したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

■【池江は】ストロング小林2021-22【世界の共通語】■

6 ストロング小林 :2021/06/06(日) 02:36:21 ID:iaQsKU1c0
*1位 トゥデイイズザデイ(ディープインパクト×キトゥンズクイーン)牡、池江泰寿厩舎
馬主:前田葉子氏、育成:大山ヒルズ

今年のPOG本を読んで印象的だったのは、吉田勝己さんやNF早来の新場長の、
我々はディープ産駒の後継を育てられていない、ノースヒルズさんに負けているという趣旨のコメントでした。

日本競馬界の盟主である彼らがそこまで意識するノースヒルズのディープ産駒の成績がどんなものか気になって調べたところ、
ノースヒルズ産ディープ牡馬で、競走馬登録された馬の勝ち上がり率は90.9%(10/11) 、
6頭が2勝以上、3頭が重賞勝ち、1頭がリステッド勝ちという素晴らしいものでした。
育成馬の中にはカデナもいるので、育成馬も含めると内容はもっと濃いものになります。
今まで何で気付かなかったのかという後悔と共に、ディープ産駒中心の今年のPOGではまずここを出発点にしようと考えました。
「時の政権に付く」が小林家の家訓なので(笑)三冠ブリーダーに丸乗りしました。

今年のノースヒルズのディープ牡馬は3頭。
注目は当然三冠馬コントレイルの全弟サンセットクラウドになります。
配合的な裏付けは言うまでもなく、加えて育成過程も兄以上に順調と来れば、当然上位指名候補となります。

ただ、1位での競合は必至であることと、今年は池江厩舎を重視したかったこと、
特にディープ産駒×ノースヒルズ×池江厩舎の組合せは意外にも初めてだったので、未知の可能性に賭けて本馬を上位に取りました。
特に競馬王では、神田マネージャーが三冠馬の全弟を差し置いて牡馬の1位評価し、
袋とじに期待度の伝わる話が載っていたことも指名を後押しする材料になりました。

ディープ×Kitten’s Joyはこれまで結果が出ていませんが、小柄な牝馬が多く仕上げに苦労したせいもあるかと思います。
唯一の牡馬であるルヴォルグは新馬戦を33秒台の上がりで圧勝し、東スポ杯、プリンシパルSでも人気を集めたように重賞級のポテンシャルを示していたことからも、
この配合が合わないとは思えません。
ディープ産駒の扱いに長けた池江厩舎でこの配合らしい瞬発力を存分に引き出してほしいものです。

なお余談ですが、もう一つ本馬が馬主にとって特別な馬ではないかと考えた理由として、
ノースヒルズ関係馬について、故・伊達秀和氏の馬名と同じ馬名だった場合に当たりが多いことが挙げられます。
過去このパターンから、コントレイル(伊達氏のはコントレール)、ジャンダルム、ゼネラリスト、ベルカントが出ています。

本馬は当初、ランスロットという名前で登録されていました。
(JRAの公式には反映されていませんが、studbookで検索→馬名検索→馬名(後方一致)で「ランスロット」と入れると本馬がヒットします)
ランスロットも伊達氏の所有馬として札幌記念とステイヤーズSを勝った馬で、このパターンに合致します。
その後馬名は変更されてしまいましたが、この点も本馬の推し材料になるのではないかと考えました。

悲しい現実をなげくより今何ができるかを考えよう
今日が変わる
by ZARD「Today is another day」

悲しい現実を乗り越えて、父を超えるような名馬が誕生するといいですね。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

モンスターハンター:ワールド(発売日以降お届け分) - PS4 - カプコン

一狩りいこうぜ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板