したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

日本インカレ2019 @岐阜

49 ひろかめ :2019/09/09(月) 23:59:09 ID:U0zK00Mc
こんばんは!広兼です。

今日のカウントダウンは400mHでしたね、野尻の笑顔が眩しすぎて10000000000いいねさせておくれぇー!!と思いながら5分くらい連打しましたが1いいねしか出来ませんでした。おい運営!

さてその野尻が言っていた、石の上にも十年。

僕は小6で初めて大会に出ました、100mが15秒だか16秒だか覚えてませんが、それから10年後っていうと3回生ですね。

3回生かぁ、、
そう思って玄関の靴箱の扉をあけました、そこにはもうずいぶん履いてないのにどうしてか捨てられないシューズがあります。
隅っこにギュッと押しやられていて、ちょっと可愛そうに思った僕は目的のシューズを取り出し、埃を丁寧に払いました。
そいつを磨いてると、なんだか懐かしくなってきて、気が付くと3年前、そのシューズを履いていた頃に思いを馳せていました。
ごつごつした岩の感触、綱渡りの重心移動、そのどれもが記憶として鮮明に輝いていて、シューズのまだ新品のような表面が見えてくるのと一緒に蘇ってくるようです。
あぁ、僕の青春は紛れもなく君と一緒だったよ、、

、、僕のボルダリングシューズ。



いやいや
石の上10年目にして耐えかねて石登ってもうてるやん。(fine)


ここで終わるとただの変な人になるので無理やりにでもいい話に持っていきます。もうちょっとこの長話に付き合っていただければ幸いです。

さて石の上の10年目にして、万を持して岩を登っていた僕は何をしていたかと言うと、徹底的に対校戦も練習もサボってました。
行かないと決めてしまえばあとは気が楽で、自分が出たくて出たくて仕方なかったはずの大会も嫉妬に苦しんだチームメイトも、どうでもよくなりました。

この無関心という快楽、分かると思いますが本当にダメです。
人が目標に向かうとき、必ずモチベーションが必要です。なんでもいいのですが、一番手っ取り早く大きなエネルギーを生むのは間違いなく悔しさです。
やはり一流の選手には、悔しさを強く、長く持ち続けている選手が多いように感じます。

今年の全カレはチームメイトが例年になく多く出場します。もはや私大の強い人が闘ってる場所じゃ無いわけです。
素直に応援出来るのももちろん素晴らしい!けどどうせなら行って、見て、感じて、悔しいって感じれたら多分もっと良くて、そしたら次の瞬間にはどうすればいいかをきっと死ぬ気で考えてるハズです。
嘘だって思う人は騙されて来てみて下さい、絶対に何か感じるところがあるはず。
ダメだった人は僕に、ダメでした!って言いに来てください。スンマヘーーーーーーーンwwwwwwwって謝ります。

僕も400mHのレース、目ぇかっぽじって見てはたわた煮えくり返るくらい悔しさを感じてやろうと思ってます。

最後に
補欠と言う立場の微妙さのせいでマイルについてはあまり多くを書けませんが、僕が出来ることは起こらない方がいいもしもに備えることで、言えることは必ず決勝に行きましょうってことです。

まだまだ盛り上がってこー!


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) Nintendo Switch 対応 - 任天堂


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板