したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

体験談用

57 ニッシー :2017/12/08(金) 23:45:41
<帰りの会で漏らした、小4の晩秋>


前日まで温かい日が続いていたが、今朝は曇りで木枯らしが吹いていた。
そんなことも気にせず、薄着のまま登校してしまった。
まだ学校は暖房がついておらず、薄着で授業を受けていると体の芯まで冷えてきた。
2時間目の終わりに少し尿意を感じたが、友達に誘われてギリギリまで外遊びをしてしまった。
教室に戻ったら、ちょうど授業の初めの礼、トイレに行けないまま3時間目が始める。
ときどき強い尿意が現れたが、我慢できないほどではなかった。
授業が終わっても、4時間目の漢字テストの勉強でトイレを忘れていた。
漢字テストが終わってから、本当の尿意を味わうことになる。


ギリギリセーフは何度もあったが漏らしたことがはなく、漏らした友達をバカにしていました。
でも尿意の波が襲って来るし、だんだん頻繁になり、より激しくなってきました。
ずっと腰をクネクネしながら、早く終わらないかなと我慢していました。
強い波がくるたびに足をクロスして、右手で鉛筆・左手で股間を押さていました。
そんなとき津波の第1波が襲ってきた、思わず両手で押さえると鉛筆を落としてしまいました。
後ろの子に落としたよ言われても、それどこではありません。(その後、拾ってくれた)
なんとか乗り切ったと思ったが、チンチンの先が湿った感じ、でも以前の経験から大丈夫と思った。
ようやく4時間目が終わり、トイレに行こうとしたら給食当番で割烹着を渡された。
そのときは尿意は軽くなっており、普通に我慢しながらの配膳・給食でした。
当番で片付けるときに再び尿意が強まる、割烹着・片付けで股間を押さえられず必死にクネクネで耐えていた。
そうしてると津波の第2波が襲っってきて中腰で足をクロス、チビってしまうがブリーフが吸収してくれた。
やっと終わりトイレに行けると思ったら、その日は午前授業で帰りの会が始まってしまった。
給食前に行かなかったのを猛烈に後悔し、それが地獄の始まりだった。


男子がサボった・物を壊したなどチクり大会になり、どうでもいいから早く終えてほしかった。
給食の牛乳・スープがオシッコに変わり始め、溢れそうな膀胱にどんどん押し込まれていく。
ひと時も尿意が収まらなず、常に足をクネクネして、股間をおさえ続けてた。
そのうち津波の第3波が襲いかかり、必死に股間を押さえるがジョーと出てしまい、ズボンに小さな染みができる。
これは乾くから大丈夫、でもお漏らしという文字が頭によぎり絶望を感じた。
やっと会が終わるが、なんとイベントでの歌練習になってまい、本気で先生を恨む!
立ち上がると股間モジモジが照れ臭いが、そんなのを気にする状況ではなかった。
歌ってるときに最大級の津波が襲ってきてた、ヤバい・恥を捨ててズボン手を入れてチンコを押さえた。
手にオシッコが飛び出したすが、何とか3秒で止める。くっきりな大きな染みができ、垂れた尿で生温かい。
歌が終わり礼をして、席を飛び出した。でも先生にコウキ(掃除のために)机下げろよ言われる。
戻るとき友達から漏らしてると言わるが、チビっただけと言い訳、それどろでなく耐えながら机を引こうとする。
股間から手を放し力を入れると絶えられない尿意、机から離れて中腰で股間を押さえるが、もう動けない。
なんだろうと注目されるなか、力尽きオシッコが飛び出すが、どんなに頑張っても止められない。
股間が温かくなり、無情にも半ズボンの足を伝わり、放心状態で水たまりが広がり続ける・・・
お漏らし・お漏らしと騒がしくなると、その場で座り込み泣き崩れ、先生が保健室に連れて行ってくれる。
その後しばらくは、漏らした場面の真似をされてネタにされた。しかも、給食当番から再現される・・・


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

EMOTION the Best プラネテス DVD-BOX - 谷口悟朗

星屑の空へ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板