したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

「部室」板/4

4756 神の子さん :2018/05/08(火) 16:54:52 ID:P..xzO46
池田整治(元自衛隊陸将補)はオウム真理教の事件と北朝鮮との意外な関わりを記しています。

我々の後ろには誰もいない
1993年5月。北朝鮮のノドン1号が東京の方向に初めて発射され能登半島沖に落下しました。第一次北朝鮮危機の勃発です。この時、最悪の事態として北朝鮮のコマンドによる若狭湾の原発攻撃が考えられました。いわゆる第一次北朝鮮危機です。金日成の目的は、「南進統一」、つまり武力による韓半島統一です。この時もっとも邪魔なのが日本という「兵站基地」です。ここを潰さない限り、北朝鮮軍に勝利はありません。

先の朝鮮戦争で、北朝鮮軍(当初ソ連、後中共軍支援)は韓国・国連軍(実体は米軍)を釜山まで押し込めながら、最終的に38度線で休戦条約を結ばざるを得ませんでした。米軍の圧倒的な兵站力の前に、南進統一の夢は儚くも潰されたのです。軍事的教訓は一つ。「日本という兵站基地を潰せば、南進統一できる」。

そこで考えられたのが、オウム真理教を使ったサリンテロに連携する北朝鮮コマンドの隠密侵攻、特に若狭湾の原発の破壊です。もっとも自衛隊には、普通の国のような平時からの「領域警備」の任務がありません。あくまで、テロ等は警察が対処しなければなりません。

北朝鮮コマンドの攻撃要領やサリン対処などの「警察との勉強会」はおこなえても、総理大臣の命令や県知事等の要請がない限り、自衛隊は動くことはできません。しかしながら、上九一色村のオウム第7サティアンには、ドラム缶700本の薬剤と旧ソ連軍のヘリコプターの存在もあきらかになっていました。ヘリコプターで都心にドラム缶1本落とせば100万人が死にます。警察では対処できません。ヘリコプターが飛び出してから要請されても間に合いません。当時は、社会党の村山首相であり、阪神淡路大震災対処中でもあり、事前命令などあり得ません。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板