したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

ときメモキャラのお漏らし小説

183 名無しさん@おもらし中 :2006/07/02(日) 02:32:35
しばらくして、沙希の失禁が終わった。
「ゴメンね、我慢できなくて…。」
沙希は目に涙を浮かべて真一に謝った。
「俺のほうこそゴメン…沙希につらい目にあわせて。」
「私は、真一君の望むとおりにしたかっただけだから…。」
「俺、沙希におもらしさせたかったんだ…。でも、それは頼めなくて…。」
「…そうなんだ。良かった。」
「本当にゴメン。」
「ううん、私もこうなること期待してたし…。」
「ありがとう。」
真一は沙希の両手を縛っていた紐を解いた。
「とりあえずさ、着替えなきゃ。このままじゃ風邪引いちゃうだろ?」
「うん。じゃあ、ズボン脱いじゃうね。」
そういうと、沙希は濡れたジャージのズボンを脱いだ。
彼女は上はTシャツとジャージの上、下半身はブルマだった。
当然、そのブルマの股の部分は濡れていた。
「これでもしちゃったって、分かっちゃうね。
このまま出るの…恥ずかしいな。」
「じゃあ、これ使いなよ。」
彼は、マネージャー用のスコートを渡した。
色は、ジャージのズボンと同じ色である。
「ありがとう。」
沙希は、そのスコートを穿いた。
これで、濡らしたブルマを隠すことができる。
「でも、お股のところが気持ち悪いよ。」
「じゃあ、ブルマも脱いじゃえば?」
「恥ずかしいけど…そうするね。」
そういうと、スコートの脇から手を入れて、濡れたブルマを下ろし、
足からはずした。
「沙希、頼みがあるんだけど…。」
「え?」
「スコートの中見せて?」
「でも、今下着だけだし…それに透けて見えちゃうよ…。」
「頼む!!」
「…じゃあ。」
彼女はスコートをめくり上げた。
彼女の言う通り、白いパンツがあらわになった。
しかも、パンツの股の部分がぬれて透けていた。
「恥ずかしい…戻していいかな…。」
「ありがとう。でも、きもちわるいでしょ?」
「気持ち悪いけど…これは。」
彼女が穿いているスコートはテニス部のスコートと同じ長さである。
しかも、彼女はそのスコートの下に股の部分が濡れた下着しかつけていない。
「これも脱いじゃえば?」
「それは…ちょっときついよ。」
「沙希様、お願いいたします…。」
「…もう。でも、あなたがそれだけ頼むなら。」
沙希は、スコートの上から、下着を下ろて脱いだ。
「沙希、脱がしかた上手すぎ…。」
だって、こんな格好しているだけでもすごく恥ずかしいんだから…。」
今の彼女の格好は、Tシャツとジャージの上、それとスコートのみ。
スコートの下は何もつけてない状態である。
「もう、着替えてきていいかな?」
「うん…じゃあそうしよう。」
二人は、部室を後にした。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

だがしかし 1 (少年サンデーコミックス) - コトヤマ

駄菓子屋へGO!!((((((((((((((((((((*っ・ω・)っ ブ-ン

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板