したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

少林寺拳法or丸廉への批難・文句受容スレ

1 615期生 :2003/01/31(金) 00:28
【ルール】
・実名はあげない.出た場合は即アボーンします.
・建設的なカキコであること
・カキコ前に「Q&A2nd」「少林寺はなぜ煽られるか?」には目を通してください.(「香具師の阿吽」内にあります)
・質問は残さず応える
・名無しさん歓迎

その上で現状の問題点について話し合いましょう.疑問点についてもどうぞ.ご批判歓迎.
2ちゃんとは違ってそれなりに正常なレスが付くはずです.本音歓迎.

2 熊狩 :2003/01/31(金) 00:31
丸廉の稽古会は関東オンリーっすか?関西ではやってくれないんですか?


ってこんな感じで書き込めばいいのかな?

3 615 :2003/01/31(金) 00:34
申し訳ありません.関西には実家がありますが,遠いし,バイクでの行き来は寒いので嫌です.
三重県上野と御殿場でいつも死にかけます.エントリー仲間を集めてください.

とまじめに答えるつもりです.

4 わんわん :2003/01/31(金) 19:44
>2
もっと激しくてOKです。

2ch風に
「なんで道院やらないとこが多いの?」
「少林寺やってて強くなれるの?」
「指導者に問題があるぞ。」
「この現状はおかしいよ。」等

ルールに則る内容でしたらなんでもOKです。

5 名無しさん@いらっしゃい :2003/01/31(金) 21:13
結局は皆、管長の方針を聞きたいのではないか?
このままネットでの議論が続けば、あっちいくのかこっちいくのか、
本部として結論をださなければならない局面やがてくるだろう。
平和を望むがゆえに戦時の準備が要るという理屈のうえに
乱捕り必要論者の主張がある。
21世紀の少林寺拳法をあらためて試考してみないか?
開祖が求めた真の勇気ある青年を今の時代につくるすべを考えようよ。

6 名無しさん@いらっしゃい :2003/01/31(金) 21:25
乱捕り乱捕り騒ぐ風潮があるが、いわゆる乱稽古主体を特徴とする
他武道・他格闘技でも必ずしも乱稽古に多くの時間を割いている
わけではないことが明らかになっているので、説得力が不足している。
われわれ少林寺拳士は過去の過ちを繰り返さない誓いを行うとともに
21世紀の武道の価値創出にリーダーシップを発揮できる集団でいようよ。
過去の痛ましい死亡事故を虚栄化の理由にするのはやめよう。
「何が必要なのか?」真理を導き出そうよ。

7 名無しさん@いらっしゃい :2003/01/31(金) 21:31
悪には正々堂々反論しよう。開祖の意思だ。
自分を正当化することばかりに力を注ぐのはやめようよ。
「なかばは相手のことを考える人間」最終的に漏れ達は、
そういう人間関係像を求めているのが共通項なはずだ。
漏れ達も乱捕り試合くらいやろうぜ。
やってひとまわり人間的に強くなろう。
強さをひけらかす香具師なんているんかい?
みな、目を覚まそう!!

8 名無しで失礼 :2003/01/31(金) 21:36
みなさんの道場(先生)の”人間的”な資質はいかがですか?
・女性拳士へのセクハラ言動がある
・機嫌のいいとき、悪いときの差が激しい
・人の好き嫌いがあり、指導に偏りがある。
 (拳士によって、いつも指導する人とほとんど指導しない人がいる)
・技や稽古の内容よりも、作務、態度重視で、きちんとできない場合は、
 説教だけで稽古の半分以上の時間を費やすことがある

こんな、道場(指導者)他にもありますか? またどう思いますか?

9 615 :2003/01/31(金) 22:25
>>5-7
全体の方向性としていいこと言ってる気がしますが,ところどころよく分からない箇所があるのは
私だけですか(^_^; これはレスが必要なのかしら.

私の先生には四つとも当てはまりません.
私は実際の体験がないので,多くは言えませんが,やはり少林寺の組織も人の集りである以上,
そういったこともあるだろうとは思います.
指導者として明らかにおかしい場合は本山や県連に連絡とったりするものなのではないですか?
(すいません,最後の一行は憶測です)

10 名無しで失礼 :2003/01/31(金) 22:56
自分のところの道場は4つとも当てはまるんですよーーー。

全く他の地域の友達(保護者の立場ですが)の子供が道場に通っているのですが、
そこの先生も、親に対して、頭ごなしにどなりつけたり、お気に入りの母親には、
メールしたり・・・。
人作り?ハァ?って感じで、「教本お前も読め!!!」っていいたくなるらしい。

11 マドモアゼル名無しさん :2003/02/01(土) 00:24
この四つに限っていうなら,二番目と三番目は受け取る側でずいぶんと感じ方が変わってくるんじゃない?
「この先生,ィヤッ!」と思ったとたん,やることなすこと全部ムカツクコトだってあるじゃん。

この四つが当てはまるからといって,資質がないとは言い切れないンじゃん?まず幹部になりなよ。もしかしたら,分からんぐらいのレベルでいろいろ考えてることだってあるかもしれんし。
名無しで失礼さんがどのくらいの立場にいるのか分からんけど,自分の先生だけならいざ知らず,自分の道場までも批判するのはやめとくれ。
それが分かってるなら変えていきなよ,できるトコから。

それでもだめなら,合わんもんはどーしょーもない,先生を変えなよ。良師について修行したほうが上達は早いよ。

12 2ちゃんよりの使者 :2003/02/01(土) 00:42
>このままネットでの議論が続けば、あっちいくのかこっちいくのか、
本部として結論をださなければならない局面やがてくるだろう。

どっちかを選ぶのではなく、立ち会い評価法までは必趨科目、自由乱捕りは
選択科目みたいにしてはどうかなと思います。無理にやらせようとすると
できない人の反対の嵐になると思います。まず、やる必要を感じている人、
危機感のある人、好きな人、が自由乱捕りの妨害を受けないことが一番だと
思います。それと、2ちゃんでも言っていた人がいましたが、安全性には
気をつけないといけないと思います。
もし、事故れば、
「それ見たことか」
と必ず言われ、永久停止にされかねません。

13 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/01(土) 08:18
>>12
もうアフォかと。
別に自由乱捕りは立会い評価の上ではないだろ。
それぞれ目的が違う。
それに組織として方向性が2つあったらおかしいんじゃない。
あなたが乱捕りしたことない椰子ってことが良くわかるよ。
俺が怒っているのは、なぜ本部が双方攻撃乱捕りを禁止して、
攻守をわけた乱捕りを可としているのか理由が変だぞってこと。
それと試合はいけないだけかよと。ああ漏れは某大学の監督です。

今の平均的大学支部の惨状を見よ!

(うちは違うが)演武大会、昇段練習ばかりで大忙し。
とても乱捕りなんてやる時間がないという。

大会で乱捕り設けないとあいつら本当に乱捕りしねえぞ。

それと大学の新入部員勧誘ポスターに「組手試合はありません」とか
「直接加撃はありません」とか、とぼけたこと書くなよ。

それをみて入部してきたら、約束違反になるだろ。

14 615 :2003/02/01(土) 09:00
スレ違いですが,失礼します.
>>13
>それと大学の新入部員勧誘ポスターに「組手試合はありません」とか
>「直接加撃はありません」とか、とぼけたこと書くなよ。
ほんとにこんなこと書くところがあるのですか?


>安全性には気をつけないといけないと思います。もし、事故れば、
>「それ見たことか」と必ず言われ、永久停止にされかねません。
肝に銘じます.まったくそのとおりです.最も恐れていることです.

15 2ちゃんよりの使者 :2003/02/01(土) 13:40
>もうアフォかと。

ここは2ちゃんではないから、方少し普通な物の言い方をしてはどうでしょうか?

>あなたが乱捕りしたことない椰子ってことが良くわかるよ。

あなたが入門する前からやっていますよ。極真でも強い人は一様に基本や
約束組み手の大事さを語りますよ。だから芦原空手は、組み手をする前に
捌きの形で、詰め将棋の定石に相当する技を身につけさせるのですよ。
その体系で育ったそこの某指導員は、極真のH支部の人を一人で相手にして稽古
つけたらしいですね。

>今の平均的大学支部の惨状を見よ!

だからこそ、急に事を運んでも拒否されるのです。まず、立ち会い評価法を
普及させる。そうすると自信がついたり或いはおもしろくない人が現れ、
自由乱捕りを指向する人が増えますよ。

少林寺は、勉強や仕事を犠牲にしてやるものではなく、仕事や勉強を人並み
以上にする事が前提の武道です。故に大会にこだわる必要はないと思います。

また、指導者なら、TPOに合わせて発言をする必要があると思いますよ。
右も左もわからない学生さんを指導されているなら、何かに偏らない、
バランスののとれた指導をされることを望みます。


相手にも事情があるのだから、相手の立場も考えどこを落としどころにするか考えて
交渉するもの大事ですよ。世の中何でもかんでも自分の思い通りにはなりませんよ。

ps:
もう当然されていると思うのでいわずもがなとは思いますが、
大学生なら、ウエートトレーニングも十分にするといいと思います。
目安としては、ベンチが体重の1.2倍以上、スクワット1.5倍以上。
ハーフならそれぞれ1.5倍以上、2倍以上するといいと思います。
あと、自分の体重を支える練習、局部鍛錬、首の鍛錬等を行い、
ハードな乱捕りで事故を起こさない頑丈な肉体をつくってください。

16 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/01(土) 14:40
>>15
あのね、あなたみたいな「漏れは真理を知っていてそうしている。
世の中よ早く気づけよ」っていう言い方をする椰子が嫌いなんだよね。
それと漏れは「双方攻撃乱捕りが禁止されている」事実を問題に
しているんだよ。おかしいんじゃないかと。
そのうち双方攻撃乱捕りを本部は認めるだろうっていうのかい?
皆がやれば追認する?
漏れは学連の現場にいるんで、もっと現実的な問題として結構深刻に
考えている立場だ。個人の問題でなく全体のレベルアップの問題として。
あなたのいう「まず、立ち会い評価法を普及させる」ってのがアクション
プランだとは漏れは思っていないんだよ。

17 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/01(土) 14:59
>漏れは学連の現場にいるんで、もっと現実的な問題として結構深刻に
>考えている立場だ。個人の問題でなく全体のレベルアップの問題として。

だから、乱捕りをしたことがない、肉体も虚弱、そういう人に乱捕りをさせて
事故が起こる事を心配しているのですよ。理想を追うのはいいのですが、この
現実から少しずつ変えていくしかないでしょう。
また、やっていない監督が指導できないのは理解できますね。乱捕りをやるのは
義務ではなく資格だと思います。肉体的条件、技術的条件、事故時の対応や起こさない
ためのノウハウを持っている条件。また、先輩がむきにならず後輩相手にレベル
を合わす技術や、状況を見て危険度等を判断する技術等も必要です。
この様な条件を満たす人、道場以外は、乱捕りをする資格がないと思います。
その資格を身につけることが先かなと思います。
相手は
「それ見たことか」
と言いたいのですからね。自由乱捕りを絶対禁止にしたい人結構多いですよ。
特に指導者側に。
そんなこと言わせるわけにはいけません。
入門者は教育次第でどちらにも振れます。

18 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/01(土) 15:09
> だから、乱捕りをしたことがない、肉体も虚弱、そういう人に乱捕りをさせて
> 事故が起こる事を心配しているのですよ。理想を追うのはいいのですが、この
> 現実から少しずつ変えていくしかないでしょう。

上記で「この現実」とは具体的には?

> その資格を身につけることが先かなと思います。

そうすれば"先に"身に付けることが出来ますか?

> 相手は「それ見たことか」と言いたいのですからね。

私の周りの指導者連中にはそんなこと言いたいと思っている人はいないですよ。
根拠はありますか?自由乱捕りを絶対禁止にしたい人って実は少ないですよ。

19 615 :2003/02/01(土) 15:24
事務的な内容で申し訳ないですが,みなさんかなり熱心に語っていただけるので,
スレ立ててよかったな〜と思います.

これは私個人のレベルの話ではありますが,私は2ちゃんねるが好きです.
だから2ちゃん用語もまったく苦になりません,むしろ馴染みやすい.
議論の内容こそが大切ですから,建設的な内容であれば大歓迎,お願いしたいくらいです.

さ〜盛り上がって参りました.私もできる限り参加したい(既に無理そうだが).
ここでは2ちゃんとはまた違ったレスも付くだろうし,おおいに荒れて下さい.
丸廉に対するご意見もどうぞ!! ヤサシクシテネ

20 2ちゃんよりの使者 :2003/02/01(土) 15:25
>上記で「この現実」とは具体的には?

今の平均的大学支部の惨状を見よ!
(うちは違うが)演武大会、昇段練習ばかりで大忙し。
とても乱捕りなんてやる時間がないという。

>そうすれば"先に"身に付けることが出来ますか?

「どうすれば」ですね?私の考えはへたれ少林というHNで2ちゃんで
書きました。おなじことを長々と書くのはしんどいので乱捕り、弱い関係の
スレを探してください。他にも色々いいことを言っていた人がおおくいたと思います。
個人特定を避けるため工夫しているので、若干プロフィールが違うと思うかもしれませんが。

>私の周りの指導者連中にはそんなこと言いたいと思っている人はいないですよ。

それなら少しは安心できます。しかし、学連と道院はふいんきが違いますよ。

相手の意見が間違おうが正しかろうが、相手は正しいと思っています。
相手のプライドを刺激する様な指摘の仕方では、相手はYESを言いません。
意固地になって、言うことを聞きません。その辺のところも考えて置いてください。

21 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/01(土) 15:37
あなたは「この現実」を変える方法が「まず、立ち会い評価法を
普及させる」ことだという考えですか?

大学の実質3年間の練習期間で一人前の拳士を育てるには、
どういう到達基準を設定し、どういうインセンティブを設定し、
どういうカリキュラムをつくっていき、どう実施すればよいか、

およそ、立ち会い評価法の普及が答えとは思えません。

22 あぼーん :あぼーん
あぼーん

23 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/01(土) 16:43
>あなたは「この現実」を変える方法が「まず、立ち会い評価法を
普及させる」ことだという考えですか

あなたのように積極的で、かつ前述の資格がある人たちはどんどん自由乱捕りを
やればいいし、法形しかやっていない人にはとりあえず運用法と基礎
体力の強化から始めるべきだと思います。要するにその人のレベルで
チョットだけ上をめざし、それが達成されるとまた少し上を目指すと言う
ことです。
素人さんに対してはまず運用法やゲーム的乱捕り、限定乱捕りで楽しさを教え、
あるレベルに人に対しては、厳しい乱捕りをさせます。上達すれば
攻撃中心でなく相手の攻撃を無力化したり捌いたりする方向性を
見いだす或いは、他格闘技に対する研究も必要かと思います。

>大学の実質3年間の練習期間で一人前の拳士を育てるには、

私は大学時代、道場以外にも練習し一日最低2時間、道場の日は4時間しました。
2年で2段を取りました。組み手について教えてくれる人がほとんどいなく
一人手探りで研究し、他の人とキックルールで試し合いをしていました。
はっきり言って当時は、法形は法形、組み手は組み手と割り切ってました。
どんなに法形をやっても、キックルール、総合ルール(これもやっていました。
当時はシューティングの出始めです。)では使えませんでした。
空手や剣術、武道論本、中国武術や合気柔術、ヨガや気効も研究しました。
(と言っても本とビデオだけ)
そうこうするうちに、ふと原則が見えました。
「なんだ、同じじゃないか。」つまり、私は法形の表面しか見えなかったのです。
法形を法形のままに解釈していたから、法形と自由乱捕りのつながりが見えず、
別物として練習していたのです。
それからは、法形を離れずしかし法形にとらわれず変化させる事により、
法形と乱捕りをつなげる事に成功しました。ただし、法形マンセーさんから言うと
「それは少林寺ではない」そうです。(藁
それがわかってからは、それまで時間の無駄みたいで苦痛だった法形練習も、楽し
くなりました。

基本や法形がどう自由乱捕りにつながり、どう他武道の技と関連し、どう他武道の技を
守る技になるかを理解し、それを組み込んだ指導をすれば少ない乱捕りで強く
なれると思います。それと、物理や生理学を学ぶことも合理的な練習には必要だと
思います。各派各人の理論の検証のために。

一人前と言えば、私はまだ一人前どころかひよっこだと思っています。
一生修行です。大学3年と割り切らず一生できるための基礎の3年と
思えばどうでしょうか?
ただし、前記の事を理解しきちんと練習すれば3年である程度の成果は
上がると思います。

大学当時、今の私に教われば、あの3年でできたことが1、2年でできたし、
他武道等の研究や練習時間で削られる学部の勉強時間もなくなり、今と違う
人生を歩んでいたでしょうね。今は肉体的な仕事ですが、もっと学者的に
なっていたでしょう。でも後悔しているわけではありませんが。(嫁がない
事をのぞいて)

24 わんわん :2003/02/01(土) 17:40
乱捕り=自由攻防ではありません。

①中段限定単発攻撃のみ→②中段限定二発まで→③中段下段限定単発攻撃のみ→④中段下段限定二発攻撃のみ
①顔面パンチ単発のみ→②顔面パンチ二発のみ→③顔面パンチ+中段蹴りのみ
こんな感じで選択の幅を広げていけばよいと。そのところどころで、単発攻撃に対する防御方法の練習をくわえればよし。

基礎体力のない人間にいきなり自由攻防をさせることに賛成の方はいないでしょう。
なんか、2chでは、乱捕り=自由攻防→怪我する→必要ない
こんな流れになっています。

そうじゃなくて徐々にやっていけばいいのです。

ほとんどの道院で上の①さへもやっていないことが問題なのです。

25 :2003/02/01(土) 17:51
>>わんわんさん
>(1)中段限定単発攻撃のみ→(2)中段限定二発まで→(3)中段下段限定単発攻撃のみ→(4)中段下段限定二発攻撃のみ
>==略==
>こんな感じで選択の幅を広げていけばよいと。
有志で自主練習的にちょっとずつやってますが、私が考えている
(やっている)流れと同じです。 心強いです。 むにゅー。

26 ビスキュイ :2003/02/01(土) 19:22
鳥さーん、丸廉と同じような練習されてるんですね〜(o^o^o)お互いがんばりましょう!いつの日か交流できたらいいなあ♪

27 わんわん :2003/02/01(土) 19:33
>鳥さん
>有志で自主練習的にちょっとずつやってますが、私が考えている
>(やっている)流れと同じです。 心強いです。 むにゅー。

↑こう言われますとうれしいですー。もし私が初心者を教えるとしたらこういった手順でしますね。
ただ、血気盛んな学生には、3級になったら、中段(払受)下段ガードを相対で教えてある程度できるようになったら
いきなり双方攻撃(中段下段限定)で行いますね。基本稽古で受け、をやっていても実際に使えるようになるには自由攻防が一番かと思います。
その代わり教える側はカルメニカルメニおこないますよ。

ちなみに私はガードとかもしらずにいきなり双方攻撃からはいりました。
そのなかでどのように少林寺の技を使うかがなんとなく分かってきたと思います。

>ビスさん
同意なり。

28 ビスキュイ :2003/02/01(土) 19:55
わんわんさんの書き込みを見ていて思い出したんですけど、「乱捕り=いきなり自由攻防」という前提での書き込みとともに、「乱捕り稽古」と「乱捕り試合開催」を混同した書き込みもカナーリ多いような気がするんですよね。議論の際はこの点は厳密に区別すべきだと思うんのですよ。ちなみに私は「乱捕り稽古」は「大賛成、大いにやれやゴルァ!」ですけど、「乱捕り試合」については「少林寺拳法の技術体系にはそぐわないでしょ」です。

29 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/01(土) 20:46
>「乱捕り試合」については「少林寺拳法の技術体系にはそぐわないでしょ」

とは思いません。いまや必要性が認められつつあります。
出稽古、他流大会参加は過去の話とし、これからは少林寺の
体系だけで強くなれるカリキュラム構築が必要であり、
そのためにもいわゆる競技としての乱捕り修練を取り入れる
べきです。もちろん皆が参加する必要はありません。

否定されるのはちと辛いです。。

30 わんわん :2003/02/01(土) 21:07
>ビスキュイさん
>29さん

私は、乱捕りの試合は絶対あったほうがいいです。ただし、きちんと支部で乱捕りの演習をしているのであれば不要とします。
試合がないから乱捕りをしないというケースがほとんどです。←学生
演武にしても試合がなければあそこまでうちこむ人はいないはずです。
技術体系にはそぐわないのは事実でしょう。ただ修行の過程においてそういった機会が必要でしょう。

弱いことに気づいていない拳士がほとんどの現状、乱捕り稽古をしない現状
この状態では試合がなければ乱捕りをすることはないでしょう。

杉本杯、6大学戦等、乱捕りをまともにする機会は学生には必要だと思います。
杉本に関しては、昔のグローブのように勝ち負けをはっきり決めるほうがよかったと思います。
いまの立会い評価では、「杉本杯が近いから乱捕り練習を集中的にしよう!強くなろう!」といったモリベーションが
あがらないでしょう。審判していてそう思いました。
学生大会では、大半の学生が「大会がちかいから演武の練習を本格的にしよう。朝練しよう!道院にいってしよう!」
といった感じで頑張っています。これもはっきりいって「勝った。負けた」を決めています。
順位読み上げで、優秀賞が発表されたときにガッツポーズする大学(←最優秀を確定して)があります。
チャンピオンを演武でつくっています。要は昔の乱捕りの弊害が、演武でおきてるのでは?

31 通りすがりの正拳士 :2003/02/01(土) 21:32
>試合がないから乱捕りをしないというケースがほとんどです。←学生
>演武にしても試合がなければあそこまでうちこむ人はいないはずです。

上記に同意します。
結局この20年間なんだかんだ言っても競技が無いから学生はやらないんです。
これからも競技を設けない限りやらないでしょう。

学生だって潤沢に時間はありません。演武試合の結果でクラブの学内位置づけが
左右されるんですから必死に演武に取り組みます。当然です。

競技化されたら参加するものも見ているものも意識が変わると思います。

>きちんと支部で乱捕りの演習をしているのであれば不要とします。

私はここまで断言しません。世の中不要なものなどないからです。
但し、将来競技化されたとき、うちの学生がいい線にいっても、
「乱捕り競技でいい線いってもそれだけのこと。厳しい競技で勝ち残る
ために自分の弱さを克服し、稽古に正直に取り組み、結果がでたことは
まわりも認めるし、また自分の糧、自信になるだろう。しかしこれを
自己確立の道の入り口にたてたことと思い、さらに自分の質を高めて
欲しい」くらいのことはいうつもりです。

「乱捕りに勝ったくらいで。。。」
開祖のこの言葉をまた聞いてみたいのは私だけでしょうか。

32 まあ、なんだ :2003/02/01(土) 21:44
どの人も、乱捕りの必要性は感じているね。
ややこしいので2ちゃんでの名称A①乱(本当の自由乱捕り)A②乱(突きだけ
等ある程度限定した乱捕り)B①乱(攻撃何でもよしの立ち会い評価)B②乱
(同様に攻撃を限定)と定義付けしたらどうだろうか。
俺はそれにC乱(片足で乱捕りとか、手の平で乱捕りとかの変形乱捕り)を追加
したい。

あとは試合だが、とりあえず、常にやっているもの通しで交流することから
始めたらどうかな。終わったあと「コノヤロー」「ぶっ殺してやる」とか思うのな
ら、やらない方がいい。

33 615 :2003/02/01(土) 22:00
私は乱捕り競技は肯定派です.でもビスキュイさんのいうとおり,技術体系的な観点から言えば
試合は成り立たないだろう=少林寺らしい乱捕りなんて無い(難しい?)と,現在は考えています.

どういうことかというと,例えば
相手が入ってきた.私は下がった.また相手が入ってきた.また私は下がった.延々続く…
私は下がりぱなしですが,ずっと間合いはきっているので自分の身は守れてます.
少林寺的にはこれは間違いではない行動の一つと思います,私は.相手も怪我してないし.

でもこれだと試合なんて成り立ちません.試合では動ける範囲に制限があることで,
下がり続けることが難しくなったりしますし,時間的にもちょっと(^_^;

でも街中なら一時間下がりっぱでも別に構わないと思うので,これは少林寺的には
可だと思うのです.勝ててないけど,負けてない.これ.
他武道の人とスパーしたときやっぱり,「少林寺の人はよく下がる,下がりすぎでは」と
いわれますが,そりゃそうでしょうな.そもそも私は逃げたいわけだし.オイオイ
でも,また話が戻ってきまして,逃げていては試合にならん.クールクル
だから攻守分けていうのも,ホントに全体でやるならいいのかもね,とは思いました.
私はあまり好きではないけど.
今月の月刊誌に「少林寺らしい運用法」とかあったので,このように考えていた
私は「何ですとー」と思ったわけです.でも「結果よりも内容」にこだわる
てのは今更ながら,ウンウンと思いました.

>>31
>「乱捕り競技でいい線いってもそれだけのこと。厳しい競技で勝ち残る
省略
>自己確立の道の入り口にたてたことと思い、さらに自分の質を高めて
>欲しい」くらいのことはいうつもりです。
やっぱり指導者,リーダーの質ということでしょうか.私の理想です.

34 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/01(土) 22:12
>他武道の人とスパーしたときやっぱり,「少林寺の人はよく下がる,下がりすぎでは」と
>いわれますが,そりゃそうでしょうな.そもそも私は逃げたいわけだし.オイオイ

クラブマガとか言うイスラエルの護身術も、人の恐怖行動を否定せず、
それを利用するらしいです。故に下がるのはOKかと。
よけ方を磨き、寸前で、重心を残したままよける事を目指せばどうでしょうか?
所謂、見切りちゅうことですね。
相手の攻撃がのびきった瞬間に入れば反撃も可能です。

35 通りすがりの正拳士 :2003/02/01(土) 22:15
私としては以下の見解を持ちます。
1) いわゆる乱捕り修練が必要なことは議論の余地無し。
2) 科目表にも項目があり昇段考試の課目でもある。
3) 但し乱捕りの定義があいまい(A①乱などの呼称をつけるべき)。
4) 双方攻撃ありの乱捕りを本部は事実上禁止しており、
5) 攻守をわけた乱捕りをするよう指導している。
6) しかし乱捕り修練の現場感覚では、攻守をわけた乱捕りだけでは、
  いわゆる乱捕りの成果を身に付けることは難しいという実感がある。
7) 攻守をわけた乱捕りは重要な修練のひとつに過ぎず、乱捕りの全てと勘違いしてはいけない。
8) 攻守をわけた乱捕りを評価されている方の話を良く聞いてみると、
 「昔、他流の試合に参加するなどの努力もして誰よりも乱捕りとは何か研究して
  みたが、結局攻守を分けた乱捕りで戦術確認すれば十分だとわかった」
 というようなことをおっしゃる方が多い。
9) 一見説得力があるが、素直に「じゃあ攻守を分けた乱捕りだけでいいんだね」
 と信じるには不十分と感じる(先輩の自慢話に聞こえてしまう感じです)。
10) 十把一絡げに「乱捕り」と言うのは止めて、種類をしっかり区別しようというのが
 最近のネット議論の風潮。
11) 「誰でもこういった修練を積めば強くなれる!」ていうカリキュラムを
 模索しているのが丸廉の目的(ですよね?)。
12) 乱捕りを思い出話や自慢話にせず、自ら検証しようと2ちゃんねらーは立ち上がった。
13) 演武大会偏重の大学拳法部の活動も問題が多い。
14) 強くなれるカリキュラムを作れない、という煽りに反応したかたちだが、
 学生大会のありかた(本当に競技乱捕りは不要か?)も含め、修業の価値を高めるべく、
 論議をする必要を感じる。
15) やるだけやったら「強くなってもそれがどうしたというんだ」という言葉の意味がわかるだろう。

反論・同意、お願いします。

36 615期生 :2003/02/01(土) 22:24

A①乱(本当の自由乱捕り)
A②乱(突きだけ等ある程度限定した乱捕り)
B①乱(攻撃何でもよしの立ち会い評価)
B②乱(同様に攻撃を限定)
C乱(片足で乱捕りとか、手の平で乱捕りとかの変形乱捕り)

こういう分け方が2ちゃんでされているのは知っています.便利ですが,いまいちネーミングが
ぴんとこないのです.じゃあ提案しろといわれると,私もこんな感じにしそう…
何か無いものかな.形式で分けてるから
むしろ「乱」ではなく「式」とかの方がいいかも.
「剛法乱捕り-A①式 」とか
お神楽に習って
「第三種壱式・剛法乱捕り」とか ナガイ (ex A=一種,B=二種,C=三種)
2ちゃんではかなり広まりつつあるから換えがたいかもしれないけど,
こういった部類,名称は便利だからあった方がよいでしょうね.
それのほうが,上であったような,乱捕り=自由攻防という,直結をなくせる気がします.
やっぱり多くが「=(イコール)」と思ってしまうなら,システムに問題が
あるわけだし,ならさっさっとシステムを改良していかないと.

なんかいい名前ないですか?
いまのABCは悪くないけど,私がHP作るときはなんか遠慮したいというのが正直なところ.

37 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/01(土) 22:25

丸廉の修業の価値を高めるご努力に敬意を表します。

「人、人、人、全ては人の質にある」いわずとしれた開祖の格言です。

理想郷、理想の護身術、、、、思考をとめて得られるものでしょうか?

自信をもって活動を進めてください。

38 615 :2003/02/01(土) 22:34
1-7は当然同意です.

>11) 「誰でもこういった修練を積めば強くなれる!」ていうカリキュラムを
> 模索しているのが丸廉の目的(ですよね?)。
目的の一つです.やっぱり自他共楽云々をあえて置いといても,私は少林寺拳士全体に
役立つものをアプできるようにしたいという願望があるし,レギュラの諸方も意識してます.

>14) 強くなれるカリキュラムを作れない、という煽りに反応したかたちだが、
> 学生大会のありかた(本当に競技乱捕りは不要か?)も含め、修業の価値を高めるべく、
> 論議をする必要を感じる。
これは私自身は「煽りに反応した」がむむむです.(確かにそういった原稿も書いたが)
しかし,修業の価値を高めるべく、論議をする必要を感じたのは確かですね.

39 615 :2003/02/01(土) 22:43
8-9については,
>8) 攻守をわけた乱捕りを評価されている方の話を良く聞いてみると、
> 「昔、他流の試合に参加するなどの努力もして誰よりも乱捕りとは何か研究して
>  みたが、結局攻守を分けた乱捕りで戦術確認すれば十分だとわかった」
> というようなことをおっしゃる方が多い。
>9) 一見説得力があるが、素直に「じゃあ攻守を分けた乱捕りだけでいいんだね」
> と信じるには不十分と感じる(先輩の自慢話に聞こえてしまう感じです)。
そうなのか…??? なんでも進歩していく上で,知識は集約されていくのは世の常ですが,
体をより使う拳法は,やや非効率でもやっみなけりゃ分からないみたいのなのが,多い気がするので
やっぱり自身も双方攻撃でしてみたいと,思います.
うーん「思います」か〜,諸先輩方にはこれでは,論負けしてしまうなー,困った〜
てこれは反論・同意ではなく,感想でしたm(__)m

40 ビスキュイ :2003/02/02(日) 00:24
軽いネタふりのつもりで書き込みしたらこんなに意見が…。真剣に考えている人が沢山いて嬉しいですね(^-^)さて、今日は携帯からの書き込みなのであまりキッチリ書けないんですけど、まず大会開催についてなのですが賛成派の皆さんは乱捕り大会を単に個人の修練の場としてだけではなく、乱捕り稽古を普及させるための手段としての役割も見込んでいるわけですよね?これは私もわかるのですが、大会を開いた場合そこで行なわれる乱捕りがどのようになるかを考えると、やはり私としては否定的になってしまうのですよね〜。(以下続く)

41 ビスキュイ :2003/02/02(日) 00:35
(携帯からは書きにくい〜(>_<))さて、私も学生拳士出身で大会や合宿には顔を出しておりますので、現在の大学拳法部の状況も少しは承知しております。そして大学のクラブは大学から活動費をもらっている以上、大会で結果を出すことを求められることも理解しております。それでですね、皆さんも現在の演武の大会の様子はご存じですよね?大会で入賞するために、最優秀演武をビデオ撮影→採点の傾向を分析→高得点を得られる演武を構成→それだけをひたすら練習 こういう大学は決して少なくはないと思うのですよ(さらに続く)

42 通りすがりの正拳士 :2003/02/02(日) 00:43
私も>>23氏の様に若いときにはいろいろやりました。
指導者となった今では自分の経験を少林寺のカリキュラムに
生かしていきたいと思っています。
私が学生にいわれて辛いのは「監督は日拳もやってましたからねぇ」
という言葉。少林寺だけで強くなれるということを懸命に教えている
つもりなんだけどね。だから極力自慢話はしないんです。
痛切に感じるのはやはり競技がないことなんです。
演武と乱捕の両方の競技があれば、どちらにも偏らない修業を志向させる
ことができるけど、片方だけなのはそれが全てと思ってしまう危険がある。
このままのやりかたでは限界があります。交流会ってのもこの20年間
いわれつづけてきた話にすぎません。
丸廉の皆様、乱捕り稽古普及のために、競技乱捕りも視野にぜひ視野に入れてください。

43 ビスキュイ :2003/02/02(日) 00:45
まあこれは学生だけの責任ではなく、それを審査する審判の責任が非常に大きいとは思うのですが、結果として「やたら派手だが技が効いていないような演武」「動きや構成が同じような演武」が増えるというようなことになってしまってはいないでしょうか?そしてですね、乱捕りの大会を開いた場合もこれと同じことが繰り返されるのではないかと。もちろん乱捕りの場合は実際に打ち合うわけですから、それによって得るものもあるとは思いますが、ルールの設定によっては少林寺拳法とは似ても似つかないものが出来上がるのではないかと…(も少し続く)

44 通りすがりの正拳士 :2003/02/02(日) 00:49
>大会で入賞するために、最優秀演武をビデオ撮影→採点の傾向を分析→高得点を得られる演武を構成→それだけをひたすら練習

正直仕方ないと思います。問題なのは「ひたすらこればっかり」という点です。
修業を偏らせないためにも競技演武以外の目標も設定してあげたいなと思います。
学生には罪はないんです。

45 ビスキュイ :2003/02/02(日) 00:57
先程の続きなのですが、学生は当然大会では上位に行きたい→大会で上位に行くためにはルールにそった練習が重要→じゃあルールで禁止されてる技はやる必要ないや→闘い方もルール上有効なものだけ研究しよう→それって少林寺拳法? ってことになるのではないかと。勿論これについては「それはルールをキチンと整備すれば済む話だろーが!」という意見がでることは百も承知しておりますし、ルールを定めた中で鍛えてる人達がメチャ強いのはそれはもう充分に理解はしてますよ。でもやっぱり競技化には不安があるのですよ。あっ、これは私の個人見解ね。

46 通りすがりの正拳士 :2003/02/02(日) 01:07
>ルールの設定によっては少林寺拳法とは似ても似つかないものが出来上がるのではないかと…

立会い評価でもいいと思いますよ。競技ルールは。
実践性の担保のために大会種目に組み込むことが主旨で「これが少林寺の組手ルールだ!」
などと煽られないようにしないとまずいですね。

あっ、乱捕り修練の方法はまた別の話で、立会い評価だけでは不十分と思っています。

47 615 :2003/02/02(日) 01:07
>>通りすがり正拳士さん
すいません,お聞きします.
20年間言われつづけた「交流会」とは何でしょう?
・月刊誌で出ては消え,消えては現れたたぐいのものでしょうか?(拳士only)
それとも
・他武道もふくめて技術交流会のようなのでしようか?

最近わんわんさんと話していて,月刊少林寺にはかなりそういった話題が頻出だった
そうですか,このことですか?

48 ビスキュイ :2003/02/02(日) 01:08
>通りすがりの正拳士さん 私も学生に罪があると考えてるわけではないのですよ。まあ、もう少し「少林寺拳法とは何か?」ということを考えてくれるといいな〜ぐらいは思いますけどね(^o^;しかし大学の体育会である以上大会で上位を目指すのはどうしても必要なことですからね。問題はそれはあくまで修行の一部分であるということを理解してやっていてくれればいいんですけどね〜。

49 615 :2003/02/02(日) 01:09
(;゜〇゜)
失礼!!
>>通りすがり正拳士さん 【誤】
>>通りすがりの正拳士さん【正】

50 こけし :2003/02/02(日) 01:14
>大学拳法部(「大学支部」って言っちゃ駄目らし)の現状
どうやら学生というのは「大会で結果を出すために練習する」ものらしいです。
わざわざ自己満足のために武道を追及する人は物好きというか、珍しいと。

なので、競技化というか、大会での乱捕枠が広がらないと現状は変わらないでしょう。
自分的には、立会評価法ルールでも構わないと思います(個人的には好きではないですが)

なんでかというと、あのルールだと動きが「法形通り、基本通り」になるから。
実際の自由攻防とはかけ離れてる、という批判もありますが、
乱捕から基本・法形へのフィードバックがし易いという意味では価値があると。

公式の大会で双方攻撃・下段あり等のルールを導入すると、レベルは高くなるでしょうが、
どうしても技術のキック化が進んで「乱捕と法形は別物」と考える人が増える。
勿論、研究熱心な人は上達するうちにその2つの共通性に気付くでしょう。
しかし、気付かないで3年間を終える人は多くなる筈(経験上)。

今の「演武、昇級・昇段に忙しい平均的な大学拳法部」に足りないのは、
乱捕練習そのものも勿論そうですが、「乱捕からのフィードバックを活かした基本・法形」
だと思います(特に基本<時間少ない部は特に)。
形だけで実がないの法形・演武と同じで、少林寺拳法の技術を活かせない乱捕の在り方も
それはそれで意味がないと。

…と、これが建前(ぉ

51 こけし :2003/02/02(日) 01:19
激しく内容かぶってる…
リロードすりゃよかった…

52 通りすがりの正拳士 :2003/02/02(日) 01:19
学生幹部の競技乱捕り復活の声に対し、本部は大学で地区ブロックを構成し
ブロック交流会(乱捕り競技会も可)をするよう指導して下さいましたよ。
でもブロック案は駄目でしたね。。。
また6大学などや、その他すでにある大学間のつながりを利用した交流会も。
こちらは昔からあったので問題なし。
もちろん他武道を含めたものではありませんが。
当時の学生幹部は、交流会で競技乱捕りを復活させ、いずれ学連大会での復活をと夢見ていました。
でも20年たったいま、当時より雲行きが怪しい気がします。

53 通りすがりの正拳士 :2003/02/02(日) 01:30
>今の「演武、昇級・昇段に忙しい平均的な大学拳法部」に足りないのは、
>乱捕練習そのものも勿論そうですが、「乱捕からのフィードバックを活かした基本・法形」
>だと思います(特に基本<時間少ない部は特に)。

同意します。
右脳革命っていう言葉はちょっと死語かもしれませんが、
乱捕り修練の時間が長いほど成果の度合いが高いなんてことは決してなく、
きちんとしたイメージを焼付け、常に意識した稽古をすることが大事なんではないかと
思います。

そのイメージが本山合宿だけでしか埋め込めないのは問題だと思います。

54 2ちゃんよりの使者 :2003/02/02(日) 02:07
>公式の大会で双方攻撃・下段あり等のルールを導入すると、レベルは高くなるでしょうが、
>どうしても技術のキック化が進んで「乱捕と法形は別物」と考える人が増える。

ローキックが、或いはタックルが少林寺ではないというと言う意見だと思いますが、
あれは、「変化技」の部類に入ると思います。振り蹴りを足にもっていったものが
ローキックであり、(前足底の下段蹴りもあります)体当たりの要領で相手につっこみ
刈り足で倒すのがタックルです。法形から一センチでもずれたら「少林寺ではない」
と言う発想をそろそろ卒業するべきだと思います。

>乱捕から基本・法形へのフィードバックがし易いという意味では価値があると。

今までの私の意見と反対のことを言うようですが、本来はきちんと段階を追って
A乱の練習をすれば、特に技の切れる相手にA乱すれば、受け返しと言う形稽古
が大事であり、それの根本として法形を練習する必要性が理解できるのです。
心の技達者相手にはローからワンツーとか、いきなりタックルというような
動きだけでは当たりません。間合いを見きり、「間」を見切り、相手の受けをも
想定した連続攻撃が必要なのです。そのための土台として軸を作るため法形が
必要なのです。
それが理解できないから、A乱をすれば法形が乱れるという誤解を生じるのです。
逆なのです。A乱をすれば法形(演武)が上達し、演武をするから(単なるどつきあいで
はない)A乱が上手になるのです。相互に関連しあっているのです。

しかし、乱捕りをし慣れていない人は、恐怖から焦って熱くなりすぎ別物になってしまう
傾向があります。そして法形が使えないと言う意見を持ちやすくなります。

故に、乱捕り初心者は運用法をする方がいいと思います。チョットだけ強くなりたい人、
健康のためにしている人、武道のさわりだけでいい人はそれだけでいいのです。
しかし、それだけでは武道として深くはなりません。ある条件での法形の表現の
一部しかやっていないからです。一定レベル以上の強さを求める人には、A①乱が
必要です。あらゆる条件での法形の多彩な展開を経験できるからです。
つまり、回し蹴りを上受け突きしても、それは「少林寺法形の展開」です。

55 2ちゃんよりの使者 :2003/02/02(日) 02:15
>回し蹴りを上受け突きしても、それは「少林寺法形の展開」です。

これに意見がある人もあるかと思いますが、少林寺の起源の一つである
中国武術の中で、実戦拳法として知られている意拳等では、あたり前のように
上受け突きと同系統の動きで行っています。元々中国武術にあるのです。

56 2ちゃんよりの使者 :2003/02/02(日) 02:31
ちなみに、私は演武の練習は嫌いなので、ほとんどしません。
大会も極力逃げます。ただし単独基本と当てる練習、筋トレは大好きです。

義理で登録し、直前で技を合わせ合計50回ぐらいの合わせだけで、
地区で勝ち、全国大会にでたこともあります。
また、私の相手がいなくなり3日前に知人が義理で飛び入でペアを組み
2日で順番を憶えてもらい、それ専門の練習をした人たち以上の演武をしたことが
あります。

少しのA乱と、法形・基本だけしていてもこれぐらいのことはできるし、A乱と法形の
関係を理解した練習をすれば、A乱していても演武の練習となるのです。
要するに、「総合的に色々なものの関連を理解して、根本と応用を押さえた
練習」「重箱のすみをつつくような事をせず、大事なところを知る」
「とらわれず柔軟な思考をする」ことが大事だと言うことですね。

57 こけし :2003/02/02(日) 03:18
うーん、なかなか上手い具合に考えがまとまらない…。
つか、時間かけるほど他と被りまくってる気がしてきた(ノД`)

>>54
>ローキックが、或いはタックルが少林寺ではないというと言う意見だと思いますが、
いえ、逆に、法形から応用できる技術なのに、競技格闘技と同じルールにすることによって、
法形や少林寺拳法の技術への考察が止まってしまうという意味です。
そのルールで勝ちたいなら、わざわざ法形を応用しなくても既存の競技から借用すれば良い訳ですから。
結果、法形への認識を「演武・昇級昇段専用」止まりにしてしまう人が出るという事です。

58 こけし :2003/02/02(日) 04:47
で、本音(大学拳法部の元幹部として)は、
大学拳法部を「修行の基礎育成段階」として考えれば上記>>50のように思うのですが、
3年である程度強くなる&少林寺拳法を(取り敢えず)身につける、というのを目的にすれば、
そんなマターリとはやってらんないぞ、と言う事でw

最初はあえて、「シャモの喧嘩」をやらせる(安全性の確保、は置いといて(マテ)。
当然、大振りな攻撃は当たらないし、構えがなってない=ガード甘いから食らうし、
すぐバランス崩れるから躱せない&攻撃できなくなる、etc。
何だかんだ言っても基本の大切さを理解するにはこれが一番早いと思うので。

基本さえちゃんとできれば、法形練習にも自然と「実」がついてくる筈。
でも、乱捕自体ではそんなに法形を意識せずに、キックルールでも立ち技総合ルールでも、
経験者が居れば組技・寝技でも何でもやれば良いと。

基本のスタイルはすっかりキックか総合風味になるでしょうが、
法形の意味、競技格闘技と実戦の違いをちゃんと教えて来ていれば、
次第に少林寺拳法の技術を消化できるのではないかと。

…ある程度乱捕のノウハウがあって大会成績軽視できる所限定ですが(っ´Д`)っ

59 こけし :2003/02/02(日) 04:49
でも、結局それは「少林寺拳法の技術で格闘技が強くなる」のであって、
少林寺拳法そのものではないと思うんですよ。

少林寺拳法てのは、615期生さんの>>33みたく、要は戦わないのが目的なんですから。
でも双方攻撃しないとか、一方が下がり続けると格闘技的には練習にならないから、
(特に技術が上の人間が下がり続けたら何の攻防も発生しない)
あえて双方が攻めて攻防の密度を上げる事で上達を計ると。

しかし双方が能動的に攻めるというのは少林寺拳法的にはフィクションだから、
本来やるべきでない(言い換えれば攻者専用の)技術中心のファイトスタイルに
なってしまうおそれがある。

だからといって、双方攻撃の高密度な攻防を経験しないで実戦の厳しさを回避できるか、
と言ったら不安が残ると。
他流派との対抗上、格闘技的に強くないと、というのもあるでしょう。

少林寺拳法の乱捕ルール論争(技術面)は要するにこのジレンマが有るから、
揉めるんだろうなあと、最近つくづく思います。

…なんか自分でも話の主旨がよくわからなくなってきた(´ д`;)

60 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/02(日) 09:32
2ちゃんよりの使者氏の意見は、まあ言いたいことはわかるんだが、
ちょっとずれているんだよ。ちょうど一年前くらいの議論レベル。
「2ちゃんねる抜粋」を読んでみてください。語りつくされています。
演武をほとんどしないですむんなら好きな練習ができる罠。
あなたのような人々は私のまわりにもいるし、それはそれでいい。
漏れたちはただ自分自身のことを論じているんじゃないんです。
空気を察して下さいね。。。

61 空気の読めない615 :2003/02/02(日) 11:01
おぉ,起きてみるとこけしさんがすばらしいことを,もりもり述べていらっしゃる…

アレー?半年ほど前に,「こけしさん!!大学拳法部の現状,というタイトルで原稿おねがいしたいっス」
とお願いした気がする.こけしさん,そろそろかけそうですか? フフフ
てか,まじめな話,ここのスレ繋ぎあわせるだけで,けっこういいものができそうですね.

反復議論マンセー,ところで,学生の話が出ていますが,先ほど,丸廉参坐者の所属等を更新しました.
母集団が少ないので申し訳ないですか,一見ください.
大学拳法悔所属は1/4未満です.
オフ会当初は学生がたくさん来るだろうと思っておりましたが,
実際は社会人のほうが多い,元気なのです.
学生拳士は,乱捕り稽古などが充実しているからこないのか,オイオイ
単に元気がないのか,それとも他の理由があるのか.
ハニマルサマー なんででしょうね.

62 615 :2003/02/02(日) 11:05
おっと,「入じ恵」→「資料室」でみれます.
最近のいいところは,2ちゃんからではなく,他の掲示板(ヤフーや支部の掲示板)や口コミで参坐される方が増えたことです.
って,やべっ左右間違えてる.e研から帰ってきた訂正しよーう (今は放置)

63 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/02(日) 14:19
>しかし双方が能動的に攻めるというのは少林寺拳法的にはフィクションだから、

2ちゃんの書き込みで、こういう感じの書き込みがあった。
彼女が襲われて自分には攻撃をかけてこない場合、彼女を守るために
自分から攻撃をかけなくてはならない。この場合は双方攻撃の乱捕りである。

攻撃に来たのを守ると言うこと自体現実社会ではラッキーな場面であるとしか
思えない。彼女云々は別にしても、複数に囲まれたときは自分から突破口を
開かないとだめ。これは経験上の話。複数相手にやれれたやつは、受けに回ってた。
大名人ならともかく、普通の黒帯が複数を相手にする場合、自分から行くべきだと思う。
開祖の多度津の喧嘩を某重鎮から聞いたが、自分から喧嘩の間に入って行き、見えない動きでみんな
倒れていたそうだ。自分から攻撃してるじゃん。

64 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/02(日) 14:25
演武の3人掛けで見られる居着いた動き。
俺の相手をした奴らだと、多分捕まえられて複数に乗られるだろう。
俺はそういうやつを助けた。複数相手にする場合は、動き回り必ず同じと
ころにいてはならない。

ただ、演武として美しく見せるためならあれの方がいいかもしれない。

65 わんわん :2003/02/02(日) 16:13
競技化のルール
 立会評価の守者攻者わけでいいでしょう。
 ローキックは絶対禁止!ハイキックはあったほうがいいです。

大会の運営
 64名参加として。
 トーナメントでよし。あえてトーナメント表を書かないで、一回でポイントが優勢だった拳士が残り
 組み合わせをここで決めなおして32名でまた行う。→16名→8名 ここでストップ。
 8人で、あとはポイントの量で最優秀1名、優秀3名、敢闘賞4名

ていうのはいかが?一番を決めない方法ではいいかなと。

66 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/02(日) 16:38
>ローキックは絶対禁止
>立会評価の守者攻者わけでいいでしょう

激しくやる気なし。
攻守を分けるなら攻撃は全て可にするべきでは?
少なくとも上級者は。
A乱で、攻撃したい人はするし、防御から反撃がいいひとはそれで
で戦えばいいかと。ただし攻撃本数や積極性は判定しない。当てられた
らその時点で減点していくというルールでは?それなら、守者に徹しても
負けないし、むしろ攻撃側が変な攻撃したら逆にポイント取られるし。
引き分けの時B乱に移行すれば?

67 RUSHER :2003/02/02(日) 16:39
微視的な物の見方をすれば、押受なんか受とはいうが攻めでもあろうし。
自分は早い下受で反射的に掛け手する癖がある。小手投の習慣だろう。
後の先だろうが先の先だろうが、先を取るという意識自体がもう攻撃的だと俺は思うが。

>>63

それよりもっと巨視的に言えば、目撃者には正当防衛していると錯覚させ、
加害責任を背負い込まないことが大事かと。
大声で「やめてください」と言いつつ実は攻撃しているとか。
痕跡が残る加撃箇所を避けるとか。
12月の丸廉でも教わった。

守主攻従の意味するところは、存外に深いっす。

68 こけし :2003/02/02(日) 18:33
>>61
>アレー?半年ほど前に,「こけしさん!!大学拳法部の現状,というタイトルで原稿おねがいしたいっス」
>とお願いした気がする.
へ?そうでしたっけ?(ぉ
…てーか自分は世間知らずな方だしなあ(演武に興味示さないから)

>>63
衆敵や護衛の場合、仲裁とかの状況ではそうですねー。
ただ少林寺拳法では、そういう技術は上級者用に分類されてる気が。
(柔法の仕掛技の多くが二段以上で教えられる事からも)
その前に、まず自分を守れるようになれ、というのが建前なのでは。

まあ、本音ではどうなのかは自分の知る所ではないですけどねー。
昔の第三種お(中略)とか聞くと、建前はあくまで建前なんだろうなあw
とか思いますけど(謎苦笑

自分の「本音」は63氏に禿胴だったりしますが(w

69 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/02(日) 21:04
気持ちとしては、守主であるが、状況に応じては自分から攻撃した方が
良い場合もあるんでしょうね。だから、両方スレ、ですね。

70 通りすがりの正拳士 :2003/02/02(日) 23:24
専守防衛の自衛隊でも演習はやる罠。
訓練と理念は次元が違う罠。

71 615 :2003/02/02(日) 23:35
>>70 おっ,,,いい喩えですね.いただきました!!

こけしさんは丸廉一のねらーですから,もちろん他者を守るために先攻するという議論が
あることは知っているでしょう.少林寺的にはフィクションというのは,うん,まあ少林寺界
?の一般論的な意味で言ってるんでしょう.
>自分の「本音」は63氏に禿胴だったりしますが(w
と言ってるし.

ところでなぜわんわんさんはローを禁止と考えたのですか?
いつもよりおとなしいルールですね.ローもご自身は好きでしょうに.何か意図があるのかな.

72 615 :2003/02/03(月) 00:43
おおっと,今見直してみるといろいろ忘れているぞぃ m(_ _)m

>>34
>よけ方を磨き、寸前で、重心を残したままよける事を目指せばどうでしょうか?

>>52 通りすがりの正拳士さん
レスありがとうございました.レスが遅くなって申し訳ないです.
とにかく一度,月刊誌を読んでみないといけませんね.

73 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/03(月) 18:20
攻守をわけて練習した場合、攻者は攻撃の練習をしてるんじゃあないんですか?
へろへろの攻撃でいくら練習しても守者の技術は向上しないのではないかと・・。
攻守分けての練習の場合、攻者は守者がカウンターねらってるのを攻撃しなければ
いけないんでよりキツイかとおもうんですがそうでもないのかな?
攻撃の技術てのは双方攻撃のなかでしか向上しないものなんですか?

74 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/03(月) 18:24
反撃するほうが一本当てたら終わりというルールでは、だめだろうな。
実戦では、反撃でダメージが小さかったら、次々ラッシュしてくる。
あたったらやめ、みたいなルールでは強くなるにも限界があると思う。

75 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/03(月) 18:27
大会でまでする必要はないかもしれないが、フルコン的乱捕りも定期的に
する必要はある。喧嘩は理屈どういりいかんよ。

76 わんわん :2003/02/03(月) 19:55
>いつもよりおとなしいルールですね.ローもご自身は好きでしょうに

現実に学生が大会で試合をするまでの過程、やるとしたらの「実態を想像しました。
①立会評価で導入するのが一番手っ取り早いでしょう。反対意見を最小に抑えれる。
 ↑蹴りは中段限定・攻守わけ。
 これに双方攻撃、下段、上段蹴りを+するのは大きな反対を招きます。

②仮に試合が復活しました。ではなぜ双方攻撃は禁止なのか?
 本部側の今の主張を、仮に変えるものなら全国の拳士からの反発が予想されます。

③仮に試合が復活し、試合は当然の雰囲気です。ではなぜローキックは導入を検討しないの?
 ローキックありはダメージの問題です。中段は胴・顔面はフェイスガード、といったように多少の攻撃をくらってもそれほどの危険はありません。
 さらにポイント制です。フルコンルールは考えられません。ローキックをどうポイントをとるのでしょう?
 認定しずらいでしょう。中段。上段は当たった音等で判定可能です。ローキックはダメージで判断できますか?
 仮に、ローキックありで、ポイントはとらないとします。そうしたら実質足を痛めつけてポイントを取ることいった戦法にでるところが増えてくるでしょう。
 これはルールを決めたらそれで勝つための方法をどこも使うからです。
 あと、ローキックでたてなくなった状態を見て観客はどう思います?ポイントをとられたときと比べてかなり悲惨な状態だと思います。
 PS,今の学生のレベルだと、開始30秒以内でたてなくなる人続出します。ちょい前、部活にでて後輩4人と乱捕りをしたら一人あたり二発あててKOでした。

>75さん
大会は必要ないですが、フルコン的な打ち合う練習は必要だと思います。

>74さん
普段の練習は双方攻撃にするべきで、試合のときはわけたほうがいい、と思っています。

77 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/03(月) 20:34
なるほど、深い考えがあったんだ。
でもそうすると、ルールに特化した練習するやつ出てこないかな?

俺は、A乱やOFF会、他流派への試合出場を本部に隠さないでいい体制
さえ整えられたらいいが。

78 わんわん :2003/02/03(月) 21:13
>77さん
>ルールに特化した練習するやつ出てこないかな?

それはやむをえません。そのなかで法を生かしやすいルールは私の結論では76になりました。
76にも述べていますが、仮に下段ありにしたら、私でしたら何発かローを当てて戦意喪失状態にして、
上段・中段でポイントを取ります。これはどう見てもいやらしいです。

中段・上段では、痛めつけてポイント、といった流れをたつことができます。
二枚胴なら大丈夫です。上段もニューフェイスガードだと拳サポ禁止なので殴ったほうが痛いです。
いままでの胴では、中段をおもいっきり蹴ってレバーで戦意喪失にできました。
いままでのフェイスでは顔面パンチで脳震盪にできました。唇を切ることも。

オフ会はどうどうと行っています。何1つやましいとは思っておりません。

他流派の出場に関してはアドバイス
 並行すればよろしい。練習に出なくても試合に出るだけって感じで。

79 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/03(月) 21:38
>76にも述べていますが、仮に下段ありにしたら、私でしたら何発かローを当てて戦意喪失状態にして、
>上段・中段でポイントを取ります。これはどう見てもいやらしいです。

どこが悪いの?
受けれないやつが悪いのに。
それこそ研究スレ。

80 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/03(月) 21:41
俺は、ローを効かせないが、コンビネーションの頭に持って行く場合が多い。
ちーさいので、間合いをけりから破るんだ。
そんでも使っちゃだめ?許すって言って。

81 615 :2003/02/03(月) 22:11
ちょっと時間が無いので,はしっょてかきますが,

私もルールに特化した稽古ばかりする人が出ること自体とても悩むところです.では,ルールをたくさん作ればよいのではないでしょうか?100個くらい(嘘!!10-20個くらい)の様々なルールを作っておくのです.大会当日,くじ引き何ぞで全員の前で公正に2-3個を選択するのです.(くじ運は諦めて,てか知らん)出場拳士は必ず,当日のすべての形式をこなして,それで総合として評価します.

ルールの数は護身術という観点から見れば,想定される状況に相当します.たくさんのルールがあると,あのルールでは得意だか,このルールは苦手だ.つまりこのような状況には弱いと言うことが自覚できます.つまり一つのルールに特化した練習は防げるのではと思います.もともと複数のルールを認めていると時代の流れで新たな状況が想定された場合に,比較的容易にルール追加も出来ます.大会を重ねれば,あの人はいつも上位だが,,,あの状況(ルール)は得意だが,こういった状況にはまだ,対応しきれない感があるね.といった感じで個性も出る,分かる.
ぶっちゃけた話,大会でいい成績・結果が欲しければ,すべてのルール(様々な状況)で優位を取れるような偏りの無い稽古が必要となります.キックルールでは強くても,それだけでは少林寺拳士としてはよい成績は残せないと言うことになります.護身術として様々な状況を逆手にとって,ルールに生かすのです.拳士の中でも,闘うと言うものは様々な状況があるものだと自然と理解できる用になると思います.強さとは単純な一本のベクトルだけでは表せないものだと,当然のように理解できると思います.

大会の一形式としては,運用法と同程度に演武は残して欲しいと思いますが,別にルールの中に単演とかも入れとけばよいのです.ローの有無もまた別ルールとして処理すればよいし.とにかくルールに流動性を持たせ易いと思います.
次回からこんなルールが追加されたから,やるかどうかは分からないけど,とりあえず練習しとくか,見たいになれば理想です.

問題点は,
かなり時間かかる,各ルール間のバランス,審判員のレベル(おっとこれはいつものことか)
かな?

82 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/03(月) 22:28
大変そうだが、すごいアイデアだ。
護身としての少林寺には向いてるかもしれない

83 ビスキュイ :2003/02/04(火) 08:59
同じようなことを考えていた(ルールを当日の朝に決める)んだけど
615期生さんのアイデアの方がまとまってるな〜。
問題は審判技術だよね…。

84 初段 :2003/02/04(火) 11:00
よく分からないんですけど、フルコン空手みたいなルールにして(基本的に何でもありで)
ポイント制ではなくKO制すればいいんじゃないですか?ポイント制こだわるから大変そうになってる気が・・・

んで多分事故がどーのって言う人がいるかもしれませんけど、空手の大会とかキックボクシングの大会とかで死人が出たという話はあまり聞きません。
やっぱり事故がおきるとすれば2chで言われているように拳士の日頃の鍛錬(筋トレとか)が無いからでは無いでしょうか。

85 615 :2003/02/04(火) 11:05
おそらくKOは実現されないでしょう.
初回学生大会のときだったかな? 優勝者が相手をKOしてしまって,開祖が怒ったと聞いてます.
少林寺の技術は相手をKOする為のものではない,見たいな感じで.

たしかに言われてみると,相手をKOすることは試合としては分りよいですが,少林寺の思想面には引っかかる気がします.私は.

86 初段 :2003/02/04(火) 14:13
んーっとたぶんKOなんてほとんどできないと思います。
ただポイント制にすると昇級昇段の運用法みたいに人によってはテレホンパンチみたいなのでも
ポイントにする恐れがありそうで・・・・

87 こけし :2003/02/04(火) 15:17
>>73
カウンター狙いの相手に「如何に有効打を当てるか」
という「攻め」と
間合を潰してくる相手を迎撃する「攻め」(下がると倒される、という時)は、
ジャンルが違うかと。

>>79
ロー無しルールのせいで下段対策が疎かになるのは確かに問題ですが、
防具のあるなしのせいでロー偏重の試合技術になってしまうのがマズー、という事では。
それにロー重視ならフルコンの方がずっとノウハウありますし。
「試合用の練習が自然と、その流派の技術の練習になる」ようなルール設定は
やっぱりじゅーよーだと思いまつ。

>>84
全空連も日拳もポイント制ですからねえ…。
手加減できる身内でやるKO制と、部のメンツが懸かったKO制では
ヤバさが違います(謎苦笑)

>空手の大会とかキックボクシングの大会
フルコン空手の「選手クラス」は半プロ並の練習量こなしてます。
キックボクシングはプロの競技です。
同列には論じられないかと。

88 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/04(火) 16:30
73ですが、
>間合を潰してくる相手を迎撃する「攻め」(下がると倒される、という時)

ってのは、そのまま守者の技術の範疇なのではないかとおもうんですが?
いかがでしょうか?まあ、ワタシもあまり乱捕りやってないんでよくは
わからないのですが・・・・。
ワタシの場合は双方攻撃でも攻守分けでもいいから、乱捕りやる相手が欲しい
って状況です(笑)

89 初段 :2003/02/04(火) 16:30
>>84
>フルコン空手の「選手クラス」は半プロ並の練習量こなしてます。
キックボクシングはプロの競技です。
同列には論じられないかと。
たしかにそこは大きな違いでした・・・

ただ今の演武偏重の組織では倒せる突きとそうじゃない突きを見分けられる人がどれだけいるのか疑問です。
その中でポイント制をやるとすごいことになりそうで・・・

90 ビスキュイ :2003/02/04(火) 17:51
話しを戻すようですが…そもそも現在の法形練習において,攻者が
真剣に攻撃してないのも問題なんですよね〜。もちろん初心者の段
階では形を憶えるということも大事ですが,少なくとも有段者にな
ったら(ホントは最初からやってほしいけど…)「いかに相手攻撃
をきめるか?」を真剣に研究して欲しいですよね。これはもちろん
剛法・柔法ともにですが。うまい人と法形練習すると,攻撃の方法
は決まっているにもかかわらず「避けるのが(守るだけで)精一杯」
というレベルの攻撃を出してくれる人もいたりしますからね〜。
「法形練習で守者がしっかり守っていて決めることができる」ような
攻者になりたいものです。

91 わんわん :2003/02/04(火) 17:53
現実をみていただくと、
>76、が一番現実意的だと思いませんか?

92 ビスキュイ :2003/02/04(火) 17:54
すんません,90は
「法形練習で守者がしっかり守っていて決めることができる」
ではなく
「法形練習で守者がしっかり守っていても決めることができる」
デスタ。「も」が抜けてたよ〜。

93 Syami :2003/02/04(火) 18:01
>>90
今でも忘れられない・・・
子供の頃何がイヤッて、お師匠さまと下受蹴と突天一の練習をするのが・・・
何度床に這いアオタンを作った事か・・・

今考えてみればいたいけな中学生に何ちゅー事をなさっていたのだろうか!!
我ながらよくやめなかったモンです。
(一緒に入門した同級生達4人は半年もたなかったっけ・・・。)

94 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/04(火) 18:11
>あと、ローキックでたてなくなった状態を見て観客はどう思います?

第三者は、
「護身の失敗。少林寺はキックボクシングより弱い。」と思うでしょう。
そういう経験があれば、次回はみんな受けの研究をして、その練習をし
っかりしてくるでしょう。これこそ試合の価値がある状況だと思います。
こういう風に少しづつ禁じ手を減らしていけばいいと思います。

95 ビスキュイ :2003/02/04(火) 18:13
>93
Syamiさんのところはまさに「守者がしっかり守っていても攻撃を決める」
ような人達がワンサカいらっしゃいますからね〜。まさに「法形練習で身
の危険を感じる」世界ですもんね(私も合宿で胴の上から蹴りを食らって
ゲロ吐きそうになった…)。私もあの境地を目指して頑張りまーす。

96 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/04(火) 18:21
それと、B乱では、
「そのう内受け突きは不正確なので減点」
「その突きは直突と鈎突きの中間で中途半端なので無効」
「構えは、正確な中段構えでないので構えなおしなさい」
という人が多く出てくる予感。本質より外形重視になれば護身じゃないでしょう。

剣道がいい例です。竹刀や木刀を持てば実戦的ですが、刀だと強弱が入れ替わります。
また、試合ではすね切りや左小手切りがないが、素人はねらってくると思います。

体力があり基本ができている人はA乱、それ以外の人はB乱とクラス分けするのがいいかと。
レスリングで言えば、グレコローマンとフリーみたいに。
A乱、B乱、演武。みんな好きなものを選択すればいいかと。

97 わんわん :2003/02/04(火) 20:46
学生連盟の立場を考えると
試合は、立会い評価、下段禁止
64人の例、が一番導入しやすいでしょう。

私は普段の練習では、下段有りでもよいと思いますし、むしろ禁止手をへらすべきだと思っています。
これは誤解しないでください。
普段では、上段蹴り、つかみ、投げ、締め、間接ありでもどんどんやるべきです。上達したら金的ありもいいでしょう。
それは、普段の練習の話であって、いまの現状では、競技として試合を考えると、私の中では上の結論になりました。
乱捕り試合は禁止、の状態で、
乱捕り禁止→①演武決勝進出者のみ→②交歓会形式(1コートのみ)→③6コート利用で参加者大幅増加
という流れの中で、次の段階を考えたら④は立会評価になります。

98 コピペ(2ch) :2003/02/04(火) 21:23
①演武競技: 資格別、今までと同じ
②乱捕り競技1:
    B乱捕り、資格
③乱捕り競技2:
    A乱捕りを行う。3段以上限定。それ未満は競技②でB乱を行い基本的
    な形を身につけたり 防御を磨いたりする。また、万一に備え筋トレ
    等をして壊れない 体を作る
    顔面強打による脳障害防止のため、1から3回戦はライトコンタクト
    防具ポイント制で剛法技術を競う。
    4回戦より上は、大道塾的総合ルールで、総合的なことを競う。
    双方ともに、本戦5〜7分。それで決着がつかなければB乱捕り。
    ここではサドンデス制。

これにより、3段までは法形や基本、受けを中心の練習をするようになる。
また、3段以上でも3回戦までは体力的なことより技術的なことを要求され、
それ以上では、体力や多彩な攻防に対する柔軟性も必要となる。

危険防止のため、金的は、級拳士禁止。
初段までは少林寺の特徴を学ぶことを目指し、ローキック禁止。
柔法、組技タックル等は同上の理由により、2段まで禁止。
また、3段でも競技③の前半までは禁止。
競技③前半までにおいては
ローキックは、効かせると技あり、当てるだけなら1ポイント。
防具があり、重要部がある上段中段は、一本。
3本選手で勝ち。

競技③の後半まで来た人は、鍛錬も技術も深いと考えられるので、
KO、ギブアップ、レフリーストップ制でも事故は少ないと思う。

以上により、少林寺の特徴を生かし、かつ競争性も少なく、上級者は
他武道ルールでもそこそこ使える武術を身につけられると思う。

99 コピペ(2ch) :2003/02/04(火) 21:31
わんわんさんの言うこともわかる。

とりあえず、
①演武競技: 
②乱捕り競技1:

で大会を開き、実績を作ります。
機を見て③乱捕り競技2:を加えればいいかと。

100 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/04(火) 22:14
「立会評価」って何ですか?

101 こけし :2003/02/05(水) 03:25
>>88
本来は守者の技術の範疇だけど、攻守分け乱捕でやると怒られる、
みたいなやつですw

>>89
これだけ長い間、乱捕が廃れてた訳ですから、
試合復活初期に納得の行かない判定が多く出るのは仕方ないかと。

>>90
後輩との練習に慣れて丸廉offで法形やるとボコボコで泣けます(苦笑
特に中段はよく食らうなあ…(´・ω・`)

>>96
>「その内受け突きは不正確なので減点」
「なら貴様が正しい例を見せろや ゴルァ��ゴルァ��(゚Д゚)」
…とか妄想してみるw(退場になる罠)

>>100
「立会評価法」詳しくは会報嫁。

…他流の人だったらすまそ(っ´Д`)っ

102 わんわん :2003/02/05(水) 18:09
ちょこっと提案

①将来的にはこういった試合が必要!
②現状から、乱捕り競技を大会でどのように導入するか!

この二つは分けましょう。議論がかみあわないので。

私は②0テーマで主張しています。

103 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/07(金) 18:05
とりあえずは >>97

で実績を付け

最終目的は >>98

104 桃色片胸落 :2003/02/07(金) 19:10
え〜と、ざざっと読んだだけですが。

皆さんの目指す方向は、だいたい同じだと感じました。
意見が違う場合、たいてい前提としている条件が違うというか
想定している状況が違うというか。

で、「乱捕りが必要なことは議論の余地なし」ってことで話が進んでますが、
僕は双方攻撃の乱捕りは必ずしも必要でないし、
双方攻撃の乱捕りを一切やらなくても、武道として成立するし
強くなれると思っています。
また、フルコン式の乱捕りについては全く必要ないというより、
むしろ弊害の方が大きいと思っています。

最近は更にヘタレになってきて、法形演錬のレベルを上げて行けば
「乱捕り」と名の付くものは一切行わなくても、
もしかするとイケるかもしれない(?)と思い始めています。
「怪我する」とか「教義に反する」という消極的な理由ではありません。
乱捕り稽古で得られるものの大部分は、法形演錬の方が効率よく
得られるのではないかと思うわけです。

まぁ、丸廉に参坐している人の中にもこういう考えの人間が居るってことで。
当然、皆さんとは前提が違うわけですが。

演武偏重の学生たちが本質的な部分に目を向けるようにするために
乱捕り試合を導入するというのは大賛成です。試合はエサに過ぎませんが。

105 りょう :2003/02/07(金) 20:52

双方攻撃ルールでの乱捕り練習は必要だと思いますよ。
実際に打ち合わないで法形だけで強くなるのは現実的には難しいです。

他武道でも約束稽古(決められた攻撃に対して防御して反撃の形)
で体に擦りこませて無意識で技が出るところまで練っておいて
自由乱捕りをガンガンやっています。
同じ人間ですから少林寺拳法だけ特別なわけないです。
フルコン式の乱捕りから学ぶことも多いですよ。

乱捕りは自分よりもずっと強い人に相手してもらうのが一番です。
下手糞同士がやっても怪我するだけで上手くはならんと思います。

少林寺が弱くなったのはちゃんと乱捕り教えれる強い人が少なくなったからです。
「やってる人は上手いし強い」それだけです。

106 Syami :2003/02/08(土) 12:25
>>104,105
お、これは良い。ちょうど正反対の意見が出てきたところでこのまま終わらずに
演繹を続けてください。
それを基にオフ会で検証すると良い経験になると期待できます。

107 情熱と冷静の間 :2003/02/08(土) 14:57
約束組み手的練習(少林寺で言う法形と法形の応用)で一番合理的な道筋を
などることは合理的な練習法だと思います。
しかし、それが合理的かどうかは【試す必要】があると思います。そうでないと
その道筋が最短コースであるかどうかはわかりません。
柔法も1センチの違いでかかるものもかからなくなります。
剛法も、法形で一見正しく見えても、それはあくまで【固定的状況】での話です。
実際に【動的状況】で試さないとそれが確認できません。
現実の場面が、双方攻撃可能状況である限り、その状況で試すべきです。
自分が防御専門である場合は、自由乱捕りの中でそれをすればいいと思います。
双方がそういう戦略を取る場合においてはじめて、攻守を分けて乱捕りをする必要が
できるのだと思います。
現実の場面では、守りに徹する事が有効な場合もあり、自分から攻撃しなくてはじり貧
で危害を加えられる場面もあります。故に護身としては両方の状況を想定し練習する必要
があると思います。

相手も自分より強い人、弱い人、同じレベルの人全てと練習する必要があるとおもいます。
ただし最初は、上のレベルの人に稽古をつけてもらう方が安全に自分のレベルを引き上げ
てもらえると思います。また、弱いレベルの人相手には、自分の不得意な部分の補強を目的
とすればお互いに有効な練習ができると思います。一番伸びるのは、同じレベルの人です。
エキサイトしすぎると、怪我も多くなりやすいので要注意ですが。

108 情熱と冷静の間 :2003/02/08(土) 15:15
>それと、B乱では、
>「そのう内受け突きは不正確なので減点」
>「その突きは直突と鈎突きの中間で中途半端なので無効」
>「構えは、正確な中段構えでないので構えなおしなさい」
>という人が多く出てくる予感。本質より外形重視になれば護身じゃないでしょう。

十分あり得る事態だと思います。護身状況で相手が「直突と鈎突きの中間」の
攻撃をかけることはあります。こういう変則攻撃はB乱では生まれにくいですね。
故にA乱で攻撃の自由な変化、B乱でそれに対する受けの試し、約束組み手的練習
でそれを習熟する練習と、目的分けして私たちは練習しています。

109 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/08(土) 15:19
立ち会い評価でも攻撃の練習ができるという意見があると思います。
しかし、【相手が攻撃をかけて来ない場合の攻撃】と【相手からの攻撃が
ある場合の攻撃】では攻撃側の状況と緊張感、技のかけ始めが違ってきます。
【固定的状況】と【動的状況】です。
全てに置いて動的状況を想定しないと、絵に描いた餅かなと思います。

110 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/08(土) 15:27
合気ですら固定的状況だけでなく、動的状況にも対応できるように乱捕り化
を始めた流派があります。手をしっかり握って自分が固まるという状況は特殊ですね。
たいていは引いたり押したり、引き押しを繰り返したり、手をなはしたり、
殴ったり蹴ったり、戦いの状況は刻々と変わります。
動的状況に対応するためには、ルールで相手の動きを固定しないことが大事だと思います。

111 :2003/02/09(日) 02:07
法形マンセーの人の考え方に、耳を貸してくれるんだろうかと思ったりしますが、
まぁ、話の腰を折りながら、じっくりと持論を展開できればと思いまつ。

しかし、他支部、他道院の人と知り合うにつれ、自分は少林寺の
ホンの一部しか知らないんだということを痛感する日々。

112 ら(外してます) :2003/02/09(日) 02:42
>>111
ジャズはクラッシックから見ると過度なデタラメに見えるかもしれない。
クラッシックはジャズからすると不自由で創意工夫がないかに見えるかもしれない。
でも、実力ある両者は音を出してセッションできるし、出した音は融合して音楽になる。
たとえアプローチや育ちが違っても、学びあって調和できるもの。

とにかく音を出して経験してみなきゃ何も始まらない。
幸いなことに我々は、言葉にばかり囚われる必要はない。
会って時間を共有して汗かいて稽古して試せるんだから。

そして、実は最後まで仏陀の掌の上……なあんてね。

113 わんわん :2003/02/09(日) 16:41
「強くなる」について
ある程度は、乱捕りしなくても強くなるでしょう。

①基本・②移動・③法形・④科目・⑤演武・⑥掛稽古・⑦マススパー・⑧スパーリング

とあって、これらを全て行った強さレベルを100とすると、
今の現状である①〜⑤だけでは、20くらいしかないでしょう。
まあ、少林寺をやらない人(一般人)より20強くなっているということかな。
少林寺をやらない人(ヤンキー、喧嘩慣、人をからんだりする人)、これは50くらいかな。より弱いよ。って感じ。
他武道の人や双方攻撃乱捕りが必要と主張している人は残り70の部分を重視しているのかなと。
まあ、今の現状では、町でからんでくる50レベルの人にただぼこられる人が7割位いるのかなと。

あ、数字は適当ですので。

結論。乱捕りをしなくても強くはなれる。けど、乱捕りをした人に比べて強くなれるレベルが大きく違う。
乱捕りをしなくても一般人により強い。けど、町でからんでくる人より弱い。
護身術・格闘技というのなら、町でからんでくる人に対応できないとまずいでしょ。

114 ウメ太郎(615) :2003/02/11(火) 01:38
【 試す局面・・・他流平行について 】
練習相手というのは不可欠なものだと思いますが、実際には「守主攻従」
の練習を主にしている拳士の仲間内ではそういう攻撃に恵まれないという
環境にいるという人もたくさんいると思います。そこで、攻撃主体の技術
体系を持つ他流も平行するというのも有効な練習になると思います。
みなさんどう思われますか?

115 Syami(615) :2003/02/11(火) 01:40
Objection!!
正しく行われた少林寺拳法の打突及び蹴りは非常に「凶猛」なモノです。
他流の修行をしている間に良師を探し、正統な技術を学んだが吉!!
・・・と、書いてみるテスト。

116 ウメ太郎(615) :2003/02/11(火) 01:41
良師・・・三年かけてでも探せでしたっけ?
確かに少林寺が上手くなりたいなら少林寺の先生について練習するのがいいんでしょうね。
しかし自分はまだ「狂猛」なものを目の当たりにしたことがありません。
まだまだ知らない世界があるとは思うんですが、自分の状況(住んでいる場所とか)
考えると他流っていうのも有効に思えてきます。

しかし正当な技術って惹かれます。

117 わんわん :2003/02/11(火) 17:55
>ウメ太郎さん

Q.A2nd
http://randorisiyou615.hp.infoseek.co.jp/page089.html
なぜ少林寺は煽られるか
http://randorisiyou615.hp.infoseek.co.jp/page035.html

を読んでちょうだい。

118 りょう :2003/02/12(水) 00:02
>ウメ太郎さん
そうですよね。その気持ち僕もよくわかります。

これぞ少林寺拳法と誰もが見とめる強さ・風格をもっていて、
「どこからでも好きにかかってきなさい」
と大学拳法部の学生ぐらい軽くあしらってくれるような先生なんて
なかなか存在しないですからね。昔はたくさんいたのでしょうが・・・

ちなみに僕も本当に上手くて(演武も)、実際に乱捕りして強いと思った人は
今まで数人しかいません。

六段、七段とか言っても実際に乱捕りなどで相手してくれないから
本当に強いのかどうかなんて分からないですもんね。

119 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/12(水) 00:13
六段、七段はおじいさんなんだからしょうがないかと。

ただ、赤卍をつけて能書きたれる人は、それなりの強さを見せてほすぅい。

謙虚な態度の人は弱くてもイイヨ。

120 ウメ太郎 :2003/02/12(水) 06:22
>わんわんさん
読みました。「心に卍」で他流平行してみます。わんわんさんはキックか新空手
がオススメということですか、僕はグローブより拳サポ+スーパーセーフが何となく
しっくり来るんですが、硬式空手ってどうでしょうか?

>りょうさん
故森先生の大学監督時代の話っていいですよねー
そんな監督の下だったら部員とかもじゃんじゃん入るんでしょうねー
思い切って道院長に「乱捕り稽古つけてください」ってお願い・・・ってどうなんでしょうね?

121 615 :2003/02/12(水) 14:30
ウメ太郎さん!! 私も先ほどテスト明けしました!!

すいません,勝手にカキコを移動してしまって.m(_ _)m
かなり色々お考えのようですね,「心に卍」は心強くもあり,悲しくもありですな.

122 Syami :2003/02/12(水) 17:14
・・・とは、いったモノの、私も陳氏太極拳を学ばなければ今のような突きが
出来るようになるまでもっと時間がかかったろうなぁ。

123 わんわん :2003/02/12(水) 19:05
>ウメ太郎さん

①寸止め ②ポイント(硬式) ③フルコン・キック とわけますと、フルコンをお勧めします。

②は確かに顔有りで、間合い等少林寺を生かしやすいですが、なんとなくおすすめできません。
③は多少は生かせなくても、自分の足りないものがわかると思います。

まだお若いようなので③でバシバシやってちょ。てか私と2つ違いみたいだけど。
本気で相手を殺す気でおもいっきり打ち合う経験をしとくほうがよいですよ。そうしたら2chの書き込みも多少は分かる思う。
井の中の蛙にならないためにもね。
フルコンの中でもマターリ続けたければ極○等の顔無しを。
とりあえず殺伐したいなら大○塾を。

あ、見学行くならミット蹴りうけるといいよん。意外にショック受けると思うよ。

124 ウメ太郎 :2003/02/13(木) 07:42
>わんわんさん
とりあえず、本部合宿終わったら、大○塾の見学に行ってきます。

>615さん
いえいえ、カキコ移動乙です。でも少林寺に文句を垂れている
つもりではなかったんです。少林寺拳法好きですし。

125 615 :2003/02/13(木) 12:56
>>615さん
>いえいえ、カキコ移動乙です。でも少林寺に文句を垂れている
>つもりではなかったんです。少林寺拳法好きですし。
いやいや、こうして少林寺は徐々に優秀な人間が流出してしまうのだろうと、

126 Syami :2003/02/13(木) 13:19
・・・そう言えば私の場合、空手→合気道→少林寺だったけど、入門後にボクシングも
キックもテコンドーも中国武術も齧ったっけ。
その結果最終的に「なんだ少林寺だけで十分じゃん。」と言う結論に達したのでした。
この結論に達したのが30の頃。こんな私を支持して下さったのがお師匠さまでした。
おっと、その代わりにいつか論文にまとめれって言われたんだっけ。
後で聞けばホンとにまじめにやっていれば少林寺に戻ってくる事はわかっていたそうで・・・。

>とりあえず、本部合宿終わったら、大○塾の見学に行ってきます。
てな訳で、行け行け、Go GO!!

127 わんわん :2003/02/13(木) 18:09
>ウメ太郎さん
>とりあえず、本部合宿終わったら、大○塾の見学に行ってきます。

いってらっしゃーーい。本山での昇段もがんばってねー。
丸廉にはいつこれるかな。

128 ウメ太郎 :2003/02/13(木) 18:57
なんだか皆さんに応援して頂いて嬉しいです。
何を始めるかはまだ分かりませんが、始めたら何らかのプラスになるよう
がんばってみます。で、「少林寺だけで十分じゃん」って思って一本に絞りたいです。

129 40前拳士 :2003/02/14(金) 16:33
 このホームページには初めて書き込みます。
 大学拳法部出身の元中拳士です。
 どうぞ宜しくお願いします。
 海外在住なので、
 丸廉の練習会に参加できないのが
 ものすごく残念なのですが…

 他武道を経験するのは、絶対お勧めですよ。
 それぞれ素晴らしい技術があるし、
 一生懸命やっている方々はは
 どの武道・どの流派でも気持ちの良い方ばかりです。

 ちなみに、フルコンルールというのは
 安全面を考えると、非常によく出来たルールです。
 海外でもかなり普及しています。
 覚えておいて損はないと思いますよ。

 私もこちらに来てから
 何人かの人と極真ルールでスパーしました。
 空手家でもキックボクサーでも
 或る程度やり込んだ方々は
 力の抜き方を知っていますから、
 楽しく交流が出来ますよ。

130 615 :2003/02/15(土) 07:37
40前拳士さん,お初です!!
そうか,フルコンルールは海外でもかなり普及っと,メモメモ
力の抜き方ですか・・・むしろ組手経験の少ない人ほど危険てことかな.
わんわんさんの,初参坐者は怖い,てやつか・・・

131 40前拳士 :2003/02/15(土) 15:50
>>130
 615 さん、レス有難うございます。

>力の抜き方ですか・・・むしろ組手経験の少ない人ほど危険てことかな.
>わんわんさんの,初参坐者は怖い,てやつか・・・

 2ちゃんのどこかにも書いたんですが、
 普段練習をしてないことって
 その場ではなかなか出来ないんですよね。
 「極真ルールですよ」と言ってるのに、
 思いっきり顎に正拳突きが飛んできたり…

 しかし、私もえらそうなことはあんまり言えなくて、
「拳サポ着用・上段あり、ただし上段寸止め・フック禁止」という
 面倒くさいのを初めてやったときには、
 寸止め出来ないわ、フックは振ってしまうわで、
 試合直前まで練習相手に随分迷惑をかけました。
 いつものグローブ練習ではカウンター(止められません)や
 フックが混ざったコンビネーションを練習していたので
 いざ禁止、と言われても自動的に身体が動いちゃうんです。

 フックを振りきった後に、「あ、ごめん!」というのは
 横から見てると極悪ですが、
 本人は全く悪意がない(ことが多い)のです。
 やっぱりルールが或る程度身体に馴染んでくるまでは
 あまりハードにやらない方がいいでしょうね。

132 615 :2003/02/15(土) 23:55
>フックを振りきった後に、「あ、ごめん!」というのは
>横から見てると極悪ですが、
うっ,これは多々経験あります(^_^; たしかに出てしまうときがありまする.
未熟さをヒシヒシと感じるときです.
本人はかなりお気軽スマソ〜なのもほんとですね.
端から極悪に見える…そうかもしれない (-o-;

40前拳士さん,海外にお住まいとのことですが,
海外の方はどんな感じで,稽古に励まれているのですか?雰囲気というか,稽古の方向性・目的?見たいのものは
どういったところにあると感じられるものでしょうか?

ps.もし帰国の機会がありましたら,よければお知らせください.
丸廉の開催日を調節できるかもしれませんので〜 (^o^)

133 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/16(日) 14:45
殺伐スレでの101に感心した。
自分も市内の大会での余興の乱捕りで素人のじゃれあい程度の
乱捕りに勝ってその日は舞い上がったが現在考えると恥ずかしさ
しかない。

134 40前拳士 :2003/02/16(日) 15:06
 615 さん

>海外の方はどんな感じで,稽古に励まれているのですか?
>雰囲気というか,稽古の方向性・目的?見たいのものは
>どういったところにあると感じられるものでしょうか?

 私はアメリカ在住なのですが、方向性はもう多種多様ですね。
 というか、道場自体多種多様で、例えば空手といっても、
 松濤館や極真系の流派もあれば、
 日本では耳にしたことのない怪しげな流派もいっぱいあります。
 ただ、どこも自由組手は盛んなようで、
 ちょっと話が盛り上がると、
 すぐスパーリングやろう、となります。

 私自身は、生活に精一杯で
 道場に通う余裕がいまだになく
 細々と一人で練習しています。
 こういうとき、型のある伝統派空手や
 套路のある中国武術が少し羨ましくも思います。

135 615 :2003/02/16(日) 18:58
40前拳士さん,レスありがとうございます.
やっぱり自由組み手は盛んなのですね.
聞いたことない流派てのもすごいですね.
海外では空手や合気道単体の同情というよりは,
空手・キック・柔術などが織り交ざっているイメージです.
そしてたいてい「忍術」とか入ってたりするのでは? (w

一人で練習できる型や套路,と聞くと,それは歴史的なものが影響しているのかな?
と思ってしまいますね〜.禁武政策や武術の弾圧,,,みたいな〜
(;゜〇゜)

136 40前拳士 :2003/02/17(月) 11:47
>>615 さん
 いた。一人いましたよ。忍術。
 とはいえ、話を聞いてみると
 初見先生の系統の道場だという話でした。
 完全な半身に構えて、
 遠間を一気に詰める動き方が面白かったです。

 一人で練習する型、で、私がいつも思い出すのは
 ずっと前に見た、ブラジル移民のドキュメンタリーです。
 青年の一人が空手をやっていて、
 移民船でブラジルに向かう間も
 毎日甲板の上で型の練習をするんですよ。

137 ビスキュイ :2003/02/17(月) 12:13
40前拳士さん,初めまして。丸廉メンバーのビスキュイと
申します。某巨大掲示板の武道板での書き込みをいつも拝見
させていただいております。
確かに少林寺拳法では組手主体という特徴上,一人稽古だけ
では難しいですよね〜。単演基本形はありますけどね。しかし
最近始めたのですが,錫杖を用いると単演(とは言ってもまだ
基本だけですけど)もまた変わった感じが出て面白いですよ。
普通の棒でもできますし,よろしかったらお試しくださいませ♪

138 Syami :2003/02/17(月) 12:30
40前拳士さん、こんにちは。
「あちら」の武道板ではご活躍ですね。
一人稽古ですが、天地拳1から六までを色々な方法(ゆっくり正確にやってみたり
フルパワー、フルスピードで行ってみたり)でつなげて行うと運動量的にはかなり満足しますよ。
第三や第四、第五などの転換を含むものは四方に向かって行うとか。

139 名無しさん@いらっしゃい :2003/02/17(月) 18:01
>>137
 ビスキュイさん

 そうなんですよねぇ…
 フルコンの道場に通うようになったというのも、
「相手がいない、サンドバックが無い、では
 練習にならん」というのが主たる動機でした。
 あと、パンチドランカーの症状がちょっと出ていたので、
 頭はもう殴られたくない、というのもありました。

 錫杖などの法器は全くやったことがありませんので、
 ものすごく興味があります。

140 40前拳士 :2003/02/17(月) 18:02
 あらら、名無しになってしまった。
 すみません。

141 40前拳士 :2003/02/17(月) 18:10
>>138
 Syami さん

 全然活躍してません。
 偶にのぞいて、ちゃちゃ入れしてるだけかも。
 しかも、後で見てみたら、
 同じことを繰り返し書き込んでて、
「まずい、俺もジジイの仲間入りか…」と反省しきりです。

 「少林寺の『形』をやって見せて」と言われたときには、
 卍の形と龍の形を組み合わせたものをやることにしてるんですが、
 自分で毎日練習する気には… ならないんですよね。
 拳受なんて、少なくとも私は絶対やらないし、
 小手抜・寄抜を一人でやってると、虚しいです。

142 でんべえ :2003/02/18(火) 00:19
「少林寺が弱いと言われるのは仕方がない第5章」が妙に盛り上がってますね。
ちょっと極端な意見の人が突っ走ってますが、練習量の話は自分の練習量を
反省してしまいました。

143 615 :2003/02/18(火) 12:49
ほんとだー
半日で,100近いレスがついてる.読むのがめんどくさくなってきた.

144 ドーウ君 :2003/02/24(月) 10:26
初めて投稿します
スレの最初の方に以下のような文を見たので、昭和30年代に聞いた
法話の中での話を記します。
>ローキックが、或いはタックルが少林寺ではないというと言う
 意見だと思いますが、
   法話ではタックルになると力の強いものが勝つことが多い。
  中国では少林寺の武僧も服の襟に畳み針のようなものを縫い込み
  タックル時にはそれを取り出し相手を刺し逃げたというとのことです。
  畳み針大サイズならばそのまま手裏剣にもなります。
  今の教範にも外物(秘針:239ページ)として載っています。
  服の襟に縫いつけていたと言うことは教範に書いていません。
  私の友人は今でも、いつもポケットに忍者用の十字手裏剣を入れています
  こういった理由からタックル技はあまり練習しないと聞きました。
  (そういえば昔開祖の話の中で、護身用に鞄の中に如意棒のようなものを
  持つべしといった話を聞いたことがあります。)
  蛇足ですが、
  そもそも少林寺拳法は生活上のリスク管理の技術であり考え方であるのですから:
  自宅のそこかしこに木刀を隠して強盗に備えている人も知っています。 
  もともと、中国人の戦い方は日本人のような一対一のスタイルをとることはなく
  一人を多数で取り囲むやり方なので相手と組み合ったり、自分も寝込む形の寝技は
  行わないと聞きました。
  この見方からすると最近の衆敵闘法の演武はやたら背中側に隙がありますね。
  お座敷拳法化した証拠ですネ。
  (指導者もこういう見方ができていないひとが多い)
  ある繁華街で数人のやくざと喧嘩した拳士(一人)も喧嘩している間に相手が
  どんどん増えてきて手に負えなくなったと言ってました。
  現実の世界は道場とは全く違うので防御に関するしっかりとした世界観が
  必要だと思います。
  皆さんも法話で聞いたと思いますが、相手と喧嘩するときや殺すとき、
  必ず相手一族から恨まれ復讐されるから一族全員を殺さないと我が身
  の安全を図れない(脱北者の家族や親戚に対するやり方と同じですね)と言った観点から
  勘案すれば相手にケガをさせないとか平和指向に徹して恨みを買わないように
  することが重要な選択肢と思います。
  (イスラエルのやり方を見れば反面教師として納得できると思います)
  少林寺拳法って合理的な思想でできているなと思っています。

145 怖いので名無し :2003/02/24(月) 12:06
>相手と喧嘩するときや殺すとき、必ず相手一族から恨まれ復讐されるから
>一族全員を殺さないと我が身の安全を図れない
法話では聞いた事はないですが知人の中国武術修行者がよくそんな事を言ってました。
もっとも、彼等の流儀では「負傷させない武術」を追及するのではなく、
「武術とは殺傷のための技術だからこそ、迂闊には使わない。ただしやるときは徹底的に」
(「徹底的に」の意味は各人で想像してください)
という考え方に立っているそうです。
中国武術のみに関わらず、武術とは本来そういうものかもしれませんが。

そう考えると、少林寺拳法は「現代において」思想面でも技術面でも
融通が利くというか、「実践」性が高いと言えるのでしょう。

146 Syami :2003/02/28(金) 17:24
>最近の衆敵闘法の演武はやたら背中側に隙がありますね。
同意。三人で行う時は攻者はなるべく守者の死角を取るように動き、守者は
出来るだけそうされないように占位すべきと学びました。
この前などは逆に「後仏骨投」などの後ろから取られた時の技法を行うため
わざわざ後ろを見せるように動いているチームもありました。
あれにはいささか疑問を禁じ得ません。

>相手と喧嘩するときや殺すとき、必ず相手一族から恨まれ復讐されるから
>一族全員を殺さないと我が身の安全を図れない

これをしくじって一族郎党ごと滅びたのが「平家」。
あそこで幼少の頼朝を殺していれば・・・?
「相手と喧嘩するときや殺すとき、必ず相手一族から恨まれ復讐されるから
一族全員を殺さないと我が身の安全を図れない。」
これは中国武林ではよく聞く文言で、私も色々な人から聞かされました。
「だからやる時は殲滅戦の覚悟でやれ。その覚悟がなかったら引け。」
とも言われました。
このrhetoric(?)を変えもせずそのまま使っているところに我々の技術の由来を
感じますね。

147 ドーウ君 :2003/02/28(金) 20:36
そういえば昔、東京道院に大山倍達氏が道場破りに来たとき、
対応した内山先生が一方が死ぬまで勝負をしようと言ったら
そこまでしなくても言いといって、対決は無かったと内山先生から
聞きました。内山先生はワシが死んでも次々と門下生があんたの命を狙うぞ
とも言ったそうです。
でもその時の道院はぴーんと緊張が走っていました。
同じように、学生が大学支部を作ろうとしたら、空手部から試合を
申し込まれ、どうしたらいいかと内山先生に相談したら、
骨は拾ってあげるから闘ってこいと言われていたのを思い出しました。
やはり武としての少林寺拳法はそれなりに厳しいものがある(あった!?)
と思います。
開祖が言っていましたが、生きている間は負けていないという言葉は
いつでもリターンマッチがあるという意味でしょうが、生死の背景を含んだ
厳しい思いだと考えます。
Syami さんがおっしゃるとおりのことを法話でしばしば聞かされました。
乱取りや他流試合の場だけで勝ててもたいしたことじゃないですよネ。

148 40前拳士 :2003/03/04(火) 17:03
 興味深い話の流れなので
 久しぶりに書き込みします。

 やっぱり、「生き死に」を真剣に考えること無しに
 「武」というものはあり得ないと思います。
 そして、私は、少林寺拳法も「武」に他ならないと思います。
 何故なら、少林寺拳法開創の動機は
 開祖が終戦直後の満洲で、また終戦直後の日本で
 体験したことにあるからです。
 そして、内山先生だって中野先生だって
 草創期の先生方はみな「生き死に」を真剣に考えたからこそ
 少林寺に入門したのだと、私は考えています。

 それで… 今は平和な世の中に見えます。
 でも、本当にそうでしょうか?
 気軽に人を殺す連中もいれば
 テポドンが飛んでくるかも知れませよ。

149 40前拳士 :2003/03/04(火) 17:11
 じゃあ、自分の身を守るために
 一体どうすればいいのか?

 私は、その答が
 家中に木刀を配置することや、
 一族郎党を皆殺しにすることや、
 そんなことじゃあと思います。
 人間、死ぬときは死にます。
 それは天命としか言いようがない。

 では、凡人の私たちに何が出来るか?
 それは、「いざ」というときに
 足がすくんでしまわない肝を錬ることだと考えます。
 どんな武道をやるにしても
 ゴールはそこにあるのではないでしょうか?

150 40前拳士 :2003/03/04(火) 17:20
 2ちゃんねるでは、よく「妄想クン」が…
 という言葉が出てきますが、
 或る意味、「妄想クン」になれれば
 それで良いのではないか、そう思います。
 広い意味で「自信がつく」ということですね。
 「いざ」という時にびびらない、
 そして人として為すべきことを
 自分の身体を張って為せる。
 そういうところを目指して修行しています。

151 りょう :2003/03/05(水) 23:09
>147のカキコ
そんなことがあったんですね!!
開祖が生きていた熱い時代に少林寺拳法に入門したかったです。
ハッキリ言って今の演武大会だけの少林寺拳法では
強くなりたい若者が自分に自信を持てないことが多いと思います。

大先輩から聞く過去の武勇伝を聞くのは楽しいですが、
武術は現在の自分ができてなんぼの世界です。
まずは自分がもっと強くなれるようにがんばります。

152 615 :2003/03/10(月) 14:41
#極悪非道のageブラザーズ
漏れら極悪非道のageブラザーズ!
今日もネタもないのにageてやるからな!
 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   ∧_∧    age
 (・∀・∩)(∩・∀・)    age
 (つ  丿 (   ⊂) age
  ( ヽノ   ヽ/  )   age
  し(_)   (_)J

153 本当ですか? :2003/03/11(火) 17:57
>e-研のやつら破門だって。

信じられない。e-研は、どこにも問題ないように思うが。

154 名無しさん@いらっしゃい :2003/03/11(火) 17:59
もし本当ならここも危険なので、注意してください。

155 ビスキュイ :2003/03/11(火) 18:08
>153さん&154さん

≫>e-研のやつら破門だって。
≫信じられない。e-研は、どこにも問題ないように思うが。

≫もし本当ならここも危険なので、注意してください。

ふむ,そのお話の真偽もまだわかりませぬし,こちらには特に何もアプローチも
されていない状態ですので,今の時点では何とも言いようがないですね〜。

しかしまあ丸廉は単なる自主練集団ですからね〜。何かマズイのかしらん?

ふむ,

156 桃色片胸落 :2003/03/11(火) 19:20
>>153
いや、うそうそ。2ちゃんですから。

http://sports.2ch.net/test/read.cgi/budou/1022678830/919
http://sports.2ch.net/test/read.cgi/budou/1046815041/115

157 これ? :2003/03/11(火) 19:31
934 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/03/11 19:15 ID:M1rag0LK
>e-研のリンクが少林寺オフィシャルページから消えたことと
>e-研に訪問者があったことになにか関係あるのかな?

これは

>「少林寺拳法関連サイト」への掲載は、今後、各連盟、道院、支部のみとさせていただくことといたしました。関係各位には、よろしくご了解ください。

158 名無しさん@いらっしゃい :2003/03/11(火) 19:34
>>156 のリンク先
同一人物みたいですね。(w

159 615 :2003/03/11(火) 20:43
嵐のヨカーン (w

160 仁王尊 :2003/03/14(金) 01:18
なんでみんな「漏れ」って言うのですか?

161 615 :2003/03/14(金) 01:25
>160
2ちゃん用語です.
「俺」のことを「漏れ」と書いてます.深い意味はありません.
昔,「俺も俺も」と書きたかったのに「漏れ漏れも」だったかな?
急いで間違ってカキコした香具師がいたらしく,それ以来2ちゃん用語の定番です.

162 仁王尊 :2003/03/14(金) 14:21
>>161
なるほど、理解しました。

私もこれから参加させてもらいます。

163 仁王尊 :2003/03/14(金) 14:35

すでにこの手の話題は出てるかもしれませんがご了承を。

他道院の拳士達と話をしていると必ず耳に入る声が、
「乱捕りを全然やってない」 「道院長がやれって言わないし…」

その前に、先生に「乱捕りやりたいです!」って言って無いみたいです。
自分で行動も起こさないで先生が言ってくるのをずっと待ってる拳士。

乱捕りは"特別な儀式"ではないのに。

乱文失礼しました。  合掌

164 わんわん :2003/03/14(金) 16:52
>仁王尊さん

「乱捕りやりたいです。」って行って無いのも半分、
きちんと行ってる人も半分くらいいると思います。

少林寺では、現状では、「特別な儀式」となっています。

165 仁王尊 :2003/03/14(金) 17:10
>わんわんさん

レスどうも。やはりそれが今の現状なんでしょうかねぇ。

私は地元の拳士数名で定期的に乱捕り練習会なるものをやっています。
他の拳士にも参加呼びかけてるのですが、
「俺はいいですわ…」 「乱捕りヘタだし…」
と言う消極的な拳士が結構います。

年輩の拳士ならともかく、体力もある若い拳士がそんな事を言わないでくれよ!
ヘタだから練習するんだよ、待ってるよ! と言うのですが、中々参加してくれません。

決して私も上手では無いですが、乱捕経験豊富な高段者や、極真の友達を呼んで行ってます。

みなさんはどうしてますか?

166 615 :2003/03/14(金) 17:33
仁王尊さんこんにちは.
いまでは,「特別」ですね.

私の支部は毎回ちゃんとやりますから,基本的には全員参加.
嫌がる中学生を引きずってきてやらせます.まぁめちゃくちゃ無理にはしませんが.
こんなときはうちの先生は,成人対中学生で中学生は複数とか
やります.これなら中学生も参加してくれたりします.

で問題は,仁王尊さんが言ってる若い人は多分成人ですよね.困った.
まったく,,,ヘタだから練習するんだよーーですね.

法形練習に少しずつ自由攻防を増やしていって,誉めて自信を持たせるとか…
これについては,わんわんさんのQ&A2ndに少しかかれてますが,
ある意味やる気にさせるてのは,永遠のテーマですね
てか乱捕りくらいしないで,どうやって自身つけていくんだろかな.>私の大学の拳法部拳士!!

167 わんわん :2003/03/14(金) 19:37
>仁王尊さん
私は、支部では乱捕りをほとんどやらないです。練習は週1いくかいかないかですが。
乱捕りは、丸廉における、月1だけです。の後大学へ練習でそこでもやります。
月1しか乱捕りを行わない為、体力・勘が落ちてるのは実感はしています。
しかし、月1とはいえ、丸廉でそれなりの時間を乱捕りをするから、戦術組成とか、自分の動きは
維持できています。

もし、家の近くに、一緒に練習してくれる方がいましたらかなりうれしいのですが、、、

ていう状況です。

168 615 :2003/03/14(金) 20:19
公園で棒振ってる人がいるのでは?

169 わんわん :2003/03/14(金) 21:20
>168
家は、かなり離れています。
半径10キロに住んでいて、月2回ほど、ミットうち、スパーリングを
やってくださる方がおられたらと思うと、、、、、、、、

にしても、持久力は落ちていますが、動きは1年前と比べてそんなに落ちていないような
気がしました。。>615さん  1年前と比べていかがですか?

170 615 :2003/03/14(金) 22:05
こちらからは,特に感じることはないですが…
精神的にヘタレになったのかも.
回を増すごとに,「疲れた〜重いーー」と言う回数は確実に増えてますな.
つまり,精神ッ!! ビシッ

171 わんわん :2003/03/14(金) 22:50
むむむ、
ぎく!

172 仁王尊 :2003/03/15(土) 00:12
こんばんわ。
みなさんの書き込みに刺激されたのか、今日の稽古はいい汗をかきました。

私は胴を付けて、級拳士の中学生に反撃させました。
私の攻撃は右の逆蹴りか右の廻し蹴りのどちらか。
どっちを蹴るかを言わずに思い切り攻撃しました。
横転身蹴りor十字受蹴りの稽古ですね。
やっていて思ったのが、彼の反撃(蹴り)が私に届かないと言う事です。
無意識に後ろに下がり過ぎちゃうんですよね。

173 RUSHER :2003/03/15(土) 00:12
>>165
仁王尊さん、

誘っても来ないというのは、実際以上に危なく想像されてしまったから
ではないでしょうか。
これは噂ですが、丸廉に誘われたある学生が、『(秘)』がいるなら
恐いからイヤ、と反応したと聞いてます。

実は私は、誘うときに、つべこべ事前に説明してません。
彼/彼女にとって有意義だ、という自信が私にあるから誘ってんだし。
それを話だけで先入観持って欲しくないです。
実際に体験してから判断して、そしてものを言えっつーの。

だから、
『明日7時に道衣と防具を用意。迎えに行く』
『来てみりゃわかる』

174 仁王尊 :2003/03/15(土) 00:23
>>615さん
>>わんわんさん

私の地元でも乱捕りを行わない道院は多いです。
というかほとんどの道院が行っていないみたいですね。
中には乱捕り好きで有名な道院もありますが他の道院からは何故か特別視されてます。
必須稽古なのに、「ガチンコは野蛮だ」みたいな目で見る先生達が理解できません。
ケガをするから危ない? それは分かりますが、仮に街で襲われた時はもっと危険な状態だと思うんですがね。
「身を守れる」という自信が付かないと思うんですが。
次の乱捕り練習会はその先生も誘ってみたいと思います。引きずってでも連れて行きますね。
合掌

175 仁王尊 :2003/03/15(土) 00:28

>>RUSHERさん

なるほど、言葉のテクニックも必要ですよね。 参考になりました。

私は「互いに上手くなろうよ!」という感じを出して爽やかに誘っているのですが、
自然と目がギラついているのかもしれませんね…。

176 615 :2003/03/15(土) 00:45
なるほそ,らさんのはためになる…
いっちょらさんに「優しい口説き方(禿初級編)」でも書いていただきたいものだ.
まじで

177 わんわん :2003/03/15(土) 01:54
> 仁王尊 さん
QA2nd
http://randorisiyou615.hp.infoseek.co.jp/page089.html

なぜあおられるか
http://randorisiyou615.hp.infoseek.co.jp/page035.html

ここみてくださいな。大体は書いたと思っていますので。

178 仁王尊 :2003/03/15(土) 14:43

>わんわんさん

この2つは以前読ませて貰いましたよ。
特に「なぜあおられるか」は目を見張るものでした。勉強になりました。

あと、「何故一度払うか」は素晴らしいですね。なるほど!と唸ってしまいました。

179 ビスキュイ :2003/03/15(土) 21:52
仁王尊さん初めまして〜。丸廉メンバーのビスキュイと申します。書き込みを読ませていただいていると熱い思いが伝わってきますね〜。ぜひオフ会においでくださいませませ♪

180 仁王尊 :2003/03/16(日) 05:12

>>ビスキュイさん

武道板で見かけるHNですね。改めてはじめまして。
お誘いは大変嬉しいのですが私はかなり地方の人間なので…厳しいかと…

181 鳥なき島の厨房 :2003/03/16(日) 22:46
みなさん、はじめまして。オフ会おつかれさまです。
さっそくですが、2ちゃんをみておりましたら、血圧があがりました。
頭から湯気がぷしゅう。でもここにきて落ちつくことを覚えた最近。

少し、私見をしばかせてください。

182 615 :2003/03/16(日) 23:18
まぁ ごゆるりと マターリ

183 鳥なき島の厨房 :2003/03/16(日) 23:22
少林寺が現在のように、トローンとしたのは時代の流れじゃないかと。
組織の肥大化、本部職員の増加、道院の乱立、世界平和など諸々の産物かと。
各道院の年代別構成しかり。
子供おおいっすよねえ、女性増えましたねえ、オヤジばっかはいりますねえ・・・
何人おるんな、若い衆。
かりにですよ、高度成長時代の一般道院における若い衆の割合を59.4%(適当)
とすると、現在は10パーセントあるのかな。ギリギリ?
これをかんがみると、本部の施策は正しいね、ズバリだね。
最近、やんわりと乱捕り稽古しろって、ほんまやんわり迫ってるけど無理だね。
道院が一つでもいいとこに五つあるから、若い衆が分散。
なんもいわんでも、強くなりたいもんが、それなりに人数そろえば、
すると思います。いろいろと。
本来、道院でするべきはずのことを、オフ会でしかできんこの悲しい現実。
はな、どうするか。
ほの前に、まるかどのみなさん、ありがとうございます。勉強になります。合掌

184 鳥なき島の厨房 :2003/03/16(日) 23:56
一般道院では、年少部、一般部と分かれているところを、
年少部、実用部、護身健康部に分ける。
年少部は、中学生以下。実用部と護身健康部は年齢別じゃなく嗜好によって。
「いやあ、なんか殴り合いたくって」というオヤジとか
「俺、いやなんすよ、痛いの。なんか意味あるんすか?」
とかいうひきこもりの青年のために、実用部と護身健康部に年齢もうけず。

そして、科目表、及び昇級、昇段試験はこの三つ、明らかに別物とさせていただきたい。
具体案として、
年少部は、体育能力重視、上限茶帯
護身健康部は、現状のマターリ、特殊な帯あるいは胸章
実用部は、いわずもがな、しばけ、しばけ。けど学科そのままね。大事やけんね。
釈尊の正しい教え、大事やけんね。

ってどう?

185 615 :2003/03/17(月) 00:13
時代の話が出てましたか,まずそれはその通りだと.
他流でも少なからず軟化しているといった話をききますし,
今の時代は昭和中期のような時代でもないので,
武道というもの全体でいえることだと思います.

クラス分けという案は,2ちゃんでも良く出ますね.
私はいまいち好きではありませんが,我に返ると今でも年少部と一般があるしな〜
確かに,昨日のオフ会後に神田駅の極真の看板を見て
年少部・一般部・「壮年部」を見入ってしまったのも事実〜

186 拳蔵 :2003/03/17(月) 10:23
そろそろ、隠れ乱捕り推進派がりが、始まったのでお気をつけて、

187 615 :2003/03/17(月) 13:05
>拳蔵さん
お久しぶりで〜す.そしてカキコありがとうございます.

>隠れ乱捕り推進派狩り
「隠れ」がまずいのか,「乱捕り」がまずいのか,「推進」がまずいのか,
それとも全部か,うーん,何がいけないのかわかりませんネ.
誰のことかしらん.

188 鳥なき島の厨房 :2003/03/17(月) 16:23
やはり一番まずいのは「否定派」かと。
乱捕り推進派も演武推進派も前向きでいいじゃないですか。
いやなのは、乱捕り否定派と演武否定派。
せめて受容派くらいになっちくり

189 拳蔵 :2003/03/17(月) 19:35
聞いた話では本部には続々と否定派道院長から、届け出のない集まりを
容認しているのかと苦情がいっぱいみたいです。

190 ビスキュイ :2003/03/17(月) 19:43
>届け出のない集まりを容認しているのかと苦情がいっぱいみたいです。

単なる自主練&研究会なんですけどね〜。家の離れとかに後輩を集めてやる
自主練もマズくなったりするのかしらん?

191 仁王尊 :2003/03/17(月) 21:01

自宅で数人の拳士での練習&語らいもダメ?

苦情って…、そんなバカな… 


    _, ._
  ( ゚ Д゚)
  ( つ旦O
  と_)_)


    _, ._
  ( ゚ Д゚)   ガシャ
  ( つ O. __
  と_)_) (__()、;.o:。
          ゚*・:.。

192 ビスキュイ :2003/03/17(月) 21:10
>仁王尊さん

AAかわいいッスね♪

193 615 :2003/03/17(月) 21:46
そういえば,むかし2ちゃんねるに
なんだ,少林寺は練習会するのにも本部のお伺い立てなけりゃ
いけないのか.変な武道だな.
と書いてあったことがあったな.その時は,んなこたぁーないと
思ったけど,実は正解でしたか 藁

194 参加していない人が言うのも変ですが :2003/03/17(月) 22:14
そろそろ地下に潜るべきでは?
公開のOFF会で当たり障りのないことをして、
集まった人間で秘密OFF会の打ち合わせをして、その結果は
NETでは公開しない。そう、ファイトクラブのように・・・。

195 RUSHER :2003/03/17(月) 22:14
問題点は幾つかある。元を遡れば、

①研修会講習会についての規則条文が悪い。例えば適用範囲(人数等)が記されてない。
②規則が厳しい。届出は一ケ月前までで、全員傷害保険加入とか。
③本部の対応が鈍い。質問投げても反応なかったり。


だがこれらは、これから改善できるものだし、
e研の件はこれらとは別に幾つも問題点があるんだから
論点を混同してはダメだよ。ましてや、上の苦情云々は、

④手前勝手に条文を解釈してねじ込んで済まそうとする相互不信と不作為。

という、全く別の問題なんだからね。

196 名無しさん@いらっしゃい :2003/03/17(月) 22:17
正しい乱捕りは、演武も上達させるはず。
演武大会でも好成績を残し、文句を言わせないようにすればいいのでは
無いでしょうか?
ただ、柔気拳の先生のようにわざと点数を下げられる可能性もあるが。

197 615 :2003/03/17(月) 22:22
丸廉は地下に潜らない.私個人にとってはそれは丸廉が死んだことと同じ.

198 615 :2003/03/17(月) 22:29
また起こられてしまうかもしれませんが,
****************
ある人から,乱捕りしたければ,〜でやればいいじゃない.
といったご意見をいただきました.
〜すれば,けっこうできるよ,と教えてくれましたが,
私はこれは丸廉の趣旨が理解されていないと思うのです.

私は乱捕りがしたいという個人的な欲求や,気の合う
仲間たちと拳法談義でマターリしたいということで
オフ会に参加していることは言うまでもないことです.

しかし半ばは他人の幸せを,をオフ会では目的として忘れたことは一時もありません.
私は自分が乱捕りができるだけでは嫌なのです.
皆でやりたいのです.らさんの言ってた「生きた解法」を「皆」で悟りたいのです.
少林寺界全体でもっと乱捕り消稽古が復活してほしいのです.
乱捕りの「稽古」としての有用性と楽しさをもっと多くの拳士に知ってほしいのです.
強いと言われる少林寺であってほしいと願うのです.

だから乱捕りできることを言われても,単純には喜べません.
だれでももっと容易に,日常的にできることが大切です.
それに今回耳打ちされた,情報は一部の拳士しか知れないことです.
それでは,私個人にしか役に立たない,それでは嫌だからオフ会したいのです.
そしてそれをHPで上げて,情報を共有したいのです.
本部の乱捕りに対する取り組みを待っていると,自分が爺さんに
なってしまう気がするので,自分で動きたいのです.

私のオフ会やっている理由はこんな感じです.
そういうつもりで,HPを作ってます.

以上乱文失礼しました.

****
これは数日前に私がレギュラーの何人かに送らせていだいたメールです.
もう一度書くのはめんどくさいので,コピペ.
>194さん 心配してくださって,ありがとうございます.でも潜るわけには行きません.
「魔法の言葉」につづく

199 鳥なき島の厨房 :2003/03/17(月) 22:30
>>RUSHERさんへ
①研修会講習会についての規則条文が悪い。例えば適用範囲(人数等)が記されてない。
RUSHERさんがめんどくさくない程度にもそっと詳しく説明してくれませんか?

>>196
柔気拳の先生のようにわざと点数を下げられる可能性もあるが。
196さんがめんどくさくない程度にもそっと詳しく説明してくれませんか?

200 RUSHER :2003/03/17(月) 22:54
一番面倒でないのは、あなたが原文を直に見ることです。

見ればそれが、線引きが恣意的に解釈できちゃう、判断に困るルールだとわかって
もらえるかと。

ここにアップできる量ではないし、拳士外への公開には適さない内容なので、
メールでやりましょう。

HOTMAILあたりで足のつかない捨てアドレス作ってからでいいから、連絡くれますか?

ちなみにビスキュイさんや615さん達には、もう条文も書類様式も教えて
ある(理解してるよな?)からそちら経由も可。

この際自分も知りたいという丸廉拳士は同様に、意思表示してください。

201 138B :2003/03/17(月) 23:23
さてさて、かの条文は道院長、支部長のための物。そもそも一般の拳士は
蚊帳の外というのが問題なのかもしれないし、一般の拳士が知らなくて良いという
ことは届け出の必要がないのかも?
適用がどこまでかの範囲すらないし、一般拳士も対象ならなぜ周知しないのか?
想定外の事象であると考えられますね。
どう思いますか?

202 あぼーん :あぼーん
あぼーん

203 名無しさん@いらっしゃい :2003/03/18(火) 00:37
何にでも自主的に取り組む人間(リーダー)をつくることが少林寺の目的
だったのでは・・・。

204 みんみん :2003/03/18(火) 00:42
こんばんは。盛り上がってますね。

>>138Bさん その他の皆さん。
「一緒に練習しよう」程度が悪いわけはない。日本は自由国家だからね。
問題は程度はともかく「少林寺拳法」の名前で人集めをしており、
「技術指導」もされているということ。
連盟として「不適当」と思われれば、改善を勧告できる類のものだと考えます。
なんせ「少林寺拳法」の名称は連盟に使用権があるからね。
法廷闘争になれば我々が「少林寺拳法を名乗るな」といわれておしまい。

それを承知で敢えて言えば、
みんな拳法が好きで、強くなりたい、上手になりたいと思ってやっていること
で、連盟の組織を破壊したり、別派を開いたり、まして金儲けの意図など
微塵もないことは明白なのだから誉められこそしても批難されることはないと思う。

ただ皆さん、インターネットは公開の場であることをふまえ、公然と本部や一部の道院
などを批判するような発言は控えるべきです。(特に2chはともかく、ここでは特に。)
いくらその発言が当を得ていてもそれは誹謗中傷ととられても仕方ありません。

205 :2003/03/18(火) 00:52
>>203さん
何にでも自主的に取り組めるリーダーは、周りから理解を得られるような
努力も出来る人になるべきだ、と言う考えではいかがでしょう?

乱捕り云々で意見は違ってもみんな心に卍を持っているような…
自分で言いながら照れてしまウ…

206 みんみん :2003/03/18(火) 00:54
↑ん?「ん」だけになっちゃった。

207 RUSHER :2003/03/18(火) 00:54
>>201
日曜もあの後あそこで5時過までその話してたんですよ。
ローカル練習会を届出しないで堂々やる条件は何だろうと。
e研の事例を教訓にして。

第一は、所属支部長にちゃんと了解を得ている面子だけですることだろう。

一番手っ取り早いのは、誰かが橙卍になるか、あるいは橙卍を引き込めばいい。

てな話でした。

でも私はね、自分の経験のためにも一度は手間掛けて連盟本部に届出してみたい。
本部の判断でない限りは、誰かから脱法行為だと謗られる危険が潜むし。
うちの大学の夏合宿だって、ちゃんと届出してきてるし。(^^)v

208 RUSHER :2003/03/18(火) 01:52
>>202
午後には対応するからね。

209 名無しさん@いらっしゃい :2003/03/18(火) 01:56
e-研ではどのような問題が生じたのですか?

210 こけし :2003/03/18(火) 04:34
こけしが2chで暴れてますが、放置の方よろしくお願いします(っ´▽`)っ

211 RUSHER :2003/03/18(火) 10:33
>>209
随分と不吉な質問ですね。

私は当事者ではないから、誤った総括説明をやりかねない。
そしてうっかり間違えたら、御池にはまってさあ大変。

私の情報伝達経路上流には、615さん等いらっしゃいます。
e研と丸廉の両方に出ている人も、MMさん等数名いらっしゃいます。

その方々に任せます。後はよろしく。


でも、こんなこと、e研でお尋ねになったほうが、事実は詳らかに
教えてもらえるのでは?

212 138B :2003/03/18(火) 11:33
>>207
>自分の経験のためにも一度は手間掛けて連盟本部に届出してみたい。

法器を基礎からやると言うことで、指導員の派遣をお願いすると
法器PTのどなたかがお見えになって現状と整合をとることができるかな?

指導員の人選はできないと記述されていたが
指導内容までは希望してはいけないと書いてなかった。
派遣の実費がおいくらか分からないけど、
人数を集めれば可能かな?

213 615 :2003/03/18(火) 12:49
>聞いた話では本部には続々と否定派道院長から、届け出のない集まりを
>容認しているのかと苦情がいっぱいみたいです。
もちろん本部に問い合わせるというのも一つの手ですが,
私のところに言ってくるといのも一つの手のはず.

でも一つもこないんだよねー.
来たら公開しますから,皆で吟味しましょう.

214 Syami :2003/03/18(火) 14:22
>法器を基礎からやると言うことで、指導員の派遣をお願いすると
>法器PTのどなたかがお見えになって現状と整合をとることができるかな?

ははぁ、それは検討の価値があるかも。問題はどういう単位で招聘するかですねー。

215 鳥なき島の厨房 :2003/03/18(火) 19:20
>>RUSHERさん
ほんとうにお手数おかけしました。
勉強になりました。
ありがとうございましたm(_ _)m

216 あぼーん :あぼーん
あぼーん

217 名無しさん@いらっしゃい :2003/04/04(金) 23:56
少林寺拳士の皆様お待たせしました!
一時は発禁かと危ぶまれましたが、いよいよ発売です。
さあ予約しよう!!

>2003/05/20 発売
>「少林寺拳法 乱捕りのすすめ ヨーロッパ地区研究篇」
> 出演:青坂寛、水野為男
> クエスト SPA-6001 4,800
> 60分/カラー/劇場未公開
> 解説:長年に渡り、ヨーロッパ圏で少林寺拳法の普及に務めてきた青坂寛と
> 水野為男。彼ら2人の達人が、“乱捕り”と呼ばれる組手の奥義を初めて公開。
> スポーツと格闘技の狭間に位置する、ルールなき武道の世界で会得した、
> 奥深い技の数々が紹介されている。

↑予約は以下のサイトでも出来ます!
http://www.tdx.co.jp/movie/mpage/html/905/l00.asp

DVD-\4,800
<予約受付中 [発売:03/05/20]>
※初回予約締切日までにご予約いただいた商品は、発売日より
通常2日から3日でお届けいたします。
VHS-\4,800
<予約受付中 [発売:03/05/20]>
※初回予約締切日までにご予約いただいた商品は、発売日より
通常2日から3日でお届けいたします。

218 名無しさん@いらっしゃい :2003/04/14(月) 19:52
ビデオかいました
青坂先生は立派な先生で、中野先生のお弟子さんでもあると思いますが、
ビデオをみて少し残念だった(54歳とは思えない動きをしていますが)

219 名無しさん@いらっしゃい :2003/04/15(火) 00:05
どういう意味ですか?

220 615 :2003/04/15(火) 06:35
もう,見れるのね
見たい見たいーーてもう貸してくれる方を一人ゲトー

たのしみー

221 218 :2003/04/15(火) 09:51
青さか先生は強いうわさですが
他の空手等のレベルではありません

222 名無しさん@いらっしゃい :2003/04/15(火) 23:36
そんな寂しいこと言わないでよ〜

223 615 :2003/04/16(水) 11:56
まぁとりあえず見てみないとね.
それに青坂先生には失礼な言い方だけども,
要は,うまいかうまくないか,強いか強くないかではなく,
そのビデオをみて,私にとってどれくらい学べるものがあるかが
重要だからね〜

224 ビスキュイ :2003/04/17(木) 12:50
乱捕りではないんですが,いつも出稽古させていただいている道院
での昨日の出来事。外巻天秤の説明で私が攻者を務めたのですが,
私の体勢がやや高かったために通常その先生が行なっている横回転
系の外巻天秤が掛からない!と次の瞬間やや下に沈み込むようにし
ながら縦回転系の外巻天秤に変化!!いつもの横回転系の動きを予測
していた私は一瞬反応が遅れて肘を「クキッ!」と鳴らしながら辛
うじて受身。ちょっと痛かった〜。
しかしお蔭様で大事なことを二つ思い出しました。一つ,法形であっ
ても相手の体勢が変わったなら速やかにかつ適切に技を変化させなく
てはならないこと。もう一つは次の動きを予測しながら攻者をしては
いけないということ。改めて胆に銘じなくては〜。
 しかし怪我の功名が一つ。「クキッ!」と鳴ったので「傷めたかな?」
と思った肘ですが,何だかかえって調子がよい。何でかな〜?と思ったら,
オフ会のときにチョットずれた肘関節がうまくはまったようでした。
うーんラッキー♪

225 615 :2003/04/17(木) 13:05
あっありえん!!

226 Syami :2003/04/17(木) 13:24
ありえる、ありえる。

227 615 :2003/04/17(木) 15:48
なんていい加減な体をしているんだ!!

228 ビスキュイ :2003/04/17(木) 16:32
失敬な。合理的な体と言ってください。S字で傷めたらコの字で治し、コの字で傷めたらS字で治すなんてのもやってますよん。

229 鳥@現実逃避中 :2003/04/17(木) 16:36
そういえば、昔B先生が手首の調整を教えてくださった時の流れが
手首を巻いてる筋肉を緩める→骨の位置を調整する→筋肉を締め直す って
流れで、そのとき手首をいためている拳士がずいぶんその場で治してましたなぁ
パキパキ鳴らしながら。
状況さえ上手く行けば、一番目と三番目をすっぽ抜かして調整が可能なのかも。
ちなみに鳥は一番目の部分だけしか出来ません。手首をゆるゆる・ダルダルに
することだけ出来ます。 二番目と三番目、誰か練習させてください
PS:615さん、あぼんアリガト御座います

230 あん :2003/04/17(木) 23:56
>228
其の様な方法があったとは。
しかし、考えてもると納得。

231 目指せ達人 :2003/04/18(金) 16:58
突然に失礼。(先日はどーも)
私、実は本職は治療家でして(鍼、灸、指圧、整体)、その立場から言わせてもらえれば、
224のビスキュイさんの状況はありえます。
ただ、多分に偶然が作用していますね。従って、「うーんラッキー♪」で正解。
技によってはもっと悪くなる可能性もあったわけで。

228の方法も、ありです。
いっそ、逆小手系をやった後に送小手系をやれば、みんな健康!?

229の「流れ」も、合理的なものです。
鳥さんは、一番目の部分だけしかできません、とありますが、これができればもう治療家ですよ。
でも、調整は、骨格の解剖学的知識が無ければやってほしくないですけどね。

232 Syami :2003/04/18(金) 22:08
>229の「流れ」も、合理的なものです。
然り然り。少林寺の「整法」は弛緩させ「離開」し調整すると言うプロセスを
経ます。B先生の方法は実に理に適ったモノですが、興味を持ったら是非とも解剖学を
勉強すべきでしょう。ちなみにウチの道院には門下生で某大学の解剖学の教授
が何人かいるので、年に1,2回解剖学の講義をしていただいています。

233 あん :2003/04/18(金) 22:27
解剖学の講義、整法のみに限らず、非常に魅力的です。

234 半変身蹴 :2003/04/23(水) 00:28
うちにきてる渋くて物静かな元大学拳法部の主将、
例の名古屋の乱捕り試合で亡くなられた拳士の直下の後輩だということが
今晩の練習ではじめてわかった。
ワンツーでノックアウトされて床で頭打ったから...と聞いていたが
当事者によると少し違うらしいんですな。

おもいくそ、カウンターの逆突が頭にはいったんだそうです。
「それでそのまま倒れて頭打ったんですか」
「いや、結局、一週間後に脳挫傷で亡くなりましたが、
床で打ったのが原因なのか、ごついカウンターが原因なのかわからんままです。
相手の拳も折れていたそうです。もちろんグローブはしていました」
また詳しい話は聞いてみたいと思います。
うっとうしいので二ちゃんには書きません。
昔話ですみません、615様。合掌。

235 615 :2003/04/24(木) 01:55
合掌

ありがとうございます.
半変身蹴さん,もしかして2ちゃんでいろいろな法形名を微妙にパロって
らっしゃるある意味コテハン?さんですか? (^人^)

とても興味深いお話です.こういった話は本部などがしっかりまとめて,
誰でも読めるようにちゃんとしたものを明示してくれるとよいのですが,
ご遺族などへの配慮もあるのかな.

多くの拳士がとても興味のあるところだと思います.
こういった情報は本来ネットで流通させるものではないのかもしれませんが,
他にはなかなか手段が無い言うのが現状ですね.
掲示板でこういった一情報が持ち寄られることがとてもうれしくなってしまいます.
(不謹慎かな)

今後ともよろしくお願いします.可能であれば参坐くださいね.
結手

236 流氷蹴 :2003/04/24(木) 20:26
そうです。お恥ずかしい。
でも、とんでもなくエロいのは私ではありません。
まあ、「諸手送小手より団鬼六」くらいはね。許してよね。

さて、乱捕り試合の死亡事故の件ですが、
やはり書き込むことをためらいました。実際書けないことは多いです。
しかし、試合をまじかに見ていた後輩であり、
その後、事故の残像消えぬ80人の部員をまとめた主将さんの話なので
本部、乱捕り、それを境に何がどうなったか、など
じっくりと、切実に痛ましく、胸に響きました。
まあ、ここで書く話ではないですな...
しかし、主将さん曰く
「それでもね、日々の練習は乱捕りが主でなければうそですよ」
演舞主流の現在を嘆いてらっしゃいます・・・

可能であれば、さんざしたいですね。とおい・・・ですが。
ゲソ天食いたいです私は。
合掌

237 615 :2003/04/25(金) 00:50
「それでもね、日々の練習は乱捕りが主でなければうそですよ」
を読んで思い出しましたが,2ちゃんでは,
「強くなるカリキュラムもきちんと作れない幹部は稽古してる会員の涙を知れ 」
というのが定例文となってますが,その反面,
>人一倍の稽古もできない少林拳士は開祖に惚れ込み人生を賭けて少林寺拳法を発展させた先輩の素晴らしさを知れ。
なんてのもあり,いろいろと考えさせられます.

やっぱり「うそ」ですかな!? まだ私にはよくわかりませんが演武「偏重」な
現在はうそ臭い気はします.

こまったこまった

238 RUSHER :2003/04/25(金) 10:25
何を偏重するのもよくないだろう。
乱捕を偏重するのもよくないだろう。
バランスよく食べること。
自己管理すること。

239 求道s00@昼飯中 :2003/04/25(金) 14:18
師匠の話を聞いてると昔の先輩は乱捕がんがんやってましたけど、
法形もがんがんやってはってたようで、つまりは練習量が段違いな気がするんです。
法形>>連反攻の練習>>乱捕のコンビネーションといった流れがスムーズにあったような。。。
連反攻は乱捕の入り口や!と。で、全部できて初めて演武ができる、と。
大会のビデオとかお師匠と一緒に見ると、「技が流れてるようなのばっかりや!
本当に使えてない演武に賞なんかやったらあかん!!」とよく怒ってはります。。
演武偏重が問題というよりか、その評価軸がまずいのでは?
本当に使えるかどうかを基準にした演武評価ができるとするなら、理想的には、
それができるためには当然法形、乱捕ができていないと無理!!となるはずで。。
とはいえ、現状の練習量ではそのレベルは無理かなぁ。。
私は社会人なので(言い訳かな)練習極少です。。。大学時代にやっておけばよかったとつくづく思います。

240 615 :2003/04/25(金) 17:09
今,238がいいこと言った!!
(て,全然今じゃなかった)

>239
やっぱり連反攻ですかな.連反攻重点オフがしたくなる今日この頃.
今ぱ〜と考えても結構いけそうな気がしてきた.
大切だし.

練習量については,,,痛いな.

241 短刀指落受 :2003/04/25(金) 18:54
つまり、本来つながっているべき乱捕りと演武というものを、
ほとんどの拳士は別物と考えてるのですから、
到達点や目標が違うものになってもしかたないですわ。
いやつながっているというより一体なのですから。
でも、確かに、今の一般道院でバランスよくやるのは苦しいです。
私はあえて乱捕り重視でぱーんと行きます。
あまりにも、演舞のほうに針がふれていますから。
乱捕りと演武をつなげるには、乱捕りをまずみんながしなくちゃ、
いい演舞なんてできっこないですもん。

242 名無しさん@いらっしゃい :2003/04/25(金) 20:21
>>241
激しく同意

243 RUSHER :2003/04/25(金) 23:33
本来の三度三度のお食事で栄養バランスが取れないなら
各種サプリメントを摂るのは、現代人の生活の知恵。



いくら摂取したところで消化できてないなら意味ないが。(T_T)

244 求道s00 :2003/04/28(月) 18:02
>241〜243 全く同感です。乱捕人口が衰微してしまっては話にもならないし。。
ところで、”少林寺らしい”乱捕ってどんな感じなんですかね?
僕の数少ない経験では(僕も含め)ボクシングとか、空手系とかいろんなまじった感じの
乱捕りする人が多かったけど、これは僕の経験値が少ないためか、それとも一般的にそうなのか?
一般的だとするとある程度実践的ではあるが”少林寺らし”くない方向に行ってしまう。
他方、演武の方はどんどん現実離れした方向に行っちゃう。ある意味で少林寺らしさを遺していても
”実践的”ではなくなってしまう。
そうすると、”実践的”でかつ”少林寺らしい”ものが空白になる。
法形と乱捕が解離した形になっていったとして(いわゆるダブルスタンダードという奴ですか?)
そういう形で乱捕りしたいならそっちの武道やった方が効率的!ってなってしまって
少林寺やってるのは柔法にのみ価値を見いだしてるから、となったり。。。
いや、それでもいいといえばいいんで余計なお世話なんですが、なんか、こう、一貫性を求めたいわけですよ。
法形>乱捕>演武 が一本に結びついているような拳法いうのにあこがれて。理想論ですか?
この理想論を信じれなくなって、他流的な乱捕スタイルの方が使えるぞ!と自分が思うようになったら、
僕は迷わず他流に行くでしょう。(僕ではついていけなかったり。。なんてよくあるオチか)
もちろん、ある攻撃に対して必ず法形通りに受けないとダメ!とか硬直的に考えてるんでないんですが、
頭部両手でブロックして中段以下は膝ガードってスタイルで、八相構えに膝受け波返しだって言うの、
何か釈然としない気もして。。。

245 振袖表投 :2003/04/28(月) 22:13
>>244
なるほどう。私は勝手にこの三つをプラモデルにたとえると
法形は何百とあるパーツ。
乱捕りは接着剤。
そして演武はプラモデルの完成品と考えています。どうかな?
つまり本来、乱捕りとは目に見えぬ、しかしそれなしでは組立てれぬ、
接着剤がごとき存在で、それ自体に「こうだ!」はないと思うのれす。
ちなみに法形パーツにはでっかい部品と細かい部品があって、
たいがいの人は何個かは道場に置き忘れてます。
法形パーツ数個で完成品つくる天才もいるし、乱捕り=接着剤を使ってないために
いつまでたっても完成しない人もいます。かな?

あと、実際の勝負って、演武の時間だけ戦えませんがね、なかなか。

246 >245 615 :2003/04/30(水) 12:18
プラモデルネタはいいかも.パーツの大小や欠失などの表現もわかりやすいし.
あと格闘・武道ネタは料理でも例えやすいようですよ.

>”少林寺らしい”乱捕ってどんな感じなんですかね?
ちなみにこれは,私も二年ほど前に同じようなことを考えていましたが.
今は「少林寺らしい」にはこだわらなくなりました.
最近私なりに法形と乱捕りが繋がったため,このつながり方がせいもあるかも.
私は「少林寺らしい」という言葉が今でも好きですが,このこだわらないというのは
諦めたわけではなく,むしろより少林寺が好きになる要因となりました.

247 ビスキュイ :2003/04/30(水) 12:55
>あと格闘・武道ネタは料理でも例えやすいようですよ.

例の原稿,校正が遅れていてスマンです〜。もうちょっと待っててね。

248 615 :2003/04/30(水) 14:45
ムリしなくて結構ですよ〜 満足いくまで〜フリフリー

249 名無しさん@いらっしゃい :2003/05/03(土) 17:31
現実護身では、
>少林寺らしい
攻撃やリズム、動きをする相手に当たる可能性は非常に少ないと思います。
故に、乱捕りはいろんな方法で色々な状況に対応できるようにすればいいかと。
で、その節操のない乱捕りを統合するために、法形をきちんとやり、
少林寺の「体動」を身につければいいかと。

250 名無しさん@いらっしゃい :2003/05/13(火) 02:01
e-研で推奨されている「立会い評価」って実際のところどうなんですか?
無門会の組み手みたいですね。
やはりある程度乱捕りを練ってから上級者の練習として取り組むべきですか?
それとも早い段階から取り組む価値はありますか?
うちの動院では普段乱捕りめいた練習は「想乱(いわゆるシャドー)」がメインです。
強い人はガチやらなくても強いからウラヤマスイ。

251 615 :2003/05/13(火) 12:17
うぅ今晩がんばって私なりのレスをしてみたいです sage

252 Syami :2003/05/13(火) 12:54
あ〜、院試勉強は・・・・

253 ビスキュイ :2003/05/14(水) 10:08
印紙…

254 RUSHER :2003/07/20(日) 18:33
2ch武道板で盛り上がったわりに、お客さんこないね。

255 ビスキュイ :2003/07/20(日) 18:34
来ませんな〜。

256 みんみん :2003/07/21(月) 15:28
2chやってましたね。
私は完全に乗り遅れまスタ。

257 わんわん :2003/07/21(月) 16:27
結局703は逃げました。
自称「他武道」ですが、絶対、内部の乱捕り否定派です。だからあえて他武道に関する質問を
したのに、返信してくれず、逃げ出しました。

258 ビスキュイ :2003/07/21(月) 16:37
>わんわんさん
いやいや逃げたのではなくてですね、あまりにも我々の返答が低レベルだからもう書かないらしいですよ(*^_^*)

259 みんみん :2003/07/21(月) 17:15
双方攻撃乱捕りは練習でも禁止?
本当ですか? あきれてものも言えない感じ。

260 名無しさん@いらっしゃい :2003/07/21(月) 20:01
>ビスキュイさん
ははは、そうでしたね。

あの方は少林寺に関して詳しくないですからね、、、

261 615も携帯 :2003/07/21(月) 22:23
大変な良スレになってきた気がしますな.

262 ビスキュイ :2003/07/22(火) 01:37
>260さん
そう、あの人は他流派に違いありません。あんなに少林寺拳法の知識のない拳士はいません。
ありえない話ですが、仮に…仮にですよ!あの703さんが「自分は本当は拳士だ」と言っ
ても私は信じません。所属や実名を名乗っても拳士カードを見せても信じません。だって
あんなに少林寺拳法の知識が御粗末な拳士はいないもーん。

263 熊狩 :2003/07/23(水) 00:24
ビスキュイどの
わざと何も知らないフリをしてるとか・・・

264 ビスキュイ :2003/07/23(水) 04:00
>熊狩さん
え〜まあその〜つまりですね…「オメー何ざ拳士とは認めねぇ!」と言う意味でして…

265 615 :2003/07/23(水) 09:25
まぁまぁ

266 ビスキュイ :2003/07/23(水) 10:08
みぃみぃ

267 615 :2003/07/23(水) 10:44
ビスビス

268 ビスキュイ :2003/07/23(水) 10:45
キュイキュイ

269 RUSHER :2003/07/23(水) 11:49
>「返答が低レベルだから」

漫才としては高度です。

270 615 :2003/07/23(水) 12:32
むぅむぅ

271 ビスキュイ :2003/07/23(水) 12:49
メェーメェー

272 615 :2003/07/23(水) 14:12
唏唏

273 takenoco\\ :2003/07/23(水) 16:31
朦朦

274 615 :2003/07/23(水) 18:23
いやん.文字化けしてる

275 変半身蹴 :2003/07/28(月) 23:29
渡すはちいとも盛り上がらない「少林寺鍛錬法」にたまに書き込んでるものですけど、
はっきし言って日本拳法を実際みてみて、多少驚きました。

少林寺を限界突破系の武道であるとするなら、ニッケンは実能力系のバリバリです。
ガチンコ空手よりも柔らかくて適応力があるような気がすました。
渡すはよく空手のひとに下段蹴を手刀で受けられ、その腰の重さに感嘆するのですが、
ニッケンのひとは、そういう形もない強さというか…

たぶん、ニッケンのひとが少林寺したら限界突破するだろし、
少林寺のひとがニッケンしたら足りてないところが埋まるような気がしますね・・・

276 でんべえ :2003/07/29(火) 00:24
>少林寺を限界突破系の武道であるとするなら、ニッケンは実能力系のバリバリです。
実務能力系というのは何となくニュアンスがわかるんですが、限界突破系って何ですか?

277 熊狩 :2003/07/29(火) 01:20
日拳は関西と関東でずいぶん違うと聞くどう違うかなんて判らないし
(突く時の拳の向きが云々なんて浅いレベルじゃなく)
件の氏がどっち系かもわからない、だからひとまとめに日拳うんぬん
は言えないなぁ・・・

278 アップル :2003/07/29(火) 08:53
>少林寺のひとがニッケンしたら足りてないところが埋まるような気がしますね・・・
うーっむ、日拳は結構激しくグローブ乱捕やってるイメージくらいしかないなー。
その足りてないところとはなんでしょうか?足りてなくても少林寺に必要なければ
いらないんですけどね。
他武道に勉強するところはいっぱいあると思いますよ。

279 Syami :2003/07/29(火) 09:58
>日拳は関西と関東でずいぶん違うと聞く
基本の突きをする時の体軸の操作からして違います。我々の振り子突きの様に
軸を変移させて行う場合と、体軸を両足の間に定めて行う場合があるそうです。

>足りてないところとはなんでしょうか?
察するに「結構激しくグローブ乱捕やってる」ってトコでは?

280 変半身蹴 :2003/07/29(火) 12:11
渡すは最近、ニッケンが二流あるということを知った愚か者でありその違いは全く知りません。
ただ、渡すの住んでるところは協会長(ていうのかな)の出身母体があり、かなりレベルが高いと言われてるそうです。
T大学日本拳法部(香川高校少林寺部卒業生毎年含む)は自衛隊の空挺に団体で勝てる実力だとか。
が、東日本とずいぶん技術が違うとなると・・・

限界突破系とは、本人の生まれ持った潜在力の上限を引き上げるというような意味で使いました。
実能力系とは、本人の生まれ持った潜在力の上限までの到達がスムーズであるという意味で使いました。
非常にわかりずらくすまんすまんですが。
少林寺に足りてないところが埋まるんちゃうかと書いたのは、
少林寺で学んだ様々なことのノビシロ(戦略)を実験する(戦術)の時間が絶対的に足りないと思ったので。
他武道の方が能力頭打ちの段階で少林寺やれば、吸収するものも多く、限界突破するんちゃうかと。

研究不足の癖に長文失礼しました。
もちろん、乱捕りの多くとれる支部、ハイセンスな武道家はまったく上記外です。

281 あぼーん :あぼーん
あぼーん

282 あぼーん :あぼーん
あぼーん

283 テツ :2003/08/11(月) 11:09
>>281
前に所属していた支部では、
 ・作務
 ・鎮魂行
が全てに優先していました。
作務がきちんとできない時は全員集められ、数十分延々とお説教されることもあり。
(学校の武道場を借りていたので、特に更衣室・トイレが汚い)
「武道のつもりでいるなら他武道へ行け!強くなりたいだけなら空手でもやればいい」
と言われたこともありました。(みんなに対してね)
(皆、作務をさぼっていたわけではないけど、早い時間は人が、特に大人が少ないので、
 子供をきちんと仕切れない状態)
稽古は筋トレ・基本が主(運歩以外は自宅でできるような内容)。
時間が足りなくなって、まともに相対(技術)練習できないこともありました。
特に少年部は、基本練習だけで解散ということが少なくなかった。

少林寺拳法としては作務・鎮魂・鍛錬のバランスの良いのが理想なのでしょうけど、
和気藹々、楽しく伸び伸びと稽古できる環境が一番だと思います。
アップルさんの話題とちょっとそれてしまったけど、「先生の質」については、
やはりここでは書けませんねぇ・・・(-_-;。

【他人に見える悪い部分=自分も持ってる悪い部分】と聞いたことがあります。
自分にも戒めなきゃならんですが、みんながそう思えば人間関係はうまくいくのだろうなぁ。

と書いてぐちゃぐちゃになってしまったので、sage

284 アップル :2003/08/14(木) 13:19
>【他人に見える悪い部分=自分も持ってる悪い部分】
ぬ、イタイイタイ。。

285 138B :2003/08/20(水) 17:44
>>283
>時間が足りなくなって、まともに相対(技術)練習できないこともありました。
ははは、そんなのどこも同じだよ。
でも乱捕りはやる!(法形もやりたいと思うこともある)

286 Lamhfhata :2003/08/22(金) 01:00
乱捕り・・・
最近はFree乱捕り(双方攻撃可+α)をやらないところが寂しいですね。
町道場でも「しっかりと乱捕りをやってるんだぞ」という所にこだわって10年程
やってきましたが、いろいろ制約があったりでもう厳しいかも知れないと今痛感しています。

移動突きにしろ、ミット+胴着用で当てながら連攻を身に叩き込んでいた時期が
懐かしく思えます。

287 RUSHER :2003/08/22(金) 05:45
>>286
まあ、せめぎあいですわな。
すごく語弊があるのを承知で一言で表すと、問題は

悪しき標準化 対 佳き個性

みたいな? (;^_^A

自分はLamhfhataさんとこの道院の個性が好きだよ。

288 615 :2003/08/22(金) 07:28
>いろいろ制約
とはなんでしょう?

289 138B :2003/08/22(金) 09:00
>最近はFree乱捕り(双方攻撃可+α)をやらないところが寂しいですね。
あ〜、う〜、
やりますか?
合宿来れば良かったのに・・・
乱捕り三昧でした(双方攻撃可)、子供達に怒られちゃいましたよ。
「大人ばっかり遊んでる・・・」と。

290 Lamhfhata :2003/08/22(金) 16:36
ここの所少林寺に対していろいろと考えることがありましてついつい
書き込んでしまいました・・・

>RUSHERさん
自分の解釈が間違ってなければおっしゃる通りかと(笑)
「やっぱり乱捕稽古は必須よ!!」というMinorityな方々を受け入れるよう
な環境であるのが自分の支部の個性の大きな部分だと思ってます。

>615さん
・借りている場所の時間的制約
・本部が訴訟で乱捕に神経質になっているらしいのでそれを受けての乱捕上での技術面の制約
・上記2点と多少関係があるのですが、ガチで体力が切れるまできないという制約
(もちろんガチについては合意した相手としかやりません。しかし、ガチ乱捕ができないと
いうことが10代、20代の層が町道場に少ない理由の一つだと思っています。)
個人的にはまだまだあるのですが、道場全体の乱捕として語るのは微妙なのでざっと挙げると
こんなところでしょうか。

>138Bさん
合宿で双方攻撃可の乱捕をやるってのは初耳でかなり驚きました。
基本・法形・少年拳士の川遊びというイメージだったので(笑)
後、Free乱捕(+α)は行った方がいいかと思います。
相手との駆け引きの部分が深く養えると自分は考えています。

291 アップル :2003/08/22(金) 17:04
>本部が訴訟で乱捕に神経質になっているらしいので
最近の話ですか?

292 Lamhfhata :2003/08/22(金) 17:58
>本部が訴訟で乱捕に神経質になっているらしいので

いや、数ヶ月前の乱捕の時に怪我をした拳士が訴訟を起したりする場合があるから
本部がうるさいので気をつけるようにと師匠に言われただけなので、
最近かどうかまでは分からないです。

推測するに、多分怪我をした方が監督責任かなにかで訴訟を起そうとした(起した?)
のかもしれませんね。
「好きでやってるのに怪我して訴訟かよ」と鼻で笑いましたが(笑)

293 615 :2003/08/22(金) 18:18
Lamhfhata さん,丁寧な書き込みありがとうございます.

>怪我をした拳士が訴訟を起したりする場合があるから
欝ですな.具体例がわからないのでなんとも言えないけど,鬱ですな.

294 アップル :2003/08/22(金) 18:55
Lamhfhataさんお返事ありがとうございます。

>多分怪我をした方が監督責任かなにかで訴訟を起そうとした
つまらん、、お前のやることはつまらん。。
怪我がなんぼのもんじゃー、怪我したくらいがんばったぞ!って思ってほしい。

>「好きでやってるのに怪我して訴訟かよ」と鼻で笑いましたが(笑)
ステキです!

295 138B :2003/08/23(土) 22:37
>>290
>合宿で双方攻撃可の乱捕をやるってのは初耳でかなり驚きました。
道院ごとに分かれて練習する時間があったもので。

296 40過ぎ拳士 :2003/08/26(火) 15:30
御無沙汰しております。旧「40前拳士」です。
(要するに、最近40になったということね…)
ひょっとしたら、9月には一時帰国するかもしれません。
その際には、是非オフに参加させて戴きたいと思っています。

私は渡米して5年になります。
こちらに来てからは満足な練習が出来ておりません。

Rusher さん・138B さんとは、
ひょっとして関フルか東コンでお目にかかったことがあるかもしれませんね。

297 615 :2003/08/26(火) 15:50
よしっ続きはマターリスレへ!!

298 K :2003/09/11(木) 00:20
私は現在正道会館で空手をしています。(大剣氏5段)
先週の日曜日正道の全日本大会あがあり、
少林寺軍団が演舞していました。私はどちらも好きなのですが
これはおかしいと思います

299 615 :2003/09/11(木) 00:32
こういう話はたまに聴きますが,ほんとにあるんですね!?

Kさんが「これはおかしい」と思うことについて,もう少し詳しく教えてくださいませんか?

300 アップル :2003/09/11(木) 00:34
Kさんこんにちわ。

空手の大会で少林寺が演武してることがおかしいっていってるの?

その少林寺軍団は少林寺拳法の団体ですか?
どっかの中国の方たち?

後者なら別にゲストで呼んだんでしょ?ならいーじゃんですけどねぇ。

301 Syami :2003/09/11(木) 01:26
うーん・・・極めて批判の多かった正道会館との付き合いって
まーだしぶとく生きてたのかなぁ?
でも、何故に??

302 RUSHER :2003/09/11(木) 01:55
数年前帰山したとき、当時の宗会長の法話で、
正道会館のK-1か何かの大会において少林寺拳法のアピールをした経緯と理由を
聞きました。それは全然変な話ではありませんでした。わりと納得しました。

この手の話は山の外へは、一部の無理解と邪推が混じって
歪んで伝わることが時々あります。
リテラシー教育の欠陥を感じます。

303 K :2003/09/12(金) 00:39
正道会館との関係について、
少林寺の大会に、正道会館極真会館が招待され、瓦割りをはじめたら
どうでしょうか?少林寺剣士が良い思いするでしょうか??
ちなみに、白蓮会館の団体もいまして、不思議な感じでした。
>302さん、私は思うに、開祖がいたらこのようなことはしないと思われます

304 名無しさん@いらっしゃい :2003/09/12(金) 01:09
>正道会館極真会館が招待され、瓦割りをはじめたらどうでしょうか?少林寺剣士が良い思いするでしょうか??
なぜ?自分たちよりも強そうだから?
彼らには彼らの考えがあり厳しい練習の結果の一つとして、瓦割をしているのになぜそれを
険悪な目で見るの? そんな人、根性曲がってるんでない?
それに他流を見るというのはいいことでは?

>白蓮会館の団体もいまして、不思議な感じでした。
少林寺と白蓮が同じ会場にいることがですか?

>開祖がいたらこのようなことはしないと思われます
開祖は大いに尊敬できる人だが、神ではないよ。

305 RUSHER :2003/09/12(金) 03:19
>>303
>302さん、私は思うに、開祖がいたらこのようなことはしないと思われます

そう思うのはあなたの自由ですが自分は賛同しません。
そもそもあなたは開祖ではありません。遷化された開祖をもちだして自分の発言の
偽りの論拠とするのは、かなり不遜な行為だと自分は考えます。

すいません。言葉がきつくなりました。
自分は教条主義や思想統制が大嫌いなのです。

>少林寺の大会に、正道会館極真会館が招待され、瓦割りをはじめたら
>どうでしょうか?少林寺剣士が良い思いするでしょうか??

そのくらいのことで「良い思いをしない」ような拳士は、そもそも教育不足である
というのが私の解釈です。
私だったら、そんな場に連れて行く後輩の拳士には、予め瓦割りを実体験させて
おきたいものだと発想します。その上で、
「でもね、瓦はやっぱり屋根に葺くものだよね〜」と、開祖の教訓を教えておきたい。
そう考えます。
つまり、思想的ワクチンを事前に接種するということです。

306 RUSHER :2003/09/12(金) 03:56
自分は>>302で、そのときの話の内容を全然書いてなかったので、ちょいと補足。

>>303
>少林寺の大会に、正道会館極真会館が招待され、瓦割りをはじめたら
>どうでしょうか?

それを見たら思考上、揺さぶられますよね。カルチャーショックのような、ね。
その揺らぎから、拳士によって、いろんな発想をするでしょう。
おおすげえ、俺もあんなになりたいと思うかもしれない。
ああ、あの瓦もったいない、と思うかもしれない。

どう思おうが拳士の勝手だし、どう思うかを統制するのはよくないでしょう。
自分で考えることですからね。

ただ、ワクチンくらいは打っておきたいし、ワクチン未接種にしても、
その光景どう解釈するかについて、自分なりのフォローは入れるでしょう。

で、自分の意見としては、大事なのは元々の「揺さぶり」なわけです。
拳士が普段目にしないものを見て「揺さぶられること」を、自分は実に面白いと思うのですよ。

「見せない」のは駄目。「揺さぶり」がなくなってしまいますからね。目にすることは、
せっかくのいい経験なのだから、その機会を奪うのはよろしくないです。

宗会長の話も、わりとこちらの路線でした。
フルコンタクト空手の、勝敗を決する大会において、彼らとはまったく異質な
少林寺拳法の思想のアピールをしたことにより、たぶん観衆(父兄を含む)はかなり
「揺さぶられた」だろう。どんな結果が出るにせよ、それが面白いではないか。
てな感じでした。

自分はイタズラ者なので、そのイタズラ心に、聞いてて笑いましたよ。

307 アップル :2003/09/12(金) 09:18
>白蓮会館の団体もいまして、不思議な感じでした。
一応オープンな大会なんですよね?主催が正道ってだけで。
白蓮会館の選手もそこそこな成績残してたみたいだし。別に不思議な話じゃ
ないと思いますけど。

ラさん
>どんな結果が出るにせよ、それが面白いではないか。
確かに、人それぞれ感じるところは違うでしょうからねー。
人に何かを感じてもらうってことは面白いですねー。結果は関係なく。

308 アップル :2003/09/12(金) 12:38
40代空手バカさんいいこというなー、さすが経験者。

>自由乱捕りをやったこともなければ、実際に殴る蹴るの痛さを体験したことのあ
>る拳士はごく少数しかいないのが実態です。
結構やりたくても各支部の支部長の方針や環境でできない拳士もたくさんいるんだよね。
けど、自ら行動してその環境をうまく変えていこうとする拳士は少ない。
私は運良く丸廉に出会えたから体験したことを少しづつ支部に取り入れていくつもり。
それで乱捕の重要性や楽しさを体感してもらって乱捕りやりたいって雰囲気つくり
をやらなきゃ先生たちも動かないよね。
うちも簡単な限定乱捕を中高生にやらせたけど次第に一般拳士も混ざってきたし、
支部長も積極的に指導してくれました。ニヤリ(・∀・ )

皆さんも乱捕やりたくてウズウズしてるんだったらなにか事を起こしてみてはいかが?
それで怒られたってかまわないさー。私は責任とりませんよ(w;

ROMってばかりじゃつまんないでしょ?とりあえず丸廉に参座してみよー
と新規参座者募ってみた。。

309 615 :2003/09/12(金) 15:16
いま>308がいいこと言った!!

310 Lamhfhata :2003/09/12(金) 16:49
>皆さんも乱捕やりたくてウズウズしてるんだったらなにか事を起こしてみてはいかが?

自分が今の道場に転籍した時に師匠に乱捕の必要性を直訴した所、通常稽古で乱捕を
行うことができるようになりました。
(自分の場合、師匠に理解があったことが大きかったのですが。)
反対を受ける等の困難もあるとは思いますが、真剣に乱捕を導入しようとしている
拳士を自分は影ながら応援します!!

311 ワタ :2003/09/13(土) 15:11
私の通っている道院では、乱捕稽古がなかなか定例化しませんね。
道院長先生は武道に対して厳しい見方を持っており、先生として素晴らしいです。
先生自身は昔はイケイケの乱捕マンだったようですし。はっきり言って恐い人です。
が、現在稽古のカリキュラムとしては組み込まれていないのが現状です。
たまにやると「勝負っ」的な雰囲気になってしまい、稽古になってるのかどうか。

以前話に聞いたのですが、正道会館の大会の時に、少林寺デモチームが乱捕りや演武を
見せたりすることがあるようですね。
以下の方とは昨年、某乱捕稽古の際にお相手してもらったことがあります。
凄かったです。

http://www5.ocn.ne.jp/~yaoton/shibuchou.html

312 K :2003/09/15(月) 09:15
少林寺の乱捕り、しょぼかった

313 アップル :2003/09/15(月) 10:22
>312
なんだ、釣り氏か。
そんなら帰ってヨシ!!

314 615 :2003/09/15(月) 14:19
まあまあ,アップルさん.
寂しくなったらまたおいで〜

315 y――┛~~~~ :2003/09/16(火) 15:07
丸廉のアドレスを2ちゃんの少林寺系スレに載せるのは迷惑でせうか?

316 ビスキュイ :2003/09/17(水) 18:02
>315さん

たまーに615期生さんが貼りつけてたりします。
以前は結構毎回宣伝貼りつけしてたのですが,丸廉HPも開設したので
最近はあまり貼りつけてはいないかな〜。特に迷惑ということはないと
思いますが?

317 615 :2003/09/17(水) 18:26
大歓迎でございりまする.
煽ってくれてもいいyo!

318 y――┛~~~~ :2003/09/18(木) 09:45
了解です。たまに煽ってみます。
では・・・

319 半変身蹴 :2003/09/19(金) 00:46
ミ,, ゚Д゚ ,彡タソ発見!!

(・∀・)♪ニヤニヤ

320 半変身蹴 :2003/10/05(日) 19:43
論戦を挑む。
というか、最近疑問に感じて「まるかど」の存在意義を問う。

①なにが目的ですか。運用法ですか。
②某千葉とはうまくいってますか。
③少林寺の発展のために心に期するところはあるのですか。
④そして少林寺で強くなれるとどこまで信じていますか。
⑤心からそう思いますか。
⑥では、少林寺の問題点をどう思いますか。


以上、マジですよ。今日は遅くまで起きてるので、マジで頼みますよ。

321 615 :2003/10/05(日) 19:55
じゃまず①ですね.

322 半変身蹴 :2003/10/05(日) 20:01
①ですか。どうぞ。

323 615 :2003/10/05(日) 20:25
>①なにが目的ですか。運用法ですか。
参坐者それぞれによって目的はあるでしょうが,
私の場合は,少林寺がこのような(演武偏重・内部マンセーなど)状況が続くようならば,
間違いなく坊さんダンスになってしまうという危機感から,なにかできることはないかと考えた.

実際の「私」は目的は,HPの充実にこそある.
乱捕りをしましょうと言っても,多くの拳士はその導入の仕方・練習方法がわからない.
例えば,多くの拳士に見られる,乱捕り=ガチ.よって危ない.怖い.という誤解.
また乱捕り稽古と乱捕り試合の区別が付かないという認識の低さ.
だから,乱捕りに対しての意識のあり方や,その乱捕り稽古の導入法や稽古法をたくさんHPに挙げて
すこしでも乱捕り稽古に理解をもってほしい,やってほしいという願いがある.
「乱捕りをして欲しい」と言うか,「乱捕りもして欲しい」と言う感じかと.

HP存在については,
上記のことに対して,私のような小さいものが発言する為には,ネットは便利なツールであった.
またいちいち毎回2ちゃんに同じレス書くのもめんどくさかった.自分で作ったHPに書いた方が後々楽だ,との理由もありました.

当初の目的には,2ちゃんの煽りに対してこのまま掲示板のみで討論していくことに無力感を感じていたので,
動いたほうが早いという意識により,始めた,言われぱなしは悔しかったと言うこともあった.
とはいえ2ちゃんでは,少なからず少林寺の現状や未来について的を得ていると感じるものもあったので,何もしないのも気持ちが悪かった.
むろん単純に自分が乱捕りしたいという目的ももちろんある.
また現在は丸廉メンバーと会うことが単純に楽しい.
これらも目的に入るでしょう.

話の方向性がまだよくわかりませんので,またレスします.その方がよりお互いに理解ができそうですので.
それと「目的が運用法ですか」という問いはよくわからないのでもう少し,詳しくお願いします.
今後レス内容が①-⑥で重複してくるところもあるでしょうから,それは柔軟に混ぜていければと思います.

先に「①から」と言いましたが,
②について加えさせていただきます.
この問いがどのように「丸廉の存在意義」にからむかは解かりませんが,
ぶっちゃけピーンとこない問いです.(^_^;
とはいえ多分あのことだろうと思いますので,答えは,
「うまくいってます」です.

駄文申し訳ない...
(ちなみに私はいま修羅場なのでレスが遅れても怒らないで下さいね.)

324 半変身蹴 :2003/10/05(日) 20:40
②ですか。千葉のSさんね。
彼は少なからずおっちょこちょいなので、何か勘違いしてんだろうと思う。
話の方向性ということは僕自体いい方向のもっていきたいですが。

あなたたちは母道院がありますよね?
卍はずして練習会してるわけではないんでしょ。
それは、関東の一部の一部の道院が集まってしてるのですか。
それとも母道院には内緒の出来事なのですか。
あるいは了解を橙からもらっての練習会ですか。

325 615 :2003/10/05(日) 20:40
(;´Д`) ああ,せめて省略されないような長さで書こっ...

326 615 :2003/10/05(日) 20:42
私は,一般支部(大学支部でなくて)の所属です.現役です.
私は支部長には言ってますよ.

327 半変身蹴 :2003/10/05(日) 20:53
>615さん
修羅場・・・ようわかるので無理のない程度にレスくれたら十分です。

例えば、②ちゃんみて支部長に内緒で「まるかど」に参坐(?)されてる方はいますか。
僕はヘタレですが四国の道院で道場長してます。
忌憚ない意見が本部に対してあるなら是非とも聞いてみたい。
あなた方との距離を埋めてみたい。

328 半変身蹴 :2003/10/05(日) 21:03
実際、首都圏で乱捕りするところが少ないというのは、ほんとの事実ですか?

329 半変身蹴 :2003/10/05(日) 21:05
「まるかど」って一人歩きしてないのですか?浮いてはいないのですか?

330 RUSHER :2003/10/05(日) 21:06
>>320
設問が不適切と思う。
定義がないために恣意的な解釈ができる。
「強さ」「少林寺の問題点」
語意が暗黙に合意されていると思い込んで議論を進めると、必ず迷走するので
もっと設問を明瞭な語意で形成して欲しい。

……これだけだと素っ気無いから一点だけ。
「RUSHERは丸廉を含むすべてのオフ会活動を支部長に報告している」

331 615 :2003/10/05(日) 21:10
>327
もっと急がないと間に合わないと言うイメージ.
これはあくまで,私の私感ですが
本部は乱捕りやらせたがってるように感じます.
したくないのは,支部長であり,県連であったりという「イメージ」です.

>328
実感として,少ないと思います.
また昇段試験のときの経験や,武専・合同練習で聞く限り,私の範囲では,
やってると言ってくれないですね.

332 半変身蹴 :2003/10/05(日) 21:11
>>330
では、「まるかど」での活動が、自分の母道院に還元されておるのですね?

333 615 :2003/10/05(日) 21:11
外から見て一人歩きしてると言われれば,私から否定することはできませんね.

334 アップル :2003/10/05(日) 21:14
首都圏だけじゃないと思いますよ。
①乱捕りやらない。(指導者意向)
②乱捕りできない。(門下生のレベル、防具などの問題、子供が多い、幼稚園児とか。あと時間ね)
③乱捕りやりたくない。(門下生意向)

支部によりさまざまな理由があり、やりたくてもできない拳士がいっぱいいるのも事実です。

335 RUSHER :2003/10/05(日) 21:14
>実際、首都圏で乱捕りするところが少ないというのは、ほんとの事実ですか?

そんなもん、全道院に事情聴取して統計とってみないとわからないでしょう。
ただ、地方武専でクラス内で「道院で乱捕やってるか?」という話になって、
結果ほぼ全滅だった、という話を138Bさんから聞いたことはありますが。

とにかく、信憑性疑わしい(確認されていない)噂を元にいかなる説を
組み立てたところで胡散臭いだけなので、自分は関心を持ちませんが。

>「まるかど」って一人歩きしてないのですか?浮いてはいないのですか?

浮く以前に、いったいどのくらい「まるかど」の名と活動が拳士の間に知られて
いるのか、そっちのほうが疑問ですがね。

336 615 :2003/10/05(日) 21:15
>浮く以前に、いったいどのくらい「まるかど」の名と活動が拳士の間に知られて
>いるのか、そっちのほうが疑問ですがね。
すげー同意w

337 半変身蹴 :2003/10/05(日) 21:16
>本部は乱捕りやらせたがってるように感じます.
これは会報からのイメージですか?
>したくないのは,支部長であり,県連であったりという「イメージ」です
なるほど、あなた方は「まるかど」で貴重な経験を積んでらっしゃる。
では、自分の道院では一体なにをしてらっしゃるのですか?

338 RUSHER :2003/10/05(日) 21:18
>では、「まるかど」での活動が、自分の母道院に還元されておるのですね?

うちの道院の拳士、武専での稽古相手の拳士、出稽古先の道院の稽古相手の拳士、
出身大学の拳法部の後輩、どこへでも誰へでも還元します。当然でしょ。

339 アップル :2003/10/05(日) 21:19
私は丸廉の活動を通じて、うちの支部でも乱捕の練習を取り入れられるように
環境作り、導入の練習の提案と少しづつですが動いていますよ。
支部長も理解してくれています。ただ環境つくりは難しいですね。

340 615 :2003/10/05(日) 21:20
本部のイメージ
会報もありますし防具つくってるところ,
それに最近の学生大会の運営要項には「乱捕りはしたほうが好ましい」という
記述があったとも聞いています.この話は私が見たのではないですが,話し手が
近い人なので鵜呑みにしてます.

私の道院はもともと乱捕りする道院なので,丸廉の還元は,新しい稽古法のGetがメインになります

341 半変身蹴 :2003/10/05(日) 21:20
>外から見て一人歩きしてると言われれば,私から否定することはできませんね

別団体に移行する可能性もあるかも、ということですか。

342 でんべえ :2003/10/05(日) 21:22
私の場合はスパーに行った次の練習のときに、自分がそこで学んできたことを
皆の前で発表させられます。
私の場合、交通費などが馬鹿になりませんので、少しでも元をとるために
自分の道場に還元してレベルアップをはかっています。
(貧乏性な私)

343 615 :2003/10/05(日) 21:23
私は少林寺が好き好きでたまらないし,
来てる人もあまりにも少林寺が好きすぎる人ばかり・・・
そして少林寺がもっと好きになって帰って行ってる(と思う).

>別団体に移行する可能性もあるかも、ということですか。
こんなことするなら,とうに別の団体に転籍してます.ありえませんねー.

344 半変身蹴 :2003/10/05(日) 21:24
>どこへでも誰へでも還元します。当然でしょ
>丸廉の還元は,新しい稽古法のGetがメインになります
>私は丸廉の活動を通じて、うちの支部でも乱捕の練習を取り入れられるように

ああ、そうだったですか。大変失礼いたしましたm(_ _)m

345 RUSHER :2003/10/05(日) 21:24
丸廉に自分が求めているのは人間(拳士)。
熱い拳士がいる場に、熱くなりそうな拳士を連れて行くと、化学反応が起きてまた一層熱くなる。
あー。おもしれー。自分も元気になる。

346 615 :2003/10/05(日) 21:25
元気になれますな.
そうですね,結局人間を求めてますね.

347 RUSHER :2003/10/05(日) 21:26
>別団体に移行する可能性もあるかも、ということですか。

数年前に一度支部長に、「もし先生が別派に移られたら私もついていく立場にあります」
と申し上げたら、「移ることはないよ、門下生がかわいそうじゃん」とお笑いになりました。

348 半変身蹴 :2003/10/05(日) 21:28
なるほど・・・アップルさんの意見が胸に響いた。
僕はだいぶと勘違いをしていたのかもしれません。
もう一度たずねますが、関東の他の支部ともめたりはしていませんよね?

349 615 :2003/10/05(日) 21:29
>347
うぅマジでいい話だ.グッときまスタ

350 615 :2003/10/05(日) 21:32
>関東の他の支部ともめたりはしていませんよね?
もめてません

351 615 :2003/10/05(日) 21:40
>320
名前: 半変身蹴 投稿日: 2003/10/05(日) 19:43

論戦を挑む。
というか、最近疑問に感じて「まるかど」の存在意義を問う。

①なにが目的ですか。運用法ですか。
②某千葉とはうまくいってますか。
③少林寺の発展のために心に期するところはあるのですか。
④そして少林寺で強くなれるとどこまで信じていますか。
⑤心からそう思いますか。
⑥では、少林寺の問題点をどう思いますか。

352 アップル :2003/10/05(日) 21:41
>関東の他の支部ともめたりはしていませんよね?
聞いたことありませんねぇ

353 半変身蹴 :2003/10/05(日) 21:41
>もめてません
ああ、よかった。ふう。
本部からの技術ではもの足りませんか。
ああ、これは突っ込まれるけど、なにがどう足りませんか・・・

354 RUSHER :2003/10/05(日) 21:43
ちゃんと把握してないけど、特定の支部とも県連盟とも、現状もめてないんでしょ?

355 アップル :2003/10/05(日) 21:43
>本部からの技術ではもの足りませんか。
これの意味がわかりません、どのような技術ですか?

356 615 :2003/10/05(日) 21:44
>本部からの技術ではもの足りませんか。
これはなんとも.本部講習はたのしかったですし.
しいて言えば,遠いからお金が.
それに回数が少ないから.丸廉はま毎週でもできるし.
内容よりも頻度的なものかなと.でもこれは仕方ないし,
それこそ個人同士でやればいいことですからね.

でも武専は物足りないです.

357 615 :2003/10/05(日) 21:46
>ちゃんと把握してないけど、特定の支部とも県連盟とも、現状もめてないんでしょ?
私も知らないけど...誰かもめてるのか!?

358 アップル :2003/10/05(日) 21:47
来週本山行くぞー!!かなり楽しみー!!ROMってるかもしれない特昇の皆さんがむばってねー

359 RUSHER :2003/10/05(日) 21:48
本部からの技術がものたりないというよりも、
身体に入れる練習が不足していて、せっかく教わったことも単なる知識になり下がっているから、
かような頭でっかちなアンバランスな状況を是正するために、もっと道院で修練をつみたいし、
丸廉のように志の似通った拳士集う場でも修練したいし、習得に適する練習メニューの情報を交換したいし、
ってとこかなあ。

360 半変身蹴 :2003/10/05(日) 21:50
>>355
まあ、例えば615さんは、本部が乱捕りをさせようとしている、というイメージがあるとおっしゃった。
ローキックうんぬん、立合評価法うんぬん・・・はたまた段ごとの法形うんぬん・・

361 半変身蹴 :2003/10/05(日) 21:54
>私も知らないけど...誰かもめてるのか!?

・・・では、さきほど「あのことを言ってるんだろう」とおっしゃってたのは?
はっきりじゃなくていいですから。

362 半変身蹴 :2003/10/05(日) 21:56
>>359
なるほど、よくわかりました。

363 615 :2003/10/05(日) 21:57
?
千葉といえば,おそらく半変身蹴さんの仰ったことで相違はないでしょう.
でも私としてはあれは揉めてる気はなく,もともと印象にも薄かったので,
「あれは千葉だっけた???」「確か千葉だよな・・・」というかんじで
「あれだな.かな?」という発言になったのです.
あやふやで申し訳ない.

364 半変身蹴 :2003/10/05(日) 22:00
つまり、格闘空手の選手のことですよね?
実は僕も今日、気付いて気になったのです。

365 RUSHER :2003/10/05(日) 22:01
>>ちゃんと把握してないけど、特定の支部とも県連盟とも、現状もめてないんでしょ?

>私も知らないけど...誰かもめてるのか!?

あんたが知らんのじゃったら、誰が知っとるゆうねん! (^_^;)

366 615 :2003/10/05(日) 22:02
相違は無いかと

367 615 :2003/10/05(日) 22:03
>あんたが知らんのじゃったら、誰が知っとるゆうねん! (^_^;)
愛の戦士ビスクイさんが,独りでどこかで踏ん張っているのかも.
そのストレスでついつい食べす・・・自粛

368 RUSHER :2003/10/05(日) 22:06
>>367

 合掌

369 半変身蹴 :2003/10/05(日) 22:11
・・・実は聞きたい主は②にありましたm(_ _)m
あの御仁は決して悪いヒトじゃないので・・・
「②ちゃん支部とかいう・・・そのうちぶつかるかもよ」
とかって。
「こりゃ、どういうことになっとんだろ!?あっちは」
うん、まるかどはひょっとしたら武闘団体か!?やばい方向なのか?
と思ったんで(・∀・)

370 615 :2003/10/05(日) 22:18
えぇ,誤解であったことは存じ上げてますよ( ・∀・)

371 ビスキュイ :2003/10/05(日) 22:20
Syamiさんから連絡もらったのですが…ちょっと乗り遅れたかな?いかんせんまだ外なので…。ところで千葉ってなに?なんだろ?あれかな、Yahooの方のB大さんとか?

372 615 :2003/10/05(日) 22:23
①について,他にはありますか?

373 ビスキュイ :2003/10/05(日) 22:23
B大さんだとしたら以前にYahooの方でお話して理解いただいたはずなんですが…

374 半変身蹴 :2003/10/05(日) 22:28
・・・やっぱあのおっさんの勘違いか。
僕は「2ちゃんねる」もあのおっさんに教えてもらってからなのですが。
そのくせ、ずいぶん怒ってるみたいなので、てっきり。
なにか「まるかど」に問題があるのか、と思ってしまいましたよ。

どうも、大変すみませんでしたm(_ _)m
皆様を不愉快にさせてしまったことを申し訳なく思います。
まあ、でも楽しかったのでまた突きこみさせてもらいますよ(・∀・)♪

375 615 :2003/10/05(日) 22:30
マターリスレの1331をどうぞ.

376 半変身蹴 :2003/10/05(日) 22:39
①についてですか。
みなさんは「楽しく少林寺拳法を楽しんでいらっしゃる」
これでいいんじゃないですか(・∀・)これが全てじゃないんでしょうか。難しい事抜きで。

僕はみなさんほど頭良くないので、少し近寄りがたい雰囲気もありますがけど・・
わかってくださる方もいると思いますが僕も考え方は「まるかど」と同じです。
以前から、活動に賛同しています。今日はちと誤解してましたけどね。

377 半変身蹴 :2003/10/05(日) 22:47
>375
・・・驚いた。僕は恥をずっとさらしとったということですな。
ヒト騒がせなおっさんやのう。たまにはヤフーも見るようにします

378 ビスキュイ :2003/10/05(日) 22:51
誤解が解けてよかったです(^-^)
しかし2ch全体と武板少林寺拳法スレと2ch支部(丸廉)を混同さ
れる方もいるみたいだから話をする時には注意が必要かもしれませ
んね〜。

379 615 :2003/10/05(日) 22:58
まったく,私ももっと気をつけないと( ・∀・)
ナニッ!? 2ch支部←がいかがわしいって?

380 ビスキュイ :2003/10/05(日) 23:00
いや、いかがわしいのはアナタだけ

381 半変身蹴 :2003/10/05(日) 23:11
ほんまにえらいすみませんでした。
ビスキュイさんもわざわざ外からありがとうございました。
・・・思わずひとりで殴りこみをかけん、としておりました。
ラッシャーさんにボコられなくてよかったです。恥ずかしいのでしばらく2ちゃんから消えます・・・
みなさま、ごきげんようm(_ _)mでござりまつ(・∀・)

382 Syami :2003/10/05(日) 23:22
>しばらく2ちゃんから消えます・・・

そのような事おっしゃらずに。誰も気にしてなんぞいませんよ。

383 ビスキュイ :2003/10/05(日) 23:23
>半変身蹴さん
消えないでくださーい!ボコりツッコミ殴り込み大歓迎♪守主攻従
の技術体系を支えるのは攻者の強力な攻撃なのですから(^-^)我々
もいつ自己満足に陥らないとも限りませんから、これからもガンガ
ンとツッコミをお願いしますm(__)m

384 RUSHER :2003/10/05(日) 23:48
自分はいまだに千葉云々は何のことだかわかりませんが、まあそれはほっといて。

半変身蹴さん、
もし本山からお近いなら、来週帰山するというアップルさんと一献傾けてみるとかしてみては。
(^^)/▽☆▽\(^^)

自分も先月帰山したとき、半変身蹴さんに怪しい電波を送ろうかと思った。

385 半変身蹴 :2003/10/05(日) 23:52
syamiさん、ビスキュイさん、ありがとうございますm(_ _)m

そして、615さん、忙しいところこのバカの勘違いで大変ご迷惑おかけしました。
「まるかど」の活動を励みに、僕も頑張りますm(_ _)m

386 ビスキュイ :2003/10/06(月) 00:05
>らさん
たまにはヤフーの掲示板を見てみるのも一興かと(*^_^*)

387 半変身蹴 :2003/10/06(月) 00:07
>ラッシャーさん
ありがとうございますm(_ _)m
僕は徳島の片田舎に住んでおります。本部までは車で一時間半ほどです。
僕は遠方の帰山される方がどういうルートをとるのかあまり知らないのですが、
徳島空港には羽田からスカイマークが飛んでいます。高松よりも安いかもしれません。
徳島駅から多度津までは一時間半くらいでしょうか。
そしたら徳島で飲める(・∀・)がちと遠いか・・・

僕は現在、武専にはいってないのですが、来年もし復帰できれば、
みなさんが徳島空港まできて、僕が迎えに行って、僕のあばら家で泊まっていただいて、
その前にうちの支部で暴れていただいて、翌日の朝、いっしょに本部に行く、というのは、
かなり具体的な話です(・∀・)あ、特の日はこっちの武専とは重ならないんだったかなあ。

388 RUSHER :2003/10/06(月) 00:33

>>387
垂涎です。
そんなおいしい話を示されますと、武専本部で授業終了後に講堂で錫杖を教わりたい教わりたい
丸廉法器隊の面々が一斉蜂起するのではないかと心配です。(;^_^A

389 615 :2003/10/06(月) 00:55
まぁまぁお気になさらず.
これからもブンブン暴れてください!!

今後もよろしくお願いします!!合掌
( ・∀・)

390 半変身蹴 :2003/10/06(月) 22:17
>武専本部で授業終了後に講堂で錫杖を教わりたい教わりたい
キヨッっさん(・∀・)ニヤニヤ

>これからもブンブン暴れてください!!
とんでもないですよ。いじめられてるだけですよ2ちゃんには。合掌(^|^)
今後ともよろしゅうたのんますm(_ _)m

ちなみに四国では酒の強さがなにより優先されますから(・∀・)ニヤニヤ
アヤシイ電波待ってますよ(・∀・)ニヤニヤ

391 わんわん :2003/10/06(月) 23:23
>半変身蹴さん
はじめまして。
昨日のレス一通り読ませていただきました。
要は、S道院の方の勘違い 2ch=2ch支部 から生じた誤解でしたか。
S道院の掲示板にいろいろ書いてあるので見られるとよいかと。

392 みんみん :2003/10/07(火) 01:47
しばらくぶりで覗いたが、サーパリ判らん話が飛び交っている。
千葉? s道院? 今度誰かにきこっと。

393 RUSHER :2003/10/07(火) 02:06
>>391
それでも丸廉を2ch支部と呼ぶのは今でもやめたくないんでしょ? :-)
まあいいけど。
いっぺん、丸廉参座者の2ch武道版を見ている率を、調べてみたらどうかな。
案外と、五割を切ったりするんじゃないかな。

394 あぼーん :あぼーん
あぼーん

395 615 :2003/10/07(火) 12:56
 \从/
  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (;TДT)<あぁ,アップルさんをアボーンしてしまった〜
 ( つ  つ  \_______
  〈 〈\ \
  (__)(__)

396 615 :2003/10/07(火) 12:59
>393
いや〜私的には,2CH支部ははずしたくないな〜W
実際もう割合的には2ちゃん見てる人は少ないでしょうね〜
私だって最近は一日に一回しか見ない真人間に戻ってしまったし.

397 アップル :2003/10/07(火) 13:02
>真人間に戻ってしまったし.
ここに疑いをかける(w

398 615 :2003/10/07(火) 13:12
そうか,すまん!!ではあらためて,
私だって最近は一日に一回しか見ない聖戦士に戻ってしまったし.

399 半変身蹴 :2003/10/07(火) 17:40
>わんわんさん 見ましたよう!
僕がもっとしっかり見てたら「あわわ」というビスキュイさんらしき書き込み
にも気付いてただろうし、まったく恥ずかしいかぎり!
デジコミを見てたヒトならわかるでしょうが、ぶつかるはずのないもの同士がぶつかるのが
合点がいかなかったんで。

400 ビスキュイ :2003/10/07(火) 17:41
2chと言えば…

↓こんなの発見してしまいマスタよ。

142 :合気道 :03/10/07 15:32 ID:2Z4Fhj2x
はじめって少林寺工作員だろ?
俺が前に(mitsu)って名前で少林寺のふりして武道板に書き込みしてたら
すげえ反論してきたもんなw

 http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/campus/1065415327/l50

ま〜だ頑張ってたんだね彼は。総合は上達したのかなあ〜?

401 ビスキュイ :2003/10/07(火) 17:44
>半変身蹴さん

ご明察の通りbさんに事情説明したのは私でーす。あん時は私もビックリしますた。

402 アップル :2003/10/07(火) 18:09
>400
そういえば彼は自称学生でしたね。んでなぜ今度は合気道なんだろう・・?

403 ビスキュイ :2003/10/07(火) 18:10
>今度は合気道なんだろう・・?

sougoudaと書きこんでるみたいですよ。

404 わんわん :2003/10/07(火) 20:36
>親分

そのとおりっす。名前は2ch支部、これがいいなぁ。

405 でんべえ :2003/10/08(水) 17:57
>403
彼の話をうちの先生に話したら大受けでした。
「少林寺の技は使えない。だってプライドで少林寺の技つかってないじゃん。目打ちとか」
「眼への攻撃は反則なんですが」

次はどんなことを書いてくれるのやら。

406 アップル :2003/10/14(火) 10:47
講習の感想のほかに数点。。

・鎮魂行で瞑目の時間に携帯を鳴らしてしまった拳士がいた。
っていうか瞑目してなくて本部の指導員に注意されている拳士がいた。
「目をつぶって瞑目しなさい!」最近は少年部にも言ったことがないセリフ・・・
鎮魂やってない支部って結構おおいのかなー
位置的に赤卍の可能性大。
・礼をしない赤卍。
・結手せずにダラダラしながら話を聞く(聞いてないだろう)赤卍
・特昇においては・・ひどすぎだとうちの支部長が怒っていました。

私は初二段のグループにいたので高段者グループはわかりませんが
初二段はみんな積極的に練習(あたりまえか・・)していたので
こっちもテンションあがる!どんどん声をかけてきて「お願いします」と
合掌礼。みんないろんな拳士と練習することがいいことだと考えているのですねー

が、赤卍のダラダラした感じが目に付いて悲しかったです。後輩は背中をみているのですよ
赤卍さん、もちっとシュっとできんのでしょうか。上だという余裕からなのでしょうか?
本山で?
「支部長」という腕章をつけた拳士は積極的に指導員、先生をつかまえて
質問していました。一部の赤卍さん、卍が赤であることを今一度考えてみたら
いかがでしょうか?


っと自分の態度は棚に上げて言ってみた。

407 615 :2003/10/14(火) 11:53
それで,
おまいらみたいな赤万児にはならないよっっ!!
と思ったわけですね.

と誘導してみるテスト.

408 アップル :2003/10/14(火) 12:04
そんな赤卍にはならないぜょ!!

と誘導されてみた罠

っというか、3級をとった時点で見習いから見られていくわけで、赤卍に限った
ことではない話。
うちの支部には後輩がいないから・・って理由なんて成立しない。全国に
夢をもった見習いがいるわけで、黒帯なんて段外拳士のあこがれ(私はそうだった)
なわけで(純風に読むべし・・by北の国から)。

後輩からも目標とされる人間でありたいでつね。

409 615 :2003/10/14(火) 13:20
まったくです.
いまでも私はあんな黒帯にはならないぞ!!気分継続中(のはず)

侮りません,成るまでは.(成る?)

410 ビスキュイ :2003/10/14(火) 16:23
>そんな赤卍にはならないぜょ!!

ドキッ!

411 615 :2003/10/14(火) 17:45
俺はあんたみいなぷにっにならないよ!!(お約束)

>が、赤卍のダラダラした感じが目に付いて悲しかったです。後輩は背中をみているのですよ
>赤卍さん、もちっとシュっとできんのでしょうか。上だという余裕からなのでしょうか?
>本山で?
いまいちここらへんのイメージがわかないのですが.
安くないお金払って多度津までいってるわけだしねぇ.

412 RUSHER :2003/10/14(火) 18:08
地位の高い肩書きを持つと、その肩書きが、その人物を保護する役割を持つ。
つまり肩書き抜きのナマの人物(人としての格)を見透かされる機会が、どんと減る。

その肩書きに安寧した者は、立ち居振る舞いや言動に油断してしまいがちになる。
時にはいらぬ敵意を持たれてしまうこともある。

武を修める者にとって、こういった隙は命取りになる。
路上で公衆の面前でみだりに武技を露にするべきでないというのも同じ理由から。

413 桜楽卍 :2003/10/14(火) 22:28
私の道場では後輩が(と、言うかお子様が)多いので気が抜けません。
お子様なので、ちょっとでも気を抜いたり失敗すると相手が何段だろうと
遠慮無くツッコミいれたりしてきます。
指導の稽古には良い環境かも(w

しかし…私がまだ二級なりたての頃、一級試験控えてる先輩の練習相手させられた時に
知らない一級技があったのでその先輩に聞いたら「私に聞かないで」って言われた事もあった…

・・・試験で何するつもりなんだろう、とおもった(−−;

414 アップル :2003/10/14(火) 22:48
>「私に聞かないで」って言われた事もあった…
>・・・試験で何するつもりなんだろう、とおもった(−−;

試験で技知らないまま来る人って・・っというかそこの先生は確認までしないのかなー
知らないなら自主的に行くべきなのに。試験受けさえすれば落ちることはないよなんて思ってじゃないやろか。
まさかそんなことを教えてる指導者はいるまいな?なんてね。

実際、大体試験に来た拳士達は合格していく。私も過去5回の試験がありましたが不合格者はみたことないな。
不合格が出たって聞いたことはありますけど。

415 桜楽卍 :2003/10/14(火) 23:00
私も学科で不合格になった人は知ってるけど、実技で不合格は聞いたことないです。
一級までの道院内での試験だと本当に不合格者は居ないですな。そのせいか技練習で
指導にあたると構えすら出来てない茶帯や黒帯を発見してしまう事がしょっちゅう(´・ω・`)

416 アップル :2003/10/14(火) 23:30
>構えすら出来てない茶帯や黒帯を発見してしまう事がしょっちゅう(´・ω・`)
なぜその構なのかとかもしらなかったりしますからね。
講習中に川島先生をつかまえて切小手を聞いていた赤卍の方がいらっしゃいました。
川島先生曰く「まず理を知りなさい」と。横でそうだよなーと思って聞いていました。
ずばり攻者がハンマー投げの攻撃になっていなかった。
攻者が別の(手を握るだけだったけど)攻撃だったなら切小手でなく別の技が存在しますしねん
そういうこともやはり基本という範囲ではないかと思いますた。

417 615 :2003/10/15(水) 00:00
いますね〜,ていうか欝の最たるものよねん.
とはいえ自分も常に気を引き締め,脚下脚下〜せねば!!

最近は転地権すら知らないでくる椰子がいると,うちの先生は試験官するたびに
切れるから困るんだがw&欝

418 RUSHER :2003/10/15(水) 00:14
わしは支部長からの指示に従い、級拳士を実技で不合格にしたこともあるし、
宿題の書き直しを命じるのもザラ。

……落とすのマジで辛いのよ〜。
その子の宿題をワープロで打ち直して修正点を明示してやらなくちゃならないし、
定例稽古日以外の日に公民館とか道場とか借りて補習しなくちゃならないし、
本人にもその家族にもこっちにも、すんごいストレスがかかるんだもん。

419 RUSHER :2003/10/15(水) 02:58
ちとメモがわりに書いとく。

Quant plus adeptus foret。�ョ tanto se magis in lubrico.

 Tacitus。�ョ Annales

人は地位が高くなるほど、足元が滑りやすくなる。

 タキトゥス『年代記』

420 アップル :2003/10/15(水) 09:11
>……落とすのマジで辛いのよ〜。
試験管の苦
師の苦
関係者の苦
そして己れの苦
みんなに迷惑がかかるなー。
己れの資格は本物か?と自分に問う・・・ギクリ
がんばっていきまっしょい!

421 RUSHER :2003/10/16(木) 15:03
落とすと雰囲気締まるんでねー。一罰百戒ってことでしょ。
近頃のお子様達は零罰零戒のご様子。

422 桜楽卍 :2003/10/16(木) 23:23
>近頃のお子様達は零罰零戒のご様子。
まさしく。
試験で落とされる事も無いから試験を目標にして一生懸命に上手くなろうともしない。
上手くなる気が無いから人の話も聞こうとしない。
特に数回昇級試験を経験した緑帯以上にそんな子が多い気がする今日このごろ。

423 半変身蹴 :2003/10/16(木) 23:52
↑むせびながら激しく合意

どうすればいいんでしょうねえ・・・

424 熊狩 :2003/10/16(木) 23:59
ウチでは師匠の「受験OK」基準がなかなか厳しいため
皆ピリピリしてます(^^;

425 半変身蹴 :2003/10/17(金) 00:05
ちなみに・・・少林寺少年部委員会の重鎮の道場におじゃましたときの感想。
雰囲気厳しい(−−:)またボコスカとちっちゃいのがフル装備で乱捕りしてました。
そして・・・この道場では恐怖の・・・
「はい、〇〇君、少林寺拳法の沿革を一席たのむ!」
ゲストは汗かきながら宙でいならぶ少年部一般部に自分の無知を発表ハァハァ

426 615 :2003/10/17(金) 11:04
一般的にいって,少年部は幼稚園と化していると言っても語弊は無いと
思うのですが,そういう現実は知られないのかな・・・重鎮の方々は.
いや,ほんとかなり一般論だと思うのだが.

そもそもここ10年位でできた新設支部は,,,
支部作ったものの最初は人来ない.
いくら技できても,毎日一人で道院の作務ばかりでは,さみしい・・・
というわけで少年部を募ってみた・・・
思ったより一杯釣ってしまった・・・
手に負えなくなる.

という流れがあちこちで見られる気がするわけだが,どうよ?
(最近大罪スレ再読したから,言葉使いが・・・)

427 アップル :2003/10/17(金) 11:32
>というわけで少年部を募ってみた・・・
>思ったより一杯釣ってしまった・・・
>手に負えなくなる.
激同!
幼稚園化、、ほんとに危ない。一般が練習しているところにちょろちょろと
最近の子供って言っても効かないのね。投げ技の横でチョロチョロしてたら
事故って大変なことにもなりかねません。
だからおかぁさん達にむかって「この子はどこのお子さんですかぁー!!」
と叫ぶとおかぁさんがしっかり叱ってくれます。
キレずにちゃんと叱ってあげるって難しいねぇ。

この辺も含め練習カリキュラムとかちゃんと作成しないと統率とれない罠。

前の道院は練習マニュアルがあって先生や幹部がいなくてもそれにそって練習を
進めることができた。そのような環境作るには時間がかかりそうだなーと思う。

いきなりルールだけ決めても子供がつまらないってことになったら少林寺続けなくなるからね

428 RUSHER :2003/10/17(金) 11:41
親に叱らせるの?

子供に対して喜怒哀楽を即座にしっかり示したほうが、よくない?

429 桜楽卍 :2003/10/17(金) 11:52
園児〜低学年層や女の子達は割と練習に一生懸命です。
先日、練習前スクワットしてたら、間違って早く来ちゃった女の子が
横に来て一緒にスクワット始めた時は嬉しかったなぁ…

一番手に負えないのが高学年や中学生のボンズ共。
人の話聞けって言葉すら聞いてないし、すぐ遊び始めるし
注意してれば「ウルサイ」とか言うし。
酷いと挨拶すらマトモに出来ない香具師もいる(´・ω・`)

430 615 :2003/10/17(金) 12:08
少年はいちよう素直らしいから,こちらが真剣に教えればちゃんと聞くしちゃんと練習
してくれるという実感はある.でも私は五人が限界.それ以上ちと今の私には手におえない.

若輩の私が言うのもなんだが,最近のガキはなっていない.
以前帰省のおりに私の小学校に行くと,懐かしい先生がいて,最近の子供は・・・
と嘆いていた.ここ10年でとても悪くなったという.
今時,先生に敬語使う小学生はいないという.そういえば道場でも・・・
というか親もなってないんだが(;´Д`) 私が「こんばんはー」と言ったら
なんかよそよそしく頭下げてるだけとか.それじゃ子供はあいさつなんてできんわなと凹んだこと多々.

愚痴っぽくなってしまったが,たとえ週に3時間しか接してないとはいえ,
子供を叱るのは私たちの務めです.みなさんがんばってーーーーー,子守しましょうw

431 アップル :2003/10/17(金) 12:15
>親に叱らせるの?
手に負えない場合ですよん。できたことを誉めてあげると意外と
まじめにがんばってくれます。なぜか支部長にちょっとでも叱られると
ガクーっとへこむ少年部たち。
私はなめられてるのか・・・

>一番手に負えないのが高学年や中学生のボンズ共。
反抗期時期かな

432 RUSHER :2003/10/17(金) 12:15
大人の稽古の邪魔をした子供がいたら、わしはキレます。

即座につかまえてウサギかネコのように首をつかんで隅にひきずり
『二度とするな』と叱ります。
それでもへらへらしていたら、軽いビンタして両眼見据え、憤怒の表情で
『笑ってごまかしてんじゃねえ』。
叱責が済んだら、後腐れなくカラッと陽気に戻ります。

これで事故発生を防止できます。

433 アップル :2003/10/17(金) 12:20
>若輩の私が言うのもなんだが,最近のガキはなっていない.
親もって感じですかね。いい人たちなんだけどー。
>ここ10年でとても悪くなったという.
ん〜、それ以前からもどうだろうかとアップル少年期を振り返ってみる。。

やはり
>高学年や中学生のボンズ共。
のころがいちばんやんちゃだったなー。が、親には一度も逆らったことないし、ケンカも
したことないぜ!!先生は殴ったことあるけど小学生ってことで許してくれい(w

434 でんべえ :2003/10/17(金) 12:21
>それでもへらへらしていたら、軽いビンタして両眼見据え、憤怒の表情で
>『笑ってごまかしてんじゃねえ』。
>叱責が済んだら、後腐れなくカラッと陽気に戻ります。

ビンタはしませんが、(変わりに軽く頭をコツンとゆる)
子供の顔をこちらに向かせて視線をきっちり合わせてから叱るのは結構やります。

435 アップル :2003/10/17(金) 12:21
>叱責が済んだら、後腐れなくカラッと陽気に戻ります。
学ぶところが多いなー。事故防止が一番優先されますよね。あたりまえだけど。

436 桜楽卍 :2003/10/17(金) 12:23
>親もなってないんだが
禿同。
少年部練成大会の時に引率任されたんですが、現地の集合場所で
合流する筈の方々が来ないので暫くたって先生(審判で既に中にいる)に
電話したら「もう中に居るみたい」との事。
んで、中に入って広めの場所とって現地組に合流するよう言ったら
スタンド最前列陣取ってて「私達早く来てここで席とってたんですよ」と言い張られ
(もちろんもう他の拳士が座る余裕無し)結局武道館の北と南、
しかも階も違うトコを何往復もする羽目に・・・
子供が可愛いのは解るが集合場所・時間くらい守ってほすぃ(;TДT)

>子供を叱るのは私たちの務めです
そうそう、子供は割と人見てますからね〜。
「この人は叱らない」って認識されるとなめられますね(w

437 615 :2003/10/17(金) 12:41
>431
イェイ!! アップル兄ちゃん!!

私はガキ(これは私の愛のこもった表現です)が悪いことすると,
頭たたきます.シャモジミットがあればこれで.
なければ,左手を甲を下にして頭のうえにおいて,その上に拳骨落とします.

ちと調査.小学生の時に
①先生・上級生には敬語を使った.
②職員室に入るのはなんか緊張した.

私は両方YESですが,みなさんは?

438 アップル :2003/10/17(金) 12:49
>①先生・上級生には敬語を使った.
敬語は基本的には中学からかな、中学生には敬語だったなー多分
ちなみに担任の先生におもいっきりでかい声で「お母さん!!」といったことがあり
教室で爆笑された経験があります。其の日は悲しかった・・

>②職員室に入るのはなんか緊張した.
緊張したなー、どこにエロ本(先生所持品)が隠してあるか知っていたからね。職員室はそんな場所(w

以上アップル少年期INSAGA佐賀〜

439 でんべえ :2003/10/17(金) 12:56
>ちと調査.小学生の時に
>①先生・上級生には敬語を使った.

小学生の時は前々意識していませんでしたねー。
中学生で部活とか町内会の行事に出るようになって気をつけるように
なったと思います。
私見ですが、小学生に敬語を使われちゃうと何か落ち着きません。
この年代は元気が一番。

>②職員室に入るのはなんか緊張した.
中学生の時は放送部(実質は放送委員会)で始終出入りしていたので慣れちゃいました。

440 桜楽卍 :2003/10/17(金) 17:41
>①先生・上級生には敬語を使った.
あまり憶えてないけど挨拶は敬語だったのは確か。
上級生には4年生になってクラブ活動始まったあたりからぼちぼち敬語使ったような。

>②職員室に入るのはなんか緊張した.
高校までずっともんのすごい緊張してますた。
でも中学で校長と仲良くなったので校長室には普通に遊びに行ったです。

したらば稽古行ってきまする。
今日はお子様曜日〜♪

441 熊狩 :2003/10/17(金) 21:37
少年指導を話し合うチャット
今夜23:00より
いかが?

442 615 :2003/10/17(金) 22:14
記録を残したいので,msnチャットを希望.
みなさん,取られたし.

443 桜楽卍 :2003/10/17(金) 22:21
msnチャット?

444 615 :2003/10/17(金) 22:49
http://www.msn.co.jp/home.armx

ここでメッセンジャーを得てくださいませ

445 桜楽卍 :2003/10/17(金) 22:55
メッセンジャーの方でしたが。
「ピープル&チャット」って項目があったのでそこウロついてますた(´・ω・`)

446 桜楽卍 :2003/10/17(金) 23:03
めっせんじゃーで混乱厨・・・

447 Syami :2003/10/18(土) 12:06
ガ━━(゚Д゚;)━━ン! msnチャットはAppleに対応していない!?

448 アップル :2003/10/18(土) 20:56
Syamiさん

http://messenger.msn.co.jp/Mac/Default.aspx?client=2

MSN Messenger Mac 版でつ。多分これでだいじょうぶかなと思います。
対応OSの確認よろすくおねがしますね。

449 アップル :2003/10/19(日) 11:52
Syamiさんチャットはいけましたか??

450 Syami :2003/10/19(日) 13:15
>>449
あ、どうもありがとう。昨夜はダウンロードして起動して
サインアップしたところで果ててしまいました。
んで、これどうやって使うの?

451 Syami :2003/10/19(日) 18:30
むぅぅ?サインアップしてChatをモニター出来るところまでは行ったけど
メッセージを入力しても
「次のメッセージは配信されませんでした:」
と言われて弾かれてしまうぅぅ・・・

452 615 :2003/10/19(日) 18:52
マックのことはよくわかりませんが,クッキーやら壁みたいなものですかね?

453 アップル :2003/10/19(日) 19:06
ぬ、なんと?
手元にマックがないのでわかりませんが私もちと調べてみようかな。

454 Syami :2003/10/20(月) 03:26
ははぁ?あれはChatと言う訳ではなくて、公開されたテーブル上で
小さなメールを遣り取りすると言うイメージなのだね。
どうやら見当がつきました。

455 桜楽卍 :2003/10/20(月) 11:38
615さん、熊狩さん
いきなり落ちてすいませんでした(−−;
突然キーボードが全く効かなくなって大混乱してますた…

456 615 :2003/10/20(月) 13:19
まぁ我々もあの後落ちてたし・・・

457 :2003/10/22(水) 16:10
出張でしばらくネットに繋がってませんでした。
なにやら少年部の話で盛り上がったようで。 少林寺拳法は人づくりの行
ですから、本来はもっと重きをおいていい問題ですよね。 
以前空手経験者から、「空手の道場では、もっと子どもは礼儀正しかった」
といわれ、かなーりしんどかったです。

458 アップル :2003/10/22(水) 16:26
>以前空手経験者から、「空手の道場では、もっと子どもは礼儀正しかった」
>といわれ、かなーりしんどかったです。
はぅ・・・・(´Д`;)イタイねぇ
どこもそうなのかな?

459 615 :2003/10/22(水) 16:38
めちゃくちゃ痛い・・・

なんかすごく反省してしまいます.保育園だと諦めていてはいかんのね.
拳法のレヴェルといい,人造りの内容といい,,,
これもまた拳禅一如なのかな.

460 アップル :2003/10/22(水) 16:47
けど本来は少年教育の目的じゃないからなー。と思っているのはヲリだけかなー。
親がしっかりしろぅ!!と言いたい。だって子供の指導って難すぃ。。

461 615 :2003/10/22(水) 17:25
そうなのよね〜それが正直なところなのよねん.
よっし,親も入門させて再教育だ!! (ボコッ

462 でんべえ :2003/10/22(水) 17:57
うちの道場では子供が練習しているのを見てお母さんも入門したり、
子供を入門させるために昔やっていたお母さんが先に入門してりしてます。
先生の奥さんも入門して指導しているので、同年代の女の人に教えてもらえるというのが
よいようです。

ちなみにうちの道場では一時期親子入門が沢山いて、5組で親子で団体演武が
可能という恐るべき体制でした。

463 アップル :2003/10/22(水) 18:04
うちもやたら親子拳士多いぞ!というか支部長が親まで勧誘というケースが
多い罠・・たぶん。

というか子供がやってて少林寺に興味を持ってくれる父上様たちってイイ!
ジジ様も入れて老人会を作りたいと支部長がチラッと言っていたなー。
将来は少林寺ジジぃで過ごすと・・カコイイ!!

464 Syami :2003/10/22(水) 18:07
>>462
スンバらしい!!

>>460
>本来は少年教育の目的じゃないからなー。
金剛禅においては、少林寺拳法は手段であって目的ではない。
我々の本来の目的は「青少年の教育」ではなかったっけ?

>>461
>よっし,親も入門させて再教育だ!!
私はそれくらいの気概が有って良いと思う。

465 Syami :2003/10/22(水) 18:10
>将来は少林寺ジジぃで過ごすと・・

妖怪「持ってみじじい」
人を見ると手を差し出し「持ってみ」と言い、持つといきなりブン投げて
けらけらと笑いながら去る困った妖怪。・・・ってか?

466 アップル :2003/10/22(水) 18:23
>妖怪「持ってみじじい」
いやいや、老いて自分の支部を後輩にまかせたのち、老後は
近所のじいちゃんたち集めて少林寺老人会でもやろうかのーとのこと。
老いてからもできる少林寺もあるはずですから。って。この人も一生少林寺
からはなれないだろうなー。尊敬。

>我々の本来の目的は「青少年の教育」ではなかったっけ?
ギクリ・・青少年の教育でしたっけ?私は青年育成だと思っていた・・。
まぁ個人的に少林寺の教育システムが力を発揮するのはある程度大人になってから
(中学生以上かな)
と思っている私。少年部(小学生以下)には礼儀はもちろんですけどそれより
元気いっぱいに拳法を楽しんで(ここ重要)もらいたいなーと。
なにより続けることが大切ですから。

毎回鎮魂で言っている経典だって、意味がわかってきたころにおのおのが何かを感じて
行動してくれたらよいなと。(指導拒否じゃないのよ)です。

467 アップル :2003/10/22(水) 18:34
だからといって少年部はどーでもいいじゃんというわけでは
ないので。。
私は大人になってからはじめたので少年部の気持ちはよくわからないしなー。
というか拳暦だけでいうと少年部には全然先輩がいたりする・・・ハゥ

468 桜楽卍 :2003/10/24(金) 10:53
小学生の頃空手やってましたが、確かに少年部の扱いは空手の方が厳しかったし、
先日空手やってる知合いがウチの道院見に来た時も空気がぬるいって言ってました(苦笑
青少年の教育・育成を目的とし、苦行では無いにしてももうちょっと気合を入れてやりたいな〜
と思う今日この頃。

469 615 :2003/10/24(金) 11:27
時代の先端を行く我々は,いち早くゆとり教育を取り入れていたのさ!!
さしてどこよりも長くこれを続けます〜

470 Syami :2003/10/26(日) 17:14
>青少年の教育・育成を目的とし、苦行では無いにしてももうちょっと気合を入れてやりたいな〜

当院はコドモいないけど、以前居たところは山ほど居ました。
だから気持ちは良く分かります。
昔は若気の至りで、行儀の悪い子供を連れてきた親御さんには
「こちらはお行儀教室ではありません。せめてきちんと挨拶が出来るようにしてから連れて来なさい。」
と言って、追い返したコトも・・・あったなぁ。

実は中学生から始めていた経験からすると、教える方の資質によります。
愛情を以って怒るべき時は激しく怒り、優しく有るべき時はこの上なく・・・
そうすると自ずとわかったモンだけどなー。
(未だにその師弟関係は続いており、未来永劫このお師さまには頭が上がらないコトであろう)

例えば整列させるときも「は〜い、並んで〜」では、言われた方も締まらないでしょう。「君っ、基準!整列っ!!」とやらなければネ。
まぁ、最近のコドモはわからないけど・・・。

471 RUSHER :2003/10/27(月) 00:44
いや、うちは今もそうやってますけど、ちゃんと子供はついてきます。
というか、これすらダメな子はドロップアウトします。

ちゃんと躾けられている子供には手厚く教えようと意欲がわきます。
出稽古先の子供(に限らないが)の躾・礼儀がなってない場合、
こちらから何一つ積極的に教える気になりませんから放置します。

472 でんべえ :2003/10/27(月) 01:09
ふむー、子供を教えるのは難しいですね。
うちでは
「それなりに意欲もあるし、飲み込みも早い」子と
「あんまり意欲も無い上に、飲み込みが悪い」子が
ペアになっています。
(他に同じ年代の子がいないから)

飲み込みの悪い子に合わせて教えると、飲み込みの良い子が飽きてくるし、
飲み込みの良い子に合わせて教えると、飲み込みの悪い子がついてこれない。
なかなか悩ましい状況ではあります。

#うちの道場の人で自分の子供を連れてきている人がいます。
その子が結構行儀が悪い子なので、時々厳しく叱りつけるのですが、
やはりその人の前で叱るのは精神的にしんどいものがありますね。
(まあ、叱るときは当人が隣にいても遠慮なく叱り付けますが)

473 RUSHER :2003/10/27(月) 01:40
一人の指導者が、よく伸びる子と伸び悩む子を同時に見るのは困難
とわしは考えます。
例えばわしは基本の主坐では、よく伸びる子にあわせます(飽きさせたくない)。
すると、ついてこれない子が当然出ます。
それを子供の先輩拳士がある程度は指導しますが、
レベル差大で手に余る場合は支部長が必ず引取ってくれます。

逆に支部長が雷を落とした場合、わしが隅に連れてって淡々と説教したりします。
三ヵ月程前、親に電話してその子を呼び出し、家の前で色々お話したこともありました。

474 アップル :2003/10/27(月) 09:12
>愛情を以って怒るべき時は激しく怒り、優しく有るべき時はこの上なく・・・
>そうすると自ずとわかったモンだけどなー。
同じことを支部長に言われましたー、支部長は学校の先生だからなー。
よく指導法も学ばなければ!

>RUSHERさん
>というか、これすらダメな子はドロップアウトします。
ドロップキックと脳内変換してしまたー(w

475 rusher :2003/10/29(水) 17:15
>ドロップキックと脳内変換してしまたー(w

逆はあってもいいけど。

476 桜楽卍 :2003/11/04(火) 16:13
主に少年部でも低年齢層を教えている先生からいろいろと
話を聞く機会があったのですが…
私や他の一般拳士が認識してた以上に酷い状態でした(−−;

まさか道場で小学生にトイレの使い方やケツの拭き方まで教えていたなんて…

477 rusher :2003/11/07(金) 15:25
丸廉の目的
http://randorisiyou615.hp.infoseek.co.jp/ovsousi.html

target of marukado (draft by anonymous 412)

1. do empirical field test of hokei by means of randori practice to
grasp the significance of hokei.

2. investigate the feature of each kind of randori practice; rapid/slow,
non/semi-contact, with/without protectors, and so forth.

3. study framework in order to phase in randori as daily practice.

4. brush up requirements for competition.

5. return profit of randori to the other shorinji kempo processes; basic
training, hokei stydy, and enbu exhibition.

6. study instruction method of randori for disciple fellows.

7. learn how to cope with prejudice against randori; such as brutality.

8. provide field of randori study for novices.

9. provide social relationship between kenshi through pursuit of randori
practice.

Note.

Even though win is pleasure and loss is disappointment, you should not
confuse win with VIRTUE. Since randori results decisive victory and
defeat, the contrast would tempt kenshi into enthusiasm for victory;
meanwhile somebody foul venturing to obstruct his/her rival comes out.
Since randori owns competitive character and is double-edged sword, you
must distinguish discipline from competition. You must protect your
disciple fellows against indiscreet remarks for victory.

478 615 :2003/11/07(金) 15:38
すげっ!!ありがとうございまーーーーす(>Д<)ゝ”イエッサ!!

鉄呑みではこれも話し合わねば・・・

479 615 :2003/11/07(金) 22:14
少林寺拳法賛否両論
http://sports.2ch.net/test/read.cgi/budou/1068197246/l50

また新スレです.適当に導いてあげてください.
わたしまだ学校ですので,当分2ちゃんにはカキコできません.
1いわく中一だそうです.
なんだかなー

480 615 :2003/11/07(金) 22:17
ちなみにウメ太郎さんはリアル現役拳士です.
私あったことあるよ.

481 アップル :2003/11/07(金) 23:06
>1いわく中一だそうです.
mitsuだったりして・・・

482 615気管中 :2003/11/07(金) 23:24
私も一瞬おもた

483 アップル :2003/11/07(金) 23:39
>現役初段は厨房ではない。現役初段は厨房ではない。
だそうだー。
なんかほんと厨房レスだから釣られてしまったヨ。

484 天下無敵! :2003/11/08(土) 01:31
>>480
>私あったことあるよ.

お、そうなんか。
この頃よくうちのチャットに来るんや。

485 615 :2003/11/08(土) 01:44
ぉぉそうなのですか.
e-研で会いました〜好青年ですえ〜

486 ウメ太郎 :2003/11/08(土) 01:57
>615さん
お久しぶりです。
色々ありましたが、少林寺拳士を継続中です。
ROMはしていたのですが、自分の名前が出ていてビックリ!です。

好青年だなんて・・・相変わらず、ガツガツやってますね!

>天下無敵!先生
いつも勉強させて頂いています。また、お邪魔させていただきます。

487 天下無敵! :2003/11/08(土) 02:03
>>486
ウメ太郎、さっそくチャットに来たよ。(^∇^)

488 天下無敵! :2003/11/08(土) 02:07
ありゃ、喧嘩大将も来ちゃった。

489 615 :2003/11/08(土) 10:33
>486
ウメ太郎さん.おはようございます.
ご無沙汰しております.またどこかで共に汗をかければと思います.
都合があえば丸廉にもいらしてください.早め早めに予定はあげていきますゆえ
むしゃむしゃ( ´)Д(`)

490 Syami :2003/11/08(土) 17:06
>〜好青年ですえ〜

・・・君は?

491 rusher :2003/11/08(土) 22:24
>>490
汚染源だそうです。

492 615 :2003/11/08(土) 22:31
(´д`;三;´д`)???

493 rusher :2003/11/09(日) 00:05
>>492
さっそく増殖するな!
綾波レイか君は!

494 615 :2003/11/09(日) 00:08
私がシンでもカワリはいるもの

495 Syami@Office :2003/11/17(月) 10:59
Eva DVDのVol.1新規改訂版を中古(700円)で買いますタ。5.1chはちと違うかも。
スペシャル編集のフルコーラスオープニング、エンディングも良かたよ。

496 615 :2003/11/18(火) 19:59
なんと安いんだ...作りすぎたのかな?
私も最近ようやく全話そろいましたよ!!5.1chではないですけれども

497 必殺コピペ人・615期生 :2003/12/04(木) 11:30



218 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/12/03 23:28 ID:lotVND3V
ルールが決まって、体重制で極端な肉体差のないいるボクシングでさえ
、人により構えが全然違う。で誰が勝つかというと、構えの優劣でなく
個人の優劣。少林寺の理合がどんなにすごいのか知らないが、
個人差を考えず何でもこれにしろと構えを押しつけるのなら、
はっきり言ってそれは死武道だと思う。そもそもそういう場合は
構えも取れないことが多いし、構えない方がいい場合のほうが多い。
相手が普通にたっていたら油断もするが、カッコイイ構えなんか出したら
普通は用心するさ。そもそもけんかの達人は構えない。
構えると言うことは自分の動きを規定し、それが読まれやすいいうことでもある。
けんかはよーいドンでは始まらないよ。そして多くは最初の
動きで決まる。

498 必殺コピペ人のマネ・アップル :2003/12/04(木) 13:05
196 :ミ,, ゚Д゚ ,彡y――┛~~~~ :03/11/26 10:11 ID:jUsiFfJM
>>185
それでは私もちょとだけお話を。

ある道場に少林寺の方が体験入門に来ました。若いのに大層強い方らしく,赤卍に黒帯を締めておられました。
さっそく皆と一緒に基本稽古です。打撃技に関しては問題なし,ちょっと構えが堅い感じがしますが・・・。
次は受け身です。前や後ろいった基本的な受け身なのですが,慣れていないのかぎこちない感じです。
む〜,ブランクがあるんでしょうか?おっと!前廻り受身と後廻り受身はなかなかです。素人より大分マシです。
経験者ならアレくらいは当然なのでしょう。恐るべし少林寺!!

それでは準備運動の仕上げで軽く投げ技の練習です。おや?一本背負いが出来ないようです。
少林寺にもあったはずなので,一本背負いを選んだのですが・・・おかしいな。

次は武器術です。棒を振ってみてもらったら,20〜30回でバテてしまいました。きっと体調が悪かったのでしょう。
一休みして剣をやってみました。少林寺には対武器の技が幾つかあったはず。それなりに出来るでしょう。
???えっと・・・剣を握った事ありますか?ああ,武器術は初めてなんですね・・・

******
赤卍って他武道じゃこんな扱いうけちゃうのね。
一本背負いと一本背投げって違うものだと思ってましたけど・・。
どっちもまともに練習したことない罠・・・(俺ならもっと酷いこと書かれそうだ)

499 熊狩 :2003/12/05(金) 00:43
ああ、私も真っ当に投げられません>一本背投げ
当時色んな先生に聞いて回ったが教えてくれなかったです。
まぁ下が板間ってのも原因かと思うんですけれどね、
因みに大外狩りとかも出来ません。

500 Lamhfhata :2003/12/05(金) 02:46
一本背投げも一本背負いも腰に引っ掛けて投げるのがいいのかなぁ・・・
ちなみに大外狩りは足で引っ掛けるよりも腰に乗せて刈るほうがいいかも。
「柔法がイマイチだな〜」と公言している自分でも、払仏骨投と矢筈投だけは
それなりなのは柔道時代の経験のおかげかなぁと思う今日この頃です。

501 アップル :2003/12/05(金) 08:54
以前オフ会でやったように攻者の練習として一本背投げとかも練習してみたら
いいですね。
こうゆうのはやはり柔道経験者がいてくれたら
>Lamさん
キラーンw

502 須加バカ1 :2003/12/05(金) 14:37
一本背投げというのはいまいちよく分かりませんが一本背負い投げはほとんど腰に相手が付きませんよ。
背負い投げは分類上手技になります。

503 須加バカ1 :2003/12/05(金) 14:48
漏れ的には釣手のカチ上げが上手く出来れば対打撃等で一番使いやすい技だと思います。
日拳なんかでもよく使用されますね、一本背負い。

504 アップル :2003/12/15(月) 09:02
>一本背負い投げはほとんど腰に相手が付きませんよ
そ、そうなのですか?やっぱり技の原理を知らないと全然わかんないなぁ。

昨日うちの県の昇段試験でした。我支部から初段を受けた4人は見事合格!
これから楽しくなりそうです。
んが!支部長の話によると80数名受験で20人以上が追試だったそうです。
追試って学科だけの話でしたっけ??
技できないんなら学科くらいしっかりやってこないとねぇ〜。
少林寺拳法への理解が乏しいと思われちゃうんじゃないかしらん?

支部長によると、最近は追試でなく「不合格」になっちゃう人がちらほらでてるらしい
です。
ほとんど学生。最低でもやる気だけは持ってこないとそりゃ合格にする理由も無い罠。

505 熊狩 :2003/12/15(月) 09:21
ワタクス昇段試験の学科で追試になりましたが何か?
武という漢字を間違えてて減点されまくりでしたが何か?

506 アップル :2003/12/15(月) 10:29
誤字脱字はぁ、、、私も多いですよ。

507 615期生 :2003/12/15(月) 11:36
私はいつも70点台前半で鮮やかに合格してますがなにか?

508 rusher :2003/12/15(月) 12:17
次は90点代を取りなさい。

509 615期生 :2003/12/15(月) 13:04
90点・・・・デムパwwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜─ !!












(;´Д`)

510 アップル :2003/12/18(木) 09:16
森先生はこのテクニックをMJT(MuscleJointTechnic)と名づけられました。
基本的なテクニックをテープを用いて学びながらさまざまな手技や経穴を用いた
治療法も学びます。
<3.参加費>
初級:30,000円(5日間),中級:40,000円(6日間),上級:54,000円(6日間)
<4.開催日程>
7月より次期セミナーが開催されますので、現在受講生募集中です。
詳細は別途お知らせします。(※見学は随時受け付けております。)


ガ━━(゜Д゜;)━━ン!
結構高いじゃん!!これって少林寺の技での商売っていわれないのかな???

511 615期生 :2003/12/18(木) 11:36
ソースキボン

512 アップル :2003/12/18(木) 12:01
http://www.unix-d.co.jp/md/mjt/mjt.htm

513 615期生 :2003/12/18(木) 12:05
よみました.これなら大丈夫でしょう.
>少林寺の技での商売っていわれないのかな???

514 アップル :2003/12/18(木) 12:18
ん〜、なんか技の切り売りのような・・。
ってほとんどの拳士が理解はしてないんだろうけどね。
私もよくわからんし。

515 615期生 :2003/12/18(木) 12:51
これは,フツーの整体レクチャと観るのがいいのではないかな.

516 rusher :2003/12/18(木) 14:21
創価学会絡みかと思ったよ。違うみたいですね。

517 rusher :2003/12/25(木) 16:53
bis>結局あのスレを読んでみると乱捕り試合肯定派の方々の意見としては
bis>
bis>・勝ち負けを真剣に競い合うことにより技術が上達する。
bis>
bis>・試合でもないとみんな乱捕り稽古をしようとしない。
bis>
bis>の二点になるんですかね?ちなみに私は「乱捕り稽古肯定・乱捕り試
bis>合は否定」派ですけど,推進派の人達の気持ちもわからないではない
bis>です…。

すでに2chの方に書いたとおり、自分はビス氏と立脚点は同じ(動機は違う)。

「勝ち負けを真剣に競い合うことにより技術が上達する」については、
勝敗に余計な『意味』、たとえば善悪みたいな倫理観念をつけなければOK。

「試合でもないとみんな乱捕り稽古をしようとしない」については、
それで武道なのかよ、なに甘ったれたこと言ってる、としか思えない。

518 アップル :2003/12/25(木) 16:58
他武道からの先入観がつよすぎー。だから勝ち負けにこだわってる感じがしますね。私も試合形式の競技はあまり必要ないと思います。練習はできるもん。

519 ビスキュイ :2003/12/25(木) 17:35
>「試合でもないとみんな乱捕り稽古をしようとしない」については、
>それで武道なのかよ、なに甘ったれたこと言ってる、としか思えない。

これについては正直激しく同意なのですが,あのスレの乱捕り試合肯定派
の人達は自分達の稽古のためと言うよりは乱捕り稽古をやろうとしない道
院に対する呼び水としての効果という意味で言っていると思いましたので
「気持ちはわからんでもないな〜」と。まあ私としてはさらに本音で言え
ば「やりたくない人はやらんでいいからケチをつけたり邪魔したりはする
な」となるのですがね。

520 615期生 :2003/12/25(木) 17:51
レギューくらいは意思をはっきり提示するかな.
表でも作ろうかな?
1.乱捕り稽古は
【肯定・許可・否定】
2.乱捕り試合は
【肯定・許可・否定】
3.演武稽古は
【肯定・許可・否定】
4.演武大会(試合)は
【肯定・許可・否定】
5.一言(長文可)

こんな感じかな?

521 ビスキュイ :2003/12/25(木) 18:01
許可っていうのは「積極的に肯定はしないけどまあ許す」みたいな感じ?

522 615期生 :2003/12/25(木) 18:09
そうですな.
ビスキュイさんのカキコを考慮して追加しました.
設問の選択肢自体は,極力シンプルにいき,
あとは一言で言いたいこと(いいわけ)言わせたほうがいいと思いましてね.

523 わんわん :2003/12/25(木) 19:37
1.乱捕り稽古は
【肯定】
2.乱捕り試合は
【許可】
3.演武稽古は
【肯定】
4.演武大会(試合)は
【許可】
5.一言(長文可)
演武は試合があるから皆練習する。結果、弱い黒卍が大量に・・
乱捕りは試合がないから皆練習しない。演武の試合有り、乱捕り試合無し、この今の状態が
一番良くない組み合わせでしょう。
両方ありにするか、演武の試合をなしにすればいいのではと。

524 アップル :2003/12/25(木) 20:31
1.乱捕り稽古は
【肯定】
2.乱捕り試合は
【許可】
3.演武稽古は
【肯定】
4.演武大会(試合)は
【許可】
5.一言(長文可)
わんわんさんに同じく。
けども、演武も乱捕りもそれ自体が修練であるのに、目的を忘れて、
大会にむけて乱捕り"の"練習をする。
大会に向けて演武"の"練習をする。
ってのはどうかと。練習の練習をするみたいで。。
まぁやらないよりはましかと。
やらないってのはブー。やるんだったら(基本もしっかり)全部やろうよ!です。
私は乱捕り以前に基本練習すらまともにできていない練習カリキュラムの
現状に嘆く。
競技乱捕り、競技演武にはあまり基本練習はいらないといった風な雰囲気
がある気がしてならんなぁ。

525 rusher@会社の忘年会中 :2003/12/25(木) 21:22
>>523
マジですか? オドロキー! ( ̄□ ̄;)!!

526 615期生 :2003/12/25(木) 21:37
おおぅ.フライングしてるぞ!!
項目はこれだけでいいのかしらん?

>設問の選択肢自体は,極力シンプルにいき,
>あとは一言で言いたいこと(いいわけ)言わせたほうがいいと思いましてね.

ということだけど,了解かな?

527 rusher@カラオケ中 :2003/12/25(木) 21:51
道院支部内で十分な稽古ができないってのは、まったく別の理由があると思うんよ。
やたらめったら支部の数ばっかじゃんじゃん増やしやがって、その結果、
国内の個々の支部が薄っぺらくなってるじゃねえか、何考えてんだ本部!
てな別の腹立たしさがあるわけ。だからこんなサーベイで表現しきれんのよ。

(注:これは飲酒投稿です)

528 アップル@年賀状作成中 :2003/12/25(木) 22:06
>(注:これは飲酒投稿です)
いがいと冷静でないですか!

>支部が薄っぺらくなってるじゃねえか
支部自体が小さいと運営が大変。防具や練習場所にも困る。
都心部ならさらに時間がにゃいからねぇ。
だから、気晴らし程度にって考えで来てる人も多いだろうし、
ただの運動って感じの人もいるですね。

529 あん :2003/12/25(木) 23:30
1.乱捕り稽古は
【肯定】
2.乱捕り試合は
【許可】
3.演武稽古は
【肯定】
4.演武大会(試合)は
【許可】
5.一言(長文可)
試合があるから、無いから、と云う理由で、疎かになるのは、如何なものかと思います。

で、一寸質問です。
乱捕り試合とは、何を指しますか?
現在の演武大会の様に、各道院から拳士が集まって、乱捕りをして、
どんな形式にせよ、成績の様なモノが残る様なモノを勝手に想像していますが、
そんな感じので、大丈夫ですか?

主題とずれるかもしれませんが、試合をするしないは置いておいて、大会には肯定です。
楽しいでしょうし、楽しいことは、する価値があるろ思いますので。

530 わんわん :2003/12/25(木) 23:38
>親分
??はいかなる項目でやんすか?飲酒カキコ、飲酒乱捕りは危険なり。
小さい支部はいいんですけど、例えば、練習が週4以上、休暇期間は3時間を週4以上
練習時間があるのに、乱捕りをほぼやらないという大学が多いのでは?学生でさえ、試合がある演武しか
ほぼやらないのですから。

>あんさん
そんな感じですね。

531 アップル :2003/12/25(木) 23:40
>楽しいでしょうし、楽しいことは、する価値があるろ思いますので。
いいこと言うなぁ、あんさん!!

532 615期生 :2003/12/25(木) 23:41
>529
自身の考え妄想は一言の中に混ぜといてください.
いちいち規定しません.きりがないので.

533 rusher@電車内 :2003/12/25(木) 23:51
そう?
じゃあ杉本杯参加がなくなったら、乱捕を目した稽古のインセンティブは
いよいよ減るわけかなあ?

うちの大学見てると年間何回かある各種の大会すらも、全然軽視してるよ。
金出しゃいいんだろ、手伝い出しゃいいんだろ、みたいな感じ。
OBが成績ノルマ課したり圧力かけることもないしね。

たぶん現役連中は、昇級・昇段しか気にしとらんのじゃないかな。

534 わんわん :2003/12/25(木) 23:59
>親分
減ると思います。乱捕りに関心があり、まわりにやろーって誘うタイプがその部にいない場合は、
昇級・昇段前に乱捕り練習をするだけになると思います。対抗戦はあるところは少なくてもその前は
練習はしていますので。

535 まつたけ :2003/12/26(金) 00:15
1.乱捕り稽古は
【肯定】
2.乱捕り試合は
【許可】
3.演武稽古は
【肯定】
4.演武大会(試合)は
【許可】
5.一言(長文可)
あんさんの意見とだいたい一緒です

536 615期生 :2003/12/26(金) 00:18
>>535
却下.
その一文で掲載していいの?
まつたけさんちゃんと自分の言葉で言うべきです.

537 rusher :2003/12/26(金) 00:21
じゃあさ、なんで2が許可だなんて弱気なの?
それにびっくりしたのよ、わしは。

さては別の文脈かな?
学生どもは乱捕試合に耐えられる肉体を持っていないじゃねえか!
てな。

538 アップル :2003/12/26(金) 00:44
>とだいたい一緒です
そうね、大体ってことはすこーし違うってことかな??
私もまっちーの意見聞きたいです。いろんな意見があって当然ですからねー。
続ききぼんぬーぅ。

私的にはみんな一つも否定はしないとこがイイ感じかなーと。

>学生どもは乱捕試合に耐えられる肉体を持っていないじゃねえか!
なにも学生に限らず最近の若い衆は皆。。。。
っていうか乱捕試合経験もないのでわからんのですけどね。

539 まつたけ :2003/12/26(金) 01:17
>その一文で掲載していいの?
まつたけさんちゃんと自分の言葉で言うべきです.

じゃねえぇ(-.-)y-゜゜゜

1.乱捕り稽古は
【肯定】
2.乱捕り試合は
【許可】
3.演武稽古は
【肯定】
4.演武大会(試合)は
【許可】
5.一言(長文可)
乱捕試合があろうがなかろうが乱捕稽古は必要(今はそう思ってる)
と思ってるんよ・・・というかやりたい(^^;
乱捕・演武試合を【許可】にしたのはあったらあったで目標みたいなのが
できていいんじゃん♪みたいな感じなのさ。
演武の試合があるのに乱捕の試合がないのは,自分の感覚としてなんかバランス
が取れてないように思えるから試合を開くなら乱捕試合もも開くべきと思ってる。
余計な事だけど・・・本音としては演武も乱捕も試合なんかすることないと
思ってたりしてるんだけどね☆

540 615期生 :2003/12/26(金) 03:29
>本音としては演武も乱捕も試合なんかすることないと思ってたりしてるんだけどね☆
どのような考えからですか?

541 615期生 :2003/12/26(金) 03:42
表を作りました.
折角だからバシバシ表明キボン.
http://randorisiyou615.hp.infoseek.co.jp/kangaetyousa.html
更新は帰宅後になります.ご承知下さい.

ネムネム…おやすみなさいまっちー

542 :2003/12/26(金) 16:02
1.乱捕り稽古は
【許可】

2.乱捕り試合は
【許可】

3.演武稽古は
【肯定】

4.演武大会(試合)は
【肯定】

5.一言(長文可)

【乱捕りについて】

 僕は、乱捕り稽古をしないと強くなれないとも乱捕り稽古をすれば
強くなれるとも思ってません。ただ、出来ないよりは出来た方が良いとは
思いますけど。単純に楽しいですしね。乱捕り稽古をすると乱捕りは
強くなると思います。(当たり前のことです。)

 乱捕り試合をやるならば、無門会の方式をそのままパクるのが
法形との親和性が高くて良いと思います。軍鶏にならないし、
「法形における手順の必然性」や「間の捉え方」などが見えてくると
思います。

【大会について】

 大会は「我々はこんなことをやっていますよ」と他支部の人や
拳士以外の人に見てもらうために開催するものだと思っています。
優劣を競う必要はないと思いますが、最低でも演武会は行いたいです。
少林寺拳法を知ってもらうには演武を見てもらうのが最良だと思うからです。
本当は、基本も演武も乱捕りも杖も全部見たいし見てもらいたいです。

543 アップル@アルコール漬け :2003/12/26(金) 17:57
>大会は「我々はこんなことをやっていますよ」と他支部の人や
>拳士以外の人に見てもらうために開催するものだと思っています。

ぬ、おもしろい!私もそうだと思っていました。
が、本来少林寺の大会趣旨ってなんぞや??誰かわかるひとー

見てもらいたいならやっぱり試合よりも発表という形がいいのかしら?
勝敗が決まるようなものを見せちゃうとあまり知らない人は他武道と
かわらんとおもうんちゃうかと心配です。

もっと交流できる環境が欲しいなぁ〜。
先月にあったローカルな大会では合同練習の時間があってたのしかったよーん

544 flower38 :2003/12/26(金) 18:44
はじめましての人がほとんどかと思います。よろしくお願いします。
.乱捕り稽古は
【肯定】

2.乱捕り試合は
【許可】

3.演武稽古は
【肯定】

4.演武大会(試合)は
【許可】

5.一言(長文可)
乱捕り稽古も演武稽古も必ず必要なものだと思います。
ただし、個人の好き嫌いや能力で重点をどこに置くか
決めるといいでしょう。
大会とか、試合とか言う名称をやめ、交流会とか定例会とか言う名称にして
四半期に一回以上県単位で行い、各自のスケジュールの都合がいいときに
参加すると言うシステムにすればいいのでは?
で、昇段も、武専か交流会を何回か出席した人で無いとできないようにすれば
参加人数も増えると思います。試合そのものより、いろいろなタイプの人と
拳を交える事が重要だと思います。折角武専にきても、同じ道場の同じ人
相手とか、自分が優位に立てる人としか練習しない人がいます。もったいない話
です。もっと言えば大学生みたいに中抜けする5段大拳士もいました。
だいぶ前の話ですが、某地区武専では、土禁の階段のところで靴はいてたばこを
すっていた指導者らしき人も集団でいました。
大会を開くのなら、第三者が来るので、こういう不心得者をきちんと見張らなくては
いけないと思います。はっきり言って、幹部連中でおかしい人が目に付きます。
また、乱捕りの大会なら、ドクターとナースは必ず置くべきだし、審判もきちんと
最低限の救急医学知識と、乱捕りのキャリアのある人を選出すべきでしょう。
また、乱捕り大会出場に対しては、最低限の体力と動きをクリアーした人のみ
許可すべきでしょう。

545 615期生 :2003/12/26(金) 19:20
ふっ,実は桃の旦那の登場を待っていたぜぃ!!
ありがとうございました.(*´д`*)

flower38さんも積極的なカキコありがとうございました.
交流会・定例会という名称を用いるのはいいですね!!

上に立つものは後輩からの目をもっと知って欲しいものです.
そして当然拳士以外の一般の視線にもより敏感になって欲しいものですね.

546 半変身蹴 :2003/12/26(金) 20:43
少林寺スレの浮遊霊となってはや一年ちょっと。そろそろ成仏しなくてはなりません。
2チャンの自分の文章でもいいですかね、まだよくわからないんです。

乱捕り稽古は
【肯定】
乱捕り試合は
【肯定】
演武稽古は
【肯定】
演武大会は
【肯定】
一言
 「護身の技術をいかすためこういうルールで試合する」
これはまったく危険だと思います。本来からどんどん離れてしまうでしょう。
つまり「試合」が修行の手段ではなくて、「目的」になってしまう。
日頃の練習の延長が試合ではなくて、少林寺の練習として試合する、こう持っていきたかった。

意義ですか。
乱捕りのチャンピオンは演武のチャンピオンの十倍目立ちますよ。
そんなの造る必要はありません。

強いヒトは僕の言ってる試合に出る必要はないんです。
わかってくれますかしらん。

ただ何気にぼんやりしてて昇段した細腕繁盛記みたいなのが・・・
支部長は「こいつの自信になるから」って帯の安売りは本人もこそばゆいだけだろう。
目に見える偽りではない自信を与える機会ともして。
そして乱捕りしたくても出来ないヒトに道を開く、ということは言うまでもないことです。

547 とっしぃ :2003/12/27(土) 01:19
①乱捕り稽古は
【肯定】
②乱捕り試合は
【肯定】
③演武稽古は
【肯定】
④演武大会(試合)は
【肯定】
⑤一言
法形→乱捕り→演武→法形→・・・の流れが大切だと思います
ただし乱捕り試合は演武出場者のみ出場可なら良いと思います
演武だけでも駄目、乱捕りだけでも駄目、どちらも出来てこそ本物では?
また乱捕りの気持ちでの演武稽古を行えばよりよいものが出来るだろうし
演武で使った技が乱捕りで生かせれば、相乗効果が得られるのではないかと。

548 まつたけ :2003/12/27(土) 03:14
>>本音としては演武も乱捕も試合なんかする
ことないと思ってたりしてるんだけどね☆
>どのような考えからですか?

演武に関して言えば,点数をつけて優劣をきめるような
試合(大会)はすることないという意味だったのね。
補足させていただきますm(_ _)m
演武って,点数をつけて優劣を競うもんなのかな?
と思います。
みんなが日々の稽古の成果をを発表しする一つの手段
として大会という場はあっていいと思う。
他の道院の人の演武を見ていい刺激になると思うしね。
乱捕試合に関しても優劣を決めるような形式だったら
やることはないという意味です
試合でなく交流会みたいな感じで,みんなで教えあって
刺激しあえる場であれば大会はあってもいいと思う。
演武にしたって乱捕にしたって日々の稽古がメインで
あって大会は区切りみたいな感じじゃないかと思います。

549 アップル :2003/12/27(土) 07:31
>ただし乱捕り試合は演武出場者のみ出場可なら良いと思います
>演武だけでも駄目、乱捕りだけでも駄目、どちらも出来てこそ本物では?
これはいいかもー、けど大会進行が難しそうだなー。
同時進行はできない罠。
やはーり、交流という形でみんなで楽しめるような
運用法交流会的なことをもっとやってくれないかなー
それを定例化できたらいいなぁ。

550 rusher :2003/12/27(土) 12:24
今だってうちの地区大会の乱捕は、演武競技の最終採点と賞状の筆耕のための時間稼ぎでしかないが。

まあブロック長が乱捕大嫌いだから、これすらも変なアトラクションで差し替えられること多い。

551 名無しさん@いらっしゃい :2003/12/27(土) 14:40
>まあブロック長が乱捕大嫌いだから

たいへんですね。

552 アップル :2003/12/27(土) 20:20
>地区大会の乱捕
へ??地区大会で乱捕りやってんすか??
そうゆう形でも乱捕りってものがやってるんなら
各支部も練習に入れやすいとおもうのだけどなぁ〜

553 138B :2003/12/27(土) 21:04
いや、絶対勝つと思っても
妙な判定で決勝にでれなかったり・・・
Lamさんは強いと思ったのだが(ほんと期待してたのに)。

554 カラス :2003/12/28(日) 00:50
私にも書かしてください

1.乱捕り稽古は
【肯定】
2.乱捕り試合は
【許可】
3.演武稽古は
【肯定】
4.演武大会(試合)は
【許可】
5.一言(長文可)
乱捕り、演武は大会があるないに関わらず稽古として普通にやるべきだと思ってます。乱捕りは軽め
のものでもいいので少なくとも相手の自由な攻撃には慣れておくべきかと思います。演武については
大会のために構成をこなせる様に何ヶ月も練習するのではなく法形+連反攻だけでもいいのでいつで
も人様に見せられるようには日頃からやっておくべきかと。
また大会については、大会でよい成績をとるために練習している人もいると思うので大会を否定する
気はないです。ただ大会や試験のために練習するというのはちょっと違うような気がします。

>やはーり、交流という形でみんなで楽しめるような
>運用法交流会的なことをもっとやってくれないかなー
>それを定例化できたらいいなぁ。

県やブロックレベルでそれができれば本当にいいですね。

555 カラス :2003/12/28(日) 00:55
↑改行が変ですねm(_ _)m

556 Lamhfhata :2003/12/28(日) 02:30
>138Bさん
あれは別の意味で拷問でした(笑)
上段蹴と下段蹴が禁止の上、当日になって上段突きまで禁止になって
しまったんです。
で、トドメで始まる前に「皆が見ているから綺麗な乱捕をするように」
の一言が・・・・・
それを聞いてもう「はぁ???」という感じで完全に萎えてしまって、
ヤル気無しモードに入ってしまいました。
(立場的に掟破りの上段蹴を敢行することもできず 笑)
案の定、終わった後に居酒屋でヤケ酒かっ食らってました。
もうあれはストレスが溜まるだけなので二度と出たくないっす(笑)

557 赤影2003 :2003/12/28(日) 04:52
2ちゃん引退記念に書き込みます

>上段蹴と下段蹴が禁止の上、当日になって上段突きまで禁止になって
>しまったんです。
可哀想。でも相手がフルフェイスのヘルメットをかぶり自分がすねを
痛めていた状況の稽古だと思えばいいのでは?

>「皆が見ているから綺麗な乱捕をするように」
それも正確で効果的な技を作るための練習だと思えばいいでしょう。
私は、法形がきちんとでき応用が自在になれば、どんなルールでも
そこそこ戦えると信じていますし、そうなるべく努力しています。

558 名無しさん@いらっしゃい :2003/12/28(日) 04:56
1.乱捕り稽古は
【肯定】
2.乱捕り試合は
【許可】
3.演武稽古は
【肯定】
4.演武大会(試合)は
【許可】
5.一言(長文可)
ルールは
1回戦:立会い評価。金的あり、ローなし、組み技なし。
2回戦:同上でロー、組技あり
3回戦:防具ポイント。金的あり、ローなし、組み技なし。
4回戦:同上でロー、組技あり
5回戦:キックルール。
6回線:大道塾るーる。
1から3回戦、判定で同点なら、審判相手に規定の演武をして正確さで競う。
3回戦以上のときは相手が刃物を持って襲い、それに対して護身する立会い
評価で競う。
詳しい意見は
http://sports.2ch.net/test/read.cgi/budou/1061727974/l50

それでは、ドロンドロン。

559 rusher :2003/12/28(日) 12:57
>>556
あの時は、拳士が持ち寄った防具がバラバラ。
拳サポだったり12ozグローブだったり。金的もあったりなかったり。揃ってなかった。
事前にルール検討もなく、持参防具の明確な指定もなかったからしかたがない。

当日審判になった先生二人がそれ見て
「危ないから上段カット」「ローもやめちまえ」と。

集計とタイムキーパーしてて思ったよ。
こんな乱捕、やってて面白くなかろう。
実際見てて全然つまらん。

今だったら、まがりなりにも、あの装備品三点規格があるから、
もっとまともな乱捕を催せるはず。

560 615期生 :2003/12/28(日) 15:48
>2ちゃん引退記念に書き込みます
年末だから赤影2003は引退するということかな!?

561 615期生 :2003/12/29(月) 10:08
更新しまスタ!!

562 615期生 :2003/12/29(月) 10:25
>赤卍は黒卍の後輩がどういう試合をすれば向上するか、
>黒卍は茶帯の後輩が短い茶帯の期間にどれだけ上達するか、
すばらしぃーーー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

563 rusher :2003/12/30(火) 01:07
武専の山崎校長は、自分の実技授業を拳士がビデオに撮ろうとすると、
やめるようおっしゃいます。
大事なところはビデオなんかに写らない、五感で感じなさいと。
大会の演武が年々つまらなくなっているのは、ビデオ撮影の悪弊だ、
表面だけ真似して何になる、ともおっしゃいます。

以来、大事なときにはビデオを撮らないくせがつきました。

つまり、半分賛成「じゃあ撮らないでナマでじっくり見よう」

そしてのこり半分は「でもこれはネタとして撮っとこっと(^^ゞ」

564 Syami :2003/12/30(火) 12:27
1.乱捕り稽古は
【肯定】
2.乱捕り試合は
【許可】
3.演武稽古は
【肯定】
4.演武大会(試合)は
【肯定】
5.一言(長文可)

1.乱捕り稽古?そりゃするべきでしょ。
2.乱捕り試合は「Exhibition」形式、先ずは指導者が試合の趣旨を十分に理解し、それを参加者に納得させた上で
  攻防無制限、但し防具は最低限(胴は使用せず)にして撃力をコントロール出来、活法と救急法を熟知した審判を
  一試合に付き3人以上用意し、最低一人の医師を用意できるならば肯定。
  重厚な防具では攻撃する方も撃力の箍が外れてしまう場合が多い。また、コントロールが上手くない場合、防具で
  守られていないところを打って、肋骨を折ったり、昏倒させたりと言うケースが多い。
  アメリカではちょっと厚手のシンガードとグラブ、ヘッドギアだけで女の子でも気軽に打ち合っているよ。
  また、中国の古の作法では「試武」の前にお互いの腹を思い切り打ち合って、「こいつは打っても大丈夫」である事を
  確認してから始めたそうです。打たれて蹲る様ならば、「我と武を試すに足らず」でその時点で止めたそうです。
  このように「打ち合いに耐えられる体」であるか否かを事前に判定する手段があれば良いですね。
  ま、これは指導者たる師の責任だろうけど。
3.演武稽古?楽しいぞぉ!演武稽古の楽しさは本気でやったものでないと分からない。
  でも、驚いたことにくまくまは善く理解していたぜ。
4.演武大会?これも楽しいぞぉ。ウソだと思ったら一度一生懸命修行してから参加してみると良い。
  ん?試合に関して?そうだねぇ・・・

5.中国の大会には「観磨」と「比催」と言う二種類のものがあります。
 「観磨大会」は「切磋琢磨した功夫をお互いに観る」と言った意味で英語にするならば「Exhibition」
 「比催大会」は「功夫を比べあう催し」で「Competition」になります。
  では、私たちの「在り様」としてどちらが適当かと言うと、これはやはり「観磨」であるべきと
  思うのですよ。

アップニ>本来少林寺の大会趣旨ってなんぞや??

 「本来」と言う事ならば是は明白で、「我々はこんなことをやっていますよ」と言う事を拳士以外の人に
  見てもらうために開催していたとの事です。
  これは今も「基本的な部分」では変わらないはずです。
  私はこれ以外に「祭」的な要素を考えています。歳毎に日本全国、或いは世界中から同門が集まり、
 「私達はこんな事をしている」とか、「我々はここまでやってるぞ!どや!?」とかそう言うものを発表しあうと。
  それがお互いの刺激になり、切磋琢磨に向かうモチベーションを高められればそれは大成功では
  ないかと思うのです。
  実際楽しいものですよ。大会に向け修行するのは。
  一時期は審判として参加していましたが、こんなのはつまらん、つまらん。
  こう言うのはもっと老いて体が利かなくなってからで十分だと思って裏方はさっさとリタイアしたのです。
  演武を真面目にやった人なら分かると思いますが、演武は運動量も比較的大きい。
  色々な動きを自由に楽しめるし。

  私は演武大会なんぞは、開催側は容れモノを用意するだけで十分だと思うのです。
  その容れモノを満たすのは個々人の拳士に他ならないと思います。
  そもそも修行とは自分自身のモノ。
  趣旨は大会の主催側が用意するのではなく、参加する我々がそれぞれ勝手に用意すれば良いと思うのです。
 
  これに優劣をつけるのは如何なものかとは思いますが、するのならば誰が見ても「こいつらはスンバらしい!
  こりゃ余程修行を積んできたなぁ。よっしゃ、俺達ももっと修行するぞっ!!」と言うような拳士が良い評価を
  受ければ、これは皆の励みになるし、悪いことではないと思います。
  問題は、時々「何でコイツらなの??」と思うような評価が出る事。これは審判の問題であって、
  審判業務はやるならば本当に真剣にやらなければならないと思います。

565 rusher :2003/12/30(火) 15:13
いまだに自分は試合って言葉に釈然としない。例えば

>>564
>2.乱捕り試合は「Exhibition」形式

exhibitionであっても試合なのか。
未知の相手と技/術/略を試し合えば、それが「試合」か。
(だったらわしは賛同側に回る)

それともtournament/competitionが試合か。
勝敗を決しなければ試合と呼べないのか。
(だったらわしは不賛同側に回る)

順位・採点・表彰までも欲するのか。
(ならばわしは不協力・積極的反対側に回る。信用できん)

てなふうに、試合の言葉(イメージ)が、皆の間でも不一致じゃないの?

わしは議論に結果を求めるから、
「前提が一致してないときに何を話したって不毛で水掛け論で時間の無駄」
と思っちゃう。
つまり間違った設問には答えたくないわけ。正しい答えが出るはずないから。

設問をブラッシュアップして欲しいなあ……。

566 rusher :2003/12/30(火) 15:13
もういっちょ。

>>564
>アップニ>本来少林寺の大会趣旨ってなんぞや??
>
> 「本来」と言う事ならば是は明白で、「我々はこんなことをやっていますよ」
>と言う事を拳士以外の人に見てもらうために開催していたとの事です。
> これは今も「基本的な部分」では変わらないはずです。

 もともと公示目的である「演武」はしょうがないけど、単なる稽古にすぎない
「基本演練」「乱捕」の公示は取扱注意かと自分は考えます。

> 私はこれ以外に「祭」的な要素を考えています。

 公開されない内輪の祭りで何やろうが自由だと思いますが、公示があるなら、
そこに一定の配慮、品性、常識との折合いも必要と考えるわけで。「乱捕試合」
の正体が明瞭になるまでは賛成はできません。

> これに優劣をつけるのは如何なものかとは思いますが、するのならば誰が見て
>も「こいつらはスンバらしい!こりゃ余程修行を積んできたなぁ。よっしゃ、俺
>達ももっと修行するぞっ!!」
>と言うような拳士が良い評価を受ければ、これは皆の励みになるし、悪いことで
>はないと思います。
> 問題は、時々「何でコイツらなの??」と思うような評価が出る事。これは審
>判の問題であって、審判業務はやるならば本当に真剣にやらなければならないと
>思います。

 先月とある公の大会で一副審やりましたが……。

 正確度の評価だから、減点しかできないわけ。あら探しする眼が必要とされ、
褒める眼は持てないのね。
 すると、いくら巧みで高速で迫力があって「うまいなあ」「よく練習してるな」
「これは人前に出せるな」と思わせる演武であっても、譜面を見透かすことがで
きればケチをつけやすくて、減点は大きくなってしまう。
 これとは対照的に、過去に見たことがない構成で、ぱっと見に複雑で果たして
これが不正確なのか意図的なのか判別しにくい演武だと、減点が小さくなる。

 つまり、点数(順位)と演武の出来との間の相関係数r[0≦r≦1]が、予
想より小さかった。うわあ、この制度、駄目じゃん?

 ほんとは一組一組つかまえて教えてあげたい。こんなしょーもないとこで点引
かれてるんだ、気をつければ直せる、たいしたことじゃないぞと。路線は正しい
からそのまま磨いてけ、と。

 だから今の演武の採点試合も、諸手を挙げての賛成なんか、いたしかねます。

567 Syami@Office :2003/12/30(火) 16:39
>公開されない内輪の祭りで何やろうが自由だと思いますが、公示があるなら、
>そこに一定の配慮、品性、常識との折合いも必要と考えるわけで。

ふむむ?私は公開されない内輪の祭りであろうとも、否そこにこそ配慮、品性は必要で
あると思います。

>正確度の評価だから、減点しかできないわけ。あら探しする眼が必要とされ、
>褒める眼は持てないのね。

いやぁ、現行の採点制度では当にその通り。
ちょと寂しいですねぇ。特に子供の採点する時は。
でも、現在の様に数を捌かなければならない現実では次善くらいの方法では?
私は小さな会だったならば出来るだけ一言でもコメントを付けるようにしています。
でも、都大会サイズでは無理だなぁ。数を捌くので精一杯。

>ほんとは一組一組つかまえて教えてあげたい。

全くです。

>だから今の演武の採点試合も、諸手を挙げての賛成なんか、いたしかねます。

ではひとつ、代替案を。

568 rusher :2003/12/30(火) 18:24
一つは以前書いたとおり、当日いきなり初対面の者同士組合せて演武をやらせる。
規定組演武でよい。

教育的には、両者の段位や年令が離れているほど歓迎。

そして財団の規格化的発想に由来する正確度評価よりむしろ表現度を重視し加点法評価。
重視するからにはその演武にタイトル(テーマ)をつけさせたい。

ああそれから、自由組演武ならパクリは大幅減点したいし、
そもそもビデオを禁止したいけど。

まあ、ここまでやらなくても、
まずは審判員コメントがちゃんと出場選手に伝達できるフレームワークがほしい。

569 138B :2003/12/30(火) 18:32
来年変わるという採点方法はどんなんだろう?
また覚えねばならん・・・

570 Syami@Office :2003/12/31(水) 10:38
>表現度を重視し加点法評価。
>重視するからにはその演武にタイトル(テーマ)をつけさせたい。

良いですねぇ。如何にも「観磨」らしい。
自分達で一つのテーマを以って構成した演武となると、当に「作文」らしくて良いではないですか。

>自由組演武ならパクリは大幅減点したいし

これはある程度許しても良いよーな気がしますね。
優れた動きをどれくらい模倣できているかって事で。

>審判員コメントがちゃんと出場選手に伝達できるフレームワークがほしい。

全くです。私が書いたコメントもきっと右から左なんだろうなぁ。
まぁ、「よしっ!上手いぞ!」とか「目付けに注意」とか、「中段構えが拙い」と言った程度の他愛のないコメントでしかないんだけど。

571 40過ぎ拳士 :2003/12/31(水) 17:56
 私なんかが書き込んでいいのかな、と思いつつ…

1.乱捕り稽古は
【肯定】
2.乱捕り試合は
【肯定】
3.演武稽古は
【肯定】
4.演武大会(試合)は
【肯定】
5.一言(長文可)

 乱捕だろうが演武だろうが、私は試合について無条件肯定派です。
 理由は、
 1)競争があってこそ進歩がある。
   これは100メートル走でも、ビジネスでも、政治でも、何でも同じ。
   競争の弊害は、競争の無い弊害よりも大きいでしょう。
 2)やってみれば白黒がつくのが、武道の気持ち良さです。   
   優勝劣敗を学ぶのは、武道の基礎だと思います。
 3)では、どのようなルールで乱捕試合をやるか、ですが、
   極言すれば、どのようなルールでも良い。
   胴とグローブを使った昔の少林寺ルールでも、
   キックボクシングルールでも、極真ルールでも、
   硬式空手ルールでも、大道塾ルールでも、
   散打ルールでも、バーリトゥードでも、
   何でも良いと思います。
   とにかく試合をすること。
   試合の方法論を四の五の議論して
   20年が経ってしまったわけじゃあないですか?
 4)「試合が全てではない」とは全くその通り。
   しかし、それは「試合をする必要は無い」にはならない。
   武道は殺し合いから始まり、常に殺し合いを想定します。
   そういう意味では、
   どんな安全なルールだろうが、どんな過激なルールだろうが、
   試合なんてシミュレーションに過ぎません。
   それが「試合が全てではない」の意味だと、私は考えます。
 5)試合をすれば、確かにルールに限定された範囲ではありますが、
   相手が勝っていて、学ぶべきところ
   自分が劣っていて、補うべきところがはっきり分かります。
   それが分かれば、みんな一生懸命努力しているんだから
   練習を通じた進歩の実感が、絶対にあります。
   「こんな練習でいいのかな?」なんて疑問が出てくる訳が無い。

 あと、Syami さんと意見が違うのは、胴を使った練習の有効性です。
 脚刀を使った廻蹴がサンドバックで作られるのと同様、
 前足底の蹴は胴蹴で作られると思います。
 そして、前足底の蹴は靴を履いているときには絶大な威力を発揮します。
 いくら腹筋を鍛えてたところで、バットは我慢できても
 バールは我慢しようがありません。
 護身術として、あれを練習しないのは非常に勿体無いと思います。
 練習で、胴をつけている相手が気分が悪くなるほど蹴れるようになれば、
 靴を履いているときには、かなり軽い蹴でも相手はうずくまってしまいます。
 (そのためには、足の皮を何度か剥く羽目になりますが…)
 フルコンでは軽視されていますが、日拳や防具空手の人も上手です。

 皆さま、良いお年をお迎え下さい。

572 Syami@Office :2003/12/31(水) 18:28
>私なんかが書き込んでいいのかな、と思いつつ…

ふふ、勿論です。
40過ぎ拳士さん、おいでませ!!

>Syami さんと意見が違うのは、胴を使った練習の有効性です。

多分違わないと思いますよ。私が上記で胴は使用せずと言ったのは乱捕り稽古の時のお話です。
普段は定歩、移動含め胴蹴りはどんどんすべきと思います。
乱捕り稽古では自由な動きをスポイルする胴はせずに、少々打たれたり蹴られたりしても平気なぐらいに体を鍛えておき
その上で死なない程度に威力をコントロールした打撃を応酬しあう。
このような意味であのように書きました。
誤解されたようで、申し訳ないです。

さて、やっと今年のお仕事も終わりました。
帰ってお掃除とお蕎麦の用意をしなければ。
では、皆さん、良いお年越しを。

573 40過ぎ拳士 :2003/12/31(水) 19:06
>>572

Syami さん、どうも。(^^)/
今、朝の5時です。これから寝ます。

で、皆さま、571 の私の書き込みですが、

> 1)競争があってこそ進歩がある。
>   これは100メートル走でも、ビジネスでも、政治でも、何でも同じ。
<   競争の弊害は、競争の無い弊害よりも大きいでしょう。

 酒飲みながら書くと、ろくなことがないですね。
「競争のない弊害は、競争の弊害よりも大きいでしょう」の間違いです。
 まるっきり意味が反対だぁ…

574 615期生 :2004/01/04(日) 03:39
>>565
>つまり間違った設問には答えたくないわけ。正しい答えが出るはずないから。
>設問をブラッシュアップして欲しいなあ……。
設問についてはもう,かなり意見がてでいますので既存の設問もしくは空白等で.
空白の場合は,5.で解説お願いします.
これは意見の表明であって,答えを出すこと目的ではありませんので,長文覚悟で取り組んでいただけると助かります.

575 アップル :2004/01/04(日) 10:43
>審判員コメントがちゃんと出場選手に伝達できるフレームワークがほしい。
出場する側としては審判の意見ってのは欲しいものですね。
その審判では何が良くて何が悪かったのかってのが少しでも言っていただけると
今後の研究材料になるんだけどなぁ。

576 138B :2004/01/04(日) 20:02
>その審判では何が良くて何が悪かったのかってのが少しでも言っていただけると
いや、どの審判でも本来おなじです。
Syamiさんやrusherさんや私の言っていることがまちまちだとおかしいでしょ。
ただ、その審判がなんと表現するかが問題ですが、枝葉はとらえず、幹をつかんでね。

577 アップル :2004/01/04(日) 21:57
>その審判がなんと表現するかが問題ですが、枝葉はとらえず、幹をつかんでね。
なるほどー、その通りですね!!

今度の会報は面白そうだなー。以下本部の予告


グラビア:演武
開祖の演武、高段者の先生の演武、科目表ビデオなどにも出演している川島・澤村
先生の演武……歴代の先生方の演武をグラビアで大公開。

特集:「昇格考試」「演武審査」が4月から変わる!
「昇格考試」「演武審査」の内容が4月から大幅に変更される。何がどのように変
わるのか、拳士の修行過程で大きな影響を与えるこれらの変更について連盟本部から
の発表を掲載する。

578 40過ぎ拳士 :2004/01/05(月) 16:51
 演武と乱捕の乖離、っていうのが
 私には今ひとつ分からないところです。

 演武は上手いけど乱捕は弱い、なんて人
 見たことなかったんだけどなぁ…
 拳法部でも、演武で代表に選ばれるヤツらは
 例外無く乱捕も強かったですよ。
 良い演武が出来る、ってことは
 平たく言えば運動神経が良い、ってことですから。

579 ビスキュイ :2004/01/05(月) 17:07
>40過ぎ拳士さん
本来はそのとおりなんですが…最近は演武の中身が問題な場合がままありまして…
なんと言ったらいいか,法形を真剣に研究したりそれを乱捕りで検証したりしていれば
「おいおい,実際の攻防でそんな動きはしないだろう!」ていう動きを「体に染み込む
まで」訓練しちゃったりするケースがあるわけで…さらにそういった演武の訓練ばっか
りで乱捕り稽古を殆どもしくは全くしないケースもあったりするわけで…
やはり何事もバランス良く行わなくてはいかんのですよね。ちなみに私は乱捕りだけで
なく演武も好きですよ。構成作るの下手だけど…

580 Syami@Office :2004/01/05(月) 17:11
>構成作るの下手だけど…

それはちょっと言えるかも・・・

581 ビスキュイ :2004/01/05(月) 17:22
>>構成作るの下手だけど…

>それはちょっと言えるかも・・・

そうなのれす。だからオヤビンの「例の資料」は私にはとても貴重なものれす。
みんなも読むべし!

582 アップル :2004/01/05(月) 17:37
>>構成作るの下手だけど…
構成から考えるのも楽しいですねー。結局無理な動きがあって
修練しながらどんどんシナリオが変わっていくのですけど・・・。

連反攻のつもりが、自分よりも高段者の技だったりして使えなかったことも
しばしばあるしー。

そろそろ県大会の演武考えようかな、半年しかないぜー

583 Syami@Office :2004/01/05(月) 17:46
>そろそろ県大会の演武考えようかな、半年しかないぜー

私で良かったら支援してあげるよ。
ところで「オヤビンの「例の資料」」ってナニ?わしにもくれ!!

584 アップル :2004/01/05(月) 17:49
>私で良かったら支援してあげるよ。
まずは相方探しからなのですけど・・・・。
相方が受験で、しかも高校生どもが全員休眠しやがりましたので・・。
いまフリーなのです。

壮年の部って2段と4段って組めるのかな??段は関係無しですかね?
っつーか壮年の部は何歳からかな??

585 Syami@Office :2004/01/05(月) 17:55
>まずは相方探しからなのですけど・・・・。

はにゃ??

>段は関係無しですかね?

確か許されている「段差」は一つだけかと・・・。別にいーじゃんと思うけどなぁ。

586 rusher :2004/01/05(月) 17:58
>>583
>ところで「オヤビンの「例の資料」」ってナニ?わしにもくれ!!

http://randorisiyou615.hp.infoseek.co.jp/RS.html
章立てはあるものの目下追加執筆意欲まったくなし。(_ _;)

>>584
>っつーか壮年の部は何歳からかな??

男は45歳からではないかと。

587 ビスキュイ :2004/01/05(月) 17:59
>Syamiさん
「例の資料」は丸廉ホムぺにアップされているオヤビンの演武論のことでつ。

トップ > 入じ恵 > 少林寺拳法資料板 > RUSHER's STRATEGY

がそれでつ。私にとっては大変参考になりますた。マジで。

588 ビスキュイ :2004/01/05(月) 18:01
オヤビンのカキコとかぶってる…

589 615期生 :2004/01/05(月) 18:03
>章立てはあるものの目下追加執筆意欲まったくなし。(_ _;)
ガ━━━━━━��(゚д゚lll)━━━━━━ン

やっぱりかーーー,一度途切れるとこうなると以前からご自身が仰っていたが.
みんなーーーうまくよいしょして,一気に書き上げてもらうしかなーーーーい(;´Д`)

590 138B :2004/01/05(月) 18:22
>>585
>確か許されている「段差」は一つだけかと・・・。別にいーじゃんと思うけどなぁ。
そ、そうだったのか・・・
段差は無いけど(相手が級拳士)うーむ。
親子演武クラスがなかったので壮年の部に出てしまった。
賞状もらっちゃったぞ?地方の大会だったから良かったのかも?

591 ビスキュイ :2004/01/05(月) 18:25
壮年の部は「片方が45歳以上」って縛りしかなかったんじゃないですかね?
私(四段)も県大会で45歳(初段)の方と組んで出ちゃいましたよ?

592 アップル :2004/01/05(月) 19:14
>壮年の部は「片方が45歳以上」って縛りしかなかったんじゃないですかね?
45か、、微妙だのぅ。

うちの支部では20代が私一人だけであとは少年部のパパさんなのです。
パパ組は少年部との親子にガッツリもりあがる反面、あまり運動量には
興味がなく、子供が楽しければ〜てな雰囲気です。
やる気があって、まじめなんですけど。ソコまでやらなくても〜
てな雰囲気があってね。なかなか誘いにくいのです。

10代は高校生が受験で休眠なので中学生以下しかいないのだー。

道場長が4段以上だから組めないし、、壮年の部でいけそうなのは







支部長だな。

593 Syami :2004/01/05(月) 22:09
Go Go!!

594 rusher :2004/01/06(火) 02:33
>>589
予告篇

もう十年くらい前、土曜午前のOL倶楽部みたいなタイトルの番組で
司会の作曲家三枝が面白いコメントをした。

ギタリストの作曲家(例:織田哲郎)は歌いやすいメロディを作ることが多い。
しかし歌手の巧い下手がモロバレになる諸刃の劔。

キーボードの作曲家(例:小室哲哉)は歌うのが難しいメロディを書くが、
歌手の巧拙はバレにくい。

さてここで作曲と演奏に分離して演武を捉えて考えてみよう。
実は、級拳士技のような比較的馴染みの深い単純な法形で演武を作曲すると、
拳士の技量がモロバレに(以下次号)

595 615期生 :2004/01/06(火) 11:49
おぉおもしろそうだ!!
キタ━━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀期待age

596 豆拳 :2004/01/09(金) 11:50
自分も参加していいかな?

1.乱捕り稽古は
【肯定】
2.乱捕り試合は
【許可】
3.演武稽古は
【肯定】
4.演武大会(試合)は
【許可】
5.一言(長文可)

乱捕り稽古の必要性は言うに及ばず。
乱捕り試合は「試合でもないとやる気が出ねえよゴルァ!!」
って人の為。自分は痛いのイヤです、乱捕り怖いです、ヘタレです。
でもやらなきゃ護身にならんのでやってます。まだまだビビリですが。

演武稽古は「演舞」に堕するならいらないです。高校の頃の組演武では
パシパシ軽くて速いだけの演武が評価されるってことがありましたから。
自分らは受け損ねなんかで痣だらけだったのに・・・・

「効かない攻撃なんか出すな!!演武でも同じだ!!」はうちの顧問の口癖。

これは顧問から聞いた話ですが、ある先生は構成なんて決めなかったそうです。最初の攻撃だけ決めて後はアドリブ・・
ってこれ乱捕りですよね。この域を目指したいものです。

597 ビスキュイ :2004/01/09(金) 11:55
豆拳さんいらしゃーい。ドンドン参加してくださいね。

>「効かない攻撃なんか出すな!!演武でも同じだ!!」はうちの顧問の口癖。

いい先生ではないですか!

>これは顧問から聞いた話ですが、ある先生は構成なんて決めなかったそうです。最初の攻撃だけ決めて後はアドリブ・・
>ってこれ乱捕りですよね。この域を目指したいものです。

それは伝説のN先生とM先生の演武ですね。お互いこの域を目指して頑張りましょうね。

598 ビスキュイ :2004/01/09(金) 12:01
>豆拳さん
それとここ↓読んでおくといいですよ

http://randorisiyou615.hp.infoseek.co.jp/fuukakunoaruenbu.html

599 豆拳 :2004/01/09(金) 12:17
>ビスキュイさん
うちの親父がM先生とN先生の大ファンで(ファンて・・)
昔演武のビデオ持ってたが仮パクされたそうです・・・っととけよ!!!

ちなみに上の話は別の先生です。奉納演武をぶっつけでやったそうですw

自分も風格ある演武を目指したいです!!

600 ビスキュイ :2004/01/09(金) 12:20
>うちの親父がM先生とN先生の大ファンで(ファンて・・)
>昔演武のビデオ持ってたが仮パクされたそうです・・・っととけよ!!!

あはは

>ちなみに上の話は別の先生です。奉納演武をぶっつけでやったそうですw

なるほど。そう言えばSyamiさんも同じことしたって言ってたっけ。

そう言えば豆拳さんは明後日の日曜日にやる中国武術オフとかはどーお?

601 豆拳 :2004/01/09(金) 12:33
あさっての日曜は武専・・・の前に受験なので練習ができないんです。
今昼飯なんで書き込んでいますが。試験が終わる二月の後半位から参座
したいなと思います。
割れていた腹筋はプニプニに、体はガチガチに。嗚呼練習したい。

602 ビスキュイ :2004/01/09(金) 12:55
>豆拳さん

なるほど,それはまず受験優先ですね!吉報を携えて参加してしていただけるのを
楽しみに待ってますよ〜。ファイトー!

603 南部曲家 :2004/01/10(土) 22:46
今日 拳士の結婚式で演武しマスタ
なかなかなだといわれました

604 アップル :2004/01/10(土) 23:00
>今日 拳士の結婚式で演武しマスタ
をを!カッコイイ!!

605 半変身蹴 :2004/01/11(日) 00:20
2ちゃんがまったく見れなくなりました。
「人大杉」ってのが出てるうちはなんとか見れたんですが。

拳士の結婚式で演武てカコイイなあ〜

606 rusher :2004/01/11(日) 00:42
たぶんURLが変わってます。トップから辿りなおせば着きます。
(-_-)zz

607 半変身蹴 :2004/01/11(日) 19:32
> rusher さん

どうもです

608 アップル :2004/01/13(火) 09:08
さーて、会社からは2ちゃんにカキコできないのでコピペ
*********************************************************
【拳禅一如】少林寺拳法総合スレッド【力愛不二】
698 :哲也小僧 :04/01/11 20:17 ID:QFvuVZg1
少林寺拳法、言ってることとやってることが違う、というのは同感。
武専ってのに入らないと四段以上は受けれない。
これがまたつまらない。お金もかかる(年間36000円)で、11年間も掛かる。
少林寺拳法の段位取るのに、何で、学校に入らなけりゃいけないのか?
武専の講師が、また年寄りばかりで、技なんかやったら骨折ものという人が。
本部に逆らえない、閉鎖的な社会(武道は多かれ少なかれそうだけど)
総裁は、少林寺拳法出来ないし・・・。分けわかんない?
******************************************************************
新たなるキャラハケーンしました。
>武専ってのに入らないと四段以上は受けれない。
武専行って無くても4段持ってた人しってるけど・・・。
>武専の講師が、また年寄りばかりで、技なんかやったら骨折ものという人が。
その年寄りこそがバケモノだったりするのが少林寺の特徴だったり・・・。
若い人間がもっと頑張らなければ・・・。
>総裁は、少林寺拳法出来ないし・・・。
ん〜、私は別に構わないけどね。円の効果とかいう考えとか結構好きだったりします。

609 アップル :2004/01/13(火) 09:16
っつーか!
武専入学願書を書こうとしてる人間がココにいるんだ!批判もいいがもっっと
魅力のある話を聞かせてほしいなぁ〜ヽ(`Д´)ノ

610 ビスキュイ :2004/01/13(火) 09:32
>アプールさん

武専の魅力…派遣講師として来てくださる全国各地の色々な先生の技を味わうこと
ができる。他の道院の拳士と知り合いになれる。武専に在学していれば他武専に出
稽古に行くのもへっちゃらさ(お勧めはS玉武専あたり)。開祖法話も聞けちゃう
ぞ(テープや映像だけど…)。

すぐに思い浮かぶのはこんなとこかなあ〜。

611 アップル :2004/01/13(火) 10:31
>ビスキュイさん
早っ!!
>開祖法話も聞けちゃうぞ(テープや映像だけど…)。
なんと!それはいいなぁ、、私のように開祖に一度も会うことなく
育った拳士には非常に貴重だったりします。開祖法話のテープとかあるんでしたっけ?

>派遣講師として来てくださる全国各地の色々な先生の技を味わうこと
ココがなけりゃーつまらんですな!!全国にはどんな先生がいるんだろうー
ワクワクしますな!!

612 ビスキュイ :2004/01/13(火) 11:04
>アプールさん

>なんと!それはいいなぁ、、私のように開祖に一度も会うことなく
>育った拳士には非常に貴重だったりします。開祖法話のテープとかあるんでしたっけ?

私も開祖には一度も会うことなく育った拳士ですが,テープや映像であってもやはり開祖
のお話は味わい深いものがありますよ。テープとかは販売してたような気がするな〜

>>派遣講師として来てくださる全国各地の色々な先生の技を味わうこと
>ココがなけりゃーつまらんですな!!全国にはどんな先生がいるんだろうー
>ワクワクしますな!!

ホントに色んな先生がいらっしゃいますよ〜。まあ確かに中には「先生,それ
はちょっと…」という方もいないとは言いません。しかし概ね大変に豪快かつ
危険な先生が多くて質問するのが楽しみだったりします。喜んで体で教えてく
れると思いますよ〜

613 615期生 :2004/01/13(火) 12:32
テープは今でも販売してるでしょ.
日本には既にそれをmp3に変換している人もいるに違いない...どこかに落ちてないかしら...

>少林寺拳法、言ってることとやってることが違う、というのは同感。
なんのことかと思ったら,お金のことかよ.
今更こんなカキコで動じる奴いないのにね〜

>武専ってのに入らないと四段以上は受けれない。
>これがまたつまらない。お金もかかる(年間36000円)で、11年間も掛かる。
武専の内容については賛否両論あると思いますが,
これは一日あたり3000円ちょいでしょ.一日講習受けてこの値段はかなり良心的だと思うが.

>少林寺拳法の段位取るのに、何で、学校に入らなけりゃいけないのか?
段位と学校の認識が間違ってるけど,仮に段位取るために学校入らないといけなくても,
それはあっても構わん.教えの部分がなくては少林寺ではないしね.てかなんでこいつはそんなに段位にこだわるんだ.

>武専の講師が、また年寄りばかりで、技なんかやったら骨折ものという人が。
それは生徒のほう・・・

でも,派遣講師にもはずれが(以下省略)
まぁ少林寺に魅力を感じている人間なら,武専くらいは経験しとくべきさね.
卒業するかどうかは別としてさ

614 138B :2004/01/13(火) 12:43
>アプールさん

武専の魅力…あんな事も、こんな事もできます!(訳わからん説明だな)
普段痛がられるので遠慮したり、先生からもっと加減するよう指示が出ているのですが、
気にせず投げられます。逆に相手も変な投げ方しないので、単純に身をゆだねられます。
気が付くと痣だらけだったり、次回の武専までに完治しなかったり・・・
錫杖もやるし、如意もやるし、落としたりも?
目が点になることが一杯!

615 アップル :2004/01/13(火) 12:50
>武専の魅力…あんな事も、こんな事もできます!

*・゜゜.*:.。..。.:*.゜アヒャ(゜∀゜)ヒャヒャー゜.*:.。. .。.:*.゜゜

まつたけさんも入学するのかな??

616 ビスキュイ :2004/01/13(火) 12:58
138Bさん

>錫杖もやるし、如意もやるし、落としたりも?

それはさすがに某地区の武専だけのような気が…

617 Syami :2004/01/13(火) 13:04
>それはさすがに某地区の武専だけのような気が…

残念ながら確かに。

618 アップル :2004/01/13(火) 13:08
>それはさすがに某地区の武専だけのような気が…

>残念ながら確かに。

むむむ・・・・。

619 615期生 :2004/01/13(火) 13:09
>>616
まったくだ

620 ビスキュイ :2004/01/13(火) 13:12
>アップルさん&615期生さん

いや,落ちり起こしたりしたければいくらでも…ねぇ?

621 615期生 :2004/01/13(火) 14:30
むむむ

622 豆拳 :2004/01/13(火) 16:16
だよな〜S玉武専は逝ってるもとい凄い先生がいっぱいいるもんな〜
自分も○坂先生に如意伝教わりたい・・・

でももう少し若者がいた方がいいかな?本科で10代なんて自分くらい?

623 ビスキュイ :2004/01/13(火) 16:32
>豆拳さん
おや?丸廉はS武専の人結構いたりしますよ(^-^)私も本科の途中まではそちらでしたし
お会いするのが楽しみですな♪

624 豆拳 :2004/01/13(火) 17:33
>ビスキュイさん

そうなんですか?じゃあ意外と知ってる人がいたりしそうですね。
参坐の際は皆さん宜しくお願いします。

それと少林寺拳法資料版に足せそうな書籍がうちにありましたので勝手
ながら管理人さんに送らせていただきました(^人^)

625 豆拳 :2004/01/13(火) 17:35
駄目だ・・三枚送ったんだけどサイズがでかくて二枚エラーだった(泣)

626 138B :2004/01/13(火) 17:37
>>622
>豆拳さん
あれ?昨日お会いしているのかな?

627 ビスキュイ :2004/01/13(火) 17:39
>豆拳さん

>それと少林寺拳法資料版に足せそうな書籍がうちにありましたので勝手
>ながら管理人さんに送らせていただきました(^人^)

グッジョブ!

>138Bさん
また法縁かな?

628 名無しさん@いらっしゃい :2004/01/13(火) 17:46
>138Bさん
いえ、昨日は休ませて頂きました。」

629 615期生 :2004/01/13(火) 18:01
>625
げげげ
たった今,ゴミ箱に捨てた(再生不可)の「二枚目です」というメールのことかな・・・
すいません.再送お願いします.

630 ビスキュイ :2004/01/13(火) 18:05
>>629

豆拳さんのせっかくの心遣いに何てことを!!この厨房が!!!

631 名無しさん@いらっしゃい :2004/01/13(火) 18:05
>615期生さん
了解です。ちょっとお待ちを

632 615期生 :2004/01/13(火) 18:06
なんてレスが早いんだ!!

スマソ・・・

633 アップル :2004/01/13(火) 18:11
>615殿
ん〜、我も送れぬ・・・。後からにしよっと。

634 615期生 :2004/01/13(火) 18:21
今ひとつ落としました.
なんつってもうちのプロバイダのメールボックス3MBだからな・・
考えてみると何でこんなに少ないんだろう.
ブロードバンドが活かしきれないなんて,なんてアホな会社だろう.
今時なら50Mくらいただでくれてもいいようなのものを.

とっ書いてるうちに豆拳さんから来たぞ_〆(゚▽゚*)
三つとも見たことないものばかりだ(☆∀☆)ノ
まずは,ありがとうございました〜

635 615期生 :2004/01/13(火) 18:22
後でちゃんとアプするとして...
一つ美的にあげてみた.

636 アップル :2004/01/13(火) 18:32
私もあげてみた

637 138B :2004/01/13(火) 20:06
>>635
あれは表投げか?

638 615期生 :2004/01/13(火) 20:27
表投げは名前しかしらないのですが・・・あぅ

639 ビスキュイ :2004/01/13(火) 20:40
表投げ・裏投げの練習をする時は先ずは背負い投げの練習をイヤッ
ちゅー程やるべきだよな〜などと愚考する今日この頃…

640 615期生 :2004/01/13(火) 20:43
愚考なのかい?

641 ビスキュイ :2004/01/13(火) 20:48
>愚考なのかい?

貴様は「謙遜」という言葉を知らんのかと小一時間…

642 615期生は美しすぎる :2004/01/13(火) 20:51
しらんなぁ

643 Syami :2004/01/13(火) 20:58
ナルキッソスは悲しい最後をとげたぞ。藁)

644 138B :2004/01/13(火) 22:26
ネメシスはどなた?

645 豆拳 :2004/01/14(水) 11:40
>615期生さん
早々のUPありがとうございます。
記載に誤りがありましたので訂正を↓
>ケイブンシャの大百科 少林寺拳法入門大百科の別バージョン
定価1600円 日本少林寺拳法連盟編 昭和58年初版発行
インド武術やトレーニングに関しても記載されています。

とありますが
>定価1600円 日本少林寺拳法連盟編 昭和58年初版発行
インド武術やトレーニングに関しても記載されています。

の部分は講談社スポーツシリーズ 少林寺拳法の説明です。
お願いします。

646 615期生 :2004/01/14(水) 12:00
げげげ
早い!!
今日当たりまた情報を聞いて改めてウプしようと思っていましたが〜

いただきたい情報は巻末にある
発行社・価格・初版印刷月日・何版か,あたりを併記したいのです.
願わくば,一言感想もいただけると幸いです(^_^;

647 豆拳 :2004/01/14(水) 12:55
>615期生さん
了解しました。ここに書いちゃいますね。

ケイブンシャの大百科 少林寺拳法入門大百科
発行社 剄文社
価格 830円
平成3年10月21日初版発行(S58に出版されたものを一部改訂とあります)

感想:漫画などが盛り込まれ、全体に子供向けですが(演武者も子供)
法形名をのせず「殴ってきたら?」「凶器で襲われたら?」
とゆう風に状況別に技を掲載しているのが面白いです。

図解コーチ 少林寺拳法
発行社 成美堂出版
価格500円
昭和58年1月20日初版発行(S58年4月10日発行3版所有)

感想:普通の技術紹介書です。
文庫本サイズなので持ち歩いて技の確認に使用してます。
現行本は持ってないので違いがあるのかはわかりません。

講談社スポーツシリーズ 少林寺拳法
発行社 講談社
価格 1600円
昭和58年5月10日初版発行(昭和59年5月7日発行2版所有)

感想:連続写真が使用されているので技がわかりやすいです。
またインド武術や筋力トレーニングについての記載があるのが
珍しいと思います。

648 615期生 :2004/01/14(水) 16:30
ありがとう(^▽^)ゴザイマース
今晩ウプしますね.
うれしいですねー独りで集めてるとなかなかそろいませんからねー
こういう風にネットを使えばどんどん情報が集まる〜
便利便利

649 アップル :2004/01/19(月) 19:09
こないだ615どんと昇段試験についてもう少し厳しく〜みたいなことはなしてたんだけど。
落としたら落としたでンケキなスレがたつのねー。

http://sports6.2ch.net/test/read.cgi/budou/1074413602/l50

650 615期生 :2004/01/19(月) 19:59
すごいスレだな...2ちゃんでやることではないな.
同門として恥ずかしいな.

651 わんわん :2004/01/19(月) 20:59
>650,648
1のやつの気持ち個人的にはわかる。
試験管の気持ちもわかる。

でも、これが弱い黒帯大量生産している現実になっているだけなのに・・・・
とさらに思う。

652 615期生 :2004/01/19(月) 21:02
おっ,わんわんさんz!!

今の試験では黒帯が叩き売りじょうたいだしなぁ.
私も精進せねば・・・・

653 わんわん :2004/01/19(月) 21:18
個人的提案
1・各道院は受験できるレベルにない拳士は受験させるな!
2.試験を厳しくしろ!
 例:抽出(剛5、柔5)のうち4つ以上間違える(形だけでいい)のは即落とせ!
   筆記で70点以下の追試はなくせ!準備してこないのは受ける資格なし。
   乱捕りがショボイ拳士は筆記で90以上とれ!
   技ができていない拳士は筆記で90以上とれ!
   
3.統一的な合否判定をしろ!
 例:少林寺っぽくないからといって落とすな!
   試験管によって合否に著しい差を出すな!(技、筆記、乱捕り、総合的に見ろ!)
   誰誰先生のところだから、落としたら後でめんどくさい、から合格させる、というのはなし!

こんな感じですかな。

654 Syami :2004/01/19(月) 23:27
>各道院は受験できるレベルにない拳士は受験させるな!

試験する方としてはこれに尽きます。
落とすのは結構エネルギーが要るのだ!
当院でこの前初段に合格した人は、允可状を受け取った時は男泣きに泣いてたぜ。
50を過ぎて始め、社長業の傍ら3年かけて修行して学科も実技もほぼ満点だったとの事。
試験前は必死で勉強、練習してたっけ。
そう言う人にだけ受験に来て欲しいものです。

655 138B :2004/01/19(月) 23:42
>>653
1.をクリアーすれば2.と3.は必然的にOK
難しいことは要求しないから最低限のことはね・・・

656 ビスキュイ :2004/01/19(月) 23:51
お願いだから組演武は憶えてきて欲しい…

657 Syami :2004/01/20(火) 00:34
>お願いだから組演武は憶えてきて欲しい…

そんなのは即アウトだい。
指導者が文句言ってきたらそれこそ百倍にして言い返したる!!

658 熊狩 :2004/01/20(火) 01:05
>そんなのは即アウトだい。

ああ、私の昇段試験の時のおっちゃんを思い出す…
私だけ実技2分やらされたっけ・・・

659 まつたけ :2004/01/20(火) 01:20
>まつたけさんも入学するのかな??

うーん,なんか行きたくなってきた・・・
やっぱ月一でも練習日がふえるし,みんなに会えるし
武専でしか得れないものあるだろうしね。

660 とっしぃ :2004/01/20(火) 01:44
それでこそ、まっちぃ
それでこそ、丸廉のアイドル
それでこそ、ダーマの子

ダイヤの心だぁ!

661 rusher :2004/01/20(火) 04:01
お願いだから級拳士技や半月返ごときを思い出せない拳士を
特昇に送り込まないで欲しい。相手も試験官もかわいそうだ。

662 アップル :2004/01/20(火) 08:55
>当院でこの前初段に合格した人は、允可状を受け取った時は男泣きに泣いてたぜ。
>50を過ぎて始め、社長業の傍ら3年かけて修行して学科も実技もほぼ満点だったとの事。
カッコイイ!!前の道院にもいましたよ!!50過ぎで少林寺をはじめて今は大拳士5段!
現在80過ぎですが6段取るべく毎回練習には参座され、しかも人よりも30分はやく来て
拳立てとかやってる・・。

だから負けじと一時間はやく来て練習してたら、次のときはもっと早く来ていましたw。

663 アップル :2004/01/20(火) 09:08
試験管に・・
時間に押されてるのはわかるけど、試験省略すんのはコッチとしては気が抜ける、、
「あ〜、、キミたちはこれはもういいよ」
なんて省略されて喜ぶのは練習してきてない拳士だけなのだ。

基本突き蹴りなんてなかったよ
柔法乱捕り10秒・・そりゃないよ、せめて攻守入れ替えくらいさせてくれ。
抽出科目、全員いっぺんにやってどうやって全員の評価つけたんだろう。。
演武、10個区切って10個とも仕切りなおし、演武じゃないやい。

楽だけど、楽しくない。受かったけど、皆納得してない(すこしはホッっとするけど)。

っちゅーか、試験まえに各道院で仮試験をやるものだと思ってましたが、どうやら
前の道院だけのようですねぇ。
ぜったい仮試験のほうが厳しくてめっちゃ怒られるのだが。。。

664 Syami@Office :2004/01/20(火) 09:28
>負けじと一時間はやく来て練習してたら、次のときはもっと早く来ていました

むぅぅ、良い話だ。他人10回我100回。
その歳に至ってもそれだけのモチベーションを維持できるとはすんばらしい!!
でも、そう言えばウチのお師匠さまも誰よりも早く道場にいるんだよナ。
御先生も道場に一番最初においでになって、一番最後に出られていたっけ。

>試験まえに各道院で仮試験をやるものだと思ってましたが、どうやら前の道院だけのようですねぇ。

ウチもやってるよ。実技だけだけど。
特に対特昇の時はお師匠様自ら呼び出しをされて、道場の練習とは別に数回に渡りイヤッッちゅー程。
ありがたい事です・・・。

最近では2級9組を90分で実技審査せよと言われてやったけど、流石にへろへろになってしまった。
私のポリシーとして[全部」やるし、こちらも極度に集中するからねー。

665 615期生 :2004/01/20(火) 10:52
ふっ,高校の食堂が試験会場となるような昇段試験にはげしく苗.
私も昇段の時に柔法乱捕りしなかったなー

初段の時はほんとに技覚えていない奴がいたので,心底ビクーリ心底ガクーリ
天地拳すら覚えてこない奴がいるらしいからね.

666 アップル :2004/01/20(火) 11:00
>天地拳すら覚えてこない奴がいるらしいからね.
2段の昇段試験で
1〜6まで左右できない奴がいましたよ。
天地拳第4が終わった時点で4人ほどあらぬ方向向いていたし・・。

667 アップル :2004/01/20(火) 11:05
あぁ、666をふんでしまったー

668 615期生 :2004/01/20(火) 11:19
おめでとー

669 ビスキュイ :2004/01/20(火) 11:24
>仮試験
うちもやりますな〜。中学生が初段を受験する時は筆記もやらせてたような気が。
アプールさんの前の道院と同じく、うちも仮試験の方がおっかないでつ。

670 615期生 :2004/01/20(火) 11:27
うちも狩はやる.
まぁ狩の方が厳しいというのも当然でしょ.
狩をやるような道院と,今の試験じゃ比べるだけで・・・・゜д゜)鬱死・・・

私は2,3級は自分の支部で内部受験でしたが,やっぱり初段・二段よりも厳しかったと今でも思ふ.

671 アップル :2004/01/20(火) 12:16
そうか、結構やってるのね。んじゃうちもやらねば!!と先生にいってみようかな。

672 ワタ :2004/01/20(火) 12:39

私の通っている道院では、筆記の仮試験もやってます。

673 アップル :2004/01/20(火) 12:52
ぉおワタさん!おひさぶり!

そもそも二ヶ月に一回という昇段試験の数。。。どうにかならないのかなー?
日程の関係で受けれない拳士がいるからーとかいうんだろうけど。
試験管もその都度召喚されるのもきついですよね。
毎月あんな数の昇格者が出るのもなんか変な気がしてきました。
年に1,2回のほうがグッと努力する人多くならないかな?

674 615期生 :2004/01/20(火) 13:00
おっいま>>673がいいこと言った!!
気がする.

675 Syami@Office :2004/01/20(火) 13:34
>年に1,2回のほうがグッと努力する人多くならないかな?

そうするとネ、試験する方がモンの凄く大変なのよ。
都の様に人数が多かったりなんかする場所では、今でも十分大変なのよ。
君達も早く昇段して試験する方におなり。

676 rusher :2004/01/20(火) 13:34
はぁ?
二ヵ月に一回って、都市部だけじゃないの?
全国そうなのか?

677 rusher :2004/01/20(火) 13:44
>>675
しかも考試員あたりの受験者数が多すぎたりする。
試験の質が下がるから考試員とスタッフの増員をうかがったところ、後向きの見解だった。
理由は連盟の【  】。(掲示板では非開示とする)

678 アップル :2004/01/20(火) 13:56
>二ヵ月に一回って、都市部だけじゃないの?
>全国そうなのか?
少なくとも福岡ではそうでしたよ。それに本山でやるやつが2回加わるから、
年に7,8回はどこでもやってるんじゃないかなー

679 rusher :2004/01/20(火) 14:00
そういうと思ったから首都圏と書かずに都市部と書いた。
もっと田舎のサンプルないか?

680 でんべえ :2004/01/20(火) 15:59
北陸は2月に1回ですね。
3月の駆け込み初段受験(小学生が卒業する前に無理やり駆け込みで受験する)以外は
いつも人数は少ないと聞いています。
私のときは初段が10人くらいですが、あの時は大学拳法部の人間が大挙して
来ていたときなので平均的とは言えないかも。

ちと話は変わりますが、小学生の付き添いで昇級試験を見学していたのですが、
大学拳法部の1級の試験の動きにすごい違和感を感じました。
練習をやりこんでいるのはわかるのですが、なんと言うか演武的な動きが多くて、
はたから見ているとあんまり効く攻撃に感じられませんでした。
こう感じるのは私だけ?

681 615期生 :2004/01/20(火) 16:04
この場合の演武的て具体的にどういう印象のものですか?

文章では難しいと思いますが,いっちょチャレンジ!!おながいします

682 ワタ :2004/01/20(火) 16:16
>673
アップルさん、お久しぶりです。
1/24 丸廉は参坐するかもしれませんので、その際はやさしくお願いします。

個人的には昇段試験そのものが簡単に挑戦できるようなものではないというムードが欲しいですね。
特に茶帯から初段合格を経て帯の色がいざ黒になったときに「少林寺拳法の黒帯はこの程度か」や
「自分にとって初段合格は簡単だった=自分は強い」と思う輩が居ると思うので。
組演/筆記は当然できることが大前提として、乱捕での評価基準が厳しければ、受験する側も
それなりに覚悟がいるし、危険な勘違いも少なくなってくるのではないかと。

ちなみに試験でやっている乱捕の出来で落ちる落ちないってあるんですかね?
どなたかご存知ですか。

683 615期生 :2004/01/20(火) 16:20
配点的にも乱捕り「だけ」できなかったからといって,落ちることはないのでは.
そもそも上を読むと,10sしかやらない場合もあるらしいし...

>個人的には昇段試験そのものが簡単に挑戦できるようなものではないというムードが欲しいですね。
そうですね.時期が来たからそろそろ受けようというただのイベントになってしまってますからね.

684 アップル :2004/01/20(火) 16:24
資格というよりは、受験のないエスカレータ式の学校の学年のような感じがしてくる。

>個人的には昇段試験そのものが簡単に挑戦できるようなものではないというムードが欲しいですね。
ほんとにほんとにー。道衣忘れたり、防具忘れたりするよーなやつは何しにきたんだ
しかもヘラヘラしやがってーと思ったわな。

685 615期生 :2004/01/20(火) 16:37
少林寺の昇段システムはよく義務教育にたとえられる.留年なんてするわけないと.
やはり英検みたいに勉強しない奴は落ちるという試験でないとね...

686 rusher :2004/01/20(火) 17:32
>>683
>配点的にも乱捕り「だけ」できなかったからといって,落ちることはないのでは.

? どの科目であれ70%を切ったものがあったら失格だと思っていたが。
うちの昇級試験はそうやってるけど。

687 でんべえ :2004/01/20(火) 17:52
>>681
印象しか記憶に残ってないのであれですが、
例えば天地拳であれば動き自体はきびきびしているのですが、
相手を想定していない独り善がりな動作であったり、
剛法の抽出の場合、お互いに約束どおりの息のあった動きだったような気がします。
(互いの関係が「攻撃を仕掛ける攻者」と「それを捌く守者」というよりは、
「先に動く人」と「次に動く人」とでも表現すればよいのでしょうか)

688 138B :2004/01/20(火) 18:24
>>686
そのように聞いてます。
特昇の時も乱捕やってもよいけど、「合格点に満たないとそれで落ちるぞ」と
年寄りにはアドバイスがあります。

689 ワタ :2004/01/21(水) 02:05
>686
すみません。私は昇段試験での評価基準については分かりません。
傍から見ると勉強していないというのですかね。少なくとも現在の私(初段)にはその評価基準は
情報としては入って来ませんので、70%の度合いが認識できないので現状です。

で、乱捕りでの明確な評価基準があるのですか? というのが元々の疑問でした。
それについては、rusherさんの回答より「有る」と。 だとするならば、その基準をより実践的な
観点で明確にしていくことで壁は出来るにではないかと考えるのですが、どうなのでしょう。
どちらにしても、その基準が道院にシェアされていなければ意味ありませんが。

690 rusher :2004/01/21(水) 12:35
審判講習会資料に昇格考試での運用法採点基準が載ってたかなー?
盗難で紛失したから、今わかんない。
審判資格者ならわかるだろうけど。
仮にわかったところで、それって掲示板なんかに公開する内容か?

691 アップル :2004/01/21(水) 12:54
試験の内容晒しすぎで次の試験の練習しかやらなくなってる傾向がつよい。
概要だけでいいとおもうなぁ。

天地拳第一の相対が試験科目にあるとき、まず単演から復習させようとしたら
「試験科目にないんだからしなくてもいいんじゃないの?」
とな。あらゆる角度から殴っておきました。

級拳士科目、左右できるようにと(自分の復習もかねて)練習させようとしたら
「どうせ片方しかでないんだから得意なほうだけでいいんじゃないですか」
とな。激しく蹴っておきました。

受け身や運歩もまともにできない状態で法形だけ練習するのもおかしいってことに
なぜきづかないんだ!
うちの一般黒帯!!

フゥ(=TェT=)

試験練習ってこと自体おかしい気がしてきました。日ごろの練習メニューが
まちがってるからそうなるんじゃなかろーかと。徐々に変えていこう。

グチでした。

692 rusher :2004/01/21(水) 13:06
それがさらに進むとP先生のところみたいに
大会前の稽古で演武練習の時間もない。

693 G :2004/01/23(金) 08:56
はじめまして。以前からサイトを覗いていたGと申すものです。

掲示板で誤字について指摘歓迎とありましたので書かせていただきます。

知得関連の「少林寺拳法の哲理」のラストに

宗教法人金剛禅総本山少林寺の訓えで根幹となるものは,
1.自己確立
2.自他共楽
3.理想郷建設

とありますが、理想郷⇒理想境だと思います。確認お願いします。

694 アップル :2004/01/23(金) 09:05
Gさんご指摘ありがとうございます!
誤字確認しました!管理人にただちに通報しておきます!!
>理想郷⇒理想境
マターク意味が違いますがな・・・。いつかこの違いについて話がでたのになー。

GさんROMだけでなくよかったらオフ会にもご参加くださーい!

695 アップル :2004/01/23(金) 09:10


           ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ( ´Д` ) < 通報しますた
          /,  /   \_______
         (ぃ9  |
          /    /、
         /   ∧_二つ
         /   /
        /    \       ((( )))  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /  /~\ \     ( ´Д`) < 通報しますた
       /  /   >  )     (ぃ9  )  \_______
     / ノ    / /    /    ∧つ
    / /   .  / ./     /    \     (゚д゚) シマスタ
    / ./     ( ヽ、     / /⌒> )     ゚(  )−
   (  _)      \__つ  (_)  \_つ     / >

がんがれ615期生どん!

696 ビスキュイ :2004/01/23(金) 10:03
>がんがれ615期生どん!

615期生丼?あんまりウマくなさそう…

697 615期生 :2004/01/23(金) 10:37
>>Gさん
ご指摘ありがとうございました.今晩再アップして訂正いたします.

アップルさんも通報ありがとう.通学中にまたヒヤヒヤしてしまいました.
理想境や自他共楽は気をつけているほうだったのに,またなんとも最悪に間違っては
いかんページで・...

615期生丼はウマウマです.

698 615期生 :2004/01/23(金) 10:44
いい機会だから,もっと添削きぼーーーん

春頃にくまくまに添削してもらってたら,50くらいあったからなー
最近またくまくまが沢山誤字脱字がある!!て言うてたから・・・
くまくまチェックリスト早く来ないかなー

699 615期生 :2004/01/23(金) 10:45
Σ(*゚Д`;)ア…ア…アッハァァァァァァァァ?!!
一ヶ月くらい前にいただいた,アップルチェックリストにまだマターク手をつけていない!1
いかーーーーーん

スイマソン

700 アップル :2004/01/23(金) 11:21
>699
いえいえ、皆、615さんが多忙なのは知っていますので。

とりあえず700ゲッっつ!

701 615期生 :2004/01/23(金) 12:00
いやー
一ヶ月も置いてたら,多忙というのはただのいいわけになってしまうなり.
ただのうっかりと怠慢かと.

702 ビスキュイ :2004/01/23(金) 16:42
一ヶ月と言えば…わんわんさんに会計報告送るの忘れていたぞな…
今夜送らなきゃ…

703 615期生 :2004/01/23(金) 16:47
そういえば,まだわんわんさんに抜粋おくってないや.
そういえばまだ11月の原稿がビスさんから届いてないや.
そういえば,

704 :2004/01/23(金) 17:56
>>698
>いい機会だから,もっと添削きぼーーーん

誤字脱字ではありませんが。

○ 一応(いちおう):とりあえず。
× 一様(いちよう):みんな同じような様子。

○ 敬遠(けいえん):野球で意図的に四球を与えること。
× 倦厭(けんえん):いやになること。

○ 正子(しょうし):(真夜中の) 0 時。
× 正午(しょうご):(真昼間の) 12 時。

705 615期生 :2004/01/23(金) 19:16
もっともっと,

なるほど,勉強になるなぁ.
二番目は,,,どうりで変換に違和感があると思った←確認シロ!!
三番目は,なるほど,十二支だから〜なるなる〜

ありがとうございました.今晩中に直そう!!
じゃないと絶対また忘れる!!
今晩は忙しいなぁウワァァァンヽ(`Д´)ノ

706 半変身蹴 :2004/01/26(月) 20:58
バックパッカーの615さんがいるスレはここでしたか?

久しぶりに2ちゃん見たら、神田スパーオフとは・・・
なるほど、そこまできましたか・・・すごいです(・∀・)
僕は深い故があって少林寺拳法から日本拳法一本にしぼることになりました。
ですが・・・少林寺ってやっぱ素晴らしい・・・ですからまたいつか帰りたいです。

2ちゃんは卒業しましたが、みなさんの御武運をお祈りしております
盛会を祈ります

707 ビスキュイ :2004/01/26(月) 22:01
ガーン!半返身蹴タンが少林寺拳法から離れてしまうなんて…
615と「我々で半返身蹴さんのところに遊びに行ってオフ会やっち
ゃうか!?」などと話しいたのに〜(/-\)
でも日本拳法頑張ってくださいね!丸廉へはぜひ引き続き書き込み
よろしくお願いしまーす(^O^)/

708 615期生 :2004/01/26(月) 23:54
また2月末からインドに行くことになりつつあります.

半変身蹴さん,少林寺を離れようとも,今後も2ちゃん・丸廉ともによろしくお願いします.
やはり残念ですが,ご自身での判断ですから仕方ありません.(´・ω・`)ショボーン
きっといつか少林寺に,

日本拳法でのご活躍をお祈りします.ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!

709 アップル :2004/01/27(火) 01:01
ふぅ、皆様、会報をお読みになりましたでしょうか?
学校の校則かのようなルールがつきましたね。当たり前のことができない
拳士が多いからということでしょうか?
なんだよ服装規定って。。

演武にも追加ルールが加わりましたね。
それが本部が求める演武なんでしょうか。それとも審判が判定しやすい
ルールにしただけでしょか?
たいしたことではないのでしょうけど、あまりゴチャゴチャ言われると
自由度が薄れて楽しくなくなってしまう。
修練のはずが、大会ルールを気にして練習しなくてはいけなくなる。

試験について。
学科についてしか触れていません。実技はこれまで通りということでしょうか?

なんかつまんない。

710 アップル :2004/01/27(火) 09:27
演武って初めからあったわけではないのですねぇ。
「風格のある演武」の話も少し出ていましたね。
もとは技の掛けあい、試しあい、つまりは乱捕りのようなものだったんじゃないかと。
大会で演武披露とはいえ、修行であることは忘れたくありませんね!
迫力のあるいい演武ができるようにがんばっていきましょー!!

711 615期生 :2004/01/27(火) 10:50
たしか演武は,開祖が開創時にあちこちで少林寺件拳法を披露して周っていた時
当初は法形を一つ一つでやっいたけど,門下生から続けてやったほうがわかりよいし
迫力もあっていいという提案があって始まったと,どこかで読んだような..

だからもともと演武は拳法を知らないヒトに少林寺の技を披露するためのもの,かなと.
なんかそれのほうが演武の位置づけがしっくりくるなぁ,私は.

712 615期生 :2004/01/27(火) 10:51
>ふぅ、皆様、会報をお読みになりましたでしょうか?
これって何処?今日の朝ぴらぴら見たけど,見つからなかった...

具体的にどんな内容でした?

713 アップル :2004/01/27(火) 10:55
>これって何処?
たしか45ページあたりだったかと。
>具体的にどんな内容でした?
昇級・昇段試験の学科試験についての改定
演武大会においてのルール変更(追加?)
服装規定(胴衣など裾、袖の長さ、髪型にいたるまで。)
どっかの中学みたいだ・・。

714 615期生 :2004/01/27(火) 10:56
読む号を間違えたのかな?

もっと具体的にキボン!!

715 アップル :2004/01/27(火) 11:20
2月号だよー。
ぐふ・・。具体的にってなー。もってきてないしー。昼休みに思い出すよ。。

716 615期生 :2004/01/27(火) 11:22
うーん( -人-).。oO(・・・・・・)
めんどくさそうけど,よろしくキボーン

717 アップル :2004/01/27(火) 11:23
あー。
演武は必ず、6構成!!!それ以上でも以下でもダメくさい。
んで真中ではじまって真中で終われだそうだ。
それと少年部の禁止技がゴリっと増えているもよう。跳び受身が禁止になってます。

胴衣に卍の刺繍禁止
それとー・・。
胴衣の長さもCM単位でかいてあったぞ!女子高生のスカートの丈を注意してる
かのような説明文だった。。。

718 615期生 :2004/01/27(火) 11:34
なにぬーーー最近膝下ぎりぎりの道衣を買ったばかりだぞーーー
まぁそれで大会でなければいいだけか.

以前から道衣への卍の刺繍は言われてたけど,なんでこれはダメなんだろう?
真ん中での開始終了はまぁ注意として前から言われてるし.
六構成か,,,そのうち法形数も決まったりするのかな?

719 アップル :2004/01/27(火) 11:48
っつーか、去年の某県大会は有段者は規定演武だったぞぅ。。
というかある種のテーマを持たせたという解釈らしいけど。
>なにぬーーー最近膝下ぎりぎりの道衣を買ったばかりだぞーーー
それに本山ではバミューダタイプは毛嫌いされてる模様。
(太くて短い)
長さを規定するならなんでその長さなのか説明くらいほしいもんだ。
夏ならみんな普段は半袖ハーフパンツじゃんかー。と言いたい。

720 615期生 :2004/01/27(火) 11:55
神奈川だ!!!!!

と意味のないことを叫びつつ,
バミューダか,,,世代を感じる.
だって太いほうが足上げやすいんだもん.機能的な理由で太くしたんだもんヽ(`Д´)ノプンプン

上層部の好き嫌いじゃあるまいな?
と日本中で疑っているに一票

721 アップル :2004/01/27(火) 11:59
少林寺の胴衣と中国拳法衣が似てないのに誰も疑問もたなかったのかな?

722 615期生 :2004/01/27(火) 12:19
おっ新展開?
結構疑問は持ったんじゃないの?

短い道衣は「空手着」みたいだから嫌われると聞いたことがある.こんな理由ならいやだな.
てか今回買ったのは空手着だし.
袖は確かに肘上だといくつか出来ない法形もあるから程ほどにしないといけないけどね.

723 Syami :2004/01/27(火) 12:22
>少林寺の胴衣と中国拳法衣が似てないのに誰も疑問もたなかったのかな?

君の言う「中国拳法衣」とは立て襟の「胡服」の事かな?

724 アップル :2004/01/27(火) 12:34
>君の言う「中国拳法衣」とは立て襟の「胡服」の事かな?
えとー、それではなく少林寺の修行僧のようなオレンジ?茶?のようなものです。

というよりは、白い道衣というのが空手や柔道、柔術をイメージさせるという
感じでしょうかね。

725 615期生 :2004/01/27(火) 12:39
こういうときのための美的だよ〜

726 615期生 :2004/01/27(火) 12:49
二人仲良く張りました.

727 Syami :2004/01/27(火) 13:27
>それではなく少林寺の修行僧のようなオレンジ?茶?のようなものです。

あの色の謂われは知ってるかな?

>白い道衣というのが空手や柔道、柔術をイメージさせるという感じでしょうかね。

そのテーマで2chで盛り上がった事があったなぁ。
空手着と少林寺拳法の道衣の違いは把握してるかな?

728 アップル :2004/01/27(火) 13:29
>空手着と少林寺拳法の道衣の違いは把握してるかな?
ぬ。。あまり考えたことなかったです。

729 名無しさん@いらっしゃい :2004/01/27(火) 13:32
空手着より厚く長く、柔道着より薄く短い。
少林寺拳法は剛柔一体、投げも突き蹴りもあるからと聞きました。

730 Syami :2004/01/27(火) 13:41
>>729

然り。また、デザイン的には袖や裾が柔道着や空手着より開いています。
これは羅漢拳系の練習をしやすくするためです。

731 アップル :2004/01/27(火) 14:18
なるほど、あたりまえだが、少林寺拳法の修練に適したスタイルになっていると。
けど昔の胴衣のほうが細身ですよねー。
私がもってる
50周年記念のOZAKIの3L(親父様おさがり)と去年買ったOZAKIの3Lではだいぶ大きさも太さも違う
のよね〜

>あの色の謂われは知ってるかな?
謂われとは?

732 Syami@携帯 :2004/01/27(火) 16:25
「ふんぞうえ」と言う言葉を調べてごらん。

733 アップル :2004/01/27(火) 16:30
示に云く、学道の人、衣粮(えりょう)を煩(わずら)はす事なかれ。ただ仏制を守って、心を世事に出す事なかれ。仏言(のたまわ)く、「衣服に糞掃衣(ふんぞうえ)あり、食に常乞食(じょうこつじき)あり」と。何れの世にかこの二事尽くる事有らん。無常迅速なるを忘れて徒(いたず)らに世事に煩ふ事なかれ。露命の暫く存せる間、ただ仏道を思ふて余事を事とする事なかれ。

仏道を学ぶものは、衣食に心を用いてはいげない。ただ、仏の定められたきまりを守って、心を世間の俗事に向けてはならない。仏は、「僧の衣服には、糞掃衣(ふんぞうえ:世俗の人が捨てた衣の布をつづり合せて作った袈裟)があり、食物としては、常乞食(じょうこつじき:毎目、托鉢<たくはつ>によって食物を乞う生き方)がある」と言われている。この二つは、いつの世になっても尽きることはあるまい。人の世は無常であり、速かに過ぎ去りゆくものであることを忘れ、いたずらに、世問のことに心を用いてはならない。露のようにはかない命がしばらくでもあるあいだに、ひたすら仏道に専心して、そのほかの事を間題としてはならない。

袈裟も同様の意味だったのかな?

734 Syami@携帯 :2004/01/27(火) 18:34
あの黄色(橙?)の法衣はインドから中国、日本でも一部の宗派で位の高い僧侶が使用していますが、元々はインドで最も手軽に手に入る染料(ターメリック?)を使ったらたまたまあの色だったと言うだけの話だそうです。
本邦の僧侶が墨染の法衣を用いるのも同じ理由とか。

735 Syami@携帯 :2004/01/27(火) 18:53
人待ちのStarbucks。退屈凌ぎにもう一つ付け加えるならば、墨染の衣は作務で汚れても目立たないからね。今は「作務衣」と言うものが有るけれど、あれは戦後に農作業着(所謂「モンペ」)を真似たもので、それまでは作務も法衣に襷掛けで行っていたそうです。

736 アップル :2004/01/27(火) 19:24
なるほど、たまたまインドの染料がという話がおもしろいですねぇ。
ということはインドの文化がそのまま色濃く残ってるってことか、ふむふむ。

日本はやっぱり白にこだわりがあるのでしょうかねー?
ふんどしは自分の心のように真っ白であるべきだぁ!!とマンガで読んだな。

737 ビスキュイ :2004/01/27(火) 19:29
「一林檎庵風流記 花のアップニ」

738 アップル :2004/01/27(火) 19:50
ぬ、気づきましたかビスさんw

739 アップル :2004/01/28(水) 09:19
*少年部禁止技
肘抜きより前天秤
送り巻天秤
逆手投
龍投
外巻天秤
切返天秤
上受逆手投
逆天秤
腕十字固
天秤固
送天秤捕(二種)
吊上捕
吊落
袖巻天秤
外巻落
投技に対する跳び受身

*服装規定
・袖の位置は手首間接から上に5cm以上、肘から下に10cm以上とする。
・ズボンの裾はくるぶしから上に10cm以上、膝から下に10cm以上とする。
・道衣の下に下着を着用する場合は白色無地。
・帯は表面が擦り切れて色がわからないもの、見苦しいほど痛んだものは着用しない
・頭髪は節度のある見苦しくないものとする。

帯については昔から使っているものがいいという人にはきついかなー
頭髪に関してはその節度に関してそれぞれで基準が異なると思います。
上の人間が茶髪が嫌いなら現在それはごく普通のことだとしても
大会では嫌がられるかもしれない。
男の長髪も嫌われるかもしれない。
私達からすればおしゃれというよりも身だしなみに近い。
黒髪は自分には似合わないと思うから染める。
長髪が合わないから短髪にする。逆もある。
コンプレックスもあるかもしれない。

長髪が護身の上で不利だといわれるなら長髪の女性はどうなるの?みたいな。
だからといってガタイのいいオサーン拳士を坊主にしたら・・・(自粛)


ちなみにうちの親父様は茶髪だ。

少年部もいろいろ大変だネェ

740 Syami@Office :2004/01/28(水) 10:20
ははぁ?なるほど。
私の知るところを記すならば・・・
少年部禁止技法に関しては、これは大分以前からありました。
禁止とされているのは肘関節及び肩関節に過度にストレスが掛かる可能性が有る技法ですが
これは保健体育的な理由、即ち上肢の関節形成が終了するのは中学2〜高校2年生頃なので
それまで関節の変形の可能性が有る技法は避けようではないかと言う事でこれは遵守した方が良いでしょう。
個人的に納得できないのは「投技に対する跳び受身」です。
「跳び受身」は自ら飛ぶものではなく、飛ばされるからやむなく取るもののはず。
「投技に対する跳び受身」が出来ていなかったら「減点」じゃないのか??

服装規定に関してはこれも以前からあるもので、要は見苦しくない事という事で節度を守れば桶なのでは?
「節度」の範囲というものはその時代時代で変わるけど、・・・ねぇ?

741 アップル :2004/01/28(水) 10:33
わざわざ本部がいうことではないと思うのですが。
大会以外では守らなくてもよい(っつーかそうなんだろうけど)という考えに
なりそうで。

742 Syami@Office :2004/01/28(水) 10:46
>わざわざ本部がいうことではないと思うのですが。

わざわざ本部が言わなければならない状況があったのかも知れないねぇ?

743 アップル :2004/01/28(水) 11:00
あー!!いつも大会で着ていた親父様道衣が着れなくなったことに今ごろ気づいた!
名前が「アッ卍プル」ってなってるから・・・ヽ(`Д´)ノ

744 Syami@Office :2004/01/28(水) 11:04
おっと、私も襟に・・・。

745 615期生 :2004/01/28(水) 12:08
それで,
>743 >744 はなぜいけないのだろう?
フツーに疑問だ・・・

746 アップル :2004/01/28(水) 12:32
そのまま海外にいくと・・・
胸章は別のがあるけど刺繍だとどうしようもないしねー

747 rusher :2004/01/30(金) 15:10
海外の支部を訪問する際の注意事項 出典:支部長必携

【11】少林寺拳法世界連合からの連絡事項

2.海外の支部を訪問する際の注意事項

(1)訪問予定の支部へ事前に連絡をする
事前に所属長を通じて、訪問先の支部責任者へ文書で連絡し、許可を得
てから訪問する。
突然の訪問は相手の迷惑となる。
※訪問の際の連絡事項
 訪問日・所属・氏名・住所・連絡先(電話、FAX、メールアドレス)
 ・年齢・資格・言語(同伴通訳の有無)・移動方法・宿泊先・現地連
  絡先・既往症・緊急時の連絡先

(2)電話連絡の際の注意点
訪問する国と日本には時差があるので、相手の都合のよい時間帯を考え
て電話をする。

(3)卍胸章について
ヨーロッパ各国では、卍はハーケンクロイツ(ナチスのマーク)と誤解
される。必ず、盾拳マークを着用するか、卍を外した状態にする。

(4)支部への参加方法
支部の活動内容は、世界共通なものと支部独自のものがある。事前に注
意点について指導を受けてから参加、練習すること。

(5)マナー
日本では常識でも、相手国ではマナーに欠けた行動と取られる場合もあ
る。文化習慣の違いだけでなく、各国の文化を理解し、良識ある行動を
とる。

(6)事故防止と事前対策
障害保険等には必ず入ること。練習中の事故の責任は、当事者の問題。
怪我のないように十二分に気をつけること。

748 rusher :2004/01/30(金) 15:45
でも日本国内だと普通の拳士は盾拳胸章を持っていない。
胸章を外した姿もいまいちみっともない。
どうしろというのだ。

自分は一枚持っている。海外の大会でTシャツ類と並べて売ってたから土産に一枚買った。
あの胸章を、相手が拳士かどうか一切関係なく売ってしまう、連中の感性が、いまだにわからない。
コースターにでもしろというのだろうか?

749 アップル :2004/01/30(金) 15:55
ありゃ?海外のって支部名は入ってないんでしたっけ?

750 rusher :2004/01/30(金) 16:12
どの海外のことかな? 欧州連盟諸国の場合は国名はあるが支部名はない。

751 615期生 :2004/01/30(金) 16:28
本山で武専卍が売っている時もややショックを請けまスタ(*´ω`)

752 rusher :2004/01/30(金) 17:30
>>749
ああそうか、何を訊かれたのか今はじめてわかった。
ええと、自分が目撃したのは、その国際大会が開催されている国の盾拳胸章の販売。
例えば前回の世界大会はパリで開催されたが、そのときはフランス少林寺拳法連盟の盾卍胸章を売ってた。
君がフランス所属の拳士でなくても、それどころかどこの国の拳士でなくても買えるわけ。

753 アップル :2004/01/30(金) 17:37
ぬ、、ちょっと欲しいと思った。。フランスー。次の国際大会はどこかなー?行けないけど。いける人だれか買ってきてくれ!!

754 615期生 :2004/01/30(金) 17:39
私もぽちぃ.
御土産として最高ですな!!

755 拳法家族 :2004/01/31(土) 08:49
はじめまして、ずっとここを見ていました。参加してみたいけど会場が遠いので参加できないのが残念です。
( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

756 615期生 :2004/01/31(土) 22:18
拳法家族さん!!名前が(・∀・)イイ!!
しかも真っ当なねらーな悪寒!!

御初です!!どこらにお住まいでしょうかー,残念です(´・ω・`)ショボーン
またバシバシ掲示板でタマリましょう!!
ぜひぜひエントリーでも〜

757 615期生 :2004/01/31(土) 23:37
もしかして,逆立ちしながら犬の散歩とかしているのだろうか?
それともほんとに拳法にどっぺり家族なのだろうか?

むむむ

758 拳法家族 :2004/02/01(日) 03:01
私は関西兵庫ですが所属は大阪の大学支部でつ(・∀・)ニヤニヤ
まぁみなさんとお会いしたいものでつよ〜
なんか楽しそうですからね〜いつか東京まで逝きますよc⌒っ゚∀゚)っ

759 アップル :2004/02/01(日) 12:10
>拳法家族さん
ぜひぜひ来てくださーい!!
はじめは複数1コテハンなのかと・・おもってました。。家族だから。

760 名無しさん@いらっしゃい :2004/02/15(日) 11:35
age

761 615期生 :2004/02/15(日) 11:48
珍しいageですなw

762 熊狩 :2004/02/16(月) 00:17
んあ?

763 アップル :2004/02/18(水) 10:30
ふと自分の3級試験を振り返ってみる。
そのころはまだ各道場での昇級試験だったです。
本番1週間前に道院長による仮試験が行われた。学科試験はこのとき。
基本はもちろんのこと3級科目全部しかも左右、そして鎮魂を全部覚えて
いるかの暗記試験もこの日に行われた。大変きつかったのを覚えている。
その日は直に道院長が手をとってくれてミチーリ指導してくれるありがたい
一日でした。

本番日、試験官は道場長。カナーリ厳しかった。
試験を受けたのは私(当時学生)と高校生二人。結手構から激がとぶとぶ・・。
「そんなんで茶帯になれるとおもってんのかー(#゚Д゚)ゴルァ!!」
試験は科目表の試験要項とおりに実施された。3人だったので私はふたりの高校生
のために試験科目を二回やった。(つまり二倍怒られた。。)

うまくできなかった技に対しては厳しく指導が入った。道場長が守者となり見本。
容赦ない反撃と連反攻が入る。(このとき少林寺ってこんなにすごいのねと思った。)
あまりの厳しさと、痛さで久しぶりに涙がでた。二十歳過ぎで泣かされるとはおもわなんだ・・・。
高校生は痛さで悶絶していたけど。
その日のうちは合否がわからない。ドキドキしながら床についた日でした。

次の練習日、道院長法話の後に合否通知。全員合格!とてもうれしかった(゚∀゚)
法話では「見習がこんなに上達して茶帯になった。有段者は何をしているか!?
すぐに追い抜かれるぞ?」と激を飛ばしていた。

練習後に先輩に茶帯になったからにはもう初心者ではない!というお話を
聞かされた。茶帯としての突き蹴り、行動、精神、ともにそのように見られるようになると。
そして「これでやっと乱捕りに参加できるな!」と。うれしい一言だった。

1週間後、茶帯を貰った。3人とも全員の前にでて白帯をとり道院長から帯を受け取って茶帯をキュっと締める。
一歩だけ黒帯に近づいたんだなーと思いました。
3人で
「俺ら少しは強くなれましたかねー?」
「いやいやこれからっしょ!」
「んじゃーとことんやるしかないねー」
と盛上がっていました。

これから初段までの試験は厳しくしていただけたことにとても感謝している。
ちなみに2級の時は仮試験で一回落ちた。
(だって試験一人だったから相手が赤卍だったんだもん、あんな早い突き蹴りで技なんてできないよぅ・・)
だから昇段試験はドキドキしながらも自信を持って受けることができた。
偶然にもとてもうまい拳士と組むことになったので全力で試験に臨むことができた。
他の拳士はボロボロだったなぁ。
ニ段試験は・・・これはいいや。

最近の昇級試験はどうなのでしょう?現在やる気のある見習4人が今度の昇級試験の
ためにとても一生懸命に練習している。そのやる気はヘタな有段者よりもはるかに勝る。
毎日、質問メールがくる。
そんな彼らに用意された初めの試験がとてもゆるいものだったら・・
「なんだこんなもんか」となってしまわないかと心配しています。
一生懸命に練習してきただけに、それを発揮できる機会を与えられないときの
悔しさというのは、きっついものです。まともに法形すらおぼえてもこない拳士と
同じ扱いってのもねぇ。。

彼らがさらに少林寺にハマってしまうように楽しく練習できたらいいなぁと思う今日このごろ。
それと、試験合格のための練習なんてつまんない。塾じゃないんだから。

764 ビスキュイ :2004/02/18(水) 10:53
なっ,なんてイイ話だ…

765 アップル :2004/02/18(水) 11:01
んー、その割にはあんまりうまくなってないな。。気合がタリンです。私は。。。

766 615期生 :2004/02/18(水) 16:19
泣けたよ。マジで。
アップルさんに原稿依頼しよう。提出日は私がインド行く前日で。

767 アップル :2004/02/18(水) 16:57
>提出日は私がインド行く前日で。

    λ∧    从   ,,,.,.∧∧  ≡ ≡ ≡
  (;;)゙0;゙(;,:;)、; ' ∵⊂三  (゚Д゚,,)つ ≡ ≡ムーリ
 ∴,;'と;'∪ヽ、ノ 、W   ヽ、∪ノ〜 ≡≡
     ヽ;,. つ`;, .     し'  ≡
       ヽ)   、 ゙

768 ビスキュイ :2004/02/18(水) 17:14
見事な飛足刀!

769 rusher :2004/02/18(水) 18:18
いやがらせに原稿を一通送りました。

770 615期生 :2004/02/18(水) 20:23
お受けしました(・∀・)ニヤニヤ

771 南部曲家 :2004/02/19(木) 08:36
>アプールさん
いいお話です
泣けマスタ(T_T)/~

772 住職@527期生 :2004/02/19(木) 09:12

こんにちわ、いつも楽しく拝見してます。

「何故一度目は払うのか?」は実に素晴らしかったです。

拳士が集うHPって良いですよねぇ(^O^)

私はコチラのHPにもよく行きますが、ここも拳士さん結構集まってますよ。

またお暇な時にでも遊びに来て下さい(ノ・◇・)ノ

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=houpa

773 アップル :2004/02/19(木) 09:22
>住職@527期生
こんにちわー!ちらっと覗いてきました。
不動禅の発祥のルーツとか掲示板にでてましたねー。
確かな情報かどうかはわかりませんでしたが、おもしろいです。

774 アップル :2004/02/19(木) 10:29
↑敬称書き忘れていますね。申し訳ない。

775 力愛ぷに :2004/02/22(日) 00:23
>アップルさま
いいお話、楽しませていただきました。
出身もなんとなく…。
オフにぜひとも参加したい気持ちが
いやがうえにも高まりますね。
ホントにそのときは宜しくお願い致します。
20年近い垢卍に所属は「休眠拳士」(明竜さんのネタだな…)
で参加したいと思います。
一応柔道も出来ますよ。

776 615期生 :2004/02/22(日) 08:27
みなさんおはようございます

777 アップル :2004/02/22(日) 12:25
>出身もなんとなく…。
内緒でおねがしますー

778 通りすがりの休眠拳士 :2004/02/28(土) 10:48
通りすがりの休眠拳士です。
「法形は何故こんなに多いのか?」のページを読ませて頂きました。
とても素晴らしい内容で、しかも書かれた方の<少林寺愛>も感じられて、
休眠拳士としても嬉しくなりました。

ここに書かれてある内容について、質問があるのですがよろしいでしょうか?

ここで、法形が多い理由として2つめに挙げられているのは、
・技が細かく命名されているのは、失伝しないから(・∀・)イイ!
ということ。逆に言えば、
・技が細かく命名されていないのは、失伝しそうだから(・A・)イクナイ!
ということですよね?

では、なぜ少林寺拳法では、他武道の技に対しての防御法について、
あまり命名(紹介?)されていないのでしょうか?具体的には、

 ローキックに対する防御、タックルに対する防御
 足払いに対する防御、寝技に対する防御
 絞め技に対する防御、関節技に対する防御・・・etc
 (細かく言えばもっとあるのでしょうが、代表的なモノを挙げてみました)

これらに対する防御法が、少林寺の一般的な法形としては存在しないのは
なぜでしょうか?これは、ここでの言葉を借りれば、技の形式化が進んで
いないということになりませんでしょうか?言い方を換えれば、技術が失伝
してしまうのでイクナイ!のではないのでしょうか?

779 通りすがりの休眠拳士 :2004/02/28(土) 11:09
もう1つ

逆小手を例にとって、変化技1、変化技2…と、それぞれに命名されている
からこそ失伝せず、形式化が進んでてイイ!とあります。

しかし、では先のページで紹介されている、内受突の変化としての、
肘打ち、膝蹴り、体当たり等の技に命名がされていないのはなぜでしょうか?
これらには、例えば内受肘、内受膝、内受押倒などのような(まんまですが)
名前が付けられるべきなのではないでしょうか?

780 アップル :2004/02/28(土) 13:15
通りすがりの休眠拳士さんいらっしゃーい!!
名前についてはよくわかんないけど
逆小手の変化の話は攻者の変化に伴う技の応用ですよね?
内受突の場合は守者側のタイミングや攻撃の選択によるものなので
ちょっと話がちがうのかなーっと。思いましたがいかが?

781 138B :2004/02/28(土) 14:26
>>778
> ローキックに対する防御、タックルに対する防御
> 足払いに対する防御、寝技に対する防御
> 絞め技に対する防御、関節技に対する防御・・・etc
> (細かく言えばもっとあるのでしょうが、代表的なモノを挙げてみました)

そんなんで大丈夫か?っていう議論はおいておいて
ありませんか?習いませんでしたか?
ローキックとか足払いは鶴立拳の応用だそうだし、
タックルも、寝技も、対処法は教わったけど???
何とか攻ってやつですよ。
例えば錣攻とか・・・

ん?そういう意味では無い質問なのか?

782 通りすがりの休眠拳士 :2004/02/29(日) 01:05
アップルさん、レスありがとうございます。

>逆小手の変化の話は攻者の変化に伴う技の応用ですよね?
>内受突の場合は守者側のタイミングや攻撃の選択によるものなので
>ちょっと話がちがうのかなーっと。思いましたがいかが?

つまり、アップルさんのご意見は、
 ・攻者の変化に伴う技の応用ならば、形式化を進めて命名すべき。
 ・守者側のタイミングや攻撃の選択による変化ならば、その限りではない。
ということでしょうか?

そのどちらのご意見にも疑問点・矛盾があると思います。

まず、上記の点について反論です。

例えば、逆小手を力任せに踏ん張られた場合、足を払えば倒すことが
できるかも知れません。実際、柔道を経験した私の意見では、この場合は
重心操作により、かなり上手く倒すことができると考えています。
では、この技に逆小手足払などの技名を命名すべきでしょうか?
私は必ずしもそうは思いません。なぜならば、これは法形の応用・変化の
範疇として括れるからです。
法形を、時と場合によって多彩に応用・変化させて良いというのが、
少林寺拳法の良さなのではないでしょうか?

続いて、下記の点について反論です。

内受突の際には、攻者との間合や守者の体勢によって法形を変化させるのは
技を分化しなくてもよいと仰っていますが、それでは、屈伸突と屈伸蹴は
どうでしょうか? これは守者側の体勢や攻撃の選択によるものですよね?
また、輪抜と諸手巻抜はどうでしょう?同様に、諸手送小手投、振捨表投、
送突倒、腰挫はどうでしょうか? どれも、攻者との関係や守者の体勢に
よって変化した法形であり、しかしながら、命名されていますよね?

いかがでしょうか?

783 通りすがりの休眠拳士 :2004/02/29(日) 01:19
138Bさん、レスありがとうございます。

>そんなんで大丈夫か?っていう議論はおいておいて

本来は、おいておいてはいけないんでしょうけれど…。
ただ、敢えて、技術レベルに関する議論はおいておきましょう。

>ローキックとか足払いは鶴立拳の応用だそうだし、

「○○の応用」とかいう言い方では、失伝してしまってイクナイ!のですよね?
言い換えれば、この技術については形式化が進んでいないということですよね?

>タックルも、寝技も、対処法は教わったけど???
>何とか攻ってやつですよ。
>例えば錣攻とか・・・

それはもしかして六段技とかでしょうか?私は残念ながら教わっておりません。

もしそうならば、他の武道では一年目から教えられている技に対する防御法が、
少林寺拳法では五段以上にならなければ習得できないというのでは遅すぎでは
ないでしょうか?

784 Syami :2004/02/29(日) 01:30
こんばんは、「通りすがりの休眠拳士」さん。

>>例えば錣攻とか・・・
>それはもしかして六段技とかでしょうか?

そうです。「錣攻」は六段科目の羅漢圧法の中の一手です。
寝技やタックル等に対抗する「法形」の多くはこの「羅漢圧法」に集中していますね。
ま、ゆっくりお話ししていってください。

785 アップル :2004/02/29(日) 12:18
>つまり、アップルさんのご意見は、
> ・攻者の変化に伴う技の応用ならば、形式化を進めて命名すべき。
> ・守者側のタイミングや攻撃の選択による変化ならば、その限りではない。
>ということでしょうか?

>そのどちらのご意見にも疑問点・矛盾があると思います。
どうもアップルです。

えっと、違います。私がいいたかったのは通りすがりの休眠拳士さんのはじめの
例えがおかしくない?ってことです。比較するものが間違ってるから
わかりにくいなーと。
私個人意見をしては既存の法形だけで十分です。それからそれだけでも応用の練習はできるからです。
新しく法形として確立するよりも既存の法形しっかりやるほうが大切だと思うからです。
やることは多いっす。昔がどうだったとか、あたらしい技がほしいとか
そんなん現状に用意された法形修行をしっかりやらんと意味ないです。
もちろん基本から応用まで。

名前についてはそんなに考えてない(スマンす)でーす。
だって名前がつくかどうかは私にとって、試験科目になるかならないか
くらいの大差ないものだからです。

786 138B :2004/02/29(日) 22:25
>>783
>少林寺拳法では五段以上にならなければ習得できないというのでは遅すぎでは
>ないでしょうか?

遅いかどうかは何を求めているかで決まると思いますが、
私は決して遅いとは考えていません。
最初はすっごく不思議、神秘的な体験に思いましたが、
ある程度理解することができるようになってから教わるのがbetterと考えます。
休眠など速いとこ止めて、教わってみたらどうですか?

787 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/01(月) 02:16
>>786 138Bさん

>遅いかどうかは何を求めているかで決まると思いますが、
>私は決して遅いとは考えていません。

しかし、少林寺拳法を学ぶほとんどの拳士が、その秘伝を学ぶ事もなく現役を
去っていかれているのが現状ですが、それについてはどうお考えですか?
それでも、現在の少林寺拳法の技術体系(法形の配列順等)には問題無しと
お考えですか?

>休眠など速いとこ止めて、教わってみたらどうですか?

私はまだ三段ですので、すぐに教えて頂くというわけにはいきません。
最短でもあと5〜6年は掛かってしまいます。(言い訳ではありませんが、
私の元いた支部は、法形の配列順と科目表の指導内容を割りと忠実に守って
いましたので、そう簡単には教えて頂けませんでした。)

あと、「ローキックとか足払い…」についてのレスにもお答え頂ければ幸いです。

788 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/01(月) 02:50
>>785 アップルさん

>えっと、違います。私がいいたかったのは通りすがりの休眠拳士さんのはじめの
>例えがおかしくない?ってことです。比較するものが間違ってるから
>わかりにくいなーと。

逆小手と内受突の例を挙げたのは、ちょうどHPで紹介されていたので、
それに倣わせて頂いたまでです。そこで、改めて>>782 のような例も
挙げてみたのですが、こちらも合わせてご覧下さい。
どちらにしても、私の言いたい事というのは同じです。すなわち、

 少林寺拳法の法形においては、技の分化の判断基準(理由付け)が曖昧である。

ということです。

つづく

789 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/01(月) 02:51
法形の命名についてはアップルさんは専門外(?)のようですので、
改めて問わせていただきます。

例えどのような武道・流派であっても、1つの技には、その類似系や変化形、
応用形は存在するものです。その変化技に、別個の名前をつけるのか、あるいは
元の技の応用ということで括るのかについては、何らかの納得のいく理由が
あって判断がなされるべきではないでしょうか?

しかしながら少林寺拳法では、同様の術理にほんのわずかな違いから複数の
名前が命名されていることが非常に多いと思います。勿論同じ技を別の角度
から検証する事によって得られるものもあるかと思います。しかしながら、
それが法形の数を無駄に増やし、それゆえ少林寺拳法を新たに学ぶ拳士に
とっての大きな障害となってしまっていることも考えるべきだと思うのです。

敢えて繰り返させて頂きますと、

  法形を、時と場合によって多彩に応用・変化させて良いというのが、
  少林寺拳法の良さなのではないでしょうか?


もしこの投稿をご覧の方の中で、(アップルさん以外でも)
「否。少林寺拳法の法形の分化には、明確な理由付けが存在している」
「判断基準が曖昧なのは、逆にメリットもあるのだ」
等のご反論をお持ちの方がいれば、是非ご教授願いたいと思います。

790 rusher@seoul :2004/03/01(月) 07:46
私見です。

1.

法形は第一に拳士教育用の例題だと考えます。
つまり「そこからどういう原理を学習するか」を重要視します。
例えば握返はなんのために作られたものでしょう?

第二に法形は拳士向けの共通言語の役割を持ちます。
つまり拳士が相互交流する上で持っているべき素養です。

2.

法形は開祖存命中に確定されたものでありますが、殊更に新規開発を禁じられたものではないと考えます。

また、事実としてその応用変化を容易に自己開発できるものとできないものがありますが、
もともと法形という共通言語があるからには、個別のノウハウが拳士間に流通してなんら差しつかえないと考えます。

791 アップル :2004/03/01(月) 09:18
>法形の命名についてはアップルさんは専門外(?)のようですので、
>改めて問わせていただきます。
あははは、恐縮です。あんまり考えたことなかったんですよねー。
面白い題材だと思います。いろんな意見がでるかもしれませんね。

>それゆえ少林寺拳法を新たに学ぶ拳士に
>とっての大きな障害となってしまっていることも考えるべきだと思うのです。
さて、どんな障害でしょう??
通りすがりの休眠拳士さんの言うとおり、命名に詳しくはないので(詳しい人いるの?)
ここでいろいろみんなの意見聞いていこうかしら。
法形ってどんどん増えていってるもんでもないし、なにに対して障害といってるんでしょう?
まさか試験??んなばかなー

・法形が級別、段別にいっぱいあることで飽きずに長くやれる

以上のようなお話はよく聞きますが、多くて困るよいう人は余り見ないなぁ。
ん?話がずれたなぁ。スマソ。

少林寺拳法は私達なんぞが簡単に「難しい」っていえるほど簡単なもんじゃないと誰かいってました〜
幅広く奥が深いから楽しいのですねー。

というか、一つの法形にしても先生によってだいぶ違うわけで同じ技でも同じ掛け方ってないよねー。

極端に大げさにいうと
「同じ名前の法形でも先生によって違う技に見えてしまう。」
(もしくは違う技術を使ってる。)

こっちのほうが見習いさんとかパニックになります。

792 138B :2004/03/01(月) 11:23
>>787
>私の元いた支部は、法形の配列順と科目表の指導内容を割りと忠実に守って
>いましたので、そう簡単には教えて頂けませんでした。)
それが当たり前と思いますが?
速く五段になっちゃいなさいよって言う意味もあったんだけど・・・

ローキックなんかはここにいる皆の方が長けているでしょうから
お任せするとして、足払いね。
三段とのことなので袖巻返ってやりませんでしたか?
羅漢拳だけど、攻者はただ袖を持ってくるのかな?
もしかして、袖だけつかんで「掛けてみい」って言ってた???

793 とっしぃ :2004/03/01(月) 11:38
全ての動きについて技の名前がついていたら・・・
1.数が膨大な量になる
2.技を全て覚えようとして大変なことになる
3.新しい(法形に無い)動きに対して対応し切れなくなる
4.それぞれの技をバラで覚えて関連付けが上手くいかない(現状でもよくありますが・・・)
5.研究の余地が狭まり(無くなり)楽しみが減る
となるのではないでしょうか?
私は技の数は少ないと感じたことはありませんが、逆に多すぎるとも思いません。

名付けのルールとして、らさんの仰る通り拳士に対する例題であり、共通言語であると思います。
ピンポイントで申し訳ありませんが、例えば内受突の変化で肘打ち、膝蹴り等は
間合いが違うだけで動きはほぼ逆突きと同じなので
内受突を例題として色々試してみろ事ではないかと思います。
柔法ならばそれぞれの極め方(逆、S字、閂等)や体捌きが違うはずです。
先の例でいうなら、諸手送小手投、振捨表投、送突倒、腰挫ならば守者の体制もありますが
送小手の極め方→体勢を崩す→S字→腰への当身(?)となって守者の行うことは違ってきます。
よって、それぞれに名前がついていると思われます。
ちなみに輪抜と諸手巻抜は攻者が肘を張っているか閉じているかによって使い分けます。
(他にも使い分けの要因はあるとは思いますが・・・)
こちらも紛らわしいものはあるにしても、曖昧とは感じていません。

794 138B :2004/03/01(月) 12:35
>>787
>しかし、少林寺拳法を学ぶほとんどの拳士が、その秘伝を学ぶ事もなく現役を
>去っていかれているのが現状ですが、それについてはどうお考えですか?
>それでも、現在の少林寺拳法の技術体系(法形の配列順等)には問題無しと
>お考えですか?

この問いかけに触れるのを忘れていました。
秘伝はみんなに教えたら秘伝じゃないしな〜っていうのが最初に読んでみた後の印象。
現役を去るにしても、個々人が納得して(役に立たないと思ったり、極めたと思って)
やめていくのなら仕方がないこと。
例えば級拳士の技の寄抜にしてもやってみろと言われて自信もってやれますか?
私なんぞ人のことは言えません、よっく怒られます。
「それじゃ二段、三段の寄抜じゃ、ゴォラァ!」
ちと気を取り直してやり直すと
「せいぜい四段の寄抜じゃ、ゴォラァ!」
てな感じ。
やることいっぱいあるし、おもしろいし。
道楽なんですよ道楽!
だから現在の技術体系に大きな問題は無いと思ってますよ。
(だからって無理矢理まとめようとしている・・・)

795 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/02(火) 01:03
>>790 rusherさん こんばんは。

>法形は第一に拳士教育用の例題だと考えます。

「例題」ですか。なるほど。
法形を「公式」と考えるか「例題」と考えるかで、話は随分違ってくるような
気がします。両者は似ているようでも、意味するものは大きく違いますから。
確かにあくまで「例題」と考えるならば、相互に若干の類似や重複があったと
しても、問題はありませんね。逆に、似たような例題を多く解くことによって、
応用への基礎力を身につけることができるのかも知れません。

>第二に法形は拳士向けの共通言語の役割を持ちます。
>つまり拳士が相互交流する上で持っているべき素養です。

これについては、特に反論なしです。というかむしろ同意致します。
(これって、私のどの点についてのご意見なのでしょうか…?)

>法形は開祖存命中に確定されたものでありますが、殊更に新規開発を禁じられたものではないと考えます。

そうなのですか。むしろそうであって欲しいと願います。
いつまでも何十年も前の技術体系を守り続けているだけでは、進歩は危ういでしょう。

>また、事実としてその応用変化を容易に自己開発できるものとできないものがありますが、
>もともと法形という共通言語があるからには、個別のノウハウが拳士間に流通してなんら差しつかえないと考えます。

このご意見についても、全く同意です。
私の好きな武道界の言葉に、「一人一流派」というものがあります。
武道(どんな武道であれ)を突き詰めていくと、そのようになっていくものなのかも知れません。

796 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/02(火) 01:37
>>790 rusherさん

つづきデス。

>つまり「そこからどういう原理を学習するか」を重要視します。
>例えば握返はなんのために作られたものでしょう?

この点については、ある部分は同意なのですが、ある部分では逆にご質問があります。

まず握返は、(人によって解釈の仕方はあるのでしょうが)私は、
「握手の体勢からでも逆小手に入れるという発想・考え方を拳士に伝えるため」
に存在しているのだと考えています。

これでいかがでしょうか?

もしこの解釈に同意して頂けるのであれば、次に私の以下のご質問にお答え
頂けますでしょうか?

「別の入り方がある」ということを拳士に理解してもらうために、
他の方法(つまり法形以外の方法)は考えられませんでしょうか?

797 rusher@seoul :2004/03/02(火) 01:43
>>790
(これって、私のどの点についてのご意見なのでしょうか…?)

貴殿特定と考えていませんので、気になさらないで下さい。
「こういう視点もあるんじゃないの?」という提案です。

せっかく議論するなら建設的にやってほしい/やりたいですからね。

798 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/02(火) 01:49
>>793 とっしぃさん こんばんは。

>全ての動きについて技の名前がついていたら・・・
>   (中略)
>となるのではないでしょうか?

激しく同意です。(上記は、私のどこかの意見についてのご反論なのでしょうか…?)

>私は技の数は少ないと感じたことはありませんが、逆に多すぎるとも思いません。

私も、数の単なる多さ少なさだけを論じているわけではありません。
どう感じるかは、主観の問題もあるので多くは言及致しません。

>ピンポイントで申し訳ありませんが、

いえ、むしろピンポイント大歓迎です。

>例えば内受突の変化で肘打ち、膝蹴り等は間合いが違うだけで動きはほぼ逆突きと同じなので
>内受突を例題として色々試してみろ事ではないかと思います。

では、先にも例を出しましたが、屈伸突と屈伸蹴はなぜ敢えて分化させて
いるのでしょうか? また、外受突と外受蹴はいかがでしょうか?
内受突と水月返はどうなのでしょうか? また、>>782 で挙げさせて頂いた、
逆小手と逆小手足払(仮)はどうして分化していないのでしょうか?
それぞれに、こちらは●●の理由で分化しており、こちらは●●の理由で
分化していないといった、普遍的な判断基準は存在するのでしょうか?

ただ、お答えを伺う前にこう言ってしまうのも恐縮なのですが、所謂「後付け」の
解釈はご遠慮頂けると嬉しいです。後から、納得の行く解釈の仕方を見つけようと
すれば、おそらく何らかの理由は見つかるかと思います。しかしそのようなもの
ではなく、普遍的で、明確な、納得のいく基準があればご教授願います。

>先の例でいうなら、諸手送小手投、振捨表投、送突倒、腰挫ならば守者の体制もありますが
>送小手の極め方→体勢を崩す→S字→腰への当身(?)となって守者の行うことは違ってきます。

これは、とっしぃさんの仰る通りだと思います。
確かに、それぞれ技の術理が異っているのがよく分かります。

>ちなみに輪抜と諸手巻抜は攻者が肘を張っているか閉じているかによって使い分けます。

なるほど確かに、輪抜と巻抜の違いは分かります。
では、諸手巻抜は巻抜の応用ということではダメなのでしょうか?
つまり「巻抜は、攻者が一本背投げに来た時にも応用できる」ではいけませんか?

この応用を認めなければ、柔道やレスリング等の技の数だけ法形を用意しなければ
ならなくなってしまいます。それとも、法形という形できちんと示してあげなければ、
われわれ拳士はその応用の仕方に気づかないのでしょうか?

799 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/02(火) 01:53
アップルさん、138Bさん、レスありがとうございます。
夜も更けてまいりましたので(?)、レスはまた後日付けさせていただきます。

>>797 rusherさん

はい、了解しました。
ご丁寧にありがとうございます。

800 rusher@seoul :2004/03/02(火) 01:54
>>797 あ、番号を間違えてる。本当は>>795でした。

>>796
>まず握返は、(人によって解釈の仕方はあるのでしょうが)私は、
>「握手の体勢からでも逆小手に入れるという発想・考え方を拳士に伝えるため」
>に存在しているのだと考えています。

自分がある本部にいた先生から伺ったのは、
「どうやら開祖は、相手に握られた状態から自分の指を逃す守法を教えたくてこれを作ったらしい」
とのことでした。

実は、自分はこの真偽にはさしたる興味はありません。
芥川龍之介の『藪の中』みたいな話になるだろうと思いますので。
興味を持ったのは「開祖が▲▲を教えたくてこの法形を作った」という発想に対してです。
ということは「この法形からは▲▲を学びとる」ということが重要になるわけです。
このように拳士の発想をたくましくさせ、視点を広くとらせることを、自分は尊びます。

>まず握返は、(人によって解釈の仕方はあるのでしょうが)私は、
>「握手の体勢からでも逆小手に入れるという発想・考え方を拳士に伝えるため」
>に存在しているのだと考えています。

自分はその解釈を間違っているとは言いません。
自分は思想上は教条主義者ではありませんので。
(ただし修練上は「やってみなければわからない」ことがあるから執着することもあります)
自己の学習上、あるいは後輩の指導上で有益であれば両論併記で済ませます。

801 rusher@seoul :2004/03/02(火) 02:06
>>796

>「別の入り方がある」ということを拳士に理解してもらうために、
>他の方法(つまり法形以外の方法)は考えられませんでしょうか?

共通言語としての特長を失わせるほどに他の手法を大量に持ち込むと益が減ると考えます。
しかし、そこまでやるわけでないのであれば、仰っている内容は、まったくもって当然です。

例えば、自分はその「他の方法」のカテゴリーの中に乱捕が入るとみなしていますよ。
「ちょっと変った限定乱捕やってみるぞー」と言って、珍しい初期条件を設定して、
それで後輩の身体動作や反応を矯正しようと試みることもあります。
(これ、138Bさんが時々乱捕の時にやってるね)
あるいは諸兄に教わった六尺棒を道具として用いることもあります。
法形以前の基本動作や準備運動まで視野に入れるならば、それこそ手法を多種多様なところから調達してます。

こういった全般を「研究」と自分は呼称します。「研究」を排斥する者は、自分の敵です。

802 ビスキュイ :2004/03/02(火) 20:48
>通りすがりの休眠拳士さん
ビスキュイと申します。興味深い話題を出していただいてありがとうございます♪
技の体系について考えるいい機会になりました。話題はだいぶ進んでしまっていま
すが,私の考えを少しずつ書いていきたいと思います。

さて…通りすがりの休眠拳士さんのご意見を読んで私なりに纏めてみると,
「なんでAという動きは法形として定められているのに同じような理屈のA’
という動きは単にAの応用と言うだけで名前が付いていないんだ?法形の定
め方の基準が曖昧だし615期生の言うところの「名前が付けられることに
よって形式化が進み失伝が防がれる」に矛盾するじゃないか!」と言うこと
と理解したのですがよろしいでしょうか?(違ってたら言ってくださいね〜)
それでですね…実は私も学生時代に同じようなことを考えたんですわ。「技の
使い分け」っていう観点で。「相手がこう来た時はこの技,こう来たらこっち
の技だよな?」「うんうん,そうだろな」「あれ?でもこの攻撃の時はAとA'
とBのどの技を使えばいいんだ?」「それは間合やタイミングで…」「でもこれ
とこれはどちらも逆突に対する蹴反撃で間合は同じじゃないか?」「相手との
位置関係で…」「いやどっちも外に避けて蹴りだし…」「うーん…」
というような状況でしたが。
んでそれから色々考えてきたわけですが…現在の私の意見としては「法形の意味
(役割)は一つじゃない」と「法形には直列の関係を持つものと並列の関係を持
つものがある」です。
これはどういうことかと申しますと,まず「法形の意味(役割)は一つじゃない」
については,「法形の役割は「公式」「例題」「学習意欲の持続のための課題」と
言ったそれぞれの役割だけで割り切れるものではなく,それぞれでありその全てで
もある」ということです。ですから「公式である」という観点から見ると「何で?」
という技も「例題」という観点で見ると説明がつく場合があったりするかと思います。
このあたりについて「そんなあやふやな体系付けでは分かりにくい!」と感じる方が
おられるかもしれませんが,この「幅の広い」ところが魅力だと感じているんですよね。
長くなったのでまたあとで…

803 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/03(水) 00:27
>>791 アップルさん

>さて、どんな障害でしょう??

技が多すぎるとどんな障害が起きるかは、私が言うまでもなく、
とっしぃさんのお言葉を借りれば、下記のような事だと思います。

>>793
>2.技を全て覚えようとして大変なことになる
>3.新しい(法形に無い)動きに対して対応し切れなくなる
>4.それぞれの技をバラで覚えて関連付けが上手くいかない(現状でもよくありますが・・・)
>5.研究の余地が狭まり(無くなり)楽しみが減る

とっしぃさん、拝借大変失礼致しました。
 ※とっしぃさんは、「全ての動きについて技の名前がついていたら」と前置きを
  されて上記を挙げられたため、厳密に言えば意味合いが異なるかも知れません。
  しかし、「法形が多すぎると起こりうる弊害」と広く捉えた場合は、ほぼ同義と
  なるかと思い使わせて頂きました。失礼をお詫び致します。

また、私なりの意見としてまとめさせて頂くならば、

 ・多くの技を覚えようとすると、多くの時間が取られるため、
   → 1つの技あたりの修練時間が減る。(技をきちんと覚えられない)
   → 技の変化・応用を研究する時間が減る。
   → 乱捕の場で実践してみる時間が減る。

 ・技を覚えることが、修行時間の大半を占めてしまうため、
   → 覚えるということ自体に主眼が置かれてしまう。
   → 実践することの重要性が薄れてしまう。

以上のようなことを考えていますが、いかがでしょうか?
上と下の違いは微妙なのですが、前者は単に時間が取られてしまうことを
障害と考え、後者は修行時間内での割合が大きくなってしまうことを障害と
考えおり、厳密には異なります。

>「同じ名前の法形でも先生によって違う技に見えてしまう。」
>(もしくは違う技術を使ってる。)
>こっちのほうが見習いさんとかパニックになります。

これは武道に限らず、あらゆるスポーツ、芸能、学問等々にも起こりうること
ですので、仕方ないかと思います。ただ、そのパニックをできるだけ軽減する
ためには、誰にとっても正しいと思われる、最大公約数的な、「基本」や
「法形」が必要になるかと思います。それが守破離の「守」だと考えます。

804 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/03(水) 00:40
>>792>>794 138Bさん

>ローキックなんかはここにいる皆の方が長けているでしょうから
>お任せするとして、

改めて申しますと、私はローキックの防御法を尋ねている訳ではありません。
「○○の応用」とかいう言い方では、失伝してしまって問題アリではないか?
と問うているのです。

>足払いね。
>三段とのことなので袖巻返ってやりませんでしたか?
>羅漢拳だけど、攻者はただ袖を持ってくるのかな?
>もしかして、袖だけつかんで「掛けてみい」って言ってた???

袖巻返での攻者は、袖をつかんで、殴ったり、蹴ったり、引いてきたり、
振り回してきたり、足を掛けてきたり、投げてきたり・・・ナドナド
といったようなことをすると思います。

ローキックと同様になりますが、言いたいことは、足払いに対する防御技が
法形として明記されていないのは、技術が失伝してしまって問題ではなかろうか?
ということです。これについては、138Bさんはどうお考えなのでしょうか?

>秘伝はみんなに教えたら秘伝じゃないしな〜っていうのが最初に読んでみた後の印象。

それでは、五段までは取得していない少林寺拳士が、街で、柔道、柔術、サンボ、
アマレス、相撲、総合、ラグビー、アメフトのどれかでも経験したことのあるDQNと
相対することになった場合、どうするのでしょうか? 圧法を教わってなかったために
タックルを決められてしまったら、「負けない事」も達成できなくありませんか?

初段〜二段くらい段階で、「タックル切り」くらい普通に教えられてもよいのでは
ないでしょうか? どうでしょう?

>例えば級拳士の技の寄抜にしてもやってみろと言われて自信もってやれますか?

どんな技でも完璧に行うのは難しいのでしょう。

>やることいっぱいあるし、おもしろいし。
>道楽なんですよ道楽!
>だから現在の技術体系に大きな問題は無いと思ってますよ。

このご意見には、はっきり申しまして、言葉を失いました。
何のための丸廉なのでしょうか?

805 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/03(水) 00:43
>>802 ビスキュイさん こんばんは。

むむ、続きが非常に気になりますね。
では、この先のお話を楽しみにしつつ、今日はこの辺で。

806 ビスキュイ :2004/03/03(水) 00:58
>通りすがりの休眠拳士さん

順番にレスするつもりだったのですが皆さんのテンポが速いので(私が遅い?)
まずは今回のご意見について私の考えを…

>・多くの技を覚えようとすると、多くの時間が取られるため、
>→ 1つの技あたりの修練時間が減る。(技をきちんと覚えられない)
>→ 技の変化・応用を研究する時間が減る。
>→ 乱捕の場で実践してみる時間が減る。

>・技を覚えることが、修行時間の大半を占めてしまうため、
>→ 覚えるということ自体に主眼が置かれてしまう。
>→ 実践することの重要性が薄れてしまう。

とのご意見ですが,正直こういう傾向はありえます。しかし私はこれは指導の問題
であり技の体系の問題ではないと考えております。さらに言えばこれは少林寺拳法
体系の特色(利点?)と考えます。
中国武術の言葉だったと思いますが,「千招を知る者よりも一招を得たものを恐
れよ(だったかな?)」という言葉があります。「千の技を知ってる者よりも一つ
の技に熟達した者の方が恐ろしい」という意味だそうです。含蓄のある言葉です。
しかしながら少林寺拳法は「千招を知ることにより一招を見つけ出せ」という教授
法をとっているのだと考えます。多数の技を練習することによりその中に潜む共通
原理を掴み取る。最終的にはある技を修練することが同時に(同じ原理の)他の技
を修練しているのという状況になることを目指すのだと思います。しかも技の種類
が多いから興味が持続し飽きない。これを利点と考えます。
ただ教える側が技の関連や体系を理解してないと通りすがりの休眠拳士さんのおっ
しゃる「技が多い弊害」が出てしまいますが…

807 アップル :2004/03/03(水) 10:25
>・多くの技を覚えようとすると、多くの時間が取られるため、
>→ 1つの技あたりの修練時間が減る。(技をきちんと覚えられない)
>→ 技の変化・応用を研究する時間が減る。
>→ 乱捕の場で実践してみる時間が減る。

>・技を覚えることが、修行時間の大半を占めてしまうため、
>→ 覚えるということ自体に主眼が置かれてしまう。
>→ 実践することの重要性が薄れてしまう。

結局、法形=試験科目という痛い考えが最近蔓延してるんじゃないかと・・。

あたらしい法形が増える=試験範囲が広がる
っていう痛い考えになってるような悪寒。

試験にばっかりとらわれてる気がしてならんです。
ちなみにこれは通りすがりの休眠拳士さんに言ってるわけではなく
最近特に私が感じていることですので。
私は現状の法形の数でも十分楽しめてるし、これからどんな技を習うんだろうと
ワクワクするし、習った技についてもっとおもろい使い方がないかと
後輩に指導しながら考えてみたり、飽きることなく楽しいですねぇ。

808 138B :2004/03/03(水) 11:12
>>804 通りすがりの休眠拳士さん
>失伝してしまって問題アリではないか?

法形にあるから失伝しない=法形にないと失伝しちゃう
とお考えのようですが、必ずしもそうではないと考えてます。
本当にそうなのなら法形として残せば良いわけです。
そもそも法形はそうやって増えていったと聞いてますけど?

>初段〜二段くらい段階で、「タックル切り」くらい普通に教えられてもよいのでは
>ないでしょうか? どうでしょう?

法形としてでなく、ちょろちょろとは出てきませんか?
天宗なんかも使った対処方法なんかも茶帯のころやりましたよ。
でもそれが羅漢圧法だったと知ったのはだいぶ後ですけどね。

>このご意見には、はっきり申しまして、言葉を失いました。
>何のための丸廉なのでしょうか?

お気に召さなかったみたいですね。
通りすがりの休眠拳士さんと同じ価値観でないとだめか・・・
現在の技術体系に全てをおっかぶせて、枝葉末節までレールを敷いてくれないと
気が済まないというのは、少なくとも私の好みでは無いのです。

809 名無しさん@いらっしゃい :2004/03/03(水) 12:54
>2.技を全て覚えようとして大変なことになる
これのどこがもんだいなの?そんなに簡単な技術じゃないのに。
大変だからおもろいのでは?
>3.新しい(法形に無い)動きに対して対応し切れなくなる
これは本人の練習不足でしょ?

>4.それぞれの技をバラで覚えて関連付けが上手くいかない(現状でもよくありますが・・・)
バラで覚えるからわるいのでしょ?関連付けてれんしゅうすればよろし

>5.研究の余地が狭まり(無くなり)楽しみが減る
減らしてるのは個人志向の問題。

810 40前拳士 :2004/03/03(水) 13:08
 興味深い話題ですね。
 私も参加させて戴いて宜しいでしょうか?

<法形の数の多さについて>
 私も、ビスキュイさんとほぼ同じ考えです。
 数少ない技を徹底的に鍛える流派が「演繹法」だとすれば、
 少林寺拳法の修行体系は「帰納法」になっている、ということです。
 私も最初は、「こんなに技が多くては、
 一つ一つが十分に練習出来ないのではないか」と思っていたのですが、
 実は幾つかの数少ない技に収斂しますよね。
 例えば「S字」という一つの技を
 数多くのS字法形を一つ一つこなして行くことで
 徹底的に練習しているのではないか、ということです。
 最終的には、相手がどういう掴み方をしてきても
 そのときの自分との関係によって、自然にS字・コの字・閂… などなどが
 出てくるようにする境地を目指す、という方法論ではないでしょうか。

811 名無しさん@いらっしゃい :2004/03/03(水) 13:08
私的で勝手な意見を書きます

>・多くの技を覚えようとすると、多くの時間が取られるため、
それで構わないと思います。何か問題でも?一つずつ時間掛けてやればいいと思います。
>→ 1つの技あたりの修練時間が減る。(技をきちんと覚えられない)
それは自分の稽古目的の違いだと思います。きちんとやりたい人は一つずつ時間掛けて練習します。
減らしてるのは自分では??
>→ 技の変化・応用を研究する時間が減る。
なにか時間に追われてる感じですね〜。短期間でずべてを体得しようなんてムーリなわけで。
じっくり楽しんだほうがいいと思います。そしたら時間が減るとかそんなん関係ないかなーと。
より長く楽しむなら「技の変化・応用を研究する時間」大事ですね。
>→ 乱捕の場で実践してみる時間が減る。
これも同様、減る理由がわからん。やること多いならなお楽しい。
>・技を覚えることが、修行時間の大半を占めてしまうため、
>→ 覚えるということ自体に主眼が置かれてしまう。
>→ 実践することの重要性が薄れてしまう。
覚えたあとに実践することって練習すればいいだけじゃん。と思います。
何が問題点なのかわからんなぁ。

それともかなり時間が限られてる理由なんかあるのでしょうか?
みんな死ぬまで少林寺で楽しんでいけるのに。そんなに時間がないってあるのかな?
限りがある人は少ないと思われ。

812 Syami@Office :2004/03/03(水) 13:22
>>804 通りすがりの休眠拳士さん
>何のための丸廉なのでしょうか?

これは興味深い。
あなたはこの丸廉が何のための集まりだと理解なさっておいでですか?

813 40前拳士 :2004/03/03(水) 13:33
<対他流の技術>
 これは確かに、ちゃんと考えなければならない問題ですね。

 対柔道については、開祖や開祖の初期の門弟たちは
 そもそも拳法を学ぶ以前に
 さんざん柔道をやってきた先生方が多かったと聞いています。
 ですから、対柔道技は非常によく出来ているはずなのです。
 なのですが、少林寺プロパーの拳士が増えてくると、
 攻者として柔道の攻め方がきちんと出来ず
 その結果、それに対抗する少林寺の技もきちんと練習できない、
 そういう現象が起こっても不思議ではありません。

 私が所属していた大学拳法部はかなりの大所帯でしたので
 高校までに柔道をやって、2段を持っている人間も数名いました。
 そういう仲間と練習すると、「こんな足払いがあるか」とか
 「一本背負いを二の腕で巻き込んでも立てるのか」とか
 「投げられたときの受け身は本当にこんなので良いのか」とか、
 言い合いしながら色々試すことが出来ました。
 監督も警察に指導に行ったりしていましたから
 「柔道にがっちり組まれたらもう駄目だよ」
 「すばやく当身を入れないと逆小手かからないよ、
  機動隊員の手首はキミらの足首くらいあるんだから」と
 ことあるごとにおっしゃっていました。

 攻者がちゃんと出来ないと、技の練習にならない。
 ここはちゃんと考えるべきポイントです。

 「キックボクサーのミドルキックを十字受なんて出来るのか」
 なんてのも、結局はこの問題ですね。
 対タックルに対する練習にしたって
 鋭いタックルを出来る人間を相手にしないと
 練習のしようがありません。

 そういう意味では、出来るだけ視野を広げて
 虚心坦懐に他流の研究をすべきでしょうね。
 そしてその中には、ブラジリアン柔術など比較的最近の技術
(正確に言うと、昔からあったが最近表に出てきた技術、でしょうか…)に
 対する研究・対応する法形の開発も
 必要になってくるのではないでしょうか。

814 40前拳士 :2004/03/03(水) 13:51
<失伝について>
 これもまた難しい問題ですね。
 実は、私は幾つかの技術、
 特に危険な(それ故実は非常に有効な)技術のいくつかは
 既に失伝しつつあるのではないかと疑っています。

 例えば、開祖のそばにずっとついていらっしゃった先生に
 開祖直伝の送小手、というのを
 ちょっとだけ教えてもらったことがあります。
 送小手は、肩を引っ掛けて倒す技ではなく
 本来は肘を壊す技なんだそうです。
 少林寺拳法を普及させる上で、
 危険な技を丸めているケースは他にも色々あるようです。
 私なんかは下っ端ですので知り得べくもないのですが、
 こういうのは高段者の方々にちゃんと受け継がれているのでしょうか?

 圧法については、かの坂東先生の道院では、
 初段・弐段からバンバン教えていたようですね。
「これくらい有効な技はないんだから、どうして教えない?
 1000人入門して、いったい何人が5段になるんだ?」というのが
 先生のお考えだったようです。

 私は今海外にいてかないませんが
 いつか日本に帰る日がきたら、
 是非武専に通って修行したいと思っています。

815 アップル :2004/03/03(水) 14:15
http://randorisiyou615.hp.infoseek.co.jp/manjikiso2.html
守主攻従の技術体系を支えるもの
「練習相手としての攻者」

ここに到達しますたか。
他武道経験のある拳士が身近にいないのよね。
とくに柔道に関しての技が多い感じがするので柔道経験者がほしいところ。
というか自分がもう少し柔道の勉強もしなさい!ということになってくる。
「攻者」という役割を果たすためにはある程度の他武道の研究や経験も必要になってくるん
だねぇ。
うまいことできてますね、少林寺って。

816 ビスキュイ :2004/03/03(水) 19:14
通りすがりの休眠拳士さんへのレスが飛び飛びになってしまいましたが昨日の続きを…
さて,昨夜は「法形の意味(役割)は一つじゃない」について書きましたが,続いて
「法形の直列と並列の関係」について説明してみたいと思います。あっ,ちなみにこの
用語は私が勝手に考えたもので少林寺拳法の正式な用語ではありませんのでお間違えな
いようお願いいたします〜。
で,直列と並列ですが…,これは特に柔法技において顕著だと思うのですが,ある一つ
の技を起点として多面的に変化が展開していく技がありますよね?
例えば

逆小手→逆手投or龍投or逆引天秤or合掌逆小手or…

これらの技は逆小手を基本の動きとして相手の体勢等に応じて変化の枝分かれが描けま
す(トーナメント表みたいに)。こういう関係にある技を私は「直列の関係」と整理し
ています。続いて並列ですが,例をあげるとすれば…ん〜…流水蹴と上受蹴なんかかな?
相手の突き(手刀)に対しどちらを選択しても反撃できます。こういう関係にある技を
並列と呼んでます。この話は通りすがりの休眠拳士さんの疑問からはちょいとズレてし
まいますが,「技の使い分け」という観点から考えた場合,直列の関係にある技は「相手
の変化に応じて行う技が決まってくる」が,並列の関係にある技は「使いやすい技を好き
に選んで使えや」ということになると思うのです。このように考えてからは「技の使い分
け」ということで悩むことはあまりなくなりました。
さて,こうした視点を持って少林寺拳法の科目表等を見直したりみると…少なくとも私自身
は「非常に良く整理されていてなんてまあ解りやすく作ってあるのだろうか!」と思ったり
します。ですから「それが法形の数を無駄に増やし、それゆえ少林寺拳法を新たに学ぶ拳士に
とっての大きな障害となってしまっていることも考えるべきだと思うのです。」という休眠拳
士さんのご意見については「それは体系の問題じゃなくて指導の仕方の問題ではないか?」と
思うわけです。

817 ビスキュイ :2004/03/03(水) 19:17
なんか文章にしてみると「直列」と「並列」という「文字の語感」から考えると
逆の方が雰囲気出るのかな〜?まあ「縦に連なっていく関係の技」と「横並びの
関係の技」というイメージなんですが…

818 ビスキュイ :2004/03/03(水) 19:54
さてさて,話が少々(かなり?)ズレてしまいましたが…では休眠拳士さんがおっしゃってる
「Aという動きは法形として名前がつけられておりその変化にもA'という名前が付けられてい
る。しかし同じような変化であるのにBという動きはAの応用と言うだけで法形にはなっていな
い。何故だ?」についてですが…何故でしょうね〜?正直分かりません。ただ私見ですが,開祖
が技術体系を作り上げていくときに法形を定めていく時の判断基準は統一的な一つの判断基準だ
けではなかったのではないか?と考えてます。例えば今回通りすがりの休眠拳士さんがおしゃっ
ている

「例えどのような武道・流派であっても、1つの技には、その類似系や変化形、
応用形は存在するものです。その変化技に、別個の名前をつけるのか、あるいは
元の技の応用ということで括るのかについては、何らかの納得のいく理由が
あって判断がなされるべきではないでしょうか?」

は「技の用法」に基づいた基準だと思うのです。これはもちろんあると思います。
しかしそれ以外にも(ここからは完全に推測ですが)「体育的な判断に基づいた分化
(「一方向への動きだけでは体に悪いから反対の動きも作ろうかな〜」)」とか「学
習課題としての分化(「技が少ないと興味が持続しないかもしれんな〜。もう少し増
やすか」)」などもあったのではないか?と思うのです。ここで昨日の私の書き込み
とつながります。すなわち「法形の意味(役割)は一つじゃない」と。
「そんな体系わかりにくいわ!」とお思いでしょうか?しかし私はこの多面性こそが
非常に少林寺拳法らしくかつ利点でもある点だと思うのですよね〜。武術でもあり宗教
でもあり健康法でもある,一粒で二度も三度を美味しい,ああ素晴らしき少林寺拳法♪
…思いっきり後付けかな?

819 138B :2004/03/03(水) 20:19
通りすがりの休眠拳士さん

目の前にぶら下がった物だけに反応していたら全体が良く分からなくなった。
いかんいかん。

>ローキックと同様になりますが、言いたいことは、足払いに対する防御技が
>法形として明記されていないのは、技術が失伝してしまって問題ではなかろうか?
>ということです。これについては、138Bさんはどうお考えなのでしょうか?

他武道の技に対しての防御法が少ないと言っているのかとも取れるのですが

>法形を、時と場合によって多彩に応用・変化させて良いというのが、
>少林寺拳法の良さなのではないでしょうか?

とも仰ってましたね。

「法形となっていて欲しいところが法形となっていないのに、応用ですむようなところが法形になっている。法形の命名の仕方が曖昧と感じる、技が多すぎる。」

と言うことでしょうか?
もしそう感じるのなら、指導方法が悪かったのだと思います。
技術体系に関することや、早い遅いの話しは以前の書き込みと変わりありません。

820 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/04(木) 01:24
>>800>>801 rusher@seoulさん

>「どうやら開祖は、相手に握られた状態から自分の指を逃す守法を教えたくてこれを作ったらしい」

なるほど。面白い捕らえ方ですね。

>興味を持ったのは「開祖が▲▲を教えたくてこの法形を作った」という発想に対してです。
>ということは「この法形からは▲▲を学びとる」ということが重要になるわけです。

なるほど。ここで仰っている事は、ビスキュイさんが後に>>802>>818で仰られている
「法形の意味(役割)は一つじゃない」ということにも繋がりますね。
このような考え方・捉え方は、非常に興味深く、また納得できます。

>例えば、自分はその「他の方法」のカテゴリーの中に乱捕が入るとみなしていますよ。

先に白状致しますと、このようなご意見を頂けるのを待っておりました。
私の真の主張は、実はここにあります。すなわち、

「技の応用や変化は、法形からではなく、乱捕から身に付けるべきではないか?」

ということです。私は最終的には、法形の不完全さを説きたいわけではなく、
それを踏まえて、この「乱捕」論に議論を発展させていきたいと考えていたのです。
しかしその議論に向かう前には、法形について十分な議論を踏んでおくべきだと
思い、まずは先制のジャブのような気持ちで>>778の書き込みをさせて頂きました。

乱捕につきましては、また後ほど話題に上げさせて頂ければと思います。
まずは、トコトン(?)法形についての議論にお付き合い頂ければ幸いです。

821 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/04(木) 01:30
>>807 アップルさん

>結局、法形=試験科目という痛い考えが最近蔓延してるんじゃないかと・・。
>あたらしい法形が増える=試験範囲が広がる
>っていう痛い考えになってるような悪寒。

昇級・昇段試験のあり方については、改めて議論の必要があるかも知れませんね。

>私は現状の法形の数でも十分楽しめてるし、これからどんな技を習うんだろうと
>ワクワクするし、習った技についてもっとおもろい使い方がないかと
>後輩に指導しながら考えてみたり、飽きることなく楽しいですねぇ。

なるほど。そのような考えや感じ方も、正直分かります。
この辺りの話になると、本当に人それぞれの求めるモノによって
違ってくるのでしょうね。

822 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/04(木) 01:47
>>808>>819 138Bさん

>法形にあるから失伝しない=法形にないと失伝しちゃう
>とお考えのようですが、必ずしもそうではないと考えてます。

いえ。上記は私の考えではありません。
丸廉のHPの「法形は何故こんなに多いのか?」のページで、そのように
紹介されてあったのを引用したものです。私が言いたいのは、そういった
引用を引き合いに出しながら、「でもそれだけじゃ説明がつかないよね?」
とか、「矛盾してるよね?」といったように、指摘したかったまでです。
(事実、138Bさんのここでのご発言は既に615期生さんのご意見と相反しておりますし)

要するに、ある法形の存在を正当化しようとすると、別のある応用技が
法形として存在しないことの理由が説明できなくなる、ということを
申し上げたいまでです。

>法形としてでなく、ちょろちょろとは出てきませんか?

(繰り返しになってしまいますので、これで最後にしたいと思うのですが)
法形としてちきんと命名しないと、次世代に伝える時に大変不利になって
しまうのではないのでしょうか?まずは私の意見にご反論される前に、
丸廉の以下のページについてどうお考えかをまとめて頂けると、議論が
堂々巡りせずにすむのですが・・・。
  http://randorisiyou615.hp.infoseek.co.jp/page356.html

>もしそう感じるのなら、指導方法が悪かったのだと思います。

ビスキュイさんのご意見>>816を始めとして、「少林寺拳法の技術は問題ないけど、
指導の仕方が悪い」といった発言はよく見られますね。(某2chでも・・・)
では、なぜそのような悪い指導方法が蔓延してしまったのでしょうか?この問題を
しっかりと見据えなければ、「他の道院はダメだけど、ウチは良いから無問題!」
的な考え方で終わってしまう気が致します。

>お気に召さなかったみたいですね。
>通りすがりの休眠拳士さんと同じ価値観でないとだめか・・・

先の発言は、確かに言い過ぎだったかも知れません。
申し訳ありませんでした。

823 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/04(木) 01:58
>>812 Syamiさん こんばんは。

>これは興味深い。
>あなたはこの丸廉が何のための集まりだと理解なさっておいでですか?

外部からこの丸廉を見た者の感想としては、

丸廉は、
  少林寺拳法という素晴らしい武道を、
    もっと深く理解しよう
    もっと深く広く研究しよう
    もっと教え合い、学び合おう
    もっと堪能しよう、楽しもう
  といった志を持った、意欲ある方達の集まり
だと解釈致しました。

そしてその修練の過程の中でこそ、お互いを指摘し合ったり、少林寺拳法の
イクナイところについて議論したり、より良くなっていくようみんなの力で
少しずつでも変えていこう!といった活力が生まれてくるのだと解釈して
おります。

またそのような期待を持って丸廉を訪れたからこそ、138Bさんの794のような
発言が、どうしても気になってしまったのかも知れません。

824 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/04(木) 02:07
>>815 アップルさん

http://randorisiyou615.hp.infoseek.co.jp/manjikiso2.html
>守主攻従の技術体系を支えるもの

私も、このビスキュイさんの考え方には激しく激しく同意致します。

そして、こと柔法に関しては、特に攻撃する側がお粗末を言わざるを
得ないのが現状だと思います。他武道の全ての技に習熟するのは到底
無理にしても、例えば少林寺が三段であれば柔道の初段レベル、
少林寺が四段であれば、柔道の二段レベルくらいの技は、身に付けて
おくべきなのかも知れません。

私の意見でも、他武道研究については非常に重要だと考えてはいるの
ですが、同時に反対意見も持ち合わせております。例えば、パンチの
技術に高レベルで精通したボクサーであれば、キック、タックル、寝技
などの技術は覚えずとも、パンチだけでも対応できるようになるのでは
ないかと思います。

既にビスキュイさんの>>806のレスで、
>「千招を知る者よりも一招を得たものを恐れよ」
とありますが、私もこの言葉に同意です。

825 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/04(木) 02:23
>>811さん こんばんは

>それは自分の稽古目的の違いだと思います。きちんとやりたい人は一つずつ時間掛けて練習します。

多くの支部・道院では、稽古時間や稽古のメニューが決まっているため、
そうもいかないと思います。学校の体育館などを借りている道院では、居残り
などもできないため、尚更です。

>なにか時間に追われてる感じですね〜。短期間でずべてを体得しようなんてムーリなわけで。
>これも同様、減る理由がわからん。やること多いならなお楽しい。
>それともかなり時間が限られてる理由なんかあるのでしょうか?

単純計算ですが、10の時間で10の技を覚えようとすると、1つあたりに
掛けられる時間は1ですよね?10の時間で2つの技を覚えようとすると、
1つあたりに5の時間を掛けられるようになると思います。

811さんは、時間が無限にあるとお思いですか?

って別に、哲学的にムツカシイことを述べたいわけではなく、w
まず、上述したように、道院の稽古時間や場所などの環境によって制限されます。
また、学生時代に部活で学ぶのであれば、3年もしくは4年というように期間が
限られています。
社会人になっても続ければよいかも知れませんが、仕事の都合や、結婚後は家庭の
事情もあって、2〜3週間に1回稽古に行ければいい方だったりして、ここでも学ぶ
時間は有限です。

限りある時間を有効に使うべきだというのが、そんなに訳の分からない事ですか?

826 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/04(木) 02:47
>>810>>813>>814 40前拳士さん こんばんは。

> <法形の数の多さについて>
>  以下略

ビスキュイさんのご意見と合わせて読ませて頂きました。

40前拳士さんのご意見を私なりに咀嚼して言い換えさせて頂くと、「少林寺拳法の
法形は確かに技も多い、重複している技や、分化の意図が曖昧な技もある。だがそれは
技法の習得の方法論の違いから生じる誤解であって、法形は帰納法的に技術を習得
する為のものという観点から考えれば、決して矛盾した技術体系ではなく、むしろ
非常に理に適ったものである」という考えになりますでしょうか?

つまり、私の意見の半分くらい(法形の技術の重複等)には同意して頂いているものの、
その解釈の仕方に、違いを見い出されているということで宜しいでしょうか?

そうであれば、私も次の段階の意見を述べさせて頂きたいのですが、その前に
ビスキュイさんのご意見にもお答えしてからと致します。

> <対他流の技術>
>  以下略

私も40前拳士さんのご意見に同意致します。(先のアップルさんへのご返答にも
書きましたように、私自身の中に反対意見も同居している考えでありますが・・・)

私は柔道を、小学校2年間と高校2年間、浪人時代の半年(これは余計か?w)と、
計4年半かけて学んできまして、初段を取得しております。その経験から言わせて
頂きますと、少林寺拳法の現在の柔道対策は、残念ながら極めて不十分であると
断言できます。少林寺拳法の経験者には、是非柔道家との柔法乱捕を行ってみるのを
お勧めしたいと思うほどです。

これには、今テーマに上がっている法形の問題もさることながら、他にも原因が
あると考えています。ただ今は脱線を避けるため多くは語るのを控えます。

> <失伝について>
>少林寺拳法を普及させる上で、
>危険な技を丸めているケースは他にも色々あるようです。

それは存じませんでした。柔術から柔道に変わった時の技の編成と同様ですね。
一般に広く伝えるためには必要だったのかも知れませんね。

>「これくらい有効な技はないんだから、どうして教えない?
> 1000人入門して、いったい何人が5段になるんだ?」

坂東先生はそのように仰っていたのですか。これも初耳でした。坂東先生が
今でもこのようにして、圧法で人をバンバン失神させていっていたら、誰も
少林寺拳法は弱いなどと言わなくなるかも知れませんね。

827 アップル :2004/03/04(木) 09:15
ん〜、私だけ話の論点がずれている模様。スマソ。

>そして、こと柔法に関しては、特に攻撃する側がお粗末を言わざるを
>得ないのが現状だと思います。他武道の全ての技に習熟するのは到底
>無理にしても、例えば少林寺が三段であれば柔道の初段レベル、
>少林寺が四段であれば、柔道の二段レベルくらいの技は、身に付けて
>おくべきなのかも知れません。
禿同です。柔道の段位はまぁ関係ないとして、少林寺4段の技を身につけている
ならば当然にその護身を身に付ける際に必要だった攻撃技も身につけていなけりゃ
おかしいですよね。と思うのです。

また、話がずれてしまうのですが、通りすがりの休眠拳士さんがおっしゃる通り
柔法においては攻者の役割(攻撃)が明確になってない場合が多いですね。
だから前にビスさんにやってもらった柔法における攻者の攻撃の確認っていうのが
非常におもしろかった!!
ハンマー投げ楽しい!!

あ、またズレタ??

828 アップル :2004/03/04(木) 09:35
少林寺拳法の整法   
http://sports6.2ch.net/test/read.cgi/budou/1078317714/

整法スレがあがってるみたいですねー。元ネタがどうとかどうでもいいけど、
それ自体がすばらしいものであるなら良し!

829 Syami@Office :2004/03/04(木) 09:46
>>823

Correct! Very well.

830 Syami@Office :2004/03/04(木) 09:52
>>828
アプール君。興味があるならばここを覗いてごらん。

http://home.kinsei.net/kinsei/syourinnji.html

831 138B :2004/03/04(木) 11:40
>>822

>丸廉の以下のページについてどうお考えかをまとめて頂けると、議論が
>堂々巡りせずにすむのですが・・・。
>  http://randorisiyou615.hp.infoseek.co.jp/page356.html

おや、できてたんですね。
なんで私の所は読めなかったのか?
強制リロードしたら現れるようになった、クッキーのせいか?

なんで書きかけの題目について、煽ってくるのかと考えてたので・・・
こりゃすみませんでした。

通りすがりの休眠拳士の論調は大元があって、だったらこうだよね、
っていう書き方。その大元が見られなかったので
こうだよね、と言ってるように逆の意図に取ってました。

論点が完全にずれてたようです。

832 138B :2004/03/04(木) 11:42
おっと、訂正

>通りすがりの休眠拳士の論調は大元があって、だったらこうだよね、

通りすがりの休眠拳士さんの論調は大元があって、だったらこうだよね、

833 アップル :2004/03/04(木) 12:22
>アプール君。興味があるならばここを覗いてごらん。
覗いてみました〜。初めて目にしたエピソード!おもしろいですねぇ。

もとは開祖が創案した少林寺拳法ですがそこで終わりじゃないし、元々中拳だったものを
開祖が時代にあわせて少林寺拳法にしたように、拳士がもってきたイイ技術はどんどん
取り込まれていくんじゃないかな。
義務はないんだろうけど、権利はあるんじゃないかな。どのような修行しても本人の勝手なわけだ。
総合の研究がしたい。対柔道の練習を。空手の技を取り入れたい。なんでもできると思うのよね。

道から外れていなければ。




頭悪いので皆さんみたいに論ずることはできませんが、おれは楽しいから良し!で大体OKな感じ。。

834 138B :2004/03/04(木) 13:13
>>831
あれ?何でかな?
本題2と本題3は黒くってやっぱり飛べないな・・・
通りすがりの休眠拳士さんが直リン張ってくれたから見れたけど、
何で???
おーい615〜
今頃、ガンジス川を渡っているのか?

すんません、あのページはどこからたどっていくの?誰か教えて?
サイトマップにも無いでしょ?

835 アップル :2004/03/04(木) 13:33
>>138Bさん
法形とは何だろう:
のページにリンクがありますよ。天竺に行く前に急いで上げたらしいので
たぶんいっぱいいっぱいだったんでしょうねぇ。

836 40過ぎ拳士 :2004/03/04(木) 14:43
>>826 通りすがりの休眠拳士さん

 こんばんは、RES有難うございます。
 すいません、40過ぎてました、わはは。
 最近は2ちゃんねるを覗くことも少なくなり
 ましてや書き込みなんてめったにしないもので、
 自分でハンドルを変えたのをうっかり忘れてしまっていました。

 私の基本的な考え方は、貴方とあまり違いが無いと思います。
 ただ、私の方が志が低いというか、利己的と言うか、
 流派の教程は、それはそういうものとしてそのまま受け入れて
 頭の整理は個人的にやろうというのが基本的態度なので…
 本当はこういう受け身な姿勢は駄目なんでしょうけどね。

837 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/04(木) 18:39
>>802>>806>>816>>817>>818 ビスキュイさん こんばんは。
(書き溜めていたレスを一気に投稿します)

>さて…通りすがりの休眠拳士さんのご意見を読んで私なりに纏めてみると,
> (中略)
>と理解したのですがよろしいでしょうか?(違ってたら言ってくださいね〜)

全く仰る通りです。

>まず「法形の意味(役割)は一つじゃない」
>については,「法形の役割は「公式」「例題」「学習意欲の持続のための課題」と
>言ったそれぞれの役割だけで割り切れるものではなく,それぞれでありその全てで
>もある」ということです。

なるほど。確かにそのように解釈すると法形が矛盾しているとは思えなくなりますね。

>「技の使い分け」という観点から考えた場合,直列の関係にある技は「相手
>の変化に応じて行う技が決まってくる」が,並列の関係にある技は「使いやすい技を好き
>に選んで使えや」ということになると思うのです。

この部分も分かります。私も何となくこういう分け方なら理解しやすいなぁと
ぼんやり思ってはいましたが、改めて言語化されたものを見ると、さらに理解が
深まります。

>私はこの多面性こそが
>非常に少林寺拳法らしくかつ利点でもある点だと思うのですよね〜。武術でもあり宗教
>でもあり健康法でもある,一粒で二度も三度を美味しい,ああ素晴らしき少林寺拳法♪
>…思いっきり後付けかな?

いえ、全く後付けとは思いません。素晴らしいご理解・考え方だと思います。

なるほど、もっとも!と思わず唸るようなご意見を拝聴できて、嬉しく思います。

では、今度は、私の次の意見を書かせて頂きたいと思います。

838 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/04(木) 18:40
つづき

私は>>778 以来、法形の不完全さについて繰り返し説いてまいりました。しかし、
私が本当に主張したい事は、法形についてではなく、乱捕や法形の実践性について
の問題なのです。

少林寺拳法を修める方達の間でよく言われているのが、「法形を乱捕で実践できない」
「法形と乱捕が上手く繋がらない」「乱捕ではどうしても軍鶏の喧嘩になってしまう」
そして、「少林寺が弱いと言われるのは仕方ない」と言うような批評です。これらの
否定的な捉え方について、一般的に見れば、異を唱える方はあまりいらっしゃらない
のではないかと思います。(ウチの道院は大丈夫、とかは抜きにして)

一体このように言われるのは何故なのだろうかと、ひたすら考え続け、その結果として、
私は少林寺拳法に根ざす、根本的な問題に行き当たったのです。

結論から先に申しますと、

「技の応用や変化は、法形からではなく、乱捕から身に付けるべきではないか?」

平たい言葉にすると、何とも捻りの効かない、有りふれた文句になってしまいますが、
これが、私の主張の根源になります。

この主張について論じる前に、まずビスキュイさんの、以下の部分を引用させて頂きます。

>少林寺拳法は「千招を知ることにより一招を見つけ出せ」という教授
>法をとっているのだと考えます。

教授法の違い。ここは40前拳士さんの>>810の方法論の違い(演繹法・帰納法)
という考え方と重なりますね。仰っていることは非常によく理解できます。
つまり、私が、少林寺拳法の法形が多いとか、重複しているとか、分化の意図が
曖昧だとか言う主張に対し、これは技術の教授法の違いや、学ぶ側の方法論の
違いからくる誤解である、ということですね?

私は逆に、少林寺拳法の技法の「教授法」や「方法論」こそ、最大の問題では
ないかと考えているのです。

つづく

839 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/04(木) 18:42
つづき

私は、よく少林寺拳法の教授法を、日本の学校英語教育の教授法と比較して、
以下のように考えます。

 <英語学習> <少林寺拳法>
  英単語    基本(突き・蹴り)
  連語・熟語  連攻
  文法     法形
  英会話    実践・乱捕
  英作文    演武

いかがでしょうか?この例にご同意頂けるかは別にしても、少なくとも
ご理解はして頂けるかと思います。

日本の英語教育というものは、ご存知の通り、中学校から大学まで一生懸命
勉強しているのに、ほとんどの人はロクに英語を喋れるようになりません。
英熟語や英文法についてどれだけ熟達していても、一たびそれを使って喋って
みるという段になると、「英文法を会話で使えない」「英文法と会話が上手く
繋がらない」そして、「日本の学校英語教育では英語を喋れるようにならない」
と言われるようになるのです。

英語の文法博士になることよりも、英語をコミュニケーションのツールとして
使いこなせるようになることの方が、遥かに重要であるはずなのに、一向に
文法偏重の英語教育は直りません。

現在の少林寺拳法は、英語教育と同様の轍を踏んでいるのではないかと
思えてなりません。

つまり、法形をあれだけ練習してるのに実践できない。いざ乱捕となると、
思ったように動けない。法形が乱捕で使えない。…少林寺の技は使えない。

このように書くと、「法形はそのまんまの形で使おうと思うな!法形は、
乱捕では多様に変化・応用させて使うもんや!ゴルァ!!」という反論を
受けそうですが、私の言っているのはその先の話です。つまり、たとえ法形を
変化・応用させたとしても、思ったように使えていないということです。
逆に、乱捕において、法形を多様に変化・応用させながら、自由自在に
使いこなせていると思う人は果たしてどれくらいいらっしゃるのでしょう?

剛法だけではなく、柔法でも同様です。咄嗟にあらゆる形に対応できる人は
どのくらいいるでしょう?自分より体の大きい人、力の強い人を小手投げで
投げる(飛んでもらうのではなくて)ことができる人はどのくらいいるでしょう?
柔道であれば、4月に入部して、秋に初段を取った高校生であれば、未経験者
の白帯程度であれば普通に投げれる技術を身に付けています。

では、技を実践できないのは、少林寺拳法の技自体が使えないものだから
なのでしょうか?(英語に喩えると、英会話ができないのは英文法自体が
使えないものだからなのでしょうか?)

私の答えは否。少林寺拳法技術自体は素晴らしいものであるが、その技術習得
の方法論、教授法に問題ありと考えるのです。

つづく

840 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/04(木) 18:43
つづき

英語を例に取って考えてみます。
第五文型の1つ、SVOの第三文型を学ぶ場面を想像してみて下さい。

<少林寺の法形的教授法>
まずはSVO自体について教授します。さしずめ、Vは他動詞、Oは名詞や名詞句
であること、Oの前に前置詞はつかないこと等でしょうか。次に、このSVOの
変化形や応用形を教授します。たとえば、文頭に副詞句がついた場合、Oの前に
形容詞がついた場合、文の前や後に接続詞節がついた場合・・・等々。例文を
たくさん掲げて色々な角度から検証します。また周辺知識として、前置詞とは何か、
自動詞と他動詞の区別についての説明がなされるかも知れません。そして最後に
例文を声に出して発声するなどの練習で、結びになります。

仮に1時間の授業だったとしたら、これまでで60分全てを費やしてしまいます。
(もし、会話を重視する先生であれば、文法の内容を少し削ってでも、最後の
 10分位は隣の席の人と、今日習った事を使って会話の練習をするなどの工夫を
 するかも知れません。)
このような授業をミッチリ行う事で、生徒は文法に強くなり、語学としての幅広い
豊富な知識が身に付きます。自動詞と他動詞の区別についてなど、先生顔負けの
薀蓄を語れる生徒も育つかもしれません。

<乱捕・実践重視の教授法>
まずはSVO自体について教授します。内容は上とほぼ同じ内容になるでしょう。
最初の20分くらいこのように基礎をしっかり学んだ後は、次に早速会話の練習
に入ります。2人で、もしくは3〜4人のグループを組んで、今日習った事を使い
ながら、話す・聞くの練習をします。会話のテーマが出にくければ、先生が先導して
あげてもいいでしょう。その自由な会話の中では、副詞や形容詞、接続詞節なども
当然出てくるでしょう。また会話ですから、疑問文やその受け答え、否定文の形も
登場します。先日習ったばかりの、関係代名詞を試しに使ってみる生徒も出てくる
かも知れません。その生徒にとっても、それを聞いたの生徒にとっても、これは
良い復習になることでしょう。

こんな会話の時間を残りの40分に費やすのです。そうして、生徒達の中で、
SVOの文型が血となり肉となって身についていくのです。


日本の学校英語教育は、明らかに前者の方法論をもって英語を教えています。
そしてその結果として、英文法には詳しいが、全然英語を喋れない日本人が
数多く育成される事になってしまったのは、改めて述べるまでもないでしょう。

それでは、現在の少林寺拳法はどうでしょうか?

つづく

841 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/04(木) 18:45
つづき

今の少林寺拳法も、先述の英語教育と全く同様の道を歩んでいると言えます。
たとえば、五花拳の1つ、片手投を例にとって考えてみましょう。

<少林寺の法形的教授法>
まずは片手投自体の形や術理を学びます。そして、右手の使い方や足の捌き方、
体の入れ方、投げ方などを詳しく教えます。さらに、形としては、攻者の構えが
何構えで守者の構えが何構えでといったことも教えます。この技は攻者が何を
しようとして守者がどのように動こうとした時の技であるかを説明します。
次にその変化形として、相手に掴まれた場合、握手してからの場合などをそれぞれ
教えて、更にそれらの形の名前を覚えてもらいます。それが終わると、ようやく
送片手投の説明に入ります。これは片手投とは術理が若干異なるため、また詳しく
説明をします。その後、両手で掴まれた場合、諸手で掴まれた場合について
説明し、やはり技の名前を覚えます。

その日の片手投の練習時間が仮に60分あったとしたら、しっかりやれば、以上
までで時間がきてしまいます。ほとんどの場合、左右をする間もない内に終わって
しまうでしょう。
(もし実践を重視する道院長がいたら、最後の10分くらいは、乱捕の時間を
 設けて、相手と技を掛け合ってみるといった工夫をするかも知れません。)
このような法形練習をミッチリ行う事で、拳士は法形に強くなり、少林寺拳法の
他の技法との関係などの幅広い見識が身に付きます。「こうきた場合はこう返す」
といった対処法については、道院長顔負けの薀蓄を語れる拳士が育つかもしれません。

<乱捕・実践重視の教授法>
まずは片手投と送片手投自体の形や術利を学びます。(両者は若干異なる術理を
持つため別個で教授します)手の使い方や足の捌き方、体の入れ方、投げ方など
を詳しく教えます。次は、早速投げてみます。投げ込んでみます。柔道で言えば、
打ち込みや投げ込みといった学習ノウハウなのですが、これを何度も繰り返します。
もちろん左右(左手を捕られた場合も)行います。この練習を30分もやった
あとは、乱捕に入ります。相手は簡単には手首を取らせてくれませんし、掛けよう
とした際も投げられまいとしてきます。鉤手を使って防ごうとしたり、後ろから
抱きついてきたりするかも知れません。更に抱きつかれた後に絞め技をしてくる
かも知れません。掴んできた後、技に入る前に殴ってくるかも知れません。また、
その乱捕の最中に、先日習ったばかりの引天秤系の技を試してみる拳士もいる
かも知れません。使い慣れた逆小手や送小手で応戦してくることもあるでしょう。

このような実践練習を残りの30分間費やすのです。拳士達は、引天秤や逆小手、
送小手その他の技との関連や、相手に防がれた場合や掛からなかった場合について
体で経験しながら、片手投が血となり肉となって身についていくのです。

 ※ちなみに、攻者の構えが何構えでとか、相手がどんな逃げ方をした時の技で
  とかは教えません。これらは乱捕の中で、体で会得することができるからです。
 ※この例で挙げた技や、時間(30分とか)はあくまでも一例としてです。

両者を比べてみて、いかがでしょうか?
(論点を分かり易くする為に、敢えて煽りっぽい文面にしてしまったことは
 お詫びいたします。)

つづく

842 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/04(木) 18:47
つづき

かなり長々と書かせて頂きましたが、要するに私の言いたいことは、法形は乱捕で
使えないとか、少林寺拳法の技は使えない、と言われる理由は、その技法自体に
問題があるのではなく、教授法にあるということです。1つの術理を色々な角度から
検証してみるのもいいですが、それはあくまでも技をより深く理解しようという
行為でしかありません。それではいつまで経っても、実際に技を使えるようには
ならないと考えるのです。

実際に技を使えるようにするための方法は、乱捕しかありません。
(ここで言う乱捕とは、双方攻防自由乱捕のみを指すものではありません。
 攻防分かれていても、攻撃部位が限定であっても決して構いません。)

そして、乱捕を行うことによって法形を身に付けることを技術体系の主とする
のであれば、今の教授論、技術習得の方法論も改めなければいけないでしょう。
さらにそれを踏まえて、>>778から繰り返し述べてきたように、法形の分化の
判断基準を明確にし、取捨選択を行います。おそらく開祖が纏め上げた理法を、
現状の3分の1程度の法形の数で、後世に残す事が出来るはずです。その上で、
現在の法形にない技術、ローキックや柔道対策についても法形として新たに
開発し、取り入れていけばよいのだと考えています。

以上が、私の少林寺拳法への問題提起と、改善提案です。

さいごにつづく

843 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/04(木) 18:48
さいご

しかしながら、これまで138Bさん、アップルさん、ビスキュイさんが仰られている
ように、少林寺拳法に何を求めるかによって違ってくることなのかもしれません。
少林寺をやる目的が、体育のため、健康のため、娯楽のためということであれば、
私の考えは全く受け入れられないものなのでしょう。

しかし、護身術として、危急の時に「使える」ための格闘技術として少林寺拳法を
考えた場合は、果たしてこのままでよいのでしょうか?

少林寺拳法に何を求めるかによって違うと言われれば、議論はここで打ち止めです。

最後に英語を例に持ち出すならば、英語をコミュニケーションのためのツールとして
使いこなすことを目指すのか、それとも、英語をしゃべれない文法博士を目指すのか。
皆様はどちらを目指すのでしょうか?

おわり

844 Syami@Office :2004/03/04(木) 19:01
Fascinating and interesting!

845 アップル :2004/03/04(木) 20:41
私の意見は
使えても使わなくていい人間になりたい。
希望としてはこの拳を振るうことなく一生を過ごせたらいいなと思っております。
誰でもそうでしょ?
やっている内容は自分でもわかっている。偽者ではないと。
拳法修行自体が私のコミュニケーションツールになってしまてるのでw。
ただ、少林寺拳法の本来の目的が護身格闘術の伝授であることでないのは
しっていますよね?その技術は護身と言われているだけです。
拳法のみのお話だったのでなんか私的には残念だなぁ。

結局乱捕りへのお話になりましたね!いい題材になったんじゃないかなー。
丸廉のサイトを見てここまで考えている人もいるのはとてもうれしい。
ぜひ通りすがりの休眠拳士さんには復帰していただきたいなぁ。
いろいろ考えさせられました。みんなどっかでぶつかる疑問や問題だと思います。


>英語をコミュニケーションのためのツールとして使いこなすことを目指すのか
拳法をコミュニケーションツールとして使います!うふ!

846 ビスキュイ :2004/03/04(木) 20:44
>通りすがりの休眠拳士さん

素晴らしい書きこみありがとうございます!いやホントに凄いと思います。ここまで
考えてる方が休眠拳士とは実にもったいない!是非復帰をお願いしたいところです。
さて…それでですね…今回の書きこみを読ませていただいて思ったのですが…,通り
すがりの休眠拳士さんのご意見と私(や多分138Bさんやアップルさんも)の意見
は同じにことを言ってるとしか思えないんですわ。
通りすがりの休眠拳士さんの

「技の応用や変化は、法形からではなく、乱捕から身に付けるべきではないか?」

を私風に言い替えれば

「技の応用や変化の考え方を法形から学び、乱捕で身に付けるべきではないか?」

となります。以下はちょうど今書き掛けていた文章なのですが,今回の話に合ってる
と思いますので載せたいと思います。
(続く)

847 ビスキュイ :2004/03/04(木) 20:46
(続き)
今回の話題はメチャクチャ盛り上がっており通りすがりの休眠拳士さんに感謝
すね〜。
さてさて,それで法形の変化・応用についてなんですが,私は

>法形を、時と場合によって多彩に応用・変化させて良いというのが、
>少林寺拳法の良さなのではないでしょうか

という通りすがりの休眠拳士さんの御意見には全面的に賛成なんです。むし
ろこの「変化の多彩さ」,そして「変化の早さ(速さ)」が少林寺拳法の技
術の肝だと思ってます。
ですがこのことは「法形の数が多い」ということは別に矛盾しませんよね?
それと

>「技の応用や変化は、法形からではなく、乱捕から身に付けるべきではないか?」

このことも法形の数が多いということと矛盾しませんよね?
少林寺拳法を身につけるということは,個々の技の動きを習得することではなく個々の
技の練習を通して「少林寺拳法的意識(思考)」を身につけることだと思うのです。い
わゆる「原理・原則」というやつですね。個々の動きを身につけただけでは法形に存在
しない動きには対応できませんが,「少林寺的意識(思考)」を身につければ初めての動
きであっても「あ〜,少林寺拳法の視点から考えるとこの場合はこう動くのが合理的だ
な〜」と判断できるようになるかと思います。これのわかりやすい例としては「スレ建
てるまでもない…マターリ版」でのCernyさんの書き込み(>>2845>>2848)が上げ
られると思います(Cernyさんがスリに狙われた時のお話)。ちょっと長いですが引用さ
せていただきます。
(さらに続く)

848 ビスキュイ :2004/03/04(木) 20:48
(さらに続き)
>ここで男Aは、より確実に私を足止めしたいと思ったのか、いきなり左手で私の
>左脚(膝の裏辺り)を掴んできました。状況がよく飲み込めていなくとも、掴ま
>れれば抜いてしまうのがショウリンジャーたる・・・・あ、私は現役では無かった
>(w ・・・・もとい、元ショウリンジャーたるもの。咄嗟に“抜かねば!しかし、掴
>まれた脚を振っても離しはすまい”と判断した私は、左脚を軸にして左回りに一回
>転し、男Aの左後方に位置する形となりました。そのせいで、私の背後から迫るはず
>だった男Bとは、少し距離を置いて正対する形となり、もはや背後から何かをスリ取
>ることは不可能。私としては、もし男Aがなおも手を離さないようなら、右脚を彼の肘
>辺りに裏から押し当てて、両脚で挟み込むようにして左腕を逆に決めてやろうかなどと
>も思っていましたが、目論見が破綻したことを悟った男Aはすぐに手を離し、何やら言
>い訳のようなことを言いつつ男Bとともに立ち去りました。

ということで難を逃れていらしゃいます。
この中の

>“抜かねば!しかし、掴まれた脚を振っても離しはすまい”
>と判断した私は、左脚を軸にして左回りに一回転し、男Aの左後方に位置する形
>となりました



>私としては、もし男Aがなおも手を離さないようなら、右脚を彼の肘辺りに裏から
>押し当てて、両脚で挟み込むようにして左腕を逆に決めてやろうかなどとも思って
>いましたが、

の部分。こういった判断が咄嗟に出るような考え方(とそれに伴う体のコントロール)を
養うのが少林寺拳法の技術練習の目的だと思うのです。もちろんこれは法形の練習だけで
は身につきませんよ。どうしたって乱捕り稽古が必要です。が…法形はこの「少林寺的考
え方」の手がかりなのですよ。
(またまた続く)

849 ビスキュイ :2004/03/04(木) 20:50
(またまた続き)
極論を言ってしまえば「形はどーでもいい」のです。って言うか無数に生み出せるのです。
原理・原則さえ把握していれば。技は「結果」なのです。しかしこの「原理・原則」は目
に見えません。現れてくるのは「原理・原則」に基づいて行った「動きの結果」だけです。
ここで技術の習得方法は二つに分かれます。
・ 「原理・原則」を代表するいくつかの技を徹底的に練習させて「原理・原則」を身につ
 けさせ,その後に千の技へと展開させる。(一の理から千の変化へ)

・ 「原理・原則」ごとにカテゴライズされた多くの技を体験させることによりそれぞれの技に共通する「原理・原則」を体得させる(千の変化から一の理へ)

入り口が逆なだけでやってることは同じだと思うのですよ。んで今回の英語の話で言えば,
法形は「文法の説明」であると同時に「豊富な短文用法例による会話練習」ではないかと
思うのです。
しかし私は英語は苦手なので趣味のお菓子作りで説明せていただきたいのですが,
本屋さんで売ってるレシピ集がありますよね?あれが法形です。そしてレシピの数はとて
も多いのですが,基礎となるケーキの種類はそんなに多くはないんです。スポンジ,タル
ト,パイ,シュー,まあこれぐらい憶えておけばあとは材料を変えることにより色々なケ
ーキを作れます。けど…基礎のレシピをしか本に載っていなかったらそれ以外の材料を使
ってみようとするのは結構勇気が要るんですよ。例えば普通のスポンジケーキは焼けるようになったけど「抹茶を入れたら?」「ココアを入れたら?」「ナッツを入れたら?」…。
この時に何も見ずに自分で色々試すのも一つの手ですが,レシピに幾つかの事例が載って
いればより推測がしやすいですよね?「ココアを入れるときは…」と書いてあれば「あ〜,
ココアでこれなら抹茶でもこれぐらいかな〜」という具合に。これが法形の役割の一つか
と。つまり「変化のやり方(考え方)の手がかり」を与えてくれるのが法形なのだと思う
のです。
(はたまた続き)

850 ビスキュイ :2004/03/04(木) 20:53
(はたまた続き)
書けば書くほど通りすがりの休眠拳士さんと私の意見は同じに思えて仕方ないのですが,
通りすがりの休眠拳士さんのご意見は

        法形の数が多い
          ↓
     個々の法形を身につけるのに時間がとられる。
          ↓
それぞれの技の練りこみが足りなくなるし応用変化の練習にも入れない。
          ↓
だったら技を減らして基礎的な原理を身につけさせ,余った時間は練りこみや
応用・変化を各自にやらせるのに充てろや!

私の意見は
       法形の数が多い
          ↓
別々の技と考えたら時間が足りないのは当たり前!多くの技から共通する原理
を見つけ出して自分の中で組織化しろ!(この技はA-1,この技はA-2,A-3…)
          ↓
共通する原理を見つけ出せばある技の練習は同時にそれと同系統の技の練習をして
るのと同じ(A-1の練習はAという共通の要素を含むA-2,A-3の練習でもある)
だから時間が節約できるし,色々なやり方も教えてもらえてウマーッ!
          ↓
余った時間で練りこみや応用変化をやれや!

やっぱり結果は同じっぽいですね。

少林寺拳法の教授法は

>だったら技を減らして基礎的な原理を身につけさせ,

この部分を自分でやれと(別々の技と考えたら時間が足りないのは当たり前!多くの技から
共通する原理を見つけ出して自分の中で組織化しろ!)。で,その作業をするなかで「少林
寺的思考」を身につけろと。こういうやり方だと思うのですよ。だから私は「法形の数が多
すぎる」とは思っていないのです。ただ繰り返しになりますが,やり方を間違えると
通りすがりの休眠拳士さんの危惧する通りの事態に陥ってしまうと思いますよ。

以上

851 ビスキュイ :2004/03/04(木) 20:54
私の意見はこのようになりますがいかがでしょう?

ちなみに138Bさんはどちらかというと通りすがりの休眠拳士さんの提案するやり方に
近いやり方してると思いますよ。技の時間を削ってでも乱捕りの時間は絶対とるって言っ
てたような気がするし〜♪でも法形が多すぎるとは思っていない。面白いですね

852 ビスキュイ :2004/03/04(木) 21:00
アップルさん。

>私の意見は
>使えても使わなくていい人間になりたい。
>希望としてはこの拳を振るうことなく一生を過ごせたらいいなと思っております。
>誰でもそうでしょ?
>やっている内容は自分でもわかっている。偽者ではないと。
>拳法修行自体が私のコミュニケーションツールになってしまてるのでw。
>ただ、少林寺拳法の本来の目的が護身格闘術の伝授であることでないのは
>しっていますよね?その技術は護身と言われているだけです。
>拳法のみのお話だったのでなんか私的には残念だなぁ

この意見はわかるし私も同意なのですが,ここでその言い方をしてしまうと些か
マズイかと。
特にこの部分↓

>拳法のみのお話だったのでなんか私的には残念だなぁ

そう考えたならそれを理論的に説明しなきゃ〜。
これも修行よん♪

853 アップル :2004/03/04(木) 21:27
>そう考えたならそれを理論的に説明しなきゃ〜。
>これも修行よん♪
つっこまれると思いマスタ、何も考えずにだら〜と書いてしまいましたよー。
修行か、書いてみたものの通りすがりの休眠拳士さんのお話につながらないなぁ。
使えるようになりたい→その技を使いたい
のようによくとってしまうんです。かなり論点がずれてます。スマソ。

今日ある方に少林寺拳法においては主役は指導者ではなく教えられるほうだ。
といわれました。

>>だったら技を減らして基礎的な原理を身につけさせ,
>この部分を自分でやれと(別々の技と考えたら時間が足りないのは当たり前!多くの技から
>共通する原理を見つけ出して自分の中で組織化しろ!)。で,その作業をするなかで「少林
>寺的思考」を身につけろと。こういうやり方だと思うのですよ。だから私は「法形の数が多
>すぎる」とは思っていないのです。

この意見に禿同です。だからこそその人なりも面白い少林寺拳法ができるのかと。
ただ、前に書き込みにも書いたように。
昇級、昇段がものすごい早い支部(うちもです)では、拳士が受験生化(合格すればいい)、指導者が塾の先生(試験が通ることに重点をおいた指導)
支部事態の予備校化が。。言いすぎでしょうか?
試験に通るためだけのキレイ目ななんとなくできてるように見えるくらいの
レベルでその技が終わり次に進むといったことや。
試験に出ないからと技を飛ばされたり、なかなかその「試験準備」と言われる
期間は深く数を掛けて法形練習をすることができない。
乱捕りもできない。ましてや演武なんてやらせてもらえない。鬱死。

以上の現象って皆さんの支部ではまったくありませんですか?
年末ぐらいからつい先日まで試験オンパレードだったのでちょっとストレスたまってます。
私だけでなくほかの受験拳士も。

その受験対策として法形が多いんじゃないの?といわれたのかと思ってましたので
あとあとのカキコを読むまではわかりませんでした。今は納得。。
主役であるはずの拳士が高速試験インターバルに振り回されているようで、
なんとかできないものかと支部長に相談中です。

854 ビスキュイ :2004/03/04(木) 21:39
アップルさん

>昇級、昇段がものすごい早い支部(うちもです)では、拳士が受験生化(合格すればいい)、指導者が塾の先生(試験が通ることに重点をおいた指導)
>支部事態の予備校化が。。言いすぎでしょうか?

>以上の現象って皆さんの支部ではまったくありませんですか?
>年末ぐらいからつい先日まで試験オンパレードだったのでちょっとストレスたまってます。
>私だけでなくほかの受験拳士も。

痛いほどよくわかりますよ〜。私も偉そうな内容を書いてますが自分で言ってることが完璧に
出来てるわけじゃないし〜,試験が近い拳士には取り敢えず形だけでも教えてしまうことはあ
るし〜。でもせめて私が指導する時には「ほら,この技は前にやったあの技と同じでしょ?だ
からこの技の練習をする時は同時にあの技の練習にもなってなくちゃいかんのだよ〜」とか
「どう?この技のこの部分は何かに似てない?そう、振子突の動きだよね。だから基本の振子
突はこの技の練習でもあるんだよ〜」というような指導をするよう心掛けてまふ〜。

855 アップル :2004/03/04(木) 22:42
>というような指導をするよう心掛けてまふ〜。
いいですね!カコイイ!

すでに受験生化してしまった拳士が何人もいるのですが、それぞれがとても練習が
楽しくなさそうで、逆に私のほうが苦しい。

けど受験生拳士は、1〜10まで本気でやらなくても3〜5くらいをなんとなく
できればやり過ごせると思っている模様。

逆に必死に取り組んで試験をうけようとがんばっている拳士は、この試験期間に不満がある模様。

練習メニューが思う通りにはならない先輩拳士がこの後輩拳士たちが楽しく
練習できるには何ができるんだろうかと助士になってからずっと考えてます。

だから丸廉は私には必須なんですよね〜。少しずつ支部長と相談していろんな
ネタおろししていったり。

皆さんは楽しく練習するためにどんなことに取り組んだりしてますか?

856 40過ぎ拳士 :2004/03/05(金) 02:01
 通りすがりの休眠拳士さん、
 素晴らしい問題提起、どうも有難うございます。
 英語学習との比較、非常に刺激になりました。
 その上で、貴方との考え方の共通点と相違点が
 少しだけ見えてきたような気がします。

 実は、私は米国在住です。
 最初の2年は大学院の学生で、英語では散々苦労しました。
 そのときにやはり、「日本の英語教育は…」ということを考えましたが、
 日本で指摘されている、日本の英語教育の問題点は
 殆どが的外れだということです。

(続きます)

857 40過ぎ拳士 :2004/03/05(金) 02:47
 よく言われることが、
 「日本人は読む・書くは出来ても、聞く・話すが出来ない」ですが、
 これは完全に誤りで、本当は、日本人は読む・書くも出来ないんです。

 「読む・書くが出来る」というのは、
 散髪屋で順番を待っている間に、置いてある雑誌2〜3冊に目を通し
 「へー、きょうびの若い子はこういうことを考えているのか」と思う、
 そういうことです。
 私たちも、日本語では当たり前のようにやっていますが、
 英語で出来る人は少ないんじゃないでしょうか?

 読みがこのくらい出来れば書けるし、
 別に「英語耳」とかじゃなくても聞き取りは出来るし、
 発音は「サンキュー・ベリーマッチ」式でも通じます。

(続きます)

858 40過ぎ拳士 :2004/03/05(金) 03:16
 では、日本の英語教授法の何が問題かと言うと、
 「練習量」が圧倒的に足りないことだと、確信を持つに至りました。

 一つは読む文章の量です。
 お聞きになったことがあるかもしれませんが、
 アメリカの大学院の宿題というのは半端な量ではなく
 入って最初の半年で読まされた量は、
 日本で中学校以来読んだ英文の量の合計よりも
 多かったと思います。

 次に、単語の量です。これが圧倒的に足りない。
 大学入試用の単語集なんか、全部完璧に覚えてようやく初歩です。
 日本語でも「字眼」といいますが、
 キーワードを知っていれば
 一言一句全部が聞き取れなくてもポンと分かるし、
 皆まで言わずともポンと伝わるんです。

 もし私が、真剣に英語を勉強したいという人に教えるとすれば、
 出来るだけ大量の英文を読ませて、
 出来るだけ沢山の単語を暗記させます。
 ザッツ・オール、難しいメソッドは要りません。

(続きます)

859 40過ぎ拳士 :2004/03/05(金) 03:28
 もう一つ大事なポイントは、動機というか、
 どれだけ必要に迫られているかの切迫感です。

 大学院で勉強していると、
 とにかく読み・書き・聞き・話し、全部やらないといけない。
 出来るか出来ないかではなくて、やらなければいけない。
 やらなければ落ちこぼれて退学、ですから。

 更に、卒業して仕事を始めてからは、もっと真剣です。
 交渉して相手をうんと言わせなければなりませんから。
 出来なければ、生き残れません。
 大学院の2年間に英語力はかなり上達しましたが、
 仕事を始めてから、更にぐっと伸びた実感があります。

(続きます)

860 40過ぎ拳士 :2004/03/05(金) 03:45
 で、武道・武術の話に戻りますが…

 要するに、上達のカギはメソッドそのものにあるのではなく
 練習量と切迫感にある、そう私は考えています。
 勿論、メソッドは大切ですが、
 練習量と切迫感があれば
 メソッドも真剣に追求するようになるのが
 自然な成り行きだと思います。

(続きます)

861 40過ぎ拳士 :2004/03/05(金) 04:05
 以下は、極論ですが…

 本当の意味で護身術を身につけようとしたら
 「場数」も踏む必要があります。
 第3種お神楽(笑)というのは、実は本当は非常に有効な訓練です。
 どんなに道場で強くても、イザという時には足がすくむのが普通ですが、
 ある程度場数を踏むと、或る程度冷静になれます。

 これは「自信」というのともちょっと違うような気がします。
 ヤク中の男に、拳銃を後頭部に突きつけられて、
 カチッと撃鉄起こされたりすると
 こりゃ「自信」の余地なんて無いですから。
 要するに「ま、死ぬときゃ死ぬんだし」と思えるかどうかです。

 幸い生きてますから、良い経験になったと思いますし、
 こんな減らず口も叩ける訳ですが…
 でも、最後まで冷静であることが
 生存の確率を極大化する方法だというのは
 間違いの無いことでしょう。

(続きます)

862 40過ぎ拳士 :2004/03/05(金) 04:17
 私は、武道にせよ、護身術にせよ、
 もっとも大切なのは「錬胆」だと思っています。
 「あらゆる攻撃に対応出来る技術体系」なんてあり得ません。
 それよりも、非常時の冷静さを身につけることの方が
 よっぽど重要だと思います。

 でも、そういうものって、
 和気藹々とした練習で身につくわけがありません。
 私が乱捕試合復活論者なのは、
 「身の危険を感じる機会を、出来るだけ安全に提供する」(笑)
 という趣旨です。
 命まではとられないが、気を抜くと大怪我をする、
 そういう修行は「錬胆」のために不可欠だと思うのです。

(続きます)

863 40過ぎ拳士 :2004/03/05(金) 04:36
 「あらゆる攻撃に対応出来る技術体系はあり得ない」について、もう少し。

 「タックルされたら?」「マウントポジションをとられたら?」
 そういう問題提起もよく見かけます。
 私が拳銃を突きつけられたときに思ったことは
 「そういえば、少林寺では対拳銃というのは習わなかったな…」
 ということでした。

 相手が拳銃だったらどうしようもない、
 出来るだけ騒がず、相手を刺激させないように従う、
 これが確かに大原則です。
 でも、実際にそういう目に遭ってみて分かったことは
 その大原則もちょっと違うかなぁ、ということです。

 相手が金だけとっておとなしく退散してくれればいいですが、
 ヤク中で理性を失っている場合は危険が大きいし
 理性があっても、証人隠滅のために殺害されることも多いのです。
 だから、もし雲行きがさっと変わったときには
 ダメ元で反撃しなければ殺されます。
 で、どうやるのが一番良いか頭をめぐらしていたときに、
 私は拳銃について何も知らないということに気がつきました。
 相手の正面に回った方がいいのか、裏に回った方がいいのか、
 捕り方は逆小手がいいのかS字がいいのか…
 
 今は日本にも拳銃があふれていますから、
 決してあり得ないシチュエーションではないですよ。
 そして、マウントポジションだとタコ殴りにされるだけですみますが、
 脳みそスイカみたいに飛ばされるのはちょっといやでしょ?

(続きます)

864 40過ぎ拳士 :2004/03/05(金) 04:52
 もう一度、最初の論点(教授法)に戻ると、
 一般コース、競技コース、護身術コース… のように
 生徒をコース分けするのも一案かな、と私は考えています。

 競技についても、あくまで研究の一環として、という考え方は
 成り立ちうるのではないでしょうか?
 研究の一環として、他流の大会に挑戦する人を応援するだってあっていい。

 護身術コースについては、或る程度修行を積んだ人に対して
 拳銃も含めた対武器術も含めて教える。
 対武器術である以上、武器そのものの講義も含める、とか。
(私は拳銃について全然知りませんでしたが、
 レボルバーはどういうものでオートマチックはどういうものか
 どのくらいの力が入れば引き金が引けるのか、などなど
 色々勉強しました。)

 長文になり、また議論が必ずしも噛み合っていませんが、
 こんなことを考えている拳士もいるということで
 御勘弁下さい。

865 138B :2004/03/05(金) 16:47
通りすがりの休眠拳士さんの言わんとすることはよ〜く分かります。
あ、いや、分かってないのかな?
1回流して読んだだけなんで、また逆説的にお話しされていたりすると
誤解しているところがあるかもしれません。

ご提案する教授方法は普通やってると思いますが、そうじゃ無いのかな?
Syamiさん所なんかもそうなんじゃないのかと、いやもっと恐ろしいかも?
ただ、限られた時間なんでってところが問題ですね。
まさに40過ぎ拳士さんの言っている通りなのです。

法形をさーとやって、それを使って乱捕りをする。
始めは1つ、そのうち手駒が増えて色々使えるようになりますよね。
そうすると、今度は「これで受けてやろうか」と考えるようになる。
でも相手は思うように攻撃してくれないわけで、色々工夫する。
だんだん使い方がこなれてくる。
そのうち一見上手く行くようになると、今度は攻者が意地悪をしだす。
という感じで進める現在の少林寺の教授方法の何処に不満があるのか?

色々ためす手駒の中の法形は決して多いとは思いません。
そうやって考えた場合に、ローキックに対する法形ってどんな風にするのか
実は私には思いつかないのです。
ローキックに対する対処方法という意味ならいいけど、
流れの中で使うのにはどうなのかな?と、

またずれてるかも知れないので、そしたら聞き流してやってください。

866 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/06(土) 01:38
>>845>>853 アップルさん こんばんは

>使えても使わなくていい人間になりたい。
>希望としてはこの拳を振るうことなく一生を過ごせたらいいなと思っております。

勿論私もそのように思っています。
おそらくアップルさんは「使える」という言葉の意味を、私とは違って使用されている
と思います。私の言う「使える」とは「実践できる」「運用できる」という意味です。
技を運用できないよりも、運用できる方がいいですよね?

>拳法のみのお話だったのでなんか私的には残念だなぁ。

ここもちょっと私の言いたい事が誤解されているような気が致します。
私が何だか徒に「強い/弱い」の技術論ばかりを論じているように、アップルさん
には受け取られているのでしょうか。(´・ω・`)ショボーン

867 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/06(土) 02:40
>>846->>851 ビスキュイさん こんばんは

こちらこそ素晴らしいご意見を伺えて、光栄に思います。復帰は…そうですね。今やっている
武道で三段くらいを頂けてから…。でもってまずは柔道に復帰して同じく三段取得を目指す。
そんでもってその後に少林寺にも復帰ッスかね?(12%くらい本気w)

>通りすがりの休眠拳士さんのご意見と私(や多分138Bさんやアップルさんも)の意見
>は同じにことを言ってるとしか思えないんですわ。

確かに、ほとんどの部分は共通の意見になるかと思います。技術を身に付けるための
手段として乱捕すべきだ(法形だけじゃダメ)という部分も、全く同意見かと思います。
私とビスキュイさんとで異なる(と思われる)部分は、ほんのわずかな箇所にまで
煮詰まってきたと思われます。以下に、私が述べたいポイントをまとめておきます。

 〜ビスキュイさんと私の意見の相違点〜〜
   1、法形の多さについての認識
   2、少林寺習得のための方法論
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以下のレスで、1と2それぞれについて意見を述べさせて頂きたいと思います。

つづく

868 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/06(土) 02:43
つづき

まず「1、法形の多さについての認識」について。

>この「変化の多彩さ」,そして「変化の早さ(速さ)」が少林寺拳法の技
>術の肝だと思ってます。
>ですがこのことは「法形の数が多い」ということは別に矛盾しませんよね?
>>「技の応用や変化は、法形からではなく、乱捕から身に付けるべきではないか?」
>このことも法形の数が多いということと矛盾しませんよね?

ここは矛盾とは言わないまでも、一致はしないのではないかなと思います。

なぜならば、法形の多い理由の1つは何であったかを考えてみて下さい。拳士に
「技の変化・応用(のための手掛かり)を与える」ということですよね。私の意見
では、「技の変化や応用は、法形から教えてもらう必要はない」と考えています。
理由は、これまで何度も申し上げてきた、乱捕による習得の法を重視するからです。
従いまして、法形が多いというのは、術理とその変化・応用を身につけるためには
どうしても「過多な」要素なのです。そしてその過多な要素は、無限ではない
稽古時間の中では、ある意味では「障害」となっているのと考えます。

つづく

869 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/06(土) 02:44
つづき

法形が多いことの障害は、もう1つあると考えています。より正確に言うならば、
法形が多いことよりも、むしろ法形で変化例・応用例を例示してしまっていること
による障害です。

つまり、法形で技の変化の仕方や応用の仕方を細かく例示してしまっていることに
より、「この動き以外のものは間違っている」といった認識を招く危険性が高いと
いうことです。(あくまで危険性が高いという言い方をしたことにご注意下さい)

具体的に言えば、法形は「攻者がaという攻撃を仕掛けてきた場合のAという技は、
攻者がbという逃げ方をしてきた場合はA−1という技に変化させよ。攻者がcという
逃げ方をしてきた場合はA−2という技に変化させよ。攻者と守者の間合いがdと
なった場合はA−3という応用技を行え。守者の体勢がeとなった場合はA−4
という応用技を行え。もし攻者が、最初にa'という攻撃できたならば、Bという技に
変化させよ。その際、攻者がb'という逃げ方をしてきた場合はB−1という技に変化
させよ・・・・・・エトセトラエトセトラ」という例を示してしまっています。

それ故、まず拳士はそれを覚えることに尽力しなければなりません。その変化技を
何度も練習し、技名を覚え、「こう来たらこう返す」という「意図・理由」や、
「その裏に潜む意味」を考えます。そして、守者の体勢がeとなった場合は、
A−1でもA−3でもなく、A−4を用いなければならない理由を考え、その理由
に納得し、いずれは、少林寺拳法の法形の合理性に感激すら覚えることになります。
そして、このような傾向は、高い段位を持ち、少林寺拳法を深く研究している方に
特に見られるように思えます。

しかし、その行為が、法形の変化の可能性を狭めてしまっているのではないかと
思うのです。つまり、法形を研究すればするほど、「これがコレコレなのは、
こういう理由からなのだ」→「こういう理由で、これはコレコレする必然性が
あったのだ」という考えに陥りやすくなっていると思います。
それが転じて、「こう来たらこう返すべきだ」との固まった理屈となり、最終的には
「それは少林寺ではない」などのことを仰る高段の先生方が増えてしまうことにも
繋がってしまうと思います。

ビスキュイさんには大変失礼な事を申し上げますが、ビスキュイさんですら、
上記のような傾向が全くないと断言できますでしょうか?(もし完全に断言できる
のであれば、ご遠慮なく仰って下さい。私の無礼を謝ります。)

この投稿をご覧の方の中でも、「俺はそんなことはない」「ウチの道院は大丈夫だ」
という方はいるかも知れませんが、少なくとも少林寺拳法に内在する特徴として、
上記のような「危険性」が挙げられるのではないかと思います。もともと、丸廉の
HP上で、「法形は応用・変化させてもよい!むしろさせるべきだ!!」などという
主張が声高に叫ばれていること自体が、他武道の人間から見れば、甚だオカシナこと
なのです。
 「なんでこんな当然のことが、敢えて提言されているのだろう…」
その理由は、一般的な少林寺拳法家が、よほど法形の応用・変化に不寛容だから
なのではないでしょうか?


考えを整理しますと、法形が(重複がある故に)多いことは、
 ・過多な要素であり、それゆえ有限な時間の中では、習得・実践・応用が阻害される。
  (もし時間が無限であれば、上記は問題ではありません)
 ・具体的且つ詳細な例を示してしまっているため、例以外の変化に対する寛容性が薄れる。
  (実際、非常に多くの拳士・先生方が陥っております)
というような弊害があるというのが、私の考えです。

ビスキュイさん&皆様、いかがでしょうか?

つづく

870 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/06(土) 02:45
つづき

続いて、「2、少林寺習得のための方法論」について。

ビスキュイさんが、>>847>>850で仰られているご意見を私なりに整理させて
頂きますと、以下のようになりますでしょうか?

 主張:咄嗟の判断力や体のコントロール能力を養うために、「少林寺的思考」を身に付けよ。
     - 法形は、これに気づくための手掛かり
     - 乱捕は、これを身に付け、練り込み、応用させるもの

では、以下に私の方の意見をまとめさせて頂きます。

 主張:咄嗟の判断力や体のコントロール能力を養うために、少林寺的な身のこなしや思考法を身に付けよ。
     - 法形は、これに気づくための手掛かり
     - 乱捕は、これを身に付け、練り込み、応用させるもの

以上です。
早い話、この時点では私とビスキュイさんは全くの同意見だと思います。私は
「少林寺的思考」という言葉を使わなかっただけで、その意味するところは、
ハッキリ言って、これでもかっっ!っていうくらい、同意見です。

では私は、どこが違うと考えているのか。

この点についての意見を述べさせて頂く前に、少しだけ前提条件の確認をしたいと
思います。咄嗟の判断力や体のコントロール能力を養うために、「少林寺的思考」
を身に付けよとありますが、そのためには、少林寺拳法の技法自体をよく習得し、
自分のものとし、そして運用できる必要がありますよね?少林寺の技もロクにできて
いないのに、少林寺的思考が身に付くはずもありませんよね? この点、ご確認頂け
ますでしょうか?もし違ったら仰って下さい。

上記にご同意頂けるのであれば、私とビスキュイさんのご意見の相違は、次の点に
絞られるかと思います。すなわち、

  「少林寺拳法の技法を身につけるための方法論の違い」

となるかと思います。平たい言葉で言い換えますと、「法形と乱捕の比重の違い」
とも言えるかもしれません。

つづく

871 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/06(土) 02:45
つづき

技術を身に付けるためには、ビスキュイさんは「法形たくさん、残りは乱捕」と
お考えで、私は「法形少し、残りは乱捕」と考えております。明らかに私の方が
乱捕重視です。ではなぜ、私は乱捕重視なのでしょうか?

私なりに考えを突き詰めますと、以下のようになります。

 1、技の変化や応用は、乱捕でも身に付くと思うから。(むしろ乱捕の方が多く身に付く)
 2、実践、運用できる技は、乱捕でしか身に付かないと思うから。

1だと私が思う理由は、>>841での「片手投」の例を思い出して頂ければと思います。
自分から捕った場合と相手に捕られた場合など、わざわざ別の技名で教えなくとも
乱捕で十分に気づくことができます。これは剛法の場合にも顕著です。たとえば、
内受蹴を実践する練習の中に、振天二も内押受蹴も、さらにその他の諸々の攻撃に
対する足刀反撃の要素も含まれているのです。

逆に法形の役割は、乱捕だけではできないことを教えることです。すなわち、
片手投という技自体の術理や、片手投と送片手投の違いなのです。

2については、私の体験からなのですが、法形だけでは運用できる技は決して身に
付かないと言うことを、痛切に感じております。

私は大学時代に少林寺拳法を修めており、私の大学はワリと乱捕を重視して練習して
おりました。その大学での練習のことですが、少林寺歴6年で三段を持つ一年生と、
少林寺歴8ヶ月(途中入部)で2級の二年生が乱捕をして、一年生が二年生に何も
出来ずにやられていた風景を目の当たりにしてきました。また別の時には、少林寺歴
11年で三段の三年生が、少林寺歴1年半で初段の二年生にボコボコにされているのも
見て参りました。

自分よりも経験の遥かに浅い拳士に、手も足も出なかった三段の彼らは、一たび
法形や演武をやらせると、それはもう、もの凄く上手なのです。しかしながら、
残念ながら彼らの通っていた道院・高校では、乱捕をほとんどしてこなかったのです。
これでは、いくら法形・演武が上手に出来ても、乱捕を数ヶ月でもちゃんと行なった人と
渡り合えるはずもありません。

しかし上記のような体験は、決して珍しいものではないでしょう。某巨大掲示板でも、
この類の経験談は、あとを経ちません。一般の少林寺拳士は、技を身に付けるための
練習量が圧倒的に足りな過ぎると、私はハッキリ申し上げたいと思います。

つづく

872 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/06(土) 02:46
つづき

補足です。

方法論ということで言うと、演繹法と帰納法がよく論じられていますが、少林寺拳法
の技法習得という件に関しては、これはあまりよい区別の仕方ではないかと思います。

なぜなら、私の主張する乱捕論では、まずは演繹的に、ルールを法形で学びます。
続いてそれを乱捕で実践しまくります。運用しまくります。応用しまくり、変化し
まくります。そうして、演繹的なルールを乱捕の場で数多く実践することによって、
今度は帰納的に、1つの原理・原則に戻っていくと考えるからです。

以上です。

873 ビスキュイ :2004/03/06(土) 09:03
わかってきた,段々わかってきましたよ〜相違点が!
これからちょっと出かけるんでレスは後ほどになりますが,多分ですね,
私と通りすがりの休眠拳士さんがそれぞれ練習メニューを組んだら,結
局のところ内容も時間配分非常に近いものになるんじゃないかな〜と思
いますよ♪
で,一つだけレスをしておきますと,

>それが転じて、「こう来たらこう返すべきだ」との固まった理屈となり、最終的には
>「それは少林寺ではない」などのことを仰る高段の先生方が増えてしまうことにも
>繋がってしまうと思います。
>ビスキュイさんには大変失礼な事を申し上げますが、ビスキュイさんですら、
>上記のような傾向が全くないと断言できますでしょうか?(もし完全に断言できる
>のであれば、ご遠慮なく仰って下さい。私の無礼を謝ります。)

あははは〜。謝っていただくことはないですよ〜。よくありますもんね〜この傾向。
まあこの傾向は自分にあるかどうかは自分ではよくわかりませんが,私の根本的な
意見はこれね↓

極論を言ってしまえば「形はどーでもいい」のです。って言うか無数に生み出せる
のです。原理・原則さえ把握していれば。

…やっぱり通りすがりの休眠拳士さんと同じやん…

874 赤影 :2004/03/06(土) 23:27
私のところでは、乱捕りは時間外の自主トレです。
ゆえに結構自由にやれます。まず、自由乱捕りをします。
その後、それを踏まえ、弱点補強のため受け返しを練習します。
で、その時、私が整理した受け返しを練習し、
それはこの法形の応用だよといい、最後にそれでしめます。
乱捕りをしない日は、まず今日の法形を復習し、そのあと、応用を
研究します。

875 名無しさん@いらっしゃい :2004/03/06(土) 23:29
昔は、乱捕りと法形がつながっていませんでしたが、いろいろ
考えてつなぎました。
頭を固くしてはダメですね。体動の真理を見つけないと。

876 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/06(土) 23:34
>>856>>864 40過ぎ拳士さん こんばんは。

素晴らしいご意見を有難うございました。英語の習得についての話なども
大変興味深かったです。

> 「練習量」が圧倒的に足りないことだと、確信を持つに至りました。

全く仰るとおりだと思います。

少林寺拳法の話に戻しますと、法形・演武の練習量までも少ないかどうかは
分かりませんが、少なくとも乱捕の練習量の少なさは目を覆うばかりです。
私が、これまでしきりに、「時間の少なさ」を問題視してきた理由も、そこに
あるのです。つまり、一般的な少林寺拳士が、「これくらいで十分だろう」と
思っている練習量は、私にとっては「全然足りない」量なのです。


> 要するに、上達のカギはメソッドそのものにあるのではなく
> 練習量と切迫感にある、そう私は考えています。

この点について、逆に40前拳士さんにお尋ねしたいのですが、少林寺拳法には
この練習量と切迫感がないとお考えなのでしょうか? 
つまり、少林寺拳法では「法形が乱捕で使えない」とか「少林寺の技は使えない」
とか「少林寺は弱い」とかといった批判がよくされておりますが、その原因は、
ここではないか、とお考えなのでしょうか?

877 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/06(土) 23:35
つづき

> 私は、武道にせよ、護身術にせよ、
> もっとも大切なのは「錬胆」だと思っています。
> 「あらゆる攻撃に対応出来る技術体系」なんてあり得ません。
> それよりも、非常時の冷静さを身につけることの方が
> よっぽど重要だと思います。

激しく同意です。この点については、おそらくビスキュイさんを始め、ほとんどの
方が同意されるのではないでしょうか?

> 私が乱捕試合復活論者なのは、
> 「身の危険を感じる機会を、出来るだけ安全に提供する」(笑)
> という趣旨です。

おわ、ついにこの論にまで来てしまいましたね。「乱捕試合は果たして必要か」との
論争(?)ですね。私もこの点については、正直語りたい部分が多々あるのですが、
脱線しないためにも自粛致します。(後ほどお話できたらいいですね)
ただし、2行目のご意見に関しては、ほぼ全面的に同意です。

> 私が拳銃を突きつけられたときに思ったことは

これは大変な目に遭われたのですね。((((((; ゚д゚)))))ガクガクブルブル

確かに、対武器については考えたことはあっても、対拳銃というのはほとんど
考えたこともありませんでした。対拳銃の訓練を多くの時間を掛けてまで、
つまり他の練習時間を削ってまで、行う必要があるのかというのは現在の
日本では分かりません。しかし、拳銃についての予備知識・基礎知識くらいは
教えられてもいいかも知れません。

878 赤影 :2004/03/06(土) 23:43
基本にしても、昇段用普通基本と、自分用基本に分けています。
さすがに、自分用基本は自主トレでしかしませんが、乱捕りでは
使います。そして昇段用基本を練習しても自分用基本に反映するように
組み立てました。
道場では基本を多くしていると「空手で無いから」と陰口を言う人がいるので、
見せません。ただ、体験上基本を多くすると、体が自由に動きます。
そして、ウエートをしすぎると、筋肉が邪魔をする部分で動きが
悪くなることもあります。ベンチで言うなら体重の150%、スクワットは
体重なみ。デッドリフトは体重の2倍ぐらいで抑えておくといいと思います。
スクワットはやりすぎると、(私個人は)蹴りや土台のバランスが崩れました。
少林寺ではトーナメントを戦い抜くことがないので、腕立てを回数するより、
週に3回ウエートするほうがいいように思います。拳たて、
馬歩も少しでいいからするといいと思います。
私の個人的考えなので無理にはお勧めしませんが。

879 赤影 :2004/03/06(土) 23:51
>「あらゆる攻撃に対応出来る技術体系」なんてあり得ません。

私はそれを目指しています。少ない技をあらゆる局面に対応できるように
リファイン中です。現実に可能か不可能化は別にして(最後は運)
ナイフを首につけられたとか、ロープを首に巻かれたとか、拳銃を
突きつけられたらどうするか、そういう技に会わないためにはどう拳銃を
かまえるか、常に状況を想定するからこそ、ここ一番で冷静に
慣れるのだと思います。「このパターンは練習ではこうやった」という風に。
ただ、対武器は死ぬ可能性はある思います。ほかに道が無ければ
やるしかないでしょう。後は運。
私は、シュートが出来た頃から対タックル、対寝技を考えていました。

880 アップル :2004/03/07(日) 00:06
あら?2004って付いてないなぁ。
>自分用基本は自主トレでしかしませんが
赤影さんは自主トレはどこで??

>腕立てを回数するより、
>週に3回ウエートするほうがいいように思います。拳たて、
>馬歩も少しでいいからするといいと思います。
>私の個人的考えなので無理にはお勧めしませんが。
いや、なんか妙に納得してしまいましたw

881 40過ぎ拳士 :2004/03/07(日) 12:52
>>876 通りすがりの休眠拳士さん

 RES、どうも有難うございました。
 貴方が大変精緻な論考を展開されているところに
 私の返信はちょっとズレたものだったかもしれません。
 どうぞ御容赦くださいませ。

>少林寺拳法にはこの練習量と切迫感がないとお考えなのでしょうか? 
>つまり、少林寺拳法では「法形が乱捕で使えない」とか「少林寺の技は使えない」
>とか「少林寺は弱い」とかといった批判がよくされておりますが、その原因は、
>ここではないか、とお考えなのでしょうか?

 これは、道院ないし拳法部による
(つまり、指導者の方針による)と思います。
 私が卒業した拳法部では今でもバンバンやってるようですし、
 道院でも毎回しっかりやっているところはあるようです。
(最近の事情をこの目で見ているわけではありませんので
 「ようです」としか言えないのですが…)

(つづく)

882 40過ぎ拳士 :2004/03/07(日) 12:53
 練習量については、少なくとも私の知っている範囲では、
 乱捕(組手・スパーリング)って
 練習量の多いところ(道院・道場・流派)の方がかえって安全です。
 練習量の多いところは、まさに練習量を増やすために
 みんな力の抜き方を教えられているからです。
 そういうところでは、黒帯の指導員とスパーリングするよりも
 帯に色がついて組手を始めたばかりの人とする方がイヤなものだったりします。

 切迫感については、これはもう100%指導者によるんじゃないでしょうか?
 先生が口を酸っぱくして
 「そんな突で倒せるか!」「そんな受で防げるか!」と
 厳しくやっているところは、基本の練習ですら全く違うでしょう?
 そういう練習をしているところなら、
 法形の練習でも攻者に思い切り踏み込ませて打たせますから
 間合が遠くて突が届いてない、なんてことはありません。
 そういう環境で練習していれば
 「こんな練習していて強くなるんだろうか?」などと言う疑問が湧く訳がありません。
 逆に言えば、そういう疑問が出てくるようなら、切迫感が無いということですね。
 これは、技術体系の問題には全く関係ありません。

(つづく)

883 40過ぎ拳士 :2004/03/07(日) 12:54
>確かに、対武器については考えたことはあっても、対拳銃というのはほとんど
>考えたこともありませんでした。対拳銃の訓練を多くの時間を掛けてまで、
>つまり他の練習時間を削ってまで、行う必要があるのかというのは現在の
>日本では分かりません。

 まあ、拳銃は極端な例かもしれませんが、
 どういう技術を練習するかは
 修行の目的に大きく関わる気がするのです。

 例えば、街でチンピラに絡まれて殴られても
 あいたたた、で、翌日歯医者に行けばいいくらいの話です。
 或る意味、まだまだ牧歌的(?)なものでしょう?
 でも、対武器は命がかかっています。
 「護身術」を目的の一つとして掲げる以上、
 対武器の技術(合わせて戦略も)は欠かせない気がします。
 そして残念なことに、今では日本でも
 その気になれば、拳銃を簡単に手に入れられる時代になってしまいました。

884 40過ぎ拳士 :2004/03/07(日) 12:55
>>879 赤影さん

 2ちゃんねるでの御発言、毎回楽しみに読ませて戴いております。

>私はそれを目指しています。少ない技をあらゆる局面に対応できるように
>リファイン中です。現実に可能か不可能化は別にして(最後は運)
>ナイフを首につけられたとか、ロープを首に巻かれたとか、拳銃を
>突きつけられたらどうするか、そういう技に会わないためにはどう拳銃を
>かまえるか、常に状況を想定するからこそ、ここ一番で冷静に
>慣れるのだと思います。「このパターンは練習ではこうやった」という風に。
>ただ、対武器は死ぬ可能性はある思います。ほかに道が無ければ
>やるしかないでしょう。後は運。

 全く同意です。

 昔、短刀捕を習ったときに、
 短刀の長さの分だけ間合が違い
 それゆえ技の起こりを早くしなければならない…
 一通り法形練習をした後、
 新聞紙を丸めたもので「乱捕」をやったら全然出来ない…
 技の起こりが早くなくてはならない分、フェイントに弱いんです。
 その上で先生が、稼業の方々の良く使うフェイントを何手か教えて下さって
 「要するに、刃物には素手では勝てんよ」ということがありました。

 そのときは、そんなもんかなぁ、と思いましたが、
 >>863で書いたように、成算はあまりなくても
 やるしかないでしょう、後は運、
 そういう局面は厳然と存在するわけです。
 いくら不利でも、少しでも生存の可能性が高くなる技術
 そういうものを研究し練習することは、
 必要なことだと思うようになりました。

885 ビスキュイ :2004/03/07(日) 16:28
>切迫感
40過ぎ拳士さんのお話で思い出したのですが…
私が時々お世話になる道院のとある拳士の方の言葉
「剛法で一番大事なことは何かわかるかい?この打撃で何がなんで
も相手を打ち倒す!っていう気迫なんだよ!!それがなきゃダメな
んだ!!!」
名言だと思いますた。実際にその方は常にKOを狙ってくださる熱い
魂を持ったナイスなお方です。
でもホントにこれが大事なんですよね〜

886 まつたけ :2004/03/07(日) 23:57
>私が時々お世話になる道院のとある拳士の方の言葉
「剛法で一番大事なことは何かわかるかい?この打撃で何がなんで
 も相手を打ち倒す!っていう気迫なんだよ!!それがなきゃダメな
 んだ!!!」

そのあとに『君にはその気持ちが足りない!!』と言われた私..(;;)

887 615 :2004/03/08(月) 00:34
全部読んでないのでー適当にさばいといてーーー
ああ忙し
なかなかいいスカルがないなあ
明日はストで国中のバスが止るらしいし何て不便
カトマン

888 ビスキュイ :2004/03/08(月) 00:46
なんだ、生きてたんだ〜。

889 615 :2004/03/08(月) 00:52
イキテマス

890 赤影 :2004/03/08(月) 01:08
>>アップルさん
>あら?2004って付いてないなぁ。

今のブラウザがいちいち憶えてくれないので、毎回書かないといけないので、
sageもやめ、名前も数を減らしました。
>赤影さんは自主トレはどこで??
ある広い場所があり、10分ぐらい走り込んで、その後サーキットを10分、
足さばき、基本等をやっています。広いところでやると自分が小さくなるので
拳足も道場よりスローに感じます。また、靴を履いているので、道場で
足が軽い軽い。実戦のとき、靴の重さで蹴りが出しにくかったので、蹴りの
基本は靴になれることだと感じました。靴を履いてが原則なら、技術体系
も変わってきます。高さは中段以下。足底を生かす蹴り方等。
ただ、道場では逆にハイとかトリッキーな蹴りが有効です。
で飯食って、道場か納屋でウエートです。これは秘伝ですが、ベンチで効かせた後
拳立て。そして、肩胛骨の運動、背中を壁に付けて腕だけで突き、体を
縦にしならせての突き、手刀うち等下への基本、アッパー等上への基本、
フック等、バックハンド等、そして最後に普通の振り子突きをすると、
いいと思います。
ウエート→自力本願稽古→体を順番に使っていく基本という風にすると
体が使えてきます。ウエートの後は神経が重量挙げ用にチューンされるので
その日にこれを一回リセットする必要があります。
>>40過ぎ拳士さん
ありがとうございます。
貴方のスレは、古き良き少林寺ですね。

891 アップル :2004/03/08(月) 09:17
>赤影さん
>ウエート→自力本願稽古→体を順番に使っていく基本という風にすると
>体が使えてきます。
「練習をしていると次第に自分の身体が我がものであって、実は我がものでないのだと気がつく、
そして我がものとするまでには、かなりの時間がかかるものである。我が手足、我が四肢五体であ
りながら修練工夫を積まなければ我が思いのままに動かぬと同様に、我が心も亦容易に我が思
いのままにはならないものである。」(風格のある演武より)
練習中に思うようにいかないといつもコレを思い出します。
身体を使えるようにするって難しいですね〜。面白い自主トレをされているようで
実に興味深いなぁ。
>実戦のとき、靴の重さで蹴りが出しにくかったので、蹴りの
>基本は靴になれることだと感じました。
>靴を履いてが原則なら、技術体系も変わってきます。
ぬ、面白いお話!!ぜひ簡単でもいいのでお聞かせください。

892 ビスキュイ :2004/03/08(月) 12:08
土日は風邪で寝こんだり治ってからは練習行っちゃったりで書き込み出来なかった
のでちょっとカキコ。

>技術を身に付けるためには、ビスキュイさんは「法形たくさん、残りは乱捕」と
>お考えで、私は「法形少し、残りは乱捕」と考えております。明らかに私の方が
>乱捕重視です。ではなぜ、私は乱捕重視なのでしょうか?

ここ少し違うのですよ。見た目はそう見えるかもしれませんがやっぱり違うのですよ。
私は「法形たくさん、残りは乱捕」ではなくて「たくさんの法形を自分の中で整理して
少数のグループに纏め上げろ,そして乱捕りをたくさんして練り上げろ」です。んでこ
の「たくさんの法形を自分の中で整理して少数のグループに纏め上げろ」は実際に法形
の数を減らすことは意味しません。数は多いですけど認識としては少数なんです。柔法
で言えば大体5個(種類)かな?このことに関しては私も学生時代からもやもやと考え
てはいたのですが,卒業後とある先生の御教示により劇的に(まさに劇的に!)思考転
換がなされてようやく明確に意識された考え方なのですが。この「数多い技を自分の意
識の中で少数の技法として認識する」この作業が現在私の考える練習体系においてまさ
に最重要とでも言うべき部分です。んで,この作業は法形練習だけでやるものではない
です。って言うか法形も基本も筋トレも乱捕りも…およそ全ての技術練習はこの作業を
成すためにあると考えます。んで再度繰り返しますが…

「極論を言ってしまえば「形はどーでもいい」のです。って言うか無数に生み出せる
のです。原理・原則さえ把握していれば。」

これ。全ての技術練習はこの境地に至るための手段だと思うのです。無形に至るために
有形を追求するのです。形に追求した結果「あ〜,結局は形じゃないじゃん」って状態
になるんだと思うのです。んでこれも繰り返しになるのですが…

「技は「結果」なのです。しかしこの「原理・原則」は目に見えません。現れてくるのは
「原理・原則」に基づいて行った「動きの結果」だけです。」

この部分。今考えると当たり前の内容なのですが,理解する前にはなかなか分かり難い
内容でした。学生の頃に武専にて
ビス「先生,この技を教えてください!」
先生「(実際に掛けながら)こうこうこうですよ」
ビス「えっ?先生,さっきと掛け方と違いませんか?」
先生「いや,同じですよ」
ビス「いえ,手の捌き方とか足の位置が…」
先生「ああ,そういうことね。それは違うよ。でも同じ掛け方ですよ」
ビス「はあ…?(違うんじゃーん!同じって何よ!!)」
って思ってたりしたものですが。今なら当時先生の言わんとしてたことが少しは理解できる
ような気がします。「見た目の形は相手の体勢によって変わりますが,同じ原理を使って掛
けてますよ」ってことっだったのだと思うのです。だから

「極論を言ってしまえば「形はどーでもいい」のです。って言うか無数に生み出せる
のです。原理・原則さえ把握していれば。」

なんですけど,そのために

「数多い技を自分の意識の中で少数の技法として認識する」作業

が必要で,

法形も基本も筋トレも乱捕りも…およそ全ての技術練習はこの作業を成すためにあ


というのが私の現在の考えです。

893 40過ぎ拳士 :2004/03/08(月) 16:39
>>885 ビスキュイさん

 実は、私が最初に習った武道は
 亡父から習った剣道でした。
 今生きていたら80過ぎの戦争に行った世代で
 とにかく「精神力」を強調する、
 星一徹みたいなジジイでありました。

 私はどちらかと言うと合理主義者を自認していたのですが、
 最近は私も「精神力」を意識するようになりました。
 合理的に分析して組み立てることも必要ですが、
 同時に、理屈ではなく身体の声に耳を傾けることも
 大事なのではないかと思うようになってきたのです。

 精神主義は東洋の専売特許と思われがちですが、
 実際はそんなことはありません。
 人間、どこでもそんなに変わらないものです。
 縁があって、ジャズダンスの巨匠とお近づきになる機会があったのですが
 その先生のレッスンは
 「空間を支えに使え」とか「止まっていても動いているのだ」とか
 非常に精神主義的なんですね。

 意志があって身体が動く。
 倒すためにはどう突けばいいのか?
 ベンチプレスも一つの方法かもしれませんが
 「倒す」と意識して繰り返し身体を動かすうちに
 最も合理的な動き方に少しずつ近づいていく、
 そんな気もするんです。

894 ビスキュイ :2004/03/08(月) 17:03
思うに…「精神力“だけ”ではダメだけど精神力“なし”では何もできない」のではないかと…

895 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/08(月) 22:57
>>874>>878>>879 赤影さん こんばんは。

>私のところでは、乱捕りは時間外の自主トレです。
>ゆえに結構自由にやれます。

これはとても羨ましい&素晴らしいですね。

>ベンチで言うなら体重の150%、スクワットは
>体重なみ。デッドリフトは体重の2倍ぐらいで抑えておくといいと思います。

私はこんなには出来ませんが、柔道時代の仲間達はだいたいこれくらいを
目標にトレーニングしていました。

>道場では基本を多くしていると「空手で無いから」と陰口を言う人がいるので、

筋トレやサンドバッグをやっていると非難されるというのはよく聞きますが、
基本をされるだけでもそのように仰る方がいるのですか…。

お話を伺っていると、赤影さんのような問題意識を持った方が、他流に流れず、
少林寺を選ばれている理由にも興味が出てまいります。もし差し支えなければ、
少林寺拳法のどの辺りに魅力を感じられているのかをお聞かせ願えませんでしょうか?

896 赤影 :2004/03/08(月) 23:31
>あっぷる さん
前から思っていたのですが、マック使いですか?
私の友達にも筋金入りの人がいます。

>ぜひ簡単でもいいのでお聞かせください。
どう言っていいのか分かりませんが、まず足の指の怪我を気にしないで
前足底の蹴りが使えると言うことです。そして、靴の重さの分初動が
遅れ、上段が蹴りにくくなります。ここまでは常識です。
で、前足底で蹴ると言うことは、「靴が武器になる」「靴が盾になる」
と言うことです。最近の安全靴はスポーツシューズタイプがあり、また
オールスターのスニーカーより軽いです。下手にナイフを持つより
武器になります。これで蹴ればどこでも痛いし、急所なら相当のダメージ
が出ます。またガードも隙間から蹴りを入れることもできます。
肘で受けられても、靴部分なら大丈夫。ナイフマンがきても、外廻しや
内回して受けても靴部分ならOK。またすねの前部も筋が緊張するので
すねの怪我も減ると思います。靴着用でより少林寺の攻撃が楽になり、
受けも、より少林寺の受けが必要となると思います。

897 赤影 :2004/03/08(月) 23:41
>40過ぎ拳士 さん
>ベンチプレスも一つの方法かもしれませんが
私は、武道のためにウエートが直接役立つとは思いません。
ではなぜウエートなのか?それは「人間としての生の肉体を強化する必要が
ある」からです。現代人はほとんど運動しません。昔の人は生活=鍛錬でした。
だから、体は小さいけれど手が大きく骨太で丈夫です。しかし、今の人は、
朝起きて車で通勤→パソコンピコピコ→ジャンクや麺類を食べる→又ピコピコ
→車で帰る なひとが多いと思います。武道以前に人類失格だと思います。
親より肉体が退化してはなりません。人類の種族としての種が弱くなります。
現に歯の少ない人、転んで骨折する人等今の人は虚弱です。
鍛えなくてはなりません。しかし、今は鍛える時間が取りにくいのです。
だから効果的に筋肉を強化し、骨密度を上げる必要があり、それにはウエート
トレーニングが適しているのです。またこれは、進歩が具体的客観的数字として
現れ、練習の励みになります。・・・続く

898 赤影2 :2004/03/08(月) 23:53
しかし、ウエートだけだと運動として偏っているし、フォーム自体
武道そのものと大きく違います。また、神経制御も「持ち上げるソフト
ウエアー」が起動しています。また、全身の「しなやかな」連動も
壊れやすいです。故に、肉体の生の力を強化したあと、武道の練体
をする必要があります。これが自立本願とか黒崎式とか古武道式
とか言われる鍛錬です。虚弱な人がこのようなことをいきなりやっても
おもしろくないし、根気がいるし、進歩が見えにくいので続きにくいのです。
ウエートでチョットマッチョになり鏡の前でポーズ取ったりしている
うちに、運動のおもしろさをしり、生の肉体が強化され、アドレナリンも
でて、厳しい武道の練体を続けやすくなるのです。
で、重量に制限を付けたのは、やっぱし、目的は武道であり筋トレでは
無いし、何よりつけすぎるとじゃまな筋肉まで鍛えていく用になるからです。
で、生の力→武道の力に昇華するのです。
力一杯体を使い込むから、今度は、無駄な力を抜くときに必要な力を
残しておけるのです。最初から脱力だと、一見見た目カコイイですが、
必要な力も抜いてしまうのです。そういう人は体力無い人には勝てても
自分より相当マッチョな人には吹き飛ばされます。赤卍の技が切れる
先輩が、黒卍に技以前に吹き飛ばされた現場を見たこともあります。
武道はきれい事だけでは済みません。  つづく

899 赤影3 :2004/03/09(火) 00:01
私の最終目標は合気的な崩しであり、発勁のような打撃です。
鉄の砂が鋼の日本刀になるためには、始めどんどん熱しとかし、
玉鋼にし、これをどんどん叩き鋼を作り、最後に刀に成形し、
研いでできあがります。玉鋼や軟鉄をいくら研いでも切れる日本刀には
なりません。
最終目的がノーパワーでも、脱力で力の芯を残すためには、きっちりと
鍛え上げないといけないと、私は思っています。
合気系でも、実戦名人は必ず鍛えることを重視しているし、中国武術の
有名人も、鍛錬の逸話が多いと思います。
で、肉体系の仕事をしている人は、普段使わず、武道に必要なトレーニング
だけすればいいと思っています。鍛錬も各人の状況次第だと思います。

900 赤影4 :2004/03/09(火) 00:13
そして、私の理想とする武道力を、私は「格力」と名付けています。
それには
3つの要素(軸力、固定力、連動力)
3つの速さ(スピード、加速、動きとして無駄がない速さ)
あらゆるバランスの集中(物理的、肉体的、精神的、環境的)
重心のコントロール
無駄な所の脱力
によって達成されます。これを達成するため色々な鍛錬、
技の動きの研究をしています。
相手を「調力」で崩し、自分が「格力」で安定し、反撃するのが私の
少林寺です。

901 赤影5 :2004/03/09(火) 00:17
私のではなく、「私が目指す」です。
そのためには、空間的、時間的に詰め将棋の様に展開する
技術体系、相手に自然に反応するココロ、万象の心理を洞察し考察し
つかみ取ること、常に練体することが必要だと思います。

902 赤影 :2004/03/09(火) 00:23
>>私のところでは、乱捕りは時間外の自主トレです。
>>ゆえに結構自由にやれます。
>これはとても羨ましい&素晴らしいですね。

まあ、練習後も残って練習し、当てる練習→法形→法形の応用→攻防を
分けた乱捕りといふうに練習していると、そのうち動きに慣れてきます。
その時点で第3者をたて安全にかるーく自由乱捕りをするといいとおもいます。

>少林寺拳法のどの辺りに魅力を
今はだいぶ固まって伝統芸能みたくなりつつありますが、「自由度が高く」
「組織として健全で(最強武道があっても、幹部が2ちゃんの噂のひとたちの
様ではいけません)」精神と技術、古武道性と格闘技性のバランスが
取れていると思うからです。

903 訂正 :2004/03/09(火) 00:24
万象の心理を洞察し

万象の真理を洞察し

904 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/09(火) 00:39
>>881〜 40過ぎ拳士さん こんばんは。

> 私の返信はちょっとズレたものだったかもしれません。
> どうぞ御容赦くださいませ。

いえ、とんでもないです。素晴らしいご意見と体験談を伺えて光栄です。

> 乱捕(組手・スパーリング)って
> 練習量の多いところ(道院・道場・流派)の方がかえって安全です。

これには同意です。乱捕に慣れている人ほど、キチッと寸止めできたり(素面時)、
熱くなりすぎないよう自分をコントロールできるものですからね。

> そういうところでは、黒帯の指導員とスパーリングするよりも
> 帯に色がついて組手を始めたばかりの人とする方がイヤなものだったりします。

これも分かります!激しく同意です。

> 「そんな突で倒せるか!」「そんな受で防げるか!」と
> 厳しくやっているところは、基本の練習ですら全く違うでしょう?

その通りですね。同じような事をビスキュイさんも仰っていましたが、
この辺りについては、私も全く同意見です。 

> 指導者によるんじゃないでしょうか?

この部分については、やや同意しかねます。なぜなら、(これまでの投稿の
中でも、言外に含めたつもりですが)この言い方ですと、少林寺拳法に
内在する問題点に目を背けてしまっているような気がするからです。例えば
学校教育の例でいえば、一昔前の「学級崩壊」も現在の「学力低下」も、
「教師による」「学校による」と言って片付けてしまっていい問題では
ないと思います。日本の教育全体の問題として、その原因を追究したり、
解決策を講じなければ無責任だと言えるでしょう。

> 「護身術」を目的の一つとして掲げる以上、
> 対武器の技術(合わせて戦略も)は欠かせない気がします。

対武器についてのご意見にも、基本的にほとんど同意です。
若干の相違があったとしても、それは

> どういう技術を練習するかは
> 修行の目的に大きく関わる気がするのです。

この言葉でちょうどいい落とし所になるかと思います。

905 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/09(火) 00:42
>>892 ビスキュイさん こんばんは。お体の具合は大丈夫ですか?

>>892で仰られたご意見、なるほどですね。仰りたい事がよく理解できました。
ここでビスキュイさんが仰られている「原理・原則」というのが、すなわち
「少林寺的思考」にも繋がるということですね? うーん、素晴らしい!

ただ、いくつかの部分においてはまだ若干のズレを感じております。
以下の3点について、ご意見を拝聴してもよろしいでしょうか?

1、具体的且つ詳細な例を示してしまっているため、例以外の変化に対する寛容性が
  薄れるのではないか?

上記は、私が>>869で述べました意見です。ビスキュイさんのご意見では、法形が多い
ことにメリットしか見出されておりませんが、上記の私の主張についてはいかがお考え
でしょうか?つまりビスキュイさんにとっては良しとされるものでも、多くの一般の
拳士・先生方にとってはマイナスになっているのではないかと思います。

2、ビスキュイさんの仰る原理・原則は、法形の重複をなくして整理をしては、
  身につかないのだろうか?

質問の仕方をガラッと変えてみました。 つまり、私の言う、

>私の主張する乱捕論では、まずは演繹的に、ルールを法形で学びます。
>続いてそれを乱捕で実践しまくります。運用しまくります。応用しまくり、変化し
>まくります。そうして、演繹的なルールを乱捕の場で数多く実践することによって、
>今度は帰納的に、1つの原理・原則に戻っていくと考える

このようなやり方では身につかないのでしょうか?
(特に最後のセンテンスにご注目下さい。)


3、実際問題として、拳士達・先生達は少林寺の技法を実践、運用できているのか?
  もしできていないとしたら、それはなぜか?

ビスキュイさんの仰る教授法、修練法が正しいとしたら、少林寺の拳士達はみな
少林寺の技法を実践、運用できているはずですよね? しかしながら、残念ながら
そうでない場合が非常に多いと言わざるを得ません。これはなぜだとお考えですか?

906 アップル :2004/03/09(火) 09:15
>赤影さん
>前から思っていたのですが、マック使いですか?
>私の友達にも筋金入りの人がいます。
いちおうマックも使いです。丸廉にもいますよマックを愛する偉大な拳士がw
マックでも拳法でもお世話になっています。


>>ぜひ簡単でもいいのでお聞かせください。
>どう言っていいのか分かりませんが、まず足の指の怪我を気にしないで
>前足底の蹴りが使えると言うことです。そして、靴の重さの分初動が
>遅れ、上段が蹴りにくくなります。ここまでは常識です。
ん〜、ここまではなんとなく想像とおり。

>で、前足底で蹴ると言うことは、「靴が武器になる」「靴が盾になる」
>と言うことです。最近の安全靴はスポーツシューズタイプがあり、また
>オールスターのスニーカーより軽いです。下手にナイフを持つより
>武器になります。これで蹴ればどこでも痛いし、急所なら相当のダメージ
>が出ます。またガードも隙間から蹴りを入れることもできます。
>肘で受けられても、靴部分なら大丈夫。ナイフマンがきても、外廻しや
>内回して受けても靴部分ならOK。またすねの前部も筋が緊張するので
>すねの怪我も減ると思います。靴着用でより少林寺の攻撃が楽になり、
>受けも、より少林寺の受けが必要となると思います。

ヘー!!!!安全靴ってすごく重たいイメージがあったのに・・。
足でも受けですかー。それはちょっと練習がひつようですな。

>外廻しや内回して受けても靴部分ならOK。
この動きはおそらく中国武術オフの人間は体験済みですね。
靴を履いての・・というところでやはり必要な動作だったんですねー。おもしろい。

赤影さんもしっかり楽しんで修練してますねー。

907 Syami@Office :2004/03/09(火) 15:12
>丸廉にもいますよマックを愛する

Mac使いなだけで特に愛しちゃいないんだけど。テクノコンプレックスじゃないし。
MacintoshシリーズはパッケージとしてWinより遥かに使いやすいと言ってるだけです。(笑
まぁ、Classic、SE30の頃から使っているけど・・・
SE30の次はPerforma5220(新品)でしょー、その次は5420(ボード換装)、5440(伝説のBlack Performa中古)
んで iBook 2USB最初期型と・・・

>偉大な拳士がw

「偉大」だったらいいんだけどねぇ、どちらかと言うと「肥大」??

908 アップル :2004/03/09(火) 16:52
>まぁ、Classic、SE30の頃から使っているけど・・・
>SE30の次はPerforma5220(新品)でしょー、その次は5420(ボード換装)、5440(伝説のBlack Performa中古)

金かかってるなぁ・・。

今は12,3万だせば新品が買える時代。すごいなぁ。

909 Syami@Office :2004/03/09(火) 17:14
>今は12,3万だせば新品が買える時代。

あああああぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・

でも、5420の換装ボードはジャンク屋で2000円だったし、5440は兄弟子のG3リプレース品をプリンタ付きで
引き取っただけだし・・・
んで、5420は母の執筆用、5440は父のネットサーフ用に今も元気に動いています。

910 ビスキュイ :2004/03/09(火) 17:55
おお,マックネタが!最近はスレの内容が交錯して混沌としていていい感じ♪

さてさて,では話の続きを…

>通りすがりの休眠拳士さん

ありがとうございます〜,体調はなんとか平常に復帰いたしました。
しかし通りすがりの休眠拳士さんの問題提起のおかげで大変有意義な議論が展開できて
おり大変感謝しております。引き続きガンガンと意見を述べていただければ幸いに存じま
す。
さて…では今回のご質問の件ですが,まず

1、具体的且つ詳細な例を示してしまっているため、例以外の変化に対する寛容性が
  薄れるのではないか?

ですが…
まあこの危険性はないとは言えません。法形の見た目のみに目を奪われてしまっていれば。
ただこれは「具体的且つ詳細な例を示してしまっている」ことが原因でしょうかね?正直
私にはそうは思えないんですよ。ここの部分こそが「指導のあり方の問題」だと思うので
す。実際に私がお世話になったことのある先生方を例に考えると…
例えば拳暦40年を超えるある先生「技は全部同じですから〜」と言いながらも見た目の
動きは変幻自在,でも確かに芯の部分は同じ動きで投げている。
例えば40代で7段を取得しているある先生「あっ,僕はいま動きを変化させたよね?あ
れはビスさんの動きがこっちに変わったからそれに合わせてああいう風に変化させたんだ
よ。でも掛け方同じね(ちなみにこの時の技は外巻天秤でした)」。
例えば丸廉にも参座してくれているある先輩拳士「攻者の攻めが変われば守者の動きが変
化するのは当たり前なのであって〜。その変化の早さが少林寺拳法の特色なのである!」。
現在のカリキュラムでも正しく行えば多くのこうした「寛容な」拳士が生まれているので
す。って言うか例にあげた拳暦40年以上の先生なんてバリバリの「伝統派少林寺拳法」
の使い手なわけですが,初めてお会いして逆小手を教えていただいた時などニコニコしな
がら「こんなやり方もあるし,こういうやり方もあるし…」と言いながら足は払うわ耳は
掴むわ髪の毛は掴むわ鼻を擦り上げて来るわ肘打ちをブチ込んで来るわ指は捻るわ耳孔は
抉って来るわ…およそ思いつく限りの(プラス思いもしないような)ありとあらゆる変化
技をブチかまして下さいました。で,ニコニコしたまま一言「少林寺拳法っていうのは本
来こういうものですから〜」…。これですよ。「伝統的な練習法」をずっ〜としてきている
先生がこれです。こういう実例を何件も(少なくとも両手両足の指では足りないくらいに
は)味わってきているので(聞いただけならもっと多い),「不寛容」の原因が技術体系に
あるとは思えないのですよ。
「じゃあなんで不寛容な拳士や先生が存在するんだ?」
…なんででしょうね〜?ホントに不思議です。同じやり方をしているのに全く相反するよ
うな考え方の拳士が生まれてしまう。ちなみに通りすがりの休眠拳士さんとは反対に「法
形多くても問題ないやん」派の138Bさんやアップルさんも「変化技?やって当たり前
じゃ〜!」派なんですよね。当然に私も。やっぱり法形の多い少ないは「変化に不寛容」
の直接的な原因ではないんじゃないですかね〜。そういえばご逝去された森道基先生も月
刊「秘伝」の記事で同じような趣旨のお話(「私は形はともかく技が効けばいいじゃないか
という考えでやっていたから…」みたいな話)をされていたような気が…
ですから私の意見としては

「法形の数が多いことは不寛容の直接的な原因ではない。ただ法形を「絶対的な型」「それ
ぞれ全然別の技」として指導してしまえばそのデメリットは極めて大きい」

となります。
(続く)

911 ビスキュイ :2004/03/09(火) 17:57
(続き)
続いて

2、ビスキュイさんの仰る原理・原則は、法形の重複をなくして整理をしては、
  身につかないのだろうか?

のご質問ですが…
身に付くと思いますよ〜,問題なく。やり方さえ間違えなければ。こちらの指導法をとる
武術も沢山あるようですし。これはまさにやり方の違いであって優劣ではないです。ただ
少林寺拳法は「数多い技を自分の意識の中で少数の技法として認識する」という作業を行
うことによる教育効果(プラス「技が多い」ことによる興味の持続など諸々の要素)の方
を採用しているというだけのことですから。だから通りすがりの休眠拳士さんのおっしゃ
っているやり方(少数の法形を学ばせ,乱捕りで多彩に変化させる練習を積ませる)をと
ったとしてもぜーんぜん問題はないとは思います。この辺はホント好みの問題。しかし通
りすがりの休眠拳士さんのやり方を採用したとしても(現在の少林寺拳法と同じように)
様々な問題が生じる可能性は多いにあるので,そのフォローを充分に行わなければやっぱ
り元の木阿弥という可能性はありえます。やっぱり指導の仕方の問題だと思うのですよ〜。
(さらに続く)

912 ビスキュイ :2004/03/09(火) 17:59
(さらに続き)
んで最後の

3、実際問題として、拳士達・先生達は少林寺の技法を実践、運用できているのか?
  もしできていないとしたら、それはなぜか?

ですが…
これはですね,「人によります」としか答えようがないです。原因は様々,出来てるか出来
てないかも人それぞれ。ホント十人十色。

>ビスキュイさんの仰る教授法、修練法が正しいとしたら、少林寺の拳士達はみな
>少林寺の技法を実践、運用できているはずですよね?

とのことですが,んなこたぁございません。理論が正しくても出来ない場合はいくらでも
あります(「私の理論が正しい!」と言う意味ではないですよ)。
例えばですね…
・理論を間違って理解して運用している
・理論は理解しているが運用の仕方が間違っている,
・そもそもその理論を認めない
などなど…であれば理論が正しくてもしょうがないですよね?当然
・ 理論自体が間違っている
という選択肢もあるわけですが。
逆に「通りすがりの休眠拳士さんの教授法,修練法ならば少林寺の拳士達はみな少林寺の
技法を実践,運用できるようになりますか?」と質問されたら…どうされますか?

>しかしながら、残念ながらそうでない場合が非常に多いと言わざるを得ません。これは
>なぜだとお考えですか?

これはですね…もう「練習不足です」と。40過ぎ拳士さんのおっしゃるとおりですと。
出来てる人はみんな練習一杯してますよと。結局最後はこれですよ。開祖も言ってます「人
十度我百度」。理論が分かったらあとはもう練習あるのみ。どんな理論も練習少なきゃダメ
ダメ。そういう意味では最近の私もダメダメ(練習行けてなーい)。ただ「間違った練習」
はすればするほど下手になるわけで,正しいやり方で練習することが大事なわけですが…。
当然「法形練習だけ」でもダメダメ。「乱捕りだけ」でもダメダメ。「筋トレだけ」でもダ
メダメ。「じゃあどうすりゃいいんだ!」。全部やるのです。法形も乱捕りも筋トレも学科
も…全部!全部!全部!「だって時間は有限だろうが!」。そうです。そのために「数多い
技を自分の意識の中で少数の技法として認識する」という作業を行うのです。このことに
より実質的な練習時間が増える(と言うか「密度が上がる」)し,この作業自体が練習でも
あるんです。ただ重ねて言いますが,

「通りすがりの休眠拳士さんのやり方もあり!」

だと思うのです。

以上です。

913 Syami@Office :2004/03/09(火) 18:11
あ〜、まぁ、我々の場合「修行」だからねぇ。

914 ビスキュイ :2004/03/09(火) 18:15
>あ〜、まぁ、我々の場合「修行」だからねぇ。

これは絶対に切り離せない要素なんですよね。まあただ今回はあえて「技術」のみに
焦点をあてて話を進めてみようかと…

915 アップル :2004/03/09(火) 18:18
ビスさんからでたキーワードから
>ただ法形を「絶対的な型」「それぞれ全然別の技」として指導してしまえばそのデメリットは極めて大きい」
副読本でも教範にも書いてあるかも知れませんがなぜ「法型」ではなく「法形」なのかって感じでしょうか?

916 ビスキュイ :2004/03/09(火) 18:19
>アプールさん

そのとおりなり〜!

917 アップル :2004/03/09(火) 18:38
関係あるかはわかりませんが、助士になって後輩の技をよく見るようになったのですが。

柔法技が掛からない人の特徴(アップル超私見)。

①技の途中で止まる人(鈎手、掛け手で基準線を作るとき)
②途中からやり直しちゃう人。
③手を握られたとこからはじめちゃう人
④攻者の攻撃がでたらめ(にぎるだけ、さわるだけ)
⑤習った掛け方だけにこだわる人

①〜③
途中で止めた時点で攻者は状態が少し変わってしまう(動いちゃう)ことに
気づかないで続きをやろうとすると技が掛からないのは当たり前だなぁと。

④攻者が攻撃してないんだもん。技を掛ける必要がない状態で掛けようとしてるのだから
難しいのは当たり前かと。

⑤習ったときの攻者を今相手にしている攻者が同じ攻撃とは限らない。
手がねばい人もいるし固い人もいるし。掴んできた角度がちがうときもあるし。
ケース バイ ケースであることは大事ですね。

教えながらいろんなヒントが転がっていて楽しいですね。


事実、技が掛からず悩む後輩に
「止めずに一気にやってごらん、こうやって鈎手から一気に。」

攻者は自分が引っ張った反動でうまくパタリ。このときはこれで私も十分だと思いました。
後輩もわりと簡単にできてキョトンとしてました。

918 ビスキュイ :2004/03/09(火) 18:48
>アプールさん

それ全部超大事なポイントなり

919 アップル :2004/03/09(火) 18:54
付け加え
⑥指導している先生の手しかみてない。
攻者と守者のポジション、運歩のタイミング、鈎手のタイミング、視線。重要なとこ見失ってる。
だから技を掛けるときに足も止まってる。ソコができれば技が完成すると勘違いしてるのかと。
サビだけでは曲は完成しないのだ。とラさんが言いそうw。

>それ全部超大事なポイントなり
以上すべてが「型」にとらわれるの典型的なケースでデメリットは皆さんもうおわかりかと。

少しは話がつながったかなー。コレくらいしか私には言えませんが。
結構こんな拳士多いはず。

920 ビスキュイ :2004/03/09(火) 19:01
アプールさんは刻々と進化を遂げているなあ〜。
さーて、最近どうも口だけ先走っている私も今日は練習行ってきま
ーす(*´ω`)

921 赤影 :2004/03/09(火) 21:36
>赤影さんもしっかり楽しんで修練してますねー。

色々工夫するのは楽しいです。同じ事を延々と繰り返し「精錬する」
も楽しいですが。

安全靴のような一見武器に見えない護身具はいろいろ考えました。
この他にも。先を尖らせた2Hの鉛筆にキャップをかぶせて胸に挿す、
なるべくでかいオイルライター、試供品の小さいスプレー、500円玉や
スロットのコイン、パチンコだま、スチールのドキュメントケース、
家電のアース線、ヘアーリキッドの小瓶、ドライバー(これはさすがに
2ちゃんでは書けませんでした。グリップがあるので握りが・・。
相当強力な武器になります)、
工作用各種協力手袋、等です。

>ビスキュイ さん、レスお疲れさんでした。

922 赤影 :2004/03/09(火) 21:44
それと、マック使いの人は今のBSDカーネルについてはどう思っているのでしょうか?
私は以前、筋金入りののマックファンに、「UNIXっていいよね」と言ったら
「あんなもん・・・・」と言われました。遠方にいるので今度会うときが
楽しみです。私は、パソコンダブルブートにしていますが、WINDOWS
の便利さから離れられない、なんちゃって(使い方の講習を受けるだけ)犬房です。

923 アップル :2004/03/09(火) 22:12
>筋金入りののマックファン
ぐはぁ〜、そしたらいままで使いこなしていたソフトが使えなくなったりとか、
ヘビーであればあるほどOSXには困惑したでしょうなぁ。
私はOSXだけ。クラシックはあまり使わなくなりましたねぇ。

924 Syami :2004/03/09(火) 23:27
昔々その昔、弊社から始めて国産のUNIX WorkStation「U-station」が発売された時
私はそれに関係していました。
つまり漢字Talkを使う前にUNIXで仕事してたのです。
その立場から言うと、BSDカーネルは何かと便利ですねぇ。
でも、ガチガチのMac User(まぁ、色々なタイプがいるけど)はコマンドベースでも
Macを操れるBSDカーネルと言えど実際のところさほど興味は無いのではないでしょうか??

925 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/09(火) 23:57
>>910>>912 ビスキュイさん  大変お詳しいレス、有難うございます。

残念ながら、どうやら私とビスキュイさんの間には、少林寺拳法の問題に対する
「温度差」があるようですね。これまでも薄々は感じていたのですが、ここに来て、
その違いがハッキリと顕在化して見えてまいりました。どういうことかと申しますと、

>ここの部分こそが「指導のあり方の問題」だと思うので
>す。実際に私がお世話になったことのある先生方を例に考えると…

>「じゃあなんで不寛容な拳士や先生が存在するんだ?」
>…なんででしょうね〜?ホントに不思議です。

>これはですね,「人によります」としか答えようがないです。原因は様々,出来てるか出来
>てないかも人それぞれ。ホント十人十色。

ビスキュイさんの上記のようなご返答に、どうしても温度差、というよりも、問題意識の
違いを感じてしまうのです。私が、>>904にて、40過ぎ拳士さんの「指導者による」との
ご意見について述べさせて頂いた思いが、またも頭をよぎります。
  それは違うのではないか・・・と。

仮に、失業率が非常に高い国についての議論だと考えてみて下さい。

私が「この国の失業率が高い原因はコレコレで、その解決案としてコレコレのような
ことを考えています。いかがでしょうか?」と提言します。すると、ビスキュイさんの
お答えは、「いえ、私はそうは思いません。なぜならば、この国でも就職できている
人は何人も(少なくとも両手両足の指では足りないくらいに)いるからです。じゃあ
何で失業者が存在するのかは、何ででしょう。分かりません。人によるんじゃないで
しょうか?原因は様々、就職できるかどうかも人それぞれ。」

このように仰られては、私もどのようにお答えすればよいのか・・・。


そのような議論では、堂々巡りになってしまうかと思います。
そうではなく、例えば以下の箇所についてですが、

>これはですね…もう「練習不足です」と。40過ぎ拳士さんのおっしゃるとおりですと。

ここであれば、「では、なぜ練習不足が起こるのだろうか?」と更につっこんで
考える必要があるのではないでしょうか?そして「単に練習時間が短いだけなの
だろうか? それとも別の理由があるのだろうか?また、それを解決するためには
どうすればいいのだろうか?」と、このように考えてこそ、改善に向かっていく
のではないかと思います。


少林寺拳法をなさっている方の中には、アップルさんやSyamiさんを始めとして、
ビスキュイさんのような捉え方をされる方が非常に多いかと思います。少林寺に対する
批判に対しては、「それは人による」「指導者側に問題がある」「ウチの道院はちゃんと
やってる」「強い人も中にはいるよ」…ナドナド、このようなご意見ばかりが返って
くるような気が致します。しかし、これでは本当の問題解決にはなっていないはずです。

ただこれも、いつだったか138Bさんが仰られていたように、私と同じような問題意識を
他人に押し付けているだけなのかも知れませんね・・・。

926 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/10(水) 00:00
ご質問についてお答え致します。

>逆に「通りすがりの休眠拳士さんの教授法,修練法ならば少林寺の拳士達はみな少林寺の
>技法を実践,運用できるようになりますか?」と質問されたら…どうされますか?

全員100%とは言いませんが、非常に多くの拳士が、技を身に付けることができると考えて
おります。その根拠は、私は大学支部で後輩達に私の理論を指導してまいりましたが、
そこでの指導方針はあくまで「乱捕重視」であり、「法形を乱捕に実際に役立てる法」で
ありました。そして、その指導を行った結果として、演武の大会で非常に良い成績を残せる
ようになってきたことです。もちろん演武ができたら技術を習得しているとは決して言え
ませんが、「乱捕重視の姿勢を貫く事が、演武の上達に繋がった。」ということは、技法の
習得の結果と言えますし、また法形と乱捕が繋がったと言えると思います。

927 アップル :2004/03/10(水) 00:19
>通りすがりの休眠拳士さん
>これでは本当の問題解決にはなっていないはずです。
そうですね、その問題に面している人にはなんの問題の解決策のアドバイスには
ならないかもしれません。ですが、私からするとそんなもの問題でも何でもないわけでー。

んで、通りすがりの休眠拳士さんはどんな解決策でどのような行動をされましたか?
休眠拳士ということで今は練習はできないのかもしれませんが、
なにかお考えなのではないでしょうか。その辺が興味があるところですねぇ。

私が選んだ解決策はココ「丸廉」でした。うまくいきつつありますよん。

928 アップル :2004/03/10(水) 00:22
おふ、失礼。
>私は大学支部で後輩達に私の理論を指導してまいりましたが、
>そこでの指導方針はあくまで「乱捕重視」であり、「法形を乱捕に実際に役立てる法」で
>ありました。そして、その指導を行った結果として、演武の大会で非常に良い成績を残せる
>ようになってきたことです。

実行されていたのですね。すんばらしい!
私は演武がうまい=乱捕りがうまい
だとずっと思ってます。ですが決して大会で表彰されるものが
私にとってのうまいではありませんがね。演武はとっても楽しいです。

929 40前拳士 :2004/03/10(水) 00:50
>>897 赤影さん

これまた、全く仰る通りです。
ウエートトレーニングは、筋力アップのためには最も有効だと思います。
武道・武術と同じく、沢山の人が懸命に研究してきた積み重ねですし
どんどん新しい科学的発見もありますから。

「自分より相当マッチョな人には吹き飛ばされる」というのも
私自身、骨身に染みて分かっているつもりです。
ただ、40になって、これからどういう練習をしていくべきか考えたときに
語弊がある言い方かもしれませんが、
「力も技のうち」という考え方は一旦捨ててみようと考えました。

一方で、まだ40代ですから、
今まで知らなかったものを色々吸収したいとも思っています。
それで、今は所謂伝統派空手の道場で修行させて戴いています。
全く違う基本を、少林寺の基本と比較しながら、楽しんで練習しています。

930 40過ぎ拳士 :2004/03/10(水) 00:51
 あらら、また「40前」って書いてしまった。
 皆さん、乱捕は結構ですが、パンドラには気をつけましょう。(笑)

>>904 通りすがりの休眠拳士さん

>この部分については、やや同意しかねます。なぜなら、(これまでの投稿の
>中でも、言外に含めたつもりですが)この言い方ですと、少林寺拳法に
>内在する問題点に目を背けてしまっているような気がするからです。

 仰ることは良く分かります。
 私個人は、もっと単純に考えています。
 「一拳必殺ではなく一拳多生」
「一人のチャンピオンを作るのではない」というような開祖の言葉は、
 終戦直後の混乱期や、
学生運動が激しかった時代や、
 「血の汗流せ涙を拭くな」という歌に皆が感動した時代や、
そうした時代が背景にあってこそのものだと思うのです。
開祖は禅坊主です。
もし「運動会ではお手手つないで仲良く一緒にゴール」という今の時代に御存命なら、
全く別の言葉を発せられると思います。

931 ビスキュイ :2004/03/10(水) 01:32
>通りすがりの休眠拳士さん

温度差ですか!?いや〜確かに「全てを投げ捨てても少林寺拳法に邁進するぜ!」
というほどではないのであまり高温ではないですね〜。でもあまり低くもないつも
りですよ♪
さてさて…それでですね…うーん,なんて言ったらいいかな…
当たってるかどうかは分かりませんが,なんかこんな感じがしてきました。

通りすがりの休眠拳士さん
・出来ていない原因を分析してその対策を考える。


・出来ている人達を分析してその共通の傾向を考える。

んでこんな感じ↓

「出来てない人達がこんなにいる!きっとこの体系がまずいんだ。変えよう」
「いやこの体系でも出来てる人達がいるじゃん。で,どうもこの体系をカクカク
シカジカのやり方でやれば出来るようになれそうだぞ」
「いやそのカクカクシカジカのやり方が出来ないから現在の状況があるんだろ」
「いやそのカクカクシカジカのやり方が出来ないんじゃなくてしてないんだって」
「いや出来ないんだよ。出来てれば現在の状況になるわけないだろ」
「いや実際に出来てる人はいるんだし。出来てない人達はカクカクシカジカのやり方
をしてないんだって」
「いやしてないんじゃなくて出来ないの。実際俺が考えてるやり方で効果が上がって
いる」
「カクカクシカジカのやり方をしてる人達だって効果は上がってるだろ。そのやり方を
してる人達は出来てるんだぜ?」
「いや実際に出来てない人達がこんなにたくさん…」
以下繰り返し

932 ビスキュイ :2004/03/10(水) 01:47
それとですね…先ほど>>925の中で引用された

>ここの部分こそが「指導のあり方の問題」だと思うので
>す。実際に私がお世話になったことのある先生方を例に考えると…

>「じゃあなんで不寛容な拳士や先生が存在するんだ?」
>…なんででしょうね〜?ホントに不思議です。

この部分は通りすがりの休眠拳士さんの
「1、具体的且つ詳細な例を示してしまっているため、例以外の変化に対する寛容性が
  薄れるのではないか?」
と言うご質問に対する私の回答からのものですよね?あそこで私が言いたかったことは
ですね…

「具体的且つ詳細な例を示してしまっているため、例以外の変化に対する寛容性が薄れ
るのだとするならば,なんで何十年もその体系に従って練習してる先生に変化に寛容な
人達がいるのですか?それっておかしくない?」

ってことなんですよ。全て例外ですか?でもそれも何だか…

933 ビスキュイ :2004/03/10(水) 02:20
あとですね…

>これはですね,「人によります」としか答えようがないです。原因は様々,出来てるか出来
>てないかも人それぞれ。ホント十人十色。

これ。これは通りすがりの休眠拳士さんの

「3、実際問題として、拳士達・先生達は少林寺の技法を実践、運用できているのか?
 もしできていないとしたら、それはなぜか?」

に対する回答ですが…
この回答は真剣も真剣,大真面目な回答ですよ。

まず最初の部分「少林寺の技法を実践、運用できているのか?」についてですが…
実際出来てる人もいるし出来てない人もいますよね?仮に「出来てない」って答えが
正解だとしたら,出来てる人達の存在はどーなってしまうのですか?逆に「出来てる」
と答えたとしたら出来てない人達の存在は??「人によります」以外に答えようがない
と思うのですが…
次に「もしできていないとしたら、それはなぜか?」この部分。これに対する「原因は
様々」この回答。これも曲がりなりにも指導の任に携わるものとしてこれ以上ないくら
いに真面目な回答です。
通りすがりの休眠拳士さんも後輩の皆さんを指導されているならお分かりでしょう?技が
掛かる時の条件は大体同じですが,掛からない原因はホントに人それぞれです。同様に少
林寺拳法の技術を使いこなせない原因も人それぞれです。基本が出来てないからかもしれ
ない,筋力が足りないからかも,バランスが悪いからかも,技を知らないからかも,乱捕
り練習が足りないからかも,故障があるからかも,少林寺拳法が合ってないのかも,飽き
てきたからかも,眠いからかも,疲れたからかも,お腹が空いたからかも,心配事がある
からかも…。「原因は様々。人それぞれ」としか言い様がありません。
言葉遊びでも誤魔化しでもなく,真剣な私の回答です。

934 求道s00@遅い昼飯中 :2004/03/10(水) 17:04
皆様ご無沙汰しております。と言うほど書き込んでいないので恐縮なのですが。。
通りすがりの休眠拳士さんをはじめ皆様のご意見いずれもごもっとも、且つ精巧緻密で大変勉強になります。
僭越ですが、直前までの議論は、指導の場というか、対象とする少林寺修行者の像に認識のずれがあるように思います。
おそらくビスキュイさんの仰るように現在の少林寺拳士の構成はとっても多様性に富んでいて、こちらにあわせればこちらがあわず、と言うような状況があるんではないかと思います。
そうした中で、皆が強くなって行くにはどういう形が適切であるか、と考えるのは難しいですね。。。こうなってくると技術論と言うより、少林寺はどうあるべきか論になってしまいますです。指導者の質、と言うお話ともからんできますが、乱捕、応用変化完璧のそれこそ師匠と呼ぶにふさわしい人間が指導者ならば法形なしでも指導できるでしょう。また、学ぶ方もある程度運動が人並みにできるような青年ならば乱捕の中での習得も、殺伐とした雰囲気での平常心鍛錬もできるでしょう。しかし、運動神経しょぼしょぼの人間が、そこそこ技ができるという程度の先生に教わる局面を考えると、現法形のような構成がメリットとなるのではないでしょうか?もちろん、そのようなしょぼい状況じゃそもそもだめだよ、そこがいかんのだと言われてしまえばそうなんですけどね。これは大変レベルの低ーい話です。でも、全く武道やったことがない運動神経なしのしょぼしょぼデブにぶ君が、少なくとも素人の攻撃からちょっとでも身を守れた、と言うだけのことでも、その人にとってはものすごいメリットでしょう(自分のこと言ってるみたいだが)。だめだこりゃレベルの指導者も現法形という指導書があることでそこそこレベルの指導者になると言うこともあるのではないでしょうかね(幸い私の御師様は御神楽じみたこともすすんで経験している猛者ですが)。だとすれば技の数は多い方がいいはずですね。
誤解のないよう念を押しますが法形にはそう言う場合のその程度の効用しかないと言ってるのでは決してありません。しかし、法形というものの構成が単に理想的な教授環境においての技術の効率的な習得と言う視点にのみによってできているわけではないのではと言うことなのです。
私的には、確かにある的確な条件(練習時間が沢山とれる、修行者がある程度肉体・思考力的に優秀、指導者が優秀など)のもとでは、現行法形よりも効率的なメソドロジーがあり得るだろうと考えます。。ビスキュイさん、この点に関しては如何でしょう?この点に関して私は通りすがりの休眠拳士さんに近い意見かもしれません。
しかし、様々な状況で、様々な相手に教授するものだと言うことを考えたとき、現行法形はなかなかイイ線を行ってるのではないかなぁと漠然と思います。
例えば、金的蹴膝受波返と逆蹴膝受波返の差なんかは実際乱捕りの中で覚えた方が(怖いけど)しっくりくると思える部分なんですけど、がんがん金的ありの乱捕りができないような環境にいる人にとってはあえて明示的に教わることで得るものもあるのかなと。
金的乱捕りしろよ、と言われればそれまでですが。私もそうなんですが、乱捕りなんてとても。。。みたいな入門者が「多少殺伐としても強くなりたい!」と言う風に意識が変わっていくこともあります。そんな僕のようなヘタレの入門者には今の法形は大変とっかかりやすかったと思います。このたくさんある階段を少しづつ昇っていけば強くなれるのではないか、と言う錯覚というか、信仰が私のような弱虫には有効だったのです。その信仰の対象は壮大で技数が多くて神秘的である方が心理効果が高いのは言うまでもなく。。。で、少しだけステップアップして先輩にがつーんと喰らうと、そうか、これだけではだめなんだなと目が覚めるのです。そのころにはもうちょっとだけ強くなろうとを考えられる位には成長しているというわけでした。
また、これは論点がずれますが法形をより効率的なものに換え、乱捕り修練の時間をどかん、と増やすと少林寺修行者の人種構成ががらりと変わるでしょう(ついていけない、と言う人続出??)。ここを換えずに、修行を続けるうちに修行者の意識が自発的に変わって、もっと乱捕りしたいぞ、もっと練習時間とりたい、と言う風に変わっていくならばそこが少林寺の目指すところでは、と言う気がします。弱い人間を強くする、と言う意味では、はじめはしょぼしょぼのヘタレの、「あのぅ。。僕にも。。。使えるようになりますか?」言うようなしょぼい奴が、こう来たときにはこうだ、と教えられて何となく強くなったような錯覚をして、しかるのちにいや、これだけではだめだ、と言う。。そうなったときに、ビスキュイさんをはじめ皆さんが試みられている工夫が活きてくるのではないかという気がするのですが。。。レベルの低い話で失礼致しました。

935 アップル :2004/03/10(水) 17:36
コソーリ・・・

936 名無しさん@いらっしゃい :2004/03/10(水) 18:17
>913 名前: Syami@Office 投稿日: 2004/03/09(火) 18:11
>
>あ〜、まぁ、我々の場合「修行」だからねぇ。

Syami@Office殿、ここについてもっと詳しくお聞かせ願えますか?
「修行だから、○○○」の、この○○○の部分を!

937 アップル :2004/03/10(水) 19:19
>ビスキュイさん
>「原因は様々。人それぞれ」としか言い様がありません。
ほんとにそうだと思います。各人の修行ですからね。
指導者が同じだからって修行者が皆おなじ修行をしているとは思えない。
主役は常に私達修行する拳士ですからね、指導者ももちろん修行者。
自ら動いた人間がやっぱりなにかいいものを得るんじゃないかと思ったりします。

>求道s00@遅い昼飯中さん
>少しだけステップアップして先輩にがつーんと喰らうと、そうか、
>これだけではだめなんだなと目が覚めるのです。
>そのころにはもうちょっとだけ強くなろうとを考えられる位には成長しているというわけでした。
すごーくわかります。ちょっとした心構えや気持ちの変化。すごく大事なことですよね。
以前、すりぃぱぁさんが意を決してTs577さんに乱捕りで向かっていったエピソードを思い出しました。

法形の話から離れてるけど、こういうのいいなぁ。ニヤニヤ。

938 赤影 :2004/03/11(木) 00:28
>ただ、40になって、これからどういう練習をしていくべきか考えたときに
>語弊がある言い方かもしれませんが、
>「力も技のうち」という考え方は一旦捨ててみようと考えました。

私も「力で投げてやろう」なんては思っていませんよ。現代人は昔の
人に比べて動いていない。体力がない、でも鍛える時間が取りにくい、
から、効率よく「筋肉を」鍛えましょう、と言う趣旨です。
まず人間として、頭でっかちの「火星人(昔のイメージ)」になっては
いけませんという趣旨です。また、ウエートの姿勢はあくまで「筋肉を鍛える」
姿勢なので、当日に基本等で、武道の姿勢(神経制御)に戻す必要があります。
私も同じような世代ですが、今でも体力は上がっています。(元が低いからかな?)
で、年を取れば退化とのとの戦いです。時間をかければ活性酸素が増えるので、
より短時間により効果的に、あるいはより脳内ホルモンが出やすい状態に、
練習すべきでしょう。

で、練習は同じ原則から無限の変化を導き出せれば、効果的な練習となるでしょう。
そのための、原則の確認であり、動きの座標が法形だと思います。
だから、乱捕り中は攻防を研究し、その後の反省で、乱捕りの動きを法形の
原則で復習すると言う方法論を推奨します。

先に述べました、「無駄のない速さ」が年齢を超えた強さを維持できる秘密だと思います。
直突き一つでも。「本当にまっすぐ」打てる人は、私もそうですが、あんまりいないように
思います。最良の攻撃、防御、これを攻防の瞬間に体で出せるようにならないと
いけません。そのためには、同じ原則の動きを、鋳型にすることなく、徹底的に精錬するこ
とが必要だと思います。

939 40過ぎ拳士 :2004/03/11(木) 01:36
>>938 赤影さん

 話の方向が変わりますが、
 前にちょっとだけ書いた、ジャズダンスの巨匠との出会いが
 今までの自分の練習法を見直す一つのきっかけになりました。
 先生は今月79歳になるのですが、
 今でもまだ、1日4時間・週6回、クラスで教えています。

 良く形だけの武道を批判して「ダンス」と言われたりしますが
 それはとんでもない話で、
 ブロードウエーのプロダンサーの世界は
 肉体的に非常に過酷な世界です。
 1回2時間のステージを、週6回こなさなければなりません。
 そのために、肩・腰・膝の故障も多く、
 才能がありながら、若くしてダンサー生命を絶たれる人も少なくないのです。
 この先生の下には、その過酷さに耐えるトレーニングを求めて
 ダンサーたちが集まってきます。
(トラボルタもマドンナも、この先生に習っています。)

 この先生の経歴はまたちょっと特殊で、
 21歳のときに交通事故で半身不随になり
 医者からは「一生歩けない」と宣告されたにもかかわらず、
 自分でリハビリ法を編み出し、見事にカムバックして
 40本以上のハリウッド映画に出演した、というものです。
 彼のダンス・メソッドは、そのリハビリ法が基になっています。

 先生が教室で語る言葉の中で、いくつも引っかかったものがありました。

1)私は「ワーク・アウト」という言葉が嫌いだ。
  正しい動きをすれば、「ワーク・アウト」(=消耗)なんてしないのだ。
  踊る前よりも踊った後の方が、身体の調子が良いはずだ。
  2時間のステージが終わった後に、
  もう1ステージ踊りたくなるというのが正しい。
  だからこんなジジイでも、今でも1日4時間踊れる。
2)特定の部位を取り出して鍛えるべきではない。
  身体というのは、全体で一つの動きをするものだ。
3)ステップに気を取られてはいけない。
  それよりも肩の動きに注意する。
  肩がスムーズに動けば、ステップはついてくる。
4)練習と日常生活の間に切れ目は無い。
 「最近、運動不足だからジムに行こう」というのは変だ。
  椅子に座っているとき、首・肩・肘など
  それぞれが正しいポジションにあるか?
  バスを待っているとき、正しい立ち方をしているか?
  そういうものが全て良いトレーニングになる。
5)ダンスのクラスを「初級」「中級」「上級」と
  分けるべきではない。
  プロだって、始めたときは初心者だ。
  初心者は、プロのようなつもりで練習すべきだし、
  プロは、初心者のようなつもりで練習すべきだ。
  練習するときは、過去に自分が今までしてきたこと、
  未来に自分が目指すこと、どちらも忘れて
  今この瞬間に集中しなければならない。
6)ケガをしたときも休まない。
  自分が動ける範囲で動き続けること。
  その限界は、君の身体が一番良く知っている。

940 Syami :2004/03/11(木) 02:16
おぉ!すばらしい!!
流石一流の方の仰ることは違いますねぇ。

私の太極拳の師父も同じような事を仰っていました。特に

>正しい動きをすれば、「ワーク・アウト」(=消耗)なんてしないのだ。
>踊る前よりも踊った後の方が、身体の調子が良いはずだ。

の部分と内容は同じだと思いますが

「太極拳の訓練は休憩しているのと同じだ。特に打ち合っている時は私は休息している。
だから打ち合った後は私は休んだ後と同じなので元気になっている。」

と、仰っていました。

941 Syami :2004/03/11(木) 02:27
>良く形だけの武道を批判して「ダンス」と言われたりしますがそれはとんでもない話で、

これには激しく同意です。大学の授業でソシアルダンスを一年間やりましたが
足腰には大変なストレスがかかったモノです。
常に正しい姿勢を維持する、かつそれを崩さぬようにステップを使って動き回る。
おまけにパートナーもリードしなければならない。
これは大変な運動強度でした。

942 赤影 :2004/03/11(木) 18:21
>先生は今月79歳になるのですが、
>今でもまだ、1日4時間・週6回、クラスで教えています。

超人ですね。武道に限らず、こういう人は励みになりますね。

>流石一流の方の仰ることは違いますねぇ。
禿道。

943 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/12(金) 00:34
>>931>>933 ビスキュイさん こんばんは。

レスありがとうございます。私は決して、ビスキュイさんがテキトーに考えていらっしゃるとか、
真剣でないとか、そういうことを申し上げている訳ではありません。ただ、少林寺拳法に何らかの
問題があった場合に、「確かにそういう問題もあるます。でも ※※それに当てはまらない人も
中にはいるから※※ 別にイイでしょう。」という考え方に、異義を申し立てたかったまでです。

そのようにして問題を片付けてしまうのではなく、「なぜ、そのような問題が起こったのか?
なぜ、そのような傾向が強いのか?その問題は、どうすれば解決するのだろうか?」と、一段掘り
下げて考えると、もっと別の問題が見えてくるんじゃないかなぁと、ちょっと(´・ω・`)ショボーンと
してしまったのです。。。

この点について少しだけ補足致しますと、例えばビスキュイさんが

>「具体的且つ詳細な例を示してしまっているため、例以外の変化に対する寛容性が薄れ
>るのだとするならば,なんで何十年もその体系に従って練習してる先生に変化に寛容な
>人達がいるのですか?それっておかしくない?」

この様に仰られているところも、>>925 の失業率の問題に置き換えてみますと、

 「○○の理由でこの国の失業率が高いとするならば、なんで何十年もこの国に住んでいて、
 ずっと定職に就けている人達がいるのですか?それっておかしくない?」

のように繰り返し仰られているのです。「失業していない人もいる」というのは、
「失業率が高い」という問題を反証できる理由には成り得ないと思います。
すなわち、「中には寛容な人達もいる」や「中には技を使える人達もいる」は、
「現行の技術体系には弊害が大きい」という問題を、決して反証できてはいないのです。

お分かり頂けますでしょうか・・・?

つづく

944 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/12(金) 00:35
つづき

逆に、私がこれまでの論理を展開する上で、非常に気を遣ったのが、コレコレの「危険性が
ある」とか、コレコレの「傾向が強い」とか、「一般的には」とか、そのような言い回しを
しようと心掛けてきた点です。一例として下記をご覧下さい。

>より、「この動き以外のものは間違っている」といった認識を招く危険性が高いと
>いうことです。(あくまで危険性が高いという言い方をしたことにご注意下さい)

>上記のような「危険性」が挙げられるのではないかと思います。もともと、丸廉の

>そして、このような傾向は、高い段位を持ち、少林寺拳法を深く研究している方に

>その理由は、一般的な少林寺拳法家が、よほど法形の応用・変化に不寛容だから

>しかし上記のような体験は、決して珍しいものではないでしょう。某巨大掲示板でも、


このように、私は少林寺拳法が「本質的」「内在的」「一般的」に持つ問題について、
論考を展開してきたつもりです。その上で、一体少林寺拳法には何が足りないのだろうか、
より良くなっていくためには何が必要なのだろうか、と考え続けてきたわけです。

しかしながら、勿論私のそんな考え方をビスキュイさんに押し付けるつもりはございませんが…。


堂々巡りを避けるためと、若干脱線気味とも感じますので、この辺で。

945 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/12(金) 00:38

「法形と乱捕にまつわる技術論」については、そろそろ議論が煮詰まってきたところ
でしょうか。ただ、この先の「少林寺に何を求めるか」に拠る部分になりますと、
それこそ人それぞれだと思いますので、「論」として話をするべきではないかと思います。

ココから先は、私の個人的な希望と申しますか、「少林寺拳法がこうだったらいいのになぁ」
というヒジョーに自分勝手な理想、妄想(w)を書かせて頂きます。勿論、反発・反論の類が
ビシバシ飛んできそうですが、そこは、丸廉にフラッと立ち寄った一休眠拳士の独り言だと
思って、聞き流してやって下さい。
(一応、私なりの少林寺愛から生まれた妄想のつもりですw)

つづく

946 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/12(金) 00:40
つづき

少林寺拳法では、「法形が使えない」「少林寺は弱い」などの批判も多々ありますが、
その他に、「他武道と比べて特出した技法」がない(もしくは少ない)という問題も
あるように思えます。

もちろん、宗教的な教えの部分や、丸廉HPの「なぜ最初は払うのか」の部分などは、
少林寺拳法の非常に素晴らしい特徴の1つではあると思います。

しかし、教えや精神性については、他の武道(柔道、剣道、合気道、空手道…)でも
教えられている(むしろ非常に強調されている)部分ですし、「最初は払う理由」も、
単独では素晴らしいのですが、それを以ってして少林寺の最大の特徴であると言うには
弱いかなという気がします。また、技法でと言う事なら「圧法」がありますが、>>814
40過ぎ拳士さんが仰られているように、 1000人入門者がいて「圧法」にまで
辿り着ける人はホンの一握りしかいないでしょう。従って、「圧法」がある故に少林寺は
素晴らしいと言ってしまっては、それを習えなかった大部分の拳士達が浮かばれません。

特に、<他武道との対戦>を想定した場合、少林寺の「特出性の無さ」は顕著に表れると
思います。例えば、

 <剛法では>
  空手(フルコン・伝統)、ボクシング、キック等々の、打撃系格闘技の経験者には、
  今の少林寺拳士ではほとんど歯が立たないと思います。私の習っている伝統空手で
  言えば、乱捕をそこそこやっている程度の少林寺三段〜四段レベルでは、おそらく
  彼らに触ることもできないでしょう。私も、かつてそうでした(マジ)。

 <柔法では>
  柔道、柔術、レスリング、サンボ等の経験者にも、今の少林寺では通用しないこと
  でしょう。私は柔道初段&少林寺三段ですが、その私でも、柔道三段の現役の人に
  まともに組まれたら、おそらく5秒と立っていられないと思います(これも本気)。

 <総合では>
  では打撃&組技の両方を想定した総合ルールではどうでしょうか。これもやはり、
  修斗や大道塾や、いわゆる総合格闘技をやっている人には、少林寺では勝てない
  のではないかと思います。(上記は憶測ですが、当たらずとも遠からずでしょう)

 <街の喧嘩では>
  この辺りの話になりますと、対武器や対複数、その他諸々の条件も関わってきますし、
  また「なぜ最初は払うのか」で論じられているように、法廷で有利に立つための戦略
  のような部分も絡んできますので、一概には言えません。ただし、(私の超個人的な
  意見で言わせて頂ければ)この場では柔道が非常に有利なように思います。柔道の
  投げ技では、相手をほとんど傷付けることなく、相手を制することができます。
  それに、狭い場所でも使える技はありますし、立ち状態での絞め技等は非常に有効
  かと思います。

まあ長々と書き連ねてしまいましたが、私なりの、少林寺の対 他武道論です。
おそらく、細かい部分については多少の反論は出うると思います。しかし、大筋の流れ
として、少林寺拳法は「剛法」も「柔法」もあって、一見何でもできそうでいて、実は
何にもできない。これじゃ、某有名RPGでいう「サマルトリアのお(自主規制」状態
なんじゃないのか!? っていう流れには、少なからずご納得頂ける部分が多いのでは
ないかと思います。

つづく

947 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/12(金) 00:41
つづき (ようやく主張の部分です)

それでは、ボクシングはパンチの技術で随一、テコンドーは蹴りの技術で随一、柔道は
投げ技の技術で随一、伝統空手は突きの速さで随一、総合格闘技は総合ルールで随一、
プロレスは打たれ強さで随一・・・エトセトラ。 他の格闘技では上記のようなそれぞれの
特長がありますが、少林寺拳法には何にもないのでしょうか?

もう1つ。 少林寺拳法には、確かに素晴らしい教えや道徳観・精神論などはあるのに、
やはり格闘技術的な部分で言えば、他に勝るものというのはないのでしょうか?少林寺は
所詮、宗教的教えの部分が「主」で、武道・武術は「従」に過ぎないのでしょうか?
開祖が、「力愛不二」という言葉はなぜ「力」の方が先に来て「愛」が後なのかを考えて
みよと仰られていましたが、現在の少林寺では、まず「力」を教える事はできないので
しょうか? 


私の答えは、否です。

私は、少林寺拳法には他武道には決して真似のできない、素晴らしい「格闘技術」が
あると考えております。それは、

 「全格闘技の中でも、<防御の技術>では随一」

ということです。

ここから先は、本当に私の理想論だけになってしまいますが、例えばどんな打撃格闘家でも、
少林寺の拳士からクリーンヒットを取ることは難しい。あるいは、どんな柔道家やレスラー
でも、少林寺の拳士からはそうそうテイクダウンを取れない。もしそんな技術を、少林寺拳法
の中で身に付けることができるとしたら、それは素晴らしい事ではないでしょうか?

つづく

948 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/12(金) 00:41
つづき

私は、そんなような理想(半ば妄想?)を少林寺拳法に期待しているのです。そして、
少林寺拳法の教え的にも、技術的にも、これは十分実現しうることだと思っております。

それゆえ、「そのためにどうすればよいか」「現状では何が問題なのか」「もっと理想に
近づけるためにはどうしたらいいか」を、深く追求し、日々研究研鑚し、試行錯誤を繰り
返して参りました。私が >>778 以来、ずっと首尾一貫して述べて参りました主張は、
ある意味では、このような理想を見据えての論考の結果だったとも言えます。

つづく

949 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/12(金) 00:42
つづき

現在私は、某流派の伝統空手を学んでおります。そこで、突きの鋭さでは格闘技界でも
屈指の技術を持つ空手家達と、拳を交えております。しかしながら、私の打撃技術は、
あくまでも少林寺拳法ベースです。その私の技術と理論を、空手の世界で試し、さらなる
高みに登ろうと研鑚を積んでおります。そこではいつも新しい発見があり、素晴らしい
実践の場だと思っています。さしづめ、いつぞやの英語の習得の例(>>840>>841)で
言えば、文法過多の修行場を離れて、海外へ行って現地で英語に揉まれているといった
ところでしょうか。

実際、入門当初こそ伝統空手家のもの凄い突き技にほとんど反応すらできませんでしたが、
既に1年半の経験を積み、黒帯(初段)を頂いた今では、少林寺の技法を運用する事で
かなりのレベルで彼らの技を防げるようになってきました。まだまだ自分から攻めに回って
ポイントを取れるほどにはなっていませんが、こと防御技術という点においては、私より
二段階くらい強い人でもなければ、そう簡単に私からクリーンヒットは取れないでしょう。
(勿論、私より二段階どころか三段階も四段階も強い人がゴロゴロいるのがこの世界ですが)

このように、私は空手において少林寺拳法の技法を運用し、また私なりにカスタマイズする
ことによって、私なりの防御技術をホンの微かながらではありますが、体得しつつあります。

しかしこれは、現行の少林寺拳法の技術体系とカリキュラムのままでは、到底無理だと思って
おります。私がもし少林寺拳法だけをやっていたのでは、今の私程度のレベルになるのにさえ、
一体あと何年掛かるのか分かりません。何年やってもできないかも知れません。なぜかと言えば、
繰り返し言うようですが、乱捕の練習量が圧倒的に足りないからです。法形と演武に時間を
取られすぎているからです。従いまして、>>873でビスキュイさんが仰られた、

>私と通りすがりの休眠拳士さんがそれぞれ練習メニューを組んだら,結
>局のところ内容も時間配分非常に近いものになるんじゃないかな〜と思

これはおそらく、随分違うものになるのではないかな〜と思います。もちろん一日だけの
練習メニューという目で見たら、一緒の内容になる日もあるかも知れません。しかし、
トータルのカリキュラム構成という視点で考えた場合は、私の必要と考える乱捕練習時間は、
ビスキュイさんが考えているより遥かに大きいものではないかと思います。


ラストにつづく

950 通りすがりの休眠拳士 :2004/03/12(金) 00:45
ラスト

またまた思いも掛けず長文になってしまいました。
まあ、この辺りは私の妄想だと思って、どうぞご容赦下さいませ。

要するに、少林寺拳法には(・∀・)イイ!ものがたくさんあるのだから、それを
上手く使えるように練習しなきゃ勿体(・A・)ナイ!ということが言いたかった訳です。

なんだか、「通りすがりの」って言ってる割にはカナーリ長居してしまっているので、
この辺で失礼します。

951 rusher :2004/03/12(金) 01:30
読んでいて、つくづく自分には少林寺拳法に対する愛着(執着)も幻想もないなと自覚しました。

自分は、定量的評価もせず、定性的仮設をぶつけあうだけの《議論》にはお付合いしたくありませんでした。
どうせ水掛け論になるわけだし、滅多に情緒的納得もえられません。
誰かさんの実証より自分の実証のほうが大事です。
そして自分の時間は、稽古/勉強/休養、自分にとってより有意義なことに使いたいです。
だからお付合いしませんでした。今後もお付合いしません。

以上、不躾ながら、傍観者が感想として不共鳴を表明しました。

952 ビスキュイ :2004/03/12(金) 06:09
>ラさん
私の場合は…執着は結構持っちゃってるかもしれませんね〜。あま
り自覚はないのですが(;^_^A
ちなみに今回の議論は自分の中の方法論を言語化して再認識出来た
という点で私にとっては有意義でした(^O^)

953 rusher :2004/03/12(金) 13:15
>>952
>ちなみに今回の議論は自分の中の方法論を言語化して再認識出来たという点で私にとっては有意義でした(^O^)

そうでしょうね。
他者から摂動を受けないと自分の言葉は出てこないものです。
これでめでたく以下の状態を脱出できることでしょう。

>2573 名前: ビスキュイ 投稿日: 2004/01/14(水) 17:56
>
>>そういえばビス氏、武専の卒業はどうなった?
>
>私は高等科が大好きなので高等科3年をもう1年経験しますが何か?
>これで4度目,いや,5度目の高等科3年かな…?
>
>
>2574 名前: アップル 投稿日: 2004/01/14(水) 18:06
>
>>5度目の高等科3年かな…
>結構多いのかな〜、卒業に興味がない人。
>
>
>2575 名前: rusher 投稿日: 2004/01/14(水) 18:09
>
>>>2573
>よほど論文が苦手なのですね。
>交流会に出稽古に、書くネタが大量にあるでしょうに。
>拳士たるもの文武両道で行ったほうがよくありませんか?
>
>とはいえ自分も武専は休学しようかなと先月から悩んでる。
>オヤジのサロンよばわりされたから、惰性で続けるのイヤになった。
>
>
>2576 名前: ビスキュイ 投稿日: 2004/01/14(水) 18:12
>
>>よほど論文が苦手なのですね。
>>交流会に出稽古に、書くネタが大量にあるでしょうに。
>>拳士たるもの文武両道で行ったほうがよくありませんか?
>
>うっ…それを言われると耳が痛いです…
>確かに書くネタは大量にあるのですが,いまいち脳内での煮詰まりが悪いのですよね。
>煮詰まると一気に書き上げてしまうのですが…ってそんなこと言ってるようじゃまだダメか
>

954 アップル :2004/03/12(金) 13:57
>ちなみに今回の議論は自分の中の方法論を言語化して再認識出来た
>という点で私にとっては有意義でした(^O^)
おしい!あと数ヶ月はやかったら進級できたのに!!ということかな?

955 赤影 :2004/03/12(金) 20:26
>私は、少林寺拳法には他武道には決して真似のできない、素晴らしい「格闘技術」が
>あると考えております。それは、
>「全格闘技の中でも、<防御の技術>では随一」

私は、少林寺は、「あらゆる条件から生還する」ことを「目標としている」
ことがすばらしいと思います。
しかし、現実は

>しかしこれは、現行の少林寺拳法の技術体系とカリキュラムのままでは、到底無理だと思って
>おります。

これに近いものがあると思います。これは「システム」ではなく取り組み人の
「質」だと思います。「時間がきたら昇段だ。5段だから俺は名人」みたいな
人が増えています。昔は「自分はまだまだ」みたいに「強いのに昇段が遅い」
人は少なくなりました。某空手が競技志向になったように、「昇段志向」
が増えています。
ただ、道場で、5段より強いのに、なかなか昇段しない初二段みたいな人がいる
考え物ですが。

カタチにこだわらす、いろんな武道を研究し、体力も増強し、しかし体力に
頼らない、地道な道を歩むことが大事だと思います。

956 40過ぎ拳士 :2004/03/13(土) 08:08
>>940 Syami さん

 もう一つ面白いな、と思ったのが
 その先生が強調する正しい姿勢と言うのは
 「含胸抜背」なんですね。
 腕を長く使うためというのが一つ、
 もう一つは、肩を後ろに引いて胸を張ると
 肩を痛めてしまうからだそうです。

957 赤影 :2004/03/13(土) 10:32
>その先生が強調する正しい姿勢と言うのは
>「含胸抜背」なんですね。

逆に、ベンチの基本は、胸を張り肩胛骨を後ろに寄せます。
スクワットも、腰を反らします。ショウヨウやエントウではありません。
私がウエートの後、数分でいいから、拳立て等武道トレーニングと基本をやれと言うのは、
こういうことです。あくまで、筋肉をふやしたり、重いものを持ち上げる
フォームと、武道のフォームは違うからです。

958 40過ぎ拳士 :2004/03/13(土) 17:42
>>957 赤影さん

 なるほど、その通りですね。

 今私は、新しい流派に入門したばかりで
 これまでとちょっと違った動きを練習するのに手一杯なのですが、
 もう少しして時間的に余裕が出来てきたら
 ウエイトトレーニングを再開したいと思っています。
 今が、もう一度しっかり身体をつくる
 最後のチャンスかな、という気もしますので…

959 Syami@Office :2004/03/13(土) 18:56
>今が、もう一度しっかり身体をつくる
>最後のチャンスかな、という気もしますので…

ドキっ!?そ、そうかも。私もがんばろうっと!!

960 Syami@Office :2004/03/13(土) 18:58
>腕を長く使うためというのが一つ、
>もう一つは、肩を後ろに引いて胸を張ると肩を痛めてしまうからだそうです。

私の陳式の師父も見事に同じ事を言っていました。

961 曲家 :2004/03/16(火) 11:16
なんか昇段に興味が湧かない曲家でした

962 rusher :2004/03/17(水) 22:37
>>961
>なんか昇段に興味が湧かない

昇段のために払う労力がいや
昇段の結果もたらされるであろう責任がいや
昇段の結果もたらされるであろう●●がいや

いろんな理由が考えられますが……。

963 アップル :2004/03/18(木) 09:22
「含胸抜背」ってなんですか???

964 ビスキュイ :2004/03/18(木) 10:21
>「含胸抜背」ってなんですか???

中国武術における姿勢の要訣の一つだったかと。確かこの前Syamiさんが
矢筈守法をした時みたいな感じじゃなかったかな〜?違ってたらスマソ。

965 Syami :2004/03/18(木) 10:27
>矢筈守法をした時みたいな感じじゃなかったかな〜?

まぁ、そうかな?あそこまで極端にしないけど。
直立して首を縮め肩を上げます。ここから軽く息を吐きながら、すっと脱力すると
肩が下がり胸は軽く凹み背中は軽く張られますね。これが「含胸抜背」です。
よく「弓を引いた姿勢」とも言われ、発力の準備姿勢とも言われる事もあります。

966 アップル :2004/03/18(木) 11:36
>直立して首を縮め肩を上げます。ここから軽く息を吐きながら、
>すっと脱力すると肩が下がり胸は軽く凹み背中は軽く張られますね。これが「含胸抜背」です。

なるほど!ありがとございます!

967 615期生 :2004/03/25(木) 01:16
下を読まずに書いてます.

>>778
>では、なぜ少林寺拳法では、他武道の技に対しての防御法について、
>あまり命名(紹介?)されていないのでしょうか?具体的には、
>ローキックに対する防御、タックルに対する防御
>足払いに対する防御、寝技に対する防御
>絞め技に対する防御、関節技に対する防御・・・etc
>これらに対する防御法が、少林寺の一般的な法形としては存在しないのは

>>779
>しかし、では先のページで紹介されている、内受突の変化としての、
>肘打ち、膝蹴り、体当たり等の技に命名がされていないのはなぜでしょうか?

ごもっともですね.
私の答えは「知らん」です.ザクッ
まず法形の文章は私の私感であり,開祖やら大先生が実はこんな極秘文章残してました,言ってましたというものではないので,完結してないのはご容赦を.

逆小手と内受突のコトは,まずすべてを形式知とすることは出来ないという自明がありますので,今のところで「落ち着いた」と解釈するしかないかと思います.それでも相対的には形式化が進んでいる方だと考えます.

>>788まで読みました.

968 615期生 :2004/03/25(木) 01:28
法形の数について.
結局いくつあるのかは知りませんが,600くらいなら多いと思いません.これはもちろんもろに私感です.

>>793 とっしぃさん.
>全ての動きについて技の名前がついていたら・・・
>1.数が膨大な量になる
>2.技を全て覚えようとして大変なことになる
>3.新しい(法形に無い)動きに対して対応し切れなくなる
>4.それぞれの技をバラで覚えて関連付けが上手くいかない(>現状でもよくありますが・・・)
>5.研究の余地が狭まり(無くなり)楽しみが減る
>となるのではないでしょうか?
>私は技の数は少ないと感じたことはありませんが、逆に多すぎるとも思いません。
私もとっしぃさんに同じ.多いとも少ないとも.
すべての知を「形式知」にすることはでくないので,「>全ての動きについて技の名前がついていたら・・・」
ということをすれば,1.2.がもりもり増えてしまいますね.

>>795
>>法形は開祖存命中に確定されたものでありますが、殊更に新規開発を禁じられたものではないと考えます。
>そうなのですか。むしろそうであって欲しいと願います。
>いつまでも何十年も前の技術体系を守り続けているだけでは、進歩は危ういでしょう。
危ういですね.躰道では大会なとで日々新しい動きが生まれているそうです.見習わねば.

>>798まで読みました.

969 615期生 :2004/03/25(木) 01:35
おもしろいなぁ (・∀・)ニヤニヤ

>>806
>順番にレスするつもりだったのですが皆さんのテンポが速いので(私が遅い?)
ぷっ

970 615 :2004/03/25(木) 01:42
>>806
>中国武術の言葉だったと思いますが,「千招を知る者よりも一招を得たものを恐
>れよ(だったかな?)」という言葉があります。「千の技を知ってる者よりも一つ
>の技に熟達した者の方が恐ろしい」という意味だそうです。含蓄のある言葉です。
そういえば日本にも「多芸は無芸」という言葉がありましたな.
私がこの言葉をはじめて聴いたときドラクエ3の勇者を連想しました.
私はこの言葉がとても好きです.

>>809
>>4.それぞれの技をバラで覚えて関連付けが上手くいかない(現状で>もよくありますが・・・)
>バラで覚えるからわるいのでしょ?関連付けてれんしゅうすればよろし
これについては,現在の少林寺拳法の中では関連付けがまったく出来ていない黒帯が多いので,教育者もしくは教育課程に問題があると言わざるとえない現状があると思います.指導者の「指」「導」法に問題があるのかも.

809まで読みました.

971 615期生 :2004/03/25(木) 02:01
>>810 40前拳士さん
>数少ない技を徹底的に鍛える流派が「演繹法」だとすれば、
> 少林寺拳法の修行体系は「帰納法」になっている、ということです。
おぉ,この表現に萌え!! 収斂という言葉も生物屋さんにとってはさらに萌え!!


>>814
>特に危険な(それ故実は非常に有効な)技術のいくつかは
> 既に失伝しつつあるのではないかと疑っています。
同意です.まず失伝自体はいくらがんばっても必ずあります.
諄ようですが,完璧な形式知化自体がムリだからです.
40前拳士さん,興味深いお話ありがとうございます.
ネットが形式知化を強力に補佐するものであると信じています...

>>833
>総合の研究がしたい。対柔道の練習を。空手の技を取り入れたい。なんでもできると思うのよね。
>道から外れていなければ。
私は少林寺拳法は技術的には極めて肝要で,やっちゃいけないことは無いと考えています.だから「それは少林寺ではない」という言葉は,技術論ではなく精神論でのみ論じられるものだと考えていることは,今までも欠いたことがありました.
だからビス氏の「少林寺は弱い強いというよりも便利な技術」というのがとてもしっくりきます.



あぁ,それにしてもレスが多い.眠いよぅ.ザクッ

972 615期生 :2004/03/25(木) 02:27
>>833
>少林寺拳法を修める方達の間でよく言われているのが、「法形を乱捕で実践できない」
>「法形と乱捕が上手く繋がらない」「乱捕ではどうしても軍鶏の喧嘩になってしまう」
>そして、「少林寺が弱いと言われるのは仕方ない」と言うような批評です。これらの
>否定的な捉え方について、一般的に見れば、異を唱える方はあまりいらっしゃらない
>のではないかと思います。(ウチの道院は大丈夫、とかは抜きにして)
「よく言われている」ということに同意です.かなり多いと思います.

>「技の応用や変化は、法形からではなく、乱捕から身に付けるべきではないか?」
>私は逆に、少林寺拳法の技法の「教授法」や「方法論」こそ、最大の問題ではないかと考えているのです。

>>844
英語の例えとてもすきです.また拳法の例えは料理に例えるのも相性がいいようです.と思ったら,ビス氏がやってるではないか.
出国前に,Z会のパンフレットを本屋で見て少林寺拳法のことをいわれているような気がして持って帰ってきました.皆さんもぜひ本屋で読んでみてください.

>843
>少林寺をやる目的が、体育のため、健康のため、娯楽のためということであれば、
>私の考えは全く受け入れられないものなのでしょう。
>しかし、護身術として、危急の時に「使える」ための格闘技術として少林寺拳法を
>考えた場合は、果たしてこのままでよいのでしょうか?
ここらの文章書きたいなーまた怒られそうだが....むふふ.

ビス氏曰く,うんうん,皆さん同じコトを言っているという気がしますね.

>>860 40過ぎ拳士さん
> 練習量と切迫感があれば
> メソッドも真剣に追求するようになるのが
> 自然な成り行きだと思います。
これを聞くとほんとアップルさんの「予備校化」が思い出されますね.

ぶっちゃけ,拳士の中には強くなる気なんて無いだろなと感じるヒトは結構いますが,そんなヒトでも,習うたびに支部長が「この技は実践では使えませんから」を連呼していれば,ヤル気を失うと信じています.
強くなる気がないって言ったってまったくの虚構を学ぶ事に情熱を傾けれる人間なんてそうはいないと考えています.
やっぱり拳法は必然的に実践性を求めることが自明だし,そうなれば強くなることも程度の差はあれ拳士の望みであると思います.
・・・何を言いたくなったのか分からなくなったので,途中だけど止め.

973 615期生 :2004/03/25(木) 02:49
>>868
>従いまして、法形が多いというのは、術理とその変化・応用を身につけるためには
>どうしても「過多な」要素なのです。そしてその過多な要素は、無限ではない
>稽古時間の中では、ある意味では「障害」となっているのと考えます。

>>869
>法形が多いことの障害は、もう1つあると考えています。より正確に言うならば、
>法形が多いことよりも、むしろ法形で変化例・応用例を例示してしまっていること
>による障害です。

>HP上で、「法形は応用・変化させてもよい!むしろさせるべきだ!!」などという
>主張が声高に叫ばれていること自体が、他武道の人間から見れば、甚だオカシナこと
>なのです。
まったく同意.だからあの手のページ上げるときはとくに「私の私感〜」というのを強調しまくりたい気持ちに陥ります....

>よほど法形の応用・変化に不寛容だからなのではないでしょうか?
ズバリでしょう.W

905くらいまで読みました.ううう

974 615期生 :2004/03/25(木) 12:14
ようやく全部読みました.とてもボリュームのある内容でした.
一気に読むとかなり頭がこんがらがってしまいました.

みなさん,熱い議論ありがとうございました.とても勉強になりました.
やはり丸廉の本体は掲示板だなぁと改めて再確認できました.
通りすがりの休眠拳士さん,40過ぎ拳士さん,赤影さん,ビスキュイさん,その他大勢の皆様,
本当にありがとうございました.有効に保存させていただきます.

合掌

975 ビスキュイ :2004/03/25(木) 12:41
簡潔にまとめてウプ汁

976 615期生 :2004/03/25(木) 13:37
そんなめんどくさいことはイヤン

977 アップル :2004/06/07(月) 09:25
昨日、少年部の親御さんと交流を持つ機会があり、いろんなお話を聞くことが
せきました。

皆楽しそうにしている子供をみてうれしそうでしたけど、なかに一人だけこのような意見もありました。
「ほんとはやめさせようかなと思うことがある。喧嘩ができなくなってしまうから。
子供のうちは喧嘩ばっかりでいいんですよ」

おもしろい話でした。できなくなるという理由とは、
・少林寺拳法を学んで、技術を学び、心に余裕ができ、喧嘩なんてしなくてすむ人間になるから。
だそうです。できないというか喧嘩やらない人。

父兄A「アップルさんも少林寺はじめて喧嘩なんてやってないでしょう?」
アップル「そうですね、喧嘩になるまえに事が収まるようにと考えますね」
父兄A「でしょう?それは正しいんです、間違ってないんだ。武道をやってる人はそうなるでしょう。
けど、子供にはまだそうなるまえにしっかり喧嘩できる男にしておきたいと思うのですよね。」

んー、そういわれてみるとそうなのかなぁと思う部分もあって、いろいろと話をききました。
殺伐中学生時代のはなしとかww

親御さんもいろいろと少林寺に対して求めるものがちがうのですねー。

978 桜楽卍 :2004/06/07(月) 11:41
私も少年部のお母様達といろいろ話した事あるけど、
ウチの方は子供をああしたい、こうしたいって話は出なかったなぁ。
お子様の、道場での様子と家での様子を語り合っただけで終わった…(´-ω-`;)

979 曲家 :2004/06/07(月) 15:42
胸章が無くなるって本当ですか
胸の「卍」好きなんだけどナァ

980 アップル :2004/06/07(月) 16:04
>胸章が無くなるって本当ですか
本決定かどうかはしりませんけど、本部での支部長講習会などでは
話があったみたいですよ。

よし、615さん!12月くらいまでには3段とってラストアカマンジとしてがんがってくれよ。

981 615@Mac :2004/06/07(月) 16:04
ほんとですよー
来年一月からだそうです。

982 615`Mac :2004/06/07(月) 16:06
>980
同じこと実は思った。
赤卍は今はまだはやい、いらないと思っていたけど、自分の支部の赤卍を
いつかつけたいと思っていたので、、、三段=赤ではないけど、
滑り込んでお願いしたい気持ちはある。

983 615@Mac :2004/06/07(月) 16:08
たぶん新しい胸のマークはもう商標?登録されているだろうから、
探せば出てくると思うのだが。
まさか半年前、発表もそろそろだろうから、申請すらしてないということは
ないと思われるが。審査中でもみれるそうなので、調べれば出るぞきっと。

984 615@Mac :2004/06/07(月) 17:03
見つけた・・・
不思議なマークだ・・・

985 Syami@office :2004/06/07(月) 17:10
>見つけた・・・
>不思議なマークだ・・・

何処で見つけた??URL教えてちょ!
どうだい?胸につけて誇りに思えるようなマークだったかね??

986 アップル :2004/06/07(月) 17:11
私がさがそうとしたら「混雑しています」ってなったぞぅ。
気になるなぁ。

987 アップル :2004/06/07(月) 17:19
>不思議なマークだ・・・
ほんとだ・・・。ふしぎなまーく。。

988 名無し :2004/06/07(月) 17:24
美的にどうぞ。
貼付けました。

989 Syami@office :2004/06/07(月) 17:33
むぅぅ…、これかぁ。
成る程、あれで卍の代わりに陰陽の配合を表現しようとしたわけね。ふむふむ…
でも盾の部分にもちっと工夫が欲しいなぁ。

990 615@Mac :2004/06/07(月) 17:37
以後は「 スレ建てるまでもない…マターリ版」にてお願いします。

991 615期生 :2004/06/15(火) 18:51
弱いすれ12より
267 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:04/06/14 14:26 ID:3fSbu1zl
見学に行った支部では、たまたま何かの大会が近かったせいか、 黒帯が2人づつ6チームになって、演武の練習を繰り返していました。投げられる方が投げられたあとにどっちの方向にころがるかとか、その時の足の曲げ具合だとか、気合(ここは「アッ!」で、ここは「Uuum!」など)の種類とかを統一することに専心していたようです。1時間の一般部の時間の大半がこの作業に費やされていて、少し奇異な感じが否めませんでした。
見学者がいるのだから、少しはそれに配慮した内容の稽古をしたらいいのではないかなあというのが正直な感想でした。

281 名前:40代空手バカ@単身赴任中 ◆Udq6G4kV7Y [sage] 投稿日:04/06/14 22:56 ID:bgSBeQvj
>>267
なんで見学者を意識した稽古しなけりゃならんのですか?
あんた何様ですか?


283 名前:267[] 投稿日:04/06/15 10:07 ID:3ib8j41v
>あんた何様ですか?
見学者すなわち将来のお客様候補です。看板に見学歓迎と書いてあるんだけど、
これは見学して入門してほしいという意味なんじゃないのですか?
その見学者がいる状況で延々と267にあるような「作業」を行うのを見せ続ける
だけだったことについての感想を述べただけです。「見学者に配慮した内容の
稽古をしたらいい」というのは少し語弊がありましたね。

284 名前:MA++ ◆CssiEzvfS. [] 投稿日:04/06/15 10:49 ID:ed6jDaU3
( ゚Д゚)ポカーン

992 615期生 :2004/06/15(火) 18:52
285 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:04/06/15 10:50 ID:+usuawNb
>>283 >見学者すなわち将来のお客様候補です。

うゎ…、こういうのがマジで道場にやってくる時代なんだな。
どこにでも商業主義的見方を当てはめることに疑問はないのかなぁ?
まぁ、これだけ「不況だ」「お客様本意のサービスでの生き残り」とか
言われてる世の中だから、そういう見方のみが正しいって思いこむ
のも無理ないか。 次から見学者来たときには注意しようっと。


287 名前:267[] 投稿日:04/06/15 11:08 ID:3ib8j41v
>285
わたくしのことよりも、わたくしが見せられた内容について
ご議論いただければと思います。


288 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:04/06/15 11:28 ID:FwryW45X
見学に来た人は少林寺を見に来たわけでしょう?
そこで見せられるのは演武の大会に向けて号令を合わせたり、倒れる方向を調整する姿。
少林寺を誤解されるてもしょうがない気がします。
それとも最近はみんなこんな感じなのですか?
せっかく見学に来てくれた人に演武の一つも披露しないんですか?

今後一緒に練習するかもしれない人に対し、あまりにも礼の欠けた対応に思えます。
見学に来てくれた人は自分の時間を削っているのだから、お客様扱いして当然でしょう。
入門したらお客様扱いなんか必要ないけど。

少林寺の支部・道院は普通の空間ではあるけども、社会の中の一部である事には違いないはず。
少林寺の自分ルールを適用する前にまず、一般常識を適用すべきだと思います。

993 615期生 :2004/06/15(火) 18:56
267さんは「将来のお客様」といってるのでCUSTOMERの意味でしょうが、
288さんのいうお客様はVISITORでしょうから、もう少し対応があったかもしれませんね。

>少林寺の自分ルールを適用する前にまず、一般常識を適用すべきだと思います。
私もはじめは「お客様」という言葉を聞いてCUSTOMERを連想しました。
VISITORの方の連想はサパーリできずでした。やや反省。

994 アップル :2004/06/15(火) 19:39
なるほど、バカだね。演武修練も含めて少林寺やん。見学したいなら
全部みてから本人が決めたらいいだけ。
うちは見学にきたらその場で練習に参加させちゃってるけどね。
何人か態度が悪いひとや礼儀が無い人は門前払いしてたよ。
カコイイゾ!支部長!!!

995 rusher :2004/06/15(火) 21:20
>>991

>見学者がいるのだから、少しはそれに配慮した内容の稽古をしたらいいのではないかなあ


舞台の本番を見に来たのは客だろうけど、舞台の稽古を見に来たのはそのスクールに入ろうと思う者なんじゃないかな。
ならば普段の稽古を見せてやればいいじゃない。
その結果、見学者の意に沿わなかったのなら、それは残念でございました、と。

正道会館の石井館長のように、見学者が来たら上手な白帯色帯をわざとその近くに並ばせて
「あなたもこのくらいになるんですよ〜」といった商売人のテクニックをつかったほうがよいでしょうか?

996 熊狩 :2004/06/16(水) 00:41
うちは見学者が来たら対応するぞ
見学者が乗り気だったらちょっと体験してみるってのもアリだ
そういう『初めて会う人と上手にコミニュケーションを取る』
練習もすべきだな。
他の連中の稽古内容までは変えないけど。

997 ペガサス :2004/06/16(水) 03:46
見学者か・・・
確かに何も気にせず普段自分達がやってることを見せればいいと言う意見と
見学者がいる時は見学者へのある程度配慮した練習内容と言うよりは
指導の仕方を見せると言うところもあるみたいですね。

といってもどっちがどうなんだと言うほど違ったものではないんですが
ただ武道無経験でどうしても弱い自分をなんとかしたいとかで見学に来る人と言うのは
ちょっと不安と恐怖心の入り混じった心境もあるのではないかと思います。

そう言う場合のこの道場にするかしないかと言う一つの選択肢の中に
どのような初級者に対する指導の仕方や、練習方法をしているのかと言うのが
選択基準の大事な部分でもあるでしょう。ついていけるだろうかと言う不安もあるわけですから。
それと同時に練習の中で、わーやっぱりすごい技をやってるんだと言うことも一つの自分の将来の期待となるでしょう。

またあきらかに武道経験者で自分の習ったものにないもの、
またはそれ以上のものを探してる人もいるでしょうし、
もしくは見学者の振りをして偵察にきてると言う場合もあるでしょう。

そう言う場合演武の組み合わせの練習ばかり見せてると
なんだ約束事の動きだけか、これじゃ実践弱そうだと舐めれることもあるかもしれませんね。

だからと言って乱捕り見せることもないのですが
少林寺の技法そのものは剛もあり柔もあるその両方が絶妙にかみ合わされた技です。
それが少林寺拳法の特徴であり、魅力でもあるはず。
ならばそういうものが他武道にない興味ある部分でしょう。
その部分を見せてやることで、そう言う人達へのアピールと言うのもあるでしょう。

これは指導者の考え方、対応の仕方いかんですので
私がどうこうしたほうがいいと言える問題ではないのですが
ふと、大昔初めて武道なるものを見学に言ったときのちょっと不安なドキドキした気持ちと
今の自分が他武道の道場に見学にいったら何を見て判断するだろうと言う気持ちからです。

998 615期生 :2004/06/16(水) 15:06
ん!?
「会報に載ってるネット集団」てなぁに?
(?_?)

 最強の格闘技…それは少林寺拳法だと思います  
http://sports7.2ch.net/test/read.cgi/budou/1086282391/120-

999 名無しさん@いらっしゃい :2004/06/16(水) 15:31
釣りだと思います。

1000 615期生 :2004/06/16(水) 15:41
∧_∧
( ´・ω・) みなさん、お茶が入りましたよ・・・・。1000get!
( つ旦O ∫ ∫ ∫ ∫ ∫ ∫ ∫
と_)_) 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦

1001 615期生 :2004/06/16(水) 15:41
>999
釣りなのかな・・・宣伝してくれるとうれいしなぁ。

1002 曲家1000げと :2004/06/16(水) 15:44
ねっと集団…

1003 998 :2004/06/16(水) 15:48
>>999
>>10002
今、会報を漁っていますがネット集団なんて言葉出てこないんすよねえ。
あいつなんのつもりでしょうねえ。

1004 615期生 :2004/06/16(水) 15:50
998さんありがとー(^▽^)ゴザイマース

あぁ私も今すぐ会報あさりしたい。
こういうときバインダー買っといてよかったーと思う(関係ない)

1005 615期生 :2004/06/16(水) 15:51
まぁ、曲家さんは誤爆ということで。

バスジャクとかしないでくださいね。丸廉が一気に超有名になっちゃいますからw

1006 999 :2004/06/16(水) 15:54
恐らく2ちゃんの人も言ってるように今年の三月号だと思うんですよね。
そんな感じの文章もあります。
あ、ところで7月から丸廉行きたいと考えています。
よろしくお願いします。
就活次第で行けなくなるかもしれませんが。

1007 615期生 :2004/06/16(水) 15:55
お待ちしてます!!
よろしくおねがいしまーす

1008 rusher :2004/06/17(木) 01:33
2004年3月号9頁 Yuki's note から引用。

 開祖がかつて、『教範』や『副読本』『科目表』などいろいろなものに「門外秘」という判を押したり刷り込ませていた。これは、いたずらに神秘性を持たせたかったのではない。教えも技も人と人が向き合う中で、じっくりと伝えたかったことがあるからだ。
 そんな思いを持たず、インターネット上で少林寺拳法の誤った歴史や、「教え」の勝手な解釈、「技術」の解説などを無責任に垂れ流す人たちがいる。
 少林寺拳法の誤った認識を植え付けイメージを侵害したり、少林寺拳法の目的やそのシステムに障害となるものを整理せざるをえなくなっている。

話題になっているのはこの文章のことなのかな? 文脈からすると知的財産法人の話だけど。

1009 名無しさん@いらっしゃい :2004/06/17(木) 10:57
>教えも技も人と人が向き合う中で、じっくりと伝えたかったことがあるからだ。
この人がこんなことを言ってもなぁ

1010 名無しさん@いらっしゃい :2004/06/17(木) 12:57
>少林寺拳法の誤った歴史や、「教え」の勝手な解釈、「技術」の解説などを無責任に垂れ流す人たちがいる。
この人がそうでしょう。

1011 アップル :2004/06/17(木) 13:04
>1009,1010
こらこら。

1012 1009 :2004/06/17(木) 13:15
>1010
同志よ!!

1013 丈介 :2004/07/20(火) 01:45
はじめまして、初めて書き込みさせていただく丈介です。私は今大学四年。
すでに引退している身ですが昨日、県大会に同期の者と県の演舞大会に出場してきました
結果は最優秀だったのですが・・・。乱捕り大好き幹部に育てられた私は演舞で優勝しても・・・
引退間際の大会で少林寺がますます分からなくなり・・・答えを見つけるべく大会に参加してみましたが
疑問は深まるばかりです。現在、現役はいままでの乱捕り体制を改め、大会に勝つための練習をしているようです。
自分から飛ぶ練習に、形ばかり気にしている剛法。
乱捕り世代OBは部の練習に参加しても冷たい目で見られています。現在OBのトップが元高校ショウリンジャーです
もう演舞偏重の波は抑えられそうにありません。
技の統一さえも起ころうとしています。
自分の無力さを嘆く日々です、私は実践的な少林寺がしたい。極めの技術、崩し。両方を研究したい
あの熱かったグローブ乱捕りが懐かしいです。
どうすればいいのか・・・
すいません。愚痴になっちゃいました。機会があれば丸に一廉のオフ会に参加したいと思っています。

1014 初段 :2004/07/20(火) 02:47
>実践的な少林寺
これは何を指すんでしょうか?別に煽るわけでありません。何を想定して実践というのか気になったもので。

1015 丈介 :2004/07/20(火) 02:58
暴力に負けない少林寺拳法を修練したいです。演舞ではなかなか身につかないことではないでしょうか

1016 丈介 :2004/07/20(火) 02:58
暴力に負けない少林寺拳法を修練したいです。演舞ではなかなか身につかないことではないでしょうか

1017 みんみん :2004/07/20(火) 03:59
>>丈介さん
ぜひご参加ください。乱捕りやりたいやつはいつでもいるもんさ。
だから、ついてきてくれる後輩はきっといると思う。
今の学生でグローブ経験があるなんて貴重な存在ですよ。

1018 ビスキュイ :2004/07/20(火) 08:52
>丈介さん
乱捕り好きで演武大会では入賞って…理想的な先輩だと思うんですけどね〜?
そもそも何で「演武派」とか「乱捕り派」に分かれてしまうような状況が生ま
れてしまうんでしょうね。どちらも楽しいしそれぞれが補い合って上達するの
にな〜。丸廉オフにも是非遊びにきてくださいな。

1019 アップル :2004/07/20(火) 09:26
乱捕りと演武どっちも楽しいのだからどっちもやればいいのにーと思うのですが。
そのほうが長く楽しめそうだ。

1020 丈介 :2004/07/20(火) 17:34
レスありがとうございます。そうですね、そんなに難く考えず楽しんで少林寺と付き合っていきたいですね。
ネット上でも素晴らしい技術がたくさん転がってますね〜。
何とか時間を作って学びに伺いたいと思っていますので、そのときはよろしくお願いします。

1021 丸ちゃん :2004/07/20(火) 18:56
もしかして同県の方かな?
昨日県大会だったと聞きますので。時期的に重なっただけかもしれないですが。
大学支部でグローブ乱捕り最終世代というのも、何だか共感してしまいますね。
とはいえ、私はグローブ乱やりこんだわけでは全く無く、先輩から
殴られただけでしたけど、、、でも、グローブ乱捕りは独特の
緊張感があっていいなあと思います。

演武もグローブ乱も立会い評価も、少林寺の修行で
あることに変わりないですもんね。
楽しんで修行できればそれでよしですよね。

嗚呼、早く練習復帰したい

1022 ビスキュイ :2004/07/20(火) 19:25
何かあれですな、批判スレでこういう事を言うのはあれですが、「少林寺拳法が好き〜」
ということだけでマターリ繋がっているこのユルーイ関係がいい感じだな〜と思ったりする…

1023 :2004/07/20(火) 21:21
私もやりこんだわけではありませんよ^^;

でもあの緊張感はいいですよね。
もっとやりたかったなあ。
やはり少林寺が好きです。生涯学習として偏らずに色々修練したいですよね

1024 アップル :2004/07/21(水) 10:37
少林寺に対してではありませんが、中国という国が日本に対してどのような反日感情を
抱いているか。
過去は昔の事実。
極端な例ですが、こういう勉強も少しはしたほうがいいのかなぁと思いました。
開祖はこのような反日感情の中、中国にとけこみ親しまれて。すごい人だったんだなぁ。

http://www.tanteifile.com/diary/index3.html

1025 名無しさん@いらっしゃい :2004/07/21(水) 19:23
ただ、中国や朝鮮は歴史をねつ造している部分もありますので、
岡田英弘氏の本や、黄何とか氏の本なども読んでグローバルな
知識を持った方がいいと思います。
当時の人民から言うと、清朝の役人に搾取されるか、日本軍に
進出されるかの違いです。半日感情はむしろ主戦直後よりひどく
なっているように思います。これも国を挙げて教育している
からです。一度中国の教科書が載ってある本をみたらいいと思います。
私も何かの本でみました。
日本軍が正義だとは言いませんが、あまりにも自虐すぎるのも?です。
名前は出せませんが某新聞みたいに、積極的にねつ造を助けている節
のあるマスコミもあります。

1026 丸ちゃん :2004/07/21(水) 20:36
昨日のオマーン戦の中国サポーターもすごかったですね。

「客観的な」歴史なんてのはありえないのでしょうね。
私は自虐的な方の新聞を取ってますが、最近は
喫茶店などで他紙にも目を通すようにしてます。

1027 わんわん :2004/07/21(水) 22:05
探偵ファイルをご存知の方がいらっしゃるとは、おどろき・
こちらも似たようなサイトです。
中国、韓国、に対する非難めいた報道をすると翌日、テレビ局に団体がおしかけて
営業利益の1パーセントの損失をうけるため、非難の報道はまず行いません。日本では。

http://www.nikaidou.com/column01.html

1028 ぷーぺん :2004/07/21(水) 22:36
韓国の国定教科書は一つしかないそうですね。その内容も、反日的なものが
多いとのことですが、子どもの頃にこのような教育を受ければ、日本を好き
になる確率はグッと減るのは当然だと思います(特に戦争経験の無い若い世
代に多い)。

今はインターネットにより、色々な情報が得られやすい状況です。1965年の
日韓サンフランシスコ講和条約による日本と韓国の和解の背景などを知ると、
教科書で習ってきたことは何だったんだ?ってくらいの衝撃を受けると思い
ます(私もそれを知ったときは、かなりビックリした)。

歴史は「事実」があっても、お互いの立場によって「解釈」が変わってしま
うので、お互いに納得できる形での落しどころを探すのは難しいですが、努
力するしかないのでしょうね。

1029 アップル :2004/07/21(水) 22:54
>>1025さん
勉強になります、ありがとうございます。

わんわんさん。
探偵ファイルは最近ハマってるサイトです・・w

戦争も利益の絡んだいわゆる喧嘩。どちらか一方の話だけしか知らないと
全体が見えないってころでしょうね。

なんにせよ、戦争を知らない世代の私からすれば遺恨無く中国も、韓国も、アメリカも
付き合っていけたらいいのにと軽く考えてしまうんだが・・。
北朝鮮もね。

1030 名無しさん@いらっしゃい :2004/07/21(水) 23:05
戦争と喧嘩は区別しなきゃいけないよ

1031 アップル :2004/07/21(水) 23:06
私はどっちも嫌いですからー

1032 アップル :2004/07/21(水) 23:07
>>1031
で、どう区別してるのですか?

1033 名無しさん@いらっしゃい :2004/07/21(水) 23:10
戦争は外交の一つの手段ですよ

1034 名無しさん@いらっしゃい :2004/07/21(水) 23:13
http://www.nhk.or.jp/sonotoki/sonotoki_yotei.html

日米開戦を決めた7日間 〜新史料が明かす 運命の外交戦〜(仮)
放映日 平成16年7月28日(水)21:15〜21:58 総合
番組内容
その時:1941(昭和16)年11月26日午後5時 
出来事:アメリカから「ハル・ノート」が手渡される

 日米開戦前夜、日本とアメリカは戦争を回避するため瀬戸際の和平交渉を進めていた。アメリカが日本の要求を認める形でを交渉が成立するかに見えた時、突然アメリカは態度を豹変。のちにハル・ノートと呼ばれる強硬案を日本側に提示する。このハル・ノートの内容に日本政府は絶望、開戦の最終決断を下すことになる。
 一夜にしてアメリカが態度を変えた背景には世界各国の壮絶な外交戦が関わっていた。今回初めて撮影が許可された中国の指導者・蒋介石の日記には、日米交渉の破綻をのぞむ中国の凄まじい外交戦の実態が克明に記されていた。一方、ナチスドイツと激闘を続けていたイギリス首相チャーチルは、アメリカに極秘電報を送り、日本との妥協に釘を刺していた。
 さらに近年、当時の日本外交の内幕を明かす新たな史料が発見された。日本がアメリカや中国の暗号電報を解読した文書が大量に見つかったのである。最近の研究では、この暗号解読文が、日米交渉の行方に大きな影響を与えたと指摘されている。
 日本に太平洋戦争の決断をさせた外交文書、ハル・ノート。その提出の裏に秘められていたドラマを新たな史料から描いていく。

1035 アップル :2004/07/21(水) 23:44
難しいので丸廉風に。

615が恨みを買った3日間 〜新史料が明かす 運命の夏合宿〜(仮っていうかフィクション)
放映日 平成**年*月**日(水)21:15〜21:58 丸廉TV
番組内容
その時:(平成15)年9月01日午前5時 
出来事:615がわんわんを叩き起こす!

 わんわん逆恨み前夜、わんわんと615は二日酔い明けの朝寝坊を回避するため密かにの和平交渉を進めていた。615がわんわんの要求を認める形でを交渉が成立するかに見えた時、突然615は態度を豹変。615はわんわん、TS577に午前5時起きを強要する。この615の強行にわんわんは絶望&激怒、開戦の最終決断を下すことになる。
 一夜にして615が態度を変えた背景にはまぁもともとそうゆう予定であったとな。今回初めて撮影が許可された丸廉のぷに神・ビスキュイの日記には、わんわん615交渉の破綻をのぞむまつたけの凄まじい外交戦の実態が克明に記されていた。一方、痴漢と激闘を続けていたアナグマは、615に極秘電報を送り、わんわんとの妥協に釘を刺していた。
 さらに近年、当時のわんわん外交の内幕を明かす新たな史料が発見された。わんわんが615やビスキュイの乱捕り戦略を解読した文書が大量に見つかったのである。最近の研究では、この乱捕り解読が、少林寺拳法の行く末に大きな影響を与えるだろうと噂されている。
 わんわんに午後の乱捕り稽古ロー攻めの決断をさせた615五時起き強行。いまだに消えぬその恨みとその背景のドラマを新たな史料から描いていく。


敬称略ww

1036 アップル :2004/07/21(水) 23:46
外交ってか、お偉いさんの都合で戦争に巻き込まれるなんてごめんだなぁ。

1037 名無しさん@いらっしゃい :2004/07/22(木) 00:01
都合?

1038 アップル :2004/07/22(木) 00:11
>日米交渉の破綻をのぞむ中国の凄まじい外交戦の実態が克明に記されていた。一方、ナチスドイツと激闘を続けていたイギリス首相チャーチルは、アメリカに極秘電報を送り、日本との妥協に釘を刺していた。

この辺は都合ってやつちゃうのかな?

1039 でんべえ :2004/07/22(木) 00:19
唐突に流れをぶったぎりますが、探偵ファイルは私も見てます。
「修羅の刻を再現する」
だったかが初見でした。

1040 アップル :2004/07/22(木) 00:21
な!?「修羅の刻を再現する」!!?
みたーい!!過去のページも全部見たけどそんなのなかったですよぉ。
見てみたいなぁ。。

1041 わんわん :2004/07/22(木) 00:28
>>1040

内容的に、事実に即していてワラタ

1042 hiro :2004/07/22(木) 11:01
探偵ファイル面白いっすよねー

1043 アップル :2004/07/22(木) 11:14
おすすめ
◆グラップラー山木・武神“愚地独歩”に挑戦!
http://www.tanteifile.com/baka/2002/11/11_01_yamaki2_05/index.html
◆グラップラー山木・烈海王に挑戦!
http://www.tanteifile.com/baka/2002/10/28_01_yamaki2_04/index.html

1044 アップル :2004/07/22(木) 13:20
>「修羅の刻を再現する」
だれかURL教えてくださーい。。

1045 でんべえ :2004/07/22(木) 17:54
>だれかURL教えてくださーい。。
http://www.tanteifile.com/baka/2002/09/02_01_zantetsuken2_02/

ああ、突如忙しくなってきた・・・。

1046 615期生 :2004/07/22(木) 17:58
キタ━━━━ヽ(Θ∀Θ )ノ━━━━!!!!
たくっ!!
丸廉はオタの集まりですか?

1047 アップル :2004/07/22(木) 18:10
>>1044

いいねぇ!!!!でんべえさんありがとですー

1048 615期生 :2004/07/22(木) 18:12
おもしろいですな〜

アップル君も何かに挑戦してみては?

1049 アップル :2004/07/22(木) 18:48
曙、“陸奥圓明流”秘技を習得
必殺パンチ「虎砲」で武蔵KOだ!
2004年3月9日
武蔵戦に向け、秘技「虎砲(こほう)」を習得していることが判明した曙【スポーツナビ】



 曙が“陸奥圓明流”の秘技「虎砲(こほう)」で武蔵をKOする! 「K−1ワールドGPシリーズ」(3・27さいたまスーパーアリーナ)で武蔵と対戦する曙が9日、朝稽古。この日から2部構成のトレーニングを試合開始時間に合わせ、午前にフィジカルトレーニング、午後にスパーリングの“本番”シフトにチェンジ。いよいよカウントダウンへとスパートをかけた。また、午前には6種類のメニューによるハイスピードトレーニングで胸と背中を強化。「小さなモーションから大きな爆発力を生み出す」劇画なみの必殺パンチを習得していることも判明した。曙は宿敵ボブ・サップが出場する3.14新潟大会も完全無視し、都内で秘技に磨きをかける!


リアルで実行しようとしている人がいたよ。。

詳細
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/k1/column/200403/0309sn_01.html

1050 615期生 :2004/07/22(木) 19:08
ていうか虎砲て知らないんだけど。読んでないから。

先日の曙は熊狩さんと夜中にTVで観てたけど、ふたりとも大ウケでした。

ていうか、はじめは
まだ曙やるの?
あぁそうかわかった。年間契約だな!? だから12月までは使うんだな!!
と思った。

1051 でんべえ :2004/07/22(木) 21:10
>ていうか虎砲て知らないんだけど。読んでないから。
端的に言うと、発卦です。(身も蓋もねえ)

「干した布団に拳を添えた状態で布団を打ち抜く練習をする」
ことで体得できるそうです。
まあ、無空波や龍波に比べれば、まだ納得できるかも。

1052 ビスキュイ :2004/07/22(木) 21:16
「発勁ですか?」
「違う…いや少なくともわしが受けたものは違った。全身に波のような…」

ってこれは無空波の説明か…

1053 615期生 :2004/07/22(木) 21:22
やべぇ、今私の頭の中は妄想だらけです。

1054 ビスキュイ :2004/07/22(木) 21:25
関係ありませんが「漫画・小説・アニメの武道・格闘技の必殺技を実験・検証するオフ」
のスレを2ch武板に立てちゃろかと何度も考えましたが何か?



まるっきりオタだな…_| ̄|〇

1055 アップル :2004/07/22(木) 21:29
>「干した布団に拳を添えた状態で布団を打ち抜く練習をする」

とりあえずやってはみたものの・・・むなしくなってきたのでやめた_| ̄|〇

けど旋(つむじ)ならがんばればできそう。当たる気はしないけど。
とっしぃさんいけるかもしれん。

1056 ビスキュイ :2004/07/22(木) 21:34
>アップルさん
そこでカポエラ娘達に弟子入りですよ!
旋や斧鉞(字あってるかな?「ふえつ」ね)なら出来るかもしれん…

1057 615期生 :2004/07/22(木) 22:22
>1054
おもしろそうじゃない。作るべし。

1058 ビスキュイ :2004/07/22(木) 22:57
>>1057
もうちょっと涼しくなったらね。しかしだいぶスレ違いな話題になっちゃったなあ〜(^_^;)

1059 アップル :2004/07/29(木) 12:00
少林寺拳法!考試員審判員資料♪ 
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d50480099


こんなもの売ってどうする、買ってどうする・・。

1060 アップル :2004/07/29(木) 12:01
少林寺拳法!考試員審判員資料♪ 
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d50480099


こんなもの売ってどうする、買ってどうする・・。

1061 rusher :2004/07/29(木) 12:06
しかも改訂前、2003年度資料だ(爆笑)

1062 615期生 :2004/07/29(木) 12:14
もしかしてそこが味噌なのかも!!w

1063 名無しさん@いらっしゃい :2004/07/29(木) 12:16
この本があれば演武大会の対策に役立つのかも?

1064 615期生 :2004/07/29(木) 12:17
てか講師院してる先輩に見せてもらえばよいのでは。

1065 名無しさん@いらっしゃい :2004/07/29(木) 12:20
そういやそそうですね。
もう少しで買うところでしたw

1066 rusher :2004/07/29(木) 14:18
2004年度版を入手してね。( ̄∀ ̄)

この件、国内より海外のほうが混乱が激しいな。

1067 rusher :2004/10/30(土) 14:12
大会で審判員をやるんで、体格がだいたい同じ知合いの道院長から
昨夜審判員ブレザー類一式借りてきたのですが、
ボタンから何から、本当に卍だらけですな、これ。

1068 ビスキュイ :2004/10/30(土) 14:16
私も明日地元の大会で審判やりますが、服装に関してはまだあまり煩いこと言われません。
でもそのうち買わなきゃいけないんだろうな〜高いんだよな〜。もしマーク変わって「買
い替えろ」とか言われたらみんな切れるだろうな〜。

1069 曲家 :2004/10/30(土) 15:12
>>1055
飛燕十字カズラを習得してます。(ウソ)
できないです

飛燕の時点で無理ですから(笑)残念!
>>Lamさんなら習得できそうな予感

1070 rusher :2004/10/30(土) 15:35
>もしマーク変わって「買い替えろ」とか言われたらみんな切れるだろうな〜。

すでに今年購入した方々は異口同音に切れてますが、唯々諾々でないというだけで、
ノイズをひとしきりたてたあと従っています。つまり付け替え、買い足しです。

自分は、考試員・審判員の級が来年上がりますが、購入の予定は今のところありません。
そもそもネイビーブルーのスーツへ「汚ない」「没個性」との印象を個人的に持っていて、
ビジネス用途にも作ってないのです。たいていグレーか焦げ茶、あるいはビスさん同様
ポール・スチュワートの肌理の細かいチェックが好みで。

1071 とっしぃ :2004/10/30(土) 15:41
呼びましたか?>>1055でw
旋と弧月の記憶が曖昧です
旋:空中二連廻蹴?
弧月:逆立ち蹴
と記憶していますが、合ってるのかな?
っていうか、側中翻?がいまだできませんが、なにか?

1072 アップル :2004/10/30(土) 15:43
お、遅!!
陸奥技オフでも今度やりましょう。ただのヲタ練習会だなw

1073 でんべえ :2004/10/30(土) 16:17
みんな四門を開けてしまい、死屍累々の結果となる・・・?

1074 Lam :2004/10/30(土) 16:20
>飛燕十字カズラを習得してます。(ウソ)

次回丸廉参戦の時のネタにいただきです!!
さっそく練習して見ます〜←バカ 笑

ところで肝心の技ですが思い出せない・・・
古本屋で修羅の門をGetしてきますので、飛燕十字カズラが
でてくるのは何巻か教えていただけますでしょうか?
(はい、本気です 笑)

1075 アップル :2004/10/30(土) 17:32
Lamさん

飛燕十字蔓
(ひえんじゅうじかずら) 飛びつき腕十字を繰り出し、本来絡める足で顔面に蹴りを叩き込み、
相手を地面に倒し腕十字を極める。

飛燕裏十字蔓
(ひえんうらじゅうじかずら) 飛燕十字蔓と同じく、蹴りを叩き込んだ後、
残りの足で相手の足を払い、前のめりに裏十字を極める。


何巻だったかなぁ。。

1076 とっしぃ :2004/10/30(土) 18:36
>>1073
青竜と白虎はどんな技なんだろう・・・
その前に分身が出来ないといかんのか_l ̄l○

1077 Lam :2004/10/30(土) 23:50
>アップルさん

詳しい解説ありがとうございましたm(__)m
むかーし柔道時代の友達に習った飛びつき十字+蹴りのイメージかなと
思いました。
でも無理っぽいです(笑)
仮にできたとしても丸廉で披露という訳にはいかないですね・・・

ということで別のネタを探して取りあえず古本屋で1巻を買ってみたら
いいネタが!!
鳥人泉の飛燕連脚
しばらく本気で練習してみます♪

というか三十路突破してるのに何をやってるんだか、私・・・(苦笑)

1078 でんべえ :2004/10/31(日) 00:02
個人的には「龍波」を希望。

1079 とっしぃ :2004/10/31(日) 00:19
と云うことは「菩薩掌」も習得しておかなければンケキですな。

1080 すえひろがり628 :2004/10/31(日) 01:24
 確か、対飛田高明戦で出していたと思うので6巻か7巻ではないかと思います。

1081 アップル :2004/10/31(日) 01:39
やっぱり縦鈎突で目指せ虎砲ですなー

1082 rusher :2004/11/04(木) 13:47
金のない大学生も、
通貨価値が全然異なる諸外国の拳士も、
道衣の買い替えを強いられるんだな。

1083 ビスキュイ :2004/11/04(木) 13:51
そのようですな…

1084 rusher :2004/11/04(木) 22:10
そういえば防具についている卍や盾卍については何も聞いていないが。
いずれ沙汰があるのだろうか。

1085 みんみん :2004/11/04(木) 22:20
追って沙汰があろう・・・って感じ?
少林寺はボランティア武道団体⇒お金かからないってのがいいトコなのに
だんだんお金がかかる武道になってきてる。
道院長はボランティアのままなのに。

1086 rusher :2004/11/07(日) 04:35
こういうマンガは著作権や肖像権保護の対象になるんでしょうかねエ?(笑)
http://www.karate-tsunami.prv.pl/

1087 rusher :2004/11/08(月) 16:40
先日masaさんに、

>フランスやポーランドでは、本当に卍への反発が強いのです。
>これがポルトガルまで行くと反発はないのです。
>欧州連盟に加入する前のポルトガルの支部では、実際に卍胸章を使っていました。

とメールしたんですが、フィンランドもそうでした。

http://personal.inet.fi/koti/vesa.maki-kuutti/docs/manji.htm

1088 615期生 :2004/11/08(月) 16:42
>1086
微妙だ・・・
我々がみればわかるけど。

1089 Syami@Office :2004/11/08(月) 17:52
>>1086

あらら?これはまごう事無く御先生の上受投!?
不動禅みたいな事してるなぁ。

1090 力愛ぷに :2004/11/09(火) 14:17
>>1087
フィンランドは先の大戦中ナチスドイツと同盟を結んで
ソビエトと戦ってましたからねぇ。嫌悪感や反発など
ないはず。でもこれはソビエトの侵攻に対抗するため
だった様な。

それにしても世界中の拳士が新しい道衣を買わねばならないのだろうか?

1091 ビスキュイ :2004/11/09(火) 14:36
>フィンランドは先の大戦中ナチスドイツと同盟を結んで
>ソビエトと戦ってましたからねぇ。
>でもこれはソビエトの侵攻に対抗するため
>だった様な。

小林源文さんの漫画で読んだな〜。最終的には負けてしまいましたが,
戦場ではソ連を相手に相当に善戦したらしいですね〜。

>それにしても世界中の拳士が新しい道衣を買わねばならないのだろうか?

最終的にはそうなるんでしょうな〜。日本だけで現役拳士は10万人くらいでしたっけ?
まあ仮に全員が2着買ったとして20万着,新しい道衣の値段はまだ知らんけどまあ子供
用も含めて仮に1着1万円として…
えっ!?凄い数字やん…これが世界規模で買い換えとなったら…

1092 ビスキュイ :2004/11/10(水) 10:29
道院で指導していてフト思ったこと…私個人としてはガンガンやるのが好きだし
皆にもガンガンやってもらいたいですが…「一般の道院」においては「ヌルイ稽
古」も必要かなと。まあ「ヌルイ稽古」ばかりでは困りますが,仕事を何とかこ
なしてようやく稽古に参加して…という人が「好きな武道をやっている」という
雰囲気だけでも味わってそれがストレス解消や明日への活力になるならいいかな
と。ただ…



学生はガンガンやること!!

1093 615期生 :2004/11/10(水) 12:52
生物屋が社会にもっとも貢献できた言葉は、
弱肉強食ではなく、nicheだと強く感じる日々。

1094 rusher :2004/11/10(水) 21:17
>>1092
それをまとめると、つまるところ、どうおっしゃりたいのでしょう?
なんだかとっちらかっててよくわからない。

1095 わんわん :2004/11/10(水) 23:10
>>1094
健康増進目的の方はまたーり!
強くなりたいと思ってはじめた体力ある学生はガンガンしろよ!

ってことでは?

ぬるま湯体質をそのまま受け入れてはいけないということと解釈しましたが、なにか?

1096 rusher :2004/11/10(水) 23:21
>>1095
そうなの?
最後の一文はお茶目なオマケかと思ってたけど結論だったのか。

1097 ビスキュイ :2004/11/11(木) 08:40
>ラさん&わんさん
あ〜,何となく思いついたことを取りとめもなく書いてしまったので
分かり難かったですか〜。ってか私もよくわからんかも…
まあ良く考えてみるとわんさんのまとめみたいなことかにゃ。

1098 rusher :2004/11/11(木) 09:14
>>1097
ますます理解に苦しむね。

仮に「一般道院がぬるま湯だ」あるいは「ぬるま湯でもいい」として、どうして学生がそんなこと知るの?
わしが知っている学生の多くは、一般道院に出稽古なんかしないよ。するとしても学年が上がってから。
だから、そもそも「一般道院がぬるま湯だ」なんて学生に知らせること自体が余計なことだと思うけど。
それを知らせることによりいったい何のメリットが学生に生じるのでしょうか?

それから、マターリやりたい学生の存在を、あなたは(あなたがたは)認めないわけ?
つまり「強くなりたいと思って始めた」のなら、それが学生であろうがなかろうがガンガンやればいいんじゃない?

1099 ビスキュイ :2004/11/11(木) 09:36
いかん,ますます分かりづらくなりましたか…
うーむ,もう一回最初の文を考えてみると

道院で指導していてフト思ったこと…私個人としてはガンガンやるのが好きだし
皆にもガンガンやってもらいたいですが…
(ここは私個人の嗜好の部分ですな)

「一般の道院」においては「ヌルイ稽古」も必要かなと。
(「ヌルイ稽古」を「運動強度が低目の稽古をする部門」に修正」)

まあ「ヌルイ稽古」ばかりでは困りますが,仕事を何とかこなしてようやく
稽古に参加して…という人が「好きな武道をやっている」という雰囲気だけ
でも味わってそれがストレス解消や明日への活力になるならいいかなと。

(「ヌルイ稽古」を「運動強度が低目の稽古をする部門」に修正。「困る
の」前に「ガンガンやりたい人は」を挿入)


ただ…
学生はガンガンやること!!
(ここはビスキュイ願望ですな)

ということで書き直すと,

道院で指導していてフト思ったこと…私個人としてはガンガンやるのが好きだし
皆にもガンガンやってもらいたいですが…「一般の道院」においては「運動強度
低目の稽古をする部門」も必要かなと。まあ「運動強度低目の稽古をする部門」
ばかりではガンガンやりたい人は困りますが,仕事を何とかこなしてようやく稽
古に参加して…という人が「好きな武道をやっている」という雰囲気だけでも味
わってそれがストレス解消や明日への活力になるならいいかなと。
ただ私個人の願望としては,学生(大学拳法部)はガンガンやって欲しいぃ!!

って感じでしょうか。

1100 ビスキュイ :2004/11/11(木) 09:41
結局こうかな↓
「激しくやりたい人は激しく,ゆっくりやりたい人はゆっくりやりましょう。
個人の目的・嗜好はそれぞれなので,運動強度が低いというだけで悪のように
言うのはやめましょう」

1101 名無しさん@いらっしゃい :2004/11/11(木) 10:54
ガンガンやりたい一般道院の学生拳士はどうすれば・・・

1102 rusher :2004/11/11(木) 11:05
>>1101
ガンガンやりましょう。

1103 ビスキュイ :2004/11/11(木) 11:06
>1101さん
「道院内で仲間を見つけてガンガンやる」
「出稽古に行く」
「転籍する」
などの方法が考えられます〜

1104 アップル :2004/11/11(木) 11:09
ガンガンやりたい一般道院の若い(つもり)拳士はどうすれば・・・

1105 rusher :2004/11/11(木) 11:11
>>1104
ガンガンやりましょう。

1106 ビスキュイ :2004/11/11(木) 11:13
>アップルさん
「丸齧り」
「絞ってジュースで」
「バターで炒めてシナモンまぶしてパイ皮で包んでオーブンで焼く」
などの方法が考えられます〜。

1107 rusher :2004/11/11(木) 11:16
>>1099
>ただ私個人の願望としては,学生(大学拳法部)はガンガンやって欲しいぃ!!

「学生はガンガンやれ」と言うのは個人の願望とか応援の範疇内にとどめていただきたい。
大学拳法部を過度に一般論で語らないでいただきたい。
OBが自分の出身大学の後輩に対して何を言おうが知ったことではないが、
他の大学の状況に対してあれこれ煽りを入れるとトラブルの元になる。

1108 アップル助士@グチ :2004/11/11(木) 11:24
ラさん!11/11 11:11 GETですね!

運動強度に関係がない部分。

・挨拶ができる
・帯がきちんと自分で結べる
・道衣を自分で着れる
・道衣をキレイにたためる
・整列ができる
・人の話を結手構えで聞ける
・靴を揃えて並べる

以上のようなことはどのように支部長に要求すればいいんでしょうか。
できなくてもいいこと?関係ないって言われてしまえばそれまでですが、
拳法の技術以前に学ばせることは多いと思うのですよ。
一見あたりまえのことなのにうちの子達はできません。教えていないから学んでいない。
支部長にこれらの特訓をさせましょうといっても「昇級前だから」って・・。
昇級準備でない時期なんてうちの支部にはないじゃないか。

緑帯になってもいまだに帯結べない子もいるし、帯がグリんとねじれていても
「うちの支部はそんなに厳しくいってないから」っていうし。
基本稽古中に足元を赤ちゃんがハイハイしてても何にも言わないし。

本部が昇級試験を急かすからって、天地拳すら覚えていないまま昇級試験に出された
一般拳士の身にもなってみろ。どうせ受かるからってそんなの意味ないじゃん。

ふぅ。ほんと本部の方針もよくわからん・・

1109 ビスキュイ :2004/11/11(木) 11:25
>>1107
了解でーす。確かにちょっと言葉足らずでございました。

1110 ビスキュイ :2004/11/11(木) 11:41
帯と言えば…なーんか私は入部した時に最初に教えてもらった帯の結び方
が他の人と違う気がするんだよね…今度誰かに見せてもらおっと。

1111 アップル :2004/11/11(木) 11:46
私は21で入門だったけど。入門当日は、
帯の結び方、道衣のたたみ方、作務について(雑巾がけとかほうきの使い方とか)
それが終わってから合掌礼、着座、安座へと入りました。

はじめに言われたのは「ここは武道をやってる道場だ。」だったな。はっきり覚えています。

1112 615@人のパソコン :2004/11/11(木) 11:46
個人的には
・起立・着座をものすごい勢いで
も。よっこらっせと立ち上がったり座ったりするのは、個人的に大嫌い。
誰よりも速く早く立ち上がるぜ!!という気概がほしい。

1113 ビスキュイ :2004/11/11(木) 11:49
私は最初は道衣ではなくジャージだったので帯の結び方・道衣のたたみ方
は後日でしたが,最初に習ったのは「脚下照顧」だった気がする。

1114 アップル :2004/11/11(木) 11:51
615>よっこらっせと立ち上がったり座ったりするのは、個人的に大嫌い。
禿同

ビ>私は最初は道衣ではなくジャージだったので

あぁ、私は親父様の道衣を持ってたんですよね。

1115 615@人のパソコン :2004/11/11(木) 11:59
えぇ話や

1116 でんべえ :2004/11/11(木) 12:29
うちでは道院長、副道院長、助教、私と全員帯の締め方が違います。
新しい子が入ってくると、いつも帯びの締め方をどの方法で教えるか
悩んでしまいます。
皆さんのところではどうですか?

1117 アップル :2004/11/11(木) 12:34
>皆さんのところではどうですか?

私は帯が途中でねじれてなければヨシと思います。

1118 rusher :2004/11/11(木) 12:36
>ラさん!11/11 11:11 GETですね!

カウンターのキリ番で騒ぐのもそうだけど、こんなの何が面白いの?

>以上のようなことはどのように支部長に要求すればいいんでしょうか。

口頭で言い、メールで言い、これまでどおりビシビシやる:
言葉より行動を優先して、雷を落とし、模範を示し、喜怒哀楽を露にする。

何をどうやっても支部長と問題意識が共有できないということであれば、転籍を視野に入れる。
不愉快な思いを我慢して道場へ行ったって、たいした実りは期待できない。
そして自分がハッピーでないときに他人をハッピーにする余裕は生まれない。
それどころか、自分がハッピーになれない金剛禅を他人に説いて教えて導き、他人を誘いこむということは、普通の正直者がやらない(できない)詐欺だ。
詐欺はやめたほうがいい。心が汚れる。

1119 アップル :2004/11/11(木) 12:45
>こんなの何が面白いの?
数字がならんでいるところ。

>口頭で言い、
済み
>メールで言い、
済み
>これまでどおりビシビシやる:
あとはここだな。

1120 ブウ :2004/11/11(木) 12:56
>1118 Rusherさん、
率先垂範、賛成です.
模範を示せば、必ず周りはついてくると思います.

1121 rusher :2004/11/11(木) 12:58
>>1116
ちゃんと横に結んでさえあれば、極真の結び方してても注意なんかしません。
帯が太い/厚い/他の原因で解けやすい人のみ、解けにくい結び方を教えますが、
それを採用するかどうかは本人任せです。
自分が教えるときは背中側で交差しないのに統一しますが、交差してても放置します。

前所属の支部長は、一旦子供達に全員帯をほどかせて、帯を締めなおす競争を
ときどき全員にやらせてます。だからここの子供は未就学児でも帯は自分で結べます。
自分は、整列中に帯やズボンの紐がほどけた子供に対して一律に
「合掌礼して列から離れ、隅っこへ行って直してから列に戻って合掌礼して加わる」
としつけました。
列の真ん中でモゾモゾされると、前から見ていてイライラするもんで。本人も焦るだろうし。

1122 アップル :2004/11/11(木) 13:32
>前所属の支部長は、一旦子供達に全員帯をほどかせて、帯を締めなおす競争を
ときどき全員にやらせてます。だからここの子供は未就学児でも帯は自分で結べます。

スゴ!!うちでもたまやろうっと。

>自分は、整列中に帯やズボンの紐がほどけた子供に対して一律に
>「合掌礼して列から離れ、隅っこへ行って直してから列に戻って合掌礼して加わる」
>としつけました。

こういうことがきちんとできるお子様って素敵だ。。

1123 ビスキュイ :2004/11/11(木) 14:06
子供達は(大人も?)結構競争好き。それを良い方に活用したです。

1124 ビスキュイ :2004/11/11(木) 14:07
>活用したです。

意味通らんですね…「活用したいです」でした。

1125 rusher :2004/11/11(木) 14:55
競争はいいです。みんな自分を駆り立てて熱中します。
成功体験を積み重ねるための手段として、どんどん取り入れればいいことだと思います。
ただし自分は、つまらないゲームで勝ってそれを無闇に誇るやつは嫌い。
結果出てきた数値にこだわるやつは嫌い。
勝利成績にいらん価値を見出して昔の入賞結果を自慢してる年寄りは嫌い。

おっと、話がそれました。
指導をなさるかたはゲームが終わったあとにそれをどうフォローするかも考えましょう。
どうぞ「勝てば官軍」と勘違いしないように昇華してあげてください。

1126 アップル :2004/11/11(木) 15:08
>指導をなさるかたはゲームが終わったあとにそれをどうフォローするかも考えましょう。

これが一番大切で且つ難しいなぁ。それが修行か。

1127 rusher :2004/11/11(木) 23:08
>>1126
前所属でやってたのはこんな感じ。

大会でメダルや賞状を取った子は、その次の稽古の時に持ってこさせて改めて授与。
さらに雛壇に上げて一人ずつ感想を言わせてそれをビデオに撮ったり写真撮ったり。
これを題して「ヒーローインタビュー」。

ひとしきりこうして祭にして騒いだら、その後ピタッと切替えて、絶対に引きずらない。
入賞した子を「おまえが教えろ」と特別扱いもしないし、
入賞しなかった子に「そんなんだからいい点取れないんだよ!」と責めたてもしない。

始終入賞する子ってのはどうしても現れるんだけど、その子を天狗にしてはいけない。

1128 masa :2004/11/12(金) 12:22
>>1127 rusher
>前所属でやってたのはこんな感じ。

バランスが取れてますよね。「生徒を公平に扱う」のは、教員やっていて
一番難しいことの一つなんですが、ラさんの子供の扱い方は見ていて
参考になります。

1129 rusher :2004/11/12(金) 17:06
ちなみに子供を扱う上では、学生のときに家庭教師や塾の講師をやった経験が参考にはなりましたが、
うまくいった理由は「自分が子供」だからでしょう。子供以上に飽きっぽいから、手を変え品を変え、
少林寺拳法の中にある技法をおもちゃにして、子供と一緒に遊ぶわけ。楽しいよ〜。

あと、成立要件はこんなとこかな。
・10歳以上の小学生と10歳未満の子供は分離。
・子供の集団に対して指導する大人は単数にする。複数いると邪魔。
・途中で他の大人に邪魔させない。たとえそれがどんなに偉い人でも。
・もし脱線したら、30秒程度、思う存分脱線させてから戻す。
・相手はどんどん変えさせる。総当りで順繰りにする。
・長い話は禁物。飽きて注意散漫になるから。
・笑いの要素も欲しい。(すなわち緊張と弛緩)

1130 アップル :2004/11/12(金) 17:25
>>1129

んーなるほど。勉強になります。

>・途中で他の大人に邪魔させない。たとえそれがどんなに偉い人でも。
た、たいみんぐが難しいですね。支部長が来て断固拒否!!とはいえないし。
急に違うことをさせないということですかね?


>・相手はどんどん変えさせる。総当りで順繰りにする。
これはすぐに実践できそう。

1131 615期生 :2004/11/12(金) 18:08
>た、たいみんぐが難しいですね。支部長が来て断固拒否!!とはいえないし。
(・д・)ギラッ
と睨むんですよ。眼光鋭く。

1132 rusher :2004/11/12(金) 18:32
>>1130

>>・途中で他の大人に邪魔させない。たとえそれがどんなに偉い人でも。

>た、たいみんぐが難しいですね。支部長が来て断固拒否!!とはいえないし。

まずは「機先を制する」です。
その大人が口を開く前に近寄って「今……をやってます、次に……をやります」と前もって
立て板に水のごとく説明しておくことにより、「あんたの出番は今じゃないよ」と暗に知らせます。

それから、羊達があんまり散らばらないように目を配ります。さもないとさらわれてしまいます。

それでも割り込んできたら、自分の面子は捨てて、教わっている人たちの混乱回避を最優先とし、
頭をフル回転させ、いかに包括的に指導を進めるかを考えます。そこでは合掌礼というツールを
上手に使うことです。ひとしきり指導が終わったところで全員に「礼!」と号令をかけて、
「話を終わらせる」わけです。あとは遠ざかるまで刺激的な発言と行動を慎みましょう。

さて総論ですが。割り込みはポワソン分布的に発生するので、慣れないうちは長時間大人数を
拘束するのを避けるようにしましょう。つまり指導内容を小刻みなユニットにしておきます。
ある程度皆の動きが出来上がったところで、こちらから偉い先生に「先生、コメントをお願いします!」
と話を振って、ガス抜きしておくのも一つの手法です。
とかく、指導する立場になると、ついついあれもこれもと教えたくなってしまいますが、
そこで欲張らないことです。
むしろ「ここから先が面白いんだけど、また来週ね〜」とじらすくらいにしましょう。

1133 アップル :2004/11/12(金) 18:51
なるほどなるほど。

ヨシ、明日マターリと実践してみます!!

1134 名無しさん@いらっしゃい :2004/11/15(月) 22:29
少年部の指導のお話とても参考になります。

1135 rusher :2004/12/01(水) 15:57
つくづく死んだ人間というのは便利ですね。
死んだ人間はものを言いませんから。反論しませんからね。
「開祖の思い」という言葉の独り歩きが目に余りますわ。

「開祖の思い」は、そこかしこにあります。
金剛禅として禅宗を開創されたことしかり、その金剛禅という名称しかり、道院という用語しかり、
嵩山少林寺にちなんだ「少林寺」「拳法」という名称しかり、
多度津に本部があることしかり、
「日本民族として祖国日本を愛し、日本民族の福祉を改善せんことを期す」という信条しかり、
胸章の卍のマークしかり、
法形(なぜこの法形があるのか、この法形から何を学び取るべきか)しかり、
その法形の整理方法しかり、
すでに少林寺拳法オリジナルではない「拳禅一如」「拳士」といった用語しかり、
誰を何の理由で破門したか、誰を相手にどう訴訟したかという歴史しかり。

これらすべて、少林寺(金剛禅・拳法)の文化です。
少林寺の文化はこれまでにもことごとく改変され(あるものは蹂躪され)てきてます。
ときおり、改変する側も「開祖の思い」を言い訳にし、
あるいは改変に反対する側も「開祖の思い」を言い訳にしたりしてます。
醜悪なことこのうえないです。反吐が出そう。

「釈尊の寂滅前は仏教という宗教はなかった。あったのは釈尊による善導運動だ」
と友松圓諦氏は著書に書いています。そして釈尊寂滅後、仏教徒は、あんなに釈尊が批判した
「迷信」に陥り、仏舎利を祀って仏塔を立てたりしました。
そして仏教という宗教が生まれました。
開祖遷化後ほんとうに「迷信」的宗教が生まれています。
教範を丸覚えした道院長がその教条主義者ぶりを自慢してます。
開祖の遺体を拭いた綿を後生大事に持っている道院長がいます。
開祖以外のスーパースターを少林寺拳法の中から除去するのに本部はやっきです
(だから中野先生・三崎先生の実演画像が、教範改訂で除去されるのです)。
試験科目には開祖の生誕年号や生誕地が出ます。いずれそのへんに銅像でも立てるのでしょうか?
本部敷地内にはもう立ってますが。
どうか「触ると御利益でもある」とか言い出さなければいいですけど。
本部に帰ったら開祖廟でお線香上げるのを義務化している道院もあるのではないですか?
こうして開祖に対する「迷信」が育まれます。

この際、わしは敢えて提案します。
「『開祖の思い』なんて便利な言葉を軽はずみに吐くな!」

……だってさ、開祖が現状を御覧になったら
「わしが言ってもいないことを曲解して言い訳にするな!」
って怒号発するでしょ。(←これがオチ)

1136 ビスキュイ :2004/12/01(水) 16:11
例え開祖が言ったことであっても「それはホントに正しいのかよ?」と自分で考えて
みるて納得でききゃ「それはおかしいんじゃないですか?」と言えるようにするのが
開祖の教えだと思っとります。
まだまだ私は出来ていない…・

1137 アップル :2004/12/01(水) 17:26
>「それはおかしいんじゃないですか?」
なーんて正面きって言ったがために私のように追い込まれることもあるわけですが、、、。

開祖をがいない時代に生まれた私のような拳士は開祖ってどんな人なんだろうかと
まったく情報がないわけで。手元にある資料は本部が用意したものだし。
だから作山先生の本なんかにでてくる開祖のお話がとってもおもしろい。
面白い人だったんだろうなぁ開祖は( ̄▽ ̄)

1138 名無しさん@いらっしゃい :2004/12/21(火) 05:52
>1135
教範を丸覚えした道院長がその教条主義者ぶりを自慢してます。

憶えてるのは凄いことだと思うけど。読んでない人が多すぎるように思うし。

1139 :2005/01/03(月) 02:10
呼ばれてないヶど じゃじゃじゃじゃぁ〜ん!!!!(ハ●ション大魔王ヵよっ
どうも初デスww
たまぁぁぁに見させてもらってます(ノω・)チラッ
ハィ。急に質問w少林寺のマークって変わるじゃないですヵ!!
いろんなマーク説がありすぎてどれが本当のマークなのヵわからんです。汗
だれヵこれ本当(σ´∀`)σっての知りません??w

1140 アップル :2005/01/03(月) 13:41
>>1139
おっと、テンション高い方が現れましたな。はじめまして、アップルです。
新マークについてはもうすぐ、9日の鏡開きで正式に発表になりますから
それまで待ちましょう。

1141 615期生 :2005/01/04(火) 09:53
そうかぁ

1142 桜楽卍 :2005/01/04(火) 19:12
9日か…
ん〜、卍のままがいいなぁ。(())だけは嫌だなぁ〜。

1143 坊主拳法 :2005/01/04(火) 20:10
4日がご用はじめ?なので、今日本山HPの看板が変わるのかと期待してました。

しかし「(())」って何を象徴してるか(陰口での呼ばれかた)知られると、
煽られるんでしょうね、(;_;)

1144 酒乱 :2005/01/05(水) 10:27
「(())」卑猥なことを考える私がいけないのでしょうか?

http://sports7.2ch.net/test/read.cgi/budou/1102130352/l50

金髪論議の方も面白いですねぇ

下らない事で受け入れないのはそれだけ器が小さい
それだけの事でしょう。
人種差別の話に良く似ています。
元々金髪だったらどうなるのか?
黒く染めれば普通に見られるのか?
そもそも普通とはそれほど良いものか?
色の違いで見分けるのではなく遣らせて
良く見てから判断するのが就職との違いですね。
一緒にしてはいけませんね。
抜きん出た者を排他するのが日本だと
「ブラックレイン」マイケル・ダグラスの
セリフでしたがもういい加減変わってます。

1145 アップル :2005/01/07(金) 09:35
オザキは道衣800,235着、法衣22,120着、帯1,112,600本(生産累計)をもちまして2004年9月30日に自社工場での生産を終了いたしました。

なお、現行品につきましては2005年3月31日まで販売いたしております。
一部商品に欠品が出ておりますので、お早めにお買い求めください。

http://www.ozaki-sk.co.jp/info/info.html

やっぱりOZAKIも買えなくなるのか。ほんとにどうなるんだろう。
メーカー一本にしぼるんかなー、独禁法とかってこういうのは関係ないの?
いや、あんまり法律にはくわしくないんですけど・・。
帯だけでも買っておくかなー。

1146 アップル :2005/01/07(金) 09:37
 グッズの販売についてのお知らせ
オザキ・オリジナル少林寺拳法グッズは統一マーク・ロゴへの変更に伴い、
WEB SHOP上での販売を終了いたしました。
統一マーク・ロゴへの変更後のグッズの販売に関しましては現在のところ
未定となっております。
http://www.ozaki-sk.co.jp/goods.html

1147 rusher@HQN :2005/01/09(日) 12:29
みぞれが降り始めた。(-_-)

1148 rusher :2005/01/09(日) 13:16
メビウスの輪みたいなあの双円マークの除幕式では会場ざわつきました。
それをつけた本部拳士の演武を見ると、でも胸章がどうとかは気にならないね。
マーク説明映像はなんだか灰谷健次郎くさい。
説明には宗由貴総裁オリジナル用語『円の効果』というキーワードを使っている(双円と呼んでいる)。

1149 ビスキュイ :2005/01/09(日) 13:40
やはり噂になってた例のマークで決定でしたか…
まあそれはそれとして、心に卍を刻んで頑張って行きますよ。うん。

1150 615期生 :2005/01/09(日) 13:47
荘園ですか。

また新たに単語登録しなきゃ。

1151 Syami :2005/01/09(日) 13:50
ふぅむぅ・・・

1152 615期生 :2005/01/09(日) 13:55
イェーイ
みんなノッてるか〜い!!

1153 615期生 :2005/01/09(日) 14:06
世辞ではないけど、色が付くとあんまり違和感ない気もする。
卍の方が好きだけど。まあ、がんばるしかない。

1154 AGI :2005/01/09(日) 15:49
ま、色が付いてあわびにはみえなくなったな…

1155 rusher@高松 :2005/01/09(日) 15:58
あの配色に個人的に強い反感を感じなかった理由がわかった。
遠目に欧州胸章と似ているからだ。

1156 花のサンパチ@前向きに考えましょう :2005/01/09(日) 18:13
個人的には非常にセンスの無いマークだと思います。
同じ輪でも50周年記念のマークの方がましですね。
輪を使うにしても、トヨタのマークを作った人に頼んでもっと
かっこよくした方がよかったと思います。

ただ、拳法はファッションでないから、あのマークのかっこ悪さを
自分の技術で補えばいいかと。

1157 :2005/01/09(日) 18:37
新しいシンボルマークですが、
たしかに卍には劣りますが、僕個人としましては、
けっこういいような気がします。
配色も道衣にはえるんじゃないかなぁ!!

違和感がある方々も、卍への親しみからどうしても批判的にはなるかとは思いますが、
これからこのマークが普及すれば、自然に感じてくるのではないでしょうか。
シンボルマークにこれだけ熱くなるということは、みなさんそれだけ少林寺拳法を本当に
愛してらっしゃるのですね!!

1158 携帯hiro :2005/01/09(日) 18:41
カラフルで良いマークですね。

1159 masa :2005/01/09(日) 18:52
少林寺拳法「卍」に別れ(共同通信)

国内外に約150万人の会員を抱える「少林寺拳法グループ」(総本部・香川県多度津町)は9日、
ナチスの「かぎ十字」を連想させるなどとして、1947年の創始以来使ってきた「卍(まんじ)」
の紋章にかわる新しいマークを公表した。新しい紋章は白と黒の輪が重なるようにつながった
デザイン。2つの輪は自分と他人の幸せを共に考えるという少林寺拳法の理念「自他共楽」な
どを表現しているという。

[共同通信社:2005年01月09日 17時30分]

公けの報道はこんな感じです。

1160 アップル :2005/01/09(日) 18:55
<少林寺拳法>「卍」紋章を変更へ 香川・多度津の本部

 香川県多度津町に本部がある「少林寺拳法グループ」(宗由貴総裁)は9日、40年以上使用してきた「卍(まんじ)」の紋章を、4月から変更すると発表した。「卍」はナチスのかぎ十字(ハーケンクロイツ)を裏返した形になっているため、欧米のユダヤ人団体などから反発が続いていたといい、世界中に少林寺拳法の普及を目指す同グループの活動の妨げになっていた。
 新紋章は、白と黒の二つの円を重ねたもの。「調和」を表すという。ロゴは「SHORINJIKEMPO」とローマ字にした。
 少林寺拳法は、中国の修行僧の護身術を基に、宗総裁の父親が1947年に創立。同グループは世界32カ国に支部があり、会員約150万人。国際大会も4年に一度開かれている。「卍」は仏教で功徳を意味し、61年に商標登録した。新紋章にした後も、商標としては残される。
 この日の序幕式で、宗総裁は「全世界に向け、一つのマークの下に少林寺拳法をアピールしていきたい」と話した。【清水直樹】
(毎日新聞) - 1月9日18時45分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050109-00000038-mai-soci

話のながれでこっちに載せます。まぁ、がんがるしかないっす!
私達の修行は変わるわけではありません。
次の会報にでも詳しくマークの意味や説明が載るのではないでしょうか。
せっかくなんでちゃんと読んでおこうかな。

1161 名無しさん@いらっしゃい :2005/01/09(日) 19:08
http://www.buzan.or.jp/syuha/

ここのマークと似ている。意味は違うが。

1162 rusher@ANA HOTEL CLEMENT TAKAMATSU :2005/01/09(日) 19:24
おーっと。Tシャツを携帯で撮ったあのあんまり綺麗じゃないのを速報にしちゃったのか。

1163 :2005/01/09(日) 19:29
本当だ!そっくりですね!そうか!いいんだけれど、
どうもしっくりこないのは、細長いからなんですね!
このようにちゃんとした○が重なってるなら違和感無いんだ!

1164 アップル :2005/01/09(日) 19:34
マークについて(道衣のこととか)質疑応答とかあったのかな?
地方の支部長らはどんな質問ぶつけたんだろう。

1165 Lam :2005/01/09(日) 22:01
マークこれで決定ですか・・・

今までそれ程卍を意識した事は無かったのですが、
もう胸に付かないんだと思うとちょっと寂しいですね。
なんか付き合ってた娘と別れて、しばらくしてから色々
と思い出す感覚かな。

でも、せめてもっとマシな新マークにしてもらいたかった。
デザインを学んだ事が無い私でも、明らかに「これは無いだろ・・・」
と正直思いました。
勝手に胸章作って張っちゃおうかな(笑)

1166 masa :2005/01/09(日) 22:34
>>1163
>どうもしっくりこないのは、細長いからなんですね!
>このようにちゃんとした○が重なってるなら違和感無いんだ!

それもそうだが、両輪の背景の赤がどうもいやだな・・・。

1167 アップル :2005/01/09(日) 23:06
つーか、このマークを刺繍するのか!?
結構高くなりそうな悪寒。。

1168 名無しさん@いらっしゃい :2005/01/09(日) 23:07
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/images/20050110k0000m040049000p_size5.jpg

1169 Syami :2005/01/09(日) 23:16
>このマークを刺繍するのか!?

あの「余白」の無いデザインを直接道衣に刺繍すると言うことは、その部分はかなり強度が落ちるなぁ。
羅漢拳の練習の時大丈夫かなぁ?

1170 Syami :2005/01/09(日) 23:19
色遣いがなんだか沖縄っぽいと言うか中国っぽいと感じるなぁ。
噂では中国に発注したとも聞いているけどやはりそうなのかな?
あれが仁王門にかかるのはちょっとかなりイヤだなぁ。
(既にかかってるみたいだけど・・・)

1171 坊主拳法 :2005/01/10(月) 00:00
中国っぽく感じますか、やはり。

道衣には「(())」のわっかマークだけじゃないかな?と思うのですけど、どうでしょう。

1172 Syami :2005/01/10(月) 00:23
>道衣には「(())」のわっかマークだけじゃないかな?と思うのですけど、どうでしょう。

だとしたら「最悪」ですね。

1173 sss :2005/01/10(月) 00:36
これって、世界に普及するためではなくて、単純に中野先生の縁を切るものではないのかな??

1174 名無しさん@いらっしゃい :2005/01/10(月) 00:43
>Syamiさん
ご無沙汰しております。

>噂では中国に発注したとも聞いているけどやはりそうなのかな?
私もそのように聞きました。
「Made in Japan」信者としてはちょっと抵抗を感じます。

3年後には刺繍入りに統一されるみたいですね。
私の道着なんか月に数回しか着ないのでもったいない・・・。

1175 とけいや :2005/01/10(月) 00:44
すいません。
1174は私です。

1176 坊主拳法 :2005/01/10(月) 09:15
こんどの新「盾双和?」をもしミシン刺繍するとなると、相当面倒な希ガスもので。
生地も弱くなりそうだし。
 #で、プリントにしたりして
 #といってもいまある山門着に盾卍が入っているのですが....

オザキが道衣やめたわけですけど、オザキから道衣とりあげたら、何が残るの?
というわけで、自主廃業、もしくは海外生産か?と思う次第。
先祖(中国)帰りするんでしょうかね〜?中国生産。

それと、宗教色を抜いていかないとイクナイのでしょう。
>「スレ建てるまでもない質問に誰かが答えるスレ」に「すべて悪しきことをなさず善きことを実践し自己の心を浄むること。これ諸々の仏の教えなり」
>これはとうの昔に削除されてしまいました。
とありますが、世界普及のためには宗教の違いは越えられないのでしょう。
 #これは七仏通戒偈で、仏教徒の基本なんですが

1177 Syami :2005/01/10(月) 11:11
>世界普及のためには宗教の違いは越えられないのでしょう。

私の周りの欧米の修行者は少林寺拳法に宗教的(仏教的)なものを求めてと言う方が
少なくなかったですが、そう言うのは特殊な例なのかなぁ?
そもそも拳法は仏道の道具に過ぎなかったのでは??

1178 rusher :2005/01/10(月) 11:58
昨日消防署裏のOZAKIに入りました。棚はほぼ空。全品半額でした。
胴から胸部のワッペンがなくなってつるんとしてました。MARTIALWORLDかLOTUS CLUBの製品みたい。

>>1173
無関係でしょう。

1179 アップル :2005/01/10(月) 12:25
http://www.shorinjikempo.or.jp/souen.pdf

本部のHPに説明がでてましたよーん。

1180 初段 :2005/01/10(月) 21:56
今日ハンズでバランスボールが980円で売っていたので思わず購入してしまいました。
色々遊べそうで面白うそう

1181 615期生 :2005/01/10(月) 22:53
問題はサイズだ!!
45,55,65?

今も乗ってます(´-ω-`)

1182 初段 :2005/01/10(月) 22:59
65を購入いたしました。 まだ乗れない(´・ω・`)乗ると即効で落っこちます

1183 :2005/01/11(火) 02:02
ぬるぁ!?ちょっと見ない隙に話がカナリ進んでた(´□`;)アセアセ
ってことでお久しぶりです(・∀・)ノィョーゥ
マーク決まっちゃいましたね・・・泣うちの支部のHPに写真のってました。
すっっっっごく泣きたいデス(璽^璽)号泣
卍大好きだったのに。携帯にも卍、ストラップも卍、MDにも卍
卍のシールいっぱいはってるくらいI LOVE 卍!!なのにぃぃぃぃ!!!
ムー・・・あの2つの輪は、自分と他人の幸せを共に考えるという
少林寺拳法の理念「自他共楽」などを表現しているという。(´ε`)ンー
また道着買わなきゃ!?汗 しかもワッペンみたいなのじゃなくなるとヵ・・・
赤卍とオレンジ卍・・・してみたかったー(´・ω・`)キューン

1184 でんべえ :2005/01/11(火) 12:38
>65を購入いたしました。 まだ乗れない(´・ω・`)乗ると即効で落っこちます

ボールの上で安座して本を読めるくらいになるまでがんばりましょう。

1185 615期生 :2005/01/11(火) 13:30
ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!

1186 アワビ丸 :2005/01/11(火) 13:38
初めまして「アワビ丸」です(爆)
やはり、新しいマークはあれになりましたね。
私も「卍」が大好きだったのに・・・。
審判用のネクタイ等のマークでは、ダメだったんでしょうか?
白蓮会館のマークのパクリになってしまいますもんね。
ネクタイも買い換えなきゃいけないのかな?
心に「卍」を刻んでいるとはいえ、馴染めない。
やはり「アワビ丸」に改名するのはやめときます。
これからも「まんじ丸」をよろしくお願いします。

1187 615期生 :2005/01/11(火) 14:26
ワラタw

1188 :2005/01/11(火) 20:36
ホントうちの支部でも「あのマーク嫌じゃァァァεεε==ヽ(`□´)/」
って人がたくさんデツ(・ε・)フゥ
ってヵアタィ598期生デスw←だヵらなんだ。
ごっきゅっぱってわかりやすいwwww

1189 615期生 :2005/01/11(火) 23:07
>ごっきゅっぱってわかりやすいwwww
ちょっとうらやましぃ!!

1190 初段 :2005/01/11(火) 23:20
615だって略せば・・・・・ろく、ろくっ、ろくいちご(´・ω・`)。。。。((((((ヽ( `Д)ノウワァァァン

1191 :2005/01/13(木) 01:43
ムフフww(´+ー`)キラーン
なんヵ安そうだヶど・・・・チーンッ(死

1192 :2005/01/17(月) 00:52
やっぱり新しいマーク嫌だ。
うちの支部でいろいろ話し合ってるヶど、
ソーエンに対して良い意見がでない。
「正しいと思うことは主張しなさい。間違っていることは、
間違っていると主張しなさい。それができる人になりなさい。」
これ開祖の教えです。
外国にあわせるのがィィ事とおもいません。
凹ゎ日本の文化を守っていきたいデス。

しかもマークの↓にロゴがついて、しかもローマ字なんだそうです。

1193 アップル :2005/01/17(月) 09:28
凹さん、はじけてるねぇ( ・∀・)ノ
>やっぱり新しいマーク嫌だ。

なんでです?デザインの良し悪しは別として(好き嫌いの話しだし)、嫌だという理由がなんかあるのですか?
マークが変わることについて嫌だ!
と、
新マークは嫌だ!
は別の話ですからね。

>外国にあわせるのがィィ事とおもいません。
個人的には半分同意ですね。けど皆で使えるほうが便利かもっす。
元々は日本人のために作られた少林寺拳法だからお外はしらーん!って昔は
思ってましたけど、海外の拳士と少しでも知り合いになるとそうでもないですね。
海外の拳士のほうが一生懸命な印象があってね。

で、
>日本の文化を守っていきたいデス。
なにが日本の文化だといってるんですか?

1194 アップル :2005/01/17(月) 09:30
ちなみに私は卍の方が好きだったというか、目標が常に赤だったり黄色だったりと
わかりやすかったからなぁ。
これでもう目標だった古巣の赤卍をつけることがなくなると思うと悲しいですけど。

そんなもん関係ないくさ!と開き直ることにしますた。それより後輩の追い上げのほうが怖いっす。

1195 ビスキュイ :2005/01/17(月) 09:51
>アプールさん
古巣の先生か先輩にお願いして一つ取っておいてもらって,
「私に赤卍相当の実力が付いたと認めた時に記念に渡してください!!」
って言ってみたら〜?そりゃあもうキビシク判定してくれるのではないで
しょうか…

1196 アップル :2005/01/17(月) 10:13
>「私に赤卍相当の実力が付いたと認めた時に記念に渡してください!!」

殺されてしまいそうだ。。。ってか何年かかるんだ・・・。
3段でもずっと黒卍の人いるのに・・。

1197 rusher :2005/01/17(月) 11:04
>外国にあわせるのがィィ事とおもいません。

「外国にあわせた」事実は、ないでしょう。
今回の顛末は日本、それも知的財産保護法人が完全に主導してやっています。
その日本で決めたものを海外諸国に「強圧」こそしていますが、
外国にあわせてはいません。

欧州連盟には知り合いがいるから、前々から懸念は聞いていたんです。
あちらでは、確かにナチスの迫害が強かったフランスを主として
卍への反発が実際にあるから、これまで盾拳マークを使ってました。
卍という仏教のシンボルを用いることに対する説明責任を少林寺拳法と
その拳士だけが負うのは、間尺に合いませんからね。
それでも欧州連盟は、盾拳マークで充足していたので、
世界連合にも日本の財団にも、マークの世界統一化を要求したことは、
これまでないのだそうです。
それを、あたかも「欧州からの要求(外圧)で日本が卍を使えなくなった」
「日本は被害者だ」と歪んだ受け止められ方をされているふしがあり、
欧州連盟はそれを大変迷惑に思っています。

今回、この誤解に拍車がかかったように思います。
報道した各社がみな「ハーケンクロイツ」に言及しているせいだと思います。
「ハーケンクロイツと似ている」件は、
なるほど、マーク改正の「動機」の一つではあるかもしれません。
しかしながら、これは「理由」ではありません。
みなさん指摘しているとおり、こんなもの「理由」にならないからです。

「理由」ではないのに、あたかも「理由」のようにみなされているのは何故か。
新聞記事見れば察しがつくでしょう。
ハーケンクロイツ/ユダヤ人問題って、実に「わかりやすい」からです。
「印象的」だからです。「センセーショナル」だからです。

本部はきちんと理由を説明した「はず」ですが、新聞記者が書いた記事はあのとおり。
そして、それを読んだ2channelerの反応もあのとおり。

本部の説明した人間がバカなのか?
新聞記者がことごとくバカなのか?
読者がみんなバカなのか?

少なくとも皆さんはバカにはならないで下さい。

1198 Syami :2005/01/17(月) 11:51
ま、そう言うことですな。
好き嫌いは有ると思いますが。

1199 :2005/01/17(月) 16:16
そぅかぁ・・・受け入れ方の問題ヵしら(?_?)
よし!少し嫌じゃなくなった!!←単純バカ
でもローマ字が・・・(;_;)イヤ w

1200 :2005/01/20(木) 00:33
今日イメキャラ?見ちゃいました(@_@)”
名前はワツーだったヵな?アセ
皆さんみました??

1201 アップル :2005/01/20(木) 15:33
2ちゃんのどっかのスレより。
***********************************************
34 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/20 13:02:21 ID:1mhfzbLq
質問「過去の道衣にワッペンではだめですか?」
総帥「駄目です。古い道衣は海外の拳士に送ってあげてください。
  道衣も無い拳士が海外にはたくさんいるんです。」
質問「しかし学生もたくさんいるわけだしなかなか・・・」
総帥「自分のことしか考えられない人間は、少林寺拳法には必要ありません。
  古い考え方にとらわれる人、強さだけを求める人。
  そういう人はどうぞおやめになってください。」

実話
***********************************************

これほんとかなぁ?
かなりイタイ気がしますけど。
だいたいワッペンではいけないという答えになってない気が・・。

1202 アップル :2005/01/20(木) 15:33
つーか、5着も買うって言い張ってるうちの支部長もどうかとおもうが。。

1203 ビスキュイ :2005/01/20(木) 15:37
っつーか「総帥」って…?

1204 Syami@Office :2005/01/20(木) 15:39
>質問「過去の道衣にワッペンではだめですか?」
>総帥「駄目です。古い道衣は海外の拳士に送ってあげてください。
>  道衣も無い拳士が海外にはたくさんいるんです。」

「過去の道衣にワッペンではダメ」と言うのは聞いたけれど、移行措置が緩和され
完全にダメになるのは2008年からとの事。
「古い道衣は海外の拳士に送ってあげて」と言うのは暫く前にこれもダメと聞いたなぁ。
例の「商標問題」が理由でネ。

1205 アップル :2005/01/20(木) 15:40
あ、ほんとだ!総裁じゃない。。

もしかしたら連盟の地下奥深くに総帥なる人がいるのかもしれない。
エスタークみたいに。

1206 ビスキュイ :2005/01/20(木) 15:47
最近の2ちゃんの少林寺拳法関連のスレは結構みんな「総帥」って書いてんのね。
誰だよそれ…

1207 アップル :2005/01/20(木) 15:48
次の会報で詳しく説明があるのかなー?
結局支部のみんなも無駄な出費だと思ってるし、それがあるから新マーク導入に対する
イメージも悪いんですよね。
ワッペンじゃいけないという理由はなんなんでしょうか?

一部の拳士が少林寺拳法用の道衣じゃなくて卍だけのフルコン道衣とか使ってるからかな?
稽古着はなんでもいいじゃないかよー。ある意味消耗品なんだし。

1208 名無しさん@いらっしゃい :2005/01/20(木) 15:56
総帥!?
影道(シャドー)総帥?

1209 ビスキュイ :2005/01/20(木) 15:59
まあ総裁でも総裁Xという可能性もありますが。か〜が〜く忍者隊〜♪

1210 :2005/01/20(木) 16:42
移行期間中ゎワッペンでよいと聞きましたが。
新しいマークの3色みました??
モノクロとヵその他。

1211 Syami@Office :2005/01/20(木) 16:50
>新しいマークの3色みました??

モノクロ、二色刷り、カラーの3種類だね。
君はどう思った?

1212 rusher@袋井 :2005/01/20(木) 18:50
>>1202

マークなし旧版とマークあり新版どっちの話?

1213 アップル :2005/01/20(木) 19:11
マークあり新版の話です。

1214 :2005/01/21(金) 02:18
なぜ3色にわけるのかなぁと・・・
あれって自由に選べるんですよね??
みんなバラバラになっちゃう。
あれってなんヵ意味あっての3色なんですヵね??

1215 アップル :2005/01/21(金) 09:14
ぬぬ?カラーで分けるの??刺繍も??
緑卍黒卍赤卍みたいに?
黒帯になるときに刺繍も帰るのかな??はて。。
道衣の刺繍はフルカラーなのかな?

1216 Syami@Office :2005/01/21(金) 09:56
>あれってなんヵ意味あっての3色なんですヵね??

あれは使用する機会によって使い分けるだけでしょう。
例えば単色刷りの時にはこれ、二色刷りの時にはこう言う色調を使いなさいと言った
意味だと思いますよ。だからあれ自体に「意味」は無いはずです。

>カラーで分けるの??刺繍も??

…と、言う訳でした。

>道衣の刺繍はフルカラーなのかな?

どうせつけるならフルカラー4色が良いね。でも、刺繍となると傷むだろうなぁ。
所属、役職は袖章、武階はその枠の色で識別するとか。

1217 :2005/01/21(金) 17:52
ぁ、袖章らしいですね(*_*)武階って枠の色だったんだ!?
凹ゎつけるならシンプルにモノクロかなぁ・・・

1218 Syami@Office :2005/01/21(金) 18:01
この際、道衣の素材も見直してもっと柔らかくて風合いが良くてしかも
羅漢拳系の練習にも耐えるようなのにしたらどうだろか?
今の道衣で刺繍じゃすぐぼろぼろになって見苦しくなるは必定。

1219 名無しさん@いらっしゃい :2005/01/21(金) 19:47
上は柔道着タイプがいいのでは?

1220 :2005/01/21(金) 23:26
同意!!
襟のところがボロボロの人いぱーいですよね。
柔道着タイプヵぁ・・・
生地厚くすればなんとヵ??ww

1221 アップル :2005/01/21(金) 23:55
おもたくなりません?ゴワゴワするのもいやだー。
ISAMIはゴワゴワ。安いやつだからしょうがないけど。


615にガンダムって言われちゃうし・・

1222 名無しさん@いらっしゃい :2005/01/22(土) 00:24
サンボ着はもっとごわごわですよ。
それだから握る方の練習にもなるのです。

1223 615期生 :2005/01/22(土) 00:44
柔道着はまじで分厚さがぜんぜん違いますが。
あんなん来てやりたくねーーー

>1221
ちがうよーー、ドムだよ!!

1224 アップル :2005/01/22(土) 07:40
ドムかー

1225 ワタ :2005/01/22(土) 09:37
こういうオフがあるの知ってた?
仕事中に観てしまって笑いを堪えるのが・・・来月観に行くつもりです。

ガンダムと書いたダンボールを被って戦闘するオフ
http://jp.y42.photos.yahoo.co.jp/bc/sisyamo_pm/lst?.dir=/%a5%de%a5%a4%a5%d5%a5%a9%a5%c8/%a5%ac%a5%f3%a5%c0%a5%e0%a4%c8%bd%f1%a4%a4%a4%bf%a5%c0%a5%f3%a5%dc%a1%bc%a5%eb%a4%f2%c8%ef%a4%c3%a4%c6%c0%ef%c6%ae%a4%b9&amp;.src=ph&amp;.order=&amp;.mobile=&amp;.view=t&amp;.done=http%3a//jp.y42.photos.yahoo.co.jp/bc/sisyamo_pm/lst%3f%26.dir=/%25a5%25de%25a5%25a4%25a5%25d5%25a5%25a9%25a5%25c8%26.src=ph%26.view=t

このオフのきっかけとなった伝説の彼(一部の間では有名画像らしい)
http://www.datapot.com/~laboratory/kyoto_off/source/up0164.jpg

1226 615期生 :2005/01/22(土) 09:49
ものすごいオフですね。
元画像の彼はすごいね。オフ会参加者はだれも彼に追いつけてないね。
なんか安っぽい表現ですが、芸術を感じる。
目線らしきものが入ってるところが笑えますw

まぁっ、アップルさんはダンボールの変わりにゴワゴワ道衣で参加だな!!

1227 名無しさん@いらっしゃい :2005/01/22(土) 09:50
ガンダムというよりは、「サク」の発想でつね。

1228 名無しさん@いらっしゃい :2005/01/22(土) 10:03
少林寺の胴+袴=ドム

1229 名無しさん@いらっしゃい :2005/01/22(土) 14:13
サクサク作って、サクサクかぶって、サクサク戦う
ゆえにサク。もちろん量産型。

1230 アップル :2005/01/26(水) 23:15:28
http://shorinjikempo.synapse-c.com/

ここに統一されるのかな?利益も統一デツカ?

1231 615期生 :2005/01/27(木) 00:08:15
なんじゃこりゃ。
どこからこれを・・・?

1232 花のサンパチ :2005/01/27(木) 00:27:56
満州事変も、(苦労した)日本が利益を独占しようとしてアメリカ企業を
閉め出したので、アメリカが敵になったと書いてある本があります。
自分だけがWINではなく各業者とともにWINになるようにしたほうが
よかったと思うのですが。尾崎や前川やダルマといっても中小企業です
から、少林寺からの儲けが無くなると苦しいと思うのですが。

1233 アップル :2005/01/27(木) 09:09:05
>どこからこれを・・・?


弱いスレに張ってあったよ。
君の住処じゃないのか?弱いスレはw

1234 アップル :2005/01/27(木) 09:13:43
新マークになって切り捨てられたメーカーがどうなっていくのか拳士は知っておく
べきなのかなぁと思います。
お世話になったOZAKIとか心配だなぁ。
背景の裏の部分とかこういうときに2ちゃんとかでガンガンさらしてくれないかな。

1235 アップル :2005/01/27(木) 10:05:45
そういえば本部のHPはまだ盾卍のままっすねー。
各支部のHPもそのうち全部盾双円に代えないといけないのかな?

1236 rusher :2005/01/27(木) 10:10:03
東京センターも盾卍のままです。
今年度は盾卍のままで差し支えないでしょ。

1237 :2005/01/30(日) 01:40:42
今月号の拳報ゎソーエン特集でしたなぁ。

1238 ビスキュイ :2005/01/31(月) 11:10:05
双円特集でしたね〜。まだイマイチしっくりこないのですが,いずれ慣れるかな〜?

1239 アップル :2005/02/01(火) 14:08:22
>双円特集でしたね〜。まだイマイチしっくりこないのですが,いずれ慣れるかな〜?
んー、英字表示がやっぱり気に食わないのですが。。
日本発祥なのだからここはやっぱり日本語で!!と思うのですがね。
総裁の話は前々から「苦労した!!大変なんだ!!」っていう文章がおおいなぁ。
それはわかるんだけれども。
マークは写真を見る限りフルカラーの刺繍のようですね。
マーク代えるのはもういいとして、支部長、道場長とかの表記がなくなるって
書いてありましたね。どうやって見分けるんだろう。。

1240 615期生 :2005/02/01(火) 14:22:17
腕章では?バーがはいって、
黄色(本部)・銀色(支部長クラス)・赤色(赤卍クラス)・黒色(初二段・級拳士)
ときいた気がするけど。
たぶん支部長に配られてる資料には書いてあると思いますよ。

見てないけど。

1241 615期生 :2005/02/01(火) 14:23:07
そのうちnameもアルファベットに汁!!
という掟が出来ます。
文字数が多いので、、、

1242 ビスキュイ :2005/02/01(火) 14:31:01
>んー、英字表示がやっぱり気に食わないのですが。。

「海外の拳士でも分かるように…」ということなんですかね?でも
アルファベットが分からん国もあるよね〜?だったら漢字でも同じ
ことだと思うんですよね〜。漢字を使ってる国もいっぱいあるし。
ちなみに私が知る限りではアメリカ人拳士さん達は自分の名前を漢
字の当て字するのが結構好きだったりする〜

1243 615期生 :2005/02/01(火) 15:10:15
まぁまぁ
「少林寺拳法」
という感じには「O(オー・まる)」がないからですよ…
とりあえず美的に作ったのを張ってみたw

漢字か・・・微吸気結とか。

1244 アップル :2005/02/01(火) 16:15:50
彌簾球威?
毘州奇癒猪?

1245 曲家 :2005/02/01(火) 16:27:11
美好気油猪?
炉苦苺?
圧府流?
一 一(ワンワン)?
乱夢?

1246 ビスキュイ :2005/02/01(火) 16:37:13
みんなこういうネタは好きね〜

1247 アップル :2005/02/01(火) 16:38:51
流れを止めて申し訳ないが、
帯の表記については
×少林寺
×総本山少林寺
×一撃必殺などの少林寺の拳士にふさわしくない言葉
となってました。
いま私の帯は「少林寺」なので数年のうちに変えないといけない。ってかOZAKIの帯があるうちに代えようかな。
「金剛禅総本山少林寺」はOKなのかな?
長いから「金剛禅少林寺」じゃだめかな?
「金剛禅」だけもだめ?
「少林寺拳法」が無難なんだろうけど。
「南無ダーマ」
「仏陀」とか?
英字表記はとうぜんOKになるんだろうな。

皆さんどう思ふ?

1248 ビスキュイ :2005/02/01(火) 16:39:24
毘守求威とかならいいかな…

1249 アップル :2005/02/01(火) 16:42:16

ギャル文字化すると
しょうりんじけんぽう⇒UょぅりωU〃けωほoぅ⇒Uょぅレ)ωU〃レナωレまoぅ

アホだとおもわれるだろうなぁ・・・

1250 rusher :2005/02/01(火) 16:43:19
「なぜ漢字を使わないか」については1月の武専で案の定、説明があったけどね。

1251 ビスキュイ :2005/02/01(火) 16:50:01
>「なぜ漢字を使わないか」については1月の武専で案の定、説明があったけどね。

ありゃ,一月はサボってしまったので〜

1252 アップル :2005/02/01(火) 17:01:22
僕も〜

1253 615期生 :2005/02/01(火) 17:13:02
私も〜

1254 zaki♪ :2005/02/01(火) 17:22:08
おいらも〜

1255 力愛ぷに :2005/02/01(火) 18:14:07
放校されマスタが、なにか?

1256 rusher :2005/02/01(火) 19:33:52
……さて、このコントには誰がオチをつけるのでしょうか?

……Syamiさん?

1257 萊萊 :2005/02/02(水) 00:51:16
最初から行ってない・・・
で、なんと説明(言い訳?)されたんですか?

1258 rusher :2005/02/02(水) 01:20:38
日本国内では構わないが海外ではそうはいかない、という説明。
あの国もWTO加盟を控えて大攻勢に出ているそうだし。

http://www.jetrobkk-ip.com/Monthly_Report/jun04ja.pdf
22. 少林寺が80カ国に商標出願 (Business Daily Update、2004年6月29日 BBC Monitoring Asia Pacific、2004年6月29日 ザ・ネーション紙、世界のビジネス面、8B面、タイ、2004年6月30日)
中国の有名な少林寺のカンフーマスターは、名前を保護するために法的措置を見せている。
1,500年以上の歴史を持つ同仏教寺院は、約120の競合出願をとして、80カ国以上に少林寺の商標を出願した。

http://www.soei.com/japan/chinese/chinese_01.html#006
●少林寺の「少林」商標防衛戦(中国商標網)
 ある商標事務所の調査によると、中国香港以外の11カ国に登録された「少林」或いは「少林寺」の文字を含む商標は117件もあり、日本及びオーストラリアには最も多い。これらの商標の権利者は殆ど、中国河南省にある本元の少林寺とは何ら関係もない。
 それに対して、少林寺は1998年から商標登録を出願し始めて、2002年末までに、中国で29分類に43件の登録商標を取得した。

1259 萊萊 :2005/02/02(水) 02:19:07
ははぁ・・・日本国内までローマ字表記にしなくても・・・
そのためにマークがあるんだし。
新マーク導入の理由ばかり突っ込まれるとなにかと困るから・・・
他にも突っ込む隙をワザと作ってたりして。
虚実の理ですなあ。

1260 Syami@Office :2005/02/02(水) 11:50:23
>>1256
おっと?乗り遅れた。
つまりそう言う事です。
また、同じ「少林寺」と言う表記でも中国語で発音すると
「syaorin zu」(綴りは確か違う)になり「shorinji」とは発音しません。
これで海外での「区別化」も狙ったのでしょう。
国内で「少林寺」を名乗る事は嵩山の方も認可しているから問題無いのですけどネ。

1261 rusher :2005/02/02(水) 12:31:15
会報で双円とSHORINJI KEMPOのロゴのついた法衣を見たけど実に

 ブ サ イ ク 

ですな。あれに輪袈裟と念珠はマッチするように思えませんがね。

>日本国内までローマ字表記にしなくても・・・

WSKO加盟国の一つとしてはそれでも通りますけど、どーせ

 日本に本部があるんだから

 日本がリーダーシップをとっているんだから

とかの神経逆撫でするような返答がくるだけでしょう。

1262 Syami@Office :2005/02/02(水) 13:29:26
>会報で双円とSHORINJI KEMPOのロゴのついた法衣を見たけど実に
> ブ サ イ ク 
>ですな。

然り。私も見ましたが激しく同意します。
道衣に付けるのは良しとしても法衣は止めて欲しいですね。
せめて家紋みたいに小さくして後ろ襟に付けるとかの工夫が欲しいなぁ。
デモンストレータならば兎も角、法衣は「儀式」で着るのだからもっと風格とかにも
留意して欲しいですねぇ。

1263 Syami@Office :2005/02/02(水) 13:31:38
せめてロゴは止めて、盾双円もあの半分のサイズにして欲しい。

1264 名無しさん@いらっしゃい :2005/02/03(木) 22:47:31
まあまあ、確かにあのデザインはださいですがいいじゃないですか。

たいてい女は守り傾向で「減点思考」なものです。だから、総裁みたいに
新しいことを始めたりはせずに、あら探しばっかりして組織を縮めるものなのです。
あれだけ反対者の出るであろうマークを世に出した度胸はたいしたものです。
今回の失敗に懲りて、今後は慎重に行動するでしょう。
見守りましょう。

1265 でんべえ :2005/02/03(木) 23:01:20
>今回の失敗に懲りて、今後は慎重に行動するでしょう。
>見守りましょう。

マーク変更の是非はともかく、変更自体は予定通りできたわけですから、
当人的には成功になるんじゃないでしょうかね?

1266 615期生 :2005/02/04(金) 07:38:28
まったくですw

1267 アップル :2005/02/04(金) 09:15:53
>今回の失敗に懲りて、今後は慎重に行動するでしょう。

だいたい失敗だと思ってるのかどうかもわからん。
成功かどうかは4月から様子見というかんじですかね?

ワツー以外は。

1268 615期生 :2005/02/04(金) 09:23:25
四月になると大学拳法部の勧誘も始まるし、いろいろとまた声が上がるかもね〜
学生はワツーなんて見なかったことにするだろな。大自然の一部だね。

1269 Syami@Office :2005/02/04(金) 10:10:37
ともかく、法衣のあの盾双円は問題です。と、言うかはっきり言ってイヤだ。

1270 Syami@Office :2005/02/04(金) 10:15:15
どちらかと言うと好悪の評価はグレーになりがちな私であるけれど
法衣のあの盾双円だけは明確にイヤだ。
「法衣」だぜ?お願いだからもう一工夫して欲しい。

…なんて言ってると「じゃ、辞めてください。」とでも言われるのかな?

1271 ビスキュイ :2005/02/04(金) 10:20:50
まあ確かにね〜,法衣は儀式の時とかに着用する言わば礼服ですから〜。
黒の礼服にカラーのマークはちと…。家紋みたいな付け方ならまだいい
んですが…

1272 アップル :2005/02/04(金) 10:55:37
川島先生が着てたからなぁ。先生たちはどう思ってるんだろう。

1273 Syami@Office :2005/02/04(金) 11:07:19
>法衣は儀式の時とかに着用する言わば礼服ですから〜。

実は仏式の婚礼があった時などに法衣を着て行くけど、あの胸章ではちょと出来ないぞ。
もっとTPOを考慮すべきだと思う。

ところで、ビスさん、アップル君。昨夜のブツは無事届いたかね?

1274 ビスキュイ :2005/02/04(金) 11:20:58
>ところで、ビスさん、アップル君。昨夜のブツは無事届いたかね?

「ブツってなんじゃろ?」と思って今チェックしたら届いてました。
…何か英語の警告が出て添付ファイルが削除されてました…

1275 アップル :2005/02/04(金) 11:24:54
>ところで、ビスさん、アップル君。昨夜のブツは無事届いたかね?

( ・∀・)ノ 隊長!何も届いた形跡がありません!!

メールですかな?勝手に弾かれてしまったのかしら・・。

1276 615期生 :2005/02/04(金) 11:28:54
>メールですかな?勝手に弾かれてしまったのかしら・・。
電波で─wwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜─ す。

1277 Syami@Office :2005/02/04(金) 11:44:02
>> 1274,1275

そうか、届かなかったか。…残念っ!!
実は噂の高速演武を…

1278 アップル :2005/02/04(金) 11:45:49
にゃんと!!!!むももも!!!!

1279 Syami@Office :2005/02/04(金) 11:51:02
サイズがでかすぎたか…仕方が無い。縁が無かったと諦めてくれたまえ。

1280 アップル :2005/02/04(金) 11:54:32
>Syami隊長!
別途メールしまうす。

1281 アップル :2005/02/04(金) 13:06:10
そういえば山から降りたという澤○先生は今なにしてんだろー。

1282 名無しさん@いらっしゃい :2005/03/12(土) 09:17:39
現在捜索中。

昨年支部長研修に参加していたということから、
どこぞで支部設立を考えていると思われますが、
その後の情報が入ってきません。

今後も下山者が出るもよう。

1283 rusher :2005/03/14(月) 15:31:28
下記blog、実に真っ当と思いましたので、紹介しておきます。

http://mykit.jp/nikki/nikkimiru.php3?yy=2005&amp;mm=3&amp;id=yukimitu

(前略)一昨日の「横浜市立武道館推進大会」で少林寺拳法総裁の宗由貴(第2代宋道臣)さんが講演をしまして、何点か面白いことがありましので、御報告いたします。(後略)

1284 アップル :2005/03/16(水) 19:10:22
オザキがサイナップスから販売ライセンスを取得したようです。
よかったよかった。

http://www.ozaki-sk.co.jp/

1285 基殺堂々 :2005/03/16(水) 20:21:41
 もうわからん                    ◎  
   (⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒) ∧_Λ
           ンンンンンンンンンンンンンンンンンン(・∀・)ンンンンンンンンンン
                   ⊂(  )つ





               ____
               |   |
____________礀__|_°|____礀________________

1286 615期生 :2005/03/18(金) 11:59:31
ずれてる、ずれてるよ兄貴ーーー!!

もしかして、暗号か…!?
みんなーーー上のAAは視点を交叉させてみろーー
立体的に見えるぞ!!

1287 rusher :2005/03/28(月) 21:02:43
何年も前に本で読んだ『伽藍とバザール』を今日もう一度読んだ。
http://cruel.org/freeware/cathedral.html
もう一度読み返して、やっぱり面白かった。
丸廉に来た初期に「ここってバザールモデルで動いてる」と感じたことを
思い出した。でも、最近は伽藍化しているような感触もあるな〜
(というか615期生がそれで悩んでる)なーんてことも考えたりして。

1288 ビスキュイ :2005/03/28(月) 21:24:28
読んでみました。面白いですね。伽藍化…してきているかもしれませんね。
幹事役が固まってしまってるのもマズイのかな?自分達ではその気はないのですが,
周囲から見て元老化していて新しく参入しにくいとかあるのかな〜。

1289 ビスキュイ :2005/03/28(月) 21:27:19
現在は次回オフ会のネタは三次会で相談して決めてますが,掲示板上で公募とか
もいいかな…てかそういうやり方したこともありましたな。

1290 rusher :2005/03/29(火) 02:02:40
>コロコロパンダちゃん

決してオフ会だけの話ではなくてね。例えば原稿とかのこと。

1291 ビスキュイ :2005/03/29(火) 02:28:28
「伽藍とバザール」で言えば「原稿も取り敢えず上げてから皆で練り練りして
ドンドン更新」みたいな感じですか?

1292 とっしぃ :2005/03/29(火) 19:33:47
そういえば、某ビス氏の錫杖日記が更新されていないようですが・・・?

1293 アップル :2005/03/30(水) 09:39:24
>ビスさん
錫杖に限らず、某飛び道具やあのながーい槍などについて書いてみてはいかがですか?

1294 615期生 :2005/03/30(水) 12:00:28
>ビスさん
>某飛び道具やあのながーい槍などについて
やっぱりああいうのをやってみると、少林寺拳法にこ