したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

ときメモキャラのお漏らし小説

34 名無しくん、おトイレに行かせて。。。 :2002/06/08(土) 11:18
しばらくして夕子は泣き止んだ
しかし好雄のテントは小さくならなかった。

夕子「すごいわね。あ、そうだ、ヨッシーもやってよ」
好雄「え、何を。」
夕子「校則のあれよ。」
好雄「チン立ち5分ってやつか?」
夕子「そう、今ならできるでしょ。」
好雄「ヒナが協力してくれるなら…。」
夕子「しょうがないわね。」

そういうと、夕子は自分のスカートをめくり上げた。
彼女のパンツの底の部分はやっぱり薄黄色く濡れていた。

好雄のテントはさらに大きくなった。

好雄「もう少しなんとかならない?」

夕子「え〜?しょうがない、こうなったら出血大サービスだ。」

そう言うとスカートの中に手を入れてパンツを下ろした。
そしてそのパンツを好雄に手渡した。

夕子「これあげるからガンバレ。」

さらに大きくなる。

好雄「もう少し。」
夕子「ええい、これでもか。」

そう言うと、夕子はスカートをめくり上げた。
好雄に女の子の大切な部分を見せてあげた。

夕子(もう、責任取ってよね。)
好雄「うおーーーーーーーーーーーー!!!!!!!」

そう言うと好雄は5分間を軽くクリアーした。
まだ2時間はいけるぞという勢いだった。

夕子「すごーい!これならあっちは大丈夫だね。」
好雄「でも、少し疲れたな。」

そりゃ、疲れるだろう、というか凄すぎるよ好雄君。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション - 新海誠


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板