したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

ときメモキャラのお漏らし小説

7 名無しくん、おトイレに行かせて。。。 :2002/06/08(土) 11:05
公二が光の後ろに回ると

「なんだこりゃ…。」

と言った。

「…これ、簡単に取れそうにないよ。いったい何をどうしたらこうなるんだ?」
「そ、そんな…。そんなに複雑になっているの。付けるのはあっという間けど。
それに私、今日朝から一回もトイレいってないんだよ。」
「え?!どうして?」
「だって、学校いく直前にトイレに入ろうと思ったら、
その前に強盗に襲われちゃったんだもん。」
「…とりあえずできるだけ早くするから我慢してて…。」

彼は彼女の腰の下に座布団とタオルを敷いて、ストーブを持ってきてくれた。
そして、万が一の為にスカートがお尻の下にならないように引っ張り出してくれた。
光は尿意が少し弱くなったように感じた。
あと、スカートの中身が見えてしまったがブルマを履いていたので大丈夫だ。

「これで、少しは我慢できるだろ。」
「ごめんね、ありがとう。でもなるべく早くしてね。」

彼はペンチや金ノコなどの道具を使って光を拘束する金具を取り外しにかかった。
その作業は金ノコで少しずつ削っていく作業だった。作業による振動が彼女の
膀胱を刺激した。

「も、もう少し優しくして。」
「あ、ああ、わかったよ。」
「わがまま言ってごめんね。」

彼は黙々と続けた。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ふともも写真館 制服写真部 ?夏? - ゆりあ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板