したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

資料集

1 ウエスト :2010/05/07(金) 20:06:13 ID:ct4hkIWM
判決文や新聞記事など。

966 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2012/04/19(木) 02:22:24
少し前のザ・リバティWebで、米アトランティック誌が幸福実現党の饗庭氏を取り上げたと報じてました。
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=4117

件の記事は、Can the Tea Party Take Japan? http://www.theatlantic.com/magazine/archive/2012/05/can-the-tea-party-take-japan/8938/ というものですが、よく読んでみると実現党とか幸福の科学の紹介というより、茶会運動への日本人の眼差しって記事だそうです。
以下、和訳を掲載します(多少意訳になっているので、その辺りはご了承を)。

日本で根付くか?「茶会運動」 アメリカ発草の根保守を凝視する東京の保守派
モリー=ポール(アトランティック誌スタッフライター)

年に一度、ワシントンの国立動物園から数ブロックはなれたとこにあるマリオット=ホテルで保守政治評議会(CPAC)が、明日のサラ=ペイリンやカール=ローブを夢見る経済学者や活動家・ロビイストそして閣僚に加えて数百ものの大学の学生を集めた、幾分風変わりな大会を開いている。そこでは全米ライフル協会(NRA)が売り出してる憲法修正条項第10条についてのDVDとか、(中絶反対派が売っている)ゴム製の胎児の人形とかが、土産物として並んでいたりする。で、今年の大会にはダークスーツに身を包んだ3人のアジア系の紳士が、ブースの間を行ったり来ていたりしたのが目に付いていた。東京からやって来た彼らは無論観光のために来た訳ではなく、日本政治の停滞を打破せんとアメリカの草の根保守運動の秘訣とやらを学びに来たのである。

2月初旬のある土曜 ── 大会の最終日に、3人はマリオットの薄暗いバーでメモ合わせをやっていた。背後では建国時代の功労者のコスプレをしていた男が過去を懐かしみ、隣のテーブルではCAPCのバッジをつけた若者が酔っ払って騒いでいた。3人は、大会でスピーチした大統領候補たちに就いて一先ず共通認識に達したと、通訳を介して言った。45歳のオールバックの髪形をしたカリスマに満ちる人物・饗庭直道は、パンチする様な身振りをしながらこう言う。「リック=サントラムは称賛を集めているが強さが足りない、ニュート=ギングリッチは強い個性を持っている様に思える」饗庭によれば、ミット=ロムニーは頭はいいと思うが信用できないとのことだ。「あれこれ(ロムニーが)説明すればするほど、多くの疑問が出てくる」他の2人もその見解に頷いていた。

日本の右翼政党である幸福実現党の幹部の一人である饗庭は、東京茶会の創設者である渡瀬裕哉、通訳である実現党関係者の及川祐樹(=幸福の科学北米本部長:杉山注)、更に彼らのアメリカでの政治コンサルタントであるボブ=スパークスと一緒にこの大会に出ていた。3人は声を揃えて言う、我々の使命はアメリカ的保守 ── 小さな政府・低い税金・企業活動の自由という福音を日本に述べ伝えることだ、と。

なぜ保守運動?「それは重要な質問だ」と饗庭は答えた。「ご存知の通り、日本は多年にわたり不況に苦しんでいる。悪いことに、この場に及んで現政権は消費税を5%から8%、更には10%にまで上げようと言うのだ。そんなことにでもなったら、日本経済は崩壊してしまう」

30歳のノッポで締りのない髪形をしていた渡瀬が、そこへ割り込んできた。公共部門の労働者が増えていることを嘆いてみせ、民間企業で働く日本人が今や「事実上政府の奴隷である」と渡瀬は宣告した。仮にも日本人がCPAC(の主張)から学んでいれば、日本の保守はアメリカ右派の警告と危機を明らかに自らのものとしていただろう、とまで言っている。

967 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2012/04/19(木) 02:23:28
東京茶会 ── 日本人にとっては、伝統的な茶道の会と混同しないか?ってふと思ったのだが ── は、アメリカの茶会運動同様「もう税金は沢山だ」をスローガンに掲げている。一方、饗庭らの実現党は、仏陀の生まれ変わりだということを主張する「幸福の科学」という新宗教の政治部門だ。幸福の科学が称える"幸福"とは、国内では宗教が復興し世界にあっては再び猛々しさを発揮する日本 ── 戦争放棄を謳った憲法を改正せよと主張している ── に思いを巡らせることだったりする。スパークスは(幸福の科学に就いて)付け加えて言う。「まぁ、仏教版のキリスト教連合みたいなもんでしょうな」

その主張が日本で実現できる機会があるかと言うと、さすがにそうだとは言い難い。幸福実現党は、結党直後の2009年の総選挙では337人もの候補者を擁立し100万秒を得票したものの、1議席も獲得できなかった。他方、東京茶会は次の選挙までには1万人の会員を目指そうとしている。どちらにしろ、目下日本政治の混乱する政局からは利益を得るかも知れない。日本の政治秩序は、1955年から僅かな期間を除いて支配的だった自由民主党 ── という名前にも関わらず二大政党の中でも保守的な方だが ── が2009年に政権の座から追われた。それに代わってリベラル派の連合が改革を約束したのに、毎年毎年総理を代えたにも関わらず効果的な政治を行えていない。最早長く続いた経済的な不調は、日本では殆ど見られない様な大衆感情を沸々と沸き上がらせているかの様である。

その感情とは、大会にやって来た彼らが日本へと持ち帰ろうとしているものだ。マルコ=ルビオやマイク=ハッカビーといった政治家が歓声を受け喝采を浴びるのを見て、渡瀬や饗庭はCAPCの活動家の情熱や興奮させられる宣伝に感銘を受けていた。

饗庭は言った。「この国には、その演説で多くの聴衆を虜にするようなスーパースターが多くいる。日本の政治にはそういうのがいない。政治家が演説すれば、聴衆は退屈で飽き飽きしてしまう」

彼らは、ここばかりでなくワシントンへの訪問でもアメリカの政治中枢へのネットワーク作りをせっせと行っている。週の初めにはハーマン=ケインと私的に懇談し、「強力で簡潔なアイデア」だというハーマンの「9-9-9均一税案」について非常な感銘を受けたと言っている。少し前に饗庭は、共和党全国委員会共同議長・シャロン=デイとお近づきになり ── 饗庭は、自ら共和党のアジア米関係のオフィシャルアドバイザーを自認している ── 、更には反税運動を指導するグリーバー=ノーキストらが主催する有名な保守活動家の"水曜集会"にも顔を出した。

だが東京茶会は、アメリカ保守の遺産を全て受け入れようとはしていない。渡瀬は私に対し、もともとのボストン茶会事件には余り好意を持っていないと言った。「彼らはお茶を投げ捨てたけど、お茶は貴重なものだったんでしょ」そして否定的にこう言う。「日本人はお茶を価値あるものとして見る。決してそれを捨てようとはしない、あくまで守り続けるでしょう」

一寸考え込んで饗庭が言った。「まぁ、同じお茶でもこちらは緑茶なんでね」




■ したらば のおすすめアイテム ■

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX) - 森 薫

アミルさん20歳で既に行き遅れ扱いされてるけど俺ときたら…

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板