したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

ときメモキャラのお漏らし小説

28 名無しくん、おトイレに行かせて。。。 :2002/06/08(土) 11:16
続き

三時間がたった。
もう、空は暗くなってきた。

望「もう…、勘弁してよ…。もう我慢できないよぉ…。」

望は泣きながら彩子に懇願していた。
望はあの状態で動けないでいた。もっとも、自分で抜け出すのは
望でも無理だろう。なにせ、本物の手錠である。

彩子「まだ、大丈夫なんだ。もう、一日我慢してるんでしょう。
私の方が、また我慢出来なくなってきたわ。」

この季節なので彩子のショーツも濡れたままなのだ。
この寒い中濡れたショーツを履いていたら、トイレに近くなる。

彩子「もう、我慢できないわ。あ、そうだ。」

そう言うと、彼女は自分ののスカートをめくり上げて
望の見えるところでしゃがんだ。そう、トイレでやるように。
でも、ショーツは下ろさなかった。
そして、彼女の濡れたショーツの股の部分から
黄色い液体が染み出てきた。

彩子「ああ、すっきりした。」
望「………!!!」

そのとき、望の様子に変化があらわれた。望はビクビクと感じた。

望「あぁ…、も…もう…ダメ…。」

「プシュッ」
望のショーツの底に液体が染み出てきて、それがそのまま彼女の足のあいだを
落ちていった。

望「イヤァ!」

「ピチャ、ピチャ…」」
そして膝元に水溜りが出来て、それが大きくなっていった。

望「あ、あ、あ、あ……。」

「シャー、シャー、シャー、シャー…」
彼女の失禁は暫らく続いた。

「ピチャ、…」
そして、終わった。

望はしばらく何も言えないでいた。
しかし、顔は心持安らかそうだった。

続く


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

踏み出せば何かが変わる - 三浦 大輔


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板