したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

小説・僕の心

1 X氏 :2012/07/28(土) 21:57:56 ID:P8lBL/.g
また夢精をしてしまった。

僕は田中俊太郎。19歳の浪人生。
現在は、海の近くの親戚の別荘に滞在し、受験勉強をしている。
ちなみに、年齢=彼女いない歴の童貞だ。

僕は海岸にいた。そこに久家心(くげ・こころ)が現れた。
一糸まとわぬ全裸だった。
僕は思わず彼女を抱きしめた。熱いものが噴き出すのを感じた。
そこで目が醒めた。
ボクサーブリーフ(僕は寝る時はボクサーブリーフ一枚だけだ)が
濡れていた。
夢に久家心が出て来ると、必ず夢精してしまう。
ここ1ヶ月の間で、もう3回目だ。

2 X氏 :2012/08/04(土) 22:31:12 ID:sm.Ly1V.
久家心は2004年3月11日生まれの子役だ。
去年放送されたドラマ「犬を飼うということ」で、初めて彼女を知った。
以来、彼女に心を奪われている。
「犬を飼うということ」の後は、殆どドラマに出ていないのが少し寂しいが、
CMではたまに見かけるのが嬉しい。

今は子役ブームであり、多くの子役が活躍している。
だが心には、芦田愛菜・本田望結・谷花音・小林星蘭といった、ほぼ同世代の
子役には無い、「女の色気」を感じる。
それ故に、テレビで彼女を見る度、勃起を誘われるのである。

3 X氏 :2012/08/11(土) 21:26:08 ID:P2MQu9AY
僕は近くの砂浜に行く事にした。
ボクサーブリーフ一枚だけの姿で別荘を出た。
ボクサーブリーフの前の染みは恥ずかしいけど、まだ早朝だから、
人通りはなく誰かに見られる心配はあるまい。

僕は砂浜に着くと、ボクサーブリーフを足元に下ろした。
そして右足の爪先にボクサーブリーフを引っ掛けると、そのまま蹴り上げた。
ボクサーブリーフは思ったよりも遠くまで飛んで、海面に着水した。
気分爽快だった。
僕は明るくなったばかりの空を見上げ、深呼吸した。
久家心の顔が浮かんだ。
その時、僕は思いがけず熱く勃起しているものに気付き、狼狽した。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

【Amazon.co.jp限定】Just Because! 第3巻<初回限定版>(全巻購入特典:「比村奇石描き下ろし全巻収納BOX」&「鴨志田一書き下ろしドラマCD」引換シリアルコード付) [Blu-ray] - 小林 敦

(´;ω;`)ブワッ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板