したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

ときメモキャラのお漏らし小説

9 名無しくん、おトイレに行かせて。。。 :2002/06/08(土) 11:06
もう一時間たった。

「まだ…とれないの?」
「いま、3分の1ぐらい。」
「さ…、3分の1?も…、もう我慢…できないよ…。」

光はもう、本当に我慢限界になっていた。
もう、足もうごかなくなっていた。
体操すわりした彼女の足の奥にブルマが見えていた。

「光、スカートの中身が見えてるよ。」
「ブルマ履いているから大丈…あ、」

彼女は「ビクビク」っときた。パンツに少しにじんだ。
しかし、彼女はなんとかこらえた。

「ハァハァハァハァ…。」
「ひ、光、大丈夫か?」
「う、うん、何とか。」
「光、我慢できなかったらそこでしちゃってもいいぞ。
恥ずかしいかもしれないけど、しょうがない事だしな。」

光は朝から一回もトイレに行かずにもう7時間も我慢しているのだ。
なかなかすごい根性である。

「ううん、がんばって我慢するよ。それに君に嫌われたくないから…。」
「そ、そうか。でも俺は光を嫌ったりなんかしないよ。」
「あ、ありがとう。」
「それじゃあ光、俺も頑張るから光も頑張ってくれ。」
「う…、うん。」

公二は黙々と作業を続けた。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい写真集 - 青山 裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板