したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

ときメモキャラのお漏らし小説

61 名無しくん、おトイレに行かせて。。。 :2002/06/08(土) 11:26
練習後、その日はふたりで着替えてから、真一と3人で帰った。
そのあと、みのりを家まで送ったあと、また真一と沙希の二人になった。

「うちの部ってみんな良い人達だよね。」
「ほんとだね。でも、みのりちゃんがあそこまでするとおもわなかったな。」
「うん、私もいい後輩をもったよ。」

しばらく、二人で歩いた。

「ところでさ、沙希はいまも履いてないの?」
「う、うん。みのりちゃんもそうだったよ。」
「…そうなんだ。」
「でも、何も履いて無いと、頼りないな…。」

そのとき突風が吹いた。
お約束どうり彼女のスカートがめくりあがった。

「!!」
「キャ!」

彼女はスカートを押さえた。

「今、誰にも見られなかったかな?」
「他人には見られなかったみたいだよ。」
「あなたには、みられたの?」
「バッチリ。」
「もう…、でもあなたならいいや。」

「沙希。お願いがあるんだけど…。」
「何?」
「また、沙希のオモラシ見たいんだけど、いいかな?」
「…二人っきりの時だったらいいよ。」
「ありがとう。」

二人は沙希の家に着いた。

「沙希、それじゃあまた…。」
「ちょっと待って…。」
「何?」
「ちょっと、家に寄っていかない?」
「いいよ」

二人は沙希の家に入った。

                                 終わりじゃん


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ドアノブ少女【通常版】 - 吾嬬竜孝(企画・撮影)


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板