したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

作ったキャラクター【最終決定案】

1 :2008/12/30(火) 00:08:54
えーと企画が始まってからもう2年ほど経ったわけですが、これほど長いとやはりキャラの設定にも若干(もしかしたら大分)変更があるかもしれません。

そこで自分の作ったオリジナルキャラクターの設定に変更のある方はこちらに書いてください。



名前
どのサイド(主人公・敵・ゲスト)のキャラであるか
年齢(誕生日)
趣味
特技
性格、特徴
備考
言わせたい台詞等

名前
どのサイド(主人公・敵・ゲスト)のキャラであるか
レベル、属性、種族
趣味
特技
性格、特徴
備考(進化ルート等も)
言わせたい台詞等



↑書くのは設定変更箇所のみでOKです。



キャラごとにピックアップされたストーリーを書く予定ですが、それに当ってはそのキャラの製作者の方と相談しながらストーリーを考えていきたいと思っているので、脚本係以外の方でも協力よろしくお願いします。

2 ut :2009/01/09(金) 23:59:06
utです。微妙に設定変更して載せときます。

名前 鉄騎 右近(てっき うこん)
主人公サイド
年齢 12(1994年2月11日)
趣味 剣道。…で自分よりも年上の相手をコテンパンに叩きのめすこと。
特技 剣道。同年代と比べれば頭一つ二つも秀でている。
専属の先生曰く、「筋はいいが精神的に未熟すぎる」との事。
剣道自体は嫌いではないが、武道を通して己の精神を磨くことや、いわゆる侍の精神的なものについては馬鹿馬鹿しいと思っている。

性格、特徴
世界を又に書ける大財閥の三男として生まれる。
プライドが高く、周りの大人達を見下しがちな生意気なガキ。
上に年の離れた二人の兄がおり、二人ともすでに成人して第一線で働いている。
二人の兄は幼いころから各方面で非凡な才能を発揮し、剣道に関しても右近の遥か上を行っていた。
右近は出来の悪い人間ではなかったが、天才二人に比べれば凡才の範疇であった。
兄二人と比べられたり、両親や周りの人間の興味が彼らにばかり集中することに憤りを覚えており、
その鬱憤を周りの大人や学校のクラスメイトを見下し、馬鹿にすることで心の安定を保っている。
基本的に自分よりも能力の低い人間は徹底的に見下し、自分よりも有能な人間には妬みをあらわにするというどうしようもない子供。
他人の失敗、とくにそれが日頃自分よりも信頼を集めている人間や自分よりも有能な人間だった場合はここぞとばかりに叩くだろう。
しかしかまってちゃん思考な為孤独は好まない。本当に一人になってしまったら震えるしかないだろう。
服装は燕尾服に蝶ネクタイの典型的坊ちゃんルック。何かのパーティの最中に召喚された的な感じ。
髪は肩口まで伸ばしており、母親似で女の子に間違えられることも。一人称は俺

好き 自分を褒めてくれる人 自分と同年代以上でかつ自分よりも無能な人 
嫌い 兄二人 自分と同年代以下でかつ自分よりも有能な人

パートナーへの印象 邪魔くさい。正直殺虫剤でもかけてゴキブリホイホイに投げ込みたいところだが、
手柄を上げる為に精々利用させてもらう。パートナーの選択権があればこんな奴選ばないのに。

「そんな事も出来ないの(分からないの)?出来の悪い人はちょっと黙っててくれないかな、俺の邪魔にならないように」



チーム内の仲間に対する第一印象

澄凪 久留美→お姉さんぶっているのでうざったくて嫌い。何かと口ごたえするが貧乳については触れない。一度それに触れて呼び出されたので。
ベアモン→お母さん的存在、ということでやはりそういうタイプの人間は馴れ馴れしいと感じてあまり好きじゃないらしい。
柴田 夕希→嫌いでも好きでもない。無口=引っ込み思案で自己主張の弱いと勝手に思い、軽く見下している節あり。
キャンドモン→うるせぇ騒ぐな静かにしろ。

3 ut :2009/01/10(土) 00:01:51
続いてパートナー

名前 ドクネモン
主人公サイド
レベル 成長期 属性 ウイルス 種族 幼虫型

趣味 女性をたたえる言葉を考える事。
特技 気絶から即座に回復(ただし彼が女性と認定した相手の前のみ)
性格、特徴
右近のパートナーデジモン。だがすこぶる仲は悪い。
基本的に女性に対しては騎士を気取り礼儀正しいが、男性に対しては露骨に態度を変える。
要するに女好きなのだ。何時如何なるときも一人称「私」と紳士的な口調を崩さないが、
男性、特に嫌いな相手にとっては嫌味を連発する。戦闘中にパートナーである右近を放って
他の女性テイマーや女性人格のデジモンの援護に行った事も一度や二度ではない。
プライドが高く周りを見下しがちなところはパートナー同様。自分で考えといてなんだが酷ぇ奴らだ。
因みに2人の仲の悪さの原因は初対面時に、
「美しい男装のレディが私のパートナーか…」→「男!?詐欺だ!」というやり取りがあり、
それが未だに尾を引いているため。
ここまで読んだ賢明な皆様には分かるだろうがドクネモンは綺麗な女の子がパートナーだと良かったと思っている。

備考
進化ルートは
リーフモン→ミノモン→ドクネモン→フライビーモン→ジュエルビーモン→ロードナイトモン。
戦闘スタイルは自分が傷つくのが嫌なので基本的にスピードを生かした一撃離脱戦法。しかし女性の前でいいところを見せたいが為に
女性を進化後の装甲を生かしてかばったり、大役を引き受けたがることも。そして一挙一動ごとに芝居がかった仕草をする。
因みに成長期以下のときはとにかく戦おうとしない。

パートナーへの印象 プライドだけは無駄に高くてうっとおしい。不本意だが女性陣にお近づきになるために
精々利用させてもらおう。パートナーの選択権があればこんな奴選ばないのに。

「私のパートナーを名乗りたいのならせめて女装でもしてきたらどうだね?」

(女性がパートナーでなおかつ男性人格のデジモンに対して)
「○○くん、君と私のパートナーを交換してくれないかね?」


チーム内の仲間に対する第一印象

澄凪 久留美→貧乳?いいじゃないかすごくいい。貧乳であることに自身を持て!
ベアモン→お母さん娘さんを私にください。
柴田 夕希→無口少女いいねぇ!右近ととっかえて欲しいパートナー候補No1。
キャンドモン→常にパートナー最優先なのは尊敬に値する。だから取り替えっこプリーズ。


相変わらずどうしようもない連中ですがよろしくお願いします。

4 メカ道楽 :2009/01/10(土) 02:46:16
大分変更加えましたが、投稿。

名前:日高 昇(ヒダカ ノボル)
年齢(誕生日):25歳
趣味:休日のツーリング、アニメ鑑賞(主に80〜90年代のロボット、特撮もの)
特技:徹夜(60時間連続活動記録あり)

性格、特徴

大手貿易会社に勤める平社員。
得意先の営業にヒーコラする毎日を送っている。
が、特にその事に対してストレスは感じていないようで、営業成績も上々。
仲間内では近々昇格も噂されているが、本人に出世欲があまりない所為か、そういった動きは今のところ無いようである。
自分の会社に対する姿勢は、とても忠実で、上司が指示したことを期限内にキチンとこなす優等生。
が、会社と共に死ぬ気などはまったく無く、この忠実さも、あくまで食いぶちがなくなる事を恐れてのことである。この不景気だしね。

休みの日は、天気の良い日はツーリング。悪い日はアニメ鑑賞とその二通りしかない。
ツーリングといっても、近場をトロトロと回るのがメインで、たまに遠出する程度。今日も愛車のスクーターが唸る。
余談だが、一時期の原油価格高騰には、かなり頭を悩ませた。
悩ませた挙句、休日はアニメ一本に絞ったらしく、その時期に色々な作品を制覇したようだ。

ちなみに経歴は、普通の高校に入学し、一流大学に落ちた後、一浪して三流大学に入学、その後、普通に卒業。
そして今に至る。


性格は結構ポジティブ。
今、自分が置かれている状況を、如何に面白く切り抜けるかという事を、常に先頭に置いて行動する。
これは、浪人になった際、あまりのショックで一年間、ほとんど無気力状態になっていた経験から来ており、
半ヒッキーになっていた昇に母親が
「うだうだと燻ってるくらいなら、いっそ派手に燃え上がってみな!」
と、ドアを蹴破られ思いっきりぶん殴られた際に、反骨心とばかりに
「殴られるくらいなら、やってやろうじゃないか!」と言って、色々吹っ切れたのが原因。
昇本人も、この一年間の事はとても後悔しており、滅多に口にしようとはしない。
趣味のアニメ鑑賞は、この一年間にやっていた事の一つ。ジャンルについては、先の母親の台詞の影響が強そうだ。

基本、他人を馬鹿にすることはない。人の良いところを見つけると、褒める。褒めまくる。
褒めすぎて、他人からウザいと思われるなど、よくある事。
そんな性格の所為か、あまり人を怒る事が出来ない。良くて、軽い注意程度。

子供に対する態度は、親切なオジさん、といったところ。
ただ、どうもやる気のない子に対しては、厳しくなる事が多い。
昔の自分と色々重なってしまうかららしい。よくこんなオジさんいるよね。
しかし、丁寧語。親戚の子にも丁寧語。小学生にも丁寧語。
だけどワルガキはしっかり諌めるので、別に最近の子供を恐れて、丁寧語としているわけではないようだ。
社会に出て、上司に色々言われないように、言葉遣いを必死になって直そうとした所為で、丁寧語が癖になってしまったというか。

しかし、戦闘時になるとアニメの雰囲気を味わえて、気分が高揚するのか、「オレ」とか「だぜ」とか使いまくる。
相手も平気で罵倒したり、丁寧語?何それ?といった感じになるので、始めてみる人はそのギャップに唖然とするだろう。

DW入りした時の格好は、メガネ+紺のスーツ。(戦闘時はネクタイ緩めて、メガネは外す)
密林や砂漠では、動きづらくてしょうがない。

備考
言わせたい台詞等
「俺の拳は!この場にいる全ての繋がりを守る為にある!!・・・とか、言ってみたいですねぇ」
「いやね。これでも、結構大変なんですよ。営業マンって。・・・わかってもらえます?」
「うおおぉぉぉ!やる気ハツラツだぜえぇぇ!!」

5 でるた♪ :2009/03/30(月) 18:02:42
大分変ったので投稿させて頂きます。

名前:黒騎士、カケル
既存敵サイド
年齢:恐らく十代後半から二十代前半
趣味:不明
特技:剣技(主に日本刀)
性格、特徴:黒い短髪に顔を覆う黒いバイザー、黒いローブを纏う。
常に鞘も柄も真っ黒な日本刀を持つ、刀身も黒い。
普段は優しいお兄さんだが、敵に対しては冷徹。
楽天家的な表面からは窺い知れない冷静さを持つ。
備考:そこそこ強い、大抵の成熟期程度のデジモン相手なら瞬殺、とまではいかないが倒せる。

言わせたい台詞等:「これは俺の復讐の一部にしかすぎないよ。」

6 でるた♪ :2009/03/30(月) 18:36:45
名前:カオスデュークモン
既存敵サイド
究極体、ウイルス種、暗黒騎士型
趣味:不明
特技:不明
性格、特徴:普段は冷静沈着、主人である黒騎士に忠実。
ただ特に主従関係がある訳では無く、黒騎士の事は気軽にカケルと呼ぶ(黒騎士をカケルと呼ぶのはカオスデュークモンくらい)
カケルを傷つけられたりすると激昂する。(といってもカケルが傷つけられることは滅多にない)

備考(進化ルート等も)
怒りが頂点に高まると漆黒のメギドラモンへとスライド進化、黒い炎で敵全てを焼き尽くす(らしい)。

言わせたい台詞等:「よくもカケルを・・・、死ねぇぇぇぇぇぇっ!!」

7 Aurore :2009/04/05(日) 16:50:37
えっと、皆さんはじめまして、新しくこの企画に参加させてもらいましたAuroreです。
中国のデジモンファンですXD日本語は少しわかりますけど、それほどうまく応用できませんので、もし話し方とかが間違っていたり適当ではない場合はどうぞお許しください。
ヒロコプ様からまだゲストキャラの応募は受け付け可能だと聞いたので、投稿させてもらいました!
皆さんよろしくお願いします^^



名前:鳳 瑠倩(ホウ ルセン<日本語の発音> / フォン リュウチェン<中国語の発音>)
どのサイド(主人公・敵・ゲスト)のキャラであるか:ゲスト
年齢(誕生日):17/6月22日
趣味:中国語(しかも北京弁)でツッコミ。他の人がわからないと知っていて余計に言い出し放題。
特技:中・日・英三ヶ国語で連続ツッコミ(何)。美術(専門は中国画)。文系学生だから記憶力絶好、暗誦とかが得意で一目に見たものは決して忘れない…人の顔と名前以外は。幼い頃から中国武術を学んでいて、得意は剣術、ベルトの中には常に中国式の剣(剣身が軟らかくて曲がれる)を仕掛けている。
性格、特徴:膝まで届く長い黒髪、学校に行かない時は面倒だから結ばずそのままで(中国の高校では長髪の女子生徒は必ず髪を結ばなければならない)。髪色は黒と言ってもなんだか墨を水で薄めたような色素が薄い感じ。瞳も同じ色。いつもニコニコしていて、性格は腹黒最高?典型な北京人とも言える性格で、にぎやかな事とかどさくさとかを傍観するのは興味あるけど関わるのは嫌、しかしもし理由があって関わると決めたら絶対全力で最も良い結果を目指す。人をからかうのとツッコムのが好きだが実は姉っぽい優しい少女。
備考:両親とも大学の教授で、娘のことは間違いなく愛しているがやはり生徒一位の責任感強い先生達。そのせいで瑠倩は結構独立で小さい頃から自分で自分の面倒を見ることにしているが、人と付き合うのが少し苦手、だからわざとからかうとかの方法を使っている。家事万能だが料理だけが完全に苦手、小さい頃は両親が居る大学の食堂で食事を済ませていたが、今は自分でやれるはずの家事ごと全部パートナーに任せている(言い訳:だって勉強/戦闘/遊び過ぎで疲れてるもん☆)。理論と行動が統一出来ないタイプ、剣術はうまいのに武術の理論が全然わからない;逆に多くの知識を覚えているため料理に関しても詳しく、パートナーの今の上手な料理レベルでさえ彼女に学んだものなのに、自分では全然料理が出来なく、もしキッチンに入れば破壊力は究極体のデジモンを超えると言われている。記憶力が絶好なのに何故か人の顔や名前はどうしても覚えられない。もう高校二年生なのにまだ一部のクラスメイトの顔と名前を覚えていない(汗)。中国の習慣で人を呼ぶ時は苗字も名前も一緒に呼ぶけど、とても仲が良い人のことは勝手に名前を略したり綽名を付けたりして呼んでいる(例:ストラビモンのことを「狼崽儿」<発音は「ランザイ」に近い、中国語「狼の子供」>と;ヴォルフモンを「ヴォル」と呼んでいる)。一人っ子のおまけに勉強が忙しいせいで彼氏どころかクラスメイト以外の男の子の知り合いなどほとんど居なくて、パートナーのストラビモンが他の女の子や女性型デジモンと関わると妬んじゃうとか…?
   高校生だから普段着は学校のユニフォーム。日本の高校の制服と違ってスポーツ部みたいな運動服。別に綺麗じゃないけど丈夫だし洗いやすいし週末に着替えるのが面倒だから(…)毎日着ている。
言わせたい台詞等:「じゃコレも任せたわよ☆」「そんな面倒なこと、ヤダ」「加わる気ないけど興味はあるかも?面白そうだから、たっぷり見物させてもらうわ☆」

8 Aurore :2009/04/05(日) 16:52:36
パートナー:
名前:ストラビモン
どのサイド(主人公・敵・ゲスト)のキャラであるか:ゲスト
レベル:LV III、属性:データ、種族:魔人型・バリアブル種
趣味:テイマー・瑠倩と口喧嘩とか彼女の面倒(?)を見るとか。瑠倩のお陰で中国語がわかるからたとえ彼女が突っ込んだ相手が他の人だとしても突っ込み返す(…)のは必ずストラビモン。漫才コンビみたいな二人?
特技:家事、特に料理(…)
性格、特徴:色々不平を鳴らしていても結局瑠倩に折れてしまって面倒を見てあげる心優しい子。自分も恥ずかしがりやの上に瑠倩が訳もなくやけに皮肉になるから瑠倩以外の女性や女性型デジモンに冷たい。瑠倩が自分についての呼び方は仕方なく認めているが、せめての復讐(?)としても瑠倩のことを要求されたように全名で呼ばず「チェン」と呼んでいる。
備考(進化ルート等も):ストラビモン→(Hスピリット)ヴォルフモン
                       ↓↑       →(Wスピリット)ベオルフモン→マグナガルルモン
                 →(Bスピリット)ガルムモン
言わせたい台詞等:「それくらい自分でやれ!!」「…チェン、お前なぁ…」「…俺はもう知らないから」

9 :2009/11/20(金) 00:28:51
久留美は暗い設定とかなしで能天気キャラにしようと思ったらどうしてこうなった\(^o^)/
ついでに胸に関する設定も消そうと思ってたはずなのにutさんに拾われて消せなくなったよ! 畜生!!
でもナイスだったので突っ走ります。
まぁ遅すぎるんだよ馬鹿野郎って場合は無視してくださって結構です(笑)

名前 澄凪 久留美
主人公サイド
年齢 14歳 誕生日 8月6日
趣味 読書、運動
特技 運動
性格、特徴

基本テンション高め、活発でノリが良くどんな感情より先に好奇心が来るほどに好奇心旺盛で何かと年下に対してお姉さんぶりたがる。
自分より年下に対してやたらとお姉ちゃんぶりたがるが、特に悪気はなく年上だからしっかりしなくてはと言う責任感からそうしているのだが良い結果に繋がることはあまりなかったり。
そして知り合った人間(デジモンも含む)とは誰とでも仲良くしたいと思っている。

あまり考えずに喋っていることも少なくなかったりよくも悪くもマイペースな性格で基本的に思ったことはそのまま言う人間なのですごいと思った事はすごいと言うし納得いかないことはおかしいんじゃないかと口答えする。
また自身の体型(主に胸と言うか胸)にコンプレックスを抱いており、それに関して深く触れた物は彼女に呼び出しをくらい二度とその事については触れなくなると言う。そこで何があったのかは、呼び出された物は震えながら口にすることを拒み、久留美自身も何も言わずに笑みを浮かべていることが多い。
(胸関連以外は)自分の悪口を言われたりしてもそこまで気にしたりしないが、他人の悪口に関しては異常なまでに敏感で相手が冗談のつもりで言ったりした言葉にも敏感に反応したりします。
基本的に友人を失うのを極度に怖がっておりその為他人に関しては異常なほど世話を焼いたり気にかけたりする、悪口の件に関しても同様の理由で敏感に反応しちゃいます。
またその為に自身のことを考えず安請け合いしてしまうこともある。
また自身のことをそういう感情込みでしか友人に優しく出来ないと思っておりそんな自分を自己嫌悪している。

幼少時代長期に渡って入院していたこともあり、読書はその時に病室内での暇な時間を過ごすための覚えた趣味でまた長い間病室内で過ごさねばならなかった反動でよく外で運動するようになり様々な物に対して興味を持つ好奇心を身につけた。

運動神経は同年代にしては比較的高めで本人も運動全般が大好きで尚且つ運動神経は高め、そして柔軟と反射神経はその中でも群を抜いている。
交友関係は男女問わず広く、友人からもよく好かれているが異常なまでの好奇心については付いて行けないという者が多い。
勉強に関しては苦手ではあるが嫌いと言うわけではないので普通である。

毎晩の日課として近所でランニングしており、その時デジタルワールドに連れてこられたのでデジタルワールド内での服装は上下ジャージに中にTシャツを着ている感じで……。
髪は薄茶色のポニーテールです。

備考
言わせたい台詞等
「お姉さんにまっかせなさい〜」
「ちょっと!? そんな言い方ないじゃない!! え、冗談? アハハハハ……ごめん」
「ん? 私の胸が何? 言いたいことがあるなら、あっちでゆ〜っくり聞かせてもらいましょうか?」

パートナーへの印象

チーム内に対する第一印象
鉄騎 右近→仲良くしたいって気持ちはあるけどウザがられて、どうしていいか分からない
ドクネモン→パートナー交換? あはは、冗談がうまいわねぇ。でも貧乳であること褒められてもなぁ
柴田 夕希→仲良くして普段どんな本を読んだりするのか聞いてみたい
キャンドモン→気が合いそうで仲良くできそう、ただ考えて行動できるって部分は学びたいと言う気持ちはある

申し訳ないですがベアモンの方はまた後日と言うことで……。
何か質問とかあればお気軽にしていただければ

10 メカ道楽 :2009/11/20(金) 00:31:08
一体、人間投下して何ヶ月経つのだろうか・・・
パートナーをば

名前 ワームモン
主人公サイド
レベル 成長期 属性 ウィルス 種族 幼虫型
趣味 相手を見下す事 食べる事
特技 記憶術
性格、特徴
(自称)虫デジモンの中でも有数の名家「アイゼンフォレスト家」の一人娘。
そもそも性別のないデジモンで娘ってあるのか、とか。家柄ってあるのかよ。
など、細かいツッコミ所はあるのだが、アイゼンフォレストの名は、デジタルワールドの中でも相当有名らしく、虫デジモンの間で彼女を知らぬものはいない。
しかし彼女は、決してそれを良しとはしない。あくまで、家柄ではなく自分自身を見て欲しいのだそうだ。
アイゼンフォレストである事に誇りは感じるものの、それが自分の全てだとは思いたくないらしい。
その為、家の名前のみでしか己を語れぬような者や、それらにヘコヘコするような者を、彼女は決して許さない。


性格は貴族のお嬢様らしく、高慢でワガママ。更に唯我独尊主義といった困りもの。
常に彼女を肩の上に乗せている昇は、彼女が人を見下した言葉を吐くたびに、やんわりと注意する役に回っている。
そんな彼女ではあるが、自分の認めた人間やデジモン(彼女曰く『高貴な魂を持っている者』)には、素直になる。
『高貴な魂を持っている者』の詳しい基準は不明だが、人間的に成長しているかどうかが鍵のようだ。
今のところ、その条件を満たしているのはパートナーの昇だけなのだが、果たしてこれからどうなる事やら・・・。


ちなみに、好きな食べ物はクリームシチュー。
「クリィミィな舌触りと程よい熱さ、そしてこの栄養豊富な感じが堪らないのですわ!」とは彼女の弁。


備考(進化ルート等も)
リーフモン→ミノモン→ワームモン→スティングモン→ディノビーモン→グランディスクワガーモン

戦い方は「蝶のように舞い、象のように一撃必殺」なスピードを活かした一撃必殺戦法を得意とする。
得意とするっていうか、そればっか。格ゲー風にいうと「キャラのスピードを活かして必殺技ぶっぱしまくり」な状態。
燃費なんてしったこっちゃねぇな戦い方なのだが、彼女の底なしのスタミナ(クリィムシチュウパワァ)がそれを可能にする。
そんな戦い方の為、他人との連携は不可能である。

言わせたい台詞等
「アイゼンフォレストは常勝不敗。砕け散りなさい!虫ケラが!!」
「…貴方の事、認めて差し上げますわ。悪かったわね。今まで色々言って・・・」
「昇!何をしているのです!早く私を肩の上に乗せなさい!・・・疲れたのよ!!」

11 メカ道楽 :2009/11/20(金) 01:26:56
厨くさいのできたよー^o^

名前 牙-kiba-
敵サイド
レベル ハイブリッド 属性 ハイブリッド 種族 暗黒騎士型
趣味 破壊
特技 食事 回転 惨殺
性格、特徴
元々は、どこにでもいる普通の成熟期デジモンだったのだが、とある洞窟で偶然闇のスピリットに触れてしまった事が、彼の生を大きく捻じ曲げてしまう。
普通の成熟期が、伝説のスピリットの一つに触れてデータ構造が無事でいるはずがなく、人格プログラムのほとんどが破壊されてしまったのだ。
その上、闇のスピリットは今回の黒幕によって汚染されており、そこから進入してきたワームプログラムが破壊を好む人格を作り上げてしまった。
その結果、闇のスピリットと精神の波長が一致し、彼はダスクモンへと変貌を遂げる。


そこからは殺戮の日々だった。
彼は、自らを牙と名乗り、自分に近づくありとあらゆる生命を本能のまま破壊した。
そして死んだもの達のデータを吸収する度に、力と狂気を増幅させていく。
そうして大きくなっていった牙を、今回の黒幕が自らの駒にしようとしたが、既に彼の精神は誰の手にも届かない場所へ辿り着いてしまっていた。
しかし、消すのもどうかと思った黒幕は、彼を敢えて放置した。放置してしまった。
彼は更に増幅し、いつしか言葉も失った。


彼は誰にも縛られない。誰も彼を止められない。


最早、彼は一種の災害と化した。
選ばれし子供の力で止められるものなら、止めてみるが良い。


備考(進化ルート等も)
自らを回転させ、竜巻を作り出し、巻き込まれたデジモンを切り刻む技を持つ。
自分の身体のデータ構造を高速で組み替える事が可能な為、傷をすぐに塞ぐ事が可能である。
それだけではなく、柔軟な身体になる事が出来れば、クロンデジゾイドよりも固くなる事も可能である。
そのエネルギー源となっているのが、過去に自らが破壊してきたデジモンのデータな為、一応限界はある。
最も、壊してきた数があまりにも多い為、誰もその限界を見たことはないのだが。


言わせたい台詞等
「ギチィッ!!」
「ギチッ・・・ギチィッ!!」

自分で作っておいてなんだけど、どうすりゃいいんだこんなの・・・

12 :2009/11/20(金) 15:00:08
若干変更があったため投下します。


名前 雷禅寺帝
主人公サイド
年齢(誕生日):15歳(11月11日)
趣味:やりたいことが見つからないので特にナシ。
特技:大食い(テーブルマナーはいいものの、スピード、量共に尋常じゃない)・ピアノ
性格、特徴 ダークブラウンの髪(地毛)、中肉中背、顔立ちは整っている。普段のスタイルは重ね着+Gパン。どこにでもいそうな中3だが、巨大財閥「雷禅寺グループ」の御曹司。
性格は温厚で頭脳明晰、運動神経もあり、将来財閥を継ぐのに差し支えはない人材で、生活にも不自由はないはずだが、本人は自分のやりたいこと、生き甲斐について深く悩んでおり欲求不満、虚無感を心のどこかで抱えながら日々を送る。病んでいるわけではないが、自分が生きている価値があるのかと時々考えてしまうことも。
乗馬、茶道、弓道、ピアノと、習い事も色々と経験しているようでピアノにおいては中学2年で中学生全国大会入賞の経験もある実力者ではあるが、大してやる気はないっぽい。
かなりマトモな人物ではある。
一人称は「僕」


備考
言わせたい台詞等
「僕のやりたいことって何なんだろう・・・」
「僕はせめて・・・夢を持つ人たちを守りたい!」

13 :2009/11/20(金) 16:19:11
パートナーも投下!

名前:ブイモン
主人公サイド
レベル:成長期属性 ワクチン 種族 小竜型
趣味:周辺探索・甘味を食す
特技:射撃・気配の察知
性格、特徴
強気で明るく前向き、02のブイモンにかなり近い性格。右頬に古傷を持ち、進化してもその傷は残っている。
帝を一目見たときから気に入ったらしく、帝の生きがいを見つける為に全力を尽くすし、無気力な帝に時々説教をすることもある。
粗暴なタイプにも見えるが常識外れの集中力を持ち、射撃系の技はほぼ百発百中。それとその集中力から、敵の気配を察するのも早い。が、空気はあまり読めないらしい。
それと甘味に目がなく、中でも餡子系のお菓子にはよく釣られる。

一人称は「俺」


備考(進化ルート等も)
チコモン→チビモン→ブイモン→ブイドラモン→エアロブイドラモン→インペリアルドラモン(モードチェンジ可能)

戦法はまず動き回りながら状況を察し最初の一撃を確実に当てるルートを割り出す。一度仕掛けた後は怒濤のラッシュ、敵の戦闘不能か帝の制止がかかるまでは止まらない。
戦闘時は一気に集中するため、目付きも鋭くなり性格もかなり大人しくなる。



言わせたい台詞等

「帝、俺に任せろぉ!」
「この一撃、確実に叩き込む!」

14 蒼竜伍長 :2009/11/26(木) 21:17:55
チマチマと修正してきました。まず人間側から

名前 遠坂 一樹 (とおさか かずき)
主人公サイド
年齢(誕生日) 9歳(9月1日)
趣味 音楽鑑賞(主にアニソン) アニメ鑑賞(主にロボット物)
特技 絶対音感 何もないところでこける 料理

性格、特徴 
少々弱気な部分があるが基本的には活発な少年。
濃い茶色の長めの髪をポニーテールにしてまとめている。
服装は黒いTシャツに青のジーンズジャケット。
よく女の子に間違われるのが悩みの種。その割にポニーテールの髪形を変えようとしない。
基本的に運動神経は皆無で、よく何も無いところでこける。また、そのことに強く劣等感を抱いている。但し、何かがあるところでは不思議とこけない。
特殊技能として絶対音感があり。音のなった方向もほぼ正確に分かる。
冒険とかに憧れるお年頃。最初はとまどっているものの、DWへの順応は早いようである。

力強いものに憧れている節がある(ゴツいロボットとか筋骨隆々な人とか)
このタイプの人間の定番として一度怒ると手がつけられなくなる。
持っているMP3プレイヤーは誕生日にもらった宝物。
ちょくちょく家で手伝いしたり、料理番組で研究したりした結果それなりに料理ができる。

1人称 「僕」 2人称 「君」

言わせたい台詞等
「僕、そんなに女の子みたいに見えるかなぁ…」
「怖がってなんかいられない、僕も皆と一緒に戦うんだッ!!」

15 :2009/12/10(木) 23:43:13
遅くなって申し訳ないです、ツッコミとかあれば連絡ください


名前 ベアモン
主人公サイド
レベル 成長期 属性 ワクチン 種族 獣型
趣味 人間(デジモン?)観察
特技 料理
性格 特徴

まじめで落ち着いた性格で、基本久留美の歯止め役になることが多い。
でも結局久留美に押し切られて振り回されたりする事が大半の苦労人、。
しかも結構なお人好し&お節介で困っている人(デジモン)を放っておけず苦労することが多い感じ、損な性格ですね。

傍から見ると久留美に振り回されてただ苦労しているだけのようだが、久留美と出会ってからの生活は本人はなんだかんだで結構楽しんでいる様子。
それゆえに全力で久留美を守ろうとする。

戦闘は好きなわけではないが、襲ってくる相手には基本的に容赦なし。
特技は料理だが、広く浅くといった感じにいろんなバリエーションはあるが特にこの料理が得意と言うものはない。
あと料理がうまいといっても、一流料理店のコックとかそこまでうまいわけじゃなく普通に美味しい程度。

ちなみに最近の悩みは久留美がふざけて「お母さん」と呼んだりする事、人格的に男だし仕方ないね。

備考
進化ルート
ボタモン→ワニャモン→ベアモン→ハヌモン→ワーガルルモン→ジャスティモン
戦闘スタイルは強靭な脚力を用いて多少強引ながらも懐に飛び込んでの拳や脚を使った接近戦を得意としている。
またハヌモン時の如意ボーンは防御用の盾として用いるか投擲武器として使用する事が大半であり、接近戦において武器として用いることは少ない。
またジャスティモン時のクリティカルアームも同様に使用率は低い。
ちなみに戦闘においては久留美の身柄の安全を最優先としています。


言わせたい台詞
「そっちから仕掛けてきたんだ、容赦はしないよ」
「久留美といると退屈しないよ、まったく」
「パートナーとかそんなことは関係ない、僕は今まで久留美と過ごしてきて楽しかったんだ……だから、それを失いたくないんだ」

チーム内に対する第一印象
鉄騎 右近→どうすればうまく仲間として溶け込んでくれるかなぁ
ドクネモン→パートナー交換? そんな事言ってないで自分のパートナーと仲良くしようよ
柴田 夕希→静かだけど、みんな馴染めてるんだろうか?
キャンドモン→パートナー第一の姿勢は尊敬できるし、明るい性格はいいなぁ(自分の性格に不満があるわけではない


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

キングダム 46 (ヤングジャンプコミックス) - 原 泰久

「秦」が中国統一を目指す物語

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板