したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

オリジナルあらすじ

1 :2009/01/04(日) 02:43:19
一回DNCオフ会(2008年3月末日)で話し合われた企画オリジナル側のあらすじについて、ここに書き込んでいきます。

これを元に会議していこうと思うのでよろしくお願いします。




あらすじ

デジタルワールドの女王(当時の設定ではリリスモン?)が最愛の娘(デジモンは子供を作らないため最愛の人か?)を『真の敵(本当は女王の家臣)』に殺される。
女王は子供を作ること(もしくは最愛の人の復活)は不可能


『真の敵(家臣)』が「デジモンたちの魂を集め、それをエネルギーにすることにより子供をつくる(最愛の人の復活)は可能だ」とそそのかす



そして血迷った女王は軍(この中に敵サイドあり)をデジタルワールドの各エリア(女王は中心エリアに存在)に送り、エリアの侵攻、デジモンの魂狩りを決行。
帝ら主人公組はそれぞれデジタルワールドに召還され、これら女王軍に立ち向かう…


『真の敵』の目的⇒女王の集めたエネルギーを利用し、凶悪な存在(当時の話ではデ・リーパーが有力候補)を召還、全エリアの征服

物語のパターンでは
女王軍VS共和国(征服されそうな各エリアのデジモンたちと主人公)

となっており、ボスの特定がしやすく、敵の行動理由が作りやすいメリットがあるが同時に帝国を倒した後の始末も書かなければならないデメリットもあります。


キャラの利用に関しては


共和国軍
・主人公
・(ゲストから一部のキャラ)

帝国軍
・女王
・真の敵(ラスボス・家臣)
・投稿されたオリジナル敵キャラ


第三勢力(無関係者)

・スナイモン
・(ゲストから一部のキャラ)




一応こんな感じです。何かありましたらメッセなりで意見お願いします。

2 :2009/01/05(月) 01:46:32
最初のグループメンバーが決まったので書いときます。

01:鉄騎右近&ドクネモン
02:緒形睦月&プロットモン
03:緒形那沙&プロットモンX
04:二之宮コウ&レオルモン・コマンドラモン
05:澄凪久留美&ベアモン
06:日高昇&ワームモン
07:柴田夕希&キャンドモン
08:遠坂一樹&クリアアグモン
09:雷禅寺帝&ブイモン
10:霧夜零&ファルコモン
11:月之夜翡翠&クダモン

Aチーム
03:緒形那沙&プロットモンX
06:日高昇&ワームモン
09:雷禅寺帝&ブイモン
11:月之夜翡翠&クダモン

Bチーム
01:鉄騎右近&ドクネモン
05:澄凪久留美&ベアモン
07:柴田夕希&キャンドモン

Cチーム
02:緒形睦月&プロットモン
04:二之宮コウ&レオルモン・コマンドラモン
08:遠坂一樹&クリアアグモン

Dチーム
10:霧夜零&ファルコモン

3 :2009/12/10(木) 22:29:49
主人公サイドと敵サイドの絡みを想像してみたので貼ってみます。これから相談等で色々と修正していければいいなと思っています。

Aチーム
03:緒形那沙&プロットモンX
06:日高昇&ワームモン←兆 一度昇と兆が事情を知らずに遭遇→兆の片想い
09:雷禅寺帝&ブイモン←ピノ・シャーヴァト からっぽ繋がりの同志と思い、目をつけられる。
  ↑
黒木境&ギルモン 生き甲斐を与えるために色々手伝う。(経営予定の写真屋のバイトに誘うなど)


11:月之夜翡翠&クダモン 

Bチーム
01:鉄騎右近&ドクネモン←リヒカ 最初に右近を狙い、圧勝。それ以来右近に目をつけられその後もしょっちゅう勝負を仕掛けられるもその度に勝利。が、子供には止めを刺さない点で、毎度もう一歩のところで見逃す。→右近怒る  その後色々学び右近精神的に成長


05:澄凪久留美&ベアモン←大吾、ガオモン あらゆる策を使いチーム内の友情崩壊を狙う
↑ 何があってもついていく↓
07:柴田夕希&キャンドモン

Cチーム
02:緒形睦月&プロットモン←梓・昴(のちに睦月が姉と合流しタッグバトル。和解するか?)
04:二之宮コウ&レオルモン・コマンドラモン←牙。心の問題が云々。翡翠も混ぜるか?
08:遠坂一樹&クリアアグモン        ↑
                      鳳瑠倩&ストラビモンが序盤に対抗、が、倒される。


マジラ・カラテン→チームに直接深い関わりはないがガンガン出てくる。しょっちゅう零と遭遇、抹殺される(の予定)

パペマス→色々なチームのところに出てくる。のちに大量生産されてることが判明、敵本拠地に本体がいて、そいつはレプリカ版の〜倍の戦闘力を持つ

4 :2009/12/17(木) 02:27:30
とりあえず各チームのメンバーが集まっていくまでのストーリーを簡単に書いてみました。今日はAチームです。


話の大きな流れ

とりあえず旅の目的は序盤知らぬまま、デジヴァイスは指示するままに動く感じ。パートナーデジモンたちは、目的は分からない、もしくは大半を忘れながらも、デジヴァイスを持たされ、本能的にパートナーを見つける。

全員のデジモンが成熟期までの進化を可能とし、数話経った状態で他グループと合流させる予定。1人くらいタケルみたいになかなか進化しないようなやつがいてもいいかも。


Aチーム

START! 帝、DWへ



IN森林の世界(オリジナル設定、深いストーリーなしか?)

ブイモンと遭遇、デジヴァイスゲット
スナイモン出現、ピンチに那沙&プロットモンX(初登場はライノモンX)駆けつける
一時的に退け、帝、事の流れを知る
スナイモン再出現、ブイモン、ブイドラモンに進化、撃退
何かの拍子に(アイディア募集中)ゲートが開き、次の世界へ

備考

とりあえず何かの拍子にのアイディア募集。最初は帝は状況を把握できずパニくり、足を引っ張る。
だが、那沙の一喝で何かに目覚め、ブイモン進化(の予定)
森の主(自称)スナイモンはこの戦闘では死なず、胸辺りに大きな傷跡を残しながらも、復讐のために帝と那沙をあらゆるステージで執拗に追い回す(予定)



遊戯王国(観測員108号氏発案)

☆遊戯王国
遊園地の様な国。その比はファイル島のおもちゃの町を遥かにしのぐ世界である。
ジェットコースターから、おばけ屋敷。アスレチック等、さまざまな娯楽が置かれており、
いつもお祭り騒ぎをしている大変疲れる世界。
また、この世界の地下には遊具を動かす為の巨大機械郡が存在する。
住人はパペット系デジモンや、お祭り好きなデジモン達がところせましと存在している。
そして、地下世界ではマシーン型でジモンが不眠不休で寝ずの番をしている。


最初は遊園地のような感覚で、帝たちは正直拍子抜け。(若干デートみたいにも見えるが)帝、那沙たちはちょっと世界を楽しみがてら世界の探検を開始。この間に色々話になる。(帝の家の話や、那沙の妹、睦月の話)

国のパペット系デジモンの1匹が急に暴れ始める。ここで昇(初登場はスイッチON状態)&ワームモン(

初登場はスティングモン)出現。敵を一蹴。帝、那沙と遭遇し、互いが同じ飛ばされてきた存在だと知る

昇は最初からこの世界に飛ばされ、わけも分からぬままワームモンと遭遇。世界から出る術も見当たらなかったため、この世界に居座っていた(お祭り騒ぎの連中は、ノリで歓迎ムードだったらしい)
ワームモンは最初はこの世界に来た事情を話そうとしない(後々、自分のいた名家のあった世界が敵の襲撃に遭い、逃げた時に迷い込んだ事実が判明)
因みに何故かワームモンは昇と会ってからかなり早い段階でワームモンに進化できたらしい

この遊戯王国は、昇が来る少し前から住人のパペット系デジモンが度々暴走する事件が起きていて、世界の地下にある警備のマシーン型デジモンも頭を悩ませていたらしい。で、昇は元の世界に戻る手がかりが見つかるまでワームモンと共にそこで用心棒代わりとなっていた。


(ここら辺で帝の昇の絡みあり?帝が昇を尊敬するように…なるかな?)


で、暫くそんなこんなやっているうちに(アイディア募集)またデジモンの暴走が開始(予定ではワルもんざえもん。ゴジラの如く暴れ周りる。)帝、那沙、昇や一部警備デジモンの応戦班と、その他の警備デジモンたちの救護班で分担して対応。今度はかなり大規模で、町中が大パニック。

そうこうしているうちに地下の管理システムが何者かによりハッキングされ、遊戯王国の遊具なども襲い掛かってくるようになる
代表して那沙、昇が地下に駆けつける(帝は地上でと、地下には敵幹部「カラテンモン」の姿が。那沙、

応戦するものの惨敗。ピンチのところに零とマタドゥルモン出現、敵を退く。→零、無言のまま消え去る



地上の帝らもなんとかワルもんざえもんの撃破に成功、ワルもんざえもんの正体がパペマスであることが判明

チームメンバー、敵サイドの動きをなんとなく気にし始める

荒れ果てた町の瓦礫の下からゲート出現、次の世界へ

5 :2009/12/17(木) 02:28:04
続き!



-Bushido Field-(ヒロコプ氏発案)
常に何処からとも無く剣撃の音が響き渡る、火花散らす世界。其処に住まうデジモンの大半は自慢の刀や剣、鉄爪を振るう争いの大好きなデジモンばかり。街には和風の建物が立ち並び、2〜3割が武器屋、或いは鍛冶屋。どのデジモンも豪快さの中に人情に厚い部分と相手に対して礼儀正しい部分がある、正に「喧嘩が華」といった世界と言える。


どこか江戸時代の雰囲気が漂うこの世界で、夜中に何やら尾を付けた人型のバケモノが現れ、町の強者たちの魂を喰らうという恐ろしい噂が流れていた。
ひょんなことから(アイディア募集)その事実を調査することになったご一行は、そのバケモノの巣といわれている、町外れの竹やぶへ入る事に。

ここで翡翠(琥珀)、クダモンと遭遇する。クダモンが偶然尻尾の如く翡翠(琥珀)に張り付いていたり、、

偶然にも琥珀が表に表れギャーギャー騒いでいたのでバケモノと勘違いされ、一悶着起きる。

実のところ翡翠(琥珀)はDWに飛ばされたものの、竹やぶに不時着、クダモンとは出逢ったものの道に迷い

竹やぶ中を少々長い間グルグル回りながら自給自足の生活を送っていた様子。翡翠(琥珀)、クダモンはお互い信頼関係は深かったものの自分らが選ばれた存在であることを知らなかった。(無論進化もまだ)


で、暫く話があり(二重人格の事情やらの話)、一回町へ帰還。色々あり(アイディア募集)、竹やぶから本物のバケモノ、正確には敵サイドに依頼され魂を集めていた刺客、キュウビモンが現れる(今までは町の住人を惑わせるために人型に化けていたらしい)。

その素早いスピードに翻弄され帝ら苦戦、そこでクダモンが覚醒、チィリンモンに進化し撃退する。


キュウビモンを倒し、ゲートが開きそこから次の世界へ…

6 :2009/12/17(木) 02:55:36
↑チィリンモンの部分、レッパモンに訂正です。申し訳ございません・・・


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ドアノブ少女【通常版】 - 吾嬬竜孝(企画・撮影)


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板