したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

ネタの書きこみ131

94 リラックス :2019/09/25(水) 20:45:25 HOST:119-228-10-186f1.hyg1.eonet.ne.jp
よし、ネタの投下

天の涙事件、小ネタ 合成獣と二重雑種の話

合成獣とは
生物学における合成獣 (キメラ) とは、同一の個体内に異なる遺伝情報を持つ細胞が混じっている状態や、そのような状態の個体のこと。

ここでは魔物と魔物を掛け合わせて生み出された個体全般を指す。

合成獣の生成は早い段階から行われており、魔物の利用及び家畜化に成功したのと同時期に品種改良を目的に試行錯誤されている。

魔物には意外と有性生殖が多く、性交渉が可能なら子孫も遺せる(なので、この頃の合成獣は本来なら交配種とか雑種とか混血種と呼ばれていたようなものが多い)。

遺伝子工学の発展と共に特異遺伝因子の解明が進み、魔物の受精卵の調整を行う技術が確立されるようになり、この頃から毒を以て毒を制するではないが、魔物を駆逐する目的での合成獣の研究が本格化する。

しかし、問題は魔物を駆逐した合成獣がそのまま野生化して魔物と取って代わり「ミイラ取りがミイラになる」可能性だった。

予め避妊・去勢しておけばいいんじゃないのか、という意見も出たのだが、魔物というのは再生能力が高く、下手をすると心臓を摘出した後に新たな心臓が再生するまで生き延びるような出鱈目な生存力を発揮するような個体も確認されており、

物理的に生殖器を切除しても再生してしまう程度の能力は合成獣も備えていた。

なので、従来の生物における一代雑種のように先天的に生殖能力を持たない合成獣を目指して研究が行われるようになったが、魔物の遺伝子だけでは困難を極めた。


二重雑種とは

魔物の雑種とも言える合成獣に、更に既存の生物の遺伝子を掛け合わせて作り出された存在。名前の由来は魔物の雑種と既存の生物との雑種で二重に雑種という安直な物。

魔物と魔物の掛け合わせや受精卵の調整ではどうやっても新たな種として申し分ない能力を備えるか、逆に魔物に返り討ちになる程度の個体しか作れないという極端なことになってしまったことから、研究に煮詰まって変なテンションになった研究チームの一人が既存の生物の遺伝子も混ぜたら丁度良くならないか?と、

半ばヤケになって発言し、物は試しと研究所の裏庭に落ちていたカラスの羽から採取した遺伝子を利用してみたところ、生殖能力を持たずある程度の魔物には負けないくらいの能力を持った個体という条件をあっさり達成。

ここから二重雑種の研究がスタートしたとされる。





二重雑種:紅型(通称『桜』)
魔物退治用として正式化された一番最初の二重雑種。

基本的に大規模討伐は魔物の住処となっている範囲(ピラミッドの最下位にいる魔物達が住みやすい森林地帯が多い)に徹底的な空襲を行って焼き払った後に地上部隊を生き残りを退治するという段取りで行われる。

また、魔導技術のおかげで小型エネルギー兵器が歩兵の携行火器として普及し、火力が増大したことから後方からの支援によりフレンドリーファイアを引き起こす危険性が増大。

こうした状況下での作戦行動を前提とする為、火や高温に強いという特性が付与されていること、更に魔物の生き残りを探し出す為に嗅覚を強化されている。

ほぼ全スペックが高いオールラウンダーで、火に強いという特性から一部は消防やレスキュー部隊でも運用される。




■ したらば のおすすめアイテム ■

【Amazon.co.jp限定】劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower」(メーカー特典:「ジャケットイラスト使用A3クリアポスター」付)(オリジナル特典:「アニメ描き下ろしB2布ポスター」付)(完全生産限定版) [Blu-ray] - アニプレックス


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板