したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

■【池江は】ストロング小林2021-22【世界の共通語】■

13 ストロング小林 :2021/06/07(月) 04:35:39 ID:iaQsKU1c0
*5位 ダノンブリザード(ディープインパクト×コンクエストハーラネイト)牡
馬主:ダノックス、育成:下河辺牧場

今年は、社台Fや追分Fの早期入厩馬が例年以上に目立ちましたが、それ以上に気になったのは下河辺牧場の調教改革の記事でした。
コースの敷材を入れ替えて厚さを増し、飼料も見直し、調教メニューも変更したとのことでした。
これだけであれば聞き流してしまうところですが、その調教改革の効果を示すかのように、
GW前に入厩した高野厩舎のタイセイディバインは坂路2本追いの高野厩舎の調教にもしっかり対応。
動かしても栗東坂路でラスト12.3という速いタイムを2本出すなど、これまでの下河辺牧場生産馬にはないような好仕上がりを見せていました。
これを見て、私はこの世代の下河辺牧場生産馬から当たりが出る可能性は高いと考え、
ディープ牡馬の本馬とアスクオンディープの少なくともどちらか1頭は必ず指名しようと決意しました。

両馬のどちらを上位に取るかですが、血統的にはディープと相性の良いStorm Catが入りHaloクロスが生じる本馬が上位、
育成的には、「他馬よりもチップが1.5倍跳ね上がる」コメントのアスクオンディープが上位、
厩舎的には……どちらも指名したい(笑)
ということで調整過程を見てどちらかを指名しようと考えました。

アスクオンディープは3月に移動したにもかかわらず(厩舎サイドの指示との記事あり)ドラフト時未入厩でしたが、
本馬はドラフト直前の5月末に入厩しました。
これを見て本馬を指名することにしました(アスクオンディープは残っていれば下位で指名予定でした)。

全兄のサトノスバルはドラフト翌々日も未勝利戦で大敗していましたが、
本馬は馬主替わり、早期入厩(サトノスバルは8末入厩)、調教改革と変わる要素は大いにあります。
血統や馬体から注目している人もいるかと思い、この順位で指名しました。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ふともも写真館 制服写真部 ?夏? - ゆりあ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板