したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

■【池江は】ストロング小林2021-22【世界の共通語】■

1 ストロング小林 :2021/06/05(土) 01:19:15 ID:iaQsKU1c0
やはり、今年は池江厩舎に賭けるつもり。
歴史的な賭けである。

2 ストロング小林 :2021/06/05(土) 02:48:51 ID:iaQsKU1c0
やっぱ、

*1位 トゥデイイズザデイ     三冠馬と同じノースヒルズのディープ牡馬という理由だけで指名。      
                        東京五輪強行開催で池江旋風再び。

*2位 母キャンプロック ソロキャンプブームに便乗して指名。
                         「給付金未受給」矢作先生怒りの本気仕上げで闇打ち婆さんに悲願のクラシックタイトルを。

*3位 母プレミアステップス 奥菜恵ファンという理由だけで強行指名。
                         無類の勝負強さと頭脳で馬主1年目での金子超えに期待。

*4位 アスクビクターモア     毎年恒例、「田村厩舎の好調教馬枠」で指名。
                        無類のAVマニアとしてAVMという略称に親近感を覚えた。
                         
*5位 ダノンブリザード タイキブリザードファンという理由だけで親近感を感じて指名。
                         名門・下河辺牧場の育成改革にタダ乗りする。
                         
*6位 ロノマクア       金子オーナー所有のダービー馬の全弟という理由だけで指名。
                         ディープ実質最終年、怒髪天を衝くラインナップで目指すは池江厩舎クラシック完全制覇。

*7位 ジャスティンパレス     億万長者と若き天才、牝馬三冠トレーナー杉山先生のタッグで目指すは牡馬三冠。
                         来年のダービーは上重アナウンサーの名実況に期待。
                                                   
*8位 ダノンジャッカル      ダノンプレミアムの全弟という理由だけで指名。
                      下流老人を押しのけ闇打ち接種のジャッカル並みの強欲でクラシックタイトルも強奪へ。
                         
*9位 カルネ            「黒革の手帖」愛読者ということで親近感を覚え指名。
ダノンザキッドの無念を晴らしもう一度目指せ牡馬クラシック。
                        
10位 ディサイド ノースヒルズのディープ牡馬という理由だけでラインの弱さには目をつぶって指名。
                    ラルムドランジュの無念を晴らし厩舎悲願の牡馬クラシック制覇へ。

3 ストロング小林 :2021/06/05(土) 03:32:38 ID:iaQsKU1c0
大和魂さん1位指名
△ラクスバラディー
3月時点で栗東坂路で54秒台の時計を出したことから走る馬だとは思っていました。
ただ、この血統の特性を掴んでいる藤沢厩舎からの厩舎替わりや気性面は気になる材料です。
以前低評価したフラットレーも案外でしたし。
父馬からも新馬好内容で勝った後伸び悩んだダノンシュネラの影がちらつきます。
1・2勝クラスではないかと予想します。

キズナファンさん1位指名
○コマンドライン
追い切り内容からも評判通りの大物だと思います。
ただアルジャンナも新馬前の評価からすると期待が大きすぎたこともあり
物足りない結果に終わりました。
G1を勝ち切れるかというと、厩舎の牡馬クラシック実績を踏まえても何とも言えないところです。

4 ストロング小林 :2021/06/05(土) 18:16:39 ID:iaQsKU1c0
指名方針

・ディープ産駒固め
思い返せば、PGPサテライト参加初年度の2008年がキンカメ産駒のデビュー年、
PGP昇格1年目の2010年がディープ産駒のデビュー年でした。
これまで彼らの産駒を打ち負かそうと知恵を絞って準備をしてきましたが、来年以降その機会はありません。
実質最後の年ぐらい、これまで指名しなかった分も含めて心置きなく指名したいと思いました。
そして、2019年産ディープ産駒は、奇しくもディープ16歳時に種付けされた世代になります(←ここ超重要)。
これまで後継種牡馬がいないと言われてきたディープインパクトですが、
この世代から後継種牡馬の本命候補が出てくる可能性は高いのではないかと考えました。
キンカメ産駒にも後ろ髪を引かれつつ、敢えてディープ産駒一本に絞って指名することにしました。

*一応、1位指名が外れた場合や、指名候補が尽きた場合を想定して、
①10頭全部ディープ、②10頭全部ディープ+キンカメ、③ディープ+その他(ノーザン中心)
の3プランを用意していました。
危うく指名候補が尽きるところでしたがギリギリ10頭残ってくれてよかったです。

・今年は池江厩舎重視
これまでダービーといえば、ダービーを勝っていない一流調教師が順番待ちで勝つことができたレースでしたが、
レイデオロ以降は、友道、角居、矢作、藤原英と、超一流と言われる厩舎が複数回の勝利を果たしています。
この流れから、上記厩舎に加えて池江厩舎を今年は重視しました。
矢作厩舎や中内田厩舎などの台頭で10年前と比べると勝ち鞍も、勝ち鞍に占めるG1、重賞勝ちの割合も減ってはいるものの、
今年も非社台のディープモンスターを裏街道でしっかりと稼がせ皐月賞、ダービーに出走させたように、
仕上げの腕とローテ選択の能力は全く衰えていないと感じます。
加えて、2歳世代はディープ実質最終年ということで良質なディープ産駒が多く集まり、
その期待に応えるように例年と比べて入厩時期を早めてきました(例えばダノンブリザードは全兄より3か月早く入厩)。
久々のクラシック複数頭出しも見込めるのではないかと思います。

・非ノーザン重視
個人的に気になっているのは昨年開場したチャンピオンヒルズの存在です。
どこの厩舎や馬主が利用しているのか現時点でよく分からない部分もありますが、
POG本を見る限り、森厩舎の外国産馬はここを着地検疫地としているようです。
手探りの部分も多く、すぐに結果が出るかどうかは分かりませんが、
規模からすれば今後特に関西圏の外厩の勢力図を塗り替える可能性は高そうです。
様子見も兼ねて、チャンピオンヒルズを使う可能性がありそうな、関西の非社台ディープ産駒も今年は積極的に指名してみました。

5 ストロング小林 :2021/06/05(土) 18:25:37 ID:iaQsKU1c0
指名馬

*1位 トゥデイイズザデイ [西]池江泰寿 ディープインパクト×キトゥンズクイーン

*2位 馬名未定      [西]矢作芳人 ディープインパクト×キャンプロック

*3位 馬名未定      [西]武幸四郎 ディープインパクト×プレミアステップス

*4位 アスクビクターモア [東]田村康仁 ディープインパクト×カルティカ
                         
*5位 ダノンブリザード  [西]池江泰寿 ディープインパクト×コンクエストハーラネイト
                         
*6位 ロノマクア     [西]池江泰寿 ディープインパクト×ウィキウィキ

*7位 ジャスティンパレス [西]杉山晴紀 ディープインパクト×パレスルーマー
                                                   
*8位 ダノンジャッカル  [厩舎不明]  ディープインパクト×インディアナギャル
                         
*9位 カルネ       [西]安田隆行 ディープインパクト×チャリティーライン

10位 ディサイド [西]高野友和 ディープインパクト×ラヴェリータ

6 ストロング小林 :2021/06/06(日) 02:36:21 ID:iaQsKU1c0
*1位 トゥデイイズザデイ(ディープインパクト×キトゥンズクイーン)牡、池江泰寿厩舎
馬主:前田葉子氏、育成:大山ヒルズ

今年のPOG本を読んで印象的だったのは、吉田勝己さんやNF早来の新場長の、
我々はディープ産駒の後継を育てられていない、ノースヒルズさんに負けているという趣旨のコメントでした。

日本競馬界の盟主である彼らがそこまで意識するノースヒルズのディープ産駒の成績がどんなものか気になって調べたところ、
ノースヒルズ産ディープ牡馬で、競走馬登録された馬の勝ち上がり率は90.9%(10/11) 、
6頭が2勝以上、3頭が重賞勝ち、1頭がリステッド勝ちという素晴らしいものでした。
育成馬の中にはカデナもいるので、育成馬も含めると内容はもっと濃いものになります。
今まで何で気付かなかったのかという後悔と共に、ディープ産駒中心の今年のPOGではまずここを出発点にしようと考えました。
「時の政権に付く」が小林家の家訓なので(笑)三冠ブリーダーに丸乗りしました。

今年のノースヒルズのディープ牡馬は3頭。
注目は当然三冠馬コントレイルの全弟サンセットクラウドになります。
配合的な裏付けは言うまでもなく、加えて育成過程も兄以上に順調と来れば、当然上位指名候補となります。

ただ、1位での競合は必至であることと、今年は池江厩舎を重視したかったこと、
特にディープ産駒×ノースヒルズ×池江厩舎の組合せは意外にも初めてだったので、未知の可能性に賭けて本馬を上位に取りました。
特に競馬王では、神田マネージャーが三冠馬の全弟を差し置いて牡馬の1位評価し、
袋とじに期待度の伝わる話が載っていたことも指名を後押しする材料になりました。

ディープ×Kitten’s Joyはこれまで結果が出ていませんが、小柄な牝馬が多く仕上げに苦労したせいもあるかと思います。
唯一の牡馬であるルヴォルグは新馬戦を33秒台の上がりで圧勝し、東スポ杯、プリンシパルSでも人気を集めたように重賞級のポテンシャルを示していたことからも、
この配合が合わないとは思えません。
ディープ産駒の扱いに長けた池江厩舎でこの配合らしい瞬発力を存分に引き出してほしいものです。

なお余談ですが、もう一つ本馬が馬主にとって特別な馬ではないかと考えた理由として、
ノースヒルズ関係馬について、故・伊達秀和氏の馬名と同じ馬名だった場合に当たりが多いことが挙げられます。
過去このパターンから、コントレイル(伊達氏のはコントレール)、ジャンダルム、ゼネラリスト、ベルカントが出ています。

本馬は当初、ランスロットという名前で登録されていました。
(JRAの公式には反映されていませんが、studbookで検索→馬名検索→馬名(後方一致)で「ランスロット」と入れると本馬がヒットします)
ランスロットも伊達氏の所有馬として札幌記念とステイヤーズSを勝った馬で、このパターンに合致します。
その後馬名は変更されてしまいましたが、この点も本馬の推し材料になるのではないかと考えました。

悲しい現実をなげくより今何ができるかを考えよう
今日が変わる
by ZARD「Today is another day」

悲しい現実を乗り越えて、父を超えるような名馬が誕生するといいですね。

7 ストロング小林 :2021/06/06(日) 02:54:41 ID:iaQsKU1c0
*2位 馬名未定(ディープインパクト×キャンプロック)牡、矢作芳人厩舎
馬主:野田みづき氏、育成:ノーザンファーム空港

今年、指名馬を決めるに当たって、競馬の天才のセレクトセールレポートを大いに参考にしました。
セールでは誰が落札したかもさることながら、誰と誰が一緒に行動したかや誰が競っていたかの情報も重要になります。
ディープ産駒に関していえば、相馬神金子オーナーの落札馬は当然高評価になりますが、
実質最終世代となる2歳世代については、牧場側から確度の高い情報がもたらされていたと思われるため、
「金子さんが競った馬」も落札馬と同程度の評価が必要と考えました。
ただ、金子さんは、古くはブラックタイドの弟のディープを買ったり、
最近ではシャケトラの下を買い続けるなど所有馬の弟妹については財布が緩くなる?傾向があるため、
血統的に金子さんと縁のない馬で、金子さんが競った馬の情報には注目していました。

そんな中、目に付いたのが本馬です。
同レポートによれば、野田みづきさん、金子さん、江馬さんの三つ巴の争いだったとのこと。
血統的に金子さんと縁のない馬でこの馬は高評価が必要と考えました。

それを裏付けるように、昨年のダノンザキッド同様、優駿の空港牧場の取材記事でも取り上げられ、
矢作師からも「可動域が広い」と具体的なコメントで称賛されていました。
実際、レーシングビュアーの映像でも、シャドーロールを付けている点は気になったものの、
矢作師のコメントどおりの全身を使った軽快なフォームで駆け抜けていました。

正直2位でなくても指名できたのかもしれませんが、期待度は1位指名馬と遜色なかったので2位で指名することにしました。
来年のダービーは、徹夜の入場待ちでソロキャンプ敢行できるといいですね。

8 ストロング小林 :2021/06/06(日) 03:30:06 ID:iaQsKU1c0
*3位 馬名未定(ディープインパクト×プレミアステップス)牡、武幸四郎厩舎
馬主:藤田晋氏、育成:社台ファーム

例年指名したい馬を先に指名されることが少ないので、指名経過を振り返ることはしないのですが、
今年は1位でアーティット(母アブソリュートレディ)を指名されたことで予定が狂いました。
当初3位で指名予定だった同馬の代わりに指名予定のなかった本馬を指名したのですが、
結果的にこのことが原因で、指名予定だったダノンマイソウルとオールタイムハイを指名できない失態を演じてしまいました。
その意味でもこの馬にはどうしても走ってもらわないと困るのです。

本馬に関しては、セリの好調教でフィジカルの裏付けはあるものの、
追い通しで出した時計にどこまで価値があるのか分かりませんし、
2歳の早い時期に仕上がることは(ディープ産駒は特に)マイナスではないかと思ってしまいます。

また、血統的にも特別見るべきものがあるわけではなく、
クラシックの経験値の乏しい厩舎というのも不安材料です。

本馬にこれらのネガティブな要素をひっくり返す可能性があるとすれば、
5億円近いの落札価格と、新規参入の藤田晋氏の存在です。

金額に関しては、藤田氏だけでなく吊り上げた別の馬主の存在があってこそで、
5億円程度まで出す価値があると踏んだ馬主が他にもいたということになります。
プロにしか分からない長所があるのかもしれません。

藤田氏に関しては、大金持ちの興味本位での参入ではないかと思える反面、
森師と買った外国産馬の面子などを見ると、ブレーンが付いているか、
自身も研究しているのではないかと思わせる部分があります(Practical Jokeの子を2頭も持たないでしょ…)。

麻雀番組で見せる無類の勝負強さと、企業家としての頭脳をもってすれば、
馬主1年目から圧倒的な才能を発揮するのではないかという期待もあります。

正直、期待と不安が半々どころか、9:1で不安の方が大きいのですが、
今年最大のネタ馬として、走れば儲けもの、
走らなければ「ファンに話題を提供できた」(白井師@ダンパ菊花賞)ぐらいの気持ちで楽しめたらいいですね。

9 ストロング小林 :2021/06/06(日) 03:46:34 ID:iaQsKU1c0
おっぺけさん1位指名
△レディナビゲーター
追い切りや早期デビューの点からもハーツ産駒の不安点である緩さはなさそうで
大外れということはなさそうです。
ただ個人的な好き嫌いですが、萩原厩舎というだけで高く評価はできません。
昔開幕週デビューの馬を指名して2戦目が年明けだったなんてこともありましたし。
鞍上と仕上がりで新馬戦は勝つかもしれませんが、厩舎的にはためらいがちの出世街道を歩むことになりそうです。

10 とおりすがり :2021/06/06(日) 07:00:45 ID:sKkIuefI0
>>9
馬にとっては居心地良いと笑っていられそうですけどね(笑)

11 ストロング小林 :2021/06/07(月) 03:50:55 ID:iaQsKU1c0
>とおりすがりさん

反応いただきありがとうございますw

12 ストロング小林 :2021/06/07(月) 04:16:51 ID:iaQsKU1c0
*4位 アスクビクターモア(ディープインパクト×カルティカ)牡、田村康仁厩舎
馬主:廣崎利洋HD、育成:社台ファーム

銀河系軍団と言うべき今年のアスク軍団の先陣を切って3月に入厩、ゲート合格後5月に再入厩しました。
順調な進度から調整過程に注目していましたが、指名の根拠となったのは、5/20と6/2の追い切りです。
5/20の追い切りでは、パートナーを手応えで圧倒し、ブレない力強いフォームで坂路を駆け上がる姿が印象に残りました。
6/2の追い切りは映像で確認できないものの、初めてのウッドで馬なりでパートナーに先着しました。
東京8日目デビュー予定で現状これだけ動けていればノーザン勢相手の新馬はもちろん、この先も十分やれる馬だという手応えを感じ、
調教内容が競走成績と結び付くことが多い田村厩舎だけに、メジャーエンブレムの夢再びと今年も指名することにしました。

血統的には今更母父Rainbow Questですかという感じで特に目を引くものではなく、
藤原厩舎がメインステイブルの廣崎オーナーにもかかわらず、藤原厩舎所属の全兄からの厩舎替わりという点は気になりますが、
田村厩舎は、前期も本馬と同様セレクト出身の高額馬のアスクヒーローをきちんと勝ち上がらせているように、
POGでの確実性では藤原厩舎よりも信頼できると考え気にしないことにしました。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

坂本ですが? 1 (ビームコミックス) - 佐野 菜見


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板