したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

ときメモキャラのお漏らし小説

41 名無しくん、おトイレに行かせて。。。 :2002/06/08(土) 11:20
5時間目、6時間目…。

公人は詩織の方を見た。
彼女は、少し落ち着きが無い様だった。

(詩織、やっぱり少し様子が変だな。でも、まさか…。)

放課後になった。

好雄が彼に声をかけてきた。
「それじゃ、うまくやれよ。俺は先に帰るからな。」
「何をうまくやれって…。」

彼はとりあえず、詩織の所にいった。

「詩織、用ってなんだい?」
「他の人が帰るまでまって。」
「う、うん。」

彼女はめずらしくモジモジしていた。やっぱりトイレを我慢しているらしい。

しばらくしてクラスは二人だけになった。

「みんな、いなくなったね。」
「そうだね。で、用ってなんだい。」
「ちょっと、教室の後ろにきてくれる?」
「え、いいよ。」

二人は教室の後ろに来た。
詩織はロッカーのまえに立った。

「詩織、トイレに行きたいんなら、先に行ってきていいよ。」
「も、もう!だ、大丈夫だよ。」

詩織は少し怒ってみせた。

「それで、用って?」
「ちょっと話があるの。」
「話って?」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ハクメイとミコチ 1巻 (ビームコミックス) - 樫木祐人

マキナタで暮らしたい……

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板