したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

自作ロワ外伝-テロリストと戦ってみました-

1 テストしたらば名無しさん :2009/08/13(木) 14:45:26 ID:jkTwpMO20
昔妄想スレで出てたネタを更に細かく妄想するスレ

学校に侵入してきたテロリストと戦うというシチュで
SSをリレーしていきます

自作キャラを生徒側とテロリスト側に分けて60人vs60人の
チーム戦を行います(キャラは使いまわしでもok)

どちらかが全滅したらゲーム終了です

716 テストしたらば名無しさん :2010/12/22(水) 01:48:17 ID:S94qJwt.0
いるっちゃいるな。介入してきそうな奴

717 テストしたらば名無しさん :2010/12/22(水) 08:59:33 ID:VRb/rK5g0
這い寄る混沌のことか。
主催の誰かに化けてるんじゃないかと思っていたが…

あ、蝶野先生は却下、全力で却下。
這い寄ってきそうだしカオスでもあるけど、全力で却下。
ホーマーにしましょう、ホーマーにね。ええ。

718 テストしたらば名無しさん :2010/12/23(木) 04:02:27 ID:MhARxwUw0
飛躍しすぎ。モチツケ

719 テストしたらば名無しさん :2010/12/24(金) 23:38:46 ID:fzCIpDTwO
おまwww今日のwiki来た人数やべぇwww90越えたwww

720 テストしたらば名無しさん :2010/12/25(土) 10:30:43 ID:mLk0tioY0
カウンターが壊れてたのかな…今見たら昨日は9アクセスだった。
でも新規SSが追加された日は90越えたりしますよね。

721 テストしたらば名無しさん :2011/01/07(金) 21:56:41 ID:okQSNbBc0
さぁーて、来週の自作ロワ2ndは?

八十島秋乃です。
すっかり年が明けてしまいました。
刃物を持った無職の少年が近隣エリアを徘徊しているそうです。
「俺が無職に見えるのか?」などと言い、職務質問しようとしたライオン頭を殺害。
ここはとてもひどい無人島ですね。

さて現在の予約は…

「◆.CzKQna1OU氏 藤ヶ原二臣、麓山留夏」
「◆dXhnNxERuo氏 琴浦周斗、砂野碧衣、マイケル」
「◆Y47IPLbgaw氏 桐野ラキ、ジョナサン大山、月元夢子」
「◆CUPf/QTby2氏 仁木天、桐原千里、高森乙子、水原維澄、
 刃庭魯依、帝泉瑞乃、フラグメント.N」

…の4本です。
来週もまた見てくださいね!
んがぐぐ…

722 テストしたらば名無しさん :2011/01/10(月) 20:42:19 ID:mmu/lez6O
>>721
お疲れ様あきのん!
けどそのあきのん、今撹乱して走り回ってるけどね…

723 ◆ASQQNYexes :2011/03/06(日) 16:12:43 ID:ipakWOgY0
霧島無色、渡世朝秋で予約します

724 テストしたらば名無しさん :2011/03/06(日) 20:59:40 ID:36mAA7qAO
ニート予約来た!
楽しみにしてます〜

725 ◆ASQQNYexes :2011/03/13(日) 20:16:59 ID:rpHEAHII0
八十島秋乃を追加予約します

726 テストしたらば名無しさん :2011/03/14(月) 02:01:09 ID:bJD2iKn6O
あきのん逃げてええええええええ

727 ◆ASQQNYexes :2011/03/14(月) 11:19:25 ID:sqI/rgKs0
霧島無色、渡世朝秋、八十島秋乃
投下します

728 利用する者される者 ◆ASQQNYexes :2011/03/14(月) 11:20:15 ID:sqI/rgKs0
 その刹那、霧島無色は動きを止めた。
 一瞬だけ、どこかで誰かが道路工事を始めたのかと錯覚した。
 遠くで響いた連射音が、アスファルトを破砕する音のように聞こえたからだった。

 しかしすぐに勘違いだと気付く。
 ここは無人島、いるのは2年D組の生徒のみ、そして今は殺し合いのさなか。
 こんなときに誰が道路工事などするものか。
 そもそも自分がいるのは森の中、音がした場所も恐らくは森。
 この音は、違う。地面を砕いているのではない。
 あの夜、人間としての自分が死んだ夜、自分を撃ち抜いたあの音を思い出すが、まったく違う。
 耳慣れない音、そして殺し合いの場で鳴り響いた音、ということは――

(銃火器を支給された奴がいる、というわけか……)

 考えてみれば、当然の話だった。
 自分への個別支給品は日用品で、鹿狩瀬荻矢が所持していたのはサバイバルナイフ。
 ならばより殺傷力の高いものを支給された生徒がいたとしても、まったく不思議ではない。

729 利用する者される者 ◆ASQQNYexes :2011/03/14(月) 11:21:34 ID:sqI/rgKs0
 無色は思案を巡らせる。
 接近戦ならば、誰にも負けないつもりだった。
 自分には、感覚操作能力がある。
 ありもしない激痛を相手に与え、自分自身の苦痛を完全に消去できる特殊能力が。
 たとえ相手が武術の達人であっても一方的に屠殺できるほどの特殊能力が。
 だが、もしも遠方からの銃撃によって致命傷を受けてしまったら。
 あのときのように、自分が撃たれたことも理解できないまま殺されてしまったら。
 そもそもこの島には、安佐蔵恭二郎をミンチにした巨大殺人機械が徘徊しているのだ。
 いかに自分が超越的な能力を有していても、発揮できなければ意味がない。

(囮と盾が必要になる、ということか……)

 無色はその手段について、冷静に冷淡に吟味する。
 自身の腕と能力のみを信じる彼は、他人を利用することに抵抗があった。
 卑怯な真似をしたくない、などと思っているわけではない。
 自分しか信じていないだけ、いや、自分の強さを信じていたいだけだ。

730 利用する者される者 ◆ASQQNYexes :2011/03/14(月) 11:22:17 ID:sqI/rgKs0
 それに――改造人間となる前の彼は、心身ともに健全な少年だった。
 当時から人付き合いは苦手だったが、それは慎ましさの裏返しでもあった。
 他人に対する破壊衝動を心の奥底に抱えてはいたものの、ボクシングでしかそれを発散しない、
合意の上でしかおこなわない、という良識と自制心を持ち合わせていた。
 ある日突然殺されて違法改造を施され、あれほど好きだったボクシングの公式試合に
二度と出場できなくなったとき、彼の感情は完全に死んだ。夢と共に心を失くした。
それでも彼の価値観や矜持が完全に損なわれたわけではなかった。
 しかし改造人間としてのアイデンティティが彼の美質を蹂躙する。

(感覚操作によって、人の心や行動を自在に操るにはどうすればいいか)

 その方法を見つけ出すのだ。無法地帯となったこの島で、クラスメイトを実験台にして。
 いくら強くなっても、いくら特殊な力を得ても、素手では銃を持った相手に勝てない。だが――
 無色は自分の口元が薄く冷たく歪んでいることを自覚する。

 彼は隣接エリアにあたるB−6の診療所を目指す。
 恐らくは負傷者が逃げ込んでくるであろう場所。
 怪我人、すなわち痛覚からの解放を望む者が目指すであろう場所。
 非情なる改造人間、霧島無色の足をそこに向かわせたのは、
初日深夜に死亡した中井沢尽の発射した自衛用サブマシンガンの音だった。

               ◇

731 利用する者される者 ◆ASQQNYexes :2011/03/14(月) 11:22:57 ID:sqI/rgKs0
 渡世朝秋の目的地はA−3エリアだった。
 島南西部の住宅街を迂回する形で森の中を進み、展望台を目指す。
 夜の森は不安を煽り、恐怖をかき立てる。見知らぬ地となれば、尚更だ。
 迷い込んだ者はやがて恐慌状態に陥り、一刻も早くここから抜け出したいと思うだろう。
 だからこそ彼は森を往く。人目を避けるため、そして、この森を自然の要塞として利用するために。

 その道程で遭遇した鹿狩瀬荻矢の死体は、違和感に満ちていた。
 荻矢は感情が昂ぶると痛みを感じなくなるという特異体質の持ち主だった。
 だが、事切れた彼の顔は苦悶に歪み切っている。
 かといって、感情が昂ぶることなく殺されたのかといえば、そういうわけでもなさそうだった。
 光漏れを警戒し、デイパックで覆ったランタンでざっと確認した限りでは、外傷は三つ。
 太腿と腹部の刺し傷と、顔面の打撲痕。死因は、太腿の大動脈損傷による失血だろう。

 つまり、鹿狩瀬荻矢は殺される前に顔面を殴られているのである。
 激昂しやすい性格の彼が、果たして冷静でいられただろうか。考えられない。
 にもかかわらず、感情が昂ぶると痛覚を失うはずの彼の死に顔は、苦悶に歪んでいる。
 それだけではない。彼の体には、抵抗した形跡がまるでなかった。
 手には汚れも傷もなく、衣服の損傷は刺し傷によるもののみ。
 つまり、抵抗はおろか、身を庇おうとすらしていなかった、ということになる。
 キレやすく、喧嘩慣れしているはずの彼にしては、あまりにも不自然と言わざるを得ない。
 死体が死の状況を語る――鹿狩瀬荻矢は、一方的な加害行為によって殺された。

732 利用する者される者 ◆ASQQNYexes :2011/03/14(月) 11:23:43 ID:sqI/rgKs0
 だが、一体誰が? 朝秋は犯人像を推測する。
 殺害者は男子生徒だろう。女子の中にも武術の達人や暴力狂がいることは知っているが、
相手の顔面を殴りつける、という手段を彼女たちが採るとは考えにくい。
 それに、この痣。迷いがなく、重量のあるパンチを繰り出せる者にしか成し得ない。

 重量のあるパンチ。真っ先に思い浮かぶのが、琴浦周斗だった。
 プロボクサー入りが決定している彼のパンチには、破壊力があるに違いない。
 しかし、彼ではないだろう。周斗なら、先ほど拡声器で叫んでいた。
 それに彼には裏表がなく、無抵抗の相手に対する暴力は嫌っているように見受けられた。

 では、国分寺多聞はどうか。喧嘩の強さ、という点では加害者候補に挙げられる。
 しかし周斗と同様に、能力的には可能だが人格的には不可能と判断せざるを得ない。
 多聞はその外見に反してマイペースかつ慎重で、自分から喧嘩を吹っかけることはない。
 もし、異常な状況下であることを理由にこの二人の変心を疑うのならば、そのような疑心こそが、
状況の異常性に流されている証なのだと言わざるを得ない、と朝秋は思う。
 もっとも、上から目線でそう思えるのは、犯人に心当たりがあるからだが。

733 利用する者される者 ◆ASQQNYexes :2011/03/14(月) 11:24:22 ID:sqI/rgKs0
 彼が殺害者と目した人物、それは霧島無色だった。
 学校内では大人しく、クラスメイトとほとんど口を利くことのない無色の裏の顔。
 ヤンキー狩りと称して夜の街に繰り出す彼の存在は、不良グループの間では有名だった。
 周斗と同じジムに通っていたが不正行為を働いて公式試合の出場資格を剥奪された、とも
厄介ごとに首を突っ込んで射殺されたはず、とも伝え聞くが、真偽の定かでない過去の経歴などよりも、
実際に彼の襲撃を受けた不良たちの証言のほうが今の朝秋には興味深い。

 曰く、顔を殴られただけなのに、有り得ないレベルの激痛が全身に走った。
 曰く、実験と称し、物理法則では説明のつかない手段で耐え難い苦痛を与えてきた。
 曰く、いくら相手を殴っても、まるで痛みなど感じないかのように平然としていた。

 負け犬の遠吠えにしては芸がない、と当時は思ったものだった。
 だが、今は違う。彼らの証言を事実であると仮定すれば、目の前の違和感に筋が通る。
 すなわち、痛みを感じないはずの鹿狩瀬荻矢の顔が苦悶に歪んでいる理由――

(どんなイカサマを働いているのかは知らんがね、一つ目のキーワードは『痛み』ってとこかねぇ?)

734 利用する者される者 ◆ASQQNYexes :2011/03/14(月) 11:25:06 ID:sqI/rgKs0
 朝秋はPSO-1スコープを覗き込み、その倍率を調整する。
 木々の向こう、B−6エリア方面に見慣れた後ろ姿が見える。
 小柄で細身の同級生。予想通りの人物が、こちらに背を向け歩いている。

(やはり、俺の睨んだとおりか……)

 冷笑が込み上げる。しかしすぐに表情を引き締め、無色の後頭部に照準を合わせた。
 今ならば、確実に殺せる。だが、彼は撃たなかった。

 自身が優勝するために、霧島無色を生かしておく。それが朝秋の判断だった。
 無色はゲームに乗っており、肉弾戦に関しては圧倒的な強さを誇る。
 野放しにしておけば、死者を量産してくれるだろう。
 一方、自分に支給された弾丸は30発。全員を殺し尽すには数が足りない。
 予備の武器を手に入れるという選択肢もあるが、自分が殺し合いに乗っていることや
自分自身の存在を徹底的に秘匿した方が、ことを有利に運べるはずだ。
 ならば、接近戦に特化した“予備の武器”は、手元に置かない方がいい。
 潜伏の邪魔になる危険物は別の誰かに持たせ、好き勝手に暴れさせておく方がいい。

735 利用する者される者 ◆ASQQNYexes :2011/03/14(月) 11:25:53 ID:sqI/rgKs0
 朝秋にとって無色は予備弾薬、文字通り鉄砲玉だった。
 人減らしに貢献させ、利用価値がなくなれば、間合いを詰められる前に始末する。
 それだけではない。優勝を狙う以上、韋駄天に勝たねばならない。
 勝算は、ある。だが、身体能力が高く、尚且つ好戦的な人物の存在が不可欠だった。

 朝秋に支給された光学照準器PSO-1は、現行モデルではなく初期型だった。
 PSO-1の初期型は、赤外線投光器検知用フィルターを内蔵している。
 つまり、敵の赤外線暗視装置を発見できるのである。
 それは韋駄天のサーマルビジョンモードを無効化できることを意味していた。
 たとえコックピットが防弾仕様になっているのだとしても、索敵機能をすべて破壊してしまえば、
韋駄天の命中精度は大幅に落ちる。あとは“予備の武器”の立ち回り次第だ。

(ゲームに乗った者同士、せいぜい協力し合おうじゃないか。なぁ、霧島クン?)

 もっとも、最後に笑うのは俺一人だがね。
 胸中でそう付け加えながら、闇の中、朝秋は枯れ枝を踏み鳴らした。

736 利用する者される者 ◆ASQQNYexes :2011/03/14(月) 11:26:42 ID:sqI/rgKs0
【C-6 森林/一日目・黎明】

【男子二十番:渡世朝秋】
【1:俺(達) 2:相手の容姿(おっさん、茶髪、チビなど)、お前(ら) 3:あいつ(ら)】
[状態]:冷静、健康
[装備]:ドラグノフ狙撃銃+PSO-1スコープ(9/10)
[道具]:ライフル用予備弾薬(20/20)、基本支給品×1
[思考・状況]
基本思考:狙撃を駆使して優勝を狙う
0:狙撃ポイントの確保のため展望台へ向かう。
1:霧島無色を鉄砲玉として利用する。
2:琴浦は追わない。
[備考欄]
※狙撃の有効範囲は1エリア分の端から端辺りまでです。対象がエリアの真中に居れば隣のエリアからでも狙撃できます。



               ◇

737 利用する者される者 ◆ASQQNYexes :2011/03/14(月) 11:27:22 ID:sqI/rgKs0
 アニメキャラの明るい声が自分の現状を叙述する。
 脳内で放映される次回予告の繰り返しに、八十島秋乃の胸は痛む。
 涙が溢れそうだった。脳内在住のアニメキャラにひどく申し訳ないことをしているようで。
 自分の過去や現在や未来を彼らに語らせてしまうことが、途方もなく重い罪に感じられた。

(どうして、どうしてこんなことに……)

 疑問に答える者はいない。考えようとすれば、悲しみに押し潰されそうになる。
 何故こんなに悲しくなるのかは分からない。ただ逃げているだけなのに。
 怖いから、全力で逃げる、そんな当たり前のことをしているだけなのに。
 だから秋乃は走り続ける。もし立ち止まってしまえば、蝶野に対する恨み言を
ぶちまけずにはいられなくなると心のどこかで気付いているから。
 路地の向こうに人影が見えた。細身の男子生徒が行く手に立っているのが分かる。

(あれは、霧島無色……)

 温かな安堵が胸に込み上げ、秋乃の視界が涙で滲む。
 良かった、助かった。無色は大人しいから、殺し合いに乗ったりなんかしない。それに、
周斗と同じボクシングジムに通っていたっていうし、いざというときは頼りになるはず。
 張りつめていた糸が切れるように、秋乃はその場にへたり込んだ。
 もう、走る必要はない。もう、逃げる必要もない。もう大丈夫、どうにかなる。
 秋乃は激しく息づきながら、自分のほうに近付いてくるクラスメイトの男子を見上げた。
 闇に溶け込むような彼の表情は、秋乃にはよく分からない。

738 利用する者される者 ◆ASQQNYexes :2011/03/14(月) 11:28:23 ID:sqI/rgKs0
「八十島か……」
「あぁ、良かった、無色……、助けて……お願い……」
「……助けるように、見えるのか?」
「何言ってるの……、こんなときに、冗談、言わないで……」
「いや、俺は冗談なんか言わないさ」

 一歩、また一歩、こちらに歩み寄る無色の口元が冷ややかに笑っているのが見える。
 あぁ、知らなかった、無色って、こんな風に笑う人だったんだ――
 自分の胸の奥底が凍りついていくのを、秋乃はまるで他人事のように認識していた。

 気付いたのだ。無色はゲームに乗っている。だが、そんな相手に捕まってしまったのは、
自分を助けてくれた不動院凛華を信じられずに逃げ出したことへの罰のように思えてならない。
 だからこそ、あんなに悲しかったのだろう。脳内次回予告に申し訳なさを感じたのだろう。
 凛華が怖い、しかし凛華を裏切ったのは本当は自分の方なのだと心のどこかで気付いていたから。

739 利用する者される者 ◆ASQQNYexes :2011/03/14(月) 11:29:01 ID:sqI/rgKs0
 凛華は今、どうしているだろう。桜は今、どうしているだろう。
 きっと、誰も生きて家には戻れない、と秋乃は無色を見上げて思った。
 殺し合いに乗ろうと乗るまいと、蝶野先生の計画に飲み込まれてしまったことに変わりはないのだから。
 そしていくら強くても、たとえ凛華のように強くても、飲み込まれた者が足を引っ張る。
 冷ややかに自分を見下ろす殺人者に、秋乃は諦めの言葉を告げた。

「……殺し合いなんかに乗ったって、生き残れないわ」
「俺は生き残るさ」
「でも、蘭子の首輪は爆発した……だから、無色の首輪だって……」
「話が見えないな。俺が生き残れないことと嵐崎の首輪の爆発に、何の関係がある?」
「蘭子、殺し合いに乗って、桜を襲ってた。そしたらいきなり首輪が爆発したの!」
「桜……? 有栖川か……」

 気のせいだろうか。無色の表情が一瞬だけ変わったように思えた。
 仲間と共にいるときのような、年相応の無警戒な顔を見せた。
 なんだ、無色もこんな普通っぽい顔をするんだ。でも、どうしてこんなときに?
 秋乃が疑問に思ったときには既に、無色の表情は元の冷ややかなものに戻っていた。
 いや、ただ戻ったのではない。その冷酷さは先程までとは比べ物にならないほど
冷たく鋭く研ぎ澄まされ、残忍な光をたたえていたのだった。

740 利用する者される者 ◆ASQQNYexes :2011/03/14(月) 11:29:56 ID:sqI/rgKs0
【B-6 診療所付近/一日目・黎明】

【男子十五番:霧島無色】
【1:俺(達) 2:苗字呼び捨て、お前(ら) 3:あの男・女】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:支給品一式 、サバイバルナイフ、不明支給品×1(日用品)
[思考・状況]
 基本思考:人間の強さを超えてやる
 0:クラスメイトを使って装置の実験をする
 1:有栖川が本物のサイキッカーかどうか確認したい
 2:まさか、有栖川が嵐崎の首輪を爆破した?
[備考欄]
※霧島無色の能力で現在判明しているのは「触った相手と自分自身の感覚の操作」
 ですが実験中なのでゲームを進めると新たな使い道を思いつくかもしれません。


【女子十九番:八十島秋乃〈やそじま・あきの〉】
【1:私(達) 2:下の名前呼び捨て(達) 3:皆(皆)】
[状態]:恐怖、不安、混乱、精神的疲労(大)
[装備]:なし
[道具]:基本支給品
[思考・状況]
基本思考:殺し合いの撃破。
0:どうしよう…もうダメなのかな…
1:蘭子の首輪が突然爆発した…怖くて仕方がない…
2:不動院凛華に対する恐怖と罪悪感。
3:蝶野先生…どうして…
4:ここから逃げたい…
[備考欄]
※麗山への復讐を蝶野がしたがっているのではないかと考えています。

741 ◆ASQQNYexes :2011/03/14(月) 11:32:09 ID:sqI/rgKs0
投下は以上です

SSの題名はFFTの同名チャプタータイトルから拝借しました
次回の予約は考え中です

742 テストしたらば名無しさん :2011/03/14(月) 20:22:28 ID:bJD2iKn6O
投下乙!

わぁ、診療所周辺、次ヤバそうだ…
多聞さんと操も来る訳だし、大波乱がくるな!
wktkwktkwktk


つーか初めて聞いた渡瀬の口調。
そして霧島△。

743 ◆CUPf/QTby2 :2011/03/15(火) 17:37:59 ID:peKdhzL.0
投下乙です!
実質的には霧島&渡世マーダーコンビ結成、ですね。
貴重なマーダー男子が潰し合わずに済んで良かった…


ところで、拙作『そして殺人者は野に放たれる』内の
板倉の首輪に関する制限を2時間から6時間に変更、
wikiに収録されているSSを修正いたしました。

変更の理由といたしましては、2時間に一人という条件では書き手的に厳しすぎること。
制限が厳しすぎて動かしにくいキャラになっていると判断したためです。
『ミストレス・マリア』『消せない炎』の記述ならびに状態表も後日修正いたします。

また、予約パートの投下が遅れており、申し訳ございません。
今月中に投下できるよう、頑張っていきたいと思います。


>>726
すでに全力で逃げてる…

744 ◆ASQQNYexes :2011/04/10(日) 21:40:56 ID:a9wMrzQc0
国分寺多聞、問芒操で予約します

745 テストしたらば名無しさん :2011/04/14(木) 01:17:24 ID:1Pj/bAn60
おお、この慌ただしい時期に予約とは凄い

746 テストしたらば名無しさん :2011/04/15(金) 01:01:11 ID:iAHOgiuEO
予約乙

多聞と操来たか
楽しみ

747 ◆ASQQNYexes :2011/07/07(木) 14:25:00 ID:HPubPL/s0
国分寺多聞、問芒操を投下します

748 心のかたち人のかたち ◆ASQQNYexes :2011/07/07(木) 14:26:07 ID:HPubPL/s0
 多聞クンの肩越しに、低次元女の笑顔が見える。
 奇形じみた顔かたちの低次元女が、操の多聞クンに媚びてるのが見える。
 低次元女って気持ち悪い。目が異様に大きくて、しかも離れすぎていて。
 そのうえ、口にする言葉は「信じれば夢は叶う」「心を強く持てば、絶対に負けない」
 「生きてるって、それだけで素晴らしいこと」「みんなで幸せになろうよ」……

 無神経だよね、こういう前向きな言葉って。
 無邪気な顔で、笑いながら、胸を張ってそんなことを言うなんて。イラッとする。

 いくら夢見ても、いくら信じても、操の体はもう元には戻らない。
 操が生まれ持っていた人間としての全身のパーツは、この世の何処にも存在しないから。
 心なんていう、どんな形をしてるのかすら分からないモノを強く持てっていう考え方も、電波臭がしてイラっとくる。
 そういう見えないモノを強くなんかしなくても、操は強化サイボーグなんだ、普通にしてれば負けないし。
 そんな操が多聞クンやクラスのみんなを殺しても、この低次元女は微笑むんだ。
 全身に埋め込まれた機械に生かされているだけなのに、「生きてるって素晴らしい」って笑うんだ。
 何が素晴らしいんだろう。操には全然分からないよ。
 なのに、置いてきぼりにされた操の前で、「みんなで幸せになろうよ」なんて言い出して。
 そんなこと言われても、操は“そっち側”には行けないのに。
 幸せになる“みんな”の中に操は入ってないんだな、ってただ思うだけなのに。

 操は人間じゃないから、多聞クンを殺そうとしたから、“みんな”の幸せを邪魔するから、
 幸せになれる“みんな”の中に入っていないこと自体は、なんとも思わないけどね。
 ただ、心身ともに奇形じみた低次元女なんかが多聞クンに微笑みかけるのが許せない。
 安物の飴玉を万能薬のように賛美する、そのスタンスが許せない。
 そんな低次元の存在が多聞クンの視界に入るなんて許せない。
 多聞クンの思考に入り込むなんて許せない。多聞クンの時間を使わせるなんて許せない。

749 心のかたち人のかたち ◆ASQQNYexes :2011/07/07(木) 14:26:41 ID:HPubPL/s0
 操の脳内劇場で解体ショーが始まった。
 多聞クンを誘惑した低次元女の腹を裂き、子宮と外性器を抉り取る。
 取り出したブツは、低次元女を嫁と呼ぶ豚さんたちが劣悪遺伝子の排泄に使うんだ。
 脳の不自由な豚さんは「本物そっくりの使い心地ッス、ブヒブヒ」って喜んでる。
 良かったね、切り取られた人体の一部なんてただの生ゴミなのに、誰かの役に立って。
 幸せになる“みんな”の中に入れないはずの豚さんまで、幸せにすることが出来て。
 なのに低次元女は泣いてるんだ。なんでなのかな。一体何が不満なのかな。
 操は低次元女の願いを叶えて、そして足りないところを補ってあげたのに。
 今度は低次元乳房を切り落とす。ゴム鞠みたいにまんまるの、形も大きさも不自然なおっぱい。
 それを別の豚さんにあげる。“みんな”の中に入れない人間未満がまた数匹、幸せそうにブヒッと笑う。
 幸せがいっぱい。なのに低次元女の仲間たちが操を狂人扱いする。
 操は全人類をヤク漬けにした。ダウン系ドラッグのもたらす多幸感に包まれて人は皆、夢の中。
 争う気力なんて誰にもない。みんなが幸せを実感できる理想の世界、お花畑in脳内。
 誰も彼もが廃人だけど、でもいいよね、生きてるってそれだけでとても素敵なことらしいし。
 なのに低次元女は怒るんだ。許せないよね。せっかく操が願いを叶えてあげたのに。
 低次元女って「私はみんなを受け入れます」みたいなスタンスのくせに有り得ないくらい高望みしててイラッとくる。
 そんな低次元女なんかに多聞クンの脳が汚染されないように、操が守ってあげるんだ。
 操はこの低次元女の解体ショーの一部始終をケータイ小説として書き起こすことに決めた。
 メールで多聞クンに送るために。多聞クンの脳を守るために――

750 心のかたち人のかたち ◆ASQQNYexes :2011/07/07(木) 14:27:25 ID:HPubPL/s0
「――問芒、お前も読むか?」

 不意に聞こえた多聞クンの声が、操の思考をぶった切る。
 目の前には多聞クンの顔。ここは診療所の待合室、椅子に腰を下ろした多聞クンが操の方を振り返り、漫画雑誌を差し出していた。
 多聞クンってさ、悪ぶってるけど純粋だよね。だって操のことを信じ切ってるんだもん。
 操は低次元女が大嫌いなのに、低次元女の載ってる雑誌を差し出したりして。
 それってさ、じっくり読んでいいってことだよね。解体ショーのネタを探していいってことだよね。

 それだけで、低次元女のウザさが気にならなくなった。
 所詮は低次元女。三次元から爪弾きにされた豚さんたちは「二次元の嫁」なんて呼んでるみたいだけど(笑)、
『彼女』は多聞クンの視線も言葉も愛情も何一つとして認識できない虫けら以下の存在なんだ。
 でも、だけど、低次元女の存在を許せるようになった途端に、心細さが甦る。
 さっきまでは思ってた。低次元女の解体ショーをケータイ小説化するんだ、メールで多聞クンに送るんだ、って。
 だけど、それってこの殺し合いから無事に帰還することが前提なんだよね。
 忘れてた。今の操には、ケータイなんてなかったんだ。
 当たり前だと思っていたものを失くし続ける操に向かって、多聞クンが屈託なく笑った。

751 心のかたち人のかたち ◆ASQQNYexes :2011/07/07(木) 14:28:09 ID:HPubPL/s0
「この号、発売前に回収になって、ほとんど出回ってなかったんだぜ。
 驚いたな、まさかこんな場所でお目にかかれるなんてな」
「むぅ。これって男のコ向けの雑誌じゃん」
「漫画を読むのに男も女も関係ねえって。読んでみろよ、気晴らしにはなるだろ」

 片手で差し出された漫画雑誌を操は両手で受け取った。
 思い出したんだ。そういえば多聞クンって学校でよく漫画を読んでたな、って。
 多聞クンの好きなもの、その魅力を知りたいと思った。
 多聞クンが夢中になるもの、その楽しさを知りたいと思った。
 低次元女のウザさとか、解体ショーのネタ探しとか、そういうものは気にならない。
 ただ、多聞クンの好きなものに近付けば、もっとうまく人間らしさを保てるようになると思ったんだ。

 多聞クンの横に腰掛ける。多聞クンは立ち上がり、窓の向こうに視線を向ける。
 灯りの消えた待合室は暗い。光と呼べるものは、窓から差し込む月明かりだけ。
 コマをひとつひとつ追ってみて初めて、ああ、多聞クンはこんなに暗い場所で漫画を読んでいたんだと気付く。
 操の視力は機械で強化されているから、これくらいの暗さ、なんてことはないんだけど。
 多聞クンの目には、かなりの負担だったに違いない。なのに平然と振舞って。
 視界の片隅で多聞クンがデイパックの中を確認してるのが分かる。
 多聞クンは何も言わない。操の読書を邪魔しないよう気を使ってくれてるのかな。
 でも無言だと逆に気になるんだよね。言いたくないものが入ってたんじゃないかな、って。
 ほんの一瞬、多聞クンが息を呑んだのを、機械化された聴覚がしっかり捉えているだけに。

752 心のかたち人のかたち ◆ASQQNYexes :2011/07/07(木) 14:29:15 ID:HPubPL/s0
「……なぁ、問芒。俺、ちょっくら診察室のほうを見てくるわ」
「じゃあ操も一緒に行く。多聞クンひとりじゃ危ないし」
「や、お前はここで休んでろ。軽く様子を見てくるだけだからさ」

 多聞クンの低い声と、診察室のドアの軋む音が重なった。
 ……ホント、多聞クンって嘘をつくのが下手だね。
 何気ない風を装っているけど、多聞クンの声色はさっきまでと全然違うんだ。
 緊張している感じがする。警戒している感じがする。
 操に何か、隠しておきたいことがあるのかな。声が全然笑ってないよ。
 診察室のドアが閉まり、多聞クンの足音が遠ざかるのを確認してから、操はそっと立ち上がった。

 隠し事。支給品に関すること。診察室に関係のあること、或いは単独行動が必要になること。
 操や他の誰かに危害を加えるようなこと、じゃないんだろうな。むしろ逆、なんだと思う。
 多聞クンはただ、操が人間じゃないってことを知らないだけで――
 そんなことを考えながら見るともなしに窓の外を眺め、次の瞬間、血の気が引いた。

「無色、クン……」

 肉眼でならきっと、遠くに誰かがいるということくらいしか分からない。
 でも人間のものではないこの目には、そこにいるのが誰なのか、はっきりと見えるんだ。
 診療所に背を向けて立つ無色クンと、彼のほうに駆け寄っていく秋乃サン。
 そっか、そうだったんだ。遠くで動くふたつの人影。多聞クンはこれを見たんだ。
 それで、誰かがここに来たときのために、診療所内の薬や設備を確認しに行ったんだね。
 そういえば、多聞クンが息を呑んだのは、デイパックの中を確認してしばらく経ってからだったっけ。
 やっぱり多聞クンって悪ぶってるけど純粋なんだね。操とは、違うんだ。

753 心のかたち人のかたち ◆ASQQNYexes :2011/07/07(木) 14:29:51 ID:HPubPL/s0
 漫画雑誌をそっと椅子に置き、診察室のドアを開ける。
 懐中電灯の光を頼りに戸棚の中を眺めていた多聞クンが振り返り、操を見る。
 ばつの悪そうな、自尊心を少し傷つけられたような、そんな表情。
 操は歓迎されていない。それは予想の範囲内だったけど。

「おい、問芒。お前、何があったんだ?」

 多聞クンは不可解なものを見るような、それでいてどこか気遣わしげな顔をした。
 やめて。そんな目で操を見ないで。操は変じゃない、大丈夫なんだから。
 一歩ずつ、着実に、操は多聞クンと距離を詰める。

「別に。ただ……、多聞クンってさ、彼女とかいるのかなって。気になったんだ」
「お前、急に何言い出すんだよ。いねぇって、彼女なんて」
「ホントかな……」
「嘘ついてどうすんだよ。この格好を見りゃ分かるだろ、女とか怖がって近寄ってこねぇって」
「じゃあ、さ。操が多聞クンの彼女になってもいいよね」

 返事も聞かず、操は多聞クンに飛び掛った。
 多聞クンの手から懐中電灯が転げ落ち、縦横無尽にスピンする。
 淡い光がぐるぐる回りながら壁を、天井を照らし出す。
 まるで部屋そのものが回転しているかのようだった。
 あっという間の出来事だった。操は多聞クンを押し倒していた。
 床に倒れた多聞クンに操は馬乗りになっていて、その両手を押さえつけていた。

754 心のかたち人のかたち ◆ASQQNYexes :2011/07/07(木) 14:30:33 ID:HPubPL/s0
「おい、お前……」
「だって操は多聞クンの彼女だもん」
「あのなぁ。お前、こんなことしてる場合じゃねぇだろ」
「じゃあ何するの? そんな風に反抗してるの、きっとキミだけだよ」
「いや、お前もいるだろ。いいから放せ。手荒な真似はしたくねぇんだ。それにヤベェだろ、こういうのは。ガキができたら――」
「どうだっていいよ。どうせ生きて帰れないんだから」

 馬鹿だな。何言ってるんだろう。
 多聞クンは操が守るよ、だから大丈夫って、そう言いたいはずなのに。
 操はぎゅっと目を閉じた。多聞クンの顔を見たくない。
 多聞クンの言葉を聞くのも嫌で、自分の唇で口を塞いだ。
 でも、これからどうしよう。誰かとこういうことをしたことなんてない。
 それ以前に、操は改造人間なんだ。心臓以外のすべての臓器が機械に置き換わっている。
 操には生殖機能なんてないのかもしれない。こういうことをすること自体、無理なのかもしれない。
 でも、やめられない。やめられないんだ。だって無色クンを見てしまったから。
 もし多聞クンが無色クンの姿を認め、その本性に気付いたら、きっと危険な目に遭うだろう。
 多聞クンは操が守る、だから大丈夫、そう言いたいけどやっぱり無理だ。
 だって操は無色クンの正体を知っているから。

 無色クンは改造人間。操はそれを知っている。
 でも多分、無色クンは操がお仲間だってことを知らないと思うけどね。
 どうして操は知ってるのか。だって同じ人に改造されたから。操のほうが先に改造されたから。
 操から得た結果を元に、無色クンの仕様は決定した。具体的な内容は知らないけどね。
 ただ、これだけは言える。操の弱点や欠陥は、無色クンには存在しない。
 だから多聞クンを行かせたくない。無色クンに気付いてほしくないんだ。

 懐中電灯の転がる音は、もう聞こえなくなっていた。

755 心のかたち人のかたち ◆ASQQNYexes :2011/07/07(木) 14:32:09 ID:HPubPL/s0
【B-6 診療所(診察室)/一日目・黎明】
【男子八番:国分寺多聞】
【1:俺(ら) 2:お前(ら) 3:あいつ(ら)、○○(名字呼び捨て)】
[状態]:健康、蝶野に対しての怒り
[装備]:
[道具]:基本支給品、不明支給品(確認済み)
[思考・状況]
基本思考: 蝶野杜夫を殴る為に行動する
0:…抵抗しないとマズいよな。
1:戦闘はなるべくしたくない。
2:…診療所に人が来たときのために備えねば…



【女子十三番:問芒操】
【1:操(達) 2:君(達) 3:皆、○○クン(下の名前)】
[状態]:健康
[装備]:アイスピック(ニーソの下に隠したまま)
[道具]:基本支給品
[思考・状況]
基本思考: 国分寺多聞とともに行く。
0:一応改造された体だけど、大丈夫かな。
1:診療所だったら薬あるかもしれないしね〜♪
2:…多聞クン、嘘付くの下手すぎ。

756 ◆ASQQNYexes :2011/07/07(木) 14:32:57 ID:HPubPL/s0
投下は以上です
SSタイトルはエヴァンゲリオンから拝借しました

757 ◆ASQQNYexes :2011/07/07(木) 14:37:33 ID:HPubPL/s0
三住明梨朱で予約します



あと問芒操の状態表(>>755)を以下のように修正します

【女子十三番:問芒操】
【1:操(達) 2:君(達) 3:皆、○○クン(下の名前)】
[状態]:健康
[装備]:アイスピック(ニーソの下に隠したまま)
[道具]:基本支給品
[思考・状況]
基本思考: 国分寺多聞とともに行く。
0:一応改造された体だけど、大丈夫かな。
1:多聞クンを無色クンに会わせたくない。
2:診療所にはやっぱ薬あるみたいだけど…

758 テストしたらば名無しさん :2011/07/07(木) 20:48:17 ID:4iyb6VQQO
投下乙!



たwwwもwwwんwww常識人なのね…てか、冷静すぎwww

そしてヤンデレの操かわいいです。
でもニート来てるよ。二人とも逃げて。ヤった後に。

759 テストしたらば名無しさん :2011/07/16(土) 01:07:15 ID:VsEk72iY0
これで全員登場した?

760 テストしたらば名無しさん :2011/07/16(土) 08:47:45 ID:8jqcT1Ho0
安西先生、生徒は23話の時点で全員登場してます…

でもテロリスト側はマイケルが予約されたまま未登場の状態。
◆dXhnNxERuoさんはどこへ…

761 ◆/Tcg.9yFe. :2016/06/22(水) 11:40:15 ID:kbnP.63Q0
京終春日、戸崎繭、サフィロ・シャリーノ、骨洞芙蘭で予約

762 ◆/Tcg.9yFe. :2016/06/22(水) 16:54:12 ID:kbnP.63Q0
中川いさ を追加で予約

763 ◆/Tcg.9yFe. :2016/06/24(金) 08:46:45 ID:La497qRY0
黒㟢暁羽、二階堂永遠、板倉咲弓(故人)を予約に追加

764 ◆/Tcg.9yFe. :2016/06/25(土) 23:03:17 ID:d1jNIVtc0
ネイサン・ホーマーを追加予約

765 ◆/Tcg.9yFe. :2016/06/26(日) 12:23:26 ID:BDyjO8M60
安佐蔵恭二郎、最強堂勇太(ともに故人)を追加予約


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

だがしかし 1 (少年サンデーコミックス) - コトヤマ

駄菓子屋へGO!!((((((((((((((((((((*っ・ω・)っ ブ-ン

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板