したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

ときメモキャラのお漏らし小説

136 藤崎詩織 :2005/01/05(水) 02:16
しばらく、歩いていくと川原の堤防のところに来た。
「○○君」
彼はびっくりするように答えた、
「な…何、詩織。」
「何ボーっとしていたのかな?」
「な、なんでもないよ。」
「クス。」
慌てふためく○○に対して、詩織は笑った。
しかし、その笑いも少し苦しそうだった。
「ちょっと、川原によっていかない?」
「うん、いいよ。」
二人は川原の階段を下りた。
階段の下の方まで降りると、詩織は、階段に腰を下ろした。
○○も、その隣に腰を下ろした。
「夕日が…きれいね。」
「うん。」
もう、夕方になっていた。
彼は詩織のほうを見ると、
詩織が小刻みに震えているのを見て取れた。
「詩織、本当に大丈夫か?」
「○○君。」
「何、どうかしたか?」
「私の前に来てくれる。」
「?、いいよ。」
彼は、彼女の前に来た。詩織のスカートの中身が少し見えて、彼は反応した。
「もう!何見ているのよ。」
詩織は、スカートの中身を見られて、少し怒って見せた、が
「今日は…特別に…許してあげる…。」
彼女は、スカートを全体的に少し引っ張り上げ、
彼女の白い下着が直接階段に触れるようにした。
当然、下着は彼から見えやすくなった。
「し…詩織…!?」
「これで…、大丈夫ね…。」
驚く○○に対して、詩織は話した。
「○○君、あなたの部屋の…押入れの中…見ちゃった…。」
彼は、ギクっとした。そこには、例の趣味の本が大量に入っていた。
「あなたって、あんな趣味があったんだ。」
「そ、そ、そりゃ、俺だって男だもん…。」
「ふーん、男の子って、みんなあんな趣味があるんだ。」
「う…。」
確かに、あの趣味を持つ高校生はあまりいないだろう。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

STEEL BALL RUN 15 ジョジョの奇妙な冒険 Part7 (集英社文庫 あ 41-71) - 荒木 飛呂彦


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板