなつまらないもののために生きているのは無意味だと思ってました。

それで考えついたものが、仕事以外の時間で思いっきり楽しむ事を追求しよう、
そして、他の人たちにも存分にこの楽しさを味わってもらおうと言うものでした。

確か当時のキャッチフレーズは
「みなさん、住まいと職場の往復のつまらない毎日になっていませんか、
空いている時間をフルに使って、
みんなで人生を楽しく有意義なものにしていきましょう」
的なものを掲げて精一杯やっていたと思います。

躓くまでは楽しかったですね、それにいくら仕事以外を楽しいものにしても、
不愉快な仕事には行かなければならない事実は変わらない。

私はずっと職場では頭を押さえつけられていました、
元国体選手だった上の者に、こっぴどく虐められていました、側溝の泥上げ、
階段の掃除、草むしり等々様々な仕事やらせられました。

人のやったミスもほとんど私に被けられました。ちょっとしたことで、
ほとんど毎日延々と長い時間上の者の机の前に立たされて、
怒鳴りつけられていました。

しかし、私には嫌なら辞めないと言う決意がありましたから。

さらに、全くと言っていいほど怨みは起きませんでした。

私はとても痩せてました、肥満度数プラスマイナス10以内が正常値でしたが、
マイナス10より悪かったです。

部署の者から、集団で格好の虐め尽くされるターゲットになっていたようです。

後になってから、ふと前世が想起されて、
これが自分の前世のカルマの清算だった事が分かりましたが、
やられている時には分かりませんでした。

もちろん、
虐められる要素は自分の親や家庭環境から収集している私の特性の中にありましたが、
その親と家庭環境はカルマによって決まるのだなという事も分かりました。

生まれた時に人はみな平等だ等という事はありません、
貧困地域に生まれ飢餓からミイラのようになっている子供たちもいれば、
金持ちの裕福な者の所に生まれる者もいるし、
生まれながらの障害や持病を抱えて生まれてくる者もいます。

私は因縁渦巻くような談笑など全く無い、
つねに虐めと罵りが飛び交うようなドロドロとした家庭環境の中に生まれました。

私は体も弱く持病もありましたし、入院しながら小学校に通ったりしてました。

ただ、私には不屈の忍耐力があったのです、それもどこから来たかと言うと、
私の母親がこの凄い環境の中で虐待されながらも耐えて私を育ててくれた、
子供は親の背中を見て育つと言われていますが、
私の忍耐力のルーツはここにありました。

(続きます)

138 TK :2013/09/07(土) 09:09:42
(続きです)

私に与えられたものはこの強靭的な忍耐力だけでしたが、
それは全てを突破できる宝のようなものでした。

私はこのような環境を全て背負って、激流を渡り因縁を断ち切り彼岸に渡りました。

これで終わったんですよ、不思議な事に環境も全てカラッと爽やかなものにかわりました。

自分が変われば、周りは同じに見えても全く違う、変わるのです、
職場から何から環境が全てにおいて一人でに変わるのです。

私は周りを変えたのではない、
自分自身のみをターゲットにして変える取り組みをしただけなのです。

だから私は、周りが親が家族が家庭環境が職場環境が悪いんだ不幸なんだ、
と言っている者たちに言いたい、みんな自分に原因があるんですよ。

周りのせいに被けているうちは、何にも解決などしない。

自分が変われば周りは変わるのです。

どんな一般的に見てひどいと思われる家族や職場環境に囲まれたとしても、
チャンスはある、周りの環境は自分自身の表れとしての結果なのだから、
ただ、自分を変えるだけで良い、それは周りのせいではない。

それを周りのせいだと思っていたらあなたはずっとそのままです。

職場は地域でも大規模施設で、私は悟った後には、発注業務が主な仕事になり、
やたら様々な人がぺこぺこ頭下げてきて、
専門家に指示を出すような業務を主にするようになりました。

他には経理の業務や特にシステム構築もメイン。

私の場合は金払って仕事を出す立場の業務が多くなりましたので、
悟る前との環境は一般的に見たら天と地みたいな、
一人でに一変する事になってしまいました。

休日とかには、
本業とは畑違いの劇場の音響技術の専門家(PA)とかからも報酬だすからと個人的に協力要請とか来ていました。

私が動いたのではなく、周りが動いたのです、でも、当たり前でしたね、
動かない環境の方が無理ですね。

悟っているという事は、異次元ですから、
環境に対するパワーバランスが変化するので、言うだけ野暮でした。

「私には全く自信などありません」、これも謙遜語ではありませんが、
「不安が無いと言うのも事実ですから」これが私なのです。

私がここで述べている事など本来科学者がやるべき事で、
私はそれを職業として収入を得ている者ではありません。

時々、何で私がこのような事を話しているのだ、遅れた原始人の科学者たち、
世間の役立たず、
地球は平らだと言う松明を持って雄たけびをあげているあの者たちを見ていると、
時々このような言葉が私から出てくるのです。

メンタルのなんたるやも分かっていない遅れたどこかの教授と名乗るものが、
体罰問題などにかこつけては、テレビや情報メディアの中で遅れた物を振り回し、
人類を洗脳し固定観念を植え付けては行き詰りの物質文明の中を
さらに最悪のどん詰まりに導いている状況ですから、この世界は、
確実に破滅に向かってます、冗談抜きにです。

ビデオで撮っておいて、50年先で映したら、
あの者たちは原始人類の末期現象とか言われてバカ者呼ばわりされますね。

今の時代の人類が幸せになるための真実(理論)は、イエスの言うとおりで
物質文明のそれとは全く反対なのです。

139 ランタナ :2013/09/17(火) 08:39:44
TKさん、ラピ。さん、いつも貴重なお話を有難うございます!

140 ゆうこ :2013/09/21(土) 19:27:39
皆様こんばんわm(__)m
忙しくしてるわりにジガ様健在のため、
昨夜、過去記事や掲示板を拝読し、
TK師との会話で、らぴたんが

>第2の実践のきっかけは
それまでの実践を否定される出来事が起こったからであり、
私はこれまたどう生きていけばいいか、との問い

という文を読んで寝たあと(今朝)、
まさに「自分を否定されるできごと」にジガ様が、もう、それはそれは大暴れw

その状態から反省したり無心に実践しようという葛藤で
1日が過ぎました。

そして、TK師の書かれた
>悟った者に近い高精度な自分を見抜く目が必要である

>私自身のエゴ殺し、すなわち第2次実践段階は、
私は私の特殊性で実践段階で悟った者と同精度に近い自分のエゴを見抜ける目があった事によります。

という文を読んで

またもや救われた気分です。
いえ、私が高性能アイズの持ち主という意味でなく、
この苦しい「私」は、これから死にゆくジガ様であって
どんどん改善実践あるのみ、という元気をもらったという意味です。

「誤解されている」「不本意」「悔しい」「恥ずかしい」「ふがいない」
そんな感情と、否定されたことに反論したいジガの感情で
がんじがらめにならず

>ワクワクしない時に意識的にワクワクさせ行動したり、
喜べないような出来事に喜んで行動したり、このレベルの実践になりますから、
自然に心から喜べるような生き方はありません。

・・という所に行くのは、「正直、嫌です。」←と、ジガ様が言ってます。
「なんで私が。」←と言うジガ様は、まだ上から目線です。

明日、飛び込もうと思います。

141 名無しさん :2013/09/22(日) 00:51:15
☆ゆうこたん

いろんな葛藤が起こっている今、
チャンスかもしれませんね。

激流とはまさしく激流であって
生易しいものではありません。
覚悟はいいかな?

「楽ちん」という道に激流は起こるはずもなく
それは彼岸への道にはなりません。

だからこそ、葛藤する=激流が起こる道に進むのが
彼岸への道です。

ゆうこたんも、今までいろんな経験をして
それを乗り越えてきたよね。

それがきっと生かせます。

なにかあったら、書き込みしてね。
@(*・ω・*)ポッ

142 ラピ。 :2013/09/22(日) 00:52:32
141の書き込みはラピ。です。

@(*・ω・*)ポッ

143 TK :2013/09/22(日) 09:55:14
ゆうこさん

>「誤解されている」「不本意」「悔しい」「恥ずかしい」「ふがいない」
>そんな感情と、否定されたことに反論したいジガの感情で
>がんじがらめにならず

良かったですね。

ここでまた、カルマが一つクリアできるという事なわけですし。

こういうまたとない機会を逃しての実践はあり得ません。

>・・という所に行くのは、「正直、嫌です。」←と、ジガ様が言ってます。
>「なんで私が。」←と言うジガ様は、まだ上から目線です。


このジガ様の事を仏典や聖書では悪魔もしくはサタンと呼ばれていたものですね。

>明日、飛び込もうと思います。

引き下がったらおしまいです。

魔物が見つけられるようになっただけ目ができてきましたね

144 ゆうこ :2013/09/30(月) 21:22:37
こんばんわ。
先日「激流カモーン」とか勇んで出社しましたが
まったくの小波、その後も
常に「ジガ居る?」「居ないな、OK」みたいな自問確認をして
1日がだいぶ無心に過ごせているせいで
かえって小さいことにジガが反応すると
小骨が喉にささったように気になります。
(だいぶジガは静かになっていますが。)

そこで、今日TK師の引用されていたマザーテレサの文を読み
このイメージでいこう、と想いを新たにした次第です。

>実践においては横たわっている具合の悪い病人を主イエスが横たわっているのだと言うつもりで接しなさい、
私たちは看病ではなく修道の実践をしているのです

→目の前に現れる不快な感情を呼び起こす人はイエス(仏)だと。
わざわざジガをざわめかせ、
ふるいにかけやすいよう浮き立たせてくれているんですね。
ありがたいです、そう考えると。

あと、
芽生えている「無我の境地」への興味に対し
>結果を僅かにでも想定して実践したら、至れません。
という文で、はっとしています。
これまで知らなかった世界なだけに、興味深々な今日この頃でした((+_+))

>実践とは私は死ぬまで、この実践を続けて行くのだ
→以前、死ぬ気になってがむしゃらに前進していた頃を思い出し
もう一度トライしてみようと思います。

あの頃、あのまま行けなかった理由は
あまりに絶望的な虚無感にさいなまれたため、本当に死のうか、
家族のために明るく楽しい生活を送るか
という2択で、結果的に中途半端な生活に戻ったわけですが
(うつ病かも、とも思ったため食事や運動で生活改善しました^^;)

今なら、「死ぬまでやるぞ」と頑張る事と明るくしていることは矛盾しませんし
両立することも実践のうちと思って、
楽しめないことを楽しもうと思います。

そして、進んだその先に、

>一人でに至って、自由に色々な事が出来るようになります。
という世界があれば、それでよし、
なくても、きっと悔いはなし、です。

あの頃見えていた未来は、真っ暗な絶望で、
自分も家族も悲しい顔でしたが
今は、一生懸命このまま生きて死んでも、自分も家族も明るい顔だと思います。

弥勒がいろいろな姿になって私の前に現れ
ジガを砕くために試練の小槌をふるって下さっている・・・
う〜ん、自分で書いてて更に感謝が湧いてきました、

明るい未来をありがとうございます。
お二人に感謝しますm(__)m

145 ラピ。 :2013/10/01(火) 07:47:37
☆ゆうこたん

ゆうこたんのがむしゃらに前進していた頃の経験は
これからもちゃんと生かされていくと思います。

そしてどんなことにも感謝して生きていけば
無敵です。

もう、怖いものはないと思います。

ゆうこたん、これからもゆうこたんパワーで
家族を笑顔で満たしていってね。

すばらしい実践だと思います!

@(*・ω・*)ポッ

146 TK :2013/10/01(火) 18:26:49
ゆうこさん

>実践においては横たわっている具合の悪い病人を主イエスが横たわっているのだと言うつもりで接しなさい、
>私たちは看病ではなく修道の実践をしているのです

マザー・テレサのような至った人の指導方法は、そうではない人の話しとは違いますよね。

人間が生きて行く中で、様々な人との出会いがあると思います。

良い人と判断できる人と悪い人と判断できる人とどちらの出会いもあります。

良い人と判断できる人と言うのは、
自分のエゴの理想にかなった振る舞いをしてくれる他人に対して良い人と言う判断が起きます。

悪い人の判断はその反対です。

実は、良い人と出会う事については、その時は良いと思えるのですが、
後になって、
自分にとってはクソの足しにもならない出会いであったと思えるものです。

実際は、自分が数々出会ってきた悪い人の方が、
自分にとって役に立っているのです。

至るとこの事実がよく分かってきます。

147 ゆうこ :2013/10/06(日) 20:54:39
こんばんわm(__)m
いつも内面を重視して生活しているものの、
昨今のニュースで気になることがあり
至ったお二人は、どのようにお考えかお聞かせ願いたく書き込みますm(__)m

昨年のマヤ歴世界終末説、
この秋のアメリカデフォルトによる世界的混乱についてです。

終末や時間、未来といったものも
経済的な問題も、もはや幻の一面ということでしょうか?

今年後半、混乱から困窮という状況になった場合、
至っていない私には、激流という恩寵だろうと考えていますが
家族や周囲のことを考えると気がかりです。
特に娘の障害に関する備蓄を本格的にしようかと思っています。

お二人には未来予知的な感覚はおありですか?

148 ラピ。 :2013/10/07(月) 07:53:54
☆ゆうこたん

昨年のマヤ歴世界終末説、
この秋のアメリカデフォルトによる世界的混乱について

ご存じのとおり、私はテレビも見ないし、
最近はスピリチュアル関係の記事も読んでませんので
そのお話については知らないです。

私がかつて実践してる時は
多少、スピリチュアルな記事は見てたけど(テレビは見ていない)
まず、自分の実践とは関係なかったです。(私の場合は、です)

ゆうこたんはその情報を得て
今、心の中でいろんな出来事が起こってると思いますので
それに対して今できることをするのはいいと思います。

そして確かにそのゆうこたんの中で起こってる思いを
実践へつなげていくのもいいですね。

ちなみにその話は話であって
まだここでは起こっていません。

それとも、そのアメリカの話は
今ここで起こっているのかな?

(私は全く知りませんでした、、、。ごめんちゃい(;´▽`A‘‘)

@(*・ω・*)ポッ

149 ゆうこ :2013/10/07(月) 17:24:22
>らぴたん

すみません、ふたつともTV情報です^^;
(特集番組でした)

なんとなく
内面ばかり見て、外の世界のできごとに疎くなってる気がして
ちょっと考えてしまったんですが

マヤ文明の話は、結果的に「外れ」だったようですけど
そもそも時間の観念のない次元の人にとっては無意味な話だろうなぁ
と思ったので質問の例としてあげさせてもらいました。

アメリカの話は今月末にはある程度結果が出るかなぁと思ってるのですが
今の貨幣経済システムは崩壊して然るべきだという思いと
そうなる前の備えという考えがエゴ(保身)につながるような気もしたので
質問させてもらいました。

(たとえば、
異常気象が続いて飢饉が来きそうだから米を蓄えよう、
といった発想は、お釈迦様やイエス様的にありだったんだろうか、
という意味です。)

今朝、ちょっと対物事故を起こしてしまったんですけど
保険っていう考えも備えの一種なので
そういう事に関するお考えもお聞かせ頂きたく書かせて頂きました。

起きるかもしれないことに対して
起きてもいいように何か行動するのが一般人で
一切考える必要がない、というスタンスで生活しているのが至った方たち
というイメージがあるのです。

150 ラピ。 :2013/10/07(月) 23:05:01
☆ゆうこたん

>アメリカの話は今月末にはある程度結果が出るかなぁと思ってるのですが
今の貨幣経済システムは崩壊して然るべきだという思いと

この「然るべき」というのは思考ですね。
なぜ「然るべき」なんでしょう。
今までのいろんな経験などをもとにして出てきた思考かな。

でもそれは そうなるかもしれないし、そうでないかもしれない、
そんな感じですよね。

よってその思考による「そうなる前に蓄え」というのも
思考による産物となり、
よく考えれば実は何の根拠もないものになります。


>異常気象が続いて飢饉が来きそうだから米を蓄えよう、

そもそも異常気象ってなんでしょう?
雨が全く降らないから?
いつもより暑いから?

言い換えれば異常気象=「雨が降らない、いつもより暑い、、などなど」
ということになり
「雨が降らない、いつもより暑い、、などなど」=飢饉
というわけではないことがわかります。

こういう現象に遭遇したとき 私の場合意味づけはなく
「雨が降らないな」
「今日は暑いな」これだけです。

ただ確かにたくさん雨が降って それにより
実際対応しなければならない状態になれば
それにはきちんと対応します。
(たとえば雨漏りがしたらちゃんとそれを直したり。)

ちなみに自動車を買えば必然的に保険の話もついてきますので
「では入ろうかな」という感じで保険に入ってます。


今の状態からこれから起こるであろう状態を予期することは
単なる可能性を示すだけであり、
そうではないかもしれない。でもそうかもしれない。

でも、その可能性により心が揺らいだり
不安になったりすることはありません。
そもそもその心がない。

「そうかもしれないな」
それだけです。

至ってない場合、その可能性=思考により
影響される自分がいますので
心がいろいろ動き回り、それに対応しなくてはならないかもですね。

そして常に何かをしていますので
安らぐときは、あまりないかもしれませんね。

私たちはそもそもその揺らぐ「心」が消滅していますので
出来事をありのまま見ることができ
それにありのまま対応できます。

雨がたくさん降ったら
「雨がたくさん降った」
それだけです。

雨が降って傘が必要なら傘を差しますが
雨によって揺らぐ心はありません。

ちなみにTV情報って どこまで本当なのでしょうね。

@(*・ω・*)ポッ

151 TK :2013/10/07(月) 23:23:07
ゆうこさん

>終末や時間、未来といったものも
>経済的な問題も、もはや幻の一面ということでしょうか?


あなたの構え方は実践者としてはかんばしいものでは無いですね。


中部経典4-131
>過去を追うな、未来を願うな。
> 過去は過ぎ去ったものであり、未来はいまだ至っていない。
> 現在の情況をそれぞれによく観察し、明らかに見よ。
> 今まさに為すべきことを、努力して為せ。
> 誰か明日に死あり、死魔の軍と会わぬと知り得よう。
> 昼夜に怠るな。


マタイの福音書 6章34
>だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。
>労苦はその日その日に、十分あります。


実践者のスタンスは、今全て満ち足りている、これですから。

未来の不安は捨てる、これもです。

今、あっちもこっちも不安な事が一杯あり過ぎてあらどうしましょうって、
これ、実践者のスタンスでは無いですよ。

世俗感覚100パーセントでは実践者とは言えませんね。

これは、実践者の基本中の基本です。

仏教でもキリスト教でも、ヨーガでも。

スッタニパータ265
>尊敬と謙遜と満足と感謝と(適当な)時に教えを聞くこと、
>──これがこよなき幸せである。

マタイの福音書 6章30
>きょうあっても、あすは炉に投げ込まれる野の草さえ、
>神はこれほどに装ってくださるのだから、ましてあなたがたに、
>よくしてくださらないわけがありましょうか。信仰の薄い人たち。


ヨーガ・スートラ - Wikipedia(2013年9月3日 (火) 08:52 UTC)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A9
>2.ニヤマ:勧戒 - すすめられるべき道徳。清浄・足るを知る・苦行・学誦・神霊への帰入

(続きます)

152 TK :2013/10/07(月) 23:24:00
(続きです)

ま、私は実践者ではありませんから。

今の世の中が良いとか悪いかとか、これは主観の問題ですから、
私は方便で主観を「自在」に使い分けます。

ただし「実践者の主観は良い世の中」の選択肢しかありません。

なぜかわかりますか、
アセンションとは自分と対象(世界)の間にある壁を取り払う事ですから、
「悪い世の中」と捉えたら分厚い壁があなたと世界の間に立ち塞がったままになります。

もちろん今のままで行けば「激流」と呼べるような時代は来るかもしれません。

しかし、「激流」こそがメンタルの変容をもたらすものであるのなら、
私やラピ。さんのような「意志」の強さ、
自らのマインドを見抜く目等特性の無い者でも等しくアセンションのチャンスに預かれるという事でもあります。

先駆けて、日本にも大震災がありましたが、
確かに産みの苦しみで過酷な「激流」がそこにはありましたが、しかし、
日本や世界の切り札になるような人材は確実に出現するだろうと思っています。

私も国の激甚災害と局地激甚災害の2回も被災してますし、
災害復旧関係で休日返上で仕事しましたが、それこそ電気とガス供給ストップで、
携帯電話もつながらない、でも楽でしたよ、
死者も出てるし同級生だった者も亡くなったしさすがに不謹慎なので「楽しい」とだけは言えませんでしたが、
我々にとって状況が追い込まれれば追い込まれるほど本領の発揮できる悟った者としては、
かなり一般の人の感覚のそれとは違っていたと思いますね。

現実に中心になって走り回り瞬間的に次々と指示も出したりしてましたし、
はたから見たら、
私も結構緊迫したリアルな被災地域の人を演じていたのではないでしょうか、
でも、実際何もやってないと言う感覚しかありませんから、
眠りながら仕事してるみたいとか、
あまり言うとふざけてるみたいに思われるので我々の真実は表現できません。

ただやってること自体は、休日返上に時間外業務に私の速度をもってして、
緊急性優先のために100パーセントの完成度より落としてクリアーした部分も多くあります。

ですから、
私はこの件についてのほとんど我々の真実の話はしませんと言うより出来ません。

>お二人には未来予知的な感覚はおありですか?

私も「激流」の実践時代は生死をかけましたが、
あなたにとって「激流」の環境が来たとして、
我々にとってもそれが「激流」とは限りません、ただ、
なるようになるだけなのではないですか、それだけの事でしかありませんが、
我々は関心を持っているふりは出来ますが、
実際は「無関心」以外に出来ませんので、
既にアセンションを果たした我々はあなたと異次元なので感覚ももちろん対応力もですが違うのです。

その、
対応力自身ははたから見て切羽詰まっている状況で切羽詰まってなく
全く真実は楽々していると言うアンバランスなアセンションした者でなければできない状況で
出てくるものですから、一緒の土俵で我々を捉えようとするのは違っていると思います。

153 ゆうこ :2013/10/08(火) 09:50:20
大変深く、一貫したお答えありがとうございます。
「内面は、自分だけの問題だから試練こそ感謝だけど
娘やまわりの人たちにとっては、あって欲しくない」
という気持ちは、浅い見解でした。

この世に生まれている全ての人の目的・試練・強さを知らず
自分と外を分けて見ているという事ですね。

>尊敬と謙遜と満足と感謝と(適当な)時に教えを聞くこと、
>──これがこよなき幸せである。
>「実践者の主観は良い世の中」の選択肢しかありません。
>自分と対象(世界)の間にある壁を取り払う
>「悪い世の中」と捉えたら分厚い壁があなたと世界の間に立ち塞がったままになります

いますぐ感覚的なところまでの理解は及んでいませんが
内と外、自分と他者・事象をわけずに、
すべてに実践意識を持つよう意思の力で改めて頑張ります。

ありがとうございましたm(__)m

154 実践マン :2013/10/09(水) 05:51:37
お久しぶりです。

見抜くこと、感謝すること、正しいこと以外はしないこと、続けています。

肉体的な今の状況を完全に受け入れられるまでに1ヶ月かかりました。
その間、お世話になってる方々の役に立つことを実行してきました。

やっと少しエゴに負けないでいられるようになってきました。

今は無理やり感謝のためにしてることはこんな感じです。

1)出てくる思考や感情に対して
「これは私ではない、私に属するものではない」
と、いちいちスタンプを押すよう心がけ、執着せずコントロールせず、受け流す。

2)人に会うことと、鏡で自分の姿を見ることの区別をしない。人に対しても、自分に対しても、意識的にも、肉体的にも、これはみんなで共有しているものだと心がけ、私がいることに対しての罪悪感を排除する。

3)行動する時には、それを本当にしているのではなく、「○○をしている風の遊び」を楽しんでしていると感謝する。

4)好き嫌いをしない。区別をしない。

無意識で行動したあとに、これは正しくなかった!と気づくことが多々ありますが、それでも、前に比べたらずいぶん楽になりました。

100パーセント正しいことしかしないという状態を作れるように、これから頑張ります。

阿含経典という本を読んでます。
毎日こちらの掲示板に励まされ、継続中です。

お世話になってます!
ありがとうございます^ ^

155 ラピ。 :2013/10/09(水) 08:00:32
☆実践マンたん

おお!お久しぶり!
どうしてるかなって思ってんたけど頑張ってるみたいですね!
そして成果が出てるようです。

今の状況を受け入れること。(状況に抵抗しないこと)
エゴ(実践を遮る声)に負けないこと。
罪悪感の排除。(これこそまさにエゴの声ですね。無視していいです。)
いろいろできるようになったんやね。

いろんなできることが増えてきたら
さらに実践が頑張れるようになりますね。

ますます実践を遮るものはなにもありません。

実践を遮るものが
エゴだったり、罪悪感だったりしますので。

ちなみに私が実践してる時は
どんな時も真剣で、実践そのものになっていました。

「今ある意志」を実践に使い切る、という言い方もできます。

そうすれば、考える暇もないし
考える暇がないということは
思考によって心が揺らぐことが減る、ということです。
そしてさらに無駄なく実践ができます。

そしてそうやって実践していて
大きな壁にぶつかった時、
どうやっても心が揺らいでしまう時、
そこが勝負どころです。

その大きなエゴの声に負けず実践できるか、
がポイントになります!

実践マンたん、応援しています!

基本は「思考」ではなく実践です。
今の時点ではどんな思考も「エゴの声」になりやすい。

実践マンたん
ますます感謝の日々を送ってね!
@(*・ω・*)ポッ

156 実践マン :2013/10/09(水) 13:15:41
ラピ。先生、こんにちは^ ^

はい、感謝以外の意思は持たないようにします。

ありがとうございます^ ^

157 TK :2013/10/10(木) 18:36:09
実践マンさん

>1)出てくる思考や感情に対して
>「これは私ではない、私に属するものではない」
>と、いちいちスタンプを押すよう心がけ、執着せずコントロールせず、受け流す。

これ中々いいですよ、私もやりました。

現象に反応して感情が高ぶりかけた時には、
マインドに向かって「これは私のものではない、私はそなたを喜ばない、
考える者であることを捨てよ」とこのような語りかけでマインドを客体化しやり過ごしていました。

感情が高ぶった時の自らのマインドに向けての語りかけは有効です。

感情に押し流されてマインドの動きのままに、自らとの同化を許してしまったら、
悪魔に負けたことになるのですから。

実践とは即ち「戦い」なのです。

スッタニパータ439
>ナムチよ、これは汝の軍勢である。黒き魔(Kanha)の攻撃軍である。
>勇者でなければ、かれにうち勝つことができない。
>(勇者は)うち勝って楽しみを得る。


>2)人に会うことと、鏡で自分の姿を見ることの区別をしない。人に対しても、
>自分に対しても、意識的にも、肉体的にも、
>これはみんなで共有しているものだと心がけ、
>私がいることに対しての罪悪感を排除する。

彼岸(神の国)に至るアセンションの入口は、上からではなく、同等でもなく、
下にあるのです。他者に対しては、下の者として接するように、これは奥義です。


聖木曜日 - Wikipedia (2013年3月29日 (金) 06:16 UTC)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E6%9C%A8%E6%9B%9C%E6%97%A5
>聖木曜日はイエス・キリストと使徒たちの最後の晩餐を記念する日であり、
>その席でイエスが(へりくだりの行いとして)弟子たちの足を洗ったという記述が福音書に見られるため、
>「洗足木曜日」という呼称が生まれた。

その場の誰よりも頭の位置が遥かに低い仕える者。
他者の前にひざまずいて目の前の他者の足の位置に自らの彼岸(神の国)の入り口があります。

足元の石ころと同等の位置まで自分を落せないのなら、
その者はアセンションを諦めるより仕方がないと思って下さい。

それとも「激流」と呼ばれているものを「緩流」と勘違いしている人とかいるのでしょうか。

ルカの福音書 22章27
>食卓に着く人と給仕をする者と、どちらが偉いでしょう。
>むろん、食卓に着く人でしょう。
>しかしわたしは、あなたがたのうちにあって給仕する者のようにしています。

ヨハネの福音書 13章15
>わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするように、
>わたしはあなたがたに模範を示したのです。


>3)行動する時には、それを本当にしているのではなく、「○○をしている風の遊び」を楽しんでしていると感謝する。

ネガティブよりは良いと評価はしておきますが、満点とは言えません、
「遊び」より「奉仕」の方が実践としては優れているのです。

つまり、現象に対しての「立ち位置が高い」という事です。

>4)好き嫌いをしない。区別をしない。

感謝で切り抜けると言うのは良いですね。

>阿含経典という本を読んでます。

釈迦とイエスの教えは同一線上の教えですが、
釈迦の教えは出家至上と言う環境で説かれている分、
イエスの教えの方が現代に合う形にカスタマイズが行き届いています。

仏教自身も釈迦を開祖として後に時代の流れに応じて出家至上から大乗(利他)と言う形にカスタマイズされていきます。

阿含経典については基礎を学ぶと言う姿勢で臨まれると良いと思います。

つまり、それだけでは、不足する部分が出てくるかもしれません。

私は至っておりますから私自身が経典です、
聖典を引用するのは聖典にも記載があるよと言う程度の意味ですから。

でも、聞く方にとってもその方が信じる根拠がはっきりしていて親切ですよね。

158 実践マン :2013/10/10(木) 19:19:14
TK先生
ありがとうございます。

はい、足もとの石と同じくらい自分を低く落とし、奉仕を実践していきます。

午前中に、エゴがざわざわと騒ぐことがありましたが、なんとかエゴに飲み込まれず抜け出せました。

その時に、浮かんだ言葉は
「私が頑張っているのではない。みんなのおかげで、やらせてもらっている。」
でした。

まさに、自分を高くしていたことに気がつかされました。

今日のことを忘れずに、姿勢を改めます。

励ましの言葉と阿含経典について、アドバイスをありがとうございます。

先生の言葉がスーッと腑に落ちていきます。
とても気持ちがいいです。
ありがとうございましたm(_ _)m

159 ゆうこ :2013/10/14(月) 20:32:17
TK様。

この掲示板で初めて読んだ言葉、『激流』とか、引用の数々のおかげで
今日、購入した『仏陀の言葉』という本が
1ページ目から興味深く心に響き、感謝しています。

今回のご縁がなかったら
正直、興味のない世界(知識もなく、読んだ事もない本)なので
まったく頭に入らなかったと思います。

聖書も、若い頃通った教会では、サタンを悪霊のような扱いで
自分の外の対象として扱っていた印象だったため
それも原因で離れたのですが

今、すべては内なるものとして違和感なく理解できるようになり
改めて聖書も引っ張り出してきました。

TVや他の本を見る時間を聖典を読む時間に置き換える程度ですが

以前の私が、今の生活を見たら
真面目すぎてこの世に生まれた意味がない、とため息つくはずなのに
今や、生まれた意味がはっきりした喜びを感じています。

艱難、汝を玉にす。・・・激流の筏、ジガと滅私。

ジガを砕く事象を喜んで
日々の生活を丁寧に感謝をこめて生きる事に集中して
読書はほどほどに、奉仕中心でこれからもがんばります。

160 TK :2013/10/15(火) 06:49:44
ゆうこさん

実践者の道を歩んできましたね。

実践の基本は意識的に生きる事ですから、いい感じだと思います。

私がスッタニパータやダンマパダと言う聖典を引用するのは、
代表的な聖典なのでネット上で簡単に拾ってこれるからという事で引用に使わせていただいていますが、
実際の私の実践段階でテキストとして利用したものは、
ラピ。さんにも勧めましたが、次の3冊でした。

・ブッダ悪魔との対話――サンユッタ・ニカーヤ2
・ブッダ最後の旅―大パリニッバーナ経
・聖書―新改訳

実はスッタニパータもダンマパダも持っていたのですが、人にやったりして手放しました。

実践にあたっては読む聖典類の数を最低限に減らす、毎日少しずつ必ず読む。

座右の銘のようにして同じものを繰り返し繰り返し読んで接している。

一つに私の実践は聖典類を読む事から始まったわけではありません。

サタンとの過酷な戦いはその前から始まったのです。

少しでもいい手段という事で、釈迦にイエスの教えに辿り着きました。

聖書との出会いは、街中でキリスト教の集会所のチラシをもらったので、
そこで新約聖書をもらいました。

集会所の方は数回出てやめましたが。

>聖書も、若い頃通った教会では、サタンを悪霊のような扱いで
>自分の外の対象として扱っていた印象だったため
>それも原因で離れたのですが

この捉え方もまんざらはずれてはいないですよ、
悪霊といえども全ては自分の中にその原因がありますから、
アストラルの悪霊を自分の内面に潜む者が呼び寄せるのです。

どちらにしても、自分の中の者との戦いです。

聖書に関しては、マタイ、マルコ、ルカ、
ヨハネの四つの福音書だけ読めば他は無視していいと思います。

これらの聖典を毎日かかさず、少しずつ繰り返し繰り返し読むことです。

高次元の手掛かりに少しずつでも触れてなければ、次元上昇は無理ですから。

161 実践マン :2013/10/21(月) 19:17:56
石ころと同じように自分を低くする意識を持つように心がけてから、自己嫌悪を抜け出ることができるようになってきました。

自分の立ち位置が高いせいで、自分で自分をいかに苦しめていたのかが分かりました。

立ち位置が高くなっていることに気がついては、低くすることを繰り返しています。

この掲示板でも、私はもっとも実践が出来ていないと思います。それで良かったと思いました。

立ち位置が低い状態が当たり前になりたいです。頑張ります。

ありがとうございました。

162 ラピ。 :2013/10/21(月) 22:44:06
☆実践マンたん

うん、うん。

私も「自分を捨てて」で実践してるほうが「楽」でした。
実践を遮るものがなかった。

それに気づいたのは「自分を捨てて」を一時期やめて
「自分を大切に」をやりだしてから。

いろんな思いに縛られてしまうことが多くなってしまった。

「下から」は本当に最高の奥義だと思います。

実践マンたんの清き道、これからも応援しています!

163 実践マン :2013/10/22(火) 04:47:10
ラピ。先生

ありがとうございます^ ^
はい!楽です。

今は夜で音をたてたり、明かりをつけることができないので、「神様から借りてるこの身体に、目一杯空気を送ろう!」なんていう簡単な目標です。
でも、全然できません。笑っちゃうくらいです。

エゴの波がザブザブ襲ってきます。
早寝早起きがいいのにって思います。
でも、私はもっとも下手なんだから仕方ないと思って楽になります。

眠れるまで、エゴとの戦いです^ ^

164 ゆうこ :2013/10/22(火) 08:58:35
皆さまおはようございます(#^.^#)
実践マンさん同様、私も最近眠りが浅いのですが
今日は休みなんで、昨夜は気がねなく悶々しました^^;

日々、無心の時間が増え
比例して体はずっと動いて汗して疲れている気がするのですが
昼間押さえつけられたジガが反発したり、
脳内整理的にいろんな確認事項が浮かんであまり眠れないです。

接客業で細かなな内部連携のある仕事がら
忙しい日は分刻みなんですが
その中で「下から感謝」「滅私」という言葉を浮かべて
ジガのおしゃべりを止めやすくなった半面
うっかり物忘れやボンミスが続き
年齢的な物忘れもあると思いつつも反省して気を引き締めてます。

あと、毎日1ページ程度ですが
ブッダの言葉にある『実践者とはどういう者か』読み
中でも【物に固執しない】という言葉と年末大掃除がかみあったので
数日前から帰宅後は家中の大掃除をはじめました。

本棚にある、これまでの私の思考遍歴と嗜好に関して
ちょっと悩みつつ大量の本を処分中です。
好きな写真集や前職の資料に関しても

---前にも、後にも、中間にも、一物をも所有せず、
無一物で、何ものをも執著して取りおさえることの無い人、
──かれをわれは<バラモン>と呼ぶ----

という一文に照らして悩み中・・

思考遍歴にあたる本に関してはこだわりなく処分できてスッキリしてます!

これから私が読む本はブッダと聖書の2冊だけです。
これまでの○○法や現生の人の体験談はすべて処分しました。

夢の中でも、古い知人に笑顔で答える自分を見ました。

「今は生きてる意味がはっきりしたからシンプルだし集中してるよ」と言ってました。

165 ゆうこ :2013/10/22(火) 09:41:01
もうひとつ、ご報告です。

ラピさんにメールでアドバイス頂いていた社内の人間関係について
良い進展があり、お返事したところだったのですが
(らぴさん、その節はありがとうございましたm(__)m)
先日、その人が家の事情で退職する事になったんです。

せっかく発展的な関係になると思っていたのですが
師匠が前に書かれていたように
周りが変化するというのはこういう事かとも思いました。

ただ、欠員が出る分、さらに繁忙になります。
そこは、ジガを砕く良い波が来るととらえて感謝しています。
>激流の相手はただ自らと同化している悪魔だけ
と思えば、他人の動向は二位の次です。

そんな感じで、
この世に生きる目的はジガを削ぐためだとはっきりしたおかげで
起こりうる難関をありがたく受ける心になれて
だいぶ平静です。


無一物でOK,という境地まで行ってませんが
目指してる姿と照らすと、やるべき事はシンプルに見えます。

あと気付いた点は
「下から」が難しいのは、
年下や後輩・子供に対する無意識の上から目線の時です。
親に対しても批判が簡単なため、無条件服従が難しい。

その点を下記の師の言葉を参考に改善中です。

>たとえ相手が間違っていて自分が実際は正しくても、
まず相手が正しくて自分が違うのだ、あるいは自分が理解できないだけなのだ、
最悪保留と言うスタンスを取りながらも、
自分は相手の言うのとは違うと言う内面の声の方を殺すのです。
そもそも、内容が正しかろうが正しくなかろうが、
内面の声そのものが悟った者のそれではないのですから。

>自分に対してエゴをふるってくれるその振るわれたエゴに対抗せず、
従順に接する事によって、エゴは落ちる

・・・まだ頭の理解で、消化して身になるところまでには至っていませんが
これまで知らなかった対処法なので
「なるほど」と思いながら実践開始中です。


昨日、大掃除で出てきた赤ちゃんの頃の自分の写真や
スーパーでぐずる赤ちゃんに手こずる母親の姿を見て感じた事もあります。

感情そのままをぶつけて
親のエゴを封じる機会を与えて実は親を育てている赤ちゃんのように
この世の役割はその時々で与えられているなあという事です。

赤ちゃんだった自分も今の自分も、
ただの役割と思えば、

日々の至らなさを自己嫌悪や自責でつめてくるジガに対して
「おまえは【私】ではない」と距離が持てる気がします。

いつか過去のアルバムさえ捨てる境地になるのかわかりませんが
過去と未来にとらわれず、今日は大掃除に集中します!

166 monica :2013/10/22(火) 12:24:54
皆様、いつもありがとうございます。
こちらへ伺うと、実践を怠ることなく続けていくのだ
と新たな決意がでてくるので、とても有り難く思っています。

小さい報告なのですが聞いてください。
私は音楽好きで一日中よく聞いていましたが、実践に必要ないと思ったので
最近これを止めました。必要ないと思った理由は、音楽の世界に入り現実逃避
していると思ったからです。
(因みに、らぴ。さん TK師匠は音楽はどの様に聞こえていらっしゃるのですか?)

それとたまにですが、実践しながら寝ると実践のなかで起きるときがあります。不思議です・・・

167 TK :2013/10/22(火) 20:29:42
なんかみなさん凄いですね。

私の吐き捨てた言葉の中からしっかりとポイントの部分を見逃さずに捕まえていられます。

確かに、巷のその辺では得られない情報もあると思います。

以前も掲示板の私の言葉を人がご自身のサイトに拾っていかれて語録のようなものが出来たりしてましたが、
その辺はご自由にしていただいて構いません。

>私は音楽好きで一日中よく聞いていましたが、実践に必要ないと思ったので
>最近これを止めました。

ワクワク段階の人は、音楽好きなら音楽好きで大いに聞いても良いと思います。

激流段階の実践を厳密に本格的にやると音楽は聞けない事になります。

激流を渡って彼岸にたどり着いてしまえば、
情報に汚される事がなくなりますから、
その辺は聞こうが聞くまいがどちらでも自在です。

>(因みに、らぴ。さん TK師匠は音楽はどの様に聞こえていらっしゃるのですか?)


最近は歌の下手な歌手の方も沢山いるようですから、
下手な人の歌は下手に聞こえるし、上手な人の歌は上手に聞こえるし。

ただ、下手な歌だから耳障りという事ではありません。

ありのままに聞こえてくるみたいな感じでしょうか。

いつか聞いた、警察音楽隊のブラスは下手でした。

この前路上で演奏していた和太鼓のグループは良かったです。

これは音楽の演奏に限らずの事ですが、スポーツ観戦にしろ、
演奏の鑑賞にしろ、一生懸命にそれに取り組んでいる姿に接するのは、
良いですね。

いつかテレビで見たクラッシックの秋川雅史さんも良かった。

やっている人とと、
演奏なりが分離が無く一つになっているような感じでしょうか。

運転中の車の中とかで音楽が鳴ってる時は鳴ってるのですが、
無音の事も結構あって、実際はどちらでも良いです。

音があろうと無かろうと、どちらがどうというものでもないですね。

昔自分が好きそうな音楽が鳴っていても、昔みたいな風ではありません。

168 ラピ。 :2013/10/22(火) 22:00:46
みなさま、こんばんは〜!
みなさま ほんと実践を頑張られているようですね。

あ、もちろん、私の言葉ももしご参考になるようでしたら
どうぞ持っていってくださいね。

☆ゆうこたん

私も周りが変化していくのを実践中、経験してます。

ゆうこたんが書かれているように
どんなこともチャンスだよね!

うん。やるべきことはシンプルです。

いつも応援しています!!


☆monicaたん

私の場合も、実践中は音楽を聴くときはありませんでした。
そしてひたすら実践でした!
私のかつてのニックネームのひとつが「修行僧」です。(笑)

これからも応援しています!

音楽がどのように聞こえているか、についてですが
師も言われている通り、そのまま聞こえます。

「聞く」という動作なしで「聞こえる」という感じです。


昨日、けりーさんからメッセージをいただきました。
掲示板に載せてもいいとのことですので
転記させていただきますね。

169 けりー :2013/10/22(火) 22:24:12
ラピさんにメールをしてから、さらに読み進めていきましたところ、
ラピさんの表現で言う彼岸に至るにはもっともっと覚悟と実践が必要だ・・・という事に気付いた次第です・・・

悟り・・とかでなく、私はただひたすら魂を成長させたくて、今生どこまで自分が本当の自分(ここでは神ですか?)に至れるのか、
その本気度はラピさんと比較はできませんが、自分の中では来世は生まれ変わらない気持ちで取り組んでいます。

きっかけは、自信をもって生きていたのに、その生き方、思考、すべてのことが違うんじゃないかと感じたことから探求の道に入りました。

初めて私が導かれた本で一番心に響いたのは、世俗にいて何をするにも目覚めていなさい・・・でした。

試行錯誤でしたが、至ってからのラピさんが手を動かすにも意識を持っていかなくては動かせない、それと同じ次元の事が書かれてあったのですね。
実際に至ってる方は回りにはいないので、それがどんな状態になるかは、自分の想像でしかなく、こんな感じと思ってた私はラピさんのブログを見て驚愕しました!
甘い!なんて私は怠惰だったのだろう・・・と・・

探求を始めた頃は、おもに甘えが出やすい家族が対象でした。
家族にはほんとに感謝です・・私のやり方は、いままでの人生で付けてきたであろう思考や価値観で行動してきた自分と、
その行動が本当に魂からの事なのか、をよく観察しながら生活していました。

そして、いらない価値観だと思った事は、そうしなきゃ生きてこれなかった自分を受け入れ、もういらないと誓い、行動を変えることでした。

もちろん誤作動も沢山ありました。本当の思いが本当ではなく、欲に絡まれているのに、これが本当だ!としてみたり・・・
でもそれをすると、必ずいつまでも心に残り、同じ出来事がやってくる・・それで気付くとまた仕切りなおし・・・と地味に根気よく、15年以上になりますか・・・
クリア出来た時には、同じような出来事で引っ掛かる事もなくなりますし、会話にすら上がってこない・・今では何で引っ掛かっていたのか忘れてしまった事さえあります。

そうした繰り返しで、楽チンの私になりました。
もちろんそれだけではなく、身体も気が滞ることないようにケアしてきましたし、意識が広がり全体に溶けて消えていきそうになり、
恐怖で戻ってきた事、その時一番感じた事は、
溶けていく事に心地よく思ってる意識と溶ける恐怖を持ってる意識とそれを認識してる意識があるんだ〜ということでした。

楽になる時には必ず夢で確認する等など・・・でもそれは一時の現象でしかないので引っ掛からないよう、また日常に戻る。
人に逢いたくなくなった時、何もする気がなくなったときも数年・・・

そして今は自分の気持ちも揺れることもなく、日常を淡々とこなし、非常時も私が出来る事を淡々とし、
特に何かをしたいという欲もなく、淡々と毎日を送っています。

もちろん友人とのイベントだったり、綺麗な物をみたり、買い物だって、楽しくて出来ることに感謝です。
子供の成長も微笑ましい毎日ですが、私の成長はここまでなのか・・・何かやらなくてはいけないことがあるのか・・・
ラピさんのブログでこれは悪魔のささやきですね・・・私の言い方では、付けられてきたであろう思考の私=嘘の私の思い

(続きます)

170 けりー :2013/10/22(火) 22:25:10
(169の続きです)

探求を始める前の私は、人の為にする事を意識なく、していました。
しかしそれがホントに人の為なのか分からなくなり、その行為を意識的にストップして、本当に人の為と思えることだけにしていきました。
ここでは人間関係が総崩れです・・・失う恐怖をかかえながら勇気を持って一人一人に真摯に向き合う事で、その人その人の今の拘り、状態がわかるようになり、
その人に合わせて手を貸せるようになり、またそこに意識を集中せずとも、なんなくしてる・・・そして案外そんな時ほど人は有難いと言う・・・
言われて嬉しいときもあったけど、今はあ〜そうなのね・・・くらいです。

私の友人たちは成長したい意識を持っていて、シェアし合える仲間でもありますが
(同じ事をしてるわけではなく、尊重しあい、指摘もするみたいな・・・なんでも話せる友人です)
ここ数年は、今まで夜中までつきる事なく精神的な事を話していたのに、どうでもよくなっちゃったんです・・・

あ〜貴方は今、そこに拘りをもって、乗越えようとしてるのね。頑張って・・・と心の中で思ってもいないかな〜。
正直あ〜そうなんだ・・・って感じですが、人と会うとき、何かをする時、今からするぞ!と覚悟しないと出来ません。

会話もその人の位置で会話をしてる感じです。演技者です。だから平気で心にもない事を話しています。
・・・が穏やかに過ごしてるので、いいのだと思っています。
もしそれが道に外れている事なら必ず事は起こるのですから・・・でも何もありません。私から話すこともなくなり聞き役です。
私が話す場所がみんなには通じなく、知りたい事を知る人もないからです。全部とはいいませんが・・

ある時は、アンパンマンの歌に号泣し、ある時は急に雨にも負けず・・・の詩が浮かび号泣し、
ある時はフランチェスコの祈りに号泣し、一時期は願ったものでした・・・
理解されるより理解する者になりたい、神様の道具となりたい・・と。
マザーテレサは実は寄付を集める経営にもシビアと聞きその覚悟に感服したり・・・

今は妻であり、母であり、嫁であり、習い物を教える仕事をしていますが、
この先も起きてくる出来事に向き合い大切に感謝して生きていけば、成長するのだろうか・・・と疑問です。

彼岸に至ったのちは涅槃とかかれてありましたが、もしかするとそれはご臨終ですか?
彼岸に辿り着いた世界は、やはり淡々と過ごしているのでしょうか?

神と一体化してる=自分がしてる事が神がしてる事。自分は消えますよね。我神なりですよね?

長くなりましたが、最近の私は怠惰でした。昔ほど意識するのをやめてました。
というのは、何も引っ掛からなくなったし、現実起こす事でトラブルもないので、
意識しないでやってる私は本当の自分とほとんど一体になってるから・・・と思ったからなんでしょうね。
言葉にするとこんなかんじです。

でも違いました。ラピさんに聞くまでも無く、自分の居る場所が・・・居るんです!しっかりと!

今からでも、徹底的に意識すること・・・ただ私が意識していた方法とラピさんがしていたのとは明らかに違いますね。
ラピさんの意識の仕方でしてみると共に、私の生活は淡々と・・・でしたが、喜んで!に変え、
TK師匠のワクワクよりも奉仕の心で・・・を意識していこうとおもいます。

(わくわく、世界の祈りに進んだ友人がいます。いつも幸せ!ありがとう!と言ってるのですが、
ちっとも幸せそうに見えませんし、何より手元が疎かで、話を聞くたび違和感でありました。
今はそっちの道もあるのね・・・と思いますが私の道ではないと確実におもいます。)

こんな私に何かアト゛ハ゛イスして頂けると嬉しいです。
(身体の為にやる事はありますか?やる事がありますか?と聞いてる私が情けないです。早く消え去りたい=究極の自我=起爆剤!)
長いことお付き合い下さってありがとうございます!

171 ラピ。 :2013/10/23(水) 00:05:25
☆けりーさん

けりーさんのメッセージを読ませていただきました。

今まで道を歩いてきたのですね。

>意識が広がり全体に溶けて消えていきそうになり、
>恐怖で戻ってきた事、


質問です。

この消えそうになった経験はどんな時に起こりましたか?
なにかきっかけとかはありましたか?

172 TK :2013/10/23(水) 07:08:10
けりーさん

>初めて私が導かれた本で一番心に響いたのは、
>世俗にいて何をするにも目覚めていなさい・・・でした。

まず、ワクワクの道を精一杯やらない人は次には進めません。

世俗にいて、目覚めている、これはワクワクの道だと思います。

この次の段階として激流の道がありますが、これは、独りで歩む道になります。

誰でも、激流の道に飛び込めるものでは無いと私は思っています。

ラピ。さんも色々な人に接してみて、それをまざまざと感じている事と思いますが。

激流の道は、世俗感情一切放棄の道です。

すなわち、
人の世にいながら誰に対しての依存心のようなものも捨てて一人で生きる道です。

導師の実践者に対する立ち位置は非常に微妙なものが要求されます。

人になずむ事をよしとするうちは、この道には入れません。

私なども、この時期知人との縁も絶って実践せざる得なかったです。

一般的に言って孤独と言われる状態に持っていく必要性があります。

例えば学校とかでクラスに何人も人がいてもポツンと一人で居る人とかいますよね、
このようなポジションで居る必要があるのです。

世俗感情一切ならないと言うのがこの激流の道ですから、
緩流では無いので、本当に勘違いしないで下さい。

多くの人は、ワクワクの実践こそが必要なのです、
それで駄目になったと言う人が激流に進む資格を有する人です。

この激流に飛び込む人と言うのは精一杯色々やってきて、
ついに何やってもダメでどん詰まりだと言う人なので、
この激流の道を歩くことが出来るのです。

ここは誰にでも開かれている道ではありません。

ですから、イエスの聖書も、
釈迦の教えもターゲットが激流段階の人向けの内容なので、
実際は一般に合うものでは無いと思います。

マタイの福音書 7章13-14
>狭い門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。
>そして、そこから入って行く者が多いのです。
>いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見いだす者はまれです。

173 :2013/10/23(水) 10:18:06
ご返答ありがとうございます。

>意識が広がり全体に溶けて消えていきそうになり、
>恐怖で戻ってきた事、

当時、ボディーワーク、瞑想等も沢山していて、その時の体験です。
ボディーワークの時は身体の声を聞こうという意識になりました。
深く入っていった時です。ミクロの世界にアクセスしてたのにマクロになってしまった・・・みたいな・・・
その時探求の扉の前にやっと立ったねと言われました。
その時から比べたらとても成長してると思うのですが、この扉はまだ開けられもしてない・・・と思いました。

世俗にいて、目覚めている、これはワクワクの道だと思います。

はい。そうですね。気付きました。


一般的に言って孤独と言われる状態に持っていく必要性があります。

みんなの中にいても、依存心もなくなり、外側からみたら群れてるようでも意識はそこに居るだけで
十分独りを感じていて、そこには何も引っ掛かりはなくなりました。そこは大丈夫だと思います。

激流の道は、世俗感情一切放棄の道です。

そのようですね

環境は変えず飛び込むことは難しいのですか?
環境を変えずに飛び込んだら、日常ままならなくなるだろうとは想像できます。
それが、ラピさんが短期間だからといってそうではなく、何年もかかる人、途中で挫折する人、
さまざまで、でも、彼岸に至る人は、それだけの実践を積み、本当に覚悟をもった人でないと、無理。
そして、そんな人は稀。

私が甘すぎました。実践も本気で取り組み、自分の本気度がどれだけのものか、仕切りなおしてきます。

いつになるかはわかりませんが、激流に飛び込む準備ができたら、またここにこさせて頂きます。

頭をがつんと殴られた感じです。こうしてられない・・・らぴさん、TK様、ありがとうございました!

感謝!

最後にひとつだけ・・・悟る時には先行く存在が必要だとよく聞きます。激流に乗る覚悟をしてから・・と記しましたが
その間、どーしても行き詰った時には来させて下さい

174 monica :2013/10/23(水) 12:06:09
TK師匠さま、ラピ。さま
丁寧なお返事ありがとうございました。
実践を友として生きていきます。
やはり私には、この道しかないです。
ありがとうございました。

175 実践マン :2013/10/23(水) 12:56:45
こんにちは。
昨夜のエゴとの戦いで思ったことです。

誰かが嘘をついたら、その嘘を真実と思います。
誰かが隠し事をしたら、その事実は無かったことにします。
誰かが自身を大きくキレイに偽るなら、その人を大きくキレイな人だと思うようにします。

今の私にとっての従順のあり方です。
そう考えを切り替えたら、人を裁かずにすみ、楽になりました。

176 TK :2013/10/23(水) 18:34:15
けりーさん

>>一般的に言って孤独と言われる状態に持っていく必要性があります。
>
>みんなの中にいても、依存心もなくなり、
>外側からみたら群れてるようでも意識はそこに居るだけで十分独りを感じていて、
>そこには何も引っ掛かりはなくなりました。そこは大丈夫だと思います。

これをあなたが本格的にやったら、周りの人の方から付き合いを切られていきます。

つまり、あなたは本格的にはやれてません、まず、
悟った者の目でみた本格的というのはあなたの想像以上のものなのです。

>環境は変えず飛び込むことは難しいのですか?

これも何度も言う言葉ですが、このままの環境でやるから、
出家以上に激流になるのです。

出家と言えば、かの有名な何とか教の人たちをネット上で何人も見ましたが、
私の所まで至れている人など居ませんでした。

ニセの成就の印可を与えられて、人に教えを説いている、
このような状況を目にしました。

>私が甘すぎました。実践も本気で取り組み、自分の本気度がどれだけのものか、仕切りなおしてきます。

まだ、やり残したことがあると思うのなら精一杯それをやって下さい。

それでもやればやった分此の岸のままで幸せを手に入れられます。

私の場合はそれ以上どうしても進めなくなったのです。

>いつになるかはわかりませんが、激流に飛び込む準備ができたら、
>またここにこさせて頂きます。

その時には私はここにいないかもしれませんが、
あなたが激流を渡る定めを負った人であれば道はどんな形ででも開かれると思います。

彼岸に渡らずとも此の岸で充分に幸せは手に入れられますから、
あえて彼岸に渡らなくても大丈夫ですよ。

177 TK :2013/10/23(水) 18:53:15
>誰かが嘘をついたら、その嘘を真実と思います。

凄いですね、それは本当の実践方法です。

ウソをつく者のウソを見破ってはならないと言うのが真実の実践法です。

しかし、これは当然危険と背中合わせの実践法ですから、あえて私は明かしませんでした。

子供だましと言う言葉がありますが、子供は純粋だから騙されやすいという意味です。

イエスの教えの通りの実践は紛れも無くそのとおりなのです。

マタイの福音書 18章2-3
>そこで、イエスは小さい子どもを呼び寄せ、彼らの真ん中に立たせて、
>
>言われた。「まことに、あながたがに告げます。
>あなたがたも悔い改めて子どもたちのようにならない限り、決して天の御国には、入れません。


しかし、よく気がつきましたね。

178 実践マン :2013/10/23(水) 20:44:05
TK先生

ありがとうございます。

はい、先生がお話されていた実践をしたいと思いました。
自分を低くするだけではなく、人々を神のように尊敬するために、そう考えるのがいいと思いました。
聖書は読んでいますが、残念なことにちっとも意味がわかりません。
そういう意味だったんですね。
先生と出会えて本当によかったです。
1人では全く気がつけませんでした。

たとえ危険な目にあっても、そこに自分がいないことが、とても嬉しいです。停滞はイヤです。
実践、頑張ります。

179 ラピ。 :2013/10/23(水) 22:50:14
☆けりーさん

>意識が広がり全体に溶けて消えていきそうになり、
>恐怖で戻ってきた事、

私も一瞬消えかけた経験をしています。
第2の実践の時、実践の最後は一気に闇になりました。

この時に経験した闇は
今でもどうやっても表現することができません。
(闇とも違うのですが、とりあえず闇と表現しています)

ちなみにその時は消えそうになるのが怖かったです。
だから消えないよう、抵抗していました。

でもその実践そのものが あるものの消滅だったので
消えることに抵抗しようとしても、実践し続ければ
消えてしまいます。

その当時はその実践があるものの消滅であることに
気づいていませんでした。
消えることについても、
それがどういうことかわかっていませんでした。

でもだからこそ実践を決して辞めず
でも、消えることに抵抗していたのですね。

、、、ま、大変な状況だったのです。
(、、、そしてこの時は至れず、、、、)

でもこのかつての経験が役に立ちました。

新たなる実践中、
かつての闇を経験したときと似たような状態が来たとき
「これだ!」と思い、その状態に飛び込みました。

そして至ることができました。

かつての経験があったからこそチャンスを逃しませんでした。

ちょっと抽象的な表現になってしまいますが
こんな感じです。


>環境は変えず飛び込むことは難しいのですか?

私の実践は「今すぐやれ!」がモットーだったので
環境を変えることなく、どんな時もすぐに実践でした。

この日常、チャンスがいっぱいあります。

今できなくていつできるの?というモットーもありました。

そして実践とともに、仕事や家事もちゃんとしていました。
「やれるからやれ!」と自分に言い聞かせて
こなしていました。

もちろん、体がうまく動かなかったときも
日常、しなければならないことはきちんとしていました。

がんばりました。

どんな条件でも喜んで実践することが
大切だと思います。

大変な時こそ、チャンスです。

けりーさん、応援しています。

どうぞ、なにかありましたらまた書き込みくださいね!

180 ラピ。 :2013/10/23(水) 22:51:48
☆実践マンたん

ちゃんと実践してるからこその気づきですね。

これからも応援しています!

181 ラピ。 :2013/10/23(水) 23:41:22
みなさま、こんばんは!

昔からのブログ仲間のヤッズ★さんが
この掲示板を見に来てくれて
それについて記事を書いてくれました!

煩悩くん フルスロットル

http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2661.html

すばらしい記事だと思います!

@(*・ω・*)ポッ

182 ちえ :2013/10/24(木) 10:05:50
こんにちわ。悟りを目指していない人、絶対的な幸せを求めていない人で、
でも冷やかしたいわけでもなく、ただその原動力がないだけで、
何かを目指している人に興味がある人は、
どこに書き込めばいいですか?

183 ぽにょ :2013/10/24(木) 19:19:06
TK師、らぴ先生、みなさまお久しぶりです。

実践ができている。と、いうよりかは毎日恐怖心との戦いです。(それは体感的なものだったり)

経済的に困窮しても、お金について怖がっている私は本当の恐さから目を背けたいだけだからだ、などの気付きもありました。

恐れに飛び込み現実は動いていますが、思ってた方向には進まず、です。

私自身、悟る、ことについての憧れやこだわりが取れていくような気がしています。が、それが元々持っている敗北感と結びついていないかチェックしながら。
そして自尊心を持つということと下から在る、ということが私にはまだ全然わかっていないようです。

私はずっとフィギュアスケートの浅田真央が好きなのですが、彼女は『小さな時から子犬のように機嫌の悪いことが全然無かった』と聞いて衝撃を受けました。
そして私自身そうあるように心掛けています。怖くても笑う、そんな感じです。

184 TK :2013/10/24(木) 19:27:35
ぽにょさん

>経済的に困窮しても、
>お金について怖がっている私は本当の恐さから目を背けたいだけだからだ、
>などの気付きもありました。

あなたは、ほとんどまともな実践にはなっていないですね。

人でも書籍でもいいですから、常に高次元の手掛かりに触れていなければ、
歩める道ではありませんから。

185 ラピ。 :2013/10/24(木) 22:16:42
☆ぽにょたん

おお!お久しぶり!
どうしてるかなって思ってましたよ。

もしかしたらぽにょたんは
実践というよりは思考や分析している時間が多いかもしれませんね。

実践はつねに実践であり、
気付きを得たらそれすらも捨てて実践となります。

なぜならこの次元での気づきは
どうやってもこの次元どまりだからです。

ぽにょたんは今、どんな実践をしてるのかな。
常に笑う、怖くても笑う、という感じでいいのかな。

それをどんな時もがんばってね。

本気で実践したいのなら「どんな時も」で
例外はなしですよ。

186 ヤッズ★ :2013/10/25(金) 23:11:02
TKさん、はじめまして!(師の師ということになりますね)
他の方もはじめまして!

ラピ。たん師匠 来たじょ〜(笑)

古くからラピ。さんを知ってる者である故に、TK氏師事後の劇的変化に驚いています。
で、これは本物だとも、、、

そして、その秘密の鍵が「自我の消滅」だったという点にも膝を叩いて納得いたしました。

半田広宣氏のチャネリング存在のオコツトによると、
「これから起こる意識進化は、人間が生きながらにして【死後の世界】へ入っていく
という言い方ができるかもしれません。その意味で言えば人間は不死となります。
そして、それが起きる理由は「自我の消滅」で、
人間は自我の死によって「永遠の生命=真我」に目覚め、
その高次の意識のバイブレーションによって肉体の削除が起きる。」
とまで云っており、肉体の削除が起きるかどうかはさて置き
奇しくも、ラピ。さんが辿った道(自我消滅→真我覚醒【悟り】=彼岸【絶対世界】入り)と同じなのです。

そういえば、以前から不思議に思っていたですが、
ラピ。さんからメールが来る時、「あっ、メール来るな」って感じた瞬間、
やっぱり来ました。しかも何度も(笑)。

此岸の岸辺で何年も意識が佇んでいたとのことでしたが、
だから、あのようなテレパシックなことが出来たのでは?と妙に納得いたしました。

私はバシャールのワクワクも願望実現ワークも「エゴの増大」を招くなぁ、、、
ということで一切やめたという過去があります。
まぁ、それ以前になかなか叶わないという苛立ちもありましたが(笑)
やめてからは、ドラム式洗濯機の当選、、、等、よく叶いました。

このスレでロバーツの話が出ていて、昔、書いた記事(209年)のことを思い出しまして
読み返してみたところ、現在の私とあまり変化ないことが分かりました(滝汗)。
やはり、私もずっと佇んだままなのでしょう。

■熱視線
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-1155.html

この記事で書いたことすら忘れていましたが、
ロバーツの意識は「主体と様々な客体」(プレアデス)から「主体・客体の統合」(シリウス)、
更に先の「主体・その間・客体」(オリオン)という先の意識まで到達していますね。
掲示板で書かれている通りです。

これが聖書でいう

「汝はプレアデスの鎖を結ぶことができるのか?
オリオンの綱を解くことができるのか?」
(ヨブ記38章31節)

のことだと睨んでいます。

こういった知識だけは半端なく持っているのですが、
ラピ。さんや他の方のような神秘体験など微塵もなく全て耳年増的な知識ばかり。
(1回半、対外離脱体験があるだけです)

このように、まだまだ此岸という「相対世界」で彼岸を睨みながら憧れて佇んでいる者ではありますが、
人間の意識進化の先はコッチ方向で間違いないと確信しています。

今回、ラピ。さんに私の目になって貰う件、快く(?)了解して頂き、
早速「真我の目覚めより、エゴ消滅の方が先」とアドバイス頂戴いたしました。
(※何がエゴなのかよく分からないので、ちょとだけ真我に起きて貰おうかなと思っていた次第)

言われるまま、自我との葛藤という激流に飛び込む覚悟は出来ましたが、
仕事上で「あっ、コレ後回しにしたいなぁ、、、」と思うエゴに対して
ならば先にやってしまおうという感じで現在対処中でますが、
大体、勝ってしまいます。(エゴ負け)
勝てる戦いしかしていないのかもしれません。

で、今、この「激流」というものを自ら起こせないところで膠着状態。
何かアドバイスなどありましたら、御教示下されば幸いです。

187 TK :2013/10/26(土) 00:23:22
ヤッズ★さん
>TKさん、はじめまして!

はじめまして。

要点を捕まえた、なかなか素晴らしい記事でしたよ。

>半田広宣氏のチャネリング存在のオコツトによると、
>「これから起こる意識進化は、人間が生きながらにして【死後の世界】へ入っていく
>という言い方ができるかもしれません。

ちなみにチャネリングなるものは、決して高次元的情報だとは思っていません。

私はチャネリングを捨てる事を説く者です。

>人間が生きながらにして【死後の世界】へ入っていく

私は死後の世界(かの世)を捨てる方法を説く者です。

なかなかたくましい妄想性ですね。

スッタニパータ13
>走っても疾過ぎることなく、また遅れることもなく、
>「一切のものは虚妄である」と知って迷妄を離れた修行者は、
>この世とかの世とをともに捨て去る。──蛇が脱皮して旧い皮を捨て

去るようなものである。



>人間は自我の死によって「永遠の生命=真我」に目覚め、

この捉え方では、永遠の妄想の世界が待っていると言う所です。


>私はバシャールのワクワクも願望実現ワークも「エゴの増大」を招くなぁ、、、
>ということで一切やめたという過去があります。


激流を渡るには筏が必要ですが、筏はエゴでできていますから、
しっかりした筏(エゴ)が無ければ激流は渡れません。

188 ラピ。 :2013/10/26(土) 07:42:59
☆ヤッズ★さん

ヤッズ★にいたん、ようこそいらっしゃいました。
記事、ほんとお見事でした!
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2661.html

読んでて「うん、うん」と思いました。

私もかなりエゴが強かったのでそれを利用して渡りました。
かつては訳も分からずやっていたのだけど
順番としてはやはり少なくとも2段階必要で
まず、善玉エゴを増大させる実践。

(ちなみにこの善玉エゴは例えば自分の理想に向かって
全てをかけるとか、人のためとか
一般的に言われている「いいこと」を目標にして
精進することによって増幅されたもの。
自分の欲望のまま生きて増幅させるエゴは悪玉エゴで
悟りの道ではかなりの遠回りをすることになります。)

そしてとことん進んだうえで第2の扉が開かれます。

私の第1実践はご存じのとおり
「自分を捨てて喜んでなんでもしよう」でした。

はい、がんばりました。
自分の生き方として当たり前にやってきました。

そしてそれをとことんやりきりましたので
第2の扉が開きました。

ちなみにね、この道は本気で歩くと
「やめよう」などという選択はありません。

「やめよう」という言葉こそが「エゴ」の声なので
それを知っていたら
やめることはできませんね。

なぜならやめること=エゴに負けたこと
になるからです。

ちなみに私は「自分を捨てて」いたので
やめようなんてこれっぽっちも「思いませんでした」

思う自分も捨てていた。

そして自分のやってることに疑問を持たず、
「そうあるべきだ」という理想、信念のもと
とことんしていたからです。

にいたん、この道は本気で歩けば厳しいかもですが
本当にこの道が必要な人は
厳しいとも「思わず」、歩きます。

なぜなら「この道」しかないからです。

そう思える人がくじけず何も言われなくても
もう歩いてしまっています。

かつての私を知っているにいたんなら感じてたかもしれません。

「もっと楽に生きたらいいのに」

でも私はどうしてもそれが選択できませんでした。
というか、そんな選択肢がなかった。

偽りの楽はいらなかった。
続かない楽で私をごまかすことはできませんでした。

普通に生きていたら楽しいこともあるし、そうでないときもある。

でも私は絶対的幸せが欲しかったから
たまに来る幸せすらも捨てたのです。

そんなものいらない、と。

そして捨て続けて、激流を渡り、渡り切りました。

そして今、とても楽に生きています。

今は偽りの楽ではなくて
楽とかそうでないとか、そういうものを超えたものです。

本当に絶対的幸せはあったんだな、って思いました。

厳しいことを書いちゃったかな?(笑)

にいたん、応援していますよ!

@(*・ω・*)ポッ

189 ヤッズ★ :2013/10/26(土) 09:07:26
祖師、師、貴重なるアドバイスありがとうございます!

オコツト情報や他の情報も、
神秘体験の無さを補完するものとしてガムシャラに取り入れていました。
ただ、これらもエゴの欲を満たすだけのものであり、
エゴの理論武装化を増長していますね。

しかも激流を渡る場合には、その重さで沈んでしまうかもです。
実践者にとって害になることはあっても益にはならないですね。

彼岸(絶対世界)に至ることは、エゴの容器に満充満に充填されたものからの離別でもあり、
かき集めた情報を封印、、、いや捨て去ることにしました。
ここで紹介された最小限の聖典に置き換えてみます。


>激流を渡るには筏が必要ですが、筏はエゴでできていますから、
>しっかりした筏(エゴ)が無ければ激流は渡れません。

>順番としてはやはり少なくとも2段階必要で
>まず、善玉エゴを増大させる実践。

善玉エゴとして「ワクワク」を復活させます。
聖地(絶対的幸せ)奪回に向け「全軍出撃!」という感じでワクワクさせます。


>この道は本気で歩けば厳しいかもですが
>本当にこの道が必要な人は
>厳しいとも「思わず」、歩きます。

この実践の継続力の無さは最大の課題です(汗)。
私をよく知るラピ。さん故に完全に見通されていますね。
ラピ。さんの「修行僧」並のトコトン振りを長年傍目から見ている為、
「こりゃ〜半端なく大変な道だなぁ、、、」だとは感じてます。
で、「ワクワク」がその継続を後押しするというわけですね。


>厳しいことを書いちゃったかな?(笑)

いえいえ強烈なビンタが無ければ、目は覚めないものです。
悪玉エゴや妄想で九尾妖狐化した時など遠慮なく蹴りを入れて下さい。

190 TK :2013/10/26(土) 17:38:44
ヤッズ★さん

実践には段階があります。

まずは人間対人間の世界で善を追及するという事。

当然戦いもありで、
出来るだけ高い理想を持ちそれの実現に向けて精一杯生きるという事です。

よく、人生哲学とか色々と言いますが、
実は至った我々には一切の哲学なるものはありませんが、
それは至った時には望まずともそのようになる訳で、
ここに向かうためには人生哲学なり理想なりの拠り所が必要なのです。

まず、拠り所の無い人のエゴは散漫な状態にありますが、
第一段階として、エゴにしっかりとした正しい方向性を持たせて進んでいくのです、
この段階ではエゴを強めれば強めるほど、
前へ進んでいけます。

充実感に満ちて幸せな気分も味わえます。

行きどまる事さえなければこの生き方で一生を貫いても充分だと思います。

確かバーナーデッド・ロバーツもエゴは決して悪いものでは無いと言う説明をしていたように思います。

所が精一杯やっても途中までは確かによかったのに、
どのようにエゴを強めようとそれより先に自分の持つ理想通りには進めない状況がやってきます。

それは、バシャールなどとこの地球は違う特性だからですよ、つまり、
「思いが実現しにくい」と言う特性がこの地球にはあるのです。

これこそが、バシャールなどの低次元を遥かに超えた高次元にアセンション出来る、
またとないこの地球の特性なのです。

つまり、
この地球のような「思いの実現しにくい」環境がなかったら我々の言う第2次実践の段階には進めないと言うわけです。

生きている内に、ワクワクを超えたこの段階に進める事が最良だと思います。

191 けりー :2013/10/27(日) 19:32:49
来てしまいました・・・仕切りなおして来ました!

ここ数日、色々と振り返りました!ラピさん心温かい言葉ありがとうございます!(嬉泣)
TKさま、意地悪なお言葉ありがとうございます!(私がそう思ってるだけなので、私の問題ですが・・)

此の岸でも楽しいですよ・・とおっしゃいました(涙)また彼岸に至るのは考えているよりずっと厳しい・・とも・・

私は今生、私のようなものが、彼岸に至れるとは思ってもいませんでした。
そうゆう意味では、甘く考えていたと思います。

でも、このサイトを見つけ、心が震えました。至った人たちが此処にはいる・・と
目の前が開けていく感じでした。もしかしたら・・・と思うと飛び込んでいきたい気持ちでいっぱいです。
(至る前のラピさんのブログだけでしたら、心惹かれる事は絶対なかったと思います。m(__)m
でも、至ってからの言葉ひとつひとつが魅力でした)

何しろ私は自己流なので、段階を踏んできちんと実践されているのか分かりません。
私がしてきた事、なるべくまとめて書きます。判断していただけないでしょうか!

若かりし頃から子育て前半まで、私は正しい!人の為にする!をしてきましたが、
うまく回らなくなってきました。(以前にも少しふれましたが)
何が人の為なのか、子育てをしていて、ほんとは何が正しいのか正しくないのか、
全く分からなくなってしまいました。

そして自分のエゴを徹底的に見ていくことからはじめました。
私の行動のひとつひとつ、言葉の一語一語、エゴを見つけたら、
途中で行動や話すことを止め、気付いた時点で、すぐに修正(こっちの方が善だとおもう方に)
していく事を訓練していきました。
それをしていくと、自然と自分の中に新たな段階が生まれてきます。
エゴは以前ほど意識をしなくても、瞬間分かるようになってきたので、新たなテーマが出てきました。

その間小さな実践は沢山ありますが、ここでは大きなものだけ書きます。
相手を良く理解すること

これは、若い頃から教えられている事なのですが、私の未熟さ故、分かって欲しい!で
今まで歩んできたので、もう卒業!遅ればせながら、理解したい・・という気持ちになり
実践してきたところ、私がびっくりするような態度をしてくる人でも、その人の背景や、初めから
もってる素質のようなものを理解すれば、大抵の事は大丈夫と思うようになり、私の気持ちの中にも
色んな人がいて、本当にそれが当たり前と思うようになったし、そのことを教えてくれた事に本当に
感謝しかないし、赦し・・・という言葉も浮かんできました。
相手も・・・そして何より自分も赦しを乞いたい・・・愛するというテーマもありましたが、
ここでは控えます。
(長くてすみません。続きます)

192 けりー :2013/10/27(日) 19:35:17
そして今続行中で、停滞してるテーマ(ここ数年、こればかりです)人の為に・・です。

これは、私が若い頃にしていて挫折を味わったテーマなので、実践するのが怖くて怖くて
なりませんでした。また独りになる・・・
しかし、思っていれば事はおきてくるのですね、母の病気を機に、知人や友人の大病。

人によって、信頼度、必要性など全く違うし、あまり立ち入っても・・関係性によっては
迷惑・・始めは躊躇して、やらない事も・・(全部エゴの声ですね)
でも行動を変えなきゃ何も始まらない!がモットーになっていたので、次からは色んな事をしていきました。
その人が本当に望んでいる事のお手伝い。

そしてそれは継続をしていますが、プラスさりげなく!(やってる〜感を出さずに、なるべく知られる事無く、
出来ればひっそりと)
もうひとつは求められたら直ぐにやる!(これは関わってる人がご高齢の方も多く、年をとってる人って
待てないんです!言ったら直ぐにやって貰えないとすねちゃうんです!)我慢させるのはもうシンドイ
ですからね。
今は言われたら、もしくは耳に入ったら直ぐにどこでも行きます!やります!お手伝いします!自分の事より
優先します。
そんな状態ですが・・昨年までは、自分の時間がなくなるほどすることがあったのですが今は落ち着いています。
まだ次には至りません。でも本当はちょっと心をよぎっています・・

私の実践はこんな感じで進めて来ました。実践していけば必ず楽になる自分がいましたし、
意識して生きるのが当たり前になっているので、この先もこんな生き方だと思います。
私の生きる喜びはわくわくではないのです。

こんな私ですが、此の岸から飛び込みたいです。
今がそのチャンスかはわかりませんが、進むことしか頭にありません。

TKさま、ラピさん、私は実践できているのでしょうか?それとも全く違うのでしょうか?
どちらにしても、今何をすべきなのか、彼岸に向けて導いていただけないでしょうか?
書籍もほとんど読んでいません。興味の湧いた精神世界の本ぐらいです。

193 ラピ。 :2013/10/28(月) 00:08:24
☆けりーさん

おかえりなさい!

読ませていただきましたよ。

>私が若い頃にしていて挫折を味わったテーマなので、実践するのが怖くて怖くて
なりませんでした。
>また独りになる・・・

ここ、けりーさんの重要ポイントでしょうね。

ちなみに「独り」がなぜ怖いのかな?


今まで確かにけりーさんは頑張ってきたと思います。
きっとそのおかげで いろんなことが意識的にできるようになってきたのでしょう。

ただし、それは此岸レベルのことであって
彼岸からすると「だからどうしたの?」ということになります。
(厳しい言葉かもしれませんが、そうなんです。)

まず、今まで自分が積み重ねてきたことはとりあえず忘れてください。

今の自分を作り上げている がんばったこと、積み重ねてきたこと
そしてそれによって得た知識など
一度リセットしてください。

>プラスさりげなく!(やってる〜感を出さずに、なるべく知られる事無く、
出来ればひっそりと)

これはかつての経験を活かしてのことでしょうか?
それもリセットしてください。

そしてかつて挫折を味わったテーマを
同じようにもう一度実践してください。

けりーさんがかつてやっていた実践なのだから
どんな実践かはけりーさんが一番わかりますね。

もう一度、一からやり直しです。

怖かったのですね。
でもその「怖かった」を彼岸にもっていくことはできません。

「怖い」
その気持ちがあったならば、彼岸を渡ることはできません。

ご存じのとおり、「怖い」というのはエゴの声で
実体のないものです。

単なる出来事に意味づけをしてあれこれ考えて
「怖い」と言っているのです。
そしてその意味づけに反応してしまっているのです。

どうぞ、けりーさんのかつての実践を頑張ってみてください。

あれこれ考えても始まりません。
そもそも、その「考え」こそエゴの声ですから。

「こうなったらどうしよう。ああなったらどうしよう。」

まだ起こっていないことです。

それよりもやってみてください。
思考する時間がないほどに一生懸命。

でもまだいろいろ考えたいのなら十分考えてください。
納得するまでいっぱい 考えてみてください。
決心できるまでとことん考えてください。

ちなみに考えている間は
まだスタートにも立っていません。

まずはスタート地点に立つことから。

決心したら、あとは実践のみ です。

194 TK :2013/10/28(月) 00:28:38
けりーさん

あなたの基本姿勢がまず、全然なってませんが。

>若かりし頃から子育て前半まで、私は正しい!人の為にする!をしてきましたが、
>うまく回らなくなってきました。(以前にも少しふれましたが)
>何が人の為なのか、子育てをしていて、ほんとは何が正しいのか正しくないのか、
>全く分からなくなってしまいました。

ここからあなたは今現在ほとんど成長してませんよ。

>そして自分のエゴを徹底的に見ていくことからはじめました。

全然徹底して見てないですよ、言葉だけですね。

いくら表現でやったんだと言ったところで、あのたのメンタルは、
全然やってないんですけどと証言していますが、丸見えです。

あなたは、まだ、ワクワクの範疇を超えていません。

あなたは一体、高次元のテキストに何を使ったのですか。

あなたはいくらか背伸びをした気分かもしれませんが、
まだワクワクの低次元の実践の範疇を超えていません。

195 salah :2013/10/28(月) 10:20:20
悟りの一瞥を体験してから何かを探す気になれず
いたのですが、最近、一瞥はしたものの、悟りきってはいない
自分に疲れていました
悟りの先にも実践があったということなのですね
淡々と生きることにエゴが残る故疲れていましたが
ここにまた来させていただきたいと思います
ありがとうございます

196 TK :2013/10/28(月) 11:18:27
salahさん

>悟りの一瞥を体験してから何かを探す気になれず
>いたのですが、最近、一瞥はしたものの、悟りきってはいない
>自分に疲れていました

悟りの一瞥を体験したと判断できるのならなぜ人を求めるのですか?

あなたの言う悟りの一瞥と言うのは、人の教え以下なのですか?

だったら、それを悟りの一瞥と言うのはおかしいですよ。

あなたが、悟りの一瞥とまで断言するのなら、
自分の手でそれを確実にするべきです。

あなたの中には、人に対する強い依存心のようなものが確認できます。

それがあるうちは駄目ですよ。

今のあなたに悟りの一瞥と表現できるものがある以上、
私からお話しできることはこれくらいです。

あなたは人を求めすぎるのです。

ラピ。さんも私に会うかなり昔に悟りの一瞥がありましたが、
最終的にはそれを思い出し私の指導では無く自分で進んでいきました。

私はラピ。さんが悟りの一瞥を思い出すまでのお手伝いをしただけなのです。

あなたに対しては、以上です。

197 ラピ。 :2013/10/28(月) 12:21:00
☆salahさん

salahさんは初の書き込みですか?

ようこそいらっしゃいました。

悟りの一瞥ですか。

私もかつて、悟りの一瞥をしましたが
実は師に出会って教えていただくまで
そうであるとは知りませんでした。

その体験はその時点では
「悟りの一瞥」といえるようなものではなかったからです。

まだ悟ってない人が「悟りの状態」をわかるはずもありません。
わかるのであればそれは「悟りの一瞥」ではありません。

その時点で「悟りとはこういうものであろう」
という想像でその体験を「悟りの一瞥(ではないか)」と言われているのだと思います。

言葉に表せない体験です。
どうやっても今でも表せません。

でももし、本当にsalahさんのかつての経験が「悟りの一瞥」であるのなら
そこまで一度は行ったのですよね?

どうやって行ったか、自分自身が覚えていますよね?

その時の感覚がやってきた時がチャンスです。
そのまま進んでください。

でも今は淡々と生きられているようなのでチャンスは来ないでしょうね。

その「悟りの一瞥」の前に激流が必ずあったはずですから。

その一瞥が本物であるなら、ですが。

198 ラピ。 :2013/10/28(月) 12:57:46
あ、余談ですが
「悟りの一瞥」の経験は師匠に会うまでは
ほんとに謎の経験でした。

そしてスピリチュアル始めてから
「悟りってこんなものだろう!」
とブログに書いてました。

本物の体験を「あれはなんだったんだろう?」とずっとわからず
偽の知識を本物であるかのように思ってました。

偽の知識と表現しましたが
そもそも悟ることは「知ったりする」ことではないので、
偽の知識も本物の知識もないんですけどね。

知識は知識、道を歩くときは捨て去るものです。

だからスピリチュアルも
悟りの道を歩くのであれば手放さなければなりません。

経験者がここにいます(笑)

ただ私もスピリチュアル、長いことやってきました。

それのおかげで得たものもあります。
そして確かに楽しかった。

だから十分、満足いくまでズピリチュアル、いいと思います。

でも、更なる次元に行くと決めたから、
私は今まで得た知識を全部捨て去りました。

自分は一番下でいろいろ意見を言える立場ではない。
(師は「大会社の入ったばかりの若い新入社員」の例えで話してくださりました)

私は世界中で一番立場の低い至らない者

この姿勢で始めました。

今までどんな経験をしていても
一からのやり直しです。

@(*・ω・*)ポッ

199 salah :2013/10/28(月) 13:18:27
TKさんラピ。さん
お返事ありがとうございます
TKさんのおっしゃるようにこの世界でなにをしても
ただのあがきです(あがきといっていいか)
あがきに意味もないのですがここに書き込むしか
ほかに方法がないという感じです
TKさんやラピ。さんはあの体験の状態のまま
この肉体を自分と認識してきた世界を過ごして
おられるのではと思ったからです
私が体験した世界は私は私という肉体を超えていました
ラピ。さんのおっしゃるように説明不可です
でもそれは一瞬だったんです
一瞬だったけどあまりにも強烈で
この肉体世界でなにをするのも意味がなくなったんですが
普通の世界が鮮やかに戻ってきた…と申しましょうか
その世界で肉体的には生きるものだと思いまして
でもそれをやってる途中でさまざまなエゴに振り回され
一瞥なんてあったのかというくらいになってしまいました
苦にどっぷりです
私には師がいません
好んで師を持たずにきたのですがお二人に師に
なっていただけるならと思いました
確かにこの世界で人を頼ってもそれは自分のエネルギー世界の
中のことであり、人を頼るの意味がわからないのではありますが…
ラピ。さんのおっしゃるようにその体験があった状態に自分を
持っていくことが意識的にできるかそしてもしそれができた時には
この肉体日常をらくにやり過ごすことができるようになるのか
と思いました
知っているけど基本的には分離してるんだと思います

200 ゆうこ :2013/10/28(月) 17:02:01
こんにちわ。
実践の毎日ですが、今日はかなりの出来事がありました。
先日、「ラピさんにアドバイス頂いて発展的な関係になった」
とご報告した新人部下から

この数カ月、上司として全然できてなかったダメ出しを受けました。

実は、先日のご報告のあと、少し波風がたったため
昨夜は「下から」考えて反省した上で、今日は相手の気持ちを聞いて
さらに謙虚に改善しようと思って話し合ったのですが
そんなもの役に立たず、見たくない自分の弱さをズバリ指摘されました。

恥ずかしいことですが
「とにかく改善したいの」と、不満を聞き出せて
「ごめんなさいね」「これから頑張ります」と、言えたので
これから1から出直しです。新入社員以下の謙虚さと
業務をまとめる工夫を兼ねて頑張るしかありません。

今の会社の前は個人プレーや横つながりの仕事が多かったせいか
年齢に見合った部下を育てる力量が培われていない事に気付かされ残念です。

また、親に対して批判している部分を
そっくりそのまま自分も同じように批判されていることもわかりました。

そんな至らない私ですが、
目的は同化しているダメジガを削ぎ落すことなので
落ち込むヒマなく、砕いて研磨して信頼関係を築くしかないです。
プライドや嫌悪感、自責感など不要です(と、ここに書かせて下さい^^;)

この数カ月標榜していた「感謝」も「下から」も過去のこと
いくらガンバったつもりでも息子と同じ年の子に批判される程度では
甘かったということです。改めてやり直してみます。

ブッダを目標に、実生活上での具体的な改善点も見えたので
あとはやるだけです。
(プライド・ジガや自己嫌悪ジガは、思ったより静かなので
今日は眠れそうです^^;)
ダメな自分を自己憐憫したり正当化して
時間をムダにしないよう気をつけたいと思いますm(__)m

以前なら確実にぐちゃぐちゃ考えそうな局面で
ダメジガを客観視する目線を教えて下さったお二人に感謝をこめて
以上、ご報告でした。長文すみませんm(__)m

201 TK :2013/10/28(月) 18:01:24
salahさん

>TKさんのおっしゃるようにこの世界でなにをしても
>ただのあがきです(あがきといっていいか)


私はそのようなことはここでは語っておりません。
もう一度精読されてから、もの申して下さい。

と言うのも、私のスタンスは全く逆ですから、
「折角肉体をまとって生きているのですからそれを有効に活かして」が私の実践者に対して示す姿勢です。

私自身が、
無駄と思えるこの世界と言う捉え方が真実かどうかを確かめるために自分の命を使った挑戦をしたのです。

>ですから、昔から、人間はより高次元にアセンションする事が良しとされるが、
>反対に天の神々は、
>さらなる高次元にアセンションを果たすためにこの物質世界に転生して思いが
>実現しにくいと言う特性を充分に生かして「思い」からの解脱を果たし、
>より高次元へのアプローチを試みるのだと言われていますね。


>如是語経
>> このように聞いて、ある比丘は世尊に次のように申し上げた。
>> 「尊き師よ、諸天神にとってよい境涯へ往く、と言われるのは、一体いかなることでしょうか。
>>また、尊き師よ、諸天神にとって善い所得を得る、と言われるのはいかなることなのでしょうか。
>>さらに、尊き師よ、諸天神にとって、きちんと安定した、と言われるのは、どのようなことでしょうか」
>>
>> 「比丘たちよ、人間の状態こそが、諸天神にとって善い境涯へ行く、と言われるものである。
>>また、人間となって、
>>真理の体現者が説いた教えと僧団の規定とに信仰を得るならば、これが、
>>比丘たちよ、諸天神にとって善い所得を得る、と言われるものである。



>TKさんやラピ。さんはあの体験の状態のまま
>この肉体を自分と認識してきた世界を過ごして
>おられるのではと思ったからです
>私が体験した世界は私は私という肉体を超えていました
>ラピ。さんのおっしゃるように説明不可です
>でもそれは一瞬だったんです

あなたにとってたかが一瞬、しかし、
ラピ。さんも私もその一瞬で得たものを貴重な大切な経典として、
彼岸に渡ったのです。

あなたにはその「一瞬」がある以上、あなたはもう盲人では無いですよね。

私が相手にしているのは主に盲人なのです。

ちなみに、肉体など、彼岸に渡らずとも此の岸にいるままでも越えられますから、
これがあなたの言う悟りの一瞥を表す説明なのですねと言う話なのです。

あなたの私やラピ。さんの次元を表す説明は、
かなり次元の低い人を表す表現になっています。

202 salah :2013/10/28(月) 18:31:29
ごめんなさい
どこを精読すればいいかはわかってなくて
ただ肉体を持ってして思いからの解脱を果たすの一文は
なるほどとわかった気になりました
説明がへたくそでTKさんやラピ。さんの次元を表す説明が
低くなっていると感じられたのなら申し訳ないです
私の一瞥が一緒だとかそうでないとかの説明をしようと
おもったのではなかったので
でもTKさんがその一瞬を経典にして進んだとのお言葉を
いただき、またラピ。さんがその体験の状態を思い出すように
と前に書いていただいてるので、そのようにしようと思います
悪魔との対話も読んでみます
ありがとうございました

203 TK :2013/10/28(月) 19:18:42
salahさん

>私には師がいません

私同様に聖典などを手掛かりに進んだという事だと思いますが、
あなたの表現する「悟りの一瞥」なる所までこの方法でたどり着いて、
何故にここに来て人に依存しようとするのでしょう。

人からああだこうだ言われるより、
自分のやってきた方法をもっと徹底すればいいと言う結論でいいと思います。

師とする人物を持つ場合、その師に全面信頼しなければならないのですよ、
それがたとえあなたの言う「悟りの一瞥」と食い違う事であったとしてもです。

ですから、私はあなたの悟りの一瞥は人の教え以下なのですかとお尋ねしたのです。

そして私自身、聖典などを拠り所として、
生きている人を拠り所とはしないで来たのです。

しかし、
これは言い方を変えれば全ての生きている人を師として実践したと言う意味なのです。

204 けりー :2013/10/28(月) 19:20:00
ラピさん、TKさん 

>あなたの基本姿勢がまず、全然なってませんが。

全然駄目だったのですね。それがわかっただけでも良かったと思います。

私の実践は、ただのトラウマ解消法だったのかも・・・と頭に浮かびました。
次元が違いました。

>でもまだいろいろ考えたいのなら十分考えてください。
>納得するまでいっぱい 考えてみてください。
>決心できるまでとことん考えてください。

考えてても何も始まりません・・・とモットーにしてたはずなのに、
そちらから見ると何も始まってないって事なんですね。

私のエゴを徹底的に見る作業は、ラピさんの言う、甘い言葉で
エゴを静かにさせてるだけだったのかも・・・

エゴは消滅させていくものなのに・・・

>それよりもやってみてください。
>思考する時間がないほどに一生懸命。

エゴの声を一生懸命拾っていた事をやめ、エゴの声を拾わず、
とにかく思考せず、一から始めてみます。

書籍はここで度々引用されてるものを、読んでみようと思います。
自分のやってる事がわかって良かったです。ありがとうございます!

205 TK :2013/10/28(月) 19:28:29
ゆうこさん

実践者のスタンスがどんなものか、把握されていると判断できました。

これで、潜伏する自我は表面にあぶり出されてきやすくなります。

あとは、状況に応じて巨大な自我が出てきた時が、
またと無い機会と捉えて有効な実践に充てて下さい。

206 TK :2013/10/28(月) 19:40:16
けりーさん

あなたはまだ、ご自身のエゴが見えていません。

見えなければ、エゴへの対処は出来ません。

ちなみに、今書込みのあったゆうこさんは実践者のスタンスが出来てきています。

実践者のスタンスとは、あなたとは違って、
潜伏するエゴを表面に引きずり出す方法なのです。

この実践者のスタンスをとれれば、エゴを見抜く目が無い人でも、
容易に見抜くことが出来るようになるのです。

これらの方法が拠り所とする聖典の中に、載っています。

高次元の手掛かりを常に拠り所としていかなければ、
決して次元上昇は出来ません。

207 salah :2013/10/28(月) 19:48:24
TKさん
あたたかいお言葉本当にありがとうございます
おっしゃる通り今なぜ依存なのかです
日常からいわゆるスピリチュアルのうわごとが消えてしまって(それはいいのですが)
ある意味ただの肉体意識まみれになっていたということです
変に安心しきっていたような…そんな感じでした

自分のやってきた方法を続ける…
悟りの一瞥があった前と同じことを結局は続ける、そのこと以外には
ないのですね(アジャシャンティさんの『あなたの世界の終わり』にも同じ事が書かれていました)
定着した目覚めを体現されてるお二人のことをふとしたことから今日訪れた掲示板で知り
お話お聞きした次第です
ありがとうございました

208 ラピ。 :2013/10/28(月) 20:31:17
☆ゆうこたん

ゆうこたん、すべてがチャンスですね。

>プライドや嫌悪感、自責感など不要です

うん、うん。ひたすら実践です。

そして
「実践できない!」
と思うときこそ実践のチャンスです。

@(*・ω・*)ポッ

209 ヤッズ★ :2013/10/28(月) 22:51:50
TK祖師、アドバイスありがとうございます!

>まずは人間対人間の世界で善を追及するという事。

「聖地奪回!」とはオーバー過ぎました。
対人間視野で「小さなことからコツコツと」で行きます。
この視野でも探せばいろいろとワクワクできそうなことがありますね。
明日から、、、い、いや今からでも早速実践に移したいと思います。

>確かバーナーデッド・ロバーツもエゴは決して悪いものでは無いと言う説明をしていたように思います。

エゴは人がアセンション(次元上昇)する為に、あらかじめ人の内面に埋め込まれた時限爆弾のようなものなのでしょうね。

>この地球のような「思いの実現しにくい」環境がなかったら我々の言う第2次実践の段階には進めないと言うわけです。

第2次実践の段階=ワクワクを超えた段階=ワクワクに背を向けた意思力のみで進める段階

喩えていえば、エゴは跳び箱の「踏み台」みたいなもので、
次元という跳び箱を飛び越える為に必要なものなのでしょう。
そして、その踏み台は①高さと②反発力で性能が決まると理解しております。

エゴの働きをワクワクする方向に使って行けば、
踏み台の高さ(エゴの増大)がある程度まで増して行き、
跳び箱を飛び越せる可能性が上がりますが、
これだけでは反発力が無いため高く飛び上がることが出来ず、
完全に「跳び箱」をクリアすることが出来ない。
飛び越す為には踏み台に反発力が必要。

「私の為」が存在基盤であるエゴに対し、
相反する方向性の「人の為」というエゴ縮小へ強い意思を持って踏み込むことで
力強い反発力が生まれる。
この爆発的な反発力を生む大元がエゴが自らの生死を掛けた戦い「激流」。

これら2つの効果で「強い反発力のある踏み台」が出来上がり、
「跳び箱(次元)」を飛び越せるようになる。
しかし、思いがすぐに叶ってしまうバシャール星では
この反発力が全く期待出来ない為に、
低くしか跳躍できないということですね。

>生きている内に、ワクワクを超えたこの段階に進める事が最良だと思います。

現在は踏み台の高さ調整の段階で、
踏み込み(第二の扉)はまだ先のことですが、
ワクワクしながらその時を待つこととします。

あとラピ。師匠に今後の進め方を相談したのですが、「ブログ無期限停止」を提案されました。

これが一番「激流」になるかなぁ〜(滝汗)。

師匠が黒といえば黒、白といえば白。
師弟関係とはコレが基本ですが、
絶大の信頼を置くラピ。師匠ならば尚更です。
それ以前に師匠には盲目状態の私の目になって貰っていますので、
その目が「こっちだよ」と示唆を与えば、
それに素直に従うべきは当然です。
で、「ブログ無期限停止」を受け入れました。

停止理由は、私が記事書いている時がフロー状態であり、
フローそのものではないということから。
これは「空っぽ状態」と「空っぽ」の違いと同じだよと言われました。
しかし、それ以外にも何か大きな理由があるだろうと思っています。
多分、文面から自分の欲望のまま書いて増幅させている「悪玉エゴ」を感じたのか、
あるいは、至る前のラピ。師匠が陥っていた泥酔状態=空っぽ状態
と同じだと看破したからではないかと思っています。

最近はブログもフルスロットル暴走機関車状態でしたので、
少し冷静になる為にも丁度いい機会でした。

210 TK :2013/10/29(火) 00:07:33
ヤッズ★さん

>絶大の信頼を置くラピ。師匠ならば尚更です。
>それ以前に師匠には盲目状態の私の目になって貰っていますので、
>その目が「こっちだよ」と示唆を与えば、
>それに素直に従うべきは当然です。
>で、「ブログ無期限停止」を受け入れました。

あれ、やめちゃうんですか。

強引に激流に飛び込まされているような感じですね。


>停止理由は、私が記事書いている時がフロー状態であり、
>フローそのものではないということから。
>これは「空っぽ状態」と「空っぽ」の違いと同じだよと言われました。

激流理論はさすが、しっかりしてますが。

ま、頑張って下さい。

211 ゆうこ :2013/10/29(火) 09:44:19
お二人からのコメントは本当に励みになります。
ありがとうございますm(__)m

今日は週に一度の休みで週課のデトックスデイなので
心も毒抜きしますが岩盤浴で体からも出すようにしてます(#^.^#)

ブッダの言葉には人の体の事も多く書かれてあって興味深いです。

・・・てか、白状することもあって書き込みしてます^^;

ヤッズさんのブログ、先日のリンクで飛んでみて
すっかり忘れていた自分の名前を見つけビックリしまして^^;

6年ほど前の■覚醒戦隊カクセンジャー■最後の新入り
ブルーグリーン・ゆうこ・・・です、私。ww

あまりアクセスしないままブログも止め
仕事や家庭の方に忙しくして、すっかり忘れてました^^;

あれから療育も落ちつき、会社勤めの人間関係で煮詰まって
久しぶりに今年、ラピたん。のブログから掲示板に辿りつき
先日はヤッズさんのブログに数年前の自分の痕跡を発見して
改めて当時の精神状態を思い出しました。

『覚醒』といっても今と全く方向が違うことを感じてます^^;

ブログを止めたのも
今思えば際限のないエゴの声に疲れたせいだと思います。
ブログを書く時間を家事育児に充てよう、と決めてから生活も向上しましたw

でもブログというツールでアクセスがなければ
確実に皆さまとのご縁もありませんでしたから本当に不思議です。

掲示板で貴重なお時間と労力を頂いてコメント下さるお二人と
皆様とのご縁に感謝です。

覚醒戦隊隊員がそれぞれの数年を経て
今から激流に挑む隊員が彼岸に到着するかどうかはさておき
この掲示板はインターチェンジのようなものでしょうか。

複数の道路が立体交差する中で
二人の師匠のランプを頼りに方向確認して
他の方の道も拝読して
また自分の実践の道の運転に戻る元気を頂く・・・
(フリーライドな点に大変恐縮しております)m(__)m

家々を托鉢して修行した時代に比べ
このようなアクセスツールで、ぬくぬくと家に居ながらの実践です。
大変、とかツライとか、とても言えた身分ではないですね。

また長文になってしまいごめんなさい。

今日も実践がんばります。

212 けりー :2013/10/29(火) 17:57:52
TKさん

ゆうこさんをはじめ、皆さんの書き込みを参考に、間違った実践をしないよう
一から始めてみます。 

高次元の書もしっかり読むことにします。 

ありがとうございます。

ラピさん

今は駄目だしされ、久々に寝ても覚めてもお二人の言葉で頭がいっぱいです。
もう、いいや〜・・・との言葉にとらわれないよう、一生懸命やってみます。

ありがとうございます!

213 ラピ。 :2013/10/29(火) 21:30:46
☆ゆうこたん

カクセンジャー・ブルーグリーン!
ちなみに私はパープル!(笑)

なつかしいね。
ゆうこたんが忘れていた過去の自分に
出会ったって感じかな。

確かにあのころのカクセンジャーは
ワクワクの実践の時だった。

第一次実践やったんやね。

214 ラピ。 :2013/10/29(火) 21:44:54
☆けりーさん

今けりーさんの頭をいっぱいにしているのは
「エゴ」の声です。

それがエゴです。

私、実はダメ出しはしてないのですよ。


実践は「エゴ」の声を無視してし続けます。

実践を遮る声は「エゴ」の声。
判断したり、意味づけしたりするのがエゴです。

それに負けずに実践、頑張ってね!

応援しています!

215 ラピ。 :2013/10/29(火) 22:27:52
「ブログと激流どっちがいい?」

その問いに迷わず「激流」と答えましたね。

にいたんのブログを書いている状態がフロー状態で
激流を渡り終えた状態(=悟り)がフローそのものである
というその話の流れから
「ブログを続けるのと激流に飛び込むの、どっちがいい?」
というつもりで聞きました。

そして激流ということになると、渡る時は
ブログを書けないほどの激流を渡ることになると思います。

それはいつ終わるかわかるものではありませんので
一生やり続ける、という決心が要ります。

「いつか終わる」

そんな気持ちでの激流はあり得ないからです。

そういう意味で激流を渡る時は「無期限で」
とお伝えしました。

このやりとりは「今すぐ無期限でブログをやめましょう」
という提案ではなかったのです。

言葉が足りませんでした。

でね、にいたんは今「わくわく」を実践しているのですよね?

にいたんの理想はなんでしょうか?

この第1の実践を思いっきりしたら自然に第2の扉が現れますので
今は「わくわく」を思いっきりすればいいと思います。

にいたんのブログも「わくわく」に使えます。
自分の理想の世界を表現していくのです。

ちなみにかつてもブログでワクワクしたよね。

「幸せゲーム」とか「カクセンジャー」とか。

ゆうこたんもカクセンジャーだったよね!(ここで再集合!(笑)

(ちなみに私の「幸せゲーム」の記事は

ブログのカテゴリ「幸せな金持ち宣言」を見ていただけるとわかります。

http://daisukirapisu.blog87.fc2.com/category15-6.html


ちなみにTK師がこう表現されていましたね。

>強引に激流に飛び込まされているような感じですね。

そんな感じでは決心があいまいになって
激流を渡り切れないし、そもそも激流は起こらないかもです。

実際、今回のことは、「私に言われたから」ですよね。

にいたんが自ら決心して
自分から激流に飛び込む必要があります。

にいたん、今を思いっきり頑張って。

にいたんの望む世界はどんなものですか?

そこからが始まりです。

「まずはにいたんの理想を生きるのだ」



TK師がワクワクと激流の違いを書き込みされています。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/12104/1373075256/152

私もその2段階を通っています。

216 ラピ。 :2013/10/29(火) 22:29:47
215の書き込みはヤッズ★さん宛てです。

@(*・ω・*)ポッ

217 名無しさん :2013/10/29(火) 23:20:39
イライラしたり、八つ当たりしている自分を感じると嬉しくなるのはなぜでしょうか。

また自分が操り人形のように感じるのはなぜでしょうか。

この意志でさえ、自分のものではないと感じるのはなぜでしょうか?

こんな状態になることはありますか?

218 TK :2013/10/30(水) 00:00:06
>こんな状態になることはありますか?

ありません。

219 ヤッズ★ :2013/10/30(水) 07:43:49
TK祖師、ラピ。師匠!
アドバイスありがとうございます!

>このやりとりは「今すぐ無期限でブログをやめましょう」
>という提案ではなかったのです。

あーーーーーーっ
そういうことだったんですか!
「無期限停止」を聞いた瞬間、目が点になって周りがモノクロになりましたが、不思議と何の躊躇もなく受け入れている自分がいました。でも今回の件、そう言われた後には何故か憑き物が降りたような清々しい気分になりましたよ(笑)。

>そして激流ということになると、渡る時は
>ブログを書けないほどの激流を渡ることになると思います。

「激流」の話に及んだ時、ラピ。師匠は私がかつて起きた過去想念が次々と湧出する「奔流」があって、次から次へと強い想念が湧出して頭の中を占拠して、1〜2週間の間大変だった時のことをチラっと述べられていましたね。確かに、あんな感じで「激流」が起きるならブログ書くどころではありませんね。それにしてもラピ。師匠はあのような状態が過去に数年間も続いていたことがあったとは、、、今更障ながら師匠のメンタルの強靭さに驚くばかりです。

>この第1の実践を思いっきりしたら自然に第2の扉が現れますので
>今は「わくわく」を思いっきりすればいいと思います。

はい、仰せに従います。
もう少しの期間「ワクワク」フルスロットルします。

>にいたんの理想はなんでしょうか?
>自分の理想の世界を表現していくのです。
>「まずはにいたんの理想を生きるのだ」

憧れの人物は織田信長なんですが、「人の為に」という善玉エゴ育成期に、彼のように「第六天魔王」的に振舞ってしまってもいいのかな?と悩むところ(笑)。

>にいたんが自ら決心して
>自分から激流に飛び込む必要があります。

まだまだ私の筏(いかだ)は小さく浮力も強度も無いため、激流に勝てないかもしれませんね。「自分から激流に飛び込む」という表現にずっと???と思っていましたが、紹介されたTK祖師の「激流とワクワクの違い」を読んで納得いたしました。実は、全掲示板読んでいたのでこの書き込みも読んだ筈なのですが、今とは内容の理解度が全然違います。

>この段階では、外を絶対的なものとして、中を滅ぼしていくのです。

最終的にこうならならば、第六天魔王的な織田信長でもいいかも(笑)
「激流」とはそれまで従順に仕えていた明智光秀が一変して起こした「本能寺の変」になりますね(笑)。

>繰り返し述べますがこれは危険な実践法なのでやれとは言わないですが、
>やる人は自分の自己責任でやるしか手がありません。

「激流」がこういったモノである為、「自分から飛び込む」という決心がいるのですね。

>私が実践時に風俗店の前を通りかかった時に店の呼び込みの人に声をかけられましたが、、、
>声をかけてくれた呼び込みの人の行為には非常に感謝するが、、、
>あなたのお気持ちは非常にありがたい、私はあなたにお金だけ払いますと申し出た、、、

>相手を自分を横道にそれるようにたぶらかす悪い者と識別してしまうのではなく、
>あくまで自分に善意を働いてくれた人と捉えると言う点です。

ラピ。師匠との会話で実践時に「100万円貸して!」と言われたら貸すの?という話が出た時に、金額は違うがTK師匠はお金を渡したと言われるエピソードがここの箇所ですね。う〜む、ここまで外を「絶対視」して自我を滅却しなければならないのが「激流」の実践なのですか、、、、この実践は半端な気持ちではできませんし、内部に強靭なエゴが存在(=強い意志力の反映)していなくては出来ないのが分かります。

>人に従うのではなく、「精一杯の高い理想」を持って、
>自分が中心になって人を導こうとする者の立場をとる事です。

R・シュタイナーのいう「絶対恭順」でラピ。師匠からから流れ込んでくる高い次元の流れを受け止めようとしていましたが、どうも今回の件、あらぬ方向に行ってしまったようです。「下から」というのは「激流」実践時における「外の絶対化」の時の言葉なのですね。今回の件、自分の中で情報混乱した状態で、似ているようで違う点がハッキリしてよかったです。

>強引に激流に飛び込まされているような感じですね。
>ま、頑張って下さい。

TK祖師の「呆れたような」この表現には、上の激流内容から判断した意味(強靭な意志力が備わっていない段階では激流に対処出来ないし、それは自分から飛び込むものであって、飛び込まされるものではない)が込められていたわけですね。多謝です。

220 TK :2013/10/30(水) 19:09:21
ヤッズ★さん

ブログの記事もワクワク絶好調みたいな感じですから、
それがうまく行かなくなった時に激流と言う捉え方でいいのではないですかね。

ただし、このワクワクにしても、出来るだけの高い目的意識を持って、
中途半端では無く出来る限りの精一杯に取り組むという事がポイントです。

ここでは、散漫になっているエゴに方向性を持たせるわけです。

外に対して自分の理想を全力で打ち出していくわけです。

ただ、ワクワクの実践は誰でもできますが、
激流の実践は激流を本当に渡った人にしか教えられませんので、
一生の内におけるチャンスというものもそうあるものでもないのが事実です。

私の教えの中に今まで見たこともないような内容がもしあれば、
それは、そのようなものだという事です。

222 ゆうこ :2013/11/06(水) 08:28:51
おはようございます(*^_^*)

先週は、『常に意識的にふるまう』ことを意識したところ
もう、エゴとりホイホイに大漁にエゴが捕れました。
んで、気づいた後で、
どんな種類のエゴか(自己顕示欲か、不安かなど)
次はどうふるまうか、改善策もあわせてメモすることにしました。

おかげで3日目にはエゴの種類もわかり
だいたい同じ発生源となるエゴにも気がつきました。
しかも改善策通りに行かずに同じエゴに負けることも多いです。

あんまりエゴ大漁で「ヤなやつ〜」と、げんなりしますが
それもエゴの声なんですよね。
やる気をそがれないよう、『スルーで改善』がんばってます。

何度も同じ種類のエゴが、
しつこく出てきては自問→削る、の繰り返しで
以前なら「アタマおかしくなりそう」と思ったはずですが
それくらいとことんで良い、と聞いてるのでダイジョブですw
・・・かなりシブトイ種類のエゴ居ますけどね^^;

「こういうとこは何も変わってないし変わらないんじゃない?一生」とか
「過去にああだったから、もうダメだよ」とか言う虚無エゴも居ます。

そいつの言葉でこれまで何度も挫折してますが今は
「あ、またエゴが言うてる」という感じで客観視できるぶん、
落ち込む時間が少なくなってます。

ブッダの言葉にあるような『蛇の皮を脱皮』するイメージで
ヤな自分という『皮』をどんどん脱いでますが

厚着しすぎで
いつ裸になれるかわかりません!

でも「脱いだらスゴイんです」、よね?私も他の人も。
ボ・キュ・ボーン・・・ぢゃなくてw
きっと、まぶしくて見えないくらいの光の粒子、っていうイメージです。

皮同士、ガピガピぶつけあって塵垢として落とす、
「落としてくれてありがとう」を意識して薄着の冬を迎えます!

223 実践マン :2013/11/06(水) 11:44:41
TK先生

これまで理屈で解決する実践をやってましたが、体が動かなくなり、それ以上進めなくなりました。
体の声を聞き、見えない敵が何なのか悪戦苦闘した結果、体を思考の奴隷のように扱うエゴを発見しました。
今後は思考が体に奉仕していこうという意思が強まりました。
もっともっと神様の声を聞くよう努力していきます。
思考ばかりに振り回されていました。
ご指摘いただきまして、ありがとうございました。

224 TK :2013/11/06(水) 17:57:14
ゆうこさん

きっちりと下からが出来ていれば、「激流」が発生するのですが、実際にどうですか。

激流を自分で作り出せなければ、うまく行っていないと思います。

ただ、当たり前ですが、激流は本当に激流なのです。

225 TK :2013/11/06(水) 18:31:37
実践マンさん

>これまで理屈で解決する実践をやってましたが、体が動かなくなり、
>それ以上進めなくなりました。

ちなみに「激流」の実践の時には、体は動かなくなるものなのです。

これ、ラピ。さんに聞いてもらっても分かりますが、
体が動く「激流」の実践は無いのです。

私も実践時はほとんどスローモーションで動いていました。

>体の声を聞き、見えない敵が何なのか悪戦苦闘した結果、
>体を思考の奴隷のように扱うエゴを発見しました。

体の声を無視して、だから「激流」なのですね。

体の声を聞いてそれに従ったら、それを「激流」とは言いません。

「激流」とは体の声を無視する所から始まるのです。

>今後は思考が体に奉仕していこうという意思が強まりました。

話を聞くに、まだ「激流」ではなく、
「ワクワク」の実践で行く段階なのだと思います。

>もっともっと神様の声を聞くよう努力していきます。

神様だと思っているものは、本当は神様ではない事が往々にしてあるのです。

そして、最終的には神様も捨てて行かなければならないのです。

ラピ。さんもほとんど魔境にはまってましたから、
そこを気付かせて一切捨てさせてゴールインです。

>思考ばかりに振り回されていました。

エゴの段階の人にとっては、右も左も思考です、それしかないのですから、
いずれにしても思考ですから、この思考の中に善玉エゴと悪玉エゴの2種類がある、
でもいずれも思考には違いなく思考で行くしかないのです。

思考の中にも「意志の力」を多く使う方向性が神に向かう道です。

大して「意志の力」を使う必要性の無い生き方は、
自分の変化は見込めない生き方ですね。

つまり今のまんま、
そのまんまですから楽ですが彼岸に向かう激流(苦悩)とは正反対の生き方という事になります。

正直言って実践マンさんには彼岸では無く「ワクワク」の此の岸の段階の実践が向いてると思います。

つまり、
エゴの動きなど全く見抜けなくてもワクワクの実践ではそれで良いのですから。

226 ゆうこ :2013/11/06(水) 20:24:36
TK様 コメントありがとうございますm(__)m

>きっちりと下からが出来ていれば、「激流」が発生するのですが実際にどうですか。

下からを意識し忘れてた事に後で気付く事も多く、できてない事が多いです。
特に目下の人に対してです。

今まで、組織や親子間などの関係性の中で、
悪気なく、当たり前のだったことに対して
改めて(深い意味を持って)エゴ殺しを意識し始めてからは
1日中、気がはりつめている感と、
自分の弱点がさらけ出されている辛さがあります。

そのせいで逆に、
自然にできていたことができない、凡ミスが多発しているような反省もあって
ぎこちないけど「丁寧に、
行為に集中して頭を空白にしよう」と努力している感じです^^;

先週の眠れない日々は
エゴの醜い姿や、煩悩的な妄執と闘って、
数件はどうにか勝った気がしました。

数件はまだまだ勝てておりません。何度も同じエゴと闘い中です。

仕事上では、月末に
抵抗しているエゴを封じる予定を組んだので

>激流を自分で作り出せなければ、うまく行っていないと思います。

という点は、これからだと思っておりますm(__)m

>当たり前ですが、激流は本当に激流なのです。

→ブッダの言葉(戒律)を胸に闘う所存です。

また、先述されている
>体が動く「激流」の実践は無いのです。
>私も実践時はほとんどスローモーションで動いていました。

という状態についてですが

私の『ぎこちないけど丁寧に』という動きは違うようですね・・。

動いている方が無心になれるので
仕事・家事・育児・用事、と分刻みで動いてるのでスローではないからです。
(おかげでいろんなことが片付いてますが)

どの段階かわかりませんが
今は毎朝「滅私」と書かれたポストカードを見て目覚めて、
神棚に祈って、修行中という意識で生活しています。

特にブッダの言葉は、
最初は気にとまらなかった短い文中の重い戒めに
読み返して気付くことも多く
そっちゅう言動を軌道修正しております^^;

がんばりますm(__)m

227 実践マン :2013/11/06(水) 20:48:29
TK先生

ありがとうございます。
体の声を無視し続けること、苦悩に向かい続けるこが激流なんですね。
メンタルが弱いので、ワクワクの実践(何でも感謝して受け取れるようにしよう)を激流のように感じてしまっているだけなんだと思っていました。
これまでにご説明頂いている2つの実践を、もっとよく理解することからやり直します。
忍耐強くご指導いただき、ありがとうございます。

228 ラピ。 :2013/11/06(水) 23:23:08
こんばんは!@(*・ω・*)ポッ
みなさま、がんばられているようですね。


>体が動く「激流」の実践は無いのです。

私の激流は「私の意志」が否定されたことから始まりました。
そしてそれまで「意志」を使って動いていたから
動けなくなりました。

「意志」が否定されたのです。

意志で動いていた私は動けなくなりました。

それでも「なんとしても動くんだ」と動く訓練をしました。

今思い出すと
その時の訓練は「単に動く」訓練をしていたようです。

ただひたすら「動くのみ」。
これをしていました。

それと同時に、第2の実践もしていました。

とことん「ない意志」も使い尽くし続けました。

「ない」と言えるようではまだ終わりではありません。
「ない」を超えたところに「それ」はあります。


魔境についてですが
まさしく私のかつての状況は魔境でした。

第3の実践時、すでに魔境だったようです。

何年もの間、魔境にいました。

魔境と言っても怖いものではありません。
一見、普通のことなんです。
それはそれで、「その時の私」にとっては
問題ではなかったかもしれません。

でもそれは「停滞」と言える状態であり、
その次元を永遠に彷徨う可能性がありました。

ちなみに第3の実践の最後のほうは「神」はいませんでしたが
なにか輝く存在を感じることがありました。

それもズバリ、魔境状態です。

あの手この手で、停滞させようとしてきます。

師も言われているように
これらを捨てなければなりません。

そこに満足して立ち止まったらそれで終わり。

私は師に出会えなければ
一生魔境にはまっていた可能性があります。

ちなみにこの魔境の状態は
本物にしか見抜けないと思います。

229 実践マン :2013/11/07(木) 00:48:31
TK先生 ラピ。先生

ありがとうございます。
ご指導のおかげで、苦悩に戻ることが出来ました。
「どうしたらいいか分からない」というエゴの声を無視して
感謝の実践、奉仕の実践を続けて行こうと思います。

私の場合は体を動かし続けた結果
医者や家族から動きすぎだと注意されたことで停滞しました。
休んだおかげで脚の腫れや激痛などの症状は治まりましたが、、、
今後、動き方を工夫し努力します。

ワクワクの実践が向いているとのアドバイスを、ありがとうございます。
私の今の理想は、家事・仕事・家庭円満を実現する努力を
常に感謝して出来るようになることです。

230 TK :2013/11/07(木) 06:50:42
ゆうこさん

>私の『ぎこちないけど丁寧に』という動きは違うようですね・・。
>
>動いている方が無心になれるので
>仕事・家事・育児・用事、と分刻みで動いてるのでスローではないからです。
>(おかげでいろんなことが片付いてますが)


スローと言うのは、スローにしか動けなかったと言う意味です。

>私の『ぎこちないけど丁寧に』という動きは違うようですね・・。

無心の精度が違います。

なぜなら、あなたの行為には『ぎこちないけど丁寧に』があるからです。

私のとっていたスローモーションは、
『ぎこちないけど丁寧に』どころか「行為」ですらありません。

止まっている事と区別が無い状態です。

>仕事・家事・育児・用事、と分刻みで動いてる

あなたは仕事や家事や育児や用事や、分刻みで動いている、
の「行為」をしていますが、
これが微細な部分までも切り捨てられて僅かな行為であってもならないのです。

「動いている」であってもならないのです。

そこまでの精度で無心の実現をすれば、あなたも動きは止まります、
止まっている事と同じですから。

特に私の動作には、
「焦り」「時間」「追われる」このような微細な思いが付随していましたから、
これを逐一切り捨てながらスローモーションと言う動作が取られたわけです。

激流と言うのは本当に激流なのです。

緩流なら最初から激流などとは言わないですね。

それと、
例えば100メートル全力疾走で走っている最中がいくら無心に近いからと言って、
それを無心の実践とは言わないです。

私やラピ。さんは精度の高い無心の実現により、動きが止まったり、
スローモーションにしか動けなくなったりしたのですが、反対に、
より精度の高い無心を実現する手段として座禅(止まる)、
またはスローモーションが実際に実践法としてとりいれられていたりします。

http://www.j-theravada.net/4-vipassa.html

自分の中に潜伏するものを表にひっぱり出す手段として、
停止並びスローモーションが実践法として有効なのです。

つまり、あなたのとっている手段は実践法からは外れています。

巷の偽者のするフローのレクチャーは高い金を取ってでたらめな理論をこねくり回し、
しかし、本当の素早い動きを獲得する手段は逆説的なスローモーションの中にあります。

本物の理論は偽者の商売ネタにされかねないので、
このような場所ではあまり言いたくはありませんがね。

つまり、
私に言わせるとあなたののは動作には「行為」や「動き」や「追われる」又は「焦り」が残っている、
私の言うフローと言うものとは別物のように思います。

231 TK :2013/11/07(木) 07:06:36
実践マンさん

>ご指導のおかげで、苦悩に戻ることが出来ました。
>「どうしたらいいか分からない」というエゴの声を無視して
>感謝の実践、奉仕の実践を続けて行こうと思います。

ワクワクの実践なら、苦悩はしなくて良いのです。

>私の場合は体を動かし続けた結果
>医者や家族から動きすぎだと注意されたことで停滞しました。
>休んだおかげで脚の腫れや激痛などの症状は治まりましたが、、、
>今後、動き方を工夫し努力します。


「激流」の実践者なら、
かなりこちらが責任の持てないような行為もしなければならなくなりますが、
ワクワクの実践なのであれば、
しっかり養生して良くなってからやろうで良いと思います。

もっとも、あなたの判断ではありますが。

>私の今の理想は、家事・仕事・家庭円満を実現する努力を
>常に感謝して出来るようになることです。

かなり、ワクワクと激流がごちゃ混ぜ的になってますね。

もっとも、
同じ掲示板で異なる正反対の教えを私がしたので、
このようなことになったのだと思います。

>体の声を無視し続けること、苦悩に向かい続けるこが激流なんですね。

そう言う事です。

その方面から考案されたと思われる実践法が、
厳冬の滝に打たれたりの実践法ですね。

>メンタルが弱いので、
>ワクワクの実践(何でも感謝して受け取れるようにしよう)を激流のように感じてしまっているだけなんだと思っていました。

感謝は厳密に言うと「ワクワク」の実践ではありません。

>これまでにご説明頂いている2つの実践を、
>もっとよく理解することからやり直します。

本当はワクワクで行き詰った人が、次の激流に進むのです。

その人にはそれしか方法が残されてない事から、
激流でもその人は進むしかなくなるのです。

232 ゆうこ :2013/11/07(木) 07:55:01
TK様
貴重なアドバイス、心より感謝します!!
とても興味深いサイトのご紹介ありがとうございます。
さっそく今日から実践します。

234 ラピ。 :2013/11/07(木) 23:21:12
みなさまこんばんは!
@(*・ω・*)ポッ

どうぞ、みなさまとことん幸せでいてください。

まだ、「幸せ」というものが存在するのであれば
それを捨てようとするのではなく
まずはとことん幸せでいてほしいです。

私は元々、この世界の相対的な幸せに興味がありませんでした。

なぜ、そうであったのかというと多分、
私はしつくしてしまったからだと思います。

もう十分、幸せであったし、そうでない時もあった。

それらをし尽したからだと思います。

そしてそんなものはもういらない、と思ったからです。


激流となると、今までのものを捨てることになります。

でも、この捨てるということ、
「捨てなければならない」ではなくて
「もう、捨ててしまっている」という状態でなければならない。

「捨てなければならない」というほどの気持ちでは
激流は渡れないし、そもそも激流は起こらないと思います。

「急がば回れ」という言葉がありますが、
「道」を目指したいのなら
まずは今を思いっきり生きていただいたらいいと思います。

なんでも「思いっきり とことん」することは素晴らしいことです。

掲示板を始めて、いろんなやり取りの中で感じました。

まずはみなさんにとことん幸せになってほしいと思います。

私たちが通った道はとことんし尽して初めて
現れるものだと思います。

まだ準備ができていな段階では扉はまだ見えません。

目の前に立ちはだかるがっちりとしまった扉の前に立つときというのは
まさしく目の前は行き止まり状態。

そして、それ以外にはもう道がない、という状態です。

235 meiko :2013/11/07(木) 23:22:17
※ブログhttp://daisukirapisu.blog87.fc2.com/blog-entry-1741.html
のコメントに書き込んでくださったmeikoさんのコメントを
ご紹介させていただきます。

meikoさんのお名前で書き込みさせていただきます。
meikoさん、こちらでもよろしくね!@(*・ω・*)ポッ


(ここからmeikoさんの書き込み)

まったく見当外れな解釈かもしれないのですが。

実践とは、悪しきエゴ(目標と違う方向に注意を向けさせようとするエゴ)を「無視する」
というところに鍵があるのではないかと思いました。

善玉エゴを肥大させるために、とことん実践をしていくと、
表に表われることができなくなった悪玉エゴが意識にのぼらないところで肥大していき、
双方が肥大しきったギリギリのところでぶつかり合って激流がおこるのではないかと。

なので、いわゆるスピ系での手法「エゴを見つめて消去」では生きるのは楽になるでしょうが、激流は起こりにくくなるのではと。
消滅しきれるものではないので、いつかは激流が起こるのでは?とも思いますが、
「とことん」を貫きつづけなければ一生そのままかもしれない。

それが「ワクワク」に何時までも止まっていてはいけない理由なのかと思いました。

激流はワクワクの延長線上にありはしても、別物なのかという気がします。
激流を作り出すのは、科学に近いのかしら?という気も。

236 ラピ。 :2013/11/07(木) 23:51:01
☆meikoさん

書き込みありがとうございます!

はい。
スピ系の手法では激流は起こらないかもです。

私がかつてスピ系どっぷりの時
激流が起こることは全くありませんでした。

私はスピ系にはまってしまう前に一度激流を経験しており、
でも至ることができず帰ってきましたので
ある程度の楽は達成していましたが
それ止まりでスピしてました。

でも師の導きにより
スピ系の知識をすべて捨て去りました。

そして激流に飛び込みました。

ただ、今思うのは
スピ系も、とことんすれば、気付くものがあるのではないか
ということです。

やはりとことんする必要はあると思いますが。

ワクワクの実践ですが
ワクワクをとことんして、行き詰った時、新たな道ができると思います。

ワクワクが第1の実践、
激流は第2の実践となります。

この2段階、私も通ってきました。

237 ヤッズ★ :2013/11/08(金) 06:30:40
祖師&師匠、いつもアドバイスありがとうございます!

覚醒メカニズムについてあれこれ考えブログを書くことが、現在のワクワク状況です。
ゆうこたんも覚醒戦隊カクセンジャーのメンバーだったのですね!
こうしてまた集結し始めているのも不思議なものを感じますね。

上でタイムリーにもMeikoさんの書き込みがあったのですが、この「激流」が起きることと、
何故、悟り(覚醒)に結びつくのか、グルジェフワークではこう説明されています。

******************************************
感情想念層にはエネルギーが渦巻いて満ち溢れていますが、その放たれたエネルギーのボルテージをもっと高め、
それを眠っていて活性化されていない高次の感情想念層にまで到達させ、
そことリンクさせることで、人はより高い意識状態へ遷移していき、
やがて「覚醒」に至る。その導き手が「自己観察」。

私たちの意識は通常外界に向けられており、
それに対する反応が脳内で始終湧き上がっている状態ですが、
こういうことにエネルギーを消費してしまっているから、
折角、発生したエネルギーが高次の感情想念層に届かず活性化しないのです。
「自己観察」はこの発生したエネルギーをより高次の感情想念層に導いていく。

脳内おしゃべりが、感情想念層で発生させている初源的なエネルギーを
弱めてしまう心理的な「緩衝器」(クンダバッファー)の働きをしている。

スピ系は別名「癒しのワーク」といいますが、実は、今、行われているワークのほとんどは
この理論からかけ離れた所作(緩衝器の働きを強める)となり、覚醒から離れていく。

この「緩衝器」は自動車でいうところの振動を軽減するダンパーやショック・アブソーバーに相当するが、
この心理的な「緩衝器」を取り去って、湧き上がる感情をそのままダイレクトに受け取り、
観察し続け、意識エネルギーをより高次の感情想念層に流し込みはじめと、ついには覚醒に至る。

(拙者記事より)
http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=2671
******************************************

覚醒メカニズムに関しては同じだと思いますが、
異なるのは【第2の実践】の内容(=激流の起こさせ方とその渡り方)でしょうか。
グルジェフの方法と師匠たちの実践方法(下から、感謝)の違いや、
方法により至る先が異なってしまうのか...何か違いがあれば教えて頂けましたら幸いです。
(EO氏はグルジェフは大悟していないとかなんとか、、、元修行僧ラピエルさんから聞きました。)

238 TK :2013/11/08(金) 07:23:38
>覚醒メカニズムに関しては同じだと思いますが、

私はこの部分の妄想性の高い内容に対して受け答えは無記だ。

さらに、私の説く内容は、その妄想をすっかり捨てる事によって至れるところだ。

239 TK :2013/11/08(金) 17:49:27
>その放たれたエネルギーのボルテージをもっと高め、
>それを眠っていて活性化されていない高次の感情想念層にまで到達させ、
>そことリンクさせることで、人はより高い意識状態へ遷移していき、
>やがて「覚醒」に至る。


あなたのキーワードになっているものは「エネルギー」ですが、
それは妄想の産物でしかないのですよ。

「エネルギー」と言う対象の「妄想(偶像)崇拝」をしていますね。

エネルギーは絶対的なものではありません。

したがって、あなたのここで述べている全てが変ですね.

本質的なものであれば、
エネルギーも高次の意識状態とやらも一切を捨て去って行くだけです。

あなたが「エネルギー」という妄想の産物を絶対と思っていたら、
いつまでも妄想の世界です。

スッタニパータ946
>バラモンである聖者は、真実から離れることなく、
>陸地(安らぎ)に立っている。かれは一切を捨て去って、
>「安らぎになった人」と呼ばれる。


スッタニパータ9
>走っても疾過ぎることなく、また遅れることもなく、
>「世間における一切のものは虚妄である」と知っている修行者は、
>この世とかの世とをともに捨て去る。──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

240 TK :2013/11/08(金) 19:11:20
meikoさん

>実践とは、悪しきエゴ(目標と違う方向に注意を向けさせようとするエゴ)を「無視する」
>というところに鍵があるのではないかと思いました。

当たっていると言っても良いですね。

客体化すると言う表現の方が本質に近い表現ですが。

>善玉エゴを肥大させるために、とことん実践をしていくと、

この捉え方で問題はありませんし、
私もそのようなとらえ方をして実践に臨んでおりましたが、
本当は善玉エゴをも無くするための方法なのです。

これは至った者にしかわからない相対の原理と呼ぶのです。

>表に表われることができなくなった悪玉エゴが意識にのぼらないところで肥大していき、
>双方が肥大しきったギリギリのところでぶつかり合って激流がおこるのではないかと。

妄想たくましいですね。

自らの中に潜伏するものまでも表面にあえてひっぱり出してきて戦うから激流となるのです。

>なので、
>いわゆるスピ系での手法「エゴを見つめて消去」では生きるのは楽になるでしょうが、
>激流は起こりにくくなるのではと。

スピ系には、あの津留といも者にしても、
来る波をどうやって乗り越えようかと言う内容が主で、
向かっていくと言う手段がみあたらない。

だから私はあの津留という者の教えは塩分を全て除去したラーメンを食べさせられているような教えだと呼んでおりました。

激流とはこのような者には無い内容の部分から起きるのです。

>消滅しきれるものではないので、いつかは激流が起こるのでは?とも思いますが、
>「とことん」を貫きつづけなければ一生そのままかもしれない。

激流が死ぬまで起きないから、私はあの者たちを酔っ払いと呼ぶのです。

>それが「ワクワク」に何時までも止まっていてはいけない理由なのかと思いました。

やる前からああだこうだと、あなたは妄想性が凄く高いですね。

案ずるよりも、まず、行動を起こしてからものを言って下さい。

止まっていると言うのは、「ワクワク」を精一杯やってないという事のあかしです。

>激流はワクワクの延長線上にありはしても、別物なのかという気がします。

やる前の妄想は良いですから、まず、やってみてそれから語って下さい。

私は単なる妄想のネタをばら撒きたくてここで話をしているわけではないのです。

241 ゆうこ :2013/11/08(金) 19:20:22
TK様に教えて頂いたサイトの『ヴィパッサナー冥想』を始めました。

まず朝の運転時など、
いかにこれまで『ながら運転』
(エゴのおしゃべり・妄想タイム)だったか思い知らされた上に、
とても安全運転になりました。

先日の軽い物損事故時、
「下から」、「感謝」という言葉に集中していたつもりでも
それに付随したいろいろな想念があって
運転がおろそかになっていた事がわかりました。

本当に無心で集中するための『行為の実況中継』が
実は瞑想であることを知って、
ボンミス多発に対する解決法として意識していこうと思います。

まだ2日目ですが
憶測や判断なしに「心をただ観る」ことは難しく
実感に付随するエゴを黙らせるのに苦労しています。

『嫌悪』など、弱いところは
捨てても捨ててもどんどん出て来て
そこから思考が始まっては止める、捨てるの繰り返し、

その間も『行為の実況中継』&姿勢を意識する・・・というのは
とても大変だし、できない時間の方が多いですが
歩く時も何をする時もできる瞑想を教えて頂いたおかげで
自己嫌悪したりエゴがしゃべる時間はさらに短くなっています。

エゴの実感とは何か、
それはどのように現れるのか
エゴの実体をつかむまで負けるわけにはいきません。

悪玉エゴの掃除、がんばります。

また、上記にあるラピたんの書き込み、
全ての幸せを願うまっすぐな気持ちにも感動しましたので

私の想いも、そういう慈悲の気持ちと感謝をベースにできるよう
日々繰り返して
善玉エゴを育てたいと思います。

いろいろな気付きをありがとうございますm(__)m

242 ゆうこ :2013/11/08(金) 19:28:24
あと、コメントして頂いた『スローモーション』技法については
『ヴィパッサナー冥想』の『実況中継』をしていると
結果的にゆっくりになってしまうので
同じものと理解して実践しておりますm(__)m

243 TK :2013/11/09(土) 08:53:39
ゆうこさん

まず、いくつかの問題点を指摘します。

>とても大変だし、できない時間の方が多いですが

就寝時以外の意識のある限り実践の例外は無いと言うのが、
実践の基本姿勢でなければ意味をなしません。

例外を認めてしまったら、
結果として肝心の一番の激流の時に実践から逃げると言う意味のない実践の状況になります。

ラピ。さんは分かりませんが、私は私の命より実践の方が重要でした。

あなたの場合は当然にあなたの命の方が実践より重要なのだと思います。

決して私と同じにやれとは口が裂けても言いませんが、つまり、
私から見ると激流ではなく「緩流」に見えるのです。

私が実践に臨んだ時より、
切羽詰まった状況にあなた自身が追い詰められていないからと言うのが根本原因だと思います。

私は死んでもやるしかなかったのですが、あなたにはまだゆとりがある。

このことから、あなたにもまだ、
ワクワクで行ける可能性があるのではないかと思えるのです。
ゆうこさん

あなたは、お見受けするに、行動力は結構早そうなので、
その思慮深さの少ない部分から様々な失敗があったのだと思います。

あなたに思慮深さが加われば、
あなたにはまだあなたのままでうまくやっていける可能性があるように思いますが違うでしょうか。

激流には推進力が必要ですが、
その切羽詰まった地獄でも良いから進むしかないと言う推進力は、
ワクワクを精一杯やって追い詰められた、
もう打つ手がないと言う状況までたどり着かないと得られないものです。

>エゴの実感とは何か、
>それはどのように現れるのか
>エゴの実体をつかむまで負けるわけにはいきません。

この結果を期待しての実践も、良い姿勢とは言えません。

死ぬまで実践しかない、これが実践者の覚悟なのです。

先に対する妄想は僅かなものであっても、
自らの中から捨てながら実践しなければならないのです。


中部経典4-131
>過去を追うな、未来を願うな。
> 過去は過ぎ去ったものであり、未来はいまだ至っていない。
> 現在の情況をそれぞれによく観察し、明らかに見よ。
> 今まさに為すべきことを、努力して為せ。
> 誰か明日に死あり、死魔の軍と会わぬと知り得よう。
> 昼夜に怠るな。


マタイの福音書 6章34
>だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。
>労苦はその日その日に、十分あります。


激流とは別名地獄と表現できるレベルのものでなければ、
それは激流ではなく緩流なのです。

244 ラピ。 :2013/11/09(土) 09:56:01
みなさんおはようございます!

@(*・ω・*)ポッ


私も師も言われている通り、
寝ている時間以外は常に実践でした。

もちろん気分転換の時間なんてありません。

気分転換の時間はひと時の気が紛れる時間だと思うのですが
私にはそんな時間は自分をごまかしているような気がして
絶対しませんでした。

最後の実践では「死んでもいい」との実践でした。

「死んでもいい」はある意味、
命を懸けた、とも言えるでしょうか。

命より実践だったと、言えるかもしれません。


私が通った道は厳しいものです。

なぜ、それを選択したか。

その道しかなかったからです。


おかげさまで至ることができましたが
この道、お勧めはできません。

その道しかない人は言われなくても進むと思います。

私からはお勧めできません。


それより、今を思いっきり生きてほしいと思います。
楽しいことも楽しくないことも思いっきり生きてください。

思いっきり生きて、それからです。

@(*・ω・*)ポッ

245 TK :2013/11/09(土) 10:44:05
ヤッズ★さん

>グルジェフの方法と師匠たちの実践方法(下から、感謝)の違いや、
>方法により至る先が異なってしまうのか...何か違いがあれば教えて頂けましたら幸いです。

かなり異次元な質問なのです。

我々は本来立体なものを、いかに平面で書き表せられるか、
これが我々の取っている対機と言う言語化作業ですが、でもこれ実は逆なのです。

立体しか知らない人たちに平面を教え、さらに点を教える作業が対機なのです。

ヤッズ★さん、あなたは立体的なイメージでの話し方になっています。

つまり、
あなたが至った状態とベースに据えているものも立体的なイメージのものなのです。

しかし、我々は立体から平面に、さらに点に向かう話をする者なので、
あなたの質問にはピントが合わせられません。

至るための実践をする者の中で、
あなたのようなトリックにかかって抜けられない者は多いのです。

掴もうとしたり、把握しようとしたり、
この行為を捨てなければ辿りつけない所が我々の居る所だからです。

これが立体から平面へ、さらに点へ向かう作業です。

結果が先にわからないような先の見えない実践など出来ないとか、
そういう人には永遠にたどり着くことができないのが我々の居る所です。

私は人々のために自分を実験台にして何かを見つけるのだと言う事のために、
この探求そのものを捨てたのです。

複雑ですが、これがポイントです。

つまり、立体から平面へ、さらに点へ向かうためには必要な事です。

ですから、あなたが今掴みたがっているものは、
今後あなたが至るためにはすべて障害になってきます。

僅かなイメージであっても、それは至る事の前に立ちはだかりますから、あなたの問題に向き合う姿勢は変更することが望ましい。

しかし、良く考えてみて下さい、アナログに対してデジタル、つまり有るか無いかの点の集まりで、音楽から、絵から、写真から、毛筆書体から、計算まで、全て線ではなく方向性の無い点のみで表すことができるという事を、全ての方向性から解放された者たち、これが我々なのです。

246 meiko :2013/11/09(土) 10:45:32
みなさま はじめまして。

ラピ。さん、こちらにコメントの転載ありがとうございました。

>楽しいことも楽しくないことも思いっきり生きてください。
 思いっきり生きて、それからです。

この言葉、身に沁みます。ありがとうございます。


TK様、ご指摘ありがとうございます。

妄想、まさしくそうです。
その妄想は、ぬるま湯の中にいたいという保身のエゴから生まれたものです。
保身は、現実を生きることへの恐怖感から生まれたものです。

それをこちらに転載ということで、自己をアピールしたいという自己顕示欲と、お返事ほしいというかまってちゃんエゴが炙り出されてきました。

気づかせてもらえたことを感謝します。


ただ、私は悟りを目指しているというより、自分と周囲の幸せを目指している者です。
なので、次回から書き込みは違うスレッドにさせていただきます。

247 ラブレザ :2013/11/09(土) 12:35:52
はじめまして皆様。
私はいつも宇宙について思索しています。哲学とは思考が無限に広がるものなのです。はっきり言って楽しいです。私はそんな哲学的探究だけがささやかな幸せの時間が送れるようなつまらぬ人間であります。また哲学とは悪魔でもあります。自己完結、自己満足、自己陶酔の世界ですから。あるようでなく、ないようであるを捜させる深い迷宮なのです。一度引きずり込まれたら半永久的に脱出できません。
我々の住むここ物質的相対世界の答えなんて所詮多数決ですから。
やはり答えは最初からありません。
ここにいて悟りを開くことは無理であると薄々感じておりましたが、この掲示板に出会い確信に変わりました。
その気づきを与えてくれたことに感謝いたします。ありがとう。
おそらくもう私は悟りを目指すということはしないでしょう。まだまだここで遊びたいのです。
ただしかし、ここで私の人生の新たな目標なるものができました。皆様のおかげで。ぬるま湯で鉄は打てません。過酷な環境の火の中でその根拠のない自信を打ち崩して冷水で絞めるをひたすら繰り返して鍛え上げていくものであると思います。
これからは苦楽共々、私の武器になれるようにしていきます。
では失礼しました。さようなら。

248 TK :2013/11/09(土) 15:15:45
meikoさん

>その妄想は、ぬるま湯の中にいたいという保身のエゴから生まれたものです。
>保身は、現実を生きることへの恐怖感から生まれたものです。

では、まず第一歩を踏み出せばいいのですね。

>それをこちらに転載ということで、自己をアピールしたいという自己顕示欲と、
>お返事ほしいというかまってちゃんエゴが炙り出されてきました。

全然それで問題ありませんが、自己顕示欲とは悪いものなのですか。

>自己をアピールしたい

このように思ったのですから、それに基づいた行動で全然問題ありませんよ。

>気づかせてもらえたことを感謝します。

変にスピ系をかじった形跡がありますね。

まずいのですよ、
あのごちゃ混ぜで実際に幸せになれた人と言うのはいるのでしょうか。


>ただ、私は悟りを目指しているというより、自分と周囲の幸せを目指している者です。

スピ系をかじると、酔っ払いにはなれても幸せになれるかどうかわかりませんよ。

スピ系はごちゃ混ぜで、
その言葉からしてでたらめという事と等しいようなものではありませんか。

249 ゆうこ :2013/11/09(土) 18:34:02
TK様ラピ様

コメントありがとうございますm(__)m

今日もがんばってみましたが
>実践できない時間
というのは、仕事中のことなんです((+_+))

たとえば、お客様から電話で予約を受けるとき
普通に、感謝して下からの気持ちで受けますが
『ヴィパッサナー冥想』の『実況中継』はできないという意味なんです。

PC作業のときも今も、言葉を綴っているときは
実況中継の実践ができません。

言葉を使わない場面は、極力実践しますが
業務がたてこんで急を要する時は何も考えずに仕事に集中します。

で、ふと、集中がとぎれて何かの感情を抱いている事に気付くと
その感情を捉えて、捨て、
『ヴィパッサナー冥想』の『実況中継』でまた集中するという感じなので
これだけでもずいぶん集中力がつく気がしています^^;

あと、不要なストレスが尾をひかない効能もあります。

なので、『ヴィパッサナー冥想』は続けたいと思ってます^^;
(もしかして前述の仕事中は
「電話受けます」「終わります」的なテクニックで対処するかもしれませんね。)

また、ラピたん。のおっしゃる「息抜きすら捨てる」というのは
迷いのある所で、
自分の息抜きが部署内の他の人への気遣いにもなるため
あえて雑談やリラックスを心がけているんですが

家庭内やつきあいにおいても
「まあ、今夜は一杯」みたいな事もないと人間関係が・・・
という具体的に悩む場面があります。

つまり自分の実践(修行中)が他人に違和感を与えるのは悪い事
と思えるのです。

ブッダの言葉には、人里離れよ、とありますが
私は在家だから、『早く飛べない鳥』で、
出家の方には『追い付かない』、
人との和を保つにはそれでよい、と思いながらの実践生活です。

このまま死ぬまでお二人の境地に行けずとも
今までよりは、少しは良い人間になって死ねるといいなぁと思ってます。

来年48になりますんで、遅いんですけど
これまでの不徳を少しでも改善して死にたいんです^^;

残る人生には
ワクワク、という言葉のイメージはちょっと当てはまらず、
『額に汗して下から感謝しながら、家庭や社会で役に立って、
常に心は波風立たず泰然と静まって何があっても平和な人』が理想です。
そういう人になりたくて日々改善と瞑想に励んでいます。

(で、欲を言えば、お二人の境地に至りたい、と。)

『ヴィパッサナー冥想』を続けると
自分の弱さ(体の不調も含めて)どんどん出てくる、とありました。

まだ3日目ですが、その通りと感じてます。
悪玉エゴ、あきれるくらい出てきます^^;
自己嫌悪につぶされないよう必死で捨てて実況中継実践で乗りきってます。

このまま行くと、抗いがたい親玉エゴとの対面は当然ありそうですし
体調との闘いもありそうですが
恐れず地道に実況中継の実践を意識して1日を過ごそうと思ってます。

むしろ、激流を期待してベストを尽くしてる感があるので
>結果を期待しての実践も、良い姿勢とは言えません。
・・というTK師のアドバイス通りできるか自信ありません・・・

かと言って
『ワクワクしつくす』というのも、どういう感じかぴんとこないんです。

暖流実践と言われようとも、
実況中継瞑想生活を続けて、『私』を少しでも改善したいのです。


なので、

激流に飲まれた暁に


『巨大エゴキタ━―━((ヘ(゚Д゚*)ノ三ヽ(*゚Д゚)ノ))━―━!! 』


『師匠(_´Д`)ノ{タチケテー』

・・・となった時のために、ワクワクスレに追い出さずw
このスレで修行させて下さい!お願いしますm(__)m

250 TK :2013/11/09(土) 19:46:43
ゆうこさん

>たとえば、お客様から電話で予約を受けるとき
>普通に、感謝して下からの気持ちで受けますが
>『ヴィパッサナー冥想』の『実況中継』はできないという意味なんです。
>
>PC作業のときも今も、言葉を綴っているときは
>実況中継の実践ができません。
>
>言葉を使わない場面は、極力実践しますが
>業務がたてこんで急を要する時は何も考えずに仕事に集中します。

やはりあなたには無理です。

ワクワクの実践に切り替えて下さい。

それは「激流」とは言いません。

あなたの実践姿勢を見ていると、
ワクワクの何かをするような感覚で「激流」の実践が出来るもののようにとらえているように見えますが、
そのような甘いものではありません。

その困難性の中で実施するからこそ「激流」なのです。

実践しやすい所で実践する事など、
言ってみればだれでも出来ますから、それを「激流」とは言いません。

そのような甘いものでは無いのですよ。

死ぬのなら死ぬで良い、仕事を首になるのなら首になるので良い、
私はそれでも首にならずに実践の方が終了まで行きましたが、
このような困難な状況でこなすから「激流」なのです。

あなたは、大昔の時代に、
踏み絵のあんな絵たかが一枚を踏めなくて拷問にあったり、殺されたり、
そのような実践者の心理など分からないでしょう。

あなたののは「激流」の実践に対するほとんど冒涜のようなものです。

あなたは、激流に飛び込まなければならないほどに追い詰められていないから、
あなたにとって実践とはそこまでして覚悟を固める事にはなりえないのです。

あなたに関しては以上です。

251 ゆうこ :2013/11/09(土) 19:59:27
TK様

貴重なお時間を割いてのお返事、ありがとうございました。
大切に受け止めます。

ありがとうございましたm(__)m

252 TK :2013/11/09(土) 20:43:01
ゆうこさん

>貴重なお時間を割いてのお返事、ありがとうございました。
>大切に受け止めます。

途中を飛ばして先に進む事など無理なのです。

それではごちゃ混ぜのスピ系と同じで酔っ払いにしかなれません。

まず、一歩づつ進む事です。

体を使って、善をなす、悪をなさない、ここからです。

253 ラピ。 :2013/11/09(土) 22:22:17
☆meikoさん

こちらにもようこそいらっしゃいました!

meikoさんの書き込みから
悟りを目指してらっしゃるのかと思ってました。

>私は悟りを目指しているというより、
自分と周囲の幸せを目指している者です。

どうぞ、幸せを目指して頑張ってください。

そしてそれをとことんし尽したら
更なる道が現れると思います。

254 ラピ。 :2013/11/09(土) 22:29:31
☆ラブレザさん

はじめまして。
ようこそいらっしゃいました。

>おそらくもう私は悟りを目指すということはしないでしょう。
まだまだここで遊びたいのです

確かにここで遊びたいのであれば
悟るべきではないし、悟れないと思います。

「ここ」で十分遊んで「ここ」に飽きた時、
その時に道が現れると思います。

ちなみに私は「ここ」を十分経験して「ここ」を卒業しました。

卒業するためにも
「ここ」をしっかりと経験しなくては、ですね。

255 ラピ。 :2013/11/09(土) 23:11:41
☆ゆうこたん

私の経験をふまえて書きますね。

私の通った道を参考にして書くので
厳しい内容になるかもですが書きますね。

でもその道をお勧めしているわけではありません。


>迷いのある所で、
自分の息抜きが部署内の他の人への気遣いにもなるため
>あえて雑談やリラックスを心がけているんですが

人の為に息抜き、雑談ということですが
そういう時も実践はできます。

そうなると、自分はリラックスはできませんが
人の為に息抜きできる環境をつくりながら
自分一人は実践です。

私はどんな状況でも常に実践の姿勢でいました。
例外はありません。


>家庭内やつきあいにおいても
「まあ、今夜は一杯」みたいな事もないと人間関係が・・・


もちろん、私も普通に仕事をしてるので飲み会に参加もありました。

でもその時も常に実践でした。

飲み会に行ったとしても実践です。

そうなると飲み会に行っても自分は飲み会にはならなくなりますが
ひたすら実践でした。

どんな時も実践は続けました。


>つまり自分の実践(修行中)が他人に違和感を与えるのは悪い事
と思えるのです。

そうですね。

でもその違和感というのは他人に与える違和感というより
ゆうこたんの感じる違和感ではないですか?

例えばその場にいたら自分もみんなと同じでなければ
という思いがあったりしますか?

みんながお酒を楽しんでるから
自分も同じように楽しまなければみんなに悪いとか?

そしてそのために実践ができず
実践がおろそかになっている、という感じですかね。

なにをポイントにおくか、ですね。

ゆうこたんは実践よりも別のことにポイントがあるようです。

256 TK :2013/11/10(日) 00:17:46
>つまり自分の実践(修行中)が他人に違和感を与えるのは悪い事
と思えるのです。

実践はどんな場合にも最優先です。

人に違和感を与えようと白い目で見られようとです。

人を人だと思ってはなりません。

神が人の姿をして自分の信仰心のぐらつきを試しているのだとこのように捉えて、妄想と戦うのです。

だから、激流になるのです。

人に被けて実践を中断するようなら、その者は激流を渡る資格がありません。


>「従順」と言う行為そのものが、
>「対抗」があって初めて成立する相対の原理でエゴを減らす作用の善玉エゴですから。
>
>これは、本当に凄い実践でしたね、親からも気持ち悪がられるし、
>反対にやめろと言われるし、
>それでも実践は最優先なのでこの場合は実践を優先していいのです。
>
>「従順」の実践中であったとしても、方向性のぶつかり合った選択肢の場合は、
>優先順位を付けた選択と言う手段が許されます。
>
>実践者を続けたければ実践は命に代えても最優先事項です。

257 ゆうこ :2013/11/10(日) 06:48:04
コメント、ありがとうございます!

ラピたんも飲み会に参加されたんですね。
(人付き合いを一切断たれていたのかなぁ、と思ってました^^;)

そういう具体的なシーンでの在り方に迷いがあって
我流の解釈で実践できないものと決めつけて過ごしていましたが
改めて挑戦したいと思います。

TK様

>神が人の姿をして自分の信仰心のぐらつきを試しているのだとこのように捉えて、妄想と戦うのです
エゴをぶつけてくる嫌な場合に感謝するのと同様、
楽しそうに誘ってくれたりする場面でも
試練に感謝、なんですね。

自分の「快」「不快」で解釈が変わってしまっていた事に気付きました。

たくさんの気付きありがとうございます。
今日も1日がんばってきます!(*^_^*)

258 ラピ。 :2013/11/10(日) 08:40:37
みなさん、おはようございます!
@(*・ω・*)ポッ

☆ゆうこたん

>人付き合いを一切断たれていたのかなぁ、と思ってました^^;

そんな状況であれば実践は簡単すぎて
実践にならないかもだね。

できないと思う時こそ実践。
できないと思う時こそチャンスと思って実践です。

だって、その「できない」って声は「エゴ」の声だから。

私は出家したり、一人籠って修行したわけではありません。

日常を修業とし、日常からは逃げませんでした。

どんなにしんどくてもしなくてはならないことはちゃんとし、
それプラス実践でした。

例外なく必ず実践です。

激流ですから、本当に激流です。
大変な時もありました。
っていうか、ずっと大変でした。

でも、日常もきちんとやることはやって
そのやっている時も実践でした。

どんな出来事も実践ができない理由にはしませんでした。

ただし、本気でやれば
ほんとにもう前には戻れません。

リラックスもできなくなるし、
(みんながリラックスしてる時も自分は実践です)
そうしてるとリラックスの仕方も忘れてしまいます。

今まで無意識に当たり前にしていたことが
どうやってしていたのかわからなくなります。

でもそれこそが、本当の激流になります。

@(*・ω・*)ポッ

259 こめっ! :2013/11/10(日) 17:16:29
お世話になっております。
こちらに書き込みさせていただきます。

なぜ悟りたいのか?
以前ラピ。さんに問われた事を、ずっと自分自身に聴き続けました。
理由を探しました。人のため?自分のため?理想のため?
やっぱりよく分りません。

でも理想のとおり生き始めると、悟りたい理由が見えた気がしました。
ふざけているよう聞こえるかもしれませんが、
「そこが自分の家だから」って感じなんです。
だから絶対に帰らなければいけない気がするんです。

まだまだ1歩1歩に一喜一憂してしまう自分がいます。
また常に全力なんか絶対無理やろーっていう自分がいます。

でも赤ちゃんの成長スピード、子供の無邪気にとことんする、
をお手本に、また自分自身も通ってきた道なんだから出来たんだと、
日々実践を行っております。

実践ってなんか「取り戻す」ための訓練をしているみたいだなぁって
感じてしまいました。

260 TK :2013/11/10(日) 17:40:03
ラピ。さんはやはり一般とはかけ離れていますよね。

私のような事をする者が他にもいたという事の方が、
にわかに信じられないくらいなものです。

「激流」と言うのは、このような変った人たちに必要な教えなのであって、
一般的にはワクワクから、同じワクワクにしても、まずここからです、
一般とはかなり相違するくらいの全力投球のワクワクの実践をする事の方が現実的です。

これを飛ばして次に行くと言うのは、どこか、
スピ系かぶれらしい甘い考えを私は感じざるを得ません。

261 ラピ。 :2013/11/10(日) 23:25:32
☆こめっ!さん

今理想のとおりに生きてらっしゃるんですかね。

まずはそこからでいいと思います。

一喜一憂しながらも実践していれば
とりあえずは目の前に道が繋がると思います。

ちなみに「帰らなければならない」では帰れません。

まずは精一杯今を生きていくこと。
「今の世界」をしっかりと生きてくださいね。

これが「今の世界」を卒業して自分の家に帰る近道です。

262 ラピ。 :2013/11/10(日) 23:55:30
☆TK師

なんてったってTK師の一番弟子ですから!(笑)

この掲示板のやり取りで気付いたこと、たくさんあります。

私のような生き方はある意味特殊で
普通に生きてる方の参考にはならないかもしれない
ということです。

今まで激流について書いたことが多かったと思いますが
私もいきなり激流に飛び込んだのではなく
それまでにちゃんとしていたことがあります。

それが「わくわく」の実践となります。
自分の理想にむかってまっしぐらの実践です。

それをしっかりしていないと本物の激流は起こりません。

ちなみに258の書き込みも私の激流での実践です。

まずは激流はそういう感じなんだな、
くらいにとどめていただいて
まずは今、「自分」を生きていただいたら
と思います。

その「自分」を卒業したいのであれば
しっかり「自分」を生きることです。

そうでないと激流は起こりえません。

263 TK :2013/11/11(月) 00:17:02
私は以前エゴだけが全てだと思ってましたから、
エゴを捨てる気などこれっぽっちもありませんでした。

その当時はエゴをエゴとして客体化できていませんでしたから、
それをエゴと表現するのもおかしいのですが、
どんな障害が目の前にあったとしても、
頭をフルに使って理論で乗り越えていけ無いもの等ないとこのように思ってました。

このように私が頭をフルに使えば、どんな障害も乗り越えて行けるし、
弱い者も守れるし、どんな理想も実現していける、
不可能なことはないとこのように思っていたのです。

つまり、結論としては、エゴを鍛えていたのです。

ですから、折角与えられたエゴを精一杯使いもしないで、悪いものだ、
ハイ捨てたいですとほざいている人たちは、
現実死ぬまで酔っ払いにしかなれないのは分かってますが、
エゴイコール悪いもの的な洗脳にかかっている自身が、にわかに信じられません。

エゴをただただ悪いもの的な目で見て、捨てましょうとやっている人たちは、
かなりピントが狂っていると私的には思います。

だから、ワクワク以外のスピ系と言うのは、全く持ってこの典型で、
私から見ると何か得体のしれない不気味なものを信じている、
かなり気持ち悪い人たちです。

相手と戦って良いんですよ、口論してもしても良いし、
大いに他者を裁いて下さい、エゴの強さが勝敗を決めます、
だからこそエゴを強めると幸せになれるのです。

小さい時に見たテレビのヒーローものの子供番組はほとんど悪者が存在するのですよ。

自分の手で幸せを掴むと言う言葉は、
こういう理論から出てきている言葉だと思います。

決して座禅したり、ヴィパッサナしたり、
このような事を指している言葉ではないですね。

空を掴むような無い物ねだりをするのではなくて、もっと自分自身に与えられた、
例えば頭とかをフルに使えば、人生は切り開いていけるものだと思います。

そう言う人間としての与えられたエゴならエゴを徹底して生きてもいない人が、
エゴは悪いものだ、と洗脳にかかり捨てたいなどと妄想を抱く、
この人たちは変すぎです。

264 ラピ。 :2013/11/14(木) 07:58:33
みなさま、おはようございます!

いかがお過ごしでしょうか?

ここの掲示板での私たちの書き込みは
厳しいものに見えるかもしれません。

単に夢を見るだけでいいのであれば
心地よい言葉だけを聞いていればいいと思います。

「ここちよい言葉」で得たその場しのぎの幸せ感でも
少なくともその時は幸せを感じるのだから
それも悪くはないのかもしれませんね。

265 実践マン :2013/11/14(木) 13:42:00
ラピ。先生

こんにちは。
今まで教わった実践を理解し正しく実行することが出来ていません。

嘘や裏切りが無い平和な世界が理想です。協力し合い物事を進めていける関係が理想です。
現状では
・嘘を見破らないように、気付かないように探らないように過ごしてます。
・他人のことはほっといて、自分だけが理想通りになるように行動してます。
自己完結してしまい、他者を巻き込んで理想を実現するところまで出来ていません。

その時々の都合のいいように、ワクワクと激流の実践をミックスしてるだけなんじゃないかという気がします。
理想を実現するために他者を巻き込もうとすると、思い通りにいかない。苦しむ。
思い通りにいかない外に苦しめられるのが嫌で、自分を捨ててます。

これはワクワクの実践が失敗しているってことですよね?
思い通りにいかないその時に工夫し努力し、理想を実現する力を強めなくてはいけないんだと理解しています。

266 ラピ。 :2013/11/14(木) 23:38:27
☆実践マンたん

こんばんは!
「失敗」というものは長い目で見ればありませんよ。
どれも無駄な経験はありません。

>嘘や裏切りが無い平和な世界が理想です。
>協力し合い物事を進めていける関係が理想です。

では別の発想があります。

もし、その実践マンたんの思う理想の世界が
すでに叶ってるとしたら実践マンたんはどんな行動をしますか?

自分の理想の世界にすでにいるとしたら
どの様な言葉を話し、どのような行動をしますか?

その行動を実践としてやっていくといいかもしれません。

>・嘘を見破らないように、気付かないように探らないように過ごしてます。

この行動は「嘘があると感じるけど、それに気づかないようにする」
ということかな?

そうなると「嘘」がある前提の行動になってしまいます。

嘘がない、理想の世界であったなら?

その前提で行動してみると
いろんなことができるようになってたりします。

@(*・ω・*)ポッ

267 実践マン :2013/11/15(金) 09:59:25
ラピ。先生

ありがとうございます。

もし、その実践マンたんの思う理想の世界が
すでに叶ってるとしたら実践マンたんはどんな行動をしますか?

上記について昨夜、少し想像してみました。
以前の挫折した時の感情が一気によみがえってきました。
今はずっと封印してあった悪玉エゴにコテンパンにやられてます。
この自分を捨てて、理想の世界での行動ができるように頑張ります。
ありがとうございました。

268 ラピ。 :2013/11/15(金) 11:00:49
☆実践マンたん

かつて、それで挫折したことがあるのですね。

今、大変かもしれませんが、
実践マンたん、
応援してます。

269 ラピ。 :2013/11/15(金) 11:11:17
☆実践マンたん

今、ご存知のとおり、実践マンたんに影響を与えているのは
エゴの声です。

ちゃんと神さまが見守ってくれていますからね。

270 TK :2013/11/16(土) 07:21:25
実践マンさん

>嘘や裏切りが無い平和な世界が理想です。
>協力し合い物事を進めていける関係が理想です。
>現状では

一つ注意点がありますが、「裁いてはなりません」とか、
知ったかぶったバカ者がこの言葉をさも凄いもののように振り回すことがありますが、
そのような馬鹿者の言葉は無視していいです。

この者たちは酔っ払いですから、それも泥酔状態のほとんど、
何とか教の信者と同じです。

自分で堂々と他者を裁きながらそれを言っている辺りが、笑えます。

次の二者の違いは判りますでしょうかね。

1.自分が人を裁く事は悪い事なのだ。

2.人が人を裁く事は悪い事なのだ。

滑稽なほどに可笑しいのですけが、前者がイエスの教えに沿った者であり、
後者はサタンに憑依された者なのですが、
私が目にしたその言葉を振り回す者は悉くサタンに憑依された者でした。

この者たちは正気ではありません、悪魔ですから、
悪魔がまともだったら大変ですね。

このような頭のいかれた者がいるのです。

ただし、これは激流段階の人の実践法なので気にかける必要はありません。

物事には段階がありますから、
理想主義者の段階と言うものは人を裁くのが特徴です。

ワクワクの次の段階に上がるとこの「裁く」と言う状況が変化するのです。

ただしイエスの教えに沿った激流段階の実践者でさえも立派に「裁いている」のですよ、
形を変えてね。

この言い回しは私は初めて使うかもしれませんし他で見たことがありません。

裁いてはなりませんと言ったのはイエスなのに、え、
ウソでしょと言ったらそれは偽物です。

釈迦は正直でしたね、仏教ではよく「勝者」と言う言葉が出てきますが、
つまり、最後まで敵の存在があったことを物語っているのです。

ヴィパッサナでサティというのが、激流段階の人の形を変えた裁きの形で、
立派にこの人たちも裁いているのですよ。

ただ、裁く対象が変わったと言うだけで、裁く行為自身は変わっていません。

私は裁いていませんなどと言うのは、嘘八百です、
激流段階のまともな実践者であっても裁きの行為だけはあります、
成就者が話すこれが真実です。

ちなみに私の聖典は昔は聖書であり仏典でありでしたが、今の私の聖典は私です、
ですから、聖書の言葉を飛び越えて反したような表現も堂々と使い回します、
だから言葉に縛られるばかりの偽物は語ってはならない、とイエスは言いましたね、
それこそウソをばら撒く永遠の罪人、
その者たちは死んだ後は地獄に行けますからお楽しみということです。

物事には段階というものがありますから。

>・嘘を見破らないように、気付かないように探らないように過ごしてます。

これは、理想主義者の段階の方は無視していい教えです。

>・他人のことはほっといて、自分だけが理想通りになるように行動してます。

でも、それでは世界は良くなりませんね。

自分だけが理想にかなった生き方をしていたら、他の人はどうでも良いのですか。

>理想を実現するために他者を巻き込もうとすると、思い通りにいかない。苦しむ。

そこを何とか頑張って、頭をフルに使って対策を練るのです。

実際に身体を使って他者に働きかけをするのが理想主義者の段階ですから。

そうやって自分自身を鍛えて強くなるのです。

271 ラピ。 :2013/11/16(土) 10:51:30
みなさま、おはようございます!

さすがTK師匠です。

@(*・ω・*)ポッ

272 TK :2013/11/16(土) 11:46:25
>さすがTK師匠です。

君は君自身の第一次実践を思い出すことだ。

それは君のそれまでの振る舞い方の反省と言う「外部への働き方」の修正を主な目的とする実践であって、
内面を修正しようとする事を主な目的とする実践ではなかったはずだ。

内面への働き掛けでは無く外部への働きを主たる目的と言う部分が第一次実践の特徴だ。

その欠陥部分が、やがて躓きの原因として浮上する事となった。

もちろんバシャール星とかでならこの躓きはやってこなかったことだろう、
そこはこちらの環境に比べたらはるかに実践について下の下の劣った私にしてみたら反吐が出そうな牢獄的なおぞましいほどの環境だからだ。

しかし、君もこの第一次実践抜きで、いきなり第二次の実践は不可能だった。

君の中からは私に出会う前のスピ系のごちゃまぜの内容が混在して出てきているように思える部分がある。

スピ系はどの段階の者に向けても、
知らない方が良かったくらいの本当に駄目な情報であると思える。

その一番のダメな部分が「ごちゃ混ぜ」という事になる。

そしてスピ系自身もこの「ごちゃ混ぜ」を否定できない事だろう。

その程度の教えがスピ系だ。

つまり、ここをつかれたら返す言葉が無いのがやつらの正体だ。

実際は底の浅い連中だ、なんと言っても「ごちゃ混ぜ」だからな。

273 ラピ。 :2013/11/16(土) 12:02:17
☆TK師

まさしくその通りです。

実は今朝の師匠の書き込み(270)を見てブログを書き、
さっきアップしたところです。

http://daisukirapisu.blog87.fc2.com/blog-entry-1744.html

私の第一実践を思い出して書きました。

これが私の第一実践です。
@(*・ω・*)ポッ

274 実践マン :2013/11/16(土) 12:56:12
ラピ。先生

ありがとうございます。
いじけたり、癇癪を起こしたり、何もかもが気に入らないというエゴに丸一日中飲み込まれていました。
自分では受け止めきれず、家族に話を聞いてもらいました。
家族の愛ある目線のおかげで、自分の中にも、愛や慈しみの心をもったエゴを育てていいんだと認めることが出来ました。
自分にも優しさがあることを、全く信じられずにいました。
すると、今度は、自分だけでエゴを受け止められない自分に腹が立ち、情けないと、また自分を責め立てるエゴが現れたので、また「大丈夫、大丈夫」と優しいエゴを使うようにしました。
愛や慈しみの心が自分にあるとは信じられず、悟りたいと希望していたことが分かりました。
神様にしか自分を愛することは出来ないと思っていたんです。
理想の世界での私は、愛ある言葉を使い、愛を使って行動していると思いました。
これからは、愛あるエゴとともに日常の行動をしていこうと思います。
思い通りにならない癇癪をおこすエゴに優しく接することが、他者に愛をもって働きかける練習になると思いました。

そうしたら、早速、知人から悩み相談のメールが来ました。
愛あるエゴを使ってお返事しました。
こんな感じで、しばらく続けてみます!
挫折し止まっていた時間が、やっと動きだすような感じがします。
本当にありがとうございます。


TK先生

ありがとうございます。
掲示板と聖書とを読んでいて、裁くことをしていいのか悪いのか疑問でした。
私は瞬間的に、自分と他者を裁いてしまいます。止めることが出来ません。
許すということも今までよく分かりませんでした。
昨日、愛あるエゴを発見できたので、これからは他者に働きかけます。
愛あるエゴを育てて強くし、理想の世界を実現していこうと思います。
ありがとうございました。

275 開運 :2013/11/16(土) 13:17:02
絶対的には何もないのに言葉が飛び交うのはなぜでしょうか?

276 開運 :2013/11/16(土) 13:41:07
>ただ、裁く対象が変わったと言うだけで、裁く行為自身は変わっていません。

私は裁いていませんなどと言うのは、嘘八百です、
激流段階のまともな実践者であっても裁きの行為だけはあります、
成就者が話すこれが真実です。

すでに解答頂いておりました

277 TK :2013/11/16(土) 18:30:47
>すでに解答頂いておりました

かなり、的外れな妄想だな。

妄想するより、君自身が事実を体現すればいいだけだがね。

>絶対的には何もないのに言葉が飛び交うのはなぜでしょうか?

答えなど単純明快だ。

君が絶対的ではないからそのように思うだけだ。

君も絶対的になれば「何もない」が当たり前で何ら不思議ではない状況となる。

あえて翻訳を試みてやろう、ここで話したデジタルとアナログの違いだ、
君には毛筆書体の筆の流れや勢いがあるように見えても、
我々のは単なる方向性の無い、有る無しの点の集まりであり、
それを見て君たちは動いているだとか飛び交っているだとか勝手に妄想しているんだ。

顕微鏡でも使ってよく見てみる事だな。(笑)

278 開運 :2013/11/16(土) 20:29:29
Tkさま

至って何もなくても
サティが入る
ということがわかりました

279 TK :2013/11/16(土) 20:57:11
>至って何もなくても
>サティが入る
>ということがわかりました


>激流段階のまともな実践者であっても裁きの行為だけはあります、



何読んでるんだか。
ボケ、よく読め。

(5)
>達成した私達には内面(心)と言うものが無い、これがほんとうの無心です。
>内面が無いから従って外面もないのです、よってヴィパッサナなどの内面観察系の実践は
>逆立ちしても実践不可能(完了)です。


(51)
>ネット上はエセ実践者は多くいました。
>
>ちなみに、私は元実践者ではありましたが「現実践者ではありません」。
>
>実践修了者ではありますが、「現実践者ではありません」。

280 開運 :2013/11/16(土) 21:43:19
Tkさま

あと一つ
肉体を離れた後はどうなりますでしょうか?
至った方とそうでない方で違いはありますでしょうか

281 TK :2013/11/16(土) 21:57:20
こちらは動物園の動物では無い、
物珍しさの興味本位での質問の連発にはお答えするつもりはありません。

その段階でも無い者に、話せるものではありません。

以上、無記ということです。

282 ラピ。 :2013/11/16(土) 23:13:50
☆実践マンたん

私の実践を思い出しながら書きますね。

まず、私は至る前は「エゴ」というものが
どういうものかわかりませんでした。

巷で言われている「エゴ」というもの、
普通にいろんな人が使っているけど
私には「エゴってなんじゃいな」という感じでした。

でも至って「エゴ」というものがわかりました。
なくなったから自然にわかってしまうのです。

ちなみに実践マンたんの言われている「愛あるエゴ」は
本当のエゴではありません。
それは思考であり、エゴの一部でありますが
エゴそのものではないのです。

そして実践についてですが
「自分」をしっかり使って実践するのが第一の実践となります。

そのままの実践マンたん自身をしっかり使って実践することが
第一の実践となります。

>理想の世界での私は、愛ある言葉を使い、愛を使って行動していると思いました。

スピリチュアルの教えからの言葉かな。
私もかつての私の知識であったスピリチュアルをごっちゃまぜにして
実践マンたんにお伝えしてしまっていました。

第一の実践は、行動による実践になります。
自分の意志をしっかりと使って行動することが第一の実践です。

まずは今までの知識をいったん手放して
子供の気持ちになって
自分の理想の世界を作るためにどうすればいいかを
考えてみてください。

子供が「愛ある言葉を使い、愛を使って行動する。」
と言いますでしょうか?

この言葉は今までのスピリチュアルの知識の影響が出ています。
スピリチュアルな知識がなければ
そのような言葉は出ないでしょう。

子供である自分が理想の世界を作ろうとしたとき、
どの様な行動をするでしょうか。

スピリチュアルな知識のない子供が出す答えは
どのようなものでしょうか。

283 TK :2013/11/18(月) 18:56:17
実践マンさん

>掲示板と聖書とを読んでいて、裁くことをしていいのか悪いのか疑問でした。
>私は瞬間的に、自分と他者を裁いてしまいます。止めることが出来ません。

当初激流段階の実践で行けるかもしれないとの判断から聖書を勧めましたが、
その後、ワクワク段階の実践レベルが適切である事が分かってきましたので、
ワクワク段階の実践では聖書並び仏典の教えと食い違いが出てきます。

聖典は激流段階の教えなのです。

よって、
聖典類は躓いた時の道しるべになりますからその時に紐解いていただく事として、
今は参考テキストは何もない方が良いです。

ワクワクレベルの教えは、自分の出来るだけ高い理想こそがテキストです。

つまり、難しいものは何もありません。

伸び伸びと自分の高い理想をテキストに、やりたいことを「精一杯」やれば良いのです。

途中で困難が出てきたとしても、
精一杯の頭を使って頑張れば切り抜けることができます。

これだけで、幸せは手に入れられます。

激流はこれを精一杯やりつくして、
どんな手を使ってももう駄目だと言う人にだけ開くことが許される、
誰でも進む事が出来るわけではない最後のカードなのです。

つまり、扉の前にも立てていない人がむやみに開こうとすると、
酔っ払いの道に進むのです。

私から見ると、酔っ払いは沢山いました。

激流とは人間卒業の道ですから、
人間を生き切ってもいない者の入り込むような所では無い「聖域」なのです。

284 実践マン :2013/11/18(月) 19:20:29
ラピ。先生

ありがとうございます。
はい、エゴがよく分かっていません。
家族に優しく励ましてもらったことを愛だと感じて、
自分もそのようであれたらいいなと思いました。

>子供である自分が理想の世界を作ろうとしたとき、
>どの様な行動をするでしょうか。

スピリチュアルの知識がない自分が立てる目標を考えてみました。
自分なりの理想の世界を作る時に生じる問題を解消するために、私が出来ることです。
・みんなの同じ仲間でいる
・仲間が安心できる時間や場所をつくる

いつも出来る実践となると漠然とした表現になってしまいます。
もっと具体的な行動のほうがいいのでしょうか。
時間をかけて考えましたが、まだ少し迷います。

ブログの記事も参考にさせて頂きました。
頑張ります。
ありがとうございました。

285 ゆうこ :2013/11/18(月) 21:22:58
こんばんわ。

このところ
TK師にご紹介頂いたサイトの法話やQAを毎日読んでいます。

今まで、なんで仏教に興味がなかったんだろう、と不思議になるくらい
本当に心から賛同できる内容で
夢中で、毎日少しづつですが参考にしています。

実践(スローモーション・実況中継)も10日目
やはり朝の運転時がポイントのようですが
1日を通して、ずいぶん落ちついて過ごしている感じがします。

今まで試した○○法とか、祈りとか
限られた時間だけ行うものと違って、
四六時中行うことで変化する認識作用を内観するのは初めてなので
まだ慣れませんが、がんばっています。

また、法話を読んで、
行動範囲と心の縛りもひろがりつつあって
『どうやったら人に奉仕できるか』の視点で自分にこだわらず
月末に向かって行く元気をもらえています。
本当に良いサイトをご紹介頂いたと感謝していますm(__)m
ありがとうございます。

(来週は、肉体との闘いも出てくるので
精神力と実践でどこまでいけるか、という感じですが
粛々と1日1日の「今」に集中して進もうと思っています。)

286 ラピ。 :2013/11/18(月) 23:04:40
☆実践マンたん

>家族に優しく励ましてもらったことを愛だと感じて、
自分もそのようであれたらいいなと思いました。

それが実践マンたんの理想の姿なのですね。

>いつも出来る実践となると漠然とした表現になってしまいます。
もっと具体的な行動のほうがいいのでしょうか。

実践していればその都度アイデアがわいてくるので
決心したらとりあえず実践です!

>時間をかけて考えましたが、まだ少し迷います。

迷いがあるなら、「とことん実践」ができにくいかもしれないですね。

納得するものを見つけて
一度決心したらとことん実践です。

私はとことん問うて得た答えを自分の生き方として実践しました。

これからの実践マンたんの方針を決めるのですから
しっかり、時間をかけるのもいいと思います。

そして決心したらとことんです。

実践マンたんの理想に素直に
実践を決めていっていいと思います!

自分にとって「いい」と思えることを選ぶのがコツです。

@(*・ω・*)ポッ

287 ラピ。 :2013/11/18(月) 23:56:32
☆ゆうこたん

私も今更ながら
仏教の教えの完璧さにびっくりしています。

すごいよね!

ゆうこたん、実践がんばってるようですね。

どうぞ、自分の道を信じて
がんばってね!

@(*・ω・*)ポッ

288 TK :2013/11/19(火) 07:09:26
ゆうこさん

>精神力と実践でどこまでいけるか、という感じですが

この表現からも分かる通りで、
あなたには何度も繰り返しますが激流の段階の実践者ではありません。

激流段階の人の、それしかないと言う進み方の感覚ではないのです。

さらなる地獄に突き落とされなければ本質的に駄目な所ですし、
あなたは無理です。

興味本位がかなりのウェイトを占めているような状態で飛びついたところで、
酔っ払いになるだけです。

はっきり言いますと、今の状況ではぜんぜん、
成就できるレベルの実践になっていません。

激流段階の実践とは比べ物にならない、ママゴトレベルです。

虻蜂取らずになりますよ。

289 monica :2013/11/19(火) 12:14:06
ラピさま、TK師匠さま、書き込みをして頂いている皆さま
いつもたくさんの学びを ありがとうございます。

最近、昔夢中になっていたことをやってみました
私が思う理想はやっぱり無いと確信しました
全てあきらめ放棄したくなり、しました
その放棄とは、そもそもないものみたいです
私のものは何一つなかったみたいです・・・
とても楽になりました。

290 monica :2013/11/19(火) 13:27:28
訂正させてください。

書き込みをされている皆さま

291 ゆうこ :2013/11/19(火) 16:18:11
TK様

今、激流段階の実践をしているとは全く思っておりませんで、
(そもそも激流自体どんなものかよくわかりません^^;)

下から感謝を実行する際に
心の波立ちや雑念を捨て
集中力の欠如から起きた事故や凡ミスを改善する一助として
ご紹介頂いたスローモーションを始めただけという認識でおります^^;

思慮深く落ちついて言動するためと思ってやっているのですが
サティを止めた方がいいという意味でしょうか?

また、家庭や職場で、一生懸命改善に努めながら動いている中で
『激流』や『成就』を意識することはほとんどなく
それを目的にすること自体逆効果とも聞いたので
たまに浮かんでも、妄想、として片づけ、
「今」と「無常」(変化)の実感に集中するようにしています。

また、小さなこともできていないことに気付いたため、
自分のやるべきことを遂行するのに集中するだけで精いっぱいの現状です。

たとえば家事に心をこめる、職場での仕事を丁寧により奉仕できるように遂行する、などです。
その合間の心のつぶやきや妄想がムダなので
サティを取り入れて気が抜ける時間が減ってきている・・そんな状態です。

そのため、ご指摘されていることがピンとこないです。

私のような状態の人間が
実行中継・スローモーションといった方法を試すと酔っ払いになるので
止めなさい、
あるいは生活態度や気持ちに問題があるから改めなさい、ということでしょうか?
すみません、理解が追い付かなくて^^;

また、このスレッドは
『悟りを目指している方』用ですが
最初の頃は興味本位で書き込み始めましたが
今はその目的に向かっているという意識より
「いかに今に集中できるか」
「良い人間になれるか」という気持ちが中心なので、
今後こちらへの書き込みはしないようにしますね^^;

(以前、おっしゃっていた「実践への冒涜」とお怒りの言葉も
理解できないままのため
失礼を重ねた書き込みでしたら申し訳ありませんm(__)m

何しろ、悪気は一切なく
ただお二人への感謝と
自分を向上(改善)したい一心で
真面目に暮らすようになった事をご報告したつもりでした。)m(__)m

292 TK :2013/11/19(火) 17:59:11
ゆうこさん

>今、激流段階の実践をしているとは全く思っておりませんで、
(そもそも激流自体どんなものかよくわかりません^^;)

あなた全体が何をやってもスピ系のごちゃまぜと同じなんです。

今のままでは死ぬまで酔っ払いです。

スピ系(精神世間)というものから一切足を洗って現実に生きて下さい。

ヴィパッサナはやらないで下さい、あなたの段階のやる実践法ではありません。

あなたは、難しい事なんかいらない、ただ良いと思ったことを精一杯やる、
悪いと思ったことはやらない、障害が出てきたら精一杯突破法を考える、
こういう生き方を精一杯やって、そうすれば活路が見いだせてきます。

あなたは、精神世間から一切足を洗う事、そうしなければ、酔いが醒めません。

293 TK :2013/11/19(火) 18:30:20
monicaさん

>とても楽になりました。

何はともあれ、「楽」になったという事であれば、
とりあえずうまく行ったという事です。

ご自身で見つけ出したその方法でこれからも進んでいけば、
「楽」のままで行けるという事ですから、良かったのだと思います。

294 ラピ。 :2013/11/20(水) 06:44:45
☆monicaたん

「楽」なのですね。

「楽」だともう実践はできないかもですね。

monicaたん、これからどうするかは
自分次第です。

ちなみに本物の「楽」は
激流を乗り越えなければなりません。

295 ラピ。 :2013/11/20(水) 06:48:24
☆ゆうこたん

そうなんですね。
真剣なのかと思ってました。

ゆうこたんのされている実践は
「激流」とその前の段階の実践が混ざっているんですね。

でもゆうこたんがそれでもいいというのなら
それでいいと思います。

どうぞ、これからも頑張ってね。

296 monica :2013/11/20(水) 12:01:07
TK師匠さま、ラピ。さま

お忙しいところ お返事頂き、ありがとうございます。
幼い頃から、お互いに思いやる関係を望み探していました
私が思ってる様に思ってほしかったのです
私が出会う人たちは素敵な人ばかりです
でも私が理想とする関係にはなれませんでした
それが私にとって大きな苦の1つだったのですが、
最近、それが無くなった心の場所にいくと平安を感じ、
涙がとまらなくなったり、そこにずっといたい状態になります。

ラピ。さまやTK師匠さまとの出会いがなかったら、
そこに留まっていようとしたと思います
(すぐに苦はやってくるのですが、)
でもここは私が求めている場所ではないのです
ラピ。さまや、TK師匠さまの場所が私が行きたい場所です
まだまだこれからの私、
一生、実践者でいようと思っています
生きていく希望が欲しいからです
お二人に近づける様、実践がんばります
本物の「楽」を知りたいです!

皆さまとの出会いに感謝しております
ありがとうございます

297 monica :2013/11/20(水) 14:09:43
訂正させてください。

↓(すぐに苦はやってくるのですが、)↓

(苦はまたすぐにやってくるでしょうが・・・)

298 TK :2013/11/20(水) 21:27:19
ひとことここでお話をしておかなければならない事があります。

聖書や仏典と言うものは、激流段階の教えですから、
一般的に書店に売られていたりしますが、
実は多くの人には用が無いものです。

宗教そのものが、多くの人には用がありませんよね。

スピ系もそれらとなんら変わらない、何とか教の信者のレベルと同等です。

結局それに引っかかった所で、至れるものじゃない。

第一次探求の以前の私は、精神世界を求めていましたが、
その後光の存在との遭遇やら様々な出来事があって、
そこで得たものは色々と有りましたが要約すると「地に足を付けて生きろ」と言う内容でした。

つまり、
精神世界等から一切足を洗ってそういうものを一切頼りすがる事をしないで、
現実に生きろと言う生き方になったのです。

自分なりの生きる指針は持ってましたが、しかし、
それは精神世間など外から取ってきたような複雑なものでは無く、
ただ善をなそう、人の為に生きよう、
このような単純なもので精一杯生きていました。

だから、スピ系で利潤をあげている出版の方には申し訳ありませんが、
スピ系のような本を買ったり読んだりしている人はおかしな宗教の信者と何ら変わらず気持ちが悪いし、
そのような本を買ったり読んだり何を学ぶ気なのか知りませんが、
現実に地に足を付けて歩く前のおぞましい私自身と同様の者たちを見ると、
良い気分ではありません。

つまり、私は脱スピ系を説く者なのです。

また、そのようなものから離れる事を説く者なのです。

ラピ。さんについてもスピ系を一切やめる事に応じたので、
その後も教えが続き、やがて成就まで至ったのが事実です。

激流の門の前にも立てていないような者が、変な気色悪い本を読み漁り、
そのまま、死ぬまで酔っ払いを続けていく。

激流の門の前に立つまでは、脱スピ系が真実の生き方だと思います。

激流の門の前に立てて、その者に、ようやく、
書店で売られている聖典のページを開く資格が出来る。

それまでは、脱スピ系、
そのようなものに頼りすがらず「地に足つけて生きる」が私の教えです。

必要なものはスピ系を一切捨てて、
単純なものでいいから自分の生きる指針を持って思いっきり精一杯生きると言う事です、
これが実践です。

スピ系の本を手にするような人に対しては、まず、
それらを一切捨てて生きて下さい、それが悟りや幸せへの一番近道です、
という事になりますね。

299 ラピ。 :2013/11/20(水) 22:07:24
☆monicaさん

monicaさんの言われている「楽」とは
おそらくスピ系で得られたものでしょう。

スピ系はいろんな言葉で自分の気持ちを正当化し
(スピ系は肯定語が多いですよね)
麻痺してしまって
思考上の「楽」は得られるかもですが
それまでです。

いろんなスピ系の知識を詰め込んでいたかつての私は
なんでも頭で考え
出来事を自分の都合のいいように解釈し、
それで満足して生きていました。

これじゃ激流が起こるはずもありません。

monicaさん、monicaさんが実践したいのなら
一からのやり直しとなります。

まさしく、かつての私と同じです。

今までの知識を捨てて
シンプルに実践していくことが大切です。

monicaさんは苦手なことがありますか?

苦手なものがあるということは
カルマの真っただ中にいる、ということです。

monicaさんのできなかったこと、苦手なこと
挑戦してみませんか?

いろいろ自分なりに工夫して挑戦していくのです。

私もやってました。

それまでできなかったことができるようになるために、
いろいろがんばっていたことを思い出します。

@(*・ω・*)ポッ

300 monica :2013/11/21(木) 10:22:14
TK師匠さま、ラピ。さま

ご指摘頂き、ありがとうございます
これからは単純に 善をなし、人の為に正しく生きていきます

私の苦手なことは、人と係わること、大勢の人の前で話すことです
数ヶ月前に仕事が変わりまして、なぜかこの様な環境になっています
小さい規模ですが、最近ようやく慣れてきたところです
周りの人たちが快適に過ごせるよう心尽くしていこうと思います

もう1つ苦手なことがあります
ゆっくりした自分の時間がなくなる事です
これも家族の者たちが快適に過ごせるよう
もっと心配りすることで時間を使おうと思っています

生きているから、一からのやり直しができるのですよね!
よかったです☆
ありがとうございました
頑張ります。

301 TK :2013/11/21(木) 17:48:14
monicaさん

>私の苦手なことは、人と係わること、大勢の人の前で話すことです

アプローチとしては二つですね。


①得意な物だけどんどんと伸ばす。

②苦手なものもトライして克服する。

これ、「激流」の段階の人向けの内容とは異なりますから、
それ変じゃないとか言う人がいましたら、
その者は私から酔っ払いの大酒のみと罵倒を浴びせられる事でしょう。

>もう1つ苦手なことがあります
>ゆっくりした自分の時間がなくなる事です

自分の自由に出来る時間を自分の理想のために精一杯使うというのが実践です。

302 ラピ。 :2013/11/22(金) 00:21:27
☆monicaさん

そうです。
生きているからこそ、です。

私たちはこの世界に生まれただけで
大きなチャンスを得ていることになります。

このチャンス、
思いっきりこの世界で「自分」を生きていただきたいです。

monicaさん、応援しています。

303 monica :2013/11/22(金) 11:34:38
TK師匠さま、ラピ。さま

これからは人の為にを基本に、
自分の得意な物だけどんどん伸ばし、
苦手なものもトライして克服してゆく
ことを心がけます!

私の理想は、家族が健康でほっとする様な家を持つことです
今後は、完璧に整理整頓されたキレイな居心地のよい住空間と
食事作りを心がけたいと思っています。

忙しくなりそうです。
頑張って生きます!
ありがとうございました

304 TK :2013/11/22(金) 18:35:07
monicaさん

>忙しくなりそうです。
>頑張って生きます!
>ありがとうございました

何か伝わったみたいで良かった。

本当に単純な方向性を一つ持つだけで、生きると言うのは楽しい事になるのです。

ようやく、本来の人間の道を歩けそうですね。

自分自身を信じて下さい、困難があればあるほどやりがいがある、
どこまででも行けますから。

305 ラピ。 :2013/11/22(金) 20:28:07
☆monicaさん

これからもいろんなことがあると思いますが
そんな時は、ここで宣言したことを思い出してみてくださいね。

きっとmonicaさんならやれます。

私たちも通ってきた道です。
monicaさんも自分の人生を思いっきり生きてくださいね!

monicaさんの新しい出発に
こうやってメッセージできることを
うれしく思います。

306 TK :2013/11/23(土) 08:56:46
何かに頼りたいと言う気持ちが、スピ系を求める原因だと思います。

つまり、スピ系から離れられない正体は、依存心だと思います。

おかしな宗教の信者と、スピ系の人たちは全く同じだ、全然変わりが無い。

だからこそ、
そのようなものから離れる事に人間としての真っ当な生き方のヒントがあるのです。

スピ系など無くても、だれでも理想が持てるのですから、
自分で生きる指針くらい作ればいいだけじゃないですか。

何かに依存する、それがその人たちが、
死人のようにどこか地に足のついてない証拠でしょうが。

スピ系は駄目なんです、あんなもの、ごちゃ混ぜ、
ごちゃ混ぜじゃ何にもならない。

スピ系は捨てて下さい、あんなものが世の中にあるから、
人が幽霊のような足の無い生き物みたいにしか生きられなくなってしまうのです。

スピ系などと言う、そんなクソくだらないものに頼りすがるのではなく、
もっと自分自身を信じる事ですよ。

地に足がついていない、幽霊のような生き物になりたいですか、
その人たちがスピ系をやれば良いのです。

自分自身を信じて可能性に挑戦して、
スピ系に憑りつかれたお化けにならなくても、
スピ系から一切離れる事でやっと人間の生き方になれるのです。

スピ系を一切捨てて人間になりましょうよ。

善の心がある、理想がある、これだけで十分なんです、
他にスピ系のスの字もあってはなりません。

足の無いお化けになりたかったら、スピ系でも何でもどうぞ。

自分自身に善の心や理想というものがあれば、
スピ系はゴミ箱の中のゴミと同等のものですから拾い上げないで下さいね。

第一の実践は、脱精神世界なのです。

307 TK :2013/11/24(日) 11:28:58
もしも、自分自身が中途半端なままでも強引に進みたいという者がいたなら、
もう一つ手段があります。

それは出家する事です。

私が言う出家は、決してありふれた禅寺に入れとか、
そう言う事ではありません。

以前世の中で問題とされた○○ヨットスクールとか、
大阪のバスケの体罰で自殺者が出たあの監督のような者がいたならその者の所に弟子入りするのもよしです。

基準はそこの組織なり機関なりに今に至るまでに、
死者及び自殺者が出たところであるという事が、
私が述べる優良出家先の条件です。

そのような所では、中途半端な者でも、
ある一定のレベルまで「追い詰める」事を可能とした所なのですよ。

実は「追い詰める」という事が、メンタルの次元上昇の原理そのものなのです。

私がネットのこのような関わり方で多くの者に説ける手段はワクワクという事くらいしかありませんが、
出家ならいくらか中途半端なままでも「生か死か」まで追いつめるような手段があったのか、
と言うようなところですね。

うまくいけば、ラピ。さんの以前の段階くらいまでなら上がることができます。

更にその先に行きたければ、
成就者に予備実践無しにダイレクトに教えを説いてもらえることでしょう。

上記のような機関で誰かが死んだとか言うと、
決まってテレビにひょろひょろとどこぞやの間抜けそうな顔をした教授という者が出てきて、
程度の低いことをのべる。

私はあれを見るたびに、
「動物園のサルでも大学の教授になれるんですね」と言う考えが浮かんできます。

つまり、私の目にはあの者たちがサルにしか見えていないという事なのです。

あの者たちをモンキーと言っておきましょうか。

あのモンキーが今の世の中の次元の低さそのものなのですから、
世の中は今後も決してよくなりません、
あのモンキー達にはそのための理論が全く見えていないからです。

上記の機関の彼らが犯罪者にされてしまったのは、単純に「理論」が無かったからです。

恐らく「体感的」にはメンタル変容のための片鱗を知っていたのですね、
しかし、今の世の中「理論」が信仰の対象ですから「理論」がなければ、
犯罪者にされてしまいます。

世の中は決してよくはなりません、
あのようなモンキーがウロウロしているのですからね。

原始人対新人類みたいになるとおもしろいのですけどね。

私はワクワクの実践の後には激流の実践があると述べましたが、
では、どの程度が激流なのか全くわかってない人がいる、
生きるか死ぬかレベルで激流と言う表現のものなのです。

つまり、死ぬ人もいたでしょう、私はたまたま生きたのです、
と言うレベルが激流と言うレベルです。



ミラレパ - Wikipedia(2013年5月23日 (木) 01:01 UTC)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%AC%E3%83%91

>理不尽で過酷な肉体労働を長期間にわたってミラレパに課した。
>
>またマルパは、激怒して公衆の面前でミラレパを罵倒、殴打し、蹴り上げるなど、
>過酷な仕打ちを繰り返した。
>
>さらにマルパは、
>密教の灌頂を受ける弟子たちの輪からミラレパだけを何度も追い出すなどして、
>ミラレパが切望する教えは弟子たちの中でミラレパだけには決して与えなかった。
>
>これらはすべて、前半生で積んだ巨大な悪業を浄化するために、
>師マルパが深い智慧と慈悲によってミラレパに与えた試練であった。
>
>ミラレパはそれにより肉体を負傷し、何度も後悔と絶望の淵に投げ込まれ、
>最後には今生で教えを授かる望みをすべて失ってしまう。
>
>彼は、自分を助けようと奔走してくれた母のように優しいマルパの妻や、
>マルパに代わって教えを授けようとしてくれた兄弟子が、
>自分のお蔭でマルパの逆鱗に触れ、大変な窮地に陥っていることを知り、
>これ以上生き永らえても、恩人に迷惑を掛け続け、罪を積み続けるだけなので、
>今ここで死んだ方がましだと考え、自殺を図ろうとする。

308 ラピ。 :2013/11/24(日) 20:14:20
みなさまこんばんは!

TK師いつもありがとうございます。

私たちが歩いてきた道は
大変厳しいものでありました。

だからその時と照らし合わせて書き込みをすると
厳しい書き方になってしまうかもしれません。
でも、私たちは確かにその道を歩いてきました。

私の場合、自分の限界に挑戦する実践でした。

その時は悟りを目指していませんでしたが
結果的に彼岸に足を突っ込むこととなりました。
(第2の実践のことです。
この経験のおかげで最後の激流は1日で渡り終えました)

だから悟りを目指さなくても
精一杯生きていれば道は自然に開かれています。

せっかくこの世界に生きているのですから
文句を言う前に、この世界を精一杯生きられてはどうでしょうか。

今いる世界で精一杯生きられない方が
ほかの世界でちゃんと生きていけるでしょうか。

私は結果を求めることなく挑戦しました。

私は意志が強かったので(=エゴが強かった)
とことんやり抜きました。

私からよく出てくる言葉の一つが
「とことん」です。

どんなことも真剣にとことんすればいいと思います。

普通に考えてみて
中途半端な生き方ってどう思いますか?

精一杯生きる人ってどう思いますか?

答えは簡単ですよね。

普通に簡単でいいと思います

難しいことなんていらないんです。

「考える暇があるのなら、さっさと実践しろ。」

これは私が自分に言い聞かせていた言葉の一つです。

実践を本気でやってる時は
文句言う暇なんてありません。

309 ラピ。 :2013/11/28(木) 07:57:18
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

ちょっと書き込みます。

私はかつてこの世界の仕組みをとても知りたがっていました。
それだけにしか興味がなかった とも言えるかもしれません。
(でも日常、きちんとするべきことはしていました。)

だから普通の日常の楽しみにはそれほど興味がなく
淡々と実践をできたのだと思います。

私がかつて「最高の幸せ」についてブログで書いていたのは
その時点で私の中に最低のものも あったからです。
だから相対的な最高の幸せを書けたのです。

ちなみにこの「幸せ」というものも、私の真理探究の一部でありました。

今は最低も最高もなく、絶対的です。

これは思考ではたどり着けません。
でも思考なしでもたどり着けません。

なぜなら私もとことん考えたからです。
とことん考えて行き詰り、それを捨て去るを得ませんでした。

思考も必要なプロセスですが
いつか手放す時が来ます。

でもそれはとことん思考した人にしか訪れません。

矛盾しているようですがそうなんです。

私は真理を求めていました。
とことん求めてついに真理そのものとなりました。

みなさまも自分の求めるもの、とことん求めてください。

まずは求めることから。
そしてそれに伴った行動。

求めることすらも手放す時はきちんとやっていれば
自分が一番わかります。

310 liberty :2013/12/01(日) 13:15:10
こんにちは。はじめまして。突然ですが、質問させてください。

TKさん、ラピさんのようなココでの至った方々は、
その後は、人間関係での悩みなども一切なくなるのですか

例えば、もし組織運営(営利団体)していて、自分がリーダーといった立場で
その組織で目指そうとしている方向に合わない価値観を持っていると感じる
人間がいた場合、至った人だとどういう対応をするのか、もしご回答いただけ
ましたら、幸いです。
※目指す方向が、単なる利益追求ではなく、顧客・従業員・社会への貢献が
目的であるという理念に基づいている場合として、お願いいたします。

311 liberty :2013/12/01(日) 13:32:55
すみません。補足させていただきます。

私は、そういう人間がいた場合、まずはできるだけ自分の心をオープンに
して対話を心掛けているのですが、どうしても「やはりこの組織には合わないのでは?」
「この人は他で自分の道を歩んで行くほうが、この人にとっても、組織にとってもいい
のでは」と思ってしまう状況があります。
ただ、かといって本人が自ら退職を望まない限り、そういったことを
こちらから伝えることは非常に難しく(法的にも)、こちらもそういった
ことはしたくないので、何かしらのヒントが得られれば非常に幸いです。

312 TK :2013/12/01(日) 13:47:05
>TKさん、ラピさんのようなココでの至った方々は、
>その後は、人間関係での悩みなども一切なくなるのですか

何か異次元的な質問ですね。

悩みというものはマインドの産物です。

さらに言えば、人に対しての依存心が高い者ほど人に対しての悩みは多くなる。

悩んでも悩まなくても、現状は変わりません。

ちなみに悩むと言うのと悩み無しに考えると言うのは別物と捉えて下さい。


>例えば、もし組織運営(営利団体)していて、自分がリーダーといった立場で
>その組織で目指そうとしている方向に合わない価値観を持っていると感じる
>人間がいた場合、至った人だとどういう対応をするのか、もしご回答いただけ
>ましたら、幸いです。


我々は目指しているふりは出来ますが、目指してはいません。

ただ、やっているだけです。

色々な価値観を持っている人はいると思いますが、
それはただ、それだけの事ですよね。

我々はどのように結果が出ようとも、
それが自分の「仮に」取っている方向性と食い違おうと、ただ、
そのようになったと言うだけです。

私はここでパソコンの毛筆書体と実際の毛筆を例に出した通りで、
実際の毛筆で書いている途中で定規でピタッと線を引いたように止めろと言われても止められないと思いますが、
パソコンの毛筆書体はその正体が流れの無い点の集まりなので、
止める事が可能なのです。

その意味で、実はどちらの側に立った捉え方も我々には可能ですから、
そのマルチな広い視点(ありのまま)で説得するなり、無視するなり、
様々なスタンスが可能となります。

さらに自分の取っている表現も臨機応変、その場の状況で、
すぐにひっこめる事も、ひっくり返す事も我々にはたやすい、
このとっさの振る舞いが簡単にできてしまうだけでも至る前とは大違いなのですが、
一般的には器用な人の部類に入ると思います。


>※目指す方向が、単なる利益追求ではなく、顧客・従業員・社会への貢献が
>目的であるという理念に基づいている場合として、お願いいたします。

ですから、異次元につき、このようなとらえ方がないのが我々です。

このようなとらえ方があるのが我々ではない人たちです。

至った我々は正義のために仕事をしている人間とは別なのです。

313 TK :2013/12/01(日) 14:00:44
>私は、そういう人間がいた場合、まずはできるだけ自分の心をオープンに
>して対話を心掛けているのですが、どうしても「やはりこの組織には合わないのでは?」
>「この人は他で自分の道を歩んで行くほうが、この人にとっても、組織にとってもいい
>のでは」と思ってしまう状況があります。

人間などエゴの塊ですから、いかような者がいても不思議ではありません。

ただし、
どんな意見の者にも有無を言わせないくらいの完璧な理論の連発が武器に出来るとかがあれば、
かなりの点でその者達が納得できる状況も作り出せることも事実です。

悟った者とそうでない者とは、既にパワーが違うのですから、
同じ土俵で考えても無理ですよ。

>ただ、かといって本人が自ら退職を望まない限り、そういったことを
>こちらから伝えることは非常に難しく(法的にも)、こちらもそういった
>ことはしたくないので、何かしらのヒントが得られれば非常に幸いです。

我々は状況を変えようなどと言うつもりで、
いつも行為を出力しているわけではありません。

行為はただの行為なのです。

その上で、例えば目的とする内容の障害となる人物が目の前にいて、
その人物を何ともできないとしても、それはただそうだと言うだけなのです。

むしろ、悟っていない人にとっては、
このようなシチュエーションはまたとない、自分自身を成長させる機会ですよ。

思い通りにスムースにいく内容より、
思い通りにいかないからこそメンタルは成長させられるのです。

このような機会を自らのメンタル成長のために逃してはなりません。

314 TK :2013/12/01(日) 14:22:54
>悟った者とそうでない者とは、既にパワーが違うのですから、
>同じ土俵で考えても無理ですよ。

この部分を解説しておきますが、悟るとマルチスクリーン的なあるがままの視点、
獲得した常にアルファー波が出ているようなリラックスした意識状態から繰り出される対話を初め行為の数々、
これをフロー又はゾーンと呼びますが、悟る前の者たちとは大きな違いが出るのです。

剣禅一致と言いますが、現代の呼び方で剣は技術の修得、禅はメンタルの修得、
メンタルの修得が出来ていない人間対メンタルの修得が出来ている人間では差があって当たり前ですよね。

つまり、理論で片づけられない能力の違いです。

バカな学者に先導された人類に、口を大にして伝えたい内容ですよ。

技術の修得しかない遅れた科学理論は原始人と呼ばれる次元。

地球が平らだなどと、いくら原始人の科学者でも恥ずかしいからやめて欲しい。

315 名無しさん :2013/12/01(日) 15:15:14
☆libertyさん

書き込み、ありがとうございます。

まず、私たちの立場からのそういう方への対応ですが
(TK師が先に書き込んでくださいましたが)
参考にならないと思います。

ただ、libertyさんの立場としてどうしたらいいかを
お伝えすることはできるかもしれません。

そういう人に対してですが、
やはり、まずはしっかり話し合ってみてはどうでしょうか。

話し合うことによってその人自身も
そこに合わないと思うかもしれないし、
もしかしたら頑張ろうと思うかもしれない。

libertyさんは対話を心掛けているとのことですので
必要な話がしっかりできる時間をおとりになってはいかがでしょうか。

間接的に言うと伝わりにくいこともあります。

そしてたぶん、その人も何かを感じてると思います。

しっかり意見を伝え合いすることでお互いプラスになると思います。

リーダーという立場であるのなら
そういう話もしやすいのではないでしょうか。

また、その人の相談にのってみるのもいいと思います。
その人の本音が聞けるかもしれません。

それも無効な場合、
libertyさんはリーダとしてその人に伝えてもいいことがあります。

その人は仕事をしないのでしょうか。
それともやる気なくだらだらしてる感じ?
それともlibertyさんの価値観による
「こうあるべきだ」に当てはまらないとかでしょうか。

もしその人が自分のするべき仕事ができていないのであれば
注意してもいいと思います。

でも、注意の仕方もいろいろありますね。

そういう時こそ、やはり、しっかり話をしてみるのがいいと思います。

libertyさんはリーダとしてするべきことをし、
その人はその人の立場できちんとするべきことをしなくてはなりません。

お給料をいただいているのですから当然です。

ちなみに私の書いたこの内容は
わくわく段階での内容です。

激流段階になると内容は変わってきます。

316 ラピ。 :2013/12/01(日) 15:16:39
315の書き込みはラピ。です!

@(*・ω・*)ポッ

317 TK :2013/12/01(日) 16:36:35
参考までに、たまに私が口にする方便があります。

我々は正しい仕事をすることが我々の会社組織の中における使命なのでは無く、
報酬を払う者の意図する方向に動く事が我々の会社組織の中における使命である。

報酬を払ったりもらったりする立場においては、
嫌ならやめて他に行くしかないのです。

報酬を払ったりもらったりする立場の関係など、
会社組織から殺し屋の世界までこの関係性で成り立ってます。

正しさなどというものは、一人一人が別々の基準であり、
自分がもし報酬を払う立場の側だったらどうでしょう、
報酬を払う自分の正しさと食い違う正しさを皆一人一人が持っていてバラバラに動いていたら、自分自身は報酬を払う価値が無いと思わないでしょうか。

私の正しさに賛同してくれる人と協力して一つの事をやり遂げて行きたい、
だから私がその協力者に報酬を払って仕事してもらう価値があるのです。

私の正しさに賛同しない人に報酬を払って雇うほど私はバカではありません、
とそうなりませんか。

全て屁理屈ですけどね。

このような屁理屈も別な屁理屈でも、
機関銃のように瞬時に自在に使い回せるのが、
フローを獲得した我々悟った者ですから、
なかなか敵には回したくない相手と思われているかもしれません。

318 liberty :2013/12/01(日) 17:39:21
TKさん、ラピ。さん
ご回答いただき、誠にありがとうございます。
非常に非常に参考になりました。また、私の中でこういう方向で
いってもいいのかな・・と引け腰になっていた方向性の対応で
いってもいいんだと、背中を押していただけたような感覚が強くあります。
まずは、ご指摘の通り、この機会をメンタルの成長の機会と捉えて、
この状況から何を学べるかという心持ちで、もっと対話を重ねてみようと思います。

TKさん>至った我々は正義のために仕事をしている人間とは別なのです。
ラピ。さん>ちなみに私の書いたこの内容はわくわく段階での内容です。激流段階になると内容は変わってきます。

この部分に関しては、まだまだ今の私などでは正直なところ理解が
難しいのかな・・と思いますが、全く次元の異なる質問で全く相手にして
いただけないのではないかという不安もあったのですが、本当に感謝です。
ありがとうございました。

ちなみに、私事ではございますが、数か月前に経営の勉強会で
「波動の法則(宇宙の法則)」というものを知り、
・足立 育朗氏の波動の法則 ・バシャール ・中村天風氏
といったような本を読んでいたのですが、気になったキーワード
(忘れましたが・・)で検索していると、この掲示板にたどり着きました。

すると、この掲示板には非常に興味深く、心に響くことが多く、とても
惹きこまれました。そして、私のような次元の突然の質問にも、非常に
心強いご回答(アドバイス)をいただき、心より感謝致します。

また何かあれば、書き込みをさせていただくかもしれませんが、何卒
今後ともよろしくお願い致します。

319 ラピ。 :2013/12/02(月) 07:45:20
☆libertyさん

ここを見つけてくださってありがとう
@(*・ω・*)ポッ

ワクワクと激流の違いですが
しっかり日々を生きていればわかりますので
大丈夫です。

私は何の知識もなかったけど
決心したことを一生懸命頑張ることで
次のステップ(わくわくから激流へ)に進めましたから。

libertyさん これからも応援しています!

320 liberty :2013/12/02(月) 13:08:47
ラピ。さん、ありがとうございます!

すみません。再度、書き込みをさせていただきます。

こちらでよく出てくるキーワード「実践」というのは、リンクのあった
「ヴィパッサナー実践」ということなのでしょうか?

それとも、例えば「常に感謝の気持ちを忘れないよう毎瞬毎瞬意識する」
といったようなことでしょうか。

または、実践とは「人それぞれ、状況によりそれぞれ」なのでしょうか。
その場合は、まずは「善玉のエゴを最大限に育み、よりよい社会づくりに
貢献する」といったことということでよろしいでしょうか。

この掲示板に出会うまでは「悟り」ということをそこまで真剣に考えたこと
がなかったのですが、目指せるのであれば・・という思いもあり、質問
させていただきます。バンドのNirvanaは大好きでしたし(^_^;

あと、道元禅師の禅(ZEN)というDVDを見たのですが、道元禅師は
TKさんやラピ。さんから見ても、悟った人物に相違ないですか?

昨日から連続での質問で恐れ入りますが、どうぞよろしくお願い致します。

321 TK :2013/12/02(月) 18:33:02
libertyさん

>TKさん>至った我々は正義のために仕事をしている人間とは別なのです。

至った者は、正邪を超越した所にいます。

なすべきことをなし終えた者と言うのです。

何もできない境地と表現しても良いですね、
異次元の人にはこの表現では通じませんが。

スッタニパータ715
>(輪廻の)流れを断ち切った修行僧には執著が存在しない。
>なすべき(善)となすべからざる(悪)とを捨て去っていて、
>かれは煩悶が存在はない。」

マタイの福音書 5章45
>それでこそ、天におられるあなたがたの父の子どもになれるのです。
>天の父は、悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、
>正しい人にも正しくない人にも雨を降らせてくださるからです。


>こちらでよく出てくるキーワード「実践」というのは、リンクのあった
>「ヴィパッサナー実践」ということなのでしょうか?

出家とかするのだったら、
ヴィパッサナーで成功する可能性もあるかもしれませんが、
在家ではまず酔っ払いと言う、つまり気分だけのなんちゃって実践者になれます。

一生死ぬまでをそうやって酔っ払いとして過ごすのです。

我々はヴィパッサナーの実践は既に不能です、つまり、実践者ではありません。

実践と言う表現は、何も生きる基準などない「放逸」な状態に対して、
何らかの生きる上での自分なりの決まりに沿って意識的に生きる事をそう表現しています。

聖書なり仏典なり、世の中にありふれて出回っているポピュラーなものですが、
あの内容は我々が「激流」と表現する内容で、
実はそんなに簡単に手出しできる代物ではないのです。

にもかかわらず、
その本質が何であるかも理解せずに手を出そうとする者が多くいるのも事実ですが、
全然まともに実践などできていないで、
なんちゃって実践者と言う酔っ払いで死ぬまでそれ続ける人もいると思います。

とくに、納得や理解を前面に出すようなとらえ方ではだめです、
すべからく寿命が尽きるまで酔っ払いですね。

準備段階の実践が必要なのです、それがワクワクです。

変な宗教書などむしろ邪魔以外の何物でもありません。

宗教の信者にはならないで下さい。

まずは、ここからがスタートなのです。

私もラピさんも、宗教からではありません。

宗教などくそ食らえと言う立場からのスタートが正解です。

私はワクワク段階の実践者が宗教の文字にぶら下がって、
酔っ払いになっている状況を良く目にします。

くれぐれも世に多くいるこのような横道にそれた人たちの中には入らないで下さい。

全て、その者たちの「依存心」というものがもたらした悲劇です。

私もラピ。さんも現在宗教などこれっぽっちも信仰などしていません、不信仰者です。

まともに宗教に接するとこの我々のような不信仰者になれるのですが、
先に述べたようにまともじゃないから死ぬまで宗教の世界の酔っ払いとして生きる人ばかりなのです。

322 liberty :2013/12/02(月) 19:56:32
TKさん、ご回答ありがとうございます!

>至った者は、正邪を超越した所にいます。
>なすべきことをなし終えた者と言うのです。
>何もできない境地と表現しても良いですね、
>異次元の人にはこの表現では通じませんが。

なんとなくではありますが、分かったような気がします。
ありがとうございます。


また、ヴィパッサナー実践に関しても、ご説明ありがとうございました。

では、在家の場合(私のような一般人)だと、「実践」というものは
「なすべきことをなす」ということであり、人それぞれであるということだと
理解してよろしいでしょうか。私なりに、これを「実践」としていってみようかな?
というものを考えてはみたのですが、正しいかどうかは全く自信がなく、誤った
実践を毎瞬毎日重ねていくことは、絶対にしたくないという思いが強く、
お尋ねさせていただきましたが、こういう考えがもしかしたらマズイのでしょうか・・


後半部分に関してましては、私も宗教は不要(むしろ害の方が遥かに大きい)と思っております。
ただ、仏教と神道(いずれも詳しく学んだことなど全くないですが・・)に関しては、より良く
生きるための智慧が大きく詰まっていて、特に
仏教だと
・熱心な仏教徒ではないが地元のお寺(臨済宗)に、先祖の墓があり、お参りすると気持ちがいい
・般若心経(特に最後のギャーテーギャーテーからの部分の響きがいい)
神道だと
・自然のもの全てに神が宿っている(八百万の神)
・神の本当の正体は鏡(そこに映るもの=自分)
といった部分はとても素晴らしいと思いますし、好きです。


もしよろしければ、在家の場合の「実践」に関して、もう少し何かしらのヒントをいただくこと
ができれば、非常に幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

323 TK :2013/12/02(月) 20:48:52
libertyさん

もしも神がいて、願でもかけたら叶えてくれてとかと思ってますか。

「神」などと言う妄想はこの際一切捨てて下さい。

第一の実践は「自分自身」を信じる実践なのです。

自分以外の例えば「神」等と言う妄想を信じる自身が、
その分自分自身への信が薄くなることを意味しています。

自分自身がしっかりしていれば、
「神等と言う妄想」はこれっぽっちも必要ないはずです、そう思いませんか。

神のような妄想を信じる者は、自分自身に自信が持てない弱い者だけです。

これが第一の実践です。

強い精一杯の自分を作り上げて、それでも、
なおかつ苦境に立ってさらに進んでいこうとする者には、
もしも神仏がいたら神仏も力を貸せてくれるかもしれませんが、
人間としてやる事もやらないそのようなへっぴり腰に力を貸してくれる神など居ません。

こういう輩が多いのです、この馬鹿げた神だ仏だと気安く言葉にする世界ではね。

そのような神などと一切信じてはなりません、
信じられるのは自分自身の能力と可能性です。

まずは、地に足を付けて歩めばなんでも可能だという事を自分自身で知る事です。

そして、とりあえず高い理想が無かったら、善をなす、悪をなさない、
こういうごく単純な生きる指針を持って毎日を精一杯生きる事です。

そのうちに、具体的な高い理想が持ててきたら、それに全力で取り組むのです。

これが、第一次の実践であるワクワクの実践です。

324 liberty :2013/12/02(月) 21:16:06
TKさん、ご回答ありがとうございます。

ただ、少し誤解されている感じを受けたのですが、私は
神=自然
神=宇宙
神=空気や水や太陽、そしてこの驚くほど精密な体(骨、血管、内臓、細胞など)
要するに、自然が神だと思っています。

決して偉人でもなく、見えない謎の存在でもなく、神秘的なものでもなく(自然は実際神秘的なことが多くですが)
ビッグバンから始まり星ができ、銀河系ができ、太陽系ができ、地球ができ、生物ができ・・・といった
何だか理解はとても不可能だけど、実際にそうなっているという事実、つまり大自然をつかさどる目に見えない
もの、結局は“大自然の力”が神と呼ぶに相応しい唯一のものだと思っています。

起きて、食って、飲んで、垂れて、寝てができるのも、全て大自然の恩恵の上に成り立っているのではないでしょうか。
そう考えると、こうやって生まれて人生を過ごせているだけでも、本当に感謝です。ましてや、こんな豊かで平和で
自由のある国である日本に・・これに関しては、誰になんと言われようと、私が信じていることです。

反論したい訳では全くないのですが、ちょっと誤解されているかな?と感じましたので・・(^_^;

325 TK :2013/12/02(月) 21:30:31
libertyさん

>反論したい訳では全くないのですが、ちょっと誤解されているかな?と感じましたので・・(^_^;

いえ、単なる警告です。

自分自身を強く信じれる者だけが、次に進む事が出来るのです。

大自然が神などと、これも一種の迷信みたいなものでは無いですか。

自分で行動を起こさなければ何事もならないのです。

ですから、あまり迷信めいたものに関心が向く自身が、
この推進力の妨げとなるのです。

現実こそ真実ですよ。

迷信めいたものにロマンを追うのも良いですが、それより、
自分の足で前に進む事の方が重要なのです。

326 ラピ。 :2013/12/02(月) 21:48:46
☆libertyさん

libertyさんが神=大自然によって今、恵まれていて
すでに幸せであるのなら
何も目指す必要もないし、
がんばる必要もないと思うのですが
いかがでしょうか?

libertyさんが何が何でも信じるそれが
libertyさんを幸せにしてくれているのなら
もうlibertyさんは幸せなはずですが
いかがですか?

@(*・ω・*)ポッ

327 liberty :2013/12/02(月) 22:06:30
>TKさん > いえ、単なる警告です。

誤解でなくよかったです。ちなみに私も迷信めいたものは反吐がでます・・

TKさんは、神という文字が嫌いなのかもしれませんね。
確か、自分の考えを「示」し+「申」すが、本当の「神」という文字の意味で
あると聞いたことがあります。

ちなみに、私は墓参りも初詣もしますが、願い事なんか一切致しません。
ただ、「ありがとうございます。」と心で感謝するだけです。


>ラピさん。 >もうlibertyさんは幸せなはずですがいかがですか?

はい。正直、本当に幸せだと思っています。本当に、全てに心より感謝です。


TKさん、ラピさんこの2日間の掲示板のやりとりは楽しかったです。
特に昨日のアドバイスには心より感謝です。ありがとうございました。

328 TK :2013/12/02(月) 22:41:05
libertyさん

なぜに私が第一の実践で神と言う概念を持ち出すことを回避するかと言うと、
まず、我々は精神体である以前に人間として生きています。

この人間としての生を全うするのが第一の実践の主目的だからなのです。

動物がサルが、ウサギが神などと言う概念を持ち出すでしょうかね。

スタートでは、この手の妄想は禁止です。

あなたは、精神体である以前に人間なのです。

自然に対して神等のラベリングは禁止で、単なる物質的な現象です。

この順序を踏み外した者が皆酔っ払いの道に進むのです。

私はこの脱精神世界的生き方の戒めを何と光の存在から受けました。

それを経てようやく精神の扉を開ける事が許可されたのです。

重要な実践だったと思います。

ラピ。さんの成就でそのプロセスはほぼ確実に必要なものとなりました。

私は今、実践法を説いているのです、
あなたの生き方をとやかく言うつもりはありません。

あなたの述べる仕事と同じです、仕事中に大自然は神だなどと言っていたら、
この人妄想狂なんじゃないと言われてしまいます、
仕事中は妄想を抱く事より業務が優先するのと同じなのです。

現実に生きる事を説いているのです、神の恵みじゃないのです、
自然と言う物質的な現象に自分の手で自分の足で、取り組んで生きていくのです。

329 liberty :2013/12/02(月) 23:28:35
TKさん

すみません。ひとつ質問してみてもいいですか?

“あなたはなぜ人間として、この世に生を受けたのですか?”
※もし、起きて、食って、飲んで、垂れて、寝て、日本語を話して・・をしていない存在
であれば、私の質問が誤りとしか言いようがないので、その場合は申し訳ありません。

330 TK :2013/12/03(火) 00:07:41
libertyさん

>“あなたはなぜ人間として、この世に生を受けたのですか?”

あなたの質問は的外れなのです。

これが回答です。

意味ですか、既に異次元です。

精神世間に酔いたい人はいるのです。

私はそれを戒められたのですから、一応話だけはさせてもらいましたが、
酔っ払いになるのはその人の勝手ですし、
実際に(死ぬまで)酔っ払いの道に進む人が多いのです。


マタイの福音書 7章13
>狭い門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。
>そして、そこから入って行く者が多いのです。


多くの者たちの前にイエスも釈迦も姿を現すことなど絶対にありません。

それがその者達が違う道を歩いている事のあかしです。


ヨハネの福音書 14章21
>わたしの戒めを保ち、それを守る人は、わたしを愛する人です。
>私を愛する人はわたしの父に愛され、わたしもその人を愛し、わたし自身を彼に現します。」


あなたはあなたの生きたいように生きればいいと思います。

死ぬまで酔っ払いも良いじゃないですか。

死んでも酔っぱらえないのと変わりないですよ。

実は私も人に教えることはよほどのお願いでもされない限りは、
大してしたくないのです。

言葉だけですが、幸運をお祈りいたします。

331 liberty :2013/12/03(火) 00:12:46
TKさん、ご回答ありがとうございます。

ちなみに、答え(というか、答えはひとつしかないでしょうが・・)は、

「親が人間であったから」

に違いはないですよね?これに異論があれば、ご回答ください。
なければ、それが事実ということで、それ以外の何でもないですよね?

332 liberty :2013/12/03(火) 00:25:37
プチ補足として、

もっと具体的に言えば
「親が人間で、日本人で日本国内で生まれたから」

ですよね?違ってたら、すみません。

333 TK :2013/12/03(火) 07:24:40
>「親が人間で、日本人で日本国内で生まれたから」

良いですね、精神世界的では無い回答です。

話が通じているので、あなたの事が気に入りました。

334 liberty :2013/12/03(火) 17:54:08
TKさん、ありがとうございます。

では、あなたは「親が人間で、日本人で日本国内で生まれた」ことに感謝していますか?

親が人間であったのも、日本人であったのも、本当に奇跡的にラッキーでありがたいこと
だと思いませんか?

※いや、私が親や社会を創造し、自らの意思で、体を作り人間として生まれてきたんだとか
いう方がいれば、その人は異次元人か宇宙人なのか謎ですが、一度顔を見てみたいものです。(^_^;

335 ラピ。 :2013/12/03(火) 22:56:02
☆libertyさん

>はい。正直、本当に幸せだと思っています。本当に、全てに心より感謝です。

libertyさんはどんな瞬間も幸せなんですか。
どの瞬間も感謝できる状態ですか。
それなら職場の悩みなんてものも起きるはずもないと思いますが。

その神=大自然がたまに自分にとって不都合な時はありませんか。


>はい。正直、本当に幸せだと思っています。
本当に、全てに心より感謝です。

これはいわゆるポジティブシンキングというものですかね。
本当にそう思っていなくても、そう思おう、みたいな。
そう思う時もあるけど、そうでない時もある。
でも、今は感謝できる、みたいな感じですかね。
条件付きの感謝ですね。

「いいえ、そうではない」、というのなら
libertyさんに不満は全くないはずです。

職場の問題すらもないはずです。

常に感謝の状態であるのなら、不満や問題なんて
起こるはずがありません。

不満や問題が起こってる時は
感謝なんて忘れているでしょう。


>もし、起きて、食って、飲んで、垂れて、寝て、日本語を話して・・をしていない存在
>であれば、私の質問が誤りとしか言いようがないので、その場合は申し訳ありません。

「〜をする」という次元に私たちはいません。
行為をする「自分」がいませんので。

何かをする時はそれそのものです。

〜をしている存在ではないのですよ。


>では、あなたは「親が人間で、日本人で日本国内で生まれた」ことに感謝していますか?

感謝ですか。

感謝したらどうなるんですか。

もし、感謝しなかったらどうなるんでしょうね。

336 TK :2013/12/03(火) 23:19:19
>では、あなたは「親が人間で、日本人で日本国内で生まれた」ことに感謝していますか?
>
>親が人間であったのも、日本人であったのも、本当に奇跡的にラッキーでありがたいこと
>だと思いませんか?

ラピ。さんから説明していただけてましたが、異次元ですよ。

感謝や有難いは、
あなたたちの世界の当たり前でも私たちの次元のものではありません。

これが、我々が酔っ払いではなかった証です。

ちゃんと、きれいさっぱり感謝も有りがたいも、
きちっとした間違いのない実践が行われていたら、終わるのです。

中途半端に死ぬまで、神だ、感謝だ、有りがたい、人々を救うなどと、
これやってる酔っ払いいるのです。

くれぐれも、こんな風にならないでくださいね。

337 liberty :2013/12/03(火) 23:27:39
ラピ。さん、TKさん

ご回答ありがとうございます。
完全なる異次元の方々と触れ合えて、感謝です。

どうぞ得体のしれない「実践」と「激流」の普及に全力を尽くしてください。

私のような、ごく一般人が来る場所ではなかったようですね。

あなた達は何よりも優れた神そのものなんでしょうね。失礼いたしました。(^_^;

338 TK :2013/12/03(火) 23:47:25
>私のような、ごく一般人が来る場所ではなかったようですね。

それはあなたが決める事です。

当然我々とあなたは違います、しかし、我々もあなたと同じ時があったのです。

いわゆる先駆者と言うやつです。

能力も発揮できず、苦悩に埋もれた日々、視野も狭く、人に虐められ、
もう感覚的にそのような日々がどのようなものだったのか忘れてきていますが。

このような欠乏感の無い日々が来ることなど、
あなたのような時には夢にも思わなかったと思います。

あなたなりの思う所があるのなら、まず、それを精一杯やってみて、
良いと思いますよ。

>あなた達は何よりも優れた神そのものなんでしょうね。失礼いたしました。(^_^;

それはあなたがそのように我々を意味づけているだけで、
我々自身にとって我々は無いのですよ。

我々にとって我々は無い、これが我々なのです。

339 ラピ。 :2013/12/04(水) 00:08:28
☆libertyさん

感謝ですか。ほんとうに?

もうちょっと自分に正直になればいいのに。

>どうぞ得体のしれない「実践」と「激流」の普及に全力を尽くしてください。

普及に尽力を尽くしていませんが
それは命令ですか?

命令されてもしませんけどね。

>あなた達は何よりも優れた神そのものなんでしょうね。失礼いたしました。(^_^;

そんなこと一言も言ってませんが。

そもそも神ってなんですか。

340 TK :2013/12/04(水) 00:17:21
>我々にとって我々は無い、これが我々なのです。

付け足します、我々にとってはあなたもいないのです。

我々もこの状況をあなたの次元に翻訳して伝えるのにたまに苦労します。

あなたにとっては、あなたは迷いを抱える人間で、
目の前に異質な人たちがいてでしょうけど、
我々にとっては我々もいなければあなたもいない、本当なのですがこれ、
ラピ。さんにしか通じませんね、
あなたとは充分に異次元なのですがこれが真実です。

あなたには寝ぼけた人の言葉のようにしか聞こえませんよね、
それで十分だと思います。

私が逆の立場なら当然そう思います。

ただしネット以外の現実で、我々を寝ぼけた人間と思う人はまずいません、
動きや対応が万人のそれとは相違するからです。

我々と比較したら他の人の方が寝ぼけている人間に見えると思います。

しかし、見かけとは裏腹に寝てるのに近い精神状態が我々なのです。

つまり、寝てるくらいの楽な状態で、頑張っている者より働き者だと思われる、
このような不条理な状況にあるのが我々です。

341 liberty :2013/12/04(水) 00:56:31
TKさん、ラピ。さん、決して、私はあなた方を批判するつもりはないですよ。
ここの掲示板を信じるか信じないかも、見た人読んだ人その本人が決めるだけですしね。

ざっとと見れば、本当に参考になる(確かにその通りと感じる)内容も多いですし、その点
では本当に感謝です。

1点だけ、「実践」と「激流」という言葉が、ここでのキーワードのようなので、自分なりに解釈して、
疑問を尋ねてみたのですが、私には全く理解ができませんでした。次元が違うとか言われれば、
それまでですし、だからと言って、アホくさくて反論も致しません。

ので、もう少し「実践」と「激流」に関しては、一般人でも分かりやすいように今後は説明して
いかれた方がいいのでは?と第三者的な視点ですが、強く感じましたので、ご参考までに。(^_^;

342 TK :2013/12/04(水) 03:43:41
>次元が違うとか言われれば、
>それまでですし、だからと言って、アホくさくて反論も致しません。

アセンション(次元上昇)と言う言葉を良く使いましたが、真実です。

あなたとはちがって、
だからこそ学ぶ価値があると思うあなたからみて変わった人も中にいるのです。

ちなみにラピ。さんはその一人でした。

だから私から指導を受けたのです。

ラピ。さんが今のあなたと同じ考え方の持ち主だったら今のラピ。さんはいないのです。

去る者は追いません。

ご活躍をお祈りいたします。

343 TK :2013/12/04(水) 03:56:51
ちなみに、釈迦もよく質問者の問いに対して、
無記(無回答)という受け答えを多用した人です。

釈迦の教えが広まったのですから、この態度に、
あなたのようなアホくさいと思わない人がいたという事ですね。

参考までに、私も理解できない点こそ高次元だと信じた一人で成就しました。

理解できない事に真実があると思うのが、私とラピ。さんだったのです。

あなたはまだその段階では無いと私も判断します。

理解を拠り所に生きるあなたの生き方は間違ってはいません。

ですから、あなたはあなたの道を行って下さい。

それも今の我々の指し示すワクワクと言う内容の一つです。

激流段階を説明するつもりなど、ましてやあなたに説明するつもりなどありません。

我々の事は心配しなくて結構ですから、あなた自身の事を考えて生きて下さい。

344 ラピ。 :2013/12/04(水) 07:31:58
充分批判してるんですが気付けないんですかね。

かと言って批判が悪いわけではありません。

あなたが信じている「感謝」ですが
盲目的に「感謝すべきだ」みたいになってますよね。

おなかが減った時、感謝でおなかが満たされますか?

あなたが人間であるのなら そんなきれいごとではなく
人間らしく現実に生きてはどうですか。

理解についてですが
理解できるのは同次元のことだからです。

同じ次元だから理解できるのです。

今のあなたに理解できることだけを求めていたなら
次元上昇はあり得ません。

理解できることだけを求めていたらその次元どまりです。

理解を超えなければ次元上昇はあり得ません。

ちなみにもちろん自由ですので
今のままのその次元でいいのなら、それもありですよね。

私たちはおかげさまですべてから解放されている次元にいます。

あなたのいる次元の時は
想像もできないことでした。

もちろん、想像できなくてあたりまえです。

次元が違いますから。

345 liberty :2013/12/04(水) 19:25:53
TKさん、ラピ。さん
※もしこれが全くの勘違いであれば、スルーしておいてください。

私たち一般社会では「実践」とは言わずに「試行錯誤」「チャレンジの繰り返し」と
いった言葉を使います。

私たちはビジョン(理想像)を描くと、現実とその理想とのギャップという大きな
大きな壁が立ちはだかります。そして、その壁は最初は実に分厚く感じるでしょう。

ただ、覚悟を決めて、理想の実現に向かっていけば、少しずつ理想に近づいて
いくことができます。しかし!理想実現前の最後のところで、どうしても崩せない
ような大きな壁が現れます。それは想定外の苦境として現れることが多いようです。
もう無理だ・・万策は尽きた・・もう絶対に無理だと感じてしまうかもしれません。

が・・、そこでも心だけは挫けず諦めず「もうこうなったらどうにでもなれ!」と
死ぬ気で最後のあがきを模索していると・・・その壁を突き抜けるヒントが現れ、
理想を達成できるのです。

結局は、こういうことを伝えたいだけなのではないでしょうか・・?


あと、TKさんの書かれていることは、大体は理解できるのですが、ラピ。さんの
↑あたりの回答も、全く噛み合っていないというか、勝手な解釈もされているよう
ですし、異次元すぎる方なのかな・・?反論する気もないですが(^_^;

346 TK :2013/12/04(水) 19:33:47
たまに反論めいた意見に接するのも楽しいものですよ。

libertyさんは決して間違っていません。

この人は自分を信じて生きているのです、
その拠り所は納得と理解という事になります。

私は私の信者のようになるための教えを教えているわけではありません。

導師は私では無く、その人自身なのです。

他者に頼りすがるのではなく自分自身を信じて進んでいく、
これが第一の実践の在り方です。

「理解」と言う言葉が出てきましたので、
「理解」を拠り所に精一杯頑張ると言う生き方は、
ワクワク段階ではそれでいいのです。

しかし、ワクワク段階を精一杯生きた者の中で、
この思い通りになりにくい物質世界ならではの特性で、
ワクワクの生き方の限界に達してそれ以上どうしても進む事の出来ない者が出てくるのです。

私やラピ。さんがそれでしたが、
その時には、「理解」と言う行為そのものが放棄されるのです。

なぜなら、「理解」と言うのは何かを把握しようとする精神作用なのですが、
次元上昇とはこの何かを把握しようとする精神作用をすっかり放棄した状態が、
次元上昇そのものなのです。

ですから、
最終段階では「理解」という精神作用を放棄する実践方法に切り替えなければ、
次元上昇の達成は出来ません。

世の中にいるうさんくさい人たちは、
この点が分からずに物事を説いているのです。

「理解」「納得」、これにしがみ付いて離そうとしない、死ぬまで酔っ払いです。

宗教でも実践でも、神を敬うでも、捨てるために説かれるものが真実です。

我々はこれを捨てる段階に至れたのでこれらを方便として話す事が出来るようになりましたが、
今だ捨てられないような人がもっともらしくこれらを説いています。

盲人も人々を導きますので、ただし穴の中にですが、これが現実です。

しかし、導かれる方も充分に原因があるので、
私はこの人たちはそのままでいいと思います。

反対にこの人たちにとっては、真実の道は歩きたくないのです。

これが真実です、率先してそこにはまっていくと言うのが特徴なのです。

決して私の信者のようにはならないで下さい。

反面教師がちまたにいるので、繰り返しますが、導師は自分自身です。

347 TK :2013/12/04(水) 20:03:07
libertyさん

さようならと申し上げたのにまだいられましたか。

あなたの想う通りで間違いありませんが、あなたに一言警告しておきます。

あなたは、
私やラピ。さんがふざけ半分にあなたの受け答えをしていたと思っていられるのでしょうか。

実はまともに受け答えをさせていただいておりました。

>アホくさくて反論も致しません。

実に社会常識に照らしてですが、あなたのこちらに対しての失礼な表現です。

人をこバカにしてますよね。

>反論する気もないですが(^_^;

ここにも人をこバカにして見下している、あなたの内面が滲み出ています。

これがあなたの理想的な振る舞い方ですか。

それならどうぞ、ご自由になさってください。

348 TK :2013/12/06(金) 07:11:37
さて、人に物を尋ねる時の姿勢が全くなっていない者がいます。

このような人物が人に物を聞かせて人を束ねるのだと言う。

最初から、直にリタイヤする事は分かっていますが、
それはある意味良い事ですね。

その者自身に、その者の何がうまくなかったのか悩む機会が出来るからです。

その者にはそうするためには足りないものがあるのです、
それが何かを考える機会が出来るのですから直に到来するだろうその時には大いに悩む事です。

349 名無しさん :2013/12/06(金) 08:59:20
あぶり出し天才的ですね
Tk様より上手な方見たことがありません
ただ本人自身が気づくのが一番だと思います

350 TK :2013/12/06(金) 23:43:36
それでは掲示板を見ている人の為に、
この人物の書込みに対して解説をしていきたいと思います。

やっと本題です。

>私たち一般社会では「実践」とは言わずに「試行錯誤」「チャレンジの繰り返し」と
>いった言葉を使います。

初めからずっこけてます。

全てこの者の聞く姿勢の無さからこのような捉え違いが起きるのです。

このような人への聞き方面で問題のある者が、
自分のやろうとしている事の障害となる人物と話し合いをすると言う、
どのような展開になるのか想像できます。

肝心な部分を全く聞き落としているのですね。

>私たち一般社会では「実践」とは言わずに「試行錯誤」「チャレンジの繰り返し」と
>いった言葉を使います。

添削

◎私たち一般社会では「実践」と言わずに「試行錯誤」「チャレンジの繰り返し」に向かう際の「臨む姿勢の積極性」と言った言葉を使います。


物事に臨む際には弱気に臨む者も反対の姿勢の者もいる、私は自分を信じる事、
つまり自信という言葉を何度も繰り返したはずです、当たり前ですが、
この人物には肝心な部分はみな聞き洩らしておりました。


>私たちはビジョン(理想像)を描くと、現実とその理想とのギャップという大きな
>大きな壁が立ちはだかります。そして、その壁は最初は実に分厚く感じるでしょう。
>
>ただ、覚悟を決めて、理想の実現に向かっていけば、少しずつ理想に近づいて
>いくことができます。しかし!理想実現前の最後のところで、どうしても崩せない
>ような大きな壁が現れます。それは想定外の苦境として現れることが多いようです。
>もう無理だ・・万策は尽きた・・もう絶対に無理だと感じてしまうかもしれません。


このような弱気な想定(妄想)を初めっから持っていてどうするのです。

最初から自分には不可能はないと信じて、自信に満ち溢れてただ突き進むだけです。

積極性と消極性と有る中の積極性の力と言うやつですよ。

「わが辞書に不可能の文字は無い」これくらいの気構えで進んでいくのです。

>が・・、そこでも心だけは挫けず諦めず「もうこうなったらどうにでもなれ!」と
>死ぬ気で最後のあがきを模索していると・・・その壁を突き抜けるヒントが現れ、
>理想を達成できるのです。

弱気過ぎますよ、自分には不可能はないと信じて突き進むだけです。



>結局は、こういうことを伝えたいだけなのではないでしょうか・・?

私の言いたいことはほとんど聞き漏らされておりました。

この人には人の話に対しての聞く能力がかなり劣っています。

全て、表面上は善人ぶっても、本性は端々に現れるのです。

全てこの者の人の話の聞く姿勢の無さに起因しているのです。

聞く姿勢の無さは現状読み取り能力の無さをも表しています、つまり、
物事に対して適切な対処は出来ないという事です。


>あと、TKさんの書かれていることは、大体は理解できるのですが、ラピ。さんの
>↑あたりの回答も、全く噛み合っていないというか、勝手な解釈もされているよう
>ですし、異次元すぎる方なのかな・・?反論する気もないですが(^_^;

私は自分を信じる、つまり「自信」と言う点を何度も強調して説いてきました、
ほとんど理解できてないのに気分だけ理解できた気になっている、
これで、あなたが障害となる人物と話し合うのだと言う、
人間あなた程度の者に納得させられるほどそんなに甘くはありませんよ。

351 名無しさん :2013/12/07(土) 09:01:52
>あぶり出し天才的ですね
>Tk様より上手な方見たことがありません

しっぺ返しとは分かりますか。

それは、見えている者対見えていない者との間では、
最初からこのようになるのです。

至ると色々なもの、色々な結末、様々が広い視野で見えるようになります。

これを今回の人物のような目の前しか見えていないエゴ眼鏡に対して、
ありのままの視野と言います。

私もこれが分からなくて、
そしてこの躓きが、次への飛躍のチャンスになりました。

いくら人を束ねたくても、先の見えていない盲人に、
はいはいと言って無条件に納得して付き従う人々など居ません。

これに引き換え、
先が見えている者には見えていない者と異なりいかような手段も取れるのです。

人より色々なものが見える眼を持っているだけで、人はついてくるのです。

これは「理屈」で身に着けられるものではありませんでした。

「理屈」を超えた自分自身に不足したものとは一体なんなのか。

同じような苦汁をなめた者として、苦悩こそ飛躍のチャンスなのです。

「見る」と「見える」は言葉は似ていてもまるで別物、
大きな違いがあるのですが、この違いは能力の違いなのです。

「見る」と言う行為をいくら続けても、
これを続けている内は「見える」と言う領域には絶対に入る事は出来ません。

私が本当に教えたいものの本質は、「理屈」の範疇のものではありません。

しかし、物事には順番というものがあって、
「理屈」と言う範疇も活用次第で人生を有意義に進んでいけるのです。

自動車だっていきなりトップギヤに入れても発信できません。

エンストしてしまいます。

まずはロー、セコンド、
そこで充分に力いっぱい加速してようやくトップギヤの出番なのです。

ロー、セコンドに入れる事もしないでいきなりトップギヤの内容を振り回すエンスト酔っ払いが沢山いました。

彼らはエンストしていて、そのまま酔っ払いでその場で停止して酒を飲み続けていました。

352 TK :2013/12/07(土) 09:49:59
>あなたの想う通りで間違いありませんが、あなたに一言警告しておきます。

ちなみに、この者の姿勢について間違っていないと私が述べた部分は、
この者には自分の方向性で突き進んでいこうとする姿勢はあるのです。

この部分について、間違ってはいないと言う意味です。

これが今回は悪く作用して、
人の話の聞く姿勢の無さと言う形になって表れたのです。

それで、私は警告と言う形で、これがあなたの理想なのですか、
と問いかけました。

突き進む事については合っていますが「正しい(理想にかなった)方向性」で突き進まなければならないのです。

ただし、この者は何事につけても強気と言う要素に欠けているのです。

つまり、臆病者若しくは小心者と言う特性があると言う意味ですね。

353 TK :2013/12/07(土) 10:31:53
この者について言えば、
こちらにしてみたらちょうどいい色々なものを説明するための場を作ってくれたようなものです。

なぜ、このように格好の話しの題材的に一方的に言われまくる状況が起きたのか、
これもこの者の状況判断ミスです。

この場合、何はともあれ自らの非を指摘されたなら、
間髪入れずに柔軟に詫びの姿勢を示したなら、
延々と一方的に言われまくる流れはほとんど発生しませんでした。

柔よく剛、これが人との対話の駆け引きなのです。

もうここまで引っ張ったら、この者は出てくるタイミングは逸しています。

>聞く姿勢の無さは現状読み取り能力の無さをも表しています、つまり、
>物事に対して適切な対処は出来ないという事です。

これは実践的な教えです。

>つまり、臆病者若しくは小心者と言う特性があると言う意味ですね。

この辺りも即座の状況のタイミングにあった行動を、
邪魔する要因となっていたと思います。

354 349 :2013/12/07(土) 14:26:15
至った方は無限の海のごとく、掴み所もなく、至らないものには波しかとらえられず決して勝てないということを感じております
特にこの次元の低い現れの世界では

また、この低い次元まで降りて表現していただいているだけでも稀な事なのかなと感じます
日本で至った方で表現されている方は数人ぐらいしかいないのではと思います

その中でも高次元では同じでしょうが現れの世界では様々なタイプがおり、あぶり出しに関してtk様以上の方はみかけた事がありません
見えていても表現をあえてしない覚者もいらっしゃるとは思うのですが

特に賞賛というわけでもなく感じるままにコメントさせていただきました

355 ラピ。 :2013/12/07(土) 18:11:18
☆349さん

どうもありがとうございます!

TK師のおかげで今の私がいます。

もちろん激流は師すらも手放して一人っきりで渡るものですが
激流に飛び込むきっかけをくださったのはTK師でした。

だからここで掲示板見ている方に
せっかくのチャンスを逃していただきたくないです。

@(*・ω・*)ポッ

356 TK :2013/12/08(日) 09:12:28
>至った方は無限の海のごとく、掴み所もなく、至らないものには波しかとらえられず決して勝てないということを感じております
>特にこの次元の低い現れの世界では

我々にとって勝ち負けはありませんが、我々の所に至るまでは常に戦いです。

自らの理想の実現のための戦いです。

スッタニパータ561
>わたしは神聖な者であり、無比であり、悪魔の軍勢を撃破し、
>あらゆる敵を降服させて、なにものをも恐れることなしに喜ぶ。」



>また、この低い次元まで降りて表現していただいているだけでも稀な事なのかなと感じます
>日本で至った方で表現されている方は数人ぐらいしかいないのではと思います

この物質世界で肉体をまとっている内は異次元間交流は容易です。

>その中でも高次元では同じでしょうが現れの世界では様々なタイプがおり、あぶり出しに関してtk様以上の方はみかけた事がありません
>見えていても表現をあえてしない覚者もいらっしゃるとは思うのですが

至った我々の眼は特殊です。

問題部分を見抜けるあるがままの眼を持っています。

これがメンタルの修得即ち、
剣禅一致で獲得できる千手千眼(意識の焦点機能の消滅)、
釈迦は識別作用の消滅と呼んでいます。


不動智神妙録 第二節 諸仏不動智 沢庵禅師
>葉一つに心をとられ候はゞ
>残りの葉は見えず、
>
>一つに心を止めねば
>百千の葉みな見え申候、
>
>是れを得心したる人は、
>即ち千手千眼の観音にて候


スッタニパータ734
>およそ苦しみが生ずるのは、すべて識別作用に縁って起るのである。
>識別作用が消滅するならば、もはや苦しみが生起するということはあり得ない。


イエスは「梁を取り除いた目」と表現しています。

梁を取り除いた目を獲得すれば、はっきり見えるようになるので、そうしたら、
人々の抱えているちりを見抜いて取り除くことが可能になると言っているのです。


マタイの福音書 7章3-5
>また、なぜあなたは、兄弟の目の中のちりに目をつけるが、
>自分の目の中の梁には気がつかないのですか。
>
>兄弟に向かって、
>『あなたの目のちりを取らせてください』などとどうして言うのですか。
>見なさい。自分の目には梁があるではありませんか。
>
>偽善者よ。まず自分の目から梁を取りのけなさい。
>そうすれば、はっきり見えて、兄弟の目からも、ちりを取り除くことができます。



>特に賞賛というわけでもなく感じるままにコメントさせていただきました

必要のない人には必要なものではありません。

必要になった時に求めればいい、しかし、
我々のような者がごろごろその辺に転がっているわけではありませんし、
私とてラピ。さんが成就したのでその言語化練習のお付き合いでここでのスタンスを一時的にとっているにすぎません。

つまり、
一人の人間が一生涯の中で何人出会えるかわからないような中の一人という事になると思います。


スッタニパータ559‐560
>わたしに対する疑惑をなくせよ。バラモンよ。わたしを信ぜよ。
>もろもろの<さとりを開いた人>に、しばしば見えることは、いともむずかしい。
>
>かれは(さとりを開いた人々)が、しばしば世に出現することは、
>そなたらにとって、いとも得がたいことであるが、わたしは、
>その<さとった人>なのである。
>バラモンよ、わたしは(煩悩の)矢を抜き去る最上の人である。

357 ラピ。 :2013/12/08(日) 11:07:47
みなさまおはようございます!
@(*・ω・*)ポッ

>我々にとって勝ち負けはありませんが、我々の所に至るまでは常に戦いです。

まさしくそうです。
その戦いは、自分の限界との戦いとも言えます。

「もうだめだ」のその先があります。

ちなみに私は「もうだめだ」という時間もなかったです。
そういっている間に激流に流されてしまいますので
それすらもしませんでした。できませんでした。

TK師は釈迦やイエスの教えをよく引用されますが
それを読むたび
ほんとうにイエスや釈迦ってすごいなぁ、って思いました。

私たちが通ってきた道や今の私たちの状況が
的確に表現されています。

358 ラピ。 :2013/12/08(日) 16:33:05
TK師、いつもありがとうございます。

私からも書かせていただきます。

>在家の場合の「実践」に関して、もう少し何かしらのヒントをいただくこと
ができれば、非常に幸いです。

「実践」とは
自分が決心したことをとことんやり抜くことと言えます。

「感謝」を例えとすると
感謝することが正しいことで
自分は感謝をして生きていくと決めたのなら
徹底してとことん感謝し尽くすということです。

感謝できる時もあるし、そうでない時もある、
感謝できることもあるけど、そうでないこともある、
では実践とは言えません。

人間だったら 感謝できたりできなかったり、
それがあたりまえだろう、と言っているようでは
その次元にとどまること確定です。

感謝できたりできなかったりする日々を
永遠にそれを当たり前だとして過ごすのもいいですかね。
自由です。

ちなみにそれが当たり前だと思えるのは
その次元にいるからです。

そうでない次元もあるんです。

感謝を実践としたとき、
「感謝できたりできなかったり」では、
その次元での単なるお遊びになってしまいます。
単なる暇つぶしです。

そんな中途半端な感謝をするなら、しっかり自分のするべきことを
一生懸命して生きていくほうがいい。

実際、「感謝」といういい響きの言葉を使っていても
実践となれば しっかり実践できていない人がほとんどでしょうね。
感謝した次の瞬間、別のことで不満でいっぱいになってたりします。

実践とは自分がいいと信じていることを例外なしにとことんやっていく
ということです。

簡単ですね。難しい理論はいりません。

感謝することが正しいことだと思うのなら
とことん感謝していってください、例外なくどんなことにも。

しっかりと続けていってください。

それが実践のひとつです。

自分の価値観をしっかりと持って
それを信念としてやり抜いてください。

自分の理想とする信念を徹底的にやり抜く、
これが実践となります。

信念もない感謝なんて
単なる言葉遊びでしかありません。

中途半端な感謝なら
今の職場の現実的な問題に徹底的に向き合ってがんばるほうが
いいでしょうね。

そっちのほうが得るものが大きいと思います。

359 TK :2013/12/08(日) 18:03:19
「感謝」とは人に有難いと思った時に示す表現です。

有難くないと思う行為を人にされて、「感謝」と言ったら、
これほとんどスピ系の酔っ払いです、不自然ですね。

ただむやみに「感謝」した所で、誰か他の人にメリットになるのでしょうか、
ほとんど自己満足の世界ですね。

「感謝」が実践などと言うのはスピ系の酔っ払いが訳も分からず口にするたわごとです、
有難いと思う行為を受けた時「感謝」の意を表す事は礼儀と言う意味以上のものではありません。

人から有難いと思う行為をされたりした時に「感謝」と言う気持ちが自然に起こります。

だから、人に「感謝」されるような行為を心がける事も、
一つの理想的な生き方になるのです。

ただ、何でも有りで「感謝」を連発したところで酔っ払いになるだけです。

このような酔っ払いを私はスピ系で多く目にしました。

対機とは、その人の次元に合わせた説き方をする事です。

一律に同じ説き方ではありませんね。

360 ラピ。 :2013/12/08(日) 20:08:00
私が書いた「感謝」の実践は
私のかつての第一の実践、
「自分を捨てて、なんでも心から喜んでしよう。」
の感謝バージョンとして書いたつもりでした。

しかし、だからこそ不完全な実践だったのでしょうか。

私のその実践も自己満足だったからこそ、
不完全だったのかもしれません。

361 TK :2013/12/08(日) 20:37:38
もしも故意に人から不愉快な事をされて、ただ、
「感謝」等とスピ系のような事をやっていたら単なる自己満足の世界です。

その時にはやはり、そのような不愉快な事は止めるように注意しなければ、
人のためにはなりません。

また、
少なくとも自分でそのような真似はしないように心掛けなければならないというものです。

自分の理想から外れる他者の行為はバンバンと大いに裁いてください。

スピ系のようなごちゃ混ぜをやっていたら、「地獄に落ちるのです」。

ごちゃ混ぜは駄目です。

ワクワクと何でも感謝の実践を一緒にしていたり、
全く妄想を遊泳するような意味しかありません。

バカじゃないんですかと言いたいですが、
やっている方がまともな顔してやっていると、
それを見ているこちらの方が得体の知れない物の怪に憑かれている者を見ているような、
不気味さと末恐ろしさを感じます。

スピ系書籍を売りたい営利目的がための出版社の策略にはまって操られ人形をやって踊らされているのかもしれませんが、
ごちゃ混ぜをやっている人たちを見るのは気持ち悪いです。

対機とは段階向けに整理されていなければ意味をなしません。

362 ラピ。 :2013/12/08(日) 21:05:20
対機ですね。

了解しました。

@(*・ω・*)ポッ

363 TK :2013/12/08(日) 21:37:24
>「自分を捨てて、なんでも心から喜んでしよう。」

この実践の「なんでも」と言うのも、
言葉のそのままではなかったはずです。

例えば道徳に反するような事とかも喜んでやるとか、犯罪行為でも喜んでやるとか、
「なんでも」という事になればこのような事も含まれるわけですが、
元々のスタートの動機が自分の行為の反省と言う点であったことを考えれば、
この「なんでも」には制限がかかっていたわけです。

ですから、その自らの理想に従った限定があってのこの実践だったので、
効果的だったのです。

364 ラピ。 :2013/12/08(日) 21:59:18
はい、そうですね。

私はたまたま道徳に反するようなことや
犯罪などに関する出来事に出会いませんでした。

ちなみに思い出しましたが
この「何でも喜んでしよう」は具体的には
人になにかを頼まれたときに実践していました。

あと、人に話しかけられたら
喜んでお返事するように心がけていました。

ちなみにもし、道徳に反することを人に頼まれていたら、、、。

でも実際、そういう出来事には出会いませんでした。

だからですね。

365 TK :2013/12/08(日) 22:36:45
>ちなみに思い出しましたが
>この「何でも喜んでしよう」は具体的には
>人になにかを頼まれたときに実践していました。
>
>あと、人に話しかけられたら
>喜んでお返事するように心がけていました。

典型的なワクワクの実践です。

何でも喜んでやる方が、嫌々やるより理想的な行為ですよね。

人に命じられた場合などは喜んで引き受ければ、人に好印象を与えます。

これは喜んで実行するは理想的な行為の一つです。

行為に比重がかかっている実戦なので、効果的だったのです。

スピ系で言う感謝の実践とは、また違うのです、
自分で不快解決のために何とか行為で取り組んで、と言うやるべき事もしないで、
感謝で受け入れて、で納得する駄目な人たちの事を言うのです。

感謝できない事に感謝などしなくて良い、
不快を行為で解決するべく取り組むのです、こういう実践こそ必要なのですよ。

366 349 :2013/12/09(月) 07:08:33
今まで解答がすでにあったとは思うのですが、喜んで実行するワクワク実践は、ひたすら低姿勢で実践という激流実践とどのあたりが違うのでしょうか?

367 TK :2013/12/09(月) 19:02:36
>今まで解答がすでにあったとは思うのですが、喜んで実行するワクワク実践は、ひたすら低姿勢で実践という激流実践とどのあたりが違うのでしょうか?

少なくともワクワク段階では低姿勢になる必要などありません。

ワクワク段階では「自由」が主流になりますが、
激流では「規制」が主流になります。

ワクワクも激流も「理想」が主体になる点は変わりないのですが、
ワクワクと激流ではターゲットとしているものが違いますので、
ワクワクは理想の実現に向けて行為で取り組み、
障害があった方が無いより変化に富んでやりがいがあって面白いくらいの気構えで
何でも可能なのだと言う自分を信じて突き進んでいくのですが、
これに対して激流の実践のターゲットは「悪魔」です。

「悪魔」から離れる事が理想との戦いになるのです。

スピ系とか精神世界とかいうものは、ごちゃ混ぜですので、
無駄に折角の寿命をすり減らすバカな生き方をすることになります、
まずは近寄らない事なのです。

水が飲みたい人がいて、次に火で沸かしたお湯が飲みたい人がいて、
水と火をごちゃ混ぜにした所で火もつかなければお湯も沸きませんが、
こういう無駄で無意味な事をやっている人たちがいるという事です。

感謝というものは、無理やりやるものでは無いでしょう、
感謝できるものもあれば感謝できないものもある、これが自然で当たり前なのです。

不快なものに感謝すると言うのは、既にまともではありませんね。

不快は不快で良いのです、
どうやって「行為」でその「不快」に対して取り組んでいくかなのです。

これが全うな意味での人間としての生き方です。

こういう人間としてあたりまえの事もやらないで、
不快な事に有難う、とほざいているアホがいるのですよ。

スピ系と言うのは気持ち悪いし、私自身、
この気持ち悪い生き方をしていた経験を持つので、
一旦精神世界から完璧に足を洗わせられて、
今ここで話をしているような実践法に切り替えさせられました。

しかし、これは最終的に至るためには、
省略する事の出来ない必要なプロセスでした。

何度も繰り返しますが、「ごちゃ混ぜ」は地獄行きです。

368 TK :2013/12/09(月) 19:12:16
肝心な点を一つ忘れていましたね。

理想(ワクワク)段階の人に対して、私は同志にはなれても導師ではありません、
導師は自分自身の「理想」なのです。

ですから、難しくありません。

間違っても無理やり感謝とか、このようなおかしなことはやらないで下さい。

人から本当の意味で感謝されるような人間を目指して下さい。

つまり、人間らしい生き方ですね。

369 ラピ。 :2013/12/09(月) 20:49:38
みなさま、こんばんは!
@(*・ω・*)ポッ

自分のかつての道を思い出していました。

うんと、私の第一の実践は
人として「よい」生き方をする
という指針の元での実践でした。

この流れは特別ではなく
ごく普通の流れでした、私の中では。

でももしかしたら私は人より苦悩が多かったかもしれません。

だからこそ、その苦悩があるからこそ
それをどうにかしたいと思い
よりよい生き方をしたい、という思いがあったのかもしれません。

だから私の特性もあるでしょうが
自分の選んだ道は私にとって
ごく自然な流れでした。

激流の段階がいつなのかは、
それまでしっかり自分の理想を生きていれば
必ずわかります。

何の知識もない私でも
第2段階(=激流)に飛び込んでましたから。

370 349 :2013/12/09(月) 21:34:55
ご説明の理解ですが、
以下の違いになりますでしょうか?

ワクワク
自由に理想(自分で設定)に向かう際に
障害にぶちあたってもめげずに努力する。
障害に対して不快に思うのは当たり前

激流
悪魔にぶちあたったら離れて、
規制で理想(導師が設定)に向かう
悪魔に対して不快にさえ思わない

371 liberty :2013/12/09(月) 21:40:23
あのあと、どうなっているのか気になって、来てみたら・・・・散々ですね。

TKさん、
>ここにも人をこバカにして見下している、あなたの内面が滲み出ています。
これに関しては、実に見破られてますね。あまり意識したことはなかったのですが、
思い返してみると、私の過去の人間関係の縺れは、全てこれが原因だったと気づきました。
大きな大きな欠点に気づきました。ありがとうございます。

そして、>350に書かれている内容ですが、私的には自信を持っている方だと思っていたのですが、
TKさんの、弱気以外のなにものでもないという指摘、なんだか非常に響きましたよ。

私が書いていた内容は、主に経営者の勉強会やセミナーで、今まで身に着けて来たものです。

また、ここで最初に書き込ませていただいた内容(とある価値観の違いが非常に大きいと感じる
スタッフとの関係)は、いただいたアドバイスのおかげ様もあり、すっかり改善されたようです。

TKさん、ラピ。さん、ありがとうございました。確かに、指摘の通り、質問する態度ではなかったですね。
私は「アセンション」という言葉に胡散臭さしか感じてなく、最初に書き込みした時点で、
既に少し小馬鹿にした意識があったのかもしれません。名前からして「liberty」って恥ずかしいような(^_^;
誠に失礼いたしました。

今でも「アセンション?妄想もほどほどにすれば?」ってのが本音です。
信じれないし、信じたくもない。ただ、「理想の実現」という言葉なら、全く話は別ですが・・?

372 TK :2013/12/09(月) 22:41:00
>今でも「アセンション?妄想もほどほどにすれば?」ってのが本音です。
>信じれないし、信じたくもない。ただ、「理想の実現」という言葉なら、全く話は別ですが・・?

あなたが我々を信じていないのは分かりました。

なので、まともに対応していたこちらがあなたにかまわれていたと、
そう言う事なのです。

返す言葉は有りません。

私はあなたにこバカにされながら受け答えするつもりなどありません。

未だに聞く姿勢が無い、反省の色が無い、繰り返しますが。

あなたは、こちらからは内面が丸見えなのです、
私は何の直接な受け答えによるアドバイスなどあなたにしませんから、
今の我々を小ばかにしているあなたのままで精一杯やってみて下さい、
白黒言いませんが結果はじきに出ると思いますよ。

では、さようなら。

373 teeth :2013/12/09(月) 23:27:51
※名前を変えます。

TKさん、私はあなたがたを小馬鹿にしたいのではないんです。
最初の背中を押してくださったようなアドバイス(特に>317の内容)、
そして、私の無意識のうちにしている大きな欠点に気づかせていただいた
ことには、本当に感謝しています。

凄く話がそれますが、私の本性をもうこうなったら少しOPENにして質問
させていただいてもいいでしょうか。
至った方々にとって
・酒 ・たばこ ・浮気(愛人、不倫)
こういうことって、至った方々から見ると、どうなのでしょうか?誤りでしょうか?

誰にも迷惑を掛けていないつもりです(今のところ健康そのものですし、家庭も実に
幸せで恵まれています)。ただ、ちょっとした日々の刺激には欠かせない・・
こればかりは、質問できる相手がいないんです。きっと、下の下の人間がすること
なのかもしれません。もし宜しければご回答をいただければ幸いです。

374 TK :2013/12/09(月) 23:29:37
349さん

>ご説明の理解ですが、
>以下の違いになりますでしょうか?
>
>ワクワク
>自由に理想(自分で設定)に向かう際に
>障害にぶちあたってもめげずに努力する。
>障害に対して不快に思うのは当たり前

良いですね、理想と言うのは不快があって存在するようなものですから、
不快は原動力になるのです。

それをスピ系の変な教えで「不快な事に感謝しましょう」とかやると、
これ100パーセント酔っ払いです。

>激流
>悪魔にぶちあたったら離れて、
>規制で理想(導師が設定)に向かう
>悪魔に対して不快にさえ思わない

激流はこの際考えなくても良いですよ。

多くの人たちは「悪魔」を見抜く事が出来ませんから。

今考えると私にとって一番重要な事は、ワクワクで精一杯生きたことでした。

これはとても生きがいを感じて楽しい生き方でした。

順調な毎日で、
このままずっとこの幸せな状況のままで行けるものと信じていましたから。

この状況を経験する事が重要なのです。

この波に乗れさえすれば、この先はおのずと開けるものだと思います。

375 TK :2013/12/09(月) 23:40:16
teethさん

あなたは非常に迷いの多い人です。

潔さが無いと言う意味です。

変に自己弁護でべらべらいらない事をしゃべっては、
そのいらないことが原因で人に突かれる羽目になる。

大した重みのある言葉も言えなくて、それは全てあなたのはっきりしない姿勢、
いえ、はっきりしない内面が表に出ているのです。

しかし、あなたは今のままで今の現状を乗り切るべきです。

あなたには、自分自身が如何ほどのものか、まずわかることが重要なのですよ。

あなたの特性など、そのような経験を踏まなければ、
ここでどうのこうのなるレベルのものではありません。

376 TK :2013/12/09(月) 23:49:29
ラピ。さん

>激流の段階がいつなのかは、
>それまでしっかり自分の理想を生きていれば
>必ずわかります。

全くその通りだと思います。

>何の知識もない私でも
>第2段階(=激流)に飛び込んでましたから。

みんな同じです、見えない先を手探りで進んでいる、大した理論的な根拠も無く、
当たるも八卦当たらぬも八卦のような状況でたまたま掴んだ方法が
ヒットして今に至ったと言っても過言ではありません。

そのような経緯で、
多くの人たちから見たら我々はとりあえず先駆者の部類に入ったわけです。

377 349 :2013/12/10(火) 04:33:38
Tkさま、ラピさま

すごくイメージが湧いてきました

最初が肝心で道を踏み外すな、道に乗れば自動的ということで理解いたしました

自分の理想(自我の想念)をとことん突き詰めた時、自我との葛藤(想念の否定)をとことん突き詰めた時、自動的に自我が落ちる(それは想念にすぎなかった)のかなと
そこには精神世界で言われている知識は必要なく、リアルな自分と向き合うことが大事だと

実践しようと思います

378 teeth :2013/12/10(火) 18:05:52
TKさん

>あなたは非常に迷いの多い人です。潔さが無いと言う意味です。
確かにそうなのかもしれません。アレもコレもとまだまだ欲深いのかもしれませんね。

>変に自己弁護でべらべらいらない事をしゃべっては、
>そのいらないことが原因で人に突かれる羽目になる。
これは、過去に何度も経験済みで、自分ではかなり修正できているつもりでしたが、
ここでの書き込みはそう見られているということで、無意識的に自分の欠点がすぐに
出る状態なのかもしれません。

>全てあなたのはっきりしない姿勢、いえ、はっきりしない内面が表に出ているのです。
これも確かにそうなのかもしれません。
上辺だけで、本心から「自分を捨てて、他者のために生きる」という覚悟までは、
まだ全然至っていないことが、ハッキリと分かりました。

>しかし、あなたは今のままで今の現状を乗り切るべきです。
承知しました。今は中途半端に(?)満足している状態ですが、「仕事での理想」は
まだまだ道半ばですので、その実現に向かって行きます。

しかし、TKさんはどなたか書かれていた通り「あぶり出し」が実に上手ですね(^_^;
参っちゃいますよ・・しばらくは、ここであぶり出されたことにより
気づいた&再認識した自分の欠点(これに関しては本当に感謝です)が出ないよう
(できれば完全に消えるよう)に、日々意識して行こうと思っています。

379 名無しさん :2013/12/10(火) 18:45:17
teethさん

少なくともあなたと話をしていても、
何かを話したいと言う気にならないのですね。

これ何を表しているかわかりますか、
あなたには人を動かす能力が無いと言う意味です。

人をまとめる立場だとか、反姿勢の人と話をするのだとか言ってますけど、
あなたがこれをやると言うのは波乱万丈だと思います。

でも、やってみて下さい。

それであなたが如何ほどのものか自分自身でわかるでしょうから。

それは、あなたの言葉の端々、
無意識にとっているあなたの態度にあなたの全てが現れてきていますから、
そして、それが無意識下的に対話の相手にも伝わって、
相手も訳も分からないままにあなたには従いたくないとなり、
無理に従ったり反発したりになる訳です。

まず、第一印象と言うのは相手に与える影響は大きいのですが、
少し間を置いた後のあなたは開口一番の出だしは次の言葉で始まっているのです。

>あのあと、どうなっているのか気になって、来てみたら・・・・散々ですね。

あなたのこの返事の前の最後は、人に対しての質問なのですよ。

>結局は、こういうことを伝えたいだけなのではないでしょうか・・?

人に質問を発しておきながら、言い方を変えれば、
回答する事を人にお願いをしておきながら、
「あのあと、どうなっているのか気になって、来てみたら」このような失礼な表現はありますか。

表現と言うのは、相手の心を大きく左右するのです。

例えば、「ずっと質問を発したまま気にかかってはいたのですが」とか、
これなら相手もとらえ方は変わってきますね。

へりくだって相手を気遣うような姿勢が全くないのです。

自分に相手を合わせさせようとしても、一たび、
相手が反発の姿勢を示したら相手を再び元の位置に戻すのは至難の業です。

ましてや、こちらからあなたの表現上の非を指摘している内容を見ながら、
どういう態度です。

あなた全然人を動かす能力無いですよ。

へりくだろうが何しようが、様々な対話ツールを自在に使い、
人が自然と動きやすくなる態度を柔軟にとれるような技能があなたには備わっていません。

丸で物事の流れが見えていない盲人を相手にしているようです。

380 TK :2013/12/10(火) 18:46:35
上の書き込みはTKです。

381 teeth :2013/12/10(火) 19:49:05
TKさん、まず私のようなものにご指摘いただき、ありがとうございます。

おっしゃている通りなのかもしれません。

私的にはこの1年ほど前から自己中な自分ではなく、他者(特に従業員)を
大切にしなければと自分なりに勉強し、大きく変わってきていると思って
いたのですが、根本的な無意識的なところ(人を見下し、自己中で自分に
合わないものは排除しようとする内面)は何も変われていないのかも・・?
という疑問が、この掲示板を通して出てきました。

そんな中、先日人間(人生)を作るのは「習慣」だが、
「始めは人が週刊をつくり、それから習慣が人をつくる」ということを
学び、こちらの掲示板に妙な質問をさせていただきました。

ですので、今は「習慣」を変えていくよう努力してみようと考えています。
あまりココで、私のような全く次元の低いところにいる人間が、書き込みを
することは、TKさん始め皆様の邪魔になるかと思いますので、そうであれば、
スルーしてください。悟りを目指している方用の掲示板で、ちょっとかけ離れた
内容の書き込みをダラダラとしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。

382 teeth :2013/12/10(火) 20:16:54
※大変失礼と感じられるかもしれませんが、最後にこれだけは私から見て、ここに必要な内容だと
思いますので。

“アセンション(人間の次元が3次元から上に上がる??)などは全くの妄想で、そんなものはない”
なぜなら、それを証明できるようなことは、この掲示板を始め、どこにもないから。

これに関しては、もし反論があれば、私が初めてこの掲示板に辿り着いたときと同じように、
ここを目にする第三者の方のためにも説明があった方がいいと思いますよ。
※私に対しての反論は不要です(それに反論したくなりますので・・)。

383 TK :2013/12/10(火) 21:11:20
teethさん

>“アセンション(人間の次元が3次元から上に上がる??)などは全くの妄想で、そんなものはない”
>なぜなら、それを証明できるようなことは、この掲示板を始め、どこにもないから。

素晴らしい事に「“アセンション(人間の次元が3次元から上に上がる??)などは全くの妄想で」ここだけはあなた、
まぐれ当たりしてますよ。

このように言われるとあなたにとっては更に意味が分からなくなりますね。

ですから、
「人をこバカにしながら物事を尋ねてくる、これ、ほとんど相手をからかっている行為と同じ事なのです。」

だから、前にも言ったでしょ、
ラピ。さんは証明など無くても私を全面的に信じたのです、
だから私もそれならと思って教えました。

あなたには何度も言ってますが、教えるつもりなどありません。

以上です。

私は教えさせて下さい等と言うつもりは、悪いですが、
これっぽっちもありません。

聞く姿勢の整っていない人に無理に教えるつもりはありません、
という事で、さようならという結論で良いですね。

384 teeth :2013/12/10(火) 22:00:21
TKさん

>という事で、さようならという結論で良いですね。

ん〜、私はここ最近、ご縁の大切さというものを学びましたので、その返答を見ると、
もう少し何かが残っているように感じます。去る場合は、完全にスッキリとして去り
たいので、書き込ませていただきます。
※半分以上は、私のような超リアルな3次元の人間に・・と、申し訳ないような気分です。

最初、たまたまここに辿りつきざっと目を通し、心に響く内容が多かったので、
今抱えている悩みを、次元が違うところだから、相手にされないだろうなと思いつつも、
尋ねてみました。そして、自分が漠然と考えていた方向で(あまりいい対応ではないと
思っていましたが)対応することに対し、背中を押していただけたようなアドバイスを
いただきました。ここまでは、小馬鹿にするなどといったつもりは全くなかったです。
むしろ感謝です。

次に、「悟り(アセンション)」「実践」「激流」という言葉が、どうも理解できないため、
胡散臭く感じ、率直に尋ねてみました。興味半分ですが、ここで少し小馬鹿にしていると
いう私の大きな欠点が無意識的に浮き出てきていたのかもしれません。
そうであれば、誠に申し訳ございませんでした。


>あなたには何度も言ってますが、教えるつもりなどありません。
>私は教えさせて下さい等と言うつもりは、悪いですが、これっぽっちもありません。

私の読解力が足りないのかもしれませんが、この文章の「何を」教えているのかが
見えてないんです。「悟り(アセンション?)」のことだと私は受け取っているのですが、

もし、その「悟り(アセンション?)」というものが、人間として異次元人になるというか
訳のわからないものであれば、またはブッダやイエスのような人間になってしまうこと
(そんな聖者なんか私には100%無理だと分かってますし、なるつもりないので)であれば、
スッキリ去ることができます。

私は、せっかく人間として生まれたこの人生、最後まで「人間として」全うしたいです。

ここまでで、既に私が何か誤っていると思われますか?

385 teeth :2013/12/10(火) 22:04:49
↑本当に、私の「去るならスッキリしてから」というエゴのみの書き込みで、
申し訳なく思いますが・・・

386 TK :2013/12/10(火) 22:19:20
それではあなたに一つの知恵を授けます。

科学的に証明できていないものがあると話をする、そうすると、
あの人の話はバカ臭い、このように言う人がいるのですが、では、
それを科学的に無いと証明できるのですか、これ実は全く同じ事なとなんですね。

無いという事も科学的に証明できてもいないのに、
一方的にあると言うのは非科学的だ、なら無いと言うのも非科学的です、
これが最も的を得た理論展開です。

つまり、無いと言う人は非科学的な原始人であると私は言います。

一番科学的なスタンスは、「保留」なのです。

私はこのような一方的な理論を展開する人たちを、
あまりにも原始人的発想で相手にする気もしません。

本人たちはこれを科学的だと思い込んでいる、
私に言わせればその発想そのものが全く非科学的です。

地球が平らだと言い張って地球が丸いと言う人を糾弾した時代があったようですが、
それと同じです。

ま、それでもこの件についてはラピ。さんと言う、
従って達成した人が出ているので、まだ、
ラピ。さんの時に比べればここの人たちは信じられる根拠があるのです。

387 TK :2013/12/10(火) 23:51:21
teethさん

>ん〜、私はここ最近、ご縁の大切さというものを学びましたので、その返答を見ると、
>もう少し何かが残っているように感じます。去る場合は、完全にスッキリとして去り
>たいので、書き込ませていただきます。
>※半分以上は、私のような超リアルな3次元の人間に・・と、申し訳ないような気分です。

まず、自分自身が明確に見抜けていない、だから、
あなたはいつも曖昧模糊とした表現しかできないのです。

あなたも私を信じたラピ。さんと同じで、
私の話しの中に自分の惹かれる内容がある、しかし、
あなた自身は現代科学で証明されていないものがある、と言う内容には、
非科学的と捉える特性がある。

自分の中でこの決着がつきません、でも、
自分自身にとって重要なものがある可能性があるという引っかかりについても捨てきれませんと言う事なのでしょ。

あなたなんて、あなた本人以上にこちらから丸裸ですよ。

はっきりと明確に自分の中身を見抜いて言葉にしなければ、
それは全てあなた自身の迷いと言う形で、あなたの中でとぐろを巻くのです。

388 名無しさん :2013/12/10(火) 23:54:25
☆teethさん

説明したところで勘違いして受け取ってしまうだけでしょうね。

かつての私もそうでした。
大勘違いしていましたから。

想像できることは同じ次元どまり。
異次元は想像できません、次元が違うので。

ただかつての私の場合、「勘」というのですかね。

私はTK師に対して
「これは、、、」という直感が働きました。

TK師の言っている意味が分からない。
でも筋が通ってる気がする。

私の今の状態とは(想像できないけど)違う次元がきっとあるんだ!

この勘です。

そしてTK師に出会ったチャンスを逃してしまってはいけない、と思い、
教えを請い、その教えにしたがった結果
今の私があります。

teethさんの言ってること
(かつての私を思い出すと)わからなくもないですが
私たちの次元を理解しようとする姿勢では
その次元では答えを得ることはできないでしょう。

そもそも理解することではないからです。

理解できなければ胡散臭い。

そう判定してしまったら
それで終了です。

teethさんはどうぞ人間を全うしてくださいね。

まぁ、少なくとも
TK師や私の存在がその次元の存在を証明していますかね。

389 ラピ。 :2013/12/10(火) 23:55:47
388の書き込みはラピ。です。
@(*・ω・*)ポッ

390 ラピ。 :2013/12/11(水) 00:00:07
☆349さん

決心されましたか。

私も第一の実践開始前はじっくりどうしたらいいかを考えました。
納得するまで考えました。

そして決心したら
現実世界でしっかり行動し始めました。

ひたすら
自分がよいと信じた道を行きました。

せっかくこの世界に生まれたのだから
この世界を一生懸命生きることが大切だと思います。

そうでなければ別の世界でも
ちゃんと生きられるはずがありません。

今、精一杯生きる人には
ちゃんと道ができて、
あきらめなければ扉は必ず開かれると思います。

私はそうでしたよ。

@(*・ω・*)ポッ

391 TK :2013/12/11(水) 18:37:57
teethさん

>私の読解力が足りないのかもしれませんが、この文章の「何を」教えているのかが見えてないんです。

何を教えているかより、あなたがどういう内容について我々のコメントをもらいたいのかなのです。

それが、我々の眼鏡にかなうものなら受け答えいたします。

次のような折角あなたのために発信した言葉は聞き漏らさないで下さい。

343
>激流段階を説明するつもりなど、ましてやあなたに説明するつもりなどありません。

しかし、状況によってはこのような話が必要な場合もあり得るとは思います。

それは、今までどのような生き方をしてきて、
今どのような状況なのかによってはと言う意味です。

少なくとも、
私に出会った時のラピ。さんはこのレベルの話が必要な段階にいました。

>そんな中、先日人間(人生)を作るのは「習慣」だが、
>「始めは人が週刊をつくり、それから習慣が人をつくる」ということを
>学び、こちらの掲示板に妙な質問をさせていただきました。

それで、あなたはこの言葉に関心が止まったようですが、
この言葉をどのように捉えているのですか。

あなたがそのレクチュアからどのような事を学び取れたのか
概略を聞いてみたいと思います。

392 teeth :2013/12/11(水) 21:02:01
TKさん、たくさんの回答をありがとうございます。
すみません。ひとつずつ、順を追って、回答させていただきます。

>386
この内容は、私も同意です。心(波動、意識、意思、精神)といったものが
人生に大きな力を持っているということは、科学的には証明されていない
のかもしれませんが、間違いない事実だと思います。

393 teeth :2013/12/11(水) 21:07:49
>387
たしかに書かれている通りだと思います。

>自分自身にとって重要なものがある可能性があるという引っかかりについても捨てきれませんと言う事なのでしょ。
そうですね。それが、スッキリと去れないという感覚になっています。

>はっきりと明確に自分の中身を見抜いて言葉にしなければ、
そうなんです。これが私のやりたいことなんだと思います。

394 teeth :2013/12/11(水) 21:11:07
>388 ラピ。さん
アドバイスありがとうございます。確かにそうかもしれませんね。
参考にさせていただきます。

395 teeth :2013/12/11(水) 21:18:20
>391、TKさん

ありがとうございます。ちょっと>391の回答は、頭を整理してから出直します。
※ここまでで、もし何か誤解があれば、ご指摘いただければと思います。

396 teeth :2013/12/11(水) 21:35:14
ちょっと、巻き戻っての質問になりますが、すみません。

ここでの「悟り(アセンション?)」という言葉は、私たち一般人にとっては
「理想の実現」という解釈で、よろしいでしょうか?

397 teeth :2013/12/11(水) 21:52:08
または、イエスやブッダや孔子のような「悟りを開いた人たち」が、
至ることができた心に、近づいていくということでしょうか?

398 TK :2013/12/11(水) 23:42:30
teethさん

>ここでの「悟り(アセンション?)」という言葉は、私たち一般人にとっては
>「理想の実現」という解釈で、よろしいでしょうか?

>または、イエスやブッダや孔子のような「悟りを開いた人たち」が、
>至ることができた心に、近づいていくということでしょうか?


これは激流の段階にまつわる内容です。


>次のような折角あなたのために発信した言葉は聞き漏らさないで下さい。

>343
>>激流段階を説明するつもりなど、ましてやあなたに説明するつもりなどありません。


これで不服ですか。

なぜかわかりますか。

399 teeth :2013/12/12(木) 10:31:59
TKさん

> これで不服ですか。なぜかわかりますか。
分かりますとは言い切れませんが、こういうことでしょうか↓

つまり、一般人は、まずよく耳にする「マズローの欲求」の最後の欲求である
「自己実現の欲求」を満たし、完全に満たしきることを目標に生きればいい。
それが完全に満たされた人間に初めて、「悟り」への本心からの欲求が芽生え、
道が見え始める。こんな感じの理解でよろしいでしょうか。

400 teeth :2013/12/12(木) 10:49:17
TKさん、>391の内容に関して、答えてみます。

>「始めは人が習慣(漢字間違ってました・・)をつくり、それから習慣が人をつくる」

なぜ、この言葉が腑に落ちたかといいますと、その解説から

人間は朝起きてから寝るまで、様々なことを意識したり考えたり、行動しながら生きている。
これらのことは意識的に考え行動し生きていると思いがちだが、実際に私たちが意識して
選択しているのは“顕在意識”のみで、これは意識の層の5%程度にすぎない。
つまり、あとの95%が“潜在意識(無意識)”と言われるもので、実は私たちの思考や行動は
無意識的に行われている。

だから、習慣(身に沁みついてしまった癖)が大切であるということです。
「思考→言葉→行動→習慣→性格→運命」ということも学んでいましたので、私は自分の
「無意識的に自分に合わない人は見下し、排除しようとする」欠点を根本から改善するには、
習慣を改善していかなければいけない。

といった感じで、受け止めており、その通りだと思っています。間違ってますか?

401 teeth :2013/12/12(木) 11:19:12
↑すみません。一部訂正です。
×実は私たちの思考や行動は無意識的に行われている。
  ↓
○実は私たちの思考や行動“のほとんど”は無意識的に行われている。

402 TK :2013/12/12(木) 19:01:08
teethさん

>つまり、一般人は、まずよく耳にする「マズローの欲求」の最後の欲求である
>「自己実現の欲求」を満たし、完全に満たしきることを目標に生きればいい。
>それが完全に満たされた人間に初めて、「悟り」への本心からの欲求が芽生え、
>道が見え始める。こんな感じの理解でよろしいでしょうか。

私の普段使い回さない用語なので、
色々な用語は定義によって意味が異なるのですが、
雰囲気的な感覚でですが、それで良いです。

それより。

341
>アホくさくて反論も致しません。

345
>異次元すぎる方なのかな・・?反論する気もないですが(^_^;

371
>今でも「アセンション?妄想もほどほどにすれば?」ってのが本音です。
>信じれないし、信じたくもない。

このような言葉を吐いていた人がですよ。


>次のような折角あなたのために発信した言葉は聞き漏らさないで下さい。

>343
>>激流段階を説明するつもりなど、ましてやあなたに説明するつもりなどありません。

このように私にコメントされた直後にもかかわらず。

率先して次の質問があなたの中から出てきたのです。


>ここでの「悟り(アセンション?)」という言葉は、私たち一般人にとっては
>「理想の実現」という解釈で、よろしいでしょうか?

>または、イエスやブッダや孔子のような「悟りを開いた人たち」が、
>至ることができた心に、近づいていくということでしょうか?


つまり、何を言いたいのかと言うと、人が動くと言うのはこう言う事です。

379
>あなたには人を動かす能力が無いと言う意味です。


私はあなたを動かそうなどとはしていません、
でもあなたの姿勢が以前より動いたのです。

これが、人が動くという事です、分かりましたか。

あなたは突き放されながら巧みに気持ちが惹かれているのです。

そして、あなたがまたそこに惹かれるのです。

全て自然の流れでした。

403 TK :2013/12/12(木) 19:13:20
teethさん

>人間は朝起きてから寝るまで、様々なことを意識したり考えたり、行動しながら生きている。
>これらのことは意識的に考え行動し生きていると思いがちだが、実際に私たちが意識して
>選択しているのは“顕在意識”のみで、これは意識の層の5%程度にすぎない。
>つまり、あとの95%が“潜在意識(無意識)”と言われるもので、実は私たちの思考や行動は
>無意識的に行われている。

理論的には合っています。

>「無意識的に自分に合わない人は見下し、排除しようとする」欠点を根本から改善するには、
>習慣を改善していかなければいけない。
>
>といった感じで、受け止めており、その通りだと思っています。間違ってますか?

合ってますが、しかし、あなたはそれが出来ていなかったから、
私の前でその部分をさらけ出されました。

つまり、そのような事を学んだあなたは、それに対して、
どのような方法を取ってきたのですか。

ここに来て、ほとんど効果の無かったもののように思いますが。

404 TK :2013/12/12(木) 23:22:52
teethさん

373
>・酒 ・たばこ ・浮気(愛人、不倫)
>こういうことって、至った方々から見ると、どうなのでしょうか?誤りでしょうか?

誤りなんじゃないですか。

理由は簡単ですよ。

あなたがそれを誤りだと判断しているからです。

あなたはあなたの中に罪悪感が発生している事に、
あなた自身の事なのに見えていないのでか、私には丸見えですが。

405 teeth :2013/12/13(金) 02:23:19
TKさん、回答ありがとうございます。

非常にスッキリした感覚があります。
※>404の回答に関しては、もう少し時間を掛けて、自分で判断しようと思いますが(^_^;

「習慣が人生をつくる」ということに関しては、つい数日前に学んだことなのですが、
当面はこのことを特に意識していこうと思います。

この掲示板に関しても、スッキリと(一旦は?)去れそうです。
また何かあれば、ここで質問をさせていただくかもしれませんが、その際はよろしくお願いいたします。

色々な気づきをありがとうございました。

406 ラピ。 :2013/12/13(金) 07:33:58
みなさん、おはようございます!
いかがおすごしでしょうか?
@(*・ω・*)ポッ

☆teethさん

酒、たばこ、浮気(愛人、不倫)についてですが
teethさんの周りの人、
例えばご主人さんとか親しい友人がそれをしていたら
どう思いますか?

それか、自分の子供がそれをしていたら
どうしますかね?
(お子さんが小さいのであれば
お子さんが大きくなった時を仮定して。)

407 teeth :2013/12/13(金) 10:16:03
ラピ。さん

それに関しては、私にとっては、最も容易に辞めることができることです
ので、ご心配ありがとうございます。

酒とタバコは・・やはりまだ今の私にとっては絶つ時期ではないかな・・(^_^;

それより、良い習慣を身に着けていくことをしっかり意識していこうと思っています。

408 teeth :2013/12/13(金) 11:19:18
ラピ。さんのアドバイスを、再度読み返して考えてみました。
酒はやはり辞める必要はないですね。

タバコと浮気に関しては、自分の娘が大きくなったら
絶対にして欲しくないですし、まずそれはないでしょう。

ただ、息子が大きくなって、もししていたとしても許せる
と言えば許せるかな?
もちろん、絶対に他人に迷惑を掛けるようではアウトですし、
程度(するしないより程度の方がポイントかな)によりますが

409 TK :2013/12/13(金) 19:20:15
teethさん

>この掲示板に関しても、スッキリと(一旦は?)去れそうです。
>また何かあれば、ここで質問をさせていただくかもしれませんが、その際はよろしくお願いいたします。
>
>色々な気づきをありがとうございました。

これを私はお別れの挨拶と受け取らさせていただきました。

あなたの良くないのは、潔さです。

お別れのような言葉を述べては、その後じーたらじたーらと引っ張るのです。

あなたの言葉には重さが無い、つまり軽い事の原因がこの部分にあります。

間違いであろうが、勇み足であろうが、
一旦発した言葉はその通りに実行してください。

仕事上での対話は、昔でいえば真剣勝負の剣なのです。

一つ一つの動きの失敗があったとしても、やり直しなんてできないのですよ。

このような生き方をしない者の言葉など、切れ味の無い、重みの無い、
人を動かす事の出来ない、軽い風船のようなものです。

有言実行と言う言葉がありますよね。

私は現在は仮にここにいるに過ぎませんから、
恐らくあなたとはこれが最後になると思いますが。


>>・酒 ・たばこ ・浮気(愛人、不倫)
>>こういうことって、至った方々から見ると、どうなのでしょうか?誤りでしょうか?
>
>誤りなんじゃないですか。
>
>理由は簡単ですよ。
>
>あなたがそれを誤りだと判断しているからです。

せっかくラピ。さんも登場したことですし、
ここの部分だけ詳しく解説しておきます。

実はあなたが全くこの件について心に留まるものが無かったら、
今のあなたからこの件についての問いは発せられることはありませんでした。

つまり、あなたの中には僅かにでも「もしかしたら」と言う捉え方が
根拠として発生していてこの問いが発せられたと言うメンタル上の仕組みです。

我々はこの「もしかしたら」の、
さらに奥深い部分のあなたの中身を見抜いているのです。

ここで何度も述べた「激流段階の実践」とは、そのレベルでの戦いの事を言います。

つまり、戦う以前にあなたのように「見えていない盲人」は戦う術がありません。

至る前のラピ。さんも当然自分自身の中身を見抜く事は出来ませんでしたが、
今あなたについて私が指摘した通りで、
見抜くことができる至った者である「私の眼」を利用したのでラピ。

さんは至ることができました。

至った者の眼は至る前の者の眼とは違うと言うのは前に説明した通りです。


356
>イエスは「梁を取り除いた目」と表現しています。
>
>梁を取り除いた目を獲得すれば、はっきり見えるようになるので、そうしたら、
>人々の抱えているちりを見抜いて取り除くことが可能になると言っているのです。
>
>
>マタイの福音書 7章3-5
>>また、なぜあなたは、兄弟の目の中のちりに目をつけるが、
>>自分の目の中の梁には気がつかないのですか。
>>
>>兄弟に向かって、
>>『あなたの目のちりを取らせてください』などとどうして言うのですか。
>>見なさい。自分の目には梁があるではありませんか。
>>
>>偽善者よ。まず自分の目から梁を取りのけなさい。
>>そうすれば、はっきり見えて、兄弟の目からも、ちりを取り除くことができます。

ラピ。さんも実践時は私に指摘されて、
本人自身ちんぷんかんぷんだったのですけどね、
今は至ったのでその理由がよく分かっているはずです。


では、お別れです、お元気で、
私はまだあなたに対しては現在ようやく問診中で診断は下してないのですが、
状況の読み取り能力の全く欠如したあなたらしい判断だと思いました。

一旦自ら下した判断ですから再びひるがえさないで下さい。

>色々な気づきをありがとうございました。

ご苦労様でした。

さようなら。

410 ラピ。 :2013/12/13(金) 22:43:25
☆teethさん

>タバコと浮気に関しては、自分の娘が大きくなったら
絶対にして欲しくないですし、

これはteethさんに
「タバコと浮気はよくない」
という判断があるからこその答えですね。


TK師の言われていること、
全くその通りです。

私にはteethさんが初めから丸見えでした。

かつての私は見えていませんでしたが、、、。
今は見えてしまいます。

@(*・ω・*)ポッ

411 TK :2013/12/14(土) 00:10:13
>>・酒 ・たばこ ・浮気(愛人、不倫)
>>こういうことって、至った方々から見ると、どうなのでしょうか?誤りでしょうか?

ラピ。さんも今や千手千眼ですね。

鈍感な人にはもう少し分かりやすいように言語化して解説しておきましょう。

つまり、teethさんの中には、
「・酒 ・たばこ ・浮気(愛人、不倫)」このような生き方が無い生き方が
「最も理想にかなったteethさんの生き方像」であると言う、
teethさんの中では模範的な生き方像になっているのです、
このようにteethさん自身が告白している事と同じなのですよ。

teethさん本人には無意識に発している言葉で気が付かない事でも、
我々には初めからこの本質的な言葉のみがあるがままに見えているという事でしたね。

では、繰り返しますが。

>色々な気づきをありがとうございました。

ご苦労様でした。

さようなら。

412 名無しさん :2013/12/14(土) 02:13:06
悟りを目指している方々や、悟り(アセンション)というものがイマイチどういった
ことか分からないに人とっては、ここは非常に的確なアドバイスをいただける場です。

見ての通り、この御二方は、すでに○人もの人間を悟りの境地へ導いておられます。

悟りを得たい方、悟り(アセンション)とは、どういったことなのかよく分からず、
少しでも理解したい方などは、ぜひココへの問いかけをお勧めします。

現実社会で、どんなことを成しえた方々なのかは公開していませんが、実践と激流を
乗り越え、悟り(次元上昇)を得た方々です。まさにスーパーな方々なのです。
掲示板へ書き込んだ文字だけで、その人の全てが彼らには見えるのです。

「信じる者は救われる」
TKさんとラピ。さんの言葉は悟りを得た方々の言葉です。例え、自分の質問や書き込み
に対して噛み合ってないと感じたとしても、誤解されていると感じたとしても、四の五
の言わずに、無理矢理でもいいので、ただただ信じましょう。
そうすれば、きっとあなたは悟りの境地へ導かれることでしょう。

TKさん、ラピ。さん、が、現実社会で成したことなども、そろそろ公開してくれる頃
でしょうが、その内容を知ると、間違いなく皆さんの疑問はきっと吹き飛ぶに違いないでしょう。

TKさんとラピ。さんは、偉大な方々なんです。間違いなく悟った方々なんです。
現代のイエスであり、ブッダであり、マホメッドなんです。

「実践」し、「激流」を超え、「悟り(アセンション?)」に、至りましょう!

413 TK :2013/12/14(土) 02:46:57
新手のからかい方ですか。

酔っ払いは嫌いです。

414 ラピ。 :2013/12/14(土) 07:59:53
☆412さん

なんだか大勘違いされているようです。

415 TK :2013/12/14(土) 09:41:44
いくらおどけ半分にうまく書きなぐったつもりでも、
この者の内面など些細な所に出るのです。

>TKさんとラピ。さんの言葉は悟りを得た方々の言葉です。

悟る前の例えばこの人物が、何故我々自身の悟りの成就認定などできますか?

つまり、これは我々はこの人物以下だと言う、この人物自身の内面の現れです。

つまり真実は体裁を評価しているように見せかけた、
実質はおどけ半分に我々はコケにされているという事なのです。

416 TK :2013/12/14(土) 12:33:21
人が暴露されると言うのは、
相手が悪意が作用して行動しているような者の場合は、凄く滑稽なものですね。

その人物の日常の苦悩から何から見えるではないですか。

それでも精一杯の背伸びをしてエゴを表現したんだね、ただただ、ごくろさま、
と声掛けしたい。

何度も繰り返しますが、
私は決して教えさせて下さい等と言うつもりはありません。

我々の発するその人向けの情報を得て損したり得したりするのは私では無く
私と接した人の方なのです。

私は疑われようが何だろうが、
私が損する側の者ではありませんから一向に構わないのです。

つまり、向かう方向性を持っていないので、
ほとんど全ての利害の有る状態でここにいませんから、何かあっても、
あ、そうなの、私はバカと呼ばれて結構なのだよ、
くらいのもですからね、張り合いがないでしょ。

このスタンスは、このような場ではほとんど無敵のスタンスだと思いますね。

417 ラピ。 :2013/12/14(土) 13:50:09
そうですね。

何を言われても私たちには
問題ありません。

ただそれを発する人の問題が
浮き彫りになるだけです。

418 TK :2013/12/15(日) 10:28:14
349
>あぶり出し天才的ですね
>Tk様より上手な方見たことがありません

はっきり言いますが、この特性は悟った者としての必須アイテムですから、
私がと言うのではなくて、
今までそうだと思った人たちが実はそれでは無かったと言うだけですね。

我々は本物ぶる必要が無いのです、
見える眼や常時フローの我々は能力的にも一般社会に暮らす分には他と比べれば楽々なわけですし、
何も気張る必要はありません。

我々はいつも普通にしているだけですが、
他が我々と張り合おうと思う事などあるのですかね、
それ以前の問題でしょ。

フロー同士の土俵に乗れば、楽しい張り合いの世界が来るかもしれませんが、
この社会は残念ながらそうではありません。

あの、
遅れているのに学者と呼ばれている頭が良いと思い込まれている人たちに踊らされているおかげで、
全体が低次元なのです。

世の中のモンキーたち、
世の中で良く言われる訓練組織などの中で死者が出ればバカ騒ぎをする、しかし、
人間命がけでなければ掴めないものはある、
もちろん命がけという事は死ぬこともある、
「嫌ならその組織に入らない事はいくらでも自由にできる」、
そのような場所を片っ端から大騒ぎして潰していく事で、
モンキーの世界が出来上がる。

私は自らで死ぬかもしれないような状況を作り出してメンタルを修得した、
滑稽ですよ、モンキーたちの愚行を眺めている事は。

学者は学者で名前ばかり、
ひょろひょろとマスメディアに間抜けな顔をさらしては、
メンタルのなんたるかも分からない無知さらけ出し。

大震災の過酷な環境は、
人間がバカだから大自然からの助けのようなものだったのだろう、
人間がバカだから人間の代わりに大自然がやった、
犠牲者が沢山出ましたがその風土で優秀な人材が出てくると思いますよ。

ここには命がけがあったからです。

命がけの環境をバカ騒ぎしながら片っ端から潰してどうするのですか。

今世の中で次を開くための科学は「命がけ」と言う事にまつわるキーワードです。

これが科学者と言う人たちが理論が無いので世の中で情けない状態になっているのです。

もっと考えてよ、バカでも良いから。

419 TK :2013/12/15(日) 11:44:02
本当の意味での人類に進歩をダイレクトに作り出す科学は次のようになるのでは無いですか。

①人を自殺するくらいにまで追いつめるための科学的なテクニックと技術。

②このような訓練機関や組織を本人の納得ずくで自由に選択できる環境。

③いつでも本人の自由意思で外れることができる。

③大前提で、これを科学者が徹底的に理論を構築する。
(これが無いから、死者が出たら人命尊重理論に打ち勝つ術がないのです。)


ちなみに、イエスは磔にされましたし、釈迦も命を惜しんでいたら、
仏教は誕生しませんでした。

全て「命がけ」がキーワードになっています。

人命尊重理論では何一つ得られませんでした。

私もご多分に漏れず「命」をかけたら、
それでようやく今私がここで述べている成就が得られたのです。

「命がけ」がなかったら、人間その程度の人生です。

420 サトミ :2013/12/16(月) 08:52:09
TK様、ラピ様、はじめましてサトミと申します。
何度かこちらの掲示板にお邪魔させて頂いております。お二人がおっしゃる「至った方のいる場所と
普通の人と次元が違う」との事ですが、お二人の位置にはイエス、釈迦などの数人しかいないという事でしょうか?
私の知る限りで 悟りの探求の末 絶対的な幸せを手に入れた人はかなりいます。実践の方法はお二人とは違いますが
至った所は同じであると感じております。この世の中に絶望し 真理を求め始めその途中では 真理を求めていない人との
大きな隔たりを感じ 自分の道が高次元の実践だと思い込んでおりました。
ただ至った後、次元の違いなど存在しないということを認識しました。
誰一人その真理と離れている人はいないと言うことです。
ただその特別意識としてのエゴはそう簡単には消えません。
スピで至った方も禅で至った方も 武道で至った方も
TK様 ラピ様のおっしゃる事も 同じであると感じております。
真理を体験する者は増えています。あまり珍しいことではありません。
私達に必要な事は特別意識を捨てる事だと感じております。
ただお二人のお言葉には 真実を感じております。

421 ラピ。 :2013/12/16(月) 12:27:30
☆サトミさん

書き込みありがとうございます。

んと、私たちに特別意識があるように見えますか?

そもそもその特別意識をもつ「私」が消滅してるのが
私たちです。

422 TK :2013/12/16(月) 18:05:00
凄い妄想性ですね。

>お二人の位置にはイエス、釈迦などの数人しかいないという事でしょうか?

イエスや釈迦が居るとしたら、それは我々の次元とははっきりと違います。

イエスも釈迦も捨てないと、我々の所へは来れません。

我々の所では誰もいないとしか表現のしようがありません。

>私の知る限りで 悟りの探求の末 絶対的な幸せを手に入れた人はかなりいます。実践の方法はお二人とは違いますが
>至った所は同じであると感じております。

あなたもその人の所で学んで下さい。

我々の所とは違うのです。

では、ご期待に添えませんでしたが、どうぞお幸せに。

423 TK :2013/12/16(月) 19:10:46
忘れてました、
このような人たちとは出血サービスで少し対話を交わしてみる事になっていたのでしたかね。

あまりにも、次元の違いがあるもので。

>私の知る限りで 悟りの探求の末 絶対的な幸せを手に入れた人はかなりいます。

誤認覚者は何人も見ましたし現にこうやって対話も交わしてますし。

>実践の方法はお二人とは違いますが
>至った所は同じであると感じております。

少なくともあなたと我々は違いますが。

>この世の中に絶望し 真理を求め始めその途中では 真理を求めていない人との
>大きな隔たりを感じ 自分の道が高次元の実践だと思い込んでおりました。
>ただ至った後、次元の違いなど存在しないということを認識しました。

我々は至った後次元の違いを大いに感じました。

あなたともね。

>誰一人その真理と離れている人はいないと言うことです。

面白い次元ですね。

我々の所では、誰一人どこにもいないので真理が無いのです。

真理って、そんなもの捨ててきましたよ、とっくに。

>ただその特別意識としてのエゴはそう簡単には消えません。
>スピで至った方も禅で至った方も 武道で至った方も
>TK様 ラピ様のおっしゃる事も 同じであると感じております。

はっきり言いますが、全く全然あなたとは違います。

>真理を体験する者は増えています。あまり珍しいことではありません。

あなたは「真理」を体験しているのですか、ご立派ですね。

我々は真理など体験してませんが。

そもそもそれ(真理)が、無いのですから。

>私達に必要な事は特別意識を捨てる事だと感じております。

それをするとあなたのようになるのですか、そうですか。

>ただお二人のお言葉には 真実を感じております。

我々は真実では無く主に妄想を語っているのですが、お分かりですか。

我々は妄想の使い手なのです。

我々は唯一「目指すな」と言う言葉で真実を語るかもしれませんが、
言葉で表したものなど全て「対象化」の範疇ではないですか。

424 TK :2013/12/16(月) 19:19:39
ラピ。さん。

誤認覚者と言うのは本人たちは悪気はないのでしょうが沢山いるのです。

私も沢山見てきました。

ね、あっちにもこっちにも、しかも本人たちはえらく真剣で真面目で、
みな自信もあるようで分かったでしょ。

私もラピ。さんもまず、自信の自の字もありませんから、
自信も無ければ確信も無くお喋りしているのが我々ですからね。

自信のある人対自信の無い人とはこの事ですね、
ちなみに我々は自信の無い人たちの部類に入りますね。

これが現状なのですよ。

ラピ。さん、自分と同等の人をネット上とかで見ましたか、
不思議な事に我々は天然記念物と言ってもいいほどにいませんよね。

私もラピ。さんに出会うまでは、こういう方面はどうせ分かりきった現状ですから、
見向きもしませんでした。

425 ラピ。 :2013/12/16(月) 22:35:09
☆TK師

そうですね、、。

かつての私を見ているようでもあります。

私も自信満々だったですもんね。


せっかくの機会ですので書かせていただきますね。


☆サトミさん

詳しくお返事させていただきます。

>ただ至った後、次元の違いなど存在しないということを認識しました。

サトミさんは至ったと感じられているのですね?

ちなみにそれはもしかして
「光を見た」とか
聖なる何かから何か(声とか幸せな感覚とか)を得たという
経験とかからでしょうか。

幸せ感がこみ上げたりとかでしょうか。

ちなみに私が至った時「なんじゃこりゃ?」
という感じでした。

すべてが止まった感じがして、今まで「私」だと思っていたものが
消えてしまったんです。


>誰一人その真理と離れている人はいないと言うことです。

「真理と離れていない」という表現は
真理と分離しているからこそ言える言葉です。

真理が対象としてまだ存在している ということです。

私たちは対象がなくそれそのものなんです。


>ただその特別意識としてのエゴはそう簡単には消えません。

ここなんですが
至ったけどまだエゴがあった、ということですか?

それは至ったとは言えないと思います。


>真理を体験する者は増えています。あまり珍しいことではありません。

「真理を体験する」って言葉が使えるのも
真理と分離してるからこそなんです。

私たちの状況でその表現はできません。

何を体験するのでしょう。
私たちの次元では 対象が消滅してますのでそれを体験しようがありません。


>私達に必要な事は特別意識を捨てる事だと感じております。

サトミさんには捨てるべき特別意識があるということですね。
まだ意志や努力が必要で
サトミさんにはそれらがまだ存在しているようですね。

ちなみに私たちにはそのようなものはありません。


>ただお二人のお言葉には 真実を感じております。

その真実を感じているのはいったい誰でしょうか。

私たちにはそれがないのです。


掲示板を読んでくださってる方もいらっしゃるので
いろいろ書かせていただきました。

サトミさん、ありがとうございます。


@(*・ω・*)ポッ

426 349 :2013/12/16(月) 22:45:47
やはりお二人は本物に感じます
想定通りの回答と感じました。

その上で、質問させてください。

至っても自由意志は持てるように思いますが、
至った所(絶対分かる事の無いそれ)の探求行動をしますでしょうか?
それとも、そんな事は意味が無い、もしくは逆立ちしてもできないでしょうか?

427 349 :2013/12/16(月) 23:10:45
探求というより冒険というニュアンスの方が良いかもしれません
今思ったのは、それそのものですから生活自体がそれの冒険ということになるのかもしれないと思いました

428 TK :2013/12/16(月) 23:35:43
>我々は妄想の使い手なのです。

あなたのような酔っ払い状態から醒める方法は、

>ただ至った後、次元の違いなど存在しないということを認識しました。

上ではもちろん駄目ですが、あなたのように対等でも駄目なのです。

入口は下なのです。

まず、至った者と言う捉え方を捨てて下さい。

自分は世界で一番「至らない者」で、世の中の誰よりも下で低次元な者なのです。

これが本物の説く、妄想の使い方、実践法ですよ。

目を覚まして出直してきなさい。

こっちまで酔いが移りそうですよ。

429 349 :2013/12/17(火) 06:55:05
生活というのも正しくない気がしました。
ただ冒険が起こっていく

430 349 :2013/12/17(火) 07:02:51
訂正します
やっぱりよく分からないものですね。笑

431 サトミ :2013/12/17(火) 07:18:02
ラピ様

>ちなみにそれはもしかして
「光を見た」とか
聖なる何かから何か(声とか幸せな感覚とか)を得たという
経験とかからでしょうか。
幸せ感がこみ上げたりとかでしょうか。


光を見たことはありません。
探求の途中 悟り体験と勘違いする至福感は何度か味わいました。
ラピ様の悟り体験のお話を読んでいて 同じ事を感じていると思い
コメントさせて頂きました。

これで失礼いたします。

432 ラピ。 :2013/12/17(火) 07:29:58
☆349さん

私たちは何もしていないのですよ。
何も起こっていません。

空っぽなんです。

@(*・ω・*)ポッ

433 349 :2013/12/17(火) 08:06:20
ラピさま

それはわかるのですが
からっぽがからっぽを詮索することが起こるかかという質問でした

434 349 :2013/12/17(火) 08:31:27
いい言葉が浮かびました

からっぽがからっぽを味わうか
という表現が良いのかもしれません

435 349 :2013/12/17(火) 09:03:16
そしてその 空っぽの中の空っぽが露わになったりしますでしょうか

436 ラピ。 :2013/12/17(火) 13:09:07
☆サトミさん

>ラピ様の悟り体験のお話を読んでいて 同じ事を感じていると思い

私は感じていないのです。
感じる「もの」がないからです。

だから 違います。


サトミさん、今まで探究し、
厳しい修行、辛い道を通ってきたとしても
今のサトミさんの状態は私たちの状態ではありません。

かつての私も本当に限界までがんばって
「もう十分だ」という状態でしたが
それはまだまだでした。

サトミさんの表現されていることは
私たちの次元では使えない表現なんです。

私たちがそうではないからです。

サトミさん、私たちとのやり取りに違和感を感じませんか?

それは次元が違うからなんです。

もし、サトミさんが至っているのなら
私たちの言ってることがわかるはずです。

ちなみにかつて私は
自分がなかなかの場所にいると思ってました。

でもTK師からは私の状態が丸見えで
ことごとく否定されました。

訳が分かりませんでした。

そりゃそうです。

私はまだまだだったからです。

だから「自分はなかなかいい場所にいる」という
思い込みを捨てて一からやり直しました。

今までがんばったこと、すべてゼロにして
道を行く初心者としてやり直しました。

本当にその選択ができてよかったです。

だからこそ、今の私があるからです。


>悟りの探求の末 絶対的な幸せを手に入れた人はかなりいます。

手に入れたのですね。

手に入れたのなら、なくなる可能性も大です。
手に入れた状態が永遠に続くと思いますか?

それともずっとがんばって幸せを握りしめていますか?

「幸せ」を手に入れたのなら
「幸せ」がなくなったらどうします?

私たちは手に入れたわけではありません。

それそのものなんです。

437 TK :2013/12/17(火) 18:50:19
真理等とやたらこうるさく鳴られたので、
絶対的な真理なるものは存在しませんと言うのが、
唯一の絶対的な真理と言えるものです。

これ以外は全て滅び去るものであり、
平等だとか対等だとか、上からとか下からとか、
これらをひっくるめて我々は妄想と呼んでいますが、
それは絶対的なものでは無くどれ一つとっても全て滅び去らせる事の可能なものなのです。


スッタニパータ9
>走っても疾過ぎることなく、また遅れることもなく、
>「世間における一切のものは虚妄である」と知っている修行者は、
>この世とかの世とをともに捨て去る。
>──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。


これらが全て残り無く去ってしまうと我々の所に来られます。

ですから、
自分は他の者と平等だ対等だ等しい次元だなどと言う言葉を振り回している内は、
決して至ったと誤認しないで下さい。


スッタニパータ855
>平静であって、常によく気をつけていて、
>世間において(他人を自分と)等しいとも思わない。
>また自分が勝れているとも思わないし、また劣っているとも思わない。
>かれは煩悩の燃え盛ることがない。


さて色々な単語を並べましたが、
「平等」「対等」「上から」「下から」この中のどの妄想を選択すれば次元上昇(アセンション)出来るのでしょう、
それが「下から」なのです。


>ただ至った後、次元の違いなど存在しないということを認識しました。
>誰一人その真理と離れている人はいないと言うことです。


平等論では悟りではありません、たんなる「理想的な生き方」の範疇です。

「真理」とは別名「筏(イカダ)」と呼ぶのです。

「真理」は絶対的なものでは無く、
至った者にとってはすっかり捨て去られるものなのです。


相応部経典9-10-4〜5
>「修行僧よ。そなたは、修行僧たちとともに住んでいるのに、なぜ真理のことばをとなえないのか?
> 真理のことばがとなえられるのを聞いたならば、心が清らかな喜びにみち、現世で人々の賞讃を博する。」
> 〔修行僧いわく、―〕
> 「昔は、わたしは離欲を達成するまでは真理のことばを学びたいという願望がありました。
>いまやわたしは、離欲を達成したからには、見たことでも、聞いたことでも、
>考えたことでも、すべて知った上では捨て去らねばならぬ、ということを、立派な人々は説かれました。」


スッタニパータ21
>師は答えた、
> 「わが筏はすでに組まれて、よくつくられていたが、激流を克服して、
>すでに渡りおわり、彼岸に到着している。もはや筏の必要はない。
>神よ、もしも雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」


ちなみに、これは激流段階の方に対しての教えであり、
ワクワク段階の方なら「平等」とか「対等」とかで良いわけですが、ただし、
スピ系や精神世界は一切捨てて下さい。

これでようやく酔っ払いでは無い真実のワクワクの実践者としての道が始まるのです。

反面教師のような酔っ払いの方を目にした後ですので、
くれぐれもこの方のようにはならないという事です。

延々とその自己満足の世界に閉じ込められますから。

この方にしても、ご登場どうも色々な方々のために有難うございました。

気が向いてスピ系等をやめる気になったらどうぞお越しください。

永遠に酔っぱらって良い気分で居るのも、もちろんあなたの人生あなたの勝手です。

438 TK :2013/12/17(火) 19:06:59
そうそう、折角の機会ですから、ラピ。さんの貴重な体験談、
この方のために活かせそうですよ。

>光を見たことはありません。
>探求の途中 悟り体験と勘違いする至福感は何度か味わいました。


その至福感に背を向けろ、喜んではならない、魔境である、
そこでの引っ掛かりを交わしたら至れました、これ教えてあげたらどうですか。

魔境に引っかかる人はラピ。さんだけでは無く、
この人もその一人みたいですがあんがい居るのかもしれませんね。

この方は本当に「真理」にしがみついて離さないでいたり、
至福感(魔境)に捕まったり、後進の方のいい学びの題材を与えて下さいました。

439 ラピ。 :2013/12/17(火) 22:25:06
☆TK師

私の体験談ですね。

んと、私はかつて幸せ感に包まれていました。
至るちょっと前まで。

限界までがんばってやっと得た境地だったので
それで満足していました。

その幸せとは頭上斜め前から降り注ぐ幸せでした。

はい、幸せ感がありました。

ただし、気づきました。

この幸せは「斜め上の何か」に
自分の意識を向けている時だけ受け取っていると。

「斜め上の何か」に集中している時
幸せを感じているのだと。

では、その「斜め上の何か」を忘れてしまったら、、、?

とりあえず ひたすらその頭上斜め前にチューニングするようにしました。
(それを実践としていました。
実践ができるのだからイコールまだ至ってない、ということなんですが)

はい。幸せ感がありました、その時は。

でもその時もその時なりに少し違和感を感じていました。

なぜ、そこに集中しなければならないのか。
なぜ幸せを得るために、意識を働かせていかなければならないのか?

もっとオートマティックに幸せでいられないだろうか。
何もしなくても勝手に幸せってないのだろうか、、、。


そもそも意識を向けることができたり、集中できる状態は
まだ至ってないんですね。

「幸せを得た」

この状態ではまだ至れていないんですね。

私もそうでした。

実はこの頭上斜め前のなにか、
もしこれを真実の幸せだと思い、ずっとそこに意識を向けていたなら
今の私はありませんでした。

その幸せ感、もしかしたら
ずっと続けることができたかもしれない。
そこに意識を向けたとき限定で。

でもそれをずっと続けていたなら
私は幸せも不幸せの存在する世界に
ず〜っといたでしょう。

最終的にはその幸せ感を手放し
師の言葉を信じ、
激流に飛び込みました。

幸せ感がやってきたら
即座に切り捨てました。

外からやってくる幸せは偽物だと
師から教わりましたから。

その通りでした。

幸せ感を持っていては至ることができません。

「幸せになりたい」

それでは至ることができません。

幸せになりたいのなら
不幸も存在する世界でないと無理なのです。

幸せと不幸せを繰り返す世界は私はもうこりごりでした。

だからこそ
幸せも捨て続けました。

「私は幸せだ!」といった瞬間
不幸せも同時に存在します。

そんな世界がいいのなら別ですが
私はそんな世界が嫌でした。

かつて私は幸せを得ていました。

でもその幸せすらも捨てることによって
幸せを超えたそれそのものになりました。

ありがとうございます。

440 ラピ。 :2013/12/17(火) 22:30:04
☆349さん

349さんの実践に
その問いは必要ですかね?

単に妄想が膨らむだけですよ。

441 441 :2013/12/18(水) 00:02:42
凄く素朴な質問をしてもいいでしょうか?
TK様、ラピ様は、ご結婚されてますか?
また、その場合は、お子さんはいらっしゃいますか?
そして、幸せな家庭を築かれていますか?

442 TK :2013/12/18(水) 00:43:23
ラピ。さんは魔境にしろスピ系にしろ、
私がいなかったら今の人と同じになっていた可能性がありました。

私自身は、師というものがおりませんから、
本物と出会えて良かったと言うラピ。さんのような経験がありませんから、
その点についてはラピ。さんの方が良く語れると思います。

確かに本物は一生のうちで何人出会えるかわからないくらいしかいない、
希少なものである事は至った者の目で見渡しても事実です。

どなたかのように、「結構いるのです」、このような表現が使えたら良いのですが、
これがこの人の誤認の一つなのですが、実際は希少なのです。

確かに、自分で達成してみて、こんなのがざらにいるはずがないと思いますが。

私はラピ。さんに出会えて良かったです。

私が苦労して至った事が、他の人の至る事に役立てたからですが。

そのラピ。さんから見て、私やラピ。さんと話せる機会を得て、
それを真剣に活かそうともしない人たちをどのように思いますか。

真実を語れば、
その人にとっては一生に一度の機会と言っても過言でない現実ですが、
それほど真剣に考えている者はあまりいなかったと言う事ですかね。

私には経験が無いのでその所が今一つよく分かりません。

スッタニパータ559-560
>わたしに対する疑惑をなくせよ。バラモンよ。わたしを信ぜよ。
>もろもろの<さとりを開いた人>に、しばしば見えることは、いともむずかしい。
>
>かれは(さとりを開いた人々)が、しばしば世に出現することは、
>そなたらにとって、いとも得がたいことであるが、わたしは、
>その<さとった人>なのである。
>バラモンよ、わたしは(煩悩の)矢を抜き去る最上の人である。

443 349 :2013/12/18(水) 07:21:47
>絶対的な真理なるものは存在しませんと言うのが、
>唯一の絶対的な真理と言えるものです。

>からっぽがからっぽを味わうか
という表現が良いのかもしれません
>そしてその 空っぽの中の空っぽが露わになったりしますでしょうか

>単に妄想が膨らむだけですよ。

真理など無い。それは妄想。
何も分からないという事で、了解しました!

>至っている、至っていない
>からっぽである、からっぽでない

これも妄想でしょうか?
絶対的な真理が無い中で、
いかなる事実も本人がそう思っているだけで、
真理にはなり得ない気がしてきました。

444 ラピ。 :2013/12/18(水) 07:54:35
☆349さん

そうであるひとはそれそのものですが
そうでない人はそれは単なる想像にしかなりません。

私たちの状況は言葉に表せないのですが
人に伝えるために言葉にします。

それが(例えば)「からっぽ」などという表現になります。

でも、まだ至ってない人がその空っぽを理解しようとし
考えても想像してもどうやっても
それは単なる想像になってしまいます。
妄想になってしまいます。

そうではないからです。

445 349 :2013/12/18(水) 09:20:49
ラピさま

>私たちの状況は言葉に表せないのですが、人に伝えるために言葉にします。

この回答にピンと来ました
そうである状況は言葉で表せないため、その視点でそれは妄想ですよと至ってない方へ気づかせていただいているのですね
まさしく愛ですね

ありがとうございます。

446 TK :2013/12/18(水) 18:43:14
ちなみに至った後の状況を至る前から想定したら、辿りつけません。

想定とか理解とか、誤認覚者は喜んで言葉にして振り回すし、
喜んで飛びついてその話に群がっている人だかりを見たことがあります。

このような所には間違ってもいかないで下さい。
(※酔っ払いになりたい人はどうぞ、好きにして下さい。)

我々の居る次元へは想定や理解を持っている人はこれないのです。

これらを捨てなければ。

バカになる恐怖心に打ち勝って、勇気を出して想定や理解を、
「すっかり捨てることによって」辿りつけるのです。

つまり、行きつく当てもなくひたすら実践すると、辿りつけるのです。

私も至れるなどこれっぽっちも想定していなくて、ある時突然至りました。

激流段階においては、
これが至るための外してはならない本物が説く必須のポイントです。


至る前の人たちと言うのは、バカな人たちがたくさんいるのですよ。

本当にあの人たちはバカです、
例え死ぬまでそれやるのだよと教えてあげても多分聞きません、
死ぬその時になってやっと後悔するのです、それが現状です。

447 ラピ。 :2013/12/18(水) 22:55:12
>バカになる恐怖心に打ち勝って、勇気を出して想定や理解を、
>「すっかり捨てることによって」辿りつけるのです。

>つまり、行きつく当てもなくひたすら実践すると、辿りつけるのです。

>私も至れるなどこれっぽっちも想定していなくて、ある時突然至りました。


まさしく私もそうです。

「どんなことがあっても実践をやめない」
との決心でし続けました。

実践に集中していたら
結果なんて気にする暇はありません。

その結果、至ることができました。

448 ラピ。 :2013/12/18(水) 23:14:12
☆349さん

そしてそれも妄想だったりします。

@(*・ω・*)ポッ

449 441 :2013/12/19(木) 00:07:12
非常に知りたいので、失礼かもしれませんが再度、
答えは、Yes or Noだけで構いませんので、よろしくです。

凄く素朴な質問をしてもいいでしょうか?
TK様、ラピ様は、ご結婚されてますか?
また、その場合は、お子さんはいらっしゃいますか?
そして、幸せな家庭を築かれていますか?

450 TK :2013/12/19(木) 00:30:51
>非常に知りたいので

どうぞいつまでもそのように思っていて下さい、嫌になるまで永遠に。

ご想像にお任せします。

世の中あなたの思い通りにいくほど甘いものではありません。

いつまでも、どうぞお好きなだけそのように思っていて下さい。

命がある限りお好きなだけ。

苦しむのはあなたの勝手なのですから、永遠に。

451 349 :2013/12/19(木) 04:44:15
ラピさま>

それではなぜ人に伝えるのでしょうか?
伝えなくてもよいと思いますが。。。

452 ラピ。 :2013/12/19(木) 05:20:45
私たちは「エゴ」が消滅してしまっています。

だからエゴのある人の
エゴが見えてしまいます。

なぜ見えてしまうのか。

私たちにその「エゴ」がないからです。

私たちにないものがあるから
わかってしまうのです。


ということで

☆441さん

あなたのその質問のエゴも丸見えです。

そのエゴに答える義務がわたしたちにはありません。

453 ラピ。 :2013/12/19(木) 05:24:15
☆349さん

了解しました。

私たちに理由なんてないのですが
そういうことでしたら
349さんの問いにはもう答えないことにします。

確かに349さんに
伝える必要はありませんね。

454 349 :2013/12/19(木) 06:54:28
ラピさん>

ありがとうございます!

>私たちに理由なんてないのですが

確かにそうですね。^^

>349さんの問いにはもう答えないことにします。

もう、というのは、時間を感じさせるので違和感を感じます。
ただ、その違和感も私の妄想で、ラピさんには全く時間は無いと思うので、
次の瞬間にはラピさんは私の質問に答えているかもですね。

455 TK :2013/12/19(木) 18:37:58
我々は妄想の使い手です。

実は至る前の次元では上も下も中も、あるんです。

しかし、至って初めて、それらが全て無くなるので、
それらが妄想であることが分かるのです。

それは、我々も至るまでは至る前の人間だったからです。

ですから、我々から見て「妄想」を駆使して、激流の渡り方を説くのです。

世の中で「真理」と言われているものは我々の所では全て妄想です。

スッタニパータ9
>走っても疾過ぎることなく、また遅れることもなく、
>「世間における一切のものは虚妄である」と知っている修行者は、
>この世とかの世とをともに捨て去る。
>──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。



しかし、
至る前の人たちにとっては「妄想」では無くすべて現実の「真理」なのです。

だから、我々は「真理」等と言う言葉をやたらに振り回しながら、
私は至りましたと言う言葉に、どうやってこの人の頭を冷やしたらいいだろうか、
と思う事がある訳です。

つまり、誤認ですから。

所がそういったところで、もう至ったと信じ切っている、また、
自分自身で信じたいという想いがその人の中で作用しているので、
折角の我々と接触したチャンスはその人物にとって棒に振られるのです。

もちろん、
我々がもう少し対機をうまく使えていればと言うのは当然あるのですが、しかし、
それでも損をするのは我々でなくチャンスを逃した者の方にあるのです。

我々と接触した人物は折角の至れるかもしれないチャンスを逃すことになったとしても、
我々自身がだからどうなると言う問題ではないからです。

456 teeth :2013/12/30(月) 19:09:06
TKさん、ラピ。さん

ちょっと前に、対話をさせていただいていたものです。
ココは、私が関わる場所じゃないなと感じて去ったつもりだったのですが、
その後もココへ訪れている自分がいます。

ちなみに、この掲示板以外の掲示板の存在も知り、ざっとですが、目を
通させていただきました。正直、私には訳の分からない??と感じる内容
(例えば光とか闇とか・・)も所々あるのですが、最後の質問に対しての
409〜411での回答を改めて読んでみると、当たっているように感じてしまいました。

あと、以下はお詫びです。申し訳ございません。
412は、飲み会後に、409〜411などを適当に見て、やっぱり噛み合えてないなと
酔っぱらった頭で回答した私です・・
それと、他の掲示板での通りすがりの206ってのも私です・・

そんな私が再度書き込みをというのも、お2人に失礼とは十分に存じて
おりますが、以下3点を書き込ませていただきます。

1.バシャールって、デタラメの嘘っぱちがかなりありますよね?

最初に、この掲示板に辿り着いたときの検索キーワードは、確か
「バシャール デタラメ」みたいなキーワードで検索して、辿り
付きました。が、ここでも肯定も否定もないのですが、結構いい
内容だ(例えばワクワクとか・・)、そして我々はもっと高い次元に
いるといった内容が書かれていて、ますます「は??」と思い、
この掲示板に興味をもったのがきっかけです。
それでざっとですが目を通してみると、理解不能な内容や??と
感じることもあるのですが、まさにその通り!と言いたくなる内容も
多く、何か書き込みをしてみたくなり、最初の質問をさせていただきました。
その節はありがとうございました。

今思い返せば、私は「バシャールはデタラメである」という確信を
得るために検索したことで、ココに辿り着いたことが事実です。
ですので、このことに関して質問させていただいてもいいでしょうか。
なんたら星だとか、アトランティスがどうのこうのとか、そもそも
アセンション自体が嘘くさくて仕方がないです。ただ、その通り!
と思える内容もかなりあるので、その部分はごちそう様って感じですが・・
いかがでしょうか?

2.前回最後の酒たばこ浮気の質問に関してですが、浮気はそういう
雰囲気になりそうな場には立ち寄らなくすることで、簡単に断ち切る
ことができます。お酒は、やはりほどほどであれば、私の人生には必要です。
タバコは、来年になって禁煙外来に通おうかなと考え中ですが、息抜きに
私にとっては、まだ必要かなと思っています。つまり、私にとってタバコは
まだ止める時期ではないです。酒は、今はこの先も絶つつもりはないと
考えています。これに関して、もし何か大きな誤りがあるとすれば何なのでしょうか?

3.409のTKさんの
>私はまだあなたに対しては現在ようやく問診中で診断は下してないのですが、
の文章が、引っかかっています。もしよろしければ、超OPENな書き込みを意識
しますので、問診を続けていただけますでしょうか。

以上、大変ご無礼なのは十分承知の上なのですが、もし何かございましたら、
どうぞよろしくお願い致します。
※他のTK師との会話という掲示板の方へ書き込んだ方がよかったのかな・・?

457 TK :2013/12/30(月) 19:40:04
teethさん

>412は、飲み会後に、409〜411などを適当に見て、やっぱり噛み合えてないなと
>酔っぱらった頭で回答した私です・・
>それと、他の掲示板での通りすがりの206ってのも私です・・

可能性のレベルですが、いずれも失礼な雰囲気があなたに似ているとは思っていました。

同じ掲示板でハンドルを変えて投稿するのも、あなたらしい礼儀の無い対応ですね。

酒に酔って書き込んだものでも、
それをそのまま言ってくるあたりがあなたらしいですね。

>ただ、その通り!
>と思える内容もかなりあるので、その部分はごちそう様って感じですが・・
>いかがでしょうか?

無理に信じなくても良いんじゃないですか。

我々はあなたに信じてくれなどとお願いしてませんし。

>これに関して、もし何か大きな誤りがあるとすれば何なのでしょうか?

自分で考え抜いて出した結論ならもっと自信を持ったらどうですか。

我々の次元では、いずれにしても良い悪いの意味などないのです。

>私はまだあなたに対しては現在ようやく問診中で診断は下してないのですが、

一たび途切れましたので、再び再開をするつもりはとりあえずありません。

458 teeth :2013/12/30(月) 20:09:37
TKさん、早速の回答、ありがとうございます。

>いずれも失礼な雰囲気があなたに・・
412は意図的にハンドルを変えたの訳ではないのですが、
いずれにせよ、ご無礼を申し訳ございませんでした。

>自分で考え抜いて出した結論ならもっと自信を持ったらどうですか。
>我々の次元では、いずれにしても良い悪いの意味などないのです。
>一たび途切れましたので、再び再開をするつもりはとりあえずありません。
承知しました。

1点だけ、バシャールってデタラメが多いですよね?に対しての
TKさん方の認識を教えていただくことは可能でしょうか。
バシャールの言っていることも全て事実で正しいという回答であれば、
私は2度とココを気にすることはなくなる自信がありますので。

459 TK :2013/12/30(月) 21:02:02
teethさん

>1点だけ、バシャールってデタラメが多いですよね?に対しての
>TKさん方の認識を教えていただくことは可能でしょうか。

デタラメと信じていればいいと思いますよ。

所詮それもスピ系に分類されるものでしょ。

バシャールがどうと言うより、スピ系そのもので、
最高で至れた気分の酔っ払いくらいしか輩出してない妄想の世界と考えれば、
そんなもの普通のまともな人間なら信じませんよ。

スピ系はみんなおかしな人間だけが信じると思えば間違いないのが現状です。

あなたも変なレクチュアに出た一人みたいですが、
人の弱い部分に付け込んだ出版社の策略にはまって踊らされている、
踊るアホウに見るアホウみたいなものですよね。

私、ああいう世界に関心を持っている人は、
変な宗教の信者と同等で基本的に気持ち悪いのです。

まともじゃないですよね。

それに、そもそも我々が言う至った状態というものは、
私もラピ。さんもスピ系学んでも、その延長では至れないと言う立場なのです。

スピ系は人を惑わす落とし穴ですね。

460 teeth :2013/12/30(月) 21:49:22
TKさん、回答ありがとうございます。

実は肯定的な回答(部分的でも)を期待してたのですが、全否定のようですね。
私がここへ辿りつき、本当に得たかったものは、459のTKさんの回答そのものです。
非常にスッキリしました。

>あなたも変なレクチュアに出た一人みたいですが、
これは誤解されております。スピ系(この言葉もココで知りました)など、
私は全く疎いです。
ただ、リアルな経営の勉強会でも、「波動の法則(自分が与えたものが自分に
返ってくる、全ての存在の根源は波動etc)」「5年後の自分も5年前の自分も
“今”の自分の延長」「思考→言葉→行動→習慣→性格→人生」「習慣は
顕在意識から潜在意識(無意識)を変えれる手段のひとつ」といった感じの
内容のことも学ぶんです。バシャールは、たまたまamazonで買っただけです。

当面はもう書き込みはしないつもりですが、もし来年あたり禁煙成功したり、
「自分と合わないとなるとすぐに見下したり、排除しようとする習慣」などを
改めれたと実感することができたら、またコチラへ何かを質問させていただく
ことが出てくるかもしれませんが、その際は、どうぞよろしくお願いいたします。

改めまして、ご無礼があったことをお詫び申し上げます。
また、ご回答ありがとうございました。

461 ラピ。 :2013/12/30(月) 21:58:24
☆teethさん

あの書き込みもteethさんだったんだぁ、、、。

わけわからない書き込みでしたね。
まさしく「酔っ払い」の時の書き込みだったのですね。

teethさんはどうしてバシャールにこだわるんでしょうか?
teethさんの日々においてバシャールの話って
そんなに重要なのですか?

実際、思考面で影響を及ぼしてそうですね。
バシャールの話が本当か嘘か、
teethさんの中で問題となっていたようです。

ちなみに私はバシャールもよく知りません。
別にバシャールを知らなくても日常問題ありませんので。

たまたまバシャールをamazonで買ったとのことですが
誰かに勧められた、とか
そのレクチャーでバシャールについて話を聞いたとかではないですか?

「バシャール」って題名の本を
たまたま買うってことはあまりないと思います。


ちなみにteethさんは結論を急ぎすぎるというのですかね、
今までもチャンスを逃していますね。

もったいないなぁ。

462 TK :2013/12/30(月) 22:50:10
teethさん

>「波動の法則(自分が与えたものが自分に
>返ってくる、全ての存在の根源は波動etc)」「5年後の自分も5年前の自分も
>“今”の自分の延長」「思考→言葉→行動→習慣→性格→人生」「習慣は
>顕在意識から潜在意識(無意識)を変えれる手段のひとつ」

これスピ系と言う分類のものにも思えるのですがね。

あなたの関心がスピ系的なレクチュアに関心が向くような方向性なのです。

それより、私はもっと現実的にいろいろ考える方向をお勧めします。

例えばきっぱりと言いますが、
あなたには状況をあるがままに読み取れる眼というものがありません。

その場合は、
組織の中においては見れる眼を持った者の眼をあなたの眼にすればいいのです。

あなたは大して頭が働く人物ではありません。

その場合は組織の中においては配下の者の頭を、
あなたの頭にすればいいのです。

あなたも如何わしそうなレクチュアなんかに出ないで、
もっとこう言う事を教えてくれるレクチュアに出て下さい。

例えば上の者が頭が回らない者の場合は、
配下の者は損ばかりしているのだろうかとか、所がどっこい、
これほど配下の者にとっては願っても無い環境は無いのであって、
頭が切れない上司の元では頭の切れる優秀な者が出ると言う原理があります。

また頭の切れる優秀な上司の元では、優秀な配下は育たないのです。

1を聞いて10を悟るような上司の元では、配下の者の説明能力は上がりませんが、
あなたのような聞き取り能力の劣った人の配下の人は、説明能力が上昇するのです。

精神世界と言われても不思議でないようないかがわしい変なレクチュアではなくて、
もっとこういう実践(現実)的原理を教えてくれるところとかに出ればいいのです。

(ちなみに、今説明した内容は私のあるがままの眼で見えている事実の一旦を教えたまでで、
レクチュアで学んだものではありません。)


>当面はもう書き込みはしないつもりです

では、さようなら、お元気で。

463 teeth :2013/12/30(月) 23:49:36
>461ラピ。さん
※全てリアルに書くよう努力します。

>そのレクチャーでバシャールについて話を聞いたとかではないですか?
>たまたま買うってことはあまりないと思います。

バシャールに関しては、
1.まず私が参加している船○総合研○所という一部上場の
経営コンサル会社としては最も有名な会社主催のセミナーで「波動の法則」
という言葉と概念を知りました。
2.そしてamazonで波動の法則で検索すると、足立氏という方の
波動の法則という本がヒットしたので、まずそれを購入しました。
そして、バシャールという本もヒットし、評価を見ると良い評価が
多かったので、それも購入しました。
という経緯です。

>teethさんの中で問題となっていたようです。

はい、そうです。というのも、私の参加している勉強会で、ちょっと
尊敬できる経営者がいて、その方から
「自分が与えたものが、自分に返ってくる(因果応報)」
「全ての存在の根源は波動である」といったことを聞いていました。
そして、それと同じようなことがバシャール本の中にあったのですが、
なんたら星人とかチャネリングだとかアセンションだとか胡散臭い
内容が非常に気になり、私の中で問題となっていました。

>ちなみにteethさんは結論を急ぎすぎるというのですかね、

これは、過去にも何度か指摘されたことがあります。
また、私のアウチな本質を炙り出されたようですね・・・

464 teeth :2013/12/30(月) 23:50:20
>462 TKさん

最初に・・
>では、さようなら、お元気で。

ちょっと待ってくださいよ。あなたのおっしゃる通り大して頭の働かない私が
こういった返事をいただいて、はいさようならとスッキリ去れないじゃないですか・・

>>「波動の法則(自分が与えたものが自分に
>>返ってくる、全ての存在の根源は波動etc)」「5年後の自分も5年前の自分も
>>“今”の自分の延長」「思考→言葉→行動→習慣→性格→人生」「習慣は
>>顕在意識から潜在意識(無意識)を変えれる手段のひとつ」

>これスピ系と言う分類のものにも思えるのですがね。

これらが誤っているということですか?
まず、波動の法則の「自分が与えたものが自分に返ってくる」は、あの
稲盛氏がいっている因果応報の法則と全く同じですし、私の今までの人生を
振り返っても、その通りだと感じるので、とても共鳴できます。

次に、「5年後の自分も5年前の自分も“今”の自分の延長」という概念は、
振り返ると、5年前に描いていたビジョンと、非常に近い状態に自分がなって
おり、当時は誰が見ても不運と見えるようなことでも、今から見ると、それが
正に転機となっていると実感できます。

そして、「思考→言葉→行動→習慣→性格→人生」は、ここでも名前が
挙がっていたマザーテレサの言葉らしいので、あえて書きました。
また、内容に関しても、その通りだと思っています。

最後の「習慣は顕在意識から潜在意識(無意識)を変えれる手段のひとつ」と
いうのは、私が今最もこれからの生き方について参考にしようと考えている
中村天風氏↓の言っている内容です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E5%A4%A9%E9%A2%A8
そして、その中村天風氏の本の中にある表現に非常に近しい表現が、この
掲示板に散見されたので、興味が強くなったんです。

ちなみに、私が参加している勉強会は↑のような内容がメインではないです。
メインは「いかに業績を伸ばすか」「経営理念を浸透させる努力の重要性」
「よい社風にしていくためには」と言ったようなことです。

465 TK :2013/12/30(月) 23:55:58
一旦お別れしたのですから、さようなら。

>ちなみに、私が参加している勉強会は↑のような内容がメインではないです。
>メインは「いかに業績を伸ばすか」「経営理念を浸透させる努力の重要性」
>「よい社風にしていくためには」と言ったようなことです。

悪いですけどナチュスピの本なんか、取り上げる講習会などに私は出る価値も認めません。

私は大嫌いなのです。

どうぞ他所へ行って下さい。

以上。

466 teeth :2013/12/31(火) 00:07:52
>465、TKさん

ラジャー!ここはやはり私とは本来無縁の場所だったようです。
ありがとうございました(って何が・・?)
※この書き込みに回答があるかどうかは、見に来るでしょうが、
何も回答がなければ、綺麗さっぱり消え去ります(-_-;

467 TK :2013/12/31(火) 00:43:54
信教の自由と言いますから、
どんな宗教を信じようがスピ系を信じようがその人の勝手ですよ。

プロ野球の世界ではありませんが、
結論から行けば優秀な人材さえ揃えられれば業績は上がります。

これは現実論です。

先が見通せる眼を持っていたら、他者よりは先に進めます、これも現実論です。

スピ系の無いセミナーもあるでしょう。

例えばこれ。
http://www.php.co.jp/seminar/m-keieijuku/?gclid=CPHyz9ej2LsCFU0ypAodGHUA6w

どうせ出るのだったら、経営とかではなくても良いですから、
何かの分野で成功した人の講演会とかそう言ったものに出ると拾うものがあると思います。

スピ系のレクチャに出たい人は止めません、どうぞお好きなように。

宗教の信者と同じですね。

気色悪い。

468 teeth :2013/12/31(火) 01:35:10
>467 TKさん

私は、決して知識で論争をしたい訳ではないですが、
ご紹介いただいている松下幸之助氏は、間違いなく私たちにとっては偉人ですが、
その松下幸之助氏(その他ロックフェラー三世や東郷平八郎、稲盛和夫etc)の
メンター的存在だったのが中村天風という方なんですよ?

>気色悪い。
私は、気持ちよく(後腐れなく)ココを去りたいんです。
現段階では、気色悪いのはお互い様じゃないですか・・
今はココに書き込みをした自分を後悔(とは言っても、
いい教訓と色んな人がいるんだなという点ではマイナス
ではなかったと処理しようと思ってます)して、今後は
こんな得体も知れない掲示板に例え共鳴したとしても、
書き込みなどはしない方がいいという学びを得たとして、
スッキリ綺麗に立ち去ろうとしているのですが・・・

469 TK :2013/12/31(火) 05:10:25
teethさん

私は松下幸之助がどこの宗教の檀家だからとか、
そういうのはどうでも良いと思っています。

私も、家には神棚もありますし仏壇もありますから。

松下幸之助が、宗教の教祖みたいな人の名前を掲げて、
その人の経典でも信仰しろとか言ったらやめたらいいんじゃないですか。

あなたが、どこぞ屋の気持ち悪い教祖みたいな人の名前を掲げるのと、
松下幸之助がどこかの宗教の檀家だったからとか言うのは関係ないと思っています。

理由は簡単です、私も過去にイエスに釈迦に信仰した経験の持ち主だからです。

でも、あなたが今これらにかぶれていたら気持ち悪いと思います。

理由はあなたが松下幸之助や私にはなれないからです。

毒に接して薬に変える人と、毒の作用を受ける人の違いです。

あなたの場合は気色悪いのです。

しかし、信者やったらいいと思いますよ、私止めません、どうぞ。

470 TK :2013/12/31(火) 08:52:14
teethさん

毎日毎日経営セミナーだの変な案内届きますが、
どうせ金取られるだけの変なものばかりだと思って、
関心も向かずまともにじっくり中身を読んだこともありませんが、
精神世界だか宗教だかにかぶれたような変なセミナーもあるのですね。

どういう人がそういうものに飛びつくのかとも思いますが、
かなりおかしな人が飛びつくものだと言うことが分かりました。

カモと言う文字が、しきりに私の脳裏に浮かびます。

人それぞれ、せいぜいうまく行くと良いと思います。

そうしたらそういうものに対する、私の捉え方も変わるかもしれませんね。

私は人が創作したその手の妄想物語は嫌いです、
技術的なノウハウ以外のものには関心がありません。

ではさようなら。

471 TK :2013/12/31(火) 09:17:18
私は天風とか言う教祖みたいな人に師事したロックフェラー三世なんて全く興味ありませんが、
初代ロックフェラーは中々興味が惹かれるポイントがいくつもあります。

ジョン・ロックフェラー - Wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC

>酒もタバコも全く嗜まなかった。

良いですね。

やっぱり一代で成功する人というのは違います。

いいですね。
http://systemincome.com/main/kakugen/tag/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3-%EF%BD%84-%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC

472 teeth :2013/12/31(火) 09:31:36
TKさん

>あなたが、どこぞ屋の気持ち悪い教祖みたいな人の名前を掲げるのと・・

私が気持ち悪い教祖みたいな人の名前を掲げてますか?
松下幸之助氏の本は、何冊も読んでおり、経営者としてよりも、人間として
理想の人物のひとりです。

>精神世界だか宗教だかにかぶれたような変なセミナーもあるのですね。

そう感じられるのがなぜなのか不思議ですが、そうとしか見えないという
のであれば、それで結構です。私はある勉強会には参加はしていますが、
かぶれるつもりは全くないですよ。リアルにそこに集まるメンバーとの
会話が楽しいですし、私より経済的に遥かに成功していて、人間的にも
できている人が多いので、私にとっては学べることも多いと感じている
から参加しています。実際の仕事の受注や依頼に繋がるような会話に
進展させることもできますしね。(来年もう1年参加したら、一旦休会する
かもしれませんが、そこで知り合えた経営者の方々とのご縁を絶つことは
絶対にしたくないので、退会はしないでしょう)

>私は人が創作したその手の妄想物語は嫌いです、
>技術的なノウハウ以外のものには関心がありません。

そうですか。私は自分と関わる方々や、先人の残した言葉や本や
教えの中から自分に役立てるものを取り入れつつ、生きています。
何を選択するか、何を受け入れるかは自分次第ですけどね。

>ではさようなら。
はい、さようなら。
※この書き込みに回答があるかどうかは、見に来るでしょうが、
何も回答がなければ、綺麗さっぱり消え去ります(-_-;

473 ラピ。 :2013/12/31(火) 09:35:07
☆teethさん

船○総合研○所かぁ。
かつてはそれ関係の本を私も何冊か読んだことがあります。

(ちなみにセミナーみたいなのはまったく行ったことがありません。
そういうの、行きたいと思ったことがありません。
本は情報として読んでましたが
その情報は実践する材料として活用していました。)

その波動の法則も読んだことがあります。
(バシャールは読んだことないです。)
でも確かどれももう手元にはありません。
(探したらあるかもですが あったとしても段ボールの中)

内容も忘れてしまったけど
少なくとも私の今の状況に至るのに
その情報は必要なかったです。

その話が正しいか正しくないかは別として。

だって、内容を忘れてしまっていますからね。
何とも言えません。
もう読む気にはならないし。


>ラジャー!ここはやはり私とは本来無縁の場所だったようです。

だから、それが結論を急ぎすぎてる、っていうんです。
(ま、かつての私にちと似てるような気もするけど(笑)

「スッキリ綺麗に立ち去りたい」とのことですが
では、私たちがteethさんの望んでいる言葉を言えば
スッキリ立ち去れるんですかね?

どうしたらスッキリ立ち去れるのでしょうか?

ま、それはteethさん自身の問題です。

474 TK :2013/12/31(火) 10:43:15
私が一代で成功した人の発する言葉で関心を惹かれると言うのは、
その言葉そのものより、
その言葉からその人の修得されているメンタルを見ることができるからです。

つまり、何を言いたいかと言うと、
同じレベルのメンタルさえ修得する術があれば、
自分も同じ言葉が残せるという事であり、
そうなれば何も成功した人の言葉を有難がる必要はありません。

精神世界にかぶれてそれが身に着けられると思うのなら、
それで行けばいいと思います。

しかし、それで今現在で修得できているメンタルが、ここに現れた人物程度、
ここでこの者の良いと主張している内容の真偽を判断できますね。


マタイの福音書 7章16-18
>あなたがたは、実によって彼らを見分けることができます。ぶどうは、いばらからは取れないし、
>いちじくは、あざみから取れるわけがないでしょう。
>同様に、良い木はみな良い実を結ぶが、悪い木は悪い実を結びます。
>良い木が悪い実をならせることはできませんし、また、悪い木が良い実をならせることもできません。


この者も、この延長線上でこのまま行っても所詮知れたものですが、
やってみればいいと思います。

初代ロックフェラーは良いこと言いますね。

>事業は自分のためより人のためにすることで出発せよ。

>事業の成功には、奇跡はない。永遠の成功は自分を信ずることだ。


「人のため」「自分を信ずる」我々がここで主張しているものと同じ言葉を言ってくれている。

我々が初代ロックフェラーの受け売りしているわけではありません。

>つまり、何を言いたいかと言うと、
>同じレベルのメンタルさえ修得する術があれば、
>自分も同じ言葉が残せるという事であり、
>そうなれば何も成功した人の言葉を有難がる必要はありません。
>
>精神世界にかぶれてそれが身に着けられると思うのなら、
>それで行けばいいと思います。

決して私の言葉を信じろ等と、
初代ロックフェラーが言ってないのが良いですね。

ところが、同じ言葉を目にしていても、
この者のようにこの肝心な所を見落として信者に成り下がる人物がいると言うのが現実なんです。

475 teeth :2013/12/31(火) 10:51:34
>471 TKさん

中村天風さんは、教祖とかそんな胡散臭い人物ではないですよ。
そう取られるのであれば仕方がないですが、一度詳しく内容を
見ていただくと、その変な誤解は間違いなく解けると思います。
基本は「常に心を尊く、強く、清く、正しく」保てといったことで、
なぜそれ(心の持ちよう)が大切なことなのかの具体的な説明から、
どうすればそういう心を保てるようになるのか、その具体的な方法
まで言及しています。誰が何と言おうと、今の私にとっては、貴重
な学びが多いと感じています。

確かに、そのロックフェラーの名言集は実に素晴らしいですね。
さすが“誰もが認める偉大な功績を残している”人物の言葉だから
重みがありますね。

476 teeth :2013/12/31(火) 10:54:05
>473 ラピ。さん

そうですか。ラピ。さんも波動の法則読んだことがあるんですね。
私は、内容がちょっと難しすぎて、途中でストップしてしまってます・・

バシャールは、アホでも理解できるというか、アホ向けの内容?
だったから、小一時間ほどで読み終えましたが(^_^;

船○総合研○所は、創業者の船井幸雄氏の本はだんだんと訳の分からない
方向へ進んでいっちゃったと思いますね。ただ、松下幸之助氏や
稲盛和夫氏を始め、名経営者と言われる人物の多くは、最終的に
「人生とは」「人間とは」「心とは」といった方向へ行くようで、
非常に興味深いです。

>どうしたらスッキリ立ち去れるのでしょうか?
>ま、それはteethさん自身の問題です。

「後腐れなく」去りたいので、私の書き込みに完全スルーして
いただくか、読んで誤解されているなと感じたり、再度私が書き込み
をしようがないような(しようとも思わないような)回答で終わっていれば・・かな?
何と言えばいいか、うまく表現できませんが、今もそうですが、
何かが引っかかるから再度書き込みをしてしまっているんです。

477 TK :2013/12/31(火) 10:56:50
>基本は「常に心を尊く、強く、清く、正しく」保てといったことで、

これ100パーセントスピ系ですね。

これが基本なら、既に私のここで話している内容と180度異なっていますから、
その信者の方はここには用がありません。

さようなら。

酔っ払いの道を死ぬまで堪能してくださいね。

478 teeth :2013/12/31(火) 10:57:21
>476の補足です。

ま、ここで私の書き込みをどう取られようと、どうでもいいことではありますが、
公の場であるネット上なので、誤解されているようであれば、誤解を解いておきたい
という意思が働くからでしょうね。

479 teeth :2013/12/31(火) 11:29:53
>477 TKさん

だから、そう誤解を急ぐような回答をしないでくださいよ。

中村天風氏は、人間は「心と体、そしてその2つを繋ぐ神経系統」で
成り立っている。心(精神)だけに気を取られても、体(肉体)だけに
気を取られても、本当に強く積極的な人生は送れない。ということを
主張しています。私はまだ数冊本を読んだだけで、心(精神)について
の内容を実践(この言葉がありましたね)し始めたばかりの状態ですが。

↓は、Youtubeで中村天風氏の肉声がありましたので。
この積極的精神が「心を尊く、強く、清く、正しく」ということです。
http://www.youtube.com/watch?v=kJVQc-DeYSM
↓は、中村天風氏の説明する「心の正体」というものです。
http://www.youtube.com/watch?v=FRunzppYFog
http://www.youtube.com/watch?v=Tx9wpTte8Mg
http://www.youtube.com/watch?v=eGim5-LDzSc
http://www.youtube.com/watch?v=ttY0_zoqcn4

いいですか。誤解されているようであれば、それを解こうとしますよ。
そんな必要はない。ここは私達が主催している掲示板なんだから、去れ
と言うのであれば、そう回答ください。

480 teeth :2013/12/31(火) 11:34:52
あ、あと私は天風会に入っている訳でもなく、この方の教えだけを
信じようとしている訳でもないですよ。
ただ、私にとって非常に学びの多い方で、松下幸之助氏などと同様に
人間として、理想的な人物のうちのひとりです。

481 TK :2013/12/31(火) 11:39:49
teethさん

もうやめましょ。

信者を説得するつもりはありません。

酔っ払いになるのはその人の勝手です。

我々がここで話をしている内容とは180度異なった「対立する」内容なのです。

だからお好きなようにと言っているのです。

他のサイトに行くと、あなたは歓迎されますよ、話が通じますから。

482 名無しさん :2013/12/31(火) 11:44:30
☆teethさん

teethさんは自分以外の人の言葉を肯定するのに
必死なようですが、それって大切ですか?

ここで提案しているのは
「自分の善を信じて生きる」ことです。

自分以外の人の言葉を人に納得させようとして
どうします?

それを「信者」というんですよ。

483 ラピ。 :2013/12/31(火) 11:45:11
482の書き込みはラピ。です〜〜。

@(*・ω・*)ポッ

484 TK :2013/12/31(火) 11:46:11
>他のサイトに行くと、あなたは歓迎されますよ、話が通じますから。

この話で同調する人は多いでしょうね。

それだけ世の中酒臭くて、あなたも酒好きのようですから。

ここはシラフの世界ですから、あなたの居る場所ではありません。

485 teeth :2013/12/31(火) 12:01:55
482 ラピ。さん

私は、自分が誤解されるより、私が善と判断している人物が
誤解されることの方が嫌ですね。

484 TKさん

そうですね。他のサイトなんぞ知らないですし、行く気もないですが、
その回答で綺麗サッパリ去れそうです。では、さようなら。

486 ラピ。 :2013/12/31(火) 12:04:44
☆teethさん

なるほど。

ではその自分が善と判断している人を
信じて生きていったらいいと思います。

自由です。

がんばってね!

487 teeth :2013/12/31(火) 12:14:14
あと、私からすれば、ラピ。さんはTKさんの「信者」以外の何者でもないですよ。
※このいらない一言が不味いのかな・・?でも、真実として書き込んでおきます。

488 ラピ。 :2013/12/31(火) 12:19:24
☆teethさん

残念。

私に信じる「もの」がありませんので。

はっきり言いますがTK師を信じてはいません。

489 349 :2013/12/31(火) 12:57:26
ラピさん

488>

これは、名言。
久々に打たれました。

私も無く、対象も無く

490 349 :2013/12/31(火) 13:01:55
色々学ばせていただき、ありがとうございました。
今年はお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

491 ラピ。 :2013/12/31(火) 13:06:23
☆349さん

こちらこそ、よろしくね!

実践がんばってるかな?

@(*・ω・*)ポッ

492 349 :2013/12/31(火) 13:27:48
もちろんです

まだ、いかだが、ありますので

493 TK :2013/12/31(火) 14:14:53
>はっきり言いますがTK師を信じてはいません。

そうですね。

だから、ラピ。に成就の認定をしたのです。

決して、私が成就の認定をしたから、
卒業という事で信じる事をやめたわけではありません。

私を信じる事をやらなくなったので、成就の認定となったのです。

このように、私が説く内容は、必ず「信じる事」も含めて終了が起こります。

250
>私も君には感謝している、
>他の者のために私が達成したものが役立てることができたのだから。


251
>出会えてよかったです。
>
>ほんとうに、ほんとうにありがとうございます!

実はこのやりとりも、私もラピ。さんも心のこもらない口先だけのやり取りです。

たとえ心のこもらない口先だけであろうとも、
世の中社交辞令と言うしきたりがありますよね。

このような、常識的な振る舞い方すらわからない礼儀知らずのような精神性の者が、
今回この掲示板に現れたという事ですよ。

このような者がいくらいいから信じなさいと言ったところで、
そのような振る舞い方を繰り広げられて誰が信じるのですか。

そのような者と同じ精神性にはなりたくないとみな思うだけです。

>基本は「常に心を尊く、強く、清く、正しく」保てといったことで、

私もラピ。さんもこのようなものは保っていませんし、人に保てとも言いませんよ。

さ、このような信者の方はここではそのような事は教えていませんから
とっととでて行って下さい。

一生死ぬまで酔っ払いの世界で楽しんだり苦しんだりしながら生きて下さい。

さようなら。

494 TK :2013/12/31(火) 14:50:36
あの礼儀のなっていない精神性の者もお別れの挨拶を告げた後ですし、
変な酔っ払い信者がいなくなったところで、少し解説をしておきましょうか。


>基本は「常に心を尊く、強く、清く、正しく」保てといったことで、

これ、実はうかつに手を出してはならないものなのです。

次の内容にかかるものの一つです。

246
>つまり、激流の実践は鈍った精度の実践をすることにより、それは緩流となり、
>何ら効果を得る事もできず、そのバカになる害の部分だけが作用して頭がボケ、
>それを平安を得たと勘違いする一生何かに憑りつかれた亡者のような酔っ払いの人生を送る事になるのだ。
>
>これが世にゾンビのようにうごめく、あのエセ覚者も含めた気持ち悪い者達、
>妄想狂の酔っ払い現象のからくりだ。


酔っ払いの喜びそうな酒の肴なのです、
うかつに手を出した者は一生死ぬまで酔っ払いです。

495 ラピ。 :2013/12/31(火) 17:14:59
はい。そうです。

「対象」が消滅したので「至った」と
自分自身でわかりました。

信じる対象も感謝する対象もありません。

今は「それそのもの」です。

>実はこのやりとりも、私もラピ。さんも
>心のこもらない口先だけのやり取りです。

そうなんですよね。
発する言葉は「単なる言葉」なんです。

だからこそ、いろんな言い回しができるんです。

そもそも言葉に意味がある人は 言葉を大切にしたほうがいい。
自分の発する言葉によって自分自身が影響を受けますからね。

私たちは影響される「もの」がありませんので
いろんな言い方ができるのですよ。

言葉に使われるのではなく
言葉を使うことができるんです。

496 TK :2013/12/31(火) 17:17:21
しかし、やはり酔っ払いになる者と言うのは、色々さまざまある中でも、
選び取るものがああいうものになってしまうものなのですね。

結局ここでその事の危険性を何度も説明した後から、
あの書込みしてくるのだから、その者の状況の読み取り能力の無さ、これ、
まさに頭のボケた酔っ払いそのものでした。

私が何度も頭がボケると繰り返して危険性を説いてきたこの実例が、
今年最後に実証できた形になりました。

497 TK :2013/12/31(火) 17:36:13
ラピ。さん

二人いるとやはり説明しやすいですね。

なぜなら、私一人が語っても異次元の内容は理解されないものですから、しかし、
ラピ。さんも同じ次元に至っていると、まるで、
示し合わせたように異次元の理解できない内容が二人から出てきますので、
それ自身が、説明の一手段になっています。

私一人だと中々こうはいきませんでしたね。

ここのサイトは色々な意味で見ている人に有益な情報サイトだと思います。

なぜなら、異次元の存在を、つまり次元上昇(アセンション)を説明しやすいです。

我々は異次元ですから、理解できない部分が、その証拠です。

決してここでは私一人が、その次元の特殊性で語っているわけではありませんし、
ここでこのような事を語っているわけで、
事前のしめし合わせなどしているわけではありません。

次元上昇(アセンション)した者にとってはこの特殊性は明らかな
異次元としての共通の事実なのです。

498 TK :2013/12/31(火) 18:35:38
実際はラピ。さんが、信じる事をしなくなったと言うのは、
酔っ払いみたいな人がいたので、あえて、
いかようにも妄想できる表現で言い表しました。

実は、「信じる」と言う行為そのものの正体が妄想なのです。

つまり、私の話す内容を信じて、信じる事を捨てずに、
信じると言う妄想行為が消滅したのでできなくなったが正確な表現です。

ちょっと意地悪が過ぎましたかね。

しかし、相手も人の話など聞く姿勢が無いのですから、
詳しく説明したいとは思いません。

言うだけこちらが損しますよ。

このように全く話したいと言う気持ちがこちらに起きない、つまり、
人を動かす能力が無い者だったという事です。

ここで醜態さらしているのはともかくとして、日常大変でしょう、
苦しむでしょうね、分かりますよ、
それが起因して多くある中のスピ系セミナーに惹かれたのかもですね。

落とし穴に落ちた人か。

499 ラピ。 :2013/12/31(火) 19:10:43
☆TK師

はい、そうですね。

もっちろん事前のしめし合わせなしです。

TK師も私もそうであるので
そのままを表現したらいいだけです。

考えてもないし、分かっているわけでもない。


信じることに関してですが はい、
「信じる」という行為そのものが消滅したとも言えますね。

私たちは何もしていないんです。

「何かをしている自分」が消滅したんです。

かつて私は実践をひたすらしていました。

ある瞬間、時が止まったような感じになりました。
実践する自分が消えたのです。

「この私は何?」
第一の感想でした。

今まで実践していた自分が本当の自分だと思っていたのですが
そうではない、更なる自分がいました。

何もしていませんでした。

ただただ、そうあるしかできませんでした。

ただただ、そうであるのみ。

500 TK :2013/12/31(火) 19:55:36
ラピ。さん

今年は成就おめでとうございました。

言語化もなかなか上手になりましたね。

色々な事があった一年でしたが、ようやく今日で終わりです。

彼岸に渡れてよかったですね。

501 ラピ。 :2013/12/31(火) 20:13:32
☆TK師

ほんと今年はいろんなことがあった年でしたが
あとわずかになりましたね。

TK師と初めてのメールが今年の1月14日でした。
懐かしいです。

その頃は、今こうやって過ごしていることが
想像できなかったです。

不思議だぁ、、。

ほんとうにTK師のおかげです。

はい、彼岸に渡れてよかったです。

いろいろありがとうございます!

@(*・ω・*)ポッ


☆この掲示板をご覧の皆さんへ。

いつも訪問していただきありがとうございます。

よいお年を!

@(*・ω・*)ポッ

502 ゆうこ :2013/12/31(火) 21:04:46
TK様 ラピ様

ご縁にあずかって数カ月、
今、良い大晦日を迎えさせて頂いております

心より感謝申し上げますm(__)m

生活からたくさんのもの(物心両方)が消え
そのスペース・時間を
『理想のため』に使うことができてきました。

明日は仕事上のピーク初日を迎えます。
まだまだ走れる元気があるので
このまま頑張ります(*^_^*)

(今夜は掲示板をじっくり読み返せました。
何度も同じ注意を受けてるのに
鈍く、理解が浅く、お恥ずかしい限りです。)

ご挨拶だけ、『悟り』スレにおじゃましたm(__)m
来年も『絶対的幸せ』スレで
「自分を生きること」に一生懸命取り組んでいきます。

では、たくさんのコメントありがとうございました!!(*`‥´*)=3

他の皆さまも良い年をお迎えください(^_-)-☆

503 TK :2013/12/31(火) 23:22:38
ゆうこさん

今年は生き方を変える流れができたかどうか、まだ、はっきりしませんが、
気が向いたらこれからも頑張ってみて下さい。

勢いに乗れれば、非常に快適に充実した幸せな気分を味わえますよ。

ごちゃ混ぜを所構わず酔っ払いの精神世界は終わりです。

それでは、頑張って下さい。

504 ラピ。 :2013/12/31(火) 23:39:46
☆ゆうこたん

ゆうこたん、よく頑張ってると思います!

応援してますよ!

@(*・ω・*)ポッ

505 名無しさん :2014/01/08(水) 21:52:30
>次元上昇(アセンション)した者にとってはこの特殊性は明らかな
>異次元としての共通の事実なのです。

KEKら、超弦理論を活用して10次元宇宙から3次元宇宙が誕生する仕組みを解明
http://news.mynavi.jp/news/2011/12/22/073/

物理学では、「この世」を三次元+時間として、「四次元」と考えます。
その上の五次元から十次元は、今から約140億年ほど昔に、
小さな小さな(たしか10のマイナス33乗cm以下)ものになってしましました。

みなさんが期待している、この世の次の次元は、もうどこにもありません。
これが今の物理学の先端理論「超ひも理論」の次元に対する回答です。

つまり、高次元、異次元と言う考えは、ないものを夢見ているだけの
「妄想」なんです。

506 TK :2014/01/08(水) 22:38:11
>つまり、高次元、異次元と言う考えは、ないものを夢見ているだけの
>「妄想」なんです。

こういう人の話を一切聞く姿勢の無いアホウ。

何でここにはこのようなエゴの塊、世の中の落ちこぼれが一杯来るかな。

聞く姿勢の無い者に話す言葉などない。


TK師との会話69
>そこに至ったなら、イエスも釈迦もどんな神も、
>この宇宙でさえ全て「妄想の産物」だったのだという事になってしまうのです。


悟りを目指している方39
>そして、我々は妄想の使い方を説く者だ、なぜか知ってるかね。
>
>迷路から抜け出すためには、その者はやはり同じ迷路の中を歩かなければ抜けられないという事さ。


豚に真珠とはお前のためにある言葉だ。

この酔っ払い。

507 名無しさん :2014/01/08(水) 23:09:24
↑と、酔っ払いがアホウと言っています。

508 TK :2014/01/08(水) 23:23:09
クダまでまかれたよ、酒臭い。

509 :2014/01/16(木) 21:12:51
こんばんは。突然ですみませんが、

①人生(宇宙)には意味があると信じて、その意味そのものの探求に生きる

②人生(宇宙)に意味などないが、人間は唯一「そこに理由づけ」ができる生物なので
 意思や思考を働かせ、理想の探求(信念などを元に)に生きる

③人生(宇宙)の意味など全く何もないことと悟り、全くエゴ(意思や思考)のないただ在るのみの存在に

仮にこういった3パターンの生き方があるとして、TK様ラピ様は③の状態に近い状態なのでしょうか?

510 TK :2014/01/16(木) 21:37:05
>仮にこういった3パターンの生き方があるとして、TK様ラピ様は③の状態に近い状態なのでしょうか?

実際どれも当てはまらない感じしますね。

あなたと次元が違うのですから。

我々動物園の動物じゃないのですから、
あなたから物珍しいものでも見るような奇異の目を向けられても、ちょつとね。

511 TK :2014/01/16(木) 21:43:13
あなたがこだわっている「意味」。

我々にそれを尋ねられても、そもそも「意味」ってそれ何?

へ、「意味」そんなあなたは哲学者ですか。

我々哲学者じゃないんです、つまり、何?

ピントずれてんです。

そんなピントのずれた質問されてもね、聞かないで下さい。

512 ラピ。 :2014/01/16(木) 21:54:09
☆寅さん

>人生(宇宙)の意味など全く何もないことと悟り、

この文章、「悟り、」という言葉が動詞として使われているでしょう?
動作として表現されていますね。

それが私たちにはないのですよ。

「悟った」って、動詞じゃないんです。

「悟りました」って、動作じゃないんです。

「〜した」じゃない。

そして私たちに「悟るもの」なんてないんですよ。

だって対象が消滅しているから。


@(*・ω・*)ポッ

513 :2014/01/16(木) 22:14:50
TK様ラピ様

>我々にそれを尋ねられても、そもそも「意味」ってそれ何?
>そして私たちに「悟るもの」なんてないんですよ。

http://matome.naver.jp/odai/2136152587952089501
では、ここ↑の中部以降にあるような、「空(無)という存在そのもの」の状態(または近い状態)ということでしょうか?

514 TK :2014/01/16(木) 22:20:43
人生に「意味」があるとか無いとか、
そんな哲学者でもない人に哲学者にするような質問したところで、
そんな辛気臭そうなもの、私考えもしませんけど、そう答えられるだけですね。

私と同じ人は世の中に沢山いると思いますが、つまり、質問のピントがずれている、
どれも当たりは無いですね。

むしろ、こういう質問には全く無関心ですかと尋ねられれば、
当たりと言えたかもね。

515 TK :2014/01/16(木) 22:28:25
うっかり調子に乗って答えちゃいましたけど、
我々の状態は全く他の人の参考になりません。

聞かないで下さい。

考える時は、哲学でも何でもとことん考え抜けばいいんです。

我々のありかたを、動物園の動物でも見るように、物珍しく聞いたって、
あんたの害にはなってもくその足しにもならないんだよ。

もう答えないからな。

バカを見た。

516 ラピ。 :2014/01/16(木) 23:06:45
☆寅さん

なんだか、言葉から想像(=妄想)して書かれてる内容で
的を得ていませんねぇ。


師も言われている通り、
こちらの状態を想像しても
いいこと全くありません。

それは単に妄想になるだけですね。

はい。そうでした。

@(*・ω・*)ポッ

517 TK :2014/01/17(金) 03:39:16
まず、確実な精神世界の酔っ払いというものがいる。

自分の目の前にはちゃんと実体があるものがあると言うのに、
それを実体が無いとか、アホな事を吹聴してホラを吹きまくるからだ。

物質的な現象には実体があるんだよ。

バカも休み休み言え。

このようなアホにかまうつもりはない。

社会に出て、あるいは学校で、人に聞いてみな、
今あなたの目の前にはちゃんと物質はありますかと、あります、
ちゃんと実体もありますと言うに決まっている。

変な事を聞いてくる、あんた頭大丈夫ですか、と言われる事だろう、
その時点で世間の人からは酔っ払い扱いされてもしかたが無い。

このように人生を酔っぱらいながら生きていく人間は、死ぬまで酔っ払いだ。

我々のここまでの生き方とは全く別物で、
我々はその者たちのような酔っ払いの生き方などしてこなかった。

善も悪もあれば、物質に実体もあれば、あるんだよ、バカ野郎。

518 TK :2014/01/17(金) 07:12:46
物質的現象には実体がないなどと泥酔しているバカ野郎が、
物質的現象に実体を認めて真正面から向き合おうともしないアホが、
酔っぱらって一生死ぬまでそれやる以上の結果など得られないのだよ。

このような内容を恥ずかしげも語るバカが一杯いるから、
私は以前こういう所には嫌気がさしてこのような泥酔しているバカを相手にするのも嫌になったんだ。

519 monica :2014/01/22(水) 11:02:13
ラピ様、TK師匠様、書き込みをして下さる皆様 
いつもありがとうございます

第一実践、自分の理想に向かい日々ベストを尽くしています
家庭、育児、仕事・・・今までにない忙しさとなりました
自分なりに工夫をしてやっていますが、
やってもやっても完璧、納得にはまだまだです

私の理想はこれです

>これからは人の為にを基本に、
>自分の得意な物だけどんどん伸ばし、
>苦手なものもトライして克服してゆく
>ことを心がけます!

>私の理想は、家族が健康でほっとする様な家を持つことです
>今後は、完璧に整理整頓されたキレイな居心地のよい住空間と
>食事作りを心がけたいと思っています。

職場で、人の助けとなり良い仕事をする。


最近、マイナス面に向かう自分の感情が煩わしいので
無視し続けて理想の実践を行っています
無視するのは、苦を感じたくないからです
からっぽになりたくなります
逃げたいからです

私のこの様な状態はいかがでしょうか?
改善した方がいい所があれば教えて頂きたいです
よろしくお願い致します。

520 TK :2014/01/22(水) 17:40:31
>マイナス面に向かう自分の感情が煩わしいので無視

問題はマイナス面から目を背ける習性が身についている点です。

自分なんてどうせいいや、と思って諦める事とこれ同じですものね。

諦めが得意な人は、行為によって解決しようとはしませんし。

マイナス面に取り組もうとしない、それで平気でいれるのか、
つまり諦めてるんだ、でしょ。

諦める事が得意なんだは、あまり、自慢になりませんよね。

逐一、マイナス面が出るたびに、その内容を筆記して書き留めてみたらどうですか。

521 monica :2014/01/23(木) 10:01:01
TK師匠様 ご教示ありがとうございました

おっしゃる通りです

思い起こせばこれまでの人生、
行為によって解決した事は少ないです
問題に対して自分勝手な解釈(ポジティブな思考だったり)
でこんなもんさと諦めたり我慢をしていました

問題があるのならば、対処し解決していくべきですね
まだまだ工夫、改善がやれないはずはありません
心し、頑張ります

>逐一、マイナス面が出るたびに、その内容を筆記して書き留めてみたらどうですか。

はい、そう致します
ありがとうございました。

522 ラピ。 :2014/01/26(日) 10:17:42
☆monicaさん

実践がんばられているようですね!

>最近、マイナス面に向かう自分の感情が煩わしいので

このマイナス面、 出てくる前に捨てることができるのなら
無視でもいいと思いますが
monicaさんはすでにあるマイナス面を
無視しようとされている感じですかね。

そうなると、monicaさんのなかで
そのマイナス面は真実となっていますから
それに対して現実的な対処が必要となりますね。

ある意味、それはチャンスです。

これからも応援しています!

523 monica :2014/01/27(月) 11:55:33
ラピ。様 ご教示ありがとうございます。

理想の為に苦手なものにあえて挑戦するときは、
自分のマイナスの心の声を無視しています。

自分の中で、ある状況の場合、理想の精神を忘れ
改善を怠り努力をしていない自分だったことに
TK師匠様より ご教示いただきました
ある状況とは、自分が作っていた小さな限界でした
限界に挑戦することが理想の生き方でした。

いまの私は、
これまでの人生の中で一番充実していて
しあわせだと思います
すべて皆様のおかげです
これからも自分の理想、自分にとっての
正しい道を生きていきます
ありがとうございました。

524 名無しさん :2014/02/16(日) 03:05:10
ヘ(^-^ )ィ ネェネェ、耳かして…

新スレが建ちました♪
坐禅と見性第96章はるのおがわはさらさらゆくよ♪
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1392482627/

525 TK :2014/02/16(日) 17:58:39
どこかの禅寺の雲水とか言う人たちの写真が沢山出ていたの見ましたが、
どの面構え見ても悟った者のそれじゃなかった。

こんな間抜けそうな面構えにしかなれないのなら、禅だの寺だのなんて、
そんなお遊戯よくやるよ、暇人。

くだらね。

死ぬまで一生くだらない事にうつつを抜かす者を相手にするほどバカな事は無い。

その者たちは死ぬまで好きなほど酔っ払いをやっていればいい。

私はそのような酔っ払いたちを相手にするつもりなど全くない。

どうぞ、寿命の尽きるまでそれやってて下さい、お好きなように。

私は全く違うことしたら、悟れましたので、酔っ払いは相手にしないのです。

526 TK :2014/02/16(日) 22:20:11
上記は、禅なんて言葉を振り回しながらフラフラと掲示板に書込みしている
バカを相手にするだけ無駄と書いたつもりです。

こういう連中見ているのはほとんど気持ち悪い、身の毛がよだつ。

現代の狂った社会の一つという意味です。

527 ラピ。 :2014/02/16(日) 22:37:50
☆TK師

はい!

@(*・ω・*)ポッ

528 TK :2014/02/17(月) 10:25:01
本当の修行は決して楽しいものでは無いし、
当然ファッション性に酔いしれるような代物であるはずがない。

だから、このような全くの別物、死ぬまで一生なんちゃつて禅、
こいつらは根本から狂っている。

どうせ、このような者ども、例外なく現実社会の落ちこぼれだと思う、
こう言う事にはまるやつはまず例外なくそんなやつばかりだ。

落ちこぼれでなくなりたいのだったら、そんなことしてたらダメだ、全く反対。

社会の中の落ちこぼれで居たいのだったらずっとそうしていな、死ぬまでずっと。

私は悟った本物だ。

精神世間に一切関心を持たず、
現実社会を精一杯生きている人間は一番悟りに近い者だ。

そして、これが私の歩んだプロセスだ。

絶対に、絶対に例え天地がひっくり返ろうとも、
このなんちゃって禅にかぶれている者が、地獄に落ちないという事は無い。

529 riri :2014/02/21(金) 18:24:27
私は、自分を覚者とも悟りを開いているとも思っていませんが
そういう方々と何が違うのかを知りたくて書き込みをしてみました。

530 riri :2014/02/21(金) 20:16:18
↑訂正↓
こんばんは はじめまして
私は、自分を覚者とも悟りを開いているとも思っていませんが
そういう方々と何が違うのかを知りたくて書き込みをしてみました。

531 TK :2014/02/21(金) 23:20:37
私は自らを本物と表現はつかうが、覚者(ブッダ)と名乗ったことは無い。

ただ、釈迦(ブッダ)の教えについては同じ視点で語ることが出来る。

まず、悟りについて言うなら、分かりやすい部分で言いうと、
物事の処理能力が悟る前と雲泥の差で変化しアップした。

しかも悟る前よりずいぶんと楽してほとんど休んでいると同じ感覚で常にいながら、
さらに悟る前以上の仕事が出来てしまう、
仕事の処理能力を上げる事は私にとってはテーマの一つだった。

これは、ゾーンあるいはフローと言って、
昨日見たスポーツアニメにも題材とされていたが、心理学的にも発見はされている。

楽して、人の何倍も作業効率を上げられる、
これだけでも通常であれば笑いが止まらないようなものだが、
さらにストレスというものは常人と比べたら無いと言って良い、
本当にあくせくしてストレスに埋もれている一般人を見ると可哀そうと言った方が良いようなものだ。

フロー (心理学) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC_(%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6)

>2500年以上前、仏教や道教といった東洋の精神的な伝統の実践者は、
>この訓練を彼らの精神開発の非常に中心的な部分として磨いた。
>日本の実践者は、そのような禅の技術を、彼らの選んだ、
>剣道から生け花までを含む、芸術の形式(芸道など)を習得するために学んだ。


スポーツであれ何であれ、技術の修得とメンタルの修得とこの両面揃わなければ、
実際の力は出ないが、
現代科学では技術の修得面のみでメンタル修得面の科学については解き明かせてはいないが、
このメンタル面の修得が悟りというものだ。

532 ラピ。 :2014/02/22(土) 08:25:42
☆ririさん

初めまして。
ようこそいらっしゃいました。

私の場合、幸せと不幸せがあるような相対的幸せ、
ずっと続かない幸せが嫌で
絶対的幸せを求めておりました。

その結果 今、この境地であります。

幸せも不幸せもなく
そういうことから解放されて今、くつろいでいます。

この境地、まさしく私が求めていたものです。
(ちなみに求めてもたどり着けるものではありませんが)

そして何もしていませんができます。

>しかも悟る前よりずいぶんと楽してほとんど休んでいると同じ感覚で常にいながら、
>さらに悟る前以上の仕事が出来てしまう

私も師が言われている通りの状態です。

普通、人は「思い」によって行動しますが
この境地にいる人には「思い」がなく
「思い」が行動に必要ないので
そのために楽にストレートに行動することができます。

動きを遮るものがない。

「思うもの」そのものがないので
「思うもの」に左右されることなく
常にくつろいでいます。

師が言われている通りストレスがありません。

この境地ではいろんなものから解放されています。

解放されている を別の言い方ですると
「いろんなものが消滅してしまっている」。

ririさんはいかがですか?

533 TK :2014/02/22(土) 08:52:17
フロー (心理学) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC_(%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6)

>2.専念と集中、注意力の限定された分野への高度な集中。
>(活動に従事する人が、それに深く集中し探求する機会を持つ)

これはフローを表す言葉としては誤りである。

実はそれは全く「集中」では無くそれとは異質のものだからだ。

インチキ詐欺師は、
これのセミナー開いて金取ってるから引っかからないように気を付けて下さい。

あの連中はバカだし間抜けだし何もわかっていない人間としてクズだし、
それに引っかかって金払っている者は、薬でない偽物を薬だと思って飲んでいる、
気分だけのプラセボ(ニセ薬)効果ぐらいはあるかもしれない。

実はフローは「集中」では無いのです。

これを「集中」と言うのははっきり言いますが物事の本質を分かっていないエセです。

釈迦は激流を渡ったら彼岸だと言いましたが、
高度な激流状態が彼岸だと言っている事と同じ誤りですね。

もしも高度な激流状態が彼岸なら、
そのような地獄の待つゴールにだれが向かいますか。

彼岸に激流など無い、おバカさん。

それと同じにゾーンに「集中」は欠片も無い。

ヨーガでは「集中」の先には「主客合一」があると言う。

ヨーガでは「主客合一」と「集中」は全くの別次元のもので異なる状態である事を明らかにしているのに、
こちらの方がよほどにか高度に進んだ科学だが、
現代のそれは本当に幼稚なレベルだ、
それを「集中」と言う低次元の行為で一括りにしようとしているのだから。

人呼んでこれを幼稚園と言うのだろう。

534 ラピ。 :2014/02/22(土) 09:07:01
☆TK師

ほんと、そうですね。

私は「集中」という激流を渡り、
集中を超えましたから。

集中して実践していた時は
激流真っ只中でした。

激流中は「集中」を実践しており、
集中ができていた時はまだ至っておりませんでした。

集中を超えたとき、(=彼岸に渡った時)
確実にわかります。

彼岸では「集中」はありません。

集中終了です。
集中し尽くし、その状態を超えた状態です。

535 TK :2014/02/22(土) 09:24:44
重要な事はあのクズと呼ばれた方がいい者たちがやっているインチキセミナーじゃない。

金で買えるものじゃない。

昔からスポ根ドラマとかアニメとかあったが、あれを地でやれば手に入るものだ。

金やテクニックで手に入れられるようなものでは無くて、重要な事は、
地道な努力、根性、忍耐、こう言ったスポ根ドラマで題材とされているものの積み重ねによって、
メンタルにある種の変革が起こってくる、気の遠くなるほどのそれの積み重ねで、
それでようやく手に入れられるものがフローあるいはゾーンと呼ばれるメンタル状態だ。

インチキ、クズ、ガラクタ巷にうようよいるこのような者たちはうんざりだ、
この大バカ者たち。

インチキして金儲けして、
そんなことまでして金は手に入れなければならないものなのかね。

その者たちの心は歪んでいる、
このような歪んだ者の元で悟りやゾーンやフローが手に入れられたら、
金持ちのボンボンが金に物言わせて悟りを買えるのと同じことだ。

末法の世の予言されているニセ者多数、うようよ、まるで金にたかるうじ虫。

537 TK :2014/02/23(日) 09:16:32
内容がある者には外側もあり実体もあり、
故に傷つき破損し時には腐敗して苦悩が発生する。

内容が無い者には外側も無く実体も無く、
故に傷つく事も破損する事も腐敗する事も無く、
よって悟った者にはこのようにすべからく内容が無いので苦悩が発生することが無い。

考える変な脳の作用により妄想が起こる、
思いや考える変な脳の作用から苦悩が発生する。

悟った者は思いや考える変な脳の作用を滅して安らぎの内に安住する。

538 TK :2014/02/23(日) 10:38:53
私は今まで生きて多くの人に出会ってきたが、
この中の誰かに師事したとしても私は今の所まで至れたとは思えない。

生きて接した中の誰一人として、
私を今の所まで導いてくれる者になど私は出会えなかった。

あらかじめのツールが与えられている私にとっては、
誰も頼りすがらず一人で歩む、ここが私にとっての勝敗のポイントだった。

ここまで導いてくれる人になど一生のうちで出会えない事の方が当たり前だ。

では、私と出会えた者はそれをチャンスに活かせたかと言うと、
私の話など傾倒して聞きたがる者が皆無では無かったが、
一緒にいたエセの方により関心を示す者が見受けられたし、
接した中でラピ。さんが私を利用しての初の成就者と言えば大体想像がつくことだろう。

このように世の中の多数はニセ者をあえて選ぶ特色がある。

選ぶ方が本物とニセ物と並ぶとニセを選ぶ、
このような世の中になったのは教える方だけの責任では無く、
学ぶ方の側の素養の劣化が大きい。

つまり、無報酬の本物より金取るニセ者が選ばれる、
さらに恐らく格安なニセ物より高額なニセ物が選ばれるのではないだろうか、
教えるニセ者が学ぶ方の劣化に合わせて多数出てきただけの話しだから、
ひっかける方も引っかかる方もどちらもどちらで、
この二者はお互いが釣り合ってこれはこれでとても絶妙なバランスのうちにある。

人類が本物を必要とするのは、
もっと時代が差し迫った緊迫した状態にまでならなければそれは起きない事だろう。

その時には、
緊急時に呼びさまされる本能的な感覚の発現によりそれは起きるのであると私は予測する。

さて、今の時代に我々は多くの者にとって必要はない、
むしろ必要とされるのは気分だけ酔わせてくれるニせ者の方だからだ。

我々は反対に酔いを醒ますから、
その意味では多くの者にとって不快因子を提供する不必要な存在だ。

我々は我々本人の快適性だけを考えている事で良いのだと思う。

これが前実験段階で得た私なりに下した結論だった。

539 ラピ。 :2014/02/23(日) 12:38:13
☆TK師

ほんとそうですね。

この境地を本当に真剣に求めている人は
ほとんどいないかもしれません。

なぜならその道のりはとても険しく
ある意味、命がけの道だから。

そんな道、好んで行く人は少ないでしょうね。

普通に生きていて
自分の気持ちを紛らわせることができるものがたくさんある
この世の中。

たまにやってくる何とも言えない感覚も
ほかのことで紛らわせることができる。

外からやってくる一瞬の喜びに心奪われ
その束の間の喜びを求めるために
そこにいることを選んでしまう人が多いのでしょうね。

偽の覚者はその一瞬の喜びを与えるでしょう。
「理解」という束の間のものを使いながら。

そして偽の覚者に「理解」された人はその喜びにすがってしまい
「理解」の次元を選択することとなる。

偽の覚者もまた、「理解」の次元でしかないから
それを超えた次元に
人を導くことはできないでしょうね。

偽の覚者もそれに従う人たちも
その次元にいるので
はっきりいってみんな同じです。

本物は「理解」の次元にはいない。

私は束の間の喜びは嫌だった。
私をごまかせるものはなかった。

束の間の喜びでは私をごまかすことはできなかった。

だから、私には本物の言葉が必要でした。

私みたいな人がもしかしたら
どこかにいるかもしれない。

ほとんどいないだろうけど
私みたいな人がもしかしたら
他にもいるかもですね。


>悟った者は思いや考える変な脳の作用を滅して安らぎの内に安住する。

まさしくそのとおりです。

思い、エゴ、意図 などなど
いろんな表現ができますが
この境地にいる人はそれらが消滅しています。

よって、これらに影響されることがなく
何も起こりえない。

常に安らいでおります。

ただし、この境地にたどり着くには
激流が必要です。

命がけの険しい道です。

師も私もその道を通ってきました。

はい!@(*・ω・*)ポッ


ちなみに今、幸せに生きている人には
これらの話は必要ありません。

どうぞ、ずっと幸せに生きてください。

541 monica :2014/02/25(火) 10:45:54
ラピ。さま TK師匠さま
いつも沢山の教えを ありがとうございます
お二人の教えは、私がこれまで出会った
人、本よりも当然に真実、完璧です
内容が深すぎて理解できないことも多いのですが、
本物の言葉だと感じています。

前は悟りに憧れていましたが、今はどうでもよくなりました
人として正しい生き方をしていたいと思っています
御二人のお教え通り、
『自分の理想を頑張って生きる』
もっと頑張り 生きてゆきます
ありがとうございました。

543 ラピ。 :2014/02/25(火) 22:10:07
☆monicaさん

お久しぶりですね。
お元気そうでよかったです!

monicaさんの清き道を これからも応援しています。

@(*・ω・*)ポッ

544 TK :2014/02/26(水) 18:09:57 ID:A7cDsQcs0
monicaさん

>前は悟りに憧れていましたが、今はどうでもよくなりました
>人として正しい生き方をしていたいと思っています
>御二人のお教え通り、
>『自分の理想を頑張って生きる』
>もっと頑張り 生きてゆきます
>ありがとうございました。

良いですね。

私は悟り以前の生き方も、かなり好きでしたよ。

全力で青春してますって感じでしたから。

今はそもそも生き方が無いので、何とも言いようがありません。

545 TK :2014/02/28(金) 17:54:16 ID:3fYLBQOY0
ここでは人間としての幸せの追及の仕方を説いている。

ここで酔っ払いの地獄行きと呼ばれる者は、およそ次のような者の事を言う。

スピ系(精神世界)や、
なんちゃって禅にかぶれている者は地獄行き確定の酔っ払い達とここでは呼ばれている。

実はそれらはそのままでは使い物にはならないもので、
今なりのかなりのカスタマイズが必要なものと思われる。

ただ、そのカスタマイズをするとどれをとっても、
楽しくへヘラ笑いながらできるような代物ではなくなってしまうのが現実だ。

私にとっては日常生活や座禅一つとっても、
常住に辿りつけるまでは一切気を緩める事など困難な、
発狂すれすれの決死の覚悟で臨んでいた。

今の「なんちゃって禅」にしろ、あれはニセものだ、死ぬまで酔っぱらって、
寿命が来たらその先はそのバカ達は地獄に行く。

釈迦の経典に何度も何度も「激流」と言う言葉が出てくるのに、
それを足て蹴飛ばしてはへヘラ笑っているのがこのバカな者たちだ。

釈迦がウソなど言うと思かね、
「激流」など全く無くそこに至るまでは「緩流」だなどと、
今のバカどもは頭がフレている。

ここで私は「激流」など説かない、
その前段の実践こそが人間の幸せを全うするためには重要だからだ。

「激流」とは脱人間の類の実践法だからだ。

なんちゃつて禅などのおめでたい者たちは、
いつまでもそこで楽しんでいれば良い。

547 ラピ。 :2014/03/02(日) 06:56:21 ID:kKhMDmys0
みなさまおはようございます!!
@(*・ω・*)ポッ


>ここで私は「激流」など説かない、
>その前段の実践こそが人間の幸せを全うするためには重要だからだ。


そうですね。

私もこの掲示板にいろいろ書き込んで思いましたが
まずは人としての理想を全うしなければ
次の扉は現れないようです。

548 yukiotoko :2014/03/11(火) 12:55:44 ID:uWlE76M60
TK様、ラピ様、はじめまして。

皆様の経験談や、お二方のアドバイスを読ませていただき、実践が伴わない私が何を考えてみたところで、妄想が膨らむ分かえって悪いとは存じますが、過去に私が経験した状態について、診断をしていただけたらと思い、投稿させていただきました。

15年位前のことです。私は仕事やアルバイトをことごとくクビになり、日雇い生活をしていました。力がなく重いものを持つ仕事ができないので、仕事は限られています。アルバイト誌を毎号発売日に買って、電話で楽な仕事を奪い合う、荒んだ日々でした。その上仕事中足に怪我をして、何もできない日も何日か続きました。友達もほとんどいません。無力感、孤独感、挫折感や不安感でいっぱいの、絶望的な心理状況で、酒とダンスミュージックに溺れていました。(今でも酒には溺れています。)

貧乏でとにかく働きたいのに、何もできない。自分とは何なのかと考え、自分を見つめながら、ただアパートの周りを歩いたり、絵を書いたりしているなかで、徐々に自分を受け入れることができるようになりました。自分なりに自分の内面を深く掘り下げた結果、自分はダメでよいと、開き直ったのではないかと思います。

上記との時間的な前後関係が定かではないのですが、そうしているうちに、物事が全てあるがままの鮮やかな状態で受け止められるようになってきました。散歩をしながら、周囲の環境との一体感を感じていました。万物に命を感じていました。感覚が研ぎ澄まされ、景色が交響曲のようでした。それはまるで、それ以前の感覚がすべて偽物で、自分はそれまでずっと眠り続けていたのではと思えるほどの、衝撃的な体験でした。自分はそのとき悟ったのではないかと思いました。

自然が泣いていると感じ、自然破壊ばかりしている世の中や、それに携わっている人間
(の行為)を憎むようになりました。自分が正しく、世の中が狂っていると信じ、自分の価値観を世間に共有できないかと、絵を書いていました。自然とは共鳴できていても、人や社会とは隔絶していたため、安心感と孤独感が表裏一体でした。

この状態が数ヶ月続いた後、異なる価値観に出会い、当時の自己を否定することで、正しいと信じてきた価値観は断末魔とともに崩壊し、喪失感に包まれた虚しい日々がしばらく続きました。それ以降その自称悟りの状態を取り戻したいと願っても叶わず、いまだに心のどこかで引きずっているようにも思えます。

この体験は、独りよがりな感情を増幅させたものなので、仮に何らかの悟りの一種だったとしても、TK様やラピ様が言われている悟りとは、全くの別物とは存じますが、生きていく上で、悟りを目指していく上で、これをどのように捉えたらよいか、アドバイス頂けませんでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

549 TK :2014/03/11(火) 19:31:13 ID:yK6FyyZ.0
yukiotokoさん

似たような一過性至高体験例を前にも他の人が話していました。

その方も、その後は苦悩の内に舞い戻ったわけです。

次のサイトの人もそのような内容を取り上げているようです。

http://mitsunakoudai.blog.fc2.com/blog-entry-96.html

私に言わせれば一過性である以上、大して価値は無かったと言わざる得ないですね。

どこか、ラピ。さんの経験した至福感的な魔境と似ている部分があるように思います。

>物事が全てあるがままの鮮やかな状態で受け止められるようになってきました。

受け止めた段階でそれをあるがままとは言いません。

>散歩をしながら、周囲の環境との一体感を感じていました。

一体感と言う表現の根底には自分が存在していますので、
これも究極状態と異なるように思います。

>万物に命を感じていました。感覚が研ぎ澄まされ、景色が交響曲のようでした。

この状態には自他の別があるように思うのです。

>それ以降その自称悟りの状態を取り戻したいと願っても叶わず、
いまだに心のどこかで引きずっているようにも思えます。

一過性至福体験をした人は、ある意味不幸ですね。

私やラピ。さんは釈迦の教えの通り「激流」を自力で突き進み、
「彼岸(常住)」にたどり着いたのです。

これは至福体験と呼べるようなものではありません。

何も体験していないと言うのが一番ふさわしい表現です。

我々の所は求めたり目指したりしたら永遠にたどり着けない所にいますので、
今のあなたのベクトルではいつまでたっても苦悩の世界のそのままです。

>それ以降その自称悟りの状態を取り戻したいと願っても叶わず

既に無限のループにはまっています。

>悟りを目指していく上で

ラピ。さんの至福体験の魔境同様に、忘れる事ですね。

550 ラピ。 :2014/03/11(火) 22:18:23 ID:ycRPYkoE0
☆yukiotokoさん

初めまして。ようこそいらっしゃいました。

そうですね、yukiotokoさんの経験は
私のかつての神秘体験と似ていますかね。

私は神秘体験を2回しています。

ひとつは自分が金色の光に包まれる体験。
一気にまぶしい光が私を包みました。
何が起こったのかと思いました。

もうひとつはすべてがつながった感覚を得た体験です。
すごかったですね、これも感動しました。
一気にすべてにつながり、
すばらしい、すがすがしい感覚を得ました。

しかし、この体験は今の私の境地では体験できません。
なぜなら体験する「対象」が消滅しているからです。


>散歩をしながら、周囲の環境との一体感を感じていました。

対象があるからこその一体感ですね。
その対象が消滅しているのが釈迦の「悟り」と言われるものです。


>仮に何らかの悟りの一種だったとしても、TK様やラピ様が言われている悟りとは、
>全くの別物とは存じますが

そうですね。
至福感や一体感を感じている時点で違います。

悟りとは感じるものではないです。

感じられるということは感じる「もの」が存在している
ということになりますから。

私は常に実践していましたので
かつてはその神秘体験すらも手放して実践をしていました。

でも最後のいわゆる「魔境」という状態になった時は
(最後のほうでそれに引っかかっていました)
斜め上から降り注ぐ幸せ感に浸っていました。

この幸せ感は自分が意図すれば得られる幸福感でした。

しかし、その幸福感にふと違和感を感じました。

「意図しなければこの幸福感はない。
常に意図を働かせていなくてはならない。
この意図しなければならない幸福感って本物なのだろうか?」

そもそも、自分の外からやってくる幸福感は偽物です。
それにすがってしまうとそこで終わってしまいます。

だから最終的にはそれすらも手放しました。

最終実践に集中したので手放さざるを得なかったとも言えるかな。

自分のするべき実践に集中していたら
過去の経験なんて思い出す暇がないのです。

至福体験を思い出す暇がない。

私はその至福体験を忘れて
実践に集中しました。

そして今の境地に至りました。


あと、至福感はその「反対のもの」があるからこそ味わえる感覚です。
だから絶対的なものではありませんし、
それが永遠に続くことはありません。

上昇すれば必ず下降するのです。

上昇も下降も消滅するのが悟りの状態です。


師も書かれていますが悟りの境地では
「何も体験していません」

体験する「もの」がないから。
対象が消滅しているから、です。

この境地は言葉に表しきれませんが
(表しようがない)
例えを使って表現すればそのようになります。

「何もしていません。何もありません。」

551 TK :2014/03/11(火) 22:28:19 ID:yK6FyyZ.0
あるがままはただ、あるがままである。

それは受け止められる事も無ければ、捉えられる事もないからである。

それをあるがままという。

受け止められたら、捉えられたら、
もうそれは既に受け止められたものであり捉えられたものであり、
あるがままでは無い。

一体感を感じたら、
それは一体感を感じられたものでありそれは既にあるがままでは無い。

あるがままとは一体感とは全く異なるものである。

あるがままとは、ただあるがままのことである。

あるがままとは研ぎ澄まされた感覚で感じられるものでは無い、
研ぎ澄まされた感覚で感じられたものはただ感覚で感じられたものであり、
それはあるがままでは無い。

私は全体でも部分でも一体でも分離でも無い、これは即ちあるがままである。

大自然を感受している者がいる、その者は大自然に執着し捉われ空っぽでは無い。

大自然などそのようなものはどこにもない、これが即ちあるがままである。

http://homepage1.nifty.com/manikana/canon/sunna.html

552 yukiotoko :2014/03/11(火) 23:58:46 ID:uWlE76M60
TK師様
ご回答ありがとうございました。

私の場合、一過性の至高体験を通して得たものは、自分は他の人たちとは違って、何か特別な存在だという、思い上がりのように思います。

またいつまでも心の底で当時を引きずるあまり、現実に対する認識や態度が疎かになっているのかもしれません。こうして思い出そうとしているだけで、あの時のことを夢見て、憧れてしまいます。ご指摘いただきました永遠のループを感じます。

これは現実生活にとっては百害こそあれ一利もない、悪い夢です。未だ酒に溺れているのも、この現実逃避グセによるものが一因ではないかと思います。

酒でストレスを解消せざるを得ないような人間は、やはり悟りからは程遠いというものでしょうか?

根拠のないプライドを捨て、真面目に生きてけたらと思います。
それからあるがままという言葉は、今後使うのを控えます。

553 yukiotoko :2014/03/12(水) 00:01:00 ID:uWlE76M60
ラピ。様

貴重な神秘体験のお話、また悟りについてのお話、ありがとうございました。
ラピ。様が体験されたことに比べたら、私のものなど足元にも及ばないものであったと知ることができました。対象からの影響を受けて一喜一憂し、不安すら感じていました。

自分は悪い夢を見ていただけだと真に自覚し、現実を見つめる勇気を持ちたいです。

554 TK :2014/03/12(水) 18:09:38 ID:0MpOjs8.0
yukiotokoさん

>これは現実生活にとっては百害こそあれ一利もない、
>悪い夢です。未だ酒に溺れているのも、
>この現実逃避グセによるものが一因ではないかと思います。

魔境とは言え、
現状とは区別される至福体験をした場合はそのようになる可能性は強いと思います。

>酒でストレスを解消せざるを得ないような人間は、
>やはり悟りからは程遠いというものでしょうか?

あなたは精神世界に関する関心を一端は一切捨てるべきです。

地に足つけて、善に基づく行為によって理想を実現していく事です。

この世界では、肉体を使った行為で善を実現していかなければならないのです。

それをしてから、
必要な人はようやく真っ当な精神世界の道が開ける人もいたりするものです。

あなたの場合、今のままでは精神世界は現実逃避としてしか作用しません。

555 yukiotoko :2014/03/13(木) 00:13:44 ID:uWlE76M60
TK師様

肉体を使った行為による善の実践には、祈りも、脳を使うという意味では含まれますでしょうか?

それから折角紹介していただいたリンク先なのですが、私には難解で、さっぱり理解できませんでした。

もう少し分かりやすいものがありましたら宜しくお願い致します。

556 TK :2014/03/13(木) 04:25:20 ID:0MpOjs8.0
>肉体を使った行為による善の実践には、祈りも、
>脳を使うという意味では含まれますでしょうか?

祈り?

あなたは何かの信者ですか。

祈れば御利益でもあるとか、もう既に、あなたそれ精神世界ですよ。

そういう非科学的なおかしな迷信、信じないような生き方するんですよ。

557 和井恵 :2014/03/13(木) 08:36:11 ID:izvcnxLQ0
>551

とても素晴らしい内容ですね。
精神世界を語る多くの人たちが勘違いしている処は、まさにこれだと思います。
このような教え(説明)を、もっと多くの人たちが知り、
正知することを願って、わたしのブログでもシェアさせて頂きます。

558 yukiotoko :2014/03/13(木) 16:09:54 ID:eSQdJcLA0
TK師様 *

以前投稿されていたヤッズ氏のブログや、ヤッズ氏のブログで紹介されている「高度自給自足時代の夜明け」というブログで、これまで知られていなかった史実や、陰謀論の裏が公開されておりますが、私自身も、FACEBOOK等ネットで真実を広めることで、世の中を良い方向に変えていくための一助となれたらと思っております。 *

以前山林や公園でごみ拾いをしたり、公衆トイレを掃除していたときがあり、これらをしているときには、体を使って善行をしているという実感が持てましたが、ネットでの頭脳を使った真実の情報拡散は、善行と言えますでしょうか?

宜しくお願いいたします。

559 TK :2014/03/13(木) 18:32:35 ID:lDEj49Y.0
>557

どうぞ、ご自由になさって下さい。

「あるがまま(そのまま手つかず)」は解脱した者の事をそのまま表している言葉ですから、
今までもこの言葉だけ取ってきて勘違いで使い回している人は多く目にしています。

560 TK :2014/03/13(木) 18:54:02 ID:lDEj49Y.0
yukiotokoさん

>以前山林や公園でごみ拾いをしたり、公衆トイレを掃除していたときがあり、
>これらをしているときには、体を使って善行をしているという実感が持てましたが、
>ネットでの頭脳を使った真実の情報拡散は、善行と言えますでしょうか?

方向性的には間違いではありません。

しかし、
ネットはネット以外の環境と比較して思い通りになりやすいアストラル的な特性もありますから、
その分得るものは少ないと思います。

すなわち、ネット上とはせっかく物質としてこの世界に生を受けている特性を、
活かしにくい要素もあるのです。

如是語経
> このように聞いて、ある比丘は世尊に次のように申し上げた。
> 「尊き師よ、諸天神にとってよい境涯へ往く、と言われるのは、一体いかなることでしょうか。
>また、尊き師よ、諸天神にとって善い所得を得る、と言われるのはいかなることなのでしょうか。
>さらに、尊き師よ、諸天神にとって、きちんと安定した、と言われるのは、どのようなことでしょうか」
>
> 「比丘たちよ、人間の状態こそが、諸天神にとって善い境涯へ行く、と言われるものである。
>また、人間となって、
>真理の体現者が説いた教えと僧団の規定とに信仰を得るならば、これが、
>比丘たちよ、諸天神にとって善い所得を得る、と言われるものである。

561 yukiotoko :2014/03/15(土) 09:45:24 ID:uWlE76M60
TK師様

具体的に方向性をお示し頂きありがとうございます。

自分なりに善行に励んでみます。

またご指導宜しくお願い致します。

562 TK :2014/03/15(土) 12:03:26 ID:ARaxpy0I0
yukiotokoさん

人のために思いっきり生きることの楽しさを、実感できるレベルまで高めて下さい。

そのベクトルがさらに煮詰まったところのものが我々の居る所、すなわち悟りです。

光明とは探したり見つけようとしたり、追い求めたりしたら絶対に、
それらをやめない限り遠ざかるのみです。

そのようなベクトルを持つのが悟りのなので、
ちなみに私が何かを見つけようと探求に入って見つけたのは悟りではありません、
それとは反対に位置するものです。

私が見つけたのは「悪魔」です。

見つけようとして運よく見つけられるものは「悪魔」だけなんです。

光明とは目で見えるものでは無く、感覚で感じられるものでは無く、
何も無い事を言うのです。

心得ていて下さい。

つまり、あなたには我々と比べて、
すべからくありあまるほどの充実した内容があると言う意味ですが、
我々にはあなたから見てみすぼらしいほどに何もない、これを無所有と言いますね。

563 :2014/04/25(金) 08:12:30 ID:2mIclaQ20
「解脱した者」だって?
それは、一体誰だね?

それから真理はノンベクトルだよ。

まだ生きているんじゃないのかね?
本当に死ねよ。

564 ラピ。 :2014/04/25(金) 12:46:07 ID:mGBpN5Hc0
ムさん

>真理はノンベクトル

この意味が分かりませんので
教えていただけますか?


ちなみに私が普段、表現するときは「例え」を使っています。
言葉で表すのには限界がありますので。


>「解脱した者」だって?
>それは、一体誰だね?

ムさんがもしそうであるのなら
この答えはお分かりでしょう、聞くまでもなく。

一体誰ですか?

565 TK :2014/04/25(金) 21:09:49 ID:JbarQA5M0
>>真理はノンベクトル
>
>この意味が分かりませんので
>教えていただけますか?

関心を止めた点は的を得ているが、
真理と言う言葉を持ち出すところで相手の次元を見抜けていなければならない。

真理とはその正体が妄想だからだ。

566 ラピ。 :2014/04/25(金) 21:15:45 ID:mGBpN5Hc0
TK師

もちろんわかっています。

その方の次元の話を聞きたかったのですよ。

567 TK :2014/04/25(金) 21:38:06 ID:JbarQA5M0
>その方の次元の話を聞きたかったのですよ。

こちらもお遊びでしたから。

それではごゆっくり。

568 どてかぼちゃ :2014/04/28(月) 13:20:46 ID:dzVxZkLo0
はじめまして。
初めての書き込みで凄く緊張しております。

現在、日々実践を行っておりますが、
どうしたら良いのか、どう実践していくのか、
どうにもこうにも行き詰っております。
TK師様、ラピ。様、よろしければ以下、
御回答を頂ければありがたく存じます。

1.身体が続かないのです。
理想とする生活をすると限界まで挑戦とやるのですが、
結果的にその反動で身体が動かなくなり、
結局休まざるを得ない状況に陥ります。
その度に「なんて自分はダメなんだ、根性がないな」と自分を責めてしまいます。
ただ、最近は、身体が悲鳴を上げてダメな時には大人しく休み、
また回復したら理想とする生活になるよう実践するという諦めない気持ちは出てきています。
1人なら徹底的に限界の限界まで動いて死んでも構わないとは思うのですが、
最悪死んだ場合や病気等になりにたった一人の家族に迷惑がかかっては
人の道に反するとも思ってしまいます。
こういう場合はどのように考え実践をして行ったらよろしいのでしょうか?

・とにかく虚しいのです。
これを思っているうちはまだまだ実践しきれていないのかもしれません。
夢中で動いている時は感情は特に湧いてこないのですが、
フッとした時に胃の辺りからグワッと「虚しさ」が湧いてくるのです。
これは物心ついた頃からずっと消えずにあったように感じます。
記憶を辿れば、小学校2年生ぐらいからその思いがあったと思います。
それ以前には、自分の記憶では思い当りません。
過去には沢山の不幸と言われることがありました。
人に話せば「ドラマみたいだね」と言われるような話です。
でも、今は特に不幸がある訳ではありません。
世間から見たら「幸せな方だよね」と言われる状況ではあると思います。
もちろんその幸せを感じていない訳でもなく、現在の幸せには感謝をしております。
過去の不幸には一つ一つに精神的限界までなりつつも現実的にアプローチをしてやってきました。
その胃の辺りから湧いてくる虚しさを無視し続けることも可能は可能かもしれません。
それでもいつもいつも気が付けば横たわっていて消えることはありません。
ただ、過去に苦しすぎて破壊されて腐ってしまっているだけなのかもしれませんが、
未だに何かあると昔ほどではないにしろ、まだまだやはり傷つくのです。
このような場合には、どのように考え対処して行ったらよろしいのでしょうか?

ゴールデンウィークの最中、TK師様もラピ。様も
ご自身のことでお忙しいだろうと思われますが、
御回答を頂ければ幸いでございます。
長文お読み頂きましてありがとうございました。

569 TK :2014/04/28(月) 19:01:23 ID:NQJeMW4E0
どてかぼちゃさん

>最悪死んだ場合や病気等になりにたった一人の家族に迷惑がかかっては
>人の道に反するとも思ってしまいます。
>こういう場合はどのように考え実践をして行ったらよろしいのでしょうか?

休みながらやるのではだめなんですか?

これは人に聞くより、自分自身の問題だと思います。

例えは釈迦は一国の王子の立場でありながら、
国や妻子を捨てて出家し命がけの苦行も敢行したのですし。

何を優先するかの問題ですが、私は危険を冒した一人です。

釈迦にとっても私にとっても、それしか選択肢はなかったと言うところです。

あなたが取り組んでいるものが、命をかけるほどのものなのかどうかです。

どちらにしようか迷うゆとりがあるようですから、
あなたにとってそれは命をかけるほどの煮詰まり方をした重さのものではないという事で考えるのが妥当です。

今取り組まれている事に命をかけずとも、もっとその命、
人のために他に使い道があるという事です。

570 どてかぼちゃ :2014/04/28(月) 20:00:41 ID:dzVxZkLo0
TK師様

ご回答ありがたく存じます。
十分過ぎるほどの回答です。
どうも私は実践に関して勘違いをしていたようです。
命をかけるほどの実践…、今の私には情けないことに思い当たりません。
だから虚しさを感じ続けているのではないかとTK師様のお言葉で気づきました。
出直してきます。
諦めたくはありません。
また相談させて頂くことがあるかもしれません。
その際にはよろしくお願い致します。
今まで、こういう回答には出会ったことがありません。
ただただ感謝です。

571 ラピ。 :2014/04/29(火) 07:58:59 ID:OBxNIUCk0
どてかぼちゃさん

書き込み、ありがとうございます。

実践をがんばられているようですね。

理想とする生活を限界まですると身体が動かなくなり、
休まざるを得ない状況に陥るとのことですが
どてかぼちゃさんにとっての理想の日々は
かなり無理をするものとなるのでしょうか?

その理想とする生活について
もう一度考えてみるのはいかがでしょう?

自分の理想とする日々を実現させるための実践です。

例えばなんでも元気に頑張ることが理想の日々であるのなら
体調管理も実践の一つですね。


虚しさについてですが私の場合、
「自分を捨てて」という方針で実践していたのもあり
そういう感覚を感じる前に実践をしていました。
(感じる暇がないという感じです)

ちなみにその虚しさの正体は「エゴ」の声です。

ただし、無視しようとすればするほど気になると思うので
「無視して実践」と言う感じです。

表面上、その虚しさが実践を妨げているように見えるかもしれませんが
さらに実践をして虚しさを感じる暇がない、という感じですかね。

私の場合、第1の実践では「嫌だ」という思いを捨て続けるものであり、
(「嫌だ」もエゴの声です)
第2の実践は「恐怖心」との戦いでした。

572 TK :2014/04/29(火) 10:26:47 ID:OvlB1z3.0
どてかぼちゃさん

>どうも私は実践に関して勘違いをしていたようです。
>命をかけるほどの実践…、今の私には情けないことに思い当たりません。

良い点に気がつきましたね。

人から見て大したことがないように見える事でもその人からしたら、
命をかけるに値するものがあり、それは人それぞれで違います。

それが何なのか、自分で見つけるより手はありません。

しかし、見つける手がかりは誰もが持っています。

自らの中の善悪の基準です。

悟った我々にはそれがありませんが、しかし、
それが我々の所までたどり着くための手掛かりなのです。

自らの中の善と言う基準をもとに理想を構築し、精一杯生きる事です。

釈迦を例に出しましたが、釈迦も最初は善を求めて29歳で出家をした、
そこがスタートラインという事です。

大パリニッバーナスッタンタ(ブッダ最後の旅)5・27

>スバッダよ。わたしは二十九歳で、何かしら善を求めて出家した。

釈迦はその後に師も二人変え、さらにその次の段階で命がけの苦行の実践なのです。

あなたの場合はまだまだ煮詰まるための過程を得ていない、そのように感じますよ。

573 どてかぼちゃ :2014/04/29(火) 13:46:18 ID:dzVxZkLo0
ラピ。様

ご回答ありがたく存じます。

行っていた実践は、普通の方から見れば大したことはなくて、
日々大抵の方々が当たり前に行っていることであります。
しかしながら私は体力がないゆえに「えっ?その程度でバテるの?」
と言われるようなそんな状況で、それが昔からの劣等感でありました。
それを克服すべく、これでもかこれでもか!と我慢大会かのように
自分の体質と体力を顧みず、無理に無理を重ねておりました。
その結果、身体がとうとう思うように動かなくなり、関節や筋肉は痛み、
当たり前のことを当たり前にやることすら出来なくなって、
それで失礼を承知でご相談させて頂いた次第です。

しかし、昨日のTK師様からのお言葉に、
>「休みながらやるのではだめなんですか?」
で、ハッと我に返り、私はバカか…と気づきました。
体調を管理しながらやらねば本末転倒じゃないかと。

「虚しさ」については、これもTK師様のお言葉で気づきましたが、
「命がけ?」というか「全身全霊?」というか、
そうやって生きてこなかったからだと思います。
彼岸に行かれたお二方からすれば、
彼岸に到らねば本当に生きることにはならない
とおっしゃられるかもしれませんが、
昨晩、今頃の年齢になって「生きる!生きてる!」を
とても生々しく実感している次第です。

TK師様のお言葉を頂いてから、再考しております。
しかし、ひたすら善のために命がけで実践していたら
虚しいとかなんて言ってる暇はないですね、本当に。

ご相談させて頂いて良かったです。
深く感謝致します。

574 どてかぼちゃ :2014/04/29(火) 14:03:49 ID:dzVxZkLo0
TK師様

再度お言葉を頂けたことに深く感謝致します。

昨晩のお言葉を頂いた後から必死に夢中で「命がけ」について
考えておりました。
それを考えるようになって、生まれて初めて「生きる!生きてる!」と思えたのです。
情けない話ですが、本当です。
それを考えていれば、あれだけ肉体が疲れ果てていたのにも関わらず
活力が湧いてきて、今日も元気に動き回れているのには本当にビックリです。
「あれ?私、こんなに動けたっけ?」と凄く不思議です。

>人から見て大したことがないように見える事でもその人からしたら、
>命をかけるに値するものがあり、それは人それぞれで違います。
>それが何なのか、自分で見つけるより手はありません。
本日頂いた上記のお言葉により、また新たに勇気を頂きました。
「自分で見つける!」なんと素晴らしいことなのでしょう。
とにかく今は「全てに真剣に命がけ」でやることが楽しくて仕方がありません。
今まで行っていた実践をもっともっと展開していき、
もっと大きな善のために実践し続けていこうと思います。
ただし、必要があれば休養を取り、取る休養も真剣に命がけ?でリラックスします。
そしてそれを淡々と続けているうちに、本当にもう形振り構わず命がけ!でやる!!
ということが見つかるのではと考えております。
家族が邪魔になる訳はありません。
そうやって万一死んだらそれはそれで本望と思えるようになりました。
私の唯一になった家族、その家族が私をスピ系精神世界系から抜け出させてくれました。
最期のとどめはこちらの掲示板でした。
それにも深く感謝致します。

また、行き詰り教えを乞いたい場合は書き込みをさせて頂きたいと考えております。
お二方が回答するに値すると思われた場合には、ご回答を頂ければありがたく存じます。
お言葉を頂けた場合にも出来得る限り書き込みを出来ればと考えております。
本当にありがとうございました。
(本当にありがとうございましたという言葉が軽いぐらいに深く感謝しております)

575 どてかぼちゃ :2014/04/29(火) 16:37:17 ID:dzVxZkLo0
TK師様

度々恐れ入ります。
補足させて下さいませ。

おっしゃる通り、私はまだまだ煮詰まる過程を得ていないと思います。
ご指摘ありがとうございます。
スタートライン以前の問題ではありましたが、
スタートラインに立てるように、実践を続けて行こうと思っております。
とにかくなんだかわかりませんが「諦めたくない」と思うのです。

凄い緊張でしたが、ここに書き込んで良かったです。
この掲示板があること、お二方にネット上であれ教えを乞えたことに感謝致します。

576 魔王 :2014/05/29(木) 08:45:53 ID:001mTVu60
43 :TK:2013/08/13(火) 10:39:11
あーみんさん

>あなたのOSHOをはじめ、スピ系の知識や書籍を捨てなければならない。
これも次の大波が来るだろうから、その時に真実に変わるために今のあなたに話しているのだ。

>それまでは、あなたがスピ系で酔っぱらう事で幸せになれると信じるのならそれを続けてみると良い。
しかし、スピ系で寄せては返す楽と苦の繰り返しが止まりはしない。
だから、それが本当かどうかあなたが実際にやってみればいいんだ。
今のあなたは本気にはなれない。



それはそれで、もっともなんだが。

577 魔王 :2014/05/29(木) 08:49:59 ID:001mTVu60
47 :TK:2013/08/17(土) 00:57:21
実践マンさん
>自分の中から湧き上がる自分の遭遇する現象に対してのネガティブ(否定的)な思いが悪魔の声です。

>それを意志の力で感謝と肯定に変える、この意志の力が対する神の力です。

>感謝や喜ぶの実践の真の目的は、常識的にはとても喜んだり感謝できないと思われるような状況の時、
この時に意識的に喜びや感謝をするのです。




独特やな・・・・・。

578 ザイ :2014/06/03(火) 22:32:51 ID:.3QHwG7U0
風邪ひいてるのに無理してだいたい読んでみた。
TK師は口が悪いですなぁ。でも非常にわかりやすい。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板