したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

ときメモキャラのお漏らし小説

73 名無しくん、おトイレに行かせて。。。 :2002/06/08(土) 11:33
愛は手を動かそうとした。しかし、ガムテープで縛られてて自由に動かせない。

「詩織ちゃん、これどうしよう。」
「口で取るしかないね。今度はメグが取ってくれる?」
「う、うん。」

愛は口で詩織のガムテープを取った。かなりぐるぐる巻きにしてあったので
少し時間がかかった。しかし、そのうち取り終わった。詩織の手は自由になった。

「じゃあ、メグの方も取らなきゃね。でも、その前に。」

そう言うと、詩織は愛のスカートを捲り上げた。

「きゃ!?」

スカートの中にスリップを着用していた。愛はオモラシをしたとき
前かがみになったため、スリップの前の部分が少し濡れてた。
詩織はそのスリップも捲り上げた。
愛の白いパンツが露になった。パンツの底の部分が黄色く濡れていた。

「詩織ちゃん、酷いよ。」
「ごめんなさい。でも、メグのオモラシ可愛いかったよ。」
「そうかな?」
「うん、メグにも彼が出来たら、きっと喜ぶと思うよ。」

詩織は愛のスカートから手を離すと、今度は自分のスカートを捲り上げた。
彼女の白いオモラシパンツが見えた。
彼女もスリップを着用しいたが、オモラシする時まっすぐ立っていたため、
パンツと靴下と上履き以外は濡らさずにすんだようだ。

詩織は、愛のガムテープを取ってやった。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

踏み出せば何かが変わる - 三浦 大輔


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板