したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

ときメモキャラのお漏らし小説

156 如月未緒 :2005/01/08(土) 07:18
○○は、しばらく更衣室で自分の濡れた下半身を眺めていた。
(俺も、高校生になっておもらしなんて。でも、如月さんと一緒だから…)

すると、更衣室のドアをたたく音がした。
(こんなところ、他の人に見られたら。)
と、思ったが、部屋に入ってきたのは未緒だった。
未緒は、毛布を巻いたまま着替えをもって入ってきた。
「○○さん、一緒に着替えませんか?」
「え?如月さんが…よければ…。」
「実は、指がうまく動かなくて、着替えるのを手伝って欲しいんですよ。」
「え?でもいいの?」
「…はい。でも、ボタンとかホックだけですけどね。」
「なんだ。」
彼は安心したような、がっかりしたような感じだった。
彼は、とりあえず、上履きと靴下を脱いだあとに、毛布を腰に巻いて、
下半身に身に着けているものをすべて脱いで、そのまま学生ズボンを履いた。
「男の人は着替えるのが早いですね。」
彼女はそう言うと、毛布をはずした。
彼女の濡れたジャージがあらわになった。
すると、ジャージの上を脱いで、スリップを手にとって、
体操着の中に手を入れる様にして、体操着の下のほうからスリップを着た。
次に、濡れたジャージのズボンに触れないようにスリップを伸ばして。
その上に、制服のスカートをはいた。
「あの、スカートのホックをつけてもらえますか?」
○○はこのときすでに着替え終わっていた。
彼は彼女のスカートのホックをつけてあげた。
その次に彼女は制服のセーラー服の上の部分をそのまま頭を通し、
手以外を通すと、体操着をそのセーラー服の中で上に脱いだ。
そして、彼に頼んで、征服のリボンを結んでもらった。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ドアノブ少女【通常版】 - 吾嬬竜孝(企画・撮影)


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板