したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

ときメモキャラのお漏らし小説

16 名無しくん、おトイレに行かせて。。。 :2002/06/08(土) 11:12
あの日から何日か経った。

朝、光は目を覚ました。

「寒い!」

彼女は自分の部屋のストーブを付けると、布団の中に戻った。
部屋が暖まると、彼女は起きて制服に着替えた。

「今日も寒いな。でも、公二君が嫌がるから…。」

と言う事で、彼女はブルマをタンスにしまった。
彼女は、一階に下りて1人で朝食をとった。
彼女の両親はまた旅行に出かけているらしい。

「前みたいにならないように…。」

彼女はトイレに行った。今日は強盗はいないらしい(藁)。
彼女はトイレに入った。

「何それ…。」

なにか詰まっているのか、便器から水が溢れていた。
家にはそこしかトイレが無かった。

「困ったな…。これじゃオシッコ出来ないよ。
しょうがない。学校まで我慢しよう。」

彼女は急いで学校へ向かった。


光は登校途中で公二に会った。

「光、おはよう。」
「お、おはよう、公二君。」

二人で一緒に歩いた。

「光、今日ちょっと調子悪くない?」
「そ、そうかな?」
「あ!光トイレ我慢してるだろ?」
「ば、ばか…、でも当り。家のトイレ壊れちゃって。」
「え、そうなんだ。じゃあ、急いで学校行かなきゃ。」
「う、うん、でもまだ我慢できるから…。」

二人は学校へ着いた。

「早く行っておいでよ。」
「うん。」

光はトイレに急いだ。
しかし、女子トイレの前に「使用禁止」と書かれた紙が貼ってあった。
どうやら、故障して使えないらしい。

「え!?じゃあ、他のところは?」

他の所も同じだった。廊下に張り紙がしてあった。

「今日、学校内の個室トイレは故障のためすべて使用禁止。」

光は唖然とした。

「そ、そんなぁ…。」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) Nintendo Switch 対応 - 任天堂


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板