したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

ときメモキャラのお漏らし小説

1 名無しくん、おトイレに行かせて。。。 :2002/06/08(土) 11:03
ときメモの女の子にお漏らし小説を
どんどんウプしましょうハァハァ

2 名無しくん、おトイレに行かせて。。。 :2002/06/08(土) 11:03
2げっと

3 名無しくん、おトイレに行かせて。。。 :2002/06/08(土) 11:03
朝、陽ノ下光は目を覚ました。彼女は思わず毛布に包まった。

「う〜、寒いよ。」

今朝は特別冷えこんでいた。
光は自分の部屋のストーブを付けた。

「オシッコしたいな。でも寒いから少し暖まってから行こう。」

彼女はしばらくストーブで暖まった。

「今日は土曜日だから学校は半日だよね。」

十分暖まってから、彼女は制服に着替えた。

「あ、今日は寒いからブルマ履いてこ。」

彼女はスカートの下に赤いブルマを履いた。

「でも、今日は寒いなぁ。そうだ、朝ご飯ここでたべよう。」

彼女は朝ご飯を取りに1階へ降りた。ついでに洗面をして、
そしてご飯をチンして2階の自分の部屋に持っていった。

「あ、ついでにトイレに行ってくればよかった。でも今行くのはいやだなぁ…。
家出る前に行こう。」

彼女は自分の部屋でご飯を食べて、しばらく部屋で暖まっていた。

「あ、もうこんな時間。」

彼女は鞄とコートを持って下へ下りた。

しかしこの後、彼女は自分の身に何が起こるかは予想だにしなかった。

4 名無しくん、おトイレに行かせて。。。 :2002/06/08(土) 11:03
「う〜寒い寒い。トイレ行って、学校行こう。」

そういうと、光はトイレの前に来た。その時、

「譲ちゃん、オメエには恨みはねえんだが繋がせてもらうぜ。」
「え!?誰。」

そう言うか言わないかという時に、彼女は凄い力で両手を押さえられて
後ろ手に何かの金属で止められてしまった。

「な、何をするの!?」
「わりぃけど、ちょっと廊下で大人しくしててくれや。」

そう言うと、廊下で光を投げ倒した。

「い、痛い。」
「そのまま大人しくしてくれ。」

気付くと、いつのまにか彼女の両手を拘束した金具と廊下の柱が
太い鎖で繋がれていた。その間数秒だった。

「あ、あなたは誰なんですか。」
「俺はただの強盗だよ。このあたりを荒らさせてもらってる。」

そういうと、彼は部屋を荒らし始めた。しかし光の両親は旅行にいっていて、
貴重品といえるものは置いてなかった。

「ち、何もねえな。この家は諦めるか。譲ちゃん、じゃあな。」
「ちょ、ちょっと、これとって下さい。トイレに行きたくて…。」
「わりぃけど、そのままにしてくわ。そのうち誰かが助けてくれんだろ。」
「そ、そんな。」

強盗は立ち去った。

「オシッコしたいよぉ…。」

5 名無しくん、おトイレに行かせて。。。 :2002/06/08(土) 11:04
2時間後。
光は金具をなんとか外せないかどうかいろいろと試みていた。
しかし、金具は彼女の両手首を完全に固定して動かす事すらままならなかった。

「どうしよう、どうしても取れないよ。このままじゃオシッコ漏れちゃうよ。」

彼女は両足をすり合わせていた。彼女の尿意もかなり強まっていた。

その時、外から人の声が聞こえた。

「この家、ドアが空きっぱなしだなぁ。強盗に入られたんじゃないか?」
「そうだな、ちょっと中を見てみるか。」

「…助かった。」

警察の人が来て光は少し安心した。

「ちょっと待って、ドアが開いているって事は強盗に入られてそのまま
になってるって事だから、中に人がいないんじゃないのか?」
「う〜ん、そうだな。そうなると家宅捜索願も無いから住居進入で
問題がおこるな。」

「そ、そんな。」

「一応、インターフォンを鳴らすか。」

と言うとインターフォンを鳴らした。光は廊下の柱に繋がれていたので
インターフォンをとる事が出来なかった。そこで、彼女は

「中に人がいます、助けて下さい」

と大声で言ったが、

「なんだ、誰もいないのか。」

といって、警察の人はいってしまった。

「そんなぁ…、そうだ警察に電話しよう。」

自宅の電話は届かなかったので、光は自分の携帯を口で上着から出して、
ペンをくわえて110を押した。
しかし、携帯は何も反応しなかった。電池が切れていたのである。

「どうしよう。」

光はそのままでいるしかなかった。

「誰か来ないかなぁ…、もう出そうだよ。」

6 名無しくん、おトイレに行かせて。。。 :2002/06/08(土) 11:04
昼過ぎになった。光はもう5時間も繋がれっぱなしであった。
彼女はずっと足をすり合わせていた。

「オシッコ漏れちゃうよ〜。それに寒くなってきたよ。」

彼女は顔面蒼白になっていた。朝から1度もトイレに行けず、
寒い廊下で5時間も拘束されていれば、誰でもそうなるだろう。

そのとき、インターフォンが鳴った。
そしてしばらくして男の人の声が聞こえた。

「誰かいますか〜?」

光の幼なじみの主人公二の声だ。

「公二君?」
「そうだよ。」

光はほっとした。

「公二君、早く上がってきて。」

公二が急いでやってきた。

「い、いったいどうしたんだ?」
「実は今朝、強盗に入らたんだ。でもお母さんたちが旅行行ってて
うちには私しかいなかったんだ。お金も置いてなかったから
なにもねえなといってなにも取らずにいっちゃったんだ。」
「それは大変だ、今すぐ警察に…。」
「その前に、これ外してくれない?もう我慢できないよ。」

光の尿意は寒さも重なって限界近くに達していた。
彼女は足をこすりあわせた。

「そうか、今すぐ外してやる。」
「助かった。早くしてね。」

彼は、彼女の後ろに回った。

7 名無しくん、おトイレに行かせて。。。 :2002/06/08(土) 11:05
公二が光の後ろに回ると

「なんだこりゃ…。」

と言った。

「…これ、簡単に取れそうにないよ。いったい何をどうしたらこうなるんだ?」
「そ、そんな…。そんなに複雑になっているの。付けるのはあっという間けど。
それに私、今日朝から一回もトイレいってないんだよ。」
「え?!どうして?」
「だって、学校いく直前にトイレに入ろうと思ったら、
その前に強盗に襲われちゃったんだもん。」
「…とりあえずできるだけ早くするから我慢してて…。」

彼は彼女の腰の下に座布団とタオルを敷いて、ストーブを持ってきてくれた。
そして、万が一の為にスカートがお尻の下にならないように引っ張り出してくれた。
光は尿意が少し弱くなったように感じた。
あと、スカートの中身が見えてしまったがブルマを履いていたので大丈夫だ。

「これで、少しは我慢できるだろ。」
「ごめんね、ありがとう。でもなるべく早くしてね。」

彼はペンチや金ノコなどの道具を使って光を拘束する金具を取り外しにかかった。
その作業は金ノコで少しずつ削っていく作業だった。作業による振動が彼女の
膀胱を刺激した。

「も、もう少し優しくして。」
「あ、ああ、わかったよ。」
「わがまま言ってごめんね。」

彼は黙々と続けた。

8 名無しくん、おトイレに行かせて。。。 :2002/06/08(土) 11:05
1時間が経った。
公二ははまだもくもくとやっていたが、落ちつきが無くなってきた。

「早く外さなきゃ…」
「お願いね。」

光はずっと足をこすっていた。よく見ると公二ももじもじしていた。

「公二君、どうしたの?」
「なんでも無いよ。」
「君もトイレに行きたいんじゃないの?」
「え、す、少しね。でも、光がもっと我慢してるのに
やすやすと行くわけには行かないよ。」
「公二君、いってきなよ。」
「え、でも。」
「あたしのことは気にしなくても良いよ。それにそれで君の手が
遅くなったら困るしね。」
「そ、そうか、じゃあちょっと行ってくるよ。」
「私の分もしてきてね。」
「わかった。」

公二は申し訳無そうにそこを離れた。

「光の奴、自分の方が辛いのに俺のことを考えてくれるなんて。」

公二はそう思いながらトイレに入った。
しばらくしてトイレから、「ジャー」と水を流す音が聞こえてきた。

「公二君いいなあ。トイレに行けるんだもんなぁ。
私も早くトイレにいきたいな。もう漏れちゃうよ。」

公二が戻ってきた。

「光、ごめんな、これから急いでやるから。」
「ううん、いいよ、こっちこそゴメンね、面倒な事に巻きこんで。」
「気にするなよ、困った時はお互い様だよ。」

彼は作業を再開した。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ふともも写真館 制服写真部 - ゆりあ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板