したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

ネタの書きこみ131

132 194 :2019/09/28(土) 14:45:33 HOST:ai126149062042.54.access-internet.ne.jp
銀河連合日本×神崎島支援?ネタ番外編 〜絶対に笑ってはいけない鎮守府24時〜 その二 をご覧ください(手抜き)


銀河連合日本×神崎島支援?ネタ番外編Ⅲ 〜絶対に笑ってはいけない神崎市警察署24時〜 その27


※本編中に銀連キャラは出てきません。辛うじて、本編後に極稀に書かれるおまけのみに出る程度です


06:00


研修2日目。前日の疲れがまだ残っているのか、全員ぐっすりと眠りこけている。

しかし、束の間の安らぎも間もなく終わる。


利根「お主等、そろそろ起きろ!」

5人「「「「「・・・!?」」」」」

利根「もう〇六〇〇じゃ!この後も予定が詰まっておるから、早く支度するのじゃ!」

長門「・・・もうそんな時間か」

大和「まだ眠いです・・・」

金剛「・・・このまま、時間まで寝てるのもアリじゃないデスカー?」

利根「馬鹿な事を言ってないで、さっさと起きるのじゃ!」

日向「・・・仕方ない。起きるか」

扶桑「まぁ、残り後二時間ですからね。頑張りますか・・・」


多少不満を垂れながらも、手早くシャワーを浴びて準備するメンバー達。

三十分程で、全員準備を終える。


利根「準備出来た様じゃな。忘れ物とかは大丈夫か?」

長門「ああ。大丈夫だ」

利根「うむ、では食堂に向かうぞ」


利根の引率の元、食堂に向かうメンバー達。五分程で、食堂に到着する。

そこで待っていたのは・・・。


神崎 速吸と神崎 神威の二人だった。




■ したらば のおすすめアイテム ■

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション - 新海誠


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板