したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

ときメモキャラのお漏らし小説

157 如月未緒 :2005/01/08(土) 07:19
これで、未緒も、スカートの中以外は、着替え終わった。
しかし、スカートの中にはまだ、濡れている衣服が残っていた。
「あの、お願いがあるんです。」
「何?」
「ズボンがうまく脱げなくて…、脱がしてもらえませんか?」
「え!?」
「お願いします…。」
「う、うん。」
○○は、スカートのしたの足の部分を引っ張って脱がそうとしたが、
股や足の部分が濡れているため、うまく脱げなかった。
未緒はスカートを捲りあげた。
再びおもらしの跡がついたジャージが露になった。
「これで、脱がしやすいですか?」
「う、うん、そうだね。」
彼は、ズボンの中が脱げないように慎重にジャージを下ろした。
ジャージの下には、同様に濡れたブルマが現れた。
ジャージを脱がすと、彼は言った。
「これで、いいかな?」
しかし、彼女は、スカートをたくし上げたままだった。
「あ…あの…、ブルマも…お願いします。」
「え!!?」
「ダメですか?」
「というか、如月さんは平気なの?」
「恥ずかしいですけど…お願いします。」
「じゃあ。」
彼はブルマに手をかけた。
下着をいっしょに下ろさないようにブルマを脱がした。
「これでいいよね。」
しかし、スカートは捲りあげられたままだった。
彼女の白いパンツが見えていた。
そのパンツは、股からお尻にかけて、薄黄色く濡れていた。
彼女は、恥ずかしさのあまり真っ赤になっていた。
「ああ…、恥ずかしい…。でも、これも…お願いします。」
「…分かったよ。でも、スカートを戻してくれ。」
「はい…。」
彼は、スカートの中に手を入れて、未緒の下着を脱がした。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

EMOTION the Best プラネテス DVD-BOX - 谷口悟朗

星屑の空へ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板