したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

ときメモキャラのお漏らし小説

162 名無しさん@おもらし中 :2005/03/16(水) 02:40:26
如月「ああ…♥こんな素晴らしい物語を授業でやるなんて……なんて素晴らしいのかしら…」

完全に物語の世界へトリップしてしまっている……。当然尿意の事など忘れてしまった。
そして時間が過ぎていく………如月さんが気付くと気付かざるとに関係なく尿意は高まっていく……。
そして……ついに決壊の時が訪れたのである…。
授業中……おとなしい如月さんがいつにもまして積極的に発言していた矢先……
突然、彼女の股間に暖かい物が………それが何であるか認識するのに、
彼女自身かなりの時間を要した。
そして、彼女が気付く前に、回りの目が、彼女の下半身に集中してくる。
(明らかに液体が垂れている。)
(明らかにスカートが黒く湿ってきた)
(そして明らかに足下に水たまりが……)
何が起こったかは明白だった。ただ、彼女自身だけが何が起こったのかわからず
呆然としていた。
しばらく時が止まったように、無言の時間が続き……
教師が一言発した。「如月……お前、おもらししたのか?」

如月さんははっとした。ようやく自分のしでかした事に気付き、
顔が信じられないくらい赤くなった……。
そして、小便をまき散らしながら、逃げるように教室を飛び出したのであった。
(よく知られているように、この学校では卒業までに一度はおもらしを
しなければならない………。だが、その機会がこのような形で訪れようとは、
さすがの天才如月さんにも解らなかったようだ……)
とんぴんからりんあとしらねっけど。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX) - 森 薫

アミルさん20歳で既に行き遅れ扱いされてるけど俺ときたら…

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板